■ 熱々のラザニア@「カンティーナ アルコ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、14~17時(16:30LO)に昼営業される蛸薬師通の「カンティーナ アルコ」さんが大好きなエリーでございます。

以前冷やしパスタでもご紹介したお昼です。

ちょっと半端な時間に、ぱっとひと皿いただけて、それが全く夜とクオリティ変わらずなので、とても贅沢な感じ。(少しも昼用に簡潔にした料理ではない。)

img_4708-jpga■ 今回は熱々料理のリサーチでラザニア 1400円です。湯気湯気のグラグラ状態で運ばれます。
img_4715-jpgb■「ナポリの謝肉祭風ラザニア」ということで、ごろごろに牛挽肉やサルシッチャが入っていて、卵も入っています。トマトソースもからんで濃厚美味、上からはチーズがぶ厚くとろりんとかかって、もうもう熱々のうまうまでたまらないです。身体が温まって、ものすごい満足感に包まれました。

チーズは、リコッタ、モッツァレッラ、グラナパダーノと教えていただきました。

img_4706-jpga■ 順番が逆ですが、14:00~17:00のもうひとつの楽しみは野菜たっぷりの前菜 400円。今回楽しかったのは、店主の清水美絵(よしえ)さんのサルディニア研修の成果が、このお皿でも表現されていたということです。右側の揚げもの2つが、丸いのがパナディーナといって、羊肉と野菜入り、餃子形のがクルルジョネスといって、じゃがいもにミント、ペコリーノチーズ入り。どちらも外側パリパリで具材がみっちり、ちょっとおやつにも食べたいような、すてきな一品でした。

他にオレンジ風味のさんまのインヴォルティーニや茄子のマリネバルサミコ風味やペペロナータやら盛りだくさんです。かなり幸せになれます♪

img_4722-jpga■ カフェ込みですので、カプチ~~ノをお願いしました。申し分なくおいし☆☆☆

カンティーナ アルコ」さん、また伺います。

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************