■■■ ごあいさつ ■■■

■ 全国100万人の読者の皆さま、

新サイト

関谷江里の京都暮らし(時々パリ)

にいらしていただき、ありがとうございます。
10年と1か月半続けて、合計4285記事、容量の10GBにほぼ達した

関谷江里の京都暮らし」 (ココログニフティ)

(開設当初は「関谷江里の京都-東京半々暮らし」
を引き継ぎ、2016年5月8日、新しくオープンしたウエブサイトです。
スマフォ対応です。
2016年5月8日の初回投稿から辿るならこちら。

■ 京都の美味を紹介することを仕事にしており、時々里帰り(笑)でパリに行く日々を綴ります。
■ クラブエリーの会員の皆さまへの連絡の場、掲示板の役目も果たします。

■ プロフィールや仕事、著書、主宰している会員サロンのクラブエリーなどについての詳細は、上のMENUからご覧ください。
■ 最新記事はこの欄のひとつ下にあります。

*****************

★お知らせ

本ウエブサイトから以外の発信は、

フェイスブックから、インスタグラムに完全に移っています。

https://www.instagram.com/eri.sekiya/

*****************

**********************************
お花は浦沢美奈さん作です。「プーゼ」さん。
**********************************
■ カンテレ「よ~いドン!」の「おすすめ3」

時々おすすめをしています。

これです。

**********************************
テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
文章の無断での転載は著作権法違反です。
写真の無断使用も許可いたしません。

**********************************

★わたしが口コミサイトに匿名で何かを書き込むというようなことは一切ありません。

わたしが名乗りもせず、店の評価をネット上で(褒め言葉でも悪口でも)こそこそと書き込むなどということは、この世で最もあり得ないことです。
どうかお間違いなきようお願いいたします。

こちらもご覧ください。

■「祇園 やま岸」ローストビーフうどん

■全国100万人の読者の皆さま、先週のあるお昼、「祇園 やま岸」さんにお邪魔したエリーでございます。

●日根野谷(ひねのや)誠さん、出迎えてくださってありがとう😊

●昼はうどんセットというものがあり、うどんは数種類の選択肢があります。

うどんの前に、2品供されます。食後には甘味もつきます。
わたしはこの日、目標にしていたうどんがあり、
しかしセットものについた先付や箱寿司は、できれば他のものにしたかった・・・ごめん😂😂 
というわけで、この時点で出していただける夜の一品料理から3品を選択、飲み物にペリエ。日本酒(半合だけ)もいただいたのでした。

●というわけで、まずとうもろこしのかき揚げ
これほんとーーーにおいしかったです。

そうめん南瓜の胡麻和え
しゃりしゃりとした食感を楽しみました。

賀茂茄子田楽

この季節、あれば必ず食べたい賀茂茄子です。熱々ほわほわ、お味噌は2種類で旨いです。

以上の3品を、うどんの前にお願いしたのでした。

●うどんまでの間にこれを出してくださって、思いがけないおいしさでした。
鱧の骨せんべい
パリパリして、旨味たっぷりで、塩気も絶妙でたまらん😂

ローストビーフうどんです😊☆☆☆
これを食べたかった😂

料理長の日根野谷 誠(ひねのやまこと)さんは、「ゆう豆」さん時代にもローストビーフをさんざん作ってこられました。

そして「やま岸」さんグループに入られた今、牛肉といえば「焼肉やまちゃん」と同じところから、極上の肉を仕入れることができるのです。
黒毛和牛の、ランイチの部分を使用ということです。ランイチとは、サーロインにとなりあって、ランプとイチボが重なる部分。

実に旨い牛肉と共に、たまごをからめもってうどんをいただくと、ものすごく幸せでした。水菜がしゃりしゃりと爽やかな食感を添えていました。
うどんは(やわやわ京都風ではなく)しっかりした食感で、小豆島のものということ。

ほんとーにおいしかったです😊☆☆☆

●ちなみにお昼のうどんメニューはこんなです。

先付と箱寿司、甘味がついてのお値段です。

*****************

九条ねぎ京きつねうどん 1800円

ゆばうどん 2200円

ローストビーフ混ぜうどん 3000円

鴨南蛮うどん 3500円

丸鍋うどん 4500円

*****************

 

●「祇園 やま岸」日根野谷 誠さん、優しいもてなしをありがとうございました。
「祇園 やま岸」、初訪問してからもうすぐ1年です。
またクラブエリーもお願いしたいと思っています🙏

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「マールブランシュ」上桂店で、庭園とお菓子を楽しむ

■ 全国100万人の読者の皆さま、5月末にオープンした「マールブランシュ」さんの最新のお店に出かけたエリーでございます。

●これがエントランスへの階段。

花にあふれたお庭、ひろびーろした客席。訪れるだけで気持ちのいい空間でした。

敷地面積 1072.61 m2
延床面積 265.00 m2

と伺いました。

 

●できたてのお菓子とヴィエノワズリが並び、本当においしそう😊😊😊

●上桂の新店は、従来のお店と違って、軽食もいただけるのが新しい点です。

まずこちら、お菓子やさんのガーデンフルーツサラダ

●コンポートされたトマトに、凍ってしゃりしゃりしたトマト、ピンクグレープフルーツ。ハーブもたっぷりで、めちゃくちゃにいい香り。

●とうもろこしの冷たいスープが添えられていました。

●そして、クロワッサンがまたたまらない旨さで、こののびる生地もたまらん。「ここはフランスである」と言われたら容易に信じられる香りと味。ますます別世界にいるとしか思えませんでした。

●これね。1個270円。

●和束の和紅茶を合わせました。

●「マールブランシュ」さんといえばのモンブランで、けれどこちら上桂店では、
しぼりたてモンブラン
ガーデンスタイル
といって、目の前で仕上げてくださるスタイルのモンブランが楽しみです。
これは実に旨かったです(*_*)
マロンの凍らせたパルフェの上から、ラム酒たっぷりの、しぼりたてモンブランクリーム、うっとり陶酔する香味でした。
本体が500%かんぺきゆえ、わたしは飾りたっぷりの生クリームや、赤いカシスのソースなどはいらないなあと(毎度ごめん😂)。
いやしかし、今やあらゆるものについて、ヴィジュアル映えというのを考えないといけないのよね😂😂

上桂マドレーヌ
という新商品。店内厨房で焼き立てをいただけます。

プレーンとショコラ、
アーモンドの粒粒のショコラコーティングがされたものは、本体も全ショコラで、こちらの方がわたし好き・・・そうなものなのですが、これに関しては、プレーンの、マドレーヌらしいマドレーヌの方が圧倒的に好きでした。

ふんわりやわらか、馥郁たる香りが立ちのぼり、いたわられるように優しくて、ああ~おいしかったです😭😭

甘いものたっぷりで、十分過ぎるほど甘やかしていただきました。
「マールブランシュ」さんありがとうございました<(_ _)>

●ゆったりと広がるお庭です。

●夏の暑さに強いお花が植えられていました。

●蜜のお花が多いのか、蝶がたくさん飛んでいて、別世界の風情でした。

●そして「マールブランシュ」さんのMマークの前に群生していたのは、

●ヴェルヴェーヌでした。ヴェルヴェーヌの花ってこんななのですね。
きれい。可憐でかわいい(T_T)

マールブランシュ」さん上桂のお店、本当によかったです。

皆さんいらしてください\(^o^)/\(^o^)/

 

*****************

「マールブランシュ 上桂店」
電話 075-381-1555

京都市西京区桂上野西町233
10:00~18:00
サロンLOは17:30
2024年5月27日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

■「祇園喫茶 カトレヤ」店主交替で再オープン

■ 全国100万人の読者の皆さま、祇園情緒濃いカフェの再開を喜んだエリーでございます。

●「祇園喫茶 カトレヤ」さん、
1944年創業、2024年5月に惜しまれつつ閉店なさいました。
けれど、先日7月3日(水)、店主さん交替で再オープン。
喜ばしいことです😊☆☆☆

●カウンターには大ぶりのひおうぎ。季節感よいなと思います。
今はもちろん禁煙になっていて快適です。

昔はケムリもくもくで、とてもわたしは入れなかった。最後の1年くらいは禁煙にされていましたが。

●井戸も以前のまま保存されていました。

お客さまがいらっしゃるので内観全体は撮れませんでしたが、以前とほとんど変わりません。

この日(7月2週目の週末)は時節柄観光で来られたらしい方々が多く、お客さまの回転は早かったです。
わたしもお菓子をいただいてすぐにおいとましてきました。
●女性店主の岩城(いわき)さんは、とても感じのいい方でした。心地よく過ごせるよう、お気遣いくださるのです。

長らく喫茶店をされて、喫茶文化をとても愛して来られた方・・・というわけでも実はなく😂、話を伺うと、全く違うお仕事からの転職ということ。

淡々とされていて、それはそれでよいなあと思ったのです😊

●内装や雰囲気は以前とあまり変わりませんが、
メニューは大幅にシンプルになっていました。
お菓子に関してはガトーショコラか紅茶のケーキの選択があるということ。
どんなものか想像もつかないままに、紅茶のケーキを選択。
これがなんと「ヴィオロン」さん製のもので、大喜びしました😊☆☆☆
これは以前「ヴィオロン」さんでいただいたことがあって、大好きだったのです☆☆☆

 

祇園喫茶 カトレヤ」さん、また伺いたいと思います。

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

 

■ 最近のあれこれ:保昌山、天ぷら居酒屋、とうもろこしの・・・

■ 全国100万人の読者の皆さま、脈絡なく、最近のあれこれの話をいたします。
*****************
見える保昌山だけ・・・

*****************

●東京から京都に移り住んで18年になり、さすがに自転車で山や鉾の近くに近づいてはならん、大迷惑になる、すさまじい人波にのまれて戻れなくなる、自転車通行禁止~! と怒られる~~😂😂 とわかるようになり、それで近くに山や鉾いろいろありながら、この数年はほとんど見に行くこともありません(*_*)(*_*)
でもこれは、うちを出たら見える保昌山。
きれい~✨️と思い、宵々山の夜、高辻通側から写真を撮らせていただきました。
ありがとうございます😊🙏

保昌山といえば、縁結びなのね。よい縁はどうぞ、逃さず残らずしっかり結んでくださいませ😂🙏

*****************

天ぷら居酒屋で夕食

*****************

●信頼できる方にお連れいただきました。

天ぷらメニューが充実した、料理屋さんというより居酒屋さんという風情のお店です。

「御幸町ささき」さんというお店、御幸町通りに、先月6月27日に開店されました。
*****************

RF1のお惣菜が好き♪

*****************

●デスクトップおやつです。

地下で買えるお惣菜の中でも、RF1(とその系列店)は別格と思うのです。
季節限定で、とうもろこしのカツというのがあり、だいぶ好きです😂

●こちらもRF1さんで、ゴールドラッシュのサラダ。

楽しい季節ものです。

*****************

わりとスタバが好きなわたし

*****************

●わりとスタバが好きなわたし、

好きと言いながら、スターバックスコーヒーさんにおいて、食べ物を食べることはほとんどありません。

これは先日のある午前中に、ハム&マリボーチーズ 石窯フィローネ を選択して熱々をいただきました。

これよかった\(^o^)/☆☆☆

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

■「日日是甘日」(にちにちこれかんじつ)初訪問

■全国100万人の読者の皆さま、初めましてのパティスリーに出かけたエリーでございます。

西院駅からほど近くの、
日日是甘日」(にちにちこれかんじつ)さん。
昨年10月17日にオープン、
先週 7月10日(水)に、店内イートインスペースがスタート、10日の13時に伺って参りました。

本格フランス菓子(やイタリア、スイスのお菓子)というよりは日本人のわたしたちに食べやすくアレンジされており、お値段も買いやすい設定で、界隈の方々に重宝され、愛されるお店です。

●店主の小西 拓さんです。
大阪と京都のリーガロイヤルホテルに長くお勤めになり、神戸でもお菓子の仕事をされたと伺いました。
もの腰やわらかく、お優しい風情がそのままにお菓子に映っていると思いました。
ホテルの規模のお菓子作りをされながら、いずれはこぢんまりとしたパティスリをと思っていらしたということです。

●生菓子がずらりと並びます。ショーケースにはサンプルがひとつだけで、空気と光にさらさないよう、販売用の商品はしまわれています。

シュークリーム、プリン、モンブランといったなじみ深い洋菓子はもちろん、メロンやマンゴーなどフルーツをたっぷり使ったもの、ティラミスやバスクチーズケーキなど街のお菓子屋さんにはずせないものが揃っています。

スコーンに並んでエンガディナー、和三盆を使ったクロワッサンがありました。

●焼き菓子もたくさん揃っており、おみやげにいいです。

大好きなガレットブルトンヌがバターの香り豊かで印象に残りました。

●オープンしたてのイートインスペースで、
店主の小西 拓さんが、パリの「ストレール」で出会ってインスピレーションを受け、作ってみられたというピュイダムールをいただいてみました。本家とは形も構成も大きく違い、自在にアレンジされていましが、土台のパイ生地のサクサクや、間にはさまれたピンクグレープフルーツの酸味を楽しむことができました。

●卵黄のおいしさが際立つプリンも楽しみました。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

■ 7月14日、le 14-Juillet、開業記念日、グレン グールド

■ 全国100万人の読者の皆さま、7月14日、日曜日、少しゆっくりして、あれこれの話をしたいエリーでございます。

脈絡なしですがどうぞ。

●山紫水明の都、京都です\(^o^)/

二条大橋の上から東方向を見ています。
定宿だったホテルフジタ時代からここが定点観測地です。

先月のある日、クラブエリーへ向かう11時半頃、
ものすごく晴天でした。

●本日7月14日は、le 14-Juillet、フランス革命記念日です。

franceinfoで、軍事パレードを釘付けになって見ています。

一糸乱れぬ見事なパレード、やればできるのフランスです😱

Cérémonie du 14-Juillet : suivez le défilé de la fête nationale sur l’avenue Foch


写真は何年か前のLe Mondeのものを拝借しています。

●そして、7月14日といえば、このお店の開店記念日であり、オープンは2014年。ちょうど10年になられました。

ごだん 宮ざわ」さんおめでとうございます\(^o^)/

ちょうど10年前の今日の、わたしのウエブサイトの記事です

まだココログニフティでやっていた頃です。

このサイト記事はこちらです
宮澤政人さんも、若いですー😊

ちゃんとカメラ目線で写ってくれた時代があったのよね😂😂
●「ごだん 宮ざわ」さん、現在は今年の4月から料理長交替でお料理が新しくなり、

いまはこんな風になっています

 

●昨今ひたすら聴いているのはこちら。

グレン グールド バッハ全集(SA-CD ハイブリッド・エディション)

ソニー・ミュージックレーベルズから昨年出た、コンプリートなグレン グールド バッハ特別企画です。

ゴルトベルク変奏曲も1955年版、1981年版と両方入っています。

最近、ピアノの練習を再開した、少し年上の友人がいますが、よいなあと😊

わたしも、このゴルトベルク変奏曲を弾けるなら(初めのアリアの部分だけでもいいです😂)どんなにいいかと思います。

ただしわたしはピアノや鍵盤楽器、一度も習ったことがありません~😱

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

 

■「ブション」でガスパチョ、アシ パルマンティエ

■ 全国100万人の読者の皆さま、少し久しぶりに「ブション」さんに伺い、心が穏やかになったエリーでございます。

●この時期、フランスに行きたくてわなわなしていけません。コロナ前は6月末~7月初め、必ずパリに行っていたから。
今年は、オリンピック騒ぎが終わるまでは出かける気になれず(*_*)(*_*)
ユーロも高すぎる😱 

とりあえず、寺町二条の「ブション」さんに伺えば気持ちが救われると思う。

1週間以上前に予約して、久しぶりに待望のディネです。

●暑い夜に身にしみた、冷たいガスパチョ。

●家庭料理の顔を全くしていない😂😂、洗練のアシ パルマンティエ。

赤ワインのソースに囲まれて、レストラン料理になっています。

味は、なつかしいアシ パルマンティエです。

●アリババと、クレームカラメル。

●ヴェルヴェーヌのアンフュージョン=ハーブティです。

何もかも、本当においしかったー😭😭 
そして店内にフランス語が聞こえただけでも、随分気が済んだかもしれません。

ブション」さん、早めに予約しないと、「明日お願い」なんて言っても席がないお店になっちゃいました。
食べたいメニューがまだまだありました。また伺いますー。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

 

 

■「割烹 竹うち」夏の恒例、けれど最後のうなぎ祭り

■ 全国100万人の読者の皆さま、大盛りあがりだったクラブエリーの報告でございます<(_ _)>

●「割烹 竹うち」さんで、クラブエリー恒例のうなぎ祭り、8日、9日、12日と3日間、お昼にお世話になりました。
店主の竹内誉裕さんの、変わらず段取りのいいこと、千手観音ぶりを発揮して、3日とも、13時半前にはおいとまできるスピーディなコースでした。(食べる方も早いのだけど😂

大人気だったのに、8月末で閉店してしまわれる「割烹 竹うち」さんです😭😭
●今月のうなぎ祭り3日間が最後になるのか・・・いや、クラブエリーの皆さんの気持ちは収まらず、
急遽、8月に8名×5日間で、
クラブエリー@「割烹 竹うち」さんさよならコースをしていただくことにいたしました。
蟹、あわび、牛肉、松茸・・・と今までの総集編のようなコースをしてくださる予定ということです😭😭

●うなぎのコースも愛にあふれて山盛り食べさせてくださって、いつもはうなぎご飯の大きなおにぎりのところを、パックが並び始めたので何かと思ったら、ムライスがすごい勢いで7個作られたのでした。
これは、わたしたちが常々「(竹内さんがお得意だという)オムライスをクラブエリーでやってください😂」とお願いしていたからで、最後に願いをかなえてくださったのですね😭😭

●以下、写真はうなぎ祭りコースより一部ですが、

●うなぎだけでなく、鱧寿司も鮎のお椀も供されて、夏を満喫できるメニューでした。

●ご飯の後、デザートには定番わらび餅と並んで、マカロンならぬうなロンが用意されて、最後まで楽しさ満載のコースでした。

●そして、食後に配られたおみやげ。
巻きか?と思ったら、
ご飯入りの、
ムライスでした😂😂
*****************

●わたし自身はうなぎを食べないのですが、皆さんが大喜びして盛り上がるうなぎ祭り@「割烹 竹うち」さんは食べなくてもテンションが上がる大事な年中行事で、後一生、クラブエリーを続ける限り毎年リピートされるのだと思い、それを疑ったこともありませんでした。

永続的なことなどないのだ、ということですね😭 それを知らなければならない。
今ある、当たり前だと思っている幸せは、全然当たり前ではないのだと感謝しないといけません😭😭

●「割烹 竹うち」竹内誉裕さん、
この3日間、ありがとうございました<(_ _)>
あまりに惜しい閉店ですが、
来月の5日間も、とても楽しみに伺います。最終日には、わたしも自分の1席を取ってお料理をいただくつもりでいます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

■「ごだん 宮ざわ」クラブエリー第2木曜 2024年7月11日

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー@「ごだん 宮ざわ」さんの報告です。

7月11日、クラブエリー第2木曜(という定例会)を「ごだん 宮ざわ」さんにお願いしました。

クラブエリーの中でも、とりわけ長いお付き合いの方々(クラブエリー誕生以前の、朝日カルチャーセンター講座のメンバーだった方々)もいてくださって、旨いものがわかる方が集中している会でもあります。

料理長が東洋賢士さんになってから、初のクラブエリー@「ごだん 宮ざわ」さんです。

わたしは2023年10月以来、この方のコースをいただくのは17回目です。

●食前酒に、宮城の「墨廼江」の別吟をひと口いただいた後、

夏野菜のゼリー寄せです。

菱蟹、黄身酢。

野菜は、椎茸、ヤングコーン、ズッキーニ、スナップえんどう、大葉、茄子、トマト。

やまめのいくら。

●甘鯛のお椀。金針菜のつぼみ、柚子。下に糸瓜。

●りんごチップでスモークしたまぐろのとろ。大根鬼おろし、煎り醤油、花穂紫蘇、青芽紫蘇、わさび。

土佐醤油吉野。大葉オイル。

●どれが400年前のものでどれが最近のお皿か、このお店においてはわかりませーん😂 と今年の4月にも書いている通りですが、

これは400年あるいはもっと昔のものらしいです。その4月の時にいただいたお皿と、少し柄違いですね。
なんともよい風情です。

●とうもろこし豆腐。中はゴールドラッシュ、すり流しは白とうもろこし。
煮さざえ。上からネパール山椒。

●東洋賢士さんが打つ、東洋一の蕎麦来ましたー\(^o^)/

●万願寺とうがらしとしらす。万願寺とおじゃこって、もう鉄板の組み合わせですね。

万願寺はたたいて、蕎麦とよくからむようにされていました。そこに、パリパリのかき揚げにされたしらす。

削りたてのかつお節。
干し椎茸、あご、めじかのだし。

おだしは少しとろっとしていて、お蕎麦によく馴染みました。

絶妙な組み合わせ、

際限なく食べ続けていたいお蕎麦でした。

東洋一のお蕎麦シリーズは毎回本当においしいけれど、これもまた忘れがたく、夏の定番のひとつにしていただきたいと思ったのでした。

●焼き物はすずき。トマト醤油麹焼き。空芯菜の炭焼き、松の実。

魚のだしのあん。

このすずきの、か ん ぺ き なおいしさよ😭😭 
トマト風味がよく調和しているということと、焼き加減が絶妙でした。

空芯菜を焼いたのがいい香り、松の実の食感がすてき。

とんでもなく美味な一品でした。

●ずんだあんを楽しむためのお皿。

「秋田ほのか」という枝豆を使用。

白味噌、日向夏の蜂蜜と合わせた、優美な味のずんだあん。

粟麩、天然の帆立、日向夏。

ずんだあんの上には、ノーブルな七味✨️✨️=こちらで調合された、自家製の七味です。

●醤油入りのお湯で洗ったきじはた。葉唐辛子味噌と。

玉味噌に、葉唐辛子のペーストを混ぜ込んだもの。青唐辛子と炒めて辛味も足しています。

赤芽紫蘇。

これも、も の す ご く 美 味 なことでした。

●天然の鮎(安曇川)の、たで衣揚げ。上に骨せんべい。

このヴィジュアルも強烈なら、たで衣で揚げられた鮎の、香りも食感もよかったこと、
瞠 目 の 旨さ でした。

鮎は焼いてから、骨を抜き、そののち衣をつけて揚げたということです。

●お料理の最後、

とろとろに炊かれた、牛のアキレス腱です。ほとんど正体がないほどとろとろ、コラーゲンのかたまりという感じでした。

石川芋、きくらげ、冬瓜。全く食感の違うものどうしが合わされて、それでいて絶妙な調和でした。

のっぺい仕立て。生姜。

●お漬物コレクション来ましたー

・梅とかつお節で炊いた昆布

・青桃の醤油漬け

・トマトの糠漬け

・コリンキーの浅漬け

・青瓜の味噌漬け

 

●炊きたてのご飯を煮えばな、二膳目、三膳目といただきました。

味噌汁も添えられます。

●食後の甘味とお薄が用意されます。

●東洋賢士さん、14名分をゆったりと出してくださいました<(_ _)>

人数が多くても、いつもの2,3名でいただく時と全く変わらぬクオリティでした。
数が多いから荒れるというようなことが、みじんもありませんでした。

●手前のグラスには、

黄プラムゼリーと、きな粉アイスクリーム。

●葛まんじゅう、中はスペシャル金山寺味噌あんです✨️

リクエストに応えてくださってどうもありがとう🙏

●古清水の、小ぶりのお茶碗でお薄をいただき、ご馳走さまでした<(_ _)>

●左から、ともちゃん=副料理長の大山委宏(ともひろ)さん、料理長の東洋賢士さん、そして織田海斗(おだひろと)さんです。

写っていないスタッフの皆さんにも御礼申し上げます。

今回もありがとうございました<(_ _)>

なんとテンションの高いチームなのかと思います。

14名分くらい、余裕でできちゃうみたいです。

十分過ぎるほど十分な準備をしてくださったのだと思いますが、

どのお料理も、見事にかんぺきに決まって、

よどみなく供されたのでした。
ここがもうちょっとこうだったら、ということが皆無でした。

ごだん 宮ざわ」さん、次のクラブエリーもお願いしました。

わたしもまた伺います。

ちなみに前回はこんなでした

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

 

■「MARUTA」マルタ 水茄子とオリーヴオイルのまぜ麺

■ 全国100万人の読者の皆さま、「マルタ」さんに伺って、季節のまぜ麺を味わい、新たに仰天したエリーでございます。

●「MARUTA」 マルタさんで、
最新季節のまぜ麺、鮮烈でした😱

水茄子とヴァルド農園のオリーヴオイルの冷やしまぜ麺

水茄子、焼き茄子ペースト、大葉、しば漬け(きゅうり、玉ねぎ)
叉焼、
乳酸発酵トマトとしば漬け発酵液のソルベ。

●麺と具材が絶妙に調和して、塩気も酸味もジャストに決まり、
ほんとーーーーーにおいしい😭😭
風味絶佳と思います。
独自のセンス、独自のおいしさ、他で食べたことない。

この麺もまた、
前代未
としか言いようがありません。

●「MARUTA」 マルタさん、また伺います。
Sちゃんもありがとー🌹

*****************

6月末、再度味わったのはこちら

*****************

●6月末、一乗寺に出かけた帰りに、これを思い出してしょうがなくて、

再度食べに伺ってまいりました。

ヤングコーンの髭と山椒の冷やしまぜ麺

●店主さんが漬けられたしば漬けが加わっていて、それはなんと、玉ねぎのしば漬けでした。これもまた前代未のものでした。毎回驚かせてくださってありがとうございます🙏

 

前回、6月初めの記事はこちら

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************