■■■ ごあいさつ ■■■

■ 全国100万人の読者の皆さま、

新サイト

関谷江里の京都暮らし(時々パリ)

にいらしていただき、ありがとうございます。
10年と1か月半続けて、合計4285記事、容量の10GBにほぼ達した

関谷江里の京都暮らし」 (ココログニフティ)

(開設当初は「関谷江里の京都-東京半々暮らし」
を引き継ぎ、2016年5月8日、新しくオープンしたウエブサイトです。
スマフォ対応です。
2016年5月8日の初回投稿から辿るならこちら。

■ 京都の美味を紹介することを仕事にしており、時々里帰り(笑)でパリに行く日々を、写真をどんどん上げながら綴ります。
■ クラブエリーの会員の皆さまへの連絡の場、掲示板の役目も果たします。

■ プロフィールや仕事、著書、主宰している会員サロンのクラブエリーなどについての詳細は、上のMENUからご覧ください。
■ 最新記事はこの欄のひとつ下にあります。
■ 速報はFacebookにまず上げます。どなたにも公開しています。

https://www.facebook.com/eridosu.sekiyaeri
**********************************
お花は浦沢美奈さん作です。「プーゼ」さん。
**********************************
■ カンテレ「よ~いドン!」の「おすすめ3」

時々おすすめをしています。

これです。

**********************************
テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
文章の無断での転載は著作権法違反です。
写真の無断使用も許可いたしません。

**********************************

★わたしが口コミサイトに匿名で何かを書き込むというようなことは一切ありません。

わたしが名乗りもせず、店の評価をネット上で(褒め言葉でも悪口でも)こそこそと書き込むなどということは、この世で最もあり得ないことです。
どうかお間違いなきようお願いいたします。

こちらもご覧ください。

■ りすのろ 8月1日:とうもろこし「嶽きみ」スタート

■ 全国100万人の読者の皆さま、毎週日曜の りすのろ 報告のエリーでございます。

2021年8月1日(日)、19時過ぎ~21時 「リストランテ 野呂258回目。

*****************
●嶽きみのスープ\(^o^)/
●海峡サーモンのバジルソース和え、ストラッキーノ、桃、トマト、ドライトマト、ピンクグレープフルーツ、高知からのいさき、雲丹
●フリットで、松茸、ズッキーニ、城陽のいちじく
●城陽のいちじく、オリーヴオイル
●再びフリット 燻製したほたて
●井上典樹の のりキッシュ ナポリタン
●ズィーティ(ショートパスタ)ボローニャ風ミートソース和え
●桃とデザートワイン
●にんじんのケーキ 甘い~~

●飲んだのは、ペリエ、黒豆茶
*****************
マンボー開始前日で、合法的にワインも飲めました。
今回は青森から待ちに待ったとうもろこし、「嶽きみ(だけきみ)」が届いて、まずは冷製ポタージュスープでいただきました\(^o^)/\(^o^)/追々、嶽きみ責めメニューをしてもらいます。
それと松茸登場で、フリットにしていただきました。
フリットはこの後、ズッキーニ、いちじく、燻製帆立といただき、
衣を食べるだけでも幸せ、ほんとーーーにおいしかったです。どれだけおいしかったかと言えば「圓融菴 小林」さんと「なかじん」さん(=いずれも京都の天ぷら巨匠)を同時に招いて食べていただきたーい\(^o^)/というレヴェルと言ったらわかるかしらん。
パスタはショートパスタでズィーティというの、太くて噛みごたえがあるものを、ボロネーゼで。
おいしかったおいしかったおいしかった\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

 

●青森から到着、とうもろこし「嶽きみ」のスープ\(^o^)/
シーズン始まったところということですが、じゅうぶん甘いです、豊かな香りです。

●これね。

●2皿目はとしちゃん担当です。

●海峡サーモンのバジルソース和え、ストラッキーノ、桃、トマト、ドライトマト、ピンクグレープフルーツ、高知からのいさき、雲丹

食べたいものがこのひと皿の中に全部盛り込まれていて、いいバランスで、完全に満足です<(_ _)>

●ここからのろっちです。フリットで本領発揮\(^o^)/\(^o^)/

まずは松茸です。

●特に所望してズッキーニ、

●城陽のいちじく
●城陽のいちじく、オリーヴオイル
●再びフリット 燻製したほたて

フリットはいずれもサクサクサクの衣に、中は絶妙に火が入っていて、旨いったらないのです。
●井上典樹(のりき)の のりキッシュ 海苔入りではありません。

今回はナポリタン(^o^)☆☆☆
●最後のパスタはズィーティ(ショートパスタ)ボローニャ風ミートソース和え

噛みごたえあっていいです、ソースも旨旨旨旨、、、
●桃とデザートワイン

これ癖になっています。

わたしの家においても、いちじく+冷やしたポルトというのが今はやっています(^o^)/

●のりきが今回、もうひとつ焼いてくれたものがあって、それは、

●にんじんのケーキでした。

にんじんのケーキを、サレで作ってねとお願いしたはずが、こってり甘い~~(^o^)(-_-;)(^o^)(-_-;)

しかし、お菓子として食べたら、これはとてもおいしいものでした(^o^)/

●りすのろまた来週(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、

現在夜営業は17:30~20:00。
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席

離れもあり
2017年6月13日開店
************

ウエブサイト

リストランテ 野呂
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「いまから なかじん」クラブエリー

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告です。先週と先々週、2回にわたって「いまから なかじん」さんでお世話になりました<(_ _)>

●店主の中村一臣さん、今回もよくしてくださいました<(_ _)>
もうもう、本当に本当に丁寧で細やかなお仕事をしてくださいました。伺うたびオリジナルで工夫のあるお料理を出してくださって、クラブエリーの皆さんに喜んでいただけます。
各回6名ずつだったので席いっぱいで、わたしは改めて出かけてお料理いただきます。

その時コース全容をアップいたします。

●「いまから なかじん」さん、ごく近いうちにまた(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「圓融菴 小林」訪問2回め

■ 全国100万人の読者の皆さま、先日開店の日に伺った「圓融菴 小林」さんを、再び訪れたエリーでございます。

あんまり感動深かったから、すぐまたいただきたくなったのでした。

そして今回もまた、ほんとーによかったのでした\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

以下、7月最終週の後半にいただいたものです。

●18時半、まだ明るい時間に入店いたしました。

●さえずりでスタート。

●新じゃがのすり流し、ここまで前回と同じです。

●お造りはおこぜでした。ジャストジャストなおいしさでした。

●鱧と焼き茄子のお椀。

香ばしい焼き茄子に、塩気もほんのり効いた、柔らかな鱧。

吸い地の塩気もぴたーーーーーーっと決まって、ほんとーーーーーーーーにおいしいです☆☆☆

天国に行ってしまって帰って来られない(*_*)(*_*)

●(天国からなんとか帰ってきて正気を取り戻して、)いかとこのこ/じゅんさい。

●焼き物で、松茸と牛肉。歯が要らんほど柔らかく、口当たりのいい牛肉と、香りのいい松茸でした。

●ここから天ぷらで、

●海老でスタートします。ピントの甘い写真でごめん<(_ _)>

●ズッキーニ

●あじ

●れんこん

ほくほくほくと、圧倒的においしい<(_ _)>

●きす

これももうほんとーーにおいしくて(T_T)(T_T)感涙。

●賀茂茄子。熱々熱々で、前回熱すぎて泣きながら食べたので(笑)、3切りにしていただきました<(_ _)>

●このこ

●ヤングコーン今回もありました\(^o^)/

●雲丹海苔は半分に切っていただきました。

●〆ご飯は天ばらです。

●自主的にお茶漬けにしますよっと(^o^)♪

●マンゴーとぶどうをいただき、ごちそうさまでした。

もうもう本当にひれ伏したいほどおいしいと思ったコースでした。

価値あります。お料理も、天ぷらも、一級品という感じ。しつらいも美しく、そこにいるだけで幸せです。

店主の小林紀之さんもマダムの由紀さんも、優しいもてなしをしてくださいます。

「圓融菴 小林」さん、また近いうちに伺います(^o^)/

*****************
圓融菴 小林(えんゆうあん こばやし)」
京都市東山区祇園富永町125-2
17:30~
日曜、第2第4月曜休み
電話 075-746-7602
あるいは 090-8679-7602
2021年7月15日開店

コースのみ、20000円(税別)
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「KYOTO BISTRO」でバターチキンカレー♪

■ 全国100万人の読者の皆さま、パーク ハイアット 京都「KYOTO BISTRO」さんで、先日来食べたくてしょうがなかったカレーを食べてきたエリーでございます。
ちなみに前回の記録はこちら
●バターチキンカレー、ものすごく好きな味でした。
小麦粉は一切使わず、カシューナッツベースということ。

グルテンフリーですということ。

●カルダモン多めらしいです。お茶碗に入った白ご飯といただくのが、なんだか素朴な感じで意表を突かれました。(すごくおされ~に全粒粉のなんとかとかピタパンなどが添えられてくるイメージだったので。)
料理長の井料剛さんの(フォーシーズンズホテル京都時代からの)タイカレーが印象に残っているので、カレーおいしいだろうなと思っていましたが、期待通り本当においしかったです\(^o^)/☆☆☆

●前後しますが、前菜にお願いしたのは、レモンとレモングラス、ミントでコンポートした後グリルした桃と、燻製した生ハム(イタリアのスペック)のサラダ。オリーヴオイルとバルサミコ、トマトと水分を抜いたほとんどリコッタのようなヨーグルト、さらにケイパーやスライスしたアーモンドやセルバチコが粋な香味と食感を添えて、たまらなく美味なひと皿でした。心を奪われました。
●食後にシュークリーム(^o^)♪
今回はティラミスを選択。
●8月2日(月)までは、まだ合法的にワイン飲めるんですよね♪
閉店間際までお邪魔しましたので、店内はお客さまがひけた後の状態です。

KYOTO BISTRO」さん、まだまだいただきたいものがあり、そしてリピートして味わいたいものがあります。

また近いうちに伺います<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 土曜日であれこれ/パリのパサージュ、オンラインで

■ 全国100万人の読者の皆さま、土曜日のエリーでございます。

●バラは八百一本館2階の「Harmonius」さんで購入。

結局ここでお花を買うのがいちばん今のわたしには現実的というか、21時までオープンの買い物時間にお花も買えてラッキーと思うのでした。

いろいろ買ってみるけれど、赤い花がやっぱり落ち着いて心がなごみます。

*****************

1週間ふりかえり
*****************

●クラブエリー今週は2回開催、皆さまに御礼です<(_ _)> 改めてアップします。

●「圓融菴 小林」さん2回目訪問、よかったー\(^o^)/ 改めてアップします。

●3か月ぶりの収録(^o^)

●3台目のテーブルをこの週末ドナドナドナ・・・
(次のは来週来ます。今までの話はこちら。)

*****************
この本と、オンライン講座

*****************

●大好きかっしー、鹿島茂先生の本とオンライン講座です。

文庫版になったこの名作・・・

パリのパサージュ 過ぎ去った夢の痕跡 (中公文庫)
(こちらKindle版もあります。)

●文庫化に際して以前の本より写真点数も減らさねばならなかったそうですが、

その分、特設サイトが用意されており、その中で写真を見られるようになっています。

8月13日(金)20時~ オンライン講座はこちら

鹿島 茂『パリのパサージュ 過ぎ去った夢の痕跡』刊行記念講演会「パリを空間と時間で旅する過去未来旅行」

もちろんわたしも受講いたします(^o^)/

*****************

ちなみに・・・

こちらの本は紙版のみ。

パリのパサージュ 平凡社コロナブックス 2008年版です。
これをわたしは毎回持参して、パサージュをなめるように歩いてきたのでした。

次はいつ行けるのか~?

なかなか行けない分、鹿島先生の講座で楽しみたいと思います\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろ 7月25日:雲丹もジャンボンも桃も旨っ

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ 報告のエリーでございます。

2021年7月25日(日)、19時~21時 「リストランテ 野呂257回目。

*****************
●さつまいものポタージュ(冷製)
●魚介前菜3点盛り
・青森海峡サーモン、マンゴー
・鯛、牡丹海老、燻製の帆立、雲丹のタルタル
・本鰹たたき、下にじゃばらきゅうり
●ジャンボンペルシエ
●井上典樹(のりき)の、のりキッシュ 海苔入りではありません。
ボロネーゼ、きのことにんにく
●スパゲッティ渡り蟹と雲丹入りトマトクリームソース和え
●桃と甘いデザートワイン

●飲んだのはペリエと食後に黒豆茶
*****************

●冷たいポタージュでスタート、さつまいもです。

のりき担当。

●2品め、サラダ仕立ての魚介のお皿はとしちゃん担当。

3点盛りで、食べたかったもの網羅してくれました\(^o^)/

・青森海峡サーモン、マンゴー

青森から来たサーモン、色きれい、旨みたっぷりです。+マンゴーで甘み加わりたまらなーい。
・鯛、牡丹海老、燻製の帆立、雲丹のタルタル

これ以上おいしいのあるか?な組み合わせ。
・本鰹たたき、下にじゃばらきゅうり

鰹も旨みのかたまりです。じゃばらきゅうりが敷物になっていてうれしい(^o^)

●今週お願いしたのはひんやり美味なジャンボンペルシエです\(^o^)/

フランスで日常的に食べられる前菜で、見てたら懐かしくてたまらなくなって。

そうだりすのろにおいては自家製ロースハムがありますから、これ見てやってみてとお願いしたのでした<(_ _)>

●ミクニさんの動画です。三國清三さんいつもありがとうございます(^o^)/

●そして井上典樹(のりき)の、のりキッシュ(海苔入りではありません。)

今週は・・・

●ボロネーゼということ。下の層にきのこ入り。にんにくも少し。

トマト味のものは問答無用の無条件降伏という感じでおいしいですねー(^o^)☆☆☆

これは常に販売していてほしいと思います。

●スパゲッティ 渡り蟹と雲丹入りトマトクリームソース和え
これはのろっち=シェフの野呂和美さんがやってくれて、

蟹の身入り、雲丹たっぷりの贅沢パスタです\(^o^)/

ほんとーーーにおいしかった\(^o^)/

●食後は、フルーツと冷たい甘いワインくださいとお願いして、

桃とデザートワイン(氷入り)をいただき、

●こうしていただいたのでした(^o^)☆☆☆

完熟の白桃に甘いワイン、旨い旨い旨い、うっとり天国の味です<(_ _)>

●フルーツ+ワインの癖がついてしまって、

家でも食後にゴールデンキウイ+冷やしたポルト

これが習慣になってしまった( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●りすのろおいしかったー また来週\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、

現在夜営業は17:30~21:00。
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席

離れもあり
2017年6月13日開店
************

ウエブサイト

リストランテ 野呂
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「よ~いドン!」おすすめ3、最新ホテルで何を買う?

■ 全国100万人の読者の皆さま、激しくおすすめしたエリーでございます。

関西テレビ「よ~いドン!」の「おすすめ3」、7月19日(月)放送でした。(うっかりしていてアップ遅くなりました<(_ _)>)
今は昔、4月半ばに収録してもらっていたのが、お店3軒のうち2軒が緊急宣言事態下、休業に入られてしまい使えなくなって、やっとこさ日の目を見たのでした。よかった\(^o^)/\(^o^)/
*****************

(以下50音順で、)
●パーク ハイアット 京都さんのシュークリーム
今回は塩カラメルを推薦
●フォションホテル京都さんはエクレールショコラ
●MUNI HOTELさんはショコラの、マンディアンオフリュイセック。
*****************

●パーク ハイアット 京都さんのシュークリーム
●フォションホテル京都さんはエクレールショコラ
●MUNI HOTELさんはショコラの、マンディアンオフリュイセック。

どれもひと口食べたらうっとり幸せに包まれる濃厚なお菓子ばかりです。
ご協力いただいた皆さまに感謝たくさんです。
<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「KYOTO BISTRO」夏のメニュー(追記あり)

■ 全国100万人の読者の皆さま、パーク ハイアット 京都「KYOTO BISTRO」さんに出かけたエリーでございます。

先日も二年坂ティータイムが楽しかったし\(^o^)/

今回は夏メニュースタートということで、お料理をいただきに参りました。

青字の部分が追記で料理の説明です。

●こんなメニューね(^o^)

●まずこれは、月曜~金曜の15時~18時の間のハッピーアワーでのみいただける、

豆腐フムスと胡麻たっぷりのピタブレッド。

本来ひよこ豆を使うフムスを、とろとろの豆腐を使って、スパイス効かせて作られています。

このひと皿めから、やみつきうまかったのです\(^o^)/

ピタパンの生地はピッツァの生地と似たものであると。フルールドゥセル(マルドン使用)をかけて400℃で焼きます。

豆腐フムスはガーリックや生姜入り、オリーヴオイルとグレープシードオイル、さらに少量の胡麻油も使って和風味を出しているとのこと。

●季節野菜のスープで、これは焼き茄子のポタージュ。焼き茄子の香りをスープにしましたというものです。

グリルした焼き茄子の皮を剥いて一番だしでのばしたポタージュ。砕いたカシューナッツと揚げた茄子をトッピングに。オリーヴオイル少々。

●海老とアボカドとグレープフルーツのサラダ。

これも絶妙な組み合わせ、粋な味でした。見た目が華やかなのもよいです。

柚子とオレンジのドレッシングで和えた海老に、ハラペーニョを少量加えてピリ辛味を添え、上からキラキラできれいないくらと、マイクロコリアンダー。

●とうもろこしとリコッタチーズのリングイニ。

とうもろこしの甘みや粒粒感がパスタをこんなにおいしくするか~?と心を奪われました。

元「萬樹」の永田さん手打ちの麺。これは卵練り込み。

とうもろこしの皮とひげで取っただしで和えている。

フレッシュオレガノと、ガーリックと合わせたドライオレガノ、ドライトマト、ローストした松の実。

リコッタチーズが溶けてからんでマイルドなクリームソースのようになります。

●山椒と赤味噌のボロネーゼ、

赤味噌の旨みに山椒がピリリと効いていて、これもまたやみつきなおいしさでした。

こちらも永田さんの手打ちパスタですが、こちらは卵なしということ。

ベースは普通に赤ワイン、玉ねぎ、にんじん、香味野菜とひき肉で作っているとのこと。けれど赤味噌のこく実山椒の清涼感で和の味にして、さらに豚ばら肉と牛肉を、ひき肉とは別に加えて肉を感じさせ、揚げた茄子も加えて風味と食感を添えているということです。

●アクアパッツァも和のエスプリを感じさせました。オリーヴやケイパーの代わりに、いぶりがっこと山椒を使ったということ。

魚は真鯛。貝はあさり。旨みじわじわ押し寄せて、これもまた忘れがたいなあと。(またいただきたい<(_ _)>)

フュメドゥポワソンに、ドライトマト、万願寺とうがらしで酸味や夏野菜のおいしさを加えたということです。

●食後はシュークリームです(^o^)☆☆☆

抹茶を選択しました。たっぷりのクリームは抹茶の香味鮮やかで、本当においしい(T_T)(T_T)

●ナッツのタルトも1カットいただきました。ピスタチオ、松の実、アーモンド、カシューナッツなどなどがびっしりのった、ナッツでナッツでしょうがないタルトです。タルト生地もアーモンドプードルたっぷりで、しっかりめなものでした。飲み物はアンフュージョンなどより濃いカフェの方が断然合う感じ。ナッツ好きはこれ必食ですー。

(ナッツのタルトは本来ラウンジスペース「ザ リビングルーム」で出されているものです。)

●パーク ハイアット 京都「KYOTO BISTRO」さん、夏メニューにまだ食べたいものがありましたから、また伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ともみジェラート」素材感が圧倒的(*_*)

■ 全国100万人の読者の皆さま、「ともみジェラート」さんがすごいです。3度お店に伺い、コラボのイヴェントメニューもいただきに出かけ、ついに取材もさせていただいたエリーでございます。

つい最近まで知らなかったお店です。

以下、時系列でいきます。

●6月後半に初訪問。

河原町通、五条より少し上の西側にあるビルの2階。

現在土日月火の営業です。

以前は東山七条に3年間、お店を構えていらしたとのこと。

●店内はコンパクトですが、カウンターと小さいテーブルがあり、自然光が入ってすてきです。

森兼ともみさん、素材を大事にされる店主さんで、農家に出かけ一緒に収穫をされたりもして、旬で食べ頃の野菜や果物をジェラートにされるということ。

初めてなのでまずは基本のミルク味に、大好きなきゅうり、そしてさくらんぼの佐藤錦をお願いしました。

食べきれなくても持ち帰れるということで、とにかく少しでも多く味見をします。

●で、ミルクも佐藤錦も本当に美味で驚く思いでしたが、きゅうりの圧倒的なきゅうり感に瞠目のおいしさと思ったのでした。瞠目のおいしさって、わたしが使う、わりと最上級のおいしさの表現です<(_ _)>

きゅうりそのもの、きゅうりの爽やかな香りとおいしさが押し寄せてくる感じ。なんとすっきり美しい味わい\(^o^)/☆☆☆

●この日はこんなメニューでした。

●青うめもいただいてみることにしました。酸味も甘みもほどよく梅のおいしさたっぷり。こちらもさわや~か、よかったです。

もうすっかり心を奪われました。

●こんな感じでパフェメニューもありました。

わたしは味がいろいろ混ざるのが好きではないので、パフェは普段からいただきませんが、しかし世の中一般でパフェが好まれることは知っています。

この日後からいらしたお客さまも次々とパフェを注文されていました。

●そして2度目の訪問です。どうしても食べたかったチョコラータを作ったと伺い、飛んで行きました。

●7月初めです。

フランス チョコラータ 660円とあります。これだ\(^o^)/\(^o^)/

●ヴァローナのショコラ使用とのことです。濃くて、高貴な香りと味のショコラのジェラート。わたしにとってはもうこれだけあればいいと思う天国です。

ショコラとかカフェとかカラメルとか、とにかく茶色いものが好きです。

●しかしブルーベリーが、話を伺っているとおいしそうで、いただいてみたら、これがまたびっくりおいしかった(*_*)(*_*)

ブルーベリーそのものです。ブルーベリーもこんなにしてもらってうれしいだろうなあと思う香りと味。

こんなに幸せな味を作るともみさんに、(もちろん生産者さんにも)ひれ伏す思いになったのでした。

●7月18日、ビリヤニのお店とコラボをされると伺って出かけました。

錦小路通と新町通の角にある「INDIA GATE」さんで、3点セット。

チキンカラヒ、きゅうりのジェラートのせです。ビリヤニもいただきました。

初めてのお店ですから少しでも多種類いただきたくて、チキンと、オプションで鯛だしのあいがけにしていただきました。

●こんなメニューでした。

●食後にジェラート。

チャイのジェラートが、繰り返しいただきたくなるおいしさでした。これ大好きでした。

白いのはバスマティライスのジェラート。

●ともみさんいらっしゃいました\(^o^)/

●さて取材をさせていただけることになり、3度目出かけました。

自分で納得して自分の言葉で語れるようになるまで食べたい通いたいわたしです。

何の取材だったかは、来月明らかにします。

きゅうりのジェラートの圧倒的おいしさを再確認し、

●さらに、とうもろこしのジェラートの味見をさせていただきました。なんというおいしさ\(^o^)/☆☆☆

●「ともみジェラート」さん、京都タカシマヤさん地下でポップアップストアをされるとのこと。

8月11日(水)~17日(火)。とうもろこしのジェラートも出品されるということでした。とうもろこし好きの人、逃さずいらしてください。

わたしもまたお店にも、タカシマヤさんにも伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「シンレス カフェ」のチーズケーキ2種

■ 全国100万人の読者の皆さま、「シンレス カフェ」さんのお菓子にますます心を奪われているエリーでございます。

●マックロでインパクト大、バスクチーズケーキ 630円です。

●中身部分の塩気と香りがたまらなーいです。わたしは外側の黒焦げ部分を食べるのはどうしても抵抗があるので、丹念に、ごく薄くはずしながらいただきます。ごめん<(_ _)>
でもほんとーーーに香ばしい、おいしい(^o^)☆☆☆

●ダブルNYチーズケーキは700円。

京都で理想のチーズケーキのひとつになりました。

これほど濃厚ねっちりたっぷりのリッチな味わいながら、身体への負担は少ないって本当にすてきなことです。

シンレス カフェ」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************