■「花鏡(かきょう)」で繊細優美な料理

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店ご紹介のエリーでございます。

オープンしたばかり、三条通神宮道東入ルの「花鏡(かきょう)」さん、とてもよかったですー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
2016年12月まで「匠 奥村」さんにいらした中上朝史(ちゅうじょうともひと)さんのお店です。2月4日開店。
写真は夜のおまかせ。コース1種類のみで1万円+税サ(10%)。食後の飲み物まで入れて10品、バランスよく量もほどよく、何もかもが「ちょうどよい」と思わせたコースでした。

IMG_1150.jpga

●三条通に面して、わかりやすい場所です。お花があふれるように飾られていました。

IMG_1162.jpga

●八寸というかアミューズというか、スタートの美しいお皿です。

IMG_1168.jpga IMG_1172.jpga

●ほたるいかに酢味噌

IMG_1173.jpga

●津居山の蟹の酢の物

IMG_1175.jpga

●車海老、菜の花、胡麻ソース、砕いたアーモンド

IMG_1176.jpga

●大原野菜、豆乳入りの小さなキッシュ

IMG_1177.jpga IMG_1185.jpga

●かつお・昆布だしに少しバターを入れてこくを出したスープ、わかめと筍、車海老しんじょう

IMG_1191.jpga IMG_1193.jpga

●ひらめを赤かぶ千枚漬で巻いたもの。三杯酢にオリーヴオイルの風味、わずかなとろみ。間人の海苔。

IMG_1194.jpga

●パンに添えられるオイル、バターもとても美味。バターにはちゃんと仕掛けがあります。

IMG_1198.jpga

●もち米の飯蒸し、上に穴子とうに。

IMG_1201.jpga

●ぐじと、味を含ませた根菜、山椒入りタプナード。聖護院大根や蕪に、にんじんなど形も色みもきれいでした。

IMG_1205.jpga IMG_1209.jpga

●だしのジュレ、聖護院かぶらのムース、豆乳入り、中に干しあわび、帆立。

IMG_1215.jpga

●牛肉ロース焼きに、玉ねぎ、にんにく、生姜入りのソースが調和。小芋のピュレと。

IMG_1204.jpga IMG_1202.jpga

●炊き上がったご飯プレゼンをする中上朝史さん。鯛ご飯です。

IMG_1218.jpga

●ご飯と香の物とお茶で締め。パンもおいしかったがご飯の締めもうれしい。

IMG_1225.jpga

●食後の甘味は、豆腐を使ったガトーショコラ、きな粉のアイスクリーム、抹茶ティラミスとフルーツ。

IMG_1232.jpga

●カフェか煎茶か選べます。カフェを選択。必要な深みと香りのある、好きなタイプのカフェでした。

IMG_1230.jpga

●小菓子付きで、胡麻のテュイルにサクサク真っ白のブール・ドゥ・ネージュに、真ん中は五色豆でした。

IMG_1158.jpga■ かつお・昆布だしに少しバターを入れてこくを出した若竹+車海老しんじょうのスープや、ひらめを赤かぶ千枚漬で巻いた一品がとりわけ印象に残りました。パンを食べながらコースは進みますが最後はご飯でほっとするし、洋風デセールのように見えながら豆乳が使われて軽やかだったりと、「おくむら」さんと同様、和風フランス懐石というかフランス風和食というか、お手間がすごくかかっているのですが、とても食べやすくそれでいて粋な、独自の料理世界です。
■ 店内の風情も美しく、椅子も座りやすくてよかったし、岡崎の美術館やロームシアターからも近く、三条通に面してわかりやすく便利。これから間違いなくはやりますーーー!!
花鏡(かきょう)」さん、わたしもまた伺います。
さっそくいろいろお願いごとしました(^o^)(^o^)/

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************