■ 禁煙になった「フランソア喫茶室」追記あり

■ 全国100万人の読者の皆さま、とても喜んでいるエリーでございます。

IMG_0613.jpga■ 西木屋町通四条下ル、独自のレトロ・ゴージャス感が魅力の「フランソア喫茶室」さん(1934年開店)が、昨年10月から全席禁煙になっていました\(^o^)/\(^o^)/
このこと、わたしは全く知らなくて(何度も前を通っていたはずなのに)、京都に週末滞在した東京の友人夫妻から教えてもらって知ったのでした( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
■ さっそく出かけてみたら、ほんとあれほどケムケムだったところが嘘のようにケムリなしの快適なお店になっており、夜は変わらず23時まで営業だし、これはとても利用できますから大喜びです。
何よりパティスリの種類が多くておいしいこと\(^o^)/\(^o^)/
以前「京都の甘いもん」という本でも撮影させていただいていて、おいしいのはわかっているのだけど、奥の禁煙席に行くにもケムリの中を通らねばならず、その禁煙席にもケムリが流れ込んでいて、つらすぎるので足が遠のいていました。
今後またわたし通うと思います。お菓子端から食べたいもの。
ふらきつ と、単語登録もしました。
フランソア喫茶室、とすぐに出るようにww
IMG_0604.jpga■ まずはタルトタタンとカフェのセットです。
カフェはデフォルトで、少し甘めのクリームが入っています。
お菓子とのセットで飲み物は50円引きしてくださいます。
IMG_0592.jpga■ タルトタタン 800円はりんごみっちりびっしり、甘さもわずか控えめで、すごく好みでした。
IMG_0587.jpga■ 今回はショコラのケーキが2つともなかったから、次の楽しみに♪

IMG_0624.jpga■ 全席禁煙の「フランソア喫茶室」さん、すぐまた伺いそうです。

*****************
■ 追記:翌日また伺いました。3代目店主の立野隼夫さんにご挨拶もできて、お話を伺うこともできました。

ショコラかりんごものばかり好んで注文する普段のわたしなら、全く注文しない類のお菓子を今回2品いただき、おいしさに深く感動したのでした。

IMG_0733.jpga●レモンのタルト 450円

IMG_0739.jpga●ドレスデン風チーズケーキ 550円

●飲み物は紅茶 600円と、冬季の名物という、

IMG_0741.jpga●ポートラップ(温ワイン)1100円

オレンジが香りました。

■ お菓子おいしいです。日本でいただく日本の洋菓子です。優しい風味ながらしみじみ深い味、ものすごく心に響きました。

京都中華という感じの、京都洋菓子だと思います。でもかなり本格的で。また伺います。禁煙本当にうれしいです。

「フランソア喫茶室」さん、どうかポイントカードを作ってください\(^o^)/\(^o^)/

*****************

追記その2

また伺って、アップルケーキ 700円をいただきました。

これは、りんごそのものを味わうタルトタタンとは根本的に違って、アーモンドプードルがたっぷり入ったケーキ生地を楽しむものでした。リッチなバターケーキという感じかしらん。りんごは風味添えという感じ。そしてアプリコットのナパージュというか、それよりもっと厚い層でアプリコットジュレがかかっています。

IMG_0925.jpga

●紅茶とセットにしていただいたアップルケーキ 700円です。

IMG_0928.jpga

●りんごはそんなにたくさん入っていません。むしろ濃厚な生地を楽しむためのケーキです。

生菓子の中では、これが最新作だそうです。

*****************

追起その3

IMG_1265.jpga

●2月3週目の平日のある夜、20:30頃、軽食をいただいてみることにしました。チーズトースト 750円、カフェ(か紅茶)とセットにすると合計から50円引きしてくださいます。
パンが、かなーーりぶ厚いです。

IMG_1262.jpga

●トースト類には小さなサラダが付きます。

IMG_1270.jpgA●ブランディーケーキ(ナポレオン) 500円。ひたひたひたです。

(追記まだまだ続くと思います。)

*****************

「フランソア喫茶室」 電話 075-351-4042
〒600-8019 京都市下京区船頭町184
(京都市下京区西木屋町通四条下ル西側)
10:00~23:00閉店
(サンドイッチとトースト類は22:00LO、ケーキとドリンク類は22:50LO)
無休(12月31~1月2日と、夏季休暇2日間を除く)
テーブル80席
昭和9年(1934年)開店

*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「ビストロ スリージェ」でご機嫌のディネ

■ 全国100万人の読者の皆さま、ずっとこちらに伺いたく思っていたエリーでございます。

IMG_0531.jpga

■ わりと最近のある晩、出町柳駅近くの、「ビストロ スリージェ」さんへ。みなちゃん=浦沢美奈さん@「プーゼ」と共に。

昨年出かけた「レストラン スリージェ」がとてもよくて、久しぶりに「ビストロ スリージェ」さんにも伺いたいと思っていたのでした。
■ 以下、前菜3皿を半々に分けてちょうどよかったのでした。ひと皿がフランス並みに大盛りだから。メインは鴨コン=本当に好きな鴨のコンフィです♪
IMG_0537.jpga

●黄にんじんのスープ

IMG_0543.jpga

●大原産ポワローのブイヨンジュレ寄せ、野生クレソンサラダ添えIMG_0547.jpga

●自家製スモークサーモンのサラダ

IMG_0551.jpga

●メイン料理に鴨のコンフィです。

わたし本当に鴨コン好きです(^o^)/

IMG_0553.jpga

●下にたっぷりシュークルートのキャベツ。この組み合わせ好きでした。
IMG_0554.jpga●さてデセールは・・・選択肢が多くて、選ぶ楽しみがあります(^o^)

IMG_0562.jpga

●わたしが選ぶのはショコラかりんごのお菓子とほぼ決まっています。これはタルトタタン。とろりと舌ざわりなめらかで、理想的なタルトタタンでした。
IMG_0565.jpga

●最後にカフェオレ。エスプレッソをきゅっと飲むのも好きだけど、牛乳入りのカフェをざぶざぶと飲むのもまた幸せで。朝昼晩関係なく家にいる/外に出ているに関係なく、わたしはカフェオレを好んで飲みます。

■ 美奈ちゃんとたーくさん話して、驚いたり納得したりしみじみしたり。まー人生いろいろあるよね、というまとめで落ち着いたのだけど、デジタルカメラに関していまだに逡巡の中にいるわたし、美奈ちゃんもレンズに関して、そんな過程があったのかー、というような話もあり、何でも話してみるもんだと思ったのでした。話せる友人ものすごく大切。
ビストロ スリージェ」さん、すべて申し分なくおいしくてくつろげてよかったです。また伺いたいと思います。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ グラティネ@「ブション」

■ 全国100万人の読者の皆さま、これが食べたかったエリーでございます。

この冬まだ食べられていなかったから。

少し前のある夜、寺町二条の「ブション」さんで、

IMG_0285.jpga

●グラティネ=オニオングラタンスープです。

IMG_0299.jpga●テーブルで卵を混ぜ込み、胡椒をかけてくださいます。

IMG_0290 IMG_0293●そのサーヴィスをしてくれるのは玉ちゃん=玉田裕一さんです。

遅めの訪問をしたこの夜、すでに1回転した後で、店内は(珍しく)ゆったりしていました。

IMG_0300.jpga●2皿目に、温製ソーセージ レンズ豆添えを選択。
これは前菜のお皿なのですが、わたしにはほどよい量で、楽ちんなディネでした。食後のデセールは、
IMG_0308.jpga●焼きりんご(Pomme bonne femme)です\(^o^)/\(^o^)/
紅玉をじわーっとオーヴン焼きしたもので、熱々ほかほか。上にのせるアイスクリームは少量でとお願いしました。
飲み物は、さぶかったのでペリエではなく、初めからヴェルヴェーヌのアンフュージョンをいただきました。

IMG_0304IMG_0305 ●味見させてもらったタルトポム。サクサクサクで、薄切りのりんごが折り重なった部分はほどよい酸味と甘味、理想的においしい☆☆☆ これ定番にしてくださいませ。
■ この日は本当にラッキーにも、(約束して出かけたわけではないのに)、店主の松井知之さん&智恵子さんからパリとリヨンの話をたっぷり聞かせてもらえました。それがフランスへの愛にあふれていて心に響き、お料理がおいしかった上に、幸せな気分になりました。
自然と次のわたしのパリ滞在の予定もだいぶできました(^o^)/
ブション」に行ってよかったー! ラッキーでした。(^o^)(^o^)

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 目ざましく美味な「ブラッスリー」

■ 全国100万人の読者の皆さま、未アップの写真を溜め込んでいるエリーでございます。急ぎます。
先週半ばに出かけたフォーシーズンズホテル京都さんの、「ブラッスリー」でいただいたコース、瞠目=目をみはるおいしさとはこれで、シェフの井料剛さん、技術とセンスのよさを感じさせてくれて、輝かしい才能に恵まれた方だと改めて思いました。
ほんと最低でもフォーシーズンズ=四季、各季節に一度は通って食べたいお料理です。(近かったらもっと行きます~。)

■ 以下、ちょっとランダムに組んでいただいたコースです。
IMG_9965.jpga IMG_9971.jpga IMG_9972.jpga

●軽く炙った鰤(ぶり)と冬大根のサラダ、春菊のピストーソース

非常におしゃれなぶり大根ですね。炙ったぶりの上に、数種類の大根。塩加減絶妙な白大根に、緑大根、黒大根、紅芯大根、べにしぐれ大根、ラディッシュなど。ソースは春菊を使ったサルサヴェルデ=緑のソースです。

すべてがよく調和しあって、びっくりするほど粋な味でした。

IMG_9977.jpga IMG_9980.jpga IMG_9983.jpga

●ライムリーフ香るレッドカレーブイヨン ポーチドエッグ、金時人参のピュレ、ほうれん草
定番のタイカレースープです。これが激烈旨い、一度食べたら忘れられません。(*_*)(*_*)

鮮やかな香りと辛み、でもたまごとにんじんのピュレがまろやかに食べやすくしてくれます。モリーユがアクセントに入っているというのもおしゃれだと思います。これは繰り返しいただきたい名作だと思います。

IMG_0005.jpga IMG_0010.jpga

●フェトチーネ マッシュルームソテ、トリュフバターソース、熟成コンテチーズ、トリュフスライス。

トリュフをばさばさとかけてくださって、贅沢感があります。ジロールやらシャンピニョンドゥパリなど幅広パスタに風味を与えて、こりゃ旨い\(^o^)/\(^o^)/

IMG_0013.jpga IMG_0014.jpga

●合鴨胸肉のロースト キヌア、卵黄の醤油漬け、ロングペッパーのジュ

真空で柔らかく火を入れた鴨肉、細心の注意でこの舌ざわりに仕上げたのだなとよくわかります。キヌアがすごくおしゃれで、レバー、サラミ、アンチョヴィなどと合わせてリゾット風の仕立て。和食のような卵黄醤油漬けをからめもって食べたら、もう犯罪的に旨い(*_*)(*_*)(*_*)

IMG_9958.jpga

●以前はボルディエのバターだったと思いますが、今回登場したのは自家製バター。柚子と、あおさ海苔の2種類が用意されて、これがまたおいしかった(*_*)(*_*) パンが進んでいけません。

IMG_9960.jpga

●ドライトマト入りのフォカッチャにバゲット、

IMG_9961.jpga

●ミルクパンでした。

IMG_0016.jpga

●ルームサーヴィスのピッツァの箱の絵と一緒に写ってくれた料理長の井料剛さんと、
総支配人のAlex Porteous アレックス・ポーティアスさん。

アレックスさんは「奥様が日本人なのです」とおっしゃってました。すごく愛嬌のある朗らかな方。そして井料剛さん、こんな楽しいこともしていましたねー(^o^)(^o^)/

IMG_0017.jpga

IMG_0019.jpga IMG_0021.jpga

●林檎のタルトタタン トンカ豆のアイスクリーム

デセールに、わたしがショコラに次いでりんごのお菓子が好きなことを周到にリサーチ済みだったみたいで(笑)、タルトタタンはいかがですか?と聞いてくださって、その時点でわたしはすでにご機嫌+大喜び(^o^)(^o^) そして運ばれたりんごの、まるまるとダイナミックな仕立てに、これまた大喜びしました。サクサクフイユタージュは丸く、それだけ独立して作られていて、下に敷いてありました。りんごは紅玉で理想的な食感と香味。あしらわれているのはトンカ豆のアイスクリーム、シードルのジュレ。

IMG_0023.jpga●食後の飲み物は、ロンネフェルト紅茶セレクションより、アッサムティを選択。これがまた、こんなに紅茶っておいしかったか? というほどのもの。何もかも、ほんとーーーに美味に決まっていて、心から満足しました。
フォーシーズンズホテル京都「ブラッスリー」さん、また伺います。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ りんごのお菓子3つ

■ 全国100万人の読者の皆さま、ショコラについで、りんごのお菓子が好きだなあと思うエリーでございます。

京都 りんごのお菓子

として、りんご菓子の記事だけコレクションしてあったりもします。

■ 何かいったん好きになったら、それが何であろうと、わたしにおいて発動するのはコレクション癖なのです。

4T8A9257.jpga

●「オレノパン」さんでりんごのデニッシュ。

IMG_6042.jpga

●京都ホテルオークラ「レックコート」さんで名物のアップルパイの、カットヴァージョン。

IMG_8916.jpga●先日のある晩、「バルマーネ」さんへ。パティスリなど夜遅めの時間帯に、どうしてもりんごのお菓子が食べたくて飛んで行って、これは「タルトタタン」。

あじのフライ、クラムチャウダーをいただいた後、これと紅茶を注文しました。

■ アップルパイ、アップルシュトゥルーデル、タルトタタン、タルトポム・・・いずれも非常に好きです。

熱でりんごを圧倒的にねじ伏せて、とろとろの別物にしてしまったようなお菓子がとりわけ好きです。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ ガレット・デ・ロワ@「パティスリー S」

■ 全国100万人の読者の皆さま、サクサクサクが大好きなエリーでございます。

ガレット・デ・ロワ@「パティスリー S」さん。

4t8a9216-jpga■ ガレット・デ・ロワには今年初参入で、カット版に限り、本日までということで四角いのを作ってみたということ。
ブルターニュからのフランス人パティシエがスタージュ(正確にはワーキングホリデー)に来ているとかで(確かに厨房にいた)、「四角でもいいじゃん♪ フランスでも何でもありよ」と言ったとか(^o^)(*_*)(^o^)

img_8973-jpga■ シシリーのアーモンド、グルノーブルの胡桃・・・素材厳選です。
4t8a9214-jpga■ 底にキャラメリゼした胡桃がところどころ敷いてあって、食感と濃厚さを与えていました。ほんと味濃いの。笑。

いやー、おいしかった、新しい感じがした~ ・・・けれど、四角いガレット・デ・ロワってのは感じが出ない~というのが偽らん感想でした。ごめん。笑。

でもまだこれ発展途上で、まだまだ変化していくということでした。
■ 15cmのホール(丸型)は1月末まで販売、1650円(+税)。フェーヴは中に入れず別添えで、好きなものを選ばせてくれるそうです。
1日1~2台しか作られないそうないので、必ず欲しい方はどうぞ予約を。
4t8a9231-jpga■ 同時にショソンオポム 450円とかミルリトン(奥) 400円なんてのも登場していて、りんごのお菓子が好きなわたしはショソンオポムをとてもおいしいと思っていただきました。りんごはグラニースミスを使用とのことです。とにかくサクサク感がすごい。サクサクサクが押し寄せます。口じゅう粉々になりますが、ふわあといい香り、なんて幸せな食感☆☆☆

4t8a9249-jpga■ りんご部分はかなり酸味強めですが、とろとろに炊いてあって、これはとても好きでした。
ミルリトンも、中のクレームダマンドは濃いめでオレンジが香り立つ、とても特徴のある仕上げでした。
いずれもこのパティスリにおいては初めてのお菓子です。
他に食べたい生菓子もありました。改めて伺います(^o^)/

*****************

パティスリー S電話 075-361-5521

11:00~19:00

水曜、木曜休み

1月は17日(火)もお休みということです。
*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 紅玉のタルトポム

■ 全国100万人の読者の皆さま、結論が出たエリーでございます。絶対に紅玉、圧倒的に紅玉という結論です。
4t8a8975-jpgaタルトポム@「パティスリー オ・グルニエ・ドール」さん、
先日津軽で作られたタルトポムをいただいて(ひとつ前の記事)、それはそれでおいしかったけれど、この紅玉製ほどではなかった・・・
今週から紅玉で作られているタルトポム、ずっと香味が強くて、しみじみおいしい。感動深いです☆☆☆
写真を見比べても、こちらの方が明らかにおいしそうと思います。ちなみに同じセッティング、同じレンズです。

「紅玉の方がおいしかろう」という気持ちだったから、そう写ったのかもしれないけれど・・・

img_5354-jpga■ こんな一覧が出ていました。もうこの紅玉で完璧、これでいいと思うけれど、サンふじが出た時もまたいただいてみようと思います。
img_7991-jpga■ 2016年12月13日 追記

サンふじの季節となり、サンふじいただきました。
やっぱり紅玉です。もちろんサンふじも十分おいしいけれど、感動が違います(*_*)(*_*)

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************

■「オ・グルニエ・ドール」でタルトポム

■ 全国100万人の読者の皆さま、引き続きりんごのお菓子でございます。先週のある午後、「パティスリー オ・グルニエ・ドール」さんで定番基本の味。

4t8a8939-jpgb

●タルトポム 390円。ぺたんと薄い作りですが土台と一体化していて本当においしいです☆☆☆ これ大好きです。けれどこれはりんごが津軽で、週明けから紅玉になるとのこと。味がまた違うはずで、改めて買いに伺います。

4t8a8945-jpga 4t8a8951-jpga■ こちらは「りんご畑」といいます。510円。土台はアーモンドプードルたっぷりのとてもリッチなもので、上の層は濃厚なムースリーヌの層。その上に生のしゃきしゃきのりんごとレーズン、あんずソースです。かなり酸味鮮やか。りんごは紅玉を使用。

■ とてもきれいなお菓子でしたが、わたしは「熱で制圧したりんご」の方が好みなので、またタルトを買いに行きますー!

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************

■「ロトス洋菓子店」でタルトタタン

■ 全国100万人の読者の皆さま、ショコラに次いでりんごのお菓子が好きなエリーでございます。この季節はずせないのが「ロトス洋菓子店」さんのタルトタタンです。

 

4t8a8953-jpga

■ タルトタタン 550円

これ、あめ色でとろとろとろとろのりんごがもうれつおいしいです。
しゃきしゃきりんごを、火と砂糖とバターで完全制圧して、骨抜きにするのですね。

4t8a8969-jpga■ パリブレスト 500円

そしてこのパリブレストがまた泣けるほどおいしかったのでした。中のプラリネクリームが完璧のぺき子ちゃん状態に美味、シュー部分に、必要なバリっとした硬さがあって香ばしくて、ほんと申し分なくおいしい☆☆☆
パリにもブレストにも、ここまでおいしいパリブレストないかもね、うひひ♪ と思いながら、一瞬かニ瞬でいただいてしまいました。

■ あまりにおいしくて、タルトタタンとパリブレストを続けて一気食べ・・・あわわ。どれほどのカロリーか??( ̄○ ̄;) ( ̄○ ̄;) でもまあ、これで気分もハイになり、仕事もはかどるということで♪

わたしは茶色いお菓子が本当に好きです☆☆☆

*********************************************

「ロトス洋菓子店」 電話 075-353-2050
〒600-8415
京都市下京区因幡堂町699
(京都市下京区松原通烏丸東入ル、1筋目を上ル、因幡薬師前を東入ル、南側)
月曜と火曜休み
12:00~19:00
販売のみ、サロンなし。
2011年1月15日開店
*********************************************

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************

■ アップルパイ@「イノダコーヒ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、りんごのお菓子が好きなエリーでございます。ショコラに次いで好きかも♪ 

りんごのお菓子というカテゴリーを作ってしまった・・・カテゴリー増え過ぎ。笑。

でもカテゴリー別にしておくと、後で自分で探す時にすごく便利なのです。

ちょっと関係ない話をすると、ワードプレスで作ってもらったこのサイト、新カテゴリーを作るとひたすら上に積み上がっていくばかりで、自動的に50音順に並んだりはしません。以前のココログニフティは勝手に50音順に並んだんだが~

■ タルトタタンでもタルトポムでもなく、「アップルパイ」も好きなのでした。

img_5103-jpga■ ご近所にあって激しくありがたい「イノダコーヒ」さんで、ある夕方にアップルパイ。これ好きです(T_T)

ちょっと気持ちを直さないといけないことがあった時に、飛び込んでこれをいただいて、すっかり気持ちは直ったのでした\(^o^)/\(^o^)/

期待を裏切らない安心の味。カフェとセットで950円。

一度伺うと、「あー次はこれ食べたい♪」と別のものが気になって、通い癖がつきます。また伺います。

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************