■■■ ごあいさつ ■■■

■ 全国100万人の読者の皆さま、

新サイト

関谷江里の京都暮らし(時々パリ)

にいらしていただき、ありがとうございます。
10年と1か月半続けて、合計4285記事、容量の10GBにほぼ達した

関谷江里の京都暮らし」 (ココログニフティ)

(開設当初は「関谷江里の京都-東京半々暮らし」
を引き継ぎ、2016年5月8日、新しくオープンしたウエブサイトです。スマフォ対応です。
2016年5月8日の初回投稿から辿るならこちら。

■ 京都の美味を紹介することを仕事にしており、時々里帰り(笑)でパリに行く日々を、写真と共に綴ります。
■ クラブエリーの会員の皆さまへの連絡の場、掲示板の役目も果たします。

■ プロフィールや仕事、主宰している会員サロンのクラブエリーなどについての詳細は、上のMENUからご覧ください。
■ 最新記事はこの欄のひとつ下にあります。
■ 速報はFacebookにまず上げます。どなたにも公開しています。

https://www.facebook.com/eridosu.sekiyaeri
**********************************
お花は寺町二条の「プーゼ」さんです。
**********************************
■ カンテレ「よ~いドン!」の「おすすめ3」

12月25日(月)でした

**********************************
■ 最新刊はこちら:

SOU・SOU+obi

**********************************
SOU・SOU 京菓子あそび

和菓子になったテキスタイルデザイン
 世界文化社 2017年2月3日発売

**********************************

■ クラブエリー@「室町和久傳」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

昨日、4月20日(金)クラブエリー第3金曜のお昼を、「室町和久傳」さんにお願いしました。
カウンターのお部屋、奥と手前の2部屋貸し切りで24名+わたしで伺い、
花山椒と牛肉しゃぶしゃぶ、筍炭火焼き、小鮎天ぷらと、これほど季節のいいもの揃うか?の充実の献立で大喜びしました。めちゃくちゃに好評でした。

●3月まで大変お世話になった元料理長の藤山貴朗さんは和久傳さんを「卒業」なさったということで、4月に「高台寺和久傳」から着任された松本進也さん、初澤賢伍さん、引き続き副料理長の船越真人さん、ありがとうございました。サーヴィスの愛美(まなみ)さんもありがとう(^o^)/ そして参加者の皆さんに御礼申し上げます。

室町和久傳」さん、次は6月に予定しています。

★そしてこれ、「菓椒」というお菓子、寒い頃に発売されたものですが、ドライフルーツとナッツがみっちりぎっちり固められており、ものすごくおいしいです。

●細長い作りです。30cmくらいあります。切り分けて食べるお菓子ですが、切っても切ってもすぐに食べてしまいます。やみつき的おいしさがあります。( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●今回皆さんにおすすめしました。2つ3つと買われた方もいらっしゃるみたい。喜ばれましたー\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「まつは」の一汁三菜、6回分

■ 全国100万人の読者の皆さま、先日来「まつは」さんに通っているエリーでございます。大好きだし、取材をお願いしたこともあるし。

(ちなみに前回は2016年のこの記事。)

●お手頃値段で、麺やご飯など単品ものではなく、定食の形で終日食べられるって本当に貴重だと思います。

野菜たっぷりで800円、お腹がいっぱいになりすぎないのもいいです。

築100年ほどの町家を改造した物件とのことですが、手作り感がそこここにあふれています。西村めぐみさん、ゆかさん姉妹が紅殻や柿渋を使い、できる限り手作業で改修したということで、ゆかしい風情がいいです。

●何度かご紹介している「一汁三菜」ですが、週替り、この6週分です。

1)3月3週めの一汁三菜

■■■

■■■

●パウンドケーキを食後にいただいてみました。

2)3月4週めの一汁三菜

■■■

3)3月5週めの一汁三菜

■■■

4)4月1週めの一汁三菜

■■■

5)4月2週めの一汁三菜

■■■

6)4月3週めの一汁三菜

■■■

●「まつは」さん大好きです、また伺います。

*****************

まつは
電話 075-231-7712
〒604-0951
京都市中京区二条通富小路東入ル南側
10:00~21:00LO・22:00閉店
日曜、月曜休み

毎月最終土曜日はおふく市 10:00~18:00(通常営業なし)
全席禁煙
2014年2月25日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「仁王門 うね乃」の葱うどん

■ 全国100万人の読者の皆さま、先日の若竹うどんの後、再び「仁王門 うね乃」さんに伺ったエリーでございます。

先日のクラブエリー終了後に、一路東を目指して「仁王門 うね乃」さんへ。これです。

●商品名「お葱うどん」。

若竹うどんの時に話を伺い、必ず食べに来ようと決めていた葱が主材料のうどんです。
九条ねぎがみっちり入って、生姜がアクセントというシンプルさ。

●この九条ねぎ、本当に九条のある農家で大切に作られた九条ねぎを毎週取りにいらしているということで、甘みがあり実に柔らかい。春のこんな季節でさえこんなに甘いなら、本当に寒い、いちばんねぎのおいしいシーズンならどうなるんだろうと思いました。

●もちろんおだしも全飲みいたしました。おいしかったなあ(T_T)(T_T) 

知り合いの方複数に会えた、うれしかった「仁王門 うね乃」さんでした。また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー「岩さき」で筍たっぷり

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

4月17日(火)と18日(水)のお昼、クラブエリー和食会で「岩さき」さんにお世話になりました。筍たっぷりのコース、お料理も女将の早江子さんとお嬢さんの友香さんのもてなしも、ものすごく好評でした。ほっておいても盛り上がりました。よかったー(^o^)(^o^)/☆☆☆

●こんな感じで、両日ともカウンターと奥のお部屋で13名+わたしで伺いました。女将の早江子さんのおしゃべりは芸です。

●「次回もー!」とご希望多数だったので、その場で夏の開催日を決めて、ほぼ全員がその場で席確保という盛り上がり・・・クラブエリーをやっていてよかったなーと激しくうれしかったお昼です。「岩さき」さんにも参加者の皆さんにも、ひとえに感謝です<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー@「パティスリー S」サロン

■ 全国100万人の読者の皆さま、昨日4月16日(月)のクラブエリー報告でございます。

クラブエリーデセールの会@富小路六角上ル、「パティスリー S」さんのサロン。

昨年秋「パティスリー S」さんの2軒目がオープンした時から、クラブエリーをお願いしたいと思っていたのが実現したのです\(^o^)/\(^o^)/ 

15名+わたしでお邪魔しました。
サロンでいつもいただけるメニューも、使う材料を変えていただきまた違う味を楽しんだり、お手間入りのプティフールを味わったりしました。

●5席のL字型カウンターの向こうには、バーか?と思うほど洋酒が並んでいます。洋酒を巧みに使うシェフの中元修平さんです。マダムの薫さんと。

●こんなメニューを考えていただきました。

●ウエルカムドリンクに、ジャスマンとアールグレイをブレンドした、冷たいお茶。

●グジェール2個、まずはサレから始まります。ローズマリーと「吉田牧場」さんのマジヤクリ使用です。

●クレーム・ランヴェルセ=プリン、いつもと違う吉田牧場の牛乳で作ってくださいました。なめらかだけど、なめなめのとろとろではなく、必要な硬さのあるプリンです。すくっとスプーンが入る感じ。理想的と思います。ソースも他にはない味で、犬になってお皿なめたかった。。

●「おくだばらえん」奥田容彦さんのバラを使ったバラのグラニテ。目を瞠るほどの芳香のグラニテ、色も自然のものだそうで、驚異的なものだと思いました。

●そしてメインとも言うべき、ミルフイユです。このサクサクサクサクの、何度も折りたたみ、折りたたみ続けることで文字通り千(Mille)ほど重なっているフイユタージュ、今やとても高価な貴重品となっているヴァニラの粒粒がたっぷり入ったクレームパティシエールがまた目を剥くほどおいしい。シャンパーニュのジュレ仕立てがほとんど粒粒の細かさで散らされており、香味のアクセントになっています。わたし自身は実はこれ、そんなに要らないと思っているのですが(ごめん)、でも皆さんには圧倒的に好評でした。(普通はやっぱりこういうアクセント必要なんだな。。。わたしが極端なだけで・・・<(_ _)><(_ _)>)

●2度目の飲み物(選択いろいろ)と共に、小菓子7種類。ギモーヴ、パートドゥフリュイ、ショコラ、パリブレスト、カヌレ、サレのものなど。小さいながら、それぞれが味わい明確、ものすごく美味でした。

●おみやげに、いつも販売されているケーク・テ(紅茶のパウンドケーキ、上の写真)の、ショコラヴァージョンをご用意いただきました。

なんて贅沢だったデセール尽くし。

●以下スナップ何枚かです。

●「パティスリー S」中元修平さん、薫さん、スタッフの皆さまにお世話になりました。参加者の皆さまにも感謝。

人数集まったからこそお願いできたスペシャルな企画で、いつものクラブエリーとはまた違う楽しさに満ちていました。ほんとよかったです。\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「仁王門 うね乃」の若竹うどん

■ 全国100万人の読者の皆さま、「仁王門 うね乃」さんのこれが待ち遠しかったエリーでございます。

●春めいてきた日からとても待っていた、季節限定の若竹うどん 2000円。
3月末から毎日「仁王門 うね乃」さんのページをまだかまだかと見ていました。
筍がみっちりのせられて、やわやわとろとろのわかめに、まぐろ節と木の芽で理想的なおいしさ。たっぷりのおだしが香りよく美味で、もちろん全飲みしました。

●(木の芽の下、)血合いを抜いたまぐろ節がまた香りを添えて、まぐろ偉いなあと改めて。

うどんというよりお料理をいただきに出かけた感じです。
筍は長岡京のもので、毎年決まった農家さんからもらっていて、それ以外ではやらないとのこと。今年はその筍が遅かったからスタートも遅れたとのこと。そのかわり5月初旬くらいまで楽しめるということでした。
●違う素材の話も聞いて、それをどうしても食べたくなりました。「仁王門 うね乃」さん、また近日中に改めて出かけます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「リストランテ 野呂」で新子、豆、桜海老

■ 全国100万人の読者の皆さま、4月15日(日)夜、またりすのろへ向かったエリーでございます。(^o^)/
「リストランテ 野呂」、先日よかったものをまたどうしても食べたくて、それらを少しずつ違う調理法にしてもらいました。

以下順番にいきます。

●クリームコロッケ、今回は中身をそら豆で。
添えてあったリコッタそら豆和えがちょっと「セルヴェルドゥカニュー風」だったので笑いました。やるう(^o^)(^o^)
●素材プレゼンのコーナー。あいなめの新子です。

●あいなめの新子、先日フライだったのをフリットで。

●先日これまたよかった桜海老を、あまりにおいしかったので、
1)ペンネ、カルボナーラ仕立てで、白アスパラガスとの組み合わせで。
2)もちもちのピーチ、うすいえんどう豆との組み合わせで。
NP100=のろっちのパスタ100、その43とその44でした。

●時々追いオイルをしてくれます。フレッシュな、ほろ苦い味と香りがぱあーっと漂って、ひと時天国の気分。
●今回は締めスープ、うすいえんどう豆のスープ、温製。
豆をたくさんいただきました。
新子も豆も桜海老もおいしかったー\(^o^)/\(^o^)/
●なんてこったのパンナコッタは再びの胡桃。口当たりなめらかだけど、味は深い。また食べたかった。。
カフェ・クレームをいただきごちそうさまでした<(_ _)><(_ _)>

●りすのろ、飽きないです楽しいです\(^o^)/\(^o^)/また行きたいとなります。

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回火曜休み

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
昼コース1800円と4500円、
夜はアラカルト、前もっての予約でコースも可。
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「イル フィーロ」で春パスタ

■ 全国100万人の読者の皆さま、4月15日(日)お昼、「イルフィーロ」さんに出かけたエリーでございます。

●この春のメニューの中からアラカルトで2品と、+もうひと皿というデジュネ。

●ほたるいかと花山椒のパスタ。ものすごく季節感のある料理、ほたるいかの旨み強烈です。花山椒の香味より強かったかもしれないくらい、ほたるいかの香味が鮮やかでした。これ一生食べていたいほどおいしいと思いました。

そしてこの後、牛肉+花山椒の組み合わせでも作ってみていただきました。和久傳さんのこの時季の黄金の組み合わせごめん(^o^)(^o^)/

●順番にいきますと、上のパスタよりもこちらを先にいただきました。

春の豆(うすいえんどう、そら豆、三度豆)とモッツァレッラ、デコポンのサラダ

●このモッツァレッラも非常に美味でした。

●食後にヴェルヴェーヌのアンフュージョン。いい香り。
リヨンからのショコラ「B・・・」なども食べさせていただいて、気持ちがなごんだお昼でした。
よかったー(^o^)/

*****************

「イル フィーロ」電話 075-221-2788

京都市中京区木屋町通御池下ル(上大阪町519-1F)

12:00~14:00(入店)、18:00~22:00(入店)

水曜終日と、木曜の昼休み

カウンター8席、テーブル4席×2

2016年11月1日 (以前の堺町通から)移転オープン

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「リンツ」のリンドール カカオ70%

■ 全国100万人の読者の皆さま、70%カカオに心を奪われたエリーでございます。

●スイスの世界的なショコラトリ、「リンツ」さんからリンドールの、「70%カカオ」が発売されます。キャンディの形でかわいい、「リンツ」の看板商品のひとつリンドールは、20も30もフレーヴァーが揃って選ぶ楽しさがありますが、ショコラ好きは結局ショコラそのものの香味が欲しいのです。余計な香りは要らん。(ごめん。)色とりどりのリンドールはかわいいけれど、結局赤いリンドールミルクか、青いリンドールダークかしか要らなかったのだけど・・・

●ここにきて70%カカオが登場、ゴールドと黒の包みも粋です。リンドールならではの、「ぱきんと外側が割れたら中はとろとろなめらか」の食感は同じながらほどよい甘さ、濃厚ショコラが香り立って、わわ、これは癖になります、「やばい」というやつです。

●フランス贔屓のわたしは、何よりまずフランスのショコラありきの人生なのですが、それでもどんどん「リンツ」さんを好きになっていきます。
1週間後、4月23日(月)発売です。
4月23日~5月20日、「リンツ」直営店の量り売りコーナー「ピック&ミックス」で2500円以上購入すると、リンドール柄の保冷ポーチをプレゼントしてくださるということです。
ここに詳細あります。
http://www.lindt.jp/contents/chocolat-cafe/16952/

●ちなみにこれは10000円のリンドールギフトボックス。一度手みやげにしたことがあります。持って歩くだけで「どうよ?」という気分になって、うれしかったです(^o^)(^o^)/

パッケージの写真はリンツさんウエブサイトから拝借しています。

●わたしの最寄りのお店はリンツ ショコラ カフェ 京都四条通り店。また伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ チーズチーズベル、ワインにも合います

■ 全国100万人の読者の皆さま、これがまたおいしくて仰天したエリーでございます。(*_*)(*_*)☆☆☆

●「マールブランシュ」さんから4月5日に発売された新商品、濃厚焼きチーズケーキ「チーズチーズベル」。
ほんのひと口サイズながら、フロマージュ好きも瞠目の香味濃厚、ワインを飲みたくなるようなお菓子です。

●サイズこれくらい。小さくてかわいい。

国産クリームチーズやヨーロッパのゴーダチーズなど3種類のチーズをブレンドして作られたとか。中にマンゴーのリキュール漬けにしたレーズンが仕込まれています。

●バラ売り(205円)、3個入り、6個入り、9個入りと揃っているのも便利。日持ちもするのでおみやげにもいいです。というか自分で食べたくて買うと思う。

●牛が踊っているイラストがなんだかかわいくて笑っちゃって、おいしくて笑っちゃって、パッケージも明るい感じでだからテンションも上がって、なんだかいいことづくめのお菓子です。

●「マールブランシュ」さんの「チーズチーズベル」、お菓子好きにもフロマージュ好きにもワイン好きにもおすすめですー(^o^)/☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************