■■■ ごあいさつ ■■■

■ 全国100万人の読者の皆さま、

新サイト

関谷江里の京都暮らし(時々パリ)

にいらしていただき、ありがとうございます。
10年と1か月半続けて、合計4285記事、容量の10GBにほぼ達した

関谷江里の京都暮らし」 (ココログニフティ)

(開設当初は「関谷江里の京都-東京半々暮らし」
を引き継ぎ、2016年5月8日、新しくオープンしたウエブサイトです。スマフォ対応です。
2016年5月8日の初回投稿から辿るならこちら。

■ 京都の美味を紹介することを仕事にしており、時々里帰り(笑)でパリに行く日々を、写真をどんどん上げながら綴ります。
■ クラブエリーの会員の皆さまへの連絡の場、掲示板の役目も果たします。

■ プロフィールや仕事、著書、主宰している会員サロンのクラブエリーなどについての詳細は、上のMENUからご覧ください。
■ 最新記事はこの欄のひとつ下にあります。
■ 速報はFacebookにまず上げます。どなたにも公開しています。

https://www.facebook.com/eridosu.sekiyaeri
**********************************
お花は寺町二条の「プーゼ」さんです。
**********************************
■ カンテレ「よ~いドン!」の「おすすめ3」

時々おすすめをしています。

これです。

**********************************
テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
文章の無断での転載は著作権法違反です。
写真の無断使用も許可いたしません。

■「プーゼ」8月末で閉店(T_T)

■ 全国100万人の読者の皆さま、京都に移り住む以前から、お花といえば何でも寺町二条の「プーゼ」さん頼みできたエリーでございます。

●これはお見舞い用に発送をお願いしたアレンジメント。

●発注するのは赤い花ばかりではないんですよっと(^o^)(^o^)/


●しかし残念なこと・・・店舗を8月いっぱいで閉店されると。
教室は夷川通のアトリエで続けられるし、みなちゃん=浦沢美奈さんのアーティストとしての仕事ももちろん今まで以上にされるみたいですが(最近ではG20の装花を担当されています)、お店はなくなるんだって・・・悲しいです。()()
いったいどれだけここでお花を作ってもらったか、思い出しきれません。7~8割はマッカなアレンジメントをしてもらって、他は「アンティーク調で」とか「ニュアンス系で」なんていうお願いをしたのでした。
プーゼ」さん、8月末までは営業されていますから、お店にまた伺います。
 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ 次のパリ行き・・・

■ 全国100万人の読者の皆さま、今年3度めの里帰りを決めてしまったエリーでございます(^o^)(-_-;)(^o^)

買っちゃった すこし早まる 里帰り
*****************

●一刻も早くまた行きたい、来年1月まで待てん、のどから足が出てきた。

どこかの隙間で行けないものか?
自分のスケジュールとAF空席の具合をぎゅんぎゅん見ていったら、11月の末ならなんとかなりそう、その時期ならノエルの写真も撮れるし、その上航空券の値段も安い!? \(^o^)/\(^o^)/

●いくらなんでも11月にそんなにゆっくりできないので、日程を少し縮めてみたらさらに安くなって、これは買うしかない、行くしかない。今までの最安値で買えました。(反対に、先日の6月のパリ行きは今までの最高値だったww)

●わたしの昨今の暮らしにおいては、年に何度か買う航空券がいちばん高価なもの。これを買うとあわわわww と青ざめて全く無駄遣いというものがなくなり、かえって良いかもと思います。ほかで一切の贅沢をしない。

●さらに、ここでぽーんと留守をするのだから、頑張らねばならんと時間の無駄も減る感じがします。
今日からまたひっしのぱっちです\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「丹」3周年の夜コース

■ 全国100万人の読者の皆さま、1週間がんばったエリーでございます。\(^o^)/\(^o^)/
クラブエリーやり講座やり、おなじみの店も新店も訪問して、お菓子の試食もしました。よく食べたww
週半ばの写真は追ってアップするとして、順番が前後しますが、写真は「和久傳」の「丹」さんの、3周年記念の軽め夜コース。
偶然にすてきな方々と会えた夜。
お店は全面開放で夜気が気持ちよく、
お料理おいしい、おしゃべり楽しいでテンション上がりました。
「丹」さん、来週またクラブエリーでお世話になります。
キャンセル出て席ありますから、来られる方いらしてください\(^o^)/\(^o^)/

●雲丹、アボカドにサバイヨンソース、だしのジュレ。

●かつおのたたき

●胡麻和えは、新じゃが、酢取りにしたごぼう、三度豆、にんじんの葉。

●油ものは、アスパラガス、ヤングコーン、コーンの枕になっているのがゴーヤです。

富士酢を使って作られた酸味ソースが粋でした。

●茄子を細造りにして、おだしを張って素麺のようにいただく冷たい一品。おだしも全飲みいたしました。

たまらなくおいし。クラブエリーの時もしてねとお願いしておきました。

●焚き合わせというかほとんどお椀。鱧の骨だし、旨旨旨・・・

鱧、れんこん、湯葉、おくら。梅風味。

●ヨースケ、キター(^o^)(^o^)/ 山手陽介さんです。

●名残の豆ごはん、豆が大きくてほわほわと香りよし。これもまた、旨旨旨・・・

●「豆だくで」とお願いしました。豆たくさんでと。

●止椀は、大きな大きなあさり(横綱あさり)入りの味噌汁。

●食後の甘味というかひたすらさわやーかなひと皿、トマトとトマトのジュレ、ほんのり甘い仕立て。するりつるりといただけて、夏の夜にふさわしい締めだなあと。

「丹」さんやっぱりよかったー\(^o^)/\(^o^)/ 

●今回やっちゃんの姿を写してないが、やっちゃんにもお世話になりました。

●やっちゃん=料理長の北嶋靖憲さん、この人ね。3年前、オープン時の写真です。(^o^)(^o^)/

★★7月19日(金)昼のクラブエリーに、どうぞご参加くださいませ\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「遊形サロン・ド・テ」レモンのタルト

■ 全国100万人の読者の皆さま、瞠目の思いでこれをいただいたエリーでございます。

●俵屋さんの「遊形サロン・ド・テ」の新作、夏レモンのタルト。

●こういうものです。

わたしは酸味系のデセールを自分から選ぶことは決してくなく、「酸いのは人生だけで十分である。せめてデセールは甘くなければならない。茶色くなければ~~!!」と常々言っているのですが(レモンがきらい、ベリー類が好きではないということではありません。誤解なきよう、念のため)、それでも今回は「遊形」さんの新作、せっかくすすめてくださったのだからといただいてみたら・・・もうもう、わたしにおける酸味デセールの歴史を塗り替える味でした。
レモンのクレーム、レモンのコンフィチュール、土台はパットシュクレ pâte sucrée。優美な口当たり、上品な酸味。かんぺきな調和でした。

●運ばれると同時に、上からはらはらとふり柚子のようにふりレモンがされました。爽やかな風が吹き抜けるようなお菓子でした。人生もこのように爽やかであればよいなあ\(^o^)/と思ったのでした\(^o^)/\(^o^)/

●せっかくなので、定番ムース・オ・ショコラもやっぱりいただいて帰りました。「リドル」時代からの定番の名作です。

●美しくて、なめらか。香りよく、ひと口で陶然となり、何もかもどうでもよくなります。ショコラのお菓子のわたしにとっての決定版のひとつです。

●夏レモンのタルトはあと1週間くらいだそうです。
そして毎夏楽しみな白桃のジュレが始まります。
昨年の白桃のジュレの記事です。

●近いうちにまた伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 法輪寺の電電宮へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、ちょっとした目標を定めて、写真を撮りつつ地図を見ながらたどりつくのがものすごく好きなエリーでございます。京都でもパリでも。ミニ散歩ミニ遠足です。

昨日の投稿の「オカフェ」さん嵐山店の帰り、ここに行かずにいられただろうか?(いいやいられはしなかった。)

●一度おまいりしてみたかった、電気と電波の神さまを祀る「電電宮(でんでんぐう)」へ。渡月橋からほど近い法輪寺さん内にあります。

●渡月橋を西側に渡ってすぐの場所に裏口の階段があってそこを上がって行きました。階段に次ぐ階段だけど、せっせと上がっていくと、

●着いたところに「電電宮」の標識がありました。

●コンパクトでかわいい「電電宮」です。

●協賛社一覧にははずらりと電気と電波関係の社名が連なっていました。(サイズ縮小せず、データ大きいままで貼り付けます。)
電気製品大好きなわたし、これは一度ご挨拶しておいてよかったと思います\(^o^)/\(^o^)/
ちなみにお守りを買うとSDカードなんだそうです。
●法輪寺本殿にも一応ご挨拶<(_ _)><(_ _)>
●電電塔も眺めて正門からおいとましたら、阪急嵐山駅までほんの5分ほどでした。

法輪寺さん、おかげで楽しいミニ散歩でした(^o^)(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「オカフェ キョウト 嵐山」開店\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店ご紹介のエリーでございます。

●「オカフェ キョウト 嵐山」、7月10日オープンです\(^o^)/\(^o^)/ 開店に先駆けてお店を見せていただきました。

●自分のことを、男前・イケメン・モテモテと言ってはばからない(それが芸風ww)の岡田章宏さん、綾小路の本店を4日間閉めてこちらにいらしています。

●見渡す限りの岡田ワールドです( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
カフェはダンディブレンド、パーティブレンドなど定番ものに加えて、シングルオリジンの豆で3種類用意しているとのこと。

●かねてから焙煎を自分でやりたかったということです。
車が買えるほどのお値段の焙煎機とか。

●メニューにももちろん店主さんシルエットです\(^o^)/\(^o^)/

 

●エスプレッソトニック、しゅわっとしておいしかった\(^o^)/\(^o^)/

●カップにももちろん店主さまがいらっしゃいます(^o^)(^o^)

●これは広報さんからいただいた写真です。

●パンどらならぬ、肉どらがありました。本店と同様に甘いパンどらとして、粒あん、抹茶あんもありました。

●左から本店のゆたかちゃん、中央が岡田章宏さん、そして右がこのオカフェ キョウト 嵐山店の焙煎士である山本順平さん。

この指さしポーズを「オカダ フィンガー」って言うのだとか(^o^)(-_-;)(^o^)(-_-;)

●Tシャツも今回作ったんだって。販売もされていました。
上の写真2枚は広報さんからいただいたものです。

●こうやって売ってるのww

●渡月橋からほんの1分ほどの距離です。白い建物です。

●暑くなくて風が気持ちよく、久しぶりに嵐山のミニミニ散歩も楽しんだひとときでした。
この話は次の投稿に続きます。
*****************
「Okaffe kyoto オカフェ キョウト 嵐山」
京都市右京区嵯峨中ノ島町官有地朝乃家内
電話 075-756-2997
10:00~17:00、無休
2019年7月10日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「上賀茂 秋山」の昼コース

■ 全国100万人の読者の皆さま、和食やっぱり大好きと思うエリーでございます。

7月8日(月)、昼の「上賀茂 秋山」さん。この日の夜は貸し切りとのことでいっぱいで伺えず昼になったのですが、昼コースも一品一品工夫が凝らさればしっと美味、秋山さんよくしゃべっておもしろくて(あれだけしゃべれたらいいなあ♪)非常に満足しました。さらにお値段がまたひどく良心的で、これは街なかから遠くても、はやるわなあと。
野菜たっぷり、彩りきれい、おだししみじみおいしい、お造りがまた昼の値段を考えたらあり得ないくらい上質、梶の葉など飾りもきれい。とろみのついた冷しそうめんとか目鍋で出てくる熱々の茄子田楽とか、繰り返し食べたい、心に響く料理の連続で、深く感じ入りました。
ほんとーーによかったです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆☆☆☆

●12時少し前に扉は開かれました。

●鱧。すりおろしたきゅうり(祇園祭の間きゅうりを食べないものだが、紋のように見える輪切りではなく、すりおろしだから「セーフ」らしいです(^o^)(^o^))、焼茄子、伏見とうがらし、ズッキーニ、焼トマト、南瓜のパリパリ。

だしは鱧だしと賀茂茄子のだし、梅の風味。鱧はもちろん野菜たっぷりでおいしい、おだしが身に染みる。初めのこのひと皿だけでも感動深いです。

●夏らしいお椀、明石の蛸のしんじょう(実はこれは貝柱のしんじょう<(_ _)>)、黄ズッキーニ、モロッコいんげん、山芋のじゅんさい風(葛を打ってお湯に入れて、まるでじゅんさいのような食感をまとった山芋)

●お造りは鯛、すずき、はまち。鯛の身やしらすを、ほうれん草やなりひら豆と合わせた小さな取肴2種類と。

●完璧な形の梶の葉きれい。

●藁炙りにしたいさき、玉ねぎ醤油と。

●鯛の煮凝り、ちゅるんと心地よい食感。

●冷たい素麺、茄子のだしに葛でとろみをつけてあって、旨いったらないです。

明石の川津海老、卵黄、野菜はトマト、きゅうりもみ、青唐。実山椒も。

●目鍋で熱々の沸々状態で茄子田楽。とうもろこし味噌ということ。生麩、近江こんにゃくと。

●店主の秋山直浩さんがご飯をよそう之図。しみじみおいしい、笑えて楽しい、居心地がよい(^o^)(^o^)/ 2006年2月20日開店だから13年。ものすごく価値があるお店です。

●茄子田楽と共にまず一膳ご飯をいただきました。あまりにご飯が美味で圧倒的で絶句するほど。その後おこげを所望しました。塩をかけてパリパリ・・・一緒に食べた人は止椀の中身を注ぐ格好して「ニューヨーク」とか言ってたけれど、それは別のお店の話ね(^o^)(^o^)/

●昼は囲炉裏の方に移らず、カウンターで甘味をいただくのですね。わたしはこのスタイルよいなと思いました。

小豆、りんごマシュマロ、コアントローのジュレ、パイナップルの極薄スライスをドライにしたものと。

幸せだなーと思った食事でした(^o^)(^o^)☆☆☆
「上賀茂 秋山」さん、次はクラブエリーで、今月最終週に2回伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろで、万願寺とうがらし責め

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ に行ってきたエリーでございます。
「リストランテ 野呂」 7月7日(日)20時半~。
万願寺とうがらし責めにしてもらいました。
●激しく万願寺にしてね、はげまんでたのむ\(^o^)/\(^o^)/とお願いしておいたら山盛りのプレゼンから。
河北農園さんのものとのこと。

この日いただいたのが、

*****************

●冷製 白とうもろこしのスープ
●甘鯛細造り、上に塩水雲丹、下に万願寺とうがらし揚げ浸し、えごまの葉醤油漬け
●ローストビーフ、下に万願寺とうがらし焼いたの、胡麻ソース
金山焼き
●フリット 白とうもろこし、万願寺とうがらし 塩で
●フリット 白とうもろこし、万願寺とうがらし パルミジャーノと
●コロッケ 万願寺とうがらし ウスターソースと
●米のコロッケ アランチーニ サフランご飯 万願寺とうがらしと平茸のクリームソース
●カラメルブールサレのパンナコッタ

●黒豆茶

*****************
●万願寺クリームのコロッケ(固形でも入っている)、
●サフランご飯のアランチーニ(ライスコロッケ)万願寺と平茸のクリームソース、
●甘鯛の細造りにも、
●ローストビーフにもたっぷりたっぷり添えてくれました。
●フリットに白とうもろこしと万願寺、
1)シンプルに塩で、
2)パルミジャーノのトッピングでと
2回出してくれました。塩の方がすっきりしていました。
●パスタその98のはずで、万願寺が皿からあふれるパスタのはずが、今日は油ものを多く食べているからわたしの胃のためにはパスタやめておきましょうとなり、残念だったけれどまたそれだけ食べに行けばいいのだww
カラメルのパンナコッタと黒豆茶で締め。
万願寺とうがらし、色つや美しく、肉厚で香味豊か。
ほんとーーーーにおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●「リストランテ 野呂」、また来週\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

食材と飲む量による。

前もっての予約でコースも可。税込み8千円から。

(スープ、旬の魚盛り、蟹クリームコロッケ、魚料理、肉料理、パスタ、デザート)
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ NHK文化センター講座「スカーラエ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

さかのぼって先週7月4日(第1木曜)、NHK文化センター講座でザ・サウザンド キョウトのイタリア料理店「スカーラエ」さんにお世話になりました。
お料理よかった、おいしかったーー\(^o^)/\(^o^)/

*****************
●アミューズ3種
冷製スープは、カスピ海ヨーグルトとアボカド、ヘーゼルナッツ
魚のリエット、黒米のパリパリと
サレのマドレーヌ、ハーブ入り

●イタリア パルマ産19か月熟成生ハムとマンゴー、さくらんぼと

すばらしいスライサーでカットされたふわふわふわの生ハム
●スカーラエ風ガスパチョ
茄子のピュレ、シャルドネヴィネガー トマトとパプリカのソース、きゅうりのソース
●タリオリーニ ガルシア産栗豚のラグー 卵黄ソース
白アスパラガスのだしと卵黄を合わせたソース
卵は中村農場から
●ほろほろ鳥のロースト 赤パプリカと万願寺とうがらしのピュレ 3色のキヌアを添えて
万願寺とうがらしのソース、パプリカのソース
紫じゃがいも(シャドークイーン)
●エキゾチックパフェ
●カフェか和紅茶
*****************

●木原っち菱田さん、直毅さんすだっち、ありがとうございました\(^o^)/\(^o^)/ 
ちゃんとお名前を書くと、
シェフの菱田雅己さん、スーシェフ木原章太さん、

石井直毅さん、酢田恒一さん、御礼申し上げます。スタッフの皆さんも。

●そしてこちらは、6月からNHK文化センター京都支社長に就任された日比野和雅さん。お坊さまでもあられて、お話を伺うと5足くらいのわらじを履かれているとのこと。(この日は黒い革靴でしたが。)おもしろい方でした\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「カンティーナ アルコ」米のサラダ

■ 全国100万人の読者の皆さま、新メニューと言われたら試さずにはいられないエリーでございます。

大好き「カンティーナ アルコ」さんで、この夏始まったばかりの昼メニュー、米のサラダおいし\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●トマト、きゅうり、ハム、とうもろこし、バジル、自家製のツナ、レッドオニオンなど具材みっちりでした。米対具材の比率、1:1かもしれないくらいたっぷりでした。白いのはモッツァレッラがです。充実のメニューでした。

●お惣菜3種類がつくのもうれしいことです。カポナータ、サーモンマリネ、フリッタータ。

●食後にカフェも付きました。アイスカフェラッテ。

●時間と気持ちに余裕があれば、アペリティフから始めたいです\(^o^)/\(^o^)/ 小さな一品をプレゼントしてくれるらしい。絵がかわいいと思う(^o^)(^o^)

●昼が14時~というのが昼イヴェントを終えた後のわたしにものすごくありがたいお店です。水曜定休のお店なので、水曜の昼にクラブエリーをよくやるわたし、「あー今日はカンティーナ アルコさんお休みだなあ~(T_T)(T_T)」と思うことも多いけれど。
カンティーナ アルコ」さん、また伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************