■「京都の花屋プーゼの花日誌」

■ 全国100万人の読者の皆さま、うれしい新刊を喜ぶエリーでございます\(^o^)/\(^o^)/

みなちゃん=浦沢美奈さん「プーゼ」の新刊が、昨日10月19日、出ました\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
京都の花屋プーゼの花日誌
いつもながらお花はセンスよくすてき、そして写真がまた一段ときれいになっています。うっとり見とれる美麗さです。
よいです、おすすめですー(^o^)/☆☆☆☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ ひとえに読書の2日間

■ 全国100万人の読者の皆さま、先週末はちょっと出かけて京都を離れて、本を読んで過ごしたエリーでございます。

平野啓一郎さんの新刊2冊(先日の投稿)と、新書をざざざと数冊。

●そしてこれ、大ベストセラー「京都ぎらい」の横に、

●大好きかっしー・鹿島茂先生と井上章一さんの、待ちに待った本、さすがおもしろい(^o^)(^o^)/☆☆☆
https://amzn.to/2y9Hegz

電子版がないので紙の本を購入。

「源氏物語」に関するおもしろそうな本も見つけた・・・でもこれ電子版まだありません。Kindleが快適で、紙の本は今や読むのが大変過ぎます。

●しかしわたしが一番読むべきは、内蔵脂肪落とすとか筋力つけるとか、こちら系かもしれません( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
以上本の棚を撮らせていただいたのはBALの丸善さんでした<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ 早く読みたい3冊

■ 全国100万人の読者の皆さま、9月末のエリーでございます。早く読みたくてしょうがない、9月28日 発売の書籍2冊。

●平野啓一郎さん「ある男」
https://amzn.to/2xSSsGh

●そしてこれは以前もアップしているけれど、
大好きかっしー・鹿島茂先生と井上章一さんの「京都、パリ この美しくもイケズな街」、

あまりにも楽しみです。
https://amzn.to/2xPiCcQ
電子版まだないですねー とりあえず紙で買いますが、電子版要ります!

●そしてこれは9月29日 発売の、「考える葦」
https://amzn.to/2zzBu1L
これも頼むから電子版で出してくださいませ。

追記:Kindle版出ました、買いました!

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

関谷江里

■「京都、パリ ―この美しくもイケズな街」

■ 全国100万人の読者の皆さま、これを早く読みたくてしょうがないエリーでございます。
9月27日発売、「京都、パリ ―この美しくもイケズな街」。
「京都ぎらい」の井上章一さんと、
大好きかっしー・鹿島茂先生共著の新刊\(^o^)/\(^o^)/ 
以下、アマゾンにある内容紹介の貼り付けですが、
*****************
◎26万部『京都ぎらい』の井上章一氏、フランス文学界の重鎮である鹿島茂氏が、知られざる京都とパリの「表と裏の顔」を語り尽くす。たとえば、
・日本には「怨霊」がいるが、フランスにはいない
・日本のお茶屋とパリの娼館は、管理システムが似ている
・パリの娼館は、スパイの温床だった
・日仏では、女性のどこに魅力を感じるか
・洛中の人にとっての「京都」はどこ?
・パリの人にとっての「パリ」はどこ?
・パリと京都の「汚れ」に対する意識の違い
など、知っているようで知らなかった「京都とパリ」の秘密がわかる。
*****************
これ読まずにいられるだろうか?(いいやいられはしまい。)

2週間後の楽しみですね。
電子版も同時に出ればありがたいです(^o^)/

京都、パリ ―この美しくもイケズな街

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 7月末のいろいろ

■ 全国100万人の読者の皆さま、暑さに弱いと言いながら、なんとか7月を過ごしたエリーでございます。しかし今年の7月は早すぎなかったか? 雨ひどいとか暑過ぎるとか言っているうちに終わってしまい、2週間くらいしかなかった気がします。

わたしは一体何をしていたのか? ( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

そうだ、だいぶフランスのTVを見ていたなあああ(-_-;)(-_-;)

*****************

●今日はいろいろの話題です。まず撮影から。

●9月のクラブエリーのための試作のお料理@「南禅寺参道 菊水」さんです。きれい\(^o^)/\(^o^)/

●目を向けただけでメラニン色素が発動してしまいそうな、(写真見ただけでも発動か?)気温38℃超え、午後2時過ぎのお庭でした。

●でもでも、室内で快適に雑誌の撮影でした。しげさんありがとうー

南禅寺参道 菊水」さんお世話になりました。

*****************

●肩の痛みで1年以上お世話になった(毎週通った)、烏丸御池整形外科クリニック肩関節外来の森大祐先生。診察よりは無駄話の方が多かった・・・なんてことはないですよ、楽しい診察でした。笑。

オネエ言葉を芸とする理学療法士、小野っち=小野志操先生にもお世話になりました<(_ _)><(_ _)>

*****************

見たのよ 四つ葉を 河原町

ほんとだってば (^o^)(^o^)ww

ヤサカさん、間違いなく四つ葉でしたが、撮るには早すぎた、走り去ってしまったーーー( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

*****************

●そして本のコーナー。
大好きかっしー、鹿島茂先生の新刊です☆☆☆

明治の革新者 ロマン的魂と商業

●さらにさらに、以下4冊、紙でしかなかった鹿島先生の本が、7月1日、Kindle版でどどどと出ました\(^o^)/\(^o^)/

●「歴史の風 書物の帆

●「かの悪名高き 十九世紀パリ怪人伝

●「この人からはじまる カップラーメンからキャバレーまで

●「サン・シモンの鉄の夢 絶景、パリ万国博覧会

激即購入です。これでしばし、ぞくぞくするほど楽しい読書の時間を過ごせます(^o^)(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 週末で本の話、気持ちは美術に

■ 全国100万人の読者の皆さま、1週間を生き延びたエリーでございます。強烈な1週間でした。

本日土曜日は疲労のかたまりのダメエリーになっています。
いくらなんでも詰めすぎた・・・毎日クラブエリーや講座をやって、試食にも出かけて、合間に打ち合わせや原稿打ち込みや校正、写真整理もしなければ・・・1週間毎日過呼吸を起をこしそうな日々で、テンションが上がり過ぎましたww
挙げ句にデスクワーク激たまり。なので机の前にいるものの、ぐったりして本を見てばかり。でもまあいいかー♪

●楽しい本が届いたところで、これはネットでバックナンバーを探して買った、
集英社「kotoba コトバ」2014年冬号、「美術館を”発見”する」

●お目当てはこのページ、
大好きかっしー・鹿島茂先生の「パリの邸宅美術館巡り」
でもこのページだけでなく、おもしろいページが目白押しで読みごたえがあります。これ買ってよかった。
●「週刊文春」の最新号では、
●原田マハさんの新連載開始です。これは毎号楽しみに読みそう。

*****************

●この1,2週間、仕事のやり方を少し考えて、先日、ある結論を得るに至りました。

いちばん大事なものは何なのか。それにしわ寄せが来るほどのものを、引き受けるのは今後やめた方がいいのではないか。

全部をバランスよくできたらいいけれど、時間には限りがあるし、そもそもわたしは複数のことを同時にバランスよくやるなんてことができない性分です。

*****************

いろいろ言ってないで、早く仕事しますー。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 最近読んだ本、めくるだけでも!

■ 全国100万人の読者の皆さま、本なき人生など考えられないと思うエリーでございます。全然読めてないけれど(*_*)(*_*)

本日は、

最近読んだ本、読みたくて買った本、あわわと思った本。
この1,2週間、ほとんど本を読む暇がなかったんだけど、それでも買って、ページをめくるだけでもと。
●日本語で読めて楽だったり、

●再読してみてよかったり、

●思っていたことを書いてくださってありがとうと思ったり、

●だからといって甘いものやめられませーん!だったり、

●相変わらず強烈で濃いですねー、でもわたし濃くて熱くて偏りある人好きですよーと思ったり。

エマニュエル・マクロン「革命」

「100分で名著 アルベール・カミュ ペスト」中条省平先生、先輩でもあられるのですが、しかし今や出身校の教授になっていらっしゃいます。はーすごい。

井上章一「日本の醜さについて」

宗田哲男「甘いもの中毒」

見城徹「読書という荒野」

●あまり忙しくし過ぎず、本を読めるだけの余裕がある人生でいようと思います。本を読まないと言葉が枯渇していくから(*_*)(*_*)
自分の適量というものをちゃんと考えて、日常生活が無政府状態になってしまうほど抱え込まないようにしようと思ったのでした。

追記:
●読むのは、お風呂でもOKの、Kindle Oasis が圧倒的によいですよーん\(^o^)/\(^o^)/

他のモデルより少し高いけれど、毎日使うものですから、こういうものはけちらずいいものを買うことですよっと♪♪

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ のど腫れ~1日半で回復/「文學界」

■ 全国100万人の読者の皆さま、のど腫れに見舞われやすいエリーでございます( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

7日(月)お昼、クラブエリー@「鮨 仙太」さん、おかげでうまくいって、しかしわたし何かヘンだなおかしいな調子出ないな身体ぞわぞわするなと思っていたら・・・午後遅くに、ほぼ季節に一度はやってくる、のど腫れが盛大にキターーー( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) 
いつもの耳鼻咽喉科に飛んで行って薬を盛り合わせで処方してもらって飲んでひたすら眠り(夜じゅう具合が悪くて苦しんだ)、

火曜も絶対行かねばならん撮影以外の約束はお詫びして全キャンセル。発症から36時間くらいたった今、やっと平常の感じに回復・・・健康ってすてきです(^o^)(^o^)/☆☆☆
声がつぶれているけれど、もう普段通りの心持ちです。本日のクラブエリーは元気で行けそうです。

とにかくのどが弱いのは困ったことだけど(いつもまずのどに来る)、まーしょうがないと思っています。無理にスケジュール詰め過ぎていたなと反省するいい機会だし。

●5月7日発売の「文學界」を、早く買って読みたいww
今日こそ書店に行きましょうー
ちなみに「文學界」は紙の雑誌です、電子版なし。

「文藝春秋」はKindle版あるのにね・・・

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ フロマージュの新刊

■ 全国100万人の読者の皆さま、

フロマージュのこの本が、全編たまらなくおいしそうです!

*****************
フロマジェが教える おいしいチーズの新常識 
チーズの基本からプロのテクニックまで」
160ページ、世界文化社、2018年3月9日刊
1800円+税
*****************

●盛りだくさんで見飽きぬ楽しさのフロマージュの新刊です。
飲み物、食材との組み合わせやフロマージュを使ったルセットなど、2015年世界最優秀フロマジェであるファビアン・ドゥグレさん@「フェルミエ」が教えてくれます。サケ=日本酒とのペアリングや寿司見立てのルセットがあるのがおもしろいし、フロマージュの分類を、マイルド系、パンチ系、旨み系と3分類しているのもわかりやすいです。ページからフロマージュが香り立つようで、今すぐ食べたくてわなわなします。
フロマージュは全網羅的な解説ではなくて、厳選おすすめです。これで十分だと思います。
わたしはとりわけ58ページのビュッシュ・ドゥ・シェーヴル、86ページのラングル、88ページのキュレ・ナンテに飛びつきたいと思いました。

これ熟読します<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「手づくりで贈る ほめられ和菓子」

■ 全国100万人の読者の皆さま、新刊ご紹介のエリーでございます。

とりわけ春は和菓子や和甘味が食べたくてしょうがなくなるのだけど、そんな中で心に響く、実にかわいい楽しい新刊です。

*****************
「手づくりで贈る ほめられ和菓子」
和の菓子いろは 宇佐美桂子・高根幸子
世界文化社 96ページ 1620円

https://amzn.to/2GSfIrX
*****************

和菓子の教室を主宰するユニット「和の菓子いろは」の宇佐美桂子さんと高根幸子さんによる2冊目の本。
今回は人にお贈りすることを前提にしたお菓子で、だからパッケージのアイデアまで散りばめられて、ヴィジュアル的にもかわいいのです。今ふうに言ったら「女子力高い」というか。
写真見るだけで幸せになって、作った気に、そして食べた気にもなり、ミラーニューロン発動で血糖値もちょっと高くなるんではないかー?(^o^)(^o^)/

●絵に描いたようなお団子のページににこにこし、

●吹き寄せの細かい仕事に目が釘付けになり、

●竹筒水ようかんに涼しさを感じ、

●箱に流したあんみつ(その名も「流しあんみつ」!)に目を剥き、

●葛プリンのページならわたしにもできそうだ\(^o^)/\(^o^)/と喜びました。

●そしてお赤飯があるっていうのもすてきです(^o^)☆☆☆

●プロセス写真たくさんで懇切丁寧、そして1ページ大のお菓子撮影ページではバックの紙や布全部替えてるし~~( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) つまり至れり尽くせりのいたつくのお菓子レシピ本で、同時にただ眺めるだけで幸せな気持ちになれるヴィジュアル本です。ほめられ和菓子以前に、ほめられ本ですこれ。ゆかしくて、かわいくて、親切で、実用的。
見れば見るほどお菓子っていいなあと顔が緩んじゃいます。
お菓子好きの方に激しくおすすめです。

●アマゾンの本紹介の写真から拝借。

●プロセス写真も満載です。

以下、アマゾンページから、

*****************

内容紹介
「この桜餅、自家製なの」と言って差し上げたら、相手の方にどんなに感激されることでしょうか。
季節の和菓子は「ほめられお菓子」。素朴に木の葉を添えた餅菓子・羊羹から、比較的日持ちがする焼き菓子・蒸し菓子、
できたての瑞々しさをお届けする和のヴェリーヌ(グラス盛り)、そして定番人気のおはぎやお赤飯まで、バリエーション含め46レシピを掲載。
指導は和菓子の教室を主宰するユニット「和の菓子いろは」のふたり。「贈りたくなる」「ほめられる」和の菓子満載です。

編集部からのコメント
手土産ブームですが、手づくりにまさるものなし! 出来立てが一番おいしい和菓子を季節感いっぱいに贈りたい。
和菓子づくり初心者の方も安心の、細やかな工程写真付きのレシピは、まるで先生の教室に通っているかのよう。
必ずきれいにおいしく作れる秘訣を公開しています。餡子も最近は市販で優秀なものもありますし、電子レンジを使うなど時短で作れます。
ご家庭で作れる分量も嬉しい、保存版のレシピ集です。

*****************

*****************
「手づくりで贈る ほめられ和菓子」
和の菓子いろは 宇佐美桂子・高根幸子
世界文化社 96ページ 1620円

https://amzn.to/2GSfIrX
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録歓迎\(^o^)/

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。