■「梅園」の冷やし抹茶クリーム小豆

■河原町通の、いちばん古くからの「梅園」さんで、
冷やし抹茶クリーム小豆 830円 です。
抹茶味のお菓子、夕方遅く~夜の初めまで開いていて(京都は閉店時間が本当に早い)、間違いなくおいしくて、と考えたら、「梅園」さんでしょうー♪

ひんやりと上品な甘さで、寒天つるんとしていて、抹茶がいい香りで、身体にしみました。
気分にぴたりと合って、実においしかったー☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

関谷江里

■「リストランテ 野呂」で洋食メニュー

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろに向かったエリーでございます。

4月22日(日)20:30~「リストランテ 野呂」へ。

洋食イタリアンと言うなら(わたしは割烹イタリアンと思っているけれど)、ほんとーに洋食やってみてくださいとお願い。

かなり細かい注文をしたのだけど、それ以上のものがどんどん出てきて、全部旨くて仰天。順番にいきます。

●早くもとうもろこしのポタージュ。冷製でいただきました。

●えびす鯛にからすみ・・・本当に福々しい鯛です。絵に描いたような鯛。旨み強いです、昆布締めしたみたい。

さてここまではいつもの前菜で・・・

●ロールキャベツ、中は生ハムでやってみてとお願いをしたら、うまい菜のロールキャベツ風というフランス料理としか思えないものが出てきました。これがおいしかったww 中に生ハムとほたてとチョリソー。ほうれん草のクーリ。ゆうすけ君=渡辺佑介さん作。

●いつものりすのろ風ミンチカツに見えますが、

●春の豆入り。そら豆、うすいえんどう豆入り。これも、もうれつにおいしかったわ☆☆☆

●なぜか店主さんよりよく登場している、ばっちりカメラ目線のゆうすけ君\(^o^)/\(^o^)/

●ハヤシライスを先日来楽しみにしていて、やっと登場・・・

●牛肉たっぷり、水茄子入り、黒にんにくがフルーティな香味を添え、チャツネのような役割を果たしています。

●NP100 =のろっちのパスタ100その45はリストランテのナポリタン、車海老入り( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

これはやみつき美味でした。

●なんてこったのパンナコッタは梅酒風味。まさかの風味。おいし☆☆☆

●紅茶をいただきごちそうさまでした<(_ _)>

●りすのろ、どんどん食材増えてますますおいしいおもしろい・・・どこまでやるのか?という勢いです。

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回火曜休み

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
昼コース1800円と4500円、
夜はアラカルト、前もっての予約でコースも可。
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「リストランテ 野呂」~「マルシェノグチ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、先日のある夕刻にりすのろに向かったエリーでございます。

「リストランテ 野呂」、とても暑かった1日の終わり。

●夏の料理撮影に突入。カメラマンしげさんと。

●いつもの日替わり手書きメニューを書くのろっち=野呂和美さん。扱う食材が、行くごと増えていっています。お店がどんどん回っている証拠です。

●その後すてきな八百屋さん「マルシェノグチ」、野口泰亮さんのお店へ。
「りすのろ」で話を聞いていたし、ずっと行きたかったのですが、いつもりすのろ行くのが20:30とかで伺えずでした・・・今回のチャンスを逃すまじよ♪

●整然と野菜が並べられて、見やすい選びやすい店内です。

●とりあえず購入したのがこれらの野菜。茄子でも大根でも白アスパラガスでもびっくり仰天するほどおいしい・・・( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) 

●そして2日後、新たに野口さんの野菜・・・白アスパラガスやら椎茸やら入手して激しくうれしいです\(^o^)/\(^o^)/

●これから「マルシェノグチ」さんの野菜をいただこうと思います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー@「室町和久傳」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

昨日、4月20日(金)クラブエリー第3金曜のお昼を、「室町和久傳」さんにお願いしました。
カウンターのお部屋、奥と手前の2部屋貸し切りで24名+わたしで伺い、
花山椒と牛肉しゃぶしゃぶ、筍炭火焼き、小鮎天ぷらと、これほど季節のいいもの揃うか?の充実の献立で大喜びしました。めちゃくちゃに好評でした。

●3月まで大変お世話になった元料理長の藤山貴朗さんは和久傳さんを「卒業」なさったということで、4月に「高台寺和久傳」から着任された松本進也さん、初澤賢伍さん、引き続き副料理長の船越真人さん、ありがとうございました。サーヴィスの愛美(まなみ)さんもありがとう(^o^)/ そして参加者の皆さんに御礼申し上げます。

室町和久傳」さん、次は6月に予定しています。

★そしてこれ、「菓椒」というお菓子、寒い頃に発売されたものですが、ドライフルーツとナッツがみっちりぎっちり固められており、ものすごくおいしいです。

●細長い作りです。30cmくらいあります。切り分けて食べるお菓子ですが、切っても切ってもすぐに食べてしまいます。やみつき的おいしさがあります。( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●今回皆さんにおすすめしました。2つ3つと買われた方もいらっしゃるみたい。喜ばれましたー\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「まつは」の一汁三菜、6回分

■ 全国100万人の読者の皆さま、先日来「まつは」さんに通っているエリーでございます。大好きだし、取材をお願いしたということもあるし。

(ちなみに前回は2016年のこの記事。)

●お手頃値段で、麺やご飯など単品ものではなく、定食の形で終日食べられるって本当に貴重だと思います。

野菜たっぷりで800円、お腹がいっぱいになりすぎないのもいいです。

築100年ほどの町家を改造した物件とのことですが、手作り感がそこここにあふれています。西村めぐみさん、由香さん姉妹が紅殻や柿渋を使い、できる限り手作業で改修したということで、ゆかしい風情がいいです。

●何度かご紹介している「一汁三菜」ですが、週替り、この6週分です。

1)3月3週めの一汁三菜

■■■

■■■

●パウンドケーキを食後にいただいてみました。

2)3月4週めの一汁三菜

■■■

3)3月5週めの一汁三菜

■■■

4)4月1週めの一汁三菜

■■■

5)4月2週めの一汁三菜

■■■

6)4月3週めの一汁三菜

■■■

●「まつは」さん大好きです、また伺います。

*****************

まつは
電話 075-231-7712
〒604-0951
京都市中京区二条通富小路東入ル南側
10:00~21:00LO・22:00閉店
日曜、月曜休み

毎月最終土曜日はおふく市 10:00~18:00(通常営業なし)
全席禁煙
2014年2月25日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「仁王門 うね乃」の葱うどん

■ 全国100万人の読者の皆さま、先日の若竹うどんの後、再び「仁王門 うね乃」さんに伺ったエリーでございます。

先日のクラブエリー終了後に、一路東を目指して「仁王門 うね乃」さんへ。これです。

●商品名「お葱うどん」。

若竹うどんの時に話を伺い、必ず食べに来ようと決めていた葱が主材料のうどんです。
九条ねぎがみっちり入って、生姜がアクセントというシンプルさ。

●この九条ねぎ、本当に九条のある農家で大切に作られた九条ねぎを毎週取りにいらしているということで、甘みがあり実に柔らかい。春のこんな季節でさえこんなに甘いなら、本当に寒い、いちばんねぎのおいしいシーズンならどうなるんだろうと思いました。

●もちろんおだしも全飲みいたしました。おいしかったなあ(T_T)(T_T) 

知り合いの方複数に会えた、うれしかった「仁王門 うね乃」さんでした。また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー「岩さき」で筍たっぷり

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

4月17日(火)と18日(水)のお昼、クラブエリー和食会で「岩さき」さんにお世話になりました。筍たっぷりのコース、お料理も女将の早江子さんとお嬢さんの友香さんのもてなしも、ものすごく好評でした。ほっておいても盛り上がりました。よかったー(^o^)(^o^)/☆☆☆

●こんな感じで、両日ともカウンターと奥のお部屋で13名+わたしで伺いました。女将の早江子さんのおしゃべりは芸です。

●「次回もー!」とご希望多数だったので、その場で夏の開催日を決めて、ほぼ全員がその場で席確保という盛り上がり・・・クラブエリーをやっていてよかったなーと激しくうれしかったお昼です。「岩さき」さんにも参加者の皆さんにも、ひとえに感謝です<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー@「パティスリー S」サロン

■ 全国100万人の読者の皆さま、昨日4月16日(月)のクラブエリー報告でございます。

クラブエリーデセールの会@富小路六角上ル、「パティスリー S」さんのサロン。

昨年秋「パティスリー S」さんの2軒目がオープンした時から、クラブエリーをお願いしたいと思っていたのが実現したのです\(^o^)/\(^o^)/ 

15名+わたしでお邪魔しました。
サロンでいつもいただけるメニューも、使う材料を変えていただきまた違う味を楽しんだり、お手間入りのプティフールを味わったりしました。

●5席のL字型カウンターの向こうには、バーか?と思うほど洋酒が並んでいます。洋酒を巧みに使うシェフの中元修平さんです。マダムの薫さんと。

●こんなメニューを考えていただきました。

●ウエルカムドリンクに、ジャスマンとアールグレイをブレンドした、冷たいお茶。

●グジェール2個、まずはサレから始まります。ローズマリーと「吉田牧場」さんのマジヤクリ使用です。

●クレーム・ランヴェルセ=プリン、いつもと違う吉田牧場の牛乳で作ってくださいました。なめらかだけど、なめなめのとろとろではなく、必要な硬さのあるプリンです。すくっとスプーンが入る感じ。理想的と思います。ソースも他にはない味で、犬になってお皿なめたかった。。

●「おくだばらえん」奥田容彦さんのバラを使ったバラのグラニテ。目を瞠るほどの芳香のグラニテ、色も自然のものだそうで、驚異的なものだと思いました。

●そしてメインとも言うべき、ミルフイユです。このサクサクサクサクの、何度も折りたたみ、折りたたみ続けることで文字通り千(Mille)ほど重なっているフイユタージュ、今やとても高価な貴重品となっているヴァニラの粒粒がたっぷり入ったクレームパティシエールがまた目を剥くほどおいしい。シャンパーニュのジュレ仕立てがほとんど粒粒の細かさで散らされており、香味のアクセントになっています。わたし自身は実はこれ、そんなに要らないと思っているのですが(ごめん)、でも皆さんには圧倒的に好評でした。(普通はやっぱりこういうアクセント必要なんだな。。。わたしが極端なだけで・・・<(_ _)><(_ _)>)

●2度目の飲み物(選択いろいろ)と共に、小菓子7種類。ギモーヴ、パートドゥフリュイ、ショコラ、パリブレスト、カヌレ、サレのものなど。小さいながら、それぞれが味わい明確、ものすごく美味でした。

●おみやげに、いつも販売されているケーク・テ(紅茶のパウンドケーキ、上の写真)の、ショコラヴァージョンをご用意いただきました。

なんて贅沢だったデセール尽くし。

●以下スナップ何枚かです。

●「パティスリー S」中元修平さん、薫さん、スタッフの皆さまにお世話になりました。参加者の皆さまにも感謝。

人数集まったからこそお願いできたスペシャルな企画で、いつものクラブエリーとはまた違う楽しさに満ちていました。ほんとよかったです。\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「仁王門 うね乃」の若竹うどん

■ 全国100万人の読者の皆さま、「仁王門 うね乃」さんのこれが待ち遠しかったエリーでございます。

●春めいてきた日からとても待っていた、季節限定の若竹うどん 2000円。
3月末から毎日「仁王門 うね乃」さんのページをまだかまだかと見ていました。
筍がみっちりのせられて、やわやわとろとろのわかめに、まぐろ節と木の芽で理想的なおいしさ。たっぷりのおだしが香りよく美味で、もちろん全飲みしました。

●(木の芽の下、)血合いを抜いたまぐろ節がまた香りを添えて、まぐろ偉いなあと改めて。

うどんというよりお料理をいただきに出かけた感じです。
筍は長岡京のもので、毎年決まった農家さんからもらっていて、それ以外ではやらないとのこと。今年はその筍が遅かったからスタートも遅れたとのこと。そのかわり5月初旬くらいまで楽しめるということでした。
●違う素材の話も聞いて、それをどうしても食べたくなりました。「仁王門 うね乃」さん、また近日中に改めて出かけます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「リストランテ 野呂」で新子、豆、桜海老

■ 全国100万人の読者の皆さま、4月15日(日)夜、またりすのろへ向かったエリーでございます。(^o^)/
「リストランテ 野呂」、先日よかったものをまたどうしても食べたくて、それらを少しずつ違う調理法にしてもらいました。

以下順番にいきます。

●クリームコロッケ、今回は中身をそら豆で。
添えてあったリコッタそら豆和えがちょっと「セルヴェルドゥカニュー風」だったので笑いました。やるう(^o^)(^o^)
●素材プレゼンのコーナー。あいなめの新子です。

●あいなめの新子、先日フライだったのをフリットで。

●先日これまたよかった桜海老を、あまりにおいしかったので、
1)ペンネ、カルボナーラ仕立てで、白アスパラガスとの組み合わせで。
2)もちもちのピーチ、うすいえんどう豆との組み合わせで。
NP100=のろっちのパスタ100、その43とその44でした。

●時々追いオイルをしてくれます。フレッシュな、ほろ苦い味と香りがぱあーっと漂って、ひと時天国の気分。
●今回は締めスープ、うすいえんどう豆のスープ、温製。
豆をたくさんいただきました。
新子も豆も桜海老もおいしかったー\(^o^)/\(^o^)/
●なんてこったのパンナコッタは再びの胡桃。口当たりなめらかだけど、味は深い。また食べたかった。。
カフェ・クレームをいただきごちそうさまでした<(_ _)><(_ _)>

●りすのろ、飽きないです楽しいです\(^o^)/\(^o^)/また行きたいとなります。

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回火曜休み

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
昼コース1800円と4500円、
夜はアラカルト、前もっての予約でコースも可。
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「イル フィーロ」で春パスタ

■ 全国100万人の読者の皆さま、4月15日(日)お昼、「イルフィーロ」さんに出かけたエリーでございます。

●この春のメニューの中からアラカルトで2品と、+もうひと皿というデジュネ。

●ほたるいかと花山椒のパスタ。ものすごく季節感のある料理、ほたるいかの旨み強烈です。花山椒の香味より強かったかもしれないくらい、ほたるいかの香味が鮮やかでした。これ一生食べていたいほどおいしいと思いました。

そしてこの後、牛肉+花山椒の組み合わせでも作ってみていただきました。和久傳さんのこの時季の黄金の組み合わせごめん(^o^)(^o^)/

●順番にいきますと、上のパスタよりもこちらを先にいただきました。

春の豆(うすいえんどう、そら豆、三度豆)とモッツァレッラ、デコポンのサラダ

●このモッツァレッラも非常に美味でした。

●食後にヴェルヴェーヌのアンフュージョン。いい香り。
リヨンからのショコラ「B・・・」なども食べさせていただいて、気持ちがなごんだお昼でした。
よかったー(^o^)/

*****************

「イル フィーロ」電話 075-221-2788

京都市中京区木屋町通御池下ル(上大阪町519-1F)

12:00~14:00(入店)、18:00~22:00(入店)

水曜終日と、木曜の昼休み

カウンター8席、テーブル4席×2

2016年11月1日 (以前の堺町通から)移転オープン

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「リンツ」のリンドール カカオ70%

■ 全国100万人の読者の皆さま、70%カカオに心を奪われたエリーでございます。

●スイスの世界的なショコラトリ、「リンツ」さんからリンドールの、「70%カカオ」が発売されます。キャンディの形でかわいい、「リンツ」の看板商品のひとつリンドールは、20も30もフレーヴァーが揃って選ぶ楽しさがありますが、ショコラ好きは結局ショコラそのものの香味が欲しいのです。余計な香りは要らん。(ごめん。)色とりどりのリンドールはかわいいけれど、結局赤いリンドールミルクか、青いリンドールダークかしか要らなかったのだけど・・・

●ここにきて70%カカオが登場、ゴールドと黒の包みも粋です。リンドールならではの、「ぱきんと外側が割れたら中はとろとろなめらか」の食感は同じながらほどよい甘さ、濃厚ショコラが香り立って、わわ、これは癖になります、「やばい」というやつです。

●フランス贔屓のわたしは、何よりまずフランスのショコラありきの人生なのですが、それでもどんどん「リンツ」さんを好きになっていきます。
1週間後、4月23日(月)発売です。
4月23日~5月20日、「リンツ」直営店の量り売りコーナー「ピック&ミックス」で2500円以上購入すると、リンドール柄の保冷ポーチをプレゼントしてくださるということです。
ここに詳細あります。
http://www.lindt.jp/contents/chocolat-cafe/16952/

●ちなみにこれは10000円のリンドールギフトボックス。一度手みやげにしたことがあります。持って歩くだけで「どうよ?」という気分になって、うれしかったです(^o^)(^o^)/

パッケージの写真はリンツさんウエブサイトから拝借しています。

●わたしの最寄りのお店はリンツ ショコラ カフェ 京都四条通り店。また伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ チーズチーズベル、ワインにも合います

■ 全国100万人の読者の皆さま、これがまたおいしくて仰天したエリーでございます。(*_*)(*_*)☆☆☆

●「マールブランシュ」さんから4月5日に発売された新商品、濃厚焼きチーズケーキ「チーズチーズベル」。
ほんのひと口サイズながら、フロマージュ好きも瞠目の香味濃厚、ワインを飲みたくなるようなお菓子です。

●サイズこれくらい。小さくてかわいい。

国産クリームチーズやヨーロッパのゴーダチーズなど3種類のチーズをブレンドして作られたとか。中にマンゴーのリキュール漬けにしたレーズンが仕込まれています。

●バラ売り(205円)、3個入り、6個入り、9個入りと揃っているのも便利。日持ちもするのでおみやげにもいいです。というか自分で食べたくて買うと思う。

●牛が踊っているイラストがなんだかかわいくて笑っちゃって、おいしくて笑っちゃって、パッケージも明るい感じでだからテンションも上がって、なんだかいいことづくめのお菓子です。

●「マールブランシュ」さんの「チーズチーズベル」、お菓子好きにもフロマージュ好きにもワイン好きにもおすすめですー(^o^)/☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「リストランテ 野呂」で桜海老、鴨

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろでまたメロメロになったエリーでございます。

4月13日(金)夜「リストランテ 野呂」、桜海老、あいなめ新子、鴨肉、フロマージュまでしっかりいただきました。

順番にいきます。

●うすいえんどう豆のスープ、冷製でスタート。

まずプレーンのままいただき豆の香りを感じたら、追いオイルです。いつもカウンターに出ている赤い瓶のオリーヴオイルね。これでまた目覚ましくおいしくなります。

●天然真鯛と筍のカルパッチョ 木の芽とからすみ

●大和丸茄子のバルサミコマリネ/リコッタチーズとフルーツトマト

●店主さんではなく、出てきたのは二番手ゆうすけくん・・・渡辺佑介さんがプレゼンするのは、

●新物の釜揚げ桜海老!!

●どうです?

●桜海老と白アスパラガス、サフラン風味のソース

●あいなめの新子と、香住のかにクリームコロッケミニサイズ。あいなめ新子ってこんななのかー。外側パリパリの食感、磯の香り、中はふんわり柔らか、これはおいし(T_T)(T_T)

かにクリームコロッケもおいしいのもうわかってます。これだけ10個でも食べたいと思う。

●フランス産幼鴨胸肉の新生姜焼き 花山椒の香り

●スープセロリの葉にちょっとどいてもらったら、このように鴨肉の全貌が現われます。肉じたいももろもろの味付けも、ほんとーーーーにおいしかったww☆☆☆☆☆☆

●手延べパスタ・ピーチ、トマトとゴルゴンゾーラのソース。これがまた絶句する旨みのかたまり。もちもちピーチに、ゴルゴンゾーラの香りと旨みと塩気がぐいぐい効いたトマトソース、これはちょっとずるい。( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●フロマージュはあるもので状態いいものを出していただき、フランス2種類、イタリア1種類。アカシアのはちみつ、いちごのコンフィチュール。

赤ワインバルバレスコいただきました<(_ _)>

●なんてこったのパンナコッタは文旦。果肉のつぶつぶがアクセントになって、とても柑橘感の豊かなパンナコッタでした。さわやーかでよかったー(^o^)/

 

最後に紅茶をいただきごちそうさま。

一緒にいただいたHさまありがとうございました。おかげでワインをたっぷりいただきました<(_ _)>
夜遅ディネにお付き合いいただいたこと重ねて御礼申し上げます。<(_ _)><(_ _)>

りすのろ楽しいです、飽きないです。また行きたくなります。次回は桜海老のパスタですー\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回火曜休み

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
昼コース1800円と4500円、
夜はアラカルト、前もっての予約でコースも可。
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 朝日カルチャーセンター「ヴェーナ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、本日4月の第2木曜、朝日カルチャーセンター講座のお昼を室町通夷川上ルのイタリア料理店「ヴェーナ」さんにお願いしました。
ものすごくよかったーーー\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
以前からよかったけれど、よりおいしくなっている!!と皆さん絶賛状態のお昼でした。食材の組み合わせが粋、塩加減ほどよく、味がばちーーーっと決まっていました。

●こんな感じでカウンター貸し切りで座らせていただきました。

おまかせでコースを組んでいただきまして、よき食材を贅沢に使ったお料理をいただきました。

●香川県産ホワイトアスパラガスのパンチェッタ巻き、セモリナ粉揚げ はまぐりのソース、サマートリュフ

●かわはぎのぶつ切り、花菜のペースト和え かわはぎの肝、ほたるいか、花菜のフリット。フルーツトマトのクーリ

●熊本産馬肉のタルタル 原木椎茸、ブラックリーヴのパウダー、温泉卵、パルミジャーノ、黒胡椒チップ。ふきのとうバーニャカウダソースのブルスケッタ

●明石の飯蛸の冷製 新玉ねぎのピュレ、カヴィア、天然クレソン。オレンジの香り

●自家製スパゲッティ、毛蟹と雲丹のトマトソース

●オレキエッテ、バターとパルミジャーノ、そら豆のソース。クラテッロのサラミ

●京都牛のサーロインの炭火焼き 塚原の筍とモリーユ茸、バルサミコソース

●自家製プリンとジェラート(チョコラータ)、宮崎マンゴー

●お茶菓子が供されて、

●食後の飲み物はカフェや紅茶、ハーブティから選択。これはハーブティで、「違法なハーブを入っておりません」だって\(^o^)/ レモングラスやらヴァーヴェナやらミントなどのブレンドで、食後にとてもおいしいと思いながらいただきました。

●自然光も入るゆったりしたカウンター席、本当に感じがいいです。

■左から、シェフの早川大樹さん、サーヴィスの池本洋司さん。

ぴたりと決まった料理に、サーヴィスもおもしろいし椅子すてきで居心地いいし、申し分ないお昼を過ごすことができました。

池本洋司さん、早川大樹さん、サーヴィスの大塚茉莉さん、スタッフの方、お世話になりました。

あんまりよかったので、またいろいろお願いごとをしようと思います。
参加者の皆さんにも御礼申し上げます。
★ちなみに「ヴェーナ」さん、室町通に面したガラス窓がなくなっていました。間違えたか?と焦ったー(^o^)(^o^)

*****************
「Vena(ヴェーナ)」 電話 075-255-8757
京都市中京区室町通夷川上ル東側(鏡屋町46-3)
昼夜営業
水曜休み
カウンター10席、

2階に完全に別室の2部屋、各8席。全席禁煙。
要予約
2016年12月20日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー@「割烹 市川」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

4月10日(火)、11日(水)と、クラブエリー和食会を「割烹 市川」さんにお願いしました。

お料理はこんなでした。

●仕入れによって、10日はお造りがかつお、11日はまぐろになったという違いがありましたが、後は全部同じでした。

●貝や白アスパラガス、わけぎのてっぱいに、うるい。

●桜蒸し、ぐじ入りです。

●これは3月にいただいて感動深く、「皆さんにも再びこれを」と激しくお願いしたはまぐりのお椀、春キャベツとわかめ。

ものすごく好評でした。

●初日、かつおです。

●2日め、まぐろです。

●鮎の唐揚げ

●焼き物は選択可能にして、魚選択の方はのどぐろ、

●肉選択の方は牛肉でした。付け合せに朝掘りの物集女(もずめ)の筍と新玉ねぎでした。

●丸なすと生うには、冷製で供されました。

●店主の市川達也さん、大事なご飯プレゼンです。

●桜海老とうすい豆ご飯。ものすごく香りよいです。香の物と止椀も付きました。

●わらびもちで締め。大半の皆さんがご飯をお代わりなさって、健啖ぶりを発揮しました。

●初日、奥のお部屋の何名かに、ちょっとお詫びをすることが起こったのですが、あとは全部全部うまくいきました。

市川達也さん、スタッフの皆さんに御礼申し上げます。

参加者の皆さんにも感謝。ほっておいても盛り上がってくれるのがありがたいです、喜んでいます。旨いものがどれだけ魂に響くかということです。

「割烹 市川」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 掲載誌のお知らせ:ミセス 2018年5月号

■ 全国100万人の読者の皆さま、掲載誌お知らせのエリーでございます。

■ 現在発売中のミセス 2018年5月号です。
この号のお店紹介では、二条通の「即今 藤本」さんに出ていただいています。

★そして薔薇特集では「プーゼ」のみなちゃん=浦沢美奈さんも登場\(^o^)/

皆さまどうぞご覧くださいませ<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「日本料理 とくを」で金目鯛

■ 全国100万人の読者の皆さま、テンションが上ったエリーでございます。

週明け、ほんとーにおいしいお店に行ってなごみました。

4月10日(火)の夜、「日本料理 とくを」さんへ。
「火曜日はガラガラですから」と言っていたのに行ってみたら満席でわんわんしていました。嘘つき徳尾さんです。こういうのすでに3回めなんで、狼少年だーww オオカミ真次と呼ぶよーん\(^o^)/\(^o^)/

●このところ、のどぐろばかり食べていたので、今日は金目鯛です。房総のものとのこと。ふっくらふわふわして、香りよくて、塩気も効いて、かんぺきのぺき子ちゃんというやつでした。焼き加減、塩加減とも絶妙だったのです。これまた食べたい。

●一品がこんなにいろいろ。以下順番にいきます。

●これはお決まりの先付。ほたるいかに酢味噌、黒豆の湯葉と雲丹、鯛の南蛮漬。

●お造りを3種類いただきまして、南紀勝浦のまぐろ、明石の鯛、大分の赤貝。

●赤貝がとりわけ美味と思いました。噛みごたえ心地よいのです。

この後、冒頭の金目鯛をいただき・・・

●塩とウスターソースが添えられた揚げものです。

●緑アスパラガス、白アスパラガス、海老フライ。これもサイコーでした☆☆☆

●えんどう豆すり流し。豆の香味豊かです。ものすごく春の味です。

●ご飯ものへ。一緒に行った方はすっぽん雑炊とゴージャス\(^o^)/

●わたしもまぐろの鉄火丼でゴージャスよ(^o^)☆☆☆

これがまたかんぺきなおいしさだと思います。

美味の連続で、幸せな食事でした。

●食後の甘味は抹茶アフォガートを選択。わたしは抹茶のお菓子や甘味が好きなのです。それから、こういう持ち上げや注ぎ込み写真を撮るのが好きです。それも自分で持って自分で撮るのがものすごい楽しみなので、「持ってましょうか?」とか聞かないでね。笑。

●店主の徳尾真次さん。お店はいつも満席、どの季節に訪れてもおいしい☆☆☆ アスパラガスでVサインです(^o^)(^o^)v

全部全部ほんとーにおいしかったです。\(^o^)/☆☆☆

日本料理 とくを」さん、来月も伺います。クラブエリーでお世話になりますー!

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「喜み家」の豆かん

■ 全国100万人の読者の皆さま、先日の鹿ヶ谷方面でのクラブエリーの帰途、「銀閣寺 喜み家」さんに伺ったエリーでございます。

こちらの豆かんが大好き。
●くっきりはっきりした食感の寒天と粒粒感が心地よい豆に、黒蜜。すごくシンプルな構成です。
●いつも、噛んだのか噛んでいないのかわからんような、水分量最大のやわやわ寒天を好んで食べていますが、これはこれで全く別のおいしさと思います。時々食べたくてしょうがなくなる貴重な甘味です。満足しました\(^o^)/\(^o^)/

●写真のシンプルな豆かん、630円です。わたしはシンプルなものがいちばん好きですが、あんや、白玉、アイスクリームをのせたものもあって、全部のせもお願いできます。

銀閣寺 喜み家」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ラ・パール・デュー」の美麗な王冠サラダ

■ 全国100万人の読者の皆さま、感動にうち震えたエリーでございます。しんそこいいと思った「ラ・パール・デュー」さんのお料理です。

●ちょっと久しぶりでごめんなさい、元田中の「ラ・パール・デュー」さんにデジュネに伺いました。自然光の入るお昼間が理想的で、窓際に座らせていただき、お昼のコースをいただきました。

●この、花と野菜の王冠サラダを改めていただきたかったのです。なんてきれいで美味なお皿。

以下、順番にいきます。

●アミューズに、鴨サンド/すずき、ふきのとう

グジェールにペースト状の鴨肉、中に刻んだ発酵キャベツも。ふきのとうの方はフリットになっていて、挿された黒文字がが本当にいい香りです。

●雪ノ下にんじんのポタージュ

玉ねぎやブイヨンなどを使わず、ただにんじんじたいの味や旨さとのこと。

海老、セロリ、パリパリに揚げた紫にんじんなどからは、ふんわりとオレンジの香りが立ちのぼりました。

●雪のもとで冷たさに耐えたにんじん、加熱4時間と伺いました。寒さの次に熱で痛めつけんのね。笑。その結果、びっくりするほど風味よく、口当たりのいいポタージュでした。

●63種類の野菜と花、野草とフルーツも使った王冠サラダ。上からパルミジャーノとからすみの粉、菊芋のチップ。

●内容を明記されたこの紙があるのでありがたいです。本当にきれい、食感いろいろで楽しく、完璧に美味なお皿です。

●底に桜ますの燻製が敷かれていました。ミントのソースと。

ここまでですでに感動いっぱい、お腹もふくれてきているのですが、後半まだまだ盛りだくさんです。

●昨年もいただいたこの筍料理、

●京都 長岡京の筍のムニエル 

焦がしバターに黒トリュフ、じゃがいもペースト、たらの芽の天ぷら。

アーモンド、エシャロット、レモン、大葉などで風味と食感が添えられています。

さらにこの上に・・・

●ルッコラとその花、すぐきの花、山椒などが添えられました。

●香りが重なり響き合って、もうもうもう、昨年も書いているけれど、限度を超えたおいしさというのよこれは。感動深かったです。

それにしても、昨年は全く同じ料理を5月にいただいていますから、今年は食材が早いのね・・・

●メイン料理、目鯛か仔牛の選択なので、仔牛を選びました。これも花や葉やいろいろの香りをまとって、まあ美味なことよ( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●マッシュルーム、そら豆、白アスパラガス、モリーユ、アルティショーなどなど、合わせてあるものもものすごくおいしい☆☆☆

モリーユのソースに、別途黒トリュフが香るソースもあって、本当にお手間かかっていることがわかります。どのお皿もみっちり、ひれ伏したいくらいお手間入りのコースでした。

●そして、ここへ来てフロマージュを食べずに帰れるだろうか?(いいや帰れはしまい。)

●(上から時計まわりに、)

サントモールドゥトゥレーヌ、フルムダンベール、マンステール、カンタル、ブランドゥマキ。できるだけアフィネ=熟成したもの、熟成が進んだものを選ぶ癖がついています。

非常にいい感じでいただきました。激しく幸せ~と思いました。

●デセールはシンプルなミルフイユ。ランヴェルセで生地を作ったと伺いました。サクサクの天国です。中にはさんでいるクレームはあえてヴァニラ

使わずということでした。それでも十分過ぎるほどおいし☆☆☆

●アンフュージョンはヴェルヴェーヌを選択しました。

●最後の小菓子まできれいです。焼き立てマドレーヌと、パッションフルーツ味のショコラ。

●「ラ・パール・デュー」さん、楽しくて格別に美味と思いました。パリにお店があっても、余裕で星2つくらいに値すると思います。

3年ぶりにクラブエリーをお願いしました。

メンバーの皆さんどうぞ楽しみに\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 完全禁煙になった「やまもと喫茶」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、祇園の「やまもと喫茶」さんが完全禁煙になったことをつい先日知って喜んだエリーでございます。

●自転車で走っていて、これ見つけたのよ。時間で区切って、週末だけ11時まで禁煙なんていうのをやっていらしたのは知っていたけれど、完全禁煙になったとは知らなかった。。

●この看板おいしそうで楽しそう。禁煙マーク最高です\(^o^)/\(^o^)/

●古い方のウエブサイトに、2011年11月の初訪問の記録を見つけました。おいしくて感じがよかったけれどタバコのケムケムが・・・、とありました。あれから7年です。
奥さまの明子さんは、(禁煙にするのは)「苦渋の決断だった」と。でも結局それまでのタバコ客も(いったんは離れたけれど)また戻ってくれたと。もっと早く禁煙にしておけばよかったと。「フランソア喫茶室」さんや「喫茶ソワレ」さんが2年ほど前に禁煙に踏み切られたことも、背中を押してくれたとおっしゃっていました。
●フードの数をしぼられていました。たまごサンドイッチがよく知られていますが、わたしはハンバーグサンド 800円を選択しました。おいし(^o^)☆☆☆
●甘いものが長らくなかったのでプリンを作るようになったそうです。ゆるゆるゆるのなめらかプリンです。これはおいしいわ(^o^)(^o^)
山本大樹さん、明子さん、優しくてなごみます。
また必ず伺います(^o^)/

■2日後、4月9日(月)の追記:

●焼きたまごサンド 650円をいただいてみました。オムレツスタイル、胡瓜をはさんで食感を添えています。わたしは抜いていただきましたが、からしマヨネーズが塗られるとのことです。まあこのたまごサンド有名になって、あちこちでヴィジュアルを見ておりました・・・

わたしはどちらかというと、肉食ヴァージョン、上のハンバーグサンドの方が好きかなあ~というのが偽らぬ気持ちでした。

●ホットココア 、ホイップクリームならぬヴァニラアイスクリームが浮いています。頭いいわ\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「やまもと喫茶」 電話 075-531-0109
京都市東山区白川北通東大路西入ル北側 (石橋町307-2)
知恩院前バス停すぐ
7:00~16:30LO・17:00 火曜休み
全席禁煙\(^o^)/
2011年2月25日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「Le Bon Vivre ルボンヴィーヴル」の夜

■ 全国100万人の読者の皆さま、先日オープンした「Le Bon Vivre(ルボンヴィーヴル)」さんの夜に行ってみたかったエリーでございます。

それで、きのうに続いて、今日もまた行ってきました。ごく軽いディネ。

●まずはペリエです。祖国の水ね。身体の中からフランスに。

●野菜スープを、先日もいただきましたが、もう一度いただいてみたくて注文。

●シュークルート、小サイズで食べやすいです。料理にはバゲットが添えられました。

●「カフェ・ヴェルディ」さんの豆を使ったカフェラッテ。(ちゃんとカフェオレとカフェラッテと別々にあるのがすごいです。)

また出直して食べたいものがありました。今日は入るなりすぐに料理ラストオーダーの時間になっちゃったから、また次回。

■追記、この後2回出かけまして、こんなものをいただきました。

●鶏むね肉のシーザーサラダ

●野菜とハムのキッシュ

●手作りソーセージとレンズ豆の温製

●リヨン風クネル ソースアメリケーヌ

●鶏むね肉のグラタン風(温製タルティーヌ)

●さすがにパンはたっぷりたっぷりどんどん持ってきてくださいます。

●パンの種類も毎回違うし♪

●カヌレドゥボルドー、これもおいしい。

ごく気軽にフランス家庭料理や地方料理を楽しめて、うれしいです(^o^)/

*****************

●夜メニューを貼り付けます。結局新店情報で見たいのは、店データに次いで、これですよね♪ 便利でしょ(^o^)(^o^)

実際は大きな1枚の紙に印刷されていますが、文字が読みやすいように6分割しています。

●そして以下が、カフェのメニュー、

●以下が、冷たいドリンクのメニューです。

●「Le Bon Vivre(ルボンヴィーヴル)」さん、また伺います。

*****************
Le Bon Vivre(ルボンヴィーヴル)
「ザ ロイヤルパークホテル京都四条」1階
電話 075-354-1788
京都市下京区烏丸通仏光寺西側

レストランは10:00~21:00料理LO、

22:00ドリンクLO・22:30閉店

ベーカリーは6:30~21:00
年中無休
★4月9、10、11日は休業
テーブル42席、カウンター4席 全席禁煙
2018年4月5日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

 

■「Le Bon Vivre ルボンヴィーヴル」の朝食

■ 全国100万人の読者の皆さま、京都にいてもフランス時間で暮らしているエリーでございます。わざとやっているんじゃないけれど、もう何年も前から身体がそうなってしまっていて。( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) なのに、朝の10時台に朝食を食べに出かけることができたのですから褒めてください\(^o^)/\(^o^)/ フランスは丑の刻、夜中3時よ~~

先日内覧会に伺ってとてもよかった、進々堂さんの新しいレストラン、烏丸通仏光寺、西北角の「Le Bon Vivre ルボンヴィーヴル」の朝食をいただきに出かけました。

10時オープン、17時まで注文可能な朝食セットです。
●ジュース2種類、「カフェ・ヴェルディ」さんの豆使用のポットで供されるカフェ、とろとろスクランブルエッグ、野菜やヨーグルトに、パンはクロワッサンとバゲット。
ロースハムに添えられたフロマージュはコンテで、日替わりとのことでした。

●緑色のデトックスジュースは、りんご、セロリ、白菜、小松菜、胡瓜で作られているとのことです。

●食後にタルト・フィヌ・ポムを追加で注文。
焼き立て熱々で供されます。

●ブレックファストメニュー以外に、10時~17時に注文可能なメニューを貼り付けます。

●これから混みますよー!フランス好き、パン好きはどうぞ早めに。

*****************
「Le Bon Vivre(ルボンヴィーヴル)」
「ザ ロイヤルパークホテル京都四条」1階
電話 075-354-1788
京都市下京区烏丸通仏光寺西側

レストランは10:00~21:00LO・22:30閉店

ベーカリーは6:30~21:00
年中無休
★4月9、10、11日は休業
テーブル42席、カウンター4席 全席禁煙
2018年4月5日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「実伶」で、うにく

■ 全国100万人の読者の皆さま、「実伶」さん大好きなエリーでございます。気楽でおいしい(^o^)/

週初めのある晩出かけた「実伶」さん、今回は初めての方をご案内して、店主さんにご紹介しましょうという夕食でした。

●お品書き、1週間前はこれ。・・・よーく見ると、新しいものがいくつか加わっています。

●まずは先付が供されました。飯蛸、海老、うるい、黄身酢。

●フルーツトマトレモン煮、旨みとさわやかが同時に。(^o^)☆☆☆

●「うにく」ついに食べましたー\(^o^)/\(^o^)/
雲丹と肉で、「うにく」なんだと。
しかしなんて発音すればいいのだ? 
「雲丹く」と「う肉」では、発音違うでしょ(^o^)(^o^)
焼いた牛肉に、雲丹をのせたもので、これはうまいわたまらんわ☆☆☆

●筍天ぷら、この時季どんなに筍を食べても飽きるということがありません。

●店主の中尾雄三さんです。仕事早い。手元も火元も全見えのカウンターです。

●和牛と丸茄子冷しゃぶ、これまた食べたい。

●生麩ブルーチーズ、香味強烈濃厚。

●からすみと大根でさっぱり。

●筍と鯛ご飯\(^o^)/\(^o^)/ 先週迷いつつ食べられなかったもので、わたしとても喜びました。

香の物と止椀付きです。

●一緒に行った方が、和三盆のジュレ

●わたしは抹茶アイスクリーム。

すべて過不足なく理想的に美味でした。

一緒にいただいたDさんありがとう。自分と全然違う業種・人生の方と話すのは、興味が尽きず刺激的でした。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ NHK文化センター講座@「祇園にしむら」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

4月のNHK文化センター講座第1木曜は「祇園にしむら」さんにお願いしました。お昼でも夜と変わらないクオリティのお料理を出していただき、感謝しました。
祇園にしむら」西村元秀さん、スタッフの皆さまに御礼申し上げます。
参加してくださった方々にも。
16名でも、いつもカウンターでいただく料理と全く変わらずおいしかったわー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

★まずは料理写真をアップしました。様子いろいろやお店のしつらいなどは追ってアップします。またしてもSDカード読み出せないトラブル・・・ついに業者さんにデジタルデータ復元を依頼しました・・・まだ買って間もないSDカードが故障って(それもこの頻度で)、結局カードリーダーがおかしいのではないか?という思いがしてしょうがないので、カードリーダーを買い直すことにしました。アマゾンでポチったところです。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「Le Bon Vivre ルボンヴィーヴル」開店

■ 全国100万人の読者の皆さま、すてきな新店オープンに喜んでいるエリーでございます。

●京都を代表するブランジュリ、「進々堂」さんの新しいレストランが明日、4月5日(木)開店です。
du pain,du vin,du fromage パン、ワイン、フロマージュ
Le Bon Vivre(ルボンヴィーヴル)
もうもうもう、フランス愛全開のお店です(^o^)(^o^)/
烏丸通仏光寺西側に4月13日に開業する「ザ ロイヤルパークホテル京都四条」の1階です。
●内観はこんなです。おびただしい数の額縁に、フランスの写真です。

フランス郷土料理と家庭料理を楽しむお店とありますが、ここまでフロマージュのメニューが充実して、朝の10時から気軽に楽しめるお店はなかなかないと思います。
そしてそして、料理監修はこれまた京都を代表するフランス料理のベルクールグループの松井知之さん。これは間違いありません。
●以下、試食させていただいたものです。

●まずパンですね。「売るほどあります」って社長さん。笑。
●ごろごろ野菜で作った優しいスープ
(トマトとパルミジャーノ添え)
●オニオングラタンスープ
●京赤地鶏ハーブマリネ焼き、レンズ豆と
●フロマージュ盛り合わせ 5種盛り

(白かび、青かび、シェーヴル、ハード、ウオッシュから好きなものを選べます。)

左上から時計回りに、エポワス/フルムダンベール/クロミエ/オッソ・イラティ/セル・シュール・シェール。
(ちなみに、SELLES-SUR-CHER、セル・スュール・シェール、というのが一番発音近いか?)
●セルヴェルドゥカニュ(ハーブ入りフロマージュブラン)
●ルブロションとじゃがいも、ベーコンのグラタン
●とろーりカマンベールチーズフォンデュ
●ロックフォールスクランブル/山羊チーズローストのタルティーヌ

●タプナードのタルティーヌ
●カフェは「カフェ・ヴェルディ」さんの豆使用です。
●ベーカリーは6:30~21:00、クロワッサンオブールやパンオレザンなどフランスそのものと思います。
●今回のお店作りでフランス愛を爆発させた「進々堂」社長の続木創さん。毎年スタッフをお連れになってのフランス行きをこんな風に実らせて、本当にすばらしいです(^o^)(^o^)/

「ネクタイ今日は迷いなく赤にしました」って、テントや壁の色に合わせられたとのことです。はい、それでOKです。\(^o^)/\(^o^)/
●レストランは10:00~21:00LO・22:30閉店。
そのうち17時まではお昼メニューがあり、さらに朝食メニューも17時まで注文可能ということです。
こんな便利なところに、フランス濃度高いお店ができてわたしはほんとーーーーーにうれしいです(^o^)他にもいただきたいメニューがまだまだありましたので、また近々に伺います。

*****************
「Le Bon Vivre(ルボンヴィーヴル)」
「ザ ロイヤルパークホテル京都四条」1階
電話 075-354-1788
京都市下京区烏丸通仏光寺西側

レストランは10:00~21:00LO・22:30閉店

ベーカリーは6:30~21:00
年中無休

★4月9、10、11日は休業
テーブル42席、カウンター4席 全席禁煙
2018年4月5日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー@「日本料理 藤井」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー和食会を鹿ヶ谷通「日本料理 藤井」さんで4月2日(月)、3日(火)の2日間行いました。
哲学の道は桜満開(か少し過ぎたくらい)、和食と桜で春の到来を喜びましょうという意図通りのクラブエリーができてよかったですーーー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
皆さんに感謝。

●いらしてくださったクラブエリーメンバーの皆さまに御礼です(^o^)<(_ _)> 皆さんに会えていつもものすごく喜んでいます。

今回も「座席の神さま」が降臨したと思います。わたしは何もせず「自由席でどうぞ」としていますが、初めての方が参加された時も、ちゃんとお話が合う人どうしがお隣になるようになっています。それから、なぜか本当にいい方々ばかりがいらしてくださる「クラブエリーの奇跡」というのもあります。クラブエリーほんとよいです\(^o^)/\(^o^)/

●藤井孝之輔さんありがとうございました。お母さまの理恵子さんにもお世話になりました。おかげで皆さんに喜んでいただけました。

*****************
「日本料理 藤井」電話 075-771-2500
〒606-8405
京都市左京区浄土寺上南田町91-3
11:30~13:30(入店)、17:00~20:00(入店)
水曜休み
カウンター6席、テーブル4席1卓、ほりごたつ式座敷4席2卓、くっつけること可能
全席禁煙
2018年2月9日開店
お昼3800円5500円、夜は8800円10000円15000円
http://kyoto-fujii.jp
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 道々の桜

■ 全国100万人の読者の皆さま、「桜はべつにそんなに好きではない」などと言うのを、今後もうやめようと思うエリーでございます。「べつにそんなに」と言いながら、日々桜がきれいな道を選びながら走っているからです。

●クラブエリー@「日本料理 藤井」さんに向かう道々で・・・

●夷川発電所

●哲学の道はごった返すような人出でした。これはだいぶ待って撮ったもの。

●「日本料理 藤井」さんからの帰途、その後錦林車庫裏側というか西側のこの道を、しゃーーーっと走ってきました。この道好きなのです。
花吹雪はらはらと。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「リストランテ 野呂」で筍づくし

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろに行ってきたエリーでございます。

4月1日(日)夜、「リストランテ 野呂」で筍づくし。
生ものと合わせたりクリームと和えたりメンチカツに木の芽と共に混ぜ込んだり、あの手この手で筍を出してくれました。
筍ピュレに驚いたり、サクサクのフリットに感激したりしました。おいしかったーー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●まずはにんじんの冷たいスープから。オリーヴオイルが目覚ましく香りを添えています。

筍スープは先々週にいただいているので、あえてにんじんにしてくれたと思う。

●よこわに朝掘りの筍。新生姜ヴィネグレットソース。

●天然真鯛、ガス海老、筍ピュレと、木の芽

●横から見たらこんな。

●筍とほたるいかのフリット。この衣がほんとーーにおいしいわ。もちろん中身も。醤油風味の山椒も添えられました。

●いつもののろっちのメンチカツ、に見えます。「リストランテ 野呂」のメンチカツのようだけれど・・・

●筍と木の芽入りです。

●筍こんな感じでさいの目で。いい食感でした。

●ルッコラとトマトがたっぷり添えられて、ドミグラスソースもよく合って、本当に美味。

●NP100=のろっちのパスタ100、その41は、本ますと筍のクリームソースがからみ、 八代の海苔が香り立つペンネでした。

(少なくともあと59回は行きます。)

●なんてこったのパンナコッタはマンダリン。

●紅茶を飲んでご馳走さまでした。

アイデアも、おいしさも、全部よかったー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

りすのろ本当におもしろいです、おいしいです☆☆☆

まだまだまだ驚かせてくれると思います。

また来週\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回火曜休み

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
昼コース1800円と4500円、
夜はアラカルト、前もっての予約でコースも可。
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「リストリア ラディーチェ」のコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、ご機嫌エリーでございます。

3月31日(土)夜、少し久しぶりに伺った夷川通室町の「リストリア ラディーチェ」さんです。
黒板アラカルトメニューは姿を消し、コースのみになっていました。
店主の根本義彦さんは、コースにすることで、「食べてほしい構成で食べてもらえるようになった」とのこと。
以下、10800円(税込み・コペルト別)のコースです。とても価値があると思いました。

●新玉ねぎのビアンコマンジャーレ、雲丹、サフランコンソメジュレ、新玉ねぎサラダ

●胡麻練り込みグリッシーニ/カフェの香りのシューにフォアグラアイスクリーム/パルマの生ハム

●シューアイスという感じ。フォアグラといってもかたまりではなくて、食べやすいです。

●パンツェロッティ(具材を包んで揚げるピッツァ)、中は帆立、カチョカヴァッロ、ジェノヴェーゼ

●伝助穴子、日向夏、キノア、ナスタチウムの花

●京丹後の鹿のフィレ肉 パンチェッタ巻き、ねぎのフリット、根セロリのピュレ

●佐賀の白アスパラガス焼き、青森のますマリネ、燻製した卵黄、ドライトマトのソース

 

●菜の花のリゾット ふぐの身、身皮、とうとうみ。黒トリュフ

●甘鯛と新玉ねぎのカルトッチョ

●丹波牛のいちぼ肉、ルッコラと。黒にんにくのピュレ

●レモンギアッチョーロ(ソルベ)

●パスタはもちもちのピーチで、ソースアリオーネ(にんにくと唐辛子入りトマトソース)にほたるいか入り

●ドルチェは3種類から選択可能で、わたしは当然ショコラを選択。ショコラ入りカンノーロでした。

●食後の飲み物はカモミーユを選択。

●小菓子3種類。真ん中のショコラがすごかったです。馥郁たるトリュフの香りでうっとりしました。

●フォカッチャや玉ねぎ入りのパンもおいしかった☆☆☆

●店主の根本義彦さん、お店だけでなく学校に教えてに行ったりKBSに出演されたりと、ものすごくお忙しそう。

ソムリエの方も入られて、もうすっかりリストランテという感じだなあと思いました。

リストランテとトラットリアのいいとこどりで「リストリア」にされたわけですが。

夜コースは6500円と10800円(税込み)、コペルトは300円。

金土日祝のみ昼もされています。

また伺います、クラブエリーの皆さんも喜んでくださるお店と思います。

(以前NHK文化センター講座でもお世話になっています。)

これが最新データです。

*****************
「リストリア ラディーチェ」 電話 075-256-5550
京都市中京区夷川通室町東入ル北側(鏡屋町50)
18:00~21:30LO・23:00閉店 
金土日祝のみ昼営業あり

11:30~13:00LO・15:00閉店
水曜、第3火曜休み
カウンター6席、テーブル10席 
全席禁煙 要予約
2013年12月21日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 見たのよ 双葉を 烏丸で\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、双葉エリーでございます。

見たのよ 双葉を 烏丸で

●ヤサカさん双葉タクシー「2828」
烏丸御池で遭遇したのでした。

このごろ四つ葉を見つけても逃してばかりだったのだけど、双葉捕獲でうれしいわ\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「月ヶ瀬」の抹茶クリームみつ豆

■ 全国100万人の読者の皆さま、「月ヶ瀬」さんにまた向かったエリーでございます。

●「月ヶ瀬」さんの堺町店で、抹茶クリームみつ豆、950円。
ハイシーズンの祇園店は終日大変な混雑ですが、堺町店の方は時間によってはゆったりしています。
アイスクリームがのっているクリームみつ豆は、白いアイスクリームか抹茶かを選べて、そしてクリームみつ豆になるなりフルーツが山盛りになります。単なる「みつ豆」にアイスクリームがのせられるのではないのです。
●混雑する前にと本日12時開店と同時に入ってこれをいただき、気持ちが落ち着きました。

これで大丈夫、夕食の時間までひっしで仕事できます\(^o^)/\(^o^)/

月ヶ瀬」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************