■「祇園にしむら」2018年5月のコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、いろいろ詰まりに詰まっているけれど、ご機嫌エリーでございます。5月31日夜の、「祇園にしむら」さんの記録です。

●祇園情緒色濃い界隈、すっきり美しいお店構えです。

●胡麻豆腐でスタートします。定番だけど、毎月器が違います。

●鱧のお椀キターーー\(^o^)/\(^o^)/

細かく包丁が入って、塩気ほどよく、口に入れるなりほろほろほぐれるこの鱧のおいしさ、比類ないと思います。

おくらを叩いたのと。吸い地の風味の良さも格別です。

ほんとーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーにおいしい☆☆☆

●雲丹の下にご飯粒が隠れています。ひと口のお寿司という感じ。

●お造りは鯛が薄造りで出てきました。ちり酢も添えられました。

●鯖寿司、おいしいですよー! というわたしは生鯖を食べられなくなっています。大好きなのに。(*_*)(*_*)

●八寸は、グラス入りのじゅんさいから時計回りに、もずくと蛸(これは鯛。わたしは蛸食べない)、からすみ、すずきの幽庵焼き、白ずいき。たいら貝、百合根、きゅうり、三つ葉の和えたの。

●天ぷらはアスパラガス、ヤングコーン、稚鮎、見えないけれどそら豆。この魚の器は初めて見ました。秘蔵の器だったとか。
ほくほく、サクサクで、揚げ具合は理想的です。

●賀茂茄子に、鯛の子。中に長芋、ほうれん草。とろとろのあん。みょうが、大葉、海苔、糸かつお。

●とろろご飯です。

●とり貝が仕込まれていました。

●食後のフルーツは枇杷と甘夏。

リラックスしきって、すっかり気が緩み、なごんだ夕食でした。

安定・安心のおいしさです。食べないでもおいしいのもうわかっているけれど、でもまた食べたーい\(^o^)/\(^o^)/

●お花活けはシンプルにあじさい。

祇園にしむら」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「パティスリー オ・グルニエ・ドール」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、今日はこんな話題です。

●5月31日、「パティスリー オ・グルニエ・ドール」さん閉店の日。
閉店に至るまでの日々を、ずっと密着取材されているとかで、お店はこんな様子でした。

わたしが伺ったのは、17時過ぎでした。
5月に入ってからは毎日、11時のオープンをめざして、朝の6時半頃から行列ができていたということでした。

錦通上ルのこの店舗前から、蛸薬師通くらいまで行列だったと。

●西原金蔵さんと純子さんに、お世話になった御礼を言いに伺いました。

けれど今のお店を閉められても、また何かされるに決まっているから少しもお別れとは思えず、また次楽しみにしていますと申し上げてきました。でもひと区切り、17年間お疲れさまでした。
ピラミッドやりんごのタルト、エクレールカフェなどが大好きでした。お菓子で幸せにしていただきました。

撮影と取材でも何度もお世話になりました。

●そしてご子息の裕勝さんが出される新店のオープンが楽しみです。

●それにしても「N’importe quoi ナンポルトクワ」とは、すごい店名つけたねー(^o^)(^o^)/
https://www.facebook.com/Nimportequoi2018/

●フランス修業も長い裕勝さん、またわたしたちを魅了するお菓子を作ってくれること、間違いないと思っています。

●お花はみなちゃん=浦沢美奈さん「プーゼ」です(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ クラブエリー@「日本料理 とくを」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

5月30日(水)お昼、クラブエリー@「日本料理 とくを」さんやりました\(^o^)/\(^o^)/
コースはすっかり夏の料理でした。ずいき薄葛仕立てやら賀茂茄子の雲丹のせやらを出していただき、締めは貸し切りでのみお願いできる「とくをのまかないカレー」。皆さんにものすごく喜んでいただきました。よかったー\(^o^)/\(^o^)/

これが「とくをのまかないカレー」。夏野菜がのって、風味を添えます。彩りも美しくてよいです☆☆☆

ヴィシソワーズが添えられました。

●カウンターもお部屋も楽しそうに過ごしてくださってよかったー(^o^)/

座席の神さまが今回も降臨、共通の話題のある方同士が偶然お隣になるという幸運がありました。

わたし全然決めません、クラブエリーはいつも自由席です。

徳尾真次さん、小百合さん、スタッフの皆さんお世話になりました。クラブエリーの参加者の皆さんもありがとうー(^o^)(^o^)/ あまりに盛り上がったので、秋にまた、まかないメニュー組み込みのクラブエリー@「とくを」さんをその場でお願いしたら、16人中15名が即、申し込み・・・幸運を逃すまじと皆さん貪欲なのです。いいことです。

「とくを」さんおいしいし華やかだしそれでいて気楽だし、ものすごい人気です。
御礼たくさんです<(_ _)><(_ _)>

●クラブエリーの皆さんを送り出した後、徳尾さんが今回のカレーをごちそうしてくださいました。豆乳ベースのヴィシソワーズと。これ本当においしいです(^o^)☆☆☆

●牛肉と玉ねぎがみっちりびっちり詰まっています。量産はできないとのことですが、運がよければ700g入り冷凍パックをお店で購入することができます。

日本料理 とくを」さん、何をいただいてもおいしいです。

また楽しみに伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「和ごころ泉」の初夏のコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、「和ごころ 泉」さんに伺ったエリーでございます。夜のコースをいただいてきました。
季節感と素材の良さを最大限楽しめたお料理でした。
お料理かんぺきでした、本当によかったーー\(^o^)/\(^o^)/
はも、白ずいき、じゅんさいのお椀や、ひとつひとつの食材がよく丁寧に作られた八寸(茅の輪仕立て)、
独自の鮎焼きに、この日が今季最後だった、食べられる期間がほんの10日間ほどの大粒のえんどう豆「久留米豊(くるめゆたか)」のつやつや豆ご飯などを楽しみました。
食後はあじさいのお菓子ですっかり季節の気分になりました。
順番にいきます。

 

●胡麻豆腐 雲丹

●お椀 鱧、白ずいき、じゅんさい

●紋甲いか、金目鯛、鯛、まぐろ

●茅の輪仕立てです。

●八寸
河内鴨の鴨ロース、一寸豆、茗荷黄身寿司、ほうれん草、甘藷甘煮、山ももの甘煮、玉子カステラ、守口大根といんげんの胡麻和え

ひとつずつが味わい明確で、ものすごく美味。

●鮎焼き たで酢

泳いでいるような風情で供されます。ザクザクとしたこの食感たまらないです。

●鳥羽の岩牡蠣(農林水産大臣賞)、とり貝炙り、フルーツトマト、アスパラソヴァージュ、白アスパラガス(ドイツ)

●賀茂茄子の白味噌あんかけ、上にはまぐり、赤万願寺とうがらし

●豆ご飯。亀岡で作っているものだが「久留米豊」という品種の豆。楕円形でつやつや、大粒で口当たりよく香味共に抜群です。うっすら塩味がついて、おだしの風味のいいご飯でした。

●香の物、八丁味噌椀も。

●河内晩柑、マンゴー、マンゴープリン、クラウンメロン、すいか

●お菓子「あじさい」涼しさの表現がすてきです。

●お薄をいただきごちそうさまでした<(_ _)>

どれも心からおいしいと思いました。

以上、夜コース(16950円)でした。

 

●8月にクラブエリーをお願いしています。

この鮎も味わえますから、皆さんどうぞ激しく楽しみに(^o^)/

**********************************

「和ごころ 泉 」 電話 075-351-3917
〒600-8414
京都市下京区仏光寺通烏丸東入ル一筋目下ル東側
匂天神町634-3 (元 「日本料理 桜田」さんの場所)
12:00~13:00入店、18:00~19:30入店
月曜休み
カウンター6席、テーブル4席×2(10席にもなる)、

テーブル2席、座敷(掘りごたつ式)6席
全席禁煙
2016年2月20日現在地に移転開店
**********************************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ショコラトリ ヒサシ」で生菓子

■ 全国100万人の読者の皆さま、ひとつ前の投稿の、岡崎「花鏡」さんの帰途、三条通をはさんで斜め前にある「Chocolaterie HISASHI ショコラトリ ヒサシ」さんに寄らずにいられただろうか?(いいやいられはしなかった。)

初回訪問の投稿
先週末からイートイン開始、カウンターでお菓子がいただけるようになりました。このチャンスにショコラの生菓子をあるだけいただきましょう(^o^)(^o^)/

●こんな風に椅子がセットされて、4席のカウンタースペースができました。

●生菓子はこんな。ショコラ風味でないお菓子もあります。

*****************

●ガイア71 580円

●トリプルショコラ 540円

●CCB(Caramel Chocolate Banana 580円

●チョコレートプリン 380円

*****************

どれも好みでした。
とてもおいしかった。

とりわけ好きだったのはガイア71だったかしらん。
ショコラの香味高く口あたりなめらか、
よかったですー\(^o^)/\(^o^)/

●アイスティやアイスコーヒーと合わせました。

また伺います(^o^)/

*****************

Chocolaterie HISASHI」(ショコラトリ ヒサシ)
電話 075-744-0310
京都市東山区三条通神宮道東入ル北側(夷町166-16)

11:00~18:30 水曜休み

2018年4月18日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「花鏡」で初夏のコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、岡崎の「花鏡(かきょう)」さん、さんに出かけたエリーでございます。

お昼に夜のコースをしていただきました。器も盛り付けも、いちいち美麗でおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
あじさいをあしらった季節感満載のオードヴルの後、魚料理が何皿も。最後に牛ロース肉。ご飯は豆ご飯に錦糸玉子を散らしたもの。

ほんとーにおいしかったです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●美しい店内は、

●すでに夏の風情が色濃く、

●オードヴルにはあじさいがあしらわれていました。

*****************

(オードヴル)

●北海道の雲丹、うすい豆の豆腐

●蛸と水菜とうどの、辛子酢味噌和え、粒マスタード

●車海老、新れんこん、ずいきの胡麻和え

●毛蟹の酢の物、きゅうり

*****************

●昆布だしのぐじの酒蒸しのお椀、そら豆、わかめ、花柚子

●明石の鯛のサラダ仕立て、間人の岩海苔、わさびとすだちのドレッシング、はすいも、いんげん、ラディッシュなど

●いさきの皮目炙りをのせた飯蒸し、新生姜の風味、金胡麻。ねぎ入り大根おろし、ぽん酢

●あぶらめの山椒つけ焼き、北海道の白アスパラガス、黄身酢

●フォカッチャとバゲットが添えられます。

●三重のとり貝、淡路島の雲丹、北海道の帆立、下にだしベースの新じゃがのピュレ、上からだしのジュレ。

●ロース肉の焼きもの、新玉ねぎソース、新小芋のピュレ、九条ねぎの豆乳オムレツ、賀茂茄子田楽、白菜(しろな)の煮浸し、ごぼうの赤ワインとバルサミコきんぴら風

●ストウブ鍋で炊いた炊き込みご飯プレゼンです。

●カメラ目線になっていただきます(^o^)

●錦糸玉子を散らした豆ご飯です。

●豆はつやつやふっくら、甘みが強くて、季節の気分を盛り上げてくれました。錦糸玉子がよく合っていました。食感も彩りも。

●おかわりもいただきました。

●煎茶のアイスクリームと、フルーツ(キウイ、りんご、日向夏、ブルーベリー)

●さくらんぼと枇杷のクラフティ、豆乳と三温糖製

●お茶菓子は、メレンゲ(すだち/生姜)、よもぎクッキー、玄米茶クッキー、黒胡麻ブラウニー。

食後の飲み物はカフェか玉露かを選べました。

●茶托が赤くて喜んだのですが、なんと5色揃い。

●モレッティのミレフィオリのコレクションがここにもありました☆☆☆

●ビール飲みNちゃんと出かけたんだけど、初めからビール2種類交互に飲むから驚いたww
中上朝史さんお世話になりました。

●初回訪問時に書いた通りです。
*****************

・バランスよく量もほどよく、何もかもが「ちょうどよい」と思わせたコースでした。

・パンを食べながらコースは進みますが最後はご飯でほっとするし、洋風デセールのように見えながら豆乳が使われて軽やかだったりと、「おくむら」さんと同様、和風フランス懐石というかフランス風和食というか、お手間がすごくかかっているのですが、とても食べやすくそれでいて粋な、独自の料理世界です。

*****************

花鏡(かきょう)」さんのコースの流れは、結局和食なんじゃないかと思っています。するりと食べやすいのです。また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「リストランテ 野呂」でパスタ食べずに

■ 全国100万人の読者の皆さま、みっちりぎっちりの1週間を過ごした後、りすのろに出かけたエリーでございます。5月25日(金)の記録です。

「リストランテ 野呂」、大抵は日曜の夜に出かけるのですが、この週末は土日ともたてこもる予定だったから。というわけで今回はテンション激上がりの、TV収録後に。

とうもろこしが登場、季節は巡っているぞと思ったのでした。順番にいきます。

●白とうもろこしの冷たいスープ

砂糖入れたか?はちみつ入れたか?水あめ入れたか? と尋ねたほど甘かった。。

●さっと炙ったのどぐろ、ルッコラを炊いたものと

ものすごくおいしかった。。

●とり貝、アスパラガス、胡麻、黒にんにくと

目を剥くほどおいしかった。。

●野菜いろいろにフロマージュ

カリフラワーのピュレやらフリットやら生やら。キャロットラペ。カポナータ。ズッキーニは焼いて。野菜だけで調理法も食感も温度もいろいろで。

すごい充実感。

●とうもろこしのクリームコロッケ

これも、砂糖入れたか?はちみつ入れたか?水あめ入れたか?

と尋ねたほど甘かった。

●まさかのメンチカツサンド、と提案されたのを、まさかのメンチカツミニサイズに。

●で、パスタは・・・なんと今回はパスタをパスしたのでした( ̄○ ̄;)さすがに疲れていたというか、ここまでで極端に満腹になってしまい、NP100は進めずまた次回に!

●なんてこったのパンナコッタは、宮崎完熟マンゴーのパンナコッタ

この後、紅茶を飲んでごちそうさまでした<(_ _)>

●りすのろ、楽しいです、くせになります。(もうなってます。)

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回火曜休み

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
昼コース1800円と4500円、
夜はアラカルト、前もっての予約でコースも可。
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「リストランテ 野呂」で渡り蟹パスタ

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ、アップできていなかった分です。
「リストランテ 野呂」5月20日(日)の夜。
1週間前の記録ですが、今もほぼ同じメニューを注文できると思います。
●NP100=のろっちのパスタ100その49は渡り蟹のスパゲッティ。これ旨かった(*_*)(*_*)
なんてこったのパンナコッタは柏餅風。こしあん+きな粉ソース。

順番にいきます。

●フルーツスープは今シーズン初、キター\(^o^)/\(^o^)/

●はま鯛のカルパッチョ、上に雲丹。大根の葉を炊いたもの

●鯵、スナップえんどう、八代海苔、クレソンの花 和えて食べる

●甘鯛のフライ 赤パプリカソース

●りんご醤油、フライをこれでもどうぞと。

●グリーンアスパラガスを柔らかめに茹でてもらったのも、フライと一緒にいただきました。

●大山鶏のもも肉、バルサミコと山椒とオレンジのソース、うまい菜を炊いたもの

●これを見て渡り蟹食べたくなって、

●蟹にご挨拶しました。

●開いたらこんなん。

●渡り蟹と茄子のスパゲッティ

梅酒のパンナコッタをひと口だけいただいた後、

●見て驚いたかしわ餅風パンナコッタ。こしあん、きな粉ソース。これやみつきの美味でした。

この後紅茶をいただいてごちそうさまでした<(_ _)>

りすのろおもしろいです、毎回新しいもので驚かせてくれます。激しくおすすめです\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回火曜休み

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
昼コース1800円と4500円、
夜はアラカルト、前もっての予約でコースも可。
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ワインと和食 みくり」もうすぐ3周年

■ 全国100万人の読者の皆さま、6月4日にオープン3周年を迎えられる「ワインと和食 みくり」さんに伺ったエリーでございます。

5月の3週目にいただいたものです。
少ししばらくぶりだったのですが、とてもよかった\(^o^)/\(^o^)/ 
わっきー=宮脇雅也さん腕上げてました(^o^)☆☆☆ 
魚おいしいし牛肉も食べられて満足、ご飯は2種類用意されるし食後のわらび餅まで抜かりなし。合わせるワインは店主の西別當 選さんにすっかりまかせて、少しずついただきました。最後は希少な甘いワインで締め。しっかりお料理いただけてワイン好きもうれしいし、雰囲気もよく、ますますすてきなお店になっているなーと思いつつおいとましてきました。

●料理長のわっきー、宮脇雅也さん偉くなりました\(^o^)/\(^o^)/

●まずは素材プレゼンから。宮城のまぐろをどかんと。

●とり貝と。

●シャンパーニュはリュイナールでスタート。

●うすいえんどう豆の豆腐、車海老、北海道の雲丹、だしのジュレ。よいスタート。

●桜海老と山菜のかき揚げ、ほたるいかの天ぷら。ものすごく香ばしい(T_T)(T_T)

●とり貝炙り。優しい甘みと旨みでやみつきにおいしいと思いました。

●白ワインはイタリアのもの。

●あぶらめの葛たたきのお椀。

●お造りは、まぐろといか、

●昆布が添えられていますねー。笑。

●肉の前に供されたのはボルドーの赤です。

●香川のオリーヴ牛、オープン時から変わらずですね。いちぼ肉の炭火焼き。中の辛味大根おろしがふきのとう入り、にんにく醤油風味でとてもとても肉と合って美味。

●のれそれでさっぱりと。わかめ、このこ、あさつき、黒七味。

●わかめのヨードと赤ワイン合うでしょうと、アルザスのピノノワールを少しいただきました。ほんとよく合いました。わかめの味もぐいと引き上げられました。

●ご飯です。わっきーがにこにこ顔でプレゼンしてくれたのは、

●万願寺とうがらしのご飯と、鯖ご飯。

●万願寺とうがらしが香る1膳目に、

●旨み強烈だった鯖のご飯。すだちを搾り、大根おろしを混ぜ込みながらいただきました。理想的なおいしさ。

●食後にわらび餅。大津絵があしらわれたお皿で。

お料理も甘味も、もちろんワインも、何もかもおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●最後に1954年の、非常に甘みと香りの強いワイン。すべてとてもよかったです。

●二条大橋の西詰の南側。街なかから遠くないけれど、少し離れておっとりした界隈。

 

●お店の正面はザ・リッツ・カールトン京都さん。なんていい場所\(^o^)/\(^o^)/

ワインと和食 みくり」さん、夜のクラブエリーを7月にお願いしています(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「わしょく宝来」再訪、コースで

■ 全国100万人の読者の皆さま、ひとつ前の記事の翌週に出かけた、「わしょく宝来」さんの2回目です。

季節のおいしいものでコースをしてみて、というお願いでこんな感じで出していただきました。伺った時間帯が前回と違ったので、ふだんどんなお客さま層かもわかりました。若い人率高し。気軽に和食を食べられて、愛されていることがよくわかりました。

●金時草のお浸し

●鴨ロース

●れんこん饅頭

●お造りはとり貝と、

●鱧と、その向こうに鯵。

●生姜、そら豆、さつまいも、かぼちゃのかき揚げ

●トマトのお浸し

●和牛のいちぼ肉、塩とわさびで

●ぐじの唐揚げ

●からすみ餅

●すっぽんにゅうめん

●食後の甘味はごぼうのアイスクリーム入りのもなかでした。

これに飲み物を入れても1万円以内ですから、とても気楽に食べられるお店です。

味は心持ち濃いめ、お酒やワインを飲むのにちょうどいい感じがしました。

お造りたっぷり、牛肉しっとり、ぐじのうろこバリバリで、満足感がありました。

●黒板書きはこんな。

●店主の宝来剣太さんは1983年生まれ(若い!)、石塀小路の「豆ちゃ」というお店で10年修業されたということです。

22時最終入店というのもいいです。京都の大抵の和食店は夜の入店時間がとても早いですから。

またみんなで伺います(^o^)/

*****************

「わしょく宝来」

京都市東山区東大路通新橋上ル西側

電話 075-561-2834
17:00~22:00最終入店・23:00閉店
日曜休み

カウンター 9席、テーブル1卓4席、小上がりほりごたつ式4席
2016年8月2日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「わしょく宝来」初訪問

■ 全国100万人の読者の皆さま、5月の2週目に、初めて「わしょく宝来」さんに伺ったエリーでございます。

「わしょく宝来」さんは夜だけのお店。一品で和食のあれこれを注文できます。東大路に面して、通いやすいお値段、気楽な雰囲気。
はやるのわかりました。この後再訪してまた違うメニューをいただいたのですが、まずは以下、1回目です。

●これはお店からの先付。ふきのとうの茶碗蒸し、青海苔。

●トマトの浸し、ごまだれ

●鱧と茄子とずいきのお椀

●うどの酢味噌和え、上にほたるいか

●だし巻き

●焼き物はのどぐろを選択しました。

●鴨のコロッケ

●コーヒー豆プリン。砕いたコーヒー豆がのっていますが、本体はカフェ風味ではありません。日本酒入りのブランマンジェという感じ。

●お品書きはこんな。

●間口はコンパクトだけど、二重の扉で落ち着くし、中はカウンター(9席)だけでなく、テーブル1卓4席、小上がりほりごたつ式4席。結構広いのです。

2016年8月開店、だからもうすぐ2年になるお店です。

(次の投稿に続きます。)

*****************

「わしょく宝来」

京都市東山区東大路通新橋上ル西側

電話 075-561-2834
17:00~22:00最終入店・23:00閉店
日曜休み
2016年8月2日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ 新店「Chocolaterie HISASHI」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、ごきげんエリーでございます。週の初めに新しいショコラトリに出かけました。

新しいといっても4月18日(水)オープン。岡崎は三条通に面した「Chocolaterie HISASHI」さんです。

●三条通に面して、堂々たるお店構えです。

ボンボンショコラ、クヴェルチュール、生菓子、焼き菓子と、ショコラの商品がいろいろ揃っていました。ショコラを使っていないお菓子も、抹茶風味のお菓子も揃っており、さらにはこんなのも・・・

●ショコラのもなか、商品名「Mona ショコラ」です。店主の「Hisashi ヒサシ」さんのHが押されたプレート状ショコラがもなかの衣にはりついています。

●中はショコラのクレーム、そしてそのクレームの中にも粒粒、しゃりしゃりとした食感のものが混ぜ込まれています。おもしろいわ\(^o^)/\(^o^)/

●贈り物にしやすい箱入りもありました。京都らしい風情のショコラ菓子を考案されたわけですね。

他にもショコラ羊羹とかショコラ饅頭とか考えてみた、ひとつまたひとつと食べたくなるお菓子を目指したとヒサシさんに伺いました。

●これはコンクールで優勝された作品。代表作ということで買ってみました。

●コンクールのテーマがホロスコープだったとのことです。

●生菓子もいろいろ。ショコラ菓子でないものもあります。

店主の小野林範さんは滋賀の「クラブハリエ」に15年勤めた方で、だから幅広いお菓子作りができるのですね。でも特にショコラを専門とされてきたということ。

●「GAIA 72%」という名称の、オリジナルのクヴェルチュールもありました。

●焼き菓子も買ってみました。抹茶、ショコラ、プレーンのマドレーヌです。

●サブレや、ピスタチオとショコラのケイクも買ってみました。

●まずはこれでお味見して、ちょっとお願いごとをしてきました。

●この広いスペース、これからサロンになります。ここで生菓子をいただくことができるようになります。

マダムの清子さんがまたものすごく朗らかで感じのいい方で、明るい気持ちになれるのがいいです(^o^)/☆☆☆

Chocolaterie HISASHI

(ショコラトリ ヒサシ)さん、また楽しみに伺います。
電話 075-744-0310
京都市東山区三条通神宮道東入ル北側(夷町166-16)

11:00~18:30 水曜休み

2018年4月18日開店

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー肉祭り「le14e」3回目

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー肉祭りを行ったエリーでございます。

「le14e ル キャトーズィエム」さんで、開催3回めです\(^o^)/\(^o^)/

●ざくざくのハンバーグや、

●木下牛を楽しみました。

●店主のしげさん=茂野眞さんありがとうございました(^o^)(^o^)/

スタッフのちあきさんにも御礼です<(_ _)>

●今日のメニューはこんなでした。3回ずつ、少しずつ違いましたが、いずれの回も残るほど牛肉を出してくださいました。

●フロマージュはゴルゴンゾーラと、ミモレット(24か月)を出してくださいました。

●デセールのパティスリは「オーレリー」さん製。前回はモンブランでしたが、今回はオペラでした。望外の喜び(^o^)☆☆☆ これもおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

この後エスプレッソやアロンジェにしたカフェをいただき、ごちそうさまでした。

●参加者のクラブエリー肉食女の皆さんありがとうございました。牛肉の会は独特の盛り上がりを見せますねーすばらしい。今日も皆さんに会えてうれしかったです(^o^)(^o^)/

*****************

「le 14 e」ルキャトーズィエム 電話 075-231-7009
京都市上京区伊勢屋町393-3 ボガンビル 2階
(京都市上京区河原町通丸太町下ル西側)
夜のみの営業
水曜、木曜休み
カウンター4席、テーブル6席 全席禁煙
要予約
2013年2月20日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 取材の日々、夏の料理撮影です。

■ 全国100万人の読者の皆さま、取材と撮影のエリーでございます。今週は極端にスケジュールが詰まっていましたが、なんとか無事に終えられました。

雑誌の夏の京都特集のために、

●「祇園おくむら」さんで撮影です。奥村直樹さん、笑うとかわいいです(^o^)(^o^)♪

今回のカメラマンはしげさん=鈴木誠一さんです。

●「和ごころ 泉」泉昌樹さん。美麗で丁寧なお料理を作られます。

●「木山」木山義朗さん、御所南の水ありきの料理。

●自慢のおだしです。何もかも、惜しげなく教えてくださいます。
3軒とも、クラブエリーでまたお世話になります。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー@「ラ・パール・デュー」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告です。5月23日(水)、美しいデジュネ@「ラ・パール・デュー」さんやりました\(^o^)/\(^o^)/
63種類の花とハーブの王冠サラダに今季最後の筍のムニエル、肉も魚もたっぷりたっぷりで、欲深いクラブエリーの皆さんにものすごく喜んでいただきました。皆さん本当に食べっぷりがいいのです。気持ちよかった\(^o^)/\(^o^)/ 
●シェフの白波瀬和宜さん、本当に細かいお仕事を丁寧にされます。

●これが楽しみだった、63種類の花とハーブの王冠サラダ。

●春の、これも名物、筍料理です。今季最後のものをいただけました。一度食べたら忘れられない料理です。

●肉料理か魚料理かは選択で、これは仔牛。

●魚料理は黒むつ。

●フロマージュの後に、トロピカルなデセールでした。

●この美しい、きれいさっぱりな食べ終わり。

●最後のカフェまで抜かりなくおいし。「カフェ・ヴェルディ」さんのカフェです。

●お料理がおいしいからめちゃくちゃに陽気に\(^o^)/\(^o^)/

●雨もよいのお天気も吹っ飛んだ明るいデジュネ。シェフの白波瀬和宜さん(中央)、サーヴィスの大亮さん(左)、時々出てきてくれた駿さん(右)、お世話になりました。クラブエリー精鋭の皆さんありがとう、今日も会えてうれしかったです。

ラ・パール・デュー」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「水暉」で「トリンバック」イヴェント

■ 全国100万人の読者の皆さま、すてきなイヴェント報告のエリーでございます。

5月21日夜、ザ・リッツ・カールトン京都水暉」さんで開催された、アルザスワインのメゾン、「TRIMBACH トリンバック」さんとのコラボレーションディナーに参加させていただきました。
ワイン5種類と、それに合わせたお寿司や料理を楽しむコースでした。
黒むつをテラスで焼くとか、鱧切りをするとか、鱧しゃぶをするとか、見せ場もたくさんありました。
●今回ご一緒させていただいたのは 料理飲料部長のJeremy EVRARD ジェレミー・エヴラールさん、日本に着任されて7か月、その前香港に13年というフランス人の方でした。

●「水暉」三浦雅彦さんはホスピタリティ精神を全開にして、今回も作品をくださいました・・・墨絵のうちわね(^o^)(^o^)/ お料理の早見義昭さん、お寿司チームの平公一さん、射場智左季ちゃんもお世話になりました。そして精鋭サーヴィスチームの皆さんのもてなしも心地よいものでした。
同じテーブルでご一緒させていただいた皆さん、とても感じのいい、話して楽しい方々でした。出会いを喜びました。
なんだかいいことしかなかった夜、皆さんに感謝。

●こちらを振り向いているのが Jeremy EVRARD ジェレミー・エヴラールさん。

ザ・リッツ・カールトン京都水暉」さんは来月クラブエリーでも伺います。皆さんどうぞ激しく楽しみに\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー@「リストリア ラディーチェ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

5月21日(月)のクラブエリーは、「リストリア ラディーチェ」さんで行いました。

●店主の根本義彦さん、スタッフの皆さんに感謝。

●根本さんはお話し上手で感じがいいし、

●大好評でした。ほんとよかった(^o^)/

●お料理が出るとみんなしーんとして集中していただきます。特にそうしてくださいとお願いしたこともないけれど、全く自然に、おいしさを最大限味わおうとする方ばかりが集まってくださっています。料理が出ても話が止まらずすぐに食べないの、わたしは許せないのでとてもうれしい。

●この日はこんなメニューでした。もうお腹いっぱいいっぱいに召し上がっていただきました。

●ドルチェは3種類から選択でした。これはティラミス。この後、食後のカフェ(か紅茶)をいただきました。
参加してくださったクラブエリー精鋭メンバーもありがとう\(^o^)/\(^o^)/すごいボリュームで出してくださいましたが、皆さん見事に全部召し上がってくださってうれしかったです。\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「リストリア ラディーチェ」 電話 075-256-5550
京都市中京区夷川通室町東入ル北側(鏡屋町50)
18:00~21:30LO・23:00閉店 
金土日祝のみ昼営業あり

11:30~13:00LO・15:00閉店
水曜、第3火曜休み
カウンター6席、テーブル10席 
全席禁煙 要予約
2013年12月21日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 大森由紀子のショコラトーク@京都

■ 全国100万人の読者の皆さま、ショコラの話題を続けます。すてきなイヴェントご紹介です。

 

●京都駅南側、ワコール新京都ビルの、ワコールスタディホール京都で行われるフランス菓子と料理研究家の大森由紀子さんを招いてのショコラ講座、

「美と健康を叶えるショコラの魔法」
6月16日(土)13時~14時30分
4,968円(税込)
ジャン=ポール・エヴァンのボンボンショコラ、
マイハニーのはちみつチョコレート、
マリアージュが楽しめるドリンク付き。

(以下ワコールスタディホール京都さんサイトより引用です)

*****************

私たちをいつもうっとりさせる、ショコラの香りや口どけ。
しかも、その原材料となるカカオ豆には、からだにうれしいメリットがたくさん。
そのため、古代から”神の食べ物”と崇められ、 19世紀のヨーロッパでは薬として薬剤師のいる店にも置かれていたのだそう。

世にもおいしい薬として始まり、時代を超え愛され続けるショコラ。
その甘美な味に秘められた美容&健康効果をはじめとする魅力について、
フランスで実績を積み、国内外のパティシエからの信頼も厚いフランス菓子研究家・大森由紀子さんに、たっぷりご紹介いただきます。
大森さんといえば、人気のパティシエ、アンリ・ルルー氏やジャン=ポール ・エヴァン氏、フレデリック・カッセル氏らと手掛けるショコラの本も人気。昨年のパリへのショコラ研修旅行のときの「ここだけの話」は必聴です。

実際にボンボン・ショコラやはちみつのチョコレートなどをいただきながら、コーヒーやワインなどとのマリアージュについても伺いましょう。

*****************

詳細と申込みはこちら↓
http://www.wacoal.jp/studyhall/school/event/article81133
大森由紀子、わたしにとっては畏友ゆきぴー(大学のフランス文学科で先輩)が京都に来ます、皆さんぜひ!

わたしもとても楽しみです。

●告知するのに写真送ってよと頼んだら、こんな写真に、

●タブリエ姿がかわいい写真がキター!

 

●そしてウィーンのザッハトルテの写真送ってきたわ(^o^)(^o^)(なじぇフランスではないのかww)

●さらにカカオ豆きたわ( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) 

ゆきぴーおもしろいです。関西人のノリです。

●昨年発売の、ショコラの本があるではないのー!

*****************
フレンチ仕込みの「ショコラのお菓子」
グラン・シェフが初公開する ひみつのレシピ
文 大森由紀子
世界文化社 97ページ 1728円
2017年2月21日発売
http://amzn.to/2mnrsbD
*****************

●勉強になっておもしろいこと間違いないです、ショコラ好きの皆さんこの機会を逃さずに!
http://www.wacoal.jp/studyhall/school/event/article81133

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ブランブリュン」でショコラのかき氷

■ 全国100万人の読者の皆さま、どんな日々でもショコラを欠かさぬエリーでございます。

●竹屋町通東洞院西北角のショコラトリでパティスリの「BRUN BRUN ブランブリュン」さんに伺い、ショコラのかき氷をいただきました。ショコラソースに、生ショコラ、くるみ、カラメリゼしたマカダミアナッツ。昨年5月に始められたものです。練乳付きですがわたしは練乳は要らん。ショコラの味を薄めたくはありません。むしろ別料金にしてもいいから、ショコラのソースをもっと欲しくて、つゆだくというか、ひたひたにして食べたいものだと思いました。
おいしかった\(^o^)/\(^o^)/
BRUN BRUN ブランブリュン」さん、また伺います。

*****************

●追記 5月24日に再訪、ショコラ菓子を3種類いただいてみました。

●ガトーショコラプレミアム 480円

3種類の中で、これがいちばんわたしの好みでした。

●ブラントルテ 400円
ウィーンのザッハトルテ風。ザッハトルテと較べるとずっとずっとずっとマイルドで、コンフィチュールも入っていない。

●フォンダンショコラ 480円

濃厚なチョコレートのブリュレです。と説明にありますが、brûlé ブリュレ=焼いてはないと思う・・・すこし硬めのショコラのcrème クレームです。

生クリームがとても美味。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「うめぞの」で抹茶ホットケーキ

■ 全国100万人の読者の皆さま、元気でごきげんですが、いろいろあふれ返って限界への挑戦状態、サイトのアップが遅れ遅れになっているエリーでございます。写真溜め過ぎ(*_*)(*_*)

フェイスブックの方には毎日とりあえず写真を何点か上げていますが、こちらまで手が回ってないのです。自主的ブラック企業状態というか、いつも忙しがっていてかっこ悪いです。

実際にはただいま5月21日~の週の半ばにいますが、日にちをさかのぼりながら、追いつきます。

さて5月19日(土)は・・・
*****************

毎日過呼吸になりそうなほど濃かった1週間の後、今日は少しゆっくりして「うめぞの CAFE&GALLERY」へ。

梅園」さんの中で、ここだけにある抹茶のホットケーキが大好きで、これ先日から食べたかった\(^o^)/\(^o^)/
●注文があってから作られるもので、できたてふわふわほかほか、抹茶の香り濃厚です。
黒糖バターを溶かしつつ、こしあんもからめもって食べれば、香りよく口当たりなめらか、優しくいたわられるようで、ほんとーーーーーーーーにおいしいです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆ 
今日は少し肌寒いくらいの気温で、(先日は30℃超えだったのに!)ちょうどよくホットケーキ日和でした。
自由業だから、混み合う土曜日の午後に甘味屋さんに出かけて1席占拠することをとても申し訳ないと思うのだけど(わたしなどはできるだけ平日に伺って、週末はお客さまに席をあけるべきと思っている)、でもちょうどいい具合にひとりで収まれる席もあってよかったー(^o^)(^o^) 
いつも、わりとかなり運がいい方です(^o^)/
●合わせたのは豆乳抹茶で、抹茶づくしにしてなごみました。飲み物とのセットで1330円です。
梅園」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ テラスでデジュネ、「ブラッスリー」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

5月18日(金)はクラブエリー初、テラスでデジュネをやりました(^o^)/

●フォーシーズンズホテル京都「ブラッスリー」さんにお世話になりました。

●お天気は下り坂だったのに、ほどよい曇天でもちこたえて(=照り過ぎてまぶしいこともなく)、理想的な天候でした。
晴れ女でも雨女でもなく、「くもり女」というのが1名混じっていたおかげか? 笑 

ともあれテラスのパラソルの下で、しばしリゾート地にいるような気分で食事を楽しんでいただけたと思います。よかったー\(^o^)/\(^o^)/

●シェフの井料剛さん、ものすごーく感じがいい方です。今回も粋なお料理でもてなしてくださいました。

コースの内容はこの時とほぼ同じものでした。

●ともっち=ソムリエの田中智浩さんも登場してくれました。紹介されたイヴェントの数々、とても魅力的でした。
他のスタッフの皆さんにも御礼申し上げます。
クラブエリーの参加者の皆さんにも感謝。

ブラッスリー」さん、また季節を変えてお願いしたいと思っています。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「青いけ」のお皿、ミレフィオリ

■ (ひとつ前の投稿の続きです)レストラン「青いけ」さんの、イタリア「ERCOLE MORETTI エルコーレ・モレッティ」社、ミレフィオリのコレクション。

アミューズ、パプリカのムースがそれぞれ違う色のお皿で供されました。カウンター8席分です。あんまりきれいだったので、全部撮らせてもらいました。
●大小で色も違う2枚のお皿の組み合わせは、コントラスト鮮やかだったり同系色がいい感じだったり、すべて目に染み入るようにきれいでした。
この世できれいな色は、赤だけじゃないんだああああw
という認識を得たお昼でした<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ NHK文化センター講座「青いけ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

5月17日(木)お昼は、NHK文化センター講座で青いけさんにお世話になりました。
オープン当初からとてもいいお店でしたが、少し久しぶりに伺ってみたら、さらにおいしく、より素敵になっていました。

ものすごくよかったー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
●料理はまず盛り付けから絵心が感じられて美しく、
盛り盛りの野菜は風味濃厚で目覚ましい。
ほんとーーーーーにおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
満場一致で「きれいね、すっごくおいしいね」と言いながらいただきました。
1階カウンター8席、2階8席使わせていただき、わたしは上下行き来しながらもしっかりお料理は味わいました。
器の美しさも格別で、1階カウンター席のひと皿め、モレッティ社のミレフィオリのシリーズがずらーっと並んで華やかでした。
上の写真は2皿めの、よこわのサラダ仕立て。
*****************

料理写真順番にいきます。

●パプリカのムース、濃厚なめらか、しっとり甘く、これだけで天国に来たような心持ち。

●よこわのサラダ仕立て、ほとんど野菜のお皿。にんじんでくるりと巻かれた野菜テリーヌの中がまた細かったです。

ほんとーにおいしいと思いつついただきました。

●春毛蟹の身をデにした山うどと生姜と共にレモンオイルで和えたもの、アガーで作ったシート状のジュレ、トマトの泡 。蟹の殻から取っただしベースで作ったチップ。春の毛蟹が本当においしいという話。(本当においしかった。)

●新じゃがのヴィシソワーズ、下にメロンジュレ

塩気とフルーツの甘み酸味が絶妙な組み合わせでした。おいしかった(T_T)(T_T)

●たいらぎ貝のグリエ(網焼き45秒)、スペインのイベリコ豚の生ハム・グランレゼルバ(3年熟成)、みょうが、パプリカ、きゅうり

●ほうせきはたのポワレ、牡丹海老のソース 古代米、賀茂茄子、そら豆

食感見事、組み合わせ見事でした。ほんとーーーーにおいしかった☆☆☆

●鴨のロースト エシャロットソース 高知のトマト、モロッコいんげん、アスパラソヴァージュ。

●小さなアヴァンデセールで、フルーツに大葉のジュレ。ばちばち弾ける飴(ドンパチ)入り。

キウィ、いちご、ブルーベリー、じゅんさい。

●マルキーズショコラ、バナナのアイスクリームと

●砂糖でもこんなにかわいく出されます。テーブルの上が楽しくてしょうがなかったです。

●紅茶をいただきごちそうさまでした。

どの料理も素材のおいしさが際立っていました。器もカトラリーもいちいちかわいくて、尋ねればエピソードがあって、無限の楽しさと思いました。

●1階カウンターに8名入れていただきました。

●いいワインがずらりと揃っていました。「フランスものしか置かない」と青池さん。すばらしいわその心意気\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●2階テーブル席も8名で。シェフはまめに上に上がってくださって、

●説明をしてくださいました。

●店主の青池啓行さん、マダムの仁美さん、スタッフの方々に御礼申し上げます。参加者の皆さんにも感謝。
青いけ」さん、また伺います。クラブエリー第3金曜の皆さん、8月をどうぞ楽しみに。

次の投稿で、イタリア「モレッティ」のミレフィオリのコレクションの写真をアップします。
アップしました!
*****************
今週は昼晩出続けて、写真を溜めまくってしまいました(*_*)(*_*) 濃すぎる毎日。
写真の整理ができないまますごい勢いで溜まってしまって、だんだん負債を背負ってる感じになってきた( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) 
*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー@「祇園おくむら」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。(ちょっとアップが遅れめ、ごめんなさいー)

●5月16日(水)クラブエリー@「祇園おくむら」さん\(^o^)/\(^o^)/
2階貸し切りでお邪魔しました。
きれいで美味なお料理の連続、
クラブエリーの精鋭・欲深い皆さんに、ものすごく喜んでいただけました。よかったー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●店主の奥村直樹さん、「祇園おくむら」「匠 奥村」の他に「オレノパン」、そのカフェなどたくさんお店をお持ちで、高島屋の地下にお惣菜コーナーもあるし、めざましいお仕事ぶりです。

●スタッフの皆さんの連携のお仕事も見事で見とれました。ケータリングやパーティの注文もあるから、何百人というような皿数でも平気みたいです。

料理は以下抜粋ですが・・・

*****************

●季節のオードヴル
・ひらめと2種類のキウイのサラダ、柚子ドレッシング
・鶏ささみ、赤こんにゃく、青梗菜の胡麻和え
・ますのマリネ、モッツァレラチーズの冷製
・よもぎ豆腐と車海老
・剣先イカと葉わさびのお浸し

●オマール海老と帆立のサラダ、グリーンアスパラガスシャルロット仕立て
●鱸とアボカド、茄子のセルクル ソースヴァンブラン
●貝と野菜の石焼き

つぶ貝、とり貝、芽キャベツ、新小芋

●天使の海老と帆立貝のポワレ クスクスとブイヤベースソース
●雲丹のパスタ 卵黄と岩海苔のソース
●春キャベツのスープ、モリーユ茸

●黒毛和牛のステーキ

●ひと口カレーライス
●ミント風味のチョコレートムース、パイナップルコンポートとパイナップルゼリー

アーモンドのキャラメリゼにチョコクランブルをのせて
●お茶菓子、食後の飲み物

*****************

●人数が多くても実にスムーズに出してくださいました。

●参加者の皆さんに感謝、ごきげんになってくださってうれしかったです。わたし毎回とても喜んでいます(^o^)(^o^)/
祇園おくむら」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「観山」へ撮影に

■ 全国100万人の読者の皆さま、夏の料理撮影のエリーでございます。

●午後いちばんの撮影はこちらで、高辻通のこれまた端正な和食店、「観山」さん。

●ご主人の八木一真さんは「八木工務店」と呼ばれちゃうんだそうです(^o^)(^o^) 何でも作ってしまう方で、この竹いかだを、夏の八寸用に作られたところと。これに夏の美麗な八寸をのせたものを撮らせていただきました。(竹いかだの写真は八木一真さん撮影のものを拝借しました。)

●カメラマンはしげさん=鈴木誠一さん。

●柏餅をごちそうになりました、ありがとうございました\(^o^)/\(^o^)/
お店のウエブサイトができたそうで、こちらです↓
http://kanzan-kyoto.com

●クラブエリーでも大好評だった「観山」さんです。また伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「花鏡」へ撮影に

■ 全国100万人の読者の皆さま、「花鏡」さんに撮影で向かったエリーでございます。

●シックで本当に美しいお店、「花鏡」さんです。
お料理は洋風の顔して出てくるけれど、コースの流れと味は完全に和食。
それもしみじみ心に響くおいしさで、通い詰める方がいることもよくわかります。器もさまざま楽しめて素敵。

●夏の料理撮影、内容は7月売りの誌面で見てね。

●今年に入ってからカウンター前に造られた奥行き10センチほどのワイングラス棚もきれいでした。
花鏡」さん、食事に近いうちに伺います。
*****************
●朝10時からの撮影でしたが、10時前にちゃんと行けました。
(フランス時間に換算したら朝の3時からの撮影( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;))
ふだん午前中はできるだけ何も入れないのだけど、やればできたのでした。
よかったー\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「仁王門 うね乃」でちらしうどん

■ 全国100万人の読者の皆さま、暑いとすぐに茹だってしまい、ダメになるエリーでございます。ダメエリーが救われるために・・・

●「仁王門 うね乃」さんで季節の名物・冷やしちらしうどん\(^o^)/\(^o^)/

透明なおだしジュレが美味、目にも涼しくていい感じ。

●冷やしメニューはこんなです。

●ひたひたとおだしをかけて、

●少しくずしていただきました。
具材たっぷりで、いいもの食べたなーと幸せな気分になりました。
ほんとおいしかった(^o^)(^o^)/☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ すでに真夏?「月ヶ瀬」で宇治氷

■ 全国100万人の読者の皆さま、5月半ばでこんなに暑くてどうするよ?と思うエリーでございます。30℃って。食材の出回りも2,3か月くらい早くなっている感じがするし、気候が変わってしまったんだなと日々実感します。

●「月ヶ瀬」さんでかき氷、こしあんをのせて、練乳もかけてもらって、ひんやり甘い幸せに浸りました。
しかし今からこんなに暑かったら、
7月や8月はどーなるよ?( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「リストランテ 野呂」で緑アスパラガス

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろに行ってきたエリーでございます。

「リストランテ 野呂」5月13日(日)20:30~
今日はグリーンアスパラガスでいろいろ。

●のろっち=野呂和美さんの山の上ホテル時代の後輩の村岡さん(山形の農家)からの、丸々太い緑アスパラガスをたっぷりいただきました。

●吹き出しで、目玉付きでおすすめされている、これね。

●パスタはNP100=のろっちのパスタその48、
手打ちのひらひらパスタを使って、
はまぐりだしベースのバジルソース

具材ははまぐり、ズッキーニ、スナップえんどう、アスパラガス!!
ものすごく緑色のパスタでした。

しみじみおいしーいと思いながらいただきました。

●他にグリーンアスパラガスをこんな風に・・・

●茹でて、からすみ粉と木の芽で

●フリットで、山椒塩と

●白貝と、アンチョヴィバターソテで

●大山鶏もも肉と合わせて。

●他に以下のようなものをいただきました。

*****************
●賀茂茄子の温かいスープ
●金目鯛のひと塩カルパッチョ、からすみと大原の山野草
●ミニ完熟マンゴーと水牛リコッタチーズ、極薄自家製京都ぽーくロースハム

●あまてかれいとズッキーニのフライ
●なんてこったのパンナコッタは、カムカムのパンナコッタ
●フレッシュハーブのアンフュージョン
その後改めて、
●ミニマンゴー 4切れ
●紅茶
*****************
「カムカム」というのが予想外の味だった(ごめん(^o^))他は、いつも通り、
おいしかったおいしかったおいしかった\(^o^)/\(^o^)/

●いろいろ10皿以上いただきました。

また来週\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回火曜休み

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
昼コース1800円と4500円、
夜はアラカルト、前もっての予約でコースも可。
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー肉祭り「le14e」2回目

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー肉祭りを行ったエリーでございます\(^o^)/

5月11日(金)お昼、クラブエリー肉祭り@「le14e ル キャトーズィエム」さんの2回目。クラブエリーの貪欲な肉食女が集まりました。

●店主の茂野眞さん、肉責めにしてくださいました\(^o^)/\(^o^)/

●今回のメニューです。前回4月開催時と、ほんの少しだけメニューが違いました。

●忙しい日々の中、万難を排して、遠方からも、肉好き女たちが集まりました。

●サーヴィスを担当してくださったサルシッチャさんもありがとう。新店楽しみにしています(^o^)(^o^)/☆☆☆

●「オーレリー」さんのモンブランと、カフェで最後まで美味な牛肉コースでした。
茂野眞さんありがとうございました。参加者の皆さんにも感謝。
「le14e」さん、2週間後に3回目やります(^o^)(^o^)/☆☆☆

*****************

「le 14 e」ルキャトーズィエム 電話 075-231-7009
京都市上京区伊勢屋町393-3 ボガンビル 2階
(京都市上京区河原町通丸太町下ル西側)
夜のみの営業
水曜、木曜休み
カウンター4席、テーブル6席 全席禁煙
要予約
2013年2月20日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 朝日カルチャーセンター講座「京、静華」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

5月10日(木)、朝日カルチャーセンター講座(第2木曜)を、岡崎の「京、静華」さんにお願いしました。
繊細優美で、けれど味わいしっかり、心に響くお料理でした。ほんとーーーによかったです。

とりわけ感動深かったのが、パパイヤスープ。朝日カルチャーセンター講座でこのスープをいただいたのは2010年11月に次いで2度目だったのですが、季節も違ってまたよかった・・・

順番にいきます。

●小鮎の唐揚げ、たらの芽の天ぷら、グラスの中は甘酢。水に見立ててブルー。

●鮮魚の中華風お刺身

●すだちにチュールをかぶせてあって、これは種が落ちてナッツ類と混ざり、見分けがつかなくなってしまうことがないようにという配慮ですね。この細やかな気遣いにまた感動。

●明石の鯛でした。キューブ状のものはグリーントマトのジュレ。パフェ風にグラスで出てきた時代もあり、あれはあれで美しかったですが、これは混ぜやすく食べやすいと思っていただきました。ナッツがパリパリして、ハーブ類が香りを添え、とても粋な味。

●「周さんのパパイヤスープ」、シェフの宮本静夫さんが浜松のお店をいったん閉めて料理修業に向かわれた香港で教えてもらったスープということで、5月はこれを出すことにしていると伺いました。優しい味ながら、じわじわ押し寄せる旨みとフルーツの甘み酸味が絶妙に溶け合って、圧倒的な印象を残しました。季節で中身が替わり、すると風味がまた変わることもわかりました。朝日カルチャーセンター講座では3回「京、静華」さんにお願いしていますが、2010年11月の記録がこちら。この時は蟹身入りでした。

今回の中身は、ふかひれ、衣笠茸、にれたけ、黒きくらげ、白きくらげ、中国ハム、鶏肉、豚肉と伺いました。(参加者の皆さま、これが正しい内容でした。)

●車海老と季節の野菜(アスパラガス、そら豆) 香り炒め

 

 

●牛肉ステーキ、四川豆板醤(3年もの)のソース。バルサミコみたいな感じでほとんど辛くありませんでした。パプリカ、軸の食感と味がいい芥藍(かいらん)と。

●うすいえんどうのアイスクリーム。「口直し」にと供されましたが、ここまでもすべてがかんぺきな美味で、口を直す必要がありません・・・けれどこれもうすいえんどうの香味豊かで、うっとりしました。

●花つきズッキーニ、豚挽き肉詰め

●断面はこんな。マッシュルームやピータン入りで、味深いです。じゅわじゅわと美味。

●香港風お魚ご飯。穴子とジャスミン米です。

●自家製手打ちたまご麺の、担担麺。スープは飲めるほどの辛さです。もっと辛くしてとお願いすることも可能です。

●ふるふるふるふるの、名物杏仁豆腐。

●なめらかで、香りよくて、するするとのどをすべり落ちていくという感じの杏仁豆腐です。これよりおいしい杏仁豆腐をわたしは知りません。

●マンゴー白玉

●マンゴーソースに、白玉とあん玉です。上品な甘さで幸せな締めくくりでした。

●食後の楽しみ、フルーツティです。ずっと温められているので、どんどんフルーツの甘みと香りが出て、濃厚になっていきます。

●これは初めの一煎めで、この語、色も濃くなっていきます。

●杏仁豆腐で使った杏の種の、絞りかすで作ったクッキー。最後まで上品で美味、感動深いコースでした。

店主の宮本静夫さん、惠子さん、スタッフの皆さんに感謝。
参加してくださった方々にも御礼申し上げます。
「京、静華」さん、また伺います。クラブエリーの皆さんどうぞ楽しみに。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ すっかり夏仕様、「日本料理 とくを」

■ 全国100万人の読者の皆さま、「日本料理 とくを」さんを本当においしいと思うエリーでございます。

5月11日(金)夜遅めの時間に入店。器も素材もすでにすっかり夏仕様でした。
白ずいき吉野煮、ずいき酢、賀茂茄子田楽、鮎塩焼き、とり貝、白海老、鮎の塩焼き、ぐじの唐揚げ、新生姜ご飯・・・たっぷりゆったり堪能しました。今からこんなに夏のものをおいしく食べてしまったら、本当の夏にはどうするのかあああ( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)? と思うのだけど、しかし初物はテンションを上げるのです。

順番に行きます。

●迫力あるお品書き。女将の小百合さんの手書きです。これ見るだけで「今からおいしいぞ♪」と幸せな気分になります(^o^)/

●いつもの先付3点セット。すっかり夏仕様です。黒豆の湯葉と雲丹/万願寺とうがらし焼き浸し/鯛の南蛮漬け

●少し炙った能登のとり貝、ほんのり甘みが感じられていちばん好きな食べ方です。

●富山の白海老もお造りで。なんて優美な味を持つ海老。

●賀茂茄子は田楽で。黄金の食べ方だと思う。

●ずいき酢。ずいきメニューあるだけ食べたい。しゃりしゃりした食感を楽しみました。

●ぐじの唐揚げ、中ほわっほわでした。

●鮎です、2尾だけ焼いていただきました。琵琶湖の鮎ということ。

●形美しく塩気ほどよく香りよく、もうすっかり夏の気分になりました。

●徳尾さんはこんなきれいなお椀を隠し持っていたのです。手にもなじみやすい、ぺたんとした春夏のお椀です。

●白ずいきの吉野煮です。お椀でずいきを、思う存分いただきました。もうこれでひと夏分満足したというほどいただきました。

●新生姜のご飯、これに和歌山の鮎の半夜干しが添えられました。

●最後は甘いながら塩気もほどよい白味噌のソルベ。

全部全部、おいしかったおいしかったおいしかった\(^o^)/\(^o^)/ かんぺきな夕食でした。

日本料理 とくを」さん、ほんとーーにおいしいと思います。

クラブエリーの皆さん今月末どうぞ楽しみに。わたしもまた伺います(^o^)/☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「CANTINE AU DISCO」開店

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店ご紹介のエリーでございます。

●5月11日(さすが11日!)、「AU DISCO」さん移転されて柳馬場三条上ルの、「バスティーユ」さん跡にオープン。

「CANTINE AU DISCO」カンティーヌ オー ディスコ、おめでとうございます。
●クラブエリーの帰りに偶然前を通ったわたし、すばらしくいいタイミングでした(^o^)(^o^) 知り合いにもたくさん会えてうれしかったー(^o^)☆☆☆
「オー ディスコ」さん、初めはケムケムでスタートしたお店だから、恐れながら尋ねてみたら、今回初めから全席禁煙ということで、本当にうれしいです\(^o^)/\(^o^)/
ペリエ1本だけしゅわーといただいて来ました。
また改めて伺います。
*****************

5月12日(土)追記

●デジュネのガレット(サラダ付き)1200円 いただいてきました。ペリエ1本、食後にカフェと。

●添えられるサラダはこちら。

●一緒に行ったHさんはこのシャルキュトリセット。これに上と同じサラダとバゲット付き。

共通の祖国・フランス話で盛り上がり・・・あまりに賛同し合う話題が多くて・・・

「わたしたち、フランスで生き別れになった姉妹だったかもね。今ここで再会できた・・・♪ 」なんて言い合って、テンションが上がったデジュネでした\(^o^)/\(^o^)/
*****************
CANTINE AU DISCO
カンティーヌ オー ディスコ
京都市中京区柳馬場通三条上ル東側
電話 075-708-6233
11:30~22:00フードLO、22:30ドリンクLO、23:00閉店
火曜休み
テーブル22席、カウンター6席
全席禁煙
2018年5月11日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 掲載誌のお知らせ:ミセス 2018年6月号

■ 全国100万人の読者の皆さま、掲載誌お知らせのエリーでございます。

●現在発売中のミセス 2018年6月号です。
いつもの新店紹介ページでは、間之町通二条上ルにオープンした「割烹 市川」さんに出ていただいています。
●そして、神楽坂、岡部一己さんの「レストラン アロム」さんご紹介と同じページで喜んでいます。
●この号は鎌倉特集でもあります。
あじさいで美しい明月院(p96)、まさにこんな写真を、むかーし(=まだフイルムの時代)撮りに行ったなあなんて思いながら眺めました。
皆さまどうぞ(お買い上げの上)ご覧くださいませ<(_ _)><(_ _)>
*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリーお寿司@「鮨 仙太」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

クラブエリーお寿司@「鮨 仙太」さん、5月7日(月)9日(水)とお世話になりました。

●店主の土子亮二さん、常ににこやかに、けれどものすごい勢いで出してくださって、クラブエリーの欲深い女たちも喜びました。

●写真は握りに至るまでの、料理だけでこれです、驚きの充実ぶり・・・( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) この後お寿司を数貫と手巻きと玉子、青さ味噌汁で、お腹いっぱいいっぱいになっていただきました。土子亮二さん、祥子さん、スタッフの方々、御礼申し上げます。参加者の皆さんもありがとうございました。
「鮨 仙太」さん、来週あと1日やります。終わってから全容を明らかにします。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ のど腫れ~1日半で回復/「文學界」

■ 全国100万人の読者の皆さま、のど腫れに見舞われやすいエリーでございます( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

7日(月)お昼、クラブエリー@「鮨 仙太」さん、おかげでうまくいって、しかしわたし何かヘンだなおかしいな調子出ないな身体ぞわぞわするなと思っていたら・・・午後遅くに、ほぼ季節に一度はやってくる、のど腫れが盛大にキターーー( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) 
いつもの耳鼻咽喉科に飛んで行って薬を盛り合わせで処方してもらって飲んでひたすら眠り(夜じゅう具合が悪くて苦しんだ)、

火曜も絶対行かねばならん撮影以外の約束はお詫びして全キャンセル。発症から36時間くらいたった今、やっと平常の感じに回復・・・健康ってすてきです(^o^)(^o^)/☆☆☆
声がつぶれているけれど、もう普段通りの心持ちです。本日のクラブエリーは元気で行けそうです。

とにかくのどが弱いのは困ったことだけど(いつもまずのどに来る)、まーしょうがないと思っています。無理にスケジュール詰め過ぎていたなと反省するいい機会だし。

●5月7日発売の「文學界」を、早く買って読みたいww
今日こそ書店に行きましょうー
ちなみに「文學界」は紙の雑誌です、電子版なし。

「文藝春秋」はKindle版あるのにね・・・

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「日本料理 とくを」で夏の料理撮影

■ 全国100万人の読者の皆さま、雑誌のための夏の料理撮影で「日本料理 とくを」さんに伺ったエリーでございます。

●店主の徳尾真次さん、撮影の時間を取っていただき感謝。できたてのお料理を撮らせていただきました。

●賀茂茄子やら、ずいきやら、とうもろこしと枝豆のかき揚げやら、夏の料理が揃い始めていました。
日本料理 とくを」さん、近日中にまた食べに行かねば(^o^)(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「リストランテ 野呂」で初物の賀茂茄子

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろに行ってきたエリーでございます。
5月6日(日)「リストランテ 野呂」20:30に入店、河北農園さんの初物の、賀茂茄子賀茂茄子賀茂茄子といただいてきました。

順番にいきます。

●大原のクレソンのスープ、冷製です。ヴィシソワーズがクレソン風味になった感じ。

●高知からのかんぱちのカルパッチョ

●はまちの一塩の炙り

●そして、この日楽しみに出かけたのはこれ。

●初物の賀茂茄子、河北農園から届いたばかりのものです。

●まずは、賀茂茄子のフライ

●そして、賀茂茄子のバルサミコマリネ

●ここで魚料理、甘鯛のロースト。ブールブランソース、レモンバームの香り(これは完全にフランス料理)

●焼き加減かんぺき、下にはズッキーニです。

●賀茂茄子のスパゲッティ、トマト、ほたるいか。
(NP100=のろっちのパスタ100、その47)

これものすごくおいしかった(T_T)(T_T)

●なんてこったのパンナコッタはメープルシロップのパンナコッタ。
全部全部、目覚ましくおいしかったーーー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●楽しかった、おいしかったりすのろです。食材多彩に揃っていて、お願いしておけば何でも作ってもらえます。電話で予約の時に、「こんなの食べたい」でもOKです。

ちなみに以下は昨年、2017年の・・・

●昨年、2017年6月13日、オープンした日の夜メニュー。メニュー数これだけだったし、目玉マークもまだありません・・・

みるみるうちに目玉マーク登場、目玉にまつ毛もついて、それが5つも6つにもなって・・・

テンションものすごく高いです、まだまだ楽しみです。

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回火曜休み

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
昼コース1800円と4500円、
夜はアラカルト、前もっての予約でコースも可。
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 菜格でむせるほど辛い\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、時々無性に「菜格」さん(二条通堺町西入ル)に行きたくなるエリーでございます。

絶妙なタイミングで「菜格行きたい」と言ってくださった方がいて・・・

●ここに来たら必ずこれでしょう、鶏肉の山椒唐辛子炒め

これは調理されている時カウンター前にいたら、燃え上がるみたいな香辛料の香りでむせてしまいます。ほんとーにおいしい☆☆☆

茄子の香り辛味炒め、これも好き

鶏の葱生姜だれ、これはいつもひと皿めに。

●締めに、汁なし担担麺でも炒飯でもなく、水餃子を選択。久しぶりでよかったー(^o^)/

おいしかったおいしかったおいしかったー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

*****************

「中国料理 菜格」さいかく 電話 075-744-0435
〒604-0821
京都市中京区二条通堺町西入ル南側(観音町76)
17:30~22:00LO
水曜~金曜のみ昼営業、売り切れしまい

11:30~13:30LO
月曜休み
テーブル10席、カウンター4席 全席禁煙
予約が望ましい
2013年10月19日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ フロマージュの新刊

■ 全国100万人の読者の皆さま、

フロマージュのこの本が、全編たまらなくおいしそうです!

*****************
フロマジェが教える おいしいチーズの新常識 
チーズの基本からプロのテクニックまで」
160ページ、世界文化社、2018年3月9日刊
1800円+税
*****************

●盛りだくさんで見飽きぬ楽しさのフロマージュの新刊です。
飲み物、食材との組み合わせやフロマージュを使ったルセットなど、2015年世界最優秀フロマジェであるファビアン・ドゥグレさん@「フェルミエ」が教えてくれます。サケ=日本酒とのペアリングや寿司見立てのルセットがあるのがおもしろいし、フロマージュの分類を、マイルド系、パンチ系、旨み系と3分類しているのもわかりやすいです。ページからフロマージュが香り立つようで、今すぐ食べたくてわなわなします。
フロマージュは全網羅的な解説ではなくて、厳選おすすめです。これで十分だと思います。
わたしはとりわけ58ページのビュッシュ・ドゥ・シェーヴル、86ページのラングル、88ページのキュレ・ナンテに飛びつきたいと思いました。

これ熟読します<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「月ヶ瀬」で盛り盛りのみつ豆

■ 全国100万人の読者の皆さま、これが好きで仕方がないエリーでございます。

月ヶ瀬」さんの堺町店で、抹茶クリームみつ豆 950円。
広島からのKさんとAちゃんを迎えて、ゴールデンウィークの後半のひと時を楽しみました。

「フルーツみつ豆」とつい言ってしまうんだけど、単にクリームみつ豆です。(抹茶アイスクリームだと抹茶クリームみつ豆となる。)

アイスクリームがのるなり、単なるシンプルみつ豆からフルーツ盛り盛りになるのです。

寒天と豆とフルーツが主体って、どこまでも健康的な甘味だと思います。寒天のなめらかさ、豆の食感、黒糖蜜の甘み、すべてバランスよくてしみじみおいしい、幸せ。

ヴェリーハッピーね(^o^)/☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ルボンヴィーヴル」でディネ

■ 全国100万人の読者の皆さま、連休の中ほど、フランス色が濃いディネを楽しんだエリーでございます。

進々堂さんの「Le Bon Vivre  ルボンヴィーヴル」へ。(オープン時の記事

●シャルキュトリ盛り合わせ(プロシュート、リエット、パテ)

●手作りソーセージとレンズ豆の温製

シャルキュトリや、このリヨン風ソーセージは寺町二条の「ブション」さんそのままの味。

●ベーコンとポーチドエッグのリヨン風サラダ

●海老とアヴォカドのタルティーヌ(冷製)

●ロックフォールスクランブル(温製)

●肉はまず四元豚ロースのバルサミコソース。

●京赤地鶏ハーブマリネ焼き

●肉料理はこんなラインナップ。

●パンはさすがにどんどんおかわりを持って来てくださいます。黒ごまのパンや、胡桃とレーズン入りパンがとりわけ好きです。

●フロマージュはロックフォール、エポワス、コンテ18か月、クロミエ、ルブロション。

●赤ワインと。

●デセールに選んだのは、セバスチャン・ゴダール風のりんごのタルトフィヌ。(わたしはアイスクリームをのせない方が好きなので、写真は抜きヴァージョンです。)

「カフェ・ヴェルディ」さんのカフェラッテと。

●プロフィトロールを選んだ方がいて激しくうれしい(^o^)(^o^) ショコラのソースを泳げるほどかけて食べるのが好きです。

●プロフィトロールを1個分けていただいて、幸せな食事の締めくくりでした。

Hさま、初めてお目にかかるSさまと3人で、気楽で美味なフランス料理をいただいたひと時。

楽しい時間を過ごしました。御礼申し上げます。
全部全部、おいしかったー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

*****************
「Le Bon Vivre(ルボンヴィーヴル)」
「ザ ロイヤルパークホテル京都四条」1階
電話 075-354-1788
京都市下京区烏丸通仏光寺西側

レストランは10:00~21:00LO・22:30閉店

ベーカリーは6:30~21:00
年中無休
テーブル42席、カウンター4席 全席禁煙
2018年4月5日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「澤正」で蕎麦料理

■ 全国100万人の読者の皆さま、わりと義理堅いエリーでございます。言葉はわりと(かなり)守る方で、「また来ます」と言ったら本当に伺うのだけど・・・

 

●4月最後の週末に伺った、泉涌寺近くのそば茶寮「澤正」さん。こちらはなんと「また伺います」と言ってから12年たっていました・・・あわわ。

記録を辿ったら京都に移り住む少し前、2006年秋に扶桑社のムック本でお菓子の取材に伺って以来のこと。ずっと気にしながら、ちょっと遠いしな、ひとりでお邪魔するのも悪いからな、予約いっぱいのシーズンだしな、なんて思っているうちに月日が流れていました( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●深山幽谷か?と思う竹林に囲まれた優美な館、和洋折衷の独自のしつらいの中で蕎麦を使ったお料理をいただけます。
よき素材で創意に満ちて作られた八寸に始まり、蒸し物やお造りや焼き物が続き、蕎麦は温冷選べます。そばがきは塩と、砂糖醤油のなつかしい味でいただきました。お菓子も抹茶もついてお腹いっぱいいっぱいになりました。

以下お料理順番にいきます。

●筍まんじゅうとわかめの蕎麦餡仕立て

●お造りは、まぐろ、鯛、かんぱち。

●近江牛のひと口グリルと帆立貝の炙り

●更級変わり蕎麦、茗荷と新じゃがのピクルス

●卵とベーコンのタルタルコロッケ 野菜のヴィネグレットソース和え

●二八蕎麦、冷製

●二八蕎麦、温製。選べます。

●蕎麦がき

●蕎麦がき、グリエ 砂糖醤油と。

●春ごぼうの炊き込みご飯、赤だしも付きました。

●蕎麦だんごの糖蜜かけ、喜界島の糖蜜。追ってお薄も供されました。

●街なかから少し遠出しただけですが気分ががらりと変わり、気持ちのこもったお料理を楽しめました。

●このお部屋でいただきました。

●グラスのコレクションが置かれているのもこのお部屋でした。

●こんなお部屋もあって、20名ほどで伺うこともできます。

紅葉の頃が素敵ではないかしらと思っています。
そば茶寮「澤正」

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「タイカレ~レストラン シャム」

■ 全国100万人の読者の皆さま、食べたいものは絶対に食べに行くエリーでございます。

●先日来「タイカレ~レストラン シャム」さんのレッドカレー(チキン)が食べたくて夢に見るほどで、本日やっとこさ行ってきました。
いい香り、深い味、ほどよくスパイシーで具材もたっぷり。
円町近くなので街なかからはちょっと遠いけれど、わざわざ出かける価値があるお店です。
行けてよかった。ご無沙汰ごめんなさいでした。
おいしかったおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「喫茶 六花」の野菜のお皿

■ 全国100万人の読者の皆さま、何も変わらぬエリーでございます。

これも少し前に伺った大好きなお店、東大路通三条下ルの「喫茶 六花」。野菜をもりもり食べられます。

●キッシュを選びました。野菜付いてくるの知っているのに、その前にサラダの大サイズを注文・・・野菜食べたぞの気持ちになりました。

●九条ねぎとベーコンのキッシュだったかしらん、多分そう。

午後の中途半端な時間でも、ゆったりおいしいものを食べられて満足です。

**********************************
喫茶 六花」 きっさろっか 電話 075-541-3631
京都市東山区東大路三条下ル東側(稲荷町南組577-4)
10:00~18:00LO
火曜、水曜休み
テーブル20席 全席禁煙 予約不可

2003年3月12日開店 、2009年11月14日現在地に移転
**********************************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「グリル小宝」のハイシライス

■ 全国100万人の読者の皆さま、連休関係なく机の前にいるエリーでございます。

連休よりずっと前に出かけたものから、アップできていない写真を上げていきます。

●しばらく前に出かけた「グリル小宝」さんのハイシライスです。ハシライスではなく、ハシライスね。

わたしこれほんとーに好きで、時々これ思い出しては飛んで行っています。通し営業なので、15時とか16時とか、そんな時間に食べられるのもありがたいです。

●連休は激しくお客さまが入られているだろうな・・・でもまた伺いたいです。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「カレープラント」オープン

■ 全国100万人の読者の皆さま、4月30日(大安)、「カレープラント」さんオープンの日に伺ったエリーでございます。
新町通と西洞院通の間の道を、錦小路通から少し下ルという場所です。イタリア料理店「オルト」さん経営のカレーレストランで、1階カウンター8席、2階テーブル10席。
カレーの他にソーセージやサラミなどのサイドメニューもあり、ビールやワインと共にしばし寛げる感じのお店です。

●店長をつとめるのは、バリスタでソムリエの稲垣寿基さん。

●カレーは3種類、定番鴨カレーと、季節ものの筍グリーンカレーを、合がけ(1200円)でいただきました。

●11:30~20:30LOの通し営業が偉いです!!

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 変わらぬ上質さ、「サルティンバンコ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、ごきげんエリーでございます。

先週末に、少し久しぶりに出かけた「サルティンバンコ」さんの話です。
形が四角い9分割皿でなくなっただけで、美しい前菜は健在だし、パスタもリゾットもメイン料理も、ばちーっと味決まっておいしかったー\(^o^)/\(^o^)/
3500円昼コースにオプションで冷たいパスタをつけていただいて、食後はティユールとヴェルヴェーヌのアンフュージョン。
自分からは絶対に頼むことがないだろうレモン風味のティラミスがまた、風味鮮烈で目を剥くほどおいしかったです。おまかせもいいもんですー。笑。
順番にいきます。

前菜が、

●雪下にんじんスープ

●大根、そら豆、ほおずきトマト

●シルクスイート(さつまいも)のロースト、きゅうりマリネ

●トマトとモッツァレッラ

●茄子のカポナータ、新玉ねぎのロースト、鶏むね肉レモン塩漬け蒸し

●ポルチーニのムース

●菜の花のオムレツ

●カリフラワーのフリットと九条ねぎのケークサレ

●ひらめ(昆布締め)のカルパッチョ、上に塩漬けレモン、下にキャベツの酢漬け

●飲んだのはこれ。

●細麺・フェデリーニにえんどう豆のクレマをからめたもの、鮎の魚醤のジュレ、桜ます

これはオプションでお願いした冷たいパスタです。

●桜海老と筍、花山椒のリゾット

●幅太麺・タリアテッレ、ほたるいかと緑アスパラガス、トマトソース、ケイパー

●宮崎産 観音池ポークのサルティンボッカ 香川の白アスパラガス、トリュフ入りマッシュポテト、黒にんにくソース

お料理全部、味よく美しく、とても満足感がありました。

●しまなみレモン(しまなみ街道・生口島(いくちじま)産)のペーストを使ったティラミス

●ヴェルヴェーヌとティユールのアンフュージョン

●「サルティンバンコ」さん、とても誠実なお仕事、変わらぬクオリティの高さでした。とてもとてもよかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

また伺います<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************