■■■ ごあいさつ ■■■

■ 全国100万人の読者の皆さま、

新サイト

関谷江里の京都暮らし(時々パリ)

にいらしていただき、ありがとうございます。
10年と1か月半続けて、合計4285記事、容量の10GBにほぼ達した

関谷江里の京都暮らし」 (ココログニフティ)

(開設当初は「関谷江里の京都-東京半々暮らし」
を引き継ぎ、2016年5月8日、新しくオープンしたウエブサイトです。スマフォ対応です。
2016年5月8日の初回投稿から辿るならこちら。

■ 京都の美味を紹介することを仕事にしており、時々里帰り(笑)でパリに行く日々を、写真と共に綴ります。
■ クラブエリーの会員の皆さまへの連絡の場、掲示板の役目も果たします。

■ プロフィールや仕事、主宰している会員サロンのクラブエリーなどについての詳細は、上のMENUからご覧ください。
■ 最新記事はこの欄のひとつ下にあります。
■ 速報はFacebookにまず上げます。どなたにも公開しています。

https://www.facebook.com/eridosu.sekiyaeri
**********************************
お花は寺町二条の「プーゼ」さんです。
**********************************
■ カンテレ「よ~いドン!」の「おすすめ3」

次回は8月7日(月)です。

**********************************
■ 最新刊はこちら:

SOU・SOU+obi

**********************************
SOU・SOU 京菓子あそび

和菓子になったテキスタイルデザイン
 世界文化社 2017年2月3日発売

**********************************

■ 肩の痛み、多分ピーク?

■ 全国100万人の読者の皆さま、このところ、ダメダメエリーです。
●右肩の痛み絶好調\(^o^)/と先週はまだ笑っていましたが、
今週になって、もうほんとーーーにまぢで痛くて、四六時中みっちりまんべんなく目覚ましく痛くて、わたしから笑いは消えました。( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
●なのに一昨日、「トランプアメリカ大統領とエマニュエル・マクロンさんの握手ごっこ」をパリ帰りの人と盛り上がった挙句にやって、悪遊びが過ぎて激痛走り、わたし何しとるねんww
●金曜夕方、さすがに苦痛に耐えかねていつもの医院に駆け込み、できるだけしないでおきたい注射の3回めとリハビリをしてもらいました。薬も、初めてリリコちゃん出ました(ロキソニン効かない)(*_*)(*_*) 
●おかげでほんの少し楽になって、キーボードに向かう気持ちになりました。わたしにおいて、キーボードやらマウスって、好きというか呼吸と共にあるもので、起きて目の開いてい限り、PCの前から離れることはないのですが、このところ、マウス持つのも痛くてつらい状態でした(*_*)(*_*)
●最低限、約束した仕事に穴を開けないことと、クラブエリーにご機嫌で出かけることにしていて、あとは激しく省エネモード、外出最低限の不義理状態になっています<(_ _)><(_ _)>
*****************
●いつもならもっとまめにいろいろメールするのにできないでいる。返信も非常に遅いです<(_ _)>
●宅急便受け取るのも大変(カッターで開けたり箱たたんだりするのも負担)なので大物の注文や受け取り最低限。
●上は伸び縮みする服(プリーツなど)しか着ない(着脱が大変)。
●しばらく、ほんとーーに必要な食事しか行かない(お箸持つのもつらくて、お行儀悪い)。
*****************
けれど甘いものは食べたい、精神の安定のために必要。
それで甘味やさんやサロン・ド・テには、ヨロヨロとでも出かけて行くのです。
*****************
回復は今年いっぱいくらいか?とクリニックで言われています。こうなったら特別な1年を、省エネモードで楽しむしかありません。

赤リュック買ったー、(肩かけでなく)手提げ型バッグ買ったー、

大きな本箱を片付けて、気持ちが楽になったー\(^o^)/\(^o^)/
*****************
そして今となっては、よく先日のパリ行ったなと。(*_*)(*_*)
行動はいつもの半分以下でしたが。
写真整理しなくちゃー!
*****************
以上現状報告と、いろいろの不義理の
お詫びでした。<(_ _)><(_ _)>

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「ミール・ミィ」のはちみつと生姜のかき氷

■ 全国100万人の読者の皆さま、かき氷に向かったエリーでございます。はちみつと生姜のかき氷。

三条通富小路のはちみつ専門店、「ミール・ミィ」さんです。

●はちみつ漬けにされた生姜のビリビリとはちみつの甘さがほどよく調和して、とてもおいしいかき氷、ありそうで、ここでしか食べたことのない組み合わせ。
ただし氷じたいの食感はもう少しよくなるかも。(エラソーにごめん<(_ _)><(_ _)>)

●テーブルには6種類のはちみつが備えられていて、好きに使っていいのです。なんて幸せなことでしょう。

●マイルドなアカシアのはちみつをかけてみました。氷じたいにそもそも百花蜜もかかっているのですが、食べ進んだのちに、「追いはちみつ」できるわけ(^o^)(^o^)

わたしこれ好きです\(^o^)/\(^o^)/

●生姜をどうぞおろしてくださいと、これが添えられます。氷溶けてしまわないように、ものすごい勢いでおろします。

●夏限定のメニューもあります。「ミール・ミィ」さん、はちみつの楽しさをいろいろに楽しめるすてきなお店です。ずらりと並んだはちみつから選ぶ楽しさもあって、激しくおすすめです。\(^o^)/\(^o^)/

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ クラブエリー第3金曜@「匠 奥村」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

7月21日(金)お昼、クラブエリー第3金曜を「匠 奥村」さんにお願いしました。
*****************
●オードヴル盛り合わせ
剣先いか 伏見唐辛子甘辛煮
ツルムラサキと車海老の梅和え
山桃のシロップ煮(ほおずきの中)
ベーコンと夏野菜のキッシュ
じゅんさい シャインマスカットモロッコインゲン 赤紫蘇ゼリー
●かわつ海老とオレンジ風味の人参のピュレのフラン
魚の出汁を凝縮したクリームスープ
●明石鯛のカルパッチョ すももとライムのドレッシング
●いさきのポワレ 山科なすの煮浸しとロースト
黄色と白色のとうもろこしのベニエとコンソメソース
●オマール海老と帆立 百合根のムースのコンソメゼリー寄せ うに添え
●黒毛和牛ヒレステーキ
ごはんものとごいっしょに
●デザート盛合せ
●食後の飲み物

*****************

 

 

●ご飯ものはカレーか白ご飯かの選択。ほぼ全員カレーをお願いしました。黒毛和牛のフィレステーキと共に供されました。

●店主の奥村直樹さん、料理長の福山伸宏さん、細やかで洗練されたコースで欲深い女たちを喜ばせてくださいました。ありがとうございました<(_ _)>
●「匠 奥村」さんは大きな館です。30人近くでお邪魔して、1階と2階のお部屋を使わせていただきました。
また季節を変えてお願いしたいと思います。参加者のメンバーの方々にも御礼申し上げます。
*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 初のクラブエリー夜@「京都ネーゼ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

7月20日(木)、初のクラブエリー夜@「京都ネーゼ」\(^o^)/\(^o^)/
夜しか出られない方のために、夜営業でしかお願いできないお店で味わうために、クラブエリー夜がスタートしました(^o^)(^o^)/
第1回目はご希望が非常に多数だった「京都ネーゼ」さんにお願いしました。テーブル席全部貸し切りで16名で伺いました。

*****************
美山産緑豆乳のパンナコッタ
いろいろな野菜のサラダとパルマの生ハム
琵琶湖の小鮎の春巻き
北海道余市産 塩水雲丹のカペッリー二
焼きリゾットのチーズフォンデュ風

玉ねぎのフォカッチャ
丹波牛の炭火焼き エシレバターのカッチョエペペ 山田農園の卵添え
(パスタはヴェスビオという名のショートパスタ)
フォンダンショコラ
作りたてヴァニラのジェラート
紅茶 インド ダージンリン ファーストフラッシュ
*****************

●全部全部かんぺきにおいしいと思っていただきました。とりわけうにのカペッリーニが泣けるおいしさでした。ちなみにカッペリーニではなくて、カペッリーニが正しい読み方です。

牛肉のおいしさにも、肉食女、大喜びしました。

たこ焼き器で丸く焼いたリゾットもおいしかったー(^o^)/☆☆☆

できたてジェラートも、ヴァニラの粒粒たっぷり入りでいい香り、価値ありました。

●クラブエリーは今までお昼のみの開催でしたが、夏の夜は気分もかわっていい感じで実現できたと思います。夜だから皆さん少しゆったりされるかと思いましたが、全くそういうことはなかった。大笑。お料理が供されるなり、それまでの盛り上がりから一転、しーーーーーんとなってお料理に集中、旨いものへの貪欲ぶりを500%発揮していました。すばらしい(^o^)/☆☆☆
8月もクラブエリー夜@「京都ネーゼ」開催いたします。すでに満席、また季節を変えてお願いするつもりです。

京都ネーゼ」店主の森博文さんマダムの三友紀さん、スタッフの皆さまお世話になりました。参加者のメンバーの方々にも御礼申し上げます。

●充実のメニューでした。

あ、一品目は「パンナコッタ」ですね。笑。

8月も楽しみに伺います\(^o^)/

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ ちょっと変則な「月ヶ瀬」の氷・笑

■ 全国100万人の読者の皆さま、肩が痛いエリーでございます。慢性的にずっと痛くて、ほんとダメエリー。治る日は来るのか?(*_*)(*_*)

■ けれど痛いなら痛いで、リュックはもちろん、(今まで肩にかける長い持ち手のバッグを主に使っていたのを、)手で提げる式のバッグを買ったり、これはこれで盛り上がりがあるわけです。楽しむ機会は逃しません。リュックなんか真っ赤を3つ、形違いで買ったぞー(^o^)/

■ 祇園祭の週末、東京から友人来たる~で和食を食べに出かけたりもしましが、あとはひたすら家にたてこもり省エネモードです。できるだけ動きたくない(*_*)(*_*) それと、家の中の片付けに熱中しているということもあります。どう考えても人生後半に入っているわけだから、これから快適に暮らせるように大整理大処分です。これ5月の連休から断続的にやっていて、あと大きな家具を2つ片付けたいので、今年いっぱいかかるかも。幅80×高さ180cmの棚にみっちりぎっちり詰まったCDも、半分くらいに減らすつもりでいます。棚も最終的には処分するのだー。

■ わりと最近のある日、「月ヶ瀬」さんでお願いしてこんな変則な氷。宇治氷に練乳のオプション・・・ここまでは標準ですが、ここにこしあんでも粒あんでもなく、みつ豆の豆をのせてもらっています。わたしは限りなくなめらかなこしあんか、正反対にはっきり粒粒している豆の食感が大好きで、一度これお願いしてみたかったのです。(^o^)/

■ 宇治抹茶のいい香りを残しながら、はかなくしゅわっと消える氷と、はっきり食感のある赤えんどう豆、ものすごくいい組み合わせでした。

月ヶ瀬」さんありがとうございます(^o^)。19時少し前にお邪魔して、さすがにお昼間の混雑も少しおさまっていたところでした。

また伺います☆☆☆

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

 

■「マールブランシュ」の氷とパフェ

■ 全国100万人の読者の皆さま、変わらずご機嫌エリーでございます。

ジェイアール京都伊勢丹6階の「マールブランシュ」さんで先日味見させていただいたモンブランかき氷。ふわふわふわの薄氷の中にラム酒たっぷりのモンブランが仕込まれています。ここだけの限定品で、確かにおいしい!! 人気とのことでした。サンプルの方が、中どうなっているかよくわかります。

●本当にモンブランが出てきます! これおいしいわ!!(^o^)☆☆☆

*****************
しかしどんなに人気商品だろうがおいしいものだろうが、やっぱりわたしはいつでもどこでもショコラのデセールが食べたーい!!
で、「チョコレートハーモニー」というのを選択、夢中になっていただきました。

●なんと実はここであまり数が出ないらしいショコラのパフェ、パーツいろいろですがものすごくいい調和で満足の構成でした。おいしかった\(^o^)/\(^o^)/
ショコラ愛に生きるわが同志たちよ~~ ジェイアール京都伊勢丹6階へ急ぎましょう。午後のお茶の時間などは激並びなので時間みはからって。

●パフェでいちばん出るのは、やっぱりこれらしいです。これも間違いなくおいしいと思います。

マールブランシュ」さん、ジェイアール京都伊勢丹のお店は眺めも格別で本当によかったです。また伺います\(^o^)/

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「喜心」、朝食レストラン

■ 全国100万人の読者の皆さま、暑さに弱いエリーでございます。今日は激あつ、(*_*)(*_*) 京都の最高気温35.8℃でした。
昼外出したらフラフラに(*_*)(*_*)
でもよかった、「喜心」さんよかったー\(^o^)/\(^o^)/
●4月1日に「オープンした「KISHIN KITCHEN KYOTO」、祇園の「花とうろホテル祇園」の1階の、シェアキッチンというもの。
カウンター10席(とテーブル席6席)の瀟洒なスペース。
7:30~13:30LO(スタート時間が決まって5回転ほど)で、朝食レストラン「喜心(きしん)」さんが営業されています。
やっとこさ伺いました。

●「なかひがし」さんのご子息、中東篤志さんがプロデュースされています。現在お住まいのNYから帰国していらして、すごーく久しぶりにお会いできてうれし☆☆☆
●喜心の朝食、2500円+税。

湯葉のひと皿、3種類から選べるお汁、
炊きたてご飯、うるめいわし丸干し、お漬物。

向付に、一飯一椀という構成です。
●こんなオプションもあります。

●汲み上げ湯葉、ものすごく甘く濃厚でした。

●汁物は3種類から、
海鮮の和風トマトスープを選択。
ベースのだしは鰹、鯖、うるめいわしと昆布、そこにトマトの旨味が効いて、本当においしーーーい(^o^)/☆☆☆

つゆだく、なみなみと注がれて、満足感がありました。
茄子、海老、焼き豆腐にトマト入り、黒七味がアクセントとなって、めざましく粋な味。

●他に白味噌豚汁と、

●野菜のポトフ風があり、ポトフ風も味見させていただいたらしみじみおいしく感動しました。野菜だしも、びっくりするほど深い味でした。

●ご飯茶碗を選ばせてくださいます。

●炊きたてつやつやのご飯がプレゼンされます。ご飯のおいしさはさすがでした。

ご飯に添えられるのは、

●お漬物と、

●うるめいわし丸干し。

●たまごかけご飯も可能、

●おこげもおいし。

●篤志さん考案の飲み方で抹茶をいただきごちそうさまでした<(_ _)>
すべてすべて、すばらしく美味で幸せなひと時でした。
朝食といっても11時スタートでいただきましたので、早いお昼というか(わたしには完全に朝食でしたが)、いずれにしても朝食にしては幸せ過ぎたひと時でした。
なかなか伺えないのでいたのを、誘ってくれたのはわが畏友Akeeeeeeemiで、感謝したのでした。

KISHIN KITCHEN KYOTO」キシン キッチン キョウトさん、激しくおすすめいたします。

*****************

〒605-0811

京都市東山区小松町555

花とうろホテル祇園1階

電話 075-525-8500

朝食の「喜心」は7:30~13:30LO

2017年4月1日開店
*****************
●ちなみに・・・外は目の前がかすむほど暑かったです。(*_*)(*_*)
帰宅後しばらく熱々の身体でぼんやりしてしまって、平常心に戻るのに時間かかりました。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「リストランテ 野呂」、1か月

■ 全国100万人の読者の皆さま、大変ご機嫌なエリーでございます。

のろっち=「リストランテ 野呂」、オープンからひと月です。
取材に行ったり食事に行ったり。
le14 juillet、祖国の革命記念日なので(笑)食べるべきはフランス料理と思いながらも・・・
行ったよ、のろっち、旨かった\(^o^)/\(^o^)/

さて夜はアラカルトで注文できます。まずは、

●白身魚ばかりのお皿。
まながつおに、紅しぐれおろし/金目鯛あぶりと空芯菜の炊いたの/天然かんぱちに、白黄うり/金目鯛とまながつお、部位違うところを(大原野の村上薫さんの)茄子のバルサミコマリネと。
のろっちの白身魚を「ラ・リサータ」時代から大好きなのです。
いろいろ食べ較べできて楽しかったお皿。どの組み合わせも調和よく、和食店でないのに生の魚こんなにおいしいかと感動。
口に当たる時の温度や食感が、絶妙にちょうどいいのです。
●帆立貝の貝柱と丸おくら、山椒醤油バター
これも山椒醤油バターがからんだ帆立もおくらもばつぐーんにおいし☆☆☆
●赤いパスタをお願いして、トマトソースに、河北農園の万願寺とうがらしに、しらす。理想的においし☆☆☆
●ほおずきトマトを食べさせてもらいました。

●カフェで締め。
6月にお昼2回行って、昼の雰囲気もとてもよかったけれど、夜はまたゆーったりしていい感じ。もちろん満席で激しくはやっていました。おいしいし居心地いいしのろっちおもしろいし、はやる要素しかないもの(^o^)☆☆☆
また行きます\(^o^)/\(^o^)/

●ちなみに夜のアラカルトメニューです。のろっち、いい字書くね(^o^)(^o^)☆☆☆
*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回火曜休み
2017年6月13日開店
昼コース1800円と4500円、夜はアラカルト
*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 朝日カルチャーセンター@「柾木」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

7月13日第2木曜、朝日カルチャーセンター講座のお昼を「柾木」さんにお願いしました。よかったー\(^o^)/\(^o^)/
●貸し切りお昼営業をしていただき、季節のお料理をお腹いっぱいいっぱいいただきました。

●すごくセンスのいい組み合わせ、ほどよくぴたりと決まった味付け、塩加減。

はまぐりだしのすみれ蕪すり流し、渡り蟹入りのお椀を、とりわけ感動深くいただきました。
おいしいおいしいと言ってる間に最後の牛肉スキレット鍋になり熱々はふはふと味わった後、白ご飯炊きたてつやつやのおいしさにまたうっとり。梅肉で炊いたおじゃこや味のしみた卵黄など、ご飯セットがまたすてきでした。
●共にジェイアール京都伊勢丹の「京都和久傳」さんにいらした柾木さんも木山さんも、それぞれ立派にお店構えられたなあ、かっちょいいなあとしみじみ。どちらも、早くまた食べに来たいと思わせるお店なのでした。

●柾木俊介さん、マダムの由香梨さん、お世話になりました<(_ _)>

またクラブエリーでも伺います。

参加してくださった皆さまにも御礼申し上げます。

**********************************
「柾木」(まさき) 電話 075-777-4556
〒604-8805
京都市中京区壬生馬場町15-20
18:00~21:00入店 不定休
★昼もお願いしたら営業してくださいます。
カウンター10席 全席禁煙 要予約
2016年3月30日開店
**********************************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「甘党茶屋 梅園 三条寺町店」開店

■ 全国100万人の読者の皆さま、ご機嫌エリーでございます。

昭和2年(1927年)創業、90周年を迎えられた人気の甘味店、「梅園」さんが7月12日(大安)、新店をオープン\(^o^)/
「甘党茶屋 梅園 三条寺町店」
寺町通と三条通の交差点の、北西角です。
河原町の本店、清水店、うめぞのカフェ&ギャラリー、うめぞの茶房に続いて5軒めのお店です。

●昼のクラブエリーと、もう1件用件を終えて16時過ぎに伺ったら、もうもうもう、1階の席はびっしり満席でした。

外観撮るのもひっきりなしに訪れるお客さまが写り込まないよう、これでもしばらく待って撮ったものです。

●2階にもグループのお客さまがいらっしゃいました。内観は、お客さまを写さないように2階の一部を撮ったものです。1,2階合わせて40席以上あるということです。
●「梅園」さんにおいてはいつも新店ならではの新メニューが作られますが、それはまだ開発中で、完成までもうしばらくかかるとのこと。
まずは伝統のみたらしだんご(河原町店から運んでいる、たれは昭和の時代から続いているもの)とあんみつなど、多彩なセットが用意されています。
●店主の葵ちゃん=西川葵さん、ほんわか優しくて感じがいい人ですが、新店をどんどん立ち上げ人気店にしていくパワーはすごいです。
あまりにお忙しそうだったので出直すことにして、何もいただかずに出てきました。近日中にまた伺います。
●お祝いのメッセージが仕込まれた氷柱。目にも涼しいすてきなプレゼントは、氷やさんからのものということです。
●以下はちなみに開店1日前、11日の夜7時過ぎの様子です・・・まだまだ、絶賛工事中という状態でした。

●12日12時のオープンによくこぎ着けられました\(^o^)/\(^o^)/
*****************
「甘党茶屋 梅園 三条寺町店」
604-8081
京都市中京区天性寺前町526
tel&fax 075-211-1235
10:30~19:20LO・19:30閉店
無休
梅園」は昭和2年(1927年)創業
三条寺町店は2017年7月12日12時開店
*****************

追記:2日後の14日夕方伺って、「梅園」さんの、新しい三条寺町店でかき氷、宇治ミルク。
●宇治ミルク=抹茶蜜に練乳です。氷のかき方は、蛸薬師通の「うめぞの」さんの面削り式とは少し違って、河原町本店式。でもこれも口あたりふんわり優しくておいし(^o^)(^o^)☆☆☆
●ユニフォームに新しいマーク発見!みたらしだんごですね。
かわいーい\(^o^)/\(^o^)/
●実はお会計票にはこのマークがずっと印刷されていたというのです。今までよく見ていなかったけれど、本当だ!
これは今から40年前に今の店主、西川葵さんのお父さまが描かれたものということで、今回デザインしなおして梅園アイコンとして採用することにしたのだそうです。
「梅園」さん、また伺います(^o^)/

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************