■「研野」クラブエリー2023年4月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

●圧倒的人気の日本料理 研野さん、4月もよくやってくださいました。

春の食材たっぷりで喜びました。
どうもありがとう(^o^)(^o^)/ 続きを読む

■「エトラ」新しくなったブランチ 追記あり

■ 全国100万人の読者の皆さま、冷泉通の「ETRA エトラ」さんが大好きなエリーでございます。

前回ブランチスタートの初日にいただいた時から内容も時間帯も変わり、今やブランチは終日いただけるようになりました。(9時~16時半LO)
ブランチプレート 1700円。飲み物は別途です。わたしはホットジンジャーを選択。
これはフレンチトーストかワッフルの選択のところを、2名だったのでシェアして両方いただいた之図です。
甘いものと塩気のものと両方食べられてよかった、おいしかったー\(^o^)/\(^o^)/

●たまごも添えられます。舞鶴の濃厚な卵黄のたまごは、ほんと味濃くて旨。

●ブランチのメニューはこんな。

●ショコラのカヌレも登場していました。次回いただきます(^o^)

●気持ちいーい「ETRA エトラ」さんテラス開放営業\(^o^)/\(^o^)/

寒くなくて、暑過ぎず、ほんのしばしのいい季節です。お休みのブランチに、お茶時間にぜひ(^o^)/

わたしもまた伺います(^o^)

次はブレッド&スープのプレートをいただきます。

*****************
■ 追記です。
*****************

●日をおかずいただいてきました、ブレッド&スープのブランチプレート 1700円です。

たまごの後に、こんな風に供されました。

サラダにヴィネグレットソースはハニーマスタード。「フリップアップ」さんの胚芽パンに、「エトラ」さん自家製のコーンブレッド。

見えていないけれど、ドライフルーツのコンフィチュール、クミンとサフランの香りが粋ですばらしかった(^o^)/

別皿にベーコンとチョリソーとサルシッチャ。

●スープは温製で春キャベツと新じゃが。スープというよりピュレ状態に濃厚で、ほんとーーにおいしかったです(^o^)/☆☆☆

飲み物は別途注文で、前回と同様にホットジンジャーを選択。

しばし幸せなブランチタイムでした。

ETRA エトラ」さん、また伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ ブルーベリー菓子をめぐる冒険

■ 全国100万人の読者の皆さま、ブルーベリー菓子やパンをめぐる冒険の日々だったエリーでございます。

●これのせいです(^o^)

村上春樹さんの新刊「街とその不確かな壁」を読みながら、どうしようもなくブルーベリーマフィンが食べたくなって、目についたら即買って、以下のような感じ。どれもおいしく味わいましたが、しかし、「わたしにとっての決定版」にはまだ出会えていません。
*****************
●「THE CITY BAKERY」さんで、ブルーベリーコーンマフィン 345円
●「ナカムラジェネラルストア」さんで、ブルーベリークリームチーズスコーン 350円
●大丸地下のパン売り場で、ブルーベリー&チーズクリームのパン 259円

*****************

●大丸地下の「THE CITY BAKERY」さんで、ブルーベリーコーンマフィン 345円

*****************

●押小路通室町西入ルの「ナカムラジェネラルストア」さんで、ブルーベリークリームチーズスコーン 350円

*****************

●大丸地下のパン売り場の「PAUL BOCUSE」で、ブルーベリー&チーズクリームのパン 259円

*****************

●「よいだー」さん(正式店名「ワルダー」さん)で3月から販売されているブルーベリーパイ 356円。

これは今回のブルーベリーマフィン騒ぎ以前に味わったものです。

*****************

●これ、このパンが今回の騒ぎの中でいちばん印象深かったものです。

ぱんだよりノドカ」さんの、
ブルーベリーとクリームチーズ、260円。
パンのセレクトショップ「京都プルミエベーカリー」さんで。
生地はもちもち、ブルーベリーとクリームチーズのバランスもよくて、これまたいただきたいです。

リピート確実度★★★

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「浦沢美奈 花の写真展」

■ 全国100万人の読者の皆さま、みなちゃん=「プーゼ」の、現在開催中、

浦沢美奈 花の写真展

に出かけてきたエリーでございます。

浦沢美奈さんによるお花アレンジメント+撮影の写真展です。

●夢のようにきれいでした、よかったー\(^o^)/\(^o^)/
会場はONE AND ONLYさん、
中京区室町通り、蛸薬師上る西側。
5月1日(月)まで。入場無料です。
11時~19時、最終日は17時まで。

●1階です。

●2階に美奈ちゃんいましたー\(^o^)/\(^o^)/

すべてはお花のため、自身はいつも黒の装いです。

プーゼ」さんのお花の美しさを写真で存分に楽しめました。

また美奈ちゃんにお花をお願いしたいと思います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「ブレッツカフェ クレープリー京都店」で京野菜のガレット

■ 全国100万人の読者の皆さま、一昨年、三条通から若王子町(哲学の道の南側起点ごく近く)に移転した、
ブレッツカフェ クレープリー京都店」さんに伺ったエリーでございます。
BREIZH CAFÉ CRÊPERIE KYOTO

●京野菜のガレット 1680円。長岡京の筍と、伏見の野菜農家木下さんからの「京ラフラン」という茎がアスパラガス、葉がほうれん草のような野菜のガレット。+ジャンボンブランとフロマージュ、たまご。 続きを読む

■ 映画「午前4時にパリの夜は明ける」

■ 全国100万人の読者の皆さま、つとめて映画館で映画を見ている昨今のエリーでございます。

●アップリンク京都、新風館で現在上映中の、
午前4時にパリの夜は明ける公式サイトこれ
Les Passagers de la Nuit

ミカエル・アース監督

2022年 フランス 111分

日本語字幕:高部義之

よかった\(^o^)/
よかった\(^o^)/
起承転結がはっきりした映画ではありません。
1981年、ミッテラン勝利の日から7年間、パリで暮らすある家族とその周辺の人々の生活や生き方が描かれたもの。
●エリック・ロメールやジャック・リヴェットへの尊敬にあふれていて、ちょっと粒子の荒れたような画面も、作中で登場する「満月の夜」(わたし20回は見た映画です)のシーンをそのまま再現したような、バイクふたり乗りでパリを駆け抜けるシーンも、ああもうよかったよかった(T_T)(T_T)
●シャルロット・ゲンズブールといえば、その後の出演作もいくつも見ているというのに、どうしても「なまいきシャルロット」「小さな泥棒」などのイメージで固定されてしまってそこから更新できなかったのだけど、シャルロットも今や50歳、よい女優さんになったなあとしみじみ思えました。
●ラジオキャスターを演じたエマニュエル・ベアールが、そうかこんな役回りなのか、今までと違うなあと思いました。存在感ありました。

わたしにとってのエマニュエル・ベアールとはクロード・ベリ監督の「愛と宿命の泉」に始まって、「フランスの女」や「8人の女たち」などもありますが、極めつけはクロード・ソーテの「Nelly et Monsieur Arnaud」(日本語タイトル「とまどい」)「Un coeur en hiver」(日本語タイトル「愛を弾く女」)だと思っています。

●よかったー、と思いつつ、しかし、登場人物の誰もがタバコ吸い過ぎる( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) 画面で見てもタバコのケムリは気持ち悪い(*_*)(*_*)
●と言いつつ、これはamazonで配信になったら再び見たいです。必ず見ます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「Salon de thé Mercredi(メルクルディ)」初訪問

■ 全国100万人の読者の皆さま、新しいお店、すてきな店主さんに会えて、うれしい思いでいっぱいになったエリーでございます。

哲学の道に4月1日オープン、
Salon de thé Mercredi(メルクルディ)」さん。
店主のRégis Demanet さん、とてもSympaな、感じのいい方です(^o^)/

こちらを開店される前は、ザ・リッツ・カールトン京都の「ピエール・エルメ」にいらしたと。その前にはホテルニューオータニなどでも修業されていて、日本語も上手に話されます。 続きを読む

■「観山」クラブエリー第3金曜 2023年4月

■全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

おなじみ「観山」さんに、クラブエリー4月の第3金曜(定例会)をお願いしました。

●本当にすてきなお料理を出していただきました。
ものすごくものすごくよかったー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

[以下コースから抜粋写真ですが

●「観山」八木一真さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました<(_ _)>
参加者の皆さんにも御礼申し上げます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「割烹 野呂」クラブエリー2023年4月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

リストランテ 野呂」のろっち=野呂和美さん、ビストロ料理もしてくれるし、クラブエリーでは割烹です\(^o^)/
4月20日、クラブエリースペシャル@「割烹 野呂」、
冗談から始まって、コスチュームまで作ってしまった年に何度かの割烹ヴァージョンです(^o^)
ああおもしろかった、おいしかった\(^o^)/\(^o^)/

(わたしは訪問306回目。)

●コースの最後、〆ものに、まずスパゲッティ。
そして召し上がってもお持ち帰りでもお好きに、ということで、
ちらし寿司を出してくれました\(^o^)/\(^o^)/
皆さんおみやげになさいました。
彩り美しく、おいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

さてコースの内容は・・・
続きを読む

■ カテーテル手術の報告です

■ 全国100万人の読者の皆さま、報告が遅くなりましたが、4月22日(土)、心斎橋のオクノクリニックさんで、肩のカテーテル手術をしてもらってきました。
痛い話ですから、おいしいものの写真と共にアップします。
●「圓融菴 小林」さんの天丼、最新春ヴァージョン。
海老3尾のうしろに筍なんかも控えています。
ほんとーにおいしかった(^o^)☆☆☆
すてきな料理の話は以上ですので、痛い話を避けたい方は、どうぞここまでで。
以下、手術の報告です。

続きを読む

■ 左肩、カテーテル手術を受ける決断をしました。

■ 全国100万人の読者の皆さま、報告のエリーでございます。

ある仕事がキャンセルになりぽっと空いた時間を絶好のチャンスととらえ、大阪・心斎橋まで血管療法のクリニックに初診に行ってきました。予測通り、わたしの左肩にはもやもや血管がたっぷりあって、それをやっつけるカテーテル手術を受けることを決めてきました。怖がりのわたしには勇気が要ることだし、何より保険のきかない治療で、手術代33万円だって。😱😱😱誰か助けて~😱😱😱 でも何にしても、この痛みの中にとどまっているわけにはいきません。人生の大事な時間を、痛みによってつらいものにされていることが許せん。
*****************
術式 血管塞栓術
病名 外傷性動静脈瘻
*****************
と書いた紙もらってきた( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

続きを読む

■ りすのろでビストロ2 鴨コン☆☆☆

■ 全国100万人の読者の皆さま、前回の「ビストランテ野呂」に続いて、再び「リストランテ 野呂」でビストロ料理を楽しんだエリーでございます。

訪問305回目。

●フランスに行きたくて仕方ない(のに行けない)わたしのために、りすのろ=「リストランテ 野呂」が「ビストランテ野呂」となってビストロ料理をしてあげましょうシリーズその2で、
所望したのは大好き鴨コン、鴨のコンフィです。\(^o^)/\(^o^)/
のろっち=店主の野呂和美さんの最初の修業先、山の上ホテルの(今はなき、懐かしい)「シェヌー」さんで18歳とか19歳でおぼえたルセットだって。外側パリパリ、中はほぐほぐ、味よくしみて、塩加減絶妙に決まり、ほんとーにおいしかった😭😭😭
グラタンドフィノワは二番手のりきが作ってくれました。
忙しいのにスペシャルメニューをしてもらって悪いなーと思いつつ、お客さまが引けた時間帯に出かけて味わいました<(_ _)>
おいしかった、うれしかったー😊😊😊

続きを読む

■ 映画「パリタクシー」

■ 全国100万人の読者の皆さま、先の投稿に続いて映画の話。

読書とAudibleと音楽についで、映画に救われているエリーでございます。

●というわけで見てきましたー、
パリタクシー公式サイトこれ。MOVIX京都で上映中。
Une belle course.
クリスチャン・カリオン監督、2022年 フランス
日本語字幕:星加久実
むー、もっともっとパリのあちこちを巡るロードムーヴィー的な映画かと思っていたら、むしろ92歳の老婦人、マドレーヌのすさまじかった人生を物語る部分が多くて、それがまあ結構痛ましいもので、見ていてつらかった(*_*)(*_*)
免停寸前で金無し、すぐにかっとなる運転手シャルルが、高級な自宅を売り払って高齢者施設へ入るマドレーヌをパリの東側郊外から西側郊外へ送っていくなかで気持ちもほぐれ、心を通わすといういい話ではあります。パリの美しい街並みに、雑な運転の車であふれたカオスのような道あちこち。懐かしい😂😂 確かにパリ好きにはたまらない映画ではあるけれど、わたしがものすごく気になったことは、字幕で2箇所、
●(パルマンティエ通りに)「来れて」よかった。
●(中華料理店で)トイレを「借りれ」ますか?
と、字幕の書き文字が ら抜き言葉 だったこと~~~!!!
( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
字幕には校閲のチェックってないの?まさかそんなことないでしょう。書き言葉まで、こういうのが許される世の中になってしまったのだとしたら、わたしはもう長生きしたくないと思ったあああ😂😂😂
●それと、最後の方はストーリーが読めすぎて、まあ凡庸というか、シャルルが公証人から封筒を渡された時点で、「あ、これ小切手な」とすぐわかったなあ🤣🤣
自宅を売った分の額ということで、冒頭に、出てきた家が映ったのもあれは伏線だったのでした。
しかし偶然の出会いで、はじめは「うるさいなあ(*_*)」と思った老婦人から、シャルルは101万ユーロももらえてよかった。大ラッキー。1日連れ回されて夕食までご馳走してあげたのに、タクシー代を回収できないとなれば見ているこちらもいたたまれないわけで、まあよかったよかったと。
わたしにとってはこの映画は5星満点としたら・・・3という感じでした。
とはいえ主演のリーヌ・ルノーさん、ダニー・ブーンさんの演技は秀逸だったと思う。
リーヌさんの方は現在94歳。まだまだどうぞそのお元気さを保ってお過ごしくださいと思ったのでした<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 映画「ノートルダム 炎の大聖堂」

■ 全国100万人の読者の皆さま、読書とAudibleと音楽についで、映画に救われているエリーでございます。

ひまがなくて、というより料理写真を溜め過ぎているからアップできないでいるのだけれど、映画も見ているんですよっと。

ネットで配信されるものを家で見るのが大半でしたが、しかしこのところ、肩の痛みを少しでも忘れられるか?と思い、大スクリーンで(映画館で)見るのもよかろうと・・・

●というわけで見てきましたー、
ノートルダム 炎の大聖堂公式サイトこれ

Notre-Dame brûle

ジャンジャック・アノー監督、2021年 フランス、イタリア

日本語字幕:宮坂 愛

COCON烏丸、京都シネマで27日まで。
いやもう強烈なリアリティ、2019年4月15日の実際の火災時の映像と、セットで撮影したものを合わせて編集してあるそうなのだけど、よくまあこんなセット作ったなあと(*_*)(*_*)
火災映画で思い出すのは10代の時見た「タワーリングインフェルノ」なんだけど、あれはあくまで他人事というか、ハリウッドの映画として、エンタテインメントとした見たけれど、これは実話である上、パリにある知っている場所だけに、とてつもない価値があるものとわかっているだけに、再建が進んでいる今見ても心が痛みました。消防士さんたち偉かった😭😭文化財を、聖遺物を救い出した人たちも。
*****************
このところ「エッフェル塔」に「ノートルダム」、「パリタクシー」と見事にパリに関する映画続きで、あーたまらない、早く行きたい。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 最近のデスクトップおやつ、3つ+α

■ 全国100万人の読者の皆さま、こまめに楽しみを用意するエリーでございます。

どんなに立てこんでいても身体が痛んでも、まずは旨いものを用意する、そして先の楽しみを確保する周到さは天才的だと思う\(^o^)/

●映画の帰りに、COCON 烏丸1階の「KYOTO 1er BAKERY」さんで買ってきましたー

チキンとじゃがいもたっぷり、トマトクリームソースのデニッシュ。
これおいしかった、また買いに行きます。リピート確実度★★★

●断面です。具材みっちり、あふれるトマト風味のクリームソース。旨旨(T_T)

●これね。クリーミートマトチキンのデニッシュ 440円。

●これはCOCON烏丸の1階のお店。

錦小路通烏丸西入ルの本店の方にも伺ってみます。

*****************

●こちらは以前にもアップしたことのある「よいだー」さんの5種のチーズパン

正式店名は麩屋町通の「ワルダー」さんです。

このまるで火山から溢れ出たような、量感あるチーズの豊かさを見てよ(T_T)(T_T)

やみつき旨いです。リピート確実度★★★★★

*****************

●これはまた違う日に違うお店で見つけたパンオレザン。街なかのお店。パンオレザンを見つけたらとりあえず買うんだけど、これすごくおいしそうに見えるけれど、食べてみたらわたしの好みとは少し違ったかなあ・・・

まあそういうこともあります。

*****************

●これはセブンイレブンさんのお菓子です。新作。

ショコラエクレアってヘンな名前と思うんだけど(^o^) 仕方ないのかな日本では。

エクレール オ ショコラとわたしは呼んでおく(^o^)

●中までみっちりショコラよ。正しいあり方です。感動深かったです。(T_T)(T_T)

旧商品の、中がカスタードクリームのものも好きでした。両方並行して販売されたらいいと思うのだけど、そうはいかないのかな。

いずれにしても、リピート確実度★★★です。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「路地 との本」クラブエリー第2木曜

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

●クラブエリー第2木曜@「路地 との本」 さん、カウンターに10名でお邪魔しました。
厳選の素材を揃えてくださって、それでいて良心的なお値段、
ほんとーにおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●先付にお造りや蒸しものなど4品の後、
メイン料理は近江牛シャトーブリアンのビフカツ、あるいはふかひれの鍋仕立てと選択式で、その後お寿司8貫とたまご。
締めは魚介だしのカレーうどんで、圧倒的な美味につぐ美味のコースをご用意くださいました。
●コースから、とりわけ印象深かったもの。
ひと皿め、ほたるいか、あん肝、春菜。酢みそとフレッシュトマト。

続きを読む

■ 土曜日あれこれ:本と音楽

■ 全国100万人の読者の皆さま、江里とその不確かな身体にほとほと参っているエリーでございます😂😂

●村上春樹さんの新刊「街とその不確かな壁」おもしろいですよー
まだ第一部の半ばですが、春樹さんワールドを存分に楽しんでいます。
雨のせいか? やたら肩が痛くて、わたし生命力というものが下がっているなあと思うのだけど、(いろいろ新店を見に行く予定があるのだが今日は行く気になれない(*_*))静かに本を読むにはこれくらいがちょうどよいのではないか😆
Audibleの方では「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を再び聴き始めました。

続きを読む

■「青いけ」クラブエリー2023年春

■ 全国100万人の読者の皆さま、肩とその確かな痛みの中にいるエリーでございます😂😂

よくまあとあきれるくらいしぶとく痛みます​( ̄○ ̄;)
夜間痛がすさまじく、全く安眠できていないので精神不安定でうつ状態になってもおかしくないと思うのだけど、それでもなんとか正気を保っていられるのは、旨いものに恵まれているからです\(^o^)/\(^o^)/
2日間にわたってクラブエリー無限ループの1軒、青いけさんへ。

●今回もびっくりするようなよい素材を揃えて迎えてくださいました。

以下コースから何皿かですが、
北海道の太い白アスパラガスに富山のほたるいかに根室の雲丹。 続きを読む

■「割烹はらだ」クラブエリー 2023年4月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリーの記録でございます。

「割烹はらだ」さん、飾りなく良心的なお店、女将の奈緒さんのもてなしもよいです(^o^)☆☆☆

クラブエリーの皆さんは、ちゃーんといいお店をわかっていて、わたしが決めなくてもご希望が集まり、自然と繰り返し訪れるようになります。
以下写真はコースから一部ですが、

●前菜盛り込み 続きを読む

■「日本料理 とくを」NHK文化センター講座

■全国100万人の読者の皆さま、今月も講座報告でございます。

●安心、安定の「日本料理 とくを」さん、
4月のNHK文化センター講座で伺いました。

若竹煮などはあくまで正しい若竹煮、桜蒸しは春そのもの、けれど締めは大好きとくをカレー\(^o^)/

正統なコースに遊びが織り込まれていて楽しかったのです(^o^)☆☆☆
以下コースから抜粋です。

●若竹煮。・・・と表記されることが多い昨今ですが、とくをさんでは「若筍煮」と書かれています。よいですね\(^o^)/ 続きを読む

■ The Shinmonzen「ジャン・ジョルジュ」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、3月15日に開業された、祇園のスモール ラグジュアリーホテル The Shinmonzen内の、「ジャン・ジョルジュ」さんでコースをいただいてきたエリーでございます。
モダンフレンチの巨匠シェフと称されるジャン・ジョルジュ・ヴォンゲリステンさんは世界で60軒以上レストランを展開されているそうで、日本では東京のけやき坂店についで2軒目のオープンです。

●Antoine Juhué アントワン ジュエさん、「ムニ キョウト」で会って以来です。

今回、料飲支配人として着任されました。

●店内の一部です。

お客さまがいらしたので全体は撮れず。 続きを読む

■ きっと血管/村上春樹さん新刊13日に

■ 全国100万人の読者の皆さま、痛みが続くエリーでございます。

痛い時にこそ助けられるのは本です。不調になって外出最小限になって以来読書量は増えました。

●でもまずこれです。いわゆる読書というのではなくて、これはひたすら何か決定的な療法はないものかと探して巡り合ったもので、

長引く痛みの原因は、血管が9割

わたしいつまでこの苦痛の中にいるのか~?
何か月痛い痛いと言っているのか?
痛みのために行動が制限されて、ものすごく時間も失っています。
ここから抜け出すために、次のアクションを起こさなければなりません。
オクノクリニックに行こうと心が決まりました。
関西はと心斎橋と三ノ宮にあります。
患部に不必要にできてしまったぐしゃぐしゃもやもやの血管をやっつけるという治療法で、読めば読むほどこれしかないと思えてきました。
保険がきかないから、もしいよいよカテーテル治療をするとなると、30万以上するらしいけれど(*_*)(*_*)(*_*)

●そして村上春樹さんの新刊、「街とその不確かな壁」ついに4月13日発売です。

電子書籍は12日深夜から待ち構えていたら13日になると同時に配信されますから、ほんとあともう少しです。楽しみに待ちます(^o^)/

●丸善さん三省堂さんなど一部の書店さんでは13日早朝からの販売もされるようです。

●紀伊國屋書店さんは、新宿本店で、午前0時の発売解禁をカウントダウン形式でされるみたい。ネットで事前予約で決済をして、本を受け取りに行くと。夜通しのイヴェントではない、と書かれています。

ここにあります

●前回の長編「騎士団長殺し」発売時は電子版の発売はだいぶ後でしたから、今回は本当にありがたいです。

■追記:13日、0:02にKindle版来ましたー

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「イル パッパラルド」でピッツァ6味

■ 全国100万人の読者の皆さま、週末、ピッツァを食べに出かけたエリーでございます。

●ふっふっふ、旨い旨い旨いピッツァを食べたんですよっと\(^o^)/
イル パッパラルドさん。3人で3枚。
ハーフ&ハーフにしていただいたので、3人で6味食べられましたー(^o^)(^o^)/ 続きを読む

■ デスクトップおやつ、ショコラ責めのパン

■ 全国100万人の読者の皆さま、甘いもので自分を甘やかすエリーでございます。\(^o^)/

本日のデスクトップおやつ。
●大丸地下でショコラづくしのパン、270円。
上から中からショコラ、ショコラで
やみつきの風味(^o^)(^o^)(^o^)/
●これです。
この後、ダメエリーの報告です。食べもの情報だけでいい方は、どうぞここまでで。
*****************
●左肩の痛み、昨年からじわじわと来ていたけれど、
明らかに発症したと思われたのが1月16日~の週。
桜が咲く頃には回復しているだろうと思っていたのに、
桜が散ったのにまだまだ痛いの、左腕まだまだ不自由なの( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
すでに3か月になんなんとしていて、さすがに日中の、約7週間24時間続いた激痛のピークは過ぎて楽になったものの、夜間痛のひどさは変わらずで、安眠できないことが原因で、昼間まで痛み以上に気持ちがどんよりとしてしまう。
2017年夏~2018年秋に右肩で同症状が出て、(この時は全治1年3か月、)その経験値があるから上手にやり過ごせると思ったら甘かった( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) 寝るだけで(=活動をやめて肩を動かさなくなるだけで)焼け付くように痛くなるなんてことなかったからなあ。本当に火が燃えているのではないかというような強烈な痛みです。
「肩関節周囲炎、50肩なのよー(T_T)」と言ったら、実に多くの人が「あーわたしもそれやった」と言って、慰めたり励ましたりしてくれるのだけど、でも大抵の人は、ここまでひどくはならないで済んでいるみたいで・・・強烈な痛みで2時間に一度くらい目覚めるほどだといってもあまりわかってもらえない( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) パリ行きを諦めたと言ったら「そんな大げさな」という反応をされたりもして、あーこの苦痛をわかってないわかってない(T_T)(T_T)
(確かに、2017~2018年に痛かった期間中、痛い痛いと言いながらもわたしは予定通り2回パリに行っています。今から思えば行ける痛みだったんだな。)
一時は左手がハンドルに届かなくなったので自転車に乗るのも諦めたし(今は近距離なら乗っています)、いやもう、外出じたいが最小限になり、愛想を言う余裕もないからあまり人にも(親しい人たちを除いて)会いたくなくて、このままでは生活が縮まっていくみたいでよくない( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
*****************
先日東京に行って、しかし東京くらいでも移動が大変過ぎて回復までもうどこにも行くまい、とあれだけ思ったのに、しかしあれは荷物を持っていたからいけなかったんだ、だから日帰りで行こうと思ったのです。
東京都現代美術館で5月末まで開かれているディオール展「クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ」には何としても行こうと。パリでも日が合わず装飾美術館に行けなかったから。
でもダメでしたー。
4月5日、10時の、入場券発売時間と同時にアクセスしたのに「ただいまアクセスが集中しており発売休止」と出て、しかし5分後、申込み画面に入れたけれど、次の決済画面に行くまで 22分と出てきた。刻々と時刻も出る画面を見つめつつ、番号すぐ入力できるようにクレジットカードを握りしめて待ち、22分後決済画面が開いたら・・・「この回もう売り切れました」と( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
それでも気を取り直して違う日時を指定してみたら、40分後と出てきて、出かける前にそれは無理。もう諦めました(*_*)(*_*)
大変に人気の展覧会とは知っていましたが、チケット入手がここまで困難を極めていたとは~~~
ああああああああ~( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
*****************
・・・というわけで、ますます甘いもので自分を甘やかす昨今のエリーなのでした<(_ _)>
ダメエリーカテゴリーの前回はこちら

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「二條 みなみ」開店

■ 全国100万人の読者の皆さま、二條 みなみさんに伺ったエリーでございます。

2023年3月21日、二条通りの河原町通と寺町通の間に開店されました。
祇園 川上」さんで25年修業された南 建吾さん、満を持しての独立です\(^o^)/\(^o^)/

●「蘭通り」となっています。お祝いの胡蝶蘭の連なり美しいことです。
お料理は、熟練の味という感じ。正統で安心、それでいて粋。本当によかった、おいしかったーー\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「二條 みなみ」

電話 075-221-5025
〒604-0931
京都市中京区榎木町92-12
(二条通 寺町東入ル 南側 細い路地下ル)

17:30~
日曜休み、他に不定休あり

今のところコースのみで、 18000円~
*****************

●玄関にこのお花の並び~~

●この日ここにお祝い花を置いてくださるこのお心遣いよ~
わたしが喜んで写真を撮ることを、南さんはわかっていらっしゃる😂😂

●「二条 椿」さん「山口」さん「即今 藤本」さんなど、ここにあった以前のお店では畳カウンターだったのを、つややかな塗りのカウンターにされていました。

店主さんみずから塗られたのだと。これだけでがらりと雰囲気が変わっていました。

●おまかせコース、春キャベツのすり流しからスタートしました。

●春の八寸。

鯛の子、菜の花、丸十、行者にんにくの天ぷら、ほたるいか、鯛のきゅうり巻き(上に梅肉)。

ほたて酢味噌、ふきのとう白あえ、くぎ煮。

●鯖寿司の代わりに、これは鯛の桜寿司。

●あぶらめのお椀、白味噌仕立て。

●お造りその1は鯛の薄造り。

●お造りその2は金目鯛、さわら、はりいか。

●めばるの煮付け、筍、ふきと。

●焼き物は甘鯛、セロリ、ふき味噌。木の芽酢と。

●最後に酢の物。鮎の稚魚を酢で炊いた、酢煎り。

●ご飯はうすい豆、桜海老、筍。

●ご飯の段になって、牛肉がおいしそうで食べさせていただきました(^o^)<(_ _)>

オレンジ風味のオイルに、ゲランドの塩。

●食後にトマトのコンポート。

●正統なお料理で、今やかえって新鮮な感じがしました。お椀もお造りも実においしかったです。華やかな八寸もうれしいものでした。コースの流れも本当によかった<(_ _)><(_ _)>

南 建吾さん、奈々緒さん、二番手寛太さん、優しく迎えてくださってありがとうございました。

また楽しみに伺います(^o^)/

*****************
「二條 みなみ」

電話 075-221-5025
〒604-0931
京都市中京区榎木町92-12
(二条通 寺町東入ル 南側 細い路地下ル)

17:30~
日曜休み、他に不定休あり
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************