■「Brisa ブリーサ」初訪問

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店ご紹介でございます。新店といっても2月にオープンしたお店、スペイン料理店です。

2月27日に開店された「Brisa」さんへ。

●「Brisa」 ブリーサ(スペイン語でそよ風)、

場所は寺町二条、「ラ・マーサ」さんの跡です。とても験がいいです(^o^)(^o^)☆☆☆
店主は主に「ポキート」さんで、そして他にいくつかのイタリア料理店で修業してこられた吉井治(よしいおさむ)さん。とても感じのいい方です。

●ほたるいかと三穀米のサラダ仕立て(黒米、大麦、キヌア)

きれいだし、ヘルシーだし(^o^)

●わかさぎと山菜のフリット
(こごみ、うるい、葱ぼうず、たらの芽、島らっきょう)

サクサクサクでした。とても幸せと思ったお皿。

●白アスパラガスのソテ、卵、フエ(スペインのサラミ)

●アルボンディガス(ミートボール)
1)牛肉と豚
2)鶏肉と海老

両方ともマストですよー!

●桜鯛と筍のパエリア
鯛とあさりのだしに鶏スープも使ったもの。
米にスープが染み染みに染みて、旨いったらないのでした。

ここまででお腹いっぱいになって、食後のお菓子までたどり着けず残念。

また伺いたいです。

●畏友あけーみちゃん=コンシエルジュ小山明美に連れられて出かけて、よかったー\(^o^)/\(^o^)/
その後わたしはヨドバシカメラにすっ飛んで行ったりして(要るものがある ww)、まんがのようにバタバタしながらも、やはり連休ならではの時間の流れです。

「Brisa」さん、また伺います。

*****************
「Brisa」電話 075-741-7080
京都市中京区妙満寺前町446

(寺町通 二条 西側)若林ビル1階奥
18:00~24:00LO・25:00閉店
月曜休み

カウンター6席、テーブル8席

全席禁煙◎
2019年2月27日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「よ~いドン!」のおすすめ3

■ 全国100万人の読者の皆さま、おすすめをしたエリーでございます。

4月29日(月)、カンテレ「よ~いドン!」の「おすすめ3」で、
新店3軒のお菓子を激しくおすすめしました\(^o^)/\(^o^)/

●タイトルをつけるのはわたしではありません。

観光で立ち寄りたいとありますが、観光でなくてもおすすめです。

●ジェイアール京都伊勢丹地下、
「伊藤軒」さんと「SOU・SOU」さんの、ほほえみパサン

箱入りもあるし、ばら売りもあります。

初出はこれです。
https://www.erisekiya.com/2018/12/26816

●ちなみにわたしは収録のために、「SOU・SOU」さんのこれでくびまきを作っていただきました。

●「らくえんカフェ」さんのソフトクリーム。

これなめらかーで、それでいてみっちり旨味がつまっている感じでおいし☆☆☆

このお店は本サイトでは初出です。

2018年10月、仏光寺通高倉の角に開店。いつもはやっています。

スタッフの皆さんが感じがよくて優しいのです。

ソフトクリームはイタリアから直輸入のカルピジャーニというマシン使用とのこと。

●ソフトクリームの持ち帰りも店頭でやっています。TV取材関係なく、行列です。

●お昼のメニューいただいてもミニサイズでついてきます。

らくえんカフェ」さん、はやるのがよくわかるお店です。

●「京 八坂プリン」さんのプリン、 

初出はこれです。

https://www.erisekiya.com/2019/04/29747
皆さんのご協力に感謝たくさんです<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ジュメル29」で濃い料理\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、連休のエリーでございます。いつもと変わらぬ日々です。休み気分では全くありませんが、それでも気持ちがいつもより少しゆったりして、やっぱりうれしい(^o^)(^o^)

先日の夜、麩屋町通綾小路下ルの「ジュメル29」さんへ少し久しぶりに出かけました。人に紹介したら大喜びしてもらえて、そうしたら自分が食べたくてたまらなくなって。やっぱりおいしかったーー\(^o^)/\(^o^)/
●まず必ず食べるべき定番、

●ひよこ豆ペーストとチーズのフリット
ほわっとしていて、熱々で、塩加減絶妙で、チーズの香味豊か。旨旨旨。

●濃厚なオマールエビのソースをかけたエビのムースのココット焼き、
これはヴァージョンアップしていました。旨味が押し寄せ圧倒されます。

●そしてこの日は、牛肉を食べたい気分になって、
尾崎牛のグリエ フランボワーズ風味のボルドレーズソース、尾崎牛の焼きリゾット添え
●他に、いかと新玉ねぎのサラダ
●新玉ねぎがたっぷりのったキッシュ
などもいただきました。

●デセールはフォンダンショコラにラム酒のグラス添え。
ちゃんとショコラで締められて激しく満足(^o^)/☆☆☆

ジュメル29」さん、わんわんはやっていて、やっぱり皆さんおいしいお店をよくご存じだなーと改めて思ったのでした。

また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ りすのろで、また新しい味いろいろ

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろに行ってきたエリーでございます。
「リストランテ 野呂」4月28日(日)20時30分の時点でまだいっぱいで、21時近くに。

●新玉ねぎのスープ、熱々、理想的においしい。

●きはだまぐろ、フルーツガーリック、水茄子、アンディーヴ。いい組み合わせでした。

●水茄子、この季節にもうあるのですね。どんどん食材の季節が前倒しになっています。

●これもめちゃくちゃに美味と目を剥いた、真鯛に甘いトマト、マスカルポーネポン酢にバルサミコ、オリーヴオイル。「(山玄茶)増田さんごめんなさい」の料理だそうです(^o^)(^o^)/

●桂の筍とあさり、うすいえんどう豆(薄皮剥いてある!)のアンチョヴィバター、先日白アスパラガスとあさりのがおいしかったので筍ヴァージョンで。旨旨旨。

●NC100、のろっちのコロッケはその4で、ズッキーニの花のコロッケ。意表を突かれました。下にゴルゴンゾーラのソース。旨旨旨旨旨。

●NP100、のろっちのパスタはその90で、シンプルにトマトとロースハム。旨旨旨。またこれ食べたい。その90が2回になるではないの。

●黒蜜のセミフレッド、蜜にラム酒入り。気分にぴったりのドルチェでした。

●黒豆茶でごちそうさまでした<(_ _)>

●全部ほんとーーーーにおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
りすのろは連休中もいつも通り営業とのことです。

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
************
昼コース1800円と4500円、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

食材と飲む量による。

前もっての予約でコースも可。税込み8千円から。

(スープ、旬の魚盛り、かにクリームコロッケ、魚料理、肉料理、パスタ、デザート)
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「本家 尾張屋」野菜天せいろ

■ 全国100万人の読者の皆さま、これが時々思い出して食べたくなるエリーでございます。たどってくだされば、前のサイトの時から時々、けれど繰り返しアップされているのがわかると思います。変わらぬ味でしみじみよいなーと思っています。
●「本家 尾張屋」さんの野菜天せいろ。

以前あった、富小路のお店が好きでしたが今は本店か、京都タカシマヤのお店でいただきます。

(四条店は全席禁煙ではないので伺いません。)

●野菜たっぷりです。

おだしもおいしいので蕎麦湯で割って全飲みします。

これ本当に幸せです。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「祇園にしむら」2019年4月のコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、4月の「祇園にしむら」さんに伺ったエリーでございます。

(この前に、4月最終週のクラブエリーの何軒かもあるのですが、追って<(_ _)>)

●4月25日木曜の夜、気楽な夕食@「祇園にしむら」さん、春のいろいろ、おいしかったですーー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
すさまじくたくさんの美麗な器で楽しませてくれるお店ですが、今回、新しい、見たことのないお皿がいくつも出てきました。最近また買ったんだって。

●胡麻豆腐で始まります。

●若竹のお椀、理想的な味です。

●鯛とまぐろを別々のお皿で。華麗な色使いのお皿に、

●こちらはシックで、うまいことできたお皿。今までも鯖寿司をのせて(くぼみには生姜漬け)、何度か出てきています。

●鯖寿司のこのお皿は初めてだと思う。

●八寸も初めての出し方です。

つぼつぼの中は鯛の子/筍の木の芽和え

おから、ほたるいか、花菜、天ぷらがたらの芽、白魚、そら豆。

おからはさすが割烹のエレガントな味でした。

●牛肉と筍に花山椒、アスパラガス。旨旨。やみつき旨い。

●最後の焚き合わせは湯葉蒸しで、中にたいらぎ貝、長芋、鶏肉、鯛の白子。

●永楽の四君子の器は4面で、梅、竹、菊、蘭。華やかできれいでした。

●最後のご飯は鱒ご飯でした。いつものように、鯛のだしで実においしーい赤だしと。

●枇杷のジュレにあずき。かんぺきなコースでした。

●京都に取材でやって来たゆきぴー=大森由紀子と。

最新刊はこれです。「PARIS SWEETS パリのスイーツ手帖

●「祇園にしむら」さん、気楽でいいです。おいしいのわかっているしどなたにも喜んでもらえるし。

また来月(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 北大路の「悠々(ゆうゆう)」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店に出かけて大いにご機嫌になったエリーでございます。

●「悠々」ってパンダの名前みたいだけど(笑)、とてもおいしい割烹です(^o^)(^o^)
北大路駅からほど近く、以前「北大路 おたぎ」さんがあった場所に昨年8月に開店。おたぎさん=馬場一彰さんの元で「和久傳」さんで修業されていた下田哲也さんがひとりで昼と夜両方営業、一品とコースをされているお店です。実によく働かれます( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
店主さんは口数少ないけれど、話してみれば飾らぬ人柄でとてもいい方でした。
そして何より、すごくおいしかったー\(^o^)/\(^o^)/
●以下一品で、
●フルーツトマトと海老の先付(これは自動的に供されたもの)

この後は選択したもので、
●焼き物からスタート、のどぐろ
●車海老と山菜のかき揚げ、ほたるいかの天ぷら
●旬菜と牛タン 白味噌シチュー
(黄にんじん、筍、鯛の子、鯛の白子)
●牛カツ
●若竹にゅうめん
*****************
以上に炭酸水を飲んで、1万円未満。お値打ち感がありました。

●さっそく次の予約をしました。楽しみに伺います。

*****************
悠々」電話 075-493-3373
京都市北区小山北上総町8
11:30~13:30、18:00~21:00
月曜休み 要予約
2018年8月21日開店
*****************
*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 京都タカシマヤのばらの椅子

■ 全国100万人の読者の皆さま、ごきげんエリーでございます。このばらの椅子、見飽きぬ美しさと思うのです。

●ゴールデンウィーク中、京都タカシマヤさんのウィンドーが、
みなちゃん=「プーゼ」浦沢美奈さんのばらで満たされています。ばらの椅子、きれいです\(^o^)/

●京都タカシマヤの四条通り側のウィンドーで、5月7日(火)までです。

●「プーゼ」みなちゃん、本当にセンスがよくて、何を作っても格別の美しさです。

見に来られない方は本どうぞ\(^o^)/
激しくおすすめです。

京都の花屋プーゼの花日誌

ばらの本

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 京都悠洛(ゆら)ホテル Mギャラリー

■ 全国100万人の読者の皆さま、新しいホテルに出かけたエリーでございます。

●ホテルオープンラッシュの京都でまた1軒、
フランスのアコーグループ(ソフィテルやイビザなど世界100か国に4800を超えるホテルを展開)による新しいホテル、
京都悠洛(ゆら)ホテル Mギャラリー
4月26日(金)に開業されます。

●4月22日(月)夕方~23日(火)の朝にかけて試泊、夕食と朝食の試食、バーのオリジナルのカクテルの試飲をさせていただきました。

*****************

京都悠洛ホテルは・・・
●三条大橋から東に1分の南側にあり、交通至便です。
●客室数 144室
部屋は6タイプあり、価格は現時点で、
25000円(最も閑散期の最もコンパクトな部屋)~74250円
●レストランは東海道53次ならぬ54次で、
グリルレストラン「54th Station Grill」104席
(朝食もここでいただきます)
●バーは大政奉還から「1867」、昼間は喫茶スペースにもなって、42席。

●ジムもあります。
*****************
●ちなみに「Mギャラリー」とはアコーグループの1ブランドで、世界に100以上のプレミアムホテルを展開。
今回は日本で初のMギャラリーで、さらに京都にもう1軒できるそうです。
このMギャラリーは特に女性向けに作られているホテルだそうで、レセプションにおけるデトックスウォーターやネイル、アロマオイルの常備など、心遣いが感じられました。

●エントランス入ったところにまず松の飾りがあり、

●階段を降りると竹林に迎えられます。
ホテル全体のコンセプトは「大正ロマン」だそうです。

●レセプションはこんな。

●レセプション脇にデトックスウォーター、

●日本画用絵の具を原料とした京都胡粉ネイル、ご自由にお使いくださいと。

●京都の街にインスピレーションを得たアロマオイルも揃えられていました。

●地下1階から5階まで、全144室。

●客室は完全に洋室ながら、西陣織の壁紙が帯状に使われていたり、たたみ一畳分の小上がりがあったりします。
マットレス、かけふとん、枕は、すごくすごくよかったです\(^o^)/\(^o^)/

●飲み物コーナーもシックで、

●illyのカフェや、

●お茶がいろいろ揃えられていてうれしく思いました。

●窓からの眺めはこんな。交通量の多い三条通りに面していながら、室内は静寂が保たれていました。

●また違う部屋からの眺め。京阪三条駅に近いことがわかると思います。ここから祇園も至近です。

●バスルームはスイートのみバスタブありで、それ以外はすべてシャワーブースです。フランスのシャンプーやボディソープが揃っていたのでさすがアコーさんだなとうれしく、

●しかしこちらはアメリカ製でした。笑。

●他はこんな。

●レストランとバーは次の投稿に続きます。

*****************
「京都悠洛(ゆら)ホテル Mギャラリー」
京都市東山区三条通大橋東入ル大橋町184
電話 075-366-5800
2019年4月26日(金)開業
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 京都悠洛ホテルのレストラン

■(承前)京都悠洛ホテル Mギャラリーひとつ前の記事からの続きです。

●さて、グリルレストラン「54th Station Grill」です。三条大橋=東海道五十三次で、ここは五十四次というわけです。

●レストランフロアの地下1階に、こんな風に竹林がしつらえられているのです。

●メインの客席の他、ゆったり広い個室も完備で、全104席。

●さて料理です。おまかせです。

まずは燻製にした鴨肉と野菜。

●野菜たっぷり、味わい鮮やかでおいしかった\(^o^)/

●添えられた、ウォールナッツハニーヴィネグレットソース。これとても美味でした。

●カリフラワーのスープ

●リブアイのグリル、カフェドゥパリバターと。

●もともとは柚子を使ったデセールだったのですが、オペラがあるとのことで、オペラをお願いしました。
わたしは酸味が勝るデセールは好きではないのです。いつも皆さんにお願いするのだけど、酸いのは人生だけでよくて、食後のデセールくらいは甘くして~と。

本音を言うと、茶色くないとお菓子とは思えんのでした。

●コースをいただいて、今回は試運転料理と解釈しました。しかし野菜がたっぷりだったのは非常によいなと思いました。本格稼働されてから、出直してもう一度お料理をいただこうと思います。
●シェフは西村美樹さん、以前も他で(ハイアット リージェンシー京都さんで)取材させていただいたことのある方でした。なんだ、早く教えてよ~(^o^)という感じでした。改めてお料理をいただくことを楽しみにしています。

たーくさんの生産者さんたちとじかに取引していい素材をどんどん仕入れていくとおっしゃっていましたから、必ずやいいものを食べさせてくださると思っています。
●次の投稿でバーの紹介をいたします。
*****************
「京都悠洛(ゆら)ホテル Mギャラリー」
京都市東山区三条通大橋東入ル大橋町184
電話 075-366-5800
2019年4月26日(金)開業

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 京都悠洛ホテルのバー「1867」

■(承前)京都悠洛ホテル Mギャラリーひとつ前の記事からの続きです。

●バー「1876」は京都らしい、女性のためのオリジナルカクテルを考案したということで3種類試飲しました。

なかでも印象に残ったのは絹ごし豆腐にアマレットなどを合わせて作る杏仁豆腐のような味の真っ白のカクテルで、これは好みに合って心を奪われました。

■ こんなゆったりしたテーブル席もありますが、今回カクテルをいただいたのはカウンター席です。

■LADY IN BLOOM

ウオッカ、エルダーフラワーリキュール、マヌカハニー、りんごジュース、レモンジュース、スプレー塩、ジンジャエール。

酸味と甘味のほどよい調和、柑橘とりんごにジンジャエールで、いやおうなく美味なカクテルでした。

■ 舞妓 MAIKO

絹ごし豆腐、アマレットリキュール、木津川クローバー牧場牛乳、フレッシュレモンジュース、シンプルシロップ。

上におちょぼ口のように、ドライいちごの飾り。

これはほとんど杏仁豆腐の味と香りでわかりやすく美味。おかわりー!と言いそうになりました。

杏仁カクテルというメニュー名がいちばんいいと思ったけれど、それはならんらしいです。笑。

白塗りのイメージでもあるらしい。

シェーカーに豆腐を入れて作る図は、意表を突かれておもしろかったです。

外国人もおもしろがるかもしれません。

■KAMO RIVER SIDE FIZZ

鴨川のほとりのイメージだそうです。
ほうじ茶インフュード六ジン、ミント、ほうじ茶、白桃シロップ、フレッシュライムジュース。

うーん、よく考えられたルセットと思うけれど・・・これはわたしには合いませんでした。ごめん。

でも好きな方は好きだと思います。爽やかさを楽しめるだろうと思います。

●ほかにも近江牛の香りのカクテル(牛肉を炒めてバーボンに香りをつける)なんていう非常にオリジナルなカクテルも試飲させていただき、ビーフジャーキーと共に楽しみました。

●バーテンダーの山﨑創世(やまさきはじめ)さん。以前は大津で8年ほど「バンズ」という自分のお店を持っていらしたということです。

コンクールでも何度も受賞されている方でした。

1989年生まれ、すなわち平成生まれだって! 若いの(^o^)(^o^)/ バーテンダーさんがこんなに若くて快活なら、若い人もごく気軽に訪れやすいだろうと。

世代交代であるのう、と感慨を持ったひとときでした。

京都悠洛(ゆら)ホテル Mギャラリー、バーやレストランだけでも利用できます。わたしもまた伺います。

*****************

バー「1867」

11:30~17:00は喫茶/バータイム 17:00~24:00

全席禁煙

*****************
「京都悠洛(ゆら)ホテル Mギャラリー」
京都市東山区三条通大橋東入ル大橋町184
電話 075-366-5800
2019年4月26日(金)開業

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「PARIS SWEETS パリのスイーツ手帖」

■ 全国100万人の読者の皆さま、うれしい新刊お知らせのエリーでございます。

ひとつ前の投稿、ひとつ前の投稿(りすのろ)でいただいた、阿久里さんからのおみやげはこれでした\(^o^)/\(^o^)/
ゆきぴー=わが畏友、大森由紀子の最新刊、
PARIS SWEETS パリのスイーツ手帖
世界文化社、出たばかり。
160ページ 1728円
この表紙、なんてわかりやすい、
フランス菓子、フランス文学好きなら即わかる、
プルーストすなわちマドレーヌという表紙写真\(^o^)/
これはよいわ、次の里帰りではわたしこれを携えて、あちこちパティスリ巡りをします。
収録されている何軒かは、昨夏ロケハンに一緒に連れて行ってもらってひどく楽しかったこともあり、だからよけいうれしい本です。これからしっかり読みます。
早く電子版が欲しい・・・けれど、とりあえず巻末のQRコードで、お店のデータと地図がスマフォで呼び出せるようになっています。
いま風です。よいですー\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 客人を迎えて、りすのろ

■ 全国100万人の読者の皆さま、今週もみっちりぎっちりの1週間で、講座もクラブエリーも収録もロケハンもよく頑張ったエリーでございます。

毎週、よく1週間のりきったなと思うけれど、今週も皆さんのおかげで充実しました\(^o^)/\(^o^)/

20日(土)、りすのろ に行ってきました\(^o^)/\(^o^)/
「リストランテ 野呂」土曜日、混み混みで21時~。
本でお世話になった阿久里さん(川崎阿久里さん@世界文化社)とハルコさん(後藤晴彦さん)が京都にいらしたので、ちょうどいいタイミングでご一緒に。
阿久里さんは京都のものならしば漬けがお好き、それから青唐のパスタをご所望だと一応伝えておいたら、のろっち=シェフの野呂和美さんは用意しておいてくれたのでした。すごいww 万願寺唐辛子をこの季節によく入手してくれました。

以下、ペリエと白ワインを飲みながら、

●割烹も ぎょぎょっと驚く 魚盛り

●しば漬け、ここで初めて出てきた\(^o^)/\(^o^)/

●白アスパラガスの胡麻だれ和え

●白アスパラガスのフライ

●白アスパラガスとあさりのアンチョヴィバター仕立て(クラムチャウダーのような感じ)

●NC100,のろっちのコロッケ100 その3は、うすいえんどう豆のコロッケ、白味噌と胡麻のソース\(^o^)/

これものすごくおいしかったな☆☆☆

●NP100、のろっちのパスタ100 その89は、まさかの万願寺とうがらしのパスタ。合わせたのはちりめんじゃこ、さらにうっすらトマト風味。上からからすみの粉をばさばさとかけたスパゲッティでした。

●抹茶のパンナコッタに、

●ガトーショコラ、かなーりおいしかった。のりきー=羽生ゆずらない君よくやりました。

●食後は黒豆茶を選択。
ハルコさんはグラッパを飲んでいらっしゃいました。
外に出たら月がきれいでした☆☆☆
おいしくて、楽しい夕食でしたー\(^o^)/\(^o^)/

●また来週楽しみに出かけます\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
************
昼コース1800円と4500円、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

食材と飲む量による。

前もっての予約でコースも可。税込み8千円から。

(スープ、旬の魚盛り、かにクリームコロッケ、魚料理、肉料理、パスタ、デザート)
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「仁王門 うね乃」若筍うどん

■ 全国100万人の読者の皆さま、「仁王門 うね乃」さんが大好きなエリーでございます。

4月19日(金)始まりました。\(^o^)/\(^o^)/
「仁王門 うね乃」さんの、この季節だけの、若筍うどん。

●筍をこれだけ食べられたら、本当に価値があります。

●おだしももちろん全飲みです。

ほんとーーーにおいしい。天国だと思います。

理想的なおだし、繊細優美な口当たりのうどん、柔らかなわかめ、そして春の間、どれだけ食べても飽きない筍。

仁王門 うね乃」さん、連休期間はとりわけ混むかと思いますが、タイミングをみはからってまた伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー「Vena ヴェーナ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、

4月19日(金)昼、クラブエリー第3金曜@「Vena ヴェーナ」さん。
趣味のよい家具、調度品に満たされた美しいリストランテです。今回も好評でした。

●池本洋司さん、早川大樹さん、スタッフの皆さんに御礼申し上げます。

参加者の皆さんにも御礼です<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー「東山 吉寿」天ぷら

■ 全国100万人の読者の皆さま、今月もこちらでクラブエリーを行ったエリーでございます。

4月17日(水)はクラブエリー月いち吉寿さん、毎月本当に楽しい、東山七条の「東山 吉寿」さんです。
店主の鈴木吉寿さん、今月もハデハデーに盛り上げてくださいました。
今月のテーマは天ぷら。海老の天ぷらが、いつもの酒盗と卵黄のソースで「海老マヨ」風で供され、さわらは東寺揚げ=湯葉巻き揚げで、美しい菜の花ソースのミモザ仕立てで春の風情たっぷりに供されました。

お料理すべて、華やかできれいで楽しかった、もちろんおいしかった\(^o^)/\(^o^)/
吉寿さんはどうやったらお客さまに喜んでもらえるかを考え抜いて仕事していらっしゃいます。おいしいのは当たり前、楽しさと驚きがなければならんのだと。毎回ものすごい盛り上がりで大好評です。

●お料理ここまでで、ここからは食後の楽しみです。

●最後の甘味はいちごカクテルでした。アルコールあり/なしと作ってくださいました。

照明を落としたこのライティング見てよwww\(^o^)/\(^o^)/
吉寿さんは見られるの大好き、写真撮られるのも大好きみたいで、自分にスポットライトが当たるように考えたらしい。たくさん撮ってね、動画も撮ってね♪ ということらしい。

●カウンターとテーブルにみっちりお邪魔しました<(_ _)>

鈴木吉寿さんありがとう、スタッフの皆さんもありがとうございました。

参加者の皆さんにも御礼申し上げます。
●今後のテーマ:5月は中華、6月はイタリアン、7月はうなぎ、8月はフレンチで、9月は「和食」に戻るのだそうです。
9月まで毎月席確保していますから、クラブエリーの皆さんどうぞ楽しみに(^o^)(^o^)/

うなぎ(あと1席!)以外まだ席ありますから、お申し込みお待ちしています(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください。

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「水暉」でJEUGIA講座 その2

■ 全国100万人の読者の皆さま、引き続き講座報告のエリーでございます。

ひとつ前の投稿に続いて、JEUGIA講座、ザ・リッツ・カールトン京都水暉」さんです。

●こんな感じで三浦雅彦さんは出ずっぱりで話をしてくださいました。

さてお料理です。

●以下お造りと野菜の一品は、お皿と盛り方を変えると、全く違って見えるという例でした。

●同じ料理でも、お皿によって違って見えるということを、4種類ほど用意して見せてくださいました。いちいちきれいで楽しいのです。

●ご飯はうすいえんどう豆のご飯と桜海老のご飯とダブル仕立てで、ほんとーーーーにおいかった\(^o^)/\(^o^)/

●ここまでお料理すべて、味もばちっと決まって申し分なかったです。

●最後はピエール・エルメさんのお菓子でジャルダン・ジャポネということ、ピンク色の酸味系のお菓子でした。

ザ・リッツ・カールトン京都水暉」さん、今回もものすごく楽しい、充実の会となったのでした。

三浦雅彦さん、スタッフの皆さんに盛大に感謝いたします\(^o^)/\(^o^)/
参加していただいた方々にも御礼申し上げます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「水暉」でJEUGIA講座 その1

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

●4月15日(月)は半年ぶりのJEUGIA講座で、ザ・リッツ・カールトン京都水暉」さんにお世話になりました。

いやもうハデというか強烈というか過剰というか、料理長三浦雅彦さんの美意識とエネルギーが爆発した会でした。
まずはメニューから。

●見る献立。

●読む献立(赤字も初めから入った状態で配られた)

すみずみ、いちいち、三浦さんらしさを感じさせました。笑。

●読む献立の裏には「右肩上がり」の三浦さんの名刺コピー

●「古今和歌集」素性法師
見わたせば柳桜をこきまぜて都ぞ春の錦なりける
「錦」の色合いで献立作りましたと。

●そして、器も格別でした。

●料理長の三浦雅彦さん。秘蔵の器でお料理を出してくださいました。いろいろありましたけれど、絵変わりの蒔絵とお重がとりわけ美しく、みんなで回しもって眺めました。

●実際にこのお重で食べさせていただきました。

●圧倒的にきれいだった蒔絵のお皿です。

お料理は、次の投稿に続きます。

ザ・リッツ・カールトン京都水暉」さん、毎回本当に麗しく、美味なコースで楽しませてくださいます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ こんどは10インチFire

■ 全国100万人の読者の皆さま、買いそうになっているエリーでございます。

これです。

Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 32GB – Alexa搭載

昨年買った8→10でだいぶ大きいし、セールで5000円引きで10980円てやっぱり激しくお値打ちなんではないかと。

Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 32GB – Alexa搭載

Alexaがどれくらい毎日役に立つかはまだわかりませんが、ちょっと気になるでしょ、買いそうです。

それでわたしはものすごく本を読みたいです。このところあまりにも読めていなくて、もう猿に戻ると思う。

それでもこのところ合間合間に、やっとこさ

楽園のカンヴァス」(やっとやっと。読んでよかった) やら、
異端者の快楽」やら読みました。強烈。大好き。
1日1冊読もうと思っているのに、もうじぇんじぇん読めていない。

でもでも、ゴールデンウィークに読みます、Kindle買いためどっさりしています。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ 徹底的に白アスパラづくし@りすのろ

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ に行ってきたエリーでございます\(^o^)/\(^o^)/
「リストランテ 野呂」で白アスパラづくし、本当に白アスパラガスで、づくしてもらいました。
気が済むまでいただきました<(_ _)><(_ _)>
●長崎産の白アスパラガスです。
●白アスパラガスの温かいスープ
●茹でて木の芽の新芽とからすみと
●茹でて、おろしたフォルマッジオをまぶしつけて、オリーヴオイルを敷いたお皿で
●茹でて、たたいたほたるいかをのせて
●鴨肉と焼き葱、に見えるけれど、焼き葱ではなく白アスパラガスを炙って焼き色をつけたもの
●天然真鯛に巻かれた白アスパラガス
●マスカルポーネりんご醤油で。(「山玄茶」増田さんごめんなさいとのこと。笑)
●ゆっくりローストした白アスパラガスを、カルボナーラ仕立てで
●茹でたものを、バターbeillevaire をのせてww
●魚料理は、ひらめのひと塩に白アスパラガスを巻き付けたもの、生のスライスのサラダ
●肉料理は、フランス産幼鴨胸肉と白アスパラガスのロースト、オゼイユ、赤ワインソース
●パスタはタリアテッレ、京丹波高原豚と白アスパラガスのラグー
●白アスパラガスのパヴァロワ
●黒ごまのセミフレッド これはオプションで注文。
●黒豆茶でご馳走さまでした<(_ _)>
●りすのろ、飽きることがありません。ほんとーに楽しい、ほんとーにおいしい\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
昼コース1800円と4500円、
夜はアラカルト、前もっての予約でコースも可。
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 掲載誌のお知らせ:ミセス 2019年5月号

■ 全国100万人の読者の皆さま、掲載誌お知らせのエリーでございます。

●現在とっくに発売中のミセス 2019年5月号です。

いつもの新店紹介ページでは、ザ・サウザンド キョウトの「きざはし」さんに出ていただいています。

先日もクラブエリーでお世話になりました\(^o^)/

それから特集記事の、バラのページが本当にきれいです☆☆☆

皆さまこの号もどうぞ(お買い上げの上)ご覧くださいませ<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー夜@「天ぷら割烹 なかじん」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

4月12日の夜はクラブエリー夜@高倉通六角の「天ぷら割烹 なかじん」さん。

こちらもまた洗練を極めて、ほんとーーーーーーにおいしかったです。天ぷらが、ざっとひとつの流れではなくて、一品ずつがひと皿の完成されたお料理でした。

塩ひとつでも、うに塩、桜塩、大徳寺納豆塩、マルドンといった具合に素材に合わせて変化をつけてあり、お手間と工夫が感じられて感動深いコースでした。
以前からおいしかったけれど、またより一層深化された感じがして、頭が下がりました。お皿のすみずみに緊張感が感じられ、全力でやってくださったことがよくわかりました。
たとえばサラダの葉っぱでも、「息をしているなこの葉っぱ」と思わせ、伺ってみたら、「鯛のお造りをつくる気持ちで葉っぱを丁寧にちぎっていっている」ということでした。どこまでもすごい料理でした。少人数でのクラブエリーでしたが、おいしさに集中して味わうことができてよかった。また次、夏をお願いしてきました。全員がリピート・・・喜んでくださってうれしかったです(^o^)(^o^)
追って料理キャプションくっつけます。

天ぷら割烹 なかじん」中村一臣さん、スタッフの皆さんありがとうございました。また次を楽しみに伺います。

参加者の皆さんにも御礼たくさんです<(_ _)><(_ _)>
クラブエリー夜、わたしも楽しめてよいです\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ 中書島の「センプリチェ」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

4月11日(木)は朝日カルチャーセンターのお昼で中書島「センプリチェ」さんへ。
細やかなお仕事、才気のある料理の連続で感動深かったです。
どのお皿にもオリジナリティと創意工夫が感じられて、ものすごくおいしいと思いながらいただきました☆☆☆☆☆☆
中書島での営業は今月末までで、洛中に移転、5月10日から「Kii(キイ)」と店名を変えて営業されます。
本当に本当によかったです。キイのオープンを楽しみにしています。
写真は昼にしていただいた、4月の夜のコースです。

キャプションは追ってつけます。

1コースでどれくらい使われるのか、食材を多彩に使われ、絶妙な組み合わせで楽しませてくださいました。
センプリチェ」さん、あとしばらく、どうぞよき営業でありますように。
来月楽しみに「Kii キイ」さんに伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー@桜の季節の「山玄茶」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

4月10日(水)のクラブエリーは「山玄茶」さんにお世話になりました。
毎回大人気で、特に桜のお花撒きで楽しませてもらえる春は格別の盛り上がりです。カウンターと2階のお部屋に入れていただきました。お皿の上も春満載でよかったー\(^o^)/\(^o^)/

●先付は長芋羹 雲丹入り。

●お椀、甘鯛葛叩き、ぜんまい湯葉巻き。

●お造りは鯛、いか、かつおのたたき。サニーレタスや貝割れ、スライスオニオンのサラダ添え。胡麻ぽん酢と。

●桜葉入りの飯蒸しは白魚、いくら。

●鱒の木の芽焼き

●八寸は華やかな金箔塗りのお皿で。

●強肴は桜鯛の春キャベツ巻き、こごみの天ぷら、白味噌あん。

●焚き合わせは桜えびのひろうすに、塚原の筍、わかめ、ふき。

●店主の増田伸彦さん、ご飯プレゼン之図です。

●白ご飯と、筍ご飯の2種類が用意されました。

欲深い人たちは(全員欲深かった)、この後まだお茶漬けとか卵をかけたカルボナーラ仕立てとか、3膳も4膳も楽しみました。

●胡麻プリンにいちご、アイスクリームが甘味ひと皿め。

●桜餅をいただきごちそうさまでした。

●春の楽しみ、花吹雪です(^o^)(^o^)

カウンターでもお部屋でもしてくださいました。

●増田伸彦さん、スタッフの皆さんありがとうございました。

毎回皆さんほんとーーーに喜んでいただけます。しみじみおいしくて、満足度とても高いと。

またお願いいたします。

参加してくださった皆さんにも感謝<(_ _)><(_ _)>

*****************

「山玄茶」さんげんちゃ
電話 075-533-0218 
〒605-0073
京都市東山区祇園町北側347-96 
12:00~13:00入店、18:00~19:30入店
毎週火曜休み、他にも休みあり
カウンター10席、2階に座敷(テーブル)8席と4席
全席禁煙
2007年2月開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー@「丹」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

4月9日(火)はクラブエリー@「」さん。
店長のやっちゃん=北嶋靖憲さんに、先日来ヨースケくん=山手陽介さんも加わって、盤石の態勢です\(^o^)/\(^o^)/
初めてのミニサイズ、こぢんまりしたクラブエリーで、わたしも着席して一緒にいただきました。
野菜おいしい筍おいしい魚おいしい肉もおいしい、つまり全部言うことないコースでした。
とりわけわたしが心を奪われたのは貝がみっちり入ったお椀で、貝数種類に春キャベツがよく合っていました。

●お天気がよくてほどよい気温の時はこうして開け放たれます。

●1階の集合テーブルです。2席のテーブルも2卓あります。

●店長のやっちゃん=北嶋靖憲さんと、先日来こちらのスタッフになったヨースケくん=山手陽介さん。

●以下、お昼にしていただいた夜のコースです。

おだしと梅干しがまず供されます。

●金目鯛の焼霜造り

●貝寄せのお椀。赤貝、とり貝、たいら貝、はまぐり。春キャベツと。

●丹後の蒸し野菜盛り込みで、

新玉ねぎ、白菜の花芽、にんじん(パープルスティック)、大賀ごぼう、ビーツ、にんじん(イエローハーモニー)、スナップえんどう。

●オリーヴオイル、塩、味噌でいただきます。

●筍の炭火焼きは大皿で供されました。

●大原野の筍でした。春の味、春のいちばんの楽しみです。

●小芋の唐揚げ、胡麻だれ、煎り胡麻

●いちぼ肉の炭火焼き

●すっぽんラーメン

●これは予測外の締めの麺でした。半熟卵、すっぽんエンペラ、色紙葱と。

●じゃこチャーハン

●香の物と止椀も付きました。

●甘味は山椒アイスクリームと茹でたあずきでした。

●晴れわたった、気持ちのいいお昼でした。天井の高さなど、やっちゃんの背丈に合わせて設計されたとか(嘘か本当かわからん(^o^))

●最後のラーメンとチャーハンに関しては「さすが若い料理人らしくて楽しかった」というのと、「やっぱり和久傳さんのとびきりおいしい白いごはんも食べたかった~」という感想とで二分しました。
」の、やっちゃん、ヨースケくん、スタッフの皆さん、お世話になりました<(_ _)><(_ _)>
5月1日(水)もお願いしています。
クラブエリーの皆さん楽しみに(^o^)

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「MOTOÏ モトイ」の麻婆豆腐

■ 全国100万人の読者の皆さま、週の初め4月8日(月)に、久しぶりに伺った「MOTOÏ 」(モトイ)さん( Iは点が2つつくトレマ、ちなみにただのI だと読みがモトワとなる)、ものすごくよかったです。

昼コースに、オプションで夜料理の最近のスペシャリテという麻婆豆腐を足していただきました。これがまさかのユニークなフランス料理のお皿になっていて、印象深かったです。
すべてのお皿において、素材の組み合わせも、火の入れ方も、理想的によかったです。

●富小路通に面して、威風堂々たるお店構えです。

●今日はこんなメニューでいただきます。

●初めにアミューズで小さな一品、よこわとクレソン、下にフロマージュブランのクレーム。醤油麹のソースと。

●これがモトイさん風の麻婆豆腐、冷製です。これを楽しみに伺ったわけです。

●白い部分が豆腐ですが、ただの豆腐ではなく塩とオイルを混ぜ込んでムース状にしたもの。そこに辛味のミートソース。ラー油は自家製とのことでした。

これは粋でした。おいしかった☆☆☆

●はりいかはきれいに包丁目が入っていて、優しく噛めばすーっと噛める感じが絶妙でした。下に黒く見えているのがリゾーニ、いか墨の風味。うすい豆のピュレに、はっさくを少し。

●黒むつのポワレ、はまぐりのナージュ仕立て。菜花と。

●パンはチャバッタを選択。バターは海藻混ぜ込みでひどくおいしいもの(止まらない)、後ろはアミューズの前に供された、ヘーゼルナッツのキャラメリゼ。

●メイン料理は鴨で喜びました。ヴァンデ産のクロワゼ鴨のロティ、野菜は46種類使われているとのことでした。

●鴨の皮ははやり中華料理出身のモトイさんらしく、カナール・ラッケ(ペキンダック)な感じもしました。華やかな野菜と共に、火入れ加減完璧な鴨肉を楽しみました。

●デセールその1がよもぎのグラス。レモン皮コンフィ、下の粒粒はショコラの風味でした。

●杏仁豆腐、グランマルニエの風味。

●いちごのデセール(いちごはさちのか)、ヨーグルトムース、レモン。

●選べる食後の飲み物は、アンフュージョンの、トランキリテというのを選択。

●お茶菓子もかんぺきでした。すはま、カフェのケーキ、金木犀のパットドゥフリュイ、紅茶のマカロン、八ツ橋、カヌレ。●

●前田元(もとい)さん、非常に細やかなお仕事をなさいます。

伺ってよかったと心から思ったデジュネでした。スタッフの皆さんにも感謝<(_ _)>

●お昼でしたので自然光がさして、お庭が望めてよかったです。維持のためのお手間はすごいことだと思います。

MOTOÏ 」(モトイ)さん、また伺います<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろで、ほたるいか、筍、桜海老

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ報告です。

4月7日(日)夜 りすのろ、「リストランテ 野呂」です。

●白菜のスープ、鶏スープベースでこれは本当にしみじみ身にしみるおいしさでした。クミンがそこはかとなく香りました。

●ひらまさのお造り、セロリ、玉ねぎ、ポン酢で。

●ほたるいか、白アスパラガスのごまだれアフォガート(=ひたひた)。

●金目鯛、見るからにおいしそう。これを、

●フライで。筍と。

●この火入れ加減、かんぺきでした。

●新シリーズ NC100=のろっちのコロッケ100その2は桜えびのコロッケ、おいしかった、感涙うるうる。(T_T)(T_T)

●百合根のバター蒸し。バターはbeillevaire。ちょっとずるいおいしさ。バターの香味と塩気で、問答無用のおいしさ。

NP100=のろっちのパスタ100 その87はバジルソース、ほたるいかと筍。

●デセールにはブラッドオレンジがプレゼンされて、

●上がグラニテで、

●中に生の果肉、ジュレ、

●底にパンナコッタが仕込まれていました。ブラッドオレンジの4段活用でした。

・・・が、わたしには人生のように酸いのう、と思えて、甘いものをこの後いただいたのでした。ほうじ茶のパンナコッタで甘く終わりました。

●黒豆茶をいただき、ごちそうさまでした。

●りすのろ、次回は徹底した白アスパラガスづくしを考えてもらっています。

楽しみにまた行きます\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
昼コース1800円と4500円、
夜はアラカルト、前もっての予約でコースも可。
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「フランソア喫茶室」リニューアル

■ 全国100万人の読者の皆さま、リニューアルオープンお知らせのエリーでございます。

●西木屋町通四条下るの「フランソア喫茶室」さん、改装を経て本日4月6日リニューアルオープンされました。

●特に大きく変わってはいませんでしたが、古びたところが修復され、壁の絵も入れ替えられていました。店内はわんわんお客さまで賑わっていたので内観写真は奥のお部屋の、これまた一番奥の部分です。

●かつての人気メニューの復刻ということでワインゼリーを再開されていました。

●今回は新メニューと伺ったワインゼリーをいただいてきました。硬い、しっかりしたゼリーです。ワインの香りが生きていました。税込み1000円。

●新しいメニューです。

●メニューを開いてだいぶショックだったのが、あれだけさまざまあったお菓子が、絞り込まれて3種類になってしまっていたこと。 りんごのお菓子いろいろやミルフイユやパンプキンパイやブランデーケーキ、ザッハトルテもドレスデン風ケーキも、もう食べられなくなったのですか~~、ショックです。

●これが昔のメニューです。こんなにお菓子の種類があったのに(T_T)(T_T)

●おっとりした雰囲気は以前のまま、チャイコフスキーやモーツァルトやバッハなど(つまり全然違う音楽、)わかりやすいクラシック音楽が盛大に流されているのも以前のままでした。営業時間は10時~22時半、火曜日も営業して年中無休ということでした。

フランソア喫茶室」さん、お菓子をもう少し復活させていただけないでしょうか。お菓子を楽しみにまた伺いますので<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「うめぞの」季節限定 いちごあんみつ

■ 全国100万人の読者の皆さま、「梅園」さんが大好きなエリーでございます。

●「梅園」さんの蛸薬師通のお店「うめぞのCAFE&GALLERY」で、始まったばかりの、
いちごあんみつ 苺紅茶みつ添え 930円
おいしかったー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
アールグレイ風味(+いちご風味)の蜜を、つゆだく状態にしていただきました。いちごはあまおう使用。
本日からスタートで、いちごがおいしい間やるそうです。

●こんな風に供されます。

●同時に、いちごのフレンチトーストもあって、それもおいしそうで惹かれました。

梅園」さん、また伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 一之舟入の桜

■ 全国100万人の読者の皆さま、定点観測のエリーでございます。

4月6日(土)昼過ぎ。お天気に恵まれて、京都市内はすさまじい人出でした。

いつもの場所、一之舟入へ。

●桜は八分咲きという感じ、まだまだつぼみもありました。

●寄るとこんな感じ。

●縦位置にしてみたらこんな感じ。

まだしばらく楽しめそうです。また行ってみます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「カフェ&レストラン épice okazaki」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店ご紹介のエリーでございます。

●「カフェ&レストラン épice okazaki」エピス オカザキ、
寺町通今出川下ルの「épice エピス」さんの2号店が4月5日オープン。フランス料理というよりは洋食屋さんとのことです。
アイドルタイムなしの終日営業です。

●訪れたのはちょうどお昼時間でした。アラカルトでオムライス1200円とオプションでトッピングのコロッケ150円(いずれも税別)をいただいてきました。

●美術館やロームシアターからも近く、とても便利な場所にあるお店です。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「嵐山さくら」でクラブエリー、NHK講座

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリーと講座報告のエリーでございます。

3月27日(水)クラブエリー、4月4日(木)NHK文化センター講座と「嵐山さくら」さんにお世話になりました。

●桜の見頃については予測つかずで、結局3月27日は大きくふくらんだつぼみの状態、4月4日に6分咲きという感じで楽しませてもらいました。

●初めて本当に桜の季節に出かけられた「嵐山さくら」さん、とてもよかったです。予約がいちばん難しいシーズンにありがとうございました<(_ _)>

●いつも変わらぬさくら模様ですが、この季節やはり春の浮き立つ気分を盛り上げて、喜ばしい気分にさせてくださいました。

●変わらぬ美しい先付に八寸、雲丹ご飯といただきました。定番の雲丹ご飯ははまぐりだしでお茶漬けに、という幸せな締めで、ゆったり美味を楽しみました。食後はいちご入り、白あんの品のよいフルーツどら焼きと小さなお茶碗での抹茶。
新井敏夫さん女将の美津子さんスタッフの皆さんお世話になりました<(_ _)><(_ _)>
参加者の皆さんもありがとうございました。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「きざはし」でクラブエリー3日間

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

4月1日~3日のお昼のクラブエリー、「きざはし」さんにお世話になりました。
1月に開業したザ・サウザンド キョウトの和食店です。
3日間で50名で伺いました。
ゆったりした空間で、お料理もばちっと決まって、
ものすごーーーーく好評でした。よかった\(^o^)/\(^o^)/

早見義昭さん、岩山泰久さん、石井直毅さん、スタッフの皆さんお世話になりました。

●気の流れがとてもいいと思う店内です。すごく清々しいのです。半透明の間仕切りは、金属製の細かいチェーンです。横にスライドできるようになっています。

●料理長の早見義昭さんです。

●スペースが、ものすごーくゆったりしています。着物でも、マイ・フェア・レディ風の羽根飾り付きの帽子でも大丈夫です(^o^)/

●ご飯プレゼンで登場した副料理長の岩山泰久さん=やっちゃんです。

●「きざはし」さん、大変好評で、また違う季節に開催を~とご希望多く、改めてまたお願いいたします<(_ _)><(_ _)>

お世話になりました<(_ _)><(_ _)>

そして、春の初めに皆さんと会えてうれしかったです\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「レクラ」の洗練された洋食

■ 全国100万人の読者の皆さま、取材にも食事にも竹屋町通衣棚の「L’éclat レクラ」さんに出かけているエリーでございます。

先月の初回の投稿はこちら

●ソムリエの中村尚一郎さん(「MOTOI モトイ」さんから)とシェフの小栗英樹さん(東京の「ラ・ロシェル」さんから)。

●調理場の前のカウンターです。後ろにテーブル席があります。

●オムライス、ハンバーグ、海老フライなど洋食の定番もの、洗練の味です。間違いなくおいしいです。

●きのことトリュフのパイ包みスープ、

●きのこの風味豊か、スープも深みある味で、これものすごくおいしかったです。

●大原の野菜いろいろのサラダ。

●よこわのたたき 花わさびマリネ。

●筍の素揚げ、はまぐりのナージュ仕立て。

●ハヤシライス、たまらない旨さでした。そもそもデミグラスソースがおいしいから、ハヤシライスも期待していました。

●定番料理のメニューの他、手書きでその日のおすすめがあります。

●この日は、新玉ねぎと新キャベツのポタージュもいただきました。

5月の夜エリー(第4金曜の夜)はこちらにお願いしています。

残席わずかですー!

*****************

「L’éclat レクラ」

電話 075-222-1256

京都市中京区竹屋町通室町西入ル北側

夜のみ営業、月曜休み。料理は17時~21時LO、その後バータイム。

全席禁煙

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「京 八坂プリン」4月15日オープン

■ 全国100万人の読者の皆さま、プリンを嫌いといえば嘘になるエリーでございます。

京都 プリンというカテゴリーを作っているほどです。

●「京 八坂プリン」という新店、4月15日(月)に開店です。
先日試食させていただきました。

●八坂の塔に至るこの道の北側(塔に向かって左側)にあります。

●のれんはこんなです。わかりやすい。奥に細長い路地を進みます。

●ベーシックなプリンには「なめらか」と「はーど」があり、「なめらか」の方はほとんど液体すれすれの柔らかさ、「はーど」の方は、ハードと言うほどではありませんが、しっかりと食感もあるプリンに仕上げてありました。
卵も牛乳も上質なものが使われていることがすぐわかるおいしさでした。

●さらに心を奪われたのが抹茶黒豆プリンとほうじ茶黒豆プリン。いずれもお茶の香り高く口あたりなめらか、底に仕込まれた黒豆もふっくらといい食感でした。すごく好きだーと思いました。

●もうひとつ、実はこれが看板商品の「京 八坂プリン」といって、プリンの上につぶつぶのジュレを仕込んだ酸味の透明ジュレ層がのったプリンがありましたが、これはわたしの好みではありませんでした。見た目はかわいいんだけど。(いつもはっきりしていてごめん。)

●プリンはすべて瓶入りで持ち運びもしやすく、おみやげにもいいです。3個セットもありました。

●まさにこの組み合わせ、プレーンのプリンと、抹茶黒豆、ほうじ茶黒豆がおすすめです。
●さらに、ヴィジュアル映えするソフトクリームもありました。丸いぱふぱふの飾りなしでもいただけます。おいしかったです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
京 八坂プリン」、オープンは4月15日(月)です。

電話 075-533-8338
京都市東山区星野町87-4
10:00~17:30 無休

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************