■「祇園にしむら」2018年8月のコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、好きなところには通い詰めるエリーでございます。

さかのぼって、8月5週目の「祇園にしむら」さん。
●白味噌仕立ての鱧のお椀が圧倒的においしかったのです。\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆☆☆☆
最初のお椀が白味噌だった分、最後の焚き合わせにお椀仕立てで牛肉と松茸が供されました。絶妙な流れでした。ほんとよかった(^o^)☆☆☆
以下順番にいきます。

●いつもの胡麻豆腐でスタートしました。

●次にお椀です。これが鱧+白味噌の組み合わせで、実によく合っていたのです。

●鯛とまぐろ、鱧です。

●鯖寿司、わたしはある時から鯖がダメな体質になったので、これは撮影だけ。

●八寸が、手前から、とうもろこしの天ぷら、いちじくの天ぷら、枝豆、丸十、鮎の有馬煮、つぼつぼに鱧の子の塩辛、散っているのは銀杏。

●焼き物はかます。焼き加減かんぺきです。

●最後の焚き合わせはお椀仕立てで松茸みっちりに牛肉、芽ねぎ。

●ご飯は炊き込みご飯。松茸、鶏肉、にんじん、ごぼう。

●最後にシャインマスカット。

祇園にしむら」さんしっとりいい感じです。落ち着いてなごめます。心底おいしいと思います。洗練されていて、底力のあるおいしさです。

9月はクラブエリーもお願いしています。まだお入りいただけます。いらしてください\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里