■「オカフェ」のプリン

■ 全国100万人の読者の皆さま、「プリンがきらい」と言えば嘘になるエリーでございます\(^o^)/

おもしろい「オカフェ」、別名「男前珈琲」でプリン\(^o^)/\(^o^)/
先日のパンどらの時に眺めて以来、食べようと決めていたプリンです。3月頃から出されているとのこと。

■ クリームの上にマッカなチェリーの飾り、この昭和の風情見てよ(^o^)(^o^)/☆☆☆
■ スプーンを入れてもしっかりしていて、なめとろ=なめらかとろとろタイプではないのです。理想的です。

■ 「ハードボイルド」なんだって。濃い濃いカラメルソースも含めて激しく好みのプリンでした。「京都理想のプリン」のひとつに入りました。
合わせているのはもちろん濃い濃い目の覚めるようなアイスコーヒーです。これも激しく好みですー(^o^)/

オカフェ

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

関谷江里

■「ペリドット」、2回目(追記あり)

■ 全国100万人の読者の皆さま、「ペリドット」に伺ったエリーでございます。2度目の訪問。

初回はこちら

■ かわいい喫茶店「ペリドット」さん、お菓子おいしい!!
このフルーツケーキはポルトガルのアソーレス諸島のお菓子だそうで、ボーロ・アソリアーノ450円。ラム酒とポルトに漬け込んだレーズンとオレンジピール入りで、甘みはきび蜜とのこと。
独特の香り、しっとりした口当たり、フルーツの香味がすてきです。やみつき(*_*)(*_*)

■ アッサム紅茶といただきました。
■ 以下、ちゃんと「見直した値段」ということです。
お菓子+お茶で千円以内でおやつタイムができたら手軽でありがたいです。

■「ペリドット」さん、また伺います(^o^)/
*****************

■ 追記です:今度は友人Nちゃんと共に4月4週目に。Nちゃんはお菓子3種類を取って、一瞬で食べてました。わたしはプリン、ナタも見てたら食べたくなっていただきました。ナタは明らかに、最初よりもよりおいしくなっていました。よりサクサクに、より風味豊かに。プリンはポルト入りカラメルソースが粋な香り。あああこれはおいしいわ☆☆☆

これでまたファンが増えることでしょう。

*****************
「喫茶 Peridot 」ペリドット

電話 075-708-5100
京都市下京区柳馬場通松原下ル西側
11:00~18:30LO・19:00閉店
金曜休み、他不定休が時々あり
全席禁煙
2017年3月25日開店
*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

関谷江里

■「鳥の木珈琲」のプリンとカフェ

■ 全国100万人の読者の皆さま、「鳥の木珈琲」さんのプリンは理想的だと思うエリーでございます。

このプリン、わたしほんとーーーに好きです。300円。

■ 開店からもうすぐ3年になる「鳥の木珈琲」さん。
ここでお値段を見直しとのことです。今まであまりにも良心的なお値段でしたから、全然問題ないと思います。

カフェ400円→450円へ。プリンやキャロットケーキは値段は変えず、けれどカフェとのセットで50円引きだった割引はなくなったとのこと。

それでも750円でしばし寛いでなごめるのですから、わたしはまったくOKと思います。食材もいろいろ値上がりしたし(*_*)(*_*)

■ ちなみに料理屋さんもレストランも、ここしばらくでお値段上がりました・・・

しょうがないことと思いつつもお財布にはもちろん厳しく、その分、前よりも行き先を厳選するようになりました。qualité-prix カリテプリの悪い店には全く行かなくなったと思う。義理や付き合いで行くということもありません。「このクオリティで何でこのお値段?」と一度でも思ったら、もう行かない。

以前は新店でも片っ端から出かけたけれど、胃のスペースがだんだん限られてきたことも大きく、ほんと「とりあえず出かける」ということがなくなりました。時間とお金と気持ちを無駄にしないために、手堅く、間違いないと思うところに絞ります。

●「鳥の木珈琲」さん、カレーもおいしいし(ぜひ+150円の卵付きで!)、

●もちろんカフェもおいしいお店です。しっかり味と香り、深みのあるカフェです。

●これが最新のメニューです。

●それから、オープン時間が今までの9時から10時になるそうです。
それもわたしはじぇんじぇんOK、むしろ夜にずらして~。笑

*****************

(以下、「鳥の木珈琲」さんウエブサイトから転載。)

営業時間変更と価格改定のお知らせ
いつもご愛顧いただき、まことにありがとうございます。

当店は、この4月にて3周年を迎えることとなりました。
この小さな店が、こうしてこの町でなんとか続けてくることができましたのは、皆さまのあたたかな支えのおかげであることを強く感じ、改めて深く感謝いたしております。
そしてこの3年を振り返り、今後の営業について検討いたしましたところ、これからも長く続けていくために、以下のように営業時間と価格の改定をさせていただくことといたしました。

○開店時間の変更
開店時間を現在の9:00から10:00に変更させていただくことにいたします。朝にお立ち寄りいただいておりましたお客様にはたいへん申し訳ないのですが、生活環境の変化などもあり、勝手ながら1時間遅らせていただくことにいたしました。

○価格の改定
オープンから三年ほどたち、その間に様々な原料価格の変化や想定外のこともあり、たいへん心ぐるしいのですが、価格の改定をさせていただくことにいたしました。
コーヒーは450円、デザートは価格そのままですが、セット割引をとりやめることにいたしました。
また、コーヒーのおかわりは300円とさせていただきます。

*****************

*****************
鳥の木珈琲
〒604-0815
京都市中京区夷川通東洞院東入ル北側 モア御所南1階
(山中町542)
10:00~18:00LO・19:00閉店
水曜と第3日曜休み、他時々不定休日あり
カウンター3席、テーブル8席 全席禁煙
予約不可
2014年4月26日開店

★5名以上のグループでの入店不可

*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

関谷江里

■ 新しいカフェ「喫茶Peridot 」ペリドット

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店お知らせのエリーでございます。先日のアルファステーション「デジュネ・ア・キョウト」でもお話ししたかわいいカフェのこと。

●3月25日(土)「喫茶 Peridot 」ペリドット オープン\(^o^)/

●柳馬場通松原下ル、以前「ジャジューカ」さんだった場所に、すてきなカフェがオープンしました。
テーマは旅情をそそるヴェトナムとポルトガル、そして懐かしい昭和の雰囲気。
店主の宮本裕子(みやもとゆうこ)さん、通称「おーちゃん」の好みと趣味を極めたお店です。
●カウンターと、こんなすてきな椅子とミニテーブルのコーナーがあり。
お菓子がすごーくおいしいわ\(^o^)/ 
●ポルトガルのエッグタルト「パスティス・デ・ナタ」270円。

外側サクサクで中はたまご感豊かでほどよい柔らかさ、これはおいしいわ☆☆☆
●いちごのショートケーキ 400円

日本の、(昭和時代からある)ケーキです。するりと食べやすくてまた食べたいと思う優しい味。

●特製プリン 400円

●プリンはカラメルソースにルビーポート入りを選択できて、これがたまらなく香りがよくて美味(T_T)(T_T) 

京都おいしいプリンベスト3に入りました。

●ほかにフルーツケーキやヴァニラ風味のクッキー(ブール・ドゥ・ネージュみたいなの)もあります。

●お菓子の神さまがついています。
●飲み物は蓮茶 400円を選択。いい香り、味わい深くてこれはまりました<(_ _)>

●軽食の一部もいただいたのですが、生春巻き目の前で作り立て、香りよく具材たっぷりシャキシャキで、これもおいしかった\(^o^)/\(^o^)/
●値段も適正だし(通える値段)、他にない独自のおもしろさがあるし、ここに来ないと食べられないお菓子があるしで、これは熱心なファンがつくと思います。

(以下、値段はスタート時のもので、いくつか値段見直して直されるそうです。)

●メニューを貼り付けておきます。
●ちょっとはにかむ。

●笑うとかわいい。髪型よく似合っています。

わが道を行くおーちゃん、趣味の方向性は違えど、そのはまりぶり、徹底ぶりにわたしは自分に近いものを感じて、何か好きだなあ♪ と思うのでした。
使っている器、置いてある雑貨類もいちいちかわいいのです。
出会いに感謝。アルファステーションの仕事を通して昨夏紹介してもらったおーちゃんです。
そしてこの物件の、モロッコ(ジャジューカさん)→ポルトガル&ヴェトナムとなったおもしろい運命よ。
ジャジューカさんはその後寺町通で、同じ建物で違う雰囲気のお店2軒やるというすごい展開をされています。旅好きのケイさんらしいです。
★「ペリドット」とはルビーとかガーネットのような、石の名前とのこと。緑色の石です。
*****************
「喫茶 Peridot 」ペリドット

電話 075-708-5100
京都市下京区柳馬場通松原下ル西側
11:00~18:30LO・19:00閉店
金曜休み、他不定休が時々あり
全席禁煙
2017年3月25日開店
*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 理想のプリン@「イノダコーヒ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、

応接間代わりでもあり、

気分転換のためのひと息スポットでもあり、

何か具体的に食べたいものがあって飛んで行くところでもあり。

イノダコーヒ」さんにはよくお世話になっているエリーでございます。

img_4665-jpga■ ある夕方遅めの時間に、「イノダコーヒ」さんで、プリンです。プリンとカフェオレ。このプリンすごく好きで、わたしにとっての「京都の理想のプリン」のひとつです。

(プリンのカテゴリー作ってしまいました。笑。)

イノダコーヒ

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************

■「鳥の木珈琲」のプリンとカフェ、カレーも♪

■ 全国100万人の読者の皆さま、久しぶりに「鳥の木珈琲」さんに伺ったエリーでございます。もうどうしてもこれ食べたくて。

IMG_7190.jpga

■ プリン 300円、アイスコーヒーは500円。飲み物とのセットで50円引きです。

このプリンの食感が本当に好きです。するっとしていて必要以上にとろとろせず、けれどたまご感豊か。理想のプリンのひとつです。
**********************************
追記:どうしてもこれを忘れられず、また出かけました。
IMG_7378.jpga

■ ドライカレー 800円、飲み物とのセットで1000円です。辛すぎずマイルド、けれど甘さ際立つカレーというわけではありません。玉ねぎ、にんじんなど野菜がたくさん入っていることがよくわかりました。挽肉もたっぷりで、豊かな気分に。わたしこれ好きでした♪ 1日だいたい8食限定とのこと。すぐに売り切れるみたいです。

IMG_7375.jpga

■ 小さなサラダも付いてきました。キャロットケーキのお店だからさすがです、ざくざくおろされたにんじんがソースになっています。丁寧に作られたサラダでした。

IMG_7384.jpga

■ 飲み物はアイスコーヒーにしました。牛乳添えです。

IMG_7372.jpga■ 最新メニューです。
(以下が最新データです。)

************************************************
鳥の木珈琲」 電話 090-6667-0499
京都市中京区夷川通東洞院東入ル北側 モア御所南1階
(山中町542)
9:00~18:00LO・19:00閉店
毎週水曜、第3日曜休み
カウンター3席、テーブル8席 全席禁煙
2014年4月26日開店
************************************************

*****************
本サイトは10年間の記録であるココログニフティ
関谷江里の京都暮らし(4280記事)
から移転・新装したものです。
*****************