■■■ ごあいさつ ■■■

■ 全国100万人の読者の皆さま、

新サイト

関谷江里の京都暮らし(時々パリ)

にいらしていただき、ありがとうございます。
10年と1か月半続けて、合計4285記事、容量の10GBにほぼ達した

関谷江里の京都暮らし」 (ココログニフティ)

(開設当初は「関谷江里の京都-東京半々暮らし」
を引き継ぎ、2016年5月8日、新しくオープンしたウエブサイトです。スマフォ対応です。
2016年5月8日の初回投稿から辿るならこちら。

■ 京都の美味を紹介することを仕事にしており、時々里帰り(笑)でパリに行く日々を、写真をどんどん上げながら綴ります。
■ クラブエリーの会員の皆さまへの連絡の場、掲示板の役目も果たします。

■ プロフィールや仕事、著書、主宰している会員サロンのクラブエリーなどについての詳細は、上のMENUからご覧ください。
■ 最新記事はこの欄のひとつ下にあります。
■ 速報はFacebookにまず上げます。どなたにも公開しています。

https://www.facebook.com/eridosu.sekiyaeri
**********************************
お花は浦沢美奈さん作です。「プーゼ」さん。
**********************************
■ カンテレ「よ~いドン!」の「おすすめ3」

時々おすすめをしています。

これです。

**********************************
テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
文章の無断での転載は著作権法違反です。
写真の無断使用も許可いたしません。

アイデアの露骨な盗用もお控えいただきますようお願い申し上げます。

わたしが口コミサイトに匿名で何かを書き込むというようなことは一切ありません。

わたしが名乗りもせず、店の評価をネット上で(褒め言葉でも悪口でも)こそこそと書き込むなどということは、この世で最もあり得ないことです。
どうかお間違いなきようお願いいたします。

こちらもご覧ください。

■「果朋」フルーツ羽二重

■ 全国100万人の読者の皆さま、いちご羽二重の食感をたまらなくよいと思ったエリーでございます。

●二条城近く、「リストランテ 野呂」の並びに昨年10月に開店された和菓子の「果朋」さんです。
(開店時の写真です。)
果福というフルーツ羽二重シリーズが驚きの食感ですてきです。フルーツ大福に見えるのだけど餅ではなくてやわらか~な羽二重製で、あんは白あん。
●4種類揃っていて、
いちご、
いちごフロマージュ(マスカルポーネあん)、
みかん、
キウイ。
季節でフルーツは変わっていきます。わたし今までフルーツ大福って全く好きではなかったのだけど、これは好きです。またいただきたいと思います。
●4種類の中ではシンプルいちごが最も全体のバランスがよいと感じました。好みの問題ですが。
●季節の和樂(わら)というシリーズはこんなでした。

果朋」さんまた伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ カヌレ@「シンレス・ノーシュガー・カフェ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、久しぶりに本当においしいカヌレを味わって、ご満悦のエリーでございます。

東洞院御池上ルの「シンレス・ノーシュガー・カフェ」さん、

初回訪問の投稿はこれ

今回はカヌレをいただき感じ入ったのでした。

●小麦粉不使用、米粉と、砂糖の代わりに羅漢果、ステビア、てんさい糖などを使って作られているということです。

言われなければそんなことは何もわからず、
ほんとーーにおいしかった\(^o^)/☆☆☆

1個 280円(税別)。

●ジンジャー風味の紅茶と合わせました。
フランスの紅茶「GEORGE CANNON」ですね。

●カレー風味のキッシュも、たまらなーくおいしかった\(^o^)/\(^o^)/

これも全粒粉を使って、ごく低カロリーで作られているということでした。

●welciaさんのお菓子も監修されたそうです。

●パティシエールの阪本久枝さん、きれいで感じのいい方です(^o^)/

シンレス・ノーシュガー・カフェ」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ イノダコーヒ 四条支店B2F、その後お菓子

■ 全国100万人の読者の皆さま、写真溜め過ぎのエリーでございます。っていつも言っているエリーでございます。

心を落ち着かせるために少し前に食べたもの・・・

「イノダコーヒ」さん四条支店の地下2階でこれ、オムライスのハヤシソースね。ひらひら牛肉も入ったソースは濃厚でよいの。わかりやすいおいしさで、疲れた心身を優しくいたわってくれる感じがしました。「疲れた心身」なんて言っちゃあ負けだと思っているのだけど、まー疲れることもありますー ダメエリーにおちいることしばしばありますー にんげんだもの( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

ちなみに、何度か書いているけれど、「癒やされる」という言葉、わたし使いませんよ。ストレス解消という言葉も使ったことない。(^o^)(^o^) 

2008年に、述べたいこと述べています。今は昔、わたしはまじめに書いていたなあ(^o^)
この投稿の時点で、月刊誌「WaSaBi」が休刊になるって書いてありますね。それから12年後、「料理通信」や「ミセス」も休刊に、、

●これは昨年12月に、「イノダコーヒ」さんの本店で期間限定でされていたメニューです。これ食べに行きたかったのだけど逃してしまった、、これが頭にあった上での、四条支店地下2階だったわけよ。

●で、オムライスのあとにこれね、ココアトルテというのです。

●ショコラ好きなら間違いなく好き。変わらない懐かしい味。

この後イノダさん癖がついて、こうなるとわたしは気が済むまで行きます、、

●これは本店でプリンね。理想的なプリンのひとつで、何度いただいても好き。

今年の初め、あるところで(京都ではないところで)理想的でないプリンを食べてしまい、理想に戻りたく飛んで行きました。

●また違う日にチーズケーキ。これもベーシックな味で、世の中にはいろいろーなチーズケーキがあるけれど、これは王道のひとつだと思う。
日本のチーズケーキ本当に好き(^o^)(^o^)

●大丸内のコーヒーサロン支店でショートケーキ。よいです(^o^)

●あーラムロックを久しぶりにいただきたい。「イノダコーヒ」さん、近いうちにまた伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「KYOTO BISTRO」のシュークリーム

■ 全国100万人の読者の皆さま、オレンジ風味のシュークリームに心を奪われたエリーでございます。

パーク ハイアット 京都「KYOTO BISTRO」さんで、最新、季節のシュークリームを味わったのでした。

●これね。オレンジのクーリ、生クリーム、下にアールグレイのクリームで、もう意表を突かれました。硬すぎず柔らかすぎずな皮の加減もよくて、おいしいのです\(^o^)/\(^o^)/

●ただ今こんなラインナップです。

上左から時計回りに、ヴァニラ、いちご、ショコラ、柚子、洋梨、抹茶、、モンブラン

●オレンジとアールグレイのシュークリームと共に、定番のヴァニラ(カスタードクリームと生クリーム)、ショコラもいただいてみました。
甘さほどよく、繊細な香味は日本人のためのパティスリという感じで非常に印象がよかったです。
それと持ち帰って味わった抹茶もすばらしく香りよくて仰天するほど、ひととき桃源郷にいるかのようでした。

パーク ハイアット 京都「KYOTO BISTRO」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「祇園にしむら」2021年1月

■ 全国100万人の読者の皆さま、2021年1月の「祇園にしむら」さんに出かけたエリーでございます。

華やかなお正月の料理を楽しみました。

●胡麻豆腐で始まります。

●お正月いつもこれ。華やかで好き(^o^)

●白味噌でお雑煮です。お餅入り。

●鯛おいしーい。

●鯖寿司。わたしはこれいただけず、撮影だけ。

●お正月の八寸。金箔がのっているのは黒豆です。

●村沢牛のしぐれ煮。ほんのり甘いすき焼き味です。しっとり美味。

●ぶり大根

●かぶら蒸し。中に雲子、ふき、筍。

●締めは、まぐろのユッケ風をのせたご飯。

●豆腐と湯葉入りのお吸い物。初めが白味噌汁だったからこちらはおすましね。

●ミニもなかの皮にあずき、いちご。

●お花いけをする店主の西村元秀さん。枝ぶりよく、きれいな蝋梅でした。

祇園にしむら」さん、おいしかったー\(^o^)/\(^o^)/

また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ Google Pixelか、大きなAQUOSか

■ 全国100万人の読者の皆さま、逡巡の中にいるエリーでございます。

Google Pixelか、大きなAQUOSか。

KDDIも20GB 2480円を打ち出してきた今、新しいデータ容量を迎えるために新しい容器が要るではないの。

このすばらしい機会に、スマフォ買い替えを考えないでいられるだろうか?(いいやいられはしまい。)

●GoogleのPixel 、Googleのアプリだけ入っているの、これ使いやすいだろうなあああと思う。

わたしは問答無用で大きいのがほしいから、

Google Pixel 4a (5G)
という選択になると思います。今わたしauですから、これにするとしたら SIM フリーのを買うと。

 

●しかし、AQUOS の大きいの、6.7インチの画面サイズのものにも心惹かれており、

SHARP SIMフリースマホ AQUOS sense4 plus
というのね、これいいかなあと。

しかし今使っているAQUOSが、どうにもトラブルが時々起こって(うんともすんとも言わず、マックラなまま立ち上がらなくなってしまうなど)忙しい時など困り果てるし、一度はもう本当に使えない状態になって全く初期化をせねばなりませんでした。またアプリも全部入れ直し設定し直しというわけよ。それで失ったポイントなんかもありました。

たまたまその時偶然に、わたしのIT家電顧問と一緒にいたから助かったんだけど、ひとりだったら途方に暮れていたと思う。

●それでもって、Google Pixelにしたらこの手帳型ケースだなっ(^o^)/ チェーンの部分はリボンに変えると思うけれど。それから、ハトメに関しては、わたしは下についていないとダメなんです。

●AQUOS にしたらAQUOS用の手帳型ケースこれだわ、、マッカでよさそうなのがなくて、ワインレッドだって。ハトメ下についているしね。

手帳型ケースには鏡貼り付けられるし、新幹線のEXカード入れたりできるでしょ♪

●うう、どうするかな。たまたま今使っているAQUOSが、この個体が運悪くトラブル時々起こすものであったとも思えるし、しかしGoogle Pixelの、Android最新OSやセキュリティのサーヴィスが発売後3年間は降り注ぐと聞いたら、トラブル知らずで過ごせそうな気もして、そうしておこうかとも思う。何よりGoogleのスマフォって使ってみたいじゃない?また新しい世界が開けそうじゃない?そもそも、Androidを開発しているのはGoogleなわけで、製造直売の分、なんかすごくアップデートもまめにしてくれそうな安心感があります。

●わたしはどんなものでも欲しいと思ったらとりあえず買って試し、(もちろん一括払いで買う、)買って自分に合わなければすぐに人にあげる(恩着せがましくあげたり(笑)へりくだってもらってもらったり、それはその時々)か安価で譲るかするのですね。何でも、買って使ってみないとわからないし、買うこと自体が開発した人への尊敬の気持ちだと思うし、使ってみてダメでも気が済むからいい。大抵気が済むまで何でもやる方です。

●なので今回のスマフォに関しても、

両方買うか?

という考えに至ったのだけど、

それはいくらなんでも無駄というものです。

と家電顧問に言われてしまった。確かにそうかもしれん。( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) 

●まだしばらくこの逡巡の中でたゆたうエリーだと思います。

でもだいぶGoogle Pixelに傾いているの、もう「ぐーぴく」でGoogle Pixel と単語登録までしたよ、、( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「モトイギョーザ」その後

■ 全国100万人の読者の皆さま、おしゃれな餃子でテンションを上げたエリーでございます。

11月にオープンされた「モトイギョーザ」さん、その後撮影に食事に、昼も夜も何度か伺いました。

●餃子と共に味わうベリーのサワーがおいしい\(^o^)/\(^o^)/気に入ってリピートしています。

アルコール抜きもしてくださいます。

●豆鼓の量がアップ、より風味よく旨味強くなりました。

●お酢やだし醤油やラー油だけでなく、オリーヴオイルと塩などで好きに食べられるのがいいです。

●鶏むね肉のコンフィの冷製、味噌と共に。オリーヴオイルと塩でもおいしい。

●自家農園ハーブサラダ、これもフランス料理店ならではのヴィネグレットソースでおいし☆☆☆

●大原野菜ぬか漬け。ちょっと多めに盛っていただいています。

●これは昼セットのお味噌汁。びっくりするほど野菜が入っています。ものすごく価値があります。

●これはポトフ餃子。鍋仕立てです。餃子と野菜を食べたら、チーズリゾットにしてもらえます。冬の根菜たっぷり。スープも旨いのだわ。

モトイさんのお料理(フランス料理の方ね)も織り込んだオリジナルなメニューのクラブエリーをお願いしてきました。餃子でクラブエリーって初めてですから皆さん楽しみに\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「水暉」で七草粥

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

2021年1月7日のNHK文化センター講座を、ザ・リッツ・カールトン京都「水暉」さんにお願いいたしました。

いとも美しいしつらいで迎えてくださいました。

●位置皿から華やかで心を奪われました。

お正月仕様の「丑」のお箸と。

●春の七草で七草粥です。

●この献立見てよ、この色このデザイン。オリジナルで目に心地いいです。

ウィキペディアの「七草」のページから、この部分を配布してくださるいたつく=いたれりつくせりぶり。

●越前蟹と蟹味噌、赤飯の組み合わせ。これ強烈においしかったです。

●お椀の前に、位置皿的にこれが置かれました。圧倒的に美しい蒔絵のお皿、見惚れました。

●お椀は、焼いたふぐの香ばしさを楽しむおだしに瞠目の思いでした。

こちらのお椀の吸い地、初めは昆布のみの濃厚だしだったと思いますが、これは昆布と鰹節のおだしに、ふぐの香味です。

おいしかった、、(T_T)(T_T)

●大胆な意匠のお皿に

●ぼたん海老やまぐろが彩りも美しく配されて、目に楽しい、美味でたまらん。

●八寸もこの華麗さでした。

●朴葉で牛肉焼きです。味噌の上に海老芋やら堀川牛蒡やら蕪やら、今の時期おいしい野菜です。

理想的においしかった☆☆☆

●はまぐりスープ(温製)に稲庭うどんで締め。はまぐりスープ全飲みいたしました。

●ピエール・エルメさんのデセールです。カルピスアイスクリームにいちご。

斬新なデザインのお皿は有田焼きということ。

●料理長の三浦雅彦さん(マスクを一瞬はずしていただきました)、今回も周到に、万端に、実によくしてくださいました<(_ _)>

●おみやげも準備してくださいました。15名分ほど、献立からお箸、コースター、いつもの「よろこんぶ」・・・今回は箸置きのプレゼントもありました。

こんなにしてくださって感謝たくさんです<(_ _)>御礼申し上げます。

参加者の皆さんにも感謝<(_ _)>

また来月お目にかかりましょう\(^o^)/\(^o^)/

ザ・リッツ・カールトン京都「水暉」

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 銀座でばったり、藤山さん\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、銀座でまさかの出会いでした。

●またしてもここらへん。このあたりを経由して有楽町駅方面へ出ようとしていたところ、この向かいにあるマロニエゲート銀座の前でばったり会ったのは、

●この方でしたー!

この方とは、

●以前京都で、「室町和久傳」さんでお世話になった、藤山貴朗(たかお)さんです。この時、「和久傳」さんで総料理長をつとめていらっしゃいました。

独立して銀座に出店されたのは2019年3月。

●すばらしい偶然の出会いです。お店を見せていただきました。
無印良品の、並木通り側ではなく、MUJI HOTEL GINZA の入り口側です。お店の入っているビルはなんと無印のまとなりでした。

銀座モリタビルディング。

●7階、「銀座 ふじやま」と表示があります。

11月、なんで隣に泊まっていながら気づかなかったのか?(*_*)(*_*)
「このあたりだったよなあ、藤山さんのお店」と、本当に思っていたのに(*_*)(*_*)

●「銀座 ふじやま」さん、翌日からの営業に備えて準備中のところをお邪魔しました。

●男前店主さんに、一瞬マスク取ってもらいましたよー(^o^)

かつて、「和久傳男子」カレンダーを作りましょうと盛り上がったことを思い出しました(^o^)(^o^)

●その時はやっちゃん=北嶋靖憲さんもいて、ほんと毎回おもしろくて笑いくずれていたなあ。

やっちゃんの方も、現在鎌倉で物件も見つかって、開店準備中です。この銀座の「ふじやま」さんも、鎌倉の「北じま」(かな?)も伺わねばですね。

●4席のお部屋も2つありました。間仕切りをはずすと8席のお部屋になるのです。

銀座でかんぺきに京都の風情、「和久傳」さん出身の藤山貴朗さんの料理、東京ですぐにお出かけになれる方はぜひいらしてください。

わたしも次の機会にと思います。
*****************

「銀座 ふじやま」

電話 03-6263-2435

東京都中央区銀座3-3-6 モリタビルディング7F

夜のみ営業

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 銀座で歩いたところは、

■ 全国100万人の読者の皆さま、しばし東京で過ごしてきたエリーでございます。

神田駿河台のクラシックなホテルから銀座のハイアット セントリック 銀座 東京に移り(つまりがらりと雰囲気も変わり)、華やかな銀座の風情を楽しんだのでした。

●夜のメゾン エルメス銀座、レンゾ・ピアノさんの光るガラスのビルがあまりにも美しいです。

ちなみに関空=関西国際空港もレンゾ・ピアノさんの手になるものって、今知りました(*_*)(*_*)

●ボッテガ・ヴェネタのビルがシックでした。2018年12月にオープンしたそうな。

●もちろん 無印銀座にも行きましたよっと。夕方の外観美しかった、、

*****************

●まぐちん\(^o^)/\(^o^)/

間口一就さん@「ロックフィッシュ」です。

移転先に初めて伺いました。以前のポールスタービルからほんの2軒ほど移っただけの場所にあって驚いた。

銀座7丁目の顔なのね。

新刊が、

バーの主人がひっそり味わってきた 酒呑み放浪記

まぐちんが巡った東京をはじめ日本全国のうまいものの記録。一部はレシピ付き。

まぐちん文章が上手なのです。食べもの(と飲みもの)への愛が深くて、しみじみします。

読めば食べたくなる、行きたくなる。

●「銀座ウエスト」さんやっぱり大好き☆☆☆

ほかに「資生堂パーラー」さんや「銀座 天龍」さんなどに行ってきましたよっと(^o^)

●そして、帰る前に、マロニエゲート銀座前でばったり会ったのは・・・

(次の投稿に続きます。)

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************