■「鮨 忠保」で夏のお寿司

■ 全国100万人の読者の皆さま、しばらくお寿司を食べていなかったエリーでございます。

お稲荷さんとか海苔巻きとか、そのたぐいはいただいているのだけど、握りのお寿司は久しぶりです。

●祇園の「鮨 忠保」さんです。

夏ののれんがかかっていました。

2か月おきに意匠を変えて、のれんを掛け替えていかれるとのこと。

また次が楽しみです♪

*****************

お昼のおまかせはこんなでした。

*****************

●能登の糸もずく、秋田のじゅんさい、愛知のマイクロトマト

●まこかれい

●白甘鯛

●春子(かすご)鯛

●いさき 

●しまあじ

●やりいか

●白海老 カヴィア

●まぐろ 赤身のづけ

●まぐろ 中とろのづけ

●こはだ

●かつお 藁でいぶした

●雲丹

●海老

●穴子

●お椀

●玉子

●鉄火巻き

*****************

以下、写真抜粋です。

おまかせのコース全写真は

昨年8月の記録や、その前の6月の記録を参照なさってください。

●能登の糸もずく、秋田のじゅんさい、愛知のマイクロトマト。

先付はこれだけ。わたしはこういうのが好きです。にぎりの前にいろいろあると、お腹ふくれてお寿司食べられなくなるのです。

●春子(かすご)鯛。

これおいしかった(T_T)

●いさき。

皮目をこちらにして供されました。これも絶妙に旨かった(T_T)

●しまあじ。

この優美な口当たりよ。

●白海老、上にカヴィア。

これたまらなく好きです。旨みしかない。うっとりします。

●こはだ。

締め加減も塩加減もジャストジャストです。

ほか、まこかれいもとろも雲丹もやりいかも海老も、全部申し分なく美味なものでしたが、以上は京都でこれが食べられるとは~~という喜びで、とりわけ心を奪われたお寿司でした。

●そしてこれ、グラスでいただきましたよっと(^o^)/

1杯3000円。

とろ~~っとまろやかで甘くて深いおいしさでした。

●そして、店主の忠保さんが握っている包丁がすごかった・・・

(客席との間にアクリル板ならぬ塩ビのようなシートが1枚かかっていて、うすぼんやりした写真ですが、)

●まるで日本刀のような包丁、見事に美しく、すっすといかにも切りやすそうでした。

この包丁でこの絶妙に旨いお寿司が生まれるのだなあと。

「鮨 忠保」さん、また伺います。

*****************

「祇園 鮨 忠保」
電話 075-541-6611

京都市東山区祇園町南側572-9

(花見小路を四条から下ル、西側のひと筋めを西に入ル北側)

昼夜営業、不定休、要予約。

カウンター12席 を満席にせず、ひろびろと営業。

全席禁煙

2017年4月26日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「鮨 忠保」2020年8月

■ 全国100万人の読者の皆さま、お寿司も大好きなエリーでございます。

わりと最近のあるお昼、祇園の「鮨 忠保」さんへ。
すべてが理想的で、本当においしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
*****************

●銀杏
●まこがれい
●春子
●しまあじ
●いしがき貝
●あおりいか
●いさき
●まぐろ赤身
●まぐろ中とろ
●小肌
●雲丹
●かつお
●車海老
●穴子
●玉子
●お椀
●いくら手巻き
*****************

 

●銀杏

●まこがれい
●春子(かすご)
●しまあじ
●いしがき貝
●あおりいか
●いさき
●まぐろ赤身のづけ
●まぐろ中とろ
●小肌
●雲丹(函館の紫雲丹)
●かつお(香りのよい藁いぶし)
●車海老

●穴子
●穴子の代わりに、わたしは再びまこがれいをいただきました。
●玉子
●お椀
●いくら手巻きでごちそうさまでした<(_ _)>

何もかも、かんぺきと思いつついただきました。

人生にさまざまメンドーなことがあっても、こんなお寿司を食べられたら十分幸せです\(^o^)/

「鮨 忠保」さん、また伺います。

*****************

「祇園 鮨 忠保」電話 075-541-6611

京都市東山区祇園町南側572-9

(花見小路を四条から下ル、西側のひと筋めを西に入ル北側)

昼夜営業、不定休、要予約。

カウンター12席 を満席にせず、ひろびろ~~~~と営業。

全席禁煙

2017年4月26日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「鮨 忠保」昼のおまかせ

■ 全国100万人の読者の皆さま、ご機嫌になったエリーでございます。少し久しぶりに祇園の「鮨 忠保」さんへ。(前回の記録はこれ。)

以前は昼もコースを選べましたが、4月12日から休業されて、5月は連休明け9日から再開、今は1コースに絞られています。昼のおまかせは12貫と手巻きで1万円(+税)、お値打ちでした。
ほんとよかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●お昼は12時ジャストに開店されます。

●店主の森田忠保さんもマスク姿です。

●握りの前の小さな一品、今回は枝豆でした。

この後、おつまみも料理もなく握りに突入するスタイルが、わたしはものすごく好きです。

握りに至るまでにお腹がふくれてしまうというのは避けたいの。お酒飲みさんなどは飲みつつ食べて、締めに握りというのがいいらしいのだけど、わたしは一直線に握りがいいです。

●まこがれい

●甘鯛

●春子(かすご)鯛

●あおりいか

●まぐろのづけ、沖縄揚がりの160kgだそうです。

●中とろ

●こはだ

●うに

●いわし

●藁で炙ったかつお。香りよし☆☆☆

●(穴子の代わりに)きす

●車海老

●たまご

●手巻きでいくら。お寿司は以上です。

●お椀で締めでした。おいしかったです、すべてが完璧に決まって、実に美味だ天国だと思いながらいただきました。

*****************

●お寿司ほど好みで評価が明確に分かれるジャンルは他にないのではないかと思っています。

どんなに他の人がいいと言っていても自分に合わなければどうしようもない。シャリの酢加減、甘さ加減、塩加減、温度、大きさ、口の中でのほぐれやすさ。ネタのセレクション、切り方、大きさ、厚み、温度。酢や昆布で締めたものなら締め加減なんかも。コースで提供するお店なら、お料理が充実なのかお料理なしでにぎりをいきなり食べられるのか? 「間違いなくいいお店である。でもわたしの好みかどうかは別だなあ、、、」と思うことがいちばん多いのがお寿司というジャンルなんではないかと思います。

●「鮨 忠保」さんは、理想的だと思うお寿司やさんの1軒です。また伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

「祇園 鮨 忠保」電話 075-541-6611

京都市東山区祇園町南側572-9

(花見小路を四条から下ル、西側のひと筋めを西に入ル北側)

昼夜営業、不定休、要予約。

カウンター12席 を満席にせず、広々と営業。

全席禁煙

2017年4月26日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里