■「スカーラエ」の通常料理

■ 全国100万人の読者の皆さま、試食のエリーでございます。ザ・サウザンド キョウトのイタリア料理店「スカーラエ」さんのお料理をいただいてきました。
夜のみのカウンターでの実験料理コースは一度いただいていますが、今回は通常料理というか、スタンダード料理の方です。
おいしいだろうな♪と安心して出かけました。
*****************
●本日のアミューズ
・かぶらのスープ 温製
・ひよこ豆の生地に、うずらと菜の花マヨネーズソース和え
・カンノーロ(とうもろこし生地)中にリコッタのムース、上にピスタチオの砕いたの
●イタリア パルマ産19か月熟成生ハムと宮崎マンゴー、モッツァレラ
すてきなカッターで切られて、ふわっふわでした。
●信州サーモンの低温調理 新玉ねぎのエスプーマと黒にんにくのピュレ からすみ
いいバランスでした。
●スペイン ガリシア産の栗豚のラグーを詰めたトルテッリと2色のアスパラガス 燻製した卵黄ソース
白アスパラガスはソースで、緑アスパラガスはヴィネグレットソースで。
●メイン料理は魚と肉両方。
1)ひらすずきにムールと牡丹海老、サフラン風味のクリームソース
2)北海道産牛ほほ肉の煮込み そら豆のピュレ ヨーロッパのきのこ
●ティラミス
デセールというよりパティスリに見えるけれど、口に入ったらいつものティラミス。
●食後の飲み物は和紅茶を選択
●パットドゥフリュイとショコラ
*****************

●本日のアミューズ
・かぶらのスープ 温製
・(手前)ひよこ豆の生地に、うずらと菜の花マヨネーズソース和え
・カンノーロ(とうもろこし生地)中にリコッタのムース、上にピスタチオの砕いたの

●オリーヴオイルがプレゼンされて、パンが3種類供されました。

●木原章太さんキター\(^o^)/\(^o^)/ 安心安定、間違いなくおいしい「京都ネーゼ」で森博史さんの右腕だった人です。この人がいるから安心と思って出かけました。

●宮崎マンゴー、この健康的な色よ\(^o^)/\(^o^)/

●酢田恒一さん、料飲統括支配人です。生ハムを切りに来てくださいました。

●このハムカッター、車が買えるくらいのお値段なんだって。日本にまだ2台しかないんだって(*_*)(*_*)

●イタリア パルマ産19か月熟成生ハムと宮崎マンゴー、モッツァレラ

●ごく薄く切られて、ふわっふわっふわでした。塩気ほどよく旨味じんわり響いて、たまらなく美味と思いました。

●信州サーモンの低温調理 新玉ねぎのエスプーマと黒にんにくのピュレ からすみ
サーモンの食感心地よく、サラダたっぷり、下の新玉ねぎの泡ソースは甘みがあって、全部がいいバランスでした。

●スペイン ガリシア産の栗豚のラグーを詰めたトルテッリと2色のアスパラガス 燻製した卵黄ソース
白アスパラガスはソースで、緑アスパラガスはヴィネグレットソースで。

卵が濃い濃いの、そこに燻製香がついていて、これは旨いわたまわらんわww

●メイン料理は魚と肉両方。
1)ひらすずきにムールと牡丹海老、サフラン風味のクリームソース
ひらすずきの焼き加減が見事でした。

2)北海道産牛ほほ肉の煮込み そら豆のピュレ ヨーロッパのきのこ

ほぐほぐにほぐれる牛肉おいし。肉肉しい味わいだけでなく野菜の香味が肉の旨さを引き立ててとてもよかった(^o^)(^o^)

●木原章太さんと酢田恒一さん、よくしてくださいました\(^o^)/\(^o^)/

●ティラミス
デセールというよりパティスリに見えるけれど、口に入ればいつものティラミスです。

マスカルポーネのムース部分は硬くしっかりしたチーズケーキのように見えますが、やっとこさ形を保っているくらいの柔らかさ。

下のカフェ風味の生地はお酒も染みていて、これも実は非常に柔らかい。

上に極細の巻きショコラ。

リストランテならではのお菓子です。

●食後の飲み物は和紅茶を選択しました。

●添えられたのがパットドゥフリュイとショコラ。

●よい食材を使って丁寧に作られた料理、好感を持ちました。

おいしかったー(^o^)/ 会食にもいいと思います。
料理長の菱田雅己さん(中央)、副料理長の木原章太さん、緒方くもさん、サーヴィスの酢田恒一さん、写っていないけれど石井直毅さん、スタッフの皆さんありがとうございました。
次はクラブエリー6月の第3金曜に伺います。NHK文化センター講座の方は7月に。どうぞ楽しみに。\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「祇園にしむら」2019年5月のコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、5月の「祇園にしむら」さんに伺ったエリーでございます。

●胡麻豆腐でスタート、

●お椀は車海老と帆立のしんじょう、じゅんさいと。

●お造りはとろと鯛といか。このガラスのお皿出てきたら夏だなと。

●鯖寿司も夏仕様です。

●八寸は八木明さんのお皿で、
うすい豆の炊いたのの冷製/とり貝とたいらぎ貝、たたきおくら、温玉/焼きものはすずき/かぼちゃのコロッケ 鴨肉、椎茸入り。

●これは蛸です。やわらか煮、わたしはやっぱりあんまり要らない。ごめん。笑。

●鮎は甘酢あんと共に。

●焚き合わせは少し甘辛いつゆに浸った牛肉、下に賀茂茄子。万願寺唐辛子と。

●鯛のご飯に、とろろ。卵で風味づけしてあります。

●全部皮をはずしたデラウエアと、赤ワインのジュレ。あじさいのイメージで、3色の金平糖。

安心で楽しい「祇園にしむら」さん、今月もおいしかったーー\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ クラブエリー「京都 いと ito」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

5月14と15日、28と29日のお昼、合計4回、クラブエリーを「京都 いと ito」さんにお願いしました。

「京都 いと ito」さんの初回投稿はこちら
9席×4回で、合計36人で伺いました。
厳選の食材を使って、フランス料理の技法とプレゼンを和食に取り入れて作られたコース料理はダイナミックで華麗、
いやーすごかった、皆さんにものすごーく喜んでいただけました。\(^o^)/\(^o^)/
今回のコースは2万円だったのだけど、それは「お試しコース」らしい。その上の、本来の、5万円のコース食べたいという声が続出、11月に5万円のコースを2回設定したら一瞬で満席になりました( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
それで、ご案内するわたしもそれをいただいておかないわけにはいきませんから・・・5万円の予約を9月にいたしました。あわわわわ( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●料理長の大河原謙治さん、うなぎフォアグラご飯をプレゼンする之図です。

●北海道から連れて来てしまったフランス料理出身・副料理長の高橋広大さんと。とても息の合った様子でいいです(^o^)(^o^)

●以下、コースです。

●うなぎフォアグラごはんww

●とりわけ度肝を抜かれたのが、このお椀だったと思います。

きのこと鶏のコンソメに、バターでソテしたリ・ドゥ・ヴォー、焼き茄子。おくら、針ねぎ、胡椒、ふり柚子、きのこの泡。

●明石の鯛には、ふきのとう醤油と沖縄の塩「ぬちまーす」が添えられました。

●ときしらずの鮭をふわふわフロマージュとうすい豆ピュレで。

●雪下にんじんのすり流し、コンフィなど3種類の食べ方で。

●極太のアスパラガスに、極薄に削ったかつお節をまぶしつけたもの。

●悶絶旨かった、いかと大根漬けの海苔巻き、上からうに山盛り。

●ぐじ、下にカリフラワーソース、ここに緑の野菜のソースがかけられました。上に生ハム。

●あり得ないほど甘みのある5年ものの百合根(北海道・伊達農園さん)に、黒トリュフのソース。

●きゅうりはりはりで、口の中を一旦さっぱりさせます。

●ごぼうご飯の上から、焼いたうなぎと甘辛くしたフォアグラをのせてプレゼン、いまだかつてなかった締めご飯です。ほぼ全員の方がおかわりして召し上がっていました。

●デセールは酒粕のアイスクリーム、マンゴー、巻いたテュイルの中にショコラのクレームでした。

 

●左から、ゲスト出演の紺谷忠司さん、料理長の大河原謙治さん、副料理長の高橋広大さん。
スタッフの皆さんもありがとうございました。
次は8月開催、皆さんどうぞお楽しみに(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「室町和久傳」で驚いた天ぷら

■ 全国100万人の読者の皆さま、「室町和久傳」さんすばらしいと改めて思ったエリーでございます。今回も驚かされました。感動深かったです☆☆☆☆☆☆

●水晶茄子、明石のみる貝、アスパラガス、雲丹、酢味噌、花わさび、だしのジュレ。

ひたすらharmonieux、=「調和がよい」という言葉が頭の中で響きました。美しくてかんぺきな、前菜の一品。

●コース全部申し分なくおいしく、感じ入っていただきましたが、とりわけこれ、ベビーコーンを扇のように広げて、白海老と木の芽をのせてかき揚げみたいにしたのが、意表を突かれてほんとーーーにおいしかった。ベビーコーンのひげを生かして天ぷらにしたものは今までもいただいたことがありますが、今回のこれは初めての味でした。紙に包んではいと手渡されるのです。バリバリ、バリバリと食感心地よく香りよく、塩気ほどよくて旨いったらないのです。すごいすごいと思いながらいただきました。

●お椀はぐじとれんこん餅。

●お造りはあまてかれいとまぐろ。醤油と煎り酒。

●焼き茄子がエレガントでした。なんともなめらかでうっとりする口当たり。

●太刀魚、ふきの葉味噌をのせたものが香ばしくて旨味たっぷり、瞠目のおいしさでした。

●切り干し大根と芹、ぜんまい、椎茸、胡桃の和えたもの、胡麻たっぷり。

●手で目の前で切られた牛肉で、

●この季節定番の牛肉と花山椒の鍋仕立てです。

●まずはおだしに浸さず塩気だけでいただいて、

●2皿めでおだしひたひたでいただきました。

●繊細優美な舌ざわりは比類なく、おだしとよくなじんだ花山椒がぴりりとしながらも口当たりマイルドで旨かったあああ\(^o^)/\(^o^)/

牛コンソメスープベースで、おだしたまらなく美味。もちろん全飲みしました。

●照明直下でコントラストきつい写真でごめんなさいですが、ご飯プレゼンは須川吟志(ぎんじ)さん、かわいらしい。

●白ごはんにフレッシュへしこのおいしさも変わらず。申し分なく、理想的においしい。

●食後は宮崎マンゴーに白ワインジュレを合わせたもの。
いやもうほんとーーーに完璧なコースでした。
*****************

●そして、シドニーの「TETSUYA」の和久田哲也さんにお目にかかれて、こんな写真を撮りました(^o^)(^o^) 長年メディアを通してお顔を拝見していた方に、生でお会いできたと感激でガタガタ震えている料理人さん(笑)とまず一緒に写っていただきました。

●「室町和久傳」お店の前で、左から「リストランテ 野呂」野呂和美さん、「TETSUYA」の和久田哲也さん、「和久傳」松本進也さん。

ありがとうございました、とてもとてもよいお昼でした(^o^)/
室町和久傳」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろでオマール海老パスタ\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ に行ってきたエリーでございます。

「リストランテ 野呂」5月26日(日)20時半~、
先週予告だけでお腹いっぱいになってしまって食べられなかったオマール海老のパスタをしてもらいました。
賀茂茄子入りで、トマトソースも濃厚で旨旨旨でした。( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

*****************

●新玉ねぎと春キャベツのスープ
●「よこしまふえだい」という鯛、グリーンアスパラガスを茹でたの、えごま醤油
●賀茂茄子胡麻和え、牡丹海老炙り、雲丹、芽ねぎ

●黒毛和牛 ランプ肉のローストビーフ、宮崎マンゴー
●鱧と賀茂茄子のフライ マスカルポーネぽん酢
●そら豆フリット からすみの粉
●NC100、のろっちのコロッケ100、その8は、とうもろこしのコロッケ
●NP100、のろっちのパスタ100、その93は、オマール海老のスパゲッティ

●なんてこったのパンナコッタ プレーンミルク味

●ほうじ茶のセミフレッド

●黒豆茶

*****************

●新玉ねぎと春キャベツのスープ

●「よこしまふえだい」という鯛、グリーンアスパラガスを茹でたの、えごま醤油

●賀茂茄子胡麻和え、牡丹海老炙り、雲丹、芽ねぎ

●黒毛和牛、ランプ肉のローストビーフ、宮崎マンゴー

●鱧と賀茂茄子のフライ、添えられたのがものすごくよく合っていた、

●「山玄茶」増田さんごめんなさいのマスカルポーネぽん酢\(^o^)/\(^o^)/

(しかしイタリアン風に、ちゃんと乳化されている。)

●そら豆フリット、上からはらはらとからすみの粉

●コロッケ100、その8は、とうもろこしのコロッケ。甘い甘いの。

●NP100、のろっちのパスタその93は、オマール海老のスパゲッティ、賀茂茄子も。

 

●クロテッドクリーム味見から入った、

●なんてこったのパンナコッタ

 

●ほうじ茶のセミフレッド

●黒豆茶を飲んでごちそうさまでした。

(食中はペリエと白グラスワイン1杯)

●りすのろ今週も、おいしかったおいしかったおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆ 

また来週\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

食材と飲む量による。

前もっての予約でコースも可。税込み8千円から。

(スープ、旬の魚盛り、蟹クリームコロッケ、魚料理、肉料理、パスタ、デザート)
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■(カメラの話)LUMIX 復活です。

■ 全国100万人の読者の皆さま、カメラなしには日々がたちゆかないエリーでございます。

昨年10月のこの投稿の後、結局放置されドナドナの危機にもさらされたこのカメラを再び使い始めて、よいかも♪ と思っています。
●水面に浮かぶ鴨撮影専用の鴨カメラとか言ってたんだけど(自然光の望遠撮影にものすごく力を発揮する)、料理を撮るのにもまた使うかも。接写ができるから。
●基本キヤノンラヴァーなんですが、使いすぎてSX720HSが具合悪くなったことと、
今の日常カメラであるG7Xが、やっぱり接写に弱くて、もう我慢ならんようになって。
マクロモードにしてもぐいっとは寄れないし、さらに真っ白な豆腐はもちろん胡麻豆腐とか地味な色のパスタとかフロマージュ一面の料理など、皿の中で色のコントラストのない料理の時に極端に合焦してくれなくて、それがとてもストレスで。
●もちろん一眼レフを持ち歩いたらいいわけだけど、ミラーレスのMシリーズは軽いとはいえレンズも持つとやっぱり重いのと、起動がどうしてもコンパクトカメラほど激速にはいかないので、この頃外ではもっぱらコンパクトカメラを使うようになっています。

しばらくこのカメラでいきますが、やっぱりおなじみキヤノンから、センサー1型以上で、ぐぐっと接写できるコンパクトカメラが発売されることを心待ちにしています。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「セイボリー」自然光でデジュネ

■ 全国100万人の読者の皆さま、週末、自然光の入る窓際でデジュネをしたエリーでございます。

●八百一本館さんの3階の「SAVORY」です。

●お庭に面した席に座れたら、と思っていましたが、こんな小部屋が昨年できたと伺い、ここに入らせていただきました。PCを開いてもいいし、自由です(^o^)/

●ものすごく快適でした\(^o^)/\(^o^)/

●コースC 3800円を選択。前菜、野菜の一品、メイン、デセール、飲み物です。

●白アスパラガス、水茄子、ピクルス、スイスチャードに燻製オリーヴオイル、かつおの藁炙りにアボカドソース、いちごに生ハム、トマトとモッツァレラ、フォアグラとチェリー・・・などなど。ヴィネグレットソースは苺風味です。

●野菜たっぷりたっぷりの前菜に、

●うすい豆のロワイヤル仕立て、

●メインに牛フィレステーキを選択、

●味付け好きにどうぞと調味料が付きました。

塩炭焼き/トマト、パプリカ、コリアンダー、にんにくの、ロメスコソースのようなソース/醤油生姜(とろみもあり)/ドライトマトと鷹の爪オイル、胡桃のペースト。よいわこれ(^o^)

●食後には八百一本館が自社で京北で作っているというECOいちごのデセール。
とにかく野菜たっぷり食べられたぞー\(^o^)/\(^o^)/の満足感のあるコースでした。

●アイスティをいただきごちそうさまでした。

ひとりで1室使わせていただいたから、食中、ヴァンムスー1杯いただきました。

SAVORY」さん久しぶりに伺いましたがとてもよかったですー(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー夜「レクラ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、夜にもクラブエリーを開催するエリーでございます。

「MOTOÏ モトイ」さん2号店、竹屋町室町、洗練された洋食をいただける「L’eclat レクラ」さんでクラブエリー夜をやりました。

(ちなみに先日のモトイさんもすごくよかったので近々クラブエリーのお願いをと思っています。)

わたしは食事のことばっかり言うけれど、瀟洒なワインバーでもあります。
テーブルに16名でお邪魔しました。
海老フライ、ハンバーグ、オムライスと王道の洋食メニューを中心に組んでいただいたコースを楽しみました。わたしも着席して皆さんと一緒にいただきました。おいしかったー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
飲み物はアルコールとソフトドリンクの中から自由に選択、飲みたい方はワイン何杯も召し上がっていたし、お酒を飲まない方はソフトドリンクと食後の飲み物という風にしました。
飲む方飲まない方、いずれにも楽しんでいただけるクラブエリー夜です。
中村尚一郎さん、小栗英樹さん、スタッフの皆さんありがとうございました。参加してくださった方々にも御礼です<(_ _)>

●わかりやすいメニューを作ってくださって、喜びました\(^o^)/\(^o^)/

●石鯛、ものすごくおいしかったです。まるで昆布締めしたようにねっとり美味でした。

●とうもろこしの冷たいスープ、上品に甘くて理想的な味でした。

●海老フライに、ぎんぽうのフライというのがうれしかったです。ぎんぽうって「深町」さんのような東京の天ぷらやさんで何度か食べたと思う。

●平井牛のハンバーグ、3割くらいは豚肉も入っているそうです。これもまた理想的なハンバーグ。アスペルジュ ソヴァージュと。

●オムライスはここでマストです。3人でひとつを分けました。

●ミルフイユは生地サクサクでした。中にクレームアングレーズ。「ミルフィーユ」の表記だけはやめてとあらかじめお願いしたのでした(^o^)

●飲み物に関して、わたしはペリエにアンフュージョンの組み合わせでいただきました。

●クラブエリーはペリエ率が高いのです。

一方で酒豪も何名かいらっしゃるけれど。笑。

●皆さんありがとう、おいしそうに召し上がってくださって、楽しく盛り上がってくださって助かりました(^o^)(^o^)/

おかげで今回もうまくいきました。皆さんに御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

「レクラ」さん前回のアップはこちら

また伺います(^o^)/

*****************

「L’éclat レクラ」

電話 075-222-1256

京都市中京区竹屋町通室町西入ル北側

夜のみ営業、月曜休み。料理は17時~21時LO、その後バータイム。

全席禁煙

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー「おたぎ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告です。

5月23日(木)昼、クラブエリー@鷹ケ峯の「おたぎ」さん。
開催3回めです。ますます人気です\(^o^)/\(^o^)/
カウンター8席、テーブル8席にお邪魔しました。

●馬場一彰さんと一子さん、スタッフの皆さんに御礼です<(_ _)>
参加者の皆さんもありがとうー(^o^)/
●しかしこれだけ召し上がったのに、4名の強者が、お腹いっぱいいっぱいと言いながら連れ立ってこの後甘味を食べに行かれたのには驚いた( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

これを召し上がったようです。実にちょうどいい、半々サイズセットね。
健啖家揃いのクラブエリーです。

★次のクラブエリー@「おたぎ」さん7月18日(木)にお願いしています。あと何名かお入りいただけます。どうぞいらしてください\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「おたぎ」電話 075-492-1771

京都市北区鷹峯土天井町18
17:30~20:00LO
毎週水曜休み、

第一土曜日と日曜日休み

2012年7月12日、北大路駅近くで開店

2018年8月23日現在地に開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ ホテルヴィスキオ京都 by GRANVIAの朝食

■ 全国100万人の読者の皆さま、ひとつ前の投稿に続きます。ホテルグランヴィア京都さん運営のホテルヴィスキオ京都 by GRANVIAに22日~23日に試泊させていただき、レストラン「ヴィスキオガーデン」の朝食をいただいたエリーでございます。

JR西日本ホテルズ総料理長の佐藤伸二さん監修のメニューということです。

なんと2000円(+税。サーヴィス料は不要)で品数豊富。すごかったですww
180席以上、ビュフェ式、和食洋食合わせて100種類以上のお料理がずらりと並んで壮観でした。
作りたて感がよくわかって(まだ残っていても、どんどんできたてと差し替えていた)、ビュフェ台も常に掃除されていて清潔、あれこれいただきたーい\(^o^)/と思わせました。

焼きたてのステーキやらクリームをサクサクのパイに流し込むヴォロヴァン(vol au vent)やらいただきました。
他に生麩と里芋の白味噌グラタンやら(いただかなかったけれど)フォアグラバーガーなどもあって、驚かそう、楽しませようという心遣いがぐいぐい伝わってきました。
野菜もただ切ったのが並んでいるのではなく、和えたり合わせたりしたものが何種類も。野菜をたっぷり摂取できて満足感がありました。
ご飯の、量に応じて自動的に出てくるマシンも画期的と思いました・・・白ご飯、玄米とあり、別のお鍋にはお粥もあり、カレーがあったからもちろんそれをいただき、しかしその向こうにあった、粕汁ラーメンにはたどりつけず。
わたしの胃では、ほんのさわりしかいただけませんでしたが、充実ぶりはよーーーくわかりました。

これでお値段2000円って(*_*)(*_*)
宿泊客だけでなく外来OKとのこと。
時間は7時オープン、9時半LO・10時まで。
開業は5月30日です。

●「ヴィスキオガーデン」シェフの八橋徹さん

●「ヴィスキオガーデン」支配人の江﨑真二さん。

かつて「ラ・リサータ」でお世話になりました<(_ _)>
●「ヴィスキオガーデン」の朝食、これからはやります。京都駅八条口から、ずらずらーっと行列できるかもと思ったのでした\(^o^)/\(^o^)/
皆さまありがとうございました<(_ _)>

ホテルヴィスキオ京都 by GRANVIA

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ ホテルヴィスキオ京都 by GRANVIA

■ 全国100万人の読者の皆さま、5月22日から23日朝にかけて、新しいホテルの内覧と試泊に出かけたエリーでございます。

ホテルグランヴィア京都さんが運営する、
ホテルヴィスキオ京都 by GRANVIA、5月30日(木)に開業です。

●場所は京都駅八条口から出たらすぐ。
宿泊に特化したホテルです。レストランはあるけれどメインは朝食で昼営業はなし、夕食も簡単な感じ。

●喫茶ができるカフェやサロンもありません。ホテルらしいショップなんかもないの。よくここまで徹底したなあと驚くほどシンプルです。

●広々して、無駄なものがなくてすかーっとしています。

お部屋はこんなです。

●部屋も、シモンズのベッドが入っているけれど必要最小限の広さという感じ。デスクもなく、ノートPCをやっとこさ置ける程度の大きさのテーブルがあるだけ。

小さな冷蔵庫や湯沸かしポットはありますが、ティーバッグなんかは1階フロント横の「アメニティバー」で欲しいだけ取ってね式です。

●この物理的な目覚まし時計、壁に埋め込みのデジタル式ではなくて、とても好きでした。

●部屋にデスクがない分、宿泊客が使えるラウンジというスペースがあり、wi-fiも使えて仕事ができるようになっています。美しい本や観光情報資料の閲覧もできます。くつろげるソファやテーブルもありました。

●しばらくここを使わせていただきました。集中できてよかったです。

●飲み物がいろいろ揃っていてご自由にどうぞなのもうれしい。(ココア、カプチーノ、京番茶と飲ませていただきました。)

他に施設としては大浴場やフィットネスルームもありました。

●JR西日本ホテルズ総料理長にして常務取締役、ホテルヴィスキオ京都運営部長の佐藤伸二さん(中央)、広報の今村克二さん、大阪のホテルグランヴィアとホテルヴィスキオからの高田佳江さん、ありがとうございます(^o^)/

●佐藤伸二さんは、フランス農事功労賞シュヴァリエ受章、大阪府技能顕功章受章、厚生労働大臣表彰など、受賞歴も多数おありです。

●ちなみにイタリア語のヴィスキオとはやどりぎという意味。マークもやどりをイメージしたもの、部屋のじゅうたんもやどりぎ模様でした。

次の投稿で朝食の報告をいたします。
*****************
ホテルヴィスキオ京都 by GRANVIA
電話 075-280-0055
京都市南区東九条上殿田町44-1
●全423室、全室禁煙。
●21.5㎡~43.6㎡の7タイプで、35000円~55000円
*****************
*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「京都和久傳」初夏の夜のコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、わりと最近のある夜、ジェイアール京都伊勢丹の「京都和久傳」さんに伺ったエリーでございます。

木山義朗さん独立後、行きます行きますと言い続けて伺っていなかったのです。ごく近くまで来たこの日、この機会に行かないでいられるだろうか?(いいや行かないではいられない。)直前(2分前)に予約の電話をして伺いました。
「茜」というコースにしました。名前もよいし♪

●朴葉があしらわれてお造りが登場。

●かつお炙り、あおりいか、ひらまさ。青ずいき。

●お椀はとり貝、秋田のじゅんさい、玉子豆腐。しみじみおいし。

●琵琶湖の若鮎の塩焼き、たでソースと。

●うすい豆と帆立のかき揚げ、ヤングコーンの天ぷら。

●きゅうりやくらげの和えもの、胡麻たっぷりで。

●京鴨(脂取ってもらっています)と賀茂茄子炊き合わせ、たっぷりの花山椒と。これおいしかった☆☆☆

●鯛の黒寿司を選択。

●宮崎マンゴーとさくらんぼ。

●最後に看板菓子の西湖。

●お薄をいただきご馳走さまでした<(_ _)>

おいしかったですー\(^o^)/\(^o^)/
とりわけ、お椀(とり貝、じゅんさい、玉子豆腐)と、賀茂茄子と京鴨に花山椒をのせた炊き合わせに心を奪われました。
鯛のお寿司を久しぶりにいただいたけれど、やっぱり好きだわー。
宮崎マンゴー甘い甘い(^o^)(^o^)☆☆☆
人生もこうあってほしいものだ\(^o^)/\(^o^)/
20時過ぎに伺いましたが、はやっていました。連休中なんてお昼4回転近くした日もあったとか。昼だけでお客さま200人入られたということ・・・ほんとすごいです<(_ _)><(_ _)>

●木山さんの後、こちらの料理長をつとめられる小川大輔さん(左)と、先日まで「室町和久傳」にいらした上杉謙信・・・ではない、長野(ちょうの)謙信さん。元自衛隊で、クラブエリーのマダムたちにも大人気だった謙信さんです。

のびのびしていました。よかった(^o^)(^o^)/

●小川さん、写真に写ってくださいました\(^o^)/\(^o^)/

●こちらは上北翔平さん。カウンターで謙信さんと共に優しくお相手してくださいました(^o^)

●夜のラインナップはこんなです。

●「京都和久傳」さん、ほどよいお料理、楽しい時間でした。また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ クラブエリー「草喰なかひがし」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

5月21日(火)クラブエリーを「草喰なかひがし」さんにお願いしました。

●木村英輝さんの手になる鯉の絵の、5月らしいのれんです。

 

●カウンターに13名で伺いました。

コースから、写真抜粋です。

●オプションで+1000円で作っていただけるご飯です。


●今回も大好評で、ほんとよかった\(^o^)/\(^o^)/
草喰なかひがし」中東久雄さん、仁子さん、スタッフの皆さんに御礼申し上げます。
参加者の皆さんにも感謝<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「日本料理 とくを」初夏の一品

■ 全国100万人の読者の皆さま、とくをさん大好きなエリーでございます。

先日もクラブエリーでお世話になった、「日本料理 とくを」さん、その時のメニューの一部もいただいて満足。

「ガラガラだー」とFBで騒いでいたけれど、またしてもガラガラ詐欺で、お店はわんわん賑わっていました。
改めてしんじられない徳尾真次さんということです\(^o^)/\(^o^)/

●先付3点盛り。まぐろのしぐれ煮、万願寺とうがらし焼き浸し、しらす。

●生と、少しあぶって甘くしたとり貝の食べ較べ。白海老も。ピンク色の塩は、ヒマラヤの塩。

●バリバリに焼いた鮎などほんとーにおいしかったです。

●賀茂茄子海老そぼろ、夏の定番です。

●とうもろこしと枝豆のかき揚げも、もうこの季節かーという感じで喜びました。

●締めに鉄火丼をいただきましたが、

●となりのお客さまが強烈で、うな鉄=うなぎと鉄火のせたご飯を召し上がっていました( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) 徳尾さん何でもしてくださるの、優しいです、カウンター割烹サイコーです。このお客さま、初対面でしたがわたしのサイトの読者でいてくださった方ということで、それで写真を撮らせていただいたりワイン1杯いただいたりしました。感謝です<(_ _)><(_ _)>

●デセールに、抹茶アフォガートをいただきました。
おいしかったおいしかったおいしかったー\(^o^)/\(^o^)/

日本料理 とくを」さん、また伺います。

★★★JEUGIA講座@「日本料理 とくを」さん、10月16日(水)お昼に決まりました。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー「東山 吉寿」5月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

5月20日(月)クラブエリー@「東山 吉寿」さん、先日の朝日カルチャーセンター講座も大変好評だったので、今回も楽しみに伺いました。

こちらのお店、
プレゼンはハデハデだが味は繊細優美で確か、
チャラいようだが心遣い細やかで安心。

訪れることが、とにかく楽しい\(^o^)/\(^o^)/

●5月のテーマは中華です。

●普通のお造りに見えますが、添えられたのは醤油ではなく、大葉、胡麻油で炒めた白ねぎ、松の実入りのたれで、一気に中華風のお刺身になりました。

●デセールには、バルサミコならぬ、黒酢をかけたアイスクリームと白アスパラガスでした。素材は白かったけれど、玉虫色に光るお皿で、最後まで華やかでした。

●参加者の誕生日を祝ってくださいました。
店主の鈴木吉寿さん、スタッフの皆さんありがとう。
参加者の皆さんもありがとうございました\(^o^)/\(^o^)/

●来月6月のテーマはイタリアン、7月はうなぎ、8月はフレンチ、9月は和食(笑)だそうです。

来月のクラブエリー@「東山 吉寿」さんは6月3日(月)開催。残席少しあります。どうぞお申し込みください(^o^)/

*****************

「東山 吉寿(ひがしやま よしひさ)」

電話 075-748-1216
京都市東山区妙法院前側町422番地

(東山七条の交差点より少し北を、西へ入ってすぐ)
昼夜営業、火曜休み

昼 6000円(税サ込み)~
夜 16000円(税サ別)~
カウンター10席、個室6席 全席禁煙

要予約

2018年9月1日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ パティスリー「LAMARCK ラマルク」

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店ご紹介のエリーでございます。

●吉田達哉さんのパティスリ、5月1日開店の「LAMARCK ラマルク」さんに行ってきましたー\(^o^)/\(^o^)/ 
ほんとーによかった\(^o^)/\(^o^)/
●吉田達哉さんはキャリアの初めにホテルグランヴィア京都に5年半いらして、一時は(今はない)「ラ・リサータ」にもいらしたと。

その後フランスでモンペリエやパリで2年半修業(ちなみの店名の「ラマルク」はパリで暮らしたところがラマルク通りにあったからということ)、帰国後は大阪の「ケ・モンテベロ」などで修業、先日5月1日に独立開店なさいました。
わたしは 2017年10月に「パティスリー S」さんでのろっちの紹介でお目にかかり、楽しい方だーと思っていましたが、
(この時ね↓↓↓)
https://www.erisekiya.com/2017/10/14869
この時はまさか京都で独立されるとは思っていませんでした。
●すっきりシンプルで瀟洒な店内、窓際には3テーブル・6席あって、その場でお菓子をいただけるのがいいです。

手前がマダムの典子さんです。
●箱に入ったのが購入したもの(全種類ひとつずつ予約していた)、

●サロンでいただいたのは午後にもうほとんどが売り切れになっていて3種類のみ。クレームが、ビスキュイが、シュー皮が、中のフルーツが、つまり何もかもが、ほんとーーーーーーにおいしいと思いました。
●さらに焼き菓子のおいしさも際立っています。洋酒が使われて粋な味、ショコラのケイクも止まらなかったです。

●噂をしていたら現われたー(^o^)(^o^)

●かつて半年間くらい「ラ・リサータ」にいたという吉田達哉さんと、そこでシェフだったのろっち=現在「リストランテ 野呂」の野呂和美さん。フランスとイタリア友好之図です。
のろっちいわく、とても仕事がしやすくて、よくできる人だったとのこと。
「LAMARCK ラマルク」さん、また伺います(^o^)(^o^)/☆☆☆
*****************
「LAMARCK ラマルク」
電話 075-496-8548
京都市上京区新町通今出川から50メートルほど下ル西側
10:00~19:00 火曜水曜休み
サロン6席
2019年5月1日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ りすのろで、賀茂茄子賀茂茄子!

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ に行ってきたエリーでございます。
「リストランテ 野呂」5月19日(日)20時30分~。

賀茂茄子たっぷりお願いとオーダーしておいた夜です。
●予告でオマール海老を見せられて、期待しないでいられただろうか?(いいやいられはしなかった。)
しかし、まずは予定通りに賀茂茄子賀茂茄子賀茂茄子で。
*****************
●新玉ねぎの冷たいスープ
●天然かんぱち、下に熱い賀茂茄子揚げひたし、トマト
●はがつお、下に賀茂茄子胡麻和え、上に豆苗、茗荷、青芽紫蘇
●グリーンアスパラガスのフリット
●賀茂茄子フリット からすみ粉、木の芽
●かますのフリット、塩麴とトマトのソース
●コロッケ100、その7は、ほたるいかといげんのクリームコロッケ、水茄子とアンディーヴのバジルソース和え
●(ここでパスタのはずが、オマール海老のはずが、お腹いっぱいに( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;))
●ドルチェはフォルマッジョのパンナコッタ。
●飲み物はペリエと白ワイン1グラス。
*****************
●新玉ねぎの冷たいスープ
●天然かんぱち、下に熱い賀茂茄子揚げひたし、トマト
●はがつお、下に賀茂茄子胡麻和え、上に豆苗、茗荷、青芽紫蘇
●グリーンアスパラガスのフリット
●賀茂茄子フリット からすみ粉、木の芽
●かますのフリット、塩麴とトマトのソース
●コロッケ100、その7は、ほたるいかといげんのクリームコロッケ、水茄子とアンディーヴのバジルソース和え
(ここでパスタのはずが、オマール海老のはずが、お腹いっぱいに( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;))
●ドルチェはフォルマッジョのパンナコッタ。これ美味強烈だったのでした。
●飲み物はペリエと白ワイン1グラス。

●パスタなしの週となったけれど、それでもおいしかったおいしかったおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
りすのろ、また来週(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

食材と飲む量による。

前もっての予約でコースも可。税込み8千円から。

(スープ、旬の魚盛り、蟹クリームコロッケ、魚料理、肉料理、パスタ、デザート)
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろで、賀茂茄子スタート

■ 全国100万人の読者の皆さま、アップ遅くなりましたが りすのろ の、1週間前の記録です。ごめん。
「リストランテ 野呂」、5月12日(日)20時45分くらい~。
●河北さんの賀茂茄子入荷\(^o^)/\(^o^)/ということで、賀茂茄子とトマトたっぷりのパスタなど、賀茂茄子を味わう料理をしてもらいました。

*****************
●新玉ねぎと黄色トマトのスープ 冷製
●茹でたてグリーンアスパラガス
●かますとグリーンアスパラガス(温製)
●牡丹海老昆布締めと賀茂茄子揚げたの
●コロッケ あさりとアスパラガス
●添えられたのが、あさりだしと雲丹ソース
コロッケの後、ここに甘鯛、炙りかますを浸して食べた。
●宗田かつおのたたき、下は芹を炊いたの、上にのびる。
●うめいろ という魚 梅肉入り焦がしバターソース
ドライにした青梗菜
●のろっちのパスタその92 賀茂茄子とトマトトマトトマト
●セミフレッドはアーモンド、
●セミフレッドもうひとつ、抹茶。
●飲んだのはペリエ、白ワイン1グラス、黒豆茶。
*****************

●新玉ねぎと黄色トマトのスープ 冷製
●茹でたてグリーンアスパラガスを塩とオイルだけで。
●かますとグリーンアスパラガス(温製)
●牡丹海老昆布締めと賀茂茄子揚げたの
●コロッケ あさりとアスパラガス

旨いったらないのです。( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) これはコロッケその6。

このままで十分に旨いのに、さらにあさりと雲丹ソースが出てきて、これに浸して味わえと。
●添えられた、あさりだしと雲丹ソース
コロッケを浸して食べ、

●ソースが残ったら、すかさず甘鯛やら炙りかますやら出してきて、ひたひたにして食べろと。
息つく間もないほど旨いというの( ̄○ ̄;)
どこまで旨いもの責めにするのか。( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
●宗田かつおのたたき、下は芹を炊いたの、上にのびる。
●うめいろ という魚 梅肉入り焦がしバターソース
ドライにした青梗菜
●NP100、のろっちのパスタ100 その92 賀茂茄子とトマトトマトトマト
●セミフレッドはアーモンド、
●セミフレッドもうひとつ、抹茶。
●飲んだのはペリエ、白ワイン1グラス、黒豆茶。
●りすのろ今回も、おいしかったおいしかったおいしかった\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

食材と飲む量による。

前もっての予約でコースも可。税込み8千円から。

(スープ、旬の魚盛り、蟹クリームコロッケ、魚料理、肉料理、パスタ、デザート)
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「肉料理 かなえ」で肉肉肉

■ 全国100万人の読者の皆さま、写真溜め過ぎて発狂しそうなエリーでございます。( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

家で目の開いている時間は全部PCの前にいるんだが、常にあふれている人生です。あわわわわ。
そのわりにいつも機嫌がよいのは、しばしば旨いものを食べているから、そして次に何食べに行こうか考えているからだと思います。
●週末のある晩、あけーみ=稀代のコンシエルジュ小山明美に連れられて、「京洛肉料理 かなえ」さんへ。木屋町通御池上ル、「割烹 竹うち」さんと同じ建物です。1階奥にお店があります。
肉肉肉よ。なるほど肉食女あけーみが好きそうな店だわ。
●店主の榊原善史さんは25歳ということ。若い\(^o^)/ 肉の名店「安参」のお孫さんで、祇園の「いっしん」さんでも修業されたとのこと。

お客さまがみっちり入っていましたが、どんどんお料理出ていいテンポ、ばちっと決まっておいしいし、これははやるわ\(^o^)/\(^o^)/

●生ものはローストビーフ以外はほんとんどあけーみが食べて、わたしはタンシチューやテールスープや焼き物をいただきました。最後に肉茶漬けね。飲んだのはペリエ。お会計ひとり12000円くらい。女将の名前がかなえさんといって、きれいで感じのいい方でした。
価値がありましたー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
*****************
「京洛肉料理 かなえ」
電話 075-256-5220
京都市中京区木屋町通御池上ル ア・カーザ木屋町102
18:00~22:00LO 木曜休み
2018年11月25日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー「日本料理 とくを」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告です。

5月17日(金)クラブエリー第3金曜を「日本料理 とくを」さんにお願いしました。

いつも大好評な「日本料理 とくを」さんです。

●こんな献立でした。

以下写真抜粋で、

●先付3点盛り

●とりわけこれ、感動したの声が多かった、初かつお焼霜造り。和歌山のケンケン鰹・・・正確にはケンケン釣りをした、しょらさん鰹 というのだそうです。

●琵琶湖の子鮎の塩焼き

●南瓜ヴィシソワーズに、

●締めご飯にはカレーをしてくださいました\(^o^)/\(^o^)/

カレーに肉入り、というのではなく、ほぐほぐの和牛のかたまりがカレーになっている、みたいな贅沢なカレーでした。夏野菜のソテがのせられて彩りも美しく、ほんとーーーーにおいしかった\(^o^)/\(^o^)/

●「日本料理 とくを」徳尾真次さん、小百合さんありがとうございました。
スタッフの皆さんにも感謝<(_ _)> 参加者の皆さんにも御礼申し上げます。
毎回皆さんが大喜びしてくださいますから、季節ごとまたお願いしたいと思っています。

★★★JEUGIA講座@「日本料理 とくを」さん、10月16日(水)お昼に決まりました。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「招福亭」の茶そば鮮やか

■ 全国100万人の読者の皆さま、抹茶風味のもの、抹茶色の食べものが大好きなエリーでございます。

●先日急に暑くなった日、茶蕎麦を使った、夏の冷たい麺です。
冷し天ぷらそば、840円。

天ぷらは揚げたてでサクサクサク、

この時の気分にぴたりと合って、おいしかったなああ(^o^)(^o^)/

●大好き「招福亭」さんです。

詳しい投稿はこちらをどうぞ

*****************
「招福亭」電話 075-351-6111
京都市下京区新町通六条西南角
11:00~20:00少し前LO、20:00閉店、年中無休。
全席禁煙

2016年10月3日 移転オープン
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「カレープラント」でこんな限定カレー

■ 全国100万人の読者の皆さま、こんなカレーを楽しんできたエリーでございます。

●四条烏丸からほど近くにあるカレー専門店「カレープラント」さん(初出はこれ)、1周年記念で、楽しいコラボカレーイヴェントが始まりました。

本日5月17日(金)から100食限定で、「カレープラント」さんの定番カレーと人気店のシェフの合いがけカレーがいただけます。
●第1回が、わがりすのろ、「リストランテ 野呂」野呂和美さん、のろっちのカレーです\(^o^)/\(^o^)/
のろっちが青森から東京に出て、まず修業に入った「山の上ホテル」のカレーの再現ということで、粋なカレーがいただけました。フルーティなようで後からスパイスがじわっと感じられて、とてもよかった\(^o^)/\(^o^)/
わたしも(のろっちと時期は全く違うけれど)東京・千代田区神田駿河台の山の上ホテルにはものすごーく通った時期があり(アテネフランセにもフランス語の勉強に猛烈に通ったし)、懐かしくてしょうがない味でした。

●メニューはこんなでした。

●スプーンに、壁のグリーンが写り込んでいてごめん<(_ _)>

口当たりなめらか、香りよし味よしで理想的でした。

●今回あいがけにしたのは、山の上ホテルカレーとは明らかな差異をつけるべく、魚介グリーンカレー。
●そして食後に「濃厚プリン」をいただきました。カルダモン入りの香りのよいプリンでした。
コラボカレーは限定100食ということで、すでに本日初日に30ほど出たということ。ということは、土日で完全になくなりますね・・・食べたい方は急ぎましょう\(^o^)/\(^o^)/

●「カレープラント」さん、四条烏丸からも近く、便利な場所です。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ 5月13~17日の1週間は・・・

■ 全国100万人の読者の皆さま、今週も毎日みっちり、クラブエリーか講座か何かをしていたエリーでございます。今週のクラブエリーは、

5月14日(火)、5月15日(水)の「京都 いと ito」さんで始まりました。華麗でオリジナリティあふれる料理で盛大に盛り上がりました。2万円超えの会だったけれど毎回9席が一瞬で埋まり、今月の最終週にあとまだ2回お願いしています。あまつさえ、秋には「5万円コースやりましょう\(^o^)/」と盛り上がって実施することになり・・・すごいわー大河原謙治さん。ダイナミックだわ自由だわ楽しいわ\(^o^)/\(^o^)/ 詳細改めて。

5月16日(木)はNHK文化センター講座で、少し久しぶりの「白川たむら」さんへ。細やかなお料理を楽しんでいただきました。もうもうもう、お手間がすごかったのです。食材の要素が多様で小道具も多く、創意工夫に満ちたコースでした。詳細改めて。

5月17日(金)はクラブエリー第3金曜でおなじみ「日本料理 とくを」さんへ。安定、安心、いい雰囲気\(^o^)/\(^o^)/

●これは「日本料理 とくを」さん締めご飯の、和牛のかたまりみたいな贅沢なカレー。ふだんのメニューにはないもので、クラブエリースペシャルです。

夏野菜のソテのせて彩りも美しく、ほんとーーーーにおいしくいただきました\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
コースの詳細は改めて。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ NHK文化センター講座「白川たむら」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

さかのぼって、5月16日(木)のNHK文化センター講座(いつもは第1木曜、連休のため第3木曜に開催)は「白川たむら」さんにお世話になりました。

細やかな、お手間入りのコースをいただきました<(_ _)>

●京都産ポークの豚角煮とフルーツトマトのハンバーガー、自家製ジンジャエールと。

●花びらを敷いたお皿にガラスの小鳥、3種類のレーズンと熟成チーズをまとわせたチーズボール

にんじんの冷たいフラン、根パセリのソース

●お椀は、五島列島のぐじ、胡麻豆腐、大黒しめじ、三田の天然じゅんさい

●和歌山県勝浦の初鰹たたき

 

●お造りのパフェ

●稚鮎の天ぷら

●淡路島の天然鯛、うすいえんどう豆のあんかけ

 

●塚原の筍、木の芽焼き

●焼きとうもろこしご飯

●赤だしとお漬物

 

●デセール5種、ヘーゼルナッツのフィナンシエ、シュークリーム、いちご、ショコラのムースにレモンのクレーム、日本酒のジュレ、新茶のアイスクリーム。

●「白川たむら」田村尚重さんお世話になりました<(_ _)>

次はクラブエリー第3金曜、8月の予定です。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「月ヶ瀬」夏仕様、半々サイズ☆☆☆

■ 全国100万人の読者の皆さま、和甘味大好きなエリーでございます。

●「月ヶ瀬」さんの堺町店でいただいた、抹茶クリームみつ豆です。
これはカスタマイズみつ豆で、抹茶蜜をかけてもらっています。
かき氷スタートと共に(=宇治氷の登場と共に)お願いできるメニューです。

●そしてこちらはまた違う日にいただいたもの。
かき氷とみつ豆、ハーフ&ハーフです。

宇治しるこ。しるこ=こしあんです。
このなめらーかなこしあん、ピュレダズキ(purée d’azuki)ね。美しいのうと愛でながら食べています。

●これね。

氷のサイズ、これくらいがちょうどよくて食べやすいと思います。\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
月ヶ瀬」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「うめぞの」の宇治氷

■ 全国100万人の読者の皆さま、蛸薬師通りの「うめぞの」さんに伺ったエリーでございます。5月初めにしてすでに気温30℃くらいの午後に、これを食べずにいられただろうか?(いいやいられはしなかった。)

●「宇治みるく」=抹茶シロップ+練乳です。わたしは今年の初氷でしたが、「うめぞの」さんにおいては4月末から氷メニューをすでにスタートしていたとのこと。

実にさわやーか、気分爽快になりました。おかげで帰宅後メラメラ頑張れました。

うめぞの」さん、また伺います。

夜は夜で旨い肉の店に行ったのよ。それはまた改めて(^o^)(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「熙怡 kii キイ」開店

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店ご紹介のエリーでございます。

●2019年5月10日開店「熙怡 kii(きい)」。

中書島の「センプリチェ」が京都の街なかに移転、店名も新たにしてのスタートです。

(「センプリチェ」は2013年3月1日に開店、2019年3月29日まで営業。)

「センプリチェ」のままでよかったのにー!とわたしなどは思うのですが、店主の西山哲平さんいわく、「自分の作る料理はもはやイタリア料理ではなくなっていて、だからイタリア語の名前はやめたかった。」と。

それで、新しい店名「熙怡(きい)」は吉語、つまり縁起のいい言葉から取ったというのです。「熙」も「怡」も、輝くとか楽しむとかなごやかといった意味。とても書けない漢字だけど、この際「熙怡」という言葉を覚えることにいたしましょう。

●西山哲平さんは、自分の料理のことを「イタリアンをベースにしたオリジナルな料理」と表現されます。ほとんど和食のようとも思いますが、「バター使っても誰にも怒られない」って。

●けれど本当の和食になってしまわないよう、決して醤油、味噌、みりん、酒は使わないともおっしゃっていました。

●もみの木のカウンターに6席。貸し切り時などは7席。

●古い町家を大掛かりにリノヴェーションされています。階段や柱や坪庭や天井の高さや、いろいろな制約の中から割り出されたインテリアということ。上手に造られたなと思いました。

●あらかじめセットされたメニューはこんな。

以下、15000円(税別・サなし)のコースです。

日本の炭酸水と、グラスワイン1杯と共にいただきました。

●「本日の魚介 トマトとキウイ」とさらっとあるけれど、これ見ただけではこの味、想像もできません。

スープです。ホタテ貝と「そい」の昆布締め、トマトの透明のだしに、キウイも形がないけれど、はっきりした香味を与えていました。木の芽。

 

●豆とカヴィア。豆はスナップえんどうの中身(大きいw)。カヴィアは「ニコライキャビア Tsar Nicoulai Caviar」というもので、塩味マイルドです。

浸っているスープが、スナップえんどうの皮から取っただしということ。加えたのは塩だけということ。非常に美味でした。

「できるだけシンプルな工程で作りたい。素材そのものの味を出したい。」と哲平さん。

●舞鶴のとり貝、特大。たたいた蕨の甘酢漬け。にんにくの芽のジェラートが底にしのばせてあって、混ぜもっていただきます。

大好きなとり貝、人生で食べた中でこれは最大のものだったと思います。

●ルッコラと水菜のサラダ、新じゃがのクリーム、上からマンゴーとレモンのソルベ。

底に野菜いろいろで、菜の花、うまい菜、たらの芽、筍、破竹、いちご、夏みかん、あやめ雪(かぶら)。

口の中が万華鏡になったみたいな感じがする、楽しいお皿。

●春キャベツのラヴィオリ、玉ねぎのソース、天草の赤雲丹

キャベツは牛乳とカシューナッツと共にピュレ状にして3日かけて脱水して凝縮した味を出したとのこと。玉ねぎソースは玉ねぎから透明なだしを取り、昆布と合わせてあるとのこと。

いただくのは一瞬ですが、ものすごいお手間がかかっています。

洗練の味でした。ラヴィオリとソースだけでもおいしいのに、赤雲丹がまた天国の味でした。

●「中勢以」さんの但馬牛の熟成肉、「くり」の部分の炭火焼きに、セミドライトマト、ヨーグルトのホエイのソース、青柚子の香り。

この肉の、じわりじわりと旨かったこと。赤身好きだわ<(_ _)><(_ _)>

●スープはまながつお、そうめん状に切った長芋、三つ葉のペースト、クレソン。だしはあこや貝から取ったということ。あこや貝とは真珠を作るために作られる貝ですね。すごくいいだしが出るということ。開けた時にパールが入っていることはないんだって。あっても非常に小粒で、宝飾品として使えるようなものではないらしいです。

以下追記です。

ちなみに器はごくごく軽くて、漆器ながら、木ではなくて布に漆を塗って作られた漆器(乾漆という技法)ということでした。

輪島の安西淳さんという作家さんのもの。乾漆は一般的には麻の布が使われることが多いけれど、この方の場合、より薄く仕上げたいということで綿の布を使われているということでした。

以上、初めはよく確かめないままに(すみません)、「紙の上に漆を塗った器」などと書いていましたが、北区紫野の、漆器を専門的に扱われる「GALLERYやなせ」さんからご指摘いただき教えていただきました<(_ _)><(_ _)>

●太刀魚の炭火焼き。新ごぼう、胡桃と。木の芽、ミントと。

太刀魚は串本1本釣りとのこと。

ごぼうと胡桃は塩と砂糖で炒めている。これは木の漆器。

太刀魚が、ほんとーーーにおいしかった上に、ごぼうの香り、胡桃の食感が心地いいお皿でした。

●パスタは2種類から選択、あるいは2種類ともいただくのも可能で、

小サイズ、ほんのひと口ずつで、トマトのパスタと、ほたるいかのパスタ。

ほたるいかは3日間かけて水分を抜き、旨味を凝縮させているとのこと。

ここまでのすべて、理想的に美味と思いながらいただきました。

食材の組み合わせがおもしろく、何もかもほどよく、ものすごくおいしかったです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●デセールは、和三盆クッキーを崩したものに、ヨーグルトソルベ、柑橘のソルベ、ライムの皮をおろしたもの。

粋な味のデセールと頭では思うけれど、わたしにはこれは要らなかったです。酸いデセールはわたしは要らん(ごめん)。酸いのは人生だけでいい( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) といつも言ってます。

でもほぐほぐとほぐれる和三盆クッキーはすごくおいしかった。ショコラと合わせて食べたらおいしいだろう\(^o^)/\(^o^)/

●小菓子に、ショコラとねっとりしたプリン。これが理想的なデセールです。

ショコラはキウイで巻いて供すらしいですが、わたしはショコラはショコラでいただきたいことをわかっていただき・・・<(_ _)><(_ _)>

●紅茶をいただきご馳走さまでした<(_ _)><(_ _)>

深く満足したコースでした。

●仏光寺通、烏丸と室町の間にある、南向きの路地にあります。

●細い路地、自転車乗り入れは厳禁ということです。奥には大人気のまん丸いたい焼き屋さんがあります。

「きい」さん、また伺います。クラブエリーの皆さんもどうぞ楽しみに(^o^)/

*****************

「熙怡(きい)」

電話 090-7098-4392

京都市下京区釘隠町242

(下京区 仏光寺通 室町東入ル 南向きの細い路地を下ル 東側)

営業時間は予約時に相談。(基本的には夜営業で18時~)

日曜、月曜休み

カウンター6席、貸し切りの時は7席まで。

2019年5月10日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ 朝日カルチャーセンター「東山 吉寿」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

5月9日の第2木曜は朝日カルチャーセンター講座のお昼。「東山 吉寿」さんにお願いしました。

カウンターを囲んで10名で。
今月のテーマは中華でした。
いやー実に実に迫力あった、おいしかったああああああああああ\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
まずは美しく端午の節句の風情でもてなされましたが、
その後に続くお料理はとんぽうろうとかわたり蟹みっちりの春巻きとか近江牛の麻婆豆腐などがたたみかけるように供されて、旨いったらなかったのです。
白ご飯が進む、お酒飲む人はお酒が進む。
これは楽しいわ比類がないわ☆☆☆☆☆☆
次は5月20日(月)にまた伺って、今度はクラブエリーをやります。
まだお入りいただけますから、いらっしゃれる方はぜひどうぞ。

●鶏のスープでスタート。鶏がらと丸鶏と豚ミンチと香味野菜で取ったスープとのこと。かつおや昆布は使っていないということ。これで身体が温まり、気持ちもほっこりしました。

●黄金のお皿で、端午の節句のもてなしです。取肴3品。ちまきの中は鯛のお寿司、しゃりに使われていたのはバルサミコでした。ガラスの器の中は冷たい和のだしに浸った玉子豆腐とじゅんさい。もうひとつの器にはほたるいか、酢味噌のようで、なんと豆板醤(とうばんじゃん)入りでした。少しピリっとして、粋な味。

●春キャベツとあさりだし。献立には春キャベツではなく春の甘藍(かんらん)とありました。和っぽくておしゃれな表記ですね。(ちなみに同じ「かんらん」でも橄欖はオリーヴと復習。) だしはあさりから取り、昆布と日本酒のみということ。黒胡椒でアクセント。

●店主の鈴木吉寿さん、毎月がらりと趣向を変えて、創意工夫に満ちたコースを楽しませてくださいます。

●お造りはわさびの葉の上に、すずき、紋甲烏賊、牡丹海老。

●たれがオリジナルでした。大葉、白ねぎ、松の実入り、胡麻油の香り豊か。一気に中華風のお刺身になりました。

●東坡肉(とんぽうろう)、和食風の仕立て。おからで4時間蒸した後、土鍋で8時間火を入れたということ。青梗菜と。

お箸でほぐほぐとほぐれる柔らかさでした。味がしみて、おいしいったらなかったです。

●ぐじ、うろこパリパリ揚げ焼きにクレソンソース、淡路島の甘い甘い玉ねぎ、上からパウダー状のからすみ。

燻製チーズは定番で供されるものです。

●わたり蟹(岡山)をこれでもかと味わえたお皿。春巻きの中にみっちり、黄ニラとともに。

 

●内子は紹興酒漬けにされています。ソースもわたり蟹ww 花山椒のスプラウト(村上農園さん)と。

これ強烈おいしかったです。

●新生姜と丸茄子 揚げてからだしで炊いたとのこと。強烈なお皿の後に、優しい味の一品でリズムをつけていい感じです。

●ご飯の準備が、このゴージャスさよww ( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●麻婆豆腐です。旨そうでしょう~~( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●白ご飯に、澤井牧場さんの近江牛、さし入りのウチヒラ肉。

●花山椒をどさっとのせた麻婆豆腐、旨いに決っています。たまらなく旨くて、ご飯もよりおいしく感じられます。もうもう、旨い旨いとうわごとのように言いました。

●さらにだし巻き玉子欲しいですか?と聞いてくださり、全員、問答無用の無条件降伏で欲しいですとお返事。卵15個使って焼きましたというのがほわほわの湯気湯気で登場しました。

大ぶりに切り分けていただいて、大喜びでいただきました。

●宮崎マンゴー大きいの2玉を切り分けてくださいました。

●これまたほんとーーーにおいしいマンゴープリンで締めでした。

何もかもがかんぺきでした。圧倒された美味でした。

次は5月20日(月)にクラブエリーをやります。
まだお入りいただけますから、いらっしゃれる方はぜひどうぞ。

この際新規入会したいという方も、お気軽にどうぞ\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー「新門前 米村」5月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。「

5月8日(水)、クラブエリー@5月1日開店の「新門前 米村」さんやりました\(^o^)/\(^o^)/

●スタッフの白水雄起さん、フェイスブックのまかない動画で有名ですね(^o^)(^o^)
SOU・SOUさんのエプロンもかわいいです。

●皆さんお帰りの際にはよねちゃんと一緒に写真撮って♪♪のお願いで順番待ちになりました。

●カウンター8席とテーブル4席にぎゅんぎゅんにお邪魔しました。皆さん喜んでくださいました(^o^)(^o^)/☆☆☆
そりゃそうだ、おいしいんだもの、店内すてきなんだもの、よねちゃんおもしろいんだもの(^o^)(^o^)
6月も7月もお願いしてきました。
一瞬で満席になると思いますが、クラブエリーの皆さん楽しみに(^o^)(^o^)/
新門前 米村」、よねちゃんどうもありがとうー スタッフの皆さんありがとうー 参加者の皆さんもありがとう(^o^)(^o^)(^o^)

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 掲載誌のお知らせ:料理通信 2019年6月号

■ 全国100万人の読者の皆さま、掲載誌のお知らせでございます。

●現在発売中の「料理通信」2019年 6 月号、連載ページ「安くて旨くて何が悪い?」、今回出ていただいたのは「仁王門 うね乃」さんです。

こんな感じでわたしもしばしば伺っているお店です。

うどんとしては高いかもしれないけれど、お料理と思えば少しも高くない。

割烹に出かけて同等のものを食べることと較べれば、むしろお値打ち感がとてもあると思っていて、今回載っていただきました。

どうぞ(お買い上げの上)ご覧くださいませ<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 掲載誌のお知らせ:ミセス 2019年6月号

■ 全国100万人の読者の皆さま、掲載誌お知らせのエリーでございます。

●現在発売中のミセス 2019年6月号です。

いつものお店ご紹介ページでは、「L’eclat レクラ」さんに出ていただいています。

風情ある町家の中はがらりとモダンなインテリア、そこで洗練の洋食をいただける新店です。

皆さまこの号もどうぞ(お買い上げの上)ご覧くださいませ<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「新門前 米村」昼のコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、オープンした「新門前 米村」さんに伺い(ちなみにオープン前の先日の記事)、お料理をいただいたエリーでございます。

よかったーーー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●よねちゃん=店主の米村昌泰さんと、マネージャーの山下秀明さんです。

●以下、お昼の14000円(+税)のコースです。

飲み物はいつも通りペリエを選択。

多種多様食材がセンスよく組み合わされて、彩り美しく食感よくもちろん味もばちーっと決まって、ほんとおいしかった、満足感に包まれました\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●本来これ、たこが合わされています。わたしはたこは好きではないので(ごめん)、ほたるいかにしていただいて感謝。(メニューもちゃんとほたるいかで印刷されていると後から気づいた)<(_ _)>

●天国かと思うほどおいしい牛肉でした。火の入り方が絶妙、ジャスト、この上なくちょうどいいと思いました。

●白ご飯にちりめん山椒か、カレーを選ぶことができます。問答無用でカレーです。わたしこれほんとーに好きです。

●デセールの前に1枚組み込まれます。

●ひとり大きなひと箱よ。大喜びします。

●こんな風ね。

●アンフュージョンがあるとうれしい(^o^) カモミーユを選択。

●いやもうほんとーーによかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆☆☆☆

これは激しくはやります。予約難しくなる。

新門前 米村」さん、まずは8日(水)にクラブエリーをお願いしています。またその報告をいたします。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ルボンヴィーヴル」のショコラショー

■ 全国100万人の読者の皆さま、「ルボンヴィーヴル」さんが大好きなエリーでございます。

先ごろデビューした新メニュー、

ショコラショーです。ずっとずっと、フランスにあるような濃い濃いショコラショーがあったらうれしいなあと願い続けていました。

やっと登場して大喜び、このところ食後に必ずいただいています。

●シャンティを入れるとこうね。

香りよくて濃い濃い濃いショコラ、わたしの人生にはなくてはならないものです。これで一瞬で幸せになります、点滴みたいに即効で効きます\(^o^)/\(^o^)/
★大事なこと:ドリンクのLOは22時ですが、ショコラに関してはお料理と同じく21時LOです。800円。

ルボンヴィーヴル」さん、烏丸通仏光寺の北西角で場所も便利。ほんと大好きです。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろ 5月5日はトマトで。

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ 報告のエリーでございます。
5月5日(日)「リストランテ 野呂」遅い時間に。

●マッカのトマト多めのメニューにしてもらって大変満足。

トマトじたいも食べさせてもらいました。

●今日のコロッケはNC100、のろっちのコロッケ100、その5でアマトリチャーナ\(^o^)/\(^o^)/

●二番手ゆうすけ=渡辺祐介、燻製フォルマッジオをおろす之図。

●シェフののろっち、それを見守る之図。

●パスタはNP100、のろっちのパスタ100 その91で、ひらひらサラミに濃いトマトソース。

旨いったらないwwww( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)wwww

●その他、新玉ねぎのスープ今回は冷製、これも旨。最初にいただきました。

●なんてこったのパンナコッタ、今回は はったい粉 製!! とても香ばしくてこれだけも満足なところに、ラム酒入り黒蜜を後からかけてくれて、洗練の味となったのでした。

●りすのろは今週も、ほんとーーーーーに、
おいしかったーーーーー\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
************
昼コース1800円と4500円、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

食材と飲む量による。

前もっての予約でコースも可。税込み8千円から。

(スープ、旬の魚盛り、蟹クリームコロッケ、魚料理、肉料理、パスタ、デザート)
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「悠々」2度めはコースで

■ 全国100万人の読者の皆さま、「悠々」さんを再訪したエリーでございます。

先日いただいたのがとてもよかったので、今回はコースを組んでもらいました。

 

●北大路駅降りてすぐの場所、便利です。

中は「おたぎ」さんの頃と全然変わっていません。

(お客さまがいらしたので写真撮れていませんが。)

●冷たい玉露でさっぱりします。

この後、飲み物はいつも通りにペリエをいただきました。

●えんどう豆すり流し、たまご豆腐、フルーツトマト、海老

 

●あぶらめと春キャベツのお椀

 

●焼き物で、塚原の筍と水沢農園のかぶら、白甘鯛、うろこバリバリも美味。

 

●さよりの酢締め、土佐酢ジュレ

 

●花山椒と牛肉、玉ねぎ

 

●この日は店主の妹さんのゆかりさんがヘルプにいらしていて、こうしてもご飯プレゼンもしてくれたのでした。

快活で感じのいいゆかりさん(^o^)

●店主の下田哲也さんも一緒にー!とお願いするも、

●引っ込んじゃったよ(^o^)(^o^)

●白ご飯、佐渡ヶ島の米だそうです。

●香の物と、味噌汁もつきました。

●最後に樋口農園の朝摘みのいちご。

以上、1万円でお願いしたコースです。すべて、申し分ないお料理でした。ほどよくて、しみじみおいしいのです。

間違いなく「和久傳」さん出身の方のお料理。

ほんとーによかったので、クラブエリーをお願いしてきました。どうぞ楽しみに(^o^)/

*****************
悠々」電話 075-493-3373
京都市北区小山北上総町8
11:30~13:30、18:00~21:00
月曜休み 要予約
2018年8月21日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 2019年春モデル、Panasonic Let’s note RZ

■ 全国100万人の読者の皆さま、これを買わずにはいられなかったエリーでございます。

先日来タブレットを検討していたけれど(この投稿)、タブレットを買えば必ず外付けキーボードも欲しくなり、それなら初めからキーボードと一体のPCを買う方が扱いがシンプルでストレスがないのではないか、それなら人生で最もなじんだPanasonicを買えばいいのではないか。という結論で。

それでこれです。

●ヨドバシカメラで買いました。
高かった( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
でもでも、やっぱりわたしパナソニックのレッツノートが好きです。
高いけれど頑丈だし、それだけの価値があります。
●これで今の瞬間、わたしのデスク上にはレッツノートの大中小サイズ全部あります。(さらにデスクトップのPCね。)

ちなみに昨年の7月にはLVを購入。)
3台のうち1台はウィンドウズ7で、使えるのが来年1月までなので、早めにドナドナした方がいいのかな。
そうしたらまたわたしSV買いそうだわ( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
●今回買ったのはRZのLTE対応モデル、レッツノートの中でもいちばん小さくてB5サイズくらい、バッテリー込みで780グラム、特にPC用のバッグを持つ必要もなく、普段のバッグにするりと入ります。

SIMカード(Wonderlink LNシリーズ 、3GBで月に962円)も買って入れようと。

●今回のRZはくるりと回せば完全に10.1型のタブレットにもなって、ちょっと人に見てもらう時にも便利だし、PCが常に手元にあれば安心です。
スマフォが、ばかでかいのから人並みにコンパクトなものになり荷物軽量化を喜んでいたら、結局こういうことになって、あまつさえKindle専用機とカメラ2台も持っているし、やっぱりわたしのバッグは電子機器たっぷりで重いです( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
https://www.yodobashi.com/product/100000001004221544/

●レッツノートの直販サイトではマッカの天板にしてもらったりもできるのだけど、ぽーーーーーんとお値段がはね上る上に入手がだいぶ先になってしまいます。こういうデジタル機器は高くても必需品で消耗品、少しでも欲しいと思ったらそれが「要る時」なわけで、即買うのがいいのです。せっかく日本に生まれ育って暮らしているのだから、すばらしい技術を取り入れないでどうするの\(^o^)/\(^o^)/

レッツノートRZのページです↓
https://panasonic.jp/cns/pc/products/rz8b/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「新門前 米村」開店

■ 全国100万人の読者の皆さま、興奮したエリーでございます。

下河原通の「レストランよねむら」から移転して5月1日新たに開店、
新門前 米村」さん。夜のオープン前にちらりと見せていただきました。
予想通り、おっしゃれ~(^o^)(^o^)/
お料理をいただくのがものすごく楽しみです。
(ちなみに5月はもう全部満席ということです。)

●新門前通り、すてきなアンティークや道具屋さんが軒を連ねる通りにあります。

●よねちゃんいたー\(^o^)/\(^o^)/ 米村昌泰さんです。

●鮮やかなのれん。MAYA MAXX(マヤマックス)さんによる「米」かわいいです。

よねちゃんはスタイリッシュなだけでなく、どこかかわいらしさを感じさせるのが上手だなと思います。制服でも、クッキーの缶でも。

●看板の揮毫もマヤマックスさんとのことです。

夜の営業開始に向けて準備中のところをちょっとお邪魔して・・・

●カウンター8席で、前のお店と較べたらコンパクトな造りです。

●2階の一部分です。

●トイレがこれよww かっちょいい( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●このディスプレイは折々に替えていくそうです。好んでこの前を通りたくなりますね。街に美しさを添えること、すてきです。
*****************
新門前 米村

電話 075-533-6699
京都市東山区新門前通花見小路東入梅本町255
2019年5月1日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー「丹」花山椒しゃぶしゃぶ

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

5月1日(水)昼、クラブエリー@「」さん、
本当によかったーーーー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

(ちなみに前回はこれ。
花山椒と牛肉の鍋は、(かつお昆布だし仕立てではなく)、白味噌仕立てでした。目の覚めるような花山椒の香味と平井牛のおいしさを楽しみました。

順番にいきます。

●野菜盛り込み、これだけでも大喜びです。

これを全員で回して取り分けました。味噌、塩、オリーヴオイルが添えられて好きに食べてねと。

●藁いぶしの初鰹。

●若竹のお椀ははまぐりのだしで工夫あり。おいしかった☆☆☆

●地味に見えるが滋味深くて旨い胡麻和え。

●焼き物にも野菜がたっぷりたっぷりで皆さん喜んでくださいました。

●茄子田楽はいんげん豆のあん、これも工夫あり。

●「和久傳」さんのこの季節の楽しみ、花山椒と牛肉のお鍋です。これは特別うれしかったー\(^o^)/\(^o^)/

●目の前でしゃぶしゃぶしてくださってこれはほんとーーーーーに旨かった☆☆☆

●みんながやっちゃん=北嶋靖憲さんの手元を見つめました。

●平井牛、肉質がまたよかったです。きめ細やかで、品のいい口当たりでした。

●写るの大好き、ヨースケ君=山手陽介さんです。やっちゃん+ヨースケ君で盤石の態勢です。

●香の物に卵やら納豆やらが添えられて、お好きにどうぞと。

卵黄と白ご飯おいしかったーーー\(^o^)/\(^o^)/

この後、先月と同様に小豆を添えた山椒のアイスクリームをいただき、ご馳走さまでした<(_ _)>

●雨もやんで、窓を開け放って気持ちよく過ごしました。

雑誌の撮影なら走って行って赤いコーンを入らないようにするところだけど、はしょってごめん<(_ _)><(_ _)>

●穏やかな水の流れに風に揺れる柳と、なんとも気持ちのいい界隈です。
やっちゃん=北嶋靖憲さんよくやってくれました。
ヨースケ君=山手陽介さんもありがとうー

」さん本当にいいお店です。
連休中に参加してくださった皆さんにも感謝。

クラブエリーよいですー\(^o^)/\(^o^)/

お気軽にどうぞ(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************