■ 3月11日~15日のまとめ/機種変更

■ 全国100万人の読者の皆さま、いろいろまとめて報告のエリーでございます。今週も濃い濃い毎日でした。

3月11日(月)~3月15日(金)のまとめ、あれこれ話。
●11日(月)、クラブエリーで「千花」さん
●14日(木)、朝日カルチャーセンター講座で「路地 中ノ」さん
●15日(金)、クラブエリーで「実伶」さんにお世話になりました。
詳しくは改めてアップします。
●夜は間違いない和食も洋食も行きましたが、こそっと、安くて旨い系の試食も重ねていました。ふふふ、旨かったのよww

*****************
●そして画期的だったことは、スマフォの機種変更をしたこと\(^o^)/\(^o^)/ au14年半のこのタイミングで、EU離脱ならぬau離脱になりかけたのだけど、まあいろいろあってau残留となりました。何も悪いことはしていないけれど、今は普通に10万円超えしている最新の端末を、知らなければありえないお得さで入手できて・・・これはクラブエリーでお目にかかった皆さんには話して、おもしろがってもらっています。
以前はとにかく大画面が欲しくて、5年間くらい、Xperia Z UltraとかZenfone 3 Ultraとか、みんなにぎょっとされるくらい大きなのをネットで見つけてSIMカードを入れて使っていたのですが、今回はちゃんとauショップで正規の買い方をしました。劇的に画期的( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)。。

●手のひらに収まるような、わたしにとってはほとんどミニサイズのスマフォ、それでも画面は6インチあって、現行商品では最も大きいサイズの中のひとつです。

でもでも小さすぎる・・・やっぱり大画面にすぐに戻りたくなるんじゃないか?と思いもしたけれど、コンパクトなのもなかなかよいものです。どんどんなじんできて、わたしの人生に組み込まれました。愛も湧いてきました。よかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●何より画期的だったのはこれです。

エレコム の保護フイルム、ブルーライトカット、指紋防止、反射防止のこれです!!

目が疲れなくて圧倒的に楽、指触りがなんともソフトで心地よく、指紋がつかないのもいいです。

これを貼ることで、スマフォでKindle読書ができるようになりました\(^o^)/\(^o^)/ 今まではスマフォよりずっと目に楽なKindle専用機を別に持ち歩いていましたが、その必要がなくなりました。まとまって集中して本を読める時は(飛行機に乗るなど長時間読書に確保できる時は)Kindle専用機を持って出ると思いますが、ちょっと移動の合間とか待ち時間に読む時は、スマフォで十分と思うようになりました。本当に画期的。手のひらに収まる機器で読書ができるのもかなりすてきとこの頃思います・・・ほんの1週間前まで考えられなかったことです。

●これは56%カットですが、20%カットとか80%カットとかいろいろありますから、さっそく導入される方は、合いそうなものを選んでくださいませ。

●わたしはヨドバシカメラで、「貼りの匠」にお任せして貼ってもらいました。曲がったり、気泡が入ったりするのは避けたいから。650円、40分待ちでしたが十分に価値がありました。スマフォコーナーにカウンターがありますので預けて、他の売り場を回って楽しんでいればいいのです。ケースを探したりストラップ買ったり、ああ生き天国だー\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 掲載誌のお知らせ:ミセス 2019年4月号

■ 全国100万人の読者の皆さま、掲載誌お知らせのエリーでございます。

●現在発売中のミセス 2019年4月号です。

いつもの新店紹介ページでは、「ジェルモーリオ」さんに出ていただいています。

京都駅の北側、ヨドバシカメラからすぐ近く、感じのいいイタリア料理店です。

皆さまこの号もどうぞ(お買い上げの上)ご覧くださいませ<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ 新店、「L’eclat レクラ」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店に伺ってご機嫌になったエリーでございます。

●「L’éclat レクラ」さん、とてもおいしい洋食フレンチのお店です。フランス料理店「MOTOI モトイ」さんの2号店で、先日竹屋町通室町にオープンされたところです。

●内覧会の日。店主の前田 元(もとい)さんです。普段は「レクラ」にいらっしゃることはなく、サーヴィスでソムリエ、「モトイ」さんで支配人でいらした中村尚一郎さんが常駐されています。

●1階はオープンキッチンのカウンターの他テーブル席があり、

●2階は集まりにすてきなお部屋があります。8席。これは2月末の写真で、今はテーブルが入っていると思います。

●地下にはカーヴがあり、ブルゴーニュの名醸ワインなどがたくさん見えていました。

●レセプションをやる時はこんなアミューズをお願いできますね。華やかでいい感じです(^o^)(^o^)☆☆☆
さて、お料理は、夜のみ、アラカルトです。17時~21時お料理LOで、その後はバータイムになります。

わたしはもっぱら食べる方で、洋食でフレンチというお料理を楽しみに伺いました。以下、初回は2名で伺って、

●アミューズはこれ。グジェールにカポナータ。
●初回は自慢というハンバーグやオムライス、エビフライをまず注文、

●前菜の品は白アスパラガスやキャロットラペ、信州サーモンをいただきました。ものすごくおいしかった\(^o^)/\(^o^)/

●食後はガトーショコラ、クレームブリュレを選択しました。カフェ・クレームと共に。
●初回がとてもよかったので、今週2度め出かけました。アミューズはショコラのタルトレットにフォアグラのフラン/グジェール。

●本日のポタージュ(=さつまいものポタージュ)、ブランケットドゥヴォー、海老ピラフといただきました。
●食後にアンフュージョン。レモングラス、エルダーフラワー、みかんの皮。

飲み物は初回、2回めともに発泡水飲みました。ワインバーでもあるお店でごめんなさいです<(_ _)>

●グランドメニューの他に、当日のおすすめがあります。また必ず伺います。

そして夜あそびクラブエリー常連の皆さん、5月のクラブエリー夜をここに決めました。楽しみにいらしてください\(^o^)/\(^o^)/

*****************

「L’éclat レクラ」

電話 075-222-1256

京都市中京区竹屋町通室町西入ル北側

夜のみ営業、月曜休み。料理は17時~21時LO、その後バータイム。

全席禁煙

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「日本料理 とくを」でも春だ\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、「日本料理 とくを」さんで春の到来を喜んだエリーでございます。

一品で好きに食べられて気楽、それでいて格別においしいと思うお店です。

●先附3種。

この後、春らしいものを組み込みながらお願いしました。

●赤貝には酢味噌を添えていただき、

●若竹煮はマストでしょう、

●原木椎茸のフライ、牛フィレフライ、ズッキーニのフライに

 

●焼き物は金目鯛を選択。

 

●これも春のマストのえんどう豆のすり流し、

 

●鉄火丼で締めにしました。●アイスクリームに黒蜜ときなこ。(これは小さく作ってもらっています。)
おいしかったおいしかったおいしかったー\(^o^)/\(^o^)/

●「日本料理 とくを」さん、しばしば伺いたいお店です。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「月ヶ瀬」の春のあんみつ

■ 全国100万人の読者の皆さま、ご機嫌エリーでございます。春になったー\(^o^)/と思うあんみつです。

●「月ヶ瀬」さんで3月10日から始まった春限定の桜あんみつ。
4月末くらいまでだそうです。

桜色の桜あんは、粒粒感が心地いい赤豆といいコントラストです。世界一おいしいと思う寒天はふるふるふるで水分量が多い。水がどんどん出てきますから、すっすと食べるのです。完璧なバランス、はんなり雅で、おいしいったらないです。

●「月ヶ瀬」さん、また伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろで春の山野草たっぷり

■ 全国100万人の読者の皆さま、料理屋さんやレストランのお皿の上はすっかり春になったと思うエリーでございます。

3月10日、りすのろへ\(^o^)/\(^o^)/
いつもの「リストランテ 野呂」、日曜夜、20時30分~です。

●春の山野草が揃って、「春のにがみ」の天ぷらやパスタをしてもらいました。

●酒飲みの人が一緒で、かっちょいい飲みっぷりでした。それにしてもこんなに日本酒も揃っていたとは。

●のりきー(別名を羽生ゆずらない君)は大根プレゼンしてくれました。この大根で作ったスープで始まりました。

●いさきにプッタネスカソース

●まながつお炙りに雲丹、白アスパラガス、

●湯剥きしたトマトにほたるいか、胡麻ソース。おいし(*_*)(*_*)

●白アスパラガスと車海老のフリットに、

●よもぎやふきのとうの天ぷら、その後かわはぎ、土筆、芽かんぞうの天ぷらと3品ほど続きました。

ほんとーーーにおいしかった\(^o^)/\(^o^)/

●祐介くん、何をしてもばっちり決まります。鶏肉ロースト抜群においしかったが、ひげは要らんと思うww

●添えられた原木椎茸がまた肉厚、味わい濃厚でうまーい。

●NP100=のろっちのパスタその84。
ふきのとうの葉を噛みながら味わえと。すると通奏低音のように香りが続いて、春の気分に包まれました。小女子(こうなご)と。

●飲んだのはわたしはいつも通りペリエと白ワイン1杯。

●食後、みたらしソースのかかったセミフレッドと黒豆茶をいただき、ごちそうさまでした<(_ _)>

●りすのろ、無条件降伏で楽しいです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
なんてアイデア豊かなのか、行くたび食べたことのない組み合わせの料理が出てきて、飽きるということがありません。のろっち=シェフの野呂和美さんは20代からまめに和食やさんにも通われていましたが、積み上げた食体験が全部いま実を結んでいる感じで、偉いなあと思っています。

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
昼コース1800円と4500円、
夜はアラカルト、前もっての予約でコースも可。
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー夜「ルボンヴィーヴル」

■ 全国100万人の読者の皆さま、夜遊びエリーでございます。

3月8日(金)は、クラブエリー夜@烏丸通仏光寺、進々堂の「ルボンヴィーヴル」さんへ。

この日のために、先日来試食に出かけていたのでした
(全席貸し切りではなく、手前に横一列でのお邪魔です。)

写真抜粋で、
●白アスパラガスにオランデーズソースの前菜に始まり、(これはサプライズのお皿で、ありがとうございました)

●野菜がみっちり入ったスープ、その後、

●熱々コンテのチーズフォンデュ、

●メイン料理に鴨肉コンフィ、

●フロマージュ3種盛り(テット・ドゥ・モアーヌ、エポワス、コンテ)、

同時にたっぷりたっぷりのパン

●食後のカフェ

といただきました。大変お世話になりました<(_ _)><(_ _)>

●これは改めて出かけていただいたカスレ。鴨肉コンフィと共に3月1日に登場したものです。白いんげん豆たっぷり、ソーセージやら豚ほほ肉やら鴨肉やら入っていて、夜はまだ寒い日々にうれしいメニューでした。

ルボンヴィーヴル」さん、おかげで女どうしでおしゃべり盛り上がって楽しい夜でした。

御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

次の夜遊びクラブエリーは4月12日(金)、「なかじん」さんで。まだ席ありますから、皆さんいらしてくださいね。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「仁王門 うね乃」の季節もの2つ

■ 全国100万人の読者の皆さま、「仁王門 うね乃」さんの月替りのうどんを食べ逃したくないと思うエリーでございます。

クラブエリーを終えてから、ほっとして出かけると天国だーと思います。
前回出かけた記録はこちら

今回は月替りの3月のうどん。
立ちのぼるおだしと柚子の香りに陶然となります。
湯葉がたっぷりで、とろとろとうどんにまつわりついてなんてすてきな食感。三つ葉がまたものすごく合っていました。
いついただいても完璧においしいと思います。

●この湯葉と三つ葉の前に、3月1日~5日の、5日間限定の鍋焼きうどんがありました。それはこんなでした。

●蛤と菜の花の鍋焼き仕立て、2500円。

熱々熱々で、かつお昆布だしにはまぐりだしの旨味が合わさって、もうもう天国でした。

仁王門 うね乃」さん、またすぐに伺いたくなります。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「_AND Bread アンドブレッド」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、初訪問のお店で感動したエリーでございます。

●週の前半の話。「上賀茂 秋山」さんに向かう途上で伺ったブランジュリ、「_AND Bread アンドブレッド」さん。北山駅から歩いて5分くらいです。2018年3月8日のオープン、ちょうど1周年です。

●チャバッタ(フロマージュ入り)とフィナンシエをいただきましたが、いずれも、ものすごくおいしかったです。もちもち感がたまらないチャバッタに、

●ギリギリまで焼き込んだフィナシエの香ばしさ\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆ この2品だけでも心を奪われました。

●クラブエリーの皆さんはあらかじめ食パンやらクロワッサンを予約して入手されていて、さすが抜かりない、すごい( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) 帰途も寄ってみたけれど・・・

●とっくに完売しました状態でした。(13時台でなくなった模様。)
「_AND Bread アンドブレッド」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 3月4日~8日のまとめ

■ 全国100万人の読者の皆さま、とりあえずいろいろまとめて報告のエリーでございます。今週もみっちり詰まった毎日でした。

●4日(月)と5日(火)お昼は、クラブエリー@絶大な人気の「上賀茂 秋山」さん、

●7日(木)お昼はNHK文化センター講座でザ・リッツ・カールトン京都の「ラ・ロカンダ」さん、
●8日(金)の夜には、クラブエリー夜@フロマージュ責めの「ルボンヴィーヴル」さんへ。

皆さんにお世話になりました<(_ _)>

●新店ではとても楽しみだった竹屋町通の「L’ecrat レクラ」さんが非常によかったです☆☆☆
●それと「上賀茂 秋山」さん2日めの往路に寄ったブランジュリ「アンドブレッド」(2018年3月開店)、ものすごくおいしかったです。人気のわけがわかりました。

追って写真を上げます。

●このオレンジと紅茶のタルトは「ル・プチメック」さんの新商品。ある日クロワッサンを求めて行ったらこれがあって、買わずにいられただろうか?(いいやいられはしなかった。)ものすごく香りよく、オレンジの酸味も鮮やかなすてきなお菓子でした。

●クロワッサンももちろん買ってきました。クロワッサンを食べたいとなったら、もう気持ちが全部クロワッサンに向かってしまいます。サクサクサクで、パラパラと崩れていって、けれど中はふんわりしていて、バターのいい香り。これはフランスの香りと味だー\(^o^)/\(^o^)/
それにしても京都に旨いもの多過ぎると思うのでした。ダイエットする間がありません。( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ ロトス洋菓子店のミルフイユ

■ 全国100万人の読者の皆さま、この頃毎回言っているような気がしますが、写真溜め過ぎのエリーでございます。毎日お昼にクラブエリーや講座など何かしら会をしていて、それ以外の日は新店訪問や試食に出ており、午後には取材や撮影に出かける他、必ずお菓子を食べるしヨドバシカメラに出かけたりもしています。その間にひっしでデスクワーク。そして夜になったらまた食べに出かけるわけで、あっという間にすさまじく写真が溜まります。あわわ。体力も落ちたのだと思う。昔は我ながら燃え上がる火の玉のようだと思ったものだけど(ほんとエネルギーがあった、40代はずっと睡眠4時間くらいだった)、それも今は昔の話で、エリーは地味にそして静かになりました。何とかその日のハイライト写真を整理してフェイスブックに上げた後、力尽きるというパターンで(フェイスブックは一括アップできて、「とりあえず上げた」と思える)、それがどんどこ蓄積されるわけです。あわわわわ。

■ お菓子はしかし、わざわざ買に行く価値のある、とびきりおいしいものでないと食べませんよっと♪ ということで、この日は「ロトス洋菓子店」さんへ。

●わたしはどうしてもこれが食べたかったのです。「ロトス洋菓子店」さんの、ミルフイユ。文字通り、ミル(千)のフイユ(葉/紙)が重なっているような作り。歯を入れた時、ザクザクザクとした食感が楽しめて、たまらなく美味と思います。

「セバスチャン・ゴダール」か「ロトス洋菓子店」かと思っているミルフイユです。

ちなみにわたしは、お菓子屋さんの表記がどうなっていようと、必ず「ミルフイユ」と表記し、発音もします。フランス語を学び、フランスを第二の祖国と思う以上、「ミルフィーユ」なんて絶対言わない、書かない。だって、フィーユだと女の子の意味で、千人の女の子を切って食べるんか?という話になるからです。これいつもお菓子やさんの店主さんたちにもまわりの人たちにも言っています。店主さんたちは、「この名称で普及してしまっているから、ミルフイユではお客さまたちがわからなくなるから」とおっしゃいますが、「ミルフィーユ」の表記がなくならない限り、わたしは一生言い続けると思います。

●いろいろ言うけれど、しかしおいしいわ。一級のおいしさだわ。そしてお値段が良心的だと思います。

●ショコラの方もおいしい。また食べたいww

ここにサクサクの断面写真(2018年2月)があります

●たまごのショートケーキも名作です。必要な要素だけで、要らん飾りがないところが好きです。

●全部全部、ほんとーにおいしいと思います。「ロトス洋菓子店」さん、また伺います。

***********************************
「ロトス洋菓子店」 電話 075-353-2050
〒600-8415
京都市下京区因幡堂町699
(京都市下京区松原通烏丸東入ル、1筋目を上ル、因幡薬師前を東入ル、南側)
12:00~19:00
日曜と月曜休み
販売のみでサロンなし。
2011年1月15日開店
***********************************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー 2月の「おたぎ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

さかのぼって先月2月21日(木)と28日(木)、クラブエリーのお昼を鷹ケ峯の「おたぎ」さんにお世話になりました。

開店時の記事はこちら。

 

●クラブエリープレミアム、初開催の「おたぎ」さんです。カウンターとテーブルにお邪魔して、今回は各日12名で伺いました。
北大路駅近くから鷹ケ峯に移転された、広々美しい新店には皆さん初訪問で、ものすごく楽しみに伺いました。
●馬場一彰さんと一子さん(小学校からの同級生という夫妻)、お昼開催をしていただいて感謝。とてもよくしていただきました。

●馬場一彰さんと一子さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。参加者の皆さんにも感謝。

再訪ご希望の方が多くて、すぐに次の会も決まりました。御礼たくさんです<(_ _)><(_ _)>

*****************
「おたぎ」電話 075-492-1771

京都市北区鷹峯土天井町18
17:30~20:00LO
毎週水曜休み、

第一土曜日と日曜日休み

2012年7月12日、北大路駅近くで開店

2018年8月23日現在地に開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー 2月の「東山 吉寿」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

さかのぼって先月2月27日(水)クラブエリーのお昼、@「東山 吉寿」さん、お世話になりました。

●「東山 吉寿」さん、写真撮りすぎて整理するのが毎回大変です(^o^)(^o^)ww

●いやもう、いちいちハデっちいの、意表を突かれるの、写真撮られる気まんまんなの、おもしろいの\(^o^)/\(^o^)/
お料理+ワンドリンクの飲み物に、店主の鈴木吉寿さんはこれ見よがしにムルソーやら二左衛門やら注いじゃうの、写真撮られることを意識してんの( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
●季節感の表現は最大限わかりやすく華麗に、黄金に塗った貝のお皿に取肴を盛り付けて、梅やら桜やら盛大に飾っちゃう。
締めは「とろろ蕎麦」とあったけれどふぐの白子をからめたお蕎麦にカルボナーラ風というから卵黄かと思ったらからすみをガリガリと覆い尽くすまで削りに削る。旨いに決まってる(-_-;)(-_-;)。。最後は照明落として「バー吉寿」にしてシェーカー振ってカクテル作るの、もうチャラいったらないの\(^o^)/\(^o^)/ ここまで極めれば立派な芸風で、今のうち、予約取れるうちにクラブエリーしましょうと、しばらく毎月席を確保しています。カウンターとテーブル席(芸能人用ww)が毎回満席になって、皆さん満喫して帰ってくださいます。
●吉寿さん、チャラいだけじゃなくて、お料理おいしいです!!着席せずずっと話しているわたしにも、吉寿さんはところどころ試食のお皿を用意してくれるのですが、見事に味が決まっておいしいわ☆☆☆ プレゼンも料理もすごい迫力、これははやるわー\(^o^)/\(^o^)/
吉寿さん、スタッフの皆さんありがとう、参加者の皆さんにも感謝。また来月(^o^)/

*****************

「東山 吉寿(ひがしやま よしひさ)」

電話 075-748-1216
京都市東山区妙法院前側町422番地

(東山七条の交差点より少し北を、西へ入ってすぐ)
昼夜営業、不定休

昼 6000円(税サ込み)
夜 16000円(税サ別)(季節や食材で変動あり)

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー 2月の「木山」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

さかのぼって先月2月26日(火)クラブエリーのお昼、@「木山」さん、お世話になりました。

●カウンター2部屋にテーブルのお部屋で合計21名でお邪魔しました。

●締めご飯がなんと4種類に増えて、「お好きなものどうぞ」だったのだけど、皆さん全種類召し上がりました・・・クラブエリーは健啖家揃いというか、わたしも驚く胃袋の持ち主が多いです( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
ものすごく好評でした。木山義朗さんとスタッフの皆さんに感謝、参加者の皆さんに感謝たくさんです。<(_ _)><(_ _)>
*****************
「木山」きやま
電話 075-256-4460
〒604-0804
京都市中京区堺町通竹屋町下ル西側
「ヴェルドール御所」というマンションの1階
12:00~13:30入店、18:00~19:30入店
不定休
メインカウンター10席と小カウンター7席、部屋4席
全席禁煙
要予約
2017年4月25日開店
昼10000円(税別)、夜15000円、20000円(税サ別)
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「うめぞの」の抹茶ホットケーキ

■ 全国100万人の読者の皆さま、ほぼ毎日、お昼にクラブエリーか講座をしているエリーでございます。

終えてからほっとして立ち寄る軽食や甘味が楽しみで、ある日はこちら、梅園さんの「うめぞの カフェ&ギャラリー」です。

●空気をたっぷり含んでふわっふわっふわっで、抹茶の香りがほわああああっと立ちのぼる抹茶ホットケーキ。これ本当に名作だと思います。時々たまらなく食べたくなって飛んで行きます。黒糖バターとこしあんがのっていて、蜜は別添え。お箸でくずしながらいただきます。注文後一から作られるもので、15~20分、焼けるのを楽しみに待ちます。(混雑時はもっとかかります)。
●開店時から、梅園さんの中でもここだけのメニューで初めからおいしかったものですが、またより一段とおいしくなったのではないかと思いました。「うめぞの カフェ&ギャラリー」さん、感動深かったです。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ りすのろで筍のショートパスタ

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろに行ってきたエリーでございます。\(^o^)/\(^o^)/
3月3日(日)20:30~「リストランテ 野呂」です。

●菜の花スープ。そら豆に、真鯛とぐじが射込みになっていて、あられ揚げにされています。いきなりお手間かかってるの。

●プレゼンされた水菜。食べてみたら香りよくておいしくて、止まらなくなりました。うさぎみたいに食べたよー。

●水菜を食べているうちにちゃんとした野菜盛り盛りサラダが出てきました。パプリカとトマトのピュレ。

●つぼみ菜のフリットやらブロッコリーとカリフラワーの素揚げやらりんごのアリュメット切りやらいろいろ。野菜摂取したぞの充実感。これでお腹が3分の1くらいまで満たされました。

●鶏肉をほうれん草で包んだ(中にも軸を巻き込んだ)お皿もめちゃくちゃにおいしかった・・・この頃おひげ(要らん)のユースケくん、渡辺祐介さん作です。

●こーんなに大きなほうれん草でした。西賀茂の藤原さんのところから来たほうれん草らしいです。

これだけえぐみなく豊かな味のほうれん草を食べたのは初めてのことです。葉も茎も甘みがあって、分厚くて、味をたっぷり抱えもっていて、印象深いほうれん草でした。

●ミニミニサイズの筍がプレゼンされて大喜びしました\(^o^)/\(^o^)/ついにこの季節が来たのです\(^o^)/\(^o^)/

●まずは筍をアンチョヴィと合わせてソテで、

●その後ペンネと合わせて、アンチョヴィクリーム和えでいただきました。
本当においしかったーーー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

NP100、のろっちのパスタ、その83くらいだったと思う。

●ドルチェはラム風味のセミフレッドにいちごで、

●追いラムどうぞと瓶がどかんと置かれました。つゆだくのひたひたでいただきました。あーすべてかんぺきでおいしかった\(^o^)/\(^o^)/

●その後、「ブラックカカオのパフェ仕立て」と見て、味わってみないでいられたでしょうか?(いいやいらはしなかった。)小さく作ってもらいました。

●1週ごと、お皿の上の春が進んでいく感じがします。行くごと新しい食材もあって、りすのろますます楽しいです\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
昼コース1800円と4500円、
夜はアラカルト、前もっての予約でコースも可。
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ルボンヴィーヴル」で鴨コンフィ

■ 全国100万人の読者の皆さま、ご機嫌エリーでございます。烏丸通佛光寺角の「ルボンヴィーヴル」さんでこれをいただいたのです。

●3月1日~、春のメニューになり鴨のコンフィが登場。料理監修は「ブション」や「ラ・パール・デュー」や「オ・タン・ペルデュ」の松井知之さんで、まさに「ブション」さんでいただく鴨コンフィが再現されていて喜びました\(^o^)/\(^o^)/
●フロマージュ3種盛りには、花びらのように削るテット・ドゥ・モアーヌ、エポワス、コンテを選択。

●何日か前にはこれ、少しずつの5種盛り。クロミエ、エポワス、コンテ、フルムダンベール、カマンベール。
●野菜のキッシュも時々いただきます。

●みっちり野菜入りのスープにも、おろしたパルミジャーノが添えられて、どこまでもフロマージュを楽しめるお店。
●そしてこれ、チーズフォンデュは少し前にいただいたものです。
とろりんと溶けたコンテをパンや野菜にからめて熱々を食べるもの、これはフロマージュ好きにはたまらないです。旨過ぎ、圧倒的。
これであさってクラブエリーやりますよっと\(^o^)/\(^o^)/

(まだあと1名お入りいただけます。)
●パンはいつもこんな風に供されます。

●これは入り口にあるパン売り場でおみやげに買ったもの、トロワフロマージュ(3種チーズ)というもの。

●クロワッサンもある日おみやげに買って帰ったもの。

ルボンヴィーヴル」さん、すっかりわたしの毎日に組み込まれたお店になっています。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「スカーラエ」夜のカウンター料理

■ 全国100万人の読者の皆さま、初めてのお店に楽しみに出かけたエリーでございます。

ザ・サウザンド キョウトさんの「SCALAE PLUS スカーラエ プラス」、イタリア料理「スカーラエ」の中でも、夜だけ営業の12席カウンターのスペシャル料理をいただいてきました。
粉もあれば煙もあり、だましもなりすましもあります(笑)という料理です。
(ちなみに和食の「きざはし」の記録はこちら。)

●これは内覧会の日に撮ったカウンタースペースです。

以下、ここで夜のみ供されるコース料理 14000円(税サ別)の料理の全容です。

(テーブル席は別メニューです。)

●こんなセッティングがされていました。

●こんなメニューがあらかじめ置かれています。「牡蠣どうしよう?」なんていうのは杞憂に終わりますから安心しましょう(^o^)

●まずはお抹茶とだんご。食前に甘味か? あわわ。

と思うも、これはだましでした。抹茶に見えるのはほうれん草の色を生かしたスープでベースにポルチーニだし、おだんごに見えるのはパンツェロッティにレンズ豆のトマトソース煮込みでした。

●「牡蠣」というメニュー名で出てきたのは、中にあさりのエキスが入ったジュレで、下に敷いてあるオイスターリーフと共に食べたら牡蠣の香味ですよというもの。

●かわいらしい額縁で登場したのは、

●プロシュート(下に洋梨のピュレ)、グリッシーニのようにパリパリの食感の部分はタイムとローズマリー入りでいい香り。大きないちごは「ゆめいちご」。

●黒トリュフのガスを漂わせた中に登場する球形の器の料理は「宇宙」で、

●蕪のピュレ、たらの白子、コールラビ。

●カウンターのみで供される、自家製のパン。クッションにのってきたようだけど、このクッションは陶器です。持つと重くて硬く、全然ふわふわしていません。

●バターはこうして供されます。お手間がかかっています<(_ _)>

●くえの刺し身。からめているのは玉ねぎ、セロリ、ライム、レモンのソース。柚子と醤油も使っているそうです。上にカヴィア。粉々になって皿にのっているのはアヴォカドです。

●肉料理は鳩。肉切りナイフはセットされずで、普通のテーブルナイフで余裕で切れる柔らかさでした。

ピンクの粒粒はタピオカで作ったチップで、ラズベリーで色付けしたとのことでした。

●下にひよこ豆とマスカルポーネを合わせたクレーム、ちりめんキャベツのソテ。上から鴨のコンソメスープがかけられました。

●パスタひと皿め。花を練り込んだラヴィオリ。シャンパーニュのソース。ブロッコリーと胡桃。

●花は3種類です。ラヴィオリといってものせているだけで、下に帆立とあかざ海老をさいのめにしたもの。

●これも花のように見えるパスタです。カペラッチとは小さな帽子。中にじゃがいものピュレ入り。胡麻のクランブル、ビーツのソース、黒トリュフ。

●黒と白のコントラストを、いか墨の黒と、いかの白で表現したお皿。黒い部分、黒く仕上げたベニエでした。白い魚はあんこう。

●「和牛と米」。和牛も本当に柔らかできめ細やかな舌ざわり。レフォールとフォンドヴォーのソース。米とは・・・横一本に引かれた黄色いソースが、サフランリゾットソースということでした。なるほど。

ぶどうジュースで炊いた蕪、にんじん。パリパリのごぼう。

●口直しにミニトマト、ではなく、トマトのふりをしたブラッドオレンジのジュレでした。

●アヴァンデセール。柚子酢の煙が立つグラスが供され、まずその香りを楽しみます。

●抹茶のエスプーマと柚子のソルベ。

●グランデセールがティラミスとのこと。ショコラのスティック、カフェの粉が練り込まれた筒状に仕立てたテュイルの中に、

●ほうじ茶の香りのティラミス、ソースはパッションフルーツとフランボワーズです。きれいな色です。

●お茶菓子、これは全部本物です。プティフール、マカロンはオレンジ風味、ショコラは黒七味。

●カフェか紅茶のところを、和束町の和紅茶というのをお願いしてみました。ザ・サウザンド キョウトのオリジナルブレンドの紅茶とのことです。
●コース全体、技巧的でお手間のかかったおもしろいお料理でした。季節替わりのコースだそうで、次は3月16日から春メニューになるとのことでした。

このコーナーの料理長は緒方くもさん(芸名ではなく本名)、

●奥に広がっているキッチンに、副料理長の木原章太さん(元京都ネーゼ)が見えていて、めざましく働いていました\(^o^)/\(^o^)/

スカーラエ」さん、夜カウンターではない方の、普通の料理もいただいてみたいと思います。また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************