■「亀末廣」で四畳半ではなく

■ 全国100万人の読者の皆さま、和菓子続きのエリーでございます。

●2月29日(土)午後、姉小路の「亀末廣」さんへ。たまたま風雨が強い時間帯でした。

風雨がどうした? 風雅なお菓子があるのだのれんの向こうには\(^o^)/\(^o^)/

●四畳半=京のよすががあまりに有名なお店ですが、

●今回は小豆を炊いた季節限定の「大納言」と、

●白小豆の枯淡な風情のお菓子「幼な木」を目標に伺いました。

●「幼な木」は全く初めていただきました。口当たり柔らか、ひたすら白小豆の香味。シンプルでよいです。お茶にもカフェにも合います\(^o^)/\(^o^)/

●「亀末廣」さん、次回は生菓子をいただきに伺います<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

関谷江里

■「天ぷら割烹 なかじん」クラブエリー夜

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

2月28日(金)はクラブエリー夜で「天ぷら割烹 なかじん」さんへ。
スペシャル天ぷらのコースをしていただきました。
季節ごと伺っていますが、毎回大好評です\(^o^)/\(^o^)/

●本当に全力投球という感じでやってくださいます。

他にない料理、比類ない天ぷらだと思います。

●全粒粉ではない、違う素材を使った新しい麺を出してくださいました。

さて何の麺だったでしょう?

●筍の天ぷらをばらした天ばらご飯。

●店主の中村一臣さんと、この日高校の卒業式だったというご子息の龍一さん。ものすごく感じがいい(^o^)/

●わたしはこの晩はお料理いただかずでしたので、
天ぷら割烹 なかじん」さん、すぐにまた伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「マルシェノグチ」も春\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、春のスムージーを楽しんだエリーでございます。

「二条 やま岸」さんで試食の後、そこから2分の「マルシェノグチ」さんへ。

●春のスムージーが揃っていました。

●これはストロベリー。いちご、りんご、バナナに、ブルーベリーも入っているとのこと。

酸味、甘み、フルーツの香り豊かなスムージーでした。おいしかった\(^o^)/\(^o^)/

マルシェノグチ」 野口泰亮さん。

クラブエリー@「イル ヴェーゴ」3月末も楽しみ(^o^)/

また伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「二条 やま岸」で花山椒と牛肉の鍋

■ 全国100万人の読者の皆さま、ご機嫌エリーでございます。「二条 やま岸」さんの3月のお鍋、花山椒と牛肉の試食に伺いました。

●これね。色といい味といい香りといい、たまらなく好きな組み合わせです。

●お鍋セットは持ち帰りも可能になったということです。これで13000円。

●黒毛和牛、ロース肉です。

●おだしが沸いてきたら、花山椒を投入します。

この季節の花山椒ですが、冷凍ではなくて、奈良からくるものということ。

鮮やかな色と香り、黒毛和牛サーロインは柔らかでおいしさのかたまり、これは幸せだわ\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●具材もたっぷり、最後はたまごを割り入れ、うどんをからめもっていただきました。もうもう、おいしかったあああああああ\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

料理長・横井裕史さんありがとう(^o^)(^o^)

裕史さんは「和久傳」さん出身、その後、岩崎武夫さんにもみっちり仕込んでもらって、お鍋はお手のものです。
クラブエリーの皆さん4月27日です、どうぞ楽しみに\(^o^)/

★お店でいただくコースでは、お料理で始まり、鍋の後、あのおいしいおいしい白ご飯とご飯の友をたっぷりいただけます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「点邑」クラブエリー

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

2月27日(木)クラブエリー@「点邑」さん。
カウンターぐるりと囲んで12名(無理やりわたしも入ったから狭くなってごめん<(_ _)>)でコースをお願いしました。名物ばちこの天ぷら、雲丹と海苔の天ぷらも入れていただき、ふきのとうや筍など春の素材も供され、大喜びしました。
お料理おいしく天ぷらも理想的\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
心に響く天ぷらと感じ入るコースでした。

(以下、キャプション追って足します。)

●小林紀之さんとスタッフの皆さんに御礼申し上げます。
参加者の皆さんもご参加ありがとうございました\(^o^)/\(^o^)/

*****************

「点邑」(てんゆう) 電話 075-212-7778
京都市中京区麩屋町通三条上ル西側
11:30~13:30、17:30~21:00

火曜休み
1階2部屋(最大8名/最大4名)2階がカウンター10席
全席禁煙
1994年5月20日御幸町通りに開店、2015年9月18日現在地に移転開店

昼は天ぷらどんぶりの他、コース10000円くらいであります。

夜の懐石天ぷらコース 15000円くらい、季節の食材による(税別)

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「一保堂茶舗 嘉木」で鎌餅、わらび餅

■ 全国100万人の読者の皆さま、「一保堂茶舗」さんの喫茶室「嘉木」通いのエリーでございます。

前回はこれ

●1週間ほど前の昼過ぎに、

極上ほうじ茶とともに、「大黒屋鎌餅本舗」さんの鎌餅、黒砂糖あん

選ぶことあたわず結局お菓子2種類(+400円)。

「笹屋守栄」さんのういろうで、梅一輪 梅あん

*****************

●わりと最近の夕方に、

極上ほうじ茶が、いつもの小さな缶入りではなく急須にが初めから茶葉が入った状態で供されました。

少しでも手に触れるものを少なくするということなのね。

お菓子は「京華堂 利保」さんのわらび餅です。

こしあんのおいしさにははっとするものがありました。

一保堂茶舗」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「杢兵衛」クラブエリー

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

2月25日(火)昼、クラブエリー@祇園の「杢兵衛(もくべえ)」さん。

美しくリニューアルされたばかりのお店です。先日の投稿これ
美しいお料理、しみじみ美味、勉強にもなってよかったです。

●4代目店主・寺田慎太郎さんです。

カウンターとお部屋にお邪魔しました。

●きれいな献立をご用意いただきました<(_ _)>

(赤甘鯛→白甘鯛)

●八寸には和歌が添えられます。

全員分、店主の寺田慎太郎さんの手書きによるものです。

東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ 菅原道真

●冬から春へ、移る季節を感じさせる美麗なお料理でした。本当においしかった\(^o^)/\(^o^)/

参加者の皆さんにも好評でした。
杢兵衛」寺田慎太郎さん、スタッフの皆さんありがとうございました。

次は4月に伺います<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「亀屋則克」わらび餅、生菓子

■ 全国100万人の読者の皆さま、和菓子の日々のエリーでございます。

●堺町通三条上ル東側の「亀屋則克」さんへ。

●変わらぬ店内です。お菓子の型がずらりと並べられて、よい眺めです。

●お菓子箱の中はすっかり春でした。前日にはなかったひちぎりが登場していました。

●わたしが今回とりわけ食べたかったのはこれ、わらび餅 390円です。

●たっぷりのきな粉、格別ふるふるの口あたり、こしあんも上品です。理想のわらび餅といえます。

ああもうすばらしいです。\(^o^)/\(^o^)/

亀屋則克」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「新門前 米村」2020年2月

■ 全国100万人の読者の皆さま、ごきげんエリーでございます。

週の初めにデジュネに出かけた「新門前 米村」さんがまた素晴らしかったからです\(^o^)/\(^o^)/

●「米」マークを自分でやるよねちゃん。店主の米村昌泰さんです。

●飾りはおひなさまになっていました。

●こんなメニューでした。

昼のいい方のコースです。

春到来の感じにあふれた料理を楽しみました。

●ほんとーにおいしかった、
よかったよかったよかったよかったーーー\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

新門前 米村」さん、来月はクラブエリーで伺います。皆さん楽しみに\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ りすのろで苺とオッソイラティ\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ に行ってきたエリーでございます。

「リストランテ 野呂」2月23日(日)混み混みのため時間をずらして21時~。
訪問多分163回目。

ほたるいかのぬた、ほたるいかのフリット
いちご大福ならぬ、いちごコロッケーー!!
いちご抜きで、くるみとプリュンヌのコロッケにオッソイラティばさばさ。
いちごのリゾット、オッソイラティを切ったのを混ぜ込んでもらったもの。

ほんとーーにおいしかった(^o^)/☆☆☆☆☆☆
*****************

●黄金かぶのスープ、フランスの岩塩バター

●ローストビーフ、苺(やよいひめ)と。

●苺 ふわふわに削ったオッソイラティと。

●ほたるいかのぬた 菜の花、うるいと。

●フリット、ほたるいかとつぼみ菜

●苺入りのコロッケ

●くるみとプリュンヌのコロッケ

●苺とオッソイラティのリゾット

●ヴァンショーでごちそうさま。

*****************

●黄金かぶのスープ、フランスの岩塩バターで始まりました。

予定調和のおいしさです。

●ローストビーフ、苺(やよいひめ)と。

ローストビーフをお願いしたら、まさかのこんなグラス盛りで出してきたのは誰ですか?( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

二番手のりきーですww

ないとうさんにあやまりに行かなくっちゃ、、(-_-;)(-_-;)(^o^)(^o^)

●上のスプラウトやいちごをどけると、その下は間違いなくローストビーフです。

この写真あたりを参考にしたのだろう、、、

だいたいのりきーは真似て学ぶというタイプなのだ、昨夏それは立証されているのでした。(「遊形サロン・ド・テ」さんにお詫びしたエリーです\(^o^)/)

ないとうさん、また近日中に伺います<(_ _)><(_ _)>

●苺 ふわふわに削ったオッソイラティと。

オリーヴオイルもかけたらよりおいしいわ\(^o^)/\(^o^)/

●ほたるいかのぬた 菜の花、うるいと。

これはほとんど和食のお皿。おいしかった、、

●フリット、ほたるいかとつぼみ菜

ほたるいかが、和えものとはまた全く別の食感になって登場。これは外側の衣もパリパリ香ばしく揚げられていて、止まらぬおいしさでした。

●苺入りのコロッケ、

苺大福みたいで仰天しました。まさか苺まるごと1個とは。

●次は苺なしヴァージョンということで、

●くるみとプリュンヌのコロッケに、ばさばさとオッソイラティ。そら旨いわなあという感じ。圧倒的に旨。

●まずオッソイラティのリゾット登場です。おろすのではなく、デに(さいころ状に)切ったものを混ぜ込んでもらい、ここに苺をのせて、

●苺とオッソイラティのリゾット。

とろっとして塩気もほどよいリゾット、苺の甘みと酸味にオッソイラティの香りと塩気と旨みがよく合って、旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨いwww

●ヴァンショーでごちそうさま。

●りすのろ今週もおいしかったおいしかったおいしかったおいしかった\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆☆☆☆

次また楽しみに<(_ _)>

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席
2017年6月13日開店
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

食材と飲む量による。

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

(スープ、旬の魚盛り、蟹クリームコロッケ、魚料理、肉料理、パスタ、デザートなど)

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ キヤノン EOS M6 ボディ

■ 全国100万人の読者の皆さま、わりとカメラが好きなエリーでございます。やはりキヤノンが大好きで・・・これを買いました\(^o^)/

●いろいーろ考えて、
キヤノン EOS M6のボディ
を買いました。
M6はすでにMarkⅡが出ていますが、M6で十分というか、M6の方がわたしにとっては都合がいい点がいくつかあり、後続機が出たことで安くなっているのもありがたく、迷いなく買いました。
料理やお菓子はやっぱりぴしーっと撮りたいの\(^o^)/\(^o^)/
最近になって、再びM3復活で使い始めたのだけど、やっぱり気分がいいのです。ところがM3は、ちょっと修理が必要な状態になっていて・・・だから全く迷いなくM6を購入できたのでした。よいこと\(^o^)/\(^o^)/ 
修理から帰ってきたら、M3にはズームレンズをつけて、それはそれで稼働させようと。

●マニュアルを読む必要もなく2分くらいで設定できました。マクロレンズをつけて、すでに使っています。

これと2台持ちになりました。また荷物増えたわ( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)ww

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「鮨 忠保」講座の昼、クラブエリーの昼

■ 全国100万人の読者の皆さま、遅くなりましたが講座報告とクラブエリー報告でございます。

祇園の「鮨 忠保」さんに、
●2月13日(木) 朝日カルチャーセンターのお昼と、
●2月18日(火)クラブエリーのお昼
をお願いしました。

店主の森田忠保さん今回もお世話になりました<(_ _)><(_ _)>

●以下写真抜粋ですが、まずは朝日カルチャーセンターの方から。

2日ともほとんど同じですが、翌週には季節が少し春めいて、それが食材でも明らかでした。

●熱々もずくの後、くえと鰆のお造り。

*****************

●以下クラブエリーです。翌週になると春らしい食材が登場しました。

クラブエリー前回の「鮨 忠保」さんは2018年の同時期でした

●お造りは、鰆と平貝。

●白魚登場\(^o^)/

●自家製からすみを、味噌漬けにしたもの。これまたずるいおいしさ。お酒飲みさんたちはまたこれで進む、と。

●両日とも皆さんに喜んでいただけました。わたしもここ大好き、
何もかもほどよくて、ほんとーーにおいしいと思います。

*****************

●ちなみに講座でもクラブエリーでもなく、

以下は1月下旬の昼軽コース。未アップだった、昼の軽いコースです。

お腹いっぱいになり過ぎず(午後から仕事ちゃんとできます、笑)でもいいお寿司いただいたー\(^o^)/と幸せになれるおまかせです。

*****************

●もずくの温製

●青森のひらめ

●ぶり

●あおりいか

●白海老にカヴィア

●のれそれ

●まぐろ中とろ

(塩釜の80キロくらいのものとのこと)

●小肌

●雲丹

●まぐろづけ

●穴子

●海老

●玉子

●お椀

●たくあん手巻き

*****************

ものすごく抜粋で写真4点、

●青森のひらめ

●ぶり

●のれそれ

●まぐろづけ

この日も大満足でした。

「鮨 忠保」さん、また伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

「祇園 鮨 忠保」電話 075-541-6611

京都市東山区祇園町南側572-9

(花見小路を四条から下ル、西側のひと筋めを西に入ル北側)

昼夜営業、不定休、要予約、カウンター12席。全席禁煙。

2017年4月26日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「割烹 竹うち」シーズン最後の間人蟹

■ 全国100万人の読者の皆さま、これを食べずに春を迎えることができるでしょうか?(いいやできはしまい。)

先週後半平日のある夜に、木屋町通の「割烹 竹うち」さんで間人蟹\(^o^)/\(^o^)/
先日はクラブエリー4回開催。季節ごと無限ループのお店なのですが、このところ1月2月3月4月と連続開催のお店になっています。
間人蟹の会、わたしはいただいていなかったので改めて食べに伺いました。
大きいのを2人で1杯、焼いたり蒸したりいろいろにして食べさせてもらいました。トマトの一品にはまぐりのお椀、小肌のにぎり寿司、にゅうめんや玉子とじのかに玉、蟹ご飯やらもたっぷり味わって、甘味はティラミス、最後にいつものわらび餅。
もうもう満腹になって、ほんとーーーーーにおいしかった、夢うつつ状態で、いろいろなことがどうでもよくなりました。

がさっとしたお店なんだけど(笑)、店主の竹内誉裕さんの仕事がすさまじく早くてほんと好き。はやるのものすごくよくわかります。

●脚、爪と焼いて次々出してくださいました。

この後に、はまぐりのお椀が供されました。

●お造りがまたおいしかったなあ。桜鯛、赤貝、つぶ貝、とろ。

旨旨旨・・・やば旨いというか、旨いもの食べ過ぎで逮捕されそうな感じ、、( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●蟹ご飯が圧倒的においしくて一膳で止まらず、おかわり(おこげ)、さらにまたおかわりといただきました。もうもう満腹。

●最後にティラミス、その後わらび餅といただきました。

満腹、満足、夢うつつ。
「割烹 竹うち」さん、また伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ナンポルトクワ」でりんごのタルト

■ 全国100万人の読者の皆さま、先日のいちごもよかったけれど、やっぱりこれが好きでしょうがないエリーでございます。繰り返し食べたいと思うのです。

●「ナンポルトクワ」さんでりんごのタルト。

まだいただけますよっと\(^o^)/\(^o^)/

これはもう、「パティスリー オ・グルニエ・ドール」時代からどうしようもなく好きです(^o^)/☆☆☆

●「ナンポルトクワ」さん、また伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「招福亭」で熱々の福なべ、牛姜うどん

■ 全国100万人の読者の皆さま、熱々もの大好きなエリーでございます。立春過ぎてから寒くなったこの冬、最近になっていただいた新町通六条角の「招福亭」さんの熱々うどんふたつ。2月17日の週にいただいたものです。

「招福亭」さんについていちばん詳しい投稿はこれです。「料理通信」で取材させていただいた後の記事。

●冬季のみ、大好きな福なべ 1050円です。味噌仕立てです。

●熱熱熱々です。野菜もたっぷり、味噌だしたまらなくおいしい。もちろん全飲みです。

●少し値上がりしていましたが、食材じたいが高くなっているのですから当然のことと思います。ほんとーーーにおいしかったら、お値段のことなど全く気にならないものだと思います。

●またしばらしくして出かけて、月替りの牛姜うどん、850円です。牛肉たっぷり、おろし生姜がのせられていて、身体ぽかぽかぽかになりました。もちろんおだし全飲みです。実に旨い旨い旨い(^o^)(^o^)/☆☆☆

「招福亭」さん、繰り返し伺いたいお店です。

*****************
「六条 招福亭」電話 075-351-6111
京都市下京区新町通六条西南角
11:00~20:00少し前LO、20:00閉店、年中ほとんど無休。

(2020年2月28日(金)は休みとのこと。)
全席禁煙☆☆☆

2016年10月3日 移転オープン
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 掲載誌のお知らせ:ミセス 2020年3月号

■ 全国100万人の読者の皆さま、掲載誌のお知らせでございます。

●発売中のミセス2020年3月号 の新店紹介ページでは、

「杢兵衛(もくべえ)」さんに出ていただいています。

リニューアル後の「杢兵衛」さん
この号もどうぞ(お買い上げの上)ご覧くださいませ<(_ _)><(_ _)>

●「杢兵衛」さん、週明けにクラブエリーをお願いしています。クラブエリーの皆さんどうぞ楽しみに。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「老香港酒家京都」でぶっ跳びスープ

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

老香港酒家京都」さんにお世話になりました<(_ _)><(_ _)>

●店主の陳暁冬さん、このたびもお世話になりました\(^o^)/\(^o^)/

●とにかくスープをメインにとお願いした今回のメニューでした。

●黄金ピータンにあわびなどの前菜がまず供されました。

●そしてこれね、これを中心に考えていただいたのでした。朝7時から蒸してくださったというもの。

●ブッダジャンピングスープ=ぶっ跳びスープです。

●ふかひれ、金華ハム、干し貝柱、高麗人蔘、霊芝、鶏肉、竜眼などなどいかにも身体にいいものがたっぷり入って、滋味深いものです。

熱々をいただき、身体はぽかぽかぽかぽかになりました。染み入ったという感じです。これでこの冬は風邪引かない、肺炎にもならないと思います\(^o^)/\(^o^)/

●陳さんはピータンやら、スープの材料をプレゼンしてくださいます。

よくしゃべる~~楽しい~~\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●点心もぜひとお願いしたのでした。熱々に湯気があがる小籠包や餃子、旨いに決まってますね~~(^o^)(^o^)海老入り、ふかひれ入り、にら入りなどなど。

●蟹の炒めものや、

●牛肉の炒めものが続いて、

●オイスターソース焼きそばで締めです。

この後、まず冷たい甘味で、アロエやナタデココ入りのココナッツミルクが供されました。

●そして、わたしはこれ本当に好き、熱々できたてのエッグタルトをいただき、

●さらにミルクタルトをいただき幸福感に包まれました。外側サクサク、中は食感優しく甘さほどよく風味よく、つまり理想的☆☆☆ということです。

これはおみやげに持ち帰りにもしてもらえるので、6つずつ包んでもらいましたよっと\(^o^)/\(^o^)/

●「老香港酒家京都」さん今回もお世話になりました<(_ _)><(_ _)>

また伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「一保堂茶舗 嘉木」で青海苔のうぐいす餅

■ 全国100万人の読者の皆さま、「一保堂茶舗」さんの喫茶室「嘉木」通いが止まらぬエリーでございます。

前回はこれ

●2月14日(金)

くき煎茶とともに、

「笹屋守栄」さんの 福梅(桃山)、こしあん。

*****************

●2月15日(土)

極上ほうじ茶とともに、

「亀廣脇」さんの うぐいす餅。

外側は青海苔(いい香り)!! 中に胡麻あんです。

*****************

●2月17日(月)

くき玉露とともに、

選ぶことあたわずでお菓子2種類(+400円)、

「笹屋守栄」さんのこなしで 北野の春 白こしあん

「亀廣脇」さんの薯蕷饅頭で 紅梅 こしあん

*****************

一保堂茶舗」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ナンポルトクワ」いちごが登場(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、「ナンポルトクワ」さんで新しいお菓子登場あるいは季節のタルト入れ替えなどと聞いたら飛んで行くエリーでございます。

今回はいちごです\(^o^)/\(^o^)/

●とちおとめを使ったガトーフレーズ=ショートケーキと、

●タルトが登場しました。

粒揃いのいちご、少し小さめのが積み上がっていて鮮やかできれい\(^o^)/\(^o^)/
ガトーフレーズもいちごのタルトも、安心のおいしさでした。

さらに、まだりんごのタルトもいただけるのですよ\(^o^)/\(^o^)/

午後に伺ったのに、幸運にも残っていたのでもちろん購入。

「ナンポルトクワ」さん、また伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください

*****************

■「亀屋良長」雨水のお菓子

■ 全国100万人の読者の皆さま、「亀屋良長」さんの24節気のお菓子をいただきに伺ったエリーでございます。

●「亀屋良長」さんの雨水のお菓子は、「かめや男子和菓子部」、若人たちの企画のデビューということ。
以下は「亀屋良長」さんサイトから、
*****************
雨水で潤った大地を村雨で、
色めく草木の新芽をうぐいす豆と栗で
まだ残る雪を上用(生地)で表現しました。
菓銘は「下萌え」です。
*****************

●2月19日(水)スタート、25日(火)までということです。

●上用生地(上用=薯蕷饅頭の薯蕷と同じで山芋入りの米粉の生地)の白い部分は優しくふんわりしていて、甘いうぐいす豆と栗がアクセントになっており、下の、土を表す部分は村雨(あんベースの蒸し生地)でしっとり。なんとも風情あるお菓子です。

亀屋良長」さん、次の24節気のお菓子は啓蟄の頃。楽しみに伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「とり安」のからあげ丼

■ 全国100万人の読者の皆さま、鶏肉が大好きなエリーでございます。

●少し久しぶりに烏丸通押小路の「とり安」さんでお昼のからあげ丼です。(これはご飯少なめです。)

いんげん豆胡麻和え、香の物、味噌汁がついて950円。

外側カリカリ中しっとりの鶏の唐揚げにふわふわ玉子、繰り返し食べたくなる丼です。

●1回転目が終わったかしらんという13時過ぎに伺いました。変わらぬ風情です。この後すぐにお店は再び満席、外にお客さまが待たれる状態になりました。変わらぬ人気です。

●禁煙すばらしい\(^o^)/\(^o^)/

「とり安」さんは昼夜営業で、土日祝と、木曜が定休日です。

改めてよいお店と思いました(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「仁王門 うね乃」酒粕うどん

■ 全国100万人の読者の皆さま、2月の「仁王門 うね乃」さんに伺ったエリーでございます。

●2月はこれ。2月限定の 酒粕うどん です。熱々で、おだし濃厚で旨味たっぷり、具材もみっちり入っています。

圧倒的な満足感に包まれました\(^o^)/\(^o^)/

●本当においしくて、2回食べに出かけました。1月の白味噌うどんと2月の酒粕うどん、どちらも好きで較べられません。次の楽しみは筍だなあー。

仁王門 うね乃」さん、筍まで待たず、また伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろでモンドールで悶絶(*_*)(*_*)

●全国100万人の読者の皆さま、りすのろ に行ってきたエリーでございます。

「リストランテ 野呂」2月16日(日)20時半~。
訪問多分162回目。

初めて訪問の方2名をお連れして、さらに知り合いとそのご友人で、ずっとこのサイトをご覧くださっていたという方にもお目にかかって、楽しいディネでした。

●モンドール持参。
Mont d’or  Vacherin du Haut -Doubs
AOP au lait cru

●ラングルも持参。

●新玉ねぎのスープでスタートです。

なめらか、自然な甘さ、温かくてよいです。

●初めての方2名をお連れしたので、
割烹も ぎょぎょっと驚く 魚盛り をしてもらい、

●わたしは金目鯛を炙ったもの、雲丹。ロマネスコのピュレ(味はそら豆とそっくり)、芽キャベツの素揚げ。

●野菜いろいろのサラダ。焼いたのや揚げたのやマリネやいろいろ。本当においしい、楽しい☆☆☆

今回はとりわけ、手前のフリットに驚きました。あんぽ柿のフリット、外側パリパリ、中はひたすらなめらかで、甘い甘い甘い\(^o^)/\(^o^)/

山椒塩を所望して、ピリピリの香味を添えていただきました。あーおいしい、、

●鴨肉と日本のフレッシュチーズ。先週と違うのはいちごが添えられていたことです。「マルシェノグチ」さんから仕入れた「やよいひめ」というものだそうです。

群馬県川場のこのフレッシュチーズがおいしい\(^o^)/ストラッキーノ、豆腐のような形、ひたすらなめらかでフレッシュ感がすてきなチーズです。

●そして、フレッシュ感とは正反対の、熟熟熟のフロマージュ、Langres ラングル(AOP)です。
シャンパーニュ地方からよく二条城前まで来てくれました\(^o^)/\(^o^)/

●この旨そうなの見て(*_*)(*_*)(*_*)www

●コロッケはシンプルな味で、ラングルが旨味と塩気を添えるわけです。最後、ラングルにはちみつもかけてみましたよー。

●ラディッキオ入りです。

●ラディッキオとはこれね。Radicchio. 
ウィキ先生に尋ねると、「ラディッキオは鎮静剤、鎮痛剤として作用するラクチュコピクリンやフラボノイドの一種であるアントシアニンを含む。」だそうです。
鎮静したのかわたしはこれを食べて?????

むしろ逆だと思う。旨い旨いとテンション上がりっぱなしでした。

●リゾットはスープドゥポワソンベースで甘鯛と九条ねぎソース。旨旨旨。

そして・・・

●Mont d’or モンドール(AOP)です。この通り、ジャスト食べ頃でした。すくって食べたらトロトロトロ、上品なおいしさ、でも濃厚で、旨い旨いとうわごとのように言うばかりです。

●モンドールだけでペンネを和えてもらったもの、これ旨いったらない。激しく旨い。超絶旨い。
旨旨旨旨旨( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)旨旨旨旨旨

●ヴァンショーをしてもらってペンネのモンドール和えと合わせました。

食中はペリエ、食後に黒豆茶をいただきました。

●りすのろ今週もおいしかったおいしかったおいしかったーーーーーー!
行っても行ってもおいしい、楽しい、知らなかったものが出てくる\(^o^)/\(^o^)/

次がまた楽しみです。

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席
2017年6月13日開店
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

食材と飲む量による。

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

(スープ、旬の魚盛り、蟹クリームコロッケ、魚料理、肉料理、パスタ、デザートなど)

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「割烹 竹うち」クラブエリー間人蟹祭り4日間

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

クラブエリー無限ループ@「割烹 竹うち」さん。1月の30、31日と2月の4日と7日の4日間、間人蟹コースをしていただきました。

蟹祭り@「竹うち」さんはすでに年中行事になっています。

●献立は赤い蟹の絵まで描き込まれ、進化していました\(^o^)/\(^o^)/

みんな大喜びね\(^o^)/

以下、4回分の写真いろいろで、順番もコースの通りではありませんが、

まあこんな騒ぎだったということで。

●ちなみに4回とも当日キャンセルもなく、わたしが着席して入る余地はなかったので、改めて予約しました。楽しみに出かけます\(^o^)/\(^o^)/

●竹内誉裕さん、お世話になりました(^o^)(^o^)

次また来月、新しい企画で2日お邪魔します。皆さん楽しみにー\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「岩さき」クラブエリー 2020年1月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告です。さかのぼって1月28日(火)、「岩さき」さんにお世話になりました<(_ _)>

●女将の早江子さん、明るい楽しいもてなしをしてくださいます。お話もおもしろの\(^o^)/\(^o^)/ みんな大好きです。

●カウンター、手前のお部屋と奥のお部屋で13名でお邪魔しました。もう毎回大人気で、こちらもクラブエリー無限ループです。

皆さん次も楽しみに\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「にし野」西院の焼き鳥の店

■ 全国100万人の読者の皆さま、鶏肉が本当に好きなエリーでございます。

先日のある晩、あけ~~~~み=泣く子も笑うコンシエルジュ・小山明美に連れられて、西院駅からほど近くの焼き鳥のお店「にし野」」さん初訪問。
●19時一斉スタート

●ぐるりと囲むカウンター11席max

●コースのみ

●1万円少しくらい。
●最初のむね肉のたたきから最後の焼きおにぎりまで、全部全部、申し分なくおいしかった(^o^)(^o^)/
けれど唯一、コースは所要ちょうど3時間で、わたしとしてはもちょっとぱっぱかぱっぱかと、できたら2倍速のスピードで食べたいもんだなと。

でもでも、若いご主人は感じよいし、全く無駄な動きなく目の前で焼いてくださっているので、3時間が必然の時間ということはよくわかりました。
昨年秋、あけ~みにすすめられてすぐ行ってみようと、「今日とか明日に席ないですか、1席で~」と予約しようとしたのだけど、そんな直前に席があるわけはなかった・・・はやるのよくわかりました。

にし野」」さん、鶏肉に力があって、旨味たっぷりで、ほんととてもおいしかったです。\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「東山 吉寿」クラブエリー2020年2月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

さかのぼって2月12日(水)は「東山 吉寿」さんにお世話になりました。

今月のテーマはお寿司と鮮度

●八寸は節分仕様です。甘藷で鬼を作ってくださったんですが、ピカチュウに見えるという方もいた\(^o^)/\(^o^)/

●店主の鈴木吉寿さん。カメラを向けられたら、即座にポーズをしますよっと\(^o^)/\(^o^)/

●穴子を骨切りして炙っています。

●生で、塩味でいただく穴子のお寿司、これはわたしも好きでした\(^o^)/\(^o^)/

(わたしは甘辛く炊いた穴子が好きではない。)

●カウンター10席、お部屋6席で伺いました。

●蒸し寿司も登場。わさびの葉で蓋をされて供されました。

●「許可なく顔出ししてはならぬ」とモデルクラブから言われている会員の皆さまなので(笑)、左右トリミングした写真ですが、3名ずつ、6名いらっしゃいます。

●九条ねぎを味わうための料理で、牛肉はあくまで引き立て役と。

●これはうなぎ寿司。

●鯖寿司のこの整然たる並びを見よ\(^o^)/\(^o^)/

●炭を当てて焼く。「パフォーマンスでやってるんではない」と言いつつ、やっぱりハデ\(^o^)/\(^o^)/

●デセール用のいちごキター。今年も「あーん」なのか???

●違った、シェーカーだった、いちごカクテルでした\(^o^)/\(^o^)/

●これがデセール。ヴァニラアイスクリーム入りのいちごカクテル。アルコールあり/なしで用意してくださいました。

●さらに16名分のショコラを用意してくださって、渡しながら、

「日本にはお返しの習慣がありますよね?」だと( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

3月にお返しせいと言ってるのね(^o^)(^o^)

今月も盛りだくさん、楽しくておいしくて勉強になった「東山 吉寿」さんでした。

吉寿さん、スタッフの皆さん、お世話になりました<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 映画「男と女 人生最良の日々」

■ 全国100万人の読者の皆さま、初日に劇場と言えば、これも見に行ったエリーでございます。

●2月8日(土)京都シネマでクロード・ルルーシュ監督の「男と女 人生最良の日々」。
映画館は割引の水曜日に行くものなのだけど、曜日関係なく初日に出かけるという酔狂なことをしました。だってやっぱりこれは見たいでしょう、、
ダバダバダの名曲を残したフランシス・レイさん以外はみんな生きていて、同じメンバーで10日間ほどで撮影したのだと。
ジャンルイ・トランティニャンさん90歳近く、アヌーク・エーメさんも87歳とかで、まあよく撮れたね、、こんな映画を撮らせてもらえたルルーシュさんもすごいと思う。
作中、1966年の1作目のフラッシュバックが半分くらい使われています。めちゃくちゃに懐古的だし感傷的とも言えるの。
フランスの映画評も分かれていて、酷評の方も、まあわからんではないと、、
●あちこちに出ているルルーシュさんインタヴューやパンフレットもすみずみ読んだけれど、不思議でしょうがないのは、1966年の「男と女」から53年ぶりの再会とばかり書いてあって、「男と女Ⅱ 20年後」という作品が間違いなくあったのに(1986)、まるでなかったことのようになっているのですね。ルルーシュさんは全く言及していないし、ふたりも、実は30年ぶりくらいのはずなのに、まるで53年ぶりに会って昔の話をしてドーヴィルの思い出の部屋を見に行って、みたいな作りになっているのが変だなあと思いました。さらに、「Ⅱ」の方ではアヌーク・エーメの娘は母そっくりの美貌の女優なのに、今回の新作では(今回は1966年版で子役をやっていたのと同じ人)たくましい獣医さんで、およそ「Ⅱ」の時の面影もなく、整合性というものが全くないの( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
なんというか、ルルーシュさんたちは2作目をあえてなかったものにしているとしか思えなかった・・・あまりにヘンに思って、2作目をAmazonPrimeでざざざと見直したら、配給がワーナー・ブラザースなのね。アメリカ資本ということ?? 砂漠でロケしたり空撮したり、確かに規模が違う。お金もかかっています・・・(2月23日追記。1966年の1作目もワーナー・ブラザースでした。DVD見て確かめました。ごめん<(_ _)>)
●なんで土曜日に出かけたかというと、上映時間が10時と14時で、平日昼は大抵クラブエリーか講座をやっているわたしはとても出かけられないからで・・・しかしこの時間って、高齢者向けってことか?と思っていたら・・・本当にわたしがおそらく最年少っていうくらい、観客は年配の方ばかりでした。同時代に1作目をご覧になった方々なんだろうなあと。懐かしい思いをされているのだろうなあと。100席ほどのお部屋はほぼいっぱいでした。
●わたしはさすがに1966年公開時には見ていなくて、大きくなってフランス文学やフランス映画一辺倒になってから見たわけだけど、それでも軽く30年ほど前のこと(-_-;)(-_-;)
●1966年版を見ている方は、まあこれを見て損はないと思います。ほぼ認知症状態でも、トランティニャンさんはフランス語でキザったらしいことを言ったりするのよ。
フランスは大した国だわ( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
(京都ではCOCON烏丸の京都シネマで3月6日まで上映中。)

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 南座、市川海老蔵 特別公演へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、歌舞伎も嫌いではないエリーでございます。
●2月14日(初日)、16時の回に行ってきましたー。
年末の顔見世ほどではないけれど、でも2時間少しの観劇ってものすごい時間の贅沢をした気分です。
●團十郎襲名前の最後の市川海老蔵さんの「勧進帳」、価値がありました\(^o^)/\(^o^)/

●チケット頑張って取ったんだから\(^o^)/2階最前列、花道の真上です。

●「祇園饅頭」さんに寄らずにいられただろうか?(いいやいられはしなかった。)

●大好きなにっき餅をいただいたのでした\(^o^)/\(^o^)/これほんとーにおいしい\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ ヤサカのピンク三つ葉

■ 全国100万人の読者の皆さま、ヤサカさん好きのエリーでございます。

*****************
見ましたよ
ピンクの三つ葉を
河原町(^o^)
*****************
ヤサカさんタクシー、
ヴァレンタインスペシャルを四条河原町で。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「虎屋菓寮」で生菓子と煎茶

■ 全国100万人の読者の皆さま、外で、生菓子(和菓子の)とお茶(お薄ではないお茶)をいただくということがにわかにテーマになったエリーでございます。

その2は「虎屋菓寮」さんの京都四條南座店。大和大路四条下ル、南座のお店です。

●煎茶とお菓子を選択。お茶は、抹茶と煎茶の選択ができます。

煎茶はお湯のみに、程よく冷めたお湯が入ってきます。黒いポットにも、沸騰状態ではなくほどよく冷めたお湯。

●お菓子は椿餅を目標に出かけたのだけど、この時は薯蕷かうぐいす餅の選択でした。

●これね。

●御膳餡=こしあんです。わたしはこしあんが好き。

「虎屋菓寮」さん、あのゆったり美しい京都一条店へも、時間の余裕のある時伺いたいなあと思うのでした。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ZEN CAFE」で生菓子と煎茶

■ 全国100万人の読者の皆さま、外で、生菓子(和菓子の)とお茶(お薄ではないお茶)をいただくということがにわかにテーマになったエリーでございます。

その1は「ZEN CAFE」さん。

先日「鍵善良房」さんの喫茶室でお菓子をいただきながら、そうだ「ZEN CAFE」へも伺おうと思い立って。

●伺うのは久しぶりです「ZEN CAFE」さん<(_ _)>

「おすすめ3」で取材させてもいただいています。

●メニューはこんな。

セットの飲み物は、飲み物メニューの上から5品の中から選べます。

●上生菓子、季節のお菓子、特製くずもちと選択肢があり、ヴィジュアルでこうやって見せてくださいますから、外国人もわかりやすいでしょう。

いやわたしもわかりやすい\(^o^)/

●上生菓子はきんとんです。選択肢はなくこれのみ。そして、「鍵善良房」さんの今のラインナップをいただけるわけではありません。

お茶は煎茶を選択、急須にもまるまる1杯分入って供されます。

日本茶は煎茶かほうじ茶。抹茶という選択自体がありません。

●つくね芋のきんとん、「風光る」という菓銘。

●中は白粒あんでした。

●インテリアが本当にすてきです。入ったお部屋にカウンターと2席のテーブル2卓、このひとり席は左右対称にあり、この奥のお部屋には丸テーブルです。

●「ZEN CAFE」さん、くつろげる、風情のいいお店です。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「プチレストランないとう」夜遅旨すぎ

■ 全国100万人の読者の皆さま、「プチレストランないとう」さんの夜遅アラカルトが本当にいいと思うエリーでございます。前回は2月1日の夜

その後2回出かけておりまして、今週前半にこんなのをいただきました\(^o^)/\(^o^)/

●ふきのとうカナペ、

ふきのとうのほのかな苦みがよいです。人生のように少し苦いのです\(^o^)/\(^o^)/

●生ハムサラダ

いろいろ混ざっていて、仕上げにふわふわとフロマージュが散らされていて、旨い旨い旨いの(*_*)(*_*)

●ゴルゴンゾーラポークカツ、

ゴルゴンゾーラのソースがちゅわーと流れ出すの、
これどうよ、旨すぎる(*_*)(*_*)

旨旨旨旨旨旨旨旨旨( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)旨旨旨旨旨旨旨旨旨

●ハヤシライス、牛肉がたっぷりたっぷりのってきました。海老芋揚げたのと。

ごちそう感がありました。

おいしかった、おいしかった、おいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆☆☆☆

●豚汁で締め\(^o^)/\(^o^)/

**********************************

●先週の前半には以下をいただきました。

まず牛タンシチューをカツにした、ひと口アミューズが供されました。その後、

●よもぎスープ

●ハンバーグです。食べ応えあります\(^o^)/\(^o^)/

●「プチレストランないとう」さんにおいて、豚汁はマストです。

●(ご飯セットの)豚汁です。具材みっちりぶりを撮りたかったのです。

プチレストランないとう」さん、また伺います\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

★クラブエリーの皆さん、移転後の新しい「プチレストランないとう」さんは夜のみ営業です。

3月下旬に、お昼のクラブエリーをお願いしていますので、どうぞお見逃しなく\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「一保堂茶舗 嘉木」で春のきんとんとお饅頭

■ 全国100万人の読者の皆さま、ご機嫌エリーでございます。前回の7日間の記録に引き続き、「一保堂茶舗」さんの喫茶室「嘉木」のお茶とお菓子の報告、新たに3回分です。

●2月4日(火)

くき煎茶とともに、

「二條若狭屋」さんの天満の梅  きんとん 粒あん

同じく「二條若狭屋」さんの家喜芋 白こしあん

きんとんをまず選択。

その後、「家喜芋の作りたて(真空パッケージ前)のおいしさは違う」と話を伺ってそちらも味わいたくなり、プラス料金でお菓子2つをお願いしました。白こしあんの家喜芋、感動的においしかった\(^o^)/\(^o^)/

*****************

●2月6日(木)

極上ほうじ茶とともに、

「京華堂利保」さんのきんとん 此の花 粒あん

華やかなきんとんが大好きだから選択。ただし粒あんでした。(わたしはこしあんの方が好き。ごめん<(_ _)>)

*****************

●2月11日(火)

くき煎茶とともに、

「塩芳軒」さんの代表銘菓、聚楽。焼き饅頭です。中はこしあん。全体がものすごく香ばしいです。つい生菓子の方が上等みたいに思ってありがたがりがちですが、これ本当においしくて、おかげであちこちのお店の看板のお饅頭を、再び端から食べてみたくなりました。

*****************

●なんでこんなに「一保堂茶舗 嘉木」さんが楽しいのか、繰り返し行きたくなるのか? 行くたび違うお菓子が楽しめるということと、もうひとつ(こちらが主たる理由のはずですが)、淹れたての、熱々の、すごくおいしいお茶を、ざぶざぶと飲めるということだろうと思います。京都で和菓子がいただけるところはまずほぼ100%、「和菓子と抹茶」のセットなのですね。東京から京都に足しげく通っていた時は、そんなものなのかと思っていましたが、今やそれは現実的ではないのではないかと思うわけです。お薄はもちろんいただきますが、しかし生菓子をまずいただき、その後3口でお抹茶を飲んでそれで終わりって何とも余韻のないことと思っていて(わたしが不調法なだけなんかもしれませんが)、こちらのように、なみなみとほうじ茶やくき煎茶をいただき、ポットで出されたお湯がありますから2煎めもいただき、さらにお湯だけ飲んだりもできれば、実に身体はあったまるし、何よりものすごい満足感があります。

(わたしは熱湯直接のお茶ばかりいただいていますが、「嘉木」さんにおいては薄茶や濃茶はもちろん、湯冷ましを繰り返してから淹れる煎茶や玉露もあります、念のため。)

●茶葉をこれだけ入れるのねということもよくわかって(かなり入れる)、自宅においても茶葉の量とお湯の温度とお湯の量をきっちり守れば、「嘉木」さんにいる時と同じようにおいしく飲めるということがわかりました。

さっそく「極上ほうじ茶」の茶葉を買ってやってみました。茶葉は10g、大さじだと4杯! 急須に入れるのです。そこに熱湯を240cc。しゃーっとお湯を注ぐだけで、馥郁といい香りが漂います。お湯のみに注いだらこれを熱々のうちに集中していただくのです。もうほんとーに幸せ\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

一保堂茶舗」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「富小路 やま岸」の、「蔵がゆ やま岸」

■ 全国100万人の読者の皆さま、新しいお店に出かけて驚き楽しんだエリーでございます。

蔵がゆ やま岸」さん開店\(^o^)/\(^o^)/

富小路 やま岸」さんの、二条駅近くのお店(「二条 やま岸」)、香港のお店に次いで、4軒めのお店の誕生です。

●「富小路 やま岸」さんの、駐車場をはさんで向かいにある蔵です。

●をを\(^o^)/\(^o^)/岩崎武夫さんが迎えてくださいました\(^o^)/\(^o^)/

かつて「和久傳」さんで、30年にわたって総料理長をつとめられた方です。

岩崎さんがお手伝いをなさったということで、

●「蔵がゆ やま岸」さん、お粥のお店のオープンです。

岩崎さんにお知らせいただき、10日お昼に飛んで行きました\(^o^)/\(^o^)/

●中はこんな。蔵の風情を生かした造り、靴を脱いで上がります。4テーブル、各2席で、合計8席。

●朝8時半から昼の13時半まで開店。月替りでお粥コースをいただけます。
2月はこんなメニューでした。

●まず松の実を浮かべたお湯をいただきます。

●先付3品。

蔵の中でまず撮りましたが、室内の照明でべたっとしちゃっう・・・

●きれいに撮らなくちゃ~~と、自然光のところまでお盆を持って行って撮りました。

じぇんじぇん見え方が違うでしょ(^o^)

鯛のお造り、鶏肉胡麻だれ、白和え。
粋な小皿をいただいていい気分になります。

●さてお粥は、この通り各テーブルにコンパクトなIH クッキングヒーター(A4サイズより小さい小型の卓上電気こんろ@ドリテック\(^o^)/)がありまして、をを、鍋仕立てなのねと理解するわけです。

●香の物とちりめん山椒が供されます。枯山水のように美しい\(^o^)/

●蟹のお粥来ました\(^o^)/

蟹、わかめ、三つ葉、生姜です。

●ぐつぐつしてきたら食べ頃です。いい香りが漂って、幸せな気分になります。

「お粥の朝ご飯」と聞いて、こんな贅沢で楽しいお鍋を想像したでしょうか?(いいや想像しなかった\(^o^)/\(^o^)/)

●ご飯をすくいますよっと(^o^)/

●蟹の身たっぷりたっぷりです\(^o^)/\(^o^)/

おだしまで全部すくっていただくと、身体はぽかぽかの熱々、あーもうほんとーーーにおいしかったです\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●最後に水物で、くるみ餅とフルーツ、三温糖のジュレ。

上品な甘味で終わって、しんそこよい食事でした。これ☆☆☆☆☆☆6つ星です。

以上で2500円税サ込み、なんてお値打ちなのでしょう。

●皆さんで写真撮りましょう~~と、言っているのに、岩崎さんは後ろに逃げる。

●ひっしで連写しますが、カメラ目線ゲットは難しい( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

「和久傳」さん(とその出身者さんたち)においては、写真に写ろうとしないこういう方(木山義朗さんとかね)と、写真に出るの大好きな人たち(やっちゃんとかヨースケとかね)と二分されるのでした(^o^)(^o^)

●「蔵がゆ やま岸」をやっていかれるのはこのおふたりです。

お料理が、右の原 理恵子さん、ご実家はお寿司やさんで、以前高台寺の料亭「W」さんで修業なさったことがあるとのこと。「Wさんでの修業はほんの数年だし、しばらく前のことだし」と謙遜されるのですが「高台寺和久傳」さんとすぐにわかることなのでした\(^o^)/\(^o^)/

そして左側が藤井志保さん、優しいもてなしをしてくださいました。岩崎さんと仕事をしていらしたということ。

これははやりますねー ちらりと店主の山岸隆博さんにもお会いしましたが、次々はやる要素しかないお店作りをされること、すばらしいと思います☆☆☆

*****************

「蔵がゆ やま岸」

「富小路 やま岸」さんの、駐車場をはさんで北側。

京都市中京区富小路通蛸薬師上ル西側

電話 075-746-2446

営業は8:30~13:30、

要予約。予約電話は14時頃までに。

火曜と水曜休み

2020年2月7日からプレオープン

ただいまソフトにゆるゆるオープンとのこと。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろでフロマージュたっぷり\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろに行ってきたエリーでございます。

「リストランテ 野呂」2月9日(日)20時半~。

訪問多分161回目。

●温かいスープから。ほうれん草のポタージュ、フランスの岩塩バターと。

●なめらか、濃厚、理想的に旨。

●フロマージュブランと鴨肉とオレンジの組み合わせ、これも理想的によし\(^o^)/\(^o^)/

●おおもんはたのフライ\(^o^)/\(^o^)/

薄垂惣酢(うすたれそうす、「ごだん 宮ざわ」さん特製)も供されました。風味を添えます。つけて、つけて、最後全飲みです。

●今回一緒に食べたのは1年ぶりにりすのろで会う方で、お好みを考えたら、フロマージュ多めなら喜んでいただけそう・・・

●アフィデリス、オッソイラティ、モリテルノ・アル・タルトゥーフォ(トリュフ入りのペコリーノ)、ブルーは2種類で、ロックフォールとブルードーヴェルニュ。

イタリア勢とフランス勢で、フランス多数だったのでタイトルはフォルマッジョではなくフロマージュになっています\(^o^)/

●こちらは鶏肉ローストに、ゴルゴンゾーラ。下にトマトのソース。旨いに決まっていてずるいー\(^o^)/\(^o^)/

●コロッケキター。二番手のりきーが仕上げをしてくれます。トリュフの香りのペコリーノをばさばさと削りかけてくれます。

●ちゃんとシェフも見ていますよっと(^o^)(^o^)

●食べる前から香りたって、見るからに旨そうだー\(^o^)/\(^o^)/

●菜の花のコロッケ。

●リゾットには柿入り。甘く優しい味。ここに、

●ミモレットを削ってもらいます。

●これまた旨いわ\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●食後にヴァンショーをしてもらいました。今回はスペシャルなシナモンを持参・・・本当に本当に香りがよくて、今までシナモンと思っていたものは何だったのか?というほどの芳香でした。

●使用量はこれだけだったそうです。なのに、目の前にふわああああと別世界が広がっているような香りでした。カレーも食べられるカフェ専門店の店主さま、すばらしいセレクションです\(^o^)/\(^o^)/

●りすのろ今週も本当においしかった\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

行っても行っても手を替え品を替え楽しませてくれます。

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席
2017年6月13日開店
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

食材と飲む量による。

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

(スープ、旬の魚盛り、蟹クリームコロッケ、魚料理、肉料理、パスタ、デザートなど)

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「太極殿本舗 栖園」の琥珀流し 2月

■ 全国100万人の読者の皆さま、これまた画期的な味だと思ったエリーでございます。

「大極殿本舗」さん高倉通本店の「甘味処 栖園」へ。月替りの琥珀流し、2月はこれです。

●2月はカスタードソースということで、琥珀流しの甘いプリン液仕立ては全く初めての味でした。

●もちょっと寄ってみますよ。中央に卵白メレンゲ、カラメルソース。

寒天はふるふるでたまらなーい\(^o^)/\(^o^)/

これものすごくおいしかったです(^o^)/☆☆☆

●「栖園」さん、また伺います。

★ちなみに、本店の「栖園」の琥珀流しは、六角店の「栖園」のものとは別シリーズです。

*****************

「大極殿本舗」本店

電話 075-221-3533

京都市中京区高倉通四条上ル東側

2019年6月5日リニューアル開店

当初火曜休みとされていましたが、その後、

定休日は水曜日に変更されています。

★「栖園」は11時~17時です。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろでりんご甘酢漬け、海老リゾット

■ 全国100万人の読者の皆さま、さかのぼっての記録です。先週もりすのろに行ってきたエリーでございます。

今日出かける前にアップしたいのでした。がんばります(^o^)/

「リストランテ 野呂」2月2日(日)20時半~。

訪問多分160回目。

●畑菜の熱いポタージュ

●ぶりを少し炙ったのと、雲丹。パプリカのソース。下に大根の葉と菊菜のかつお節風味(新しいw)

●りんご(王林)の昆布甘酢漬けにオリーヴオイル。先週から所望していたもの。

●サラダはりんご(王林)とセロリ、アンディーヴ、はっさく、クレソン。ヴィネグレットソースで。

●フロマージュを食べたくて、オッソイラティと、ブルーはゴルゴンゾーラ。

●ヴァンショー。オレンジ風味を足してくれていい香り☆☆☆

●リゾットです。海老だしで海老リゾット、スナップえんどう。

●旨いったらないの(*_*)(*_*)

歯がなくなってもこれ食べられる。長寿の時代にいついつまでも食べられる、すばらしい料理と言えましょう\(^o^)/\(^o^)/

クラブエリー100歳までできます\(^o^)/\(^o^)/

●もちろんコロッケもいただきました。

●レーズンとシナモン\(^o^)/\(^o^)/

●今回もほんとーに、おいしかったおいしかったおいしかった\(^o^)/\(^o^)/

●そしてお菓子は・・・

これどーしても食べたくて、けれどわたしはこんな大きなものは食べられないのだ。一緒に味見してもらうことに。

もうフェーヴは出て来ないけれど(笑)、切ってもらいました。

●なかなかおいしかったのです\(^o^)/

●これ。無印良品の「特大塩チョコバウム」というものでした\(^o^)/\(^o^)/

りすのろすぐまた行きますー

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席
2017年6月13日開店
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

食材と飲む量による。

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

(スープ、旬の魚盛り、蟹クリームコロッケ、魚料理、肉料理、パスタ、デザートなど)

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「亀屋良長」の楽しいお菓子いろいろ

■ 全国100万人の読者の皆さま、四条通堀川東入ルの「亀屋良長」さんに行ってきたエリーでございます\(^o^)/\(^o^)/

●2月8日(土)夕方です。

映画を見た帰りに、がらりと気分を変えて向かったのでした。

●「焼きカカオ」を思い出したら食べたくてしょうがなくなり多めに買ってきました。サクサクしていい香りで止まらんのです。

●「かめや女子和菓子部」さん特製の立春のお菓子です。「鳥羽玉ブログ」に詳しくあります。2月4日(火)~2月10日(月)の期間限定販売ということです。

●菓銘は「東風(はるかぜ)」だそうです。うぐいすをイメージして作られたということ。ちょっとひよこちゃんみたいだけど鳥を模したかわいい形です。外側ういろう、中は白こしあん。口あたりなめらか、優しい甘みでものすごく気に入りました。女子部さんのお菓子作り、すてきな活動です。またいただきに伺います。

●生菓子はお薄とセットみたいですが、

●わたしは抹茶ではなくほうじ茶でいただきたくて、ほうじ茶で、とお願いしたのでした。

●ちなみに他にはこんな生菓子がありました。
●他にもトースト用スライスようかん!! 明日朝楽しみにいただきます\(^o^)/

●こういうものね。
●ちなみにこれは、阪急梅田本店 9階催場で限定のサトミフジタさんのショコラ羊羹です。
亀屋良長」さん、楽しかったー\(^o^)/\(^o^)/
また伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「鍵善良房」で限定の生菓子

■ 全国100万人の読者の皆さま、先日の「一保堂茶舗 嘉木」さん通い以来、気持ちが和菓子になったエリーでございます。「おひもさん」おいしかったなと思い、祇園の「鍵善良房」さんへ。ここでは今までもっぱらくずきりをいただいていました。おみやげには「菊寿糖」。フランスに持って行ったこともあります。
生菓子は(「ZEN CAFE」さんの方でいただいていましたが、この記事や、この記事)本店でいただくのは初めてかもしれません。

●お店に入ったところでラインナップを見せていただき、

●喫茶室の方ではこのプレゼンをしていただきました。美しいです。

●「蝋梅」に心が動きかけましたが、

●祇園大茶会協賛のお菓子で、期間限定、2月11日までのこのお菓子を選びました。
水ようかん「とうとう」、滔々たる水の流れですね。

●なめらかで、ふるふるふるの柔らかさです。持ち帰りもできないということです。

●生菓子とお薄のセットです。

●今のお品書きはこんな。

鍵善良房」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「カレーヴェルディ」で・・・

■ 全国100万人の読者の皆さま、今週もみっちりびっしりよくがんばったエリーでございます\(^o^)/ 大したことはしていないけれど、でもでも予定通りに1週間を過ごせて、充実感を感じるからいいのだ\(^o^)/\(^o^)/

さかのぼって2月3日(月)(その前もさかのぼることたくさんあるんだけど待ってて、)は、洛北、京都造形芸術大学の通称「カレーヴェルディ」さんへ\(^o^)/\(^o^)/(正式名称はたしかヴェルディ 京都造形芸大店

●カフェも売っていますが、

●スパイスが店の中央にこれだけ揃えられているのです\(^o^)/\(^o^)/

●こんなの買いましたよっと(^o^)/

●シナモンです。本当のシナモンとはこうなのかと。

これはいつもヴァンショーをしてもらうところに持って行くということで(^o^)

他にカルダモンも購入。

●で、わたしはこんなすごいプレートをいただいたのです。いいでしょう、ふぉっふぉっふぉ\(^o^)/\(^o^)/

説明はここを見てね。

おいしかったなあ。この充実ぶり、満足感に包まれました。

●こんな写真を撮ってもらいました(^o^)

店主の続木義也さんのウエブサイトにも載せてくださっていて、しかしよく書き過ぎってば。

Eさんに赤い服が世界一似合うのはその通りとして(笑)、「京都とパリをまたにかけてグローバルな活躍をされている」というのは嘘ですねー\(^o^)/\(^o^)/パリは遊びに行っているだけですって。祖国だから、里帰りですって。

●このように写真を撮っていらっしゃいました之図。

●店主の続木義也さんです。カレーの本まで書いてしまい、「カレーヴェルディ」も大成功\(^o^)/\(^o^)/

●コーヒーもおいしいです\(^o^)/\(^o^)/

ヴェルディ 京都造形芸大店さん、また伺います\(^o^)/\(^o^)/

追記:店主さんに怒られました<(_ _)><(_ _)>

*****************

弊店は「カレーも食べられる珈琲専門店」です。
お間違いのないように。

*****************

とのことで、大変失礼いたしました\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「Obase オバセ」NHK文化センター講座

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

第1木曜、NHK文化センター講座のお昼で「Obase」(おばせ)さんにお世話になりました。よかったーー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

素材よく、トリュフや柑橘が馥郁と香り立ちました。風味明確ながら、優しい味わいのお料理でした。ものすごく好評でした\(^o^)/\(^o^)/

●店主の小長谷(おばせ)英之さん(左)と、ヘルプで登場の「和gan」桂田裕士さん。

●もっと寄りましたよっと\(^o^)/

よくしていただきました。ありがとうございました\(^o^)/\(^o^)/

●一品、書かれていない料理がありまして、

カルタファタ(耐熱ラップ)の料理が3品目に供されました。

●ひと皿め、ふわああとトリュフが香る状態で供されました。

茨城県産伝助穴子の炙り、温かいカリフラワーのズッパと。

色々カリフラワーとブロッコリーのサラダ。フランス産黒トリュフを散らして。

●これは柑橘たっぷり、目覚ましくいい香りでした。

能登産の天然ぶりの炭火焼き、いろいろ大根ときんかん、九条ねぎ、一休寺納豆入りの大根のすり流し。黄身酢のソースと自家製からすみ添え。

●カルタファタキター\(^o^)/\(^o^)/

●熱々のぐつぐつで供されました。

●これがメニューに載っていない料理。

京都牛のテールと、手練り仕上げのモッツァレラチーズ、新潟の弥彦太郎の椎茸、大原の春菊が入った包み焼き。

引っ張り上げたこの椎茸おも特別おいしかったのです。

●パスタはふぐと白子。ロースト白菜。柚子が馥郁と香り立ちました。

●熊本あか牛のいちぼの炭火焼き、5種類のキャベツのソテと高知のみかん。いんかの目覚めと自家製マスタードのピュレ。菊芋のフリット、カシューナッツを散らして。

●りんご酢のソルベをひと口。

●ほうじ茶のいちご大福。

●生地をぺろんと開いてみたらこんな。ほうじ茶クリームおいしかった\(^o^)/\(^o^)/

●カフェか紅茶か煎り番茶かの選択で、番茶です。

●最後、おいとまの間際に気づいたのですが、カヌレは販売されていました。京都三条カヌレ 。かわいい正方形の箱でした。

●本当にしみじみおいしいなと思ったコースでした。

Obase」さんありがとうございました。参加者の皆さんにも感謝たくさんです<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「VELROSIER」現代風で美麗な中国料理

■ 全国100万人の読者の皆さま、GOOD NATURE STATION 2階の、
VELROSIER」さんに行ってきたエリーでございます。
粉あり泡ありの現代的な料理で、分解再現料理というのかしらん、たとえば上から冷たいにらパウダー、底には熱いにら茶碗蒸し、間に炒めた豚ミンチとキャベツ、おろし生姜、パリパリの餃子の皮が仕込まれていて混ぜて食べたら餃子の味になるという具合で、とにかくお手間がものすごくかかった、技巧的で理知的な料理です。
味はばっちり決まってとてもおいしい。
麺やらご飯ものやらはありません。その代わりに花巻がコース中ほどで供されます。肉料理で終わりで、デセールとなります。

以下、お昼の12000円(税サ別)のコースです。

●黒ベースのインテリアです。

●rosierなので薔薇のように巻いた布ナプキン

●グラスきれいです。付き合ってくださった方はベルギービールを飲まれました。わたしは発泡水です。

●石焼き芋の風情で、揚げ点心が供されてスタート。
安納芋と豚ミンチを、大和芋を裏ごしして作った生地に包んでラードと浮き粉で揚げたもの。さつま芋コロッケという感じ。

サクサクしっとり、おいしいと思います。

●シェフの岩崎祐司さん、仕上げはこちらからよく見えるところでやってくださいます。

●(珊瑚の上にのせて、)春巻きの皮パリパリの中に、海老ミンチがサンドされている。
カリフラワーのピュレ、揚げたカリフラワー、薄切りのカリフラワー。
揚げた海老に、チリソース。
とてもおいしいと思います。

●3皿目は、芽キャベツのような姿で、しゅうまいの皮に包まれた豚肉と芽キャベツ、豆鼓の風味。底は紫キャベツサブレ。上にも紫キャベツ

●4品目は、金時にんじんソース、りんご、紹興酒と上湯スープで炊いた牛すじ、牛のゼラチンのジュレ、北海道の生雲丹。昆布の泡。金時にんじんのテュイル。

●一緒に行った方の紹興酒(15年もの)のロックはこんな。グラスがきれい。

●上から冷たいニラのパウダー。

●下から、(下は熱くて、)にらの茶碗蒸し、炒めた豚ミンチとキャベツ、紹興酒漬けの帆立、生姜、餃子の皮をパリっと揚げたもの。くずし混ぜもって食べると、全体で餃子の味になる。

●ぶり大根。手前、ぶりて照り焼き、ごく薄い大根のテュイル(大根もちと)。その下に、

●ぶりの竜田揚げでした。

●ナスタチウムの葉の下に、大根餅のソテ、大根おろし、大根のジャンローポー(醤油漬け)、大根サラダ。
まわりのソースは甜醤油(てんじゃんゆ)。甘い。

●花巻はここで供されました。

●パリパリごぼう細切りチップ、ごぼうあん。
下に、蒸した塩味鶏肉、百合根ピュレ、ふかひれ、白子。
ピスタチオを削った粉。

●メイン料理、牛肉。花乃牛。噛みごたえのある肉。部位はまるしん。
上にパリパリのキャベツ。
きくらげとキャベツ炒め。芽キャベツと豚ミンチだんご
甜麺醤パウダー。じゃがいものピュレ。
ホイコーロの分解料理とのこと。

●杏仁豆腐はゼラチン仕立てと寒天仕立て両方を味わえて食感の違いを楽しみます。

●赤米で色をつけたココナツミルク、ココナツミルクの冷たいパウダー。
杏仁豆腐はゼラチンと寒天(角切りの方)で食感を違えて。
アニスで炊いた大納言あずき。桂花陳酒で炊いたみかん。

●食後の飲み物は、紅茶かカフェかの選択。

●小菓子4種類。

プリン、紹興酒入りのカラメルソース/開口笑というめでたい揚げドーナツ/ココナッツとピーナツ入りフロランタン/ショコラのマカロン/タルトシトロン、下にプーアールサブレ。

VELROSIER」さん、楽しいコースでした。また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「一保堂茶舗 嘉木」のお茶とお菓子

■ 全国100万人の読者の皆さま、1月末の月曜日から2月2日の日曜まで、ちょうど1週間こちらに通ったエリーでございます。

●寺町通、二条上ルの「一保堂茶舗」さんです。

お店の奥に「嘉木」という喫茶室があり、「一保堂」さんのお茶を京都の名店のお菓子と共にいただけます。

「一保堂茶舗」さんは1717年「近江屋」として創業、1846年に「一保堂茶舗」に。「嘉木」は1995年頃、ごく小さなコーナーとして設けられました。

その頃は煎茶「芳泉」がお菓子付きで350円といった値段で供されていました。

それがリニューアルされて、今のような喫茶室になったのは2006年10月のこと。

わたしは2013年の『京都の甘いもん』のために撮影・取材をさせてもらいましたが、今回ちょっと久しぶりに伺ってみたら、その頃よりもずっとお菓子の選択肢も増えている上、毎日違うお菓子が届いており、楽しいったらなかったのです\(^o^)/\(^o^)/

これ通わないでいられるだろうか?(いいやいられはしまい。)

以下7日間の記録です。

●お茶の品書きです。寒い時期は、湯冷ましせずに熱湯で淹れるお茶が好きなので、以下すべてメニュー右側からの選択です。

1月27日(月)

極上玄米茶とともに、

「笹屋守栄」さんの紅玉椿(べにたまつばき) こなし、こしあん 
一緒に行った人は、くき煎茶とともに「末廣菓舗」さん黒豆大福

*****************

●1月28日(火)

極上ほうじ茶とともに、

「中村軒」さんの水尾 白あん、豊かな柚子風味の薯蕷

*****************

●1月29日(水)
くき煎茶とともに、

「千本玉壽軒」さんの雪間の緑 黒糖のきんとん、白あん

*****************
●1月30日(木)
くき玉露とともに、

「二條若狭屋」さん福梅 ういろう、白あん

*****************

●1月31日(金)
玄米茶(大福茶)とともに、

「亀廣脇」さん 雪まぐさ ねりきりのように見える薯蕷 こしあん

*****************

 

●2月1日(土)

くき煎茶とともに、

「京華堂利保」さん下萌 黄身しぐれ  緑あん

*****************

●2月2日(日)

極上ほうじ茶とともに、

「鍵善良房」さんの おひもさん さつまいもあん
*****************

●「嘉木」は40席ほどあります。週末などは順番待ちの列になるようですが、平日夕方などは待ち時間なしで入店できます。

お正月の花びら餅などは、同じ花びら餅を、数軒のお菓子屋さんから取り寄せていると伺いました。

濃茶や薄茶とのセットがあり、他のお茶との組み合わせも可能だったとか。

季節によってはモンブランなど洋菓子が用意されることもあるそうで、しばらく伺わない間に楽しい展開をされていたのでした。

一保堂茶舗」さん、すぐまた伺います<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「プチレストランないとう」の夜遅アラカルト

■ 全国100万人の読者の皆さま、移転後の「プチレストランないとう」さんも、本当にいいなあと思うエリーでございます。

●エントランスの敷物がまずかわいくて、踏むのが悪いと思う(^o^)

●壁にはこの豚ちゃんです。

●入るとすぐに不動明王さまです。以前、お座敷にあったお軸が額装されて飾られているのです。

●カウンター、個室、そしてこのメインダイニングです。以前と席数同じとのことですが、席数が増えたような感じがしてしょうがないです。

現在「プチレストランないとう」さんは夜のみの営業。当初日曜は昼営業もありとされていましたが、今は夜のみ営業で、月曜休み。祭日でも休み。わかりやすいです。

●さて、18時オープンで最終入店19時の、コースをいただく営業時間の後に、だいたい21時頃からの夜遅アラカルトタイムが設けられてすてきです。

予約はできませんが、当日電話で席状況を確認。

21時頃から、23時頃LO、24時頃閉店という時間設定です。チャージは300円、ひとり1ドリンク以上頼むこと。

わたしは今回は雑誌の撮影をお願いした日の夜に改めてお邪魔して(21:40頃)、軽くこんな風にいただいたのでした。

●ミートローフが付き出しに供されました。

●ロースハム、うすいえんどう豆のソースと。

●車海老のコロッケ、おいしいのわかっています\(^o^)/\(^o^)/

●ビーフストロガノフのハーフサイズ。旨旨旨。

●豚汁も。具材みっちり入っています。

何もかも、理想的においしいと思います\(^o^)/

●(今回いただいたのではありませんが)、こんな選択もあります。ビフカツサンド\(^o^)/\(^o^)/

●ちなみにこちらは18時からの、コース料理の方の献立です。

メインとごはんものが選択できて、

●こんなに選択肢があるのです\(^o^)/\(^o^)/

アラカルトは気楽でよいよ、という話でしたが、コースもまた食べに行きたくなりました。

プチレストランないとう」さん、また近いうちに\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************