■「シンレス カフェ」のほうじ茶のカヌレ

■ 全国100万人の読者の皆さま、「シンレス カフェ」さんがまたまたやりました\(^o^)/\(^o^)/

●プレーン、抹茶に続いて生まれたカヌレの新シリーズです。

先ごろ発売された新しいカヌレは 雅カヌレと名付けられた、ほうじ茶 風味。
馥郁たるほうじ茶の香りに満ちて、外側カリカリ中がほとんどクリーミーとろとろという、いつもの食感でうっとり楽しませてくれます。
米粉で作られた阪本久枝さんのカヌレ、抜群においしいと思います\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
●さらに今回は金粉があしらわれて、キラキラと輝き実に美しいことです。

●価格は1個 400円(税込)。4個入りのこんなパッケージもあります。

シンレス カフェ」さんの cannelé d’or =黄金のカヌレ、またいただきに伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ 1週間いろいろ/水モンブラン

■ 全国100万人の読者の皆さま、まとめ報告のエリーでございます。

この1週間で、クラブエリーは、

●「割烹 竹うち」さん(週明けあと1回開催)、

●「翠嵐 ラグジュアリーコレクション」さん、

●「杢兵衛」さん

とお世話になりました。

それぞれ詳細は改めてアップするとして、

写真1枚ずつ、特に印象的だったものを上げます。

●嵐山の「翠嵐 ラグジュアリーコレクション」さん、

料理長 松勢良夫さんよくしてくださいました。

鮎がこうやって運ばれてきて驚きました\(^o^)/

清流を泳ぐかのような風情。

しゃらしゃら~~と音までしていました。

iPadを挟み込めるガラス皿を特注したとのこと。

清流の映像としゃらしゃら~という流れの音と共に鮎を楽しめたのでした。

すごかった\(^o^)/

●祇園の「杢兵衛(もくべえ)」さんでは、店主の寺田慎太郎さんがよくしてくださいました。

お箸がこのようにセットされていました。箱入りなのです。

かりん材のお箸は、食事が終わったら先を拭いて(ちゃんと専用のお手拭きのような「お箸拭き」が配布されます)、箱に収めておみやげとして持ち帰れるのです。

これは時代に合っているし、おみやげとしても粋だし、この日の現場でも好評でした。

ちなみに他の木材もあるのかと尋ねてみたところ、あるのだそうです。よいですね。

ともあれこのお箸大事に使います(^o^)/

*****************

●夏の小休止、おやつはこれですよっと(^o^)/

マールブランシュ」さんの、夏季限定のお菓子、水モンブランです。

水ようかんのような、モンブランのプリンというかフランというか、ぷるぷるなめらかななお菓子です。
1個 398円。

●マールブランシュさんのサイトの写真がきれいなので使わせていただきます<(_ _)>

マロンプリンといった名前ではなく、水モンブランという商品名にしたのが本当にセンスいいなと思います。

差し入れに大丸地下のお店でがばっとまとめて買って、わたしもお相伴に預かったのでした\(^o^)/\(^o^)/

*****************

買いましたコーナー\(^o^)/

*****************

●2022年の手帳買いましたー\(^o^)/

早く書き込んでいかないと、ついつい、今の手帳の、2022年1月~3月のところに書き込んで、あとで書き写すのがメンドーということになります。

その分2冊持ちになってまた荷物増えるんだが( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

能率 NOLTY 手帳 2022年 B6 ウィークリー エクリ 1 レッド 2262 (2021年 12月始まり)

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「よ~いドン!」夏の甘いもの おすすめ3

■ 全国100万人の読者の皆さま、本気で激しくおすすめしたエリーでございます。

関西テレビ「よ~いドン!」の「おすすめ3」、8月9日(月)放送でした。

今回は最新激しくわたしがおすすめ\(^o^)/ 夏の甘いもの3つです。

「贈り物」というのタイトル的にそうなっているだけで、贈るよりわたしが食べたいものなのでした\(^o^)/\(^o^)/

*****************

*****************

(以下50音順で、本サイト内ページに飛びます)
「田中長奈良漬店」さんの奈良漬バターサンド

「ともみジェラーto」さんのきゅうりのジェラート

「リストランテ 野呂」のプリンやパンナコッタのシリーズ

↑ちょっと違うページですがこんな感じでお惣菜とデザートありますということ。

*****************

ご協力いただいた皆さまに御礼申し上げます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「シンレス カフェ」のチーズケーキ2種

■ 全国100万人の読者の皆さま、「シンレス カフェ」さんのお菓子にますます心を奪われているエリーでございます。

●マックロでインパクト大、バスクチーズケーキ 630円です。

●中身部分の塩気と香りがたまらなーいです。わたしは外側の黒焦げ部分を食べるのはどうしても抵抗があるので、丹念に、ごく薄くはずしながらいただきます。ごめん<(_ _)>
でもほんとーーーに香ばしい、おいしい(^o^)☆☆☆

●ダブルNYチーズケーキは700円。

京都で理想のチーズケーキのひとつになりました。

これほど濃厚ねっちりたっぷりのリッチな味わいながら、身体への負担は少ないって本当にすてきなことです。

シンレス カフェ」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ロトス洋菓子店」でミルフイユ、エクレール

■ 全国100万人の読者の皆さま、このパティスリがあまりにも好きなエリーでございます。

●大好きな「ロトス洋菓子店」さん、現在は店内入店は1組のみです。だからしばしばお店の外で待たないといけませんが、それでも伺う価値があると思います。何をいただいてもほんとーーーーーにおいしいからです(^o^)☆☆☆☆☆☆

●たまごのショートケーキとミルフイユがこちらの看板菓子と勝手に決めており、これらがあるのを見るだけでうれしくなります(^o^)

●ミルフイユもたまごのショートケーキも買いましたが、わたしがこの日いただいたのはカラメルクリームのエクレール。

これがまた理想的においしい。濃いカラメルクリームに塩気も効いた外側、食感心地よく香り豊かで、夢見心地に。ここは天国か? と思えます。

●「ロトス洋菓子店」さん、伺えるうちに買いに行きましょう。

(写真が斜めになっていてごめん。)

*********************************************
「ロトス洋菓子店」 電話 075-353-2050
〒600-8415
京都市下京区因幡堂町699
(京都市下京区松原通烏丸東入ル、1筋目を上ル、因幡薬師前を東入ル、南側)
12:00~18:00
販売のみ、サロンなし。
2011年1月15日開店
*********************************************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「La KLASSIQUE ラ・クラシック」クッキー缶

■ 全国100万人の読者の皆さま、これを買えて本当にうれしいエリーでございます。

●下鴨本通の「La KLASSIQUE ラ・クラシック」さんで先ごろ売り出されたクッキー缶です。

彩り美しく、サレも混じえながら、14種類みっちりと詰められています。

●楕円形の缶は優美な風情で、いかにも「ラ・クラシック」さんらしいです。よいですー(^o^)/☆☆☆

●全14種類はこんな。

この幸せな取り合わせ(^o^)ひと回りいただいても、またもうひと回りと止まりません。
フール セック クラシック 4600円(4968円税込み)です。

●さらに、ワッフルもいただいてきたのでした。

●手前が さくっと硬めのリエージュ風ワッフル。右側がしっとりふわっとした、ブリュッセル風ワッフル。

いずれも香ばしくて、心を奪われるおいしさでした。

「La KLASSIQUE ラ・クラシック」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「シンレス カフェ」のフルーツポンチ

■ 全国100万人の読者の皆さま、またしても仰天のおいしさに絶句したエリーでございます。

シンレス カフェ」さん、先日も抹茶のカヌレで瞠目の思いをしましたが、今回はこれ。

●瓶詰めで、フレッシュフルーツがたっぷりたっぷり、紅茶のジュレ仕立てです。

商品名は フルーツポンチ。でもアルコールは入っていません。

●瓶に、ごろんごろんとフルーツが入っています。それがジャスト食べ頃で、実に実においしい(T_T)(T_T)

こうしてメロンが大ぶりのかたまりで出てきて、その後ブルーベリーやオレンジ、いちご、巨峰、バナナ、キウイ、チェリー、、という感じで、すくってもすくっても出てきます。

主役フルーツのメロンの部分は今だと桃になったりマンゴーになったり。そして当然季節によってまた変わるということです。

●ジュレ部分は、「ジョルジュ キャノン」のアールグレイ紅茶とカルダモンでじっくり煮出し、オリジナル甘味料で甘みをつけていると。

以上店主の阪本久枝さんから伺いました。

これ本当に本当においしい。

1個 880円(税込み)です。

●おみやげにもしましたよっと\(^o^)/\(^o^)/

シンレス カフェ」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ナンポルトクワ」のパイナップルタルト

■ 全国100万人の読者の皆さま、またしても瞠目のおいしさのお菓子に驚嘆したエリーでございます。

●「ナンポルトクワ」さんの、パイナップルのタルトです。

これほんとーーーーーーに、

おいしいおいしいおいしいおいしい(T_T)(T_T)(T_T)

父上 金蔵さんの「パティスリー オ・グルニエ・ドール」から受け継いだ名作、定番のりんごのタルトがない期間に、あの食感で、パイナップルでタルトを作った西原裕勝さん偉いです<(_ _)><(_ _)>

パイナップルもこんなすてきなお菓子になれてうれしいと思う。

昨年のアップこちらです。1年前です。

1カット 450円(税込み)。常温でもおいしいし、少し冷やしてもいいです。

●おみやげにもしましたよっと(^o^)/

 

 

 

●6月24日からしばらくお休みに入られます。なのであと4日間、17、18、19、20日のうちに再度伺っていただこうと思っています。

*****************

N’importe quoi ナンポルトクワ

京都市中京区堺町通錦上ル西側

11時~16時

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「あしべ」楽しいお店\(^o^)/

■全国100万人の読者の皆さま、「あしべ」さんというおもしろいお店に5月の末から何度か伺ったエリーでございます。

●「あしべ」さん、大宮通、五条通より少し上る、西側です。

ガラス引き戸のお店に入ってみると、

●まず、お菓子のケースです。焼き菓子がさまざま。

●さらに、こんな華やかな生菓子もありました。

●そして奥に、また別にお惣菜のコーナーがあります。

なんかおもしろいお店\(^o^)/\(^o^)/

●お店をやっているのはこの方々、大田竜也(たつや)さんと、真理子さん。

竜也さんの方は「吉兆」さん出身、真理子さんの方はパティシエールとして熊本、京都の「ビゾンフュテ」さんほか何軒かのお店で修業されたという方です。

二人で、お菓子+お料理+(今はストップしていますが)飲みのお店を3月22日(大安)に開かれたということ。

●わたしがどうやってこのお店を知ったかというと、

リストランテ 野呂」のろっち=店主の野呂和美さんがこうやってお菓子を教えてくれたのが始まり。(1個だけ違うお店のお菓子が入っています)

「あしべ」の大田竜也さんはホテルグランヴィア京都内の「吉兆」さんにいらして、ホテルグランヴィア京都「ラ・リサータ」にいたのろっちと知り合いであったと。

●やたらショコラ菓子が多いのがわたし向きで、そして、本当においしいのです。これはくるみ入り、濃厚ショコラ味のパウンドケーキです。ラム酒が馥郁と香ってしっとり夢のような口当たりでした。

●初回わたしはこんな風に買ってきました。お店に行ってみて、実際にショコラものが焼き菓子の8割くらいとわかりました。話を伺うとやっぱり真理子さんはすごくショコラ好きということ。この偏りが好き\(^o^)/と思ったのでした。テーマが明確ということです。

ショコラではない金柑のタルトもおいしかったのです。左側はカフェ風味の焼き菓子。香りよかったです(^o^)(^o^)

●お惣菜もおいしそうで、気になりますね。いくつか買って帰りましょう\(^o^)/

●5月下旬のある午後、こんな品揃えでした。

買って帰ったのは以下のものです。

●ちなみに包装紙のこの絵はバナナの葉っぱとのことです。

●だし巻き。おだしたっぷりひたひたひたでした。

●賀茂茄子ごはん。

●鶏肉炭火焼きと鯛香草焼き。

おいしかった\(^o^)/満足感がありました。

店内でいただいたらまた楽しいと思います。

早くまともな世の中に戻って、店内飲食できるようになりますように。

●「あしべ」さん、現在は13時~20時。本来もっと遅くまで開けているお店ですが、時節柄20時閉店で、店内飲食もなし。

お休みなどは、

https://www.instagram.com/ashibekyoto/?hl=ja
インスタグラムに最新情報ありということです。

●ちなみに「あしべ」さん店名の由来は・・・この少年アシベだそうです。真理子さんの髪型からこのアシベなんだそうです。

いまひとつわからない気がしたけれど(^o^)、なぜ「あしべ」さんなのか?が解明されてよかったです。

「あしべ」さん、また伺います(^o^)/

*****************

「あしべ」

電話 075-201-3051

京都市下京区大宮通五条通上ル 西側

13時~20時
お休みはインスタグラムで確認なさってください。

2021年3月22日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

facebookにもいます。

*****************

■ 抹茶カヌレ「シンレス カフェ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、またしても、瞠目のお菓子をいただいたエリーでございます。

シンレス カフェ」さんの抹茶のカヌレです。

ちなみに前回のプレーンカヌレ(+お花)はこちら

●瞠目の、仰天の、いまだかつてないお菓子をいただきました。
「シンレス カフェ」さんの抹茶のカヌレ。
外側パリパリとして、中はこの上なくしっとり、ほとんどなめらかなクリーム状といっていいくらいの柔らかさです。
馥郁たる抹茶の香りが楽しめて、もうこれ、ほんとーーーーーーーーーーーーーに、超絶おいしかったです。
1個400円。400円でひととき別世界に行けます。酔うほどの香味です。圧倒的です。こんなの食べたことありません。

ボルドーの人もびっくりすると思います。カヌレはこんな発展を遂げたのか?と。
「シンレス」さんへ急ぎましょう\(^o^)/\(^o^)/

●こんな風におみやげにもしましたよっと(^o^)/

これを食べた人いわく、本来カヌレの生地は米粉で作る方が理にかなっているのではないかと思ったと。

ほんと、言われなければ米粉か小麦粉かなんて全く考えもしないし、いや、米粉だからこそのこの優美な舌触りなのかと思ったり。

店主の阪本久枝さん、すごいもの作られました。

また伺います(^o^)/

*****************

「シンレス カフェ」
電話 075-256-0033
京都市中京区東洞院通御池上ル(押小路上ル)東側

時短営業されているので、時間は確認なさってください。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

facebookにもいます。

*****************