■■■ ごあいさつ ■■■

■ 全国100万人の読者の皆さま、

新サイト

関谷江里の京都暮らし(時々パリ)

にいらしていただき、ありがとうございます。
10年と1か月半続けて、合計4285記事、容量の10GBにほぼ達した

関谷江里の京都暮らし」 (ココログニフティ)

(開設当初は「関谷江里の京都-東京半々暮らし」
を引き継ぎ、2016年5月8日、新しくオープンしたウエブサイトです。スマフォ対応です。
2016年5月8日の初回投稿から辿るならこちら。

■ 京都の美味を紹介することを仕事にしており、時々里帰り(笑)でパリに行く日々を、写真をどんどん上げながら綴ります。
■ クラブエリーの会員の皆さまへの連絡の場、掲示板の役目も果たします。

■ プロフィールや仕事、著書、主宰している会員サロンのクラブエリーなどについての詳細は、上のMENUからご覧ください。
■ 最新記事はこの欄のひとつ下にあります。
■ 速報はFacebookにまず上げます。どなたにも公開しています。

https://www.facebook.com/eridosu.sekiyaeri
**********************************
お花は浦沢美奈さん作です。「プーゼ」さん。
**********************************
■ カンテレ「よ~いドン!」の「おすすめ3」

時々おすすめをしています。

これです。

**********************************
テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
文章の無断での転載は著作権法違反です。
写真の無断使用も許可いたしません。

アイデアの盗用もお控えいただきますようお願い申し上げます。

★★★わたしが口コミサイトに匿名で何かを書き込むというようなことは一切ありません。

そんなことをするメリットは何もありません。ものを言う時は必ず名のります。
お間違いなきようお願いいたします。

こちらもご覧ください。

■「ナンポルトクワ」いちごが登場(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、「ナンポルトクワ」さんで新しいお菓子登場あるいは季節でタルト入れ替えなどと聞いたら飛んで行くエリーでございます。

今回はいちごです\(^o^)/\(^o^)/

●とちおとめを使ったガトーフレーズ=ショートケーキと、

●タルトが登場しました。

粒揃いのいちご、少し小さめのが積み上がっていて鮮やかできれい\(^o^)/\(^o^)/
ガトーフレーズもいちごのタルトも、安心のおいしさでした。

さらに、まだりんごのタルトもいただけるのですよ\(^o^)/\(^o^)/

午後に伺ったのに、幸運にも残っていたのでもちろん購入。

「ナンポルトクワ」さん、また伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください

*****************

関谷江里

■「亀屋良長」雨水のお菓子

■ 全国100万人の読者の皆さま、「亀屋良長」さんの24節気のお菓子をいただきに伺ったエリーでございます。

●「亀屋良長」さんの雨水のお菓子は、「かめや男子和菓子部」、若人たちの企画のデビューということ。
以下は「亀屋良長」さんサイトから、
*****************
雨水で潤った大地を村雨で、
色めく草木の新芽をうぐいす豆と栗で
まだ残る雪を上用(生地)で表現しました。
菓銘は「下萌え」です。
*****************

●2月19日(水)スタート、25日(火)までということです。

●上用生地(上用=薯蕷饅頭の薯蕷と同じで山芋入りの米粉の生地)の白い部分は優しくふんわりしていて、甘いうぐいす豆と栗がアクセントになっており、下の、土を表す部分は村雨(あんベースの蒸し生地)でしっとり。なんとも風情あるお菓子です。

亀屋良長」さん、次の24節気のお菓子は啓蟄の頃。楽しみに伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「とり安」のからあげ丼

■ 全国100万人の読者の皆さま、鶏肉が大好きなエリーでございます。

●少し久しぶりに烏丸通押小路の「とり安」さんでお昼のからあげ丼です。(これはご飯少なめです。)

いんげん豆胡麻和え、香の物、味噌汁がついて950円。

外側カリカリ中しっとりの鶏の唐揚げにふわふわ玉子、繰り返し食べたくなる丼です。

●1回転目が終わったかしらんという13時過ぎに伺いました。変わらぬ風情です。この後すぐにお店は再び満席、外にお客さまが待たれる状態になりました。変わらぬ人気です。

●禁煙すばらしい\(^o^)/\(^o^)/

「とり安」さんは昼夜営業で、土日祝と、木曜が定休日です。

改めてよいお店と思いました(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「仁王門 うね乃」酒粕うどん

■ 全国100万人の読者の皆さま、2月の「仁王門 うね乃」さんに伺ったエリーでございます。

●2月はこれ。2月限定の 酒粕うどん です。熱々で、おだし濃厚で旨味たっぷり、具材もみっちり入っています。

圧倒的な満足感に包まれました\(^o^)/\(^o^)/

●本当においしくて、2回食べに出かけました。1月の白味噌うどんと2月の酒粕うどん、どちらも好きで較べられません。次の楽しみは筍だなあー。

仁王門 うね乃」さん、筍まで待たず、また伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろでモンドールで悶絶(*_*)(*_*)

●全国100万人の読者の皆さま、りすのろ に行ってきたエリーでございます。

「リストランテ 野呂」2月16日(日)20時半~。訪問多分162回目。

初めて訪問の方2名をお連れして、さらに知り合いとそのご友人で、ずっとこのサイトをご覧くださっていたという方にもお目にかかって、楽しいディネでした。

●モンドール持参。
Mont d’or  Vacherin du Haut -Doubs
AOP au lait cru

●ラングルも持参。

●新玉ねぎのスープでスタートです。

なめらか、自然な甘さ、温かくてよいです。

●初めての方2名をお連れしたので、
割烹も ぎょぎょっと驚く 魚盛り をしてもらい、

●わたしは金目鯛を炙ったもの、雲丹。ロマネスコのピュレ(味はそら豆とそっくり)、芽キャベツの素揚げ。

●野菜いろいろのサラダ。焼いたのや揚げたのやマリネやいろいろ。本当においしい、楽しい☆☆☆

今回はとりわけ、手前のフリットに驚きました。あんぽ柿のフリット、外側パリパリ、中はひたすらなめらかで、甘い甘い甘い\(^o^)/\(^o^)/

山椒塩を所望して、ピリピリの香味を添えていただきました。あーおいしい、、

●鴨肉と日本のフレッシュチーズ。先週と違うのはいちごが添えられていたことです。マルシェノグチから仕入れた「やよいひめ」というものだそうです。

群馬県川場のこのフレッシュチーズがおいしい\(^o^)/ストラッキーノ、豆腐のような形、ひたすらなめらかでフレッシュ感がすてきなチーズです。

●そして、フレッシュ感とは正反対の、熟熟熟のフロマージュ、Langres ラングル(AOP)です。
シャンパーニュ地方からよく二条城前まで来てくれました\(^o^)/\(^o^)/

●この旨そうなの見て(*_*)(*_*)(*_*)www

●コロッケはシンプルな味で、ラングルが旨味と塩気を添えるわけです。最後、ラングルにはちみつもかけてみましたよー。

●ラディッキオ入りです。

●ラディッキオとはこれね。Radicchio. 
ウィキ先生に尋ねると、「ラディッキオは鎮静剤、鎮痛剤として作用するラクチュコピクリンやフラボノイドの一種であるアントシアニンを含む。」だそうです。
鎮静したのかわたしはこれを食べて?????

むしろ逆だと思う。旨い旨いとテンション上がりっぱなしでした。

●リゾットはスープドゥポワソンベースで甘鯛と九条ねぎソース。旨旨旨。

そして・・・

●Mont d’or モンドール(AOP)です。この通り、ジャスト食べ頃でした。すくって食べたらトロトロトロ、上品なおいしさ、でも濃厚で、旨い旨いとうわごとのように言うばかりです。

●モンドールだけでペンネを和えてもらったもの、これ旨いったらない。激しく旨い。超絶旨い。
旨旨旨旨旨( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)旨旨旨旨旨

●ヴァンショーをしてもらってペンネのモンドール和えと合わせました。

食中はペリエ、食後に黒豆茶をいただきました。

●りすのろ今週もおいしかったおいしかったおいしかったーーーーーー!
行っても行ってもおいしい、楽しい、知らなかったものが出てくる\(^o^)/\(^o^)/

次がまた楽しみです。

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席
2017年6月13日開店
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

食材と飲む量による。

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

(スープ、旬の魚盛り、蟹クリームコロッケ、魚料理、肉料理、パスタ、デザートなど)

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「割烹 竹うち」クラブエリー間人蟹祭り4日間

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

クラブエリー無限ループ@「割烹 竹うち」さん。1月の30、31日と2月の4日と7日の4日間、間人蟹コースをしていただきました。

蟹祭り@「竹うち」さんはすでに年中行事になっています。

●献立は赤い蟹の絵まで描き込まれ、進化していました\(^o^)/\(^o^)/

みんな大喜びね\(^o^)/

以下、4回分の写真いろいろで、順番もコースの通りではありませんが、

まあこんな騒ぎだったということで。

●ちなみに4回とも当日キャンセルもなく、わたしが着席して入る余地はなかったので、改めて予約しました。楽しみに出かけます\(^o^)/\(^o^)/

●竹内誉裕さん、お世話になりました(^o^)(^o^)

次また来月、新しい企画で2日お邪魔します。皆さん楽しみにー\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「岩さき」クラブエリー 2020年1月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告です。さかのぼって1月28日(火)、「岩さき」さんにお世話になりました<(_ _)>

●女将の早江子さん、明るい楽しいもてなしをしてくださいます。お話もおもしろの\(^o^)/\(^o^)/ みんな大好きです。

●カウンター、手前のお部屋と奥のお部屋で13名でお邪魔しました。もう毎回大人気で、こちらもクラブエリー無限ループです。

皆さん次も楽しみに\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「にし野」西院の焼き鳥の店

■ 全国100万人の読者の皆さま、鶏肉が本当に好きなエリーでございます。

先日のある晩、あけ~~~~み=泣く子も笑うコンシエルジュ・小山明美に連れられて、西院駅からほど近くの焼き鳥のお店「にし野」」さん初訪問。
●19時一斉スタート

●ぐるりと囲むカウンター11席max

●コースのみ

●1万円少しくらい。
●最初のむね肉のたたきから最後の焼きおにぎりまで、全部全部、申し分なくおいしかった(^o^)(^o^)/
けれど唯一、コースは所要ちょうど3時間で、わたしとしてはもちょっとぱっぱかぱっぱかと、できたら2倍速のスピードで食べたいもんだなと。

でもでも、若いご主人は感じよいし、全く無駄な動きなく目の前で焼いてくださっているので、3時間が必然の時間ということはよくわかりました。
昨年秋、あけ~みにすすめられてすぐ行ってみようと、「今日とか明日に席ないですか、1席で~」と予約しようとしたのだけど、そんな直前に席があるわけはなかった・・・はやるのよくわかりました。

にし野」」さん、鶏肉に力があって、旨味たっぷりで、ほんととてもおいしかったです。\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「東山 吉寿」クラブエリー2020年2月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

さかのぼって2月12日(水)は「東山 吉寿」さんにお世話になりました。

今月のテーマはお寿司と鮮度

●八寸は節分仕様です。甘藷で鬼を作ってくださったんですが、ピカチュウに見えるという方もいた\(^o^)/\(^o^)/

●店主の鈴木吉寿さん。カメラを向けられたら、即座にポーズをしますよっと\(^o^)/\(^o^)/

●穴子を骨切りして炙っています。

●生で、塩味でいただく穴子のお寿司、これはわたしも好きでした\(^o^)/\(^o^)/

(わたしは甘辛く炊いた穴子が好きではない。)

●カウンター10席、お部屋6席で伺いました。

●蒸し寿司も登場。わさびの葉で蓋をされて供されました。

●「許可なく顔出ししてはならぬ」とモデルクラブから言われている会員の皆さまなので(笑)、左右トリミングした写真ですが、3名ずつ、6名いらっしゃいます。

●九条ねぎを味わうための料理で、牛肉はあくまで引き立て役と。

●これはうなぎ寿司。

●鯖寿司のこの整然たる並びを見よ\(^o^)/\(^o^)/

●炭を当てて焼く。「パフォーマンスでやってるんではない」と言いつつ、やっぱりハデ\(^o^)/\(^o^)/

●デセール用のいちごキター。今年も「あーん」なのか???

●違った、シェーカーだった、いちごカクテルでした\(^o^)/\(^o^)/

●これがデセール。ヴァニラアイスクリーム入りのいちごカクテル。アルコールあり/なしで用意してくださいました。

●さらに16名分のショコラを用意してくださって、渡しながら、

「日本にはお返しの習慣がありますよね?」だと( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

3月にお返しせいと言ってるのね(^o^)(^o^)

今月も盛りだくさん、楽しくておいしくて勉強になった「東山 吉寿」さんでした。

吉寿さん、スタッフの皆さん、お世話になりました<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 映画「男と女 人生最良の日々」

■ 全国100万人の読者の皆さま、初日に劇場と言えば、これも見に行ったエリーでございます。

●2月8日(土)京都シネマでクロード・ルルーシュ監督の「男と女 人生最良の日々」。
映画館は割引の水曜日に行くものなのだけど、曜日関係なく初日に出かけるという酔狂なことをしました。だってやっぱりこれは見たいでしょう、、
ダバダバダの名曲を残したフランシス・レイさん以外はみんな生きていて、同じメンバーで10日間ほどで撮影したのだと。
ジャンルイ・トランティニャンさん90歳近く、アヌーク・エーメさんも87歳とかで、まあよく撮れたね、、こんな映画を撮らせてもらえたルルーシュさんもすごいと思う。
作中、1966年の1作目のフラッシュバックが半分くらい使われています。めちゃくちゃに懐古的だし感傷的とも言えるの。
フランスの映画評も分かれていて、酷評の方も、まあわからんではないと、、
●あちこちに出ているルルーシュさんインタヴューやパンフレットもすみずみ読んだけれど、不思議でしょうがないのは、1966年の「男と女」から53年ぶりの再会とばかり書いてあって、「男と女Ⅱ 20年後」という作品が間違いなくあったのに(1986)、まるでなかったことのようになっているのですね。ルルーシュさんは全く言及していないし、ふたりも、実は30年ぶりくらいのはずなのに、まるで53年ぶりに会って昔の話をしてドーヴィルの思い出の部屋を見に行って、みたいな作りになっているのが変だなあと思いました。さらに、「Ⅱ」の方ではアヌーク・エーメの娘は母そっくりの美貌の女優なのに、今回の新作では(今回は1966年版で子役をやっていたのと同じ人)たくましい獣医さんで、およそ「Ⅱ」の時の面影もなく、整合性というものが全くないの( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
なんというか、ルルーシュさんたちは2作目をあえてなかったものにしているとしか思えなかった・・・あまりにヘンに思って、2作目をAmazonPrimeでざざざと見直したら、配給がワーナー・ブラザースなのね。アメリカ資本ということ?? 砂漠でロケしたり空撮したり、確かに規模が違う。お金もかかっています・・・
●なんで土曜日に出かけたかというと、上映時間が10時と14時で、平日昼は大抵クラブエリーか講座をやっているわたしはとても出かけられないからで・・・しかしこの時間って、高齢者向けってことか?と思っていたら・・・本当にわたしがおそらく最年少っていうくらい、観客は年配の方ばかりでした。同時代に1作目をご覧になった方々なんだろうなあと。懐かしい思いをされているのだろうなあと。100席ほどのお部屋はほぼいっぱいでした。
●わたしはさすがに1966年公開時には見ていなくて、大きくなってフランス文学やフランス映画一辺倒になってから見たわけだけど、それでも軽く30年ほど前のこと(-_-;)(-_-;)
●1966年版を見ている方は、まあこれを見て損はないと思います。ほぼ認知症状態でも、トランティニャンさんはフランス語でキザったらしいことを言ったりするのよ。
フランスは大した国だわ( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
(京都ではCOCON烏丸の京都シネマで3月6日まで上映中。)

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************