■■■ ごあいさつ ■■■

■ 全国100万人の読者の皆さま、

新サイト

関谷江里の京都暮らし(時々パリ)

にいらしていただき、ありがとうございます。
10年と1か月半続けて、合計4285記事、容量の10GBにほぼ達した

関谷江里の京都暮らし」 (ココログニフティ)

(開設当初は「関谷江里の京都-東京半々暮らし」
を引き継ぎ、2016年5月8日、新しくオープンしたウエブサイトです。スマフォ対応です。
2016年5月8日の初回投稿から辿るならこちら。

■ 京都の美味を紹介することを仕事にしており、時々里帰り(笑)でパリに行く日々を、写真をどんどん上げながら綴ります。
■ クラブエリーの会員の皆さまへの連絡の場、掲示板の役目も果たします。

■ プロフィールや仕事、主宰している会員サロンのクラブエリーなどについての詳細は、上のMENUからご覧ください。
■ 最新記事はこの欄のひとつ下にあります。
■ 速報はFacebookにまず上げます。どなたにも公開しています。

https://www.facebook.com/eridosu.sekiyaeri
**********************************
お花は寺町二条の「プーゼ」さんです。
**********************************
■ カンテレ「よ~いドン!」の「おすすめ3」

次は6月4日(月)です。

**********************************
■ 最新刊はこちら:

SOU・SOU+obi

**********************************
SOU・SOU 京菓子あそび

和菓子になったテキスタイルデザイン
 世界文化社 2017年2月3日発売

**********************************

■「リストランテ 野呂」で渡り蟹パスタ

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ、アップできていなかった分です。
「リストランテ 野呂」5月20日(日)の夜。
1週間前の記録ですが、今もほぼ同じメニューを注文できると思います。
●NP100=のろっちのパスタ100その49は渡り蟹のスパゲッティ。これ旨かった(*_*)(*_*)
なんてこったのパンナコッタは柏餅風。こしあん+きな粉ソース。

順番にいきます。

●フルーツスープは今シーズン初、キター\(^o^)/\(^o^)/

●はま鯛のカルパッチョ、上に雲丹。大根の葉を炊いたもの

●鯵、スナップえんどう、八代海苔、クレソンの花 和えて食べる

●甘鯛のフライ 赤パプリカソース

●りんご醤油、フライをこれでもどうぞと。

●グリーンアスパラガスを柔らかめに茹でてもらったのも、フライと一緒にいただきました。

●大山鶏のもも肉、バルサミコと山椒とオレンジのソース、うまい菜を炊いたもの

●これを見て渡り蟹食べたくなって、

●蟹にご挨拶しました。

●開いたらこんなん。

●渡り蟹と茄子のスパゲッティ

梅酒のパンナコッタをひと口だけいただいた後、

●見て驚いたかしわ餅風パンナコッタ。こしあん、きな粉ソース。これやみつきの美味でした。

この後紅茶をいただいてごちそうさまでした<(_ _)>

りすのろおもしろいです、毎回新しいもので驚かせてくれます。激しくおすすめです\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回火曜休み

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
昼コース1800円と4500円、
夜はアラカルト、前もっての予約でコースも可。
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「ワインと和食 みくり」もうすぐ3周年

■ 全国100万人の読者の皆さま、6月4日にオープン3周年を迎えられる「ワインと和食 みくり」さんに伺ったエリーでございます。

5月の3週目にいただいたものです。
少ししばらくぶりだったのですが、とてもよかった\(^o^)/\(^o^)/ 
わっきー=宮脇雅也さん腕上げてました(^o^)☆☆☆ 
魚おいしいし牛肉も食べられて満足、ご飯は2種類用意されるし食後のわらび餅まで抜かりなし。合わせるワインは店主の西別當 選さんにすっかりまかせて、少しずついただきました。最後は希少な甘いワインで締め。しっかりお料理いただけてワイン好きもうれしいし、雰囲気もよく、ますますすてきなお店になっているなーと思いつつおいとましてきました。

●料理長のわっきー、宮脇雅也さん偉くなりました\(^o^)/\(^o^)/

●まずは素材プレゼンから。宮城のまぐろをどかんと。

●とり貝と。

●シャンパーニュはリュイナールでスタート。

●うすいえんどう豆の豆腐、車海老、北海道の雲丹、だしのジュレ。よいスタート。

●桜海老と山菜のかき揚げ、ほたるいかの天ぷら。ものすごく香ばしい(T_T)(T_T)

●とり貝炙り。優しい甘みと旨みでやみつきにおいしいと思いました。

●白ワインはイタリアのもの。

●あぶらめの葛たたきのお椀。

●お造りは、まぐろといか、

●昆布が添えられていますねー。笑。

●肉の前に供されたのはボルドーの赤です。

●香川のオリーヴ牛、オープン時から変わらずですね。いちぼ肉の炭火焼き。中の辛味大根おろしがふきのとう入り、にんにく醤油風味でとてもとても肉と合って美味。

●のれそれでさっぱりと。わかめ、このこ、あさつき、黒七味。

●わかめのヨードと赤ワイン合うでしょうと、アルザスのピノノワールを少しいただきました。ほんとよく合いました。わかめの味もぐいと引き上げられました。

●ご飯です。わっきーがにこにこ顔でプレゼンしてくれたのは、

●万願寺とうがらしのご飯と、鯖ご飯。

●万願寺とうがらしが香る1膳目に、

●旨み強烈だった鯖のご飯。すだちを搾り、大根おろしを混ぜ込みながらいただきました。理想的なおいしさ。

●食後にわらび餅。大津絵があしらわれたお皿で。

お料理も甘味も、もちろんワインも、何もかもおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●最後に1954年の、非常に甘みと香りの強いワイン。すべてとてもよかったです。

●二条大橋の西詰の南側。街なかから遠くないけれど、少し離れておっとりした界隈。

 

●お店の正面はザ・リッツ・カールトン京都さん。なんていい場所\(^o^)/\(^o^)/

ワインと和食 みくり」さん、夜のクラブエリーを7月にお願いしています(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「わしょく宝来」再訪、コースで

■ 全国100万人の読者の皆さま、ひとつ前の記事の翌週に出かけた、「わしょく宝来」さんの2回目です。

季節のおいしいものでコースをしてみて、というお願いでこんな感じで出していただきました。伺った時間帯が前回と違ったので、ふだんどんなお客さま層かもわかりました。若い人率高し。気軽に和食を食べられて、愛されていることがよくわかりました。

●金時草のお浸し

●鴨ロース

●れんこん饅頭

●お造りはとり貝と、

●鱧と、その向こうに鯵。

●生姜、そら豆、さつまいも、かぼちゃのかき揚げ

●トマトのお浸し

●和牛のいちぼ肉、塩とわさびで

●ぐじの唐揚げ

●からすみ餅

●すっぽんにゅうめん

●食後の甘味はごぼうのアイスクリーム入りのもなかでした。

これに飲み物を入れても1万円以内ですから、とても気楽に食べられるお店です。

味は心持ち濃いめ、お酒やワインを飲むのにちょうどいい感じがしました。

お造りたっぷり、牛肉しっとり、ぐじのうろこバリバリで、満足感がありました。

●黒板書きはこんな。

●店主の宝来剣太さんは1983年生まれ(若い!)、石塀小路の「豆ちゃ」というお店で10年修業されたということです。

22時最終入店というのもいいです。京都の大抵の和食店は夜の入店時間がとても早いですから。

またみんなで伺います(^o^)/

*****************

「わしょく宝来」

京都市東山区東大路通新橋上ル西側

電話 075-561-2834
17:00~22:00最終入店・23:00閉店
日曜休み

カウンター 9席、テーブル1卓4席、小上がりほりごたつ式4席
2016年8月2日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「わしょく宝来」初訪問

■ 全国100万人の読者の皆さま、5月の2週目に、初めて「わしょく宝来」さんに伺ったエリーでございます。

「わしょく宝来」さんは夜だけのお店。一品で和食のあれこれを注文できます。東大路に面して、通いやすいお値段、気楽な雰囲気。
はやるのわかりました。この後再訪してまた違うメニューをいただいたのですが、まずは以下、1回目です。

●これはお店からの先付。ふきのとうの茶碗蒸し、青海苔。

●トマトの浸し、ごまだれ

●鱧と茄子とずいきのお椀

●うどの酢味噌和え、上にほたるいか

●だし巻き

●焼き物はのどぐろを選択しました。

●鴨のコロッケ

●コーヒー豆プリン。砕いたコーヒー豆がのっていますが、本体はカフェ風味ではありません。日本酒入りのブランマンジェという感じ。

●お品書きはこんな。

●間口はコンパクトだけど、二重の扉で落ち着くし、中はカウンター(9席)だけでなく、テーブル1卓4席、小上がりほりごたつ式4席。結構広いのです。

2016年8月開店、だからもうすぐ2年になるお店です。

(次の投稿に続きます。)

*****************

「わしょく宝来」

京都市東山区東大路通新橋上ル西側

電話 075-561-2834
17:00~22:00最終入店・23:00閉店
日曜休み
2016年8月2日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ 新店「Chocolaterie HISASHI」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、ごきげんエリーでございます。週の初めに新しいショコラトリに出かけました。

新しいといっても4月18日(水)オープン。岡崎は三条通に面した「Chocolaterie HISASHI」さんです。

●三条通に面して、堂々たるお店構えです。

ボンボンショコラ、クヴェルチュール、生菓子、焼き菓子と、ショコラの商品がいろいろ揃っていました。ショコラを使っていないお菓子も、抹茶風味のお菓子も揃っており、さらにはこんなのも・・・

●ショコラのもなか、商品名「Mona ショコラ」です。店主の「Hisashi ヒサシ」さんのHが押されたプレート状ショコラがもなかの衣にはりついています。

●中はショコラのクレーム、そしてそのクレームの中にも粒粒、しゃりしゃりとした食感のものが混ぜ込まれています。おもしろいわ\(^o^)/\(^o^)/

●贈り物にしやすい箱入りもありました。京都らしい風情のショコラ菓子を考案されたわけですね。

他にもショコラ羊羹とかショコラ饅頭とか考えてみた、ひとつまたひとつと食べたくなるお菓子を目指したとヒサシさんに伺いました。

●これはコンクールで優勝された作品。代表作ということで買ってみました。

●コンクールのテーマがホロスコープだったとのことです。

●生菓子もいろいろ。ショコラ菓子でないものもあります。

店主の小野林範さんは滋賀の「クラブハリエ」に15年勤めた方で、だから幅広いお菓子作りができるのですね。でも特にショコラを専門とされてきたということ。

●「GAIA 72%」という名称の、オリジナルのクヴェルチュールもありました。

●焼き菓子も買ってみました。抹茶、ショコラ、プレーンのマドレーヌです。

●サブレや、ピスタチオとショコラのケイクも買ってみました。

●まずはこれでお味見して、ちょっとお願いごとをしてきました。

●この広いスペース、これからサロンになります。ここで生菓子をいただくことができるようになります。

マダムの清子さんがまたものすごく朗らかで感じのいい方で、明るい気持ちになれるのがいいです(^o^)/☆☆☆

Chocolaterie HISASHI

(ショコラトリ ヒサシ)さん、また楽しみに伺います。
電話 075-744-0310
京都市東山区三条通神宮道東入ル北側(夷町166-16)

11:00~18:30 水曜休み

2018年4月18日開店

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー肉祭り「le14e」3回目

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー肉祭りを行ったエリーでございます。

「le14e ル キャトーズィエム」さんで、開催3回めです\(^o^)/\(^o^)/

●ざくざくのハンバーグや、

●木下牛を楽しみました。

●店主のしげさん=茂野眞さんありがとうございました(^o^)(^o^)/

スタッフのちあきさんにも御礼です<(_ _)>

●今日のメニューはこんなでした。3回ずつ、少しずつ違いましたが、いずれの回も残るほど牛肉を出してくださいました。

●フロマージュはゴルゴンゾーラと、ミモレット(24か月)を出してくださいました。

●デセールのパティスリは「オーレリー」さん製。前回はモンブランでしたが、今回はオペラでした。望外の喜び(^o^)☆☆☆ これもおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

この後エスプレッソやアロンジェにしたカフェをいただき、ごちそうさまでした。

●参加者のクラブエリー肉食女の皆さんありがとうございました。牛肉の会は独特の盛り上がりを見せますねーすばらしい。今日も皆さんに会えてうれしかったです(^o^)(^o^)/

*****************

「le 14 e」ルキャトーズィエム 電話 075-231-7009
京都市上京区伊勢屋町393-3 ボガンビル 2階
(京都市上京区河原町通丸太町下ル西側)
夜のみの営業
水曜、木曜休み
カウンター4席、テーブル6席 全席禁煙
要予約
2013年2月20日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 取材の日々、夏の料理撮影です。

■ 全国100万人の読者の皆さま、取材と撮影のエリーでございます。今週は極端にスケジュールが詰まっていましたが、なんとか無事に終えられました。

雑誌の夏の京都特集のために、

●「祇園おくむら」さんで撮影です。奥村直樹さん、笑うとかわいいです(^o^)(^o^)♪

今回のカメラマンはしげさん=鈴木誠一さんです。

●「和ごころ 泉」泉昌樹さん。美麗で丁寧なお料理を作られます。

●「木山」木山義朗さん、御所南の水ありきの料理。

●自慢のおだしです。何もかも、惜しげなく教えてくださいます。
3軒とも、クラブエリーでまたお世話になります。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー@「ラ・パール・デュー」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告です。5月23日(水)、美しいデジュネ@「ラ・パール・デュー」さんやりました\(^o^)/\(^o^)/
63種類の花とハーブの王冠サラダに今季最後の筍のムニエル、肉も魚もたっぷりたっぷりで、欲深いクラブエリーの皆さんにものすごく喜んでいただきました。皆さん本当に食べっぷりがいいのです。気持ちよかった\(^o^)/\(^o^)/ 
●シェフの白波瀬和宜さん、本当に細かいお仕事を丁寧にされます。

●これが楽しみだった、63種類の花とハーブの王冠サラダ。

●春の、これも名物、筍料理です。今季最後のものをいただけました。一度食べたら忘れられない料理です。

●肉料理か魚料理かは選択で、これは仔牛。

●魚料理は黒むつ。

●フロマージュの後に、トロピカルなデセールでした。

●この美しい、きれいさっぱりな食べ終わり。

●最後のカフェまで抜かりなくおいし。「カフェ・ヴェルディ」さんのカフェです。

●お料理がおいしいからめちゃくちゃに陽気に\(^o^)/\(^o^)/

●雨もよいのお天気も吹っ飛んだ明るいデジュネ。シェフの白波瀬和宜さん(中央)、サーヴィスの大亮さん(左)、時々出てきてくれた駿さん(右)、お世話になりました。クラブエリー精鋭の皆さんありがとう、今日も会えてうれしかったです。

ラ・パール・デュー」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「水暉」で「トリンバック」イヴェント

■ 全国100万人の読者の皆さま、すてきなイヴェント報告のエリーでございます。

5月21日夜、ザ・リッツ・カールトン京都水暉」さんで開催された、アルザスワインのメゾン、「TRIMBACH トリンバック」さんとのコラボレーションディナーに参加させていただきました。
ワイン5種類と、それに合わせたお寿司や料理を楽しむコースでした。
黒むつをテラスで焼くとか、鱧切りをするとか、鱧しゃぶをするとか、見せ場もたくさんありました。
●今回ご一緒させていただいたのは 料理飲料部長のJeremy EVRARD ジェレミー・エヴラールさん、日本に着任されて7か月、その前香港に13年というフランス人の方でした。

●「水暉」三浦雅彦さんはホスピタリティ精神を全開にして、今回も作品をくださいました・・・墨絵のうちわね(^o^)(^o^)/ お料理の早見義昭さん、お寿司チームの平公一さん、射場智左季ちゃんもお世話になりました。そして精鋭サーヴィスチームの皆さんのもてなしも心地よいものでした。
同じテーブルでご一緒させていただいた皆さん、とても感じのいい、話して楽しい方々でした。出会いを喜びました。
なんだかいいことしかなかった夜、皆さんに感謝。

●こちらを振り向いているのが Jeremy EVRARD ジェレミー・エヴラールさん。

ザ・リッツ・カールトン京都水暉」さんは来月クラブエリーでも伺います。皆さんどうぞ激しく楽しみに\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー@「リストリア ラディーチェ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

5月21日(月)のクラブエリーは、「リストリア ラディーチェ」さんで行いました。

●店主の根本義彦さん、スタッフの皆さんに感謝。

●根本さんはお話し上手で感じがいいし、

●大好評でした。ほんとよかった(^o^)/

●お料理が出るとみんなしーんとして集中していただきます。特にそうしてくださいとお願いしたこともないけれど、全く自然に、おいしさを最大限味わおうとする方ばかりが集まってくださっています。料理が出ても話が止まらずすぐに食べないの、わたしは許せないのでとてもうれしい。

●この日はこんなメニューでした。もうお腹いっぱいいっぱいに召し上がっていただきました。

●ドルチェは3種類から選択でした。これはティラミス。この後、食後のカフェ(か紅茶)をいただきました。
参加してくださったクラブエリー精鋭メンバーもありがとう\(^o^)/\(^o^)/すごいボリュームで出してくださいましたが、皆さん見事に全部召し上がってくださってうれしかったです。\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「リストリア ラディーチェ」 電話 075-256-5550
京都市中京区夷川通室町東入ル北側(鏡屋町50)
18:00~21:30LO・23:00閉店 
金土日祝のみ昼営業あり

11:30~13:00LO・15:00閉店
水曜、第3火曜休み
カウンター6席、テーブル10席 
全席禁煙 要予約
2013年12月21日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************