■ 大阪の「老松 ひさ乃」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、珍しく大阪に出かけたエリーでございます。

12月10日夜、普段ほんとーーーに行かない大阪の和食店へ。大阪の料理屋さんて、ほんの2,3軒を除いて全く知らず、だから気分的に大阪はパリや東京よりも遠く感じるのですが、優しいS夫妻のお招きだったので伺ってみることにしました。
大阪市北区西天満の「老松 ひさ乃」さんというお店。
リーガロイヤルホテル大阪に12年おつとめになり独立された久野正光さんのお店、7月14日に開店されたということです。
カウンター7席満席、久野さんともうひとりで段取りよくお料理出してくださって、それがおいしかったー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆ 

●赤かぶを少し使ってほんのり赤くしたみぞれ、中に嶺岡豆腐

●子持ち昆布、えごまクリーム、アスパラ菜、糸かつお

●こっぺ蟹と松葉蟹を合わせたもの、りんご、黄身酢

●お椀は帆立しんじょう、うっぷるい海苔

●穴子の薄造り

●まよい鰹(日本海に迷い込んだ鰹)の、炙りとづけ

●あんきも、下が養老蒸し。えのきと海老芋入り。ぽん酢。

●雲子焼いたもの、中に蛸射込み/つむぶり 酒盗みそ焼き

●車海老黄身炊き、さえずりと炊いた水菜、大根

●長崎の牛肉、ラムシン炭火焼き、バルサミコ風味。九条ねぎ、かぼちゃ、くわいせんべい、

●香の物がたっぷり出てきて、

●炊きたてご飯プレゼンです。コシヒカリ「蛇紋岩米」というの、びっくりするほどおいしかったです。

●ゆめのか苺に、柚子ゼリーとシナモンゼリー、中に柿が仕込まれていました。

■ 店主の久野さんは感じがいいし、お料理はすっきり食べやすくて食べ疲れすることはないし、いい印象でした。
締めの白ご飯が格別においしくて、それもよかったー(^o^)
Sさん夫妻に感謝。
*****************
■ 帰り、梅田の紀伊國屋書店をみっちり見てきました。
紙でしか出てない本で読みたいものがたくさん。
ここは1970年のオープン時(小学生だった)から、大学で東京に行くまで通いたおした書店です。
往時の本の殿堂という雰囲気は全くなくなっていて、えらく軽い、明るい感じでした。うーん、今近くにあっても通うかなあ? 故郷は遠きにありて思うものなんかなやっぱり。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

関谷江里

■「リストランテ 野呂」で魚介尽くし

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろに行ってきたエリーでございます。

「リストランテ 野呂」おいしかった・・・感涙うるうる。(T_T)(T_T)

●ペリエ(と少しシャンパーニュ)を飲みながら、魚の前菜。どんどん種類が増えていってます。

13時の方向から時計回りに、

小肌、寒ぐれ、金目鯛、かんぱち、平貝、かます、甘鯛、まながつお。中央にぼたん海老。

●大間のまぐろの、かまとろ部分。大きなまぐろとわかります。肉と言われても信じそう。

●炙ったものです。わたしはスライス1枚だけ。旨いけれど脂すごい。脂すごいけれど、じわーっと旨いww
はらはらと削りかけてある柚子は、

●こんなに大きなもの。鬼柚子というの、子供の頭くらいあります。ものすごくいい香り。

のろっち=店主の野呂和美さんは、料理するの楽しくて仕方ないみたいな風情で、その楽しい気持ちがお皿に映っていると思う☆☆☆

●りんごと蟹のサラダ。りんごと蟹がこんなに合うとは。ミツカンのりんご酢を使ったとのことでした。

●こっぺ蟹のうに和え。うまいに決まっている、ずるい組み合わせ。呆れるほど美味( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●モンサンミッシェルのムールで、まずはムールマリニエール。

●河北農園さんの芽キャベツをパリパリに素揚げにしたもの。ムールマリニエールのスープに浸して食べるとすてきにおいしい(^o^)☆☆☆

●NP100 、のろっちのパスタ100その27 マリニエールに続いてムールのパスタで好きなムール責めにしてくれました。河北農園さんのルッコラと。

●今回のなんてこったのパンナコッタはショコラ。ショコラ好きを知られていたか\(^o^)/\(^o^)/

●会った方一緒に食べた方、皆さんに感謝<(_ _)><(_ _)>

りすのろまだまだ行きますー!

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回火曜休み

カウンター12席、2階テーブル席もあり
2017年6月13日開店
昼コース1800円と4500円、
夜はアラカルト、前もっての予約でコースも可。
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

関谷江里

■ 誕生日の御礼

■ 全国100万人の読者の皆さま、ごきげんエリーでございます。

■ 誕生日でみんなに甘やかしてもらって盛大に喜んでいます。赤いバラ(や他の色のバラも)をたくさん、ショコラやシャンパーニュもいろいろいただいて、うれしい気持ちでいっぱいです。

いつもあたふたして必死のぱっち、まあ何とかかんとか生き延びているわたしですが、まずはそこそこ、これで幸せかなあ~なんて思っています。

多くの方のおかげで成り立っていることを思って感謝。

右肩がまだうっすら痛い以外、怪我なく骨折もすりおろしもなく目をえぐることもなく(笑)、元気と思えるのもすてきです。

いろいろあっても、パリ市の憲章「たゆたえども沈まず」式にやっていけたらと。

まだまだみんな助けてね(他力本願)\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

関谷江里

■ タルトタタン@「ケテル」

■ 全国100万人の読者の皆さま、りんごのお菓子がショコラと並んで好きなエリーでございます。

■「イノダコーヒ」さんのケーキ工房「ケテル」で発売開始のタルトタタン 480円。
タルトタタンというよりはタルトタタン風に炊いたりんごをのせた、りんごのタルトという感じです。

もちろんおいしい(^o^)☆☆☆ りんごの甘み酸味ほどよく舌ざわりなめらかです。

けれど「ケテル」さんに関しては、わたしは「紅玉の森」が好きで、そちらの方がより好きかもしれません。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■ NHK文化センター講座@「木山」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

12月7日(第1木曜)、NHK文化センター講座のお昼を「木山」さんにお願いしました。
よかったーーー\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
冬の美味を楽しみ削りたて鰹節のおだしを楽しみ、
ご飯もの3種類選択式だったのを全部召し上がった方も半数以上いらして、満腹満足でお帰りいただけたと思います。

■ 皆さんよく召し上がりましたー!
木山義朗さんとスタッフの皆さんに御礼申し上げます。
うしろにうっすら写っている横井裕史さんも(^o^)(^o^)

参加者の皆さんにも御礼です<(_ _)>

クラブエリーでもまた「木山」さんにお願いするつもりです。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■ クラブエリー蟹炒飯@「とくを」2回目

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリーでテンション上がりっぱなしのエリーでございます。

12月6日(水)お昼、先週に引き続き、クラブエリー@「日本料理 とくを」さんやりました\(^o^)/\(^o^)/
器も入れ替わって冬ヴァージョンになっていました。冬のご馳走をたっぷり出していただきました。
クラブエリーの欲深い女たち喜びました(^o^)/☆☆☆

 

皆さんがお帰りになってから、わたしも蟹炒飯とぶり大根をいただきました。おいしかった(T_T)(T_T)
日本料理 とくを」徳尾真次さん、小百合さん、スタッフの皆さんお世話になりました。クラブエリーのメンバーの皆さんにも感謝。

クラブエリーは明るくてわかりやすい食い意地の集合で最高、わたしが皆さんにヨシヨシとかまってもらっている感じです。

今週もみんなに会えてうれしかったです\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■ 最近のいろいろ

■ 全国100万人の読者の皆さま、いろいろあるが、まずはごきげんエリーでございます。

●12月6日(水)夕方、「よ~いドン!」の「おすすめ3」の収録をしていただきました。放送は25日(月)です。

京都で今おすすめの○○○○3つです。

●先日すごーくおいしいものを食べた後で「ヴィオラ」へ。少し久しぶり。ピノグリージョでしばしNちゃんとおしゃべり。

●おもしろ過ぎるカフェ「オカフェ」へ。そもそも笑う気で出かけているんだけど、それにしても笑う。店主さんよくしゃべる。自分をかっこいいと言ってはばからない。その徹底ぶりは比類なく、もはや芸になっていてすごい。NHKでカフェ講座だって、大活躍!

●ウインナコーヒーをいただきました。

●「ジャンポール・エヴァン」さんのショコラありがとう(^o^)/☆☆☆

●「ロトス洋菓子店」ミルフイユ。これ本当に好き。

見たのよ 四つ葉を どんぐりで。
先日、団栗橋を、祇園方向へ渡ったところで
ヤサカさん四つ葉タクシーに遭遇。
時々見てはいるけれど、
ちゃんと四つ葉とわかるくらいに撮れたのは久しぶりでした。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■ クラブエリーお寿司@「路地 中ノ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリーをやって、激しくテンションが上がったエリーでございます。

宮川町に10月オープンした「路地 中ノ」さんへ。

●12月5日(火)、クラブエリーでお昼貸し切りでお料理+お寿司のコースをいただきました。

●お寿司の中野宏崇さん(右)、お料理の塔本亮平さん。京都ホテルオークラ「入舟」さん出身です。

以下のようなコースを出していただきました。大満足と口々に言っていただきました\(^o^)/\(^o^)/

●中野宏崇さん、塔本亮平さん、スタッフの皆さんありがとうございました。

参加者の方々にも御礼申し上げます。

クラブエリー@「路地 中ノ」さん、来週、再来週とあと2回やります。

楽しみにいらしてくださいませ。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

 

■「じき 宮ざわ」で泉さんの料理

■ 全国100万人の読者の皆さま、ごきげんエリーでございます。12月4日(火)、「じき 宮ざわ」さんで感動深いコースをいただいたのです。

店主の宮澤政人さんは「ごだん 宮ざわ」にいらして、「じき 宮ざわ」の方で楽しめるのは泉貴友さんの料理です。

これが、宮澤さんの流れを汲みながら、今や完全に泉さんの世界になっていて、才気あふれ創意に満ちているのです。そしてとてもおいしかった☆☆☆

以下おまかせでいただいたものです。お皿数も使われた食材もかなりたくさんです。

●こっぺ蟹、上にとんぶり、菊花酢。下で土台になっているのが何とりんごの昆布締め!!

●ふぐの白子、粟麩、かぶらすり流し。お椀は昭和初期のものとのこと。

●めいち鯛、昆布森のうに。

●ぶり大根。お造りのぶりに、大根の鬼おろし。ぶりは2週間熟成させて50度のお湯で洗ったものということ。

●村田匠也さんの青磁の美しい器でねぎとろ。

●ねぎとろには寿司めしが合うでしょう、ということで、とろっとかかっているのは米で作ったあんです。塩昆布、あさつき、八代の青海苔。

●焼き胡麻豆腐、これは「じき 宮ざわ」さん開店時からのスペシャリテです。実に風味のよい胡麻責め!!

●百合根、銀杏、粉末からすみ。下にもち米。

●さわらは、神経絞めして9日間熟成したもの。焼き茄子ペーストに焼き栗。

●とらふぐのとうとうみと身、辛味大根おろし和え。海苔ではなくて、もずくを寄せてパリパリにしたもの。

●万願寺唐辛子がひとつお皿に盛られて供され、これは何かと思ったら、

●中からスープと共にはまぐりが出てきました。小籠包風に仕立てたということです。驚いたー!

●あおりいかと下仁田ねぎの揚げたもののてっぱい、松の実。

●松葉蟹、白子のすり流し。下に海老芋をまとめてあられ粉をつけて丸く揚げたもの。

●熊本の未経産牛、上にみかん

●くえの熱々鍋仕立て。白菜、7種類のきのこ。

●ここからご飯です。香の物がまず供されて、

●客ごと炊かれたご飯です。日本人でよかったー、京都に暮らせてこんなに食に恵まれてよかったーーと思う瞬間です。

●炊きたてご飯を、まず煮えばなから。この後2膳め3膳めと食感が変わっていくのを楽しみました。

●これ味噌の香りがほんのりして、ものすごくおいしい。

●赤だしも添えられて、すべてかんぺきに美味だったご飯セットでした。

●代白柿がアヴァンデセールのように出され、

●ホイルと紙に包まれて香ばしく出てきたのがこちら、安納芋の焼いたので、皮の香ばしさも添えられて目覚ましく美味でした。

●いつものもなかがノエルヴァージョンで、さらに赤いろうそくを立ててくださいました。「少し早いけれど」って。優しいお気持ちが身にしみて、しみじみうれしい(^o^)☆☆☆

●お薄で締め。すごいコースをいただきました<(_ _)><(_ _)>

●泉貴友さん、スペインで食巡りをすることも刺激になっているみたいです。あまりにもすばらしいコースでした。また必ず伺います。

じき 宮ざわ

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■「リストランテ 野呂」で蟹パスタ

■ 全国100万人の読者の皆さま、12月3日(日)夜、りすのろに行ってきたエリーでございます。

「リストランテ 野呂」、20:30のLOの時間に行って、やっとこさ1席あってラッキー。満席でわんわんしていました。
プロジェクトNP100=のろっちのパスタ100、
その26はこっぺ蟹と芽キャベツのスパゲッティ。
これおいしかったあああああ(^o^)(^o^)/☆☆☆☆☆☆
以下順番にいきます。

●黄色にんじんの冷製スープ

●はがつおのたたき

●甘鯛のカルパッチョ、からすみと

●まぐろ!!

割烹なんか寿司屋なんかここは!?

●まぐろとアボカドのタルタル、うにと

●天使の海老の春巻きフライ

●フランス産鴨肉ロースト、山椒醤油、木の芽

●パスタのために、このこっぺ蟹まる1杯分をほぐしてくれました。蟹は予約しておきました。

●こっぺ蟹に合わせたのは河北農園さんの芽キャベツ、甘み強くおいし☆☆☆

●これね。

●蟹の身、たまご、ものすごくたっぷりでした。そうは見えなかったけれど、ほんのりピリッと辛さも効いていました。

●NNP=のろっちのなんてこったのパンナコッタは、柚子。ここまで香るかというほど柚子の香りに満ちている。

●アンフュージョン(カモミーユ)で締め。

●ほんと楽しい「リストランテ 野呂」です。はやるのわかるわー\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回火曜休み

カウンター12席、2階テーブル席もあり
2017年6月13日開店
昼コース1800円と4500円、
夜はアラカルト、前もっての予約でコースも可。
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「ケテル」のいちごのタルト

■ 全国100万人の読者の皆さま、こんなお菓子を買うこともあるエリーでございます。

●「イノダコーヒ」さんのケーキ工房「ケテル」でいちごのタルト、480円。
ふだんショコラかりんごのお菓子しか買わないんだけど、これもおいしかった☆☆☆

シンプルな土台に、ただもういちごとシャンティの組み合わせ。

Facebookで先日、淡路町の「近江屋洋菓子店」を上げていた方がいて、そのいちごのショートケーキの写真を見るなりプルーストのマドレーヌ的にどどどと神田神保町あたりの濃い濃い思い出がよみがえり、たまらずこれを購入したのでした。
●ちなみに「ケテル」さんでは7日(木)からタルトタタン始まります。

*****************

●クラブエリーからのお知らせ:

1)12月13日(水)「路地 中ノ」1席キャンセル出ました。

2)12月20日(水)「リストランテ 野呂」キャンセル2席出ました(2階席)。

ご都合よい方どうぞー!

*****************

新しいKindleがあまりにもよくて、隙あらば本を読む日々です。

物理的にページ送りボタンがあることと、防水OKなことが劇的によいです。

数冊の本を同時進行で読むのですが、

これ、大好きかっしー・鹿島茂先生の(紙でも発売日に買ってます)、「フランス文学は役に立つ」(電子版) も読んでいるところです。

★追記 12月6日現在、【50%OFF以上】書籍・雑誌 サイバーマンデーセール対象の本になってます(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

 

■「喜心」の夜営業へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、2日(土)の夜は、期間限定で夜営業をされている「喜心」さんに出かけたエリーでございます。

KISHIN KITCHEN KYOTO」、ものすごくよかったー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

「喜心」さんについての以前の投稿はこちら
今回の夜営業は18:00~21:00LO・22:00閉店で、12月23日まで。月曜はお休みです。

*****************

夜のメニュー
一献+一飯一汁 3000円
一献+向付+強肴+お浸し+一飯一汁 6000円
おまかせ8品(前日までに要予約) 10000円

*****************

以下は、少しオプション付きというか、おまかせにしていただいたものです。

●雪の風情を表現した一献。

●さつまいも、大根、椎茸、マッシュした里芋をまとめて揚げたもの、めざし。

●やいとがつお、下に辛味大根の鬼おろし。

●野菜いろいろのお皿、「鯖街道の出会いもの」。14種類盛り込まれていて、

●温泉卵が仕込まれています。濃厚な卵、山田農園さんのものです。ものすごく風味強いです。へしこが塩気と香味を添えています。

●汲み上げ湯葉の揚げだし。

●さわらの杉板焼き。パリパリの葉は、大根の葉で、香ばしくて甘みがありました。

●ほどいて開くとこんな具合。

●鹿肉のフライに堀川ごぼう醤油焼き、菊芋マッシュ、干した山椒の葉。

●お揚げと畑菜の炊いたの。

●お茶碗を選ばせてくださいます。

●中東篤志さん、本当に感じのいい優しい方です。屈託なくすくすく育って、こんなに立派に素敵になられたなあ、ご両親(=「草喰なかひがし」の中東久雄さんと仁子さん)はものすごくうれしいお気持ちだろうなあって、うるうるしそうになりました。めちゃくちゃに感じがいいの(^o^)(^o^)☆☆☆

●炊きたてのご飯、これはもう伝統というか血筋というか、美味を極めます。まずひと口煮えばなをいただいて、2膳3膳といただきました。

ダイエットは明日からなのだ。もう10年ほど前から「明日から」なのだー\(^o^)/

●おこげまでいただきました。ここで「バリバリだからジャマイカ」とか「お湯をかけてニューヨークに」とかは出てきません。笑笑笑。

●これはわたしがいただいたのではなくて、召し上がった方のものを撮らせていただきました。卵かけご飯の、夜スペ=夜のスペシャル版。へしこが添えられるのでした。

●ご飯には、これも伝統芸という感じでめざしです。

●お汁は鶏だしスープです。お茶碗より大きな汁椀にたっぷりです。ものすごい満足感。

●食後、カップで抹茶をいただきました。
なんともセンスよく何もかも美味、最後の白ご飯でまた激しく盛り上がり、すべてかんぺきで満足でした。
23日までずっと、中東篤志さんがいらっしゃいます。

KISHIN KITCHEN KYOTO

皆さんぜひー!!

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■ クラブエリー@「日本料理 とくを」

■ 全国100万人の読者の皆さま、めったやたらハイテンションなエリーでございます。

12月1日(金)お昼、クラブエリーやりました\(^o^)/\(^o^)/

第1金曜の開催は珍しいのですが、「日本料理 とくを」さんにお世話になり、11名でカウンターをびっしり囲んだのでした。
晩秋~初冬のご馳走コース。ぶり大根、ぐじ酒蒸しお椀、天使の海老フライ、釧路は仙鳳趾(せんぽうし)牡蠣フライ、最後の締めにずわい蟹チャーハンなどなど、クラブエリーの欲深い女たちもしーんとなって美味に集中していました。よかったーーー(^o^)(^o^)/☆☆☆

●さてお料理です。まずは飲み物を選択・・・

●ペリエ率が圧倒的に高いです。

●鯛の中落ちの煮凝り

●赤こんにゃく土佐煮

●丹波黒豆の生湯葉うにのせ

●明石の鯛、本まぐろ、佐渡の鰤(ぶり)

●鰤大根、菜の花、柚子

●銀鱈味噌漬 生麩田楽、セロリきゃら煮

●からすみ大根

●じぐ酒蒸しお椀仕立て 原木椎茸、豆腐

●天使の海老のフライ、釧路・仙鳳趾の牡蠣フライ、ズッキーのフライ

●これが待望の蟹チャーハン

●焼いた鯛の骨のスープ、葱、醤油

●香の物は昆布大根、赤蕪、壬生菜

●食後の甘味、黒蜜きなこアイスクリームをいただき、これでコースは終わりです。

ものすごーく充実の献立、お腹いっぱいいっぱいになったコースだと思います。ここまでしていただき、ありがとうございました<(_ _)><(_ _)>

●皆さんがお帰りになってから、徳尾さんが作ってくださった蟹チャーハン。うれしかったです☆☆☆ これは旨いわ天国だわ\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●「日本料理 とくを」徳尾真次さん、女将の小百合さん、スタッフの皆さま、お世話になりまっした。ありがとうございました。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。