4t8a9147■■■ ごあいさつ ■■■

■ 全国100万人の読者の皆さま、

新サイト

関谷江里の京都暮らし(時々パリ)

にいらしていただき、ありがとうございます。
10年と1か月半続けて、合計4285記事、容量の10GBにほぼ達した

関谷江里の京都暮らし」 (ココログニフティ)

(開設当初は「関谷江里の京都-東京半々暮らし」
を引き継ぎ、2016年5月8日、新しくオープンしたウエブサイトです。スマフォ対応です。
2016年5月8日の初回投稿から辿るならこちら。

■ 京都の美味を紹介することを仕事にしており、時々里帰り(笑)でパリに行く日々を、写真と共に綴ります。
■ クラブエリーの会員の皆さまへの連絡の場、掲示板の役目も果たします。

■ プロフィールや仕事、主宰している会員サロンのクラブエリーなどについての詳細は、上のMENUからご覧ください。
■ 最新記事はこの欄のひとつ下にあります。
**********************************
お花は寺町二条の「プーゼ」さんです。
**********************************
■ カンテレ「よ~いドン!」の「おすすめ3」
次は2月10日(金)です。今京都でおすすめの・・・

■ FM京都 アルファステーションの「デジュネ・ア・キョウト」

2016年4月から、毎月第4木曜の12時10分頃~です。
次は2月16日(木)です。いつもは第4木曜ですが、2月は第3です。
**********************************
■ 最新刊はこちら:

SOU・SOU+obi

**********************************
SOU・SOU 京菓子あそび

和菓子になったテキスタイルデザイン
 世界文化社 2017年2月3日発売

**********************************

■ パリに来ています。

■ 全国100万人の読者の皆さま、里帰りのエリーでございます。
P_20170220_110524_vHDR_Auto■ 2月20日、京都→パリ 移動してきました。

■ いつもの北駅近くのアパルトマンに入りました。

今月いっぱい、クラブエリーはじめいろいろなお返事がゆっくりになりますが、お許しください。

またパリの写真いろいろ上げていきますー!

★まずはフェイスブックで上げています、よろしければどうぞ。

どなたでもご覧いただける公開設定にしています。

https://www.facebook.com/eridosu.sekiyaeri

 

■ ホテルグランヴィア京都の「コトシエール」

■ 全国100万人の読者の皆さま、新しいお店ご紹介のエリーでございます。

ホテルグランヴィア京都さん、20周年記念で15階のレストランを大リニューアルです。フランス料理の「ラ・フルール」とイタリア料理の「ラ・リサータ」がなくなって、「ラ・リサータ」跡が「コトシエール」(古都 ciel=空)という名前のレストランになりました。2月20日(月)オープンです。
http://www.granvia-kyoto.co.jp/rest/

■ 2月17日(金)の夕方遅く、プレスお披露目の内覧会と試食会が開催されました。ものすごい盛況・・・
内観については、プレス資料としてグランヴィアさんからいただいた写真でご覧ください。

【ビュー&ダイニング コトシエール】Facade Image ① 【ビュー&ダイニング コトシエール】Main Hall day

●かつて「ラ・リサータ」だったスペースです。厨房の場所は変わりませんが、中はだいぶ手を入れて、機器の入れ替えもされたということでした。

【ビュー&ダイニング コトシエール】Grace Salon Image day

●窓の外には古都の ciel、空が広がっています。

【ビュー&ダイニング コトシエール】Main Hall Symbol Art day①

●突き当りの壁画は、西陣織です。手前が空を思わせるブルーで、

【ビュー&ダイニング コトシエール】Grace Salon day●奥のお部屋は明るい色。わたし好きです(^o^)/

こちらはグレイスサロンといって、20名ほど入れるお部屋です。(クラブエリーの会員の皆さん、ちょうど1年前の、1、2、3月に料理教室を開催したお部屋ですよー!)

*****************

■ 「ラ・フルール」と「ラ・リサータ」、2つのレストランの「融合」と初め伺って、どんな料理か予測がつかなかったのですが、ちゃーんとしたフランス料理でした。それも、びしーと味が決まって、おいしかった☆☆☆\(^o^)/\(^o^)/ ものすごくうれしく思いました。あらゆるホテルからフランス料理店が消えていったら悲しいではないの。グランヴィアさんまでその路線なのか? と思っていましたが、JR西日本ホテルズ総料理長である佐藤伸二さんいわく、「グランヴィアからフレンチをなくすことは決してない」と。この言葉、とても頼もしいと思いました。フランス料理の技術が生きる料理に、イタリア料理のエスプリも取り入れるということのようです。
■ けれど、堂々と「フランス料理 コトシエール」とは言わないのだそうです。料理コンセプトは「京都を表現した料理」がいただける、フランス料理ベースのお店ということ。(ちょっとややこしいと思うけど~。)
京都の食材を使うというのは今までもしてきた当然のことで、京都の文化や季節を感じさせるものを作っていくということでした。
■ 昼夜ともコースのみ。昼は2800円から、夜は6000円から(いずれも税サ込みの値段)。
■ 奥のグレイスサロンに関しては、手前のお部屋とは区別して、シェフおまかせコース15000円がいただける場ということです。供されるのは、より京都感の濃い、高級な料理。
■ 以下の画像は普通に夜にいただけるディネのCコース、10000円のものです。ものすごく充実感がありました。
■ ワインや日本酒や日本茶ブレンドティなど、飲み物を合わせるペアリングコースも3000円から用意されています。今回はそれも試させていただき、なるほど納得できる料理との絶妙な組み合わせと思いながら味わいました。ソムリエは「ラ・フルール」時代から変わらぬ大橋和弥さんで安心です。

■ では今回いただいたお料理です。

IMG_1509.jpga

●アミューズ3種類。手前から、京都産 小蕪のエスプーマ/京赤卵のムースとパルメザン トリュフの香り/京都「佐々木酒造」の酒粕とフォアグラのシュー。

IMG_0214.jpga

●季節の野菜と昆布〆した鰆を春の野山に見立てて。

IMG_0218.jpga IMG_0222.jpga

●オマール海老のトルテッリ 甲殻類のビスクソース 柚子の香り

IMG_0224.jpga

●天然真鯛のファルス パセリソース 京都の筍を添えて

IMG_0228.jpgb

●京都産 黒毛和牛フィレのポワレ モリーユのソース アスパラ添え

IMG_0234.jpga IMG_0235.jpga

●アヴァンデセールが、桜の泡と京都大原の赤紫蘇のソルベ

IMG_0238.jpga

●いちごのミルフイユ

すべてのお皿、申し分なく美味で非常な満足感と共にいただきました。柚子か香り、筍が季節を表わし、赤紫蘇やいちごが彩りを添えました。

食べながら、「これは松勢さんが持ち込んだ料理だな♪」とか「野呂っちのパスタもおいしかったなあ☆☆☆」など、かつてこちらで活躍したシェフたちとその料理のことを思い出しました。脈々と受け継がれていることがわかってうれしかったです。

●追記:言うの忘れてました、パンもおいしかったのです\(^o^)/
京都「菱六」の米麹と京都産米麹のパン/バゲット トラディショネル/塩パン の3種類が供されました。

IMG_0231.jpga

●こんな感じで料理に合わせた飲み物をいただきました。ワインだけでなく日本酒も2種類。よく考え構成された飲み物コースだったと思います。

IMG_1537.jpga

●常務取締役にしてJR西日本ホテルズ総料理長である佐藤伸二さんと、「コトシエール」シェフ、松森康記さん。

IMG_1525.jpga●そしてそして、出たわこのお得意のポーズ♪ (過去の記事参照。) たっちゃん登場!! なんと兄弟のようなたっちゃん&かっちゃんです♪
すなわち、石田達也さん(いまや営業部統括支配人)と、今村克二さん、今回お世話になった広報担当でいらっしゃいます。正式タイトルが、営業推進室 マーケティングITグループ デピュティーマネージャー 兼 広報担当 ということです。

たっちゃん一瞬現われるなり、笑わせてくれること!! ますます磨きがかかったこの芸風すごいと思います。((((;゚Д゚))))))) ((((;゚Д゚)))))))

●ホテルグランヴィア京都 15階「コトシエール」さん、これからまた楽しみに伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 新刊「SOU・SOU 京菓子あそび」1位です。

■ 全国100万人の読者の皆さま、新刊が好評でうれしいエリーでございます。
IMG_0269.jpga■ 2月17日朝日新聞朝刊です。

SOU・SOU 京菓子あそび

和菓子になったテキスタイルデザイン

世界文化社 2017年2月3日発売、2160円)
1位になりました(^o^)(^o^)/

買っていただいた皆さまに御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

■ 発売日、2月3日の書店の様子です。

IMG_0503.jpga

■ お菓子コーナーに置いていただいたり、

IMG_0492.jpga

■ 京都コーナーで、わたしの前著3冊と共に並べていただいたり、

IMG_0498.jpga

■ ポップを作っていただいて激しく喜んだり、

IMG_0497

■ 激しく感謝、大垣書店さんありがとうございます<(_ _)>

IMG_0495.jpga■ デザインコーナーに、「SOU・SOU」や脇阪克二さんの本と共に置いていただいたり。

書店の皆さま、ありがとうございます<(_ _)><(_ _)>

SOU・SOU+obiSOU・SOU 京菓子あそび

和菓子になったテキスタイルデザイン

世界文化社 2017年2月3日発売、2160円)

IMG_0175.jpga■ おまけ画像:かつて「しつらい」や「在釜」にいた、元お点前王子です。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ クラブエリー第3金曜@「はふう聖護院」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

IMG_1489.jpga■ 6か月パックのクラブエリー第3金曜、2月は「はふう聖護院」さんにお世話になりました。
IMG_1474.jpga■ 先日のNHK文化センター講座とほとんど同じ内容です。スープは金時人参のクリームスープだし、3皿めをビーフシチューのココットにしていただいたし。

IMG_1468.jpga■ アミューズだけ前回と違うものにしていただきまして、鶏ハムの燻製です。

IMG_1469.jpga■ 寒い季節にうれしいビーフシチューのココット。

IMG_1482.jpga■ 肉食女たちがうち揃って、牛肉のおいしさを満喫しました。お肉いただくと元気出るよね♪ と異口同音に言いながら。わたしも本当に幸せなひと時でした。クラブエリーやっているわたしが幸せ。皆さんの人生のお話伺えたりして。思いもよらず、ものすごく好みが近い人に会えたりもして。この日はひとり、パリきち見つけたよ(^o^)(^o^) パリ好きね。話が合うこと~~~!!

■「はふう聖護院」さん、お世話になりました。皆さまに御礼申し上げます。

参加者の方々にも感謝たくさんです<(_ _)><(_ _)>

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「祇園にしむら」2017年2月のコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、ご機嫌エリーでございます。2月の「祇園にしむら」さんのお料理をいただいてきました。

気分ゆったり食べられる料理が申し分なくおいしい。さっさか出てきて1時間少しで全部食べ終わっていました。わたしはスピード感をもってさっさか食べるの好きなのです。

■ いつも器が美しくて、それもこちらを訪れる楽しみのひとつですが、今回は見たことがないものが多くありました。10年に一度しか出さないものなどが使われていたのです。

IMG_0091.jpga

●この梅の絵柄、見覚えがないと思う・・・

IMG_0090.jpga

●いつもの胡麻豆腐でスタートです。

IMG_0092.jpga

●扇模様のお椀で、中は帆立しんじょう。わかめ、わらび、木の芽。

IMG_0099.jpga

●お造りも扇形のお皿でした。これは見たことありません。華麗な風情です。出た瞬間から光り輝いていた感じ。

IMG_0108.jpga

●尋ねてみてなるほどと。永楽得全さんの、絵変わり10枚組だそうです。わたしがいただいたのは上の梅模様で、一緒に行った友人たちのお皿は、

IMG_0111.jpga IMG_0113.jpga

●こんなでした。金彩で華やか、ブルーやグレイが銀色がシックで、しばらく見飽きぬ思いで眺めたのでした。

IMG_0116.jpga

●いつもの鯖寿司です。

IMG_0122.jpga

●八寸です。

ひちぎりのお皿から時計回りに、

●子持ち昆布、紋甲烏賊、まわりは卵の黄身。

●白魚、たらの芽、ふきのとうの天ぷら

●菜の花、いわし

●赤貝、わけぎの酢味噌和え

IMG_0129.jpga IMG_0134.jpga

●熱々とろとろの一品で、中は湯葉、松葉蟹、その味噌、甘鯛、たらの白子。

IMG_0136.jpga

●焚き合わせが、長芋、ふき、筍、聖護院大根。この器もたまにしか出されないとのこと。

IMG_0145.jpga

●締めご飯はかき揚げがのったお茶漬けです。

IMG_0144.jpga

●しらすと玉ねぎのかき揚げ、だしではなく、塩入りのほうじ茶。

IMG_0149.jpgb●いちごにワインジュレ。

祇園にしむら」さん、今月も本当によかったです。1年前の記録を見て予測して出かけても、また違うものが出てきて驚かせてくれます。今回は最後のお茶漬けに新味があり、器の美しさも印象強烈でした。でもでも、何もかもほっとできるおいしさだったことを言いたいと思います。これ以上ないほど薄味の焚き合わせ、長芋や大根の上品な味、ずーっと忘れないと思います。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 月いちエリーで本の話

■ 全国100万人の読者の皆さま、ラジオの報告のエリーでございます。

FM京都アルファステーション「SUNNY SIDE BALCONY サニーサイドバルコニー」内のコーナー、
「Déjeuner à Kyoto デジュネ・ア・キョウト」で月いちエリー、

今日はいつもと違って本の話、「SOU・SOU 京菓子あそび」についてお話ししてきました。

SOU・SOU+obi

■ この本です。

SOU・SOU  京菓子あそび 和菓子になったテキスタイルデザイン

IMG_1438.jpga

■ 本日のスペシャルゲストと共に伺いました。ウエルカムボードで迎えていただき喜びました(^o^)/

IMG_1448.jpga

■ ディレクター・やえーる=山本八重子も若林さん風にと髪束ねていました(^o^)(^o^)/

IMG_1440

■ 目ピカ社長さまはいつもと変わらず連写ばっかりしていらっしゃいました。

IMG_1444

■ 泣く子も笑う「SOU・SOU」さんです。笑いが止まらん様子の社長です。

IMG_1454

■ いつものユ~ミコさん、寺田有美子さんが迎えてくださいました。

IMG_1456

■ わたしが肩にのせているのはこれです・・・

IMG_1459.jpga

■ 本の表紙と同じ絵柄、「和菓子」です。

107724275.jpga■ これね(^o^)(^o^)

16804653_973308736133738_90008976_o

 

■ SOU・SOUと亀屋良長さんによるお菓子の魅力、脇阪克二さんのデザインのすばらしさ、茶席が楽しかったことなどいくらでも話すことがあって、
放送時間はほんの一瞬かニ瞬で終わってしまいました。
そういえば音楽もかけず、一気の25分ほどでした。
ユ~ミコ(寺田有美子)さんが上手に収束に持っていってくださいました。
どうぞ皆さま本を手に取ってご覧ください。
書店、アマゾン、そして「SOU・SOU」さん店頭でも買えますー!

みなさーんに感謝たくさんです。<(_ _)><(_ _)>

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 酒粕うどん@「仁王門 うね乃」

■ 全国100万人の読者の皆さま、わたしの身体はうどんでできていると思うエリーでございます。本当にうどんが好きです。

IMG_1371.jpga

■「仁王門 うね乃」さんの、2月限定の酒粕うどん

これ熱々で、濃厚で、食感いろいろで、問答無用においしいわーーー\(^o^)/\(^o^)/

IMG_1378.jpga

■ 細めの優美なうどんに、具材たっぷりで食べ応えがあり、おつゆは全飲みできます。風味豊か、身体ぽかぽかに温まって、ただおいしさのかたまりと思いました。

IMG_1367.jpga

■ こんなです。2月末までですから、食べたい人は走って行きましょうー\(^o^)/\(^o^)/

仁王門 うね乃」さん、また伺います。<(_ _)>

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ クラブエリー和食会@「御料理 たまりや」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

2月14日(火)、15日(水)とクラブエリー和食会をやりました。お願いしたのは祇園の「御料理 たまりや」さん。

IMG_1278

●先付 筍、車海老、芽キャベツ、生雲丹

IMG_1287

●椀物 ぐじ 鱗唐揚げ、菜の花、原木椎茸 蕪すり流し

IMG_1289

●向付 お造り3種。14日は、ぶり、よこわ、太刀魚。

IMG_1404

●15日のお造りは、太刀魚、よこわ、金目鯛。

IMG_1292

●焼物代わり 蒸し鰻 海老芋の唐揚げ 山椒ソース

IMG_1302

●酢物 河豚ぶつ 雪うるい 白子ぽん酢

IMG_1304

●強肴 和牛たたき、花山葵、アイコとまと、新玉葱のだし煮、山葵醤油吉野

IMG_1410

●温物 真牡蠣 揚げだし

IMG_1413

●食事 鯛と蕗のだし茶漬け

IMG_1313

●水物 豆乳プリン みたらしあん 散らし木の芽

IMG_1274

●若き料理長の平舘亮祐さん、よくやってくださいました<(_ _)>

IMG_1402

●手元に見とれながらお料理をいただくことができたカウンター席。

IMG_1300

●テーブル席の皆さんも楽しそうに過ごしてくださって、2日ともわたし楽ちんでした(^o^)/

IMG_1280

●店主の今井文恵さん、スタッフの皆さま、よくしていただきありがとうございました。

わたしも皆さんに会えてすっかりリラックスして、笑ってばかりの2時間少しでした。皆さんたくさんいいお話を聞かせてくださってありがとうございました。

ひとえに「旨いもの食べたい」という気持ちで集まってひと時を一緒に過ごすこのメンバー、みんな大好き、サイコーです\(^o^)/\(^o^)/

*****************

「御料理 たまりや」 電話 075-541-5670
〒605-0074
京都市東山区祇園町南側570-122-251
(花見小路四条下ル西側)
夜のお店ですが、予約したら昼もしてくださいます。
カウンター6席、テーブル8席

★椅子式ですが、靴を脱いで上るお店です。
全席禁煙
前日までに要予約
2014年9月開店

*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「切通し進々堂」禁煙に\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、禁煙情報をお知らせするエリーでございます。ものすごく喜ばしいことです☆☆☆

IMG_1323.jpga IMG_1325.jpga

■「切通し進々堂」さんも今年から禁煙になっていました\(^o^)/\(^o^)/
大好きなのに、ケムリだけがつらかったお店です。
1960年創業、祇園の花街とつながりの深いお店ですが、だからといってケムケムでいいわけがないと思っていました。
お店を経営するご家族の皆さんもどなたも吸わなくて、「本当に楽になった」と。
IMG_1332.jpga IMG_1336.jpga

■ コロッケトースト350円と、

IMG_1330.jpga

■ カフェオレ500円をいただいてきました。
■ 先日アップした「フランソア喫茶室」さんも禁煙になって喜んだところですが、世の中これからもっと禁煙店増えていくだろうなと思います。

この件に関してはよくなったというより、まともになってきたのだと思います。

むかーしなんかもっとひどくて、飛行機でも電車でも映画館でも美容院でもケムリOKという、あり得ない世の中でしたから。

IMG_1320.jpga*****************

「切通し進々堂」 電話 075-561-3029
京都市東山区祇園町北側254
(京都市東山区切通し四条上ル西側)
10:00~16:30LO・17:00閉店(4月の都をどり期間中は店内営業なし)
月曜休み
テーブル15席 2017年1月から全席禁煙
席の予約不可
1960年1月開店

*****************

1月発売の「料理通信」に、「禁煙ではない」と書きましたが、それは取材時のデータでした。訂正いたします。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「オ・グルニエ・ドール」のモナムール♪

■ 全国100万人の読者の皆さま、1日1ショコラのエリーでございます。

本日はこれ、いただいて激しくうれしかった「パティスリー オ・グルニエ・ドール」さんのショコラ。

IMG_1360.jpga

■ タイトルが、Mon amour モナムールだってー♪

IMG_1365.jpga■ とてもおいしくいただきました<(_ _)> (フランボワーズとショコラの組み合わせだけはわたしいただけず、すみません<(_ _)>)

とりわけラム酒の香りが効いたものが好きでした。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************