■■■ ごあいさつ ■■■

■ 全国100万人の読者の皆さま、

新サイト

関谷江里の京都暮らし(時々パリ)

にいらしていただき、ありがとうございます。
10年と1か月半続けて、合計4285記事、容量の10GBにほぼ達した

関谷江里の京都暮らし」 (ココログニフティ)

(開設当初は「関谷江里の京都-東京半々暮らし」
を引き継ぎ、2016年5月8日、新しくオープンしたウエブサイトです。スマフォ対応です。
2016年5月8日の初回投稿から辿るならこちら。

■ 京都の美味を紹介することを仕事にしており、時々里帰り(笑)でパリに行く日々を、写真をどんどん上げながら綴ります。
■ クラブエリーの会員の皆さまへの連絡の場、掲示板の役目も果たします。

■ プロフィールや仕事、著書、主宰している会員サロンのクラブエリーなどについての詳細は、上のMENUからご覧ください。
■ 最新記事はこの欄のひとつ下にあります。
■ 速報はFacebookにまず上げます。どなたにも公開しています。

https://www.facebook.com/eridosu.sekiyaeri
**********************************
お花は浦沢美奈さん作です。「プーゼ」さん。
**********************************
■ カンテレ「よ~いドン!」の「おすすめ3」

時々おすすめをしています。

これです。

**********************************
テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
文章の無断での転載は著作権法違反です。
写真の無断使用も許可いたしません。

アイデアの盗用もお控えいただきますようお願い申し上げます。

★★★わたしが口コミサイトに匿名で何かを書き込むというようなことは一切ありません。ものを言う時は名前を出します。
ある口コミサイト内に、わたしのサイトや言葉遣いの露骨な模倣・文の剽窃などがあるそうですが、全く関係ありません。
お間違いなきようお願いいたします。

こちらもご覧ください。

■「ナンポルトクワ」のモンブラン

■ 全国100万人の読者の皆さま、モンブランに血道を上げるということはないエリーでございます。もちろん好きなお菓子ですが、しかしりんごほどではないというのが本当のところです。

けれど、これには完全に心を奪われました。

N’importe quoi ナンポルトクワ」さんでスタートした、今秋の新ヴァージョンのモンブランです。

●おいしかったおいしかったおいしかった\(^o^)/\(^o^)/
やり尽くされたような馴染みのお菓子なのに、本当に新しい味で瞠目の思いでした。
マロンクリームは熊本の和栗ペーストとフランスのアルデッシュ産の焼き栗ペーストを合わせたということです。ラム酒が効いて粋な味。そのすぐ下にはクレームシャンティ、そしてその下にしのんでいたのはなんと濃いカフェのジュレでした。底の台の部分はエスプレッソを染み込ませたシュクセ、そして側面にあしらわれているのもカフェ風味の、ごく軽いクランブル。マロンの天国的になめらかなクリームと、3つの全然違う食感のカフェの香味の絶妙な調和が楽しめるお菓子です。

●これね。試食に出かける前だったので、ほんのひと口だけ味見と思ったのに、おいしさに圧倒されて、止まらず一瞬で全部いただいてしまいました。
●りんごのタルトも買ってきた\(^o^)/\(^o^)/
N’importe quoi ナンポルトクワ」さん、また伺いますー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ 楽しみな「そ」、25日に開店

■ 全国100万人の読者の皆さま、期待しかないエリーでございます。

楽しみなお店、中東篤志さんの「そ/s/KAWAHIGASHI」、10月25日開店です。

先日 10月9日、お披露目に伺いました。もうもう外まであふれ返る人、中に入ることあたわず、お祝いだけ渡しておいとましてきました。
25日以降また伺います(^o^)/
https://www.facebook.com/so.kawahigashi/

●中東篤志さん、八面六臂の活躍ぶりです\(^o^)/☆☆☆

●「そ/s/KAWAHIGASHI」さん、お料理楽しみです\(^o^)/\(^o^)/

https://www.facebook.com/so.kawahigashi/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「ロトス洋菓子店」のタルトタタン

■ 全国100万人の読者の皆さま、りんごのお菓子に目がないエリーでございます。

(いつも人気だけど、)この季節とりわけものすごい人気になる「ロトス洋菓子店」さんで、タルトタタンを買えましたー\(^o^)/\(^o^)/

●わたしにとっての理想的なタルトタタンです。

りんごのお菓子の中でも、最も好きなもののひとつです。

●これだけあったら、ちょっとまとまっていただいても許されるでしょうか<(_ _)>

●6個、箱に詰めてもらう之図。

●いちじくのタルトも購入、気が済みました\(^o^)/\(^o^)/

*****************

●「ロトス洋菓子店」さんはものすごい人気店です。お店に入る前にも、お店を出た瞬間にも、知り合い(有名お菓子店/有名料理店の方々)にばったり会って、あー皆さんやっぱりおいしいものご存じなのねーと。

(以下、掲載の許可を得ています)

●「LAMARCK ラマルク」の吉田達哉さんと典子さん。

●ヨースケだ\(^o^)/ 「」の山手陽介さんとRさん。

*****************

「ロトス洋菓子店」さん、また伺います。

*****************

「ロトス洋菓子店」 電話 075-353-2050
〒600-8415
京都市下京区因幡堂町699
(京都市下京区松原通烏丸東入ル、1筋目を上ル、因幡薬師前を東入ル、南側)
12:00~19:00
日曜と月曜休み、他にも時々休みあり。
販売のみでサロンなし。
2011年1月15日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 掲載誌のお知らせ:ミセス 2019年11月号

■ 全国100万人の読者の皆さま、掲載誌のお知らせでございます。

●発売中のミセス 2019年11月号の新店紹介ページでは、

二条 やま岸」さんに出ていただいています。
この号もどうぞ(お買い上げの上)ご覧くださいませ<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろでムール貝

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ に行ってきたエリーでございます。
10月13日(日)「リストランテ 野呂」20時20分~
訪問多分143回め

●ムール食べたー\(^o^)/\(^o^)/

ムールムールムールと何日か前からお願いしておいたらちゃんと入手してくれて感謝。松茸との組み合わせで\(^o^)/
ムールと松茸の、ムールマリニエール風だけど、バターは使わずオリーヴオイルで。少しトマト風味、柚子の香りも馥郁と立ちのぼり、ものすごくおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

以下順番にいきます。

●まず冷たい南瓜のスープ、

●次にお造り。

お連れした方は初めてのりすのろだったので、いつもの ぎょぎょっと驚く魚盛り を召し上がっていただき、わたしはこの、しまあじをいただきました。うしろに、すぐき菜の炊いたのが控えています。

●松茸がプレゼンされました。

●ムールを待つ間にこれ、

●ストラッチャテッラ(だったかな)と、いちじく(胡麻ソース)、柿(レモン風味)。

このあとムール貝と松茸のお皿をいただきました。

●初めていらしたTさんのために、ナポリタンコロッケ、たまごとろりんと。

●先週の安納芋の天ぷらが天国的においしかったので再度お願いしたら、今度はどかんとかたまりで。「てんぷら近藤」さん風をやりたかったんだって(^o^)(^o^)

(注:シェフの野呂和美さんは、10代で東京に行って最初に修業したのが神田駿河台の山の上ホテル。近藤さんに直接教えを受けたことはないが、深町さんにはかわいがってもらったみたい。)
ほくほくと美味でしたが、先週の、衣が全体についている方がより感動が深かったので来週再度やり直してもらいます。

●望遠レンズよいです(^o^)/(こんなに肉迫してないから。笑。)

●4フォルマッジョとピスタチオのペンネ、感じ入るおいしさ。

●添えられたのはトリュフはちみつ。これよいわ(^o^)☆☆☆

●リゾットはブロッコリーで、中に混ぜ込まれたブロッコリーが香リを添え、サクサク素揚げのブロッコリーが食感を添えて、完璧のぺき子ちゃんに旨し。

●10年暮らしたパリから帰国されたばかりのかっちょいいTさんを迎えて(サクセスストーリーがすごすぎる)、ほがらかなディネでした。ありがとー\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

りすのろまた来週\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

食材と飲む量による。

前もっての予約でコースも可。税込み8千円から。

(スープ、旬の魚盛り、蟹クリームコロッケ、魚料理、肉料理、パスタ、デザート)

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「天ぷら割烹 なかじん」クラブエリー夜

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー夜で感動深い料理をいただいたエリーでございます。

10月4日(金)の夜、今回もしんそこすばらしかった「天ぷら割烹 なかじん」さん。
すてきなアイデアと細やかなお手間に満ちた料理、文字通り比類ないと思いながらいただきました。
少人数の方がいいと店主の中村一臣さんはおっしゃるのですが、あと1名いいですか?あともう1名だけ?とギリギリ7名まで増やしていただいて、クラブエリー精鋭の欲深い女ばかりで美味堪能\(^o^)/\(^o^)/
●だしを張ったお椀に、揚げたての天ぷらを投入してもらうのや、
●天ぷらをにぎり寿司のスタイルで供するのや、
●天然舞茸の天ぷらをばらしてご飯に混ぜた天ばらなどを、とりわけ感動深くいただきました。

●茹でた落花生(丹波産)、よそでも何度かいただいたことはありますが、ここまで大粒で香りよく口当たり柔らかなものは初めてでした。驚異的な落花生と思っていただきました。

●お椀に、揚げたて鱧の天ぷらが投入されました。

●にぎり寿司の形で供された、昆布締めの鱚の天ぷら。

●栗の天ぷらなのだけど、意表を突かれました。

●蒸しあわびの天ぷら、バターと粉末醤油と。

●あわび要らない人には帆立でした。

●いつもの麦切り。これがまた、ここでしかいただけないものだと思います。飽きるということがない。

●天然舞茸をプレゼン。これを天ぷらにして、ご飯と合わせて、

●天ばらにして出してくださいました。これ天国のようにおいしいと思いました。

●初めて梅のソルベを選択。食後にさっぱり爽やかになりました。

●「天ぷら割烹 なかじん」、中村一臣さん、薫さん、スタッフの方に感謝いたします。

感動深いお料理の連続でした。

次も決まって(現場で満席)、また12月、楽しみに伺います。

参加者の皆さんにも御礼たくさんです<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ロトス洋菓子店」のミルフイユ

■ 全国100万人の読者の皆さま、これを食べて気が済んだエリーでございます。

●やっと食べられた\(^o^)/\(^o^)/
先日来、どーしようと思うほど「ロトス洋菓子店」さんのミルフイユが食べたかった・・・行っても売り切れていたり、休みの日に行ってしまってほぞを噛んだり(古い言葉)。

このフイユタージュざくざくの香りと食感と味のいいこと、シンプルな作りがすがすがしいこと、500% わたし好みです。

●他にカラメルのエクレールと、ショソンオポムを 買ってきました\(^o^)/\(^o^)/

●火曜日休みの日もあるのですね。(先日は8日(火)に行ってしまった( ̄○ ̄;))

「ロトス洋菓子店」さん、また伺います。この日買えなかったものがあったから・・・

*****************

「ロトス洋菓子店」 電話 075-353-2050
〒600-8415
京都市下京区因幡堂町699
(京都市下京区松原通烏丸東入ル、1筋目を上ル、因幡薬師前を東入ル、南側)
12:00~19:00
日曜と月曜休み、他にも時々休みあり。
販売のみでサロンなし。
2011年1月15日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「菜格」で麻婆豆腐

■ 全国100万人の読者の皆さま、秋だお菓子だりんごだと盛り上がっているエリーですが、しかしピリリと辛いものも大好きなのでした。

ピリリと辛く、けれどただ辛いだけでなく、奥行きのある旨味を伴っていたら素敵でしょ☆☆☆

そんなお料理を味わえるのが二条通の菜格さんなのです\(^o^)/\(^o^)/

●「菜格」さんの麻婆豆腐です。今回は久しぶりにお昼に伺い、すごい勢いでいただいたのでした。
昼営業は水木金のみ。なんと(増税の10月を過ぎた今でも、)千円ちょうどの定食でこれがいただけます。ご飯とスープ、小皿2品付き。

ピリリと唐辛子が効いていても、華やかで上品な辛さ、ほんとーーーーーーーーにおいしい☆☆☆
あまりにもお値打ちです\(^o^)/\(^o^)/

秋冬のある食材についての打ち合わせというか問い合わせをして、次の夜の予約を決めてきました。

そしてクラブエリー12月の@「菜格」さん(上海蟹と海老)はあと1席残すのみです。どうぞお申し込みください\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ナンポルトクワ」でマサラ菓子

■ 全国100万人の読者の皆さま、またヒロカツさんのとこ、「N’importe quoi ナンポルトクワ」さんに伺ったエリーでございます。


●ショコラにガラムマサラって、わたしわりと(=めちゃくちゃ)好きそうだー♪ と飛びつきました。濃いショコラのタルトの上に、優しい味のショコラの柔らかいクレームが長方形にのっていて、それと平行して白いシャンティ、その中にガラムマサラ。形がまず愉快です。ショコラは2層とも理想的に香味よし。マサラに関しては、もちょっと濃いめがいいかもなーと思いました。まあこれは本当に好みの問題です(^o^)(^o^)  わたしはマサラ増し増しヴァージョンでまたいただきたいと思います。

●そして、定番りんごのタルトも一緒に購入。これは飽きるということがありません。いま津軽とのことですが、りんごの品種が変わればまた風味も変わりますから、これからものすごく楽しみです。

N’importe quoi ナンポルトクワ」さん、また~(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「東山 吉寿」朝日カルチャーセンター

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告でございます。

ハデハデ大好き「東山 吉寿」さん、
10月の朝日カルチャーセンターのお昼をお願いしました。朝カル@「東山 吉寿」さんは2回めの開催です。
今月は肉祭り\(^o^)/\(^o^)/
ものすごくよく考えられていて、頭いいなあオリジナルだなあと感じ入りながらいただきました。
見た目のインパクトだけでなく、どれもばちーーっと味が決まって、しんそこ美味と思えるのです。

●店主の鈴木吉寿さん、こうして目の前で仕上げてくださるのが楽しいです。

●松茸ロワイヤル、牛コンソメスープで。
香りよく口あたりなめらか、味わい深くて一品めめから感動しました。

●藁で燻した鯖で、

●分解鯖寿司!!

●お椀は牛タンスープをベースにかつおだしも加えたもの。

味が深い。目ざましき美味☆☆☆

●中に牛タンの(かたまりではなく)芯の部分をひらひらにスライスしたものと、下にクレソン。

●お造りは、この美麗な和の風情、秋色濃い演出で・・・センマイ(黄色い葉皿)と、ハツ(柿の形の器)でしたー!

●注いでいるのは、

●ブルゴーニュの名醸ワイン、ジュヴレ・シャンベルタン\(^o^)/\(^o^)/

●焼き物は子持ち鮎といつもの燻製チーズ。パセリのソースもものすごくいい香りです。

●牛肉は北海道の交雑種、40日間熟成。熟成できた肉を買ってきたのではなくて、肉屋さんの冷蔵庫を借りて、自分で熟成したと。吉寿さんは勉強しながら納得するまでやる方です。

●サーロインを塩で。添えられたのはねぎとらっきょうを刻んだものとホースラディッシュ。この、ねぎと刻みらっきょうの風味と食感がとても肉に合ってわたしは気に入りました。追加でいただいて肉の上に山盛りにのせて味わいました。肉は噛みごたえがあっておいしかった・・・けれど、「熟成ならではのおいしさ」というものを、わたし自身はまだあまりよくわからないでいます。もちろん今までの人生でいただい熟成肉と言われるもの、全部おいしかったのだけど、それほどの手間と時間に匹敵するものなのかな?というのが素朴な思いです。いい肉を買ってくればそれで十分おいしいのではないか?と思ったりもしていて、しかしこれはみもふたもない意見というものでしょう。そもそもは、最上級ではない肉をおいしくする工夫から生まれたのだと思います。ごめん。でも吉寿さんの自家製熟成肉いただけてよかった。どんなんかな? ととても楽しみだったから(^o^)

●ローストビーフならぬロースト豚、55℃で火を入れたと。上からかけるソースで味は酢豚!! 中国山椒がピリピリと。上のパリパリは春巻きの皮を揚げたもの、ピーマンに見えるのは万願寺とうがらし。ペコロスも。\(^o^)/ おいしかった \(^o^)/

●さわらの揚げだし。上から天然舞茸の天ぷら。銀杏。だしはかつお昆布だし。

●ご飯はちりめん山椒ときごしょう(葉とうがらしを炊いたの)、

●たまごの選択もあり。「龍のたまご」というのよ、すごい名前(^o^)

●もちろん卵黄をもらいます。卵「黄」というより卵オレンジ。白ご飯(湖北のこしひかり)もおいしかったああああ。

●なんと、タンシチュー出てきたーーー\(^o^)/\(^o^)/ 先月も、ご飯一膳めをいただいた後に、どかーんといくら山盛り出てきたから、「後から驚かす」という手法なんだなっ(^o^)(^o^)

●デセールでまた美しい演出。

●プリン、いちじくと巨峰。

●「東山 吉寿」さん今月もものすごい満足感に包まれました。何よりおもしろかったー\(^o^)/

吉寿さん、恵美子さん、スタッフの皆さんありがとうございました。

参加者の皆さんにも御礼申し上げます。
吉寿さんまた来月ー\(^o^)/\(^o^)/

朝日カルチャーセンターではまた来年ー\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************