■「吉村和菓子店」の、からだに優しいお菓子

■ 全国100万人の読者の皆さま、お菓子ご紹介のエリーでございます。

亀屋良長」さんと言えば、本サイトにおいてはひたすら「SOU・SOU」のすっ飛んだお菓子を目ピカ社長の命で作るけなげな和菓子店という印象かと思いますが(笑)、本当は江戸時代創業の、和菓子の老舗、名門なわけです。でもその8代目当主の吉村良和さんがとても柔軟な考え方をできる人で、さらに奥さまの由依子さんはパリの「ル・コルドン・ブルー」で勉強してきたような方だから・・・伝統のお菓子を作りながら、「SOU・SOU」のユニークなお菓子も作れば、今は「kashiya」として独立した藤田怜美さんを採用、独自のブランドを作ったりもしてこられました。京都の和菓子界に風穴を開けるようなことをされてきたおふたりです。

IMG_0434.jpga■ そして先頃、奥さまの吉村由依子さんが、「吉村和菓子店」というブランド名で新しいお菓子のシリーズを立ち上げられました。

からだにもこころにもやさしい京菓子を

というキャッチがついており、身体に負担の少ない素材を選んで作っているということなのです。

ウエブサイトにある通りなのですが、

*****************

甘いものは控えないといけない…でも、甘いものは心の栄養。
吉村和菓子店は、健康を気遣う方にも召しあがっていただけるよう、
体にやさしい素材でのお菓子づくりをはじめました。

甘味には、主に、ココナッツシュガーやメープルシロップ、甜菜糖、パラチノースなど、
GI値が低めの天然甘味料を使用。
ミネラルや食物繊維を豊富に含む素材も使い、栄養のことも考えた和菓子に仕上げました。

甘いものをつまんで、ほっとするひとときを、
どなたさまにもお届けしたい。
心にも体にもやさしいお菓子をご賞味ください。

*****************

IMG_0423.jpga■「焼き鳳瑞(ほうずい) 種まき」というお菓子です。
丸い土台に、抹茶や黒胡麻、南瓜の種などをあしらっています。ベースはプレーンとはったい粉の2種。
IMG_0433.jpga■ こんな説明が入っていてわかりやすいです☆☆☆
パフパフっとした土台で、しゅわっと口の中で溶けます。のせてあるものによって香味や食感の違いが楽しめて、ひとつまたひとつと楽しめるお菓子でした。いかにも身体によさそう、そしておいしかったー(^o^)(^o^)/

■ 「亀屋良長」さん店舗の他、ネットのオンラインショップもあるので、皆さまぜひ。

★吉村由依子さん、わたしの前のサイトにご登場いただいていました(^o^)(^o^)/

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
それ以前の10年間の記録は

こちらです↓(4285記事)
関谷江里の京都暮らし」 
*****************