■ クラブエリー夜@「天ぷら割烹 なかじん」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

4月12日の夜はクラブエリー夜@高倉通六角の「天ぷら割烹 なかじん」さん。

こちらもまた洗練を極めて、ほんとーーーーーーにおいしかったです。天ぷらが、ざっとひとつの流れではなくて、一品ずつがひと皿の完成されたお料理でした。

塩ひとつでも、うに塩、桜塩、大徳寺納豆塩、マルドンといった具合に素材に合わせて変化をつけてあり、お手間と工夫が感じられて感動深いコースでした。
以前からおいしかったけれど、またより一層深化された感じがして、頭が下がりました。お皿のすみずみに緊張感が感じられ、全力でやってくださったことがよくわかりました。
たとえばサラダの葉っぱでも、「息をしているなこの葉っぱ」と思わせ、伺ってみたら、「鯛のお造りをつくる気持ちで葉っぱを丁寧にちぎっていっている」ということでした。どこまでもすごい料理でした。少人数でのクラブエリーでしたが、おいしさに集中して味わうことができてよかった。また次、夏をお願いしてきました。全員がリピート・・・喜んでくださってうれしかったです(^o^)(^o^)
追って料理キャプションくっつけます。

天ぷら割烹 なかじん」中村一臣さん、スタッフの皆さんありがとうございました。また次を楽しみに伺います。

参加者の皆さんにも御礼たくさんです<(_ _)><(_ _)>
クラブエリー夜、わたしも楽しめてよいです\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

関谷江里

■ 中書島の「センプリチェ」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

4月11日(木)は朝日カルチャーセンターのお昼で中書島「センプリチェ」さんへ。
細やかなお仕事、才気のある料理の連続で感動深かったです。
どのお皿にもオリジナリティと創意工夫が感じられて、ものすごくおいしいと思いながらいただきました☆☆☆☆☆☆
中書島での営業は今月末までで、洛中に移転、5月10日から「Kii(キイ)」と店名を変えて営業されます。
本当に本当によかったです。キイのオープンを楽しみにしています。
写真は昼にしていただいた、4月の夜のコースです。

キャプションは追ってつけます。

1コースでどれくらい使われるのか、食材を多彩に使われ、絶妙な組み合わせで楽しませてくださいました。
センプリチェ」さん、あとしばらく、どうぞよき営業でありますように。
来月楽しみに「Kii キイ」さんに伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ クラブエリー@桜の季節の「山玄茶」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

4月10日(水)のクラブエリーは「山玄茶」さんにお世話になりました。
毎回大人気で、特に桜のお花撒きで楽しませてもらえる春は格別の盛り上がりです。カウンターと2階のお部屋に入れていただきました。お皿の上も春満載でよかったー\(^o^)/\(^o^)/

●先付は長芋羹 雲丹入り。

●お椀、甘鯛葛叩き、ぜんまい湯葉巻き。

●お造りは鯛、いか、かつおのたたき。サニーレタスや貝割れ、スライスオニオンのサラダ添え。胡麻ぽん酢と。

●桜葉入りの飯蒸しは白魚、いくら。

●鱒の木の芽焼き

●八寸は華やかな金箔塗りのお皿で。

●強肴は桜鯛の春キャベツ巻き、こごみの天ぷら、白味噌あん。

●焚き合わせは桜えびのひろうすに、塚原の筍、わかめ、ふき。

●店主の増田伸彦さん、ご飯プレゼン之図です。

●白ご飯と、筍ご飯の2種類が用意されました。

欲深い人たちは(全員欲深かった)、この後まだお茶漬けとか卵をかけたカルボナーラ仕立てとか、3膳も4膳も楽しみました。

●胡麻プリンにいちご、アイスクリームが甘味ひと皿め。

●桜餅をいただきごちそうさまでした。

●春の楽しみ、花吹雪です(^o^)(^o^)

カウンターでもお部屋でもしてくださいました。

●増田伸彦さん、スタッフの皆さんありがとうございました。

毎回皆さんほんとーーーに喜んでいただけます。しみじみおいしくて、満足度とても高いと。

またお願いいたします。

参加してくださった皆さんにも感謝<(_ _)><(_ _)>

*****************

「山玄茶」さんげんちゃ
電話 075-533-0218 
〒605-0073
京都市東山区祇園町北側347-96 
12:00~13:00入店、18:00~19:30入店
毎週火曜休み、他にも休みあり
カウンター10席、2階に座敷(テーブル)8席と4席
全席禁煙
2007年2月開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー@「丹」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

4月9日(火)はクラブエリー@「」さん。
店長のやっちゃん=北嶋靖憲さんに、先日来ヨースケくん=山手陽介さんも加わって、盤石の態勢です\(^o^)/\(^o^)/
初めてのミニサイズ、こぢんまりしたクラブエリーで、わたしも着席して一緒にいただきました。
野菜おいしい筍おいしい魚おいしい肉もおいしい、つまり全部言うことないコースでした。
とりわけわたしが心を奪われたのは貝がみっちり入ったお椀で、貝数種類に春キャベツがよく合っていました。

●お天気がよくてほどよい気温の時はこうして開け放たれます。

●1階の集合テーブルです。2席のテーブルも2卓あります。

●店長のやっちゃん=北嶋靖憲さんと、先日来こちらのスタッフになったヨースケくん=山手陽介さん。

●以下、お昼にしていただいた夜のコースです。

おだしと梅干しがまず供されます。

●金目鯛の焼霜造り

●貝寄せのお椀。赤貝、とり貝、たいら貝、はまぐり。春キャベツと。

●丹後の蒸し野菜盛り込みで、

新玉ねぎ、白菜の花芽、にんじん(パープルスティック)、大賀ごぼう、ビーツ、にんじん(イエローハーモニー)、スナップえんどう。

●オリーヴオイル、塩、味噌でいただきます。

●筍の炭火焼きは大皿で供されました。

●大原野の筍でした。春の味、春のいちばんの楽しみです。

●小芋の唐揚げ、胡麻だれ、煎り胡麻

●いちぼ肉の炭火焼き

●すっぽんラーメン

●これは予測外の締めの麺でした。半熟卵、すっぽんエンペラ、色紙葱と。

●じゃこチャーハン

●香の物と止椀も付きました。

●甘味は山椒アイスクリームと茹でたあずきでした。

●晴れわたった、気持ちのいいお昼でした。天井の高さなど、やっちゃんの背丈に合わせて設計されたとか(嘘か本当かわからん(^o^))

●最後のラーメンとチャーハンに関しては「さすが若い料理人らしくて楽しかった」というのと、「やっぱり和久傳さんのとびきりおいしい白いごはんも食べたかった~」という感想とで二分しました。
」の、やっちゃん、ヨースケくん、スタッフの皆さん、お世話になりました<(_ _)><(_ _)>
5月1日(水)もお願いしています。
クラブエリーの皆さん楽しみに(^o^)

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「MOTOÏ モトイ」の麻婆豆腐

■ 全国100万人の読者の皆さま、週の初め4月8日(月)に、久しぶりに伺った「MOTOÏ 」(モトイ)さん( Iは点が2つつくトレマ、ちなみにただのI だと読みがモトワとなる)、ものすごくよかったです。

昼コースに、オプションで夜料理の最近のスペシャリテという麻婆豆腐を足していただきました。これがまさかのユニークなフランス料理のお皿になっていて、印象深かったです。
すべてのお皿において、素材の組み合わせも、火の入れ方も、理想的によかったです。

●富小路通に面して、威風堂々たるお店構えです。

●初めにアミューズで小さな一品、よこわとクレソン、下にフロマージュブランのクレーム。醤油麹のソースと。

●これがモトイさん風の麻婆豆腐、冷製です。これを楽しみに伺ったわけです。

●白い部分が豆腐ですが、ただの豆腐ではなく塩とオイルを混ぜ込んでムース状にしたもの。そこに辛味のミートソース。ラー油は自家製とのことでした。

これは粋でした。おいしかった☆☆☆

●はりいかはきれいに包丁目が入っていて、優しく噛めばすーっと噛める感じが絶妙でした。下に黒く見えているのがリゾーニ、いか墨の風味。うすい豆のピュレに、はっさくを少し。

●黒むつのポワレ、はまぐりのナージュ仕立て。菜花と。

●パンはチャバッタを選択。バターは海藻混ぜ込みでひどくおいしいもの(止まらない)、後ろはアミューズの前に供された、ヘーゼルナッツのキャラメリゼ。

●メイン料理は鴨で喜びました。ヴァンデ産のクロワゼ鴨のロティ、野菜は46種類使われているとのことでした。

●鴨の皮ははやり中華料理出身のモトイさんらしく、カナール・ラッケ(ペキンダック)な感じもしました。華やかな野菜と共に、火入れ加減完璧な鴨肉を楽しみました。

●デセールその1がよもぎのグラス。レモン皮コンフィ、下の粒粒はショコラの風味でした。

●杏仁豆腐、グランマルニエの風味。

●いちごのデセール(いちごはさちのか)、ヨーグルトムース、レモン。

●選べる食後の飲み物は、アンフュージョンの、トランキリテというのを選択。

●お茶菓子もかんぺきでした。すはま、カフェのケーキ、金木犀のパットドゥフリュイ、紅茶のマカロン、八ツ橋、カヌレ。

●前田元(もとい)さん、非常に細やかなお仕事をなさいます。

伺ってよかったと心から思ったデジュネでした。スタッフの皆さんにも感謝<(_ _)>

●お昼でしたので自然光がさして、お庭が望めてよかったです。維持のためのお手間はすごいことだと思います。

MOTOÏ 」(モトイ)さん、また伺います<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろで、ほたるいか、筍、桜海老

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ報告です。

4月7日(日)夜 りすのろ、「リストランテ 野呂」です。

●白菜のスープ、鶏スープベースでこれは本当にしみじみ身にしみるおいしさでした。クミンがそこはかとなく香りました。

●ひらまさのお造り、セロリ、玉ねぎ、ポン酢で。

●ほたるいか、白アスパラガスのごまだれアフォガート(=ひたひた)。

●金目鯛、見るからにおいしそう。これを、

●フライで。筍と。

●この火入れ加減、かんぺきでした。

●新シリーズ NC100=のろっちのコロッケ100その2は桜えびのコロッケ、おいしかった、感涙うるうる。(T_T)(T_T)

●百合根のバター蒸し。バターはbeillevaire。ちょっとずるいおいしさ。バターの香味と塩気で、問答無用のおいしさ。

NP100=のろっちのパスタ100 その87はバジルソース、ほたるいかと筍。

●デセールにはブラッドオレンジがプレゼンされて、

●上がグラニテで、

●中に生の果肉、ジュレ、

●底にパンナコッタが仕込まれていました。ブラッドオレンジの4段活用でした。

・・・が、わたしには人生のように酸いのう、と思えて、甘いものをこの後いただいたのでした。ほうじ茶のパンナコッタで甘く終わりました。

●黒豆茶をいただき、ごちそうさまでした。

●りすのろ、次回は徹底した白アスパラガスづくしを考えてもらっています。

楽しみにまた行きます\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
昼コース1800円と4500円、
夜はアラカルト、前もっての予約でコースも可。
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「フランソア喫茶室」リニューアル

■ 全国100万人の読者の皆さま、リニューアルオープンお知らせのエリーでございます。

●西木屋町通四条下るの「フランソア喫茶室」さん、改装を経て本日4月6日リニューアルオープンされました。

●特に大きく変わってはいませんでしたが、古びたところが修復され、壁の絵も入れ替えられていました。店内はわんわんお客さまで賑わっていたので内観写真は奥のお部屋の、これまた一番奥の部分です。

●かつての人気メニューの復刻ということでワインゼリーを再開されていました。

●今回は新メニューと伺ったワインゼリーをいただいてきました。硬い、しっかりしたゼリーです。ワインの香りが生きていました。税込み1000円。

●新しいメニューです。

●メニューを開いてだいぶショックだったのが、あれだけさまざまあったお菓子が、絞り込まれて3種類になってしまっていたこと。 りんごのお菓子いろいろやミルフイユやパンプキンパイやブランデーケーキ、ザッハトルテもドレスデン風ケーキも、もう食べられなくなったのですか~~、ショックです。

●これが昔のメニューです。こんなにお菓子の種類があったのに(T_T)(T_T)

●おっとりした雰囲気は以前のまま、チャイコフスキーやモーツァルトやバッハなど(つまり全然違う音楽、)わかりやすいクラシック音楽が盛大に流されているのも以前のままでした。営業時間は10時~22時半、火曜日も営業して年中無休ということでした。

フランソア喫茶室」さん、お菓子をもう少し復活させていただけないでしょうか。お菓子を楽しみにまた伺いますので<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「うめぞの」季節限定 いちごあんみつ

■ 全国100万人の読者の皆さま、「梅園」さんが大好きなエリーでございます。

●「梅園」さんの蛸薬師通のお店「うめぞのCAFE&GALLERY」で、始まったばかりの、
いちごあんみつ 苺紅茶みつ添え 930円
おいしかったー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
アールグレイ風味(+いちご風味)の蜜を、つゆだく状態にしていただきました。いちごはあまおう使用。
本日からスタートで、いちごがおいしい間やるそうです。

●こんな風に供されます。

●同時に、いちごのフレンチトーストもあって、それもおいしそうで惹かれました。

梅園」さん、また伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 一之舟入の桜

■ 全国100万人の読者の皆さま、定点観測のエリーでございます。

4月6日(土)昼過ぎ。お天気に恵まれて、京都市内はすさまじい人出でした。

いつもの場所、一之舟入へ。

●桜は八分咲きという感じ、まだまだつぼみもありました。

●寄るとこんな感じ。

●縦位置にしてみたらこんな感じ。

まだしばらく楽しめそうです。また行ってみます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「カフェ&レストラン épice okazaki」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店ご紹介のエリーでございます。

●「カフェ&レストラン épice okazaki」エピス オカザキ、
寺町通今出川下ルの「épice エピス」さんの2号店が4月5日オープン。フランス料理というよりは洋食屋さんとのことです。
アイドルタイムなしの終日営業です。

●訪れたのはちょうどお昼時間でした。アラカルトでオムライス1200円とオプションでトッピングのコロッケ150円(いずれも税別)をいただいてきました。

●美術館やロームシアターからも近く、とても便利な場所にあるお店です。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「嵐山さくら」でクラブエリー、NHK講座

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリーと講座報告のエリーでございます。

3月27日(水)クラブエリー、4月4日(木)NHK文化センター講座と「嵐山さくら」さんにお世話になりました。

●桜の見頃については予測つかずで、結局3月27日は大きくふくらんだつぼみの状態、4月4日に6分咲きという感じで楽しませてもらいました。

●初めて本当に桜の季節に出かけられた「嵐山さくら」さん、とてもよかったです。予約がいちばん難しいシーズンにありがとうございました<(_ _)>

●いつも変わらぬさくら模様ですが、この季節やはり春の浮き立つ気分を盛り上げて、喜ばしい気分にさせてくださいました。

●変わらぬ美しい先付に八寸、雲丹ご飯といただきました。定番の雲丹ご飯ははまぐりだしでお茶漬けに、という幸せな締めで、ゆったり美味を楽しみました。食後はいちご入り、白あんの品のよいフルーツどら焼きと小さなお茶碗での抹茶。
新井敏夫さん女将の美津子さんスタッフの皆さんお世話になりました<(_ _)><(_ _)>
参加者の皆さんもありがとうございました。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「きざはし」でクラブエリー3日間

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

4月1日~3日のお昼のクラブエリー、「きざはし」さんにお世話になりました。
1月に開業したザ・サウザンド キョウトの和食店です。
3日間で50名で伺いました。
ゆったりした空間で、お料理もばちっと決まって、
ものすごーーーーく好評でした。よかった\(^o^)/\(^o^)/

早見義昭さん、岩山泰久さん、石井直毅さん、スタッフの皆さんお世話になりました。

●気の流れがとてもいいと思う店内です。すごく清々しいのです。半透明の間仕切りは、金属製の細かいチェーンです。横にスライドできるようになっています。

●料理長の早見義昭さんです。

●スペースが、ものすごーくゆったりしています。着物でも、マイ・フェア・レディ風の羽根飾り付きの帽子でも大丈夫です(^o^)/

●ご飯プレゼンで登場した副料理長の岩山泰久さん=やっちゃんです。

●「きざはし」さん、大変好評で、また違う季節に開催を~とご希望多く、改めてまたお願いいたします<(_ _)><(_ _)>

お世話になりました<(_ _)><(_ _)>

そして、春の初めに皆さんと会えてうれしかったです\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「レクラ」の洗練された洋食

■ 全国100万人の読者の皆さま、取材にも食事にも竹屋町通衣棚の「L’éclat レクラ」さんに出かけているエリーでございます。

先月の初回の投稿はこちら

●ソムリエの中村尚一郎さん(「MOTOI モトイ」さんから)とシェフの小栗英樹さん(東京の「ラ・ロシェル」さんから)。

●調理場の前のカウンターです。後ろにテーブル席があります。

●オムライス、ハンバーグ、海老フライなど洋食の定番もの、洗練の味です。間違いなくおいしいです。

●きのことトリュフのパイ包みスープ、

●きのこの風味豊か、スープも深みある味で、これものすごくおいしかったです。

●大原の野菜いろいろのサラダ。

●よこわのたたき 花わさびマリネ。

●筍の素揚げ、はまぐりのナージュ仕立て。

●ハヤシライス、たまらない旨さでした。そもそもデミグラスソースがおいしいから、ハヤシライスも期待していました。

●定番料理のメニューの他、手書きでその日のおすすめがあります。

●この日は、新玉ねぎと新キャベツのポタージュもいただきました。

5月の夜エリー(第4金曜の夜)はこちらにお願いしています。

残席わずかですー!

*****************

「L’éclat レクラ」

電話 075-222-1256

京都市中京区竹屋町通室町西入ル北側

夜のみ営業、月曜休み。料理は17時~21時LO、その後バータイム。

全席禁煙

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「京 八坂プリン」4月15日オープン

■ 全国100万人の読者の皆さま、プリンを嫌いといえば嘘になるエリーでございます。

京都 プリンというカテゴリーを作っているほどです。

●「京 八坂プリン」という新店、4月15日(月)に開店です。
先日試食させていただきました。

●八坂の塔に至るこの道の北側(塔に向かって左側)にあります。

●のれんはこんなです。わかりやすい。奥に細長い路地を進みます。

●ベーシックなプリンには「なめらか」と「はーど」があり、「なめらか」の方はほとんど液体すれすれの柔らかさ、「はーど」の方は、ハードと言うほどではありませんが、しっかりと食感もあるプリンに仕上げてありました。
卵も牛乳も上質なものが使われていることがすぐわかるおいしさでした。

●さらに心を奪われたのが抹茶黒豆プリンとほうじ茶黒豆プリン。いずれもお茶の香り高く口あたりなめらか、底に仕込まれた黒豆もふっくらといい食感でした。すごく好きだーと思いました。

●もうひとつ、実はこれが看板商品の「京 八坂プリン」といって、プリンの上につぶつぶのジュレを仕込んだ酸味の透明ジュレ層がのったプリンがありましたが、これはわたしの好みではありませんでした。見た目はかわいいんだけど。(いつもはっきりしていてごめん。)

●プリンはすべて瓶入りで持ち運びもしやすく、おみやげにもいいです。3個セットもありました。

●まさにこの組み合わせ、プレーンのプリンと、抹茶黒豆、ほうじ茶黒豆がおすすめです。
●さらに、ヴィジュアル映えするソフトクリームもありました。丸いぱふぱふの飾りなしでもいただけます。おいしかったです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
京 八坂プリン」、オープンは4月15日(月)です。

電話 075-533-8338
京都市東山区星野町87-4
10:00~17:30 無休

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************