■「花鏡」クラブエリー10月第3金曜

■ 全国100万人の読者の皆さま、ひっしのエリー、さかのぼってのアップでございます<(_ _)> 

クラブエリー第3金曜、10月は変則で2週目の開催。

お願いしたのは岡崎の「花鏡」さんでした。
季節感たっぷりで美しく、どの品も心に響くおいしさでした。

●以下、まずは写真をアップします。

●「花鏡」店主の中上朝史さん、スタッフの皆さんお世話になりました。

また伺います(^o^)/☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「新門前 米村」朝日カルチャーセンター

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告でございます。
9月17日(木)朝日カルチャーセンター講座のお昼を、「新門前 米村」さんにお願いしました。
今回もまたかんぺきに美麗で美味、見事なコースでした。

●よねちゃん=店主の米村昌泰さん、今回もお世話になりました\(^o^)/\(^o^)/

●オマール海老入り南瓜のスープに抹茶アイスクリーム。色も風味もコントラストをなしますが、よく調和しています。

●魚介のサラダ、これもひどく美味でした。

バカラのセット、下はベルナルド。きれい(T_T)(T_T)

●かますのリゾット、松茸のコンソメスープと。

●指先でシーアスパラをいちじくに刺したら、

●ピンセットでフェンネルの花をあしらっていきます。精緻なお仕事です。

●いちじく、生ハム、貝柱。奥がかぶらのソテ。手前にフィンガーライム。

●鱧、椎茸、賀茂茄子。タプナード、枝豆のピュレ。

椎茸はお好み焼き味になっていました。洗練の盛り込みなのに、どこか冗談のような親しみやすい味が混ざり込んでいておもしろいです。

●はまぐりのグラタン、大好きな定番の料理、定番の器。

●雲丹とカヴィアを盛り盛りにして味わう冷製パスタ。

●かいのみ、フィレ、サーロイン。奥にピーマン丸ごと焼き。

●ご飯ものはもちろんカレーを選択。

●デセールをたっぷりいただいて、お茶はハーブティで締め。

今回もめざましくおいしかった、すばらしかったー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
よねちゃん=店主の米村昌泰さん、スタッフの皆さん、参加者の皆さんに御礼申し上げます。

●今回展示されていたのは、箱でも器でもなく、ただ純粋にオブジェだそうです。

白とブルーの繰り返しの色使いが目に心地よいなーと思いました。

新門前 米村」さん、また来月伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「新門前 米村」2020年8月

■ 全国100万人の読者の皆さま、せっせと写真を整理するエリーでございます。

講座でもクラブエリーでもなく出かけて、アップできていませんでしたシリーズその3、8月1週目の「新門前 米村」さんです。組み合わせ斬新、料理も器も美しい、とにかく楽しい(^o^)
すべてほんとーーーにおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●ひと品め、柄違いのグラスです。クラブエリーでずらーと並んだ時、本当にかわいかった(^o^)/

●わたしには赤いので出してくださってありがとう(^o^)

他に、紫、青、緑がありました。

●ガスパチョです。じゅんさい、白いのはフロマージュ(シェーヴル)。

●ガラス皿(下にもう1枚ベルナルドの皿)に、

ぼたん海老とやりいか、フルーツ味噌とフィーヌゼルブのソース

海ぶどう、シーアスパラ、蓮いも、きゅうり、フェンネルの花、パクチーの新芽。

●ぼたん海老の頭部分を香ばしく焼いたもの。中に少し残っているみその部分をせせり出して味わいます。もうもういい香りでおいし。

●コンソメスープを注いでくれて、どうぞと出してくださったのは、

●鮎ととうもろこしのリゾット。別添えで松茸がみっちり入ったコンソメスープ。

このリゾットがまた格別の風味でした。とうもろこしの甘さと鮎の香ばしさに陶然となりました。

●鱧の子を寄せたもの、ひと口で。

●瀬戸内白身魚のサラダ 柚子のドレッシング

鱧、その下はひらめ。たたいたおくら。その下は、

●コリンキ。そして見えないけれどたっぷりの野菜。

●ビーフシチューとうどの天ぷら。

緑色が枝豆のピュレ。ヤングコーン焼いたのは外皮はずしていただきます。焼いただけと。奥に少し見えているのがうどの天ぷら。下にビーフシチュー。これも贅沢な一品。

●千葉県のはまぐりのグラタンがマイセンの貝の形の器で。下にも同じくマイセンのプレート、17cmの稀少なもの。高いのこのシリーズ。(^o^)(^o^)

米ちゃんが使うと美しいのね。

●中からショートパスタ出てきた(^o^) マカロニグラタンなのです。びっくりするほどおしゃれできれいなのに、懐かしい味というのがまたよいと思う。

●米ちゃん精緻な仕事をされます。

●冷たいパスタです。雲丹、カヴィア、フィンガーライム、小松菜、トマト、げそ。上からかけてざくっと混ぜもっていただきます。

ヘレンドのアポニーで出てきて、これもよいわ(^o^)☆☆☆

●黒毛和牛、かいのみ、フィレ、サーロイン。平井牛と前沢牛だって。

●ご飯ものはおじゃこご飯かカレーか聞いてくださいますが、問答無用、500%カレーです。

●自家製のこのパンがまたおいしいのね。生地がみっちり詰まっているの、bien-moulé って思う。

●食後にまた改めて楽しい箱入りデセールです。

・(モレッティの皿)いちじくのコンポート、ヴァニラのアイスクリーム、ぶどう、メロン

・(グラス)グレープフルーツゼリー 果肉とラヴェンダー添え

・チーズをのせたチーズケーキ

・ピニャコラーダのソルベ

・ちょっとかためのシュークリーム

・マドレーヌ

・ガナッシュ

●層がきれいにできているなあと思う、カフェラテマキアート。これはプレーンですが、ヴァニラやカラメルの香りも用意されています。

新門前 米村」さん今回も本当によかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

クラブエリー、次は10月最後の金曜でお願いしてきました。ご案内これからします(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「新門前 米村」クラブエリー 2020年7月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

7月31日(金)お昼はクラブエリー@「新門前 米村」さん。
クラブエリーの欲深い女たちも喜んだのでした\(^o^)/\(^o^)/

●誕生日の人のために、デセールにお祝いの言葉を書いていただいてうれしかったです。

●よねちゃんありがとうーースタッフの皆さんも。
わたしも改めて食べに伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「新門前 米村」クラブエリー 2020年5月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

緊急事態宣言解除で、堂々とクラブエリー@「新門前 米村」さん\(^o^)/\(^o^)/

先日もビーフシチューカレーのおいしさに仰天したところでした
といっても、12席満席になっていたのが先週あたり「やはりまだ出られない」「県をまたいでは移動できない」とキャンセル相次ぎ、カウンターのみ、ほんのわずか何名かでの開催。ひろびーろと間隔を空けて、それでもクラブエリーをできることが、目の前でできたてのお料理をいただけることが、しみじみありがたいと思います。
お店に出かけられること、実によく召し上がってくださる、大好きな会員の方々とまた会える日々が徐々に戻ってきたこと、跳ね回りたいほどうれしいです\(^o^)/\(^o^)/

●4月は10日以降ほとんどがキャンセルになってしまってヒサンでしたが、5月に入ってからは先週も今週初めもクラブエリーじたいは何軒かのお店で開催していたのです。でも店主さんのご希望で、世の中には明かさないという条件付きだったり、参加者の方も、こっそり出て来てくださっていたりで、何かこそこそ秘密っぽくやらねばならない感じで不自由でした。
同時に、こんなすてきなお料理を世に発表できないのか?と割り切れない思いでいました。

やっとこさ、だんだんに解禁です\(^o^)/\(^o^)/

●伊勢海老とやりいか フルーツ味噌とフィヌゼルブのソース

●伊勢海老頭の部分を焼いて、添えてくださいました。これがまた香ばしくて旨いの( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●千葉県のはまぐりのグラタン。クルトンカリカリで下はひたすらとろりとなめらか、大ぶりのはまぐりは旨味たっぷりで、たまらなーく美味。

貝型のお皿も、下に敷いているマイセンの「ブルーオニオン」のシェル型の器も、

少し小さめがおしゃれな18センチのプレートも、美しくて目に心地よいです。

わたしは器に関しては白&ブルー好きなのです。みんなわたしがお皿もマッカを使っているだろうと思っているようだけど\(^o^)/\(^o^)/

●淡路産の天然鯛のサラダ 葉山葵のソース

手前には鯛の頭の身を固めたもの。旨旨旨。

●鯛のお造りと野菜を重ねて積み上げています。目覚ましい香りのソースと鯛のおいしさが相まってたまらん。

●和牛ビーフシチューとうどの天ぷら。

白いソースは生クリームやサワークリームではなく、春キャベツのエスプーマ=泡泡でした。驚いた\(^o^)/\(^o^)/

ビーフシチューが軽やかな感じになって、あー おいしかったな。

●すっぽんのスープ、中に甘鯛の味噌漬けです。じゅんさい入りで、夏の印象でした。

●冷製パスタ、うにとカヴィアを上からのせて混ぜもっていただきます。

ヘレンドの器で華麗です。

●お料理の最後は牛肉です。焼いたのとしゃぶしゃぶしたのと。いずれも理想的な口当たりでした。

●豆ご飯に、いくらをのせるか、カレーを合わせるかの選択で、わたしは問答無用でカレーです。もうほんと好きなのです。

●デセール、木箱に収められて美しいです。

フルーツいろいろ、肉厚アメリカンチェリーのコンポートにパイナップルとシャルトリューズのソルベなどこちらも夏を感じさせました。

わたしが好きなのは、チーズをのせたチーズケーキです。こういうのとか、うに入り濃厚うにカルボナーラ(笑)とか、濃いもの強烈なものが好きね\(^o^)/\(^o^)/

●これは横から見たところがきれいだから好きです。カフェラテマキアート。

●シェーの格好でこたえてくれた店主のよねちゃん=米村昌泰さん。「新門前 米村」さんのお料理は、来るたび新しいなあと思うし、見たことない器がどんどん出てきてすごいです。
また伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「新門前 米村」クラブエリー 2020年3月

■ 全国100万人の読者の皆さま、さかのぼりエリーでございます。さかあがりではないよ。

新門前 米村」さんの、瞠目のおいしさのカレーを味わいながら思い出したのは、まだアップできていなかった3月のクラブエリー@「新門前 米村」さんでした。いかん。写真整理しました!

そろそろ皆さん出控えるようになっていた頃で、キャンセル出ては1名入り、また出ては埋まりでしたが、結局やはりいつもと同様、満席12名で伺ったのでした。

3月26日(木)昼クラブエリー@「新門前 米村」さん、写真抜粋ですがアップしておきます。

●桜が咲き始めたところでした。

この後、4月のクラブエリー@「新門前 米村」さんは緊急事態宣言が出た直後で中止に(T_T)(T_T)

また早く満席で伺いたいと思います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「TAKAYAMA」クラブエリー初訪問

■ 全国100万人の読者の皆さま、真っ白なお店でクラブエリーをおこなったエリーでございます<(_ _)>

クラブエリー初開催、GOOD NATURE STATION 2階の「TAKAYAMA」さんへ。2019年12月9日オープンのお店です。

初回の投稿これ。
カーヴを描いた12席のカウンターに12名で伺いました。
満席で伺えてほんとーによかったです。安堵。
実に実にお手間のかかった美麗なお料理をお出しくださいました。ちょっと短縮ヴァージョンにしていただいて、12時スタート15時終了という予定で、それでも20皿ほど出してくださったのでした。

他にない料理といって皆さんに喜んでいただけました。
TAKAYAMA」高山忠司さん、スタッフの皆さんに御礼申し上げます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「新門前 米村」2020年2月

■ 全国100万人の読者の皆さま、ごきげんエリーでございます。

週の初めにデジュネに出かけた「新門前 米村」さんがまた素晴らしかったからです\(^o^)/\(^o^)/

●「米」マークを自分でやるよねちゃん。店主の米村昌泰さんです。

●飾りはおひなさまになっていました。

●こんなメニューでした。

昼のいい方のコースです。

春到来の感じにあふれた料理を楽しみました。

●ほんとーにおいしかった、
よかったよかったよかったよかったーーー\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

新門前 米村」さん、来月はクラブエリーで伺います。皆さん楽しみに\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「VELROSIER」現代風で美麗な中国料理

■ 全国100万人の読者の皆さま、GOOD NATURE STATION 2階の、
VELROSIER」さんに行ってきたエリーでございます。
粉あり泡ありの現代的な料理で、分解再現料理というのかしらん、たとえば上から冷たいにらパウダー、底には熱いにら茶碗蒸し、間に炒めた豚ミンチとキャベツ、おろし生姜、パリパリの餃子の皮が仕込まれていて混ぜて食べたら餃子の味になるという具合で、とにかくお手間がものすごくかかった、技巧的で理知的な料理です。
味はばっちり決まってとてもおいしい。
麺やらご飯ものやらはありません。その代わりに花巻がコース中ほどで供されます。肉料理で終わりで、デセールとなります。

以下、お昼の12000円(税サ別)のコースです。

●黒ベースのインテリアです。

●rosierなので薔薇のように巻いた布ナプキン

●グラスきれいです。付き合ってくださった方はベルギービールを飲まれました。わたしは発泡水です。

●石焼き芋の風情で、揚げ点心が供されてスタート。
安納芋と豚ミンチを、大和芋を裏ごしして作った生地に包んでラードと浮き粉で揚げたもの。さつま芋コロッケという感じ。

サクサクしっとり、おいしいと思います。

●シェフの岩崎祐司さん、仕上げはこちらからよく見えるところでやってくださいます。

●(珊瑚の上にのせて、)春巻きの皮パリパリの中に、海老ミンチがサンドされている。
カリフラワーのピュレ、揚げたカリフラワー、薄切りのカリフラワー。
揚げた海老に、チリソース。
とてもおいしいと思います。

●3皿目は、芽キャベツのような姿で、しゅうまいの皮に包まれた豚肉と芽キャベツ、豆鼓の風味。底は紫キャベツサブレ。上にも紫キャベツ

●4品目は、金時にんじんソース、りんご、紹興酒と上湯スープで炊いた牛すじ、牛のゼラチンのジュレ、北海道の生雲丹。昆布の泡。金時にんじんのテュイル。

●一緒に行った方の紹興酒(15年もの)のロックはこんな。グラスがきれい。

●上から冷たいニラのパウダー。

●下から、(下は熱くて、)にらの茶碗蒸し、炒めた豚ミンチとキャベツ、紹興酒漬けの帆立、生姜、餃子の皮をパリっと揚げたもの。くずし混ぜもって食べると、全体で餃子の味になる。

●ぶり大根。手前、ぶりて照り焼き、ごく薄い大根のテュイル(大根もちと)。その下に、

●ぶりの竜田揚げでした。

●ナスタチウムの葉の下に、大根餅のソテ、大根おろし、大根のジャンローポー(醤油漬け)、大根サラダ。
まわりのソースは甜醤油(てんじゃんゆ)。甘い。

●花巻はここで供されました。

●パリパリごぼう細切りチップ、ごぼうあん。
下に、蒸した塩味鶏肉、百合根ピュレ、ふかひれ、白子。
ピスタチオを削った粉。

●メイン料理、牛肉。花乃牛。噛みごたえのある肉。部位はまるしん。
上にパリパリのキャベツ。
きくらげとキャベツ炒め。芽キャベツと豚ミンチだんご
甜麺醤パウダー。じゃがいものピュレ。
ホイコーロの分解料理とのこと。

●杏仁豆腐はゼラチン仕立てと寒天仕立て両方を味わえて食感の違いを楽しみます。

●赤米で色をつけたココナツミルク、ココナツミルクの冷たいパウダー。
杏仁豆腐はゼラチンと寒天(角切りの方)で食感を違えて。
アニスで炊いた大納言あずき。桂花陳酒で炊いたみかん。

●食後の飲み物は、紅茶かカフェかの選択。

●小菓子4種類。

プリン、紹興酒入りのカラメルソース/開口笑というめでたい揚げドーナツ/ココナッツとピーナツ入りフロランタン/ショコラのマカロン/タルトシトロン、下にプーアールサブレ。

VELROSIER」さん、楽しいコースでした。また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「新門前 米村」2020年1月

■ 全国100万人の読者の皆さま、年明けてからのコースものの写真を溜めすぎのエリーでございます。すでに数軒あります、がんばります。
1月5日(日)デジュネに出かけた「新門前 米村」さん。
材料が少なくてもしょうがない時期なのに、全くそんなことなく、ものすごくよかったー\(^o^)/\(^o^)/
どのお皿も美しく、味はジャストに決まり、本当においしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●月替りのディスプレイを見るのも楽しみでした。

●アミューズがいろいろのひと皿めで、

和牛とアボカドのタルタルをのせた蕎麦粉のブリオッシュ

小さなバタートーストの上に、自家製からすみとマッシュルームの昆布締め

あわびのトマトファルシ

ひらめのカルパチョ、上に雲丹やカヴィアや生海苔。

●よねちゃん=店主の米村昌泰さん。トリュフをおろしてばさばさかけてくれます。

●千葉県産はまぐりのグラタンと椎茸のお好み焼き

ペリゴール産黒トリュフと。

見事にお好み焼き味になっています\(^o^)/

●ふぐについて教えてもらいました<(_ _)> 天然と養殖の違い。

●ふぐのお皿。刺身やら焼きやらいろいろ。

●牡蠣フライと酒粕のスープ

●牡蠣大好きだけど食べられなくなったわたしは差し替えのお手間をかけてごめんなさいなのでした<(_ _)>

●酒粕スープおいしい\(^o^)/

●蟹クリームコロッケ、中に銀杏入りでした。

●牛タンシチューもおいし(^o^)/

●こんろで熱々のブイヤベース(^o^)/☆☆☆

伊勢海老、甘鯛、下仁田ねぎ。

●おろしたフロマージュやらルイユやら入れてくださって、ぐつぐつに沸いて、伊勢海老や魚介から旨味が出て、もうもう、おいしいったらない\(^o^)/\(^o^)/

●冷製パスタです。

●白海老をのせて

●ざくっと混ぜもっていただくのでした。

●本来はなまこをのせるのでしたが、わたしはなまこはどうしても好きになれず、、ごめん<(_ _)><(_ _)>

●黒毛和牛 フィレの炭火焼きとサーロインのしゃぶしゃぶ かぶらのステーキと。

●いつも通り、これらが添えられます。

●最後のご飯もの、ブイヤベースのスープでリゾットを作ってくれます\(^o^)/

●これがまあ、またほんとーーーにおいしかった\(^o^)/\(^o^)/

●箱デセールが供され、シャンパーニュが注がれます。

チーズをのせたチーズケーキ、キター\(^o^)/\(^o^)/

●もうもうかんぺきだったお料理とデセール、ものすごく楽しみました。ほんとーにおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

これははやります、、はやる要素しかありません。

●佛手柑(ぶっしゅかん)、わたし好きなのです。

●藤平伸さんの作品と説明していただきました。

●「新門前 米村」さんは「クラブエリー無限ループ」になっている数軒のうちの1軒です。よねちゃん、スタッフの皆さんありがとうー。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************