■ NHK文化センター講座@「匠 奥村」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

NHK文化センター講座を「匠 奥村」さんにお願いしました。2階を借り切ってのお昼でした。
お手間のかかった美しい料理、季節感豊か、本当に美味でした。
*****************
●旬の食材を使ったオードヴル盛り合わせ
桜海老とシラスのキッシュ/うすい豆の豆腐うに添え/葉わさび胡麻和えと車海老/じゅんさいとびわのトマトスープ/子持ちイカ燻製オイル
●北海道毛蟹のフラン
●オマール海老と帆立のサラダ
木の芽のグラニテ カンパリとチンザノロッソのゼリー 小夏の香り マスカルポーネソース
●すずきのパン粉焼き
アスパラ2種 新小玉ねぎと新甘藷のフライ 甘夏香るソース
●新ごぼうのスープ 人参と共に
●黒毛和牛フィレステーキ
●ひと口カレー
●デザート盛り合わせ
ピスタチオフランボワーズ ケークサフランオランジュ ヴェリーヌココパッション クレームブリュレ 美山卵のヴァニラアイスクリーム
●食後の飲み物、カフェクレームを選択。
●ほうじ茶
*****************

●旬の食材を使ったオードヴル盛り合わせ
桜海老とシラスのキッシュ/うすい豆の豆腐うに添え/葉わさび胡麻和えと車海老/じゅんさいとびわのトマトスープ/子持ちイカ燻製オイル

●これがひとり分。どのお皿も丁寧に作られていて美味、全体いいバランスです。

●パンは3種類供されました。

●北海道毛蟹のフラン

 

●オマール海老と帆立のサラダ
木の芽のグラニテ カンパリとチンザノロッソのゼリー 小夏の香り マスカルポーネソース

●すずきのパン粉焼き
アスパラ2種 新小玉ねぎと新甘藷のフライ 甘夏香るソース

●新ごぼうのスープ 人参と共に

●黒毛和牛フィレステーキ

●ひと口カレー

 

●デザート盛り合わせ
ピスタチオフランボワーズ ケークサフランオランジュ ヴェリーヌココパッション クレームブリュレ 美山卵のヴァニラアイスクリーム

●食後の飲み物にカフェクレームを選択。メスカップでうれし♪

●ほうじ茶でごちそうさまでした<(_ _)>

■ この日のわたし、わりと不調だったのですが、休むわけには絶対にいかないのでなんとか出かけて、「撮影して、ひと口ずつお味見だけでも」などと思っていたのに結局全部きれいにいただきました。だって理想的においしかったから☆☆☆
仕事のおかげで出かけられて(仕事がなければ起きられなかったと思う)、仕事のおかげで身体治りました。深く感謝。

匠 奥村」さん、奥村直樹さん、そしてスタッフの皆さんにもお世話になりました。クラブエリー第3金曜でも伺います。どうぞ楽しみにー!

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ NHK文化センター講座@「山玄茶」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

山玄茶」さんよかったーー\(^o^)/\(^o^)/
4月6日 第1木曜、NHK文化センター講座のお昼をお願いしました。
先月もクラブエリーでお願いしたばかりなんだけど、毎回大人気で満席になります。
■ 今日は春爛漫な料理。カウンターと2部屋に分かれましたが、お部屋でも春の名物「桜はらはら」をやってくださいました。
お料理おいしい、白ご飯がまた瞠目のおいしさ、
日本人でよかった、京都にいられて幸せ~と大盛り上がりで、
ほんといいお昼でした。盛大に感謝いたします<(_ _)><(_ _)>

■ 以下、この日のコースです。

●長芋豆腐、雲丹入り、一寸豆、割り醤油

●雲丹がたっぷり入っていました。

●煮物椀、厚揚げ豆腐、あぶらめ、わかめ、にんじんねじ切、つる菜、花うど、白髪ねぎ、搾り生姜

●お造りは、

 

●鯛、いか、本かつお炙り、甘海老。野菜たっぷりで、パプリカ、レタス、かいわれ、玉ねぎスライス、ブロッコリー

●すり胡麻をポン酢にたっぷり入れて、お造りの上からかけていただきました。おいし☆☆☆

●桜の葉入り飯蒸し、いくら醤油漬

●焼物は、

●鱒の酒塩焼き、花山椒、しば漬けおろし

●八寸は、

もずく、生くらげ酢の物/きゅうり、大徳寺麩 胡麻和え/鯖小袖寿司/チーズ入り玉子しんじょう/穴子八幡巻き/粟麩木の芽田楽/蛸の柔らか煮/近江こんにゃく/万願寺唐辛子浸し

●強肴に、桜海老かき揚げ、たらの芽の天ぷら、だしかけ、一味おろし

●焚き合わせで、帆立貝のしんじょう、筍、ふき、木の芽

●いつもながら心底おいしいと思う白ご飯。ご主人の増田伸彦さんのご実家のお米です。品種的にはコシヒカリ。際限なくおかわりをいただきそうになります。

●最後は、卵黄をからめる「ライスカルボナーラ」の方と、わたしのようにお茶漬け派と。

●パンナコッタに、いちごとマンゴーです。

●最後に桜餅。春爛漫で充実の献立でした<(_ _)>

●「成田屋!」のかけ声を、と春の楽しみ「桜はらはら」をしてくださいました。

●春が来たことを祝ったようなお昼のひと時でした。増田伸彦さん、スタッフの皆さまに御礼申し上げます。

参加してくださった皆さまにも、感謝たくさんです<(_ _)><(_ _)>

山玄茶

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ NHK文化センター講座@「実伶」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。NHK文化センターの第1木曜講座、今月は「実伶」さんにお願いしました。
若き料理人たち手際いい、お料理おいしい、お店の雰囲気明るい\(^o^)/\(^o^)/

IMG_3208.jpga

●こんな献立でした。

IMG_3172 IMG_3173

●先付 車海老、粟麩、わらび、うど、針湯葉、胡麻酢和え

IMG_3180 IMG_3181 IMG_3188.jpga

●湯気湯気のお椀、底に芽キャベツのしんじょう、はまぐり、防風、わかめ

IMG_3196

●鯛とこしびまぐろ。

IMG_3199 IMG_3200

●焼物は、丹波牛の炭火焼き、筍。花山葵と。

IMG_3202 IMG_3205

●酢物は、白魚、ほたるいか、下にトマト。空豆、菜の花。黄味酢、その上に土佐酢ジュレ。

IMG_3211 IMG_3212

●鉢もので、甘鯛と春蕪の沢煮仕立て

IMG_3221 IMG_3228 IMG_3238

●毛蟹ごはん、赤だし、香の物

IMG_3242

●キャラメルアイスクリーム、干し柿、日向夏ゼリー、りんごコンポート、メロン。

■ 充実の内容で、皆さんに喜んでいただけたと思います。
咽喉がすばらしく痛く、風邪症状に移行したダメエリーですが、気持ちがほがらかになりました\(^o^)/\(^o^)/

■「実伶」店主の中尾雄三さん、押川紘一郎さん、いちばんの若人げじさん、マダムの純恵さん、お世話になりました。

参加者の皆さんにも御礼申し上げます。

クラブエリー第3金曜の方も、6月をどうぞお楽しみに\(^o^)/\(^o^)/

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ NHK文化センター講座@「はふう聖護院」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。NHK文化センターの第1木曜講座、今月は「はふう聖護院」さんにお願いしました。

IMG_0318

●こんなスペシャルメニューを組んでいただきました。

IMG_0311 IMG_0315.jpga

●アミューズにカレーパン。

IMG_0310

●1ドリンクつけていただきますが、わたしは大抵ペリエか、このようにサンペレグリーノなどの発泡水です。

IMG_0325.jpga

●極上肉の炙り焼き

IMG_0323

●添えられるのが、にんにく醤油、ぽん酢、白味噌ぽん酢。

IMG_0330.jpga

●ビーフシチューのココット

IMG_0335 IMG_0339

●金時にんじんのクリームスープ

 

IMG_0340●野菜サラダがたっぷりと。

IMG_0349.jpga

●サーロインかフィレを選択できます。もちろんフィレです。中を少しレアに残しておいてもらうくらいが好きです。

IMG_0356

●デセール盛りはいろいろーな内容です。となりに座られた方のものです。

IMG_0361

●「はふう聖護院」さん、お世話になりました。皆さまに御礼申し上げます。

今月第3金曜、またクラブエリーで伺います(^o^)/

2月17日(金)お昼、キャンセルがあり空席が出ていますので、参加ご希望の方はどうぞご連絡くださいませ。

肉好きにはたまらなく魅力的なお店です。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ NHK文化センター講座@「和ごころ 泉」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。NHK文化センターの第1木曜講座、今月は第3木曜に開催で、「和ごころ 泉」さんにお願いしました。昨年移転されて以来ますます人気の和食店です。松の内は過ぎましたが、せっかくなのでお正月料理です。

細やかなお手間入りのお料理、ものすごく充実してたっぷりで美味。皆さんに喜んでいただけたと思います。よかったー\(^o^)/\(^o^)/

*****************
●先付 数の子、甘鯛、赤蕪
●椀物 白味噌雑煮椀
●向付 いか、しびまぐろ、鯛
●八寸 玉子カステラ、なまこみぞれ和え、堀川ごぼう、菜種辛子和え、松葉刺し、鴨ロース、黒豆
●焼物 鰆の橙博多焼き
●冷物 ぶり大根(ぶり造りに大根おろし!)
●焚合 蕪蒸し、近江牛入り
●食事 自然薯のご飯、八丁味噌椀、香の物
●水菓子 いちご、日向夏、メロン、紅茶のババロア
●お菓子 柚子のお菓子、お薄
*****************

■ 以下、順番にいきます。

IMG_9559.jpga IMG_9561.jpga IMG_9562.jpga

●干支の酉の器で登場した先付は、数の子、甘鯛、赤蕪です。

IMG_9564.jpga

●椀物 白味噌雑煮椀
IMG_9568.jpga IMG_9572.jpga

●向付 いか、しびまぐろ、鯛
IMG_9575.jpga●八寸 玉子カステラ、なまこみぞれ和え、堀川ごぼう、菜種辛子和え、松葉刺し、鴨ロース、黒豆
IMG_9578.jpgaIMG_9580.jpga●焼物 鰆の橙博多焼き
IMG_9587.jpga●冷物 ぶり大根(ぶり造りに大根おろし!)
IMG_9590.jpgaIMG_9593.jpga ●焚合 蕪蒸し、近江牛入り
IMG_9594.jpgaIMG_9596.jpga

●食事 自然薯のご飯、八丁味噌椀、香の物
IMG_9605.jpga

●水菓子 いちご、日向夏、メロン、紅茶のババロア
IMG_9609.jpga

●お菓子 柚子のお菓子

IMG_9611.jpga

●お薄で締めです。しみじみいいお料理、ごちそうさまでした<(_ _)>

IMG_9607.jpga

●店内はお正月のしつらいでした。

IMG_9617.jpga●格調高く、美しい店頭のお花でした。「和ごころ 泉」さん、ありがとうございました。参加者の皆さまにも御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

**********************************
(昨年2月移転以降の住所です)
「和ごころ 泉 」 電話 075-351-3917
〒600-8414
京都市下京区仏光寺通烏丸東入ル一筋目下ル東側
匂天神町634-3 (元 「日本料理 桜田」の場所)
12:00~13:00入店、18:00~19:30入店
月曜休み
カウンター6席、テーブル4席×2(10席にもなる)、座敷(掘りごたつ式)6席
全席禁煙
2016年2月20日移転開店
**********************************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ NHK文化センター講座@「山玄茶」

■全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。NHK文化センター講座、12月の第1木曜は1日で、師走の1日めのお昼からすてきなお店に伺うことができました。祇園の「山玄茶」さんにお願いして、1階と2階で15名でお邪魔しました<(_ _)><(_ _)>
丁寧な優しいお料理、何もかも、ほんとーーにおいしいと思っていただきました。

img_7387-jpga

●先付は、ふかひれと小芋の玉締め、うに、車海老、湯葉、菊花。ふり柚子

img_7391-jpga

●煮物椀は具材たっぷりで、扇面蕪、かます酒塩焼き、焼餅、ほうれん草軸、紅葉にんじん

img_7393-jpga

●お造りは、鯛、よこわかつお、もんごいか。あしらいは(大葉の向こうに)レタスの千切り、アンディーヴ、パプリカ、ブロッコリー。

img_7395-jpga

●添えられたポン酢がマスカルポーネと混ぜたもので、これがまたおいしくてお刺身の味を引き立てました。最後全飲み。

img_7401-jpga

●おしのぎに、柚子入りの飯蒸し、いくらたっぷりと。柚子。

img_7411-jpga

●焼物は氷見の寒ぶり、幽庵焼に、柚子の甘煮。非常においし。

img_7415-jpga

●八寸は、初冬の風情で登場しました。

img_7422-jpga

●鯖寿司、生麩田楽、サーモン南蛮漬け、出し巻き玉子、鴨ロース、栗の甘煮。蛸の柔煮もありましたが、わたしは鯛の巻物に差し替え感謝<(_ _)>

img_7420-jpga●青いグラスには水菜とベーコンのお浸し。

img_7428-jpga

●ばさっとかつお削りがかかって登場、(かつおぶしをよけたところで)下仁田ねぎの天ぷら、奥に桜海老のひろうす、生姜おろし。おだしひたひたと。

img_7434-jpga

●最後に、海老慰問、厚揚げの白味噌あんかけ、舞茸ともみじ麩。

img_7438-jpga

●炊きたてのご飯がずば抜けて、すばらしくおいしいです。近江米、こしひかりの新米ということです。

img_7445-jpga

●ご飯と共にいただくものがこんなに供されて、ここから別腹状態になります。お味噌汁は、八丁味噌汁の上澄みだけの「うすたれ」です。なめ茸入り。粉山椒。

img_7451-jpga img_7460-jpga img_7464-jpga

●白ご飯、白ご飯おかわり、その後お茶漬け(あるいは)卵をからめるうなぎカルボナーラで締め。わたしは必ずお茶漬けです。ここに、お漬物のせていただきます。ご飯ほんとーーーにおいしい。すっばらしくおいしくて、際限なく食べたいと思います<(_ _)><(_ _)>

img_7466-jpga

●オレンジ羹、レモンソルベ、ワインジュレ。マスカットも。

img_7469-jpga

●オレンジのジュレは底に控えていました。ちゅるっと食べられていい香り、爽やか~。

img_7471-jpga

●最後の甘味に、アイスクリームと粒あん入りのもなか。お腹いっぱい、非常に幸せ、皆さんに喜んでいただきました。

「山玄茶」さんまた来たいー! で満場一致、来期の4月をその場で予約!!
盛り上がってよかったです(^o^)(^o^)・・・店主の増田伸彦さん、スタッフの皆さん、そして参加者の方々に御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ NHK文化センター講座@「ジュメル29」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。NHK文化センター講座、11月第1木曜から祝日のため第3木曜に振替になったお昼を「Jumelles29 (ジュメル29)」さんにお願いしました。夜営業のお店ですが、店主の村上章さんにひれ伏してお願いして(笑)、昼しか出られない方に喜んでいただこうという趣向でした。

■ 秋冬においしいものばかりでコースを組んでいただきました。「ジュメル29」さんでマストで食べるべきチーズのフリットやらうにのフランやら、ワインを呼んでしょうがないお皿を昼からどどどとすごい勢いで出していただいたのです。
img_6648-jpga●ひよこ豆ペーストとチーズのフリット
img_6649-jpga●濃厚なうにのプリン ガーリックトースト添え
img_6651-jpga●軽く炙った鰤の腹身 柚子をきかせたかぶらのソース
img_6654-jpga●低温調理した蝦夷鹿のカルパッチョ仕立て ネパール山椒風味
img_6667-jpga img_6669-jpgb●オマール海老のソースをかけた海老のムースのココット焼き
img_6671-jpga●宮崎尾崎牛のグリエ フランボワーズのボルドレーズソース

img_6660-jpga●フォカッチャは焼きたてのものがカットされました。
img_6678-jpga img_6680-jpga●温かいムースショコラ 自家製ラム酒アイスクリーム
img_6681-jpga

●カフェでごちそうさまでした<(_ _)><(_ _)>

img_6676-jpga●こんな感じでカウンター8席、テーブル6席を使わせていただいてのお昼でした。

店主の村上章さん、スタッフの方々に御礼申し上げます。ご参加くださった皆さまも、ありがとうございました<(_ _)><(_ _)>

来月はクラブエリーでお邪魔します。皆さんどうぞ楽しみに!

Jumelles29 (ジュメル29)」

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ NHK文化センター講座@「AIC秋津洲京都」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。NHK文化センター講座、10月第1木曜のお昼を「AIC秋津洲京都」(あきつしまきょうと)さんにお願いしました。

初訪問時の記事はこちら。)
■ とてつもなく贅沢な館でゆったりデジュネ、これは間違いなく皆さんに喜んでいただけるだろうと、初回伺った後、すぐにNHK文化センター講座をお願いしたのでした。

(そしてもちろんクラブエリーもです♪)
■ 以下プールハウスでいただいたお料理です。

img_3997-jpga

●アミューズ6種類。パルミジャーノとグリュイエール入りのシュー/牛ほほ肉のタルトレット/生ハムサラダ巻き/いくらのバルケッタ/カンパーニュにうずら卵とトマト/サーモンとクリームチーズ。

img_4003-jpga

●オマール海老のマルチカラーサラダ

img_4006-jpga

●上の細切り野菜をはずしたら、円柱にまとめられたオマール海老があらわれます。軽やかだけど旨みが強くて贅沢感のあるサラダです。バジルのソースやバルサミコが効いて粋な味です。

img_4007

●オープンキッチンで、次のお料理できてきたな♪ なんていう眺めもすてきです。

img_4011-jpga

●トリュフのパイ包み焼きスープ。中にトリュフのスライスとさいの目切りにしたフォアグラ入りです。サクサクしたフイユタージュをくずしながら、はふはふいただきました。すごーくこれおいしいと思っていただきました。

img_4012-jpga

●魚料理はひらめの蒸し焼き、キャヴィアのソースです。舌ざわりなめらかでした。ひらめだけでも十分に美味なのに、キャヴィアが風味を与えてまたアップグレードされた味になっています。

img_4016

●わわ、フランベのさなかにある肉が登場しました。

img_4017-jpga

●料理長の上島康二さんが、全テーブルにプレゼンしてくださったのです。

img_4018

●贅沢にアルマニャックが燃やされています。(アルマニャックのボトルもプレゼンされました・笑。)

img_4025-jpga

●こんな感じで盛り付けられて、

img_4027-jpga

●素早くテーブルに運ばれて、熱々をいただきました。

和牛ロースのペッパーステーキ アルマニャック風味 赤ワインソース 野菜いろいろと。

この後フロマージュ(エポワス、コンテ、シェーヴル)のお皿が出て、

img_4031-jpga

●デセールはフォンダンショコラ、ドーム形になっている方は、中に洋梨が仕込まれいます。

img_4036-jpga

●フォンダンショコラ、割ると中からショコラがとろりんと。(T_T)(T_T) ショコラ天国、これでわたしは黙ります。

img_4038-jpga

●カフェか紅茶かの選択で、紅茶です。

img_4041-jpga

●小菓子も添えられました。最後まで非常に美味なコースでした。

img_4058-jpga

●食後、館内をご案内いただきました。贅沢な、細部まで意匠を凝らされたお部屋の数々に、瞠目の思いです。

img_4050-jpga

●庭園もすばらしいのです。井戸を掘って水の流れを作り、山里の風情を作りだしています。

img_4086-jpga●最後に、サーヴィスとしてシンガーソングライターの瀬戸山智之助さんが1曲歌ってくださいました。

上島康二さんお世話になりました。スタッフの皆さまにも御礼申し上げます。ありがとうございました<(_ _)><(_ _)>

参加してくださった方々にも感謝いたします。

AIC秋津洲京都」さん、次は11月にクラブエリーで伺います。予約された皆さん、どうぞ楽しみにいらしてくださいね☆☆☆(すでに満席になっています。)

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************

■ NHK文化センター講座@「日本料理 とくを」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。NHK文化センター講座、第1木曜のお昼を「日本料理 とくを」さんにお願いしました。

menu

●献立です。鮎、鱧、賀茂茄子など夏そのものの内容で結構ですとお願いして、最後にスペシャルなお願いをひとつして、こうなりました。

カウンター、お部屋とも貸し切りにしていただいて、本当においしくいただきました。

IMG_2222.jpga

●先付3種です。万願寺唐辛子焼き浸し/鯛の中落ちで作った煮凝り/ゆう豆の黒豆湯葉、うにのせ

IMG_2225.jpga

●台風で海の状態がよくない中でお造りを揃えるのは大変だったと思います。感謝しながらいただきました。

IMG_2227.jpga

●向付  まぐろ、ひらめ、鱧のおとし。

IMG_2229.jpga

●焚き合せ  賀茂茄子 海老そぼろあんかけ。

IMG_2232.jpga

●鮎がカウンター前と厨房の中で、同時進行で焼かれています。いい眺め。串打ちは美しく、だから仕上がりも揃ってきれいでした。

IMG_2234.jpga

●焼物 琵琶湖の鮎塩焼、セロリきゃら煮。

IMG_2240.jpga

●お椀はぐじの酒蒸しお椀仕立て。これは旨いわーという一品。豆腐、椎茸。

IMG_2247.jpga

●酢の物はうざく、山葵酢。

IMG_2253.jpga

●味噌汁代わりに豆乳とじゃがいものヴィシソワーズ。

IMG_2257.jpga

●そしてこれが本日のスペシャル、普段注文することはできない「とくをのまかないカレー」です。ズッキーニと鱧のフライ付き。これは全席貸切ではじめてお願いできるものです。肉のこくと玉ねぎの甘みに満ちて、ほんとおいしかったです(^o^)(^o^)☆☆☆

IMG_2250.jpga

●赤蕪の酢漬が香の物として添えられました。

IMG_2263.jpga

●そして最後がまた旨かったーーー☆☆☆ ヴァニラアイスクリームに黒蜜ときなこ。これは徳尾さん自家製の黒蜜のおかげで、ぽーんとおいしさが跳ね上がったのだと思います。

■ よい素材、丁寧なお仕事、本当にいいお店です。人数が多くても全く雑になることもなく、完璧にいいものを食べさせてくださいました。
徳尾真次さんと小百合さん、スタッフの方々に感謝。
参加してくださった皆さんにも御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

日本料理 とくを

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
それ以前の10年間の記録(4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************

■ NHK文化センター講座@「イル チプレッソ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。NHK文化センター講座、本日8月4日(第1木曜)のお昼を祇園の「イル チプレッソ」さんにお願いしました。

暑いさなかに、爽やか軽やか~なイタリアンのコース。京都イタリアンというのとはまた違った、ここでしかいただけない洗練の料理でした。
IMG_1084.jpga

●茄子の冷製 短角牛の自家製ブレザオラ 吉田牧場モッツァレラ

牛の生ハム=ブレザオラで、茄子やモッツァレラとよーく合いました。
IMG_1092.jpga IMG_1091.jpga

●だだ茶豆のパッサート オマール海老のヌーディ

なめらかで、口あたりのいいだだ茶豆のスープ。オマール海老はいったんつぶしてまとめてあって、それでも旨みたっぷりでずるいですね。
IMG_1095.jpga

●ショートパスタ ムール貝 甘長唐辛子 レモン風味 

甘長唐辛子とパスタの大きさが合っていて心地いいです。ムールのおだしがよく実に旨みたっぷりで、ほどよく酸味も効いて、これうま・・・と思っているうちにお皿はからになりました。
IMG_1099.jpga

●古代麦のタリアテッレ フレッシュトマト 九条ねぎ

さらりと食べやすくてトマト風味とくたくたの九条ねぎがたまらなくおいしいと思った幅広のパスタ。
IMG_1102.jpga

●いさきのローストとジャガイモのニョッキ バジリコ風味

魚(いさき)の焼き加減がよく、ニョッキと合わせてあるのが粋でした。なんかすごーく好きと思いながらいただきました。
IMG_1100.jpga

●添えられたパンはこんな。

IMG_1107.jpga

●口直し、生姜のソルベ これ、ビリビリきました!
IMG_1109.jpga

●和牛フィレ肉
IMG_1110.jpga

●吉田牧場のリコッタソルベとデラウェア、白ぶどうジュースのジュレ、はちみつ
基本的に茶色いデザートしか要らないわたしが、これはお皿なめたいほど美味と思っていただきました。
IMG_1118.jpga

●カフェと小菓子
IMG_1113.jpga●ちなみに小菓子のための楊枝はこれ。おしゃれです♪

■ オープンから1年少し、何もかもかんぺき、と思っていただきました。ものすごくおいしかった(^o^)/☆☆☆

香りがよくて、組み合わせ絶妙で、バランスいいな~と思いながら、するするといただきました。こんなに食べやすいかと思うコースでした。

IMG_1122 IMG_1124 IMG_1082

■ シェフの髙島朋樹さん、サーヴィスの畔田好治さん、スタッフの皆さまに感謝、参加者の方々にも御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

★9月のクラブエリー第3金曜を、こちらでいたします。9月16日(金)の昼。今なら残席ございます。どうぞいらしてくださいませ。

*****************
本サイトは2016年5月8日オープンしました。
それ以前の10年間の記録は

こちらです↓(4285記事)
関谷江里の京都暮らし」 
*****************