■「研野」クラブエリー2024年2月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

クラブエリー2024年2月の日本料理 研野さんです。

●研野さん、スタッフの皆さん今月もありがとうございました(^o^)/

お料理よし、音楽も全くよそにない楽しさで、飽きることがありません。

●研野さん出身地の青森の、津軽のお料理ということ。根菜やら豆やら高野豆腐やら、たくさんたくさんの具材がきれいに切り揃えられてたっぷり入っており、ひと品めからものすごい充実感。身体もすっかり温まりました。

●鯛とさわら、すべてジャストな加減で出してくださって、ものすごくおいしかったです。

土佐醤油、そして玉ねぎぽん酢。玉ねぎの甘み旨みでまたテンションが上がりました。旨かったー(*_*)(*_*)

●いつものチャーシューですが、合わせるものがいつも違う。

今回は、芹の胡麻和えが風味鮮烈、黒っぽいのはれんこんですが、これが青のり焼きになっていて、やみつき止まらない系の味でした。実におもしろい味付け、リピートお願いしたい(^o^)♪

●節分仕様で、厄除け黒豆ご飯。

ふっくらした釜揚げしらすが上にたっぷり。

●新海苔の香りがたまらなかったお椀。焼き伝助穴子、結びうるい。
梅大根、梅人参。

●はりいかのねぎソース和え。うどとセロリ。レタスのしゃきしゃき感が鮮烈で、いかと食感のコントラストが楽しかったです。

●ちぢみほうれん草の牛肉巻きフライ。下に自家製のウスターソース。

これがまた風味豊かでおいしいわ、食感楽しいわ♪

●白ご飯は「晴天の霹靂」。いわし塩焼きなどいろいろの取肴が添えられてご飯が進むけれど、さらにまぐろの黄身醤油かけご飯やら、チャーシューご飯やら、オプションを選べました。

健啖家の方は全部召し上がっていました。わたしはそんなに食べられない。うらやましい。

●チャーシュー青湯麺をするするといただきご馳走さまでした<(_ _)>

●白チョコレートのくず餅、これは斬新でした。予想に反して(ごめん😂)わたしはこれ好きでした。すごくいいバランスだったから。
いちごのソルベはいちごそのものの香味。

日本料理 研野さん、ありがとうございました。
来月も楽しみに伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「研野」クラブエリー2024年1月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

クラブエリー2024年1月は、10日(水)、日本料理 研野さんで華やかにスタートしました\(^o^)/
研野さんも仕事始めということで、何ともうれしくありがたいことでした。
青菜入りの澄んだお雑煮、旨みたっぷりのひらめと赤貝お造り、めでたい新春煮しめ、焼きではなく初めて煮込みのチャーシュー、びっくり旨かったさわらの胡麻酢和え、上品な梅にゅうめんに、柚子釜のなます・・・と、めりはりのある楽しい流れの献立。
いつもの「威風堂々」のシンバル音と共にご飯プレゼンがされて😂😂、赤飯ではなくてこれは赤米を使った赤いご飯。
そして同時に供されたのがたっぷりのすき焼きで、実に実においしかったです。
選曲はヨハン・シュトラウスからビゼーの「カルメン」、なぜか寅さん🤣など、いつもと少し違ったお正月セレクションでした。
最後にいつもの「いとしのエリー」をかけてくれて・・・けれど今回は追悼・八代亜紀さんによる「エリー」でした。合掌。
●酒井研野さん。お雑煮のお餅のプレゼンから始まりました。
●献立はこんな。
●澄んだお雑煮。青菜はほうれん草、芹、小松菜、ルッコラ。
●厚めに切ったひらめに、赤貝も旨かった旨かった(T_T)
●煮しめも、上品ながら、しっかり味もしみていて心底美味と思いました。
奥に信田巻き。
●いつもと違う、煮込みチャーシュー。
菜の花、木の芽。焼きも煮込みも、それぞれおいしい、どちらもよいです。
●さわらを胡麻だれで和えたもの。この胡麻だれの酢加減がまたよくて、たまらなく旨かったです。
●梅にゅうめん。上品なおだし。梅の香りと塩気で楽しみました。
●柚子釜のなます。ちょろぎと黒豆、下にかぶら。柚子の芳香が立ちのぼりました。
●すき焼きの準備です\(^o^)/
●まずはカウンターで調理をしてみせてくれて、
この後、厨房で仕上げてくださいました。
●溶き卵をかけて供されました。
すき焼きは「お代わりもどうぞ」と。追いすき焼きされた方もあって、皆さん大満足でした(^o^)♪
●「威風堂々」のシンバル音と共に、Happy New Year!と蓋を開けた研野さん。
盛り上げ方をよく知っているなあと(^o^)♪
●赤飯ではなくて、赤米を使った赤いご飯。
●はっさくゼリーは金箔で飾られていて、キラキラときれい。
ヨーグルト金柑ソルベもほどよい酸味と甘味で、食後に最適と思いました。
●研野さん、スタッフの皆さんありがとうございました🙏
参加者の皆さんにも御礼申し上げます。
日本料理 研野さん、また来月(^o^)/~

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ クラブエリー11月3週目、和食3軒

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリーをだいたい平均して週に3~5回はおこなうエリーでございます。11月は下旬を留守にすることもあって、よけい、詰め詰めになったかもなあ(^o^)(-_-;)
クラブエリーの皆さん、頑強な胃袋を携えてまめに参加してくださってありがとうございます\(^o^)/\(^o^)/

そして、クラブエリーのためにいつも特別よくしてくださる料理人の皆さんにも感謝いたします<(_ _)>
11月3週目に伺った3軒は、いずれも和食で、とはいえ全く個性の違うお店3軒。
*****************

11月15日(水)「割烹はらだ」さん

11月16日(木)「日本料理 研野」さん

11月17日(金)「ごだん 宮ざわ」さん(料理長 泉 貴友さん)

*****************

でした。

*****************

11月15日(水)「割烹はらだ」さん

*****************

●実質的そして良心的、本当においしいものをストレートに出してくださるお店として、お酒飲む人飲まない人の境なく愛される「割烹はらだ」さんです。

クラブエリーでも大食漢 改め 健啖家の方も、お酒大好きな人も毎回参加していただけて、大盛況です\(^o^)/

●秋色濃い前菜に、

●11月の楽しみ、こっぺ蟹。

●店主の原田耕治さん、女将の奈緒さん、今回もありがとうございました<(_ _)>

次はまた春に楽しみに伺います(^o^)/

 

*****************

11月16日(木)「日本料理 研野」さん

*****************

●今月も日本料理 研野さんで大盛り上がりでした\(^o^)/\(^o^)/

●献立はこんなです。見ただけでおいしそうでしょう(^o^)?

●粕汁でまず温まりました。ぽかぽかになりました\(^o^)/

●11月です、蟹ちゃん登場です(^o^)/

焼売で食べさせてくださいました。うっまかったのです(*_*)(*_*)

●研野さんは何イタズラしているのだ~?(^o^)(^o^)

●蟹ちゃんで遊んでいるのでした\(^o^)/

研野さん、スタッフの皆さんありがとうございました。

次回また楽しみに伺います\(^o^)/

 

*****************

11月17日(金)「ごだん 宮ざわ」さん

*****************

●長年「じき 宮ざわ」の料理長をつとめて来られた泉 貴友さんが、先月来、「ごだん 宮ざわ」の料理長に就かれています。

「ごだん」で「じき」の発酵料理をいただけたのでした。何かとても新鮮な感じ(^o^)/

今回はクラブエリー第3金曜(という定例会)でお伺いいたしました。

おいしいことはもうわかっている、第3金曜の皆さんは仲良しで勝手に盛り上がってくださることもわかっている。

だいぶ楽ちんなクラブエリーでした\(^o^)/

●きのこの香味を上手に使われる泉 貴友さんです。

こんなにすてきにきのこがプレゼンされました。

●きのこの玄米蒸し

●椎茸の香味で味が5倍くらいアップしていて仰天させられるまぐろ。

独自のおいしさ、他にない味わいを楽しめるコースでした。

「じき 宮ざわ」の貴友さんを見納めに出かけた9月の記録

●泉 貴友さん、スタッフの皆さんありがとうございました<(_ _)>

ごだん 宮ざわ」さん、また楽しみに伺います(^o^)/

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「研野」クラブエリー2023年10月

■ 全国100万人の読者の皆さま、さかのぼりエリーでございます。

遅くなりましたが10月のクラブエリー@「研野」さん。

●クラブエリー@10月の「研野」さん。
アップできていない写真がたんまりあってごめん😂😂😂
クラブエリー毎月研野さん、まあ楽しいわ、盛り上がるわ。
お料理も見事に決まって本当においしい☆☆☆
それでご飯でまたこの盛り上がりよ😁
「威風堂々」を流しつつのご飯プレゼン、
これは誰にでもできることではありません。
気概があってお料理ができて、ぱ~っと盛り上げてお客さまを楽しませることもできるって、なかなかないことです。
以下コースから抜粋写真ですが、秋を色濃く感じさせて、しみじみおいしかったお料理です(T_T)(T_T)
●研野さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました(^o^)/
また次も楽しみに伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「研野」クラブエリー 2023年9月

■ 全国100万人の読者の皆さま、さかのぼってクラブエリーの記録でございます。

アップが遅くなりました<(_ _)>

日本料理 研野さん、9月22日(金)にクラブエリーで伺いました。

研野さんとスタッフの皆さん、いつもありがとうございます\(^o^)/

髙橋 歩さん、研野さん、田淵加奈子さん、中川雄貴さん、御礼たくさんです<(_ _)>
以下写真はコースから抜粋ですが、

 

●いつもの鯛のお造りも、甘鯛と松茸と蕪のお椀も、申し分のない旨さ。
●毎月決まって供される叉焼ですが、季節感の表現にもなっていて、楽しみで楽しみで仕方ありません(^o^)/
●なんとこの瓶の色よ❤
マッカな田酒は初めて見ました。
●いちじくの白和えと酸味を効かせた柿。
●さわらのフライ、意表を突かれておいしかったなあ(T_T)(T_T)
●「威風堂々」とご飯プレゼンののち、いくら丼に叉焼丼、親子丼にへしこ茶漬けと好きなだけご飯を食べさせてくださって、
●お月見の9月らしく、月見うどんをつるつるをいただいてお料理は終わり。
これが供されると同時に、ドビュッシーの「月の光」が流れて、ほんとおもしろかった(^o^)/
「研野」さんにおいては、しばしば料理と音楽が連動していて、割烹でこんな楽しみはなかったなあと思います。
●ぶどうのおいしさを最大限味わえたデザートでした。ぶどうのソルベに、シャインマスカット、長野パープル。
下に紅茶のジュレ、アマレットのソース。いいバランスでした。
●研野さんがいちばん自然でいい顔されているなーと思った写真は、他の皆さんが目をつぶっていました。あわー( ̄○ ̄;)
 
秋の初めのコースを堪能いたしました。ありがとうございました<(_ _)>
次もまた楽しみに伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「研野」クラブエリー 2023年8月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー@日本料理 研野さんの報告です。

●8月24日(木)、クラブエリー@「研野」さん 8月。
今月もよかったーーー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
熱い飯蒸しにのった、馥郁たる松茸の香りで始まりました。
いつもの叉焼炭火焼きも、毛蟹の黄色パプリカガスパチョ風もお造りもお椀もジャージャー麺も鱧の豆鼓炒め(京 静華さんでおなじみ😂)風も、すべてが絶妙な組み合わせで彩り鮮やか風味絶佳、実に旨くてかんぺきのぺき子ちゃんでした(^o^)/☆☆☆

研野さん、スタッフの皆さんありがとう<(_ _)>
(ちなみに研野さんが手に持っているのは山しゃくやくの実です。)
参加者の皆さんにも感謝です🙏
●焼き松茸ご飯 振り柚子。
ホイル焼きにされた松茸。ふわあああと芳香がたちのぼりました。
●定番、叉焼炭火焼き。味噌の風味と甘みがたまらん(*_*)(*_*)
下に焼いた蓮根。赤玉ねぎの酢漬け。
●お造りその1
黄色パプリカで、ガスパチョ風です。毛蟹たっぷり。あさつき、花穂紫蘇。
透明なトマトのジュレ。
さわや~か、ものすごく粋な味。
●お造りその2
まぐろ。九条ねぎと赤こんにゃくの酢味噌和え。
添えられたのは土佐醤油と黄身醤油。
旨旨。
●お椀は鯛の潮(うしお)汁。
銀杏豆腐、大根。白髪ねぎ、木の芽。
理想的なおだしでした。感涙(T_T)
●ジャージャー麺。茄子揚げ浸し。大葉、白ねぎ、みょうが、きゅうり。
これもびっくり旨かったです(*_*)(*_*)
●鱧 大徳寺納豆炒め。「京 静華」さんで、このルセットをものにしたのだな研野さんは(^o^)/
青森の「みず」というシャキとろっとした野菜を合わせて、オリジナリティも感じさせます。枝豆もたっぷり。
●酢の物は、岩もずくとおくら、長芋の極細切り。緑色の葉っぱはモロヘイヤ。
●青森のお米「青天の霹靂」に、いわしの蒲焼、ささげ豆と大葉の味噌炒め、漬物の和えもの。
●白ご飯の後、鉄火丼、叉焼丼など何種類ものオプションがあり、大半の皆さんは少しずつ全種類を召し上がります。
●ご飯の後は、さらりと冷たいうどん。上に梅肉。さわや~か。
おだし全飲みです。
●水物は、竹筒に、フルーツみつ豆 アマレットの香り。
中にシャインマスカット、西瓜、小豆、寒天、ぶどう、メロン。
パッションフルーツが鮮明なアクセントに~〜😂😂😂
(ちなみにわたしはパッションフルーツのおいしさは難解だと思う者です😂
●研野さん今月もすてきな献立でした。
おいしかった楽しかった\(^o^)/☆☆☆
お料理だけでなくて・・・
●お料理だけでなく、BGMもひどく楽しみな「研野」さんです。
でもこのリストはかかった曲のうちの一部ですね~。記されていないけれど、ジェーン・バーキン(L’aquoiboniste)もあれば、加山雄三(君といつまでも)もありました。
楽しくて仕方がない日本料理 研野さんです。次回も楽しみに伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「研野」クラブエリー2023年7月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー@日本料理 研野さんの報告です。土曜のお昼開催をしていただきました。

今月もよかったーーー\(^o^)/\(^o^)/★★★
●クラブエリー@「研野」さん7月。
気合いに満ち満ちて、清新な空気が流れるお店です。お料理おいしく居心地よく、何より楽しいのです。
●7月の献立はこんな。
●先付の、毛蟹のひと品めからうっとりしました。
●チャーシューは定番。そこにとうもろこしと枝豆のかき揚げ\(^o^)/
赤玉ねぎ柚子胡椒酢漬けも粋なアクセントでした。
●水口さんの鯛おいしーい\(^o^)/
●白とり貝も、甘みがあり実に美味(T_T)
●お椀の冬瓜は中華スープで炊いてあって意外性を楽しめました。
●鮎の、一夜干しの後、揚げて、焼いて出してくださったのは新味がありました。
●屋台風焼きそばも楽しかったー(^o^)
●トマト土佐酢漬けでさっぱり。
●金目鯛の煮付け。同時にご飯もよそわれました。
●いつものご飯ミュージック、エルガーの「威風堂々」と共に、青森のお米、まっしぐらがつやつやに炊けたのがプレゼンされます。
白ごはんをお惣菜いろいろといただいた後に、まぐろづけ丼、チャーシュー丼、へしこ茶漬けを選んでいただくことができます。ほぼ全員が、ミニサイズで全部召し上がります(^o^)/
●最後におろしすだちうどん。
●デザートの、ぶどうコンポートとソルベ、フレッシュライチ入り。これも粋な組み合わせで完璧でした。かんぺきのぺき子ちゃん。圧倒的幸せ。
この後、カフェとすはまをいただきごちそうさまでした<(_ _)>
本当に本当に、申し分なくよいお料理でした\(^o^)/
日本料理 研野さん、来月も伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「研野」クラブエリー2023年6月

■ 全国100万人の読者の皆さま、今月は2回お願いしたクラブエリー@日本料理 研野さんでした。

1回目は珍しく土曜のお昼開催をしていただきました。
今月もよかったーーー\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
●スタッフの数が、こんなに増えていました。
料理は創意工夫に満ちてどれもジャストに決まって美味、
音楽は古今東西ものを多彩に組み合わせてめくるめく楽しさ、
気合とエネルギーに満ち満ちて、お店全体が光を放っているように思えました。
研野さんにおいては、発展、躍進という言葉しか出てきません。
●料理でとりわけ印象深かったのは、
・特大サイズの賀茂茄子を素揚げしてふわふわの食感にしたものを、シンプルなお椀に仕立てたもの。こんなに旨いかと(*_*)(*_*)
・とうもろこしの葛寄せ。葛ととうもろこしピュレを合わせたとろとろの食感のものを揚げてあって、中にもとうもろこしの粒粒入り。イタリアのチーズ、ラスケーラが風味を添えて、旨いったらなかったです(*_*)(*_*)
・他も、チャーシューに酢漬けにしたハラペーニョ、ごぼうにクミンと、アクセントになる味を合わせるのが上手。
 
●研野さん、スタッフの皆さん(みっちゃん、くろちゃん(=海老ちゃん)、加奈子さん、ゆうちゃん)、ありがとうございました<(_ _)><(_ _)>
参加者の皆さんにも御礼申し上げます。
ありがとうございました<(_ _)>
*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「研野」クラブエリー2023年5月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリーまだまだ先月の報告です。

●人気集中の日本料理 研野さん、5月もよかったですー\(^o^)/\(^o^)/

季節を映したしつらいに、驚きのある、それでいてしみじみおいしいお料理、音楽のセレクションもますます冴えて楽しくて、こんな割烹は唯一無二、研野さんサイコーです😊🔥🔥
店主の研野さん、蟹王子みっちゃん、新人の加奈子さん、ありがとうございました。
参加者の皆さんにも御礼申し上げます🙏
●研野さんが持っているのは、LPレコード、ベートーヴェンの交響曲6番「田園」でしたー(^o^)/

続きを読む