■「ライース」クラブエリー第3金曜 2024年5月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

●クラブエリー第3金曜@大宮通のRaiz ライースさんです。
今回も見事にやってくださいました。井岡弘樹さんありがとう\(^o^)/
昨年10月17日にオープンして、5月17日でちょうど7か月という日でした。
わたしはこのお店にオープンの翌日にお邪魔して、3皿目を食べたところでクラブエリーの打診をしたのでした。これは間違いないわと。
そして、「すぐにはやること間違いなし、雑誌にも載りまくるよー」と言ったんだけど、その通りになってますよっと😁😁
*****************
クラブエリーは3度目なのだけど、
第3金曜(という定例会)の皆さんにも、もちろん大好評でした。
ほんとよかった\(^o^)/\(^o^)/

●今回わたしは着席せずでしたが、3品だけ小サイズで味見させていただきました。
中でもこれが忘れがたい一品でした。

メニューには
「鰹 苺」
としか記載されておらず、どんな料理か見当もつかないのだけど、
これは、
かつお+いちごのガスパチョ
なのでした。
彩り美しく、味わい鮮烈(*_*)(*_*)
かつおの旨味と食感がよく、
そこにからむ酸味がたまらん😭
いちごの香味がエレガントで、心を奪われるひと皿でした。

●石鯛、ハーブのリゾット、ゴルゴンゾーラ。
味わい鮮烈なひと皿でした。

●黒文字のアイスクリーム、山椒のパウダー、キウイ。

さわや~かそのものだったデザートです。

●おひとりでの調理でしたが、実に段取りよく手際よくお料理を出してくださいました。

●そして、「ライース」さんでこの方に会えようとは\(^o^)/
麻子さん、うれしい再会でした。
「和久傳」さん「木山」さんと長く勤められて、今はこちらでサーヴィスをされているのでした。
(昼のみ、毎日ではない。)
「木山」さん時代は、事前に献立を送ってもらうところから麻子さん頼みで、本当に親切にしていただきました。ありがとう🙏
お昼に夜コースもいただけるお店ですから、麻子さんにも会いに、またお昼行きたいと思ったのでした。

 

Raiz ライースさん、また伺います。

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

■「プーゼ」白とグリーンのアレンジメント

■ 全国100万人の読者の皆さま、みなちゃん=浦沢美奈さん@「プーゼ」にお祝いのお花を作ってもらったエリーでございます。

●所望されて、白とグリーンのアレンジメントです。
さわや~か。きれいー✨️✨️
目に心地良いです。
*****************
●クリスマスローズ
●あじさい「マッチャ」
●ばら 
オリエンタルエクレール
シェドゥーヴル
アモーレブラン
●てまり草
●ユーカリ ロングリーフ
*****************

●丸こい、苔みたいなのがてまり草というもので、実はなでしこなんだと。

●緑色のスプレーバラはオリエンタルエクレール。

●美奈ちゃん今回もどうもありがとう🙏

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「Harmonika」ハーモニカ2周年

■ 全国100万人の読者の皆さま、5月22日、「Harmonika 」ハーモニカさんに向かったエリーでございます。

●「Harmonika ハーモニカ」さん、
5月22日で
開店2周年
を迎えられました🎉🎉🎉

「本日からスタート」という宮﨑マンゴーのデザートをいただいてきました。
*****************
マンゴーが、
・ムース
・果肉の角切り
・アイスクリーム
しっかり硬めのライムのジュレ
パッションフルーツのソース
泡泡は、アガベシロップをベースにした、ライム果汁入り、大葉の香りのソース。
タイムの新芽。
上からライムの皮をすりおろして仕上げ。
ネパール山椒。
*****************
豊かな甘みのマンゴーが食感さまざまに味わえて、それだけで楽園か?というおいしさなのに、そこにライムの酸味やらいろいろの香りが重なり合って、もう天国的・・・
ここはどこなのか? 
わたしは正気なのか? 
しばし夢見心地になりました。

 

■さかのぼって、
以下、アップできていなかった
Harmonika  ハーモニカ」さんのデザートです。
少し前、美佳ちゃん@「カフェ ポタリ」と夜の密談に、もとい、夜の歓談に出かけたのでした😂
苺のデザートをいただけた、多分最後の頃です。
だからこれはもう来シーズンまでいただけません。
(上の写真)わたしは日本酒入りサバイヨンソースの、いちごとアーモンドプードルたっぷりの角切りの生地入りのデセールをいただきましたよっと😊☆☆☆
胡桃をカラメリゼしてコーティングしたものが、食感のアクセントにしのばされていました。
おっしゃれ~なひと品でした✨️✨️

●美佳ちゃんは、いちごのデザートを選択。

いちごは、奈良の古都華と、博多のあまおう。

●さらにクミンのクレームブリュレと、
ショコラのテリーヌを味わいました。ヴァローナのマンジャリを使用とのこと。
アニスが効いて、粋な風味でした。

Harmonika ハーモニカ」さん、もうもう、何をいただいてもおいしいですー😭

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

 

関谷江里

■ α-STATiON FM京都「ONE FINE DAY」でおしゃべり

■ 全国100万人の読者の皆さま、少し久しぶり、ラジオのエリーでございます。

●5月22日(水)12時14分~
FM京都 アルファステーション、「ONE FINE DAY」ワンファインデイの 、ランチタイムゲストというコーナーにお邪魔しておしゃべりしてきました。

●寺田有美子さん、話しやすくしてくださってどうもありがとう。
赤いのはわたしです。
へんな顔出すものじゃないと思いながら、ごめん😂
PCを持って行ってプレゼンしながら、和食店のお話をしたのでした。
*****************
●新店2軒

5月7日開店「即今 藤本」さん

5月9日開店「辻布紗」さん

●新料理長1軒

4月11日~「ごだん 宮ざわ」さん

*****************
何とか時間内に収まったみたいですが、
もっともっと、何時間でも話せますー😂😂

今日お聴きいただけなかった方も、radikoで1週間はお聴きいただけます。

このたびもお世話になりました。
佳代子さん、そうたさん、そしてやえーるも、ありがとうございました🙏

かえすがえすも、
声が出るようになってうれしいです♪

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

■「ごだん 宮ざわ」2024年5月下旬

■ 全国100万人の読者の皆さま、「ごだん 宮ざわ」さんに伺ったエリーでございます。

東洋賢士さんのコース@「ごだん 宮ざわ」さん、5月下旬のお料理。
4月に「ごだん」料理長になられてから3度目の訪問、昨年10月からの「じき」時代と合わせると、この方のお料理をいただくのは11回目です。

18時からの夜コースです。

前回のコースはこちら

●とても旨いものを作る人と一緒に行ったんだけど、お料理は優しくもばちっと決まり、新味も感じさせて、
目からうろこ1200枚落ちた」とおっしゃいました😂😂
そして、わたしがこのお料理を素晴らしいと騒ぐことを、500%理解してくれました。
ほんとよかった😊☆☆☆

以下お料理、順番にいきます。

●食前酒に「城陽」がひと口、供された後、

とり貝の炙りです。
ひげの部分を天ぷらにしたヤングコーン、アスパラソヴァージュ、マイクロトマト、土佐酢あん、振り柚子。

●梶島のあさりを使ったうしお汁。
あさりしんじょう。姫たけ。実柚子。とろとろのわかめ。

鯛で作ったしんじょうが旨いのです。そもそも、わたしにおいてはしんじょうってただの場所かせぎみたいに昔から思えて😂そんなに好きではない、中身だけで良い~と思っていたのだけど、これはなめらかな食感で塩気も効いて、これ自体でとてもおいしいと思いました。画期的です。

●今回最も感動深かったお皿がこれ。

かつおスモーク。ウーロン茶とレモングラスで燻したかつお。

上から、(煎り卵と合わせた)煎り酒盗。

小夏、長芋。小夏のぽん酢あん。小夏オイル。
白ねぎ、芽ねぎ、茗荷。生姜。

ひと皿の中で、香りがいく重にも重なって感じられて、もちろんかつおは旨味たっぷりで、長芋やら、ねぎや茗荷のしゃりしゃりした食感がリズムになって、生姜が粋に効いて・・・口の中が楽しくて楽しくて仕方がなかったです。

ものすごいバランスで成り立っている一品と思いました。

●「宮ざわ」さんの名物である焼き胡麻豆腐の進化形、今回はわらび豆腐です。

本体にわらび練り込み、上に叩いたわらび。煮ほたて。わらびの上から自家製七味。いとも優美な香味の七味です。

●東洋一の蕎麦です。
なめらかで口あたりよく、洗練されていてわたし好き。って前も全く同じことを言った気がするけれど😂
今回は夏野菜のまぜ蕎麦で、お蕎麦の上に、
山形の「だし」(野菜いろいろを、とろっと合わせたもの。茄子、おくら、胡瓜、大葉)をのせて、そこにトマトも足して粋な味に。上に薄切りにしたさざえと雲丹。わさび。

おだし(あごだし、鯖、めじか)の方にもトマトウォーターを加えて、より旨味を感じさせるものにしていました。創意工夫すばらしい😭

●赤鯵。五島列島あたりから来た、赤いあじだそうです。軽く〆てあります。よき酸味です。

名前がいいじゃない?😂 ネットで見てみたら、尾びれなんて本当にマッカだわ😂😂
黄にら、生姜。下に、青海苔酢。これがまた目覚ましかったです。青海苔の香り鮮烈でした。

旨旨旨・・・😭

●お仕事姿も美しい東洋賢士さん。

●太刀魚の木屋町焼き。木屋町通り=鴨川と高瀬川に挟まれています。皮と皮に挟んで焼く魚の調理法ですね。

中にこしあぶらと山椒。

梅肉入りの魚だしあん。

金時草とおかわかめ炭焼き、上に亜麻仁。

これも、美味極まれリな一品でした。太刀魚だけで旨いところにいろいろ香味が重なって、調和を持って美味。

●箸が休まらん箸休め😂
底に、白菜(しろ菜、=うまい菜)焼き浸し。あおりいかのから揚げ、土佐酢ジュレ、やまめのいくら。

こんなすてきな一品に箸が休まるだろうか?(いいや休まりはしまい)。

●小鮎の春巻き揚げ。
きゅうり入りのオランデーズソース。酢取りの茗荷。

きゅうり好きのわたしにはたまらない斬新なオランデーズソースでした。パリパリの食感をまとったほろ苦い鮎。よいですー。

●グラスフェッド牛肉に、炊いた白茄子、針状のきぬさや。生姜、白胡麻ソース。

●炊き立ての白ご飯に、お漬物。味噌汁もつきます。

お漬けものがまた目覚ましくて、

にんじんは何色かをごく薄くピーラーで削ってあります。浅漬。

芽キャベツは味噌漬け。

きゅうりのきゅうちゃん。

筍つくだ煮。

梅かつお昆布。

●デザートは何かー?とだいぶ楽しみにしていました。

向こうに見えているのは琥珀糖。藤の花入りでした。きれい。

●それでもってこれが、リコッタチーズのアイスクリーム。ブルーベリーのジュレ。

ものすごーくおいしーい😂😂

何かスペシャルなリコッタを使われたでしょうか😂😂?

●アカシアの琥珀糖というのも味見をさせていただき、味わい濃厚、これも美味。

●お薄をいただきご馳走さまでした<(_ _)>

おいしくて、楽しかったー。

今回も「ごだん 宮ざわ」東洋賢士さんの、かんぺきなコースでした。

ともちゃんや、若人の皆さんもありがとうございました。

一緒に食べた○○っちもありがとう🙏

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

■「即今 藤本」御所南で再オープン

■ 全国100万人の読者の皆さま、うれしい新店訪問、いや新たに再オープンのお店に伺えて、幸せいっぱいになったエリーでございます(^o^)/

●「即今 藤本」(そっこん ふじもと)さん、
2024年5月7日に再開されました\(^o^)/
1年4か月のブランクの後、
御所南は御幸町通り、夷川上る東側に移転オープン。
物件を決めてからでも工事などに、時間が予想以上にかかったのだそうです。
藤本宏和さん
おめでとうございます\(^o^)/

●すっきり、きれいな店内です。清新な気に満ちて、ここにいるだけで心地いいと感じます。
カウンターは9席です。奥に、L字形カウンター5席の個室あり。

*****************

●端正なお仕事ぶりです。

●ニ番手ゆうきさんがまた明るくのりのいい人で、カメラを向けたらすかさずポーズを取るのよ😂 熊本男なんだって😂

でもって、ゆうきさんが手に持っているものになぜモザイクをかけているか?というと、

料理の写真は、
世に出してはならない。

つまり、
アップを、
ひ か え る よ う に

ということなのです😂😂

ああああ残念😭
●でも、撮影禁止でないだけよいと思い直します。少なくとも手元にお料理の写真は残ります。

いつも言うけれど、
わたしに撮影禁止とかアップダメというのは、
かもめに空を飛ぶなと言うのと同じなのですよっと😂😂
もちろん、出さないでと言われたら出しませんが、しかし残念過ぎる😭

本当によいお料理でした。
お昼は15000円税込み。
十分過ぎるほど価値がありました。
とても幸せなコースでした。

●築80年の民家に徹底的に手を入れて造られたお店、
細い路地を進んでたどり着く造りは以前のお店(現在「二條 みなみ」さんになっている物件)と同じです。今回の方がまだ長いくらい😂😂

●工事にたっぷり時間がかかった分、
藤本宏和さんは造園やさんのお仕事を随分手伝われたのだそうです。
包丁持たずに庭造りをされたって。
石を組み、土を入れ、木を植え苔を敷き、竹をはつったと。
みっちり2か月間くらいは庭造りに専念されたということで、愛着もひとしおでしょう。そして、完成の時はものすごく達成感があったことでしょう。
料理の話よりもお庭の話を伺ってきた感じです😂😂

井戸も掘られたということです。

●ゆかしい花活けは、ひめおおやまれんげ と伺いました。

開くと中が赤い。けれど開く確率は低い。開いても一瞬のはかないもの。

と伺いました。開いたところを見たいものです。

●「即今 藤本」さん、美麗で的確なお料理の写真をアップできないことは残念ですが、本当によかったです。
また伺います(^o^)/

*****************

「即今 藤本」

電話 075-708-2851

京都市中京区松本町580-1
(御幸町通り、夷川上る東側)

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

 

■ 蕎麦のお店2軒:「茶寮哲心」「そのば」

■ 全国100万人の読者の皆さま、4月末と5月初めに出かけて、こちらに未アップだった蕎麦のお店2軒です。

インスタグラムでまず上げたものの、こちらに上げきれずあふれているものが多くてごめんなさい😂

*****************

「茶寮哲心」
*****************

●4月27日に開店された、茶寮哲心さん。
車屋町通、夷川下る東側、
蕎麦侍 小田 哲(おだ さとし)さんのお店です。
金箔ゴージャス華やかなカウンターで、お蕎麦や、お菓子のセットをいただけます。

●4月28日夕方に伺いました。

ビーフジャーキー付きで登場したのが、

●看板、醍醐そばです。
36か月のパルミジャーノがふわふわたっぷりかけられています。
豊かな気分になれます。
濃い卵黄と合わせて蕎麦にからめもって味わいます。

●店内にも蘭のお祝い花が奥までびっしりと並び、華やかなオープンでした。

はやるお店です(^o^)/

*****************

「そのば」

*****************

●やっとこさ初訪問、
大人気のそのばさんです。

●GW期間限定の、
木の芽の和えそば 1800円。
筍に、白味噌の木の芽味噌がとろりんと。

連休の間は開店時間の10分後に伺うとすでに店内満席、外に行列・・・

で、連休明け7日、最終日にいただけました。間に合ってよかった。
●レギュラーメニューのお蕎麦をやっぱりいただいてみたいと思います。

そのばさん、また伺います<(_ _)>

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

■「呑小路やま岸」カジュアルやま岸さんで陽気に和食♪

■ 全国100万人の読者の皆さま、先日の夕方、「呑小路やま岸」さんに出かけたエリーでございます。

●「富小路 やま岸」さんのエスプリを、ごくカジュアルに楽しめるお店です。よかったですー♪
店長の鈴木光明さん
クラブエリー@「祇園 やま岸」さんの時にもヘルプに来てくださったたくちゃん
ありがとうございました(^o^)/

●4品セット7000円(うち2品は4品ほどから選択する)を味わった後、
一品料理を選んで注文するというシステムです。

上の2品は自動的に供されるものです。

●うすい豆粥に、からすみ。
●お造り。和歌山のかつお、明石の鯛、北海道の雲丹。

●4品から選択、和牛と九条ねぎ

●3品から選択、賀茂茄子醤油焼き
*****************
この後、好きにアラカルトで注文しました。

●メニューは多彩、おもしろいものをいただけるお店ですが、
だし巻きは、前回もいただきましたがリピート。
さすが、おだしが香り、ふるふると柔らかな口当たりがたまらない(*_*)(*_*)

●水ぎょうざ

●京赤地鶏の塩焼き。

●やっぱりさすが、おだしのおいしさ極まれリ、と思うのです。
湯葉あんかけうどんです。

*****************

●「呑小路やま岸」さん、
明るく楽しいお店です。
人気なのがよくわかります(^o^)♪

8月、夏の宵のクラブエリーをどうぞ楽しみに♪

 

「呑小路やま岸」さんの、前回の記録はこちらです

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

■ 見るべきもの2つ:雪舟伝説/満開のジャスミン

■ 全国100万人の読者の皆さま、料理やお菓子の写真がわんわんと溜まっていますが、時期を逃さず見るべきものを急ぎアップいたします。

京都国立博物館で開催中の
雪舟伝説」、
これものすごくよかったです☆☆☆
雪舟の作品だけでなく、それがどうみんなのお手本になってきたかまでわかる、見せ方が楽しかったです。
学芸員さんのチームがすばらしいのだろうなあ(*_*)(*_*) そして、諦めず、徹底的に集められたのだなあと。
雪舟さんじたいは、おそらく、極端な凝り性というか、なんか度外れた方だったんだろうなあということも、ひしひし感じました。
本当に見応えのある展覧会でした。

5月26日までです。

●美奈ちゃん=浦沢美奈さん「プーゼ」のアトリエのファサードが、ただ今ジャスミン満開です。
白い小ぶりな花が咲き揃い、鮮やかなグリーンもきれいできれいできれいで目に染みるようにきれいで、あたり一帯に清らかな芳香が漂っています。
夷川通り、東洞院西入ル北側です。

●世界は美しい\(^o^)/
と決めたら、美しいのだと思う。

世界を認識するのは自分の脳みそだからね。
美しく、よきもので満たされていると

思ったもの勝ち、決めたもの勝ちです。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

■「リンデンバーム」東山二条で再開

■ 全国100万人の読者の皆さま、うれしいお店再開です。とても喜んでいるエリーでございます。

●シャルキュトリを山盛り購入いたしました之図。

吉田英明さん@
シャルキュトリー リンデンバーム」、再開おめでとうございます\(^o^)/

*****************

京都市左京区岡崎徳成町18-6
(東山二条の交差点を、東入る北側)
10時~18時、
火曜と水曜休み。

*****************

 

●青いテントと豚ちゃんを目印に。

●また違う日にお買い物。

●ソーセージいろいろに、
ジャンボンペルシエ、鴨とオレンジのコンポートのテリーヌ
など選べて幸せでした。
おいしかったー😭😭

シャルキュトリー リンデンバーム」さん、

また伺います(^o^)/

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

 

■「圓融菴 小林」クラブエリー2024年5月

■ 全国100万人の読者の皆さま、「圓融菴 小林」(えんゆうあん こばやし)さんにクラブエリーをお願いしたエリーでございます。

●優しい優しい小林紀之さん。お目にかかるだけで心がなごみます。

今回もお昼営業でお迎えいただきありがとうございました<(_ _)>

春の終わりと夏の初めの食材で楽しませてくださいました。

●天ぷらの前に、
まずお料理5品。
お料理も、熟練の技です。
ほんとーーーーにおいしいのです。

●よもぎ葛豆腐、
これが目に鮮やか、
味わい鮮烈でした。

●あわびといかの辛子酢味噌和え
芹、うるい、わけぎ。

●あまてかれいのお造り
上品な旨みと甘み、絶妙と思いました。

●あぶらめの新子、セロリ酢
あぶらめの稚魚って、こんなにおいしいのね(*_*)(*_*)

●うすい豆まんじゅう
中に海老、きくらげ、椎茸。

しみじみ旨くて、雅な味わいでした。

●天ぷらの用意がされると同時に、食材プレゼンです。
海老はこの後、2尾ほど、お皿から飛び出しました。

●天ぷらスタートです。

●いつも通りに、海老で始まります。

●グリーンアスパラガス

●ほたるいか

●ばちこ

●賀茂茄子

●海苔で包んだ雲丹

●トマト

●めごち

●こしあぶら。

本当に食材をベストな状態で味わいました。

すべて、美味そのものでした。ありがとうございました<(_ _)>

●締めには、のどぐろの天ばらご飯。

香の物は、胡瓜とふき花山椒

●マンゴー、パイナップル、いちご。

●本来夜営業のお店ですが、自然光が入るお昼は、店内の美しさもより引き立ち、とてもよいです。
圓融菴 小林」小林紀之さん、由紀さん、ニ番手としちゃん、ありがとうございました。

次回も楽しみに伺います。
参加者の皆さんにも御礼申し上げます<(_ _)>

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

■「木乃婦」JEUGIA ご当地講座 2024年5月

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告でございます。

JEUGIAさんのご当地講座を、
木乃婦」髙橋拓児さんにお願いしました。
3代目店主さんにして弁舌さわやか、講座をお願いするのにこれほどありがたい方はいらっしゃいません。
拓児さん今回もありがとうございました<(_ _)>

●JEUGIAさん講座@「木乃婦」さんは、2013年3月に始まって、今回で多分ちょうど10回目でした。
しかし、10回目にして、今まで聞いたことがなかったような話を伺えた上、お料理もよかったのです。素材がよかったし、ひとつ、笑える一品もありました。

●10回目にしてお部屋を変えていただき、(掘りごたつ式ではなく)完全に椅子+テーブル式にしていただきました。広々ゆったり、ありがとうございました🙏
お話上手の拓児さんだから、わたしも苦労なしです。話を聞き出すどころか、合いの手を入れる必要もないという感じ😂 楽ちんなのです。

「葵祭時期ならではのお話を」とお願いしたのでした。

「木乃婦」さんは上賀茂神社に神饌を納めていらっしゃるということです。
そして、上賀茂神社だけではなく、多くの寺社とお付き合いがあるということも伺いました。

神社やお寺とのお付き合いのこと、お店を、「老舗」(200年~だそうです)と言われるまで続けてゆくには?ということ、「木乃婦」さんにおける家訓まで伺い、いやいや、なかなかインパクトのあるお話でした<(_ _)>

●献立はこんなでした。

お料理3品の写真を上げます。

●華やかな八寸に、

●お造りは鯛、身の下に鯛の白子。ぽん酢ジュレ。

●笑えたお料理がこれ。
上賀茂と下鴨の話を伺ったのですが、
かもとかもで、賀茂茄子と鴨のお鍋しましたって😂
でもこれが、めちゃくちゃにおいしかったのでした😂😂


●髙橋拓児さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました🙏
JEUGIA 辻 礼子さん、高橋智子さんにも御礼申し上げます🙏
参加者の皆さんもありがとうございました。定員を上回ってご参加いただき、うれしかったです😊

JEUGIAさんのおかげで「木乃婦」さん講座が定番になり、
さらにクラブエリーも、もともとはJEUGIAさんの座学講座に集まってくれたメンバーで誕生したので、いつも感謝しています🙏🙏

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

■「喫茶ジャニー」オープン\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店ご紹介が続きます。楽しいお店が大好きなエリーでございます(^o^)/

●5月7日(火)麩屋町通り五条上るにオープンした、
珈琲& 咖喱 喫茶ジャニー」さんに、7日夕方伺いました。

「ジャニー」って店名がまずおもしろいわ😂😂
楽しいお店です\(^o^)/
レトロ風情の純喫茶たまらないです(^o^)

古い喫茶店を居抜きで開店・・・な風情ですが、そうではなく、古い民家を徹底的に改修して、ゼロから作られたお店です。
●カツカレーとかナポリタンとか固めプリンとかメニューも楽しい、まわりのテーブルを見てもおいしそう。いろいろいただいてみたい♪
葵ちゃん=「うめぞの」西川 葵ちゃんに教えてもらって(いつも間違いない)、飛んで行ってよかったです\(^o^)/

●キッチンにいらっしゃるのが店主のこやんさん。
カウンターに座っている金髪のおねえさんが服もおしゃれでかっこよくて、「後ろ姿が写真に写ってもよい」という許可をいただきました😂
ありがとうございます🙏

●オムレツをのせたカレーを選択。1200円。チーズトッピングで+150円。わたしはほんとチーズ好きです😂

●喫茶店の固めプリン500円。
カフェオレと共にいただきました。

●そして2日後に再訪。また違うものをいただいてみたい。

そしてちょっとしたお願いごとも😂?

今回は涼しげなものを求めて、
珈琲ゼリーとバニラアイス 650円。

合わせたのが、
ジャニー特製ブレンドコーヒー(深煎り) 600円。
この深煎り豆を使って、ゼリーも作っているとのこと。
ゼリー部分には甘みは加えられておらず、アイスクリームやシャンティが甘さを添えているわけです。
よいですー♪

●ジャニー特製ブレンドコーヒー(深煎り) 600円。

●「珈琲& 咖喱 喫茶ジャニー」さん、よいです😊♪
葵ちゃん、ありがとう。
こやんさん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

 

■「TWOROOMS KYOTO」円山公園、テラスが気持ちいい♪

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店ご紹介のエリーでございます。

新店といっても、少し前、桜の季節にオープンしたお店です。

●「TWOROOMS KYOTO」さんです。

●CAFE | GRILL | BAR
ということで、テラスで食事でもお茶でもできて、素敵です。
●テラスからの眺めはこんな。緑豊か、すばらしいロケーションです。

●迎えてくれたのは、
さおりちゃんでした\(^o^)/

松村沙織さん。
人気料理店で白衣を着て和食をしていた人が、
こんどは黒一色で洋食の人になっていました。がらりと人生を変えたのね。

●どんなお店か?今回はとりあえずお店に初訪問で紅茶を飲んだだけなので、改めてお料理をいただきに伺おうと思います。
さおりちゃんに事情聴取・・・ではない😂、楽しくおしゃべりしたしばしの時間でした。
シェフの吉田知央さんにもご挨拶いたしました。
次はお料理を楽しみに伺います。

*****************

●上の訪問のしばらく後、「TWOROOMS KYOTO」さん再訪です。

ヴェリーヌ=グラスデザートを所望。
柑橘の香り豊かなクリームに、フルーツがあしらわれ、
中ほどにはグラノーラが隠れています。
底にはエスプレッソを染み込ませたジェノワーズです。
おいしーい☆☆☆

●ちなみにこちら、後から画像を送ってくれた、ヴァージョンアップ版です。

●緑豊かな場所で、
さおりちゃんは仕事のかたわら、園芸もやっていました。よいね😊
料理に使えるナスタチウムやタイムを作っているのだと見せてくれました。
さらにヴェルヴェーヌは、わたしが最も好きなものです。
たっぷり育ったら、アンフュージョンを飲ませてもらいます\(^o^)/

 

TWOROOMS KYOTO」さん、また伺います。

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

■「ごだん 宮ざわ」東洋賢士さん、2024年5月上旬

■ 全国100万人の読者の皆さま、ごだん 宮ざわさんに伺ったエリーでございます。

●東洋賢士さんのコース@「ごだん 宮ざわ」さん、5月上旬のお料理もよかったのです😭😭
「ごだん」料理長になられてから2度目の訪問、昨年10月からの「じき」時代と合わせると、この方のお料理をいただくのは10回目です。

右側が副料理長の大山委宏(ともひろ)さん。ともちゃんです😊
前回4月下旬のコースはこちら

●さて今月のお料理は・・・

食前酒に、新潟の「八海山」(3年熟成)をひと口、供された後、

ひと皿目です。

●あおりいかの唐揚げ、上に雲丹。

藤の花ジュレ酢、生姜。

グリーンアスパラガスと原木椎茸。火が入ったいかの、ほんのり甘いことを楽しみました。

●はたのお椀。
きくらげ、アスパラソヴァージュ。実柚子。

おいしーーーい😭😭

●薬味たっぷりたっぷりで、

●胡桃チップでスモークした本まぐろ、中とろです。

粗おろしにした辛味大根、土佐酢、

甘酢醤油の島らっきょう、

安岡のねぎ、わさび。

土佐醤油、ねぎと生姜の香りの油で風味付け。

まぐろ単体で十分おいしいのに、薬味の香味と食感がおいしさを引き上げて、実にすてきなひと品でした。

東洋一の蕎麦 来ましたー\(^o^)/

東洋賢士さんが打つ東洋で一番(ということは世界で一番)おいしいお蕎麦です。

なめらかで洗練されていて好き😭
●今回は、春キャベツの混ぜ蕎麦。

春キャベツのすり流しに魚だし(あご、鯖ぶし、めじか)のあん。

芽キャベツの天ぷら、白海老の天ぷら。

●白魚?と思った、白海老、まっすぐのびていてきれい。

最初おだしと思ったのだけど、魚だしあんをからめてお蕎麦をいただき、春キャベツすり流しもからめもって。混ざっても美味。

天ぷらの方も塩加減絶妙で、さくさくと、旨いったらないです。

●いさきです。

高温の油で霜ふりにされています。

白ねぎ、わさび、青海苔。

下に敷かれているのが、レモン煎り酒。梅の香味もわずか感じさせながら、レモンの芳香が圧倒的に香り立ちました。

仕上げにおろしたレモンの皮。

おしゃれな味。さわやーか。

●(わたしがいただいたコースにはなかったのですが参考までに、)
定番焼き胡麻豆腐が自在な進化を見せるこのお店ですが、この日は、

わらびの焼き胡麻豆腐でした。

●のどぐろの藁焼き。

上に豆コレクションです。

モロッコいんげん、きぬさや、スナップえんどう。

からすのえんどう、すずめのえんどうは花付き。
あらから取っただしのあん。

小夏のオイル。カシューナッツ。

旨旨旨旨・・・とうわ言・・・

●鉄線の花模様の、愛らしい薄手の器に、

●夜泣き貝(赤い巻き貝)炙り、丹波しめじ、のびる、赤軸ほうれん草の松の実和え。

土佐酢あん。
箸休めのようなひと品。箸やすまらんけれど。

●東寺揚げ。

引き上げ湯葉で汲み上げ湯葉を包んで、外側パリパリに揚げたもの。

中にぞうり海老、アスパラガスの軸と白きくらげ。

雉だしベースの春菊ソース。

一寸豆の天ぷら。

だしで割った薄垂惣酢(宮ざわさんオリジナルウスターソース)。

黒胡椒。

春菊ソースだけはこちらにおいておなじみですが、

こんな湯葉使いは初めてで(*_*)、新たなオリジナルな料理と思いました。

●グラスフェッドの牛肉と、春野菜のしゃぶしゃぶ。

花山椒たっぷりに、

●奥から、たらの芽、こしあぶら、筍、大根の実、ふき。

これも感動深く、美味でした😭😭

●ご飯の用意がされて、お漬けもの来ましたー

これがまたすてきな一品なのです。

芽キャベツは味噌漬け(酒粕漬けのような風味)、

かつおぶしと梅で炊いた昆布、

自家製きゅうりのQちゃん。

紫にんじん、黄にんじんは糠漬け。

奥に筍のつくだ煮。

●炊き立てのご飯と、味噌汁です。

●アヴァンデセールという感じで、

パイナップルの白ワインジュレ寄せに、豆乳ヨーグルトと合わせたクリームチーズのアイスクリーム。

これめちゃくちゃ好きでした😭😭

●そして、料理長みずから巻いてくださったというちまきの美しいこと😭😭

●中はよもぎを練り込んだういろう、白あずきあんでした。

柔らかくて、甘さほどよくて、最後までおいしかったことです😭😭(号泣しっぱなし😂

●お薄をいただきごちそうさまでした<(_ _)>

 

ごだん 宮ざわ東洋賢士さんの、かんぺきなコースでした。

もう毎回書いている通りですが、粋で自在で、組み合わせの妙が楽しくて仕方ありません。
毎回、ほんとーーーにおいしいのです。

いちいち好みなのです。

まだまだ伺います。気が済むまで伺います。

ともちゃん、みゆきちゃん、若人の皆さんもありがとうございました<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

■「辻布紗」つじふさ オープン

■ 全国100万人の読者の皆さま、パリ話を中断して😂、新店ご紹介をいたします。
速報は
Instagramで上げていっていますが、このサイトでも、これどう考えても早い方がいいでしょう。

新しい和食店オープン情報です。

●2024年5月9日、
夷川通り柳馬場西入るに開店された、
辻布紗(つじふさ)」さん。
祇園の「味ふくしま」さんで10年以上料理長を務められた、
辻 義勝さんの独立店です。
御所南で一軒家、
お祝いのお花で祝福されたお店に伺って参りました。

●夷川通り、柳馬場西入る、
「豆政」さんの斜め前で、まあ本当に、こんないいところに一軒家があったのねと驚きます。

●店主の辻 義勝さん、
ものすごく感じがいい方です。
辻さんは福岡出身、最初の料理修業を名古屋でされたのち京都にいらして、
「御料理はやし」さん、
「余志屋」さんで修業、
その後、祇園の「味ふくしま」さんで11年間料理長を務められました。
独立に向けて、御所南で物件を探していらしたということです。

●妻で女将の香織さんは、フランス好き、シャンパーニュとブルゴーニュワイン好きでソムリエの資格を持ち、さらに伏見の生まれ育ちで日本酒も大好きということ。利き酒師でもいらっしゃいます。
おふたりの組み合わせ、最強ですね\(^o^)/\(^o^)/

*****************

●さてお料理です。どのお店でも、初回はできるだけお昼に行きたいので(撮影しやすい)、お昼の軽いコースです。

●毛蟹と湯葉

●鯉のお椀。葛を打って揚げた鯉、やわらかくて口当たりよかったです。
鯉の骨から取っただしにお酒たっぷりの吸い地でした。

●かつおのたたき

大根おろし、長芋おろし、白菜の芯。
ねぎ、茗荷、針生姜。

 

●丸茄子揚げだし。
あごだし。

●鮎の唐揚げ。おだしにおろした胡瓜。

●コースの最後に供された、
八寸風情の食事です。
つまり最後のご飯ね。

ますとえんどう豆の、ひょうたん形のご飯。
もずく酢
だし巻き玉子
鴨ロース
甘鯛塩焼き
丸十
一寸豆
とこぶし
ちまきの中は穴子寿司。

●食後に枇杷のコンポートとさくらんぼ。

本当にきっちり正統なものをいただいたという満足感がありました。

●店内は「味ふくしま」さんと同様に、靴を脱いで上がり、ほりごたつ式カウンターに腰を下ろすというタイプです。

メインカウンターの他にもう1部屋ありました。各6席です。
麻の布がお好きで、「辻布紗」という店名にしたということ。
すべてが真新しくてきれい、
高岡屋さんの、麻のお座布団も格別美しく、空間は清新な気に満ちて、とても気持ちよく過ごせました。

●昼夜共に1コースのみ、
昼 8500円(税サ込)
夜 20000円(税サ込)
いずれも現金払いのみ。

 

●辻 義勝さん、香織さん、ありがとうございました。

またよろしくお願いいたします。

 

●追記
2014年にいただいた「味ふくしま」さんでのコースはこんなでした。

 

*****************

「辻布紗」つじふさ
電話 075-354-5349

京都市中京区百足屋町155
(夷川通り 柳馬場西入る 北側)
11時半~12時半(入店)
18時~19時半(入店)
日曜、祝日休み

★月曜の昼休み、祝日の翌日の昼休み。

2024年5月9日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

 

■パリ記録26:サン・ジャック通りの教会2つ

■ 全国100万人の読者の皆さま、だいぶ間が空いてしまいましたが(ほぼ半年😂)昨年11月のパリの写真で未アップのものを上げてしまいたいと思います。

●ひとつ前の記事の中華料理店の後、サン・ジャック通りをセーヌ方向に向かって歩きました。腹ごなししなくちゃ。
●サン・セヴラン教会に、ものすごく久しぶりに(多分30年ぶりくらいに)入ってみました。
●外はすすけていますが、中はステンドグラスの美しさに(ものによっては斬新さを感じさせる意匠で)しみじみよいなと眺めました。
近くを歩くことがあれば、また訪れたいと思います。
*****************
●近くの、サン・ジュリアン・ル・ポーヴル教会へも足を延ばします。
久しぶりシリーズです。
後ろに見えているのは絶賛工事中のノートルダム寺院です。
●フランスでも最古の教会と言われるこちらには、独特の雰囲気が漂っています。メルキト派、東方カトリック教会ということで、イコンが飾られ、そして、お香が焚きしめられていました。
美しいと思いつつ・・・ごめん<(_ _)> 甘くてどっしりした香りが、わたしには合いませんでした。
*****************
●このあたりで最も美しい教会は、(工事中のノートルダム寺院をのぞけば)、サンテチエンヌ・デュ・モン教会かなと思います。
2019年6月に訪れた記録。(←「La Maison d’Isabelle ラ メゾン ディザベル」のクロワッサンもありますよー(^o^))
教会は、とりあえず通りかかったら、入ってみるといいものです。
 
ひとつ前の、
パリ記録25へ
 

**********************************

今回の日程:2023年11月22日~12月1日(中7日)

今回の計算:1ユーロ 165円

今回の記録は 2023年11月 Paris パリ でひとまとまりになっています。

今回の記録を最初から順にご覧になる場合は ここから どうぞ。

2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************

(パリ記録まだまだ続きます。)

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

■パリ記録25:サン・ジャック通りの気楽な中華

■ 全国100万人の読者の皆さま、だいぶ間が空いてしまいましたが(ほぼ半年😂)昨年11月のパリの写真で未アップのものを上げてしまいたいと思います。

●5区 サン・ジャック通り、Sorbonne ソルボンヌ近くの中華料理店です。
いかにもパリの中華料理店という感じでしょう😄?

暮らしていた頃、ソルボンヌへの通学路にあって、定食が安くて、時々寄ったお店・・・という記憶。

気楽で実質的で、そこそこちゃんとおいしくて重宝。

この手の中華料理店は何軒か行きつけがありました。

今回は懐かしさから立ち寄りましたが、昼の定食は8.5ユーロから。やっぱり安いです。

●前菜に定番、スープ ペキノワーズを選択。

すっぱ辛いスープです。鶏肉入り、卵入り。ぽっぽと身体が温まりました。

●カジュアル中華店の、これも定番、鶏肉野菜炒めです。

白ご飯からオプション2ユーロ払って炒飯にアップグレードしてもらいました。

食べきれなかったら持ち帰ろうと、アルミホイル、ジップロップ、ポリ袋類はバッグに常備して持ち歩いていました。

●懐かしくてうるうる、デザートは揚げりんごです。分厚い衣に砂糖をざっとかけてある、このラフさよ😂
中は熱々りんごで、カロリー摂り過ぎと思いつつ、この2切れとも結局ぺろりと食べてしまったのでした。あわわ。

●開店時間と同時に入りましたので、客はしばらくわたしひとりでしたが、半時間ほどでこんな感じに。

家族連れもいればひとり客もいて、若い学生のグループもいました。

●気が済みました。ソルボンヌ周辺散歩~そしてこちらへ来られて、よいお昼のひと時でした。

外観も好みでした(^o^)/

 

ひとつ前の、
パリ記録24へ

 

**********************************

今回の日程:2023年11月22日~12月1日(中7日)

今回の計算:1ユーロ 165円

今回の記録は 2023年11月 Paris パリ でひとまとまりになっています。

今回の記録を最初から順にご覧になる場合は ここから どうぞ。

2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************

(パリ記録まだまだ続きます。)

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

■パリ記録24:St-Paul サンポール駅近くのカフェで

■ 全国100万人の読者の皆さま、だいぶ間が空いてしまいましたが(ほぼ半年😂)昨年11月のパリの写真で未アップのものを上げてしまいたいと思います。
撮った後、フェイスブックに簡単に上げただけのもの、撮りっぱなしのものを整理しないと気が済まない。

この後、このサイトでは、しばしパリの写真が続きます。

京都の毎日の速報は、Instagramをご覧になってください。

●2024年5月6日現在、昨年11月末のパリ滞在を思い起こす時、どこよりもこのカフェで霧雨から逃れて暖を取りつつ(外気温1℃くらいでした)、ノートにあれこれ書き綴ったことを思い出すのです。もっと華やかなところにたくさん出かけていろいろ見たのに、「ここにいることもすごく普通」と思ったことがとてもリアルで。

その時にフェイスブックに書いたことを、以下にまるまる貼り付けておきます。
*****************

(2023年11月28日にアップ)

●普通のカフェの店内です。
パリに行ったらあちこち行こうと、名所旧跡に美術館にイヴェントにコンサートにと、出発前はリストみっちり作っていたのに、いったん来てしまうと(いつもそうなのだけど)、普通にいるだけで気が済んで、別にそんなにあっちこっち行かんでも、普通にしよう普通に、と思ってしまっていけません。
で、何がわたしにとって普通かというと、予定したところに食べに出かけて、パン屋さんに行ったりラファイエットグルメ館やボンマルシェに出かけたり、それからカフェで本を読んだり計画を練ったりして、結局京都でしていることと同じです。
さらに、ここにいることもごく普通で当たり前のことと思えて、「外国旅行をしています」という気もしていません。
●少し前、「何でそんなにパリに行くのですか?」と真顔で聞いてきた方がいらして、とっさに「行かないと死ぬから」と答えたんだけど、何ででしょう。来なければ、来たくてわなわなしてくることは確かです。
別の質問に、「パリに時々行くのは自分へのごほうびですか?」というのもあって、これは激しく否定しました。ほうびを与えないといけないほどのことをわたしはしていない~ そもそも、「自分へのごほうび」という言い方がわたしは好きではありません。「欲しいから買う」「行きたいから行く」でいいじゃないの。
 
●でもって、これはSt Paul 駅近くの、普通のカフェです。
観光客向けではないお店に入りたいと思っていて、というわたしも通りすがりの客で、お邪魔ごめんなさいなのだけど、四方からフランス語が聞こえるお店は貴重でうれしいです。
英語圏の観光客がめちゃくちゃに多くて、メトロでもデパートでも四方から英語しか聞こえないことがしばしばです。
*****************

ひとつ前の、
 

**********************************

今回の日程:2023年11月22日~12月1日(中7日)

今回の計算:1ユーロ 165円

今回の記録は 2023年11月 Paris パリ でひとまとまりになっています。

今回の記録を最初から順にご覧になる場合は ここから どうぞ。

2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************

(パリ記録まだまだ続きます。)

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

 

■「And Bread」アンドブレッド へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、何か見に出かける時でも、必ずおいしいものとセットで予定を立てるエリーでございます。

大田神社の後、歩いて向かったのは、「And Bread」アンドブレッドさん。
きのうの植物園行きの際に店頭で予約しておいたのです。

★電話での予約は受けていただけません。
●半年ぶりか1年ぶりくらいのチーズチャバッタです😭😭
チーズが濃厚に香り立ち、塩気明確、
空気をたっぷり含んでふわふわながら、ねっちりもっちりした生地がたまらん。
旨いったらないです( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
こちらのクロワッサンも好き、
焼き立てフィナンシエも好き。
またいただきたいです😭

まめに植物園に行こうと思います・・・😂😂

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

■ 大田神社のかきつばた群生

■ 全国100万人の読者の皆さま、今年は必ず見に行きたいと思っていたエリーでございます。

植物園に出かけた日の翌日、今度はこちらへ。

●洛北、大田神社です。
5月5日(日)、11時台。
かきつばた群生、まさに見頃でした。

●濃い、紫がかった青が目に染みるように美しくて、
本当にきれいでした😭

●咲きほこるジャストな時に訪れることができてラッキーでした。

さてこの後、徒歩で移動して・・・次の記事に続きます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

■ 京都府立植物園へ。フクシア、山草野草、カレー

■ 全国100万人の読者の皆さま、連休のエリーでございます。

写真の整理を、とりわけパリの写真を整理するのだと宣言していたのに、季節ものを見逃してはなりません。

どうしてもお花を見たい。森の中を歩きたい。
それでやっぱり出かけたのです。

京都府立植物園へ\(^o^)/

●比叡山を望むこの眺め大好き。
例年と同様、何よりバラを見たかったのですが、

まだこれから開花時期を迎えるものがたくさんある状態でした。●それでも一部咲いていた赤いバラを眺めることもできたし、

●スヴニール ダンヌ フランク
Souvenir d’Anne Frank など満開のバラを楽しむこともできました。

●ものすごく久しぶりに温室も観覧。
そもそも気温が30℃近くまで上がったこの日、温室の中はもう夏みたいに暑かったけれど(*_*)、
(冬に来たら暖かくてよいことでしょう😂)
世界のおもしろい植物に満ちていて、別世界にいる心持ちになりました。

●フクシア特集、華麗で見飽きることがありませんでした。

●フクシアとはこんな花。

フランス語だとフューシャ。よく使われるのは、生地の色の表現で、この濃い、赤に近いようなピンク色のことを言いますが、
本物の花のフクシア=フューシャを見たのは、もしかしてわたし初めてかもしれません。
これを見られただけでも、今回植物園を訪れた価値がものすごくありました。

●本当にきれい。「別名・貴婦人の耳飾り」って言い得て妙です。

形がすてきだし、念入りに色鮮やかです。

●けれどこんな色のものもありました。
わたしはピンクという色が好きではないのだけど、それでもこのピンクに絶妙に黄緑が混じった色合いは見事と思うほかなくて、フクシアがそこら中に植えられるものなら夢のような景観になるだろうと思ったのでした。

けれど残念ながら、日本の気候には合わないらしいですから、この機会、ありがとうございましたということです<(_ _)>

●そしてこれ、「山草野草展」が、地味なようでいて、実によかったのです(T_T)

●ずらりと山草、野草が500点ほど展示されていました。

こんなに種類があるのね(*_*)(*_*)

小さくてもかわいかったり、優美さをたたえていたり、生命力を感じさせたりして、本当に心がなごむコレクションでした。

この展覧会は、5月5日(日)までです。ご覧になりたい方は5日、16時までにぜひ。

●ふと、何これ?と思ったのが、

●ムサシアブミというサトイモ科の鉢で、葉っぱつやつや、よく見たら地味な花が咲いていました。

そうだ、お花いけをする方が最近扱っていらしたものだ・・・

●これは北山門近くのジャーマンアイリスコーナーで。

よくまあこんなにきれいなものを、自然は作ったなあと思います。もちろん今、目にしているものは、人工的に交配に交配を重ねた結果のものかもしれないけれど、もとは自然が作り出したことに変わりないわけで、やっぱりすごい。

京都府立植物園

1年も時間を空けず、もっと折々に行きたいと思いながら帰ってきました。

*****************
「ナカザワ」さんでカレー

*****************

●帰りはこちらです。しばらくでございます、

コーヒーハウス ナカザワ」さんでカレーです。
初め甘く感じて、その後、じわーっと辛さが来ます。
辛いだけではなくて、味に深みがあって、おいしーい\(^o^)/
小サイズでもご飯270g。
半分に減らしていただいてもたっぷりたっぷりでした😄
ちなみに大サイズはご飯750gって・・・(*_*)(*_*)

●そしてなんと、ショコラが付きますー😄
なんて粋なこと。
meitoのチョコレート2個​です😄

●次はオムカレーをいただきたいと思います。

●「コーヒーハウス ナカザワ」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

 

■「五 いつつ」少し久しぶりに、夜の一品と蕎麦

■ 全国100万人の読者の皆さま、4月最終週のある夜、少し久しぶりに、洛北は大徳寺前、和久傳さんの「五 いつつ」に伺ったエリーでございます。

気軽にお料理何品かとお蕎麦をいただけるいいお店。
ちょっと急なお願いごともしたのでした<(_ _)>

●以下、軽くコース仕立てでお願いしたものです。

●えんどう豆と飯蒸し。大徳寺納豆。

●朝採りの筍。物集女(もずめ)の筍。

関係ないけれど、物集女(もずめ)があって、なぜ物集男(もずお)がないのかとわたしは以前から不思議に思っています。

●桜鯛、上に桜の花の塩漬け。花ごと味わいました。

●筍のお寿司。

●はまぐりの潮(うしお)汁。かたくりの花と葉。

●天ぷらは、桜海老と天然の山独活(うど)。

●他にいただいたお料理は、

・ほっき貝 柑橘のジュレ、あまどころ(山菜)、うるい、たらの芽。

・加賀れんこんと利久麩の胡麻和え、松の実。

●お蕎麦の準備がされて、

●少し少なめに盛っていただいたお蕎麦です。群馬県の蕎麦の実を使ったということ。この「五 いつつ」のお店で打たれたものです。

●食後の甘味として、木の実の寄せ菓子をいただきました。

*****************

●「五 いつつ」さんも、いま人気の和食店どちらもそうですが、の外国人客が多かったです。

わりと急な予約をしたにもかかわらず、優しく迎えてくださって感謝いたします。
仲原紀幸さんどうもありがとう🙏
綾さん(女将の桑村綾さん)にも偶然に、だいぶ久しぶりにお目にかかれてうれしく、ラッキーな日でした。

また来月伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

■「Guu」クラブエリー2024年5月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリーの報告です。

●クラブエリー待望の「Guu」さんです。

4月24日と5月1日の2日間にわたって伺いました。
スワンのお出迎えから
エッグタルトのお見送りまで、
ほんとーにおいしかったです😭😭

店主の宮谷 要(かなめ)さん、
すてきなお料理と優しいもてなしをありがとうございました。

マダムのみささんにも御礼申し上げます<(_ _)>

●5月1日のメニューはこんなでした。

案じられた、白アスパラガスは今回も出していただくことができてうれしかったです。

4月に大ぶりの白アスパラガス見ていて、絶対に食べたかったから。

●スワンのお出迎え。アミューズ3品です。

じゃがいもでできたスワンちゃんの中身は、りんご、ゴルゴンゾーラ、大根。

くらげも叉焼も、格別の美味でした。

●ぱっかぁ~~~ん\(^o^)/
と大きなせいろの蓋を取ると、湯気が一気に吹き出します。

●包みたて蒸し点心。

蒸し海老餃子も小籠包も、熱々の湯気湯気状態をいただけて、しんそこ美味。

●メロンパンという名称で供されるけれど、

全くメロンっ気はないです😂😂

●叉焼の甘いあん入りの、焼き立て、ごくごく軽いふわふわパンです。旨旨旨😭

●フランス、ロワールからの白アスパラガス。
山椒ソースと、紹興酒漬けにした卵黄で味わいました。上にのっているのは生湯葉。おしゃれな食べ方。
うっまい😭

●魚料理は、蒸した太刀魚。上に揚げたエシャロットのみじん切り。
下に自家製はるさめ、発酵白菜。強火で炒めたレタス。揚げたたらの芽。
ものすごくいい組み合わせでした😭

●ふかひれ煮込み、白ご飯もひと口添えられました。スープをからめもっていただきました。
旨くないはずがない😭

●蟹あんかけ炒飯。
これもまた、
旨くないはずがない😭

●杏の種から作った、

なめらか杏仁豆腐

スワンのお出迎えなら、

エッグタルトのお見送りでしょう~😂😂

●陶製の手にのって出てくるエッグタルト。
これもオーヴンから出したて熱々ほわほわをいただいて、天国の味。

mるこの後、、中国茶が供されました。
*****************
●何もかも、美しくて、かんぺきなおいしさでした。

Guu」さん、いったい次はいつ伺えるのか?
2025年も、どうかどうか、
またクラブエリーにお席の確保をお願いいたします🙏🙏🙏🙏🙏🙏🙏

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

■ マヌカ蜂蜜、豆乳ヨーグルト、声が出た

*****************

★お知らせ

本ウエブサイトから以外の発信は、

フェイスブックから、インスタグラムに完全に移っています。

https://www.instagram.com/eri.sekiya/

*****************

■ 全国100万人の読者の皆さま、連休のエリーでございます。

●皆さんわたしにマヌカ蜂蜜やマヌカキャンディをくださってありがとうございます😭😭

声が出ない日々が続いて、いったい何週間になるの? という時に、優しいお心遣いをいただき、気持ちが温まったのでした<(_ _)>

●「TVやラジオの予定がない時でよかった。」
なんて言っているからいけないのだとものすごく思い、
やえーる=山本八重子、敏腕ディレクターでコーディネーターに、次のアルファステーションの日を決めてと頼んだのでした。
その目標で治ると思うのです。
話したいことが溢れているんだから。
都の新店事情に、都の和食事情✨️✨️

●先日のある日、

Sちゃんのおすすめに従って豆乳ヨーグルトを買ってきて、バナナ、豆乳ヨーグルト、マヌカ蜂蜜、そして上からノーブルな七味をかけてみましたよっと😂
*****************

このお料理をいただいた翌朝、何か身体の中が軽くなって入れ替わったみたいになっていて、遠くから帰ってきたような感覚がして、本当に幽体離脱してわたしリアル世界とは違う世界に行ってきたんだなと思ったのでした。
コース料理をいただいた後だというのに体重まで減っていて、そして・・・

夕方から、声が出るようになりました。

声が戻ったの。4週間と5日間出なかった声が、再び出てくれました。

一生出なかったらどうしよう?と思った瞬間もあったけれど、戻ってくれた。声って便利です😭😭

たまたまちょうど、治る時期だったのかもしれない。

けれどわたしは、間違いなく、前日のお料理のおかげだと思っています。

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************