■■■ ごあいさつ ■■■

■ 全国100万人の読者の皆さま、

新サイト

関谷江里の京都暮らし(時々パリ)

にいらしていただき、ありがとうございます。
10年と1か月半続けて、合計4285記事、容量の10GBにほぼ達した

関谷江里の京都暮らし」 (ココログニフティ)

(開設当初は「関谷江里の京都-東京半々暮らし」
を引き継ぎ、2016年5月8日、新しくオープンしたウエブサイトです。スマフォ対応です。
2016年5月8日の初回投稿から辿るならこちら。

■ 京都の美味を紹介することを仕事にしており、時々里帰り(笑)でパリに行く日々を、写真をどんどん上げながら綴ります。
■ クラブエリーの会員の皆さまへの連絡の場、掲示板の役目も果たします。

■ プロフィールや仕事、著書、主宰している会員サロンのクラブエリーなどについての詳細は、上のMENUからご覧ください。
■ 最新記事はこの欄のひとつ下にあります。
■ 速報はFacebookにまず上げます。どなたにも公開しています。

https://www.facebook.com/eridosu.sekiyaeri
**********************************
お花は浦沢美奈さん作です。「プーゼ」さん。
**********************************
■ カンテレ「よ~いドン!」の「おすすめ3」

時々おすすめをしています。

これです。

**********************************
テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
文章の無断での転載は著作権法違反です。
写真の無断使用も許可いたしません。

アイデアの盗用もお控えいただきますようお願い申し上げます。

★★★わたしが口コミサイトに匿名で何かを書き込むというようなことは一切ありません。ものを言う時は名前を出します。
ある口コミサイト内に、わたしのサイトや言葉遣いの露骨な模倣・文の剽窃などがあるそうですが、全く関係ありません。
お間違いなきようお願いいたします。

こちらもご覧ください。

■「菜格」で麻婆豆腐

■ 全国100万人の読者の皆さま、秋だお菓子だりんごだと盛り上がっているエリーですが、しかしピリリと辛いものも大好きなのでした。

ピリリと辛く、けれどただ辛いだけでなく、奥行きのある旨味を伴っていたら素敵でしょ☆☆☆

そんなお料理を味わえるのが二条通の菜格さんなのです\(^o^)/\(^o^)/

●「菜格」さんの麻婆豆腐です。今回は久しぶりにお昼に伺い、すごい勢いでいただいたのでした。
昼営業は水木金のみ。なんと(増税の10月を過ぎた今でも、)千円ちょうどの定食でこれがいただけます。ご飯とスープ、小皿2品付き。

ピリリと唐辛子が効いていても、華やかで上品な辛さ、ほんとーーーーーーーーにおいしい☆☆☆
あまりにもお値打ちです\(^o^)/\(^o^)/

秋冬のある食材についての打ち合わせというか問い合わせをして、次の夜の予約を決めてきました。

そしてクラブエリー12月の@「菜格」さん(上海蟹と海老)はあと1席残すのみです。どうぞお申し込みください\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「ナンポルトクワ」でマサラ菓子

■ 全国100万人の読者の皆さま、またヒロカツさんのとこ、「N’importe quoi ナンポルトクワ」さんに伺ったエリーでございます。


●ショコラにガラムマサラって、わたしわりと(=めちゃくちゃ)好きそうだー♪ と飛びつきました。濃いショコラのタルトの上に、優しい味のショコラの柔らかいクレームが長方形にのっていて、それと平行して白いシャンティ、その中にガラムマサラ。形がまず愉快です。ショコラは2層とも理想的に香味よし。マサラに関しては、もちょっと濃いめがいいかもなーと思いました。まあこれは本当に好みの問題です(^o^)(^o^)  わたしはマサラ増し増しヴァージョンでまたいただきたいと思います。

●そして、定番りんごのタルトも一緒に購入。これは飽きるということがありません。いま津軽とのことですが、りんごの品種が変わればまた風味も変わりますから、これからものすごく楽しみです。

N’importe quoi ナンポルトクワ」さん、また~(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「東山 吉寿」朝日カルチャーセンター

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告でございます。

ハデハデ大好き「東山 吉寿」さん、
10月の朝日カルチャーセンターのお昼をお願いしました。朝カル@「東山 吉寿」さんは2回めの開催です。
今月は肉祭り\(^o^)/\(^o^)/
ものすごくよく考えられていて、頭いいなあオリジナルだなあと感じ入りながらいただきました。
見た目のインパクトだけでなく、どれもばちーーっと味が決まって、しんそこ美味と思えるのです。

●店主の鈴木吉寿さん、こうして目の前で仕上げてくださるのが楽しいです。

●松茸ロワイヤル、牛コンソメスープで。
香りよく口あたりなめらか、味わい深くて一品めめから感動しました。

●藁で燻した鯖で、

●分解鯖寿司!!

●お椀は牛タンスープをベースにかつおだしも加えたもの。

味が深い。目ざましき美味☆☆☆

●中に牛タンの(かたまりではなく)芯の部分をひらひらにスライスしたものと、下にクレソン。

●お造りは、この美麗な和の風情、秋色濃い演出で・・・センマイ(黄色い葉皿)と、ハツ(柿の形の器)でしたー!

●注いでいるのは、

●ブルゴーニュの名醸ワイン、ジュヴレ・シャンベルタン\(^o^)/\(^o^)/

●焼き物は子持ち鮎といつもの燻製チーズ。パセリのソースもものすごくいい香りです。

●牛肉は北海道の交雑種、40日間熟成。熟成できた肉を買ってきたのではなくて、肉屋さんの冷蔵庫を借りて、自分で熟成したと。吉寿さんは勉強しながら納得するまでやる方です。

●サーロインを塩で。添えられたのはねぎとらっきょうを刻んだものとホースラディッシュ。この、ねぎと刻みらっきょうの風味と食感がとても肉に合ってわたしは気に入りました。追加でいただいて肉の上に山盛りにのせて味わいました。肉は噛みごたえがあっておいしかった・・・けれど、「熟成ならではのおいしさ」というものを、わたし自身はまだあまりよくわからないでいます。もちろん今までの人生でいただい熟成肉と言われるもの、全部おいしかったのだけど、それほどの手間と時間に匹敵するものなのかな?というのが素朴な思いです。いい肉を買ってくればそれで十分おいしいのではないか?と思ったりもしていて、しかしこれはみもふたもない意見というものでしょう。そもそもは、最上級ではない肉をおいしくする工夫から生まれたのだと思います。ごめん。でも吉寿さんの自家製熟成肉いただけてよかった。どんなんかな? ととても楽しみだったから(^o^)

●ローストビーフならぬロースト豚、55℃で火を入れたと。上からかけるソースで味は酢豚!! 中国山椒がピリピリと。上のパリパリは春巻きの皮を揚げたもの、ピーマンに見えるのは万願寺とうがらし。ペコロスも。\(^o^)/ おいしかった \(^o^)/

●さわらの揚げだし。上から天然舞茸の天ぷら。銀杏。だしはかつお昆布だし。

●ご飯はちりめん山椒ときごしょう(葉とうがらしを炊いたの)、

●たまごの選択もあり。「龍のたまご」というのよ、すごい名前(^o^)

●もちろん卵黄をもらいます。卵「黄」というより卵オレンジ。白ご飯(湖北のこしひかり)もおいしかったああああ。

●なんと、タンシチュー出てきたーーー\(^o^)/\(^o^)/ 先月も、ご飯一膳めをいただいた後に、どかーんといくら山盛り出てきたから、「後から驚かす」という手法なんだなっ(^o^)(^o^)

●デセールでまた美しい演出。

●プリン、いちじくと巨峰。

●「東山 吉寿」さん今月もものすごい満足感に包まれました。何よりおもしろかったー\(^o^)/

吉寿さん、恵美子さん、スタッフの皆さんありがとうございました。

参加者の皆さんにも御礼申し上げます。
吉寿さんまた来月ー\(^o^)/\(^o^)/

朝日カルチャーセンターではまた来年ー\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「木山」NHK文化センター講座

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

10月3日(木)NHK文化センター講座は第1木曜開催で、こちらもまた繰り返し伺っている「木山」さんです。参加者の方から「次の季節もー!」とご要望が途絶えることがなくて、季節ごと伺い、それでも飽きるということがありません。お料理よく、しつらいがシックで居心地がいいからなんだけど、とりわけここでは目の前でかつおとまぐろ節削りたて→ 引きたてのおだし、そして最後のご飯(4種類から選択、全部食べてもいい)に皆さん心を奪われるのだと思います。9割の方が4種類全部召し上がります。健啖家揃い。
すぐ翌週クラブエリー24名の予定で、さらにすでに(クラブエリーは)晩秋、真冬、来年の春と決まっており秋と冬はもう満席です。追記:来年4月も満席です。
お料理はもちろんなのだけど(おいしいお店はたくさんある)、ここまで客の「心をつかむ」木山義朗さんがすごいと思う。
理屈を超えて、また会いたいなー、会えたら幸せだなー\(^o^)/\(^o^)/と多くの人に思わせるのね。それがすごい。

●「木山」さんまたすぐに伺いますー!

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「岩さき」クラブエリー

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

10月1日(火)クラブエリー@釜座通御池上ルの「岩さき」さん。
行っても行っても皆さん「また次の季節も~~」と人気圧倒的なお店です。
職人気質のご主人岩崎義則さんの丁寧で上質なお料理に、接客が天職の女将、早江子さんのもてなしが絶妙で器もすてき、これはゆるぎなくはやるお店だなあ~と思います。
今回は松茸たっぷりで秋色濃いコースをしていただきました。

●真夏のように暑い日でした。残暑とかいうのではなくて、正真正銘の夏。10月なのに。

●読みやすい早江子さんの献立大好き\(^o^)/\(^o^)/

●ご主人の岩崎義則さんは職人気質の方で、着実にお仕事をされます。

●外交はもっぱら、女将の早江子さんです\(^o^)/\(^o^)/ 
おしゃべりが楽しいの、お料理の合間合間におもしろい話をして、笑いの渦に巻き込んでくださいます。

●早江子さんはきれいな方です。端正なお顔だし、手が長い~~~! うらやましいです\(^o^)/

●「岩さき」さん、今回もお世話になりました。

次は冬料理をいただきに伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「白川たむら」クラブエリー第3金曜

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

アップが抜けていて盛大にごめんなさい<(_ _)><(_ _)>すっかりアップ済みのつもりでおりました。

しばらくしたら本来の日付のところにセットし直します。

●クラブエリー第3金曜、少し前の(8月の<(_ _)> )「白川たむら」さんです。

●この演出でいきなりわわっと思わせました。相変わらずプレゼン上手です。

けれどおだしの味などは正統派です。だから安心していただけるのだなあと思っています。

●2階のお部屋で開催。しばしば田村さん上がってきてくださって説明をしてくださいました。

細やかなお料理を皆さんに楽しんでいただきました。
白川たむら」 田村尚重さん、スタッフの皆さん、
今回もよくしていただきありがとうございました<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろでどうまん蟹♪

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ に行ってきたエリーでございます。
10月6日(日)「リストランテ 野呂」20時半~。
訪問多分142回目です。

まだまだお客さまが満席状態でいらして、ぎゃんぎゃん盛り上がっていました。
●今回はどうまん蟹という強そうな顔をした蟹を用意してくれていて(流通量の少ない、稀少なのものらしい。ネットで見たら値段も高そう。浜松からとのこと)、ハデなパスタを楽しみに出かけました。
確かに旨味の強い蟹でした。
どうまん蟹ど旨い蟹と覚えておく・・・
●それ以上に感動深かったのが、安納芋の天ぷらでした。3時間ローストしたものを揚げたのだと。ほくほくほくほく・・・と食感すばらしく、甘みがぎゅっと凝縮されていて天国的でした。

ほんとーーにおいしかった☆☆☆
●それに続くいさきと三度豆の天ぷらがまた感動的で、本当に揚げものも上手だなあと感じ入ったのでした。

以下順番に、食べたものです。
*****************
●紫芋のスープ冷製
●真鯛
●帆立の炙りと三度豆 金時草、すだち
●安納芋のフリット3時間ローストしてからフリットに
●いさきの腹側と三度豆フリット
●4フォルマッジョとピスタチオのクリームコロッケ、生落花生入り
黒ごまマスカルポーネのソース、バルサミコソース
●セミフレッド
●飲んだのは、ペリエ、白ワイン、黒豆茶
*****************

●久しぶりにドルチェをいただいてみました。ピスタチオのセミフレッドということ。

●最後はいつも黒豆茶です。

●りすのろまた来週\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

食材と飲む量による。

前もっての予約でコースも可。税込み8千円から。

(スープ、旬の魚盛り、蟹クリームコロッケ、魚料理、肉料理、パスタ、デザート)

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「未生流笹岡」創流100周年

■ 全国100万人の読者の皆さま、10月6日(日)は 青蓮院門跡に伺ったエリーでございます。

●「未生流笹岡」さん創流100周年おめでとうございます。毎年楽しみなこの時期のいけばな展を拝見に青蓮院門跡へ。
笹岡隆甫さんのお姿がなくて都ホテルへすっ飛んで移動、
ぜったいお渡ししたい献上物を持っていたから。りんごのタルト。笑。

●10月5日付朝日新聞朝刊でも大きく掲載されていました。
隆甫さんが3代目家元を継承されたのが2011年って・・・もう6年にもなるのですね。
ご活躍目ざましいです\(^o^)/\(^o^)/

青蓮院門跡は京都の寺社の中でもとりわけ好きな場所です。東京から京都に通った頃は、季節ごと訪ねて写真を撮りました。

また紅葉の頃に再訪したいと思います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ナンポルトクワ」で赤いタルト

■ 全国100万人の読者の皆さま、またヒロカツさんのところに行ってきたエリーでございます。

西原裕勝さん@「N’importe quoi ナンポルトクワ」です。 毎週何か新しいものがあって、おもしろくてしょうがないです。

●今回はこれが新登場、タルト プラリネ ルージュ、リヨン風です\(^o^)/\(^o^)/

●おみやげに6個詰めてもらった図。ナッツがみっちり入っていて、酸味を思わせる色だけどベリー系の味ではなく、ひたすら甘いものです。茶色系のお菓子専門のわたしも、これは大好きです\(^o^)/\(^o^)/
●シャインマスカットがあって、買って帰らずにいられただろうか?(いいやいられはしなかった。)
マスカット山盛りのタルト、マスカットの下にレモンクリームが仕込まれていて、思わぬ鮮やかな酸味が立ち上ります。タルト台はよいアーモンドプードルだなあ♪と豊かな風味を楽しみました。
●ヴェリーヌいろいろ。

●そして、これはいつものりんごのタルトの特別仕様。
発送用にはこの形で(切り分けず)冷凍で、ということ。
これはこの日の贈り物用に、できたて切り分けスタイルの、スペシャルヴァージョンです。

●こうしてばら売りされています。

●レジまわり、ケースの中、行くたびにお人形が増えているのです(^o^)(^o^)
西原裕勝さんは長年のフィギュア好き、フィギュア収集者らしくて、おうちの中は壁面という壁面みっちりフィギュア、等身大くらいの大きさのもあるんだって。マダムの杏菜さんは「夜なんかこわい(*_*)(*_*) 」って言ってらした。
男の子の収集癖、かなんねー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

N’importe quoi ナンポルトクワ

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「カレーヴェルディ」のすごいプレート

■ 全国100万人の読者の皆さま、秋だお菓子だと言いながら、カレーも食べたいエリーでございます。

この写真を見て、食べたくて燃え立つ思い\(^o^)/\(^o^)/ 

10月7日(月)からスタートと伺い、写真使用の許可もいただいて転載します。撮影は「カレーヴェルディ」店主さん。
あ、もしかして正式店名はヴェルディ 京都造形芸大店だったかも。下鴨本通ではなく、京都造形芸術大学の方のお店です。

●これ見てよww
ヴェルディのカリープレート
*****************

カリーが4種類、内容はその日によって変わるそうです。
チキンレッグのスパイス煮込み、ほろほろになるまでスパイスで煮込んだとのこと。
ミニサラダ
ミニスープ
コーヒー(ホットコーヒー、ホットカフェラテ、ホットスパイスコーヒー。アイスへの変更は+50円)

*****************

この充実のセットがなんと、税込みで、1360円ということ!!
1日20食の予定だそうです。
これは食べたい、、、すぐに伺うことあたわず、エリー涙目になっています。(T_T)(T_T)
おいしいのはもうわかっています。先日のリニューアル内覧会で、店の中央がスパイス売り場になっていて仰天した時にも、本当においしくて、インドへ行ったとしても、すぐにはこの美味に出会えないだろうと思ったのです。
造形芸術大学が烏丸御池くらいにあってくれたら、もうもう、どれだけ通うかと思うけれど、北白川、ちょっと遠いのね。でもそのうちに必ず\(^o^)/\(^o^)/

ヴェルディ 京都造形芸大店

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************