■■■ ごあいさつ ■■■

■ 全国100万人の読者の皆さま、

新サイト

関谷江里の京都暮らし(時々パリ)

にいらしていただき、ありがとうございます。
10年と1か月半続けて、合計4285記事、容量の10GBにほぼ達した

関谷江里の京都暮らし」 (ココログニフティ)

(開設当初は「関谷江里の京都-東京半々暮らし」
を引き継ぎ、2016年5月8日、新しくオープンしたウエブサイトです。スマフォ対応です。
2016年5月8日の初回投稿から辿るならこちら。

■ 京都の美味を紹介することを仕事にしており、時々里帰り(笑)でパリに行く日々を、写真をどんどん上げながら綴ります。
■ クラブエリーの会員の皆さまへの連絡の場、掲示板の役目も果たします。

■ プロフィールや仕事、著書、主宰している会員サロンのクラブエリーなどについての詳細は、上のMENUからご覧ください。
■ 最新記事はこの欄のひとつ下にあります。
■ 速報はFacebookにまず上げます。どなたにも公開しています。

https://www.facebook.com/eridosu.sekiyaeri
**********************************
お花は寺町二条の「プーゼ」さんです。
**********************************
■ カンテレ「よ~いドン!」の「おすすめ3」

時々おすすめをしています。

これです。

**********************************
テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
文章の無断での転載は著作権法違反です。
写真の無断使用も許可いたしません。

■「招福亭」の茶そば鮮やか

■ 全国100万人の読者の皆さま、抹茶風味のもの、抹茶色の食べものが大好きなエリーでございます。

●先日急に暑くなった日、茶蕎麦を使った、夏の冷たい麺です。
冷し天ぷらそば、840円。

天ぷらは揚げたてでサクサクサク、

この時の気分にぴたりと合って、おいしかったなああ(^o^)(^o^)/

●大好き「招福亭」さんです。

詳しい投稿はこちらをどうぞ

*****************
「招福亭」電話 075-351-6111
京都市下京区新町通六条西南角
11:00~20:00少し前LO、20:00閉店、年中無休。
全席禁煙

2016年10月3日 移転オープン
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「カレープラント」でこんな限定カレー

■ 全国100万人の読者の皆さま、こんなカレーを楽しんできたエリーでございます。

●四条烏丸からほど近くにあるカレー専門店「カレープラント」さん(初出はこれ)、1周年記念で、楽しいコラボカレーイヴェントが始まりました。

本日5月17日(金)から100食限定で、「カレープラント」さんの定番カレーと人気店のシェフの合いがけカレーがいただけます。
●第1回が、わがりすのろ、「リストランテ 野呂」野呂和美さん、のろっちのカレーです\(^o^)/\(^o^)/
のろっちが青森から東京に出て、まず修業に入った「山の上ホテル」のカレーの再現ということで、粋なカレーがいただけました。フルーティなようで後からスパイスがじわっと感じられて、とてもよかった\(^o^)/\(^o^)/
わたしも(のろっちと時期は全く違うけれど)東京・千代田区神田駿河台の山の上ホテルにはものすごーく通った時期があり(アテネフランセにもフランス語の勉強に猛烈に通ったし)、懐かしくてしょうがない味でした。

●メニューはこんなでした。

●スプーンに、壁のグリーンが写り込んでいてごめん<(_ _)>

口当たりなめらか、香りよし味よしで理想的でした。

●今回あいがけにしたのは、山の上ホテルカレーとは明らかな差異をつけるべく、魚介グリーンカレー。
●そして食後に「濃厚プリン」をいただきました。カルダモン入りの香りのよいプリンでした。
コラボカレーは限定100食ということで、すでに本日初日に30ほど出たということ。ということは、土日で完全になくなりますね・・・食べたい方は急ぎましょう\(^o^)/\(^o^)/

●「カレープラント」さん、四条烏丸からも近く、便利な場所です。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ 5月13~17日の1週間は・・・

■ 全国100万人の読者の皆さま、今週も毎日みっちり、クラブエリーか講座か何かをしていたエリーでございます。今週のクラブエリーは、

5月14日(火)、5月15日(水)の「京都 いと ito」さんで始まりました。華麗でオリジナリティあふれる料理で盛大に盛り上がりました。2万円超えの会だったけれど毎回9席が一瞬で埋まり、今月の最終週にあとまだ2回お願いしています。あまつさえ、秋には「5万円コースやりましょう\(^o^)/」と盛り上がって実施することになり・・・すごいわー大河原謙治さん。ダイナミックだわ自由だわ楽しいわ\(^o^)/\(^o^)/ 詳細改めて。

5月16日(木)はNHK文化センター講座で、少し久しぶりの「白川たむら」さんへ。細やかなお料理を楽しんでいただきました。もうもうもう、お手間がすごかったのです。食材の要素が多様で小道具も多く、創意工夫に満ちたコースでした。詳細改めて。

5月17日(金)はクラブエリー第3金曜でおなじみ「日本料理 とくを」さんへ。安定、安心、いい雰囲気\(^o^)/\(^o^)/

●これは「日本料理 とくを」さん締めご飯の、和牛のかたまりみたいな贅沢なカレー。ふだんのメニューにはないもので、クラブエリースペシャルです。

夏野菜のソテのせて彩りも美しく、ほんとーーーーにおいしくいただきました\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
コースの詳細は改めて。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「月ヶ瀬」夏仕様、半々サイズ☆☆☆

■ 全国100万人の読者の皆さま、和甘味大好きなエリーでございます。

●「月ヶ瀬」さんの堺町店でいただいた、抹茶クリームみつ豆です。
これはカスタマイズみつ豆で、抹茶蜜をかけてもらっています。
かき氷スタートと共に(=宇治氷の登場と共に)お願いできるメニューです。

●そしてこちらはまた違う日にいただいたもの。
かき氷とみつ豆、ハーフ&ハーフです。

宇治しるこ。しるこ=こしあんです。
このなめらーかなこしあん、ピュレダズキ(purée d’azuki)ね。美しいのうと愛でながら食べています。

●これね。

氷のサイズ、これくらいがちょうどよくて食べやすいと思います。\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
月ヶ瀬」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「うめぞの」の宇治氷

■ 全国100万人の読者の皆さま、蛸薬師通りの「うめぞの」さんに伺ったエリーでございます。5月初めにしてすでに気温30℃くらいの午後に、これを食べずにいられただろうか?(いいやいられはしなかった。)

●「宇治みるく」=抹茶シロップ+練乳です。わたしは今年の初氷でしたが、「うめぞの」さんにおいては4月末から氷メニューをすでにスタートしていたとのこと。

実にさわやーか、気分爽快になりました。おかげで帰宅後メラメラ頑張れました。

うめぞの」さん、また伺います。

夜は夜で旨い肉の店に行ったのよ。それはまた改めて(^o^)(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「熙怡 kii キイ」開店

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店ご紹介のエリーでございます。

●2019年5月10日開店「熙怡 kii(きい)」。

中書島の「センプリチェ」が京都の街なかに移転、店名も新たにしてのスタートです。

(「センプリチェ」は2013年3月1日に開店、2019年3月29日まで営業。)

「センプリチェ」のままでよかったのにー!とわたしなどは思うのですが、店主の西山哲平さんいわく、「自分の作る料理はもはやイタリア料理ではなくなっていて、だからイタリア語の名前はやめたかった。」と。

それで、新しい店名「熙怡(きい)」は吉語、つまり縁起のいい言葉から取ったというのです。「熙」も「怡」も、輝くとか楽しむとかなごやかといった意味。とても書けない漢字だけど、この際「熙怡」という言葉を覚えることにいたしましょう。

●西山哲平さんは、自分の料理のことを「イタリアンをベースにしたオリジナルな料理」と表現されます。ほとんど和食のようとも思いますが、「バター使っても誰にも怒られない」って。

●けれど本当の和食になってしまわないよう、決して醤油、味噌、みりん、酒は使わないともおっしゃっていました。

●もみの木のカウンターに6席。貸し切り時などは7席。

●古い町家を大掛かりにリノヴェーションされています。階段や柱や坪庭や天井の高さや、いろいろな制約の中から割り出されたインテリアということ。上手に造られたなと思いました。

●あらかじめセットされたメニューはこんな。

以下、15000円(税別・サなし)のコースです。

日本の炭酸水と、グラスワイン1杯と共にいただきました。

●「本日の魚介 トマトとキウイ」とさらっとあるけれど、これ見ただけではこの味、想像もできません。

スープです。ホタテ貝と「そい」の昆布締め、トマトの透明のだしに、キウイも形がないけれど、はっきりした香味を与えていました。木の芽。

 

●豆とカヴィア。豆はスナップえんどうの中身(大きいw)。カヴィアは「ニコライキャビア Tsar Nicoulai Caviar」というもので、塩味マイルドです。

浸っているスープが、スナップえんどうの皮から取っただしということ。加えたのは塩だけということ。非常に美味でした。

「できるだけシンプルな工程で作りたい。素材そのものの味を出したい。」と哲平さん。

●舞鶴のとり貝、特大。たたいた蕨の甘酢漬け。にんにくの芽のジェラートが底にしのばせてあって、混ぜもっていただきます。

大好きなとり貝、人生で食べた中でこれは最大のものだったと思います。

●ルッコラと水菜のサラダ、新じゃがのクリーム、上からマンゴーとレモンのソルベ。

底に野菜いろいろで、菜の花、うまい菜、たらの芽、筍、破竹、いちご、夏みかん、あやめ雪(かぶら)。

口の中が万華鏡になったみたいな感じがする、楽しいお皿。

●春キャベツのラヴィオリ、玉ねぎのソース、天草の赤雲丹

キャベツは牛乳とカシューナッツと共にピュレ状にして3日かけて脱水して凝縮した味を出したとのこと。玉ねぎソースは玉ねぎから透明なだしを取り、昆布と合わせてあるとのこと。

いただくのは一瞬ですが、ものすごいお手間がかかっています。

洗練の味でした。ラヴィオリとソースだけでもおいしいのに、赤雲丹がまた天国の味でした。

●「中勢以」さんの但馬牛の熟成肉、「くり」の部分の炭火焼きに、セミドライトマト、ヨーグルトのホエイのソース、青柚子の香り。

この肉の、じわりじわりと旨かったこと。赤身好きだわ<(_ _)><(_ _)>

●スープはまながつお、そうめん状に切った長芋、三つ葉のペースト、クレソン。だしはあこや貝から取ったということ。あこや貝とは真珠を作るために作られる貝ですね。すごくいいだしが出るということ。開けた時にパールが入っていることはないんだって。あっても非常に小粒で、宝飾品として使えるようなものではないらしいです。

以下追記です。

ちなみに器はごくごく軽くて、漆器ながら、木ではなくて布に漆を塗って作られた漆器(乾漆という技法)ということでした。

輪島の安西淳さんという作家さんのもの。乾漆は一般的には麻の布が使われることが多いけれど、この方の場合、より薄く仕上げたいということで綿の布を使われているということでした。

以上、初めはよく確かめないままに(すみません)、「紙の上に漆を塗った器」などと書いていましたが、北区紫野の、漆器を専門的に扱われる「GALLERYやなせ」さんからご指摘いただき教えていただきました<(_ _)><(_ _)>

●太刀魚の炭火焼き。新ごぼう、胡桃と。木の芽、ミントと。

太刀魚は串本1本釣りとのこと。

ごぼうと胡桃は塩と砂糖で炒めている。これは木の漆器。

太刀魚が、ほんとーーーにおいしかった上に、ごぼうの香り、胡桃の食感が心地いいお皿でした。

●パスタは2種類から選択、あるいは2種類ともいただくのも可能で、

小サイズ、ほんのひと口ずつで、トマトのパスタと、ほたるいかのパスタ。

ほたるいかは3日間かけて水分を抜き、旨味を凝縮させているとのこと。

ここまでのすべて、理想的に美味と思いながらいただきました。

食材の組み合わせがおもしろく、何もかもほどよく、ものすごくおいしかったです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●デセールは、和三盆クッキーを崩したものに、ヨーグルトソルベ、柑橘のソルベ、ライムの皮をおろしたもの。

粋な味のデセールと頭では思うけれど、わたしにはこれは要らなかったです。酸いデセールはわたしは要らん(ごめん)。酸いのは人生だけでいい( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) といつも言ってます。

でもほぐほぐとほぐれる和三盆クッキーはすごくおいしかった。ショコラと合わせて食べたらおいしいだろう\(^o^)/\(^o^)/

●小菓子に、ショコラとねっとりしたプリン。これが理想的なデセールです。

ショコラはキウイで巻いて供すらしいですが、わたしはショコラはショコラでいただきたいことをわかっていただき・・・<(_ _)><(_ _)>

●紅茶をいただきご馳走さまでした<(_ _)><(_ _)>

深く満足したコースでした。

●仏光寺通、烏丸と室町の間にある、南向きの路地にあります。

●細い路地、自転車乗り入れは厳禁ということです。奥には大人気のまん丸いたい焼き屋さんがあります。

「きい」さん、また伺います。クラブエリーの皆さんもどうぞ楽しみに(^o^)/

*****************

「熙怡(きい)」

電話 090-7098-4392

京都市下京区釘隠町242

(下京区 仏光寺通 室町東入ル 南向きの細い路地を下ル 東側)

営業時間は予約時に相談。(基本的には夜営業で18時~)

日曜、月曜休み

カウンター6席、貸し切りの時は7席まで。

2019年5月10日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ 朝日カルチャーセンター「東山 吉寿」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

5月9日の第2木曜は朝日カルチャーセンター講座のお昼。「東山 吉寿」さんにお願いしました。

カウンターを囲んで10名で。
今月のテーマは中華でした。
いやー実に実に迫力あった、おいしかったああああああああああ\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
まずは美しく端午の節句の風情でもてなされましたが、
その後に続くお料理はとんぽうろうとかわたり蟹みっちりの春巻きとか近江牛の麻婆豆腐などがたたみかけるように供されて、旨いったらなかったのです。
白ご飯が進む、お酒飲む人はお酒が進む。
これは楽しいわ比類がないわ☆☆☆☆☆☆
次は5月20日(月)にまた伺って、今度はクラブエリーをやります。
まだお入りいただけますから、いらっしゃれる方はぜひ。
いらっしゃれない方も、すべてをおいてぜひ。

●鶏のスープでスタート。鶏がらと丸鶏と豚ミンチと香味野菜で取ったスープとのこと。かつおや昆布は使っていないということ。これで身体が温まり、気持ちもほっこりしました。

●黄金のお皿で、端午の節句のもてなしです。取肴3品。ちまきの中は鯛のお寿司、しゃりに使われていたのはバルサミコでした。ガラスの器の中は冷たい和のだしに浸った玉子豆腐とじゅんさい。もうひとつの器にはほたるいか、酢味噌のようで、なんと豆板醤(とうばんじゃん)入りでした。少しピリっとして、粋な味。

●春キャベツとあさりだし。献立には春キャベツではなく春の甘藍(かんらん)とありました。和っぽくておしゃれな表記ですね。(ちなみに同じ「かんらん」でも橄欖はオリーヴと復習。) だしはあさりから取り、昆布と日本酒のみということ。黒胡椒でアクセント。

●店主の鈴木吉寿さん、毎月がらりと趣向を変えて、創意工夫に満ちたコースを楽しませてくださいます。

●お造りはわさびの葉の上に、すずき、紋甲烏賊、牡丹海老。

●たれがオリジナルでした。大葉、白ねぎ、松の実入り、胡麻油の香り豊か。一気に中華風のお刺身になりました。

●東坡肉(とんぽうろう)、和食風の仕立て。おからで4時間蒸した後、土鍋で8時間火を入れたということ。青梗菜と。

お箸でほぐほぐとほぐれる柔らかさでした。味がしみて、おいしいったらなかったです。

●ぐじ、うろこパリパリ揚げ焼きにクレソンソース、淡路島の甘い甘い玉ねぎ、上からパウダー状のからすみ。

燻製チーズは定番で供されるものです。

●わたり蟹(岡山)をこれでもかと味わえたお皿。春巻きの中にみっちり、黄ニラとともに。

 

●内子は紹興酒漬けにされています。ソースもわたり蟹ww 花山椒のスプラウト(村上農園さん)と。

これ強烈おいしかったです。

●新生姜と丸茄子 揚げてからだしで炊いたとのこと。強烈なお皿の後に、優しい味の一品でリズムをつけていい感じです。

●ご飯の準備が、このゴージャスさよww ( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●麻婆豆腐です。旨そうでしょう~~( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●白ご飯に、澤井牧場さんの近江牛、さし入りのウチヒラ肉。

●花山椒をどさっとのせた麻婆豆腐、旨いに決っています。たまらなく旨くて、ご飯もよりおいしく感じられます。もうもう、旨い旨いとうわごとのように言いました。

●さらにだし巻き玉子欲しいですか?と聞いてくださり、全員、問答無用の無条件降伏で欲しいですとお返事。卵15個使って焼きましたというのがほわほわの湯気湯気で登場しました。

大ぶりに切り分けていただいて、大喜びでいただきました。

●宮崎マンゴー大きいの2玉を切り分けてくださいました。

●これまたほんとーーーにおいしいマンゴープリンで締めでした。

何もかもがかんぺきでした。圧倒された美味でした。

次は5月20日(月)に伺って、はクラブエリーをやります。
まだお入りいただけますから、いらっしゃれる方はぜひ。いらっしゃれない方もすべてをおいてぜひ。

この際新規入会したいという方も、お気軽にどうぞーーー\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー@「新門前 米村」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。「

5月8日(水)、クラブエリー@5月1日開店の「新門前 米村」さんやりました\(^o^)/\(^o^)/

●スタッフの白水雄起さん、フェイスブックのまかない動画で有名ですね(^o^)(^o^)
SOU・SOUさんのエプロンもかわいいです。

●皆さんお帰りの際にはよねちゃんと一緒に写真撮って♪♪のお願いで順番待ちになりました。

●カウンター8席とテーブル4席にぎゅんぎゅんにお邪魔しました。皆さん喜んでくださいました(^o^)(^o^)/☆☆☆
そりゃそうだ、おいしいんだもの、店内すてきなんだもの、よねちゃんおもしろいんだもの(^o^)(^o^)
6月も7月もお願いしてきました。
一瞬で満席になると思いますが、クラブエリーの皆さん楽しみに(^o^)(^o^)/
新門前 米村」、よねちゃんどうもありがとうー スタッフの皆さんありがとうー 参加者の皆さんもありがとう(^o^)(^o^)(^o^)

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「新門前 米村」昼のコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、オープンした「新門前 米村」さんに伺い(ちなみにオープン前の先日の記事)、お料理をいただいたエリーでございます。

よかったーーー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●よねちゃん=店主の米村昌泰さんと、マネージャーの山下秀明さんです。

●以下、お昼の14000円(+税)のコースです。

飲み物はいつも通りペリエを選択。

多種多様食材がセンスよく組み合わされて、彩り美しく食感よくもちろん味もばちーっと決まって、ほんとおいしかった、満足感に包まれました\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●本来これ、たこが合わされています。わたしはたこは好きではないので(ごめん)、ほたるいかにしていただいて感謝。(メニューもちゃんとほたるいかで印刷されていると後から気づいた)<(_ _)>

●天国かと思うほどおいしい牛肉でした。火の入り方が絶妙、ジャスト、この上なくちょうどいいと思いました。

●白ご飯にちりめん山椒か、カレーを選ぶことができます。問答無用でカレーです。わたしこれほんとーに好きです。

●デセールの前に1枚組み込まれます。

●ひとり大きなひと箱よ。大喜びします。

●こんな風ね。

●アンフュージョンがあるとうれしい(^o^) カモミーユを選択。

●いやもうほんとーーによかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆☆☆☆

これは激しくはやります。予約難しくなる。

新門前 米村」さん、まずは8日(水)にクラブエリーをお願いしています。またその報告をいたします。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ルボンヴィーヴル」のショコラショー

■ 全国100万人の読者の皆さま、「ルボンヴィーヴル」さんが大好きなエリーでございます。

先ごろデビューした新メニュー、

ショコラショーです。ずっとずっと、フランスにあるような濃い濃いショコラショーがあったらうれしいなあと願い続けていました。

やっと登場して大喜び、このところ食後に必ずいただいています。

●シャンティを入れるとこうね。

香りよくて濃い濃い濃いショコラ、わたしの人生にはなくてはならないものです。これで一瞬で幸せになります、点滴みたいに即効で効きます\(^o^)/\(^o^)/
★大事なこと:ドリンクのLOは22時ですが、ショコラに関してはお料理と同じく21時LOです。800円。

ルボンヴィーヴル」さん、烏丸通仏光寺の北西角で場所も便利。ほんと大好きです。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************