■ 目ざましく美味な「ブラッスリー」

■ 全国100万人の読者の皆さま、未アップの写真を溜め込んでいるエリーでございます。急ぎます。
先週半ばに出かけたフォーシーズンズホテル京都さんの、「ブラッスリー」でいただいたコース、瞠目=目をみはるおいしさとはこれで、シェフの井料剛さん、技術とセンスのよさを感じさせてくれて、輝かしい才能に恵まれた方だと改めて思いました。
ほんと最低でもフォーシーズンズ=四季、各季節に一度は通って食べたいお料理です。(近かったらもっと行きます~。)

■ 以下、ちょっとランダムに組んでいただいたコースです。
IMG_9965.jpga IMG_9971.jpga IMG_9972.jpga

●軽く炙った鰤(ぶり)と冬大根のサラダ、春菊のピストーソース

非常におしゃれなぶり大根ですね。炙ったぶりの上に、数種類の大根。塩加減絶妙な白大根に、緑大根、黒大根、紅芯大根、べにしぐれ大根、ラディッシュなど。ソースは春菊を使ったサルサヴェルデ=緑のソースです。

すべてがよく調和しあって、びっくりするほど粋な味でした。

IMG_9977.jpga IMG_9980.jpga IMG_9983.jpga

●ライムリーフ香るレッドカレーブイヨン ポーチドエッグ、金時人参のピュレ、ほうれん草
定番のタイカレースープです。これが激烈旨い、一度食べたら忘れられません。(*_*)(*_*)

鮮やかな香りと辛み、でもたまごとにんじんのピュレがまろやかに食べやすくしてくれます。モリーユがアクセントに入っているというのもおしゃれだと思います。これは繰り返しいただきたい名作だと思います。

IMG_0005.jpga IMG_0010.jpga

●フェトチーネ マッシュルームソテ、トリュフバターソース、熟成コンテチーズ、トリュフスライス。

トリュフをばさばさとかけてくださって、贅沢感があります。ジロールやらシャンピニョンドゥパリなど幅広パスタに風味を与えて、こりゃ旨い\(^o^)/\(^o^)/

IMG_0013.jpga IMG_0014.jpga

●合鴨胸肉のロースト キヌア、卵黄の醤油漬け、ロングペッパーのジュ

真空で柔らかく火を入れた鴨肉、細心の注意でこの舌ざわりに仕上げたのだなとよくわかります。キヌアがすごくおしゃれで、レバー、サラミ、アンチョヴィなどと合わせてリゾット風の仕立て。和食のような卵黄醤油漬けをからめもって食べたら、もう犯罪的に旨い(*_*)(*_*)(*_*)

IMG_9958.jpga

●以前はボルディエのバターだったと思いますが、今回登場したのは自家製バター。柚子と、あおさ海苔の2種類が用意されて、これがまたおいしかった(*_*)(*_*) パンが進んでいけません。

IMG_9960.jpga

●ドライトマト入りのフォカッチャにバゲット、

IMG_9961.jpga

●ミルクパンでした。

IMG_0016.jpga

●ルームサーヴィスのピッツァの箱の絵と一緒に写ってくれた料理長の井料剛さんと、
総支配人のAlex Porteous アレックス・ポーティアスさん。

アレックスさんは「奥様が日本人なのです」とおっしゃってました。すごく愛嬌のある朗らかな方。そして井料剛さん、こんな楽しいこともしていましたねー(^o^)(^o^)/

IMG_0017.jpga

IMG_0019.jpga IMG_0021.jpga

●林檎のタルトタタン トンカ豆のアイスクリーム

デセールに、わたしがショコラに次いでりんごのお菓子が好きなことを周到にリサーチ済みだったみたいで(笑)、タルトタタンはいかがですか?と聞いてくださって、その時点でわたしはすでにご機嫌+大喜び(^o^)(^o^) そして運ばれたりんごの、まるまるとダイナミックな仕立てに、これまた大喜びしました。サクサクフイユタージュは丸く、それだけ独立して作られていて、下に敷いてありました。りんごは紅玉で理想的な食感と香味。あしらわれているのはトンカ豆のアイスクリーム、シードルのジュレ。

IMG_0023.jpga●食後の飲み物は、ロンネフェルト紅茶セレクションより、アッサムティを選択。これがまた、こんなに紅茶っておいしかったか? というほどのもの。何もかも、ほんとーーーに美味に決まっていて、心から満足しました。
フォーシーズンズホテル京都「ブラッスリー」さん、また伺います。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ ヤサカ大丸タクシー\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、ヤサカタクシーさんが大好きなエリーでございます。
次々話題を作ってくださることです。

IMG_0254

ついに今日、見たのよ ヤサカの 特別車♪

二条通、東大路から西へ入ったところです。

わたしは岡崎からの帰途でした。

IMG_0255
■ 大丸創業300年とヤサカ創業100年記念タクシー。
四つ葉に双葉だけでなく、
今年1月3日からは、大丸孔雀マークも見つけねばならないのでした。
3台走っているということで、ナンバーは創業年にちなんで、
「1717」「2017」「0300」らしいです。
今日「2017」見られたから、あと2台!
■ この特別仕様車は、2018年末まで走っているそうです。
側面に大丸の「でっちーくん」が描かれているのですが、
車は行ってしまってはっきり写せずでした。次回にー!

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

関谷江里

■ 冬限定の蕎麦@「ろうじな」

■ 全国100万人の読者の皆さま、熱々麺が大好きなエリーでございます。圧倒的にうどん派なのですが、時々蕎麦を食べたら蕎麦もおいしいなあ♪と感じ入るのです。

IMG_0197.jpga

●夷川通寺町西入ル北側、「ろうじな」さんの、冬限定のメニューです。
おあげと九条ねぎのあんかけそば 1300円。11月から3月末まで。
IMG_0199.jpga●細い優美なお蕎麦です。とろりんと上品な香味のあんがかかって熱々です。しんそこおいしいと思います。

ろうじな」さん、また伺います。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

関谷江里

■「鳳泉」のヤキソバ

■ 全国100万人の読者の皆さま、熱々麺でしんそこ幸せと思うエリーでございます。

ひとりで飛び込んでも、複数で伺ってあれこれ注文してもいい河原町通二条上ル西側の「鳳泉」さん、変わらぬおいしさで大好きです。

IMG_0129.jpga

●先週後半夕方に飛び込んでヤキソバ 755円。

IMG_0133.jpga●熱々の野菜あんの下にパリパリの揚げそばです。バリバリ、はふはふと食べ進むうち、身体がものすごく温まります。
■ 少し前には2名で出かけてお昼に焼売/ヤサイ牛肉/カシワ天ぷら/カラシソバといただきました。

(2年近く前ですが、この投稿にたくさん画像あります。)
おっとり優しい京都中華サイコーです\(^o^)/\(^o^)/

*****************

「鳳泉」ほうせん 電話 075-241-6288
京都市中京区河原町二条上ル西側(清水町359)
11:30~14:30LO、17:00~20:00LO
★2017年1月から、土日祝も、アイドルタイムが設けられました。

(通し営業ではなくなりました。)
月曜休み(祝日の場合は営業、翌日休み)
テーブル36席、小上がり8席 全席禁煙
2009年11月開店

*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「ロトス洋菓子店」のガレットとタルト

■ 全国100万人の読者の皆さま、好きになると一度で済まないエリーでございます。

ロトス洋菓子店」さんで、1月初めにいただいたものが忘れられず、
どうしても、どうしても最後にもう一度味わいたくて、夕刻お店へ。
4T8A9284.jpga

■ 今年最後の販売であるガレット・デ・ロワのカット売りをいただき、本当にかんぺきにわたしの好みで満足しました。
4T8A9297.jpga

■ そしていま旬なのが金柑のタルト。これもまた、非常に好みでした。ふわふわざくざくしっとり、金柑の酸味と甘みがよく生地に合わさって、これはうまいわ(*_*)(*_*)
「ロトス洋菓子店」さんにおいては季節ものも定番ものも、いちいちおいしいと思うのでした\(^o^)/\(^o^)/

*********************************************
「ロトス洋菓子店」 電話 075-353-2050
〒600-8415
京都市下京区因幡堂町699
(京都市下京区松原通烏丸東入ル、1筋目を上ル、因幡薬師前を東入ル、南側)
12:00~19:00
月曜と火曜休み
販売のみ、サロンなし。
2011年1月15日開店
*********************************************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「グラン・ヴァニーユ」のガレット

■ 全国100万人の読者の皆さま、しつこくガレット・デ・ロワを味わおうとしているエリーでございます。

1月末ですから、パティスリでのガレット・デ・ロワの販売ももう最後なのです。
4T8A9263

■ 間之町通の「グラン・ヴァニーユ」さんです。週末のみカット売りもされています。

IMG_0170 IMG_0169

■ 1月最後の週末、このカット売りを買ってきていただいてみたら・・・

 

4T8A9306.jpga■ ふくろうのフェーヴが出てきました\(^o^)/\(^o^)/ 20切れカットですから、20分の1の確率で当たったわけです。うれし☆☆☆

IMG_0173■ お店に飾られていたフェーヴです。
この他、モワルーショコラも買って帰りました。とても好きでした。

グラン・ヴァニーユ」さん、またゆっくり改めて。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「カンティーナ アルコ」の遅昼がすてき

■ 全国100万人の読者の皆さま、女性店主・清水美絵(よしえ)さんのイタリア料理店「カンティーナ アルコ」さんが大好きなエリーでございます。
●まず、14時~16時半LOという普通とちがった昼の営業時間がわたしにはすごーくありがたいです。昼イヴェントを終えた後の、15時とか15時半のような時間帯に、旨いもの食べたいぞ♪と思った時、まっ先に思い出します。場所も蛸薬師通麩屋町と激しく洛中で便利。

IMG_9937.jpga

●前菜盛り合わせのお皿を必ず注文、パスタが太めで茹で時間がかかる間、盛り盛り充実の前菜を味わいます。こんな感じで10種類くらいが盛り込まれて、食べ応えがあります。これを食べ終えたちょうどよい頃合いにパスタが供されます。これが、今まで何を選んでも間違いなくばちっと味が決まって、迫力あるおいしさなのです。量の按配もしてもらえて楽ちん。80g~大盛りなら150gまで追加料金なしでOKという太っ腹というか良心的な値段設定です。わたしは逆に80gより減らしてもらってちょうどいいくらいです。

●1月に入ってから2度お昼に伺っていただいたものです。上の前菜の後に、

IMG_9940.jpga

●ほうれん草とリコッタチーズのラヴィオリ

IMG_9942.jpga

●つるりとしたラヴィオリの食感がよくて、中のほうれん草とリコッタが合い過ぎるほど調和。そこにトマトソースが鮮やかな酸味と旨みを添えて、こらおいしいわ(*_*)(*_*)(*_*)

IMG_9946.jpga

●ラヴィオリの中です。ほうれん草とリコッタチーズ。

IMG_9947.jpga

●ドルチェは+300円。ティラミスはカフェの香りがよくなめらかでうっとりします。そしてサンブーカがざぶざぶと入っていることがわかります。これは小サイズで、本来もっと大きなサイズで供されます。

IMG_9951.jpga

●サーヴィスも優しくて、食後のカプチーノもおいし☆☆☆

*****************
●そして、また違う日にいただいたものです。

IMG_9345.jpga

●野菜たっぷりの前菜盛り合わせ

IMG_9354.jpga

●いつもタラッリがアミューズのように添えられます。

IMG_9351.jpga

●ペコリーノチーズたっぷりのローマ風カルボナーラ。

IMG_9352.jpga●クリーミーに卵黄がからみ、チーズはらはらたっぷりで犯罪的にうまい(*_*)(*_*) パンチェッタがカリカリに焼かれていてたまらぬアクセントに。これもまた、ほんとーーにおいしいと思っていただきました。
●先日隣にいたお客さまが召し上がっていたパスタがおいしそうでたまらず、それをいただきにまた伺おうと思っています。

カンティーナ アルコ

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ ガレット・デ・ロワ献上式

■ 全国100万人の読者の皆さま、アンスティチュ・フランセ関西にて行われました、ガレット・デ・ロワ献上式にお邪魔したエリーでございます。サロン・ドゥ・ガレット・デ・ロワ・・・ガレット・デ・ロワをジャン・マチュー・ボネル在京都フランス総領事に献上し、新年を祝う会でした。
IMG_9141.jpga■ 大きなガレット・デ・ロワが恭しく運ばれ、ナイフを入れる総領事、その向こうにはフィリップ・ビゴさん。手前にいらっしゃるのは「パティシエ シマ」の島田進さん、クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ会長です。
IMG_9118.jpga

■ 関西圏だけでなく、東京からも多くのパティシエ、ブランジェがガレットを提供していました。

IMG_9163.jpga

IMG_9166.jpga■ 献上式の後はガレット試食会です。30種類くらいあったかしらん? 大変な盛況、あまりの数の人々で、全部確認できませんでしたが、わたしは「パティシエ シマ」さんとビゴさんの2切れだけいただいてきました。・・・ずっしり重めのこのお菓子を、ビュフェのサラダみたいにお皿山盛りにしている方も多数いらっしゃいました。強靭な胃力ですね、心からうらやましい~。
■ 大切な会にお招きいただき、ありがとうございました<(_ _)><(_ _)>

アンスティチュ・フランセ関西

クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ

追記:ガレット・デ・ロワ提供者の方々一覧です。敬称略ごめんなさい。

クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワの投稿記事からのコピーです。
*****************

フィリップ・ビゴ(ビゴ)、島田進(パティシエ・シマ)、西原金蔵(オ・グルニエドール)、藤生義治(パティスリー・ドゥ・シェフ・フジウ)、藤森二郎(ビゴの店)西野之朗(メゾン・ド・プティ・フール)、西川功晃(サ・マーシュ)、林周平(パティスリー・モンプリュ)、多田征二(パティスリーエトネ)、門前有(シャルルフレーデル)、渡邊雄二(ドゥブルベボレロ)、栗原栄徳(パティスリー・クリ)、後藤大輔(ゴトウ洋菓子店)、細田実(オーボンパン・ビゴの店)、高木基弘(ルシェルシュ)、寺田和行(お菓子の森)、上田真嗣(ラトリエ・ドゥ・マッサ)、安井文崇(菓子工房ルーヴ)、松尾裕生(ブーランジェリーレコルト)、小島秀文(雨の日も風の日も)、奥田義勝(パティスリーアグリコール)、妻鹿祐介(ミラヴェイユ)、ジャン-マルク・スクリバント(ル・コルドンブルー)、フィリップ・キュル(ル・コルドンブルー)、山下(コムシノワ)、芝野堅一郎(ブーランジェリーシャンソニエ)、今西克彦(アトリエ・ドゥ・ママン)、持永定治(ダロワイヨジャポン)、全美乃(ラ・パンセ)、岸本典子(スーチアン会員)、福井とし子(スーチアン会員)

*****************

*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「月ヶ瀬」の亀山

■ 全国100万人の読者の皆さま、冬は好きではないが、冬の熱々の甘味は大好きなエリーでございます。寒い季節には寒い季節ならではの幸せがあるのです。

IMG_9742.jpga■ 寒くても許してあげよう、と思える熱々甘味、「月ヶ瀬」さんの亀山です。おぜんざいではなくて、もっと小豆そのものです。お椀一杯小豆責めという感じで、濃厚小豆を楽しめます。

これは堺町店。祇園店でもいただけます。(タカシマヤ店では扱っていないみたい。)4月末までの冬メニューです。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 買いました:G1 X Mark2(追記あり)

■ 全国100万人の読者の皆さま、報告のエリーでございます。

先日こちらでも逡巡の結果を述べた

キヤノン PowerShot G1 X Mark 2

を、昨日26日、買いましたあああ\(^o^)/
だって、要るもんww( ̄○ ̄;)ww
要るものだけど、ふつふつとうれしいです(^o^)☆☆☆

IMG_0151.jpga

■ タッチパネル式ではなくて、物理的にボタンやリングで操作します。それがいいです。

少し重みがあり、カメラを持っている実感がします。

カメラのナニワ 京都店 のお兄さんにお世話になりました。

(この機種、今や実機がすぐにあるお店が少ない。)

保護シートを貼ってもらったし、ストラップもお願いしてつけていただきました☆☆☆

こういう買い方は久しぶりで(Canon EOS 5D Mark IIIすらネットで買った)、

対面で、逡巡や疑問を解いてもらいながら買うのも安心できていいものだなと♪

でも以前レンズも買っているし、時々ナニワさん京都店に伺い、そのたび何か進展があって、いいお店♪ と思っています。

早く目をつむっても使えるくらいなじんで、思い通り撮れるようになりたい・・・設定はこれからです\(^o^)/\(^o^)/

追記:↑こんなにこんなに喜んでいましたが、実際に使ってみたら、わたしには合いませんでした。

画像はものすごーーくきれいですが、料理にもう少し寄れなければ・・・

残念過ぎますが、買って自分のものにして使ってみてわかるってこともあります(*_*)(*_*)

買って使って気が済みました。

100枚も撮っておらず、ぴかぴか状態です。説明書の封も切っていません。欲しい方がいらしたらご連絡くださいませ。

(61992円で買いましたが、安くいたします。)

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

 

■ ラジオ:月いちエリー2017年1月

■ 全国100万人の読者の皆さま、FM京都アルファステーション「SUNNY SIDE BALCONY サニーサイドバルコニー」内のコーナー、

「Déjeuner à Kyoto デジュネ・ア・キョウト」で月いちエリー、熱々おいしいものについて語ってきたエリーでございます。

IMG_0064.jpga■ 前半は白味噌雑煮で3軒:市街中心部・桂離宮方面、銀閣寺方面の甘味の名店、
後半は鶏カレー2軒。なじぇ鶏カレーなのか? 

甘い白味噌雑煮3杯のあとは、辛いものをとディレクターから示唆を受け、色も赤いもの・・・

酉年だから鶏カレーです\(^o^)/\(^o^)/

ちょっと今までにない組み合わせでした。

■ 甘味店でいただける白味噌雑煮。冬の楽しみのひとつですね♪  熱々で温まり、気持ちもほかほかします。

いつもいい気分でいることが大事で、そのためには旨いもののリストをたくさん持っておく。これに尽きると思っています\(^o^)/\(^o^)/

*****************

1月だから、寒いから、白味噌雑煮にチキンカレー\(^o^)/

*****************

■ 白味噌雑煮 3軒

「月ヶ瀬」

堺町店でも今年から。1月末まで。

「中村軒」

これはだいぶ昔からされています。2月末まで。

「喜み家」(「喜」は、本来は「七」が3つ積み重なる「き」です)

4月、桜が散る頃まではやりますとのこと。

■ 鶏肉の旨みじんわりな鶏カレー 2軒

「ケララ」

鶏づくし、タンドリーチキンをばらしたもの入りのムルクマカンニが激しくおすすめです。

「八起庵」の、京都タカシマヤ店

鶏のふんわりつくね入りの、「カレーライス」です。

*****************
■ 間にはさむ曲は、前半が白いものだったから「白い恋人たち」だそうで、笑いました。ディレクターやえーる=山本八重子がいつもおもしろいことを考えてくれます。
■ 来週発売の、SOU・SOUと亀屋良長さんの本の話もさせてもらい、あっという間の25分ほどでした\(^o^)/\(^o^)/
ユ~ミコさん=寺田有美子さんがうまいこと話を導いてくださいました。激しく感謝、はげかんです。
わたしが肩にかけているのはSOU・SOUさんの「花札」です。模様たくさんで、すごくかわいくて気に入っています(^o^)(^o^)

■ 来月は、いつもの第4木曜ではなく、第3木曜、2月16日です。聴いてくださいね(^o^)/

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 心を奪われた「焼きカカオ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、このショコラ菓子に心を奪われたエリーでございます。ほんとーーーにおいしかった(*_*)(*_*)

IMG_0040.jpga

■「亀屋良長」さんの、焼きカカオ といいます。

IMG_0044.jpga

■ 京都発のショコラ専門店、「Dari K」さんとのコラボレーションです。

IMG_0047.jpga

■ サクサクサクサクとした食感で、中は焙煎したてのカカオ豆入りでショコラの香味にあふれ、けれどしゅわっと溶けるようです。外側にまぶされているのは和三盆糖。もうもう、たまらなくおいしいと思いました。

10個入りのひと袋を、一瞬で一気食べ(*_*)(*_*) ふくろを開けると止まらない!!

わたしこれ本当に好きだわ・・・わたしへのおみやげ選びに迷われた方は、これをくださいませー! 笑笑

IMG_0034.jpga■ 1袋10個入りで702円です。9個入り箱入り 918円もあります。通年商品として通信販売もされていますので遠方の方もたやすく購入することができます。

こちらでどうぞ。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

 

■ 見たのよ 四つ葉を 高倉で♪

■ 全国100万人の読者の皆さま、ヤサカさんの四つ葉を見つけるのが大好き(わりと得意?)なエリーでございます。とはいっても、タクシーだから撮れないままに走り去られることも多くて、ばちっと撮れることの方が少ないのですが・・・

IMG_0067.jpga■ でもでも見て、こんなにくっきりと撮れました。四条通高倉です。

「1844」です。

確かに、いいことうれしいことに、初めての出会いもあった1日でした♪

IMG_8921.jpga■ こちらは今月初めの、御幸町通三条上ルで。これはまわりをかなりトリミングしています。

「2916」です。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 2月3日発売、新刊のお知らせです。

■ 全国100万人の読者の皆さま、お知らせエリーでございます。

発表いたします。来週、2月3日発売の新刊です。
SOU・SOU」さんの、「しつらい」「在釜」で月替わりで出されてきた「亀屋良長」さん特製のお菓子の、6年分を再現・撮影した本を作りました。

アマゾンで予約開始されました
●正式タイトルはこちら、
SOU・SOU+obi*****************
SOU・SOU 京菓子あそび
和菓子になったテキスタイルデザイン
(世界文化社、176ページ)
*****************
●この「和菓子になったテキスタイルデザイン」シリーズ、
歳時記や花など年間テーマにもとづいた毎月のテキスタイルデザインと、
それに呼応して作られた、とても200年の歴史を持つ和菓子店が作ったとは思えない型破りなユニークさに満ちたお菓子を、撮り下ろしの写真でご覧いただきます。
●スタートの2009年と翌年2010年分をたどれる記録写真も同時収録しています。
●巻末には、SOU・SOUさん、亀屋良長さん、わたしで、
始終笑いっぱなしだった座談会も収録。
明るく楽しい気分になれる本ができたと思っています\(^o^)/\(^o^)/
●撮影じたいは真夏に4日間、11月下旬に1日、集中して行いました。
東京から、カメラマンさん、そして編集者さんも全部の日程来てくださいました。東京に帰る頃にはSOU・SOUの服を着たり、スマフォケースをSOU・SOU製に付け替えたりしていらっしゃいました(^o^)(^o^)
●ついでにこの本は英文併記です。
もちろん英文はわたしが書いたのではありません~。
●どうか皆さま、書店ででもネットででも結構ですので、

お買い上げの上、
ご覧いただきますようお願い申し上げます<(_ _)><(_ _)> 
来週は書店回りもいたします。
またいろいろな方にお世話になります。
*****************
SOU・SOU 京菓子あそび
和菓子になったテキスタイルデザイン
*****************

よろしくお願い申し上げます<(_ _)><(_ _)>

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 鶏つくねカレー@「八起庵」タカシマヤ店

■ 全国100万人の読者の皆さま、カレー好き、鶏肉好き。だったら、鶏つくねカレーは今の気分にいいではないの♪ と3日ほど前のある晩思いついたエリーでございます。「八起庵」さんの京都タカシマヤ7階の「京回廊」にあるお店へ。本店ではなく、ここでないといだけないカレーがあるからです。

IMG_9842.jpga

■ 鶏つくねカレーライス 1620円です。

IMG_9845.jpga■ ふわふわのつくねが3つ入り、濃厚たまご(卵黄)をくずしてからめもっていただきました。鶏好きカレー好きには、気軽なお昼や軽食にいいです。LO20:45、ひとりでも全くOKです。

■ これ以外にも、親子丼や鴨なんば、鶏カレーうどんなど本店ではいただけない一品ものが数種類あります。

*****************

「八起庵 京都タカシマヤ」
電話 075-221-8811
〒600-8520
京都市下京区四条通河原町西入真町52 

京都タカシマヤ 7階ダイニングガーデン京回廊内
11:00~20:45LO・21:30閉店
不定休(京都タカシマヤに準ずる)
27席 全席禁煙

*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ クラブエリー美味巡り@「西洋酒樓 六堀」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。1月24日(火)お昼、クラブエリー美味巡りのお昼を開催しました\(^o^)/\(^o^)/
お願いしたのは堀川通六条にある「西洋酒樓 六堀」さん。
洗練された洋食のお店です。
*****************

●シャンパーニュ1杯

●選べる飲み物1杯

*****************

●こしびと地場野菜いろいろのバーニャカウダ、
桜海老入りソースも。
● 蟹クリームコロッケ
● 活け車海老フライ
● オムライス
● 特選牛ロースグリル
● 海老カレー
● ケーキ 5種類から選択
● コーヒーか紅茶
*****************
IMG_9871

●こんな感じで広々~とした2階のスペースにテーブルを横1列に配置していただきました。

IMG_9873

●こしびと地場野菜いろいろのバーニャカウダ

IMG_9879

●いつものバーニャカウダソースに、桜海老入りソースも。これがえらく好評でした。パンがどんどん進んだ方が多数いらっしゃいました。

IMG_9884

● 蟹クリームコロッケ

IMG_9888

● 活け車海老フライ

IMG_9889

● お皿も素材に合わせた形でした(^o^)/

IMG_9893

●名物のオムライス、ハーフサイズです。ハーフといってもたっぷりありました。

IMG_9897

● 特選牛ロースグリル

IMG_9912

● 海老カレー

IMG_9918

●ケーキは5種類から選択

IMG_9929.jpga

●お誕生日休暇で遠方から出て来てくださった方のお祝いもしていただきました☆☆☆ 

IMG_9883

●こんな感じで、旨いもの好きのクラブエリーの皆さん、本当によく食べてくださいました。すっごい健啖家が混ざり込んでいることも再認識しました。笑。

いつまでも元気で、すてきなお料理をおいしく食べられますように\(^o^)/\(^o^)/

IMG_9932.jpga

●「西洋酒樓 六堀」シェフの清水正さんとスタッフの皆さんに御礼申し上げます。

盛りだくさんのお料理に至れり尽くせり=いたつくのサーヴィスに感謝。おかげで皆さんに喜んでいただけたと思います。
参加者の皆さんにも感謝いたします。

IMG_9907.jpga●窓からの眺めです。

降雪もなく交通機関も平常通りでよかったー(^o^)(^o^)/ 
堀川通に面していて、場所わかりやすく、駐車場があるのも好評でした。

わたしもまた伺います<(_ _)>

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ JEUGIAカルチャーセンター講座@「木乃婦」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。1月23日に開催したJEUGIAカルチャーセンター講座@「木乃婦」さん。
「関谷江里と共に木乃婦の料理を楽しむ」の7回めです。松の内は過ぎているけれど「お正月らしい華やかな料理」ということでお願いしました。

IMG_9756.jpga

●弁舌さわやか~な髙橋拓児さん。

IMG_9815

●今回初参加の方も、初回からご参加の方もいらっしゃいます。雪深い三重や富山からいらしてくださった方も。ありがたいです。
クラブエリーからも参加者があり、なじみのお顔にほっとしたりもしました。感謝。

IMG_9825.jpga

●献立は、黄金色で「特別」と記されており、なんだかうれしい☆☆☆

IMG_9763.jpga

●こんな献立でした。以下お料理順番にいきます。

IMG_9764 IMG_9770

●寒い日に、身に染みて美味と思えた熱々のかぶら蒸し。生姜が効いています。中に大きなあわび入り。

IMG_9772 IMG_9773.jpga

●ひらめ、ぼたん海老、文甲いか。ひらめがとりわけおいしさ際立っていました。

IMG_9782

●華麗なお椀です。中はお正月仕様で・・・

IMG_9780.jpga

●白味噌のお雑煮、お餅入り・・・と思って食べ始めるとこれが違いました。大きな淀大根に金時にんじん、芹、大ぶりの松葉柚子、そして

IMG_9783.jpga

●お餅に見えたのは麩まんじゅうでした。中に鶏ひき肉入りで食べごたえがあり風味がいいです。「料理屋だから普通のお雑煮では日常っぽすぎるでしょう?」と拓児さん。それと、白味噌は特別に作ってもらっているものということで、塩分濃度が普通のものとは違うということです。「非常に濃厚なのに軽やか」という禅問答のような味が成り立っているのには、ちゃんとわけがあったのでした。これ感動深かったです。

IMG_9787

●揚げものは、いとも優雅な味でした。からすみの、海老芋サンドのおかき揚げ。つぼみ菜。こういう海老芋とからすみの組み合わせがあったんだなあと。これも感動深かったです。

IMG_9798

●お鍋登場です。熱源はキャンドルではなくて、本物の炭火です。

IMG_9799.jpga

●焼き穴子、筍、うるい、木の芽。ふつふつと沸いて熱々で、おだしに強烈な旨みがあって、心を奪われたお鍋でした。外の、雪ちらほらの景色の中、きれいなお部屋で春のものをいただき温まった贅沢さよ。

IMG_9800

●焼き帆立ご飯、いかにもおいしそうな、香ばしい香りが部屋じゅう香りました。

IMG_9805.jpga

●香りよいだけでなく、しっかり旨みを感じさせて、しみじみ美味と思ったご飯です。赤だしと香の物が添えられました。

IMG_9823.jpga

●炊いたりローストしたりしたお手間入りの晩白柚(ばんぺいゆ という柑橘、フランス語みたいで音が好き)に、ココナッツアイスクリーム。上からカラメルソース。

IMG_9810●「木乃婦」の髙橋拓児さん、スタッフの皆さま、JEUGIAの皆さまに御礼申し上げます。おかげで参加者の皆さんに喜んでいただけたと思います。「またこれをやるなら、必ず参加します」ってアンケートに書いてくださった方もいらしたとか。参加者の方々も、ありがとうございました。

●今までのJEUGIAさん講座の記録をどうぞ。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「SOU・SOU」デザインのポテトチップス

■ 全国100万人の読者の皆さま、寒さに弱いエリーでございます。けれどテンションは高いw
今日はおそらくわたしのサイトで初めての、ポテトチップスのご紹介です\(^o^)/\(^o^)/

IMG_9851.jpga

■ 今や泣く子も笑う京都ブランド「SOU・SOU」とスナック菓子大ブランドの「Calbee」のコラボレーションは・・・
ポテトチップス ギザギザ 梅塩こんぶ味!!

目立つ袋ですね。
bairin_660■ 使われている文様は「梅林」です。手ぬぐいもあります。

IMG_9864.jpga

■ 袋の裏側には「SOU・SOUとは」の説明があり、プレゼント企画もありました。サーモボトルをプレゼントしてくださるみたいです。
kankoubai_6601

■ 色的に近いのはこちらかしらん、「寒紅梅」。

IMG_9854.jpga

■ さてポテトチップスの方は、こんぶパウダーや梅酢パウダーなどでしっかり味がつけられていました。表面がギザギザになっていて、独自の食感があります。袋を開けた以上はおいしいうちに♪ と一気食べしました・・・320kcalだそうです。(*_*)(*_*)
でもまあ、たまのことだしテンション上がったし(^o^)/
SOU・SOU」さんほんとすごいです☆☆☆

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「喜み家」で白味噌雑煮

■ 全国100万人の読者の皆さま、白味噌のお雑煮がひどく好きなエリーでございます。その意味ではいい季節です♪

■ 先日のある午後、少し久しぶりに鹿ケ谷通の「喜み家」さんへ。(正確には、「喜」は「七」が3つ積み重なる字です。)

IMG_9705.jpga

●これです。京風 白味噌雑煮 850円。見えているのがよもぎ麩、柚子、かつおぶし。中に大きなお餅入りです。

かんぺきに空腹状態で出かけるのがいいかもしれません。

白味噌がとろりんとほんのり甘くて、理想的においし☆☆☆ 寒い日はよけいに身体にしみ入る感じでうっとりします。

IMG_9702.jpgb

●セットもあって、当然豆かんをいただくわけです♪

IMG_9712.jpga●小さな豆かん。小さなといっても十分たっぷりの量です。豆のしっかりした食感がいいです。ものすごく好きです。

お雑煮とこれで、満腹になりました。

白味噌雑煮は4月の、桜が終わる頃までされているそうです。

*****************

(これが最新データです)

「銀閣寺 喜み家」(ぎんかくじ きみや)
電話 075-761-4127
〒606-8405
京都市左京区浄土寺上南田町37-1
(鹿ケ谷通 銀閣寺道100メートルほど下ル西側)
11:00~17:00 不定休
テーブル18席、席の予約不可
全席禁煙
2000年2月3日開店
*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 次のコンパクトカメラはこれ、G1X mark2

■ 全国100万人の読者の皆さま、逡巡の中にいたエリーでございます。でももう決めた、逡巡から出てきた~~!

あれこれ見たけれど、やっぱりいつものキヤノンに戻って、これになりそうです。

G1X-mark2.jpgaPower Shot G1 X Mark 2
●大きな1.5型CMOSセンサー これがいちばん魅力です。

●レンズはF2.0(W)~F3.9(T)明るいレンズ♪
●接写5cm 料理もお菓子も大丈夫でしょう。先代のG1Xは15cmだったから、全く圏外でした。。

●35mm換算で24~120mm お店の内観撮る時も24mmならいいですね♪

●記録画素数はスモールサイズが選択可能で640×480のサイズがあり。これ大事です。細かく大量に撮りますから。
●タッチパネル式ではなく、物理的にボタンやリングが各種あって、操作が瞬時にできそう。

*****************
■ スペック的にはコンパクトカメラの中では
これがいちばんよかったのですが、
しかし持ってみたらずしりと重みがあって、
いくらなんでも重い。コンパクトカメラなのに553g!
いったんはやめようと。(*_*)(*_*)
■ かといってもうひとつの候補であるPowerShot G9X の、
(スペック的には少しセンサーが小さくなるだけで問題なく、格好もいいのだけど)

200gという軽さとあまりのコンパクトは、
今度は「写真撮っている感」が全くなくて愛せそうにない。
■ 悩ましい~~と1週間思っていましたが、
やっぱり重くてもカメラらしいカメラが欲しい!!

Power Shot G1 X Mark 2 にします!!
これになじんだらきっと、
今よりきれいな写真が撮れるようになると思うのです。

■ 今使っているのは普段用はCanon PowerShot G15、実は同じ機種で4台目です( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

あまりにも手になじんで目をつぶっても使えるくらいで・・・でも酷使するもんだから弱るのも早い。

■ ちなみにライティングをして、わりと本気でサツエーする時は、
Canon EOS 5D Mark III を使っています。これはもう4年半も使っているのに、かんぺきに気に入っていて、次が欲しいなどと(今のところ)全く思いません。

次を欲しがる理由がないの。わたしには高かったし~。買った時の値段は、ボディだけで1回のパリ往復飛行機代に宿泊費も足したくらいでした~。笑

■ わりと近日中に入手すると思います・・・入手したら騒ぎます・・・騒がずにいられるだろうか?(いいやいられはしまい。)

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ クラブエリー第3金曜@「日本料理 とくを」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

6か月パックのクラブエリー第3金曜、1月はお正月料理です。松の内を過ぎてもいいからお正月料理をー!の声がこんなに多いとは。華やかな1月の第3金曜となりました。

IMG_9635.jpga

●ふだんの営業では出せないようなものもやります・・・と店主の徳尾真次さんが言ってくださって、献立見ただけで、皆さんに喜んでいただけるだろうなと楽しみになりました。

IMG_9627

●先付3品。のれそれ土佐酢/花わさびお浸し/ふぐ皮の煮こごり

IMG_9639.jpga IMG_9645.jpga

●お椀は白味噌の雑煮です。

IMG_9649

●向付は、ひらめの薄造りに中とろ。

IMG_9656

●焚合せは、徳島の新筍を使った若竹煮です。

IMG_9657

●こんな感じでカウンターを囲みました。お部屋も使わせていただいて、なんと18名入れていただいたのでした。

IMG_9659

●焼物は、ぐじの塩焼き、自家製のからすみ大根、セロリのきゃら煮。

IMG_9665.jpga

●蒸し物で、すっぽん茶碗蒸し、上に焼きふぐ白子。芽ねぎ。

IMG_9667

●鯖のきずし、車海老、きゅうり。

IMG_9672.jpga

●ご飯ものはなんと、

IMG_9675.jpga

●松葉蟹の焼きめしでした。

IMG_9677

●上に韓国海苔で香りを添えています。香の物(昆布大根、赤かぶ、壬生菜)、さらになめこと三つ葉入りの赤だしが付けられました。

IMG_9681 ●甘味は自家製のわらび餅でした。
IMG_9632 IMG_9638

●カウンター、お部屋ともみっちり入れていただいて、ものすごい盛り上がり方でした。お料理がおいしいとわかりやすく盛り上がります。皆さんに喜んでいただけたと思います。

よかったー(^o^)(^o^)/

IMG_9688.jpga

●「日本料理 とくを」の徳尾真次さん、小百合さん、スタッフの皆さまに御礼申し上げます。あまりに好評でしたから(「クラブエリー毎月ここでいい」と言い出した人あり)、また違う季節にお願いしようと思っています。
参加者の皆さんにも御礼申し上げます。

ほんと喜んでいただけて、クラブエリーやっていてよかったーと思っています。\(^o^)/\(^o^)/

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ NHK文化センター講座@「和ごころ 泉」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。NHK文化センターの第1木曜講座、今月は第3木曜に開催で、「和ごころ 泉」さんにお願いしました。昨年移転されて以来ますます人気の和食店です。松の内は過ぎましたが、せっかくなのでお正月料理です。

細やかなお手間入りのお料理、ものすごく充実してたっぷりで美味。皆さんに喜んでいただけたと思います。よかったー\(^o^)/\(^o^)/

*****************
●先付 数の子、甘鯛、赤蕪
●椀物 白味噌雑煮椀
●向付 いか、しびまぐろ、鯛
●八寸 玉子カステラ、なまこみぞれ和え、堀川ごぼう、菜種辛子和え、松葉刺し、鴨ロース、黒豆
●焼物 鰆の橙博多焼き
●冷物 ぶり大根(ぶり造りに大根おろし!)
●焚合 蕪蒸し、近江牛入り
●食事 自然薯のご飯、八丁味噌椀、香の物
●水菓子 いちご、日向夏、メロン、紅茶のババロア
●お菓子 柚子のお菓子、お薄
*****************

■ 以下、順番にいきます。

IMG_9559.jpga IMG_9561.jpga IMG_9562.jpga

●干支の酉の器で登場した先付は、数の子、甘鯛、赤蕪です。

IMG_9564.jpga

●椀物 白味噌雑煮椀
IMG_9568.jpga IMG_9572.jpga

●向付 いか、しびまぐろ、鯛
IMG_9575.jpga●八寸 玉子カステラ、なまこみぞれ和え、堀川ごぼう、菜種辛子和え、松葉刺し、鴨ロース、黒豆
IMG_9578.jpgaIMG_9580.jpga●焼物 鰆の橙博多焼き
IMG_9587.jpga●冷物 ぶり大根(ぶり造りに大根おろし!)
IMG_9590.jpgaIMG_9593.jpga ●焚合 蕪蒸し、近江牛入り
IMG_9594.jpgaIMG_9596.jpga

●食事 自然薯のご飯、八丁味噌椀、香の物
IMG_9605.jpga

●水菓子 いちご、日向夏、メロン、紅茶のババロア
IMG_9609.jpga

●お菓子 柚子のお菓子

IMG_9611.jpga

●お薄で締めです。しみじみいいお料理、ごちそうさまでした<(_ _)>

IMG_9607.jpga

●店内はお正月のしつらいでした。

IMG_9617.jpga●格調高く、美しい店頭のお花でした。「和ごころ 泉」さん、ありがとうございました。参加者の皆さまにも御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

**********************************
(昨年2月移転以降の住所です)
「和ごころ 泉 」 電話 075-351-3917
〒600-8414
京都市下京区仏光寺通烏丸東入ル一筋目下ル東側
匂天神町634-3 (元 「日本料理 桜田」の場所)
12:00~13:00入店、18:00~19:30入店
月曜休み
カウンター6席、テーブル4席×2(10席にもなる)、座敷(掘りごたつ式)6席
全席禁煙
2016年2月20日移転開店
**********************************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「京ショコラあそび」第1回

■ 全国100万人の読者の皆さま、ご機嫌エリーでございます。1月18日(水)、すてきなイヴェントに伺いました。

IMG_9486.jpga

●「鮒鶴 京都鴨川リゾート」で行われた、「京ショコラあそび」です。

Funatsuru外観.jpga●これはいただいた写真。鴨川側から見た「鮒鶴 京都鴨川リゾート」さんです。

IMG_9487.jpga

■ 第1回の「京ショコラあそび」、テーマは「こけら落とし」でした。

「マールブランシュ」「加加阿365」などで京都のパティスリ・ショコラトリを代表する株式会社ロマンライフさんの企画で、京都のショコラ愛を、よりいっそう盛り上げようという楽しいイヴェント。京都のショコラティエ5名が、「ハイカカオでおやつスイーツ」というテーマでできたてのショコラデセールを提供したのでした。

IMG_9488.jpga

■ 会場はこんな。音楽の演奏もあり、飲み物も京都産のワインに純米吟醸酒、カフェなどフリードリンク付き。100名募集のところ200名近くの申し込みがあったと伺いました。

IMG_9503.jpga

■ 撮影用に、上のフロアにしつらえられたテーブルです。

IMG_9531.jpga

●実行委員長の河内康太朗さんです。ものすごーくサンパな方です☆☆☆

IMG_9541.jpga

●5名のショコラティエの皆さんです。
舞台上前列が、南尚貴さん(北山「京都北山マールブランシュ」)
後列の左から、
垣本晃宏さん(神宮丸太町「ASSEMBLAGES KAKIMOTO」)
津田励祐さん(烏丸御池「grains de vanille」)
水野直己さん(福知山「洋菓子マウンテン」)
藤田浩司さん(祇園四条「加加阿365」)

IMG_9545.jpga

●すごい盛況、盛会でした。ショコラ好きがたくさん、同志だー♪と思いました。

IMG_9512.jpga

●さて、ショコラティエ5人の皆さんの、「ハイカカオで作ったおやつスイーツ」です。できたてのショコラデセールは、どれもショコラの香味が生きた粋なおやつで、本当においしくいただきました。まずこれは塩気で、藤田浩司さん(祇園四条「加加阿365」)によるハイカカオ×コロッケ。

IMG_9515.jpga IMG_9517.jpga

●南尚貴さん(北山「京都北山マールブランシュ」)によるハイカカオ×チョコパイ(=フォレノワール)。

IMG_9520.jpga

●垣本晃宏さん(神宮丸太町「ASSEMBLAGES KAKIMOTO」)によるハイカカオ×食べるショコラドリンク。

IMG_9522.jpga

●津田励祐さん(烏丸御池「grains de vanille」)によるハイカカオ×プリンアラモード。
IMG_9524.jpga

●水野直己さん(福知山「洋菓子マウンテン」)によるハイカカオ×オムレット。

ショコラ好きには非常に満足な会でした。これから定期的に開かれる会になるでしょうか。次回も楽しみにしています。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 鶏よ鶏で、インド料理店「ケララ」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、鶏肉大好きカレー大好きのエリーでございます。それに酉年ではないの。

鶏肉を食べるのだー!の気持ちに満ち満ちて、先日のある午後「ケララ」さんに飛んで行きました。

IMG_9454.jpga●タンドリーチキンです。
IMG_9463.jpga●タンドリーチキン入りのムルク・マカンニ。
*****************

■ 順番にいきます。

IMG_9433.jpga

●昼夜共にこんなセットがあります。以下、少しオプションをつけたり変更してもらったりしていますが・・・

IMG_9439.jpga

●パリパリの豆せんべい、パパド。

IMG_9442.jpga

●サモサも、

IMG_9443.jpga

●鶏挽肉入りです。

IMG_9447.jpga

●名物トマトスープはオプションです。+300円で小サイズ。

IMG_9449.jpga

●小サイズといってもたっぷりあります。温まるし酸味鮮やかで本当においしい☆☆☆

IMG_9454.jpga

●タンドリーチキン、これはむね肉です。大きくて食べ応えあり。サラダも山盛り付いてきます。

IMG_9458.jpga

●選べるカレーで、ムルクマカンニ、タンドリーチキンをほぐしたものがこれもたっぷり入り。

(ナンをご飯に替えてもらっています。)

IMG_9463.jpga

●こういうチキンがごろごろと入っています。

IMG_9468.jpga

●あまりに満腹になり、食後のデセールはパスにして、チャイで締め。

すごく鶏食べたーの満足感に包まれました。時々ものすごくインド料理食べたくなります。しばらーく食べてなかった・・・一度食べたらまた火がついてしまうかもしれません(*_*)(*_*)

*****************

「インド料理 ケララ」
電話 075-251-0141
京都市中京区河原町通三条上ル西側 KUSビル2F
11:30~14:00LO、17:00~21:00LO
不定休(ほとんど無休)
テーブル35席、全席禁煙
夜は予約が望ましい
1986年11月開店

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

 

■ クラブエリー和食会@「じき 宮ざわ」その2

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

1月16日(月)、先週に続いてクラブエリー和食会@「じき 宮ざわ」さんの2度めを行いました。

料理長の泉貴友さん、スタッフの皆さん、お手間のかかった料理なのに、見事な手際のよさを見せて、よどみなく次々と出してくださいました。

IMG_9302.jpga■ 参加者の皆さんも、雪の中でもびしーといらしてくださいました。感謝<(_ _)><(_ _)>

IMG_9625.jpga■ 献立はこんなです。

以下、お料理順番に。

IMG_9283.jpga

●ぶり大根 その1 

★(以下は、泉さんからいただいた説明を元にしています。)

丸大根とぶりの骨だけのおだしです。霜降りする前にあてた塩のみで、長時間かけて詰めています。実山椒を仕上げに。

IMG_9290.jpgaIMG_9292.jpga

●紅ズワイガニ 蕪 菊菜 もずく

★もずくは乾燥させています。蕪は昆布締めに、菊菜はお粥と合わせています。菊の花酢あんです。

IMG_9296.jpga

●白味噌お雑煮(丸餅、大根、にんじん、三つ葉)

IMG_9300.jpga

●ぶり大根 その2

★伊勢の活け〆の寒ぶりは、一週間骨付きのまま寝かせて、おろして、ある程度のかたまりで50℃のお湯の中でゆっくり手でもみます。これにより、いったんぶりしゃぶのようなプロセスを経ることになりますので、ぶりのくせが抜けます。その後、炭火で軽く炙って仕上げています。

IMG_9304.jpga

●定番、焼き胡麻豆腐です。

IMG_9307.jpga

●鰆とごぼう

★鰆も伊勢、釣りもの活け〆を一週間寝かせています。上は揚げたごぼう、下はきんぴらごぼうをすり流しにしたもの。

IMG_9312.jpga

●菜の花、帆立、黒豆

★大豆を使う白和えならぬ、黒豆を使う黒和え。

IMG_9315 IMG_9321.jpga

●まながつお、百合根、からすみ

★まながつおは天ぷら仕立て。上に九条葱、下に百合根のすり流し。削ってはらはらかけられているのは自家製からすみ。

IMG_9327.jpga

●海老芋、車海老、白子、金柑

★海老芋は米粉で揚げたもの。車海老は、頭と殻から取った海老油を塗りながら炭火焼き。白子のすり流し、金柑蜜煮。

IMG_9329.jpga

●くえ、れんこん、10種類の野菜

★くえも一週間寝かせて炭火で焼いています。れんこんは蒸したものと揚げたもの。10種類の野菜とは、大根、蕪、にんじんの皮や葉など、捨ててしまう部位も生かし、それでだしを取っています。さらにくえの骨から取っただしを合わせています。

IMG_9090.jpga

●炊きたてのご飯です。

IMG_9096.jpga

●とてつもなくおいしい白ご飯、「宮ざわ」さんの名物です。これは滋賀県長浜市の無農薬コシヒカリだそうです。まだ芯のあるようなフレッシュご飯をひと口よそってくださいます。

IMG_9098.jpga IMG_9099.jpga

●香の物がたっぷりなのも、こちらのスタイルです。赤だしも付きました。

IMG_9334.jpga

●ご飯がだいぶほんわりしている2膳め。これで終わらずまだいただいてしまうのです。際限なく食べたいと思わせます。つやつやピカピカで、ほんとーーにおいしいので。

IMG_9111.jpga

●フルーツは、オレンジが宮崎の津之輝(つのかがやき)、いちごが熊本のひのしずく。

IMG_9338.jpga●酉年記念のもなかとお薄で終わりました。本当にいいコースをしていただきました。

じき 宮ざわ」さん、予約が難しいほどの人気のわけが改めてわかりました。

泉貴友さん、スタッフの皆さまありがとうございました。

参加者の皆さまにも御礼申し上げます。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ ヴァレンタインのコレクション@JPH

■ 全国100万人の読者の皆さま、2017年ヴァレンタインのショコラのコレクション@「ジャンポール・エヴァン」さんです。京都店でも1月14日に始まりました。

IMG_9362.jpga IMG_9363.jpga IMG_9365.jpga

■ お店まるごと期間限定のヴァレンタイン仕様になっています。いたるところ黄金の額縁入りのキスですー!

IMG_9429.jpga

■ サロンの奥、Cave カーヴに至る前に1枚扉があり、それもこの通り。

IMG_9411.jpga

■ この紙袋がもう作品みたいです。つやつやの厚めの紙に、実にきれいな印刷。(笑)

IMG_9417.jpga

■ ヴァレンタインコレクションのコーナー。今季のテーマ「フレンチ タッチ」がヴァレンタインでも最大限に表現されています。

ぱーっと華やかでとにかくかわいい☆☆☆ テンションが上がります、気持ちが浮き立ちます。

IMG_9421.jpga

■ ヴァレンタインコレクションに、従来のボンボンショコラも取り混ぜてのセット。これで10個入り 3969円。

IMG_9427.jpga

■ フレンチカンカンのモチーフが、ビュッシュでもそうでしたが、繰り返し使われています。

IMG_9366.jpga

■ 紙袋じたいが人気でしょうがないと。持ち手はサテンの、黄金色のリボンです。

IMG_9369.jpga

■ これは今回のコレクション10種類を詰め合わせていただいたもの。(注:この形で販売されてはいません。)個別売りのものを1個ずつ全部選んで箱詰めお願いしたらこうなった、という見本です(^o^)

IMG_9373.jpga

■ 期間限定ボンボンショコラ10種類、各452円。(赤いハートはここでは1個だけですが、今回のコレクション中、ショコラ ノワール/ショコラ レの2種類があります。)

楽しい図柄ですが、トリコロールのキスはまあおもしろいとして、日の丸キスは図柄としては、わたしたちにとって抵抗ないだろうか?(^o^)(^o^) 

でもとにかくおもしろいです<(_ _)><(_ _)>

IMG_9387.jpga

■「キス フロム フランス」という名前です。中はベルガモットが香ります。

IMG_9382.jpga

■ 中は重層的な作りで、ひと粒の中に香味いろいろ、お手間入りです。

■ 10種類全部味見いたしましたが、それぞれ完全に違っていて飽きることがありません。ココナッツ入りやらベルガモット入りなどやみつき的なおいしさ。ただしフランボワーズ入りの酸味が勝った味なんかもありましたから、全部が全部好きということはなかったです。ごめん。笑。それでも、全体いいバランスいい調和、ほんと完成度高いコレクションと感じ入りました。 IMG_9405.jpga■ 2月14日までです。わたしまたお遣い物やおみやげを買いに行くだろうと思います。訪れるだけで楽しいんだから\(^o^)/\(^o^)/
ショコラ10種類の後は、さすがにいつもの濃厚ショコラショーは飲まず、初めて紅茶をいただきました。JPHブレンドというの、セイロンティに中国茶ラプサンスーションをブレンドしたもので、これは独特の香味でした。
ジャンポール・エヴァン

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 掲載誌のお知らせ:料理通信 2017年2月号

■ 全国100万人の読者の皆さま、掲載誌お知らせのエリーでございます。

51TX+0eF+QL■ 発売中の料理通信 2017年2月号 です。
連載ページ「安くて旨くて何が悪い?」。今回は祇園の「切通し進々堂」さんに出ていただきました。1960年開店、すでに創業57年になられます。

img_7485-jpga■ これは12月に一度アップしたコロッケトーストです。

サンドイッチとは別に、「トースト」のメニュー充実の良心的なお店です。パンは焼きたてサクサクで、玉子(オムレツ状で作りたて)やウィンナー(揚げたて)をはさんだトースト、本当においしいです。

どうぞ皆さま「料理通信」を(お買い上げの上)ご覧いただきますようお願いいたします。

★追記:「切通し進々堂」さんは2017年1月より全席禁煙になっています。取材時はまだ喫煙可能でしたので、誌面には「禁煙ではない」とありますが、全席禁煙が最新データです。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ りんごのお菓子3つ

■ 全国100万人の読者の皆さま、ショコラについで、りんごのお菓子が好きだなあと思うエリーでございます。

京都 りんごのお菓子

として、りんご菓子の記事だけコレクションしてあったりもします。

■ 何かいったん好きになったら、それが何であろうと、わたしにおいて発動するのはコレクション癖なのです。

4T8A9257.jpga

●「オレノパン」さんでりんごのデニッシュ。

IMG_6042.jpga

●京都ホテルオークラ「レックコート」さんで名物のアップルパイの、カットヴァージョン。

IMG_8916.jpga●先日のある晩、「バルマーネ」さんへ。パティスリなど夜遅めの時間帯に、どうしてもりんごのお菓子が食べたくて飛んで行って、これは「タルトタタン」。

あじのフライ、クラムチャウダーをいただいた後、これと紅茶を注文しました。

■ アップルパイ、アップルシュトゥルーデル、タルトタタン、タルトポム・・・いずれも非常に好きです。

熱でりんごを圧倒的にねじ伏せて、とろとろの別物にしてしまったようなお菓子がとりわけ好きです。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 買ったもの要るもの買おうとしているもの♪

■ 全国100万人の読者の皆さま、たくさん要るもの欲しいもの好きなものがあるエリーでございます。

今の気持ちいろいろです。
81Jcc0ChC1L._SL1500_■ もう製造は終わっているけれど市場にはまだ新品が探せばあるこのLumixのLX100というコンパクトデジタルカメラ。

センサーはフォーサーズ、接写3cm、非チルト式、フラッシュもなし、角ばってすっきりしたデザイン・・・見れば見るほどわたしにぴったりではないか?と思えてきて、シャッタースピードダイヤルや絞りリングも物理的についていて、それでいて400g弱で重くなくて、これひょっとしてものすごくいいかも。
メイン機サブ機共にキヤノン人生を歩んできましたが、サブのコンパクト替えるかもよ。。。

追記:ちょっと使ってみました。とてつもなく画像がきれいです☆☆☆ けれどわたしの人生に組み込まれるカメラになるかと言えば、そうはならない気がします。

追記2:やっぱりキヤノンになりそうです・・・
61e0k6Bvk8L._SL1000_Microsoft Office 365 Soloを年末の割引の時に買っておいて、年明けてからすごい勢いで膨大なデータ整理。1年1万円くらいで常に最新のOfficeを使えて、さらにクラウドにデータを1テラ置けます。スマフォからもあらゆるデータにアクセスできるようになり、劇的に便利☆☆☆
mainvisual2■ マッカな新書\(^o^)/\(^o^)/ 1月12日創刊のインターナショナル新書(集英社)、書店で目立ちます。さっそくおもしろそうなのを買って読んでみようと思ったんだけど、電子版にはまだなっていませんでした(*_*)(*_*)
IMG_8607.jpga■ ショコラで気持ちほっこり。「パトリック・ロジェ」さんの缶入りの板ショコラ。パリのおみやげで幸せです\(^o^)/\(^o^)/

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 朝日カルチャーセンター講座@「れんらく船」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

1月12日(木)朝日カルチャーセンター講座のお昼を「れんらく船」さんにお願いしました。
「乗船口」から乗って(笑)、ゆらゆら揺れているような気分でブルーの光の中で牛肉祭\(^o^)/\(^o^)/
独特な雰囲気、美味強烈な近江牛、すごい量感・・・
肉食女たちの集団でしたが、
しばらく肉の顔を見ないでいいかもというほどいただきました。
IMG_9137.jpga IMG_9143.jpga

●サーロイン山かけ

IMG_9148.jpga

●サーロインたたき

IMG_9151.jpga

●広げたところです。もう1枚ありました。

IMG_9154.jpga

●テンダーロインからあげ、これは数名分です。2度にわたって供されます。

IMG_9158.jpga

●テンダーロインあみ焼き、下に椎茸、菜の花、かぶら。上の肉料理と共に、サラダ、グラスに差したクレソン、大根おろしもたっぷり添えられました。

IMG_9160.jpga

●肉だけで満腹ですが、希望者にはベイクドポテトが供されました。最後にこのサーロインのにぎり寿司も希望者(ほぼ全員)に供されました。

青い光が写り込んでいます(笑)。

●この後、アイスクリームがヴァニラか抹茶で選択できました。

IMG_9165.jpga

●お店のエントランスはこんな。皆さん「ここでいいのかと一瞬躊躇した」と異口同音におっしゃいました。

IMG_9166.jpga

●「乗船口」から乗船するのでした。

上質な牛肉そして牛肉そして牛肉まだ牛肉という連続で、圧倒的なおいしさでした。とても好評でした\(^o^)/\(^o^)/

「れんらく船」さんお世話になりました、ありがとうございました<(_ _)><(_ _)>

*****************
「れんらく船」 電話 075-241-4358
京都市中京区三条通木屋町東入ル南側 中島町105 タカセビル地下1階
営業は夜のみで17:00 開店、そんなに遅くまでの営業ではありません。
不定休
禁煙席なしです。
1970年3月開店
*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ クラブエリー和食会@「じき 宮ざわ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

1月11日(水)今年1回目のクラブエリー和食会を「じき 宮ざわ」さんにお願いしました。
泉貴友さんのお料理はとてもクリエイティヴで、たとえば「ぶり大根」というのが2回出てきますが、全然違う料理で楽しませてくれます。ますます和食を超えている感じ。
お料理10品に、炊きたてご飯、フルーツ、もなかと抹茶。
ものすごーく好評でした\(^o^)/\(^o^)/
来週同じコースで2回目を開催しますので、来週参加の皆さんはどうぞ楽しみにいらしてください。

以下の写真は抜粋です。来週コースの全容を載せます。

IMG_9062.jpga IMG_9060.jpga IMG_9067.jpga IMG_9069.jpga IMG_9080.jpga IMG_9083.jpgaIMG_9115.jpga IMG_9118.jpga IMG_9112.jpga IMG_9182.jpga

■「じき 宮ざわ」泉貴友さん、スタッフの皆さまありがとうございます。来週もよろしくお願いいたします(^o^)/

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「祇園にしむら」2017年1月のコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、ご機嫌エリーでございます。こんなにおいしいものを食べて機嫌よくならずにいられるだろうか?(いいやいられはしまい。)

祇園にしむら」さんでお正月料理です。

■ 毎年、松の内だけに使われる器、1年に1回、この時期だけの料理です。
過不足なくおいしかった、楽しかったー☆☆☆ なごんで、だいぶ笑った夕食でした。
料理7皿と、ご飯、フルーツ。

14日までなので、急ぎアップしておきます。

IMG_8995.jpga●お正月のセッティングです。

IMG_9001.jpga

●いつもの胡麻豆腐でスタートします。

img_9004-jpga img_9009-jpga

●白味噌のお雑煮です。

img_9015-jpga img_9018-jpga

●お造りも、お正月用の華麗なお皿で。

img_9029-jpga

●羽根模様のお皿で鯖寿司。

img_9023-jpga

●ごまめ、たたきごぼう、からすみ、いくらを詰めたきんかん、酢れんこん、ちしゃとう、黒豆。くわいものるはずでした。店主さん盛り忘れたみたい。笑。
IMG_9031.jpga●焼き物は、まながつおの味噌漬け。

IMG_9034.jpgb●焚き合わせは、湯葉あんかけ、中にすけこ、筍、ふき、聖護院大根。

img_9039-jpga

●まぐろのお茶漬けで締め。

IMG_9044.jpga●いちごに生クリーム。

img_9048-jpgb■ 14日までのお料理ですから、急ぎアップいたしました。

お正月の華やかさでほっこりするおいしさ、年始の「祇園にしむら」さんもほんとよかったです。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ ガレット・デ・ロワ@「パティスリー S」

■ 全国100万人の読者の皆さま、サクサクサクが大好きなエリーでございます。

ガレット・デ・ロワ@「パティスリー S」さん。

4t8a9216-jpga■ ガレット・デ・ロワには今年初参入で、カット版に限り、本日までということで四角いのを作ってみたということ。
ブルターニュからのフランス人パティシエがスタージュ(正確にはワーキングホリデー)に来ているとかで(確かに厨房にいた)、「四角でもいいじゃん♪ フランスでも何でもありよ」と言ったとか(^o^)(*_*)(^o^)

img_8973-jpga■ シシリーのアーモンド、グルノーブルの胡桃・・・素材厳選です。
4t8a9214-jpga■ 底にキャラメリゼした胡桃がところどころ敷いてあって、食感と濃厚さを与えていました。ほんと味濃いの。笑。

いやー、おいしかった、新しい感じがした~ ・・・けれど、四角いガレット・デ・ロワってのは感じが出ない~というのが偽らん感想でした。ごめん。笑。

でもまだこれ発展途上で、まだまだ変化していくということでした。
■ 15cmのホール(丸型)は1月末まで販売、1650円(+税)。フェーヴは中に入れず別添えで、好きなものを選ばせてくれるそうです。
1日1~2台しか作られないそうないので、必ず欲しい方はどうぞ予約を。
4t8a9231-jpga■ 同時にショソンオポム 450円とかミルリトン(奥) 400円なんてのも登場していて、りんごのお菓子が好きなわたしはショソンオポムをとてもおいしいと思っていただきました。りんごはグラニースミスを使用とのことです。とにかくサクサク感がすごい。サクサクサクが押し寄せます。口じゅう粉々になりますが、ふわあといい香り、なんて幸せな食感☆☆☆

4t8a9249-jpga■ りんご部分はかなり酸味強めですが、とろとろに炊いてあって、これはとても好きでした。
ミルリトンも、中のクレームダマンドは濃いめでオレンジが香り立つ、とても特徴のある仕上げでした。
いずれもこのパティスリにおいては初めてのお菓子です。
他に食べたい生菓子もありました。改めて伺います(^o^)/

*****************

パティスリー S電話 075-361-5521

11:00~19:00

水曜、木曜休み

1月は17日(火)もお休みということです。
*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ ガレット・デ・ロワ au「グルニエ・ドール」

■ 全国100万人の読者の皆さま、今日もあほみたいにご機嫌エリーでございます。何とかしたいと思っていたある件がきれいに収まって、すかーーーっとしておりまして。その話は改めてするとして、ガレット・デ・ロワです。

img_8963-jpga

●にわかにガレット・デ・ロワのカット版コレクションに走っております。日本ていい国。

大きくて、買えない人が多いなら、切って売ろうぞガレットを。

まずは表敬訪問で「パティスリー オ・グルニエ・ドール」さんへ。なんといっても「クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ」のキンゾーさん、西原金蔵さんのお店です。

4t8a9208-jpga

●伝統的な味、食べやすいカット版 545円。

1月31日までの販売。

ホールはトラディショナル 22cmが3270円、30cmが6540円。粒々ショコラ入りは22cmが3490円、30cmが6980円。

予約が確実です。欲しい日の4日前までに注文するといいみたいです。

**********************************

「パティスリー オ・グルニエ・ドール」電話 075-213-7782
〒604-8127
京都市中京区堺町通錦小路上ル 527-1
(東側のサロン・ド・テの方ではなく、西側のブティックへ)

**********************************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 白味噌うどん@「仁王門 うね乃」

■ 全国100万人の読者の皆さま、これをいただいてものすごくご機嫌になったエリーでございます。

仁王門 うね乃」さんの、1月限定の白味噌うどんです。

img_8926-jpgb

●そろりと丁寧に供されます。糸かつおがふわふわ揺れています。とろりんとした白味噌だし、もう見ただけでおいしそうでたまらないです。

img_8923-jpga

●これです。白味噌うどん 1500円。お雑煮のようなうどんです。うどんが好きなわたしにはこれ理想的です。

img_8930-jpga●こんな感じで、金時人参、大根、かしら芋も、丸くくりぬかれています。中にはお揚げが思いのほかという感じでたっぷり入っていて、風味を添えていました。

仁王門 うね乃」さん、人気でいつも満席状態ですが、なんとか空席がありそうな時間をめがけてまた伺います。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ ガレット・デ・ロワ@「ロトス洋菓子店」

■ 全国100万人の読者の皆さま、今日もご機嫌エリーでございます。

昨日1月6日が公現祭(Épiphanie)でした。Galette des Rois ガレット・デ・ロワをいただく日です。

1月中の日曜日に切り分けていただくという伝統だったと思いますが、今は1月いっぱい毎日、フランスのどこのパティスリでも競うように売っているし、いつ食べてもいいのだと思います。
切り分けて、フェーヴが入っているのを見つけるのもうれしいものだけど、大きなサイズが買えない人の方が多い昨今、ちゃんとカットしたのが売られているのですね。
■ これは東洞院高辻近くの「ロトス洋菓子店」さんのものです。ホールが18cm 3300円、写真の1カットは450円。

こちらのガレット・デ・ロワをいただくのは初めてだったのですが、サクサクサクの部分も中のクレームダマンドや土台も、理想的な口当たりと香味、バランスのよさで、ほんとーーーにおいしいと瞠目の思いでいただきました。今までの人生で食べた中でも、ベストのいくつかに入るものです。
img_8941 4t8a9184-jpga img_8937-jpga 4t8a9191

●この厚さというか、薄さがほどよいと思いました。もともとあまり中身が盛り上がるように入っているのは好きではないのですが、これほどまでぴたーっと一体化していて、サクサク層としっとり層の調和がいいのは初めてかもしれません。ひとえに香りがよかったです。焼き込んだ香り、豊かなアーモンドの香り。クレームダマンドというかフランジパーヌかな、とにかく感動しました。

4t8a9196-jpga 4t8a9201-jpga

■ さらにさらにこちらも一気食べしてしまいました(*_*)(*_*) ピュイ・ダムール 540円です。
表面の砂糖がけのキャラメリゼ部分はパリっとしていて、外のサクサクフイユタージュがほんとーにおいしい。中にバナナ入りで、これがクレームパティシエールと一体化していてとろりんこってりと旨いったらないのです。もうもう天国でした。
深い満足感、こんなに幸せな気分になるかっていうくらい、目ざましくおいしかったお菓子2つでした。

4t8a9208-jpga

■ もうひとつ買ってきたのがチーズケーキ 480円。しばらくしてからいただきました。これもたまらなく好きでした。ほんのり塩気で白ワインとも合うと思う。

4t8a8953-jpga■ 実はどうしてもどうしてもこれをいただきたいの思いだったのですが、もう終わっていて、今の時期は作られないということです。タルトタタン、また次の機会に・・・

img_8944-jpga■ 1月中にもう一度は出かけて、ガレット・デ・ロワをいただこうと思います。定休日を間違えないように、カレンダー貼っておきます(^o^)/

*********************************************
「ロトス洋菓子店」 電話 075-353-2050
〒600-8415
京都市下京区因幡堂町699
(京都市下京区松原通烏丸東入ル、1筋目を上ル、因幡薬師前を東入ル、南側)
12:00~19:00

月曜と火曜休み
販売のみ、サロンなし。
2011年1月15日開店
*********************************************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ イタリア料理の新店「Vena(ヴェーナ)」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、ご機嫌エリーでございます。昨年12月20日にオープンした「Vena(ヴェーナ)」さんに昨晩伺って参りました。本当に楽しみにしていました。
室町通に面して、夷川通り上ル東側。

img_8806-jpga

img_8868-jpga■ サーヴィスの池本洋司さん(元「BOCCA del VINO」)と、
料理は早川大樹さん(元「イル ギオットーネ」)のお店です。
ひろびろゆったりしたカウンターに、美しい北欧椅子がとりどりに配されていて非常におしゃれ。

居心地よくて、おいしくて、とてもよかったのです。\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
池本さんは芸風変わらずで、あの口調あのサーヴィス健在です。
img_8813

■ 大理石の板の上にセットされるカトラリーの、この置き方ユニークだわ☆☆☆

 

img_8815-jpga

■ グリッシーニが束で、「お好きなだけどうぞ、まずは2,3本どうぞ」と供されます。

img_8819-jpga

■ パンは「カフェコチ」さんのもので、パン・ドゥ・ロデヴ(pain de Lodève)。

■ さてお料理は、1コースのみ、夜13000円で税サ別途。
(前菜4皿、パスタ、リゾット、メイン、ドルチェ、カフェ)

しばらくは夜のみの営業とのこと。
昼営業は今月半ばから始められるそうです。

img_8811-jpga

●前菜1 雲子のフリット、ペリゴールのトリュフ、トランペット茸の粉
img_8823-jpga

●前菜2 赤貝の炭火炙り、ほうれん草スープ、中にほうれん草のバターソテ リコッタ、ピスタチオ
img_8831-jpga img_8838-jpga

●前菜3 伝助穴子、生と炭火炙り、野菜いろいろ、からすみ。
ソースは1)グラニースミス(青りんご)とマスタード、2)聖護院かぶらとオレンジ
img_8839-jpga

●前菜4 蝦夷鹿しゃぶしゃぶ、富田林の海老芋、ザバイオーネ、トリュフの香り、パルミジャーノ、胡椒。海老芋を炊いただしに生クリームを入れてとろっとさせたソースも。
img_8845-jpga

●スパゲティ、鳥取のずわい蟹、北海道昆布森のうに、カリフラワー、レモンの皮(カリフラワーで覆われた状態で供されました。ちょっとどけたところね。)
img_8847-jpga

●ラ・フランスとゴルゴンゾーラのリゾット、上にくるみと生ハム
img_8859-jpga

●鳩肉のところを・・・あか牛ロース肉、ブラックオリーヴタプナード、堀川ごぼう、牛テール煮込み、そら豆
img_8862-jpga

●ティラミス、ミルクジェラート、いちご
img_8865-jpga●紅茶(アールグレイ)

■ ゆーったり寛いで食事するのにいいお店です。高級感があってシック、大人の雰囲気で、それでいて独特のおもしろいサーヴィスで笑わせてくれて気持ちがほぐれて。けれどお料理はばちっと決まっておいしくて、これははやるでしょうね~(^o^)/ 

*****************

「Vena(ヴェーナ)」 電話 075-255-8757

京都市中京区室町通夷川上ル東側(鏡屋町46-3)

現在夜のみ営業、1月半ばから土日祝のみ昼営業の予定

水曜休み

カウンター10席、準備中の2階は完全に別室の2部屋があり、各8席。全席禁煙。

要予約
2016年12月20日開店
*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 掲載誌のお知らせ:ミセス 2017年2月号

■ 全国100万人の読者の皆さま、掲載誌お知らせのエリーでございます。

明日1月6日に発売されるミセス 2017年 2月号です。

91cb3e5grjl-1■ お店ご紹介ページでは「祇園 にし」さんに出ていただいています。

皆さまどうぞミセス 2017年 2月号をお買い上げの上、ご覧くださいませ<(_ _)>

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「チェンチ」12月の夜コース

■ 全国100万人の読者の皆さま、引き続き12月の記録で未アップ分をご覧に入れるエリーでございます。12月の最終週の後半に、「チェンチ」さんに伺いました。

「チェンチ」さん大好きな方にお誘いいただいて(もちろんわたしも大好き)、4名で訪問。お昼でしたがいただいたのは夜のコースです。 

どのお皿もものすごくオリジナリテを感じさせて瞠目のおいしさ、ほんとおいしい、おいしい、とうわごとのように繰り返しながらいただきました。

img_8549-jpga

●ペルシュウ

作りたてのモッツァレラ、その下に安納芋のフリット。

img_8555-jpga

●グリッシーニと、

img_8553-jpga

●フォカッチャ

img_8556-jpga img_8559-jpga img_8560-jpga

●大根、柿、まぐろ

片面を炙っためばちまぐろに、大根いろいろ。下に大根もち。黒大根、青大根、紅しぐれ、紅くるり、白大根(おろし)。

柿のソース、おろしたからすみ。

img_8564-jpga img_8566-jpga img_8569-jpga

●ほうれん草、ピスタチオ、蟹

ほうれん草を練り込んで作った緑色のクレープに、ずわい蟹の身、こっぺ蟹の内子と外子、蟹みそ。フロマージュブラン、砕いたピスタチオ。ほうれん草。

img_8570-jpga img_8572-jpga

●百合根、海老、マジヤクリ

百合根だしに浸った百合根のニョッキです。本当の雲子のところをこれは海老に差し替え。マジヤクリはらはらたっぷりと。

上にかぶせられているのは、パルミジャーノをパリパリの板状にしたものです。

img_8574-jpga

●白菜、豆乳、鰤、黄柚子

とりぶしベースの豆乳スープに柔らかな白菜、鰤の炭火焼き。アンコールペッパー、柚子バーニャソース

 

img_8581-jpga

●鹿、根菜、ガラムマサラ

蝦夷鹿は火を入れてからペルシュウで巻いてパン粉つけて焼いてあります。れんこん、京にんじん、堀川ごぼう、十勝マッシュルーム、根セルフイユ。根セロリのピュレ。赤ワインソースガラムマサラ風味!!

img_8585-jpga

●3種類から選択できるパスタ、これは九条葱と氷魚、山椒の香り

img_8587-jpga

●これは菊菜と牡蠣

img_8588-jpga

●(ここらかは甘味で、)カンノーリ

エスプレッソの風味、中にクランベリー

img_8591-jpga

●ヘーゼルナッツ、チョコレート

ボネです。

img_8593-jpga

●グラニースミス

グラニースミス(青りんご)を焼いたもの、下はクレーム・シブースト、ラム酒の香りのヴァニラのアイスクリーム。りんごのピュレ、カラメルソース。

img_8594-jpga

●食後のカフェにはカプチーノをお願いしました。これは雪だるまだって。

img_8597-jpga●孔雀模様もありました。

チェンチ」さん、本当においしい、独自の料理が楽しい、雰囲気すてき、寛いでゆったりできる、サーヴィスほどよい、また来たくなる・・・と、いいことずくめのお店なのでした。

一緒にいただいた3名の皆さまに御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「御料理 たまりや」12月の夜コース

■ 全国100万人の読者の皆さま、12月の記録で未アップ分をご覧に入れるエリーでございます。12月の最終週の前半に、「御料理 たまりや」さんに伺いました。夜コースです。

とてもおいしかったです☆☆☆

img_8447-jpga

●下仁田ねぎ、原木椎茸、菜の花に、白子ぽん酢

img_8452-jpga

●お椀は帆立しんじょう。聖護院大根、ほうれん草、金時にんじん。

img_8455-jpga

●お造りその1 さわらのひと塩/スモーク スモークの方に赤蕪のソース

img_8457-jpga

●お造りその2 よこわ、つぶ貝、金目鯛 黄色いすだち

img_8460-jpga

●和牛のたたき、山椒味噌、海老芋唐揚げ、鳴門金時蜜煮、うに

img_8461-jpga

●和牛たたきと山椒味噌の組み合わせ、特別よかったです。

img_8464-jpga

img_8465-jpga

●牡蠣の揚げだし、北海道・仙鳳趾(せんぽうし)の牡蠣ということです。

img_8472-jpga

●蟹ご飯、たまごと。目の前で混ぜてよそってくださいます。

img_8473-jpga

●蟹の身たっぷりでした。

img_8471-jpga img_8474-jpga

●ご飯と共に供された、香の物とお椀。

img_8477-jpga

●紅茶のプリンです。上にりんごのシナモン煮。

img_8478-jpga●こんな感じでほどよいやわらかさ、するりと食べられてコースの食後にふさわしい甘味でした。

とてもいいコースでした。クラブエリーで2月に出していただくものより、これはコンパクト版だったかしらん? いずれにしてもひと月以上先ですから、食材が違うと思います。

どうぞ皆さん楽しみに(^o^)(^o^)/

*****************

「御料理 たまりや」 電話 075-541-5670
〒605-0074
京都市東山区祇園町南側570-122-251
(花見小路四条下ル西側)
夜のお店ですが、予約したら昼もしてくださいます。
カウンター6席、テーブル8席(★いずれも靴を脱いで上る)
全席禁煙
前日までに要予約
2014年9月開店

*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「月ヶ瀬」、新年のお雑煮

■ 全国100万人の読者の皆さま、31日夜から3日の夕方まで、起きている時間のほぼ全部、ただひたすら本を読んで、時間の贅沢をしたエリーでございます。これで満足ということは全然ないけれど、でもちょっと気が済みました。

■ 3日の遅い夕方になって、やっとシャバへ出たのです 新年は本日からオープンの「月ヶ瀬」さん堺町店へ(^o^)/

img_8687-jpga■ 今年から新年のお雑煮が始まりました。

(京都タカシマヤ店では、ミニあんみつとのセットが以前からありましたが、祇園店と堺町店では今年が初めて。)

小芋と、そこに巻きつけるようにしたお餅がどーんと入った、白味噌仕立てのお雑煮です。

熱々、甘くてとろりとしてけれど甘さもとろみもほどよくて、あああおいしかった☆☆☆ 

img_8681-jpga

■ 白味噌雑煮 972円、1月末までされるそうです。

img_8684-jpga*****************

月ヶ瀬」 堺町店 電話 075-212-1959
〒604-8106
京都市中京区堺町通御池下ル西側 アーバンライフフォルムズ烏丸御池1F
12:00~19:00
水曜、第1木曜休み(祝日の場合は営業、翌日休み)
テーブル22席 
全席禁煙 席の予約不可
昭和元年(1926年)創業。堺町店は2006年11月開店
http://www.tsukigase.jp

*****************

img_8691-jpga■ 「月ヶ瀬」さんの後、京都BALの地下の「丸善」さんへ。置き場がないから電子書籍ばっかり買うようになってしまいましたが、紙の書店ももちろん好きです。紙でしか出ていない本もまだまだ多いです。というかその方が多い。大抵の研究書や専門書は紙です。電子ばかり買っているっていうことは、この頃さっぱり難しい本は読んでいないということです~( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

地下1階と2階で、久しぶりに1時間半ほど過ごしました。なんていいお休み♪ 丸善さんありがとうございます。紙の本買う時は伺います<(_ _)><(_ _)>

これだけ本があるのよ。普段からもっともっと読まねばならんと強烈に思いました。漫然とネットばかり見ていてはいけない。本を買いましょう、寸暇を惜しんで読みましょう。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 店舗リニューアルの「亀屋良長」

■ 全国100万人の読者の皆さま、「亀屋良長」さんの新しくきれいになったお店に年末に伺ったエリーでございます。

img_8483-jpga■ 店頭はお正月のしつらい。干菓子や花びら餅、そして「SOU・SOU」さんの「酉」が飾られていました。

tori_660■ これですね♪ 脇阪克二さんが描かれた鶏、白黒のドットやストライプや格子です。マッカの色が効いて粋です。

■ さて「亀屋良長」さんの、11月28日にリニューアルオープンされた店内です。

img_8490-jpga img_8489-jpga

■ ゆったりして見やすい、選びやすい上に、

img_8492-jpga

■ 喫茶スペースがあります。いずれお菓子をこちらでいただけるようになるでしょうか、楽しみです。

img_8481-jpga

■ お菓子作りに何より必要な清らかな水、 「醒ケ井(さめがい)」の出るこの地にお店を構えられたのが、享和3年(1803年)ということです。200年以上こちらで和菓子を作って来られたのです。「烏羽玉(うばたま)」という代表銘菓があまりにも有名ですが、伝統のお菓子だけではなく、こんなかわいい世界が広がっています。

img_8487-jpga img_8488-jpga

■「SOU・SOU」とのコラボレーションです\(^o^)/\(^o^)/ さらに・・・

img_8504-jpga img_8505-jpga img_8506-jpga

■ 個別包装で1個から買うことができるお菓子が、こんな風に「SOU・SOU」模様です。とりあえず買ってみたくなりますね☆☆☆

img_8672-jpga img_8676-jpga■ さらにこんな楽しい干菓子がありますよーん(^o^)(^o^) Hello Kitty, フランス語で読むと「エロキチ」ですねー\(^o^)/\(^o^)/

以下、お店のウエブサイトより引用です。

ハローキティとのコラボ商品。キティちゃんが初めて和三盆糖のお干菓子になりました。木型から特注で制作し、一つ一つ職人が手作りしています。

とのこと。200年の老舗が、なんと楽しいものを作られるのでしょう☆☆☆

img_8499-jpga■ 仲睦まじい8代目当主夫妻、の吉村良和さんと由依子さん。

img_8670-jpga■ 由依子さんは、「吉村和菓子店」というシリーズを昨年スタートされました。

以前アップした紹介記事こちら。)

今回いただいたこのココナッツのお菓子、わたしメロメロに好きになりました。いい香り、旨み強いと言ってもいいと思います。やみつきおいしいです。口上によると、「有機ココナッツオイルとココナッツを贅沢に加え、メープルシロップと和三盆糖で優しく甘い香りに焼きあげました」とのこと。サクサクサクで、ひとつ食べたら止まらない。これまたいただきます<(_ _)>

■ 「亀屋良長」さん商品数すごく増えたと思います・・・選ぶの困るほど。おいしくて楽しくて、その上にお店もきれいになってすてきです。また伺います(^o^)/

*****************

「亀屋良長」電話 075-221-2005
〒600-8498
京都市下京区四条通堀川東入ル北側(醒ヶ井角)

9:00~18:00
無休(1月1日と2日を除く)

*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 新年のご挨拶 2017年

■ 全国100万人の読者の皆さま、お正月のエリーでございます。

久しぶりにすべてを忘れて本を読みに読むお正月休みです。
ちょうど飛行機に乗って、ごはん時間を除いて12時間読み続けるのと同様に。のっぺらぼーになっていたアタマが耕され、言葉がしみこんでくるような感じがして、こういう時間、たまには必要と再認識します。

(読んだ本、読んでいる本)
●源氏物語と、その翻案書、解説書を5冊ほど同時に。
以前から好きで何度も読んでいるものと、今回初めて読むものと。
●フランス文学関係の本3冊。
かっしーですかっしー♪  鹿島茂先生☆
●池上彰先生の宗教と歴史の啓蒙書2冊。
ほんとに啓蒙していただきました!!

4t8a9179-jpgb

Meilleurs vœux pour la nouvelle année…

■ お花は、お正月用にみなちゃん=浦沢美奈さん@「プーゼ」に作ってもらったものです。バラのアレンジメントをお正月風に、金色の水引かけてね♪ とお願いしたら、餅花に松葉まであしらわれて大喜び。
■ 特にお正月に(というか、暦や慣習による区切りや記念日に関して)わたしほとんどおめでとうと祝ったり行事に参加したりしないんだけど(いつも通りあまのじゃくでごめん)、でもでも、お年賀状やメッセージいただいた方々に御礼申し上げ、いつもよくしてくださる方々、一緒に仕事してくださる方々、仲良くしてくださる方々に感謝します。新年もどうぞよき日々でありますように。

71gr3m4op5l■ 美奈ちゃんのカレンダーです。週めくり。毎週めくればきれいな花の写真で、これサイコーです♪

71lzw8xbjlアマゾンでも買えます(^o^)/

●これをトップ画像にしました。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************