■■■ ごあいさつ ■■■

■ 全国100万人の読者の皆さま、

新サイト

関谷江里の京都暮らし(時々パリ)

にいらしていただき、ありがとうございます。
10年と1か月半続けて、合計4285記事、容量の10GBにほぼ達した

関谷江里の京都暮らし」 (ココログニフティ)

(開設当初は「関谷江里の京都-東京半々暮らし」
を引き継ぎ、2016年5月8日、新しくオープンしたウエブサイトです。
スマフォ対応です。
2016年5月8日の初回投稿から辿るならこちら。

■ 京都の美味を紹介することを仕事にしており、時々里帰り(笑)でパリに行く日々を、写真をどんどん上げながら綴ります。
■ クラブエリーの会員の皆さまへの連絡の場、掲示板の役目も果たします。

■ プロフィールや仕事、著書、主宰している会員サロンのクラブエリーなどについての詳細は、上のMENUからご覧ください。
■ 最新記事はこの欄のひとつ下にあります。
■ 速報はFacebookにまず上げます。どなたにも公開しています。

https://www.facebook.com/eridosu.sekiyaeri
**********************************
お花は浦沢美奈さん作です。「プーゼ」さん。
**********************************
■ カンテレ「よ~いドン!」の「おすすめ3」

時々おすすめをしています。

これです。

**********************************
テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
文章の無断での転載は著作権法違反です。
写真の無断使用も許可いたしません。

**********************************

★わたしが口コミサイトに匿名で何かを書き込むというようなことは一切ありません。

わたしが名乗りもせず、店の評価をネット上で(褒め言葉でも悪口でも)こそこそと書き込むなどということは、この世で最もあり得ないことです。
どうかお間違いなきようお願いいたします。

こちらもご覧ください。

■「KYOTO BISTRO」でオマールとパパイヤのパスタ

■ 全国100万人の読者の皆さま、パーク ハイアット 京都「KYOTO BISTRO」でまたおもしろいものを食べたエリーでございます。

●まずは唐揚げよ(^o^)♪

前回心を奪われ、連休中しばしばうちでも唐揚げを揚げていたのでした。

●そして試食させてもらったのが、

オマールとパパイヤのリングイネ

甲殻の風味豊かなソースに、これはビスクか?と思うのだけど、パパイヤのピュレと合わせたということで、ねっとり濃厚ながら軽やかフルーティという禅問答のような味わい。オマールの身がごろごろ入って贅沢感あり、合わせられているのはきぬさやと(見えないけれど)グリーンアスパラガスで、爽やかさも添えられて絶妙なバランス。
少しピリっと唐辛子の辛味も感じさせて粋なことでした。
これほんとーーーーーーに、おいしかった( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●京都蒸溜所のクラフトジン「季の美」、パーク ハイアット 京都とコラボしたスペシャルヴァージョンで「青龍」という美麗なボトルがあって、眺めて来ました。(飲んではいない。)

●「京大和」さん敷地内の湧き水で作られているそうです。

KYOTO BISTRO」で、唐揚げを食べながら、これで作ったジントニックあるいはジンリッキーなんかを飲んでみたいと思ったのでした。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「ナンポルトクワ」りんごのタルト、えまちゃん登場

■ 全国100万人の読者の皆さま、「ナンポルトクワ」さんにわりとしばしば伺うエリーでございます。

●5月2週目の営業(11日(水)~14日(土))で、今シーズンのりんごのタルト終了と聞いて「ナンポルトクワ」さんへ。
厨房でなんと、キンゾーさん=西原金蔵さんが孫のえまちゃんの子守をされているのがちらと見えたから、この写真撮りたくて出てきていただきました\(^o^)/で、左側はもちろん「ナンポルトクワ」店主でえまちゃんのパパ、西原裕勝さんです。
えまちゃんかわいいのです(^o^)♪
子供全般を、まったくまったく好きではないわたしでもメロメロになるほどかわいい(^o^)(^o^)
しばらーく前から、「ナンポルトクワ」さんに行くたび、裕勝さん+えまちゃんの写真を撮っていたのだけど、キンゾーさん入りは初めてで、これちょっと、なかなか撮れないよい写真ではないか~と(^o^)☆☆☆
★撮影時、一瞬マスクをはずしていただいています。
★この写真は許可をいただいて掲載しています。
しかしこの場面を想定してカメラを構えたわたしより先に、だしぬけにスマフォで撮った方がいらっしゃいましたよっと・・・(^o^)(-_-;)(^o^)

●こちらはひと月前くらいの裕勝さんとえまちゃん(^o^)

ばちっとカメラ目線くれて、うれしいことです(^o^)♪

こういうべっぴんさんな子や賢い子はわたしも好きなのでした(^o^)

*****************

子供全般が好きではないと言ったけれど、どれだけ好きでないかと言うと、

●子供の時、自分が子供であることが許しがたくいやだった( ̄○ ̄;)

●幼稚園に行ったら、まわりが全部子供でいやだった( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

協調性ゼロだったので、「お友だちと遊べない」と先生に言われた。

小学校に上がっても「協調性がない」と言われ続けた(-_-;)(-_-;)

なぜ「ひとりでこつこつ遊んだり、ひとりで楽しく過ごすことができる」と言ってくれなかったのか??

わたしはひとりで次々楽しみを見つけることについては幼少時から天才的だったのに(^o^)

●「ちびっこ」という呼称がのたうつほど子供心にもいやだった( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●子供の頃、「こんにちは赤ちゃん」という歌が、同じくのたうつほど好きでなかった( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
(関係者の方々すみません、個人の感じ方です<(_ _)> ごく少数派の子供の感じ方です。)

*****************

なので、10代にして、「わたしは生涯子供は持つまい」と完全に決めていたのだけど、「いいや、産めるリミットが来た時に必ず考えることになるよ」と多くの人が言った・・・けれど、0.001瞬の迷いもなく今に至る。

・・・というわたしが、7か月とか8か月のえまちゃんを進んで撮るのだから、どれほどかわいいかということです\(^o^)/
それから、子育てする人のことは、本当に本当にに偉いと心底思っています。子育ては偉業です。

わたしみたいなのがたくさんいたら、少子化がこれ以上進んだら、もう国が滅びるものね。(*_*)(*_*)

●でもって、これがシーズン最後のりんごのタルト。ひと口ひと口大事に味わいました。

そして次また、これに代わるものが登場しますから、楽しみにしています。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「白山」クラブエリー第2木曜

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

 

●クラブエリー第2木曜(という例会)で、今熊野の「白山」(はくざん)さんへ。
少し久しぶりで、ご無沙汰ごめんなさいだったのですが、
何の衒いもないお料理、でもすごく素材よくて、すべて的確で、もうもう、本当によかった(T_T)(T_T)

●先付

とり貝、雲丹、じゅんさい、旨だしのジュレ仕立て

●八寸は菖蒲があしらわれた、皐月らしい演出です。

●八寸

山うどわらび和え、小芋、新蓮根とミニおくらの味噌漬け、稚鮎、まな鰹、茶筌茄子、、鯛の子旨煮、酢茗荷、ちまき寿司(鯖)(鯖が大好きなのにアレルギー食材であるわたしにはとり貝、感謝です<(_ _)>)

●造り

あこう、本みる貝。

いいのが入ったからと、初鰹も。

●お椀

甘鯛、新生姜豆腐、針葱

●店主の山城和彦さんです。

時しらずを焼いてくださる之図。

●焼物

時しらずの塩焼き、ホワイトアスパラガス。新茶の、葉の素揚げ、かぼす

●焚合せ

ぜんまいの信田巻き、こしあぶら、花山椒

●御飯

豆ご飯、止椀。止椀にはさわら入り。

香物、ちりめん山椒、桜海老。

●水物と菓子

マンゴー、さくらんぼ、カステラ

●お薄をいただきご馳走さまでした<(_ _)>

申し分なくおいしいお料理の連続でした<(_ _)>

●店主の山城和彦さん、スタッフの皆さんに御礼申し上げます。
夜のお店ですがひれ伏して昼営業していただきました<(_ _)>
あやめが咲いたお庭の風情もよく、皐月らしいコースを皆さんに楽しんでいただきました。
大好評で、次(秋冬シーズン)もお願いしてきました。
白山」さんは開店から2年です。開店時の記録はこちら

次また楽しみに伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ おみやげショコラ「パレ ド オール」と「エディション・コウジ シモムラ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、ショコラ好きエリーでございます。

ショコラ内服、ショコラ点滴・・・ショコラなしに生きられないわたしに贈られた、うれしかったおみやげショコラ。

先月いただいたもの2種類です。

掲載の順番は単に賞味期限順です<(_ _)>

●PALET D’OR、「ショコラティエ パレ ドオール」さんのショコラです。
わたしのショコラ好きをよくわかって、その上、リヨンの「BERNACHON ベルナション」さんの流れを汲む「PALET D’OR」を選んで贈ってくださったことに感謝しました。
いろいろな味のアソートではなくて、ひたすらショコラ、というのもわたしの好みをちゃんと把握してくださっています(^o^)(^o^)/
アソートのショコラをいただいたら、すわフランボワーズ(ラズベリー)との掛け合わせが入りが混ざっていたらどうしよう?とまず青ざめるんだが(^o^)(^o^) これはその類ではなく、ひたすら「BERNACHON」さんの「LE PALET D’OR」を思い出させる円形のボンボンショコラでした。ビター、ミルクチョコレート、白チョコレートのセット、ほんとうれしかった\(^o^)/☆☆☆
*****************

●「エディション コウジシモムラ」さんの缶入りピーカンナッツのショコラ掛け、これが旨いわ止まらんわ。
ピーカンナッツって、わたしにとっては「仁修樓」さんの黒糖あめがけナッツと、パーク ハイアット 京都のピリ辛ナッツ&甘甘ナッツだったのだけど、ショコラの香味をまとったピーカンナッツのこの美味は圧倒的でした。ネットで見てみたら高価なものなのだけど、やみつきメロメロ、またこれいただきたいです。

●缶入りで、maquia de cacao マキア ドゥ カカオ 

シックなことです\(^o^)/

●これを持って京都に来てくださった浅野陽子さん
初対面だったのだけど、長らくわたしのサイトをご覧くださっていたということで(なんとココログニフティの時代から)、もうその読み込みぶりが本当にすごくて、ここまで読んでいてくださった方は初めてで、わたしが忘れていたような細部までいろいろ思い出させてくれました。
到着の晩は一緒に夕食に出かけ、翌日はクラブエリー@「木山」さんに参加してくださいました。
ものすごく多忙な中、文字通り万難を排して来てくださったこと、感謝いたします。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「二条 やま岸」花山椒鍋 クラブエリー 2022年5月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー大好評の巻きです\(^o^)/

5月、連休明けいちばんのクラブエリーは「二条 やま岸」さんにお願いしました。

待望の花山椒と牛肉の鍋仕立てを楽しみました。
今や松茸より高価だったりする花山椒(*_*)(*_*)
柔らかで香りのよい牛肉と共に、山盛り食べさせていただきありがとうございました<(_ _)>

*****************

●先附 毛蟹、雲丹、太もずくの文旦ジュレ

●小吸 貝だしのうすい豆すり流し

●八寸

かんぱち梅おろし和え、茄子おくら揚げ浸し、稚鮎おかき揚げ、ズッキーニと蓮根、みる貝白和え、ローストビーフねぎ塩麹だれ

●お造り うとい和え(雲丹、とろ、いかの造りに卵黄醤油を手巻きで)

●焼き物は、たいら貝とアスパラガスの実山椒卵黄ソース

●おしのぎ トマトとじゅんさいの酢の物

●鍋 牛肉、花山椒、クレソン

●炊きたてご飯、ご飯のお供3種、香の物

●わらび餅

*****************

そもそもお鍋だけでなく、こんなに充実のコースだったのです。

●先付、小吸物に続いて、お手間入りの八寸です。

この後3皿続いて、その後、花山椒と牛肉のプレゼンがされました。

●出始めの頃などキロ7万円とか聞きました。今はそこまでではない(と願いたい)ですが、それにしても希少で高価になった花山椒です。

●黒毛和牛も見るからにおいしそうです(T_T)(T_T)

●時節柄みんなで鍋を囲むのではなく、よそい分けてきてくださるスタイルです。

●「二条 やま岸」さん通販において、5月いっぱいは花山椒のお鍋を注文できるということです。

家にいながらにしてこのゴージャスな味を楽しめます。
横井裕史さん、スタッフの皆さんありがとうございました。
クラブエリーの参加者の皆さんもありがとう(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「鮨 忠保」2022年5月

■ 全国100万人の読者の皆さま、

●5月1週目の週明け(平日)に、祇園の「鮨 忠保」さんへ。
お昼いちばんで入ったけれど満席混み混みでした。自由業なのに、遠方からのお客さまも多い中、連休期間に貴重な席を占拠してごめんなさい~やっぱり遠慮しておくべきだったなあ・・・と思いつつも、お寿司おいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
のれんは鯉のぼりに兜と5月仕様でした。
●以下お昼のおまかせから抜粋で、

●白海老+カヴィアは本当にいい組み合わせ。

●小肌は締め加減ちょうどよくて好き。

●かつおは藁で燻してあって薫香が心地よく、うっとり美味でした。
「鮨 忠保」さん、また伺います<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「研野」クラブエリー 2022年5月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー@日本料理 研野さん5月の報告でございます。

あえて連休中、祝日にお願いしたのでした。祝日を狙っての開催は初めてのことです。普段いらっしゃれない方々もご参加いただけるようにと。

今月も楽しかった\(^o^)/

●5月の献立はこんなでした。

これが5月の献立1日目ということでした。
以下写真はコースから抜粋で、

●毎月定番のチャーシューですが、添えられる野菜が違います。

太いグリーンアスパラガスが合わせられて、定番料理でも季節を感じさせてくれました。

●鰹のたたき

●黒めばるのお椀、木の芽、こごみ

●そして鮎の塩焼きです\(^o^)/
鰹のたたき、鮎、黒めばるのお椀など、初夏を感じさせる食材の連続でした。
よいコースでしたー\(^o^)/☆☆☆

●研野さん愛ちゃんありがとうございました。

★撮影時、一瞬マスクをはずしていただいています。
参加者の皆さんもありがとう(^o^)/
日本料理 研野また来月楽しみに伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「半兵衛麩」ふふふあん 昼セット

■ 全国100万人の読者の皆さま、先日伺った ふふふあん by 半兵衛麩 さんを再訪して、お昼メニューを楽しんだエリーでございます。

●「ふふふあん by 半兵衛麩」さんのお昼メニュー、

わたしがいただいたのは「牛若丸」1760円です。
生麩グラタン、生麩アヒージョ、豆乳サラダ、おから入りパン。
サラダには酒粕入りのヴィネグレットソースがかかっていました。甘味に豆乳ときなこのプリン。お麩と豆乳をたっぷり摂取できるセットでした。実に身体にいい感じ(^o^)
とりわけ印象に残ったのは生麩のグラタンです。
季節の素材を入れるということ。今回は筍入りでした。
チーズとろりん熱々でおいしかった(^o^)/

●こちらは「弁慶」1760円。
生麩と汲み上げ湯葉のご飯を中心した、和風のセットです。

次はこれいただきましょう(^o^)

●お昼メニューは11時半~13時半LOです。

価値あります(^o^)/

*****************

●さて五条大橋を、ほんの何メートルか下がったところに、

●野生のジャスミンが咲き乱れていました\(^o^)/\(^o^)/
道を普通に走っていたら、ふわああああと香ってきたので思わず停まって、これ間違いなくジャスミンであろうと。
川端通り、五条下る、西側です。
後ろは五条大橋。
あたり一面圧倒的な芳香が漂い、信じられないような思いでした。思いがけない幸せ、すごくラッキーでした\(^o^)/

●こんな芳香この世にあるのか?と現実感覚を失くしそうになったのですが、この日はこの後、用事で街なかに出て、四条河原町界隈のすさまじい人出に驚いたのでした。連休はほとんど立てこもりを決め込んでいたので、あそこまで街なかが激しい混雑とは知らなかったのです。
みんな一斉におしなべてこぞっての連休ではなく、まとまった休みを好きに取れるような世の中になればどんなにいいでしょう・・・と考えたのでした。

*****************

「ふふふあん by 半兵衛麩」

電話 075-561-0371

京都市東山区問屋町通五条下る上人町433
(川端五条 交差点 南東角)
半兵衛麸五条ビル(本店北館)3F

10~16:30 LO、水曜休み。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「日本料理 とくを」2022年5月1週目

■ 全国100万人の読者の皆さま、「日本料理 とくを」さんで季節の味を楽しんだエリーでございます。

●わりと最近のある晩、「日本料理 とくを」さんで一品料理をいくつか。
なんと白ずいきや賀茂茄子など、夏の食材が登場していました。
●まずはこのとり貝が、ものすごくおいしかったです。白海老と共に。
とり貝はいかにも新鮮な舌ざわり、食感がよくて、とり貝にしかない甘みと旨みがあるなあと思う。

なぜとり貝をとり貝というのか?

●味が鶏肉と似ているから。
●足の部分が鳥のクチバシのような形をしているから。

などとネットで出てきます。

味が鶏肉と似ているから?

そうだとしたら、わたしがとり貝を好むことに納得がいきますが、しかしとり貝を食べながら鶏肉を思ったことは今まで一度もありませんー。笑。

●とくをさんにおいては、もう注文するものがすっかり読まれているのだけど(^o^)(^o^)
予定調和ということでこんな選択。
●白ずいきの吉野仕立て

●賀茂茄子田楽

●フライで、白アスパラガス、原木椎茸、ズッキーニ、和牛
ほかに、

●のどぐろを焼きで

●締めには鉄火丼
●甘味は白味噌のソルベ
をいただきました。
季節感豊か、一品をさっさかいただけて快適、全部ほんとーーーにおいしかったです☆☆☆

●次はのどぐろフライを食べたいわ。

ぐじ酒蒸しも~

季節関わらず白味噌のお椀があるのもよいわ♪

日本料理 とくを」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「鍵善良房」滔々/『菓子がたり』

■ 全国100万人の読者の皆さま、連休のエリーでございます。

●祇園の「鍵善良房」さん、連休中は(普段もですが)外までお客さまが並ばれていたりして、ほとんどの皆さんはくずきり目当ての待ちなわけですが、わたしは1日に発売されたばかりの「滔々(とうとう)」を楽しみに、2日の日に伺ったのでした。
●これは、ものすごく惜しまれつつ1月末に閉店された「京華堂利保」さんから受け継がれた銘菓です。大徳寺納豆入りの、塩気明確な餡をぱふぱふの麩焼きせんべいで挟んであります。これ初めて食べた時は斬新な味と思ったなあ・・・(多分ちょうど30年前のこと。)
●そして「祇園 鍵善 菓子がたり」(世界文化社)、
昨年末に出された、美麗な本です。
(以下 amazon のページからの紹介文です)
*****************
・京都の和菓子 洗練のヴィジュアルブック 書下ろし
・著者はInstagramで超人気の老舗15代目
・和菓子の約束事、美しい形、吟味された素材など和菓子のひみつを知る、知識を深める1冊
*****************
わたし自身は、愛らしい菊寿糖もなめらかなくずきりも大好きですが、焼き菓子の「おひもさん」(p135)がとりわけ好きです(^o^)

鍵善良房」さん、また伺います<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************