■「カンティーナ アルコ」ズッキーニのパスタ

■ 全国100万人の読者の皆さま、「カンティーナ アルコ」さんで遅いお昼を楽しむのが大好きなエリーでございます。

先日のあるお昼、メニューにこれを見つけて、注文せずにいられたでしょうか?(いいやいられはしなかった。)

ズッキーニまみれのフジッローニ

きゅうり、瓜、ズッキーニが大好きなわたしです。いい季節です。

こんがりおいしそうなズッキーニが山盛り、塩気とチーズっ気がたまらん\(^o^)/

ズッキーニ食べられない人ごめんであるよ\(^o^)/

●フジッローニという大きなぐるぐるパスタです。ぐいぐい食べ進みます。噛みごたえが心地よくて、ソースがよくからんで、ほんとーーーにおいしい\(^o^)/☆☆☆

●14時~16時半LOの昼営業、わたしにとってはクラブエリーが終わってからの遅昼に最適のお店です☆☆☆

●パスタが用意されるまで、1ドリンク+小さなアミューズを味わいます。これは白ワインと自家製ツナ。

●前菜もいただきますよっと。こんなに盛り盛り充実の内容で450円、本当に価値があります。

カンティーナ アルコ」さん、しばらく前に出かけてアップできていない写真が5回分あり、それぞれ忘れがたくおいしかったので、必ず出しますー。

もうもう本当に幸せです、こんなすてきなお店と料理に恵まれて(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ Amazon 最新 Fireを買うか?

■ 全国100万人の読者の皆さま、料理写真が溜まり積もっていますが、まあたまに違う話もしたいと思います。

Amazon Fireの最新デバイスを買うか?

という逡巡の中にいるエリーでございます。

タブレットはiPadに決まり、と思っているのに、

出たばかりの Fire 最新型は6980円という買いやすい値段、もっぱらKindle読み上げ用にいいのではないか?

NEW Fire 7 タブレット – 7インチディスプレイ 16GB (2022年発売)
6980円

●いろいろ見られるみたいだけど、わたしはKindle専用にするのです。

fireでKindle本を立ち上げると、全部読み上げしてもらえるという、それだけの用途のために、再び持ってみようかと思うのです。

いままで3~4台fireを使い、そのたび結構すぐに手放してきたのですが、今年発売のモデルはだいぶヴァージョンアップしたという噂をきいて、、

あの電子音の読み上げ、前よりは聴きやすくなったかなあ、、学習を積んで、市川海老蔵を、「いちかわえびくら」なんて読んでいないかなあ?

でもまあこのお値段でしょう、7000円しないというのが魅力だし、読み上げ専用は便利ではないか、、Audibleはまだまだ本少ないし・・・

 

●これKindle版で読んでいますが、

パリ歴史探偵」宮下志朗 講談社学術文庫

こんなのも読み上げしてくれたら、楽だなあ♪

自転車に乗りながらでも聴けるなあ♪

●プルーストも読み続けるのは大変でも、聴けたらいいのではないか?

フランス文学出身というのに、白状するとこの長大な物語(登場人物は500人以上)の全巻は読み通せていません( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

高遠先生の訳文読みやすいです。これなら読めるかもと思う。

聴くならもっと楽だと思う。ずっとかけておけばいい。

失われた時を求めて」高遠弘美訳 光文社古典新訳文庫

●こちらが先かな(^o^)(^o^)

これもまだ最後まで読めておらず、鹿島先生すみません(^o^)<(_ _)>

失われた時を求めて の完読を求めて」鹿島茂

●これ待っていました、Kindle化を。

よいですー(^o^)これは1ページずつ、写真を見ながら読みます。

フランスの小さくて温かな暮らし 365日」トリコロル・パリ

●この本、Kindle版ですでに読んでいましたが、

物語 パリの歴史」高遠弘美 講談社現代新書

なんと、Audibleになっていて、再び聴き始めました。

Audible、しばらく前に聴き放題になった時、改悪か?と思いましたが、聴き放題の本がどんどん増えて、このごろは気に入って聴いています。

Audibleの始め方(無料スタートあります)

●辻邦生先生、7月29日の命日に、これを読み返しました。

地中海幻想の旅から

*****************

NEW Fire 7 タブレット – 7インチディスプレイ 16GB (2022年発売)
6980円

買う5秒前のエリーであります(*_*)

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「而今 平たて」クラブエリー7月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー大盛り上がりで喜んだエリーでございます。

●クラブエリー「而今 平たて」さん、7月27日(水)、28日(木)、29日(金)と3日間、お昼お世話になりました。

店主の平舘亮祐さんありがとうございました<(_ _)>

初回訪問の記録はこちら

●一品でいただけるお料理屋さんですが、今回はもちろんコース仕立てにしていただきました。

●鱧に、梅酢のジュレ。白ずいき、冬瓜。

●このお椀、丸(=すっぽん)仕立てで、旨味強くてほんとおいしかった。

あわびに、白アスパラガス、賀茂茄子。

●お椀の蓋にこうもり模様があったのだけど、裏には鹿の角と霊芝が描かれていて、

こうもり、鹿、霊芝で縁起のいい3点セットということを学びました。

●お造りは、鯛はわかるとして、手前が穴子の薄造りでした。(3日間で少しずつ違いましたが。)

●鮎は、シンプル塩焼きと、鮎寿司と。

●新じゃがを極細、お素麺状態にしたものに、北海道の雲丹。

●焼き立て熱々のうなぎでうざく。

●牛ほほ肉 実山椒白味噌仕立て。

数時間かけてじっくり火を入れた牛ほほ肉ということで、歯が要らんほど柔らかでした。

山椒が効いた白味噌仕立てで、これ実に実に旨かったです。

●ご飯プレゼンです。

鱧と、バターソテした貝柱に、とうもろこし入り。

とても風味豊かなご飯でした。

●皆さんおかわりされていました。最後まで感動深いコースでした。

●黒蜜プリンと書いてあったけれど、卵っ気はなく、生姜がよく効いたブランマンジェでした。黒蜜がかかっていることで、蜜と生姜=冷やしあめ的な味。

いちじくも風味を添えて、粋なデザートでした。

●おにぎりを持たせてくださって、ご馳走さまでした<(_ _)>

●クラブエリー@「而今 平たて」さん、予想通りに大好評でした\(^o^)/\(^o^)/

平舘亮祐さんありがとうございました。
真空ちゃん、のーりーにも御礼です<(_ _)>
参加者の皆さんもありがとうー(^o^)/
次は11月にお願いしています。

*****************
「而今 平たて」(じこん ひらたて)
電話 075-221-2288
京都市中京区車屋町通夷川上る東側(少将井御旅町352-1)
15時~17時(酒と肴)
17時~22時

(一品料理と、前日までに要予約のおまかせコース11000円、16000円)
月曜休み
カウンター7席、半個室4席
2022年4月15日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「東山ゆう豆」NHK文化センター講座7月

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告でございます。

NHK文化センター講座7月は「東山ゆう豆」さんにお願いしました。

湯葉は変幻自在、炊いても焼いても刺し身でもおいしく、何と合わせても調和のよいお料理になることが見事と感じ入るコースでした。

●最後のご飯、デザートまで、とてもおいしくいただきました<(_ _)>

東山ゆう豆」料理長の日根野谷 誠(ひねのや まこと)さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

参加者の皆さんにも御礼申し上げます。

また伺います<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ごだん 宮ざわ」2022年7月のコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、ひとつ前の、「ごだん 宮ざわ」さん6月のコース に続いて、先日いただいた7月のコースの記録です。

●いつも通り湯桶ひと口、食前酒ひと口の後に、先付です。

春海バカラのガラス碗で、毛蟹たっぷり。おくら、じゅんさい。

●鱧のお椀、上にくちこスライス。

●こちの洗い

●焼き胡麻豆腐の、とうもろこしヴァージョン。

●安曇川の鮎。骨は抜かれています。

●穴子寿司

●あわびと、ミニミニピーマン

●白甘鯛の天ぷら、上にモロッコいんげん、みぞれ仕立ての天だし

これものすごくおいしかった(T_T)(T_T)

●乾山のお皿 見せていただきました<(_ _)>

●またサイズ違いの春海バカラのガラス碗で、にしん茄子。

おばんざいという感じではなく、エレガントな味わいのにしん茄子です。

●店主の宮澤政人さんがあんをかけているのは・・・

●さきほど骨抜きした鮎の、骨をパリパリに揚げたものです。

甘酢あんがかけられました。

●ご飯の旨いこと変わりありません。

追いかけて、止椀も供されました。

●ご飯前にお腹のふくれ具合を聞いてくださって、胃にスペースがあれば蕎麦もいただけます。

おろし蕎麦、おだしの蕎麦、からすみ蕎麦も選択可能でした。

わたしは今回はお蕎麦パス・・・たくさん食べられなくなったことが残念過ぎますがしょうがない。次回いただきましょう。

●青梅ソルベにシャインマスカット。

こちらはラリックで。

●またバカラで、なめらーかな水ようかんです。

●お薄でごちそうさまでした<(_ _)><(_ _)>

かんぺきなコースでした。もうほんとーーに、申し分なくおいしかったおいしかったおいしかった(T_T)(T_T)

素材よく品のいいお料理、これだけ幸福感に包まれるか、と思ったのでした。

●ちなみに、

食事後半はラリックのミュルーズで冷たい緑茶をいただきました。

●見てよこのラリックの連なりを、、ごく一部を見せていただきました。( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

ごだん 宮ざわ」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「ごだん 宮ざわ」2022年6月のコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、「ごだん 宮ざわ」さん6月下旬の記録です。
7月もつい先日出かけたところで、次の投稿でアップいたします<(_ _)>

●煎り米の湯桶ひと口でスタートです。

食前酒もほんのひと口いただいた後、

●鳳貝(おおとりかい)に、ししとうやピーマンに似た、外来の野菜。

スペイン原産のもので、岩手県で作られてる、パドロン というものでした。

●鱧の葛たたきのお椀。じゅんさい、長ひじき。

●しろしたかれいの洗い。

●優美な舌ざわりでした。

お皿は江戸時代のガラス器ということ。

●いつもの焼き胡麻豆腐

●飯蒸し、赤雲丹、焼き海苔。

●くえの幽庵焼き、ヤングコーン。緑色は、おかわかめ。お酢と太白油を合わせたものをシュッとかけて炭火で焼いたものと。

●鮎の天ぷら、たでもパリパリです。

●甘海老と岩もずく、山芋、柚子

●とり貝の天ぷら。

天ぷらにしてもとり貝の食感や甘みをこれほど感じられるのかと。本当においしかった(T_T)(T_T)

●乾山の器、風情がいいです。

●これも美しい器です。ガラスの飯碗使い、なんというお宝でしょう。

中は黒毛和牛と賀茂茄子、白味噌あん。

●はるみバカラと呼ばれるもので、明治~大正期に、大阪の春海商店が佛國バカラ會社に発注したものですね。箱書きを見せていただき、佛國バカラ會社製 の文字列を見ただけで感動的でうるうる。すごいなあと。

●なんと、同じシリーズのグラスもお持ちでした。金縁千筋で、実に華麗です。

水を飲ませていただき、少し手に重い感じがしみじみよいなと。

●お蕎麦はパスして白ご飯です。2膳め3膳めで蒸らしが進んだ分口あたりも変わります。

際限なく食べたいと思います。

止椀も供されました。

●ガラス皿がすてき。青梅ソルベがのせられてきました。

●葛もちが供され、

●お薄をいただきご馳走さまでした<(_ _)>

ごだん 宮ざわ」さん、お料理も、しつらいも、毎回感動深いお店です<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「Hi! café」オープン

■ 全国100万人の読者の皆さま、本日はタイアップ企画でございます。

本サイトを以前からご覧いただいているという店主さんから新しいカフェオープンのお知らせをいただきましたので、試食に伺ってきました。

Hi! caféハイ!カフェ さん、古川町商店街の中に、7月22日(金曜・大安)オープンされました。

●以前こちらにあったお店の居抜きということです。

1階はこんな。カウンター3席、2席が2卓。3席が1卓。

上の階もあって、

●2階はこんなでした。16席ほど。

2階は音楽なしで静か☆☆☆

どこに行っても「これ要るのかなあ?」と思う音楽が多すぎますから、音楽なしという設定は稀有ですごくいいと思います。

●さて、お昼時間(11時半~13時半LO)は軽食がいただけて、カレーをはじめいくつかのメニューがあるとのことで、

まずは、お出汁薫る京風キーマカレー からいただきました。

店主の福島奈穂子さんの自信作ということで、確かにこれはものすごくおいしかったです。

これは今思い出しても、またたまらなく食べたいと思います。

●16穀米に、温泉卵、おだしベースの豚肉キーマカレー☆☆☆

野菜もたっぷり使われていました。

とろとろに煮込んだ牛すじカレー

これも美味でした。味が深い、しみじみ旨い☆☆☆

●そして、これもぜひともと出してくださったのが
だし巻きホットドッグ

●だし巻きがふんわり優しい口当たりでよかったです。

しば漬けをあしらってあって京都風。

●中華麺を使ったナポリタンなどもありました。

デパート食堂のレトロプリン

少し硬めでしっかりしているプリン。これはみんな大好きだと思う(^o^)

できるだけ何でもシンプルに食べたいわたしにとっては、(プリンだけで十分美味で完結しているから、)上にのせた生クリームは要るのかな? と思いましたが、とろとろクリーミーな口当たりを喜ぶ方も多いかと思います。

*****************

■ 以下、メニューを載せておきます。

開店時のメニューですから、これから更新されていくと思いますが、

まずはこんな品揃えであるということで。

●店主の福島奈穂子さんはお料理好きで、いつかカフェをしてみたいと思っていらしたと。

実現できてよかったですね(^o^)/

感じのいい方なのに、顔写真を出すのはいやなんだって。もったいない(^o^)

撮ることは撮ったんですよ(^o^)(^o^)

Hi! café、お昼時間に訪れる方は、まずはキーマカレーを召し上がってください(^o^)/

 

(本投稿はタイアップ企画でした。)

 

*****************

Hi! café

電話 075-600-2981

京都市東山区八軒町444-3

古川町商店街内。三条通り下る 東側。

11時~17時半LO、18時閉店

不定休

2022年7月22日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ りすのろ 7月19日:津軽メロン/京の推しレシピ

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ 報告のエリーでございます。

リストランテ 野呂」7月19日(火)20時00分~、訪問 288回目。

●トマトのスープ、冷製です。2番手のりき作。

●2皿目、津軽メロン、ういきょう、京トマト、オリーヴ、ういきょうの葉。

柔らかで、甘い果汁ほとばしる津軽メロンに、上のもろもろが絶妙なバランスでした\(^o^)/

●0.5番手、としちゃん作、

きゅうりスライスが上にのった構築サラダは・・・

●かつおのタルタルと焼き茄子(間ににら)、きゅうりスライス。

おいしかったおいしかったおいしかった(^o^)(^o^)/

●燻製帆立のフライ、とうもろこしのフライ。

燻製帆立の香ばしいことに驚き、そして

●2層になっていたとうもろこしのフライ、これ瞠目のおいしさでした。

●パッパルデッレ、ブルーチーズ(ゴルゴンゾーラとフルムダンベール)ととうもろこしのクリーミーソースで。

とうもろこしを、こんどはブルーチーズと味わって、旨さ強烈、心を奪われました。

●ズイート(ペンネに近いショートパスタ)尾崎牛のこく深いボローニャ風ミートソース和え。

これは牛肉の旨味を楽しむものでした。はあおいしかった(^o^)☆☆☆

●津軽メロン再び(^o^)/
所望して、ポルトを香り付けにかけてもらいました。

津軽メロンの果肉繊細にして風味豊かなこと。

りんごだけではない津軽、偉いです\(^o^)/☆☆☆

*****************

賀茂茄子色のエプロンで「京の推しレシピ」

*****************

今月の「京の推しレシピ」のお題は賀茂茄子。

 

●のろっち=野呂和美さんは賀茂茄子色のエプロンで登場しました\(^o^)/

●きれいな色、おいしそうな賀茂茄子です。

●これは旨そうです\(^o^)/\(^o^)/

京の推しレシピ、

動画見られます

そんなに難しくなくできそうです(^o^)

*****************
リストランテ 野呂
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、

17:30~20:30LO、22:00閉店
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席

離れもあり
2017年6月13日開店
************

昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ 大好きな、ひらがなの看板\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、こんな看板が好きでしょうがないエリーでございます。

無駄なくわかりやすい、ひらがな看板文字すてき(^o^)☆☆☆

おいしいお店への途上で、いつも眺めてはにこにこしています。

店主の皆さん、街暮らしの楽しさを増やしてくださってありがとうございます\(^o^)/

この向こうに、ほんの何分か後に、旨いものが待っている(^o^)♪といつも期待でいっぱいの状態で見上げるから、余計よいイメージになっているのだとも思います。

●以上わたしが大好きな、インパクトあるひらがな看板、3つです(^o^)

場所をお知らせしましょう・・・

●一条通り、「中村製餡所」さんの「あん」。このすぐ向こうには「ヌーラーニ」さんがあります。

●松原通り、「加藤小兵衛商店」さんの「うるし」。墨色一色、書体にも迫力があります。

この向こうに、(だいぶ向こうだけど、)パーク ハイアット 京都の「KYOTO BISTRO」があります。

●三条通り、「長谷川繪雅堂」さんの「ゑのぐ」。

この向こうに、(だいぶ向こうでもっと北だけど)、「リストランテ 野呂」があります。

*****************

●週末までなんとかたどりつき、まあ予期せぬことやメンドーなこともあるけれど、でも旨いものにだけは恵まれる毎日です。

明日あさってと、デスクワークと写真アップがんばります<(_ _)>

*****************

●佐藤亜紀さんの「喜べ、幸いなる魂よ」

これ読み応えありました。幸せな気分になりました。時代はフランス革命少し前の、フランドル地方という設定だけど、人物は斬新だし言葉遣いはいま風だし、実におもしろかったです。ほんとよかった\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「L’aparté Kyoto」ラパルテ京都 オープン

■ 全国100万人の読者の皆さま、すてきなフランス料理店のオープンを喜ぶエリーでございます。

●西本願寺近く、堀川通から少し東に入ったところに、

「L’aparté Kyoto」ラパルテ京都

7月10日(日・大安)にオープンされました\(^o^)/

●10席ほどのこぢんまりしたお店です。
奥に小さなお庭が見えています。

庭付きというのが、物件探しの際の条件だったとか。

●なんとお庭には小さな祠(ほこら)がありました。

この界隈、仏具屋さん、法衣屋さん、念珠屋さんなどが軒を連ねており、こちらも元は仏具屋さんだったということです。

●で、この祠のあるお庭を望める小さな2席のカウンター席もありました。

いい感じです(^o^)

●久しぶりに会えた Anthony Bâcle アントニー バックルさん。

「ブノワ京都」のシェフをつとめた後、独立されたのです。
よくおぼえていてくださいました(^o^)/

お店のオープンを知らせてくださってすごくうれしかったです(^o^)☆☆☆

●アントニーさんはロワール出身、日本の生活にもすっかり慣れている方です。
The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu「ブノワ京都」の前は、大阪の「ブノワ」さんにもいらっしゃいました。
アラン・デュカスさんの薫陶のもと修業を重ねて来られた方で、パリの「ジュール・ヴェルヌ」や、プラザ・アテネのレストラン、ニューヨークやマカオのデュカスさんのお店で仕事をされてきた方です。

華麗な経歴を明らかにすることもなく、何の宣伝もなくお店オープン・・・

これから間違いなくはやります、このお店。

●初訪問のわたしはもちろんキッチン前のカウンターでお料理をいただきました。

こんなテーブルセッティングで始まります。

昼の、「プレリュード」という9600円(税込み)のコースです。

●アミューズ・・・ではなく、「ウエルカムドリンク」だそうです。

きゅうり、万願寺とうがらし、生姜、レモン、ヨーグルトのホエーを合わせた飲み物をまずいただきました。

涼しい風に吹かれるようにさわやーか\(^o^)/

きゅうり好きのわたしには、いきなり心を奪われる一品でした。

●湯葉とグレープフルーツ、トレヴィス、スモークした豆乳。

”キョウト レガシー” とサブタイトルのついた料理で、京都への敬意でひと皿めから湯葉を使っているということ。

いきなり器がどんぶりで驚いた・・・岐阜の器屋さんで大半を揃えられたということでした。

●パン2種類とバター。

ミルクブレッドと、そば粉と米粉で作った黒いパン。
パンに合わせたのと同じひまわりの種や胡麻をあしらったバター。バターも少しスモークがかかっていて旨(T_T)

パンに敷いてある手ぬぐいは我らの「SOU・SOU」さんのものでした(^o^)

●さらに前菜が続きます。ヴィシソワーズが目の前で注がれます。

中央に固形のじゃがいも。上に、塩昆布ではありません、オーストラリアのトリュフです。

●もう一品同時に供されたのはタルトレットで、北海道の鱒といくら。九条ねぎ。

●魚料理はすずきのデュグレレです。

オレンジのソースがアイヨリ、

茶色いソースがデュグレレ。

デュグレレとは、19世紀半ばに活躍した料理人、Adolphe Dugléré さんの名前から。

魚に至るまで、塩控えめな優しい味できましたが、ここにきて風味明確、塩気もはっきりしていました。

●別皿付け合せの、黄色と緑のズッキーニがまたことのほか美味でした。

●全部目の前で仕上げられるのをつぶさに見られること、最高です。

●メイン料理、京鴨の、むね肉ともも肉に、焼き目をつけた桃。

XO醤が使われており、印象強烈です。

●左側がむね肉、桃の下にあったのがもも肉。

むね肉(コンフィ)ともも肉(ポワレ)で食感の違いを楽しめました。

下に控えているのがさいの目に刻んだきゅうりのピクルスにレモン皮の塩漬けを合わせたもので、これがまた冴えた味だったのです。

きゅうりたくさんで本当に幸せ(^o^)♪

●セロリときゅうりのサラダが添えられました。

夏のわたしは常々「きゅうり定食食べたい」「きゅうりコース誰かしてくれないか」などと言っているのですが、今回のコース、かなりその願いをかなえてくれていたと思います。

●メイン料理の後、アヴァンデセールに何やら注がれて・・・

●これは昼のコースには本来なくて、オプションでつけていただいたものですが、

すいかとトマトに、弓削牧場のフロマージュブラン。

注がれたものはなんと、昆布だしに甘みを加えたものでした(*_*)(*_*)

甘みはごく控えめですが、いずれにしても全く初めての味。

恐る恐るという感じで味わってみましたが、昆布とトマトの旨味がよく調和していたのかな、そこにすいかのシャリシャリが心地よくて、とてもいい印象、豊かな余韻を残しました。

●紫蘇のアイスクリームに、とうもろこしのムース、その下に米粉のふんわりしたスポンジ。

その下の器には・・・

●下に控えていたのはRiz au lait、リオレ、甘いお米のお菓子です。白とうもろこしの生を合わせてありました。

これコーンの粒粒に米の優しい口当たり、ほんのりした甘さで、止まらないおいしさがありました。

リオレはアントニーさんにとってソウルフードだと。

お母さまは本当に料理が上手な方だったのだそうです。

●食後の飲み物は選択肢がいくつかあって、これは「マリアージュ・フレール」のアールグレイ フレンチブルー。(以前は必ず買って帰っていたもの。)ものすごく好きなものがあって喜びました。

●丸い鏡の下には、暖炉がしつらえられていました。両脇はワインのカーヴ。

店内おしゃれ、お料理は時に意表を突かれるほどオリジナルでありつつ、抜かりなく美味。

あたたかい雰囲気。

間違いなくはやりますー\(^o^)/\(^o^)/

●アントニー・バックルさんと、マダムの沙弥香さん、

おいしかったです、楽しいひとときをありがとうございました。

★撮影時、一瞬マスクをはずしていただいています。

これからお世話になります(^o^)/

*****************

「L’aparté Kyoto」ラパルテ京都

電話 050-3183-7676

京都市下京区西若松町247-3

11:30~、13:30~、

18:00~

要予約

火曜休み、不定休あり。

2022年7月10日開店

https://www.instagram.com/laparte_kyoto/

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ アマン京都「鷹庵」クラブエリー第3金曜 7月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

●7月15日(金)クラブエリー第3金曜はアマン京都「鷹庵」さんにお世話になりました。しっとり木々が美しくて、明らかに街なかより空気も澄んでいて、訪れただけで気分がよくなりました。
旬の食材たっぷりで美味の連続のコース、本当によかった\(^o^)/\(^o^)/
髙木慎一朗さん、吉瀧修治さん、三田紘司さん、石井直毅さん、スタッフの皆さんに御礼申し上げます。
クラブエリーの皆さんもありがとうー\(^o^)/

 

●髙木慎一朗さん、吉瀧修治さん、ありがとうございました<(_ _)>

★撮影時、一瞬マスクをはずしていただいています。

●石井直毅さん、ここに写っていないけれど三田紘司さん、そしてスタッフの皆さんに御礼申し上げます。

●帰途です。

木々の中を歩くのがこんなに気持ちよいものかと、筋金入り街なか暮らし好きのわたしでもしみじみ思いました。

一歩一歩幸せな気分になれました\(^o^)/

●アマン京都さんを出て、ROKU KYOTOさんの中を通らせていただき(ありがとうございます+ごめん(^o^))、鷹峯街道からタクシーで北大路駅へ。

●北大路ビブレはイオンモールとなっていたのでした。

広くきれいになった無印良品視察に寄りましたよっと\(^o^)/\(^o^)/

わたしは「愛は飾らない」「訳あって安い」の頃からの無印愛好者です。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「実伶」クラブエリー第2木曜 7月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

7月14日(木)昼のクラブエリー第2木曜は、「実伶」さんにお願いしました。

●いい食材を揃えてくださって、本当においしかった\(^o^)/
中尾雄三さん、スタッフの皆さんありがとうございました<(_ _)>
クラブエリーの参加者の皆さんにも御礼申し上げます<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「 割烹はらだ」移転後のお店

■ 全国100万人の読者の皆さま、先日の夜、やっとこさやっとこさ、移転後の「割烹はらだ」さんに伺ったエリーでございます。

5月15日に移転オープンされて、ほんの一瞬ぼんやりしているうちに席が取れなくなって2か月たってしまいました。

●以前のお店があった河原町通りから1本東へ入った、中町通りに面した、奥に長い一軒家、とてもすてきでした\(^o^)/

●お玄関入ってから、まだ奥へ進みます。

●4席のテーブル席のお部屋があるのを横目に見ながら進むと、

●奥にカウンターがありました(^o^)/

古い民家(築90年くらいとのこと)を大掛かりな工事でお店にしたということ。

大胆な改装をしながらも、すりガラスやらタイルやら網代の天井やら、そこここに、昭和の粋な意匠が大切に残されていて、それも心がなごみました。

お料理をいただいた長いカウンターは、8メートルあると伺いました。

●店主さんによる、すてきな手書きの黒板メニューです。明確で、読みやすい書き文字です(^o^)

●まずは自動的に供される、先付盛り込みのお皿。

手前から時計まわりに、

枝豆、その上に鱧の骨せんべい/青梅のジュレ/魚そうめん/白ずいき、白胡麻ソース/鱧寿司/いちじくに、クリームチーズのソース/ほおずきの中は卵黄の味噌漬け。

●ここから注文したもので、

夏野菜の冷製

トマト、冬瓜、南瓜、小芋

●鮎の塩焼き

●とうもろこしかき揚げ

●賀茂茄子田楽

●梅風味の茶碗蒸し冷製

●ご飯セット。味噌汁には香ばしい焼き茄子入り。

すべて実質的という感じ。無駄なくおいしい☆☆☆
そして通いやすい良心的なお値段。

とてもよかったー\(^o^)/\(^o^)/

●営業は夜のみで17時から、1回転のみということです。

●おまかせは15000円~ということです。

●原田耕治さん、奈緒さん、由井良祐さん、ありがとうございました<(_ _)>

★撮影時、一瞬マスクをはずしていただいています。
また伺います(^o^)/
*****************
割烹はらだ

電話 075-213-5890(以前と同じ)
京都市中京区中町通夷川上ル西側(鉾田町290)
17時~
月曜休み

カウンター10席
2007年4月9日河原町通竹屋町上ル西側に開店、

2022年5月15日 現在地に移転開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

 

■「千ひろ」8月末で閉店(T_T)

■ 全国100万人の読者の皆さま、少し久しぶりに「千ひろ」さんに出かけたエリーでございます。

●8月末で閉店してしまわれる「千ひろ」さんへ(T_T)(T_T)
焼き茄子やら鱧かつご飯やら、定番の夏のお料理をいただき幸せな気分になりましたが、やっぱりものすごく残念です。 
先週半ばの夜です。カウンターはもちろん満席でした。

●雲丹とじゅんさい

●あじのなめろう

●小鮎の生姜煮

●酒肴ずらりと。

鳴門金時/枝豆/鯛の白味噌漬け/きゅうり酢とメロン/おじゃこ/烏賊からすみ和え/豆腐の金山寺味噌漬け

●「千ひろ」さんではお造りを塩昆布で味わいます。鯛とまぐろ。

●お椀はほたてしんじょうと松茸。吸い地の品よくおいしいこと(T_T)(T_T)

●琵琶ますと、プルーンの梅酒漬け、

お皿は先々代の清水六兵衛さんの鮎皿ということ。

●冷たい生湯葉スープ、マンゴー入り。

●とうもろこしのかき揚げ、食感よく甘み強くたまらない。

●夏の名物、焼き茄子来ましたー(^o^)/

●熱々でほわほわ、生姜醤油をつけて、とろとろの食感を楽しみました。

ブルーと茶色の色使いが粋なお皿は澤村陶哉さんのものと教えていただきました。

●鱧かつをのせたご飯に、冷たい味噌汁、お漬物。

●りんごとみかんのジュースをいただきごちそうさまでした<(_ _)>

千ひろさんらしい夏のコース、しみじみよかった、楽しみました<(_ _)>

●「千ひろ」さん、

予約はいっぱいいっぱいみたいですが、
8月に、まだわずか席はあるとのことでした。

2001年10月31日に開店された「千ひろ」さん、店主の永田裕道さん21年間お疲れさま、ありがとうございました<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

 

 

■「焼肉やまちゃん」クラブエリー2度めの大盛況\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリーの肉食女の皆さんに喜んでいただいたエリーでございます\(^o^)/

●7月11日(月)、クラブエリー2度めの開催、「焼肉やまちゃん」にお世話になりました\(^o^)/

クラブエリーの肉食女たち、大いに喜びました(^o^)

店主の山岸隆二さん、優秀な息子さん嗣苑(しおん)ちゃん、

ありがとうございました\(^o^)/

ちなみに前回の記録はこちら

●いつものかわいい牛ユッケでスタート。

●たっぷりたっぷり上質な牛肉を食べさせてもらいました。

●カレー、冷麺と〆の2品も好評で、おかわりを所望される方も何名か。健啖家が多いクラブエリーです。

●「焼肉やまちゃん」、

「お肉特別おいしかった」「めちゃくちゃ元気になった」と、今回も大好評でした(^o^)/☆☆☆
次は12月です。楽しみに伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「日本料理 とくを」で賀茂茄子田楽

■ 全国100万人の読者の皆さま、「日本料理 とくを」さん、一品でお願いするのも気楽、コースでもばちっと決めてくださって重宝で、しばしばお邪魔したいエリーでございます。

●とくをさんの夏といえばこれ\(^o^)/
賀茂茄子田楽はマストです。
お味噌たっぷり、茄子ふっくらで、
これほんとーにおいしい(^o^)

●とうもろこしと枝豆のかき揚げ

●〆に鉄火丼
ほかに、
のどぐろを焼いたのと、牛ヒレフライをいただきました。

●ヒマだヒマだガラガラだと言う店主の徳尾真次さん、
行ってみたらいつもお店混み混みで、
やっぱり信じられないしんじさんでした\(^o^)/

日本料理 とくを」さん、また伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「研野」クラブエリー 2022年7月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー@日本料理 研野さん7月の報告でございます。

今月は7月4日。楽しみに伺いました(^o^)

●夏のおいしさ満載でした(^o^)/
「威風堂々」の曲に合わせて、シンバルの響きと同時にご飯の蓋を取るという完璧なタイミングで笑わせてくれました。

●最強のチーム研野です。

先月のフェリシモのイヴェントもすごかった\(^o^)/

●水口さんの鯛のプレゼンです(^o^)

●そして、今月のクラブエリー@「研野」スペシャルとして用意していただいたもの、

冗談半分で先月お願いしていたもので・・・

●お椀代わりに、まさかの、「京、静華」さんで学ばれた、
パパイヤ蒸しスープでした\(^o^)/
一見「京、静華」さんで供されているスタイルながら、中はすっぽんスープにアレンジされていました。

パパイヤの実をこそげもっていただくわけです。これは天国・・・

●さざえつぼ焼きで夏の気分を盛り上げてくれて、

●パパイヤスープのあとは冷やし中華で喜ばせてくれました。

●ご飯がまた充実、バターのせたり叉焼のせたり、際限なく食べ続けていたい、、

*****************

今回は選曲が夏そのもの、これでまた楽しさ倍増になって、大好評でした。
●メンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」に始まり、
●フィガロの結婚序曲
●カティア・ブニアティシヴィリ(好きなんだ~と話したのを覚えていてくれた♪)のバッハのカンタータのピアノアレンジ版
●「椿姫」から乾杯の歌(このあたりで本当に1杯めを飲みつつひと皿めが始まっている)
●青い珊瑚礁
●まつり(北島三郎)
●ダンシング・クイーン
●Summer(久石譲)
という感じで始まって、
ご飯の時には「威風堂々」、シンバルの響きと同時にご飯の蓋を取るという完璧なタイミングで笑いを取りました\(^o^)/\(^o^)/
今回の「いとしのエリー」は誰のヴァージョンか当てよというクイズ形式で、なんとー、八代亜紀さんのものでした。わからなかったなあ、、(^o^)(^o^)
最後は
●君の瞳に恋してる
●ラデツキー行進曲
●青春の輝き
●祭りのあと
●夏の恋人
●さよならの向こう側
という感じ。
音楽割烹、歌声割烹「研野」さん、
お料理おいしく意外性がある以上に、
まさかの楽しみに満ち満ちて、ほんとはやるのよくわかります。

●研野さん抜きん出た才能です、かっちょいいです(^o^)☆☆☆

研野さん、愛ちゃんありがとうございました(^o^)/

★撮影時、一瞬マスクをはずしていただいています。

日本料理 研野さん、来月もまた楽しみに伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろ(さかのぼって)7月3日:はまぐり旨し☆☆☆

■ 全国100万人の読者の皆さま、さかのぼってりすのろ 報告のエリーでございます。

リストランテ 野呂」7月3日(日)20時30分~、訪問 287回目。

●まず2番手のりきによる枝豆のスープをいただいた後に、

●0.5番手としちゃんによる、構築的魚介サラダです。
下にメロンが控えていて、賀茂茄子、牡丹海老、ストラッキーノ、トマト、さくらんぼ。バジルのソース。

果汁たっぷりで風味豊かだったメロンは津軽からということ。りんごだけではない、食材豊富な青森です。

●そしてこの日、圧倒的においしいと思ったのははまぐりでした。トマトスープ仕立て、上からバジルソースで食べさせてもらいました。

はまぐりは単に水で蒸し煮にしただけ。文字通り瞠目の美味しさで、本当に目をみはりました。

●魚のロースト、スープ仕立てで、魚はへだい。万願寺とうがらしと。

魚の火入れ加減はかんぺき。スープは魚介の旨みが詰まっていて、強烈に美味。

で、このスープを全飲みせず少し残しておくように言われ・・・

●あまに美味だったはまぐり、もう少し食べたいと所望して、パスタをしてもらいました。

リングイネ、はまぐりスープ仕立て 八代の海苔と。上からオリーヴオイル。

これがまた、仰天のおいしさで・・・

しかし全部食べてしまうなと言われ・・・

●残してあった魚のスープにパスタを浸して味わえと。

これはまあ、ほんとーーーに、この上なく比類なく、

旨旨旨旨旨旨旨( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)旨旨旨旨旨旨旨
旨旨旨旨旨旨旨( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)旨旨旨旨旨旨旨

●食後は津軽メロンと桃に、デザートワインをひたひたに注いでもらい、うっとり味わいました。

何もかも、ほんとーーにおいしかった(T_T)(T_T)

この後、黒豆茶をいただきごちそうさまでした<(_ _)>

*****************

1週間前の、キッシュとスープとパスタソース

*****************

●本来出かけるはずだった1週間前の6月26日(日)夜、わたしがどうしてもお店に行けない状況で諦めたところに、これら、スープとパスタソースのパックが、キッシュ1本と共に届けられて激しく喜びました。

ソースを、パスタにからめてさっそく食べてみたら、まごうことなき「リストランテ 野呂」の味でした\(^o^)/\(^o^)/

*****************

●あさりとズッキーニのトマト煮のキッシュ
●とうもろこしのスープ

●いかのラグーのパスタソース

●いわしとういきょう、サフラン風味、松の実入りのパスタソース

*****************
グラツィエ ミーレでありました\(^o^)/

*****************
リストランテ 野呂
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、

17:30~20:30LO、22:00閉店
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席

離れもあり
2017年6月13日開店
************

昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「新門前 米村」クラブエリー2022年6月

■ 全国100万人の読者の皆さま、さかのぼってのクラブエリー報告でございます。

6月下旬の「新門前 米村」さんです。

●店主の米村昌泰さんは、前回開催時とはまた眼鏡が違っていて、さらに優しくかわいらしい印象に(^o^)♪

●夏の食材たっぷりの、華麗なコースを今回もご用意いただきました。

●お店も器も美しい、お料理おいしい、リラックスできると今回も大好評に終わり、次回もお願いしてきました。

わたしはこの日お料理をいただかずでしたので、改めて出かけます。

●最近ゲットしたVespaだって。すっごくきれいでシックでした(^o^)♪ 

新門前 米村」さん、もうすぐまた伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「KYOTO BISTRO」夏メニュー、賀茂茄子リングイニ

■ 全国100万人の読者の皆さま、ごきげんエリーでございます。おびただしく写真を溜め込んでいるという以外は( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●夏になってから感動した料理シリーズで、

KYOTO BISTRO、パーク ハイアット 京都です。

今年の夏メニューも大好きです(^o^)☆☆☆

 

*****************

リングイニ 賀茂茄子 トマトと黒オリーヴのサルサ

*****************

●何がどうなってこんなに華やかで心躍る粋な味になるのか?
ふっくらした、食べ応えある賀茂茄子に、茄子ピュレで和えたパスタ。黒オリーヴにトマトで酸味と旨味と塩気を与えているのだけど、さらにしば漬けやら胡麻油の風味が加わり、茗荷とかいわれの香りと食感が添えられ、なんとも万華鏡的な彩りと味わいでした。すっごいバランスで成り立っているひと品で、こんなのよそで食べたことない、、(*_*)(*_*) 毎回本当にクリエイティヴだと思います。繰り返しいただきたいと思います。

●こちらも今年の夏メニューで、

生ハム・・・ではなくて(生ハム輸入しばらく難しい)、今年はサーモンマリネと桃のサラダ、自家製ヨーグルト。

●さらに心を奪われた新作、

丹波地鶏のガランティーヌ、黒酢とフルーツトマト。

炭火焼きにしたガランティーヌ(巻き物)です。

丹波地鶏もも肉に巻き込まれているのは玄米と枝豆。

添えられているのは塩麹漬けにしたきゅうり。フルーツトマト。上に茗荷とかいわれ。黒酢が少しエグゾティックな香りを与えて、おいしかったのでした\(^o^)/

●わたしにおいて定番化したからあげ。
やみつき旨い(^o^)☆☆☆

●アクアパッツァは今までと同じルセット。でもますます旨し。

●シュークリームは新作ショコラ&バナナ\(^o^)/
これもものすごく好き。またいただきたいと思いました。

KYOTO BISTRO」、楽しみにまた伺います。

クラブエリーも8月17日にイヴェント料理で予定されています。まだ間に合います、どうぞ\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「仁修樓」クラブエリーで赤い箸

■ 全国100万人の読者の皆さま、赤いというのは正しいことだ\(^o^)/と思うエリーでございます。

●先月のクラブエリー@「仁修樓」さんも大好評でした。

クラブエリーの中でもこちらは特別人気で、募集するなり0.1瞬で満席になります。

昨年秋からお願いしていた予約でした。

●今回わたしはこのスペシャル赤いお箸をことのほか喜びました\(^o^)/☆☆☆

●「仁修樓」さんの店名入りです。長さが27.5cmと長いのもいいです。

かといって中華箸のように食べにくいものではなくて、箸先はちゃんと日本風に細いのです。

●お料理ももちろん申し分ない美味と思っていただきました。

きぬがさ茸と地鶏のスープも、きじはたの蒸したのも、

ほんとーーにおいしかった<(_ _)>

写真は〆ご飯で、贅沢感のあるあわびご飯を皆さん喜んでくださいました。

●店主の上岡誠さんとフタッフの皆さんに御礼申し上げます。
そして参加してくださったクラブエリーの皆さんもありがとう(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ おすすめ3:新店で魅惑の甘いもの♪

■ 全国100万人の読者の皆さま、今回も激しくおすすめしたエリーでございます。

関西テレビ「よ~いドン!」の「おすすめ3」、7月4日(月)放送でした。

おすすめしたのは・・・

●以上の3軒でした(^o^)

3軒のお店の皆さん、収録ご協力ありがとうございました<(_ _)>

●収録に来てくださる知扇ちゃんはじめスタッフの皆さん、

いつもありがとうございます<(_ _)>

★撮影時、一瞬マスクをはずしていただいています。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「モトイギョーザ」焼きたてを持ち帰り

■ 全国100万人の読者の皆さま、ぱっと食べて元気になれるもの、即効性のあるものをアップしようと思うエリーでございます。

写真ストックが只今あり過ぎて、順番がちょっと入れ替わりますが許してー。

●先日のある晩、柳馬場四条上るの「モトイギョーザ」さんで、焼きたてを持ち帰り\(^o^)/
セロリ餃子 750円
奥の箱が、幻の海老豚餃子(高級♪)1400円。
熱々おいしかった(^o^)/☆☆☆

「モトイギョーザ」さん初出記事はこちら

このお店、結構わたしひっそりと(あるいはたまには友人と)伺っておりました。

何か入れなかったことがあって(いっぱいで)それから少しご無沙汰しておりましたが、やっぱりおいしかった(^o^)/

次は豆鼓餃子をいただこう・・・また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ビヨンドC」カシューミルクのかき氷

■ 全国100万人の読者の皆さま、なんとも心が痛む事件で、暗澹たる思いのエリーでございます。

まさかという思い。日本でこんなことが起こるのか?と。

安倍晋三さん、あまりにあまりに惜しい命の落とし方ではないかと。

●エマニュエル・マクロンさんもお悔やみの言葉を送ってくださっています。Twitterです。

なんと日本語でも。

 

まさかなことが多すぎる昨今だと思う(*_*)(*_*)

*****************

●で、献杯ならぬ献ショコラです。

「Dari K」さんの、「ビヨンドC」のかき氷。650円。

普通の氷ではなくて、カシューナッツのミルクを凍らせて削ったもので、風味も甘みもついた氷です。ふわふわふわ。

ここに搾りたてのショコラのピュレをかけて味わう、と。ショコラじたいに甘みはなく、酸味と苦味。
これは美味なものですが、人生にはあまり酸味や苦味がないように願いたいです。

みんな穏やかに生きていけるように、、

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「圓融菴 小林」クラブエリー2022年6月

■ 全国100万人の読者の皆さま、引き続きさかのぼってのクラブエリー報告でございます。

6月23日(木)昼、クラブエリーでは3度めの訪問、「圓融菴 小林」さんへ。

夏の食材をたっぷり揃えて迎えてくださいました。

●以下まずお料理で5品、

●あわびの柔らか煮、じゃばら胡瓜、ラディッシュ、吉野酢
●鯛のだしの小吸物
●すずきの洗い 防風、わさび
●鴨ロースと夏野菜(賀茂茄子、小芋、おくら)
炊いた花山椒と振り柚子、辛子
●鮎 米酢とたで

●お料理の後に天ぷらです。

●海老 
●アスパラガス
●ばちこ
●生麩(粟麩)
●玉ねぎ
●きす
●新れんこん
●雲丹と海苔
●とうもろこし
●鱧と松茸

(以下写真抜粋で、)

●天ぷらの後は、定番の

●のどぐろの天ばら
が供されて、

●フルーツ が、
マンゴー、ピオーネ、さくらんぼ。

●小林さんの右腕となるとしちゃん=吉見俊彦さんが初登場。

かわいらしい方、頼もしいお仕事ぶりでした(^o^)/

★撮影時、一瞬マスクをはずしていただいています。

●店主の小林紀之さん今回もお世話になりました(^o^)/

本当においしいお料理と天ぷら、ありがとうございました<(_ _)>

小林由紀さんにも感謝です。

クラブエリーの参加者の皆さんもありがとうございました、すてきな食べっぷりでした\(^o^)/

「圓融菴 小林」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「おたぎ」クラブエリー2022年6月

■ 全国100万人の読者の皆さま、さかのぼってのクラブエリー報告でございます。

6月21日(火)、クラブエリー@大人気の「おたぎ」さん。

夏らしい献立で迎えていただきました。

●自然光が差すお昼に、「おたぎ」さんの和食でゆったり。鷹ケ峯まで来た価値があったと、遠方からの方もリピーターの方も喜んでくださって、ほんとよかった(^o^)/

馬場一彰さん、一子さん、ありがとうございました<(_ _)>

クラブエリーの参加者の皆さんもありがとうございました<(_ _)>

次は11月にお願いしています。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「猪一」の西京味噌 冷や汁麺

■ 全国100万人の読者の皆さま、麺類好きのエリーでございます。

●2週間ほど前に寺町通りの「麺屋 猪一」さんでいただいた西京味噌の冷たい麺で、これおいしかった(^o^)
「木山」さんとのコラボコースで出かけて以来の訪問。たまたま夕方通りかかったら珍しく行列がなかったから、今だーと飛び込んで、夏季限定というこの麺をいただき激しく満足。
甘い西京味噌の冷たいおだしに具材たっぷり、ふわふわふわの削り節の香りもよく、これすてきな一品でした。
おいしかったー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●「麺屋 猪一」さん、他のメニューをいただきに、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ au通信障害で考えたこと

■ 全国100万人の読者の皆さま、au ユーザーのエリーでございます。

正確には、昨年12月より、UQ mobile のユーザーです。

今回の 実質まる3日間のauの通信障害で考えました。

親しい人たちとの連絡はメッセンジャーかLINEでできるからまずは問題ないとしても、

わたしの場合はお店への予約やクラブエリーに関するやりとりでやはり電話を使うから、もう1回線確保しておかねばならんかもなあ、、と。

いや、今は必要となった時に、eSIM というのを、auではない回線を使っている、たとえばiijmio(docomo回線)みたいなのをとっさに入れればいいのではないか(^o^)?
ただしwi-fi 環境下にあるという前提だけど・・・でもわたしは大抵は(人生の99%は)都市の街なかにいるわけだし、外にいる時はセブンイレブンに飛び込めばいいんじゃないか(^o^)/ 
・・・と思ったら、2022年3月末で、セブンイレブンのwi-fiサーヴィス終わっていた、、( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
としたらスタバに駆け込む?
●今回の教訓は、
*****************
●回線の、できれば複数確保と、wi-fi 確保を常に考えておくこと。
●よく連絡する人だけでなく、時々でも定期的に連絡する人やお店とは、メッセンジャーやLINEででもつながっておくこと。
*****************

●でもって、わたしは次はこんな、2画面のスマフォが欲しいなあと思っているのでした。

ちなみにこれは、マイクロソフトから出ているもの、
Microsoft Surface Duo 256GB

Google Pixelから2画面スマフォが出たら即買うと思います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

 

■「燔」京都ブライトンホテル クラブエリー第3金曜 6月

■ 全国100万人の読者の皆さま、さかのぼってクラブエリー報告でございます。

まだまださかのぼる回が多くてごめん<(_ _)>

●先月の6月17日(金)はクラブエリー第3金曜(という例会)で、「燔(ひもろぎ)」さん@京都ブライトンホテルへ。
鉄板カウンターをぐるりと囲んで、活けあわびや牛フィレ肉などを楽しみました。

●こんな活けあわびをダイナミックに焼いてくださいました。

●わたしの席のところは、大好き霜ちゃん=霜 幸弘さんが焼きの担当をしてくださって喜びました\(^o^)/

●牛肉は、宗谷岬和牛フィレを、ひとり50g 焼いてくださいました。

●ハデハデな着火パフォーマンス、予定調和で好き❤

この後、ローストビーフをサラダ仕立てでいただきました。

牛肉のおいしさを堪能しました<(_ _)>

●最後がしば漬けのおにぎりでお茶漬けというのも、さっぱりして心に響きました。

●「燔」ひもろぎと、

京都ブライトンホテルの皆さん、ありがとうございました<(_ _)>
クラブエリーの参加者の皆さんにも御礼です<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「侘家洛中亭」で初クラブエリー

■ 全国100万人の読者の皆さま、さかのぼってクラブエリー報告でございます。

●6月13日(月)のクラブエリー、
先斗町の「侘家洛中亭」さんに伺いました。
祇園のクラブエリー@「侘家古暦堂」さんに続いて、今回は「洛中亭」さんの方で、カウンターを囲んで初めての串かつクラブエリー、大好評でした\(^o^)/\(^o^)/
よき素材を揚げたて熱々でいただくのはしんそこ幸せ(^o^)☆☆☆

でもおいしいのは串かつだけではなかったのです。
アペリティフの梅ドリンクはスパイスの香りが粋、レモン風味のサラダはデュカでこちらもエグゾティックな芳香に目覚ましい思い、

締めのご飯ものはカレーにたまごかけご飯とジャスト琴線に触れてくるわけよ。やるなあ\(^o^)/\(^o^)/

●河内康太朗さん、山本浩巳さん、関 和人さん、松田一洋さん、山本健太さん、スタッフの皆さんありがとうございました。

また季節を変えてお願いしたいと思います。
参加者の皆さんもありがとうー(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「リストランテ 野呂」5周年でクラブエリー

■ 全国100万人の読者の皆さま、さかのぼってクラブエリー報告でございます。

2017年6月13日に開店した「リストランテ 野呂」、5周年です\(^o^)/

わたしにとってはこの日、286回目の訪問。

●「リストランテ 野呂」はオープンするなり人気店になりました。まあ当然だ(^o^)

コロナ禍下で大変な時期もあったけれど、持ち帰り料理や冷凍発送料理なんかでもがんばって、まったく休業しませんでした。

八百屋さん魚屋さん肉屋さん生産者さんのためにも、流れを止めないということで、よくやりました\(^o^)/
今はすっかりお客さまも戻って、早めに予約しないと席が取れません・・・

●1階カウンター12席、2階8席で、20名で伺いました。

●今回は「リストランテ 野呂」料理です。(「割烹 野呂」ではない。笑)

野菜も魚介も肉も、いつもながら、たっぷりたっぷり食べさせてくれました。

タッパ持ち込みもOKです。

●燃えるのろっち、店主の野呂和美さん、バーナーの火を燃やして、「このように燃える気持ちでこれからもがんばります」と(^o^)(^o^)
のろっちは「京いちにち」の「京の推しレシピ」のために揃えたエプロンで登場したのでした。

●「マルシェノグチ」野口泰亮さんもひとときいらしてくださいました。

「リストランテ 野呂」を支えてくださる大切な方です。

●最後は茄子色のエプロンにお色直しして皆さんをお見送り(^o^)

のろっちほんと立派になりました\(^o^)/\(^o^)/

 

●「リストランテ 野呂」野呂和美さんとスタッフの皆さん、
クラブエリー参加者の皆さんに御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

*****************
リストランテ 野呂
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、

17:30~20:30LO、22:00閉店
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席

離れもあり
2017年6月13日開店
************

昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろ(さかのぼって)6月12日:パッションフルーツ事件(笑)

■ 全国100万人の読者の皆さま、さかのぼってりすのろ 報告のエリーでございます。

あまりにいろいろ写真を溜めてしまっていますが、順々にアップしていきます。

リストランテ 野呂」6月12日(日)20時30分・・・のはずがお店満席でいっぱいで、21時から、訪問 285回目。

歴史に残るパッションフルーツ事件というのがあった日でして(^o^)(^o^)、

●この日からさかのぼること2日前、店主さんが連絡をくれていわく、

「江里さん、朗報です\(^o^)/ パッションフルーツの、スーパーMというのが入るということで、ひと箱買いました\(^o^)/」と。

は?

なじぇ、パッションフルーツ?

わたしは特にパッションフルーツを食べたいと思ったこともないし、買ったこともない。一度もない。

「いや、江里さん、前回、この季節パッションフルーツが食べたい、とおっしゃいましたあああ」と。

いや、そんなこと言うはずがない。

「いや確かに、この季節、えー、何かを食べたいとおっしゃいました。そうですね、確かにパッションフルーツ、お好きなわけないですよね(*_*)」と。

( ̄○ ̄;)?( ̄○ ̄;)?????

で、ものすごく思い出したら、前回、宮崎マンゴーを食べながら確かにわたし言ったわ、

「これもほんとおいしいが、この季節、わたしは生のライチが食べたい」と。

店主さんの頭の中で、ライチが、なぜかパッションフルーツに勝手に変換されてしまったらしいわ。

あああああ、ライチでしたかあああああ」と絶叫している店主さん、おもしろすぎた(^o^)(^o^)(^o^)

まーせっかくだ、一生懸命見つけてくれたんだ・・・

箱ごと買ったなら、食べないとしても、箱のパッションフルーツ撮影しましょう。

箱見せてください。

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

・・・・・・箱を開けますと、なんと・・・・・・

●パッションフルーツの間を縫うように、ライチが詰められていました(^o^)(^o^)(^o^)

笑いくずれてしまった、、

●店主さんも、めちゃくちゃ笑ってんの。

よくまあフレッシュライチ見つけました・・・どこにでも売ってるものではないのに(*_*)(*_*)

●大喜びで、即ライチをいただきました。

つるりとなめらかな口あたり、甘露たっぷりジューシーなこと、楽園の味(T_T)(T_T)

●パッションフルーツは・・・おいしさが難解というのか、
やっぱり、わたしは、あんまり好きではなかったわ、、好きな方ごめん(^o^)

*****************

●さてこの日にいただいたものを順番に。

●ひと皿めはこの真っ白な玉ねぎから作られたスープ。本当に白くて驚いた。

ニ番手のりき、上手にやりました\(^o^)/

●0.5番手としちゃんによる構築的サラダ。

ロースハムにストラッキーノ、アスパラガス。後ろにメロンとマンゴー。

ものすごく満足感がありました。

この後、3日後に控えたクラブエリーのための試食に、レモンソルトを使った魚料理(きんめ鯛)をいただき、

●大好き鶏肉です(^o^)♪

パリパリに焼いてもらいました。シンプル塩焼き。

●この、芽れんこんというのが、かわいい上に柔らかくて風味よかったです。おいしかったー(^o^)

●パスタは賀茂茄子とムール貝。トマトソースで。

申し分なく旨いー。

●わたしにとって、かなり最適化されたお店と言えましょう\(^o^)/

この3日後、クラブエリーでりすのろ5周年を祝いました。次の投稿に続きます。

*****************
リストランテ 野呂
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、

17:30~20:30LO、22:00閉店
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席

離れもあり
2017年6月13日開店
************

昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************