■「Synager シナジェ」夢見るこっぺ蟹

■ 全国100万人の読者の皆さま、先日クラブエリーでお世話になった「シナジェ」さんに改めて出かけたエリーでございます。

11月の4週目半ばの訪問です。

●今回はこれが強烈でした。見るなり笑いくずれました。バラの花びらを抱えたこっぺ蟹。
夢見る乙女? 夢見るこっぺちゃん?「こっぺは雌です」と。
味はよかったのです、バラソースで味わいました。
いまだかつてないこっぺ蟹の味わい方でした(^o^)(^o^)
わたしは基本的には飾りの多い料理(そして構築的過ぎる料理)は好きではなくて、ストレートでわかりやすい料理が好きなんだけど、これはもうすべてを超越して笑わせてくれました。

●身も卵もみっちり、季節のおいしさを堪能しました。

●江戸前かますにフレーグラと天然のなめこ。

このかます抜群においしかったです(^o^)☆☆☆

●続く肉料理は、奈良からのばあく豚。炭火焼きの野菜をたっぷりと。

モロマッジョソース、万願寺のペースト

土の感じは粉末にした黒オリーヴで。

ヤーコン、ブロッコリー、パプリカ、かぶ、山芋、宇宙芋(エアーポテト)、日野菜、茄子、むかご、かぼちゃ、ごぼう、れんこん、にんじんなど。
ほんとーーにおいしかった☆☆☆
●オプションで、和歌山の「コパン ドゥ フロマージュ」のフロマージュを3種類。

ラフロイグで洗ったチェダーチーズ/バタフライブルー/トリュフと合わせたブリー。

★バタフライブルーとは、(以下お店のウエブサイトから引用)

北イタリアのブルーチーズをナイヤガラ(白ワイン)の澱で風味付けし、バタフライピーという青いハーブで仕上げています。

こういうものでした。

ユニークな味わいでした。

●デセールはトンカ豆のアイスクリームにフロランタン、炊いたりんごにカラメルソース。

食後の選べるお茶も選択肢多くて楽し。小菓子はミニサイズでジンジャークッキー、カヌレ、琥珀糖、フィナンシエ。

実に充実のコースでした<(_ _)>

●店主の北岸寿規さん、父上は大工さん、母上は絵の先生と伺って、とてもわかる気がしました。
一生懸命おもしろいもの楽しいもの珍しい素材を用意してくださって、今回もありがとうございました<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「パティスリー S」タルトタタン/テリーヌショコラ

■ 全国100万人の読者の皆さま、「パティスリー S」さんに伺ったエリーでございます。

●りんごを丸ごと使い、
球体に作られるタルトタタンすごいです(*_*)(*_*)
熱で制圧されて、柔らかく、ただただ酸味と甘味ととろとろの食感のかたまりとなったりんごのおいしさ強烈でした(*_*)(*_*)
味わって大事にいただきましたが、一瞬というか、0.5瞬くらいでなくなってしまいました(*_*)(*_*)
タルトタタンは11月28日(日曜)で終わってしまい、次は来年を待たねばならんそうです(T_T)

1個 756円。

●割るとこんなです。硬めのシャンティ入り。下はフイユタージュさくさくさくさく。

分厚いりんご、とろとろとろでうっとりと美味、シャンティともいいバランス。

ほんとーーーにおいしかったです(T_T)(T_T)

●わたしにおいて精神の安定のために最も必要なのはショコラ摂取であり、
それで「パティスリー S」さんのテリーヌショコラです。
球体タルトタタンは一瞬で終わってしまったけれど、これがあったのだよ(^o^)/
ただもう濃厚ショコラのかたまりで、イタリア「DOMORI」のショコラ(チョコラータだな)で作られているとのこと。
鼻血が出るショコラとはこのことよ(^o^)☆☆☆
8センチくらいなのだけど、わたしでも一度にはいただけません。1センチ幅くらいに切って、濃いアールグレイなんかと共に。朝の4時くらいにこれ摂取すると、ばちーっと目もさめていい感じ。ちなみに朝の4時ってわたし夜の続きとして起きている時間です。わざとやっているんじゃないけれど、本当にフランス時間で、France2の夜の8時のニュースをネットで見てからようやくそろそろ眠るというこの暮らし、何とかしたいのだけど直らんの( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
このテリーヌは箱入り1296円、自宅用だから箱要りませんと言ったらそこから100円引き。
パティスリー S」さん、またいただきに伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「瓢亭」で、茶懐石にワインとお碗の会

■ 全国100万人の読者の皆さま、先頃出かけたイヴェント報告でございます。

11月上旬に行われた、ニュージーランドの「シャトーワイマラマ」さんのワインを、真葛焼さんのお碗とリーデルさんのグラスにそれぞれ注いで飲み較べながら、「瓢亭」さんのお料理を楽しむという贅沢な会でした。

●岡崎の「瓢亭」さん、ご無沙汰ごめんなさい、久しぶりに伺いました<(_ _)>

この外観写真はウエブサイトから使わせていただいています。
*****************

●「シャトーワイマラマ」さんはニュージーランドのワインブランドで、オーナーは日本人。

「ワイマラマ」とはニュージーランドの先住民の言葉で、水面に映る月光を意味しているとのこと。

飲ませていただいたのはこんなワインです。
*****************
●Minagawa Reserve Selection 2016
●SSS 2009
*****************

 

●Minagawa Reserve Selection 2016
(写真は2009年です)

●SSS 2009

*****************

真葛焼  宮川香齋さんの、三昧碗(さんまいわん)です。(ちなみに三昧碗を考案されたのは香齋さんの後嗣である宮川真一さんです。)
今回はこれで「ワイマラマ」さんのワインを味わおうという会でした。

華麗な京焼のイメージがある真葛焼さんですが、お抹茶以外さまざまなものに合わせられるこんなお碗も作られていて、風情がよいだけではなく手になじみがよいのもまた素敵でした。

そもそもは、シドニーで「Tetsuya’s」の和久田哲也さんと出会い、哲也さんとの交流の中でこの三昧碗の着想を得られたということ。お茶が飲めて日本酒もワインも飲める、さらに料理も盛れる器としてこれを作られたのだと。

三昧碗は多彩に文様、絵柄があるのもまた楽しいことです。

今回は「ワイマラマ」のために作られた三昧碗も披露されたのでした。

いただいた写真を貼り付けます。

●交趾笹の絵三昧碗

●染付縞文三昧碗

●染付梅の絵三昧碗

●さて、「瓢亭」さんの広間で開催された会の現場です。京都 真葛焼 宮川真一さん(和服の方)。当代 宮川香齋さんの後嗣さんでいらっしゃいます。

そして ワイマラマジャパンの大岩由紀夫さんです。

●こんな感じで真葛焼の三昧碗に「ワイマラマ」のワインが注がれたのでした。

●「瓢亭」さんのお料理も同時にスタートしました。

●上品な先付と向付です。さすがに鯛が、実においしかったです。

●「ワイマラマ」のワインの他に最初にウエルカムシャンパーニュも供されたのでした。

●同じワインでも、グラスとお碗では香りの立ち上り方や、口当たりが違うのでした。

Minagawa Reserve Selection 2016、SSS 2009、いずれも濃厚でしっかり美味、お料理のおいしさを引き立てました。
同時にすっぽんだしや蟹あんなどは、明らかにお料理がワインのおいしさを引き立てているとも思いました。

つまり、非常によい調和だったのです。

●ちなみにワインをお碗で飲む参加者のひとり(^o^)(^o^)
「よいお点前でした」と。(^o^)(^o^)
お碗で飲むと、ワインながら、どうしても自然に「お抹茶飲み」になっちゃうのです。わたしも回して正面はずして飲みそうになりました。

●この方、ワインですぐに顔赤くなり、そして陽気になられます\(^o^)/\(^o^)/

●コースの初めから最後まで、器も華やかで、おいしくいただきました<(_ _)>

とりわけすっぽんだしのお椀が圧倒的に美味、

海老芋餅粉揚げの蟹あんかけも風味絶佳と感じ入りました<(_ _)><(_ _)>
●配られた献立です。

●今や「瓢亭」15代当主、代表取締役社長になっていらっしゃる髙橋義弘さんです。

鯛だしのラーメンもたいそう話題になりました(^o^)

●父上の髙橋英一さんもとてもお元気そうで、ご無沙汰のお詫びをいたしました<(_ _)><(_ _)>

●こんな感じの、真葛焼の三昧碗とワイマラマのワインと和食のコラボレーションは、今後シンガポールやパリで展開されたいということ。きっと日本贔屓の外国人に受けるんじゃないかと思いました。
なごやかなよい会でした。楽しい方々に会えました。
ありがとうございました<(_ _)>

開催のためにご尽力くださいました 京都 真葛焼・宮川真一さん、ワイマラマジャパン・大岩由紀夫さん、リーデル・白水 健さん、ENZO・田中秀宗さん、そしてTHE KYOTOの各務 亮さん、ありがとうございました<(_ _)>

お目にかかれた皆さんにも御礼申し上げます<(_ _)>

●Kindle版出ていました\(^o^)/

京都・瓢亭 四季の日本料理

髙橋英一 髙橋義弘 NHK出版 2014年

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

 

関谷江里

■「ナンポルトクワ」紅の夢

■ 全国100万人の読者の皆さま、りんごのお菓子に目がないエリーでございます。

●「N’importe quoi ナンポルトクワ」さんの、
定番のりんごのタルトなのだけど、
なんと、いつもより色が紅色です(^o^)(^o^)♪
紅玉の中でも秋田の「紅の夢」という品種をただいま使われているとのことで、この果肉が写真の通り、ほんのり紅いんだって(^o^)(^o^)
色きれい酸味も鮮やか。
それでなくてもたまらなくおいしいものなのに、
さらにおいしい止まらない\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●果肉がほんのり紅色の「紅の夢」

★このりんごスライスの写真は西原裕勝さん撮影のものです<(_ _)>

●6個詰めていただきました之図。

写真見ているだけで再び「ナンポルトクワ」さんに飛んで行きたくなります。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「鮨 泰蔵」夜のおまかせ 11月

■ 全国100万人の読者の皆さま、先週の後半、木屋町通松原の「鮨 泰蔵」さんに出かけたエリーでございます。

今の料金やコースの流れがわかる先月の記録はこちら

 

●季節のものをたくさんいただき、今回もとてもいいコースでした(^o^)☆☆☆
お料理5品ほどの後ににぎり10貫、たまご、赤だし、黒糖アイスクリームという流れ。
●今回とりわけうれしかったのが上のこっぺ蟹、

●そしてもろこ。

●そしてお寿司は金目鯛、あじ、まぐろ、雲丹などうっとり美味でした。
おいしかったおいしかったおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●店主の櫛田英樹さん、マダムの絵里子さん、ありがとうございました(^o^)

*****************

amazon ブラックフライデーです\(^o^)/

*****************

ブラックフライデーのいま買わずにいつ買う?

だいぶ安くなっているKindle専用機を買うチャンスです\(^o^)/

スマフォでKindleアプリをダウンロードしてももちろん読めますが、Kindle専用機で読む快適さを知ったら「早くこれ導入しておけばよかった、、、」となります。わたしの友人たちみんなそうなってます。

で、スマフォ内のKindle書籍とも同期できますから、専用機を持ち出すのを忘れても大丈夫。ちょっとした待ち時間もKindle本あれば大丈夫\(^o^)/\(^o^)/

●きのうから読んだのが、野口悠紀雄先生の、

「超」メモ革命-個人用クラウドで、仕事と生活を一変させる
( 中公新書ラクレ 727、2021年5月刊 )

野口先生、御年80歳ながら最新機器を駆使されクラウドを最大限利用していらっしゃいます。今回のこの本では「捨てなくていい」こと、「検索して見つけやすくすること」を教えてくださいます。

1994年、『「超」整理法』を読んで、わたし押し出しファイルを即取り入れ、野口先生方式に熱中したなあ(^o^)(^o^)

野口先生今回はグーグルドキュメントを推奨していらっしゃいますが、わたしはスキャンスナップ+Evernote式で情報保存をすでに10年やっております・・・グーグルドキュメント検討しようか、、

わたしにおいてはしばしば最新のスキャンスナップが使えなくなる事態が起こっており(*_*)(*_*)、いま風にスマフォで撮ってそのままPDF化、のようなことを考えた方がいいかなあと思っていた昨今なのでした。

しかし1ページずつ資料やノートを写真に撮るのもやってられんなあという感じで、むう、やっぱり早いことIT 家電顧問に直してもらうしかないか、、( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

カラーの本はiPadで見ています。

Kindle版で、パリの本いろいろあります\(^o^)/

*****************

「鮨 泰蔵」 すしたいぞう
電話 075-746-5432
〒600-8015
京都市下京区木屋町通松原上ル東側
(美濃屋町174-1 プレゼンスビル1F)
営業時間や定休日は確認してください<(_ _)>
カウンター8席、個室4席
全席禁煙
2014年3月4日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「山玄茶」クラブエリー第3金曜

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

●クラブエリー第3金曜で、11月19日、少し久しぶりに「山玄茶」さんに伺いました。
増田伸彦さん、よくやってくださいました\(^o^)/\(^o^)/
そっくりに作られたお人形と共に。

●秋色濃い献立、美麗でとてもおいしかったです。

●おかげでクラブエリーも大盛り上がりでよかったです(^o^)/☆☆☆
スタッフの方々、そして参加者の皆さんにも御礼申し上げます。
「山玄茶」さん、次また違う講座でお願いしています。

また激しく楽しみに伺います。\(^o^)/\(^o^)/
*****************

(以前のように)
本のコーナー\(^o^)/
*****************

家で作る料理に、この本、即役に立ちます\(^o^)/

調理科学でもっとおいしく定番料理
朝日新聞社

朝日新聞の生活面に毎週金曜に連載されている「ごはんラボ」の書籍化です。

電子化されていると知り、即ダウンロードしました。即役に立ちますー!

Kindle版 790円、紙の本だと980円。

*****************

●たくさん紹介したい本があって、1冊ずつでも挙げていくことにします。

以前こんな風にやっていたなあと思い出して。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 千鳥格子で朝食を(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、この朝食がすっかり癖になっているエリーでございます。

●癖になっている朝食というのは、パーク ハイアット 京都「KYOTO BISTRO」さんの BISTRO BREAKFAST 5500円。

先日の朝、この朝食3回目です。前回はこれを見てね。

https://www.erisekiya.com/2021/11/54405
●野菜(ただの生野菜ではなくていろいろお手間あり)と生ハムに食べ頃ジャストなフロマージュ4種のひと皿めですでにうっとりしています。

フロマージュが、

コンテにサントモール(シェーヴル)、フルムダンベール(ブルー)そして

カレ デュ ヴァル ドゥ ムーズ ア ラ ミラベル(CARRE DU VAL DE MEUSE A LA MIRABELLE)、エルヴェ・モンスさんのものということ。

さらにコンフィチュールが柿とブルーベリーなどベリーものになっていて、喜び倍増でした。この時点ですでにかんぺきのぺき子ちゃんです☆☆☆

●一緒に行った方は、せっかくのフロマージュだからとワインを合わせてご満悦でした\(^o^)/

●パンはこの選択。ブリオッシュとクロワッサン。ブリオッシュとシェーヴルの組み合わせがわたしめちゃくちゃに好きで。

●ところで、一緒に行った方は、心構えが違いました。

なんと、「KYOTO BISTRO」さんの壁紙の千鳥格子に合わせて、千鳥格子の装いでいらっしゃったのです\(^o^)/\(^o^)/

●もしかして、いま千鳥格子、はやっていますか?

●四条河原町を走っていて、京都タカシマヤのGUCCIさんもこうだなあと。

●をを、クラブエリー参加者にも千鳥格子ジャケットの方がいらっしゃいました(@_@)

こうなったら、赤い千鳥格子の服を見つけたらわたしも着ようかという気になってきた\(^o^)/

●で、話は朝食に戻って、

卵料理は今回はオムレツをお願いして、ほうれん草とマッシュルーム入りにしていただきました。

●卵に添えられるサイドディッシュもとても好き。

●そして最後の選択は、まだいただいていなかったパンケーキにしました。ブルーベリーといちごがのって、ホイップバタークリームとメープルシロップ付き。

おいしかったおいしかった(^o^)(^o^)

●一緒に行った方はフライドヌードル=焼きそばの選択。これサイコーです\(^o^)/☆☆☆

●今まで朝食LO時間(10時半)頃は他にお客さまもいらっしゃらなかったのですが、ちゃんと戻っています。

ちなみに清水寺さんライトアップの週末は、昼も夜も行列の激混みになったとのことです。

●そして総料理長、井料剛さんいらっしゃいました。この日もさわやーか\(^o^)/☆☆☆
*****************
●3度この朝食をいただいて、だいぶ気が済みましたが、しかし今度は前々回の焼きそばと前回の鶏粥をふたたび味わいたくてわなわなしています。

KYOTO BISTRO」さん、気が済むまでまだ何度か伺うと思います<(_ _)>

*****************


●amazonでこんなの見つけました¥(^o^)(^o^)(^o^)

千鳥格子ダンスシューズだって(^o^)

*****************

追記:ネットで見たらいろいろ出てきました(*_*)(*_*)知らなかっただけ、、

ナイキでは以前こんなのがありましたよとか、

ディオールにもおしゃれなのがありましたよとか(以前のモデル)。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「侘家古暦堂」の新しいコース(追記あり)

■ 全国100万人の読者の皆さま、祇園の「侘家古暦堂」さんで、メニューがリニューアルされたと伺い、とても楽しみに出かけたたエリーでございます。

●夜の祇園にもお客さまがだいぶ戻って来られたなあと思い、そのことだけでも心躍る気分になりました。

街がにぎわっているってすてきなこと。

昨年お邪魔した時は、20時ですでに周辺はがらんがらんで、ぬばたまの闇、みたいな感じでしたから。

●迎えてくださった、侘家さんグループの総料理長、秋山達行さんです。

★撮影時、一瞬マスクをはずしていただいています。

お仕事中は黙々と焼きに徹しておられます。

●今回は京都焼き鳥styleコース という新コースが先週後半から始まったということで、そのコースを、ソムリエで店長補佐でもある中谷 洲さん厳選のペアリングコース(料理に合わせてワインを中心に8種類)と共にいただいてみました。

ただしわたしはたくさん飲めないので、ほんの少しずつ、試させていただく感じで味わいました。

以下、お料理は税込み8250円。本当に価値あるコースでした<(_ _)>

●うま味3種

先付というか、アミューズ3種類です。

・蓮根饅頭に、かつおと昆布で取ったおだし

・甘み強いトマトに、チキンコンソメ

・鶏ミンチから作ったスープでお粥、上にからすみ。

100%シャルドネのシャンパーニュと共に。

●焼き鳥3種で、

・もも肉

・せせり

・ねぎま(鶏肉はもも肉)

旨い旨い旨い旨いと思っていただきました。

ぴたりと決まった焼き加減、鶏肉のおいしさ凝縮です。

●京都産野菜の炭火焼き

野菜それぞれの香味が際立っていました。お芋やごぼう、人参など根菜がとりわけ美味と思いました。

タスマニアのマスタード、豆腐ソース、(赤いのが)赤万願寺唐辛子の自家製アリッサ。

●手羽先

骨を抜いてふかひれを詰めてあります。
これも意表を突かれて、

旨旨旨旨( ̄○ ̄;)旨旨旨旨

●鶏肉で作ったソーセージ

すぐき、にんじん、カレー白菜。

切れ目の入ったパンは、これにはさんでホットドッグのように食べてね、と。

●ソーセージにはリースリングでしょうと、粋な組み合わせでした(^o^)/

●白濁スープ

これはもうもう旨み圧倒的なスープでした。

●後半の焼き鳥3種で、

・むね肉

・ななたに鴨ロース、伏見唐辛子の自家製柚子こしょう

・手羽元

旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●鴨ロースと手羽先の間に供されたペアリングワインがこれで、ブルゴーニュ来ましたー\(^o^)/\(^o^)/

CHAMBOLLE MUSIGNY, シャンボール ミュジニーと音にしてみるだけでも、祖国フランス~。なんて優美な響きでしょうとくらくらしてしまう(*_*)(*_*)

飲む前から(飲まないでも・笑)華やかでいい気分です。

●鴨つくね

バルサミコとフォンドヴォーで、ぐらぐらに炊かれた鴨つくねです。引き上げたら卵黄と共に。
卵黄の旨味がねっとりと鴨つくねにからんでこれももう、

旨旨旨旨旨旨旨旨( ̄○ ̄;)

●鶏肉ときのこの土鍋炊き込みご飯

初めからバターがのっています。

●具材みっちりの炊き込みご飯でした。

●美山牛乳を使ったミルクアイスクリームに、メロンのエスプーマ。

このミルクのアイスクリームが格別おいしくて、エスプーマ抜きでおかわりをいただいたのでした(^o^)/

●食後に、日本茶スペシャリスト、猪股隼也人さんがブレンドしたという「侘家古暦堂」さん特製の烏龍茶をいただいてみました。宇治と鹿児島それぞれの烏龍茶に、宇治のほうじ茶を合わせたということで、お料理に合う粋なお茶に仕上がっていました。

ほんと何もかもすてきでした\(^o^)/

侘家古暦堂」さん、クラブエリーをお願いすることにしました\(^o^)/

初のクラブエリー焼き鳥コースです\(^o^)/\(^o^)/

*****************
追記です。上のコースをいただいてから数日後、再訪しました。

同じコースで全くOKなのですが、せっかくなので少しオプションメニューに差し替えていただきました。

●土鍋ごはんからかしわ汁そばへ(^o^)☆☆☆
●手羽のふかひれ詰め→カチョカヴァッロ・・・がまた少し変更で、これはささみにカンコワイヨットです。

●ねぎま・・・(前回と同じでしたが)わたし本当に好きでした(^o^)/

●野菜もとびきりおいしい。前回のいちじくに換わって、今回は梨のコンポートが使われていました。

●「侘家古暦堂」さん、リピートしたいお店です。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ あれこれ話:クロワッサン、栗赤飯、ショコラ

■ 全国100万人の読者の皆さま、あれこれ見せたい写真言いたいことが溜まっているエリーでございます。

泰然自若と暮らしたいのにいくつになって追い立てられるような日々で、だいたい予定詰め過ぎな上に写真撮り過ぎなの( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

たまにこうして日々いただいたおいしいものをアップしたりしたいのです(^o^)

●うれしかったいただきもので、

まさに時季のもの。
大好き「出町ふたば」さんの栗赤飯です\(^o^)/\(^o^)/

●栗餅と豆餅も\(^o^)/\(^o^)/

ありがとうございました<(_ _)>

●こちらも季節限定のもので、「ジャンポール・エヴァン」さんの Cerise or スリーズオール。
キルシュ漬けにしたさくらんぼ入りのショコラです。おいしーい\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

ありがとうございました<(_ _)>

●「ワルダー」さんと呼ぶことができず、「ヨイダー」さんと勝手に呼んでいる麩屋町通のブランジュリのアンチョヴィクロワッサン。

これほんとーに好きで、余分に買って冷凍しておいたストックがある時はものすごく幸せです。

●これは「八百一本館」さんの中のブランジュリ。カルピスバターを使って作られているとのこと。

これ本当においしいと思っています。先日のある日、そうだこれ横に切れ目を入れて、アンチョヴィ小さく切ったの差し込んだら?と思い、即やってみたら、いい感じにアンチョヴィクロワッサンになってくれたのでした\(^o^)/\(^o^)/

●「八百一本館」さんといえば、2階の花屋「ハーモニアス」さんが重宝です。
ノエルに向けてポインセチアやらこんな赤いのやらが並んでいます。

●赤い花はもちろんわたしにとってデフォルトなので購入しましたが、しかし特にノエルの飾りをしたいわけではなく、わたしはバラが欲しかったのです。

とりあえず1輪、マンゴーリーバをいただき喜びました\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろ11月21日:雲丹、こっぺ、桜海老、まりひめ

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ 報告のエリーでございます。
11月21日(日)「リストランテ 野呂」訪問 269回目。
20時半ころ入店のつもりが、まだまだお客さまいっぱいだから遅く来てとのことで21時前に入ったらそれでも1階も2階も離れもお客さまたくさんいらして喜びました(^o^)/元に戻ってうれしい(^o^)(^o^)

●大根の熱々のポタージュでスタート。柚子の香りが立ちのぼり、冬の幸せ圧倒的と思いました。

伏見の山田さんからの大根ということ。

●店主さんがプレゼンしてくれているのは、

●雲丹、ただいま大変稀少で高価なものです。

この後もこっぺ蟹に桜海老と、どや?につぐどや~~~?だったのです。

●この生雲丹、これだけの量、末端価格、どれくらいするよ(*_*)??

だいぶだと思う、、

次のお皿で、この雲丹をがばっといただいたのでした。

●としちゃん=0.5番手大針俊哉さん作の3種盛り込みで、
・いちご(まりひめ)とストラッキーノ、トマト、ブロッコリー
・燻製の帆立、柿、いちご 柑橘ジュレ
・雲丹ときゅうり

●津居山のこっぺ蟹 冷製 
りんごときゅうりの鬼おろし入り柑橘のジュレと。

前回より茹で加減、塩加減よかったと思います。

まる一杯いただき、みっちり身と卵入りで、追いジュレもしてもらって、堪能しました。

こっぺ蟹の値段は時価ですが、この日で4000円の、わずか手前くらい。

●フリットとかコロッケとかその手のものを食べたかったのだけど、蟹で結構お腹が膨れ、〆パスタにいきましょう。

桜海老と九条ねぎのスパゲッティ、ぴり辛好きなのでアーリオオーリオで。

●すべての加減がジャストでおいしかったです。

わたしに出してくれるものはわたしに最適化されていて、かんぺきのぺき子ちゃんにおいしいと思う。

楽ちんすぎて、人をダメにするソファっていうのがあるけれど、全く同じ意味で、エリをダメにする料理なんじゃないかあああ?と。( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

ここに来さえすればほぼすべて食べたいものを食べられるから、よそに行こうという探究心を失ってしまうんじゃないかあああ?と。

ちなみにわたしにだけぴたりと合った料理を出してくれるのではなく、ウエブサイト冒頭にもある通り、

ふだんの日にも、特別な日にも。
100人の方に、100様の料理でもてなす、
割烹のようなレストラン

なわけで、(だからわんわんはやっている、)ほんとのろっち=店主の野呂和美さんは、20代のホテルグランヴィア京都時代からすでにしてものすごくレパートリーが広くて多種多様な料理を作れる人でした。

さらに今はとしちゃんという和食の達人がいるから、より世界は広がっているわけです。

●食後もどや?で、初物のいちご「まりひめ」と青森の洋梨ゼネラルレクラークをデザートワインでひたひたに。
がんばっていい食材揃えてくれて、ありがとうなのでした\(^o^)/\(^o^)/ 

●りすのろおいしかったおいしかったおいしかった\(^o^)/\(^o^)/

次はまたフリットとかフライとか天ぷらの類を頼もうと思うのでした<(_ _)>

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、

17:30~20:30LO、22:00閉店
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席

離れもあり
2017年6月13日開店
************

ウエブサイト

リストランテ 野呂
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「進々堂」プレミアムシュトーレン

■ 全国100万人の読者の皆さま、季節の新商品のお知らせでございます。

 

●昭和40年頃から京都でシュトレンを作ってきた「進々堂」さんから新発売の「プレミアムシュトーレン」です。
ドライフルーツとナッツが贅沢にみっちり入っていい香り、口当たりしっとりなめらかです。

ノエルに向けて、少しずつ切っては食べて楽しむものらしいですが、何人かいたら一瞬でなくなるのではないか~?(^o^)(^o^)

●「進々堂」さんのシュトレンは何種類かありますが、この「プレミアムシュトーレン」はノエル仕様の包装紙に包まれ、マッカな箱に入った贈り物仕様です(^o^)☆

●商品のサイズはこんな感じで、お値段は4200円。

●「進々堂」さんお取り寄せSHOPで購入できます(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「RADICE ラディーチェ」オープン

■ 全国100万人の読者の皆さま、すてきなコースを楽しんだエリーでございます。

RADICE ラディーチェ」さん、

11月6日土曜日(大安そして蟹解禁日♪)に、「リストリア ラディーチェ」→「ラディーチェ」と店名も新たにリニューアルオープンされました。
席数は16席から12席になり、カウンター8席、テーブル1卓4席に。
ドアは外気に影響されないよう二重ドアになり、カーヴの位置も移動、キッチンもカウンターも一新され、改装というより大掛かりな改築がされていました。

カウンターに座りましたが、明らかに居心地もよくなったと思いました。
週半ば伺って、新しいコースをいただいてきました。
夜の、15000円税サ込みのコース1本のみ。
金土日のみ7000円の昼コースもありということでした。
*****************
●ぼたん海老のタルトレット
●パートフィロで包んで揚げたバッカラマンテカートとポレンタのスープ仕立て
●ニョッコフリット、リコッタと生ハム
●松茸とハムとカチョカヴァロ入りパンツェロッティ
●藁炙りにした鰹とハーブサラダ、赤玉ねぎのソース
●さんまの香草パン粉焼き、さんまの肝ソース
●(本来うなぎのところ)太刀魚、蕪、ドライトマト
●いか墨リゾット、雲丹、あおりいか
●桜の枝で燻した丹波牛のいちぼ肉、ジロールと
●カンパリのグラニテ、水晶文旦
●蟹のパスタはパスタと蟹が同量くらい。
●ベリーのスープ、シェーヴルのアイスクリームと
●小菓子がヘーゼルナッツのクッキー、ピスタチオのミニジェラート、ラズベリーのパットドゥフリュイ
●カフェか紅茶かアンフュージョン
*****************

●店名は11月6日より、「RADICE ラディーチェ」です。

●夷川通に面して、このシンプルなエントランスです。

●カウンターはきれいなベリーウッドの1枚板です。そのカウンターを生かしたかったので、キッチンとの間に隔てを作らなかったということです。
●ちなみに、これは以前の「リストリア ラディーチェ」時代のカウンターの写真です。
2018年5月、クラブエリーでお邪魔した時の記録です。16名でお邪魔できたのですこの時は(^o^)

●さてここから、今回の新店舗でのお料理です。
グリッシーニはこんな風にセットされていました。

●パンとオリーヴオイルはこんな風に。

●ぼたん海老のタルトレット
ぺろんとしたのは海老の頭から取っただしで作ったジュレ。下にみっちりぼたん海老。

上にカヴィア。

ひと品めでワイン欲しくなりました。

●パートフィロで包んで揚げたバッカラマンテカートとポレンタのスープ仕立て

パリパリの春巻き状でおいし。ポレンタのスープはとろりんと。

●ニョッコフリット、リコッタと生ハム

揚げパンという感じのものにリコッタと生ハムで絶妙な組み合わせ。

以上粋なアミューズが3品続いた後、熱々のものが手渡されました。

●松茸とハムとカチョカヴァロ入りパンツェロッティ

揚げたてて熱々、中は松茸が香り立って溶けたカチョカヴァロがとろりんと、実に濃厚な旨さです。

旨旨旨旨( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)旨旨旨旨

●藁炙りにした鰹とハーブサラダ、赤玉ねぎのソース

これも鰹の旨さにハーブの香り、赤玉ねぎのソースがまた風味を添えて、とてもおいしかったです。

●さんまの香草パン粉焼き、さんまの肝ソース

今や稀少な高級魚です。香草パン粉でいい香り、粋な味。

●(本来うなぎのところ)太刀魚、蕪、ドライトマト

この太刀魚の火の入り具合も絶妙でした<(_ _)>

●店主の根本義彦さん。

大掛かりな改築をされて、思い通りのお店になったようです。

コロナ時代になって思いついたリニューアルではなく、それ以前からの構想だったとのこと。

●いか墨リゾット、雲丹、あおりいか

いま稀少になっている雲丹も盛り盛りで供されました。

リゾットの旨さと共に、うっとりしました<(_ _)>

●肉が供される前に、このセッティング。ナイフがすてきです(^o^)☆☆☆

●桜の枝で燻した丹波牛のいちぼ肉、ジロールと。

牛肉は柔らかでしっとり食べやすく、添えられたジロールがまた風味豊かでよかったです(^o^)

●カンパリのグラニテ、水晶文旦入り

●これがプレゼンされて期待が大きく膨らみます\(^o^)/\(^o^)/

●蟹のパスタはパスタと蟹が同量くらい。

迫りくる旨さ、圧倒的でした。

●ベリーのスープ、シェーヴルのアイスクリームと

わたしはベリー自体は大好きなのです。

これ本当においしかった☆☆☆ シェーヴルのアイスクリームも非常によかった。

●小菓子がヘーゼルナッツのクッキー、ピスタチオのミニジェラート、ラズベリーのパットドゥフリュイ

●カフェか紅茶かアンフュージョンの選択肢があり、これはアンフュージョンです。カモミール。

●以上、とてもとても丁寧なお仕事、価値あるお料理でした。
飲んだのは発泡水、赤ワインをグラスで。
すべておいしかったー\(^o^)/☆☆☆

●特注したというこの炭台、高さ可変式で非常によくできていました。特許取ってください\(^o^)/

●根本義彦さんありがとうございました<(_ _)>

★撮影時、一瞬マスクをはずしていただいています。

「ヴィネリアtvb」時代にお料理を初めていただいてから10年以上。

今やアラカルトでちゃっと入れるお店ではなくなってしまいましたが、オープン以来8年かけてこつこつと「ラディーチェ」の世界を築かれたのだなと。
また伺います(^o^)/
*****************
「RADICE ラディーチェ」
電話 075-256-5550
京都市中京区夷川通室町東入ル北側
水曜休み

夜営業、コース15000円税サ込み

金土日のみ昼営業あり、コース7000円税サ込み
2013年12月21日「RISTORIA RADICE」開店、
2021年11月6日「RADICE」として再オープン
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「仁修樓」上海蟹 クラブエリー11月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

●強烈でした、11月のクラブエリー@「仁修樓」さん、
いまだかつてない上海蟹尽くし(*_*)(*_*)
先月の上海蟹コースからさらに進化していました。

●豚肉と蟹身を合わせた蟹だんご、

●口からちゅーと蟹の内子入りカスタードを吹き出す蟹まんじゅうおもしろかったおいしかった\(^o^)/\(^o^)/
●店主の上岡誠さんありがとうございました。
これでも十分笑ってくださったお顔です(^o^)(^o^)(^o^)www
★撮影時、一瞬マスクをはずしていただいています。

参加者の皆さんにも御礼申し上げます。
仁修樓」さん、11月、もう一度クラブエリーをお願いしています。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「研野」クラブエリー2021年11月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

●愛ちゃん、研野さん今回もありがとう\(^o^)/

★撮影時マスクをはずしていただいています。
岡崎の日本料理 研野さん、
16日夜に食事に伺い、
17日お昼はクラブエリーでお世話になりました<(_ _)>

新味もありつつ、和食のよさもしっかり感じさせてくれて、感動深いコースでした。
(16日一緒に伺ったJさん御礼です<(_ _)>)

●欲深いクラブエリーの皆さんに喜んでいただきました\(^o^)/\(^o^)/

●この色使い、クリスマスカラー なんだって(^o^)

●こっぺ蟹も楽しみましたよっと\(^o^)/

そしていつもながらBGMの選曲が楽しくて、
最後はテーマ音楽の いとしのエリー (今回はレイ・チャールズのカヴァー版)をかけてくれて、エリー喜びました(^o^)(^o^)/☆☆☆

日本料理 研野今月のコースの全容、料理写真は改めてアップします。

と言いつつ写真を溜めに溜めていて、もう押しつぶされそうなほどなんだけど、でも上げますそのうちに<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「二条 やま岸」栗のテリーヌ新発売

■ 全国100万人の読者の皆さま、すてきなお菓子に出会える予感で、先週末、「二条 やま岸」さんを訪れたエリーでございます。

●このすてきなエントランスの先にあったのは、

●こんなお菓子でした\(^o^)/

手前は時季の亥子餅。

今日のテーマはその奥のもので、

●この、新作のお菓子です。
栗のテリーヌで「余韻」というものです。
食べる前から余韻と言われてもなあ(^o^)(^o^)と思いつつ、食べたらあまりに栗の香味豊か、テリーヌ部分はホワイトチョコレートを使っていて、濃厚美味で圧倒的でした。
確かに、余韻に浸れてうっとり(^o^)♪
お値段が税込みで6780円と、うっとりできない額だと思うのだけど、

でも他にはない稀少なお菓子ということで、これからのシーズン売れるかもね(^o^)
・・・なんて言ったら、4万円超えの鱧しゃぶのお鍋セットが飛ぶように売れたばかりですと言われて、大変失礼いたしました<(_ _)><(_ _)>

●料理長・横井裕史さんはほんと得な性格の人です(^o^)
「江里さん新しいお菓子の試食にいらっしゃいませんか~?」と呼んでおいて、行ったら「撮影はこちらでどうぞ。この板を並べてと。」なんてセッティングを始める。わたしにサツエーさせる気なわけよ(^o^)(-_-;)(^o^)(-_-;)
いわゆる撮影機材一式は持たずに出かけたんだけどね、、

★撮影時、一瞬マスクをはずしていただいています。

●裕史さんが手に持っているこれね、箱もしっかりして高級感があります。

●冷凍状態での販売です。日持ちは購入後1か月、解凍後は3日ということです。
しかしこれ本当においしかった、美しい余韻に満ちたお菓子でした。

というわけで、これおすすめしないではいられないことになりました。値段から言って、いつもの「おすすめ3」の候補にはなり得ないし(笑)、わたしも買って配りまくるわけにもいかないけれど、皆さん買ってみてください。「二条 やま岸」さん店舗か、ネットででも購入可能です。
今回もまんまと裕史さんにしてやられたのだけど、力作いただけてうれしかったです。ありがとうー(^o^)/

●こういうものです。

濃厚な香味に、ポピーシードの粒粒感がよかったです。

うまいもの、おいしいお菓子を食べ尽くして、もう何をおみやげに持って行ったらいいかわからないような相手に、これなら「どーだ?」と手渡せると思います。

季節ごとまた新しいお菓子も登場するかも?で、楽しみな「二条 やま岸」さんなのでした。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「圓融菴 小林」2021年11月

■ 全国100万人の読者の皆さま、週明けいちばん、月曜の夜に、11月の「圓融菴 小林」さんに伺ったエリーでございます。

季節の食材たっぷりで旨さ圧倒的(T_T)(T_T)別世界に出かけたような心持ちを味わいました。

●まずお料理が、

*****************

●鴨肉、九条ねぎ、椎茸、上に白髪ねぎ
●ふぐ刺し
●海老芋唐揚げ あんかけ
●こっぺ蟹
●まながつおの西京焼き
蓮根煎餅と青味大根、はじかみ
●すっぽん鍋
*****************

●鴨肉、九条ねぎ、椎茸、上に白髪ねぎ

甘みなし、醤油の香りだけです。あとは鴨肉の旨み、椎茸の風味、ねぎの甘み。

すてきなひと皿めでした(^o^)☆☆☆

●ふぐ刺し、季節のおいしさです。

●海老芋唐揚げ あんかけ

ねっとり海老芋の食感と濃厚な風味に、あんがからんで旨いったらない(T_T)(T_T)

●大好きこっぺ蟹、シーズン中いくら食べてもうれしいです。

●まながつおの西京焼き
蓮根煎餅と青味大根、はじかみ

パリパリれんこんチップに、濃厚まながつお、日本酒少しいただいて合わせたら、これも旨いったらない。

●すっぽん鍋、沸き沸き状態です。ふわあああと馥郁たる香りが広がりました。

●これが、本当に本当に旨かったです。滋味が身体にしみわたる感じ。この世のものか?と思う圧倒的な美味。

生きていてよかった(T_T)(T_T)と思えた美味でした(T_T)(T_T)

この後、天ぷらで、
*****************
●海老
●ぎんなん
●ばちこ
●かぶら
●ふぐの白子
●鳴門金時
●鱧
●いちじく
●トマト
*****************

●まず美しく、食材プレゼンです。

●天ぷらのセッティングがされます。

●海老

パリパリに続いてしっとりと、この絶妙さよ。

●銀杏

季節ものです。

●ばちこ

日本酒と合うのです、そんなに飲まないわたしでもこれはお酒要ります。

●かぶら

じゅわーっとジューシー、甘みたっぷり。旨い旨い旨い(*_*)(*_*)(*_*)

●ふぐの白子

これ濃厚でした。これもお酒を誘います。

●鳴門金時

ほくほくしっとり甘い甘い甘い(*_*)(*_*)(*_*)

これ好き、毎日いただきたい。

●店主の小林紀之さんです。のびのび仕事していらして、ゆったり余裕な感じ。もてなしも優しくて居心地よくお料理をいただけます(^o^)(^o^)

●骨切りした鱧を、長いまま天ぷらに。

●外側ざくっと、中しっとりで、これまたほんとーーーにおいしかったです(T_T)(T_T)

●いちじく

もう最後ですよね、季節的に。揚げておいしさを引き出すとこうなるんかと。

●トマトを所望して、フルーツトマトの甘酸っぱさを楽しみました。

これで天ぷら全部終わりました。

この後、〆ご飯とデザートで、

*****************

●のどぐろの天ばら
●柿と洋梨のコンポート

*****************

●のどぐろの天ばらを、まずはこのままいただきます。

●香の物もおいし。全然違う。

●最後はお茶漬けにしていただきました。

●レモンコンフィがのった、洋梨コンポートと柿。

最後まで、完璧のぺき子ちゃんに美味と思いながらいただきました。

お料理も天ぷらも、ほんとーーーにおいしかったです(T_T)(T_T)

たくさんおしゃべりもできて、楽しさ満載の夜でした。

小林紀之さん、由紀さん、スタッフの皆さんに御礼申し上げます。

一緒に行った人にもー(^o^)

「圓融菴 小林」さん、また来月に(^o^)/

*****************
圓融菴 小林(えんゆうあん こばやし)」
京都市東山区祇園富永町125-2
17:30~
日曜、月曜休み
電話 075-746-7602
2021年7月15日開店

コースのみ、22000円(税込み)
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「鮨 忠保」2021年11月

■ 全国100万人の読者の皆さま、週末、祇園の「鮨 忠保」さんに向かったエリーでございます。

先日クラブエリーでお世話になりました<(_ _)>

その日は満席でわたし着席せず、改めて楽しみに参りました\(^o^)/\(^o^)/

●店主の森田忠保さんです。

人生で風邪というものを一度も引いたことがないと。

睡眠は毎日3時間で十分なのだと。

お話を伺えば伺うほど、頑強にできていらっしゃることがわかり、羨ましいと思います<(_ _)>

●大間のまぐろ、山盛りの雲丹(稀少)、白海老+カヴィア、赤身漬けに中とろ、小肌、茹でたての車海老・・・
すべての加減がよくて、
今回もほんとーーーにおいしかった「鮨 忠保」さんでした\(^o^)/\(^o^)/

*****************

昼のおまかせ(11月3週め)

*****************

鱈白子ぽん酢
************
ひらめ
白甘鯛
かわはぎ、その肝と
ぶり
あおりいか
白海老、上にカヴィア
大間のまぐろ 赤身のづけ
大間のまぐろ 中とろ
雲丹
車海老
穴子(代わりにしまあじ)

鉄火巻き
************

お椀
*****************

*****************

「祇園 鮨 忠保」
電話 075-541-6611

京都市東山区祇園町南側572-9

(花見小路を四条から下ル、西側のひと筋めを西に入ル北側)

昼夜営業、不定休、要予約。

カウンター12席 を満席にせず、ひろびろと営業。

全席禁煙

2017年4月26日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「亀屋則克」わらび餅

■ 全国100万人の読者の皆さま、このわらび餅が大好きなエリーでございます。

●わりと最近のある日のおやつはこれです。
亀屋則克」さんのわらび餅。

こしあん入りです。

ひたすらなめらーか。ふるふるふるふるの口当たりです(^o^)☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 待望の本と映画\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、待望のKindle化、待望のPrime Video化で喜ぶエリーでございます。

やっとやっとです。長らく待っていました・・・

●「日出処の天子」、

山岸凉子さんのいとも美しい絵の漫画、これわたしの好きな数少ない漫画のひとつで、電子化を本当に本当に待っていました。山岸凉子さんて今まで電子化を許されなかったのに、やっとやっと、「読まれるうちに」と許可されたとのこと・・・嬉しすぎます。高校生の時に熱中して読んだ漫画を、40年後iPadで読む日が来るなんて当時思ったでしょうか?(いいや想像もできなかった\(^o^)/)

●なんと、AmazonのPrime Videoに、エリック・ロメール監督のシリーズがどどどどと加わりました。嬉しすぎます(T_T)(T_T)
最も好きな監督のひとりです。エリック・ロメールを筆頭に、フランソワ・トリュフォーとクロード・ソーテの作品なんかが本当に好き。
あまりにも懐かしくて、早く見たくて、まずは「パリのランデヴー」を30分だけ見ました。ほんと時間ないけれどそれでも見たい。
Amazon Primeなら隙間隙間に見ていけると思います。

●エリック・ロメール監督の映画でいちばん初めに見たのは「海辺のポーリーヌ」。それから「満月の夜」だったかしらん。

学生時代、東京で、シネヴィヴァン六本木やシネセゾンなんかに通いに通って見たものです。時間があったなー(^o^)♪

●「夜は短し歩けよ乙女」オーディオブックのaudibleで少しずつ、ネックスピーカーを首にかけて、3週間くらいかけて聴きました。京都が舞台の小説、知っている場所があちこち出てくるんだけど、でもフィクションの中のこと、あり得ない物語・・・それが強烈おもしろかった・・・言葉だけで、これだけの世界を作れるわけ? 全編、最高に荒唐無稽だけど豪華絢爛でした。おもしろかった、圧倒的でした\(^o^)/\(^o^)/

●ネットで連載されていたひろゆきさんの漫画がやっとこさ1冊になりましたー。ダウンロードしたところです。合間に読みます\(^o^)/\(^o^)/

だんな様はひろゆき

*****************
●わたしにおいては食べることだけで、時間も気持ちも胃のスペースももちろん経済もいっぱいいっぱい。(^o^)(-_-;)
でも本を読んだり映画を見たりできないと、それはそれで気持ちが干からびてダメになります。なんで生きているのか?と思う。
「読んだもん勝ち」という気持ちが子供の頃からあって、間隙を縫って、学校の授業中なんかでも、よく教科書の間に文庫本を広げては読みに読んでいました。

ひとり通学路が阪急沿線のみんなと違っていたこともよかった・・・小中高と12年間、片道30分、往復で1時間乗る阪急バスが読書時間でした。

今の方が、ずっとずっとずっと本を読みやすい(映画も見やすい)環境にあるのだから、気持ちや時間を散逸させないで、読みたいもの見たいものにまっすぐ向かうようにしなければと思います。

●そのために端末はけちりませんよっと\(^o^)/\(^o^)/

Kindleはこのタイプの防水仕様を買いましょう(^o^) お風呂ででも読めます。

スマフォでもダウンロードして読めますが、読みやすさ、目への負担が全く違いますから、Kindle専用機を買うことを激しくおすすめしたいと思います。

200gほどの紙のように薄い端末に、新書くらいなら数千冊入って本当に便利、この時代に生きていてよかったと思います\(^o^)/

●カラーの本はiPadで読むのがおすすめ。ウィンドウズのタブレットやPCでももちろん試しましたが、タブレットはこれくらいのサイズのiPad一択だなあとアップル信者ではないわたしが言いますー(^o^)

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「KYOTO BISTRO」朝食 フロマージュ、卵

■ 全国100万人の読者の皆さま、ひとつ前の記事に続いて、パーク ハイアット 京都「KYOTO BISTRO」さんの朝食に、週末前、ふたたび出かけたエリーでございます。

●KYOTO BISTRO BREAKFASTのLOは10時半です。

これは大方の朝食のお客さまがすでに引けた後の店内です。

今回外来でこの朝食をいただきにお邪魔したのは2回め。

1回めはこちらを見てね。

●朝に激弱のくせに(というかわたしは完全に8時間遅れのフランス時間(-_-;)(-_-;))、
おいしいものがあると思えば日本時間で起きられるの出かけられるの\(^o^)/\(^o^)/ 

●今回はフロマージュ全部盛りを所望して、
エポワス、サントモール(シェーヴル)、ブリー、コンテ18か月、フルムダンベール(ブルー)をサーモンやブリオッシュと共にいただき、もうこの初めのお皿だけでも満足。

●こちらの硬めのヨーグルト大好きです。コンフィチュールはオレンジ色の柿が好き。赤いのはリュバーブとトマト。色は好きだがわたしはこれは要らない。ごめん。酸味なら、ブルーベリーがいいと思う。好みの問題です、ごめん(^o^)♪

ドライフルーツとナッツを合わせたものは全摂取しました<(_ _)>

●洛中ど真ん中に暮らすフランス女性・アリアーヌちゃんと共に伺いました。アリアーヌちゃん、クロワッサンを喜びました(^o^)/笑笑笑

他にパンオショコラ、ブリオッシュ。熱々熱熱です。

●をを(^o^)/うるわしいシェフ井料剛さんお出ましになりました。朝から真っ白さわやーか(^o^)☆☆☆

●温かい料理は好きなものを好きなだけどうぞ式で、これが数種類どれもおいしそうで、だから1回の訪問では終わりません。まだ何度か来ないといけない( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
今回はサワークリームを混ぜ込んで作るというスクランブルエッグに惹かれて、シブレットもたっぷりなふわふわたまごを楽しみました。底に所望したほうれん草が仕込まれていました。他に玉ねぎやマッシュルームやチーズを、卵に足してもらうことができます。

●すべての卵料理に添えられるのはこちら。ソーセージやベーコンがまた香りと塩気を与えて旨かったのです\(^o^)/

●そしてもう一品、今回の目標だったのは鶏粥。

山椒風味のクリスピーライス、梅肉、ザーサイ、ラー油が添えられて、味に変化をつけて楽しめます。

●鶏スープベースで作られたお粥、鶏肉もたっぷり入って身体がじんわり温まり、実にいい感じでした。
センスがよくて、おいしくて、言うことない朝食コースでした。
税サ込みで5500円。また伺います。次はパンケーキね(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「KYOTO BISTRO」トリュフのピッツァ/ハンバーガー

■ 全国100万人の読者の皆さま、パーク ハイアット 京都「KYOTO BISTRO」さんに週に何度伺うのですか?のエリーでございます。だっておいしいんだもん\(^o^)/楽しいんだもん\(^o^)/一緒に行った方みんな喜んでくださるんだもん\(^o^)/\(^o^)/

●先週半ばにいただいたもの。

まだ試作品ということですが、ラクレットのピッツァ。トッピングにトリュフと聞いて、いただかずにいられるでしょうか?(いいやいられはしまい。)

風味絶佳というの、圧倒的においしいと思ったのでした。
トマトソースではなくて、マッシュルームのデュクセルが塗られた生地にラクレットとモッツァレッラ。
葉っぱ類はアンディーヴ、クレソン、わさび菜。
上からトリュフ入りアイオリソース。パルミジャーノ。
テーブルでトリュフをばさばさ削って仕上げてくださいました。
旨旨旨旨旨( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)旨旨旨旨旨

もうすぐメニューに載るとのことです。

●全部盛りにしていただいたサラダ。

通称やきとりサラダ+枝豆ファラフェルサラダ。

やきとり風に、甘く焼かれたねぎに、柔らかなロメインレタス、そこに枝豆ファラフェルも海老も合わちゃいましたなサラダ。これが飽きることなく楽しくおいしい\(^o^)/\(^o^)/

●山椒と赤味噌のボロネーゼ、濃厚でやみつきの味です(^o^)☆☆☆

●あ、ついでにこのひと皿も。これはさかのぼること2週間前、宿泊した夜に友人たちと共にいただいたリングイニ、これアップしておりませんでした。
白ねぎが柔らかで甘み強く、ものすごくよく調和していました。いぶりがっこにからすみ。穂紫蘇、柚子。少しおだしもからめたそうな。絶妙なバランスが醸し出すおいしさでした。

●最後に、こちらで初めて、ハンバーガーです。

ビーフチーズバーガー 2200円。
一緒に伺った方が興味を持たれて、それではと半分こしました。
自分からは食べようとしないものですが、
これおいしかった☆☆☆

●黒胡麻バンズがいい香り。中の肉も焼き加減もジャストでベーコンもおいし。

●さらに黄色いソースがお手間入りで、卵黄にマスタード、キャラウエイシード、はちみつ、地ビールなどを合わせたものということ。細めのフリットと。
食べてみてよかったです(^o^)/
Hさまありがとうございました。新たな世界を見せてくださいました。
「フランスでもハンバーガー食べてみて」とすすめられたので、次に里帰りできた暁には食べてみます。
フランスにおいては、ブルーとかセニャンとかアポワンとか、ハンバーガーでも肉の焼き加減を指定できるんだって。
今まで、0.1瞬もハンバーガーをパリで食べようと思ったことはなかったのだけど(というか京都でも食べない)、おもしろそう。
hamburger ハンバーガー、フランス語読みするとアンビュルジェールですね?・・・いやいやハンバーガーで通じると。そうなんか(^o^)

KYOTO BISTRO」さん、次の投稿に続きます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「祇園にしむら」2021年11月

■ 全国100万人の読者の皆さま、先日の夜、「祇園にしむら」さんに伺ったエリーでございます。

お店はすっかり元の活気を取り戻して満室満席、カウンターもいっぱいで、うれしいことでした(^o^)
晩秋のコース、本当によかったです\(^o^)/\(^o^)/

●真葛焼の器で胡麻豆腐でスタートうれし(^o^)

●鯛のうしお椀、ほんとーーーにおいしい(T_T)

●お造りでは鯛が、極端においしい(T_T)☆☆☆
大根おろしが添えられて斬新な感じ。

●鯖寿司は千枚漬がのせられる季節。わたしはこれは撮影のみ。食べたいけれど~(😭)(😭)

●八寸も秋冬仕様でした。

しめじととんぶりに、雲丹/雲子ぽん酢、上から梨のすりおろし/いくら/からすみ、子持ち鮎、ぎんなん、さつまいもの天ぷら(銀杏形)、海老芋の天ぷら。

熱燗を、半合だけいただきました。あった方が絶対おいしい(^o^)♪

おまかせしたら、これは灘の「白鷹」とのこと。熱燗にいいお酒とのこと。

●ぶりはあぶらのりのりのりで実に実に美味。田楽味噌と共に。大根もおいしかったー。

●こっぺ蟹うれし。竜田川のお皿で。

●鮭ご飯香りよし。上に三つ葉。

●ロールケーキはシャインマスカット入り。手前に洋梨、ラ・フランス。

二番手きしちゃん、お菓子作り上手になりました\(^o^)/
食べやすいコース、季節感豊か、本当に美味で全部よかったです☆☆☆

祇園にしむら」さん、また次楽しみに伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 池坊「和と美」展

■ 全国100万人の読者の皆さま、すてきなお花展に出かけたエリーでございます。

●烏丸六角の池坊さんで行われている展覧会「和と美」を見せていただきました。
いけばな発祥の地・六角堂を建立した聖徳太子の千四百年遠忌の年記念ということです。
ビル全館と道場が会場になっていて、ほとんどごった返す勢い、大盛況でした。
作品は、華道家元 四十五世 池坊専永さん、次期家元 池坊専好さんをはじめとして、全国各地の「池坊」のお弟子さんたちによる約850瓶の展示ということでした。技巧を凝らされた花につぐ花、圧倒的な量、見応えがありました。
●聖徳太子像(明治時代・池坊総務所蔵)

●池坊専好さん(由紀さん)の作品。
たくさんの実が上から吊り下げられたスタイルが斬新でした。

型や決まりの多いいけばなの世界というイメージがありますが、こんな自由な表現をしていいのねと楽しい気持ちになりました(^o^)(^o^)/
●いつもと違う角度から見る六角堂がきれいでした。
●最後は池の白鳥さんたちにも会えて喜んだひと時でした。
会期はあさって15日(月)まで。
最終日は最終入場15時半まで、16時閉場です。

池坊

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「鮨 忠保」クラブエリー第2木曜 11月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

 

●11月11日(木)はクラブエリーの高級路線、
以前の朝日カルチャーセンター「関谷江里の京都美味探訪」のメンバーをそのまま受け継いだクラブエリー第2木曜で、
祇園の「鮨 忠保」さんへ。
皆さんに、江戸前のお寿司を堪能していただきました。

●森田忠保さん、スタッフの皆さんお世話になりました<(_ _)>

●満席でわたし入れず(笑)、
近日中に改めていただきに伺います<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「シナジェ」でクラブエリー

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

●11月5日(金)、9日(火)とクラブエリーでお世話になった、東洞院夷川下ルのフランス料理店「シナジェ」さんです。

エントランスに至る、石畳の路地がすてきです。

初回訪問の記録はこちら

●最新機器を駆使して何もかも手作りするシェフの北岸寿規さん(左)は学究肌で、料理というよりどこか理科の実験をしているような感じだったりもするのだけど(^o^)(^o^)、でもでも、その実験がおいしさに結びついているからすごい\(^o^)/\(^o^)/
ヘルプに来てくださったパティシエのゴリさん=石川和良さんの働きも目覚ましく、京都で準備されている新店が楽しみなのでした(^o^)☆☆☆
マダムのはるかさんもありがとうございました。

●ローズエッセンス抽出のための蒸留器(*_*)(*_*)

●美麗で、香りのよいお料理の連続でした。

●高知で珊瑚を見たとたん、この図柄を思いついたそうです。セロリラーヴのチップが珊瑚に挿してあります。すごい。

●ぎっしー=北岸寿規さんと、ゴリさん=石川和良さんの絶妙なコラボレーションでした。

●野菜がたっぷりたっぷりいただけるのもうれしいことです。

●菊花を練り込んだ手作りのラヴィオリを準備している之図です。

エキナセアという花です。「シナジェ」さんのロゴに使われている花びらは、これに由来するということ。免疫力を上げる薬効もあるとか。
*****************
●「シナジェ」さん、改めてお料理をいただきに伺います。
2日間ありがとうございました<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「マールブランシュ」期間限定「贅沢茶の菓」

■ 全国100万人の読者の皆さま、ショコラやカラメルに次いで、抹茶のお菓子が大好きなエリーでございます。

贅沢茶の菓、「マールブランシュ」さんの代表銘菓のひとつ、抹茶を使った「茶の菓」のスペシャル贅沢ヴァージョンです。

●季節の口切の濃茶を使ったラングドシャに、中身のホワイトチョコレートも普段とは違うルセットで作られているとか。
茶葉は「さみどり」の一番茶のみ使われているそうです。
いつもの「茶の菓」も十分抹茶の香り高い商品ですが、やはりさすがに香りがより明確に感じられます。
11月3日発売、期間限定+数量限定で、完全予約制。
木箱に10枚収められていて2700円。

マールブランシュ」さんの、ネットで、店舗で、予約注文できます。

粋な季節の贈り物にすてきです(^o^)/☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 京都ブライトンホテル「蛍」の特別朝食

■ 全国100万人の読者の皆さま、おいしいもののためなら、やればできるのエリーでございます<(_ _)>

京都ブライトンホテル 京懐石の「蛍」さんで、1日限定10食の「特別朝食」

宿泊客でなくても、前日までの予約でいただけるものです。

朝に激弱のわたしですが、やればできた行けば行けた\(^o^)/

最終入店が9時半・・・ということは、うちを9時10分に出ればいいわけね?がんばろうではないの(^o^)/

というわけで、さわやーかな朝、これをいただきに御所西へ向かったのでした。

●「特別朝食」、ものすごく、ものすごく価値あるものでした。

5500円ちょうどです。税サ込みの価格。

美しいプレゼン、よき素材、ジャストの調理で満足感いっぱいお腹もいっぱいに\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

順番にいきます。

●紫蘇香煎がまず供され、

●寄せ豆腐の先付です。

熱いお汁仕立てです。

●その後「象彦」さんのお皿に盛られた前菜で、取肴いろいろ。季節感豊かです。

●焼き物は丹波地鶏の塩焼きと照り焼き、甘鯛の西京焼き。
焚き合わせはにしん、小芋、南瓜、もみじ麩。

●「澤井醤油」さん醤油、海苔、

そして千鳥模様の縁高(これも「象彦」さん)に、

●塩昆布、うなぎ山椒煮、あさり時雨煮、じゃこ。

「打田漬物」さんお漬物5種類、梅干し。

雲丹のお粥(本来はあわびのお粥)
白ご飯の選択肢もあります。

ご飯のお供が縁高に多彩に控えていますから、胃に容量さえあれば、お粥ののち、白ご飯もいただくと思います。

●白味噌のお椀には、焼き茄子、えのき、ねぎがたっぷりと。

●さらに食後にフルーツ、ほうじ茶のブランマンジェ、オレンジのジュレのグラス入りのデセール。

朝からいいものいただいたーの気持ちでいっぱい、本当に満足感がありました。
京都素材に徹して、ぴたりと決まった調理で供されて、ほんとーーーにおいしかったです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
前日までに要予約で、9時30分最終入店。

わざわざ出かける価値のある朝食でした。またいただきたいです。

京都ブライトンホテル

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「よ~いドン!」甘い幸せ、お菓子の新店3

■ 全国100万人の読者の皆さま、今回も激しくおすすめしたエリーでございます。

関西テレビ「よ~いドン!」の「おすすめ3」、11月8日(月)放送でした。

●「伊藤軒 SOU・SOU 清水店」さん、

●ジェイアール京都伊勢丹 「ロマンの森のカフェ」(「マールブランシュ」さん)

●「ル・フィナンシエ・ドゥ・ラ・リジエール」さん
以上3軒の3つのお菓子、どれも本当においしい楽しい(^o^)/
ご協力いただいた皆さまに御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ ROKU KYOTO「TENJIN」クラブエリー

■ 全国100万人の読者の皆さま、待望のクラブエリー
ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resortsさん、

11月8日(月)フランス料理の「TENJIN」で開催です。

 

●鷹ケ峯の空気は澄んで、紅葉がきれいでしたーーー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
いるだけで気分がよいなあと(^o^)

前回9月の初訪問の時に、11月のいつ頃クラブエリーをお願いすればよいのか~?

と判断を迷ったのですが、「山だから紅葉早め、11月の上旬に」というおすすめに従ってよかった\(^o^)/

●アミューズに続いて、帆立貝、紫蘇、ヴィシソワーズ仕立て。

●手長海老、秋の茸、ベアルネーズソース

●丹後ぐじの鱗焼き、ほうれん草と

 

●金華豚、生姜、グリビッシュソース。

わたしはこのひと皿をいただいたのですが、
この豚肉、金華豚に驚きたまし・・・優美な口当たり、瞠目のおいしさでした。

●百合根モンブランに、4種類のベリーソース。

●「TENJIN」さん奥のスペースを貸し切りにしていただきました。

16名の参加者の皆さん、ゆーーーったりお過ごしいただけたと思います。

●外のテラスはこんなの。目覚ましい紅葉の美しさでした。寒すぎず、日差し強すぎず、ジャストに過ごしやすいお天気に恵まれました。

●側を流れるのは天神川です。

●シェフの谷口彰さん、ともっち=料飲副部長の田中智浩さん、お世話になりました(^o^)/
ものすごく好評でした。御礼申し上げます<(_ _)>

またお願いいたします<(_ _)><(_ _)>
★撮影時、一瞬マスクをはずしていただいています。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「木山」NHK文化センター講座11月

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

11月のNHK文化センター講座のお昼(第1木曜)を、「木山」さんにお願いしました。

先週11月4日(木)の記録です。

●しばらく前から昼でも夜でもどんなお客さまでも、
料理写真を撮ってはならぬ(仮に撮っても世間に出してはならぬ)というきまりになっていて、こんなすてきなコースを伝えられないのは悲し過ぎる~~(T_T)(T_T)

●お料理はよかったのです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

そして〆ものも変わらず4種類から選択(全部注文も可)でした。

クラブエリーの貪欲な女たちに、「選択」ではなく「全部」の悪い癖(笑)をつけたのは木山さんです(^o^)

よそのお店で、コースの〆に、

「カレーか、ちりめん山椒ご飯か?」

と聞かれているのに、

「カレーと、ちりめん山椒ご飯。」

と返事してしまう悪い癖をつけてくださったわけです( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●見送りしてくださる段で、写真を撮りましょうと言うと引っ込んでいく木山義朗さん( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

背中が笑っているけど。(^o^)(^o^)

「和久傳」さん男子とその出身者は明確に2系列あって、写真写るのだーい好きな人と、そうでない人と。

義朗さんは昔から後者で、カメラを取り出すだけで踵を返して逃げていく、、(^o^)(-_-;)(^o^)(-_-;)

●最後はさおりちゃんが送ってくれました。

ありがとう\(^o^)/\(^o^)/

●「木山」さん、次は12月にクラブエリーをお願いしています。
変わらず大人気です(^o^)(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「新門前 米村」クラブエリー10月末<(_ _)>

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

アップ遅くなりましたがクラブエリー無限ループの1軒、「新門前 米村」さん10月末の開催分です<(_ _)>

●よねちゃん=店主の米村昌泰さん、お世話になりました\(^o^)/

のれんは秋仕様です。

★一瞬マスクをはずしていただいています。

●美しいひと皿め。毎回お手間入りです<(_ _)>

●カウンターとテーブルにお邪魔しました。

●トリュフを削りにテーブルに来てくれた之図。

●箱入りでたっぷりのデザートも、季節感がありました。

●毎月替わるガラスケースの中の作品を解説してくれます。よねちゃんは本当に粋な趣味人です。

次の回もお願いしてきました。

今回もお世話になりました<(_ _)>

追ってメニューを貼り付けます<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろ11月7日:こっぺ蟹解禁\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ 報告のエリーでございます。

2021年11月7日(日)夜、「リストランテ 野呂」(20時半LOに戻っています。22時閉店。)
訪問268回目。19時過ぎスタートです。

●さて、この週末は解禁なったこっぺ蟹でしょう\(^o^)/
これを楽しみに出かけました。
・りんごときゅうりの鬼おろし酸味のジュレで、
・オリーヴオイルと塩で、
しっかり味わいました。
パスタもこっぺ蟹の身と卵入りトマトソースで。
おいしかったおいしかったおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

*****************
●かぶらのスープ、たっぷりの振り柚子(温製)
●魚介のサラダ仕立て3点盛りで、
リースリングと共に、
*****************
・はがつおの炙り、トマトぽん酢、鬼おろし、ドライトマト、ねぎ
・雲丹、いさきとおおもんはたのタルタル、上に大葉、下にりんご
・柿とストラッキーノ、バジルソース
*****************
●こっぺ蟹の冷製 りんごときゅうりの鬼おろし酸味のジュレと
●看板のミンチカツ久しぶりに
●こっぺ蟹のパスタ トマトソース
●完熟メロンとデザートワイン
●飲んだのはペリエと黒豆茶
*****************
●以下、順番にいきます。

●かぶらのスープ(温製)、たっぷりの振り柚子

これシンプルながら、ものすごく美味。

●としちゃん作の、魚介のサラダ仕立て3点盛りで、
リースリングと共に、
*****************
・はがつおの炙り、トマトぽん酢、鬼おろし、ドライトマト、ねぎ
・雲丹、いさきとおおもんはたのタルタル、上に大葉、下にりんご
・柿とストラッキーノ、バジルソース
*****************

よいバランスでした。はがつおおいしかった、、

●こっぺ蟹の冷製 

●りんごときゅうりの鬼おろし 酸味のジュレと、

オリーヴオイルに塩という組み合わせでいただいてみました。

じゃばらきゅうりもうれしかったです(^o^)

●看板のミンチカツを久しぶりに選択(^o^)/

ほんとーーにおいしい(^o^)☆☆☆

●こっぺ蟹のパスタ トマトソース

これも蟹を贅沢に使ってありました。

いつもの「自家薬籠中のパスタ」よりは少しトマト風味を濃いめにしてもらいました。

●さて食後は、完熟メロンにデザートワインです。

●これが完熟の熟熟で、溶ける寸前という柔らかさながら甘みをたっぷり抱え持っていて、実においしかった\(^o^)/

●りすのろ楽しいおいしい、まだ気が済みません。気が済むまで行きます<(_ _)><(_ _)>

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、

17:30~20:30LO、22:00閉店
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席

離れもあり
2017年6月13日開店
************

ウエブサイト

リストランテ 野呂
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ルボンヴィーヴル」栗とフロマージュのタルト

■ 全国100万人の読者の皆さま、「Le Bon Vivre ルボンヴィーヴル」さんが大好きなエリーでございます。

烏丸通佛光寺角の、「進々堂」さんによるブランジュリ兼フランス料理店。

オープン時の料理監修が「ブション」松井知之さんだったので、大好き「ブション」さん料理がいただける、家から極近の便利なお店としてしばしば伺っていました。
しかし先日来がらりとお料理が変わっていて・・・
2900円でディネがいただけるのはしばらく前からのことだったと思いますが、見たことないメニューが並んでいて、
もちろん新メニューを試しました。

●アミューズに生ハムとエスカルゴのカナペ。

●ゴルゴンゾーラと栗のタルト いわしのソテとハリコベサラダ
これおいしかった\(^o^)/栗入りのゴルゴンゾーラのタルトって言われたらそりゃ選択するでしょう、いわしの、塩気の効いた香味もたまらない。
しかし「ハリコベ」サラダって何?
ものすごく考えて、もしかして、haricot vert (アリコヴェール、青いんげん豆)のこと??と思って尋ねてみたら、何と正解でした。ハリコベって言うの? 知らなかった( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●鶏肉とポルチーニのフリカッセをメイン料理に選択。

●デセールではなくフロマージュを選択。
エポワス/カマンベール/サントモールドゥトゥレーヌ。
●お料理と共にいただいた「進々堂」さんのパン3種類。もちろんおいし(^o^)☆☆☆
*****************
このお値段で、これだけいただけるのは本当に価値があります。
「ブション」さんの、あのどこまでもフランスな感じとはまた違うけれど、でもでもフロマージュも揃っているし、うちからすぐの近さもありがたく、「Le Bon Vivre ルボンヴィーヴル」さん、また伺います(^o^)/☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「KYOTO BISTRO」の朝食、その2 ヌードル旨\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、ひとつ前にアップした記事の後、どうしても本来のパーク ハイアット 京都「KYOTO BISTRO」さんの朝食をいただきたくて、というか食べなければ気が済まず、わりと最近の朝改めて出かけたエリーでございます。

●朝食LOは10時半です。これはすでに朝食のお客さまラッシュが終わった後の時間帯です。

●これが「KYOTO BISTRO」さんの朝食メニュー。アラカルトもありますが、初回はセットでしょう。

5500円の価値が十分過ぎるほどあるメニューでした\(^o^)/☆☆☆

上は「ビストロブレックファスト」を注文したらデフォルトで供されるもの。

ジュースは選択、ヨーグルトかミューズリーも選択、そしてサーモンかハムかも選択。

以下の温かい料理が選択で、好きなだけどうぞと。

●卵料理やパンケーキ類の他に・・・鶏粥にフライドヌードルって楽しそうじゃない? (^o^)(^o^)/

●ジュースはヴェジタブルを選択。

にんじん、パイナップル、オレンジ、生姜のジュース、これおいしかった\(^o^)/

●ハムはジャンボンブラン、フロマージュは選べて、エポワスとサントモール(シェーヴル)、野菜も安納芋とかシャンピニョンとか、いやーんおいしい\(^o^)/\(^o^)/

フルーツはいちじくとシャインマスカットにぶどうのジュレ。

ヨーグルトは水分量少なめ、しっかり硬めで食べ応えあって好きなタイプ。

これだけでもかなりの充実感です。

●ヨーグルトはわたしはプレーンのままでも十分いただけるのですが、こんな楽しいものが添えてあってまたうれし。

ミューズリーに、赤いのがリュバーブといちごのコンフィチュール、そしてオレンジのはあんぽ柿をたたいたものということ。これが圧倒的に好きでした。そのままだと甘みが強すぎるからレモン汁を足したということ。なるほどほんと加減がよかったのでした。

●総料理長さま、毎度お騒がせいたします<(_ _)><(_ _)>

この朝食をいただいて、わたしは再び精神の安定を得たのでした(^o^)/

●熱々のクロワッサンとパンオショコラ。これもおいし☆☆☆

そしてここからが、選べる温かいお料理です。

●フライドヌードル 小海老、チリ、鰹節

フライドヌードル=つまり焼きそばです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

これが上海麺みたいな、やみつき的な味でした。XO醤に、サンバルにオイスターソースと伺ったけれど、何なのこのおいしさは? 箸が止まらんの。食べ終わってもまだまだ食べたいの(^o^)☆☆☆

アジアンヌードルな味なのに、上にゆらゆらかつお節というのがまたよかったです。

●ブリオッシュフレンチトースト バナナのカラメリゼ メープルシロップ

●そもそも生地がリッチなブリオッシュベースのフレンチトースト、ふわっふわっふわっの食感で、フルーツが彩りと香味を添えてものすごくよいバランス。そして、カラメリゼされたバナナうまーい\(^o^)/

これは理想的なフレンチトーストでした。旨旨旨と頭の中でファンファーレが鳴りました。これまた繰り返しいただきたいと思います。

●うう、これは、鶏粥もいただきたい、パンケーキも絶対食べたーい。というわけで、これから何度か食べに通うしかありません。

5500円のこのセット、とても価値がありました。

●そして、クラブエリー朝活なんてことを思いついたのでした\(^o^)/\(^o^)/

クラブエリースタート当初(2014年~2015年)、「クラブエリー朝食会やってください」なんて何名かから言われたのに、朝に激弱なわたし、「無理無理無理」と0.1瞬で皆さんのご要望を却下しておりました。

大変失礼いたしました<(_ _)>

この朝食のためなら起きられるじゃない? ということで、来年、初めてのクラブエリー朝活をやりたいと思います\(^o^)/

●「KYOTO BISTRO」さん、今日も皆さんに優しくもてなしていただきました。ありがとうございました<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「KYOTO BISTRO」の朝食、その1和朝食

■ 全国100万人の読者の皆さま、ひとつ前のアフタヌーンティに続いて、パーク ハイアット 京都 朝食の話です。

先週、宿泊した際の朝にいただいたものですが、宿泊客でなくとも朝食に訪れることは可能です。

●「KYOTO BISTRO」さんの朝です。和朝食のLOは10時ということで、10時までには入店しなければ。

(和朝食以外は10時30分LOです)

これは9時台のだいぶ後半です。朝食の他のお客さまがすでにひかれた時間帯です。

●事前に予約してありましたので、この状態で用意されていました。

●煎茶と、小さな先付のひと品(お浸し)の後に、このセットが供されます。

●だし巻きや炊き合わせに取肴いくつか。

焼き魚が鰤の西京焼きに黒豆と菊花大根で、普通の和朝食の鮭の塩焼きなどと比較して高級感があります。

●客ごと炊きたてのご飯(丹波米こしひかり)がいただけるのが売りのようです。

味噌汁は宍道湖のしじみと三つ葉入り。

●食後に柿が供されました。

以上で本体価格に税サで6050円。これは10月末現在のお値段で、11月1日以降は7150円になっています。

これは何というか・・・ここで和食の朝食をどうしてもいただきたい場合の選択肢であるということだと思います。

「京大和」さんの和朝食体験については実際にいただいたことで気が済んで、やはりこの「KYOTO BISTRO」の朝食の、焼きそばとか鶏粥とか、楽しそうなメニューを見るにつけ、むむ、改めて朝食を食べに来たいという思いを強くしたのでした。

●・・・なんて思っていたらゆきさん登場\(^o^)/

ゆきさんとは料飲マネージャー細谷晋規(ゆきのり)さん、顔は日本人だけどスペイン生まれ育ち。陽気なスペイン男で、言語も実は日本語よりスペイン語の方が楽なんだって(^o^)(^o^)

いつも明るいわ、おもしろいわ\(^o^)/\(^o^)/

●をを、うるわしい総料理長お出ましで、さっそく写真を撮ろうと思いますがゆきさん動きすぎです(^o^)

●朝の9時台からさわやーかな井料剛さんと、朝の9時台からテンション高い細谷晋規さんです。

★撮影時、一瞬マスクをはずしていただいています。

で、この方々が去られた後には、

●アシスタントマネージャーの張 春勝さんがみっちり話をしてくれて、つまりみんなで寄ってたかってわたしを楽しませてくださったのでした。

★撮影時、一瞬マスクをはずしていただいています。

わたしひとりで放っておかれても全く平気なんだけど、皆さんお気遣いありがとうー(^o^)(^o^)

しかしこのモンゴル出身の張さんの、留学から日本社会になじむまでの話、そして日本語をどうやって身につけたかの話は感動的でした。言語習得に最も必要なのは人なつこいことなんだろうなあと感じ入ったひと時でした。

●11時過ぎ、お昼営業で混みそうになる前に「KYOTO BISTRO」さんをおいとましてきました。チェックアウトを14時まで延ばしていただけるということで、それならこのすばらしい環境でもうひと仕事しなければとお部屋に戻ったのでした。

●次の記事に続きます。改めてこちらで朝食をいただいたという話です。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ザ リビングルーム」アフタヌーンティというコース料理

■ 全国100万人の読者の皆さま、1週間前の記録です。10月最後の週にパーク ハイアット 京都さんに1泊、優美なラウンジ「ザ リビングルーム」でお昼にいただいたアフタヌーンティの全容です。

このアフタヌーンティ、段々のトレイで供されるサンドイッチやパティスリのセットではなくて、できたてのお料理数皿からなるコースなのです。

すでに、

*****************

2020年7月のアフタヌーンティ

その後8月に開催したクラブエリー、アフタヌーンティをベースにしたスペシャルなコース

2020年12月のアフタヌーンティ

2021年6月のアフタヌーンティ(いろいろ混載の記事です<(_ _)>)

*****************

で、粋なアミューズのようなお料理がそれぞれお茶と共に供され、ひと皿ごと心躍る楽しさということはすでによく知っています<(_ _)><(_ _)>

けれど今回、また新たな驚きがありました。

以下順番にいきます。
(標準メニューの中にわたしが食べられないものがあり、一部差し替えをしていただいています。)

●(オレンジ色のが)サーモン野菜巻き
紅芯大根、かぼちゃ、きゅうり、セロリをサーモンでくるりと巻いたもの。
はちみつと白ワインヴィネガー
水切りヨーグルト
●(紫色のが)カシスといちじくのムース
カシスのソース

●合わされたお茶は、カモミールと煎茶のオリジナルブレンド、冷製です。(京都)

●次のお茶はがらりと変わり、生姜風味の黒豆茶(京都)。黒豆茶の風味豊かな香味に生姜を合わせるとは斬新なことでした。

●(左側の丸いの)百合根の丸ごとロースト
粉を打ってトリュフバターで焼いたもの。
上からおろしたトリュフ、トリュフとシェリーヴィネガーのピュレ。
●(右側の三角の)サワーブレッドに、マッシュルームのデュクセル、その上に薄くスライスしたトリュフ。
パルミジャーノと白ワインを合わせたムース、シブレット。

●この、百合根の丸ごとローストが圧倒的なおいしさでした。そもそも大ぶりで特別上質な百合根だったと思いますが、丸ごとローストとのことで、熱々でほくほく、そこにトリュフの香味がまとわりついて、もうもうどうしましょう(*_*)(*_*)というレヴェルのおいしさでした。お芋ともまた違う食感で、完全に心を奪われました。

●次に供されたのはこちら、なんとモンブランもなか\(^o^)/

中に生姜風味のアイスクリーム。上に渋皮栗、針生姜。

●これはウエルカムシャンパーニュと合わせましょう。

●なんともなかの皮にはパーク ハイアット 京都のマークが焼印であしらわれていて、意表を突かれました。
このマークでどうか赤いチャームを作ってください。バッグにつけます、首から下げます(^o^)/

●次のお茶は、燻製にしたほうじ茶(茨城「長野園」)が添えられて、

●近江牛のミンチカツです。
粗挽きにしたミンチカツ、上に静岡のわさび、卵黄のコンフィ
赤ワインヴィネガー入りの、赤ワインソース

これもまた圧倒的においしかった(T_T)(T_T)

●シャインマスカットとシャンパーニュのグラニテ、

シャインマスカットの甘みにしゃりしゃりのグラニテが食感と香りを添えて、目覚ましくさわやかでおいしい(^o^)

●最後の一品。スフレが運ばれます。理想的にきれいに膨らんで、この図を眺めるだけでも幸せです。

●洋梨とチョコレートのスフレ、お皿に洋梨のパット・ドゥ・フリュイ
●お茶は、グラス入りで熱い抹茶(京都「古畑園」)

いやもう本当に粋で美味、毎回メロメロになり、何度でもいただきたいと思うアフタヌーンティ(というコース)でした。

続けて「KYOTO BISTRO」さんでいただいた朝食をアップします。

パーク ハイアット 京都
*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「御所 岩さき」初訪問

■ 全国100万人の読者の皆さま、楽しみにしていた「御所 岩さき」さんでお料理をいただいたエリーでございます。

先日10月31日に、外観と内観を撮らせていただいた記録こちら

11月1日オープン。釜座通から間之町通へ移転された
「岩さき」さん改め「御所 岩さき」さんです。

●今のところ夜のみ営業、

お料理はコース15000円(+税サで15%=17250円)のみ。

以下順番にいきます。

●温かい柚子茶でスタートします。

その後食前酒を注いでくださいます。新潟の「菊水」をひと口。おいし(^o^)♪

●ひと皿め、ひし蟹のむしり。丸芋豆腐、生きくらげをさっと湯通ししたもの、土佐酢ジュレ、蟹みそ、生姜。
酸味ほどよくひし蟹の旨味を引き立てて、とても粋なスタートです。

●店主の岩崎義則さんの故郷である京丹波町の黒豆の枝豆。

●大粒で、香味濃厚、本当においしーい(^o^)

●お椀すてき、この赤好き(^o^)

●胡麻豆腐のお椀、白味噌豆乳仕立て。

輪切りにした銀杏、煎った松の実。振り柚子。

●お造りは、すだちと土佐醤油が添えられて、

●お造りその1 甘鯛ねっとりでうっとり。ほんとーーーにおいしい(^o^) 辛味大根の鬼おろし、わさびと。

器がとてもすてきで、諏訪蘇山のものと教えていただきました<(_ _)>

●お造りその2 甘海老。さっと炊いたみそと。しゃりしゃり長芋。旨旨旨でした(*_*)(*_*)

●厚めスライスのぶりがプレゼンされまして、

●ねぎや茗荷たっぷりのぽん酢おろしがまたおいしそう♪

●をを\(^o^)/ 目の前で焼いてくださるのです。水菜と合わせて・・・

●さっと焼いたぶり、じわじわじわと実においしかったです(T_T)(T_T)

●水菜とよく合っていました。

●すだちも添えられました。

●お皿を替えてぶり2切れ目。

まだ2名態勢でやっていらっしゃいますから、

洗い物を増やさないでいいのにと恐縮します<(_ _)>

●なめこと菊菜のお浸し、上からたっぷりの削り節。

かつお節の香り、ふわふわふわの食感たまらなくいいです。お浸しの加減もジャストでした。

●お次は、こんな初めてのスタイルで、

●蒸し物の登場です。

●織部の美しい器に、蒸した鯛、かぶら、焼き椎茸。柚子蒸しというのか、柚子の香りが馥郁と立ちのぼり、これは本当に夢のようなひと皿でした。

●柚子を動かしてみたらこんなね。昆布の旨味も移って上品ながら後を引くおいしさ。スープ全飲みしました。

●最後に焼き物で、鴨肉です。山椒醤油と。滋賀県の信長ねぎは甘みが強くてこれも非常に美味でした。

●ご飯プレゼンです。炊きたての白ご飯、こんなおいしいものはあるでしょうか?\(^o^)/\(^o^)/

●一膳目、香の物と共に少しいただいた後、

●これらが控えているのですよ。これを味わわないと♪

●まぐろのづけ、ではなく、たたいたまぐろの上から、吉野の食いだし(=濃いめに味をつけただしに、葛でとろみを付けたもの)をかけただけということ。

そこにうずら卵の卵黄をのせて、混ぜもっていただきます。旨旨旨、、(*_*)(*_*)

●白ご飯おいしくておいしくて、2膳目です。

粟麩入りの止椀も供されました。

●食後の甘味は、代白柿とふのやき。とろとろとろの代白柿をいただいたら、

●ぱふぱふのふのやきです。あんに胡桃が混ぜ込まれていて、食感が楽しかったのでした。

これで全部終わり。いやもう、本当に充実のコースでした。かんぺきのぺき子ちゃん状態においしかった♪♪

●そうそう、飲み物メニューはこんなでした。ペリエなど炭酸水がなかったので、次回からどうかとお願いしてきました<(_ _)>

長野の「大雪渓」を、おまかせに従って少しいただきました。

●店主の岩崎義則さん、二番手の関口晨さん、ありがとうございました。

来月クラブエリーをお願いしています。

皆さんどうぞ激しく楽しみにいらしてくだいね(^o^)♪

★3日間お願いしているうち、追加していただいた最終日にのみ残席1席あります。

*****************
「御所 岩さき」

電話 075-748-1128

(予約の電話はできるだけ10時から16時の間に。)
京都市中京区間之町通丸太町下ル東側
(大津町660)

★今のところ夜営業のみ。

★料理はコース15000円(+税サで15%=17250円)のみ。

水曜休み

カウンター6席、テーブル3席

要予約
2007年2月8日 釜座通御池上ルで開店、

2021年11月1日今の場所に移転開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

 

■「冨美家」あんかけうどん

■ 全国100万人の読者の皆さま、うどんが好き、おあげが好き、あんかけが好きなエリーでございます。まさにあんかけ+生姜の季節になってきました\(^o^)/\(^o^)/

あんかけうどんです。

先日のある夕方、少し寒くて、おだし、おだし、お揚げ、お揚げ~~という気持ちになって飛んで行った「冨美家」さんです。

堺町通、錦上ルの方のお店(本店)です。どちらも大好きだけど、錦の中にあるお店(錦店)とは少しメニューが違います。

●こういうものです。

ふくむとおだしがしみ出るきざみあげ・・・まさにその通りです\(^o^)/

●あんがとろりんとお揚げ、九条ねぎ、うどんにからんで、熱々で、染み入るようにおいしいのです(*_*)(*_*)
冨美家」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ごだん 宮ざわ」2021年10月のコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、先週の前半、少し久しぶりに「ごだん 宮ざわ」さんに伺ったエリーでございます。お料理もしつらいも変わらず格別で、心底よかったです(T_T)(T_T)

●食前酒に供されたのは宮城県「墨廼江」プレミアム。

●魯山人の器で、ぼたん海老 柿なます
干し舞茸 胡麻酢和え、つるむらさき

●飲み物は、ペリエ・・・と言いかけて、緑茶があることを思い出して冷たいお茶を2杯いただきリラックスしたのでした。

さえみどり→玉露かぶせ茶。各660円。

●一緒に伺った方は「十四代」があることを喜び、2種類とも飲まれました。

●これね。わたしも少しいただきました。ありがとうございました<(_ _)>

●お椀は、れんこん餅、中にひし蟹 薄葛仕立て

●はた、本まぐろ、赤雲丹。
汲み上げ湯葉

●乾山のお皿で、枝豆の焼き胡麻豆腐、上に帆立

●魯山人写しのお皿で、飯蒸し、上に自家製からすみ

●きれいなお皿でした。魯山人作の元のお皿を宮澤さんは持っていらして、そこから写しを作ってもらったのだと。

●現川(うつつがわ)のお皿で、春巻き。
中は海老しんじょう、銀杏、むかご、白いちじく

●みすじ肉炭火焼き、おろしぽん酢で。
吸坂手6寸皿とのことです<(_ _)>

●400年ほど前の青磁のお皿で、
酢締めにしたかますと、万願寺とうがらし

●古染付のお皿で、甘鯛と黄にらの煮付け

●蕎麦を、からすみで。(おだし蕎麦の選択肢もあり)

●炊きたてのフレッシュ感のあるご飯をひと口、お漬物たっぷりと。

この後もう一膳いただきました。

●止椀も。

●甘酒で甘みをつけた麹豆腐、とろりんと甘いのは黒糖と和三盆と琥珀糖で作ったシロップ。
●栗きんとん

●シャインマスカットといちじくの葉で香りをつけたソルベ(果肉や果汁使わずとのこと。)

●かんぺきなお料理ともてなしでした<(_ _)>

店主の宮澤政人さん、マスクがある方が楽なんだって(^o^)
相変わらず静かで上品な方です<(_ _)>

●お薄をいただきご馳走さまでした<(_ _)><(_ _)>

お料理は上品、何もかもが上質、ひたひたと幸福感に満たされました。

以上夜の19800円(+サ10%)のコースでした。

●なんとーーー偶然、おとなりにはこの方が~~(^o^)(^o^)

アクリル板ごしですが、となりにいて下さって おもしろかった 勉強になりました<(_ _)><(_ _)>

この方とはこちらのこの方です。ちなみに今年の初めの、びっくりゴージャスだった七草お昼の記録です。

 

 

●「ごだん 宮ざわ」さん、本当に本当によかったです。
もっとまめに伺います<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************