■■■ ごあいさつ ■■■

■ 全国100万人の読者の皆さま、

新サイト

関谷江里の京都暮らし(時々パリ)

にいらしていただき、ありがとうございます。
10年と1か月半続けて、合計4285記事、容量の10GBにほぼ達した

関谷江里の京都暮らし」 (ココログニフティ)

(開設当初は「関谷江里の京都-東京半々暮らし」
を引き継ぎ、2016年5月8日、新しくオープンしたウエブサイトです。スマフォ対応です。
2016年5月8日の初回投稿から辿るならこちら。

■ 京都の美味を紹介することを仕事にしており、時々里帰り(笑)でパリに行く日々を、写真をどんどん上げながら綴ります。
■ クラブエリーの会員の皆さまへの連絡の場、掲示板の役目も果たします。

■ プロフィールや仕事、著書、主宰している会員サロンのクラブエリーなどについての詳細は、上のMENUからご覧ください。
■ 最新記事はこの欄のひとつ下にあります。
■ 速報はFacebookにまず上げます。どなたにも公開しています。

https://www.facebook.com/eridosu.sekiyaeri
**********************************
お花は浦沢美奈さん作です。「プーゼ」さん。
**********************************
■ カンテレ「よ~いドン!」の「おすすめ3」

時々おすすめをしています。

これです。

**********************************
テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
文章の無断での転載は著作権法違反です。
写真の無断使用も許可いたしません。

アイデアの露骨な盗用もお控えいただきますようお願い申し上げます。

わたしが口コミサイトに匿名で何かを書き込むというようなことは一切ありません。

わたしが名乗りもせず、店の評価をネット上で(褒め言葉でも悪口でも)こそこそと書き込むなどということは、この世で最もあり得ないことです。
どうかお間違いなきようお願いいたします。

こちらもご覧ください。

■「祇園にしむら」NHK文化センター講座

■ 全国100万人の読者の皆さま、4月のNHK文化センター講座報告でございます。

●4月1日、第1木曜、NHK文化センター講座@「祇園にしむら」さんです。
NHK文化センター講座ではしばらくぶりのお願いです。

春そのものの献立でもてなしてくださいました<(_ _)>

●胡麻豆腐に始まり、わかめたっぷりのほたてしんじょう、春の取肴満載の八寸、桜鱒、花山椒と牛肉、筍ご飯と、季節を満喫できました。

●しみじみおいしかった「祇園にしむら」さん春のコースでした。

●店主の西村元秀さん、スタッフの皆さんありがとうございました。

参加者の方々にも御礼申し上げます。

次はクラブエリーで6月に伺います。皆さんどうぞ楽しみに(^o^)/

●「祇園にしむら」さん、お座敷を備えた和食店じたいがどんどん少なくなる中、こちらは伺うたびお花もお軸もゆかしく美しく、お料理だけでなく、文化を伝えるお店だなと思うのでした。

今回も勉強になりました<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

facebookにもいます。

*****************

関谷江里

■ りすのろ:尾崎牛と茄子のグラタン☆☆☆

■ 全国100万人の読者の皆さま、ひとつ前の投稿に続けて、りすのろ報告のエリーでございます。

2021年4月4日(日)20時~、「リストランテ 野呂238回目。

*****************

●新玉ねぎと新じゃがの温かいポタージュ

●白アスパラガスとブリア・サヴァラン

●雲丹、まぐろ、下に筍

●フリット ほたるいかと筍

●一緒に行った方が牡蠣フライ、わたしはピコドンのフライ

●尾崎牛の肉味噌の米茄子グラタン

●スパゲッテイ濃いトマトソース スナップえんどうと自家製ロースハム

●飲んだのはペリエ、赤ワイン、黒豆茶

*****************

●新玉ねぎと新じゃがの温かいポタージュ

どちらの香味も明確に感じられて最高のポタージュでした。

●白アスパラガスとブリア・サヴァラン

ブリア サヴァランが理想的な熟成具合で、クリーミーな舌ざわりも深い味も塩気もたまらなく美味。

おいしくておいしくて天国的です。行けないフランスから来てくれたのねーと感慨ひとしおです。

白アスパラガスをジャストに茹でたものと共に。

●雲丹、まぐろ、下に筍
どれも申し分なし。和食屋さんでいただくのと同じレヴェル。

●フリット ほたるいかと筍

前回もいただいたけれど、また必ず食べたーいと思っていたフリットです。ほたるいかに、筍、木の芽で、春気分盛り上がるではないの\(^o^)/\(^o^)/

 

●一緒に行った方が牡蠣フライ、わたしはピコドンのフライ

フロマージュをフライにすって、旨いに決まっていてずるいと思う。ずる旨い。心を奪われました。

 

●そして添えられたのが新瓶詰めシリーズのあるソースで・・・これがまた粋な味でした。

 

●をを のりき、ちゃんとこちらでも働いていました\(^o^)/\(^o^)/

●尾崎牛の肉味噌の米茄子グラタン

これは瓶詰めシリーズ、尾崎牛の洋風肉味噌 を使ったもので、牛肉と茄子がよく合って、実に実においしーーいグラタンでした。

 

●分けてもらったところ。熱熱熱々々々で旨いったらないの(*_*)(*_*)

●締めに、スパゲッティ濃いトマトソース スナップえんどうと自家製ロースハム

これも理想的なおいしさでした。トマトの濃いソース、香味鮮やかで圧倒的でした。

●飲んだのはペリエ、赤ワイン、黒豆茶。

一緒にいただいたSさんありがとうございました。お目にかかるの1年少しぶり、楽しいひとときでした<(_ _)><(_ _)>

●メニュー追って貼り付けます。

今回もほんとーにおいしかったー また来週\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、

夜営業 また21:00閉店に戻りました( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席
2017年6月13日開店
************

ウエブサイト

リストランテ 野呂
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろで春満載\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ 報告のエリーでございます。

2021年3月30日(火)20時~(いつも日曜日だけどこの週は火曜日)、「リストランテ 野呂237回目。

春のメニューを楽しみました\(^o^)/\(^o^)/

*****************

●にんじんのポタージュ 冷製
●サラダ仕立てで、かわばのリコッタ、アンディーヴ、ブロッコリー、菜花、白アスパラガス、グリーンアスパラガス、トマト、ルッコラ、日向夏

●甘海老と甘鯛の昆布〆のタルタル、上にカヴィア

●ほたるいかのフリット、木の芽

●鶏肉のモッツァレッラ焼き ケイパー、アンチョヴィ。カロッツァ(carrozza)風
●ペンネでアマトリチャーナ

●白ワインとトマト

*****************

●にんじんのポタージュ 冷製

冷たい方がより香味を鮮やかに味わえるということで、ひんやり冷たいポタージュを今年初めていただきました。

にんじんが粋で優美な味わい、おいしかったなあ。

●サラダ仕立てで、かわばのリコッタ、アンディーヴ、ブロッコリー、菜花、白アスパラガス、グリーンアスパラガス、トマト、ルッコラ、日向夏

野菜たっぷりたっぷり。いつものストラッキーノとまた食感も香味も違うリコッタの深い旨みと春の野菜いろいろの鮮烈なおいしさでした。

●甘海老と甘鯛の昆布〆のタルタル、上にカヴィア

これも、メニュー見ただけで旨くないはずはないでしょうーな一品。旨味が押し寄せてきました。

花穂紫蘇とカヴィアで香りよい粒粒と食感よい\(^o^)/☆☆☆

●ハーブの香りの塩とオリーヴオイルにバゲットも供されました。タルタルと一緒にどうぞと。

よく合いました。

●ほたるいかのフリット、木の芽

衣パリパリのサクサク、中は熱々で強烈な旨さでした。

赤ワインくいくいと飲みます。

●鶏肉のモッツァレッラ焼き ケイパー、アンチョヴィ。カロッツァ(carrozza)風
これまたうっまいの( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
鶏肉だけで十分美味なところにモッツァレッラがとろんとかかってあーもう犯罪的に旨い。

●ペンネでアマトリチャーナ

玉ねぎたっぷりのトマトソースで甘やかされるようです。

●白ワインとトマト。

食後に、知り合いのSっちとTちゃんに白ワインをご馳走してもらい、トマトいただくことにしました。これは奇跡的においしいトマトでした(^o^)☆☆☆

りすのろおいしかったー また次を楽しみに。

★メニュー追って貼り付けます。

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、

夜営業 また21:00閉店に戻りました( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
月曜休み、月に1回 月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席

はなれのお部屋もあり
2017年6月13日開店
************

ウエブサイト

リストランテ 野呂
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「モトイギョーザ」クラブエリー

■ 全国100万人の読者の皆さま、ひっしのエリー、引き続きクラブエリー3月の報告です。

●3月24日(水)「モトイギョーザ」さんでクラブエリー開催\(^o^)/\(^o^)/

初めての餃子でクラブエリー\(^o^)/

けれど、餃子だけではなかったのです。せっかくモトイさんにいらしていただくのです。

フランス料理店「MOTOI」さん(本来 Iは点が2つつくトレマ)の前菜をいただいて、その後餃子責めにしていただくというコースをお願いしたのでした。

つまり、クラブエリー@「MOTOI」+「モトイギョーザ」の初コラボというわけです。

●店主の前田 元(もとい)さん。料理+餃子って、我ながらすてきなアイデア♪ と思ったけれど、実際には無理なお願いでした<(_ _)><(_ _)> 
なのに、実ににこやかに優しくわたしたちを迎えてくださいました。

●「MOTOI」のシェフとして忙しい日々の中でも、家でお嬢さんに作ってあげていた無添加で厳選素材を使った餃子が昨年の持ち帰り+取り寄せブームの時期に大ヒット、実店舗を持つに至ったモトイさんです。

●メニューはこんな。

●この中から2ドリンク選択、飲み物込みのメニューにしていただきました<(_ _)>

●さて、3皿、「MOTOI」さんの前菜を楽しみました。

まずは春の食材入り、春の春巻き \(^o^)/\(^o^)/

上賀茂の菊菜、千葉の蛤、塚原の白子筍。エスカルゴバター味でたまらないおいしさでした。

●白アスパラガスとビーフンです。上に雲丹。

●いつも白菜で食べさせていただく、バター蒸しのブレゼを、今回は春キャベツで。上に黒トリュフ。

以上、MOTOIさんのお料理に関しては、お皿も本店から運んでくださってのサーヴィスでした。

おいしかったー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

本当にありがとうございました<(_ _)><(_ _)>

●そしてここから餃子です。4種類。

まずは看板・モトイ餃子。

●パパ餃子

●オリーヴオイル、だし醤油などが添えられます。

●セロリ餃子に、

●豆鼓餃子。

●野菜たっぷりのポトフ餃子。

●パパ餃子を熱々で。

●残ったスープでリゾット。熱々熱々。

●デセールに、いちごの杏仁豆腐。

●さらに、冷凍でおみやげ付きでした。

●パパ餃子24個入り。冷凍で1か月の日持ちです。

●モトイさんありがとうございました。大好評でした(^o^)/

スタッフの方々にも感謝。

左側が米倉健一さん、めがねの方が林 和弘さん、

ありがとうございました<(_ _)><(_ _)>

参加してくださったクラブエリーの皆さんにも御礼申し上げます。

わたしも楽しくておいしかったクラブエリーでした\(^o^)/\(^o^)/

「モトイギョーザ」さん、また伺います<(_ _)>
「モトイギョーザ」さん初訪問の記事はこれ

*****************
「モトイギョーザ」
電話 075-212-9896
京都市中京区柳馬場錦小路下ル東側(瀬戸屋町470-2)
11:00~20:00LO
月曜休み(祝日の場合は営業、翌日休み)
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

facebookにもいます。

*****************

■「青いけ」クラブエリー第3金曜

■ 全国100万人の読者の皆さま、ひっしのエリーでございます。先日から突然ある計画の準備にかかりきっていて、何ごとか? ということは5月くらいにお知らせします。落ち着いたらまた新しいこと始めたいし(^o^)(^o^)/
昨年から現状維持だけでやっとこさだった何か月間かだったのに、自分にまだこんなエネルギーがあったんか?と思う・・・何より春だし、コロナや黄砂や花粉(全部か行だと気づいた(-_-;))が大メーワクな日々だけど、そんなこと言ってられません。とにかく先に進みましょう。

●3月のクラブエリー報告がまだ残っています。NHK文化センター講座でも先日お世話になった「青いけ」さん、クラブエリーでもお待ちかねでした。
3月19日(金)、3月のクラブエリー第3金曜をお願いしたのでした。

●メンバーも被っていないし、前回のNHK文化センター講座のコースと全く同じでいいですと言っておいたのに、季節に合わせて変化をつけてくださいました。
牛肉も、前回よりも脂身の少ないものが用意されていました。感謝たくさんです<(_ _)>

●シャガールの位置皿(ベルナルド)にモレッティにロイヤルコペンハーゲンという贅沢さです。お料理おいしいのだけど同時に器が楽しくていいです(^o^)

●野菜のプレッセ、スペシャリテです。

●新玉ねぎのスープ。モレッティの、こんな色のお皿よいなああああ\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●甘鯛のうろこバリバリ焼きも、粋なお皿にのってきました。

●マイセンで宮崎牛のシャトーブリアン。お料理非常に好評でした☆☆☆

●「タンドレス」さんのオペラです。上の飾りは青いけさん。

●前回同様、2階と、1階カウンターにお邪魔しました。2階はもうずっと使っていなかったということでひれ伏して御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

●カダイフ巻きを説明してくださるシェフの青池啓行さん。本当に優しい方です(^o^)☆☆☆

●その横でこの日もヘルプに来て、なかなかよく働いていたのは、

のりきでした。一瞬マスクをはずしてもらっています。井上典樹、二条城近くのリストランテ からヘルプに来てくれたのでした。自分のところも忙しいお昼なのに、のりきを送り込んでくれた店主さんに感謝<(_ _)><(_ _)>

この日もメニュー外のリゾットを作ってくれました。

●「青いけ」青池啓行さん、スーシェフの西山良隆さん、一瞬マスクをはずしてもらっています。

今回もよくしていただきありがとうございました。わたしは今回お料理いただかずだったので、改めてまた伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

facebookにもいます。

*****************

■「マールブランシュ」北山本店で発売開始

■ 全国100万人の読者の皆さま、スペシャルなお菓子をいただいたエリーでございます。

マールブランシュ」さんの北山本店、コンシエルジュルームに伺って、3月31日発売開始の北山本店限定 贅沢ケーキシリーズから、新作を2品いただいてきました。

それはもう本当に、贅沢な素材を使い、手をかけて作られた特別なお菓子でした。

「京の雫」の贅沢ナポレオン=いちご入りのミルフイユ 1458円と、

贅沢モンブラン 1458円。

従来の「マールブランシュ」さんのお菓子を、さらに上回るおいしさの贅沢な2品をいただき、圧倒的幸福感に包まれたのでした。

天国に行って帰って来られなくなりそうでした・・・けれどなんとか帰ってきて、このおいしさを語るのです\(^o^)/

●北山本店にほとんど隣接してコンシエルジュルームというのがあります。ここはお客さまの特別誂えのお菓子の受注などをされるところです。同時に、

●ショコラ専門店、「加加阿365」のコーナーもあります\(^o^)/\(^o^)/

●お迎えただいたのはこんなお部屋です。わわ、と目をみはりました。

●この壁見てよ。シャンティを絞り出した形がパターンとなって壁面を覆っていたのです。すごい\(^o^)/\(^o^)/

●じゅうたんをよく見ますと、

●なんとモンブラン模様\(^o^)/\(^o^)/

●美しくセットされたテーブルでいただきました。

まずはこれ、

●「京の雫」という非常にジューシーないちごを使って作られています。

フイユタージュさくさくさく、カスタードクリームも濃厚ながらほどよい甘さで申し分なく美味、食べ始めると止まらず一気に進んでしまうおいしさでした。

●すっとフォークが入りました。食べやすかったです。深く印象に残りました。これはまたいただきたいと思います。

3月31日発売、いちごのある間は販売するということでした。だいたい母の日(5月の第2日曜)頃までということでした。

●そして贅沢モンブランの方ですが、これも印象強烈、いつものモンブランだって十分に完璧な味なのに、このおいしさときたらその上をいくからすごいです。モンブランクリームが圧倒的に濃厚で、風味絶佳という感じ。どうするの今後の人生、こんなおいしいもの食べちゃったら( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●土台にマロンケイク、その中にマロン。中央にモンブランクリームのジュレ。シャンティはマロンクリームを邪魔しないもの。

写真見ていたら飛んで行ってまた味わいたくなります。

●「贅沢ケーキ」のための箱はこんな。

●1982年創業の北山本店が描かれています。

●右から、シェフパティシエの齋藤浩一さん、広報の横井彩夏さん、マーケティング部の秋田博一さん。

ありがとうございました(^o^)/

●出たらちょうどジョイフルデリバリーの車と遭遇、マッカな車で喜びました\(^o^)/

ジョイフルバトン会員になれば、京都市内、配達料金330円で「マールブランシュ」さんのお菓子を配達してもらえます。(2160円以上購入が条件。)

マールブランシュ」さん今回も楽しくおいしいひと時でした。御礼申し上げます。また伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

facebookにもいます。

*****************

■「マールブランシュ」で激はまりのお菓子の数々

■ 全国100万人の読者の皆さま、京都が世界に誇る洋菓子ブランド、「マールブランシュ」さんが大好きなエリーでございます。

買いやすいお値段で、ほんとーーにおいしいお菓子を、山科のロマンの森や北山本店だけでなく、買いやすいデパート地下で気軽に買えるのが助かるし、うれしいと思っています。

●昨年末に発売になった、モンブランクリームです。チューブに入って手軽に使えるラムも効いたマロンのクリーム、フランス「SABATON サバトン」社と「マールブランシュ」さんのコラボから生まれた実にすてきな商品です。

●「マールブランシュ」さんの看板菓子のひとつであるモンブランがそのままチューブに入った感じ。

奥のショコラ色は期間限定だったモンブランのショコラ版。これがまたおいしかったわ、、(T_T)(T_T)感涙。

●こんな感じで、クロワッサンにぬりぬりしても、カリっと焼いたトーストにぬりぬりしても、天国かこれは?な幸福感が味わえます。ほんとーーーーにおいしい(T_T)(T_T)

*****************

●こちらも先月の期間限定だったものですが加加阿ラングドシャ。看板菓子、お濃茶ラングドシャの茶の菓のショコラ版です。

●香りよくショコラ風味は濃厚で、これ本当においしかったわ、、どうか通年販売にしてくださいませ<(_ _)><(_ _)>
次いただけるのは来年なんて、待てません。

*****************

●買いやすいという意味では、これが最高ではないか? ふわとろシュー 108円\(^o^)/\(^o^)/
正確には フワっとトロっとシュークリーム、薄めのシューもカスタードクリームもおいしいのです。

●買いやすいからつい2個3個と食べてしまいます。

●10個とか20個とか、おもたせにもしやすいです\(^o^)/\(^o^)/

*****************

●これも時々おやつにいただきます。ふんわりシフォンサンド。あまおう入り、季節のフルーツ入り、どちらもおいし♪

*****************

●これはこの春の新商品。大丸京都店地下で見つけて飛びついたものです。

●マッカなパッケージを開くと3個入り。このパッケージの裏側の絵もかわいいから買ったらよく見てね(^o^)

●こんな感じで、ぱくっとおやつに食べられます。

断面図は下の写真ご覧いただくのがよいと思う。

↓↓↓

●バターの香り豊か、りんごとろとろで美味、パッケージかわいいで言うことありません。

●1個売りもあって便利ね(^o^)

マールブランシュ」さん、以上デパートで買えるお菓子、わたしが最近心を奪われているお菓子でした。

しかしこれだけはないのです。

次の記事で、北山のコンシエルジュルームに伺い、新発売のお菓子をいただいた報告をいたします<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

facebookにもいます。

*****************

■「イーパンツァイ タナカ」クラブエリー

■ 全国100万人の読者の皆さま、ひっしのエリーでございます。3月のクラブエリーで未アップの写真を上げていきます。

さかのぼって、3月15日(月)16日(火)とお世話になったのは田中里ノ内の「イーパンツァイ タナカ」さん。昨年12月に開店されて、伺うなり心を奪われたお店です。(12月の記事こちら

●お昼営業をクラブエリーのためにしていただきました。

感謝たくさんです<(_ _)>

●スペシャルメニューありがとうございました。

腐乳のプリンまでおいしくいただき、お腹いっぱいいっぱいになりました\(^o^)/\(^o^)/

●8席ずつで2日間。

●シェフの田中晋平さん、マダムの僚子さんありがとうございました。また伺います(^o^)/

(一瞬マスクはずしていただいています。)

*****************
イーパンツァイタナカ
電話 075-708-2793
京都市左京区田中里ノ内町26

最新営業時間です↓↓ 通し営業\(^o^)/
14:00~21:00LO・22:00閉店

水曜休み
*****************

●そしてお店の脇には、この猫っちがいるのです。
ずっとみゃあみゃあ鳴いていて、鳴くと鶏のささみをもらえるんだとか。

●美猫さんだけどのら猫さん。近づいては来るが決して触らせてはくれません。

しかしこちらのささみをもらえるなんて羨ましい\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

facebookにもいます。

*****************

■「プーゼ」フラッシュアイとマンゴーリーバ

■ 全国100万人の読者の皆さま、「プーゼ」さんにお花のお願いをしたエリーでございます。

●夷川通のアトリエに、みなちゃん=浦沢美奈さんを訪ねました。

今回作ってもらったアレンジメントは、マッカなばらに、マンゴーリーバという本当にマンゴー色の大輪のばらと、フラッシュアイという綠色の花芯の印象鮮烈なばらをあしらったものでした。

●これがフラッシュアイですね。

●こちらはフラッシュアイの、少し咲いたところ。

●この濃厚な黄色のが、マンゴーリーバーで、赤いアレンジメントにアクセントを与えてくれました。

●見ても見ても見飽きない美しさです。差し上げるものでしたが、まずわたしが大満足・大喜びしました\(^o^)/\(^o^)/

●お客さまから受注したブーケを作る美奈ちゃんです。

●見てる間に、

●上品な色あいのブーケを仕上げました。

●きれいです・・・わたしが、一度もお願いしたことのない色みです。でもこれもやっぱりものすごくきれい。これを贈られる方、きっとうれしいだろうなあ(^o^)(^o^)

●美奈ちゃん本当にすばらしい\(^o^)/\(^o^)/

30周年を迎えられたプーゼさん、飛び込みでお花を買える店舗はもうないけれど、1週間以上前にお願いしておいたらブーケやアレンジメントを作ってもらえます。
今回もやっぱり美奈ちゃんに頼んでよかった\(^o^)/\(^o^)/

美奈ちゃんまたお願いいたします\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

facebookにもいます。

*****************

■「オ・タン・ペルデュ」閉店前のクラブエリー

■ 全国100万人の読者の皆さま、「オ・タン・ペルデュ」さんの3月28日をもっての閉店を大変残念に思うエリーでございます。

でもでも、店主の松井知之さんが、閉店されたまま今後何もなさらないなんて考えられません。次を楽しみにいたします(^o^)/

●焼き立てのマドレーヌをお茶菓子として出してくださった店主の松井知之さんです。

プルーストの書名「失われた時を求めて A la recherche du temps perdu」 にちなんでの「オ・タン・ペルデュ Au temps perdu」という店名ですから、アンフュージョンに浸してこのマドレーヌをいただかねばなりません。

2006年のオープン時に書いた記事はこちら。)

●クラブエリーの皆さんもご参加ありがとうございました<(_ _)>

●いちごのピュレをヴァンムスー(スパークリングワイン)で割った、粋なアペリティフで始まりました。

以下、クラブエリーのために組んでいただいたコースです。

本当においしかった・・・感涙。(T_T)(T_T)

●最後はもちろんティザーヌ、(=アンフュージョン=ハーブティ)でした。

●お菓子もお惣菜も、買い求めに来られるお客さまが続々といらして、どんどんなくなっていきました。

●風光明媚な岡崎で、うららかな春の日でした。今までありがとうございましたということで、次の松井さんの活動を楽しみにお待ちします。

とりあえず寺町二条の「ブション」さんにいらっしゃるということで、「ブション」さんにも伺いますよっと\(^o^)/\(^o^)/

「ブション」さんに少し前に伺った記録これ

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

facebookにもいます。

*****************