■ 帰国しました。

■ 全国100万人の読者の皆さま、帰国したエリーでございます。

里帰り終わりです。

無事に問題なく京都の家に戻ってきましたー。

帰国後、咽喉腫れ+痛みだけはどうしようもないのだけど、これ飛行機に乗る時、つきものみたい。何とかしたい。(*_*)(*_*)

■ 滞在中はフェイスブックへのアップだけでいっぱいいっぱいで、こちらにはこれからどどどと上げていきます。

京都の日常の話も当然入ってきますが、パリ話だけでも抽出してご覧いただけるようにしていますので、よろしければどうぞ。

**********************************
今回の滞在:2017年2月20日~2月28日午前帰国

今回の滞在の記録は 2017年2月 Paris パリ でひとまとまりにしています。
今回の計算:1ユーロ 122円。(2月3週目に買った時の値段)
2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************

■ 2月27日にパリを出てきたところから。
パリはパリで、いたら違和感なくふつう~で、この「ふつう感」は何なのだ?と思うのだけど、

また来ればいいということなのだー\(^o^)/\(^o^)/と思い、次に行きたいところのリストを作りながら帰ってきました。
■ いちいち全部、写真を撮っておくのが好きなんですが(カメラに時間が全部記録されて便利)、

帰りは空港もするすると進んで、パリCDGでは荷物チェックインから検査が終わって自由になるまで17分。
離陸がパリの27日14:36、関空着陸日本の28日 9:43で、ほぼ11時間。帰りの方が飛行時間短いです。

関空では着陸してから荷物出て来るまで20分。これはパリよりずっと早いです。

IMG_2921

■ チェックイン、すごく待つこともありますが、今回は3分も待たずにするりと。快適。

IMG_2925

■ 保安検査も終わって自由になったところ。前回改装中でなかった「ロンシャン」場所を変えてオープンしていてうれし♪

IMG_2926

■ 折りたたみのシリーズ、プリア~~~ジュが整然と並んでいて、買わなかったけれど、この眺め、わたし極端に好きです。

IMG_2952

■ 避難案内がおしゃれ過ぎるかわい過ぎる(^o^)(^o^) 今回はカメラが新しいから、連写してみました(^o^)

IMG_3001

■ パリCDG空港から、離陸する寸前です。結構強い雨が降っていました。

時間の記録が残るので撮っておきます。いつも必ず窓際です。

ロゴマークは魚の尾と、翼を持つ馬で、ヒッポカンポス(海馬)、「ヒッポちゃん」が窓から見えてうれしいです。

IMG_3031

■ ヒッポちゃん11時間よく頑張った!! 関空に着陸直前です。

IMG_3055

■ いつも荷物の出口まん前で待ち構えて出てくるなりピックアップします。

この一瞬の待ち時間で、いつもカメラ内の時計の切り替えもします。

ちょっとスーツケース替えてみました。ムラサキに赤いベルト。すごく見つけやすかったです。

IMG_3062

■ 今回初めてヤサカさんの空港シャトル便を利用、自宅まで送迎してくださるので関空に直結、激しく便利でした。
■ 帰って来るなり次のパリ行きの算段を始めました。帰るなり、また行くことが当然に思えて、次の飛行機のチケットを早く買わなくちゃー(^o^)(^o^)/

■ この後引き続き、さかのぼって写真上げていきますー! パリ好きの方は待っていてくださいませ。

**********************************
今回の滞在:2017年2月20日~2月28日午前帰国

今回の滞在の記録は 2017年2月 Paris パリ でひとまとまりにしています。
今回の計算:1ユーロ 122円。(2月3週目に買った時の値段)
2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

関谷江里

■ パリに来ています。

■ 全国100万人の読者の皆さま、里帰りのエリーでございます。
P_20170220_110524_vHDR_Auto■ 2月20日、京都→パリ 移動してきました。

■ いつもの北駅近くのアパルトマンに入りました。

今月いっぱい、クラブエリーはじめいろいろなお返事がゆっくりになりますが、お許しください。

またパリの写真いろいろ上げていきますー!

★まずはフェイスブックで上げています、よろしければどうぞ。

どなたでもご覧いただける公開設定にしています。

https://www.facebook.com/eridosu.sekiyaeri

**********************************
今回の滞在の記録は 2017年2月 Paris パリ でひとまとまりにしています。
今回の計算:1ユーロ 122円。(2月3週目に買った時の値段)
2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************

関谷江里

■ ホテルグランヴィア京都の「コトシエール」

■ 全国100万人の読者の皆さま、新しいお店ご紹介のエリーでございます。

ホテルグランヴィア京都さん、20周年記念で15階のレストランを大リニューアルです。フランス料理の「ラ・フルール」とイタリア料理の「ラ・リサータ」がなくなって、「ラ・リサータ」跡が「コトシエール」(古都 ciel=空)という名前のレストランになりました。2月20日(月)オープンです。

ビュー&ダイニング「Cotociel(コトシエール)」
■ 2月17日(金)の夕方遅く、プレスお披露目の内覧会と試食会が開催されました。ものすごい盛況・・・
内観については、プレス資料としてグランヴィアさんからいただいた写真でご覧ください。

【ビュー&ダイニング コトシエール】Facade Image ① 【ビュー&ダイニング コトシエール】Main Hall day

●かつて「ラ・リサータ」だったスペースです。厨房の場所は変わりませんが、中はだいぶ手を入れて、機器の入れ替えもされたということでした。

【ビュー&ダイニング コトシエール】Grace Salon Image day

●窓の外には古都の ciel、空が広がっています。

【ビュー&ダイニング コトシエール】Main Hall Symbol Art day①

●突き当りの壁画は、西陣織です。手前が空を思わせるブルーで、

【ビュー&ダイニング コトシエール】Grace Salon day●奥のお部屋は明るい色。わたし好きです(^o^)/

こちらはグレイスサロンといって、20名ほど入れるお部屋です。(クラブエリーの会員の皆さん、ちょうど1年前の、1、2、3月に料理教室を開催したお部屋ですよー!)

*****************

■ 「ラ・フルール」と「ラ・リサータ」、2つのレストランの「融合」と初め伺って、どんな料理か予測がつかなかったのですが、ちゃーんとしたフランス料理でした。それも、びしーと味が決まって、おいしかった☆☆☆\(^o^)/\(^o^)/ ものすごくうれしく思いました。あらゆるホテルからフランス料理店が消えていったら悲しいではないの。グランヴィアさんまでその路線なのか? と思っていましたが、JR西日本ホテルズ総料理長である佐藤伸二さんいわく、「グランヴィアからフレンチをなくすことは決してない」と。この言葉、とても頼もしいと思いました。フランス料理の技術が生きる料理に、イタリア料理のエスプリも取り入れるということのようです。
■ けれど、堂々と「フランス料理 コトシエール」とは言わないのだそうです。料理コンセプトは「京都を表現した料理」がいただける、フランス料理ベースのお店ということ。(ちょっとややこしいと思うけど~。)
京都の食材を使うというのは今までもしてきた当然のことで、京都の文化や季節を感じさせるものを作っていくということでした。
■ 昼夜ともコースのみ。昼は2800円から、夜は6000円から(いずれも税サ込みの値段)。
■ 奥のグレイスサロンに関しては、手前のお部屋とは区別して、シェフおまかせコース15000円がいただける場ということです。供されるのは、より京都感の濃い、高級な料理。
■ 以下の画像は普通に夜にいただけるディネのCコース、10000円のものです。ものすごく充実感がありました。
■ ワインや日本酒や日本茶ブレンドティなど、飲み物を合わせるペアリングコースも3000円から用意されています。今回はそれも試させていただき、なるほど納得できる料理との絶妙な組み合わせと思いながら味わいました。ソムリエは「ラ・フルール」時代から変わらぬ大橋和弥さんで安心です。

■ では今回いただいたお料理です。

IMG_1509.jpga

●アミューズ3種類。手前から、京都産 小蕪のエスプーマ/京赤卵のムースとパルメザン トリュフの香り/京都「佐々木酒造」の酒粕とフォアグラのシュー。

IMG_0214.jpga

●季節の野菜と昆布〆した鰆を春の野山に見立てて。

IMG_0218.jpga IMG_0222.jpga

●オマール海老のトルテッリ 甲殻類のビスクソース 柚子の香り

IMG_0224.jpga

●天然真鯛のファルス パセリソース 京都の筍を添えて

IMG_0228.jpgb

●京都産 黒毛和牛フィレのポワレ モリーユのソース アスパラ添え

IMG_0234.jpga IMG_0235.jpga

●アヴァンデセールが、桜の泡と京都大原の赤紫蘇のソルベ

IMG_0238.jpga

●いちごのミルフイユ

すべてのお皿、申し分なく美味で非常な満足感と共にいただきました。柚子か香り、筍が季節を表わし、赤紫蘇やいちごが彩りを添えました。

食べながら、「これは松勢さんが持ち込んだ料理だな♪」とか「野呂っちのパスタもおいしかったなあ☆☆☆」など、かつてこちらで活躍したシェフたちとその料理のことを思い出しました。脈々と受け継がれていることがわかってうれしかったです。

●追記:言うの忘れてました、パンもおいしかったのです\(^o^)/
京都「菱六」の米麹と京都産米麹のパン/バゲット トラディショネル/塩パン の3種類が供されました。

IMG_0231.jpga

●こんな感じで料理に合わせた飲み物をいただきました。ワインだけでなく日本酒も2種類。よく考え構成された飲み物コースだったと思います。

IMG_1537.jpga

●常務取締役にしてJR西日本ホテルズ総料理長である佐藤伸二さんと、「コトシエール」シェフ、松森康記さん。

IMG_1525.jpga●そしてそして、出たわこのお得意のポーズ♪ (過去の記事参照。) たっちゃん登場!! なんと兄弟のようなたっちゃん&かっちゃんです♪
すなわち、石田達也さん(いまや営業部統括支配人)と、今村克二さん、今回お世話になった広報担当でいらっしゃいます。正式タイトルが、営業推進室 マーケティングITグループ デピュティーマネージャー 兼 広報担当 ということです。

たっちゃん一瞬現われるなり、笑わせてくれること!! ますます磨きがかかったこの芸風すごいと思います。((((;゚Д゚))))))) ((((;゚Д゚)))))))

●ホテルグランヴィア京都 15階「コトシエール」さん、これからまた楽しみに伺います\(^o^)/\(^o^)/
2度めの訪問はこんなでした♪

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 新刊「SOU・SOU 京菓子あそび」1位です。

■ 全国100万人の読者の皆さま、新刊が好評でうれしいエリーでございます。
IMG_0269.jpga■ 2月17日朝日新聞朝刊です。

SOU・SOU 京菓子あそび

和菓子になったテキスタイルデザイン

世界文化社 2017年2月3日発売、2160円)
1位になりました(^o^)(^o^)/

買っていただいた皆さまに御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

■ 発売日、2月3日の書店の様子です。

IMG_0503.jpga

■ お菓子コーナーに置いていただいたり、

IMG_0492.jpga

■ 京都コーナーで、わたしの前著3冊と共に並べていただいたり、

IMG_0498.jpga

■ ポップを作っていただいて激しく喜んだり、

IMG_0497

■ 激しく感謝、大垣書店さんありがとうございます<(_ _)>

IMG_0495.jpga■ デザインコーナーに、「SOU・SOU」や脇阪克二さんの本と共に置いていただいたり。

書店の皆さま、ありがとうございます<(_ _)><(_ _)>

SOU・SOU+obiSOU・SOU 京菓子あそび

和菓子になったテキスタイルデザイン

世界文化社 2017年2月3日発売、2160円)

IMG_0175.jpga■ おまけ画像:かつて「しつらい」や「在釜」にいた、元お点前王子です。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ クラブエリー第3金曜@「はふう聖護院」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

IMG_1489.jpga■ 6か月パックのクラブエリー第3金曜、2月は「はふう聖護院」さんにお世話になりました。
IMG_1474.jpga■ 先日のNHK文化センター講座とほとんど同じ内容です。スープは金時人参のクリームスープだし、3皿めをビーフシチューのココットにしていただいたし。

IMG_1468.jpga■ アミューズだけ前回と違うものにしていただきまして、鶏ハムの燻製です。

IMG_1469.jpga■ 寒い季節にうれしいビーフシチューのココット。

IMG_1482.jpga■ 肉食女たちがうち揃って、牛肉のおいしさを満喫しました。お肉いただくと元気出るよね♪ と異口同音に言いながら。わたしも本当に幸せなひと時でした。クラブエリーやっているわたしが幸せ。皆さんの人生のお話伺えたりして。思いもよらず、ものすごく好みが近い人に会えたりもして。この日はひとり、パリきち見つけたよ(^o^)(^o^) パリ好きね。話が合うこと~~~!!

■「はふう聖護院」さん、お世話になりました。皆さまに御礼申し上げます。

参加者の方々にも感謝たくさんです<(_ _)><(_ _)>

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「祇園にしむら」2017年2月のコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、ご機嫌エリーでございます。2月の「祇園にしむら」さんのお料理をいただいてきました。

気分ゆったり食べられる料理が申し分なくおいしい。さっさか出てきて1時間少しで全部食べ終わっていました。わたしはスピード感をもってさっさか食べるの好きなのです。

■ いつも器が美しくて、それもこちらを訪れる楽しみのひとつですが、今回は見たことがないものが多くありました。10年に一度しか出さないものなどが使われていたのです。

IMG_0091.jpga

●この梅の絵柄、見覚えがないと思う・・・

IMG_0090.jpga

●いつもの胡麻豆腐でスタートです。

IMG_0092.jpga

●扇模様のお椀で、中は帆立しんじょう。わかめ、わらび、木の芽。

IMG_0099.jpga

●お造りも扇形のお皿でした。これは見たことありません。華麗な風情です。出た瞬間から光り輝いていた感じ。

IMG_0108.jpga

●尋ねてみてなるほどと。永楽得全さんの、絵変わり10枚組だそうです。わたしがいただいたのは上の梅模様で、一緒に行った友人たちのお皿は、

IMG_0111.jpga IMG_0113.jpga

●こんなでした。金彩で華やか、ブルーやグレイが銀色がシックで、しばらく見飽きぬ思いで眺めたのでした。

IMG_0116.jpga

●いつもの鯖寿司です。

IMG_0122.jpga

●八寸です。

ひちぎりのお皿から時計回りに、

●子持ち昆布、紋甲烏賊、まわりは卵の黄身。

●白魚、たらの芽、ふきのとうの天ぷら

●菜の花、いわし

●赤貝、わけぎの酢味噌和え

IMG_0129.jpga IMG_0134.jpga

●熱々とろとろの一品で、中は湯葉、松葉蟹、その味噌、甘鯛、たらの白子。

IMG_0136.jpga

●焚き合わせが、長芋、ふき、筍、聖護院大根。この器もたまにしか出されないとのこと。

IMG_0145.jpga

●締めご飯はかき揚げがのったお茶漬けです。

IMG_0144.jpga

●しらすと玉ねぎのかき揚げ、だしではなく、塩入りのほうじ茶。

IMG_0149.jpgb●いちごにワインジュレ。

祇園にしむら」さん、今月も本当によかったです。1年前の記録を見て予測して出かけても、また違うものが出てきて驚かせてくれます。今回は最後のお茶漬けに新味があり、器の美しさも印象強烈でした。でもでも、何もかもほっとできるおいしさだったことを言いたいと思います。これ以上ないほど薄味の焚き合わせ、長芋や大根の上品な味、ずーっと忘れないと思います。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 月いちエリーで本の話

■ 全国100万人の読者の皆さま、ラジオの報告のエリーでございます。

FM京都アルファステーション「SUNNY SIDE BALCONY サニーサイドバルコニー」内のコーナー、
「Déjeuner à Kyoto デジュネ・ア・キョウト」で月いちエリー、

今日はいつもと違って本の話、「SOU・SOU 京菓子あそび」についてお話ししてきました。

SOU・SOU+obi

■ この本です。

SOU・SOU  京菓子あそび 和菓子になったテキスタイルデザイン

IMG_1438.jpga

■ 本日のスペシャルゲストと共に伺いました。ウエルカムボードで迎えていただき喜びました(^o^)/

IMG_1448.jpga

■ ディレクター・やえーる=山本八重子も若林さん風にと髪束ねていました(^o^)(^o^)/

IMG_1440

■ 目ピカ社長さまはいつもと変わらず連写ばっかりしていらっしゃいました。

IMG_1444

■ 泣く子も笑う「SOU・SOU」さんです。笑いが止まらん様子の社長です。

IMG_1454

■ いつものユ~ミコさん、寺田有美子さんが迎えてくださいました。

IMG_1456

■ わたしが肩にのせているのはこれです・・・

IMG_1459.jpga

■ 本の表紙と同じ絵柄、「和菓子」です。

107724275.jpga■ これね(^o^)(^o^)

16804653_973308736133738_90008976_o

 

■ SOU・SOUと亀屋良長さんによるお菓子の魅力、脇阪克二さんのデザインのすばらしさ、茶席が楽しかったことなどいくらでも話すことがあって、
放送時間はほんの一瞬かニ瞬で終わってしまいました。
そういえば音楽もかけず、一気の25分ほどでした。
ユ~ミコ(寺田有美子)さんが上手に収束に持っていってくださいました。
どうぞ皆さま本を手に取ってご覧ください。
書店、アマゾン、そして「SOU・SOU」さん店頭でも買えますー!

みなさーんに感謝たくさんです。<(_ _)><(_ _)>

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 酒粕うどん@「仁王門 うね乃」

■ 全国100万人の読者の皆さま、わたしの身体はうどんでできていると思うエリーでございます。本当にうどんが好きです。

IMG_1371.jpga

■「仁王門 うね乃」さんの、2月限定の酒粕うどん

これ熱々で、濃厚で、食感いろいろで、問答無用においしいわーーー\(^o^)/\(^o^)/

IMG_1378.jpga

■ 細めの優美なうどんに、具材たっぷりで食べ応えがあり、おつゆは全飲みできます。風味豊か、身体ぽかぽかに温まって、ただおいしさのかたまりと思いました。

IMG_1367.jpga

■ こんなです。2月末までですから、食べたい人は走って行きましょうー\(^o^)/\(^o^)/

仁王門 うね乃」さん、また伺います。<(_ _)>

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ クラブエリー和食会@「御料理 たまりや」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

2月14日(火)、15日(水)とクラブエリー和食会をやりました。お願いしたのは祇園の「御料理 たまりや」さん。

IMG_1278

●先付 筍、車海老、芽キャベツ、生雲丹

IMG_1287

●椀物 ぐじ 鱗唐揚げ、菜の花、原木椎茸 蕪すり流し

IMG_1289

●向付 お造り3種。14日は、ぶり、よこわ、太刀魚。

IMG_1404

●15日のお造りは、太刀魚、よこわ、金目鯛。

IMG_1292

●焼物代わり 蒸し鰻 海老芋の唐揚げ 山椒ソース

IMG_1302

●酢物 河豚ぶつ 雪うるい 白子ぽん酢

IMG_1304

●強肴 和牛たたき、花山葵、アイコとまと、新玉葱のだし煮、山葵醤油吉野

IMG_1410

●温物 真牡蠣 揚げだし

IMG_1413

●食事 鯛と蕗のだし茶漬け

IMG_1313

●水物 豆乳プリン みたらしあん 散らし木の芽

IMG_1274

●若き料理長の平舘亮祐さん、よくやってくださいました<(_ _)>

IMG_1402

●手元に見とれながらお料理をいただくことができたカウンター席。

IMG_1300

●テーブル席の皆さんも楽しそうに過ごしてくださって、2日ともわたし楽ちんでした(^o^)/

IMG_1280

●店主の今井文恵さん、スタッフの皆さま、よくしていただきありがとうございました。

わたしも皆さんに会えてすっかりリラックスして、笑ってばかりの2時間少しでした。皆さんたくさんいいお話を聞かせてくださってありがとうございました。

ひとえに「旨いもの食べたい」という気持ちで集まってひと時を一緒に過ごすこのメンバー、みんな大好き、サイコーです\(^o^)/\(^o^)/

*****************

「御料理 たまりや」 電話 075-541-5670
〒605-0074
京都市東山区祇園町南側570-122-251
(花見小路四条下ル西側)
夜のお店ですが、予約したら昼もしてくださいます。
カウンター6席、テーブル8席

★椅子式ですが、靴を脱いで上るお店です。
全席禁煙
前日までに要予約
2014年9月開店

*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「切通し進々堂」禁煙に\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、禁煙情報をお知らせするエリーでございます。ものすごく喜ばしいことです☆☆☆

IMG_1323.jpga IMG_1325.jpga

■「切通し進々堂」さんも今年から禁煙になっていました\(^o^)/\(^o^)/
大好きなのに、ケムリだけがつらかったお店です。
1960年創業、祇園の花街とつながりの深いお店ですが、だからといってケムケムでいいわけがないと思っていました。
お店を経営するご家族の皆さんもどなたも吸わなくて、「本当に楽になった」と。
IMG_1332.jpga IMG_1336.jpga

■ コロッケトースト350円と、

IMG_1330.jpga

■ カフェオレ500円をいただいてきました。
■ 先日アップした「フランソア喫茶室」さんも禁煙になって喜んだところですが、世の中これからもっと禁煙店増えていくだろうなと思います。

この件に関してはよくなったというより、まともになってきたのだと思います。

むかーしなんかもっとひどくて、飛行機でも電車でも映画館でも美容院でもケムリOKという、あり得ない世の中でしたから。

IMG_1320.jpga*****************

「切通し進々堂」 電話 075-561-3029
京都市東山区祇園町北側254
(京都市東山区切通し四条上ル西側)
10:00~16:30LO・17:00閉店(4月の都をどり期間中は店内営業なし)
月曜休み
テーブル15席 2017年1月から全席禁煙
席の予約不可
1960年1月開店

*****************

1月発売の「料理通信」に、「禁煙ではない」と書きましたが、それは取材時のデータでした。訂正いたします。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「オ・グルニエ・ドール」のモナムール♪

■ 全国100万人の読者の皆さま、1日1ショコラのエリーでございます。

本日はこれ、いただいて激しくうれしかった「パティスリー オ・グルニエ・ドール」さんのショコラ。

IMG_1360.jpga

■ タイトルが、Mon amour モナムールだってー♪

IMG_1365.jpga■ とてもおいしくいただきました<(_ _)> (フランボワーズとショコラの組み合わせだけはわたしいただけず、すみません<(_ _)>)

とりわけラム酒の香りが効いたものが好きでした。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「Dari K」吉野慶一さんの記事

■ 全国100万人の読者の皆さま、 1日1ショコラのエリーでございます。

朝日新聞(わたしいまなお紙の新聞を購読しています~)を開いたら吉野慶一さんがいらっしゃいましたー\(^o^)/\(^o^)/
(朝日新聞 2017年2月14日 朝刊です。)
IMG_1341.jpga

■ 「Dari K」創業者です。

カカオ豆からショコラの道に入られた方です。もちろんずっとチョコレートが好きでいらしたと思います。
思いと行動で、ショコラ界の今までの常識を変えていかれていて、偉いです、かっちょいい方です(^o^)(^o^)/☆☆☆

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「よ~いドン!」おすすめ3、2月10日 放送分

■ 全国100万人の読者の皆さま、今月もカンテレの「よ~いドン!」のおすすめ3で、激しくおすすめしたエリーでございます。

2月10日(金)放送、寒い今こそ味わいたい、熱々、はふはふの料理です。

yoooidon

今回はこれらの3軒のお店にお世話になりました<(_ _)>

(以下50音順です)

*****************

●「京のつくね家」さん スープ雑炊
●「招福亭」さん 福なべ

●「肉洋食オオタケ」さん(日替わりから)鶏のクリーム煮
*****************
IMG_9728.jpga

●「京のつくね家」さん スープ雑炊です。1080円。

IMG_9722.jpga

●全体はこんな。大きなお椀に入った状態でが供されます。

IMG_9729.jpga

●こんな感じで大きな鶏肉が何切れか入っていました。

IMG_0572.jpga IMG_0573.jpga

■ こちらはまた別の日にいただいた、スープとたまごかけご飯のセットです。1080円。スープはコラーゲンとろとろをはっきり感じさせるほど濃厚、それでいて澄んだ味わいでした。ほんとーーに温まりました。

IMG_9720

■鶏肉と卵を使った料理の、ごく気軽な専門店です。

**********************************

さて「招福亭」さんです。

IMG_7122.jpga

●冬期だけのお楽しみ、福なべ 980円。

昨秋移転直後のお店紹介の投稿

**********************************

■ 開店するなり人気になってしまった「肉洋食オオタケ」さんです。
IMG_0412.jpga

●鶏肉のクリーム煮、ある日の日替わりのメニューにありました。野菜も鶏肉もごろんと大ぶりで、食べ応えがありました。温まりました\(^o^)/\(^o^)/

本サイト内でこのお店の初出はこちら

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「吉村和菓子店」のショコラ鳳瑞(ほうずい)

■ 全国100万人の読者の皆さま、1日1ショコラのエリーでございます。

これは先日いただいて、ぱふぱふさくさく、食感と香りがたまらなーいと思ったお菓子です。

IMG_0524.jpga

■ 桐の箱に入り、「吉村和菓子店」の、焼き鳳瑞(ほうずい)、「待ち春」です。

「吉村和菓子店」について、初出記事はこちら

IMG_0645.jpga IMG_0646.jpga■ 焼き鳳瑞(ほうずい)シリーズの、今回はカカオで、これは本当にわたしのためのようなお菓子でした\(^o^)/\(^o^)/ いちいちカカオ風味でうれしい☆☆☆(フランボワーズ+カカオ豆だけは食べられなかったけれど・笑)

亀屋良長」さんの新ブランド「吉村和菓子店」、とてもよく考えられていて、次の鳳瑞などんなかしらー?と楽しみになります。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「ロトス洋菓子店」のザッハトルテ

■ 全国100万人の読者の皆さま、1日1ショコラのエリーでございます。

4T8A9412.jpgb■本日は「ロトス洋菓子店」さんのザッハトルテ 1カット550円です。(ホールは直径12cm、2300円。)

何層にもなったりしていない単層構成で、
ウィーンのお菓子より食べやすいかもとわたしは思います(^o^)(^o^)。
それでいてしっとりじんわり迫り来るショコラの香味に陶然。
ヴァレインタイン時期に関係なく、しばらくあるそうです。
けれどすぐに売り切れますから、まだの方は走って買いに行きましょう\(^o^)/\(^o^)/
●せっかくなのでもうひとつ何か、と思って買った、
いちごのショートケーキ 560円。

こちらも理想的な軽やかさと口当たりのよさ、けれど生クリームにはこくがあり、いちごの香味が鮮やかで、ほんとーーにおいしいと思っていただいたのでした。

*********************************************
「ロトス洋菓子店」 電話 075-353-2050
〒600-8415
京都市下京区因幡堂町699
(京都市下京区松原通烏丸東入ル、1筋目を上ル、因幡薬師前を東入ル、南側)
12:00~19:00
月曜と火曜休み
販売のみ、サロンなし。
2011年1月15日開店
*********************************************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」の贈り物

■ 全国100万人の読者の皆さま、1日1ショコラのエリーでございます。

つい先日のある日、これをいただいて大喜び。はげしくうれしかったプレゼントです。はげうれ☆☆☆

4T8A9365

■ 「La Maison du Chocolat」ラ・メゾン・デュ・ショコラです。ロベール・ランクスさん(創始者)のことを思い出します。東京にいた頃、仕事のおかげでお目にかかれた方です。上品な紳士でした。昨日のことのように思い出すけれど、すでに15年ほど前のことです(早っ)。その仕事に感謝。

4T8A9357.jpga■ ショコラ10個の詰め合わせ。元気出ましたー!

(フランボワーズ入りだけは食べられなかったけれど・笑)
いちばんうれしい贈り物、ありがとうございました。\(^o^)/\(^o^)/

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「花鏡(かきょう)」で繊細優美な料理

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店ご紹介のエリーでございます。

オープンしたばかり、三条通神宮道東入ルの「花鏡(かきょう)」さん、とてもよかったですー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
2016年12月まで「匠 奥村」さんにいらした中上朝史(ちゅうじょうともひと)さんのお店です。2月4日開店。
写真は夜のおまかせ。コース1種類のみで1万円+税サ(10%)。食後の飲み物まで入れて10品、バランスよく量もほどよく、何もかもが「ちょうどよい」と思わせたコースでした。

IMG_1150.jpga

●三条通に面して、わかりやすい場所です。お花があふれるように飾られていました。

IMG_1162.jpga

●八寸というかアミューズというか、スタートの美しいお皿です。

IMG_1168.jpga IMG_1172.jpga

●ほたるいかに酢味噌

IMG_1173.jpga

●津居山の蟹の酢の物

IMG_1175.jpga

●車海老、菜の花、胡麻ソース、砕いたアーモンド

IMG_1176.jpga

●大原野菜、豆乳入りの小さなキッシュ

IMG_1177.jpga IMG_1185.jpga

●かつお・昆布だしに少しバターを入れてこくを出したスープ、わかめと筍、車海老しんじょう

IMG_1191.jpga IMG_1193.jpga

●ひらめを赤かぶ千枚漬で巻いたもの。三杯酢にオリーヴオイルの風味、わずかなとろみ。間人の海苔。

IMG_1194.jpga

●パンに添えられるオイル、バターもとても美味。バターにはちゃんと仕掛けがあります。

IMG_1198.jpga

●もち米の飯蒸し、上に穴子とうに。

IMG_1201.jpga

●ぐじと、味を含ませた根菜、山椒入りタプナード。聖護院大根や蕪に、にんじんなど形も色みもきれいでした。

IMG_1205.jpga IMG_1209.jpga

●だしのジュレ、聖護院かぶらのムース、豆乳入り、中に干しあわび、帆立。

IMG_1215.jpga

●牛肉ロース焼きに、玉ねぎ、にんにく、生姜入りのソースが調和。小芋のピュレと。

IMG_1204.jpga IMG_1202.jpga

●炊き上がったご飯プレゼンをする中上朝史さん。鯛ご飯です。

IMG_1218.jpga

●ご飯と香の物とお茶で締め。パンもおいしかったがご飯の締めもうれしい。

IMG_1225.jpga

●食後の甘味は、豆腐を使ったガトーショコラ、きな粉のアイスクリーム、抹茶ティラミスとフルーツ。

IMG_1232.jpga

●カフェか煎茶か選べます。カフェを選択。必要な深みと香りのある、好きなタイプのカフェでした。

IMG_1230.jpga

●小菓子付きで、胡麻のテュイルにサクサク真っ白のブール・ドゥ・ネージュに、真ん中は五色豆でした。

IMG_1158.jpga■ かつお・昆布だしに少しバターを入れてこくを出した若竹+車海老しんじょうのスープや、ひらめを赤かぶ千枚漬で巻いた一品がとりわけ印象に残りました。パンを食べながらコースは進みますが最後はご飯でほっとするし、洋風デセールのように見えながら豆乳が使われて軽やかだったりと、「おくむら」さんと同様、和風フランス懐石というかフランス風和食というか、お手間がすごくかかっているのですが、とても食べやすくそれでいて粋な、独自の料理世界です。
■ 店内の風情も美しく、椅子も座りやすくてよかったし、岡崎の美術館やロームシアターからも近く、三条通に面してわかりやすく便利。これから間違いなくはやりますーーー!!
花鏡(かきょう)」さん、わたしもまた伺います。
さっそくいろいろお願いごとしました(^o^)(^o^)/

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ イタリア料理店「Obase オバセ」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、京都のイタリア料理が大好きなエリーでございます。

少し前に誕生日を迎えた友人と共に「Obase オバセ」さんのお昼へ。居心地よくて優しいイタリア料理がいただける、いいお店です。

いいお店なのに、ちょっと間が空いてごぶさたごめんなさいでした<(_ _)><(_ _)>
IMG_1107.jpga

●店主の小長谷英之さんが登場、スープを注ぐところから昼コースは始まりました。

IMG_1110.jpga IMG_1113.jpga

●冬野菜のミネストローネ仕立て。ふぐの唐揚げ入り。少しとろみのついたスープ。温まります、なごみます。

IMG_1116.jpga IMG_1120.jpga IMG_1122.jpga

●ぶりと大根の組み合わせ。ぶりの炭火炙りにバーニャソース、九条葱ぬた和え、きんかんコンポート、揚げたケイパー。大根は紫大根、ヴィタミン大根、紅芯大根、「もみじスティック」などが彩りよく、塩加減も絶妙に合わされていました。

IMG_1125.jpga

●パスタは鰆の炭火焼とブロッコリー。

IMG_1127.jpga IMG_1129.jpga

●メイン肉料理は京もち豚の、肩ロースの炭火焼き。上から春菊がたっぷりと。七味唐辛子が香ります。

IMG_1131.jpga

●豚肉の下には、椎茸と白菜で中華のあんのように仕立てたものが敷かれていて、うっとりする優しい味。

IMG_1135.jpga

●ドルチェはタルトタタン、フロマージュブランのアイスクリーム。

IMG_1146.jpga

●食後の飲み物はカフェか紅茶か番茶などから選べます。これはカフェ。イタリア料理の食後にふさわしい、ちゃんと香りと深みのあるカフェで安心です。

添えられていた小さいカヌレがまたおいしかったのです。とても満足して、気持ちがなごんだ昼コースでした。

友人にも喜んでもらえたかしらん? 彼女はわたしをとても勇気づけてくれました。会うのは時々だけど、大好きな友人です。
京都でいただくイタリア料理すてきです。同じ「イル ギオットーネ」出身の方々のお店が今や何軒もありますが、それぞれに雰囲気も料理も違っていいなと思っています。

Obase オバセ」

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

 

■ 朝日カルチャーセンター講座@「祇園おかだ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。
2月9日(第2木曜)、朝日カルチャーセンター講座のお昼を「祇園おかだ」さんにお願いしました。

IMG_0590.jpga

●こんな献立で出していただきました。ご飯は必ず蟹ご飯をいただきたいとお願いして、あとは全部おまかせしました。冬のおいしさ満載で感謝。
IMG_0620.jpga

●旨み強烈な蟹ご飯とお料理、ものすごーーーく好評でした。以下、一品めから、順番にいきます。

IMG_1003.jpga IMG_1005.jpga IMG_1004.jpga IMG_1007.jpga IMG_1009.jpga IMG_1011.jpga IMG_1012.jpga IMG_1015.jpga IMG_1016.jpga IMG_1020.jpga IMG_1021.jpga IMG_1028.jpga IMG_1024.jpga IMG_1025.jpga IMG_1031.jpga IMG_1036.jpga

■ 店主の岡田孝二さん、蓑さんはじめスタッフの皆さん、お世話になりました。

参加してくださった方々にも御礼申し上げます。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 京都タカシマヤ地下に「侘家古暦堂」のお店

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店ご紹介のエリーでございます。
IMG_0932.jpga

■ 株式会社ロマンライフさんの鶏肉料理店「侘家古暦堂」も2月8日、京都タカシマヤ地下1階に初の物販専門店をオープンされました。

IMG_0937.jpga IMG_0938.jpga

■ 冷凍されたお惣菜がいろいろ揃っていて、鍋セットにハンバーグにご飯ものと、楽しいことです。

IMG_0951

■ 定番人気の鶏スープ「とろまったり」の他に、新商品の京鴨だし「こくすっきり」という新しいスープが販売されていました。
IMG_0943.jpga IMG_0944.jpga IMG_0945.jpga

■ 試飲させていただいて、本当にすっきり透明なスープ、利用範囲が広いスープだと思いました。いい香りで、おいしかったです☆☆☆

IMG_0934.jpga

■ 鴨鍋、お遣いものにしてもすてきです。

IMG_0949.jpga

■ 次は「京鴨つくねハンバーグ」をいただこうと思います(^o^)(^o^)/

侘家古暦堂

京都タカシマヤ

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「西利」の新ブランド「発酵生活」

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店ご紹介のエリーでございます。

mainvisual_HAKKOSEIKATSU.jp

■ 2月8日、京都タカシマヤ地下1階にオープンした「発酵生活」、お漬物の「西利」さんの新ブランドです。

main_A.jpga

■ ヴィジュアルイメージがひどくきれいなのです。

IMG_0976.jpga

■ お漬物をアレンジしたお惣菜があるのかなと思っていたら大違いで、すてきな「精進デリ」(正式にはSHOJIN DE-LI/SAL-AD)やらベジチップス&ドライフルーツの「AS-SORT」やら、そして西利さんが20年以上前から漬物に取り入れてきたラブレ乳酸菌の調味料「DRESS-ING」といった、すごく構築的なラインナップでした。

IMG_0972.jpga IMG_0974.jpga IMG_0984.jpga

■ すでにだいぶ品薄になっていた初日の夕方、それでも精進デリのお惣菜3つを選んで買ってみました。大原千鶴さんや松永智美さん、そして「木乃婦」の髙橋拓児さんといった錚々たる方々がレシピ開発されています。

IMG_0979.jpga

■ きれいなので撮らせてもらった「野菜のガトー」は、フランス料理の唐渡泰さんによるものです。

IMG_0983.jpga

■ これも「ラブレ乳酸菌 新感覚 SHOJINデリ」コレクションのひとつでした。華やかでいいですね。

IMG_0993.jpga IMG_0994.jpga IMG_0996.jpga

■ 今回購入したのは以上の3種類です。すべて食べ慣れた素材ながら、ココナッツカレー風味が楽しかったり、焚き合わせになごんだりして、なかなか新しい食体験でした。ごぼうと胡桃は、お菓子並みに甘いですが、メイプルシロップの風味が豊かでやみつきの味。

IMG_0966.jpga■ 次回は乳酸菌調味料をいただいてみたいと思います。
これをかけさえすれば、たとえば肉でも乳酸菌摂取しながら食べられるわけです(^o^)(^o^)/

また伺います。

京都タカシマヤ

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ クラブエリーお寿司会@「水暉」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

2月8日(水)お昼、クラブエリーお寿司会やりました\(^o^)/\(^o^)/

IMG_0865●お世話になったのはザ・リッツ・カールトン京都「水暉」さんです。カウンターを貸切で、テーブル席も使わせていただきました。

IMG_0998.jpga●こんな献立でした。
IMG_0864.jpga IMG_0870.jpga IMG_0882.jpga IMG_0887.jpga IMG_0892.jpga

●お寿司は以上のような感じでした。他に先付2皿、白子蒸し、赤出汁などが供されました。

IMG_0896.jpga

●部門シェフの女性寿司職人、射場智左季ちゃんががんばってくれました。かわいい、かっちょいい智左季ちゃんです。

IMG_0885.jpga

●テーブルにも来て、のどぐろマスカルポーネのせに「焼きを入れる」ww デモンストレーションをしてくれました。

IMG_0907

●デセールはこんな。ピエール・エルメ・パリのいちごを使ったアシエットデセールです。

IMG_0873.jpga IMG_0877.jpga

●智左季ちゃん大活躍の向こうでは、三浦劇場が繰り広げられていました。カウンターのこちらとあちらではすごーく距離がありましたが、どの席の方も楽しんでいただけたと思います。
IMG_0915.jpga

●料理長の三浦さんから、最後にひとりずつにすてきなプレゼントがありました。

IMG_0917.jpga

よろこんぶだって\(^o^)/\(^o^)/

IMG_0866 IMG_0867
■「水暉」の皆さま、手厚くもてなしていただきまして御礼申し上げます。

参加者の皆さまもありがとうございました。

またザ・リッツ・カールトン京都さんでクラブエリーを、の声多数でしたので、また考えますー!\(^o^)/\(^o^)/

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 新しい割烹「御幸町 田がわ」

■全国100万人の読者の皆さま、新店ご紹介のエリーでございます。

2017年2月7日オープンした割烹の「御幸町 田がわ」さんに、開店の本日にお邪魔してきました。

すごくよかったー\(^o^)/\(^o^)/
麻布十番「幸村」さんなどで修業された田川喜章さんのお店で、今のところ夜のみ営業、カウンター12席。
1コースのみで13000円、税とサ5%別途です。
*****************
●柚子釜に、雲子すり流し。中に百合根、銀杏、帆立、海老。上にあさつきとにんじん。
●あおさ海苔で和えた蕎麦、上にうにとわさび。
●お椀は蟹しんじょう
●八寸は、
・長野の天然の鮭の小袖寿司
・一夜干しいわしの幽庵焼き、下に帆立貝柱のだしで炊いた大豆。
・たたき長芋といくら
・炊いてから揚げた海老芋、治部煮にした合鴨、くわいチップ
・堀川ごぼうの半ばり。あん、このこ。
●お造りには、土佐醤油、煎り酒、ぽん酢が添えられました。
●お造りは、ひらめ、えんがわ、まぐろ、たいらぎ貝炙り
あしらいに、わさび、辛味大根おろし、梅寒天、海苔寒天。
●もろこ炭火焼き
●栃木の黒毛和牛A5ランプ肉炭火焼き
●冷やし鉢で、水菜、とり貝の炙り、黄味酢、土佐酢ジュレ
●だしに浸ったぶり大根の小鍋仕立て
●うすいえんどう豆ご飯
●焼きおにぎりお茶漬け
●温製デセールで、洋梨、いちご、ブルーベリーに、和三盆のブランマンジェ
*****************
IMG_0754.jpga

●夷川通御幸町西入ル北側。お花がたくさん飾られていて、場所はすぐにわかります。

IMG_0763.jpga

●紫蘇入りのお湯で迎えられてほっとします。

IMG_0764.jpga IMG_0768.jpga

●ひと皿め、柚子釜に、雲子すり流し。中に百合根、銀杏、帆立、海老。上にあさつきとにんじん。

IMG_0773.jpga

●あおさ海苔で和えた蕎麦、上にうにとわさび。

IMG_0776.jpga

●店主はこの方、田川喜章(よしあき)さんです。麻布十番の「幸村」さんや「祇園丸山」さんで修業してこられた方です。

IMG_0778.jpga IMG_0780.jpga

●お椀は蟹しんじょう

IMG_0784.jpga IMG_0787.jpga

●八寸です。

IMG_0788.jpga

・炊いてから揚げた海老芋、治部煮にした合鴨、くわいチップ

IMG_0790.jpga

・堀川ごぼうの半ばり。あん、このこ。

IMG_0791.jpga

・たたき長芋といくら

IMG_0792.jpga

・一夜干しいわしの幽庵焼き、下に帆立貝柱のだしで炊いた大豆。

IMG_0793.jpga

・長野の天然の鮭の小袖寿司

IMG_0794.jpga

●お造りには、土佐醤油、煎り酒、ぽん酢が添えられました。

IMG_0796.jpga

●お造りは、ひらめ、えんがわ、まぐろ、たいらぎ貝炙り(これは2名分です)
あしらいに、わさび、辛味大根おろし、梅寒天、海苔寒天。

IMG_0803.jpga IMG_0802.jpga

IMG_0807.jpga

●焼物は炭台で。

IMG_0810.jpga

●もろこ炭火焼き

IMG_0814.jpga

●栃木の黒毛和牛A5ランプ肉炭火焼き

IMG_0819.jpga

●冷やし鉢で、水菜、とり貝の炙り、黄味酢、土佐酢ジュレ
IMG_0824.jpga IMG_0822.jpga

●だしに浸ったぶり大根の小鍋仕立て
IMG_0830.jpga IMG_0833.jpga IMG_0835.jpga

●うすいえんどう豆ご飯
IMG_0829.jpga IMG_0837.jpga

●なんとダブルご飯で、焼きおにぎりのお茶漬け。
IMG_0841.jpga IMG_0843.jpga

●温製デセールで、洋梨、いちご、ブルーベリーに、冷たい和三盆のブランマンジェを上から。

IMG_0851.jpga

●うすいえんどう豆のご飯をおにぎりにして持たせてくださいました。(これは2名分。)

とてもよかった、おいしかったー☆☆☆

さっそくいろいろお願いごとをしてきました。

皆さんどうぞお楽しみに♪

IMG_0757.jpga

*****************
「御幸町 田がわ」 電話 075-708-5936
京都市中京区夷川通御幸町西入ル北側
18:00~20:30入店 不定休
カウンター12席 全席禁煙
★靴を脱いで上る、座敷掘りごたつ式カウンターです。
要予約
2017年2月7日開店
コース13000円(税とサ5%別途)
*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 掲載誌のお知らせ:ミセス 2017年3月号

■ 全国100万人の読者の皆さま、掲載誌お知らせのエリーでございます。
発売中のミセス 2017年3月号です。

91tBuq4lYmL■ お店ご紹介ページでは「西洋酒樓 六堀」さんに出ていただいています。

おいしいお店です。オムライスやカレーのようななじみの料理が、目を剥くほどおいしいのです。( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

皆さまどうぞミセス 2017年3月号をお買い上げの上、ご覧くださいませ<(_ _)>

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「オカフェ キョウト」Okaffe Kyotoへ

■ 全国100万人の読者の皆さま、新しいカフェで楽しんだエリーでございます。アップできていなかった写真で、1月の4週目のある日の夕方伺いました。

IMG_0070.jpga

●「オカフェ キョウト」Okaffe Kyoto、2016年11月にオープン。綾小路、高倉と東洞院の間にあります。ちょっと路地を下がりますが、この看板が綾小路からも見えますから、すぐにわかります。

IMG_0094.jpga

●カップにもこの図柄。「オカフェ」って、(わたしはじぇったいに言わないが)「おビール」の「お」みたいな感じ?と思っていたけれど違いましたww

店主である岡田章宏さんの名前とカフェを掛けたものだったのですね。このシルエットも岡田さんの姿だそうです。

キャラクター明確な方で、ファンが多くてめちゃくちゃに賑わっていました。

IMG_0096.jpga

●綾小路の、実はよくよく通るところです。前を通りかかっては店頭の写真でこれを見て興味をそそられて、一度食べたかったのです・・・「パンどら」だって。500円で2種類あります。

IMG_0103.jpga

●粒あんと、

IMG_0108.jpga

●白あん。わたしは圧倒的に白あんが好きでしたが、粒あんもおいしかった・・・
あんは、「亀屋良長」さん製、外側は、「kashiya」さん監修で、「オカフェ」さんで焼いています。

IMG_0100.jpga●ほんわか柔らかで香りよく、ほどよくお腹がふくれる楽しいおやつ。気に入りました。カフェとも合うからおもしろい(^o^)

カフェは、ダンディブレンドとパーティーブレンドと2種類ありましたが、「深煎りで、濃いの~~!」とお願いしました。ダンディの方。

とにかくわたし、薄い、酸味の強いカフェは全く合わないのです。今回いただいたこのカフェは好きでした。

●軽食がメニューにありましたから、また食べに行ってみようかしらん。

カウンター7席、ソファ4席、テーブル12席で、趣味のいい店内でした。

*****************

追記です。また何度か伺いました。

●ほんとこの「オカフェ」おもしろすぎると思います。

IMG_3617

●ある日はこんな姿で、

IMG_0080

●またある日はこんな姿で。

ぬけぬけと「自分は男前」「かっこいい」「モテモテ」「イケメン」と言ってはばからず、カウンターとテーブル、すべての席から自分の姿が見える店作りをした、自分に光が当たるライティングにしてもらった、自分が抽出するシルエットが看板・・・と、まあこれだけ自信に満ちて、口がまわってしゃべれるのは格別の才能です。すごい芸!!

わたしはカウンターにお邪魔して以来、カフェや「パンどら」よりも、この人のしゃべりがおもしろくて笑い続け、味の印象も吹き飛ぶようになってしまいました( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

IMG_0061.jpga IMG_0072.jpga

●ある日カプチーノを注文。この富士山模様、受賞作ということです。

IMG_0063.jpga

●「どうだーーーー!?」とお得意のポーズ。

IMG_0077

●富士山を丁寧にすくっていただきました<(_ _)><(_ _)>

オカフェ キョウト
11:00~20:30LO 火曜休み

全席禁煙

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 禁煙になった「フランソア喫茶室」追記あり

■ 全国100万人の読者の皆さま、とても喜んでいるエリーでございます。

IMG_0613.jpga■ 西木屋町通四条下ル、独自のレトロ・ゴージャス感が魅力の「フランソア喫茶室」さん(1934年開店)が、昨年10月から全席禁煙になっていました\(^o^)/\(^o^)/
このこと、わたしは全く知らなくて(何度も前を通っていたはずなのに)、京都に週末滞在した東京の友人夫妻から教えてもらって知ったのでした( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
■ さっそく出かけてみたら、ほんとあれほどケムケムだったところが嘘のようにケムリなしの快適なお店になっており、夜は変わらず23時まで営業だし、これはとても利用できますから大喜びです。
何よりパティスリの種類が多くておいしいこと\(^o^)/\(^o^)/
以前「京都の甘いもん」という本でも撮影させていただいていて、おいしいのはわかっているのだけど、奥の禁煙席に行くにもケムリの中を通らねばならず、その禁煙席にもケムリが流れ込んでいて、つらすぎるので足が遠のいていました。
今後またわたし通うと思います。お菓子端から食べたいもの。
ふらきつ と、単語登録もしました。
フランソア喫茶室、とすぐに出るようにww
IMG_0604.jpga■ まずはタルトタタンとカフェのセットです。
カフェはデフォルトで、少し甘めのクリームが入っています。
お菓子とのセットで飲み物は50円引きしてくださいます。
IMG_0592.jpga■ タルトタタン 800円はりんごみっちりびっしり、甘さもわずか控えめで、すごく好みでした。
IMG_0587.jpga■ 今回はショコラのケーキが2つともなかったから、次の楽しみに♪

IMG_0624.jpga■ 全席禁煙の「フランソア喫茶室」さん、すぐまた伺いそうです。

*****************
■ 追記:翌日また伺いました。3代目店主の立野隼夫さんにご挨拶もできて、お話を伺うこともできました。

ショコラかりんごものばかり好んで注文する普段のわたしなら、全く注文しない類のお菓子を今回2品いただき、おいしさに深く感動したのでした。

IMG_0733.jpga●レモンのタルト 450円

IMG_0739.jpga●ドレスデン風チーズケーキ 550円

●飲み物は紅茶 600円と、冬季の名物という、

IMG_0741.jpga●ポートラップ(温ワイン)1100円

オレンジが香りました。

■ お菓子おいしいです。日本でいただく日本の洋菓子です。優しい風味ながらしみじみ深い味、ものすごく心に響きました。

京都中華という感じの、京都洋菓子だと思います。でもかなり本格的で。また伺います。禁煙本当にうれしいです。

「フランソア喫茶室」さん、どうかポイントカードを作ってください\(^o^)/\(^o^)/

*****************

追記その2

また伺って、アップルケーキ 700円をいただきました。

これは、りんごそのものを味わうタルトタタンとは根本的に違って、アーモンドプードルがたっぷり入ったケーキ生地を楽しむものでした。リッチなバターケーキという感じかしらん。りんごは風味添えという感じ。そしてアプリコットのナパージュというか、それよりもっと厚い層でアプリコットジュレがかかっています。

IMG_0925.jpga

●紅茶とセットにしていただいたアップルケーキ 700円です。

IMG_0928.jpga

●りんごはそんなにたくさん入っていません。むしろ濃厚な生地を楽しむためのケーキです。

生菓子の中では、これが最新作だそうです。

*****************

追起その3

IMG_1265.jpga

●2月3週目の平日のある夜、20:30頃、軽食をいただいてみることにしました。チーズトースト 750円、カフェ(か紅茶)とセットにすると合計から50円引きしてくださいます。
パンが、かなーーりぶ厚いです。

IMG_1262.jpga

●トースト類には小さなサラダが付きます。

IMG_1270.jpgAブランディーケーキ(ナポレオン) 500円。ひたひたひたです。

*****************

追記その4

●3月半ばに、洋梨のタルト 500円

*****************

「フランソア喫茶室」 電話 075-351-4042
〒600-8019 京都市下京区船頭町184
(京都市下京区西木屋町通四条下ル西側)
10:00~23:00閉店
(サンドイッチとトースト類は22:00LO、ケーキとドリンク類は22:50LO)
無休(12月31~1月2日と、夏季休暇2日間を除く)
テーブル80席
昭和9年(1934年)開店

*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「ビストロ スリージェ」でご機嫌のディネ

■ 全国100万人の読者の皆さま、ずっとこちらに伺いたく思っていたエリーでございます。

IMG_0531.jpga

■ わりと最近のある晩、出町柳駅近くの、「ビストロ スリージェ」さんへ。みなちゃん=浦沢美奈さん@「プーゼ」と共に。

昨年出かけた「レストラン スリージェ」がとてもよくて、久しぶりに「ビストロ スリージェ」さんにも伺いたいと思っていたのでした。
■ 以下、前菜3皿を半々に分けてちょうどよかったのでした。ひと皿がフランス並みに大盛りだから。メインは鴨コン=本当に好きな鴨のコンフィです♪
IMG_0537.jpga

●黄にんじんのスープ

IMG_0543.jpga

●大原産ポワローのブイヨンジュレ寄せ、野生クレソンサラダ添えIMG_0547.jpga

●自家製スモークサーモンのサラダ

IMG_0551.jpga

●メイン料理に鴨のコンフィです。

わたし本当に鴨コン好きです(^o^)/

IMG_0553.jpga

●下にたっぷりシュークルートのキャベツ。この組み合わせ好きでした。
IMG_0554.jpga●さてデセールは・・・選択肢が多くて、選ぶ楽しみがあります(^o^)

IMG_0562.jpga

●わたしが選ぶのはショコラかりんごのお菓子とほぼ決まっています。これはタルトタタン。とろりと舌ざわりなめらかで、理想的なタルトタタンでした。
IMG_0565.jpga

●最後にカフェオレ。エスプレッソをきゅっと飲むのも好きだけど、牛乳入りのカフェをざぶざぶと飲むのもまた幸せで。朝昼晩関係なく家にいる/外に出ているに関係なく、わたしはカフェオレを好んで飲みます。

■ 美奈ちゃんとたーくさん話して、驚いたり納得したりしみじみしたり。まー人生いろいろあるよね、というまとめで落ち着いたのだけど、デジタルカメラに関していまだに逡巡の中にいるわたし、美奈ちゃんもレンズに関して、そんな過程があったのかー、というような話もあり、何でも話してみるもんだと思ったのでした。話せる友人ものすごく大切。
ビストロ スリージェ」さん、すべて申し分なくおいしくてくつろげてよかったです。また伺いたいと思います。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「亀屋良長」の「ほのほの」

■ 全国100万人の読者の皆さま、引き続きショコラ好きエリーでございます。

4T8A9320.jpga

■ 最近おいしーい、と思ったショコラ菓子にこういうのもあって、「亀屋良長」さんの「ほのほの」です。
フランス菓子で修業を重ねて和菓子に転じた藤田怜美さんの、Satomi Fujita by KAMEYA YOSHINAGA ブランド。
季節限定の「黒糖ショコラ」です。(3月末まで販売。プレーンは通年販売。)
餡とカカオと黒糖でこんなに深みのあるおいしさが実現するのだー、と驚きます。トッピングには、「Dari K」さんのカカオ豆を砕いたもの。
■ どうやってこれらユニークなお菓子が生まれたかのエピソードも「亀屋良長」さんウエブサイトにあっておもしろいです。
こういうストーリーがあると必ず読んでしまうし、そうすると当然食べたくなるしで、「SOU・SOU」さんのお菓子の仕事は終わったけれど、「亀屋良長」さんのお菓子をわたしますます好きになっています☆☆☆

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「クラウス」のショコラ生菓子

■ 全国100万人の読者の皆さま、もともとコンスタントにショコラを賞味するエリーでございます。ヴァレンタイン時期であるかどうかなどは関係ありません。愛想なしでごめん。でも365日ショコラ愛に満ちているわけです♪

先日のある午後、丸太町通川端東入ル南側の「クラウス」さんで、生菓子を2種類購入。クラウス初出記事こちら。

4T8A9326.jpga 4T8A9335.jpga

●ラ・グランド・シャルトリューズ 583円。
ヴェネズエラ産 70%のショコラのムース
中にバジルとシャルトリューズのクリーム、
底にガトーショコラのスポンジ。
シャルトリューズが香り立ちます。

4T8A9332.jpga

●響(ひびき) 691円。
ザッハトルテ風スポンジ、中ほどに1層ブラッドピーチのジュレ、響17年のガナッシュ(ヴェネズエラ産 73.5%)
響17年がたっぷり入っています。たまらなく美味。
IMG_0362

■ ふわ~とお酒が香り、濃厚なショコラの香味を際立てていました。いずれも、ほんとーーーにおいしいと思いながら一気食べしました。

**********************************
「KLaus クラウス」 電話 075-751-5170
京都市左京区丸太町通川端東入ル南側(東丸太町15-1)
メゾンボンジュール1階
2016年3月30日開店
販売のみ、サロンなし。
**********************************

2017年2月は平日11:30~23:00、土日祝14:00~23:00の営業、
毎週水曜日がお休みです。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「鮨 仙太」の巻き寿司おいし\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、恵方巻きってこんなに普及してしまったのかと驚いているエリーでございます。季節の行事にいつもわりと冷めているわたしなんだけど(ごめん)、おいしいものは好きよ♪ というわけで、高辻通の「鮨 仙太」さんに「恵方巻き」をいただきに。

IMG_0449.jpga

●予約制で、18:30までピックアップ可能でした。これ18時前の時点です。まだまだずらーっとありました。そして、続々とお客さまが取りにいらっしゃいました。

本当に人気の「鮨 仙太」さん、今年は750本ほど作られたとかww

IMG_0451.jpga

●仙太さんでよく使われているモチーフである鯉があしらわれた掛け紙です。マッカです。そしてその鯉は、マンガのようにお目めパッチリです。

IMG_0515.jpga

●頭いい(^o^)(^o^) 2月3日に作るお寿司に特化したものだから、賞味期限をこうして印刷してしまえるわけね(^o^)(^o^)/

IMG_0458

●「恵方巻き」という慣習がどうあろうと、わたしは巻き寿司はぜったいちゃんと切って、断面を見ながら食べたいと思います。

・・・というわたしの好みを憶えていてくださった店主の土子亮二さん、こうして切ってくださいました<(_ _)><(_ _)>

撮影してから包んでもらって持ち帰りました。1本850円です。その価値十分にありますー!

IMG_0519.jpga

●持って帰ってから、一応ライティングして再び撮影。笑。

具材たっぷりで、食べごたえがありました。

とびこ、胡麻、海老、うなぎ、きゅうり、椎茸、かんぴょう、たくあん、玉子。

三つ葉入れるのはやめたんだって。

「鮨 仙太」さん、また伺います(^o^)/

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「よ~いドン!・おすすめ3」の収録

■ 全国100万人の読者の皆さま、夕方、TVの収録をしていただいたエリーでございます。いつものカンテレ「よ~いドン!・おすすめ3」です。

2月10日放送分です。

IMG_0431.jpga

●肩にかけているのは「SOU・SOU」さんの手ぬぐいの「花札」を、くびまきの長さに作ってもらったものです。

98018563.jpga

●色とりどり、図柄もいろいろで、ほんとかわいい、明るい\(^o^)/\(^o^)/  手ぬぐいコレクションどうぞ

IMG_0442.jpga●大阪から収録に来てくださる皆さま、いつもありがとうございます\(^o^)/\(^o^)/ ディレクター・ともみちゃん=松村知扇ちゃん、頼もしいです☆☆☆

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 新刊、本日発売です\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、新刊お知らせのエリーでございます。

SOU・SOU+obi

SOU・SOU  京菓子あそび 和菓子になったテキスタイルデザイン
世界文化社、1.2 x 14.8 x 1.4 cm、176ページ

2017年2月3日発売 2160円
■ 12か月のお菓子再現×6年分(=72菓子)の撮り下ろしに、それまでの2年分も記録写真で収録。

■ 巻末の座談会はSOU・SOUの「在釜」や「しつらい」が好きだった方々必読のページです。なぜこのようなお菓子が生まれたのか、エピソードがいろいろ。

座談会やりながら、皆さんの話がおもしろくてしょうがなくてずっとゲラゲラ笑っていたので、原稿の5行おきくらいに忠実に「(笑)」と入れてたら、編集担当者の川崎阿久里さんに「(笑)が多過ぎます。減らすように」と言われたほどでした。笑。(←また笑!)

笑いって連鎖するんですってば(^o^)(^o^)

■ 撮影の様子は今までにも、こんなんとかこんな風にも、上げていますが、また秘蔵の写真出しますー。

■ 楽しくておもしろくて、それでいておいしくて、「SOU・SOU」の「しつらい」、「在釜」と数年にわたって毎月通い続けましたが、全く思いがけず、今回こうして1冊にまとまって本当にうれしいです。

「SOU・SOU」目ピカ社長=若林剛之さん、橋本真紀さん、「亀屋良長」吉村良和さん、由依子さん、世界文化社の川崎阿久里さん、カメラマンの工藤雅夫さんに御礼申し上げます。

阿久里さんは撮影が終わる頃にはSOU・SOUの服を着ていらしたし、工藤さんはスマフォのケースが赤猿文様になってました\(^o^)/\(^o^)/

■ かわいい図柄においしそうなお菓子(実際に本当においしい)のヴィジュアルで、幸せな気分になれる本です。

皆さまどうか買ってください、楽しんでください\(^o^)/\(^o^)/

SOU・SOU  京菓子あそび 和菓子になったテキスタイルデザイン
世界文化社 176ページ 2160円

よろしくお願いいたします。<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ NHK文化センター講座@「はふう聖護院」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。NHK文化センターの第1木曜講座、今月は「はふう聖護院」さんにお願いしました。

IMG_0318

●こんなスペシャルメニューを組んでいただきました。

IMG_0311 IMG_0315.jpga

●アミューズにカレーパン。

IMG_0310

●1ドリンクつけていただきますが、わたしは大抵ペリエか、このようにサンペレグリーノなどの発泡水です。

IMG_0325.jpga

●極上肉の炙り焼き

IMG_0323

●添えられるのが、にんにく醤油、ぽん酢、白味噌ぽん酢。

IMG_0330.jpga

●ビーフシチューのココット

IMG_0335 IMG_0339

●金時にんじんのクリームスープ

 

IMG_0340●野菜サラダがたっぷりと。

IMG_0349.jpga

●サーロインかフィレを選択できます。もちろんフィレです。中を少しレアに残しておいてもらうくらいが好きです。

IMG_0356

●デセール盛りはいろいろーな内容です。となりに座られた方のものです。

IMG_0361

●「はふう聖護院」さん、お世話になりました。皆さまに御礼申し上げます。

今月第3金曜、またクラブエリーで伺います(^o^)/

2月17日(金)お昼、キャンセルがあり空席が出ていますので、参加ご希望の方はどうぞご連絡くださいませ。

肉好きにはたまらなく魅力的なお店です。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ グラティネ@「ブション」

■ 全国100万人の読者の皆さま、これが食べたかったエリーでございます。

この冬まだ食べられていなかったから。

少し前のある夜、寺町二条の「ブション」さんで、

IMG_0285.jpga

●グラティネ=オニオングラタンスープです。

IMG_0299.jpga●テーブルで卵を混ぜ込み、胡椒をかけてくださいます。

IMG_0290 IMG_0293●そのサーヴィスをしてくれるのは玉ちゃん=玉田裕一さんです。

遅めの訪問をしたこの夜、すでに1回転した後で、店内は(珍しく)ゆったりしていました。

IMG_0300.jpga●2皿目に、温製ソーセージ レンズ豆添えを選択。
これは前菜のお皿なのですが、わたしにはほどよい量で、楽ちんなディネでした。食後のデセールは、
IMG_0308.jpga●焼きりんご(Pomme bonne femme)です\(^o^)/\(^o^)/
紅玉をじわーっとオーヴン焼きしたもので、熱々ほかほか。上にのせるアイスクリームは少量でとお願いしました。
飲み物は、さぶかったのでペリエではなく、初めからヴェルヴェーヌのアンフュージョンをいただきました。

IMG_0304IMG_0305 ●味見させてもらったタルトポム。サクサクサクで、薄切りのりんごが折り重なった部分はほどよい酸味と甘味、理想的においしい☆☆☆ これ定番にしてくださいませ。
■ この日は本当にラッキーにも、(約束して出かけたわけではないのに)、店主の松井知之さん&智恵子さんからパリとリヨンの話をたっぷり聞かせてもらえました。それがフランスへの愛にあふれていて心に響き、お料理がおいしかった上に、幸せな気分になりました。
自然と次のわたしのパリ滞在の予定もだいぶできました(^o^)/
ブション」に行ってよかったー! ラッキーでした。(^o^)(^o^)

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「点邑」のお昼の天ぷら定食

■ 全国100万人の読者の皆さま、1月の終わりのわりと最近のあるお昼、「点邑」さんに出かけたエリーでございます。
昼点心・・・「天ぷら定食」という名称ではないけれど、揚げたての季節の天ぷらをひと皿に盛り込んで、ご飯とお椀と香の物付きで出してくださる形です。

以下3800円(+税)です。さくさくしっとりの天ぷらをおいしい、おいしいと思っていただいてきました。
■ 天ぷらの前に供されるお料理は3皿です。
IMG_0206.jpga●赤貝とわけぎのぬた
IMG_0205.jpga IMG_0208.jpga●ひらめ薄造り
IMG_0211.jpga●牛すじ肉と、野菜の焚き合わせ。

以下天ぷらが盛り込みで。一品ずつもいいけれど、さっさか食べられるこの盛り込みスタイルもわたし大好きです。

IMG_0217.jpga●天ぷらは、

海老/ねぎ/くわいの芽/くわいをすりおろしたもの/ふきのとう/はぜ/もろこ/れんこん/さつま芋/湯葉。

いつものものに、少しオプションつけていただいています。

IMG_0230.jpga●ちょっとよく見えるように。
IMG_0229.jpga●ご飯セットです。
IMG_0233.jpga●食後の甘味も粋で、器もシックです。
いつもながら、何もかもが美味で上質、しばしゆったりしたお昼でした。

料理長の小林紀之さんとマダムの由紀さんの優しいもてなしに心がなごみ、幸せな気分いっぱいになりました。

IMG_0237.jpga●「点邑」さん、また伺います。

**********************************
「点邑」(てんゆう) 電話 075-212-7778
京都市中京区麩屋町通三条上ル西側
11:30~13:30、17:30~21:00
1階2部屋(最大8名/最大4名)2階がカウンター10席
全席禁煙
1994年5月20日開店、2015年9月18日移転開店
**********************************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************