■「マールブランシュ」八条口店リニューアル

■ 全国100万人の読者の皆さま、「マールブランシュ」さんはいつも楽しい開発と店舗展開をされるなあと思っているエリーでございます。

7月30日(火)遅い午後、8月1日の八条口店リニューアルオープンのプレオープンへ。
京都駅近鉄名店街みやこみちのお店が、がらりとリニューアルされていました。

旧サイト内を調べたら、2008年10月12日に、「近鉄名店街 みやこみちに、マールブランシュカフェオープン、10月6日におひろめ」とありましたから、オープン11年後の大改装ですね。
マールブランシュさんの代表銘菓「茶の菓」や「京サブレ」はもちろん、生菓子の販売もあり、さらにカウンターでできたてデセールがいただけたり、このお店限定のグッズがあったりします。楽しいお店です\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●「マールブランシュ」さんの「M」マークと鮮やかな緑の「茶の菓」の表示ですぐにお店はわかります。

●「京都駅近鉄名店街みやこみち」入ったところすぐの場所です。

●まずは「茶の菓」ですね。今は夏ヴァージョンもあります。

●をを、いらっしゃいましたね、河内康太朗さん\(^o^)/\(^o^)/ 広報の方・・・と思っていましたが、現在、正確には 取締役 侘家事業部事業部長 さんになられているとか。
「このお店では、こうやって籠を持って、買い回ってください」と。楽しくにぎやかな「お菓子の市」がコンセプトなのだそうです。

●わわ、「京サブレ」「茶の菓」をモチーフにしたがま口がありました。これはかわいいわ(^o^)(^o^) 

●「茶の菓」の色です。お菓子にこれを添えてプレゼントしたら粋なのではないか\(^o^)/\(^o^)/

●カウンタースペースがあります。お客さまがたくさんいらして写真を撮れなかったので、マールブランシュさんからいただいた写真を使っています。

●カウンターでまずいただきたいのがこれです。

グラスで供されるお濃茶のドリンク、「ナイトロブリュー」といって、なめらかな泡が立っていてうっとり美味なものでした。東京に(住んでいるとして)帰る前に(新幹線に乗る前に)これ飲んだら、後ろ髪引かれるだろうなあ♪という感じ。

●今回の看板デセールである、目の前で仕上げてもらうモンブランミルフイユは、ミルではなく3フイユ(笑)、パリの「ヤン・クヴルール」さん風の仕立てなんだけど、マロンのクレームがおいしい、アイスクリームがおいしい、刻んだ栗がおいしい☆☆☆

●「薬味」といって添えられるアーモンドやラム酒や塩や胡椒で、味わいの変化が楽しめてよかったです。

●最後に心を奪われたもの:このお店限定のトートバッグです\(^o^)/

●これを見てわたしは大喜びしました\(^o^)/\(^o^)/

肩掛けできる大サイズの赤も作ってねとお願いしてきました。

●きれいな写真も載せておきましょう。マールブランシュさんから拝借したものです。<(_ _)>

●河内康太朗さん、デセールを作ってくださった池本典代(みちよ)さん、スタッフの皆さんありがとうございました(^o^)/

「マールブランシュ」八条口店のウエブサイトはこちら。
http://www.malebranche.co.jp/store/108/
京都駅近鉄名店街 みやこみち内
電話 075-661-3808
9:00~21:00、カウンターは20:30LO。
2019年8月1日リニューアル開店

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「よ~いドン!」のおすすめ3

■ 全国100万人の読者の皆さま、先週初め、出すの遅くなりましたが、7月15日(月)の「よ~いドン!」のおすすめ3で、で激しくおすすめをしたエリーでございます。

●今回はおみやげものというくくりになったのでした。

●「Nowhereman」さんは放送される前に何度か通ってひと通りお菓子を購入、おみやげにしたり、

●わたしのデスクトップ菓子になったりしました。焼き菓子しみじみおいしい\(^o^)/\(^o^)/
その上、ショコラのテリーヌなんていうのもひっそり作られていて、これがひんやりして香味よく、実によかったです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

初出記事これ

●「虎屋菓寮」さんの、昨年11月にオープンした京都四條南座店もご紹介、水ようかんをおみやげにとおすすめしました。このお店だけのあんみつをまずご紹介したかったのだけど、今回はおみやげのくくりでということで、持ち帰り可能なものをおすすめ。
あんみつはこれです

●冷たいものでは「ななや」さんの濃い濃い抹茶ジェラート。

皆さまご協力ありがとうございました<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

関谷江里

■「フランソア洋菓子店」開店

■ 全国100万人の読者の皆さま、このオープンを、とても楽しみにしていたエリーでございます。

●西木屋町通四条下ルの「フランソア喫茶室」さんの南隣に、「フランソア洋菓子店」、本日オープン\(^o^)/\(^o^)/

●昭和ノスタルジックなフランソア喫茶室さんのお菓子とスペシャルティコーヒー持ち帰りの店で、カウンターもあるけれどここでお菓子はいただけず、となりの喫茶室で食べてねということ。

お菓子は6種類くらい作られるそうです。

●今日はまずは3種類。レアチーズ、レモンタルト、洋梨のタルトと定番中の定番のみでスタート、明日から6種類並びますとのこと。3種類を2個ずつおみやげに購入、そして自分用に洋梨のタルトを購入してきました\(^o^)/\(^o^)/

●3代目立野隼夫さん、洋菓子店を実現されたこと、おめでとうございます(^o^)(^o^)/

●洋梨のタルト。これは喫茶室の方でも何度もいただいているものです。

フランソア喫茶室」と「フランソア洋菓子店」さん、またすぐ伺います\(^o^)/\(^o^)/

フランソア洋菓子店さんの電話番号は、

075-361-1538 です!! (上に出ている番号は少し違う。笑。)

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「ラデュレ」の京都四条店

■ 全国100万人の読者の皆さま、パリの「Ladurée ラデュレ」がついに京都にもー! 表敬訪問したエリーでございます。

四条通御幸町南側、「とらや」さん跡に、
ラデュレ」の京都四条店、7月15日開店。
サロン・ド・テは8月1日からということです。
京都店限定商品は抹茶風味のサントノレだって。

他に抹茶マカロン、さらに「聖護院八ッ橋総本店」さんとのコラボレーションで作ったマカロンヤツハシ。
もちろん定番のマカロンも揃っていましたし、イスパハンもありました。

*****************

●ちなみに銀座に「ラデュレ」のサロン・ド・テができたのがこの時で、

http://erisekiya.cocolog-nifty.com/kyototokyo/2008/08/post_d969.html

今から11年前の2008年の夏、懐かしい!!

小椋三嘉ちゃんも、ゆきぴ=大森由紀子も若いわー\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 夏の新商品 なめらかな、水モンブラン

■ 全国100万人の読者の皆さま、栗を使ったお菓子も大好きなエリーでございます。ショコラ、カラメル、カフェ風味、熱でくたくたにしたりんご、よく焼き込んだ焼き菓子など、茶色いお菓子がおいしいと思うのです。

(でもって、いつもいつも言っているけれど、わたしはピンク系、酸味系のお菓子がダメ。酸味のお菓子ならフルーツ自体を食べる方がいい。)

●最近のデスクトップ甘味で、心を奪われるおいしさだったのがこれ。
マールブランシュ」さんの夏の新商品、水モンブラン というものです。
栗の風味濃厚、そこにラム酒が効いて、ものすごく粋な味。それでいて水ようかんのようにするりと食べられて夏向きです。「マロンプリン」といった名称でなく、水モンブランと名付けたセンスがまたよかったと思います。

●つるり、するりとしているのに味わい濃厚。禅問答のようだー\(^o^)/

これほんとーーーに好みです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●箱入りもあるし、バラ売りもあります。

マールブランシュ」さん、毎回新商品に瞠目の思いです。研究熱心ですばらしいブランドです。

この夏また必ずいただきます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「Nowhereman」焼き菓子の店

■ 全国100万人の読者の皆さま、よいお店に出会えて大喜びのエリーでございます。

●「Nowhereman」という焼菓子のお店、前を通りながらも「英語の店名だしなあ」などと思っていたのだけど、先日初めて入っていくつかいただいてみたら、おいしかったー\(^o^)/\(^o^)/ 
(何名か薦めてくださった方もいらっしゃいました。)

●とりわけガレットブルトンヌとフィナンシエ、とても好みでした。
●お店は4月3日に開店。店主さんは長野洋樹(ながのひろき)さんといって、お店を持ったのこそ最近だけど、すでに10年ほどお菓子製造をしていらしたということ。英語の店名だけど実はフランス好きということで、いくつか共通の好きなパリのお店もあったし、早く行けばよかったーと思ったのでした。

●また必ず伺います(^o^)/
*****************
Nowhereman
京都市下京区高倉通高辻下ル西側
12:00~19:00 月曜、火曜休み
店内サロンなし、物販のみ。
2019年4月3日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ナンポルトクワ」でヴェリーヌ

■ 全国100万人の読者の皆さま、ひとつ前の「エスパス・キンゾー」の後、ご子息の西原裕勝さんのお店、「ナンポルトクワ」に向かったエリーでございます。

初回投稿これ

りんごのタルトこれ

●細長い通路(でイートインスペース)を伝って店内へ。

●ガトーフレーズ、よいではないの(^o^)/

●うちに来るとすべからくデスクトップガトーになってしまいますが、合間にひと時の幸せです♪

●りんごのタルト、以前はこんな風に買えたのですが、

●あまりの人気で今では1人2カットまでの制限があります。

スティーヴ・ジョブズさんがアップルのタルトをすすめる之図は変わらず。

買えるだけを買ってきました。

●さらに、今回これをいただいてみました。

●ヴェリーヌ・トロピック。

酸味系のデセールを好きではないわたしですが、これはおいしい!!

●あるところに持ち込んでこんな風にいただきまして、とてもいいと思いました。酸味が過ぎず、甘みもほどよく、実にいい塩梅なのです。柑橘やパッションフルーツの(酸味ではなく)香りがめざましく、心を奪われました。この手のデセールで好きと思うことは少ないので、これは思わぬことでした。

またいただきたいと思います。また伺います。

*****************

●「ナンポルトクワ」、

フェイスブックで、お休みや仕込みの日がわかります。

https://www.facebook.com/Nimportequoi2018/

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「エスパス・キンゾー」でソルベ

■ 全国100万人の読者の皆さま、昨日の初訪問に続いて、「コンフィズリー エスパス・キンゾー」に出かけたエリーでございます。

●きのういただけなかったグラニテを目ざして伺ったのでした。

●これです。グラニテというよりソルベの感じ。香り豊かで、さわや~かでした。柚子の蜜煮とミントの葉がアクセントとなって、いい感じなのでした☆☆☆
これから行列になります。

●バラのコンフィチュールも買ってきました\(^o^)/\(^o^)/

「コンフィズリー エスパス・キンゾー」さん、また伺います(^o^)/
*****************
「コンフィズリー エスパス・キンゾー」
京都市中京区堺町通錦上ル東側 ビルの2階
土曜と日曜のみ営業
13時~18時
2019年6月1日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「コンフィズリー エスパス・キンゾー」開店

■ 全国100万人の読者の皆さま、テンション激しく上がったエリーでございます。

●西原金蔵さんと純子さんです\(^o^)/\(^o^)/

●なんと本日6月1日オープン、
「コンフィズリー エスパス・キンゾー」


●土曜と日曜のみ、13時~18時営業、
以前のエスパスキンゾーの場所(堺町通錦上ル東側)です。
●パットドゥフリュイやコンフィズリー(砂糖菓子)やコンフィチュール販売のお店です。
●全く知らされておらず(どなたにも言わないでスタートされたとおっしゃっていましたが)、でも「タカナシ」さんのお花があったからわかりました。御祝いも何も持っていなかったけれど、階段を駆け上がったのでした。閉店間際だったのでとりあえずAセットを2箱購入、改めて伺います。
●西原金蔵さんの再スタート本当にうれしいです\(^o^)/\(^o^)/
*****************
「コンフィズリー エスパス・キンゾー」

京都市中京区堺町通錦上ル東側 ビルの2階

土曜と日曜のみ営業
13時~18時
2019年6月1日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ パティスリー「LAMARCK ラマルク」

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店ご紹介のエリーでございます。

●吉田達哉さんのパティスリ、5月1日開店の「LAMARCK ラマルク」さんに行ってきましたー\(^o^)/\(^o^)/ 
ほんとーによかった\(^o^)/\(^o^)/
●吉田達哉さんはキャリアの初めにホテルグランヴィア京都に5年半いらして、一時は(今はない)「ラ・リサータ」にもいらしたと。

その後フランスでモンペリエやパリで2年半修業(ちなみの店名の「ラマルク」はパリで暮らしたところがラマルク通りにあったからということ)、帰国後は大阪の「ケ・モンテベロ」などで修業、先日5月1日に独立開店なさいました。
わたしは 2017年10月に「パティスリー S」さんでのろっちの紹介でお目にかかり、楽しい方だーと思っていましたが、
(この時ね↓↓↓)
https://www.erisekiya.com/2017/10/14869
この時はまさか京都で独立されるとは思っていませんでした。
●すっきりシンプルで瀟洒な店内、窓際には3テーブル・6席あって、その場でお菓子をいただけるのがいいです。

手前がマダムの典子さんです。
●箱に入ったのが購入したもの(全種類ひとつずつ予約していた)、

●サロンでいただいたのは午後にもうほとんどが売り切れになっていて3種類のみ。クレームが、ビスキュイが、シュー皮が、中のフルーツが、つまり何もかもが、ほんとーーーーーーにおいしいと思いました。
●さらに焼き菓子のおいしさも際立っています。洋酒が使われて粋な味、ショコラのケイクも止まらなかったです。

●噂をしていたら現われたー(^o^)(^o^)

●かつて半年間くらい「ラ・リサータ」にいたという吉田達哉さんと、そこでシェフだったのろっち=現在「リストランテ 野呂」の野呂和美さん。フランスとイタリア友好之図です。
のろっちいわく、とても仕事がしやすくて、よくできる人だったとのこと。
「LAMARCK ラマルク」さん、また伺います(^o^)(^o^)/☆☆☆
*****************
「LAMARCK ラマルク」
電話 075-496-8548
京都市上京区新町通今出川から50メートルほど下ル西側
10:00~19:00 火曜水曜休み
サロン6席
2019年5月1日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************