■「チェンチ」12月の夜コース

■ 全国100万人の読者の皆さま、引き続き12月の記録で未アップ分をご覧に入れるエリーでございます。12月の最終週の後半に、「チェンチ」さんに伺いました。

「チェンチ」さん大好きな方にお誘いいただいて(もちろんわたしも大好き)、4名で訪問。お昼でしたがいただいたのは夜のコースです。 

どのお皿もものすごくオリジナリテを感じさせて瞠目のおいしさ、ほんとおいしい、おいしい、とうわごとのように繰り返しながらいただきました。

img_8549-jpga

●ペルシュウ

作りたてのモッツァレラ、その下に安納芋のフリット。

img_8555-jpga

●グリッシーニと、

img_8553-jpga

●フォカッチャ

img_8556-jpga img_8559-jpga img_8560-jpga

●大根、柿、まぐろ

片面を炙っためばちまぐろに、大根いろいろ。下に大根もち。黒大根、青大根、紅しぐれ、紅くるり、白大根(おろし)。

柿のソース、おろしたからすみ。

img_8564-jpga img_8566-jpga img_8569-jpga

●ほうれん草、ピスタチオ、蟹

ほうれん草を練り込んで作った緑色のクレープに、ずわい蟹の身、こっぺ蟹の内子と外子、蟹みそ。フロマージュブラン、砕いたピスタチオ。ほうれん草。

img_8570-jpga img_8572-jpga

●百合根、海老、マジヤクリ

百合根だしに浸った百合根のニョッキです。本当の雲子のところをこれは海老に差し替え。マジヤクリはらはらたっぷりと。

上にかぶせられているのは、パルミジャーノをパリパリの板状にしたものです。

img_8574-jpga

●白菜、豆乳、鰤、黄柚子

とりぶしベースの豆乳スープに柔らかな白菜、鰤の炭火焼き。アンコールペッパー、柚子バーニャソース

 

img_8581-jpga

●鹿、根菜、ガラムマサラ

蝦夷鹿は火を入れてからペルシュウで巻いてパン粉つけて焼いてあります。れんこん、京にんじん、堀川ごぼう、十勝マッシュルーム、根セルフイユ。根セロリのピュレ。赤ワインソースガラムマサラ風味!!

img_8585-jpga

●3種類から選択できるパスタ、これは九条葱と氷魚、山椒の香り

img_8587-jpga

●これは菊菜と牡蠣

img_8588-jpga

●(ここらかは甘味で、)カンノーリ

エスプレッソの風味、中にクランベリー

img_8591-jpga

●ヘーゼルナッツ、チョコレート

ボネです。

img_8593-jpga

●グラニースミス

グラニースミス(青りんご)を焼いたもの、下はクレーム・シブースト、ラム酒の香りのヴァニラのアイスクリーム。りんごのピュレ、カラメルソース。

img_8594-jpga

●食後のカフェにはカプチーノをお願いしました。これは雪だるまだって。

img_8597-jpga●孔雀模様もありました。

チェンチ」さん、本当においしい、独自の料理が楽しい、雰囲気すてき、寛いでゆったりできる、サーヴィスほどよい、また来たくなる・・・と、いいことずくめのお店なのでした。

一緒にいただいた3名の皆さまに御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「アル ソニャトーレ」のデジュネ

■ 全国100万人の読者の皆さま、写真をひどく溜めてしまったエリーでございます。2月に出す本のためにひっしでした。これからせっせとアップします!
10日ほど前の記録ですが、とてもよかった富小路通錦下ルのイタリア料理店「アル ソニャトーレ」さんです。
2度めの訪問です。一度め伺っておいしくて印象よくて忘れられず、早くまた行きたいと思っていたのです。

先日のアルファステーション「デジュネ・ア・キョウト」でもお話ししたお店です。
初回訪問はこちら。)
1500円で昼セット(前菜盛り/選べるパスタ/カフェ)がありますが、うまい具合にプラス料金のパスタや、他にメイン料理やドルチェを選びたくなるようにできているのです。(^o^)(^o^) 
img_7893-jpga●1500円のお昼に、前菜盛り、よこわ燻製に野菜マリネ/ゼッポリーニ、中に生ハムを巻いた牡蠣/サラダ
img_7897-jpga img_7904-jpga●断面見せます。ゼッポリーニが揚げたてパリパリふんわり、かんぺきに旨かった。
img_7906-jpga img_7910-jpga●生うにのスパゲティ、+800円。パスタにうにソースがとろりんとからまって、これも天国のようにおいしかったです(T_T)(T_T) 激しくおすすめです。
img_7914-jpga img_7919-jpga●オプションで蟹身、帆立などの魚介と野菜のグラタン仕立て +700円。中に蟹の身たっぷり、帆立、つぶ貝、芽キャベツやらブロッコリーやら。ベシャメルソースがあふれ出していて、外に流れているのも全部すくいました。ほんとーーにおいしかった☆☆☆
img_7924-jpga●ドルチェ +400円 これはわたしの選択失敗。笑。チョコレートタルトとあったので全ショコラと思ったらフルーツと組み合わせたタルトでした。洋梨入りのショコラのタルトというか、洋梨タルトのショコラ風味というか。

間違いなくおいしかったので全部いただきましたが、わたしは真っ黒に近いタルトを想像していたのです。img_7925-jpga
●カフェをいただきご馳走さま。いつでもどこでも牛乳を添えていただきます、すみません<(_ _)>
■ 那須嵩之さん、いいお料理されます。
東京やらイタリアでの修業の話も聞かせていただきました。
話いろいろおもしろかった~
また伺います(^o^)(^o^)/

アル ソニャトーレ
**********************************
■ その後、日をおかず結構すぐにアルファステーションのディレクター、やえーる=山本八重子と共にまた伺いました。
img_8054-jpga

●1500円の昼セットです。まず前菜3種盛りです。

img_8053-jpga

●まぐろのタルタルに、

img_8052-jpga

●鶏肉とフォルマッジョ入りのキッシュ。中にゴルゴンゾーラ、タレッジオ、モッツァレラ。添えてあるのがロビオラ。

img_8064-jpga

●パスタはこれを選択。パスタというよりはこれはクレープで、

マッシュルームとプロシュットコット(豚のハム)、ベシャメルを包んだクレープのオーヴン焼き。

焼きたて熱々、中はクリーミーでとろりんとして、ハムとマッシュルームの旨みたっぷりで、これはたまらないです(*_*)(*_*)

img_8056-jpga

●切る前の、全体像。

img_8059-jpga●もうひとつのパスタが、自家製手打ちパスタ 九条ねぎと牡蠣、ムール貝、あさり和え。+600円。パスタに魚介の旨みがしみこんでいておいしいったらありません。
●この後カフェをいただき、ご馳走さまでした。

塩加減よく、すべて的確にばちっと決まって、満足感に満たされたイタリアンのお昼でした。また伺います。

**********************************

アル ソニャトーレ電話 075-231-1956

京都市中京区富小路通錦小路下ル西側
11:30~14:30LO、17:30~22:00LO

水曜休み、祝日の場合は営業、翌木曜休み

全席禁煙
2016年6月29日開店

★2016/2017年の年末年始は、

12月31日の昼まで営業、1月1日休み、1月2日より通常営業。
**********************************

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

 

■「カンティーナ アルコ」で前菜とパスタ

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリーの後でエリーは何を食べているか?のコーナーです。クラブエリー開催時、皆さんとお話しすることに徹していますので(場合によっていただくこともありますが、とりわけ満席になった場合は)わたしはお料理をいただかないのです。で、終わってから、ちょっとずれた時間に、混雑していることもないお店でお昼をいただくというのが大好きで、今回は蛸薬師麩屋町の「カンティーナ アルコ」さんへ。(14時~17時が昼営業、すばらしい。)
■ 上賀茂から洛中に戻ってきたのが15:30。でもちょっと旨いもの食べたいぞ、野菜食べたいぞー♪ と思って、

img_7107-jpga

■ まずこれです、野菜たっぷりの前菜盛り合わせ、良心的で400円!!

img_7108-jpga

■ パスタかラザニアを選ぶに際して迷いはゼロで、赤いものが食べたかったからプッタネスカ(これは40g)。ばちっと味が決まって迫力あるおいしさな上、良心的(T_T)(T_T)
ちなみにパスタは80g~150gまで、望みの量で作ってもらえて同じお値段です。
しかし150gってどんな山盛りよね?(^o^)(^o^)

img_7112-jpga■ 昼は食後のカフェもついていて、カプチーノを選択。さささと食べられておいしくて気兼ねなくて、ほんといいお昼です。

カンティーナ アルコ」さんまた伺います(^o^)/

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 小皿アラカルト@「サルティンバンコ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、「トラットリア サルティンバンコ」さん、いいお店なのにだいぶご無沙汰していました。<(_ _)><(_ _)> 小皿料理を揃えた、アラカルト主体のメニューに11月から変わられたというご案内はがきをいただき、間隙を縫って伺いました。22時LOってほんとありがたいです。(京都では夜遅でなおかつ全席禁煙のお店は本当に貴重です。)21:40頃伺って以下のメニューをたたたといただきました。

img_6613-jpgaimg_6614-jpga■ こんな風になったのです。小皿+ワインバルみたいに利用してもよいのだと。来たらパスタなり肉なりもいただいてしまうと思うけれど~

img_6621-jpga■ わたしが選択したのはまず生ハム+柿、

img_6618-jpga■ 九条葱のケーク・サレ ものすごくフロマージュの香りが豊か。パルミジャーノ入りとのこと。

img_6617-jpga■ こんな風に出てきます。

img_6626-jpga■ わわ、野菜の前菜盛り合わせを見つけて注文したら・・・やはりあの9種盛りを思い出させるお皿が出てきました。11月1日からのメニュー改変以降、あの9種盛りはやめられたとのことでしたが、すっかりこちらのスタイルでしたから、これを見てなんだか安心しました。8種類盛りでした。どれも的確に味が決まって、とてもおいしかった☆☆☆

一番上から時計回りで、れんこんのアラビアータ/里芋のフリッコ(里芋をいちどつぶしてオレガノやチーズを加えてまた成形したもの。福井の里芋)/ポルチーニのムース/あんのういもと紫さつまいものチップ/赤大根とはやとうりのピクルス風/紫大根、下にロメインレタス/すずかぼちゃ、白ワインヴィネガー風味。

img_6638-jpga■ パスタは時季のこっぺ蟹を選択。これで50g。

かぶら、柚子と。手打ちタリアテッレ。

img_6645-jpga■ ドルチェに、エスプレッソのプリン。マロングラッセ、栗クランブル、栗のスープ これ完成度の高いドルチェでした。

この後ティユールとヴェルヴェーヌのハーブティをいただいて終わり。食前食中は発泡水を飲んで、以上で5500円。

img_6642-jpga■ 店主の澤田 勇さんです。野菜が高い昨今、白菜のかたまりはいますごい貴重品!という話をしました。4分の1が平気で250円とか300円で売ってますから、1個で千円以上なわけです(*_*)(*_*)

トラットリア サルティンバンコ」さん、また伺いますー!

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

 

 

■ 熱々のラザニア@「カンティーナ アルコ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、14~17時(16:30LO)に昼営業される蛸薬師通の「カンティーナ アルコ」さんが大好きなエリーでございます。

以前冷やしパスタでもご紹介したお昼です。

ちょっと半端な時間に、ぱっとひと皿いただけて、それが全く夜とクオリティ変わらずなので、とても贅沢な感じ。(少しも昼用に簡潔にした料理ではない。)

img_4708-jpga■ 今回は熱々料理のリサーチでラザニア 1400円です。湯気湯気のグラグラ状態で運ばれます。
img_4715-jpgb■「ナポリの謝肉祭風ラザニア」ということで、ごろごろに牛挽肉やサルシッチャが入っていて、卵も入っています。トマトソースもからんで濃厚美味、上からはチーズがぶ厚くとろりんとかかって、もうもう熱々のうまうまでたまらないです。身体が温まって、ものすごい満足感に包まれました。

チーズは、リコッタ、モッツァレッラ、グラナパダーノと教えていただきました。

img_4706-jpga■ 順番が逆ですが、14:00~17:00のもうひとつの楽しみは野菜たっぷりの前菜 400円。今回楽しかったのは、店主の清水美絵(よしえ)さんのサルディニア研修の成果が、このお皿でも表現されていたということです。右側の揚げもの2つが、丸いのがパナディーナといって、羊肉と野菜入り、餃子形のがクルルジョネスといって、じゃがいもにミント、ペコリーノチーズ入り。どちらも外側パリパリで具材がみっちり、ちょっとおやつにも食べたいような、すてきな一品でした。

他にオレンジ風味のさんまのインヴォルティーニや茄子のマリネバルサミコ風味やペペロナータやら盛りだくさんです。かなり幸せになれます♪

img_4722-jpga■ カフェ込みですので、カプチ~~ノをお願いしました。申し分なくおいし☆☆☆

カンティーナ アルコ」さん、また伺います。

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************

■ 揺るがぬおいしさ、「京都ネーゼ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、京都のイタリアンという時、揺るがずおいしいお店として「京都ネーゼ」さんと思うエリーでございます。
先日の夜、10月生まれの友人を祝って5人で集いました。

img_4483-jpga

●まずはいつもこれでスタートです。グリーンサラダ、生ハム。いちじくとモッツァレラも一緒に。

img_4487-jpga

●マジャクのフリット。マジャクとはアナジャコのことで、シャコ(蝦蛄)と似ているけれどそうではない甲殻類とのこと。水揚げされる場所によってマジャクと呼ぶみたいです。ソフトシェルで、海老みたいで、とても旨みもあるものでした。

img_4493-jpga

●この季節、ポルチーニを食べずにはいられません。

img_4495-jpga

●パスタは3種類いただきました。その1、はまぐりとモンサンミッシェルのムールと芽ねぎ。

img_4498-jpga

●その2、プッタネスカ(アンチョヴィ、ケイパー、オリーヴ)

img_4500-jpga

●その3はカルボナーラ、このとろとろ絶妙な口当たりよ(T_T)(T_T)
この後、肉料理を注文したかったのですが、わたしはお昼も非常にしっかり食べていた日で胃の空きスペースがなくて断念。

img_4503-jpga

●ドルチェはおのがじし注文です。わたしはもちろん濃厚チョコラータのジェラートです。

img_4505-jpga

●ジェラートの後、黒豆茶をいただきました。

すべてすべて、かんぺき☆☆☆ なおいしさでした。

一緒にいただいた皆さまありがとうございました<(_ _)><(_ _)>

京都ネーゼ

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************

 

■ クラブエリー@京田辺「モーネ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

クラブエリー 遠くても旨いものは食べに行く@京田辺の「モーネ」

京田辺は京都市内から南方向へ、車で高速に乗って30分以上かかるところですが、それでも旨いもの好きのクラブエリーのメンバーが、迷うことなく遅れることもなく、貸切の「モーネ」さんに集ったのでした。

■ 店主の河村昭多さん、コースを一度いただいて、とても才能豊かな方だと即わかったのでした。(溢れ出る才能はすぐにわかるのww)これはクラブエリーの皆さんも喜んでくださるだろうと。実現できてよかったです(^o^)/

img_4575-jpga img_4515-jpga img_4516-jpga■ こんな感じで、テーブルとカウンター全部使わせていただき、コースをいただきました。せっかくここまで来たのですから、今回はわたしも皆さんと一緒にお料理をいただきました。以下順番にいきます。

img_4506-jpga●鱧と松茸のロワイヤル、稚鮎ペースト
おくらの花びらで飾られて供されました。

img_4512-jpga●中はロワイヤル=茶碗蒸しです。中の具がたーーっぷりです。

いきなりすごい充実感。鮎ペーストをかけた鱧、口当たりも味もよく、ほんとに感動。
img_4519-jpga●秋茄子、いちじく、まぐろのカルパッチョ瞬間昆布締め、生姜の泡、フロマージュブランのソース

いちじくとまぐろ! 生姜の香りがふわりとのって、どのパーツも申し分なくおいしい。

img_4518-jpga●わわ、こちらが正面でした。まぐろおいし☆☆☆  鉄分摂取ったっていう感じでした。
img_4525-jpga●炭焼き鰆、もち米の焼きリゾット、クレマディリーゾ、ボッタルガ、玉露のぶぶあられ

魚は中がうっすらレア状態に仕上げられていました。すごくなめらかで、しっとり。

米のクリームとろとろに、焼きリゾットは表面パリパリで、同じ素材のものから作られた、全く違う食感のものを合わせていました。

抹茶色のはぶぶあられに玉露をまぶしつけたもの。からすみの粉と色も味もコントラストをなしていました。

食べている間じゅう楽しさを感じさせるお皿でした。
img_4528-jpga●飛騨豚ロースしゃぶしゃぶ、ごぼう、ビーツと酢橘の香り

この季節に、柔らかで滋味深いごぼうが食べられました。青森産とのこと。パリパリ状のごぼうも風味を添えてよかったです。

かんじんの豚ロース肉は口に入れるなり溶けるようで、これは旨かったわ(*_*)(*_*) ビーツやら酢橘やらが香味のアクセントとなって、理知的な味だなあと。
img_4530-jpga●蟹と2色のにらのスパゲッティ、七味

トマトソースの、蟹が多すぎるほど入った(底にたまってたくらい)スパゲッティ、にらが高貴なおいしさで新しい味わい発見という気持ちになりました。おいしかったわ(*_*)(*_*)
img_4536-jpga●黒毛和牛炭焼き、鳴門金時のエスプーマ、オレンジと少し苦いサラダ(アンディーヴや水菜など)

牛肉の部位は、「まるしん」とのことでした。この食感もすばらしかったです。優美な口当たり。付け合せも粋でした。
img_4547-jpga●栗と秋トリュフのリゾット、発酵バター

テーブルで目の前で白トリュフを削ってもらって、芳香がふわあと漂いました。う、うまそうだ(*_*)(*_*)
いまの言葉で言うと(普段は使わないけれど)「ヤバい」というやつね。

栗、銀杏入りのリゾット、ものすごく秋の気分を盛り上げてくれました。

最後にリゾットというのも、最後にお茶漬けって感じでわたしはこの順番、無条件降伏的に好きでした。

■ お料理ここまで。いちいちおいしかった\(^o^)/\(^o^)/
img_4554-jpga●巨峰のパンナコッタ、胡桃のアイスクリーム、メイプルシロップ

器で全く別ものみたいに見えたデセールです。グラスの底にパンナコッタ。

img_4556-jpga●モンブラン(=栗のアイスクリーム)、一休寺納豆入りメレンゲ

このアイスクリームもびっくりするほど栗の風味に満ちて、お、い、し、かった~~

img_4571-jpga●食後のカフェ。これがまたしっかり深煎りタイプでわたし大好きなのです。なかなか料理店の食後のカフェでここまでおいしいものも少ないと思います。ショコラのような芳香が立ちのぼるカフェです。小菓子も添えられて、幸せな食後でした。
■ 店主の河村昭多さん、マダムの真智子さん、スタッフの皆さまありがとうございました。

そして、参加していただいたクラブエリーメンバーの皆さまにも御礼申し上げます。<(_ _)><(_ _)>

*****************

「måne モーネ」 電話 0774-64-1106
〒610-0352
京都府京田辺市花住坂2-2-25
11:30~13:30LO、18:00~20:00LO 月曜休み
カウンター6席、テーブル14席 全席禁煙
要予約
2016年4月9日開店

*****************

**********************************
おいしくて陽気になるクラブエリー(^o^)(^o^)/
入会ご希望の方は、こちらをご覧ください
**********************************

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************

■ クラブエリー第3金曜@「イル チプレッソ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

img_2943-jpga img_2936-jpga■ 9月26日(金)、クラブエリー第3金曜のお昼を祇園のイタリア料理店「イル チプレッソ」さんにお願いしました。

*****************
●アミューズに、かつおのカルパッチョ
●味来コーンの冷製フラン ひし蟹 板屋貝
●じゃがいものニョッキ 
ムール貝 伏見唐辛子 レモン風味 
●古代小麦のタリアテッレ 
シシリアンルージュのトマトソース
●まながつお ドライトマト 越冬北あかりのラヴィオリ 
赤ピーマンのソース
●生姜のグラニテ
●和牛フィレ肉
●蓬莱いちじく 栗のジェラート
●カフェと小菓子

*****************

img_2939-jpga●アミューズに、かつおのカルパッチョ
img_2944-jpga

img_2945-jpga●味来コーンの冷製フラン ひし蟹 板屋貝

(上には、コーンのピュレから作ったパリパリのチップです。)
img_2949-jpga●じゃがいものニョッキ 
ムール貝 伏見唐辛子 レモン風味 
img_2951-jpga●古代小麦のタリアテッレ 
シシリアンルージュのトマトソース
img_2952-jpga●まながつお ドライトマト 越冬北あかりのラヴィオリ 
赤ピーマンのソース
img_2954-jpga●生姜のグラニテ
img_2955-jpga●和牛フィレ肉
img_2961-jpga●蓬莱いちじく 栗のジェラート
img_2965-jpgaimg_2966-jpga●カフェと小菓子

img_2968-jpga

■ お部屋が2つに分かれたのでわたしは着席せず行ったり来たりしていました。またお料理いただきに伺います。

イル チプレッソ」シェフの髙島朋樹さん、サーヴィスの畔田好治さん、スタッフの皆さまに感謝<(_ _)><(_ _)>
そして、6か月パックの「クラブエリー第3金曜」、4~9月の半年いらしてくださった参加者の方々にも御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

10月期もどうぞお楽しみに。

**********************************
おいしくて陽気になるクラブエリー(^o^)(^o^)/
入会ご希望の方は、こちらをご覧ください
**********************************

*****************

本サイトは2016年5月8日にオープン。
それ以前の10年間の記録(4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************

■ 掲載誌のお知らせ: ミセス 2016年10月号

■ 全国100万人の読者の皆さま、掲載誌お知らせのエリーでございます。

a1lcsoibmwl■ 発売中のミセス 2016年10月号 の新店ご紹介コーナーでは、京田辺の「モーネ」さんに出ていただいています。京都の街なかからは車で行っても30分~40分くらいかかりますが、それでも行く値打ちのあるお店だと思います。こんなお店です。クラブエリーでも来月伺います\(^o^)/\(^o^)/

■ 今月号にはマリー・アントワネットの特集ページがあります。きれいです、フランス革命史のおさらいになります。

皆さまどうぞ「ミセス」最新号を(お買い上げの上)ご覧くださいませ。

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
それ以前の10年間の記録(4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************

 

■「アル ソニャトーレ」でプランツォ

■ 全国100万人の読者の皆さま、今日はデジュネでなくプランツォです。イタリア料理店でお昼をいただいたエリーでございます。6月29日オープン、富小路通錦下ルの「アル ソニャトーレ」さんへ。

IMG_2014.jpga

●富小路通、錦と四条の間の西側です。以前「本家 尾張屋」さんがあったところです。赤い枠組みの外観、テントは黄色でものすごくわかりやすいです。テラスもあります。

IMG_1992.jpga

●お昼のセット1500円。前菜+パスタ+食後の飲み物です。オプションでお料理もいただけます。

まずこれが前菜。おいしかったのです☆☆☆ とりわけ上の丸いのふたつが。

●海老がのっているのが、カッポン・マーグロ cappon magro、リーグリア洲の海の幸のサラダということで、海老、いか、帆立、下にじゃがいも。スナップえんどうとブロッコリ。ソースはサルサヴェルデ。

IMG_1997.jpga

●これが、ズッキーニのフリットで、中にサルシッチャやモッツァレラ入り。塩気ほどよくサクサク、中しっとりみっちり。おいし(^o^)(^o^)☆☆☆

IMG_2005.jpga

●パスタは10種類ほどから選べます。これは海老とドライトマトのラグーのスパゲッティ。モッリーカ(味付きパン粉)がかけられています。

パスタ70g、十分な量です。茹で方は少し柔らかめです。

IMG_2000.jpga

●オプションのお料理も10種類くらいあり、これは牛フィレ肉のソテ、ゴルゴンゾーラソース 1200円です。

IMG_2002.jpga

●加減よく火が入って、しっとりした肉質を楽しめました。ゴルゴンゾーラソースは、それはおいしいわなあ♪♪という感じ。肉も野菜もからめて、きれいにいただきました。

IMG_2007.jpga

●食後のカフェにエスプレッソ、お願いして冷たい牛乳添えていただきました。

IMG_2013.jpga

●シェフの那須嵩之さん、感じのいい方でした。「カーサビアンカ」の那須さんのご長男です。ここならではの自由なメニューと、「カーサビアンカ」のエスプリを引き継いだメニュー両方をやっていきたいということ。もともと料理の世界に入ることに抵抗していて、違う分野の勉強をされた時期もあったのだそうです。

IMG_2009.jpga

●赤い枠やドアの外観に、中もカウンターの椅子が赤でした。

IMG_2011.jpga

●テーブル席はこんな感じです。色彩作家の内藤麻美子さんのコーディネートで、店内のいろいろな色が決められたそうです。

**********************************

アル ソニャトーレ電話 075-231-1956

京都市中京区富小路通錦小路下ル西側
11:30~14:30LO、17:30~22:00LO

水曜休み、祝日の場合は営業、翌木曜休み

全席禁煙
2016年6月29日開店

★2016/2017年の年末年始は、

12月31日の昼まで営業、1月1日休み、1月2日より通常営業。
**********************************

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
それ以前の10年間の記録(4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************