■ 京丹後市・久美浜の「和久傳の森」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、久美浜に行ってきたエリーでございます。

9月22日(金)に出かけた、久美浜の「和久傳」さん。「和久傳の森」といって、おもたせの品を作る工房の他に、6月23日には森のレストラン「wakuden MORI」(イタリア語で桑の木の意味)と、安藤忠雄さん建築の美術館「森の中の家 安野光雅館」がオープン。このたびやっとこさ行ってきました。
●京都は洛西、沓掛から高速道路に乗ってスタート。せっかく出かけるならといつもの月刊誌でご紹介することにして、おかげでカメラマンのしげさん=鈴木誠一さんの車に乗せてもらえてラッキー。先日の台風の影響で一部通行止めになっていた京都縦貫道路が前夜再開通していたこともまた、激しくラッキーでした\(^o^)/\(^o^)/
●ひろびろ~とした敷地に、まず見えたのがレストラン。
●迎えてくださったのは本の制作以来しばらくぶりのジョニーさん=瀧村幸男さん(右)と、ジェイアール京都伊勢丹の「京都和久傳」でもお世話になった関戸秀史さんです。
●キッチンにずらーーーっと並んでいるのは電子レンジ! パナソニックの上位機種です。この眺めだけで家電好きのわたしは歓喜したのですが、これが何かというとご飯を炊くためだったのですね。しかしこれ全部稼働すると、どれほどの電力でしょう。
●「楽磁器」というこの器、磁気を帯びた土(フェライトなど)で作られており、電子レンジのマイクロ波と鍋の磁性が共鳴して、遠赤外線波長に変換される、と聞きました。で、これで炊いたご飯がまた、土鍋炊きに少しも引けを取らずおいしいのだわ\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
この「楽磁器」、販売されているのは知っていたけれど、「和煮(なごみに)」温め直し専用と思い込んでいました。ほんとすごい。高齢の方でも、ガスがなくても電気があればおいしいご飯が炊けるというわけです。

●いつもの月刊誌のために撮影です。しげさん=鈴木誠一さん。
●おみやげコーナーも楽しくて、この「MORI」ならではのおもたせがいくつもありました。

●美術館の方は、壁を伝ってアクセスする上、館は黒い杉板で覆われており、ハードな印象です。

●美術館の前の一角は、新しい森にすべく植樹されていました。5年後、10年後が楽しみです。

●館内は木の造りで絵とよく合う柔らかな雰囲気、ところどころスリットのように細長い窓があって自然光も入るようになっていました。ちょうど「洛中洛外」のシリーズが始まったばかりで、見慣れた京都のあちこちの風景が別物のように典雅に描かれた57点の絵に感じ入りました。

●往路2時間半、食事と取材で2時間半、帰路2時間半。全部でぴったり7時間半の久美浜行きでした。
「wakuden MORI」の料理は次の投稿で。

*****************
京都府京丹後市久美浜町谷764  和久傳の森

(レストラン)
電話 0772-84-9898
10:00~17:30LO、18:00閉店
火曜休み、祝日の場合は営業して翌日休み。
年末年始の12月29日~1月1日も休み
60席、全席禁煙

(安野光雅館)

電話 0772-84-9901

9:30~16:30最終入館、17:00閉館

火曜休み、祝日の場合は営業して翌日休み。
年末年始の12月29日~1月1日も休み
2017年6月23日開店

和久傳の森
*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 夷川発電所のあたり、桜散歩

■ 全国100万人の読者の皆さま、「桜はとりたてて言うほど好きではない」などと言いながら、毎日どこかしらで桜を見上げては写真を撮っているエリーでございます。

●まずこの道を走って、

●ここで東へ折れます。

●わたしの好きな散歩道です。

●夷川発電所のあたりです。ごーっという水音が気持ちいいです。真冬以外はわたしここ大好きです。

●橋の上からの眺めです。

●逆側(西側)を見たらこんな。

うららかな春の日でした。これくらいの気候でずっといてくれたらいいのに。酷暑の夏が来るなんて思いたくないです(*_*)(*_*)

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

関谷江里

■ 京都、水辺の散歩道

■ 全国100万人の読者の皆さま、自転車が好きでしょうがないエリーでございます。ほんとーに好きなの。わたしものすごく自由だなーって思えるから。で、好きな散歩道がありまして、散歩といっても歩くわけではないから、「散走道」という感じですが、今の時期好きな場所。わざわざ出かけることはないけれど、西方面へ移動の時は無理やりでもここを経由するようにするわけです。

IMG_5847.jpga■ 冷泉通を川端通から少し東へ進んだところ。しゃーと水音が鳴り響いていて、涼しい気分になります。流れが急でない奥まったところで、ゆらゆらと、大型の鯉くらいの魚がいることを認めました。目の錯覚かなと思ったけれど、見つめていたら、ひらひら泳いで移動したから、あれは間違いなく魚・・・
IMG_5849.jpga■ 橋の上から。ここは水力発電所なのですね。

IMG_5854.jpga■ 夷川発電所というのでした。発電ありがとう、電気大好きな人生です♪ 

IMG_5858.jpga■ 冷泉通と川端通の角に山法師(やまぼうし)が花盛りの姿を見せていました。よそのお花だけどしばしありがたく眺めて、写真も撮らせてもらいました。感謝<(_ _)><(_ _)>
IMG_5860.jpga■ そして鴨川、二条大橋の上からです。この水の流れの美しいこと、暮れ方の色合いの目に心地よいこと。山紫水明というのだわ。うっとり☆☆☆
左側に見えているのはおなじみザ・リッツ・カールトン京都ですね♪(笑)明日こちらの和食店「水暉」さんで、非常に楽しみな夕食のイヴェントが行われます。
はげたの=激しく楽しみに伺いますよーん☆☆☆
*****************
本サイトは10年間の記録であるココログニフティ
関谷江里の京都暮らし(4280記事)
から移転・新装したものです。
*****************

関谷江里