■「四川料理 蜀江」ANAクラウンプラザホテル京都

■ 全国100万人の読者の皆さま、赤いインテリアの中ですてきなお料理をいただいて喜んだエリーでございます。

7月31日(水)夜、ANAクラウンプラザホテル京都の「四川料理 蜀江(しょっこう)」さんへ。以前の中国料理「花梨」跡に、7月18日オープンした四川料理店です。
森田恭通さんがデザインされたという店内が、赤とゴールドが基調で華やか、まず喜びました\(^o^)/\(^o^)/

とりわけ20席円卓のお部屋のゴージャス感はすごい\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
お料理は「四川飯店」の陳建太郎さん監修ということで、楽しみに出かけました。
写真は夜の陳建太郎さんディナーコース。
四川料理といいながら、さすがホテルの料理と思わせる上品な味で、どなたにでもおすすめできるものでした。
中でも心を奪われたのは、
●ふかひれと蟹のスープ
●海老チリのグラタン仕立て
●黒毛和牛のチンジャオロースー
(正確にはチャンジャオニューロースー)
の3品でした。

以下、順番にいきます。

●「四川料理 蜀江(しょっこう)」さん、地下1階のファサードはこんなです。

●これは20席の円卓を備えた華麗なお部屋です。ここで会食をすれば盛り上がるわ素敵だわ\(^o^)/\(^o^)/

●この夜の、陳建太郎さんディナーコースです。 

●雲白肉でスタート、

●オードヴルはチャーシュー、蒸し鶏、牛すね肉と牛舌、くらげ、茄子など。

●ふかひれスープは、ふかひれはもちろん、渡り蟹の内子とずわい蟹の身もたっぷり入って、問答無用で旨かったです。下はフォアグラのフランになっていました。
フォアグラダメな人には差し替えもしてくださいました<(_ _)><(_ _)>

●海老チリソースも、グラタン仕立てでズッキーニや賀茂茄子、じゃがいもなどたくさんの野菜と合わせてあって、新味がありました。

●黒毛和牛で作られたチンジャオロースー(正確にはチャンジャオニューロースー)はセルクルで抜いた丸形で供されて、この牛肉が、真空で58℃で火を入れましたという実に今風な食感のもの。ピーマンの方に味がついていて、混ぜもっていただきました。なじみある料理でありながら、新しい出し方。これほんとよかったです(^o^)(^o^)/☆☆☆

●五目おこげは、目の前であんをかけて仕上げてくださいます。シャーっという音、心地よし\(^o^)/\(^o^)/

しかし、パリパリした従来のおこげではありません。しなーっとしなやかになった、シート状のものでした。ひと月じっくり乾燥させて作ったすごいものみたいですが、わたしは従来の方が好きだなあ・・・ごめん<(_ _)><(_ _)>

●締めは麻婆豆腐と白ご飯でした。

「四川飯店」、東京にいる頃に結構よくお邪魔していて(20代の頃だけど、一時、職場が本店からごく近くだったこともあって)、懐かしい思いでいただきました。

●「四川の昔ながらのデザート」だそうです。フルーツのジュレ寄せに、黒蜜。

ご馳走さまでした<(_ _)><(_ _)>

●飲んだのはペリエと、

●紹興酒を少し。

●このコーナーでいただきました。

●店内は華麗です。

●半個室、個室とお部屋いくつもありました。全室、赤が効いたインテリアでいい感じでした☆☆☆
四川料理 蜀江(しょっこう)」さん、おいしくいただきました。丁寧なサーヴィスをしていただきました。御礼申し上げます。
今後またいろいろでお世話になります。

クラブエリーの皆さん楽しみに\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「マールブランシュ」八条口店リニューアル

■ 全国100万人の読者の皆さま、「マールブランシュ」さんはいつも楽しい開発と店舗展開をされるなあと思っているエリーでございます。

7月30日(火)遅い午後、8月1日の八条口店リニューアルオープンのプレオープンへ。
京都駅近鉄名店街みやこみちのお店が、がらりとリニューアルされていました。

旧サイト内を調べたら、2008年10月12日に、「近鉄名店街 みやこみちに、マールブランシュカフェオープン、10月6日におひろめ」とありましたから、オープン11年後の大改装ですね。
マールブランシュさんの代表銘菓「茶の菓」や「京サブレ」はもちろん、生菓子の販売もあり、さらにカウンターでできたてデセールがいただけたり、このお店限定のグッズがあったりします。楽しいお店です\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●「マールブランシュ」さんの「M」マークと鮮やかな緑の「茶の菓」の表示ですぐにお店はわかります。

●「京都駅近鉄名店街みやこみち」入ったところすぐの場所です。

●まずは「茶の菓」ですね。今は夏ヴァージョンもあります。

●をを、いらっしゃいましたね、河内康太朗さん\(^o^)/\(^o^)/ 広報の方・・・と思っていましたが、現在、正確には 取締役 侘家事業部事業部長 さんになられているとか。
「このお店では、こうやって籠を持って、買い回ってください」と。楽しくにぎやかな「お菓子の市」がコンセプトなのだそうです。

●わわ、「京サブレ」「茶の菓」をモチーフにしたがま口がありました。これはかわいいわ(^o^)(^o^) 

●「茶の菓」の色です。お菓子にこれを添えてプレゼントしたら粋なのではないか\(^o^)/\(^o^)/

●カウンタースペースがあります。お客さまがたくさんいらして写真を撮れなかったので、マールブランシュさんからいただいた写真を使っています。

●カウンターでまずいただきたいのがこれです。

グラスで供されるお濃茶のドリンク、「ナイトロブリュー」といって、なめらかな泡が立っていてうっとり美味なものでした。東京に(住んでいるとして)帰る前に(新幹線に乗る前に)これ飲んだら、後ろ髪引かれるだろうなあ♪という感じ。

●今回の看板デセールである、目の前で仕上げてもらうモンブランミルフイユは、ミルではなく3フイユ(笑)、パリの「ヤン・クヴルール」さん風の仕立てなんだけど、マロンのクレームがおいしい、アイスクリームがおいしい、刻んだ栗がおいしい☆☆☆

●「薬味」といって添えられるアーモンドやラム酒や塩や胡椒で、味わいの変化が楽しめてよかったです。

●最後に心を奪われたもの:このお店限定のトートバッグです\(^o^)/

●これを見てわたしは大喜びしました\(^o^)/\(^o^)/

肩掛けできる大サイズの赤も作ってねとお願いしてきました。

●きれいな写真も載せておきましょう。マールブランシュさんから拝借したものです。<(_ _)>

●河内康太朗さん、デセールを作ってくださった池本典代(みちよ)さん、スタッフの皆さんありがとうございました(^o^)/

「マールブランシュ」八条口店のウエブサイトはこちら。
http://www.malebranche.co.jp/store/108/
京都駅近鉄名店街 みやこみち内
電話 075-661-3808
9:00~21:00、カウンターは20:30LO。
2019年8月1日リニューアル開店

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ りすのろで、ピオーネやらカレーやら

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ報告のエリーでございます。
「リストランテ 野呂」7月28日(日)20時30分~。
多分訪問128回め。
今回食べたもの:
*****************
●秋田の夏の蕪スープ 冷製
●はま鯛の昆布締め、せりと
●合鴨のさっと焼き、ピオーネと
●鱧フライ、アンディーヴフライと
薄垂惣酢で。
●(コロッケその15)カレーコロッケ
●(パスタその101)リゾーニ カレーソース(追いオマール)
●再びカレーコロッケ、あんまりおいしくておかわり。
●うわみず桜の実のパンナコッタ、アングレーズソース
●黒豆茶
●ポルトをロックで
*****************

以下順番にいきます。

●冷製の蕪のスープの後に、はま鯛の昆布締め、せりと。

●いかにも高級そうなピオーネがプレゼンされて、鴨肉の登場です。

●ピオーネと合わせた合鴨さっと焼き、非常においしかった\(^o^)/\(^o^)/

●大ぶりのピオーネおいし\(^o^)/\(^o^)/

●鱧フライとアンディーヴのフライとを、「薄垂惣酢」で。笑。

●「薄垂惣酢」とはこれね。先日の「じき 宮ざわ」さんです。

●コロッケその15、カレーコロッケたまらなくおいし。

●パスタはカレーライスか?に見える、リゾーニ(米粒状のパスタ)。リゾーニを入れたコロッケを所望していたのだが、カレーと共に出てきました。

リゾーニコロッケでアランチーニのように、というの、そのうち楽しみにしておきます。
でもって、これが、パンパカパーン♪ とパスタその100か?と思ったら、これはすでに、パスタその 101なんだと。あわわ。

●先日用事で寄った際にちゃっと作ってくれて、試食みたいにいただいたものが、実は100であったのです。( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
「これは間違いなくあなたの自家薬籠中のパスタであると思う」と難しい言葉を使ってエラソーに褒めた冷製パスタが100だったそうです。

●リゾーニカレー、まだまだ美味を重ねていきます。追いオマールがきて、さらにその後、玉ねぎ揚げ玉がキター\(^o^)/\(^o^)/

●カレーの後、もう一度カレーコロッケを所望しました。絶対食べたかった(^o^)☆☆☆
●ちょっと苦味の効いた、うわみず桜の実のパンナコッタ、アングレーズソースをいただきごちそうさまでした<(_ _)><(_ _)>

●これがNP100=のろっちのパスタ100、その100でした。パンパカパーン\(^o^)/\(^o^)/

あさりだし、わずかにんにく風味、軽やかなトマト風味のベースに、釜揚げしらすとたっぷりの雲丹。冷製のスパゲッティでした。

この、魚介+軽やかなトマト味というのが本当にのろっちの得意とするもので、まさに自家薬籠中のパスタだー\(^o^)/と思ったのでした。
●りすのろ今回も本当においしかった\(^o^)/\(^o^)/
また来週\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

食材と飲む量による。

前もっての予約でコースも可。税込み8千円から。

(スープ、旬の魚盛り、蟹クリームコロッケ、魚料理、肉料理、パスタ、デザート)
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「SOU・SOU」の社長やらひさごやら

■ 全国100万人の読者の皆さま、街なかでどなたかにバッタリ会いすることが多いエリーでございます。京都の街はコンパクトにできているから、わたしに限らないことだと思いますが。

●料理屋さんからの帰り道、ばったり会ったのだわたしはこの方にww
名にし負う「SOU・SOU」、泣く子も笑う若林剛之社長ではないの\(^o^)/\(^o^)/
写真アップしますよんと申し上げたら、アップ前に修正するようにと指示が出まして、色白に美しくと。

●手っとり早く、以前(2011年6月17日)、旧サイトにアップした、美しい若林剛子さんの画像を貼り付けておきます(^o^)(^o^)(^o^)
(なつかしい写真、画像作製は今やカレーで名を馳せる「カフェ・ヴェルディ」さん。)

●わたしはSOU・SOUさんの「ひさご」という新しい文様で、くびまきが欲しーい(^o^)(^o^)
マッカの上にはおるといいのではないか?(^o^)(^o^)
(「ひさご」の写真はSOU・SOUさんウエブサイトから拝借<(_ _)><(_ _)>)

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「祇園にしむら」2019年7月のコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、7月の「祇園にしむら」さんに伺ったエリーでございます。7月27日(土)夜。

●店内リニューアル計画が着々と進行していました\(^o^)/\(^o^)/
9月半ばくらいには全館きれいになるそうです。
久しぶりにクラブエリーもお願いしますよっと(^o^)♪♪

●店主の西村元秀さん、変わらず元気。お店の手入れのことを熱心に話してくださいました。おもしろい。優しい(^o^)/☆☆☆

●以下お料理です。夏のコースを楽しみました。

●胡麻豆腐でスタートします。

●鱧と冬瓜、このお椀が、比類なくおいしーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆☆☆☆

●お造り、いつも通り、鯛とまぐろ。

●鯖寿司、わたしはこれ撮影だけ。

●からすみ、特別旨し。

●八寸も夏仕様。赤い方のつぼつぼには鱧の子。緑のつぼつぼには伏見とうがらしとじゃこ。天ぷらはいちじく、とうもろこし。

●焼きものはぐじ。

●ガラスの器で、冷たい焚き合わせ。

●おくら、万願寺とうがらし、かぼちゃ、揚げた茄子、茗荷。おだしひたひた。地味なようで滋味たっぷり、これ一品だけでも感激。

●ちりめん山椒のご飯、間違いなくおいし。

●本当はうなぎご飯だったのだけど、わたしはうなぎが要らない。ごめん。

●きゅうりの包丁技もすばらしーい。

●今回は赤だしではなく、昆布たっぷりのお吸い物でした。さっぱりというわけですね。

●桃もジューシー、理想的なおいしさ。

全部おいしかったー\(^o^)/
祇園にしむら」さん、気楽で安心、よいお店です\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー夜「なかじん」

■ 全国100万人の読者の皆さま、写真溜め過ぎのエリーでございます( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
写真を整理するよりもずっと早く、人生がびゅんびゅんと過ぎていくww がんばります。
●7月26日(金)、クラブエリー夜@「天ぷら割烹 なかじん」さん。ほんとーーによかったです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
天ぷらをざざざと揚げるのではなく、ひと皿ひと皿が創意工夫に満ちたお料理になっています。
万願寺とうがらしにとうもろこし、焼いた茄子と湯葉で天ぷらなど、食材の組み合わせが粋で、そこに合わせる塩も、うに塩、スモーク塩、焦がし醤油塩といった具合によく考えられています。
圧倒的にお手間がかかっているのです。
店主の中村一臣さんは、相変わらず凝り性というかおたくというか、「変態」と言われてもいいんだって。最高の褒め言葉と受け止めて喜びますって(^o^)(^o^)
最後天ばらは鮎の天ぷらをばらして白ご飯と混ぜ合わせたもの。どのお皿も、かんぺきと思える美味でした。

●じゅんさい入り、冷たいだしを張ったそうめんでスタートしました。暑い夜にふさわしい一品め。おだし全飲みいたしました。

●定番という感じの前菜の盛り合わせ。京鴨の代わりに鶏肉でしたが全くOK、ものすごくおいしいと思いつついただきました。
紫蘇の葉の上にあるのは淡路島産の鱧の南蛮漬けです。

●枝豆すり流し、上に生雲丹、だしのジュレ。ここに、

●鮨飯のパリパリにおこげにしたものが、揚げたて状態で添えられました。香ばしくて食感楽しくて、これよかった\(^o^)/☆☆☆

●海老の天ぷらにはうに塩。

沖縄うるま産車海老だそうです。

●意表を突かれる、万願寺とうがらしの中に焼きとうもろこしを射込みにした天ぷら。スモーク塩と。

●昆布締めにした鯛を、青しそで巻いて天ぷらにしたもの。柚子胡椒ならぬ、青しそ胡椒(自家製)が添えられました。これが目の覚めるおいしさと思いました。

●焼き茄子の天ぷら!! 焼き茄子のえもいえぬ芳香がそのまま閉じ込められた天ぷらでした。熱熱々でした。焦がし醤油塩と。

●サラダがまた格別のアクセントになりました。色がきれいだし、それぞれの野菜が息をしているなと思いました。

●明石産の蛸の柔らか煮の天ぷら、煮凝りと山葵。(わたしには紋甲いか+あおさ海苔塩をいただきました、感謝<(_ _)> )

●麦切りを作るところをみんなで見つめます。

●あーこれおいしい\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
小麦粉で作る、蕎麦のような食感の麺です。

●塩(マルドン)とだし、薬味に胡麻と生姜。

蕎麦湯が供されたので、おだし全飲みしました。

●琵琶湖の鮎の天ぷらをばらして白ご飯と混ぜ合わせたものです。天ばら。

●最後はミニあんみつを所望しました。

驚きっぱなしですばしかった「天ぷら割烹 なかじん」さん、また秋に伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「Restaurant Droit」レストラン ドロワ

■ 全国100万人の読者の皆さま、心からおいしいと思い、幸せになったエリーでございます。

7月25日(木)夜は寺町通荒神口の「Restaurant Droit レストラン ドロワ」さんへ。
お皿の上はシンプルなのに、それぞれの食材が最大限この上ない美味を発揮して舌を喜ばせてくれて、ほんとーーーにおいしかった\(^o^)/
ものすごくよかったーーー\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆☆☆☆
森永宣行さん、なぜかフランス行きの空港でよく会う縁で、その後も「ランブロワジー」でベルナール・パコーさんと会えたと大喜びしているさまは(facebookで)見ていてわたしまでうれしく、これは食べに行かねばならんと。
ちょっと久しぶりだったのだけど、より洗練され、さらに研ぎ澄まされた感じがしました。
熱さも冷たさも口に入れた時ちょうどよく、火の入れ加減、塩加減、食材の組み合わせ、すべてジャストに決まり、さらにふわあああああとエピスとハーブが香り立ったり(茄子の料理)、じわじわと旨味がいつまでも続いたり(魚や肉料理)、もういちいち完璧と思いながらいただきました。
最後のプリンもカラメルソースが苦くなる寸前までの濃さで、さらにここにコニャックをかけて味わうと、もうもう大人の香味でたまらんと思いました。

●店主の森永宣行さんです。上賀茂の、いかにもおいしそうな真っ赤なトマトをプレゼン。

●シャンパーニュを少し。友人の誕生日をお祝い\(^o^)/

●熱々のグジェール、ローズマリーの香り。

●冷たいグラスで供された、赤ピーマンのムースグラッセ、トマトのクーリと。

暑い夏の夜に、ひんやり口当たりよいソルベ状になったムース、この一品だけで、すでに心底満足です。

トマトのクーリにはわずかにアンチョヴィ入りと。酸味はェリーヴィネガーとのこと。

●カヴィア オベルジーヌ、とろとろの茄子です。茄子は3種類使用。
上に帆立貝。ピスタチオ、アーモンド、レモンバームの葉。和歌山のヴァレンシアオレンジの皮が馥郁たる香りを放っています。オレンジだけでなく、エピスいろいろがふわあああああと香りが立って、ここはどこにいるのか?という気分になりました。完全に別世界に来たような心持ちです。

●langue・écarlate ラング・エカルラート=塩漬け牛舌。黒毛和牛の牛舌ということでした。

●合わせたのはふんわりしっとり柔らかくした赤パプリカ、エストラゴンの香りのコンソメと。

●ごま笛吹鯛のポワレ パスティスのソースに空芯菜。

●岩手の牛肉の内もも肉、溶岩グリエに、プロヴァンス風にオリーヴの香りをつけた赤ワインソース。

●フロマージュは「吉田牧場」のマンジャクリとカマンベール。

●のぶさん、テンション高くていいいわ\(^o^)/\(^o^)/

●甘い、酒精強化ワイン。

●「森永プリンです」と出して来られる、食後の定番のプリン。カラメルソース濃厚で、柔らかさほどよく実になめらーかなプリンです。
コニャックをかけたら、またその香味で贅沢なデセールになりました。

●オペラの近くにある「Épices Roelligner エピス ロランジェ」(ここね)で買ってきたというアンフュージョン。ちょっと赤めでハイビスカスの香りのお茶を淹れてくれました。

●おいしいものって、必死で「これおいしいんだろうか?」って考えないで食べられるものだと思います。問答無用で「うわあおいしい\(^o^)/\(^o^)/」となる。時間とお金と胃袋のスペースと気持ち(期待の気持ち)を使う以上、目の前の料理をおいしいと思いたいのだけど思えないことが時々ある。(ここ最近でも明らかに2回ありました(-_-;)ww)
この夜の料理は問答無用の無条件降伏でおいしいと思えました。のぶさんが楽しそうに料理しているのがまたいいのです。幸せがお店に充満している感じ。
「Restaurant Droit レストラン ドロワ」さん、また伺います\(^o^)/\(^o^)/
*****************
「Restaurant Droit レストラン ドロワ」
電話 075-256-0177
〒602-0858
京都市上京区寺町通荒神口上ル東桜町49-1
18:00~22:00
全席禁煙
2017年6月15日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー「千ひろ」7月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

7月24日(水)、25日(木)の昼はクラブエリー@祇園の情緒色濃い「千ひろ」さん。夏の定番であるいちじくおだしひたひたや、ふんわり夢のような焼き茄子を織り込んだコースをしていただきました。

●カウンターとお部屋にお邪魔して入れるだけ、14~15名で楽しみました。

*****************

●八寸
鯛肝ゼリー寄せ/茶豆/もずく/とり貝 貝柱酢味噌/おくら/胡瓜酢メロン/鱧巻煮
●蛸煮、大根
●鱧造り、浮き袋、穂紫蘇、わさび、梅肉、塩昆布
●本まぐろ中とろ トマト、生海苔、山葵
●貝柱しんじょうお椀、粟麩、つる菜、柚子
●甘鯛酒蒸し 豆腐、木の芽
●ピオーネ湯葉かけ、海苔
●白海老ととうもろこしのかき揚げ
●焼茄子 生姜醤油と
●いちじく汁 三つ葉、生姜汁
●鮎ご飯 漬物、冷たい味噌汁(めかぶ、薄揚げ)
●りんごとオレンジのジュース

*****************

●鱧のお造り、

●こちらも鱧のお造り、器が違うとまた風情が変わります。

●本まぐろの中とろ、色の美しさにうっとり。赤い身の色にも、お皿とのコントラストにも。(^o^)(^o^)

●貝柱しんじょうのお椀。粟麩、つる菜、柚子と。

●甘鯛酒蒸しは、旨味がじんわり広がる名作でした。豆腐とよい調和。

●ピオーネに湯葉、海苔

 

●白海老ととうもろこしのかき揚げ

 

 

●こちらも夏の名物、ほわほわ熱々の焼き茄子、生姜醤油と。

●いちじくがおだしに浸った、夏の名物。

●繊細優美な器もたくさん見せていただきました。筆致の恐ろしく細かい赤絵、見ても見ても見飽きません。

●鮎ごはん、漬物、冷たい味噌汁。

この後、ジュース(りんごとオレンジ)をいただきました。

●ご主人のひろっち=永田裕道さん、「千花」さんご子息である凛々しい泰規(やすのり)さん、スタッフの皆さんにお世話になりました。クラブエリー参加者の皆さんもありがとうー\(^o^)/\(^o^)/
わたしは今回お料理いただかなかったので、改めて来週食べに伺います<(_ _)><(_ _)>

千ひろ」さん、クラブエリーは次回、12月にお願いしてきました。お申し込みになった方はどうぞ楽しみに(^o^)(^o^) まだわずか席ありますから、ご希望の方はどうぞ早めに(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 南草津「サカエヤ」「SAISIR」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、行きたいところには必ず出かけるエリーでございます。

7月23日(火)は、以前から一度出かけたいと思っていた滋賀県・南草津(新快速停まります)の「サカエヤ」さんとそのレストラン「SAISIR」へ、試食隊を結成して4名で。4人の内訳は、コンシエルジュ、お坊さま(笑)、料理人、わたし。
昼コースのいちばんいいの(5000円)を選択、しかしこちらはコースに熟成肉が組み込まれていないので、オプションで熟成肉(リブロース)炭火焼きを注文、さらに、シャルキュトリ盛り合わせ、熟成肉コロッケもコース外で注文。

●今回いただいたものは熟成度合いがまだ浅かった?ちょっと思っていたのと違いました・・・けれど伺って気が済みました。

●レストランに隣接した精肉売り場です。

●「京都 チェンチ様」のように行き先が明記されているものもあって、「チェンチ様」へ行きたいなあと\(^o^)/\(^o^)/
またがんばって予約します(^o^)/

●一緒に出かけた皆さまありがとうございました。

おかげでしっかり試食できて、楽しいお昼でした<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー@「新門前 米村」7月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。
●7月22日(月)はクラブエリー@「新門前 米村」さん。

5月のオープン以来、クラブエリーは3回めの開催ですが、まだまだ参加希望者が多くて来月以降も続きます。

●カレーか、白ご飯を選択できます。白ご飯には明太子が添えられます。写真は欲深く「カレーも明太子ご飯も」と所望された方の例です。笑。

●木箱に収められたデセールはたっぷりたっぷりで大好評、用意されているこのメニューがまたよいのです。

新門前 米村」 よねちゃん、スタッフの皆さんにお世話になりました<(_ _)>
また次回よろしくお願いいたします\(^o^)/\(^o^)/

参加者の皆さんもありがとうございました(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「よ~いドン!」のおすすめ3

■ 全国100万人の読者の皆さま、先週初め、出すの遅くなりましたが、7月15日(月)の「よ~いドン!」のおすすめ3で、で激しくおすすめをしたエリーでございます。

●今回はおみやげものというくくりになったのでした。

●「Nowhereman」さんは放送される前に何度か通ってひと通りお菓子を購入、おみやげにしたり、

●わたしのデスクトップ菓子になったりしました。焼き菓子しみじみおいしい\(^o^)/\(^o^)/
その上、ショコラのテリーヌなんていうのもひっそり作られていて、これがひんやりして香味よく、実によかったです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

初出記事これ

●「虎屋菓寮」さんの、昨年11月にオープンした京都四條南座店もご紹介、水ようかんをおみやげにとおすすめしました。このお店だけのあんみつをまずご紹介したかったのだけど、今回はおみやげのくくりでということで、持ち帰り可能なものをおすすめ。
あんみつはこれです

●冷たいものでは「ななや」さんの濃い濃い抹茶ジェラート。

皆さまご協力ありがとうございました<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ りすのろで茄子コロッケ\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ報告のエリーでございます。
「リストランテ 野呂」7月21日(日)20時半~ 多分127回めくらいww

茄子のとろとろコロッケが今回は本当においしかったのです(^o^)/☆☆☆
以下、食べた順番に、
*****************
●冷たいかぼちゃのスープ
●めいち鯛1 炙りハラミ 空芯菜
●めいち鯛2 背の方 あぶったの 上から粉山椒 下がトマトと実山椒のソース
●めいち鯛3 背の方 からすみ せり
●マンゴー、水茄子、いちじくのサラダ
レモン、すだち、柚子のヴィネグレットソースで
●あじフライとかにクリームコロッケが一体になったの(笑)
●コロッケその14、茄子のコロッケ、中にモッツァレッラ、下にトマトソース
●パスタはその99、プッタネスカ、しらす、島らっきょう
●ルイボスティのパンナコッタ、アングレーズソース
●りんご入りのチーズケーキ
●黒豆茶
*****************

●冷たいスープの後、

●めいち鯛の3段活用でした。それだけで食べて十分美味なものだけど、さらに手間を変え合わせるものを変えて、3皿で全く違うものでした。

●めいち鯛1 炙りハラミ 空芯菜

●めいち鯛2 背の方 あぶったの 上から粉山椒 下がトマトと実山椒のソース

●めいち鯛3 背の方 からすみ せりと。

3皿とも味が決まっていました☆☆☆ほんとそれぞれおいしかった\(^o^)/

この後2皿(サラダとフライ)の後に、茄子のコロッケが登場しました。

●コロッケその14です。茄子のとろとろをコロッケに、と所望すると、モッツァレッラ入りで出てきました。下に敷いたトマトソースとからめもって食べて、ほんとーーに旨かった\(^o^)/\(^o^)/

●ぐるぐるした、ショートでもないパスタです。これを使って、

●プッタネスカ、しらすと島らっきょう。NP100=のろっちのパスタ100、その99です。

●この島らっきょうが、おいしそうに見えながら・・・苦みがあって笑えました。「え?苦い?」と思いつつひとかたまり食べたら、ほんとーーーに口の中が苦みに満ちてしまった。パスタ全体が苦くなり苦笑。

りすのろにおいて、初めてちょい苦パスタというものを食べた・・・人生のようにちょっと苦かったと言えましょうか\(^o^)/\(^o^)/

●パスタの後、パンナコッタと、チーズケーキをいただき、黒豆茶でご馳走さまでした<(_ _)>

●りすのろ、今週もおいしかったおいしかったおいしかった\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

食材と飲む量による。

前もっての予約でコースも可。税込み8千円から。

(スープ、旬の魚盛り、蟹クリームコロッケ、魚料理、肉料理、パスタ、デザート)
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ JPHのグラスショコラ

■ 全国100万人の読者の皆さま、グラス(=アイスクリーム)大好き、ショコラ大好きで、最近もっぱらこんなデスクトップ冷菓を好んで味わうエリーでございます。
●ジャンポール・エヴァンさんのショコラのグラスです。
前回はこれ。)

●グラス オ ショコラ ドゥ というもの。

●こんなに種類があるのですものー、端から試さずにいられるだろうか?
(いいやいられはしまい。
●ついでにこちらは大好きエッフェル塔、ショコラでできています。よいですねー\(^o^)/☆☆☆

わたしにとっては精神の安定に必要なショコラです。
ジャンポール・エヴァン」さん、三条通のお店へまた伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「フランソア洋菓子店」開店

■ 全国100万人の読者の皆さま、このオープンを、とても楽しみにしていたエリーでございます。

●西木屋町通四条下ルの「フランソア喫茶室」さんの南隣に、「フランソア洋菓子店」、本日オープン\(^o^)/\(^o^)/

●昭和ノスタルジックなフランソア喫茶室さんのお菓子とスペシャルティコーヒー持ち帰りの店で、カウンターもあるけれどここでお菓子はいただけず、となりの喫茶室で食べてねということ。

お菓子は6種類くらい作られるそうです。

●今日はまずは3種類。レアチーズ、レモンタルト、洋梨のタルトと定番中の定番のみでスタート、明日から6種類並びますとのこと。3種類を2個ずつおみやげに購入、そして自分用に洋梨のタルトを購入してきました\(^o^)/\(^o^)/

●3代目立野隼夫さん、洋菓子店を実現されたこと、おめでとうございます(^o^)(^o^)/

●洋梨のタルト。これは喫茶室の方でも何度もいただいているものです。

フランソア喫茶室」と「フランソア洋菓子店」さん、またすぐ伺います\(^o^)/\(^o^)/

フランソア洋菓子店さんの電話番号は、

075-361-1538 です!! (上に出ている番号は少し違う。笑。)

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー 鷹ケ峯の「おたぎ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

7月18日(木)昼、鷹ケ峯の「おたぎ」さんへ。クラブエリー開催3回めです。今回もものすごくものすごくよかったです\(^o^)/
素材よく、シンプル、必要な組み合わせでぴたりと決まり、塩加減は的確、見て美麗。
今のいま食べたいものを、ばちーーーーっと食べさせてもらえた感じ。また食べに行きたい、季節ごと行きたいと思う料理。

この日はわたしも着席していただきました。
本当によかったーーー\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●鱧の季節、鱧でこんなすてきなひと皿を作ってくださいました\(^o^)/\(^o^)/

●以下、順番にいきます。

●沖縄のパイナップルジュースで始まりました。

●中に毛蟹がみっちり入って玉締め、上に雲丹ジュレこれがまた口当たりよく酸味絶妙でかんぺきでした。ぺき子ちゃん。

●お椀は鶏だしスープで翡翠茄子、ぐじの唐揚げ、冬瓜すり流し。生姜がよく効いてものすごく美味と感じ入りました。

●鱧料理4種類盛り込みでした。

生、湯引き、白焼き甘酢、鱧寿司。

●本当にシンプルに鮎のおいしさを楽しめて、最高と思いながらいただきました。

●ほぐほぐにほぐれる、山椒の効いた豚肉は理想的に美味。先の丸い、この鷹ケ峯とうがらしがまたものすごくおいしかったです。

万願寺とうがらしをこんなにわたし贅沢にいただいていますが、しかしそれでも、これはまた別物と思う肉厚ぶり、豊かな香味が楽しめました。

●「今朝とってきたもの」というのを見せていただきました。

●ものすごーく大きなじゅんさい入り、冷やし汁もおいしかった\(^o^)/

白葱、大葉、水玉きゅうり、胡麻。赤メ=赤芽=紅たで。

●油ものは早松=さまつ、早い松茸と、

●海老カツでした。

かつおだしの効いたソースが添えられました。

●白ご飯がまたつやつやぴかぴかで、旨いったらないの。細かくたたいた昆布も忘れがたいおいしさで、最後の最後まで圧倒されたのでした。

風味絶佳というコースでした。

●食後の甘味は宮崎マンゴーと、

●抹茶わらび餅でした。

クラブエリーの皆さんに喜んでいただけました。わたしも喜びました\(^o^)/\(^o^)/
店主の馬場一彰さん、一子さん、スタッフの皆さんに感謝たくさんです。参加者の皆さんにも御礼申し上げます。

次回のクラブエリーを2020年1月後半でまたお願いしてきました\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「おたぎ」電話 075-492-1771

京都市北区鷹峯土天井町18
17:30~20:00LO
毎週水曜休み、

第一土曜日と日曜日休み

2012年7月12日、北大路駅近くで開店

2018年8月23日現在地に開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ラデュレ」の京都四条店

■ 全国100万人の読者の皆さま、パリの「Ladurée ラデュレ」がついに京都にもー! 表敬訪問したエリーでございます。

四条通御幸町南側、「とらや」さん跡に、
ラデュレ」の京都四条店、7月15日開店。
サロン・ド・テは8月1日からということです。
京都店限定商品は抹茶風味のサントノレだって。

他に抹茶マカロン、さらに「聖護院八ッ橋総本店」さんとのコラボレーションで作ったマカロンヤツハシ。
もちろん定番のマカロンも揃っていましたし、イスパハンもありました。

*****************

●ちなみに銀座に「ラデュレ」のサロン・ド・テができたのがこの時で、

http://erisekiya.cocolog-nifty.com/kyototokyo/2008/08/post_d969.html

今から11年前の2008年の夏、懐かしい!!

小椋三嘉ちゃんも、ゆきぴ=大森由紀子も若いわー\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 新店「LURRA°」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、17日の夜、新店へ出かけたエリーでございます。

夜といってもまだまだ明るい17時台・・・

●7月9日オープンされた「LURRA°」(ルーラ)さんに行ってきました。
●夜営業のみで、17時半~ 20時半~。

カウンター12名で一斉スタートです。
1コースで18000+税サ=21300円でした。

アミューズ3品以降の料理5品に、ペアリングされた飲み物が付きます。

それ以外の飲み物は別料金です。

白ワイン、赤ワイン、日本のサケ、ほかカクテルなどが付きました。アルコールがダメな方にはもちろんノンアルコールの飲み物も用意されています。

●メニューはこんなです。

●以上3皿がアミューズです。

●以上2皿が野菜料理。

この後、魚、肉、ご飯ものと続きました。

●最後のご飯もの、これは焼きおにぎりのだし茶漬け。メニューには鱧とあるが穴子でした。上にのっているのは山椒パウダー入りの米で作ったパリパリ。
●この後、酸味系のデセールが2皿ありました。
デセールは集合テーブルに移動していただくようになっています。
あけーみ=泣く子も笑うコンシエルジュ、小山明美と共に伺いました。
「LURRA°」さん、すごい前評判だったし、やっぱり予約はなかなか取れないみたいです。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「近又」カウンターの「近また」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、新しい空間でお料理をいただき、楽しい夜を過ごしたエリーでございます。

さかのぼって先週末、春にリニューアルされて9席のカウンタースペースをもうけられた「近又」さんへ。
正確にはカウンターの部分は「近また」さんといって、「近又」さんの従来のお料理とは少し違いを出そうとされています。夜のみの営業、2万円。

●焼き場の前にいらっしゃるのが料理長の山口敏生さんです。

●写真はコースから、賀茂茄子、鱧、鮎、牛肉、祇園祭の時期だけの鱧の蒸し寿司。すべて手堅く美味でした。

他に供されたのが、
*****************

●先付に、蓮の葉に盛られたいちじく、白ずいき、冬瓜、胡麻だれ、だしジュレ、糸瓜

●ベビーコーン天ぷら

●雲丹揚げパン

●酢の物(たいらぎ貝 すいかみぞれ和え)

●食後にさくらんぼ入りの羊羹、キウイやオレンジなどフルーツに透明のジュレ
*****************
●「近又」8代目 又八 鵜飼英幸さん。法政大学工学部を卒業後、ニューヨークに渡って学び、その後は仕事をして4年間過ごされたそうです。

溌剌として優しくて、これは愛されますねー(^o^) 屈託なくすくすく育った感じ。7代目で父上の鵜飼治二さんもすっかり任せている様子で、お店はとてもいい雰囲気でした。

近又」さん、ありがとうございました。またみんなでお伺いしたいと思います<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ 朝日カルチャーセンター「じき 宮ざわ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、

さかのぼって先週、第2木曜の朝日カルチャーセンターのお昼を「じき 宮ざわ」さんにお願いしました。

前回12月の回があまりにも好評で、がらりと季節を変えて、夏の料理をいただこうとなっていたのです。
●この献立を見るだけではわかりません。ひと皿に食材を多彩に使って意表を突く、それでいて本当においしい料理を次々に出してくださいました。

●「じき 宮ざわ」の料理長・泉貴友さんすごい。ほんとーーーによかったです\(^o^)/\(^o^)/

●食前酒ひと口の後、ひと皿めです。桃の昆布締めと蛸(これはいか)。木の芽油。

●お椀はあこうと冬瓜、じゅんさい。

●鱧を炭火の焼霜で。青森の雲丹、八代の海苔。煎り酒。南瓜と玉ねぎを乳酸発酵させたもの。

●これは定番、焼き胡麻豆腐

●鮎をプレゼンしてくれる泉貴友さん。

●鮎の身の部分ともち米と合わせて、上から自家製のからすみをはらはらと。

●鮎の頭と尾、骨をバリバリに揚げたもの。きゅうりを炭火焼きにしておろしたものを、魚醤と。

●車海老、その海老の頭と殻の香りを移した油。上に高知のトマト、トマトのふんわりしたのと冷凍でシャリシャリしたのと。

●オリジナルのウスターソース「薄垂惣酢」。香り、味ともに鮮やかで、色合いは上品。やみつきになります。通販はしていません。お店でいただくしかない。
2500円+税です。

●ほたての天ぷら、とうもろこしのすり流し、とうもろこしのひげ、とうもろこしの薄皮をドライにしたもの。ウスターソースと。正確には「薄垂惣酢」と。

●お皿の底に、恐らく器を焼成した時からだろうきずがあったのだけど、

●にこにこマークにしか見えません\(^o^)/\(^o^)/

🙂🙂🙂🙂🙂🙂←これね。

●甘鯛、皮目は油で揚げて、身は炭火焼き。賀茂茄子炊いたのをからめもっていただきます。

●ぐじの頭や骨からとっただしに、自家製の麺。

●お漬物がたっぷり供されて、

●まだ柔らかいご飯をひと口いただきます。

天国のおいしさよこれ\(^o^)/\(^o^)/

この後おかわりをいただきます。2膳め3膳めで味が変わっていきます。

止椀も付きました。

●沖縄のパイナップルに、和三盆飴。

●もなかとお薄でご馳走さまでした<(_ _)>

●「じき 宮ざわ」さん、感動深いお料理でした。

また伺います。

泉貴友さん、スタッフの皆さんありがとうございました。参加者の皆さんにも御礼申し上げます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■(さかのぼって)「東山 吉寿」7月はうなぎ

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

今年は毎月伺っている「東山 吉寿」さん、今月も7月10日(水)、クラブエリーでお世話になりました<(_ _)>
カウンターとお部屋でみっちり伺いました。
今月のテーマはうなぎ。鱧の産地別食べ較べもありました。

●今回もまた華やかな演出で盛り上げてくださいました。よかったー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

来月のテーマはフレンチ、もう少し席あります。どうぞご参加ください\(^o^)/\(^o^)/

*****************

「東山 吉寿(ひがしやま よしひさ)」

電話 075-748-1216
京都市東山区妙法院前側町422番地

(東山七条の交差点より少し北を、西へ入ってすぐ)
昼夜営業、火曜休み

昼 6000円(税サ込み)~
夜 16000円(税サ別)~

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■(さかのぼって)りすのろでコロッケ旨し

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ に行ってきたエリーでございます。

7月14日(日)は le 14 juillet 、フランス革命記念日だけど、イタリアンの「リストランテ 野呂」20時半~。多分126回めくらいww
コロッケ2種類おいし、「宮ざわ」さんの「薄垂惣酢」を試しましたよっと♪ (やみつき美味。これから常備。)
パスタは茄子と万願寺の細造りしてもらって、少し食べたら追いフォルマッジョしてもらっていただきました。
全部間違いなし☆☆☆
*****************
●黄色ズッキーニのスープ(冷製)
●かつおのたたき 万願寺とうがらしと山椒のピュレ、トマト、せりの花
●のどぐろ 小松菜、アンチョヴィ
●コロッケその12 黒いちじくのコロッケ リコッタ、胡麻ソース
●コロッケその13 枝豆ごろごろのコロッケ 「宮ざわ」さんの「薄垂惣酢」と。
●NP100、その98 茄子と万願寺とうがらしのスパゲッティ、トマト風味、追いフォルマッジョ
●桃のパンナコッタ
●黒豆茶
*****************

●(黄色ズッキーニのスープの後に、)

かつおのたたき 万願寺とうがらしと山椒のピュレ、トマト、せりの花

●のどぐろ 小松菜、アンチョヴィ

●コロッケその12 黒いちじくのコロッケ リコッタ、胡麻ソース

●コロッケその13 枝豆ごろごろのコロッケ 「宮ざわ」さんの「薄垂惣酢」と。

●「じき宮ざわ」さんで、お店でだけ購入できるものです。(通販はしていません。)

●NP100、その98 茄子と万願寺とうがらしのスパゲッティ、トマト風味、追いフォルマッジョ

●茄子を細造りにしてもらいました(^o^)/

●フォルマッジョをはらはらたっぷりかけてもらって、おいしさ倍増でいただきました。

この後、桃のパンナコッタと黒豆茶をいただき、ご馳走さまでした<(_ _)><(_ _)>

●りすのろ今週もおいしかったーーー また来週(^o^)/☆☆☆

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

食材と飲む量による。

前もっての予約でコースも可。税込み8千円から。

(スープ、旬の魚盛り、蟹クリームコロッケ、魚料理、肉料理、パスタ、デザート)
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「京都 三条 やま平」初訪問

■ 全国100万人の読者の皆さま、やること常にあふれてコンスタントにサイトのアップができないでいますが、毎日みっちり生きているエリーでございます。

淡々と生きていきたいと思っているのに、毎日が要素が多くて濃過ぎるの(*_*)(*_*) 常に脳内、ウィリアム・テル序曲鳴り響き状態です。

でもでも、おいしいものを前に、カウンターやテーブルにつく時間、わたしはほっとして和んで、これでちゃんと緩急のバランスが取れているなーと思っています。

●さて15日、週明けいちばんのお昼に、先月開店した「京都 三条 やま平」さん初訪問。

「近又」さんで修業された兄の小坂和史さん、「スポンタネ」さんやフォーシーズンズホテル京都「ブラッスリー」さんなどで修業された弟の小坂佳史さんが共にコースを作り上げる料理店です。滋賀県・水口の大きなお店(200年以上続く150席ほどの料理店)を持っていらしたのをお父さんの代でいったん閉めて、兄弟は京都をめざしたのだと。
とても感じのいいご兄弟、あったかい雰囲気でよかった\(^o^)/\(^o^)/ 和食とフランス料理の折衷料理ってどんなんかなあ?と思っていたけれど、いい感じで調和していて、仲良しの兄弟なんだなーとすぐにわかりました。

●「京都 三条 やま平」さんは三条通、堀川通から少し東の南側にあります。

●小坂和史(かずひと)さん(兄・1986年生まれ)と小坂佳史(よしひと)さん(弟・1989年生まれ)。

コースはいくつかありますが、まずは1万円くらいのお料理で、とお願いして初回いただいてみました。

おだしやあんかけのあんの味がばちーっと決まっていて、見事においしかった\(^o^)/\(^o^)/

*****************

●鱧の落とし、シュガートマト、万願寺とうがらし、デラウエア 土佐酢ジュレ

茗荷のけん、花穂紫蘇

●牡丹鱧のお椀 冬瓜、じゅんさい、車すだち、梅肉

●近海天然物の造り=明石の鯛、和歌山のまぐろ

ストロべリートマト、水前寺海苔、紅たで、安曇野産のわさび

●煮穴子の蓮蒸し(帆立の蓮蒸し)

銀杏、枝豆、わさび、琥珀あん

●賀茂茄子の冷やし鉢

●車海老、青唐、小芋、ヤングコーン 生姜あん

●天使の海老 カフェドパリバターソース、レモン

●口直しにすいかのソルベ

●近江牛いちぼ 赤ワインソース

●琵琶湖の若鮎のご飯、赤だし、香の物

●塩カラメルのブリュレ、ヴァニラのアイスクリーム、メロン、巨峰、佐藤錦 アングレーズソース

●自家製の生菓子は「天の川」という銘の、いとも美しい羊羹

●食後はカフェか紅茶か抹茶が選べて、これは抹茶

*****************

●とてもよかったので、さっそくお願いごとをしてきました。
クラブエリーの皆さん楽しみに\(^o^)/\(^o^)/

*****************

「京都 三条 やま平」

電話 075-253-6667

京都市中京区三条通油小路西入ル南側

12:00~13:30(最終入店)、17:30~20:00(最終入店)

水曜休み

2019年6月21日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 掲載誌のお知らせ:ミセス 2019年8月号

■ 全国100万人の読者の皆さま、掲載誌お知らせのエリーでございます。

●現在発売中のミセス 2019年8月号です。

いつもの新店紹介ページでは、「新門前 米村」さんに出ていただいています。

移転後、またすごい人気\(^o^)/\(^o^)/ クラブエリーでもお世話になっています。

皆さまこの号もどうぞ(お買い上げの上)ご覧くださいませ<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「プーゼ」8月末で閉店(T_T)

■ 全国100万人の読者の皆さま、京都に移り住む以前から、お花といえば何でも寺町二条の「プーゼ」さん頼みできたエリーでございます。

●これはお見舞い用に発送をお願いしたアレンジメント。

●発注するのは赤い花ばかりではないんですよっと(^o^)(^o^)/


●しかし残念なこと・・・店舗を8月いっぱいで閉店されると。
教室は夷川通のアトリエで続けられるし、みなちゃん=浦沢美奈さんのアーティストとしての仕事ももちろん今まで以上にされるみたいですが(最近ではG20の装花を担当されています)、お店はなくなるんだって・・・悲しいです。()()
いったいどれだけここでお花を作ってもらったか、思い出しきれません。7~8割はマッカなアレンジメントをしてもらって、他は「アンティーク調で」とか「ニュアンス系で」なんていうお願いをしたのでした。
プーゼ」さん、8月末までは営業されていますから、お店にまた伺います。
 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 次のパリ行き・・・

■ 全国100万人の読者の皆さま、今年3度めの里帰りを決めてしまったエリーでございます(^o^)(-_-;)(^o^)

買っちゃった すこし早まる 里帰り
*****************

●一刻も早くまた行きたい、来年1月まで待てん、のどから足が出てきた。

どこかの隙間で行けないものか?
自分のスケジュールとAF空席の具合をぎゅんぎゅん見ていったら、11月の末ならなんとかなりそう、その時期ならノエルの写真も撮れるし、その上航空券の値段も安い!? \(^o^)/\(^o^)/

●いくらなんでも11月にそんなにゆっくりできないので、日程を少し縮めてみたらさらに安くなって、これは買うしかない、行くしかない。今までの最安値で買えました。(反対に、先日の6月のパリ行きは今までの最高値だったww)

●わたしの昨今の暮らしにおいては、年に何度か買う航空券がいちばん高価なもの。これを買うとあわわわww と青ざめて全く無駄遣いというものがなくなり、かえって良いかもと思います。ほかで一切の贅沢をしない。

●さらに、ここでぽーんと留守をするのだから、頑張らねばならんと時間の無駄も減る感じがします。
今日からまたひっしのぱっちです\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「丹」3周年の夜コース

■ 全国100万人の読者の皆さま、1週間がんばったエリーでございます。\(^o^)/\(^o^)/
クラブエリーやり講座やり、おなじみの店も新店も訪問して、お菓子の試食もしました。よく食べたww
週半ばの写真は追ってアップするとして、順番が前後しますが、写真は「和久傳」の「丹」さんの、3周年記念の軽め夜コース。
偶然にすてきな方々と会えた夜。
お店は全面開放で夜気が気持ちよく、
お料理おいしい、おしゃべり楽しいでテンション上がりました。
「丹」さん、来週またクラブエリーでお世話になります。
キャンセル出て席ありますから、来られる方いらしてください\(^o^)/\(^o^)/

●雲丹、アボカドにサバイヨンソース、だしのジュレ。

●かつおのたたき

●胡麻和えは、新じゃが、酢取りにしたごぼう、三度豆、にんじんの葉。

●油ものは、アスパラガス、ヤングコーン、コーンの枕になっているのがゴーヤです。

富士酢を使って作られた酸味ソースが粋でした。

●茄子を細造りにして、おだしを張って素麺のようにいただく冷たい一品。おだしも全飲みいたしました。

たまらなくおいし。クラブエリーの時もしてねとお願いしておきました。

●焚き合わせというかほとんどお椀。鱧の骨だし、旨旨旨・・・

鱧、れんこん、湯葉、おくら。梅風味。

●ヨースケ、キター(^o^)(^o^)/ 山手陽介さんです。

●名残の豆ごはん、豆が大きくてほわほわと香りよし。これもまた、旨旨旨・・・

●「豆だくで」とお願いしました。豆たくさんでと。

●止椀は、大きな大きなあさり(横綱あさり)入りの味噌汁。

●食後の甘味というかひたすらさわやーかなひと皿、トマトとトマトのジュレ、ほんのり甘い仕立て。するりつるりといただけて、夏の夜にふさわしい締めだなあと。

「丹」さんやっぱりよかったー\(^o^)/\(^o^)/ 

●今回やっちゃんの姿を写してないが、やっちゃんにもお世話になりました。

●やっちゃん=料理長の北嶋靖憲さん、この人ね。3年前、オープン時の写真です。(^o^)(^o^)/

★★7月19日(金)昼のクラブエリーに、どうぞご参加くださいませ\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「遊形サロン・ド・テ」レモンのタルト

■ 全国100万人の読者の皆さま、瞠目の思いでこれをいただいたエリーでございます。

●俵屋さんの「遊形サロン・ド・テ」の新作、夏レモンのタルト。

●こういうものです。

わたしは酸味系のデセールを自分から選ぶことは決してくなく、「酸いのは人生だけで十分である。せめてデセールは甘くなければならない。茶色くなければ~~!!」と常々言っているのですが(レモンがきらい、ベリー類が好きではないということではありません。誤解なきよう、念のため)、それでも今回は「遊形」さんの新作、せっかくすすめてくださったのだからといただいてみたら・・・もうもう、わたしにおける酸味デセールの歴史を塗り替える味でした。
レモンのクレーム、レモンのコンフィチュール、土台はパットシュクレ pâte sucrée。優美な口当たり、上品な酸味。かんぺきな調和でした。

●運ばれると同時に、上からはらはらとふり柚子のようにふりレモンがされました。爽やかな風が吹き抜けるようなお菓子でした。人生もこのように爽やかであればよいなあ\(^o^)/と思ったのでした\(^o^)/\(^o^)/

●せっかくなので、定番ムース・オ・ショコラもやっぱりいただいて帰りました。「リドル」時代からの定番の名作です。

●美しくて、なめらか。香りよく、ひと口で陶然となり、何もかもどうでもよくなります。ショコラのお菓子のわたしにとっての決定版のひとつです。

●夏レモンのタルトはあと1週間くらいだそうです。
そして毎夏楽しみな白桃のジュレが始まります。
昨年の白桃のジュレの記事です。

●近いうちにまた伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 法輪寺の電電宮へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、ちょっとした目標を定めて、写真を撮りつつ地図を見ながらたどりつくのがものすごく好きなエリーでございます。京都でもパリでも。ミニ散歩ミニ遠足です。

昨日の投稿の「オカフェ」さん嵐山店の帰り、ここに行かずにいられただろうか?(いいやいられはしなかった。)

●一度おまいりしてみたかった、電気と電波の神さまを祀る「電電宮(でんでんぐう)」へ。渡月橋からほど近い法輪寺さん内にあります。

●渡月橋を西側に渡ってすぐの場所に裏口の階段があってそこを上がって行きました。階段に次ぐ階段だけど、せっせと上がっていくと、

●着いたところに「電電宮」の標識がありました。

●コンパクトでかわいい「電電宮」です。

●協賛社一覧にははずらりと電気と電波関係の社名が連なっていました。(サイズ縮小せず、データ大きいままで貼り付けます。)
電気製品大好きなわたし、これは一度ご挨拶しておいてよかったと思います\(^o^)/\(^o^)/
ちなみにお守りを買うとSDカードなんだそうです。
●法輪寺本殿にも一応ご挨拶<(_ _)><(_ _)>
●電電塔も眺めて正門からおいとましたら、阪急嵐山駅までほんの5分ほどでした。

法輪寺さん、おかげで楽しいミニ散歩でした(^o^)(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「オカフェ キョウト 嵐山」開店\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店ご紹介のエリーでございます。

●「オカフェ キョウト 嵐山」、7月10日オープンです\(^o^)/\(^o^)/ 開店に先駆けてお店を見せていただきました。

●自分のことを、男前・イケメン・モテモテと言ってはばからない(それが芸風ww)の岡田章宏さん、綾小路の本店を4日間閉めてこちらにいらしています。

●見渡す限りの岡田ワールドです( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
カフェはダンディブレンド、パーティブレンドなど定番ものに加えて、シングルオリジンの豆で3種類用意しているとのこと。

●かねてから焙煎を自分でやりたかったということです。
車が買えるほどのお値段の焙煎機とか。

●メニューにももちろん店主さんシルエットです\(^o^)/\(^o^)/

 

●エスプレッソトニック、しゅわっとしておいしかった\(^o^)/\(^o^)/

●カップにももちろん店主さまがいらっしゃいます(^o^)(^o^)

●これは広報さんからいただいた写真です。

●パンどらならぬ、肉どらがありました。本店と同様に甘いパンどらとして、粒あん、抹茶あんもありました。

●左から本店のゆたかちゃん、中央が岡田章宏さん、そして右がこのオカフェ キョウト 嵐山店の焙煎士である山本順平さん。

この指さしポーズを「オカダ フィンガー」って言うのだとか(^o^)(-_-;)(^o^)(-_-;)

●Tシャツも今回作ったんだって。販売もされていました。
上の写真2枚は広報さんからいただいたものです。

●こうやって売ってるのww

●渡月橋からほんの1分ほどの距離です。白い建物です。

●暑くなくて風が気持ちよく、久しぶりに嵐山のミニミニ散歩も楽しんだひとときでした。
この話は次の投稿に続きます。
*****************
Okaffe kyoto オカフェ キョウト 嵐山」
京都市右京区嵯峨中ノ島町官有地朝乃家内
電話 075-756-2997
10:00~17:00、無休
2019年7月10日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「上賀茂 秋山」の昼コース

■ 全国100万人の読者の皆さま、和食やっぱり大好きと思うエリーでございます。

7月8日(月)、昼の「上賀茂 秋山」さん。この日の夜は貸し切りとのことでいっぱいで伺えず昼になったのですが、昼コースも一品一品工夫が凝らさればしっと美味、秋山さんよくしゃべっておもしろくて(あれだけしゃべれたらいいなあ♪)非常に満足しました。さらにお値段がまたひどく良心的で、これは街なかから遠くても、はやるわなあと。
野菜たっぷり、彩りきれい、おだししみじみおいしい、お造りがまた昼の値段を考えたらあり得ないくらい上質、梶の葉など飾りもきれい。とろみのついた冷しそうめんとか目鍋で出てくる熱々の茄子田楽とか、繰り返し食べたい、心に響く料理の連続で、深く感じ入りました。
ほんとーーによかったです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆☆☆☆

●12時少し前に扉は開かれました。

●鱧。すりおろしたきゅうり(祇園祭の間きゅうりを食べないものだが、紋のように見える輪切りではなく、すりおろしだから「セーフ」らしいです(^o^)(^o^))、焼茄子、伏見とうがらし、ズッキーニ、焼トマト、南瓜のパリパリ。

だしは鱧だしと賀茂茄子のだし、梅の風味。鱧はもちろん野菜たっぷりでおいしい、おだしが身に染みる。初めのこのひと皿だけでも感動深いです。

●夏らしいお椀、明石の蛸のしんじょう(実はこれは貝柱のしんじょう<(_ _)>)、黄ズッキーニ、モロッコいんげん、山芋のじゅんさい風(葛を打ってお湯に入れて、まるでじゅんさいのような食感をまとった山芋)

●お造りは鯛、すずき、はまち。鯛の身やしらすを、ほうれん草やなりひら豆と合わせた小さな取肴2種類と。

●完璧な形の梶の葉きれい。

●藁炙りにしたいさき、玉ねぎ醤油と。

●鯛の煮凝り、ちゅるんと心地よい食感。

●冷たい素麺、茄子のだしに葛でとろみをつけてあって、旨いったらないです。

明石の川津海老、卵黄、野菜はトマト、きゅうりもみ、青唐。実山椒も。

●目鍋で熱々の沸々状態で茄子田楽。とうもろこし味噌ということ。生麩、近江こんにゃくと。

●店主の秋山直浩さんがご飯をよそう之図。しみじみおいしい、笑えて楽しい、居心地がよい(^o^)(^o^)/ 2006年2月20日開店だから13年。ものすごく価値があるお店です。

●茄子田楽と共にまず一膳ご飯をいただきました。あまりにご飯が美味で圧倒的で絶句するほど。その後おこげを所望しました。塩をかけてパリパリ・・・一緒に食べた人は止椀の中身を注ぐ格好して「ニューヨーク」とか言ってたけれど、それは別のお店の話ね(^o^)(^o^)/

●昼は囲炉裏の方に移らず、カウンターで甘味をいただくのですね。わたしはこのスタイルよいなと思いました。

小豆、りんごマシュマロ、コアントローのジュレ、パイナップルの極薄スライスをドライにしたものと。

幸せだなーと思った食事でした(^o^)(^o^)☆☆☆
「上賀茂 秋山」さん、次はクラブエリーで、今月最終週に2回伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろで、万願寺とうがらし責め

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ に行ってきたエリーでございます。
「リストランテ 野呂」 7月7日(日)20時半~。
万願寺とうがらし責めにしてもらいました。
●激しく万願寺にしてね、はげまんでたのむ\(^o^)/\(^o^)/とお願いしておいたら山盛りのプレゼンから。
河北農園さんのものとのこと。

この日いただいたのが、

*****************

●冷製 白とうもろこしのスープ
●甘鯛細造り、上に塩水雲丹、下に万願寺とうがらし揚げ浸し、えごまの葉醤油漬け
●ローストビーフ、下に万願寺とうがらし焼いたの、胡麻ソース
金山焼き
●フリット 白とうもろこし、万願寺とうがらし 塩で
●フリット 白とうもろこし、万願寺とうがらし パルミジャーノと
●コロッケ 万願寺とうがらし ウスターソースと
●米のコロッケ アランチーニ サフランご飯 万願寺とうがらしと平茸のクリームソース
●カラメルブールサレのパンナコッタ

●黒豆茶

*****************
●万願寺クリームのコロッケ(固形でも入っている)、
●サフランご飯のアランチーニ(ライスコロッケ)万願寺と平茸のクリームソース、
●甘鯛の細造りにも、
●ローストビーフにもたっぷりたっぷり添えてくれました。
●フリットに白とうもろこしと万願寺、
1)シンプルに塩で、
2)パルミジャーノのトッピングでと
2回出してくれました。塩の方がすっきりしていました。
●パスタその98のはずで、万願寺が皿からあふれるパスタのはずが、今日は油ものを多く食べているからわたしの胃のためにはパスタやめておきましょうとなり、残念だったけれどまたそれだけ食べに行けばいいのだww
カラメルのパンナコッタと黒豆茶で締め。
万願寺とうがらし、色つや美しく、肉厚で香味豊か。
ほんとーーーーにおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●「リストランテ 野呂」、また来週\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

食材と飲む量による。

前もっての予約でコースも可。税込み8千円から。

(スープ、旬の魚盛り、蟹クリームコロッケ、魚料理、肉料理、パスタ、デザート)
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ NHK文化センター講座「スカーラエ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

さかのぼって先週7月4日(第1木曜)、NHK文化センター講座でザ・サウザンド キョウトのイタリア料理店「スカーラエ」さんにお世話になりました。
お料理よかった、おいしかったーー\(^o^)/\(^o^)/

*****************
●アミューズ3種
冷製スープは、カスピ海ヨーグルトとアボカド、ヘーゼルナッツ
魚のリエット、黒米のパリパリと
サレのマドレーヌ、ハーブ入り

●イタリア パルマ産19か月熟成生ハムとマンゴー、さくらんぼと

すばらしいスライサーでカットされたふわふわふわの生ハム
●スカーラエ風ガスパチョ
茄子のピュレ、シャルドネヴィネガー トマトとパプリカのソース、きゅうりのソース
●タリオリーニ ガルシア産栗豚のラグー 卵黄ソース
白アスパラガスのだしと卵黄を合わせたソース
卵は中村農場から
●ほろほろ鳥のロースト 赤パプリカと万願寺とうがらしのピュレ 3色のキヌアを添えて
万願寺とうがらしのソース、パプリカのソース
紫じゃがいも(シャドークイーン)
●エキゾチックパフェ
●カフェか和紅茶
*****************

●木原っち菱田さん、直毅さんすだっち、ありがとうございました\(^o^)/\(^o^)/ 
ちゃんとお名前を書くと、
シェフの菱田雅己さん、スーシェフ木原章太さん、

石井直毅さん、酢田恒一さん、御礼申し上げます。スタッフの皆さんも。

●そしてこちらは、6月からNHK文化センター京都支社長に就任された日比野和雅さん。お坊さまでもあられて、お話を伺うと5足くらいのわらじを履かれているとのこと。(この日は黒い革靴でしたが。)おもしろい方でした\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「カンティーナ アルコ」米のサラダ

■ 全国100万人の読者の皆さま、新メニューと言われたら試さずにはいられないエリーでございます。

大好き「カンティーナ アルコ」さんで、この夏始まったばかりの昼メニュー、米のサラダおいし\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●トマト、きゅうり、ハム、とうもろこし、バジル、自家製のツナ、レッドオニオンなど具材みっちりでした。米対具材の比率、1:1かもしれないくらいたっぷりでした。白いのはモッツァレッラがです。充実のメニューでした。

●お惣菜3種類がつくのもうれしいことです。カポナータ、サーモンマリネ、フリッタータ。

●食後にカフェも付きました。アイスカフェラッテ。

●時間と気持ちに余裕があれば、アペリティフから始めたいです\(^o^)/\(^o^)/ 小さな一品をプレゼントしてくれるらしい。絵がかわいいと思う(^o^)(^o^)

●昼が14時~というのが昼イヴェントを終えた後のわたしにものすごくありがたいお店です。水曜定休のお店なので、水曜の昼にクラブエリーをよくやるわたし、「あー今日はカンティーナ アルコさんお休みだなあ~(T_T)(T_T)」と思うことも多いけれど。
カンティーナ アルコ」さん、また伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ やっぱり笑える「オカフェ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、おもしろいこと、笑えることが大好きなエリーでございます。何せ、秘密だけど大阪出身ですから、すべてオチがついて、笑いで終わらないと気が済まないのです。

●「オカフェ キョウト」Okaffe Kyotoさん、いつも笑うために行くカフェなんだけど、この日は店主さんが外出で不在。

●でもでも、いたのです、迎えてくださったのです。店主さんがww

●驚いた( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●ゆたかちゃんがお店番をきちんとしていました(^o^)(^o^)/

●お姿にお引き取りいただいたら、また違う写真が出て来たww
やっぱり普通ではありません、やっぱり笑いました。

だいぶ笑いました\(^o^)/\(^o^)/

オカフェ キョウト」Okaffe Kyoto、2軒めがもうすぐオープンです。楽しみです(^o^)(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「マルシェノグチ」スムージー新作

■ 全国100万人の読者の皆さま、新しいもの大好きなエリーでございます。

7月3日(水)クラブエリー@「リストランテ 野呂」の後は、前回と同様、2分の距離の「マルシェノグチ」さんへ。
スムージーを500杯売るという目標を立てていらして、この時点ですでに「あと199杯」とありましたが、これをアップしている時点でもう100を切られたみたい。目標を立てるのって大事です。

●新作、パイン を試飲させていただきました。
パイン、きゅうり、万願寺というの、梅雨時のだるい身体に効くんだそうな。バナナも入れて作ってられました・・・そのためほんのり甘くてとろりとしておいしかった\(^o^)/\(^o^)/

もしわたしの家から2分の距離だったら・・・毎日行くだろうなあ\(^o^)/\(^o^)/

 

●「マルシェノグチ」さん、明るくて楽しいお店です(^o^)(^o^)/☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー「リストランテ 野呂」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

7月3日(水)クラブエリー@「リストランテ 野呂」、
先月12日の開店2周年の会にお入りになれなかった方が多くて、今月またやりました。今回もmaxの22席。メニューは前回とはがらりと変えてくれました。肉も魚も旨かったww そして締めには甘海老を合わせたリストランテのたらこスパゲッティに、オマール海老の香る、身もごろごろ入ったカレー。お代わりどうぞと。

●カウンターと2階テーブル席にお邪魔しました。

●2階にもしばしば食材プレゼンに来てくれました。のりきー、かおりさん。

●二番手ゆうすけ君もしばしば2階に上がってくれました。

皆さんに喜んでいただけてほっとしました。よかったー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
次は9月です。

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

食材と飲む量による。

前もっての予約でコースも可。税込み8千円から。

(スープ、旬の魚盛り、蟹クリームコロッケ、魚料理、肉料理、パスタ、デザート)
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー「割烹 竹うち」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。
●7月1日(月)クラブエリー@「割烹 竹うち」さんで、夏の恒例となったうなぎ祭りです\(^o^)/\(^o^)/
●うなぎで尽くしてしまうことなく、ちゃんとお椀も八寸もお造りも用意してくださいました。うなぎは白焼き、かば焼き、うなぎご飯、お茶漬けと何度も出してくださって、欲深いクラブエリーの女たちも満足しました。
ご飯もたっぷり炊いてくださって、おにぎりのおみやげまで至れり尽くせり、いたつくのもてなし。それでいて14時前には完全に終わっていて器も片付いているの。毎回驚異的です。手が2本とは思えない店主の竹内誉裕さんです。
1回8席なので一度で終わるはずがなく、3回開催。

これからご参加の皆さま、どうぞ楽しみにいらしてください\(^o^)/\(^o^)/

*****************

「割烹 竹うち」 

電話 075-252-5626
京都市中京区木屋町通御池上ル東側 ア・カーザ木屋町1階

昼夜営業、水曜休み
カウンター7席(グループなら8席可) 全席禁煙
要予約
2014年4月2日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「ななや」で特濃ジェラート

■ 全国100万人の読者の皆さま、抹茶のお菓子が好きなエリーでございます。とりわけ夏は氷かアイスクリームを食べたい。

ななや」さん(柳馬場三条上ル)の抹茶ジェラートです。
●開店は2018年2月。先日久しぶりに伺いました。
抹茶の濃さによって1~7があり、わたしはもちろん一番濃い7番が好きです。
値段も違って、1~6は1カップ370円、7は580円。
写真は手前から7番、3番、季節限定の抹茶氷(これはほんと軽いソルベ)。
持ち帰り用は本社・静岡の茶葉を使っているけれど、店内で味わうできたてについては宇治茶で作られているとのことです。
いや改めておいしいわ\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「大極殿本舗」本店の琥珀流し、7月

■ 全国100万人の読者の皆さま、「大極殿本舗」さんの本店の「栖園」へ、今月も伺ったエリーでございます。

先月オープンされた時の記録はこちら

高倉通り四条上ルのこちら本店の「栖園」でも月替りの琥珀流しをされていますが、六角店とは別ラインです。

●夏のしつらいの「大極殿本舗」さん、四条上ルの本店です。

●7月は色鮮やかな赤紫蘇、サイダー添えでした。

●色だけでなく香りも味も鮮やか、甘みもほどよく、つるり、つるりと心地いいったらありません。

琥珀流しよいですー(^o^)/☆☆☆

来月もまた伺います。楽しみです。
京都 大極殿本舗 栖園

というカテゴリーを作りました。毎月アップしていきます。\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「うめぞの」で氷とホットケーキ(^o^)

■ 全国100万人の読者の皆さま、京都らしい甘味でなごんだエリーでございます\(^o^)/\(^o^)/

蛸薬師通りの「うめぞの カフェ&ギャラリー」さんで、

●黒糖の氷に白玉付き、わらび餅もセットで。

●わたしは宇治氷にしるこ(こしあん)ね。

●さらに抹茶ホットケーキ\(^o^)/\(^o^)/

午後にしばしおもしろい友人と密会、密談ww
ホットケーキ&氷というわりと激しいコントラストを楽しむ組み合わせ(^o^)(^o^)
ふわふわふわの天国のようなホットケーキも
黒糖氷と宇治氷も、全部おいしかった\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ パリ恋しでクロワッサン

■ 全国100万人の読者の皆さま、7月のエリー、京都にいるエリーでございます。

帰国した日から食べに出かけているし、7月1日からクラブエリーも再開しています。皆さんに会えて喜んでいます。どんどんやります\(^o^)/\(^o^)/

■ パリ記録をひっしでアップしたと思ったら帰国後の写真をすでにだいぶ溜めてしまっていて、次の週末あたりにどどどとアップします。
1日最低ひとつずつでもコツコツ上げて、どどど式をやめれば人生もうちょっと平らにならされて身体にもいいと思うのだけど、常に目の前の火急のことに熱中しており(年中熱中症)、平らにいかないわたしの人生です。
しかし結局何をやるにせよ熱中してやった方が、熱量というか、何かが伝わってくれるような気もします。
とは、なんてすばらしい言い訳\(^o^)/\(^o^)/

*****************

■ パリ恋しでクロワッサンを食べたくてしょうがなくて、帰国後食べたもの。

●ル・プチメック」さんのクロワッサン。
大丸地下、うちから2分で買いに行けるフランスそのものの味。これが簡単に買えるのは本当に幸せ。

バルミューダで温めようとしてアルミ箔の上。笑。

これね↓ わたしのは白だけど。

 

●そして、

●「HANAKAGO」花かごさんのクロワッサン。
サクサクサクサクで、これもほんとーにおいしい(^o^)(^o^)☆☆☆
(また追記でこの記事増えていくと思います。)

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************