■「ワルダー」紅玉りんごのデニッシュ

■ 全国100万人の読者の皆さま、ご機嫌エリーでございます。
最近インパクト最大だったデニッシュの報告をしなければ。

麩屋町通六角下ルの「Walder ワルダー」さんです。

●紅玉りんごが4分の1切れ、どっかんとのったデニッシュ、斬新でした。贅沢感がありました。

以前プリンがのったデニッシュ(2020年9月)でびっくりおいしい思いをしましたが、その時以来の迫力でした。

●ちなみに「ワルダーさん」と呼ぶの悪くて、わたしとその友人は「ヨイダーさん」といつも呼んでいます(^o^)(^o^)/

年内29日まで、年明けは4日から営業されるとのことでした。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ りんご食べ較べ「ナンポルトクワ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、りんご菓子が好きなエリーでございます。

名作りんごのタルト@「ナンポルトクワ」さん、りんご品種が違うものを食べ較べ・・・このチャンスを逃すわけにはいきません。

●りんごが紅玉からサンフジへ入れ替わり。
この時期だけ可能な、2種類食べ較べです\(^o^)/

●紅玉「紅の夢」ははっきりと赤い色ですから、断面を見るだけでどちらがどれかわかります。

で、この2種類、全く違います。どちらも捨てがたく旨いけれど、どちらか選ばないといけないとすれば、わたしはやっぱり赤い紅玉かなあ。酸味も鮮やかで。

●2種類同時に味わえる稀有なこの週末です。金曜、土曜・・・うまくいけば日曜まであるかも、ということでした(^o^)/

★売り切れ早いですから、どうぞ早めに<(_ _)>

*****************

N’importe quoi ナンポルトクワ

京都市中京区堺町通錦上ル西側

木、金、土、日曜営業

11時~16時、16時以前でも売り切れたら閉店。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

関谷江里

■「パティスリー S」タルトタタン/テリーヌショコラ

■ 全国100万人の読者の皆さま、「パティスリー S」さんに伺ったエリーでございます。

●りんごを丸ごと使い、
球体に作られるタルトタタンすごいです(*_*)(*_*)
熱で制圧されて、柔らかく、ただただ酸味と甘味ととろとろの食感のかたまりとなったりんごのおいしさ強烈でした(*_*)(*_*)
味わって大事にいただきましたが、一瞬というか、0.5瞬くらいでなくなってしまいました(*_*)(*_*)
タルトタタンは11月28日(日曜)で終わってしまい、次は来年を待たねばならんそうです(T_T)

1個 756円。

●割るとこんなです。硬めのシャンティ入り。下はフイユタージュさくさくさくさく。

分厚いりんご、とろとろとろでうっとりと美味、シャンティともいいバランス。

ほんとーーーにおいしかったです(T_T)(T_T)

●わたしにおいて精神の安定のために最も必要なのはショコラ摂取であり、
それで「パティスリー S」さんのテリーヌショコラです。
球体タルトタタンは一瞬で終わってしまったけれど、これがあったのだよ(^o^)/
ただもう濃厚ショコラのかたまりで、イタリア「DOMORI」のショコラ(チョコラータだな)で作られているとのこと。
鼻血が出るショコラとはこのことよ(^o^)☆☆☆
8センチくらいなのだけど、わたしでも一度にはいただけません。1センチ幅くらいに切って、濃いアールグレイなんかと共に。朝の4時くらいにこれ摂取すると、ばちーっと目もさめていい感じ。ちなみに朝の4時ってわたし夜の続きとして起きている時間です。わざとやっているんじゃないけれど、本当にフランス時間で、France2の夜の8時のニュースをネットで見てからようやくそろそろ眠るというこの暮らし、何とかしたいのだけど直らんの( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
このテリーヌは箱入り1296円、自宅用だから箱要りませんと言ったらそこから100円引き。
パティスリー S」さん、またいただきに伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ナンポルトクワ」紅の夢

■ 全国100万人の読者の皆さま、りんごのお菓子に目がないエリーでございます。

●「N’importe quoi ナンポルトクワ」さんの、
定番のりんごのタルトなのだけど、
なんと、いつもより色が紅色です(^o^)(^o^)♪
紅玉の中でも秋田の「紅の夢」という品種をただいま使われているとのことで、この果肉が写真の通り、ほんのり紅いんだって(^o^)(^o^)
色きれい酸味も鮮やか。
それでなくてもたまらなくおいしいものなのに、
さらにおいしい止まらない\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●果肉がほんのり紅色の「紅の夢」

★このりんごスライスの写真は西原裕勝さん撮影のものです<(_ _)>

●6個詰めていただきました之図。

写真見ているだけで再び「ナンポルトクワ」さんに飛んで行きたくなります。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ブション」秋の新メニュー、アシ パルマンティエ

■ 全国100万人の読者の皆さま、「ブション」さんの新メニューを楽しみに出かけたエリーでございます。

●前菜には、先日からメニューに上がっていたいわしのマリネ 熱々のじゃがいもと。ハーブのサラダ
ハーブはイタリアンパセリ、ミント、ディルで香り鮮やか。
「ブション」さんでいただくのは初めてのお皿です。

●揚げた熱々のじゃがいもと塩気の効いたいわしが絶妙に合ってたまらない一品。

岡崎の「オ・タン・ペルデュ」さんの方で大好きだったメニューが再現されてうれしい(^o^)♪

●そして何より楽しみだったのはこれ、

アシ パルマンティエ
です。以前「オ・タン・ペルデュ」さんの方でいただけたもので、こちらでもぜひと、心待ちにしていました。

●なんと、これがアシ パルマンティエ・・・洗練の姿で出てきて仰天しました(*_*)(*_*)
セルクルできれいにまん丸にされていて、牛ほほ肉煮込みソースがあしらわれて、レストラン料理になってた、、(^o^)(^o^)、、
軽やかブルゴーニュの赤と共にいただきました。

味は間違いなくおいしいものでした<(_ _)>

●しかし、アシ パルマンティエとはこのようなものではないかと、、(^o^)(^o^)
2021年1月、「オ・タン・ペルデュ」さんで。

その時の記事はこちらです

●グラティネも始まったしアンディーヴのサラダも好きだしサラダリヨネーズも食べたーい\(^o^)/ というわけで、また繰り返し伺います(^o^)(^o^)/

*****************

以下は1週間前の記録です

*****************

●未アップ分です。1週間ほど前にまた魚のスープをいただきまして、メイン料理は取らずに温製ソーセージのレンズ豆添え。
食後にムースオショコラ。アンフュージョンは植木鉢のヴェルヴェーヌ(^o^)♪

アラカルトで好きなものをいただけて、ぴたりと美味で幸せなディネ☆☆☆

*****************

さて最近の訪問記録にまた戻りまして、

デセールの話です。

*****************

 

●試作中というりんごのお菓子を試食させていただきました。りんご菓子に目のないわたし、大喜びしました。感謝たくさんです<(_ _)>
もう随分前に店主の松井知之さんが修業されたお店で作られていたスタイルということで、りんご薄切りスライスをずらりと並べて焼いたタルトです。
鍋にバターとグラニュー糖、その上にりんご。酸味にレモン果汁も足され、フイユタージュをのせて焼かれたものということです。

●店主の松井知之さん、常に次のことを考えられて新しいアイデアをどんどん実現されます。本当によく働かれる方です。

★撮影時、一瞬マスクをはずしていただいています。

●半分にカットされたものをいただきました。焼きたて熱々で、ねっとりしっとりと火の入ったりんごの香味を楽しめて、本当に本当においしかったです。

★こちらは以前の記録です。

2019年1月、「オ・タン・ペルデュ」さんで、さささと即興で作ってくださったもの。忘れられないデセールです。
*****************
食感を残した薄切りのりんごの層。火が入ってほんのり温か。
その下にサクサクサクのフイユタージュ。間にクレームパティシエール。
(下から、サクサク/クレームパティシエール/りんご)✕3層、
上から熱いカラメルブールサレ。
*****************

その時の記事はこちら
実に実においしかったのです。(T_T)(T_T)
*****************
★ほかに、2017年11月、ピュイダムールを、底にりんごを敷いて作られたお菓子が忘れられません。記事ありました
ブション」さん、フランス愛に満ちていておいしくて、わたしの京都での日々に欠かせないお店です<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ナンポルトクワ」りんごのパティスリ3種類

■ 全国100万人の読者の皆さま、りんごのお菓子に目がないエリーでございます。

「N’importe quoi ナンポルトクワ」さん長いお休みが終わって再開\(^o^)/\(^o^)/
●りんごのお菓子3つ勢揃いと聞いて、買いに行かずにいられたでしょうか?(いいやいられはしなかった。)
(上の写真は、店主の西原裕勝さん撮影のものを使わせていただいています。)
●まずはミルフイユタタンが、超絶旨いです(*_*)(*_*)(*_*)
なにこれ風味絶佳っていうの? 薄切りにしたりんごを層にして積み重ねてあって、いわゆるタルトタタンの食感とは全く違います。試食にひと口と切り出したものの、酸味と甘みのバランスよく心地よく、圧倒的に旨くて止まらず一気食べ。ほんとーーーーにおいしい。りんごは紅玉ということです。
●驚きの食感だったのが、りんごとラムレーズンのクランブルタルト。

●「りんごとラムレーズン、くるみが入ったシナモンが香る素朴なタルト」とありますが、素朴じゃありません~~~!!!これは絶妙な調和で成り立った、超絶技巧のタルトだと思う。食感は、ミルフイユタタンのどこまでもなめらかなのとは対極にあって、口当たりがザクザクしながらも同時にしっとり、りんごは酸味と甘みと旨味とが押し寄せて、シナモンが香り立ち、なにこれ口の中が万華鏡になった? 打ち上げ花火上がった? みたいな感じで、これもまたほんとーーーーーーーーーにおいしいと思えたのでした。
●定番りんごのタルトは、これはもう金蔵さんの「パティスリー オ・グルニエ・ドール」時代から完成されたもので、タルト台とりんごが一体化していて旨い旨い旨い(*_*)(*_*)(*_*)
「ナンポルトクワ」さん、また伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

N’importe quoi ナンポルトクワ

京都市中京区堺町通錦上ル西側

11時~16時

月、火、水曜休み

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ロマンの森のカフェ」ジェイアール京都伊勢丹

■ 全国100万人の読者の皆さま、初訪問でテンションが上がったエリーでございます。

●先月、8月26日、ジェイアール京都伊勢丹3階にオープンした「マールブランシュ」さんの、「ロマンの森のカフェ」に伺って参りました。

ちょうど1年前に山科にオープンした広大な「ロマンの森」のエスプリを伝えるお店で、デパートの一画ながら樹々をあしらい絵本を揃え、しばしほっとなごめるしつらいがされています。

●お菓子の品揃えは山科とは全く違って、焼き菓子が中心。エンガディナーやカヌレがおすすめのようでしたが、わたしはむしろ、野菜がはみ出すほどのマフィン(サレ)やスパイシーな「うま味さん」使用のケークに心を奪われました。
でもでも、お菓子もおいしかった。エンガディナーのさくさくねっとりした口当たりと、ラム酒の香るフルーツケークのみっちり詰まったおいしさにうっとりしました。

●野菜のマフィン、切ればはみ出すほどたっぷり野菜入りです。茄子、ズッキーニ、パプリカなどみっちり詰まった感があり、これ価値あります。

●「うま味さん」のケークサレもスパイシーで好きでした。

 

●安心のおいしさです(^o^)(^o^)

●京都、和束の紅茶のマールブランシュさんオリジナルブレンドもとても香りよくおいしかったし、アレンジしたフルーツ入りのアイスティも美麗でした。

●焼き菓子は、サレを除いてすべて持ち帰りもできます。

ちなみに生菓子に関しては、唯一、やはりご希望多いとのことで、定番のモンブランのみ置いてありました。

●フルーツ入りのアイスティ、

シーズナルフルーツティ、これもよかった\(^o^)/

●ジェイアール京都伊勢丹の3階にあり、カウンターからのヴューはこんな。

ロマンくんぬいぐるみもいます。

*****************

●以下、「マールブランシュ」さんからいただいた画像です。

お客さまで満席状態で内観撮れなかったので、こちらでご覧ください。

 

●ジェイアール京都伊勢丹3階、北東の一画にあります。

 
●デパートの中にいながら樹々を感じられて、本当に「ロマンの森」をミニ版で再現されたのだなあと。
●絵本コーナーもありました。食育だけではなく、知育大事ね。
お菓子を楽しみながらこれをゆったり眺めていいって、粋な計らい、豊かな感じがします。

●焼き菓子、レモンのウィークエンドやガトーショコラなんかもおいしそうでした(^o^)

また伺いたいです。 でもすごい人気でお客さまひっきりなしでしたから、タイミングを見計らって訪れなければ、という感じでした。

●その後、地下の「マールブランシュ」さんのお菓子売り場に伺って、以前一度販売されて大好きだったアップルパイの再登場版を購入\(^o^)/\(^o^)/うれしいです。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ デスクトップ菓子:ミルフイユタタン

■全国100万人の読者の皆さま、ひっしのエリー@デスクトップシリーズでございます。

●本日のデスクトップ菓子は、先月から心を奪われている「N’importe quoi ナンポルトクワ」さんのミルフイユタタン、510円(+税)。

●りんごの薄切りスライスをタタン状にしたタルトで、この食感絶妙でたまらんわ。
「ナンポルトクワ」店主の西原裕勝さんの父上、「パティスリー オ・グルニエ・ドール」の西原金蔵さんは25年ほど前、「ロオジエ」のシェフパティシエであられた頃に、すでにこのスタイルで作っていらしたと。
●シャンティはどこまでもなめらかで甘さほどよく(フランスだったらもっともっと甘いと思う)、全体をクリーミーにまろやかにします。

●ある日はこれをおもたせにしました之図。命の次に大切と運んだら、シャンティ部分が崩れることなくきれいな状態で届けることができました。

N’importe quoi ナンポルトクワ」さんミルフイユタルト、りんごがおいしい時期は作っているということでしたから、まだもうしばらくいただけます\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

facebookにもいます。

*****************

■「ナンポルトクワ」りんごのタルト

■ 全国100万人の読者の皆さま、秋の到来を喜ぶエリーでございます\(^o^)/

●9月17日(木)、今シーズン初です\(^o^)/

ナンポルトクワ」さんのりんごのタルト、1カット 420円。秋田のりんごでスタートしたということです。

ぺたんとして、りんごとタルト生地が一体化していて、ほどよい酸味と甘みがじゅわーと広がり、これは唯一無二、比類なきおいしさと思います。
ひと口食べたら、もうこれこれこれ\(^o^)/\(^o^)/
という感じ。
ほんと幸せです(^o^)/☆☆☆

●6カット詰めてもらいました之図\(^o^)/\(^o^)/

*****************

N’importe quoi ナンポルトクワ

京都市中京区堺町通錦上ル西側

営業は、木、金、土、日。

11時~18時、18時以前でも売り切れたら閉店。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「レジョン」まだまだ新メニュー

■ 全国100万人の読者の皆さま、「Région  レジョン」さんがくせになっているエリーでございます。

テイクアウト花盛りです\(^o^)/

●「レジョン」さんの持ち帰り料理が楽しくてしょうがないのです。お値段がまた買いやすいわけ(^o^)/

先週2度出かけて、運よく買って帰れたものは・・・

●ラクレット焼き 480円、たこ焼きではなくてだから蛸は入っていません(^o^)(^o^) わたしこれやみつきに好き☆☆☆

ハムとマッシュルームと、ラクレット入りです。

●タンドリーチキン 630円もよかったです、スパイシーで、味よくしみて、鶏肉はほろほろとほぐれて旨いったらない\(^o^)/

●ローストビーフもほどよく風味よく、100g 649円。

●ハッシュドビーフやっとこさ買えて、これは感動深かったです。723円って、激しくお値打ちと思いました。

またいただきたいです。

●ソーセージも初めて購入。352円。

●りんごのタルトなんて、あれば買うではないの(^o^)(^o^)

温めていただきました。371円。

何をいただいてもおいしい、楽しい(^o^)(^o^)

今日は何があるかな?という期待感ともに出かけられるのがよいです(^o^)

Région  レジョン」さん、また伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************