■「研野」クラブエリー 2022年1月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー@日本料理 研野さん1月の報告でございます。

●クラブエリー@「研野」さん1月は、11日(火)お昼に開催、
今月もよかった、おいしかったおいしかった(^o^)(^o^)/☆☆☆
寒い寒い日でしたが身体も気持ちも温まり、テンションものすごく上がりました。

以下、順番にいきます。

●先付1 すっぽん豆腐 胡麻豆腐にすっぽん入り。すっぽんだしのあん。九条ねぎ、生姜。

●先付2 煮しめ れんこん、椎茸、小芋、金時人参、結び昆布、いんげん。

ひとつずつ味をつけて最後に盛り合わせたという煮しめ、しっかり味はついているが上品でそれぞれの風味が生きていて、家で材料全部を同時に炊いてしまうのとは全然違います(^o^)

いちばん上には、松葉に見立てたいんげん。

●焼き物はいつものチャーシュー。味噌床に漬けて焼いたもので、ものすごく味がしみていて旨みたっぷりです。合わされるものが毎月替わって、今月は白菜。少し甘酢漬けみたいな感じで粋な風味を添えていました。

●お造り1 赤貝、菜種、うるい、ラディッシュ。浜名湖の新海苔の醤油風味のジュレ。

この赤貝、弾力あり風味よく、海苔ジュレがほんとーにおいしかった(^o^)☆☆☆

●お造り2 水口商店さんの鯛。紅白のよりにした人参と大根。醤油と肝醤油。

食感よく申し分なくおいしい鯛です<(_ _)>

●お椀は肉厚のちぢみほうれん草に甘鯛、氷蕪(雪に見立てて砕いた蕪)、あられ柚子。

もうもう、ほうれん草も甘鯛も理想的に美味、おろしてみぞれにせず砕いて氷風にした蕪も粋なことでした。

●そして次、この柚子釜の酢の物も、丸いお盆に柚子を並べて盛り込んでいる最中からかわいいなあと思い、

●ついでに店主の酒井研野さんもかわいい顔をしてくださいました\(^o^)/\(^o^)/

●酢の物として供されましたが、お正月の八寸というか、どこか中華サラダのようでもありました。

紅白なます、くらげ、大根、人参、きくらげ、せり、ちょろぎ、数の子、黒豆。

●そしてさらにかわいい顔で店主さんがプレゼンしてくれたのはこの牛肉\(^o^)/\(^o^)/

強肴として、すき焼きをしてくださったのです。大喜び(^o^)。

●ご飯も添えて出してくださいました。

和牛(平井牛)、玉ねぎ、ふき、ごぼう、春菊。

味わい濃厚、ほんとおいしかった(^o^)☆☆☆

●すき焼きで白ご飯をいただいた分、今月のご飯会議はコンパクトです。

それでも昆布佃煮、津軽漬け、お漬物と供され、希望者にはバターのせもしてくださいました。

●最後に澄んだスープの麺を少し。カリマンタン島の生胡椒がひと粒あしらわれ、これがいいアクセントです。

●杏仁豆腐\(^o^)/「京、静華」さん仕込みですね。

これは形を保つだけの硬さですが、しかし食べるとするりとなめらかで食後にふさわしい甘味。あーもうこれ定番にしてください<(_ _)>

そして、後ろに液体が見えていますが、これがすごかった(^o^)☆☆☆

はっさくスープとして出てきました。温製。シナモン、クローヴ、八角の香りが立ちのぼり、スパイス好きにはたまりません。お料理と同様に強い印象を残しました。これもまたしてください<(_ _)><(_ _)>

●桜がなんと満開できれいでした。真冬なのに、ここだけ春が来たようですてき。

この前で写真撮りましょう\(^o^)/

★撮影時、一瞬マスクをはずしていただいています。

●研野さん愛ちゃんありがとう、今月もいいコースでした\(^o^)/

そして、BGMの選曲がまたおもしろかった\(^o^)/
ニューイヤーコンサート風にヨハン・シュトラウスの何曲かで優雅に始まったかと思ったら、いきなり「寅さん」よ。全く意味わからず、なじぇ?と思ったら、「寅年だから」だって。だいぶ笑いました。マイルス・デイヴィスもあればカルメンもあり、最後は「いとしのエリー」でエリー喜びました。ほんとありがとう(^o^)(^o^)(^o^)
日本料理 研野さん、今年は1~12月、毎月伺います。お昼はクラブエリーのみしていただいているとのことです。

盛大に感謝です<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「研野」クラブエリー2021年11月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

●愛ちゃん、研野さん今回もありがとう\(^o^)/

★撮影時マスクをはずしていただいています。
岡崎の日本料理 研野さん、
16日夜に食事に伺い、
17日お昼はクラブエリーでお世話になりました<(_ _)>

新味もありつつ、和食のよさもしっかり感じさせてくれて、感動深いコースでした。
(16日一緒に伺ったJさん御礼です<(_ _)>)

●欲深いクラブエリーの皆さんに喜んでいただきました\(^o^)/\(^o^)/

●この色使い、クリスマスカラー なんだって(^o^)

●こっぺ蟹も楽しみましたよっと\(^o^)/

そしていつもながらBGMの選曲が楽しくて、
最後はテーマ音楽の いとしのエリー (今回はレイ・チャールズのカヴァー版)をかけてくれて、エリー喜びました(^o^)(^o^)/☆☆☆

日本料理 研野今月のコースの全容、料理写真は改めてアップします。

と言いつつ写真を溜めに溜めていて、もう押しつぶされそうなほどなんだけど、でも上げますそのうちに<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「研野」クラブエリー2021年10月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

●クラブエリー無限ループの1軒、東大路通冷泉上るの「研野」さん10月\(^o^)/\(^o^)/
今月もよくやってくれました(^o^)☆☆☆
研野さん、愛ちゃんありがとう\(^o^)/\(^o^)/
●お料理すばらしーいのはもうわかっているとして、
毎回驚くのが研野さんのBGMの選曲です。
まあ東西の古いのから新しいのまで、実によくご存じなのです。
今日はまず乾杯の歌、お料理スタート時にはくるみ割り人形の花のワルツが流れて、なんで??と思ったが、それはくるみ豆腐でスタートしたからと(^o^)(^o^) フニクリフニクラで盛り上げたりバッハの無伴奏チェロ曲でしっとりなごませたり、8月はシンディ・ローパーの Girls Just Want to Have Fun、9月は竹内まりやの September なんてかけてくれて、クラブエリーのお姉さんたちはなつかし~と盛り上がるわけです。松田聖子 SWEET MEMORIES とかね。なんかたまらんのです。それでいて、土鍋ご飯の蓋を開けて湯気もうもう、みんなの視線集中の中ご飯をよそう時は、エルガーの 威風堂々 がかかって、研野さんいやがおうにも、よりかっちょよく見えるわけよ。大した男よ\(^o^)/\(^o^)/
●わたしには、クラブエリー公式テーマ音楽ということで いとしのエリー をかけてくれて、エリーはメロメロ、料理にこんな楽しさがくっついた割烹なかったなあと。普段の営業でも、年配のお客さまたちが、流れる音楽の懐かしさに思い出話をされたり、一緒に歌ったりされることもあって、その反応はとてもうれしいんだって(^o^)(^o^) ・・・「懐メロ割烹 研野」か?(^o^)(^o^)

●以下、料理写真はコースから抜粋です。

来月はわたしも着席していただくので、コース全容を上げます。

●参加してくださったクラブエリーの皆さんもありがとう。
研野さん、愛ちゃんありがとう。スタッフの皆さんにも御礼申し上げます。

来月また伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 「研野」クラブエリー2021年9月

■ 全国100万人の読者の皆さま、今月も大人気「研野(けんや)」さんでクラブエリーです\(^o^)/

先月の記録はこちら

●岡崎の「研野(けんや)」さん、クラブエリー無限ループの1軒です。
愛さん研野さん、今回もお世話になりました\(^o^)/

★撮影時、一瞬だけマスクをはずしていただいています。
独自のコースにわたしたちはやみつきになっています。

●中秋の名月にちなんで、月見豆腐がひと皿めに供されました。

●食べ終えるとうさぎちゃんが現われるのが念入りにかわいい(^o^)(^o^)

●店主の酒井研野さん、堂々たるものです。「普通の和食では埋もれてしまうと思った」と、「京、静華」さんでの修業の成果を生かした献立でわたしたちを楽しませてくれます。この叉焼がまた旨いのです(T_T)(T_T)

●叉焼に、焼き茄子という組み合わせ。銀杏と。

叉焼は(いまのところ)通年メニューだと思いますが、そこに添えるもので季節感を表現していてよいですね(^o^)

●戻り鰹に、青森の野辺地かぶ。この季節においしい蕪です。

●これは定番、水口商店の鯛のお造りです。そうめん南瓜と。

●白味噌仕立てのくじらのお椀です。

●栗と枝豆の飯蒸し、笹の葉包みに、

伝助穴子のたれ焼き。

●野菜の冷やし炊き合わせ、これ先月も感動深かったものです。

●美しい姿の鮎です。見事に子持ちです。

焼ききのこの胡麻酢和え。丹波しめじ、舞茸、椎茸に、梨のアクセント。

●ご飯会議きましたー\(^o^)/

●いくらをのせてもらえたり、

●叉焼のセレクションもあります。ご飯止まらない、ご飯会議終わりません<(_ _)>

●澄んだスープで麺をつるつるといただき、これで締めです。

麺もですが、このスープが、しんそこおいしいのです(T_T)(T_T)

●ぶどうのパルフェ。

ぶどうソルベ、ぶどうジュレ、ぶどうコンポート、シャインマスカット。

金木犀寒天、タピオカ。

●カフェとすはまでごちそうさま<(_ _)><(_ _)>

今回も充実のコースでした。

お料理だけでなく器もすてき、BGMの選曲がユニーク☆☆☆
今回も最後に「いとしのエリー」ありがとう\(^o^)/\(^o^)/

研野(けんや)」さん、来月もお世話になります(^o^)/

クラブエリーの参加者の皆さんにも御礼申し上げます<(_ _)>

*****************

冒頭の写真の続きですが、

ふたりでのれんから顔出している図、ということで、こんな酒器をお客さまが作って贈ってくださったのだそうです。

●猫ちゃんたちがのれんから顔を出している、、かわいい\(^o^)/

●「研野」とお店の表札までついています。

すてきな贈り物ですね\(^o^)/☆☆☆

「研野」さん愛されていますー(^o^)

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「研野」クラブエリー2021年8月

■ 全国100万人の読者の皆さま、引き続きさかのぼって、アップできていなかったクラブエリーの記録です。

8月25日(水)、26日(木)と、大人気「研野(けんや)」さんに伺いました。

先月=前回までの記録こちらです。

自由闊達なコースがすてきでした。
何もかも、ずば抜けておいしかったのです(^o^)/☆☆☆

●明石からの、水口さんの鯛を切る前にプレゼンしてくれる店主の酒井研野さん。

●冷たいお汁で始まりました。

鮎の冷や汁 白味噌仕立て もち麦、わさび、花穂紫蘇

爽やかでクールダウンできて、同時に最初からしっかり旨い\(^o^)/

●叉焼の八丁味噌炭火焼き 玉ねぎ、新れんこん甘酢漬け

今月は蓮の葉盛りです。

この定番叉焼たまらなく旨いです。

●白とり貝おいしかった(T_T)

添えられている野菜は「みず」といって、

●こんなだって。初めて見ました。ありがとう(^o^)

しゃきっとしているけれど、ちょっととろみがあり糸を引きます。

●水口さんの鯛キター\(^o^)/ねっとり旨味たっぷり、これは間違いないおいしさです。

この波模様のお皿がまたお造りにあまりにぴたりと合っていて、ほんとよいです。

●鱧に見えるけれど、伝助穴子を骨切りしたものです。松茸と。

結び三つ葉、練り梅、青ずいき。

かんぺきのぺき子ちゃんと思うお椀です。

●醤油の香りをつけつつ海苔を炙って、

●鱧寿司を包んで手渡してくれます。

寿司飯にはすぐき菜入り。上に木の芽。

●今度は少しクールダウンなお料理で、

●野菜ばかりの一品です。

夏野菜の冷やし炊き合わせ、薬味ジュレ。

これがまたすごかったなあ・・・野菜だけなのに、冷製なのに、インパクトがありました。

冬瓜、苦瓜、ミニ青梗菜、万願寺とうがらし、賀茂茄子、おくら、黒酢きゅうり。

薬味ジュレは、大根おろし、青ねぎ、おろし生姜、だしのジュレで作られたもので、いまだかつてない爽やかでいてピリッとした、旨味と才気を同時に感じさせる味わいです。

賞味期限半日か1日と思うけれど、どうか瓶詰めで売ってください<(_ _)><(_ _)>

●ソフトシェルクラブの、上賀茂のトマト餡(=チリソース)

これがもう、

旨旨旨旨旨旨旨旨( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)旨旨旨旨旨旨旨旨

蟹じたいが旨い、その上チリソースが辛さほどよく味深く色もきれいでたまらん(*_*)(*_*)

別世界に行ったような心持ちです。天国とはこのような美味に満たされた世界であると思う。

●余ったソースでまた新たな楽しみがあり、蟹を食べ終わったタイミングで、おこげが供されます。パリパリと、これがまた旨いのです。煎餅みたいにこれだけ食べてもおいしいところに、やば旨いトマト餡からめますよっと。もう本当に天国に行ったまま帰って来られません。

エリー帰らぬ人です。

●・・・しかし帰って来てこれいただかなければ。

白ご飯がまたおいしい。ここからまたひと盛り上がりします。

●青森のお米「まっしぐら」に、ご飯のお供がずらりと供される「ご飯会議」\(^o^)/おいしい、楽しい(^o^)☆☆☆

左側から時計回りに、

・鱧の子入り昆布佃煮(あとでバターと共にご飯にのせると禁断の味)

・釜揚げしらす 生姜、カリカリ梅

・どぼ漬け

・津軽漬け 大根、きゅうり、切り干し大根、するめ、数の子

ご飯が進んでしょうがないです。

●青森のお米「まっしぐら」、袋を見せていただきました。いい名前ね(^o^)

●カリマンタン島の胡椒をひと粒のせた、手打ちたまご麺。

澄んだスープがさらさらと清らかなおいしさでもちろん全飲みします。

これで食事を締められるの最高です。

●最後にぶどう尽くしのパフェ。藤稔のソルベ、藤稔のコンポート、シャインマスカット、キングデラウエア、ミント寒天、タピオカ。

●カフェにすはまで締めです。

今回も、本当に楽しいおいしい「研野」さんでした。

クラブエリーの皆さんも大満足で、また次も~~の声圧倒的でした。

そして今回もBGMは楽しい選曲で、エディット・ピアフにオペラのカルメンにバッハの無伴奏ヴァイオリンソナタに・・・最後に、今回も「いとしのエリー」をかけてくださいました。クラブエリーのテーマソングということです。

おいしかった上にこんなもてなしでエリーはメロメロです。心憎いことをする研野さんです。

研野さん愛さんスタッフの皆さん、今回もありがとうございました。

参加者のクラブエリーの皆さんもありがとう\(^o^)/

研野」さん、また楽しみに伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「研野」 2021年7月

■ 全国100万人の読者の皆さま、3月の開店以来、「研野(けんや)」さんを、抜きん出てすばらしいと思うエリーでございます。クラブエリーでも大好評です。

以下、7月3週目の週明けに食事に出かけた記録です。

初回、開店時の訪問はこちら

5月のクラブエリーのコースはこちら

未アップですが、6月にも2回クラブエリーをしていただいています。

●とうもろこし豆腐 わさび風味のだしジュレ
焼きとうもろこし、花穂紫蘇

とうもろこしの優しい甘み、とろっとした豆腐の口当たりと粒粒の食感を同時に楽しんで、ひと皿めからうっとりします。

●店主の酒井研野(けんや)さん、30歳少しだけど堂々たるものです。かっちょいいの(^o^)♪ 年齢関係ないとつくづく思います。

よくできる人はごく若い頃から、やっぱり違う。

●叉焼炭火焼き 八丁味噌風味
蓮の花びらに見えるのは新玉ねぎです。

定番のこのチャーシュー好きです。じんわり旨みじわじわ広がってたまらなーい。
●ここでわたしはアルザスのリースリングをグラスで1杯いただきました。

●ぶどうの白和え=チーズ和え
ブルーチーズ、ブリードゥモー、マスカルポーネ
ぶどうは瀬戸ジャイアント、長野パープル、デラウエア。
赤いのはざくろ。

このチーズで白和え、旨みのかたまりでずるいです。ぶどうと合わせるのもすてきなアイデアです。
●水口さんの、明石からの鯛、

これはもうねっとり旨いのわかっています。肝醤油も添えられますが、わたしは塩でシンプルに食べるのが好きです。
●明石の蛸の柔らか煮
●わたしは蛸をいただかないので金目鯛と卵黄醤油です。お手間ごめん、ありがとう<(_ _)>
●揚げた賀茂茄子のお椀 大根の鬼おろし、いんげん豆

これも猛烈美味でした。ほんとーーにおいしかった(^o^)☆☆☆
●青森の美しい青池を思わせるお猪口とのことで、その青池をネットで見てみます。ほんときれいだ同じ色だ(^o^)/☆☆☆

お酒は(これはわたしはいただいていないのですが)、青森の三浦酒造さんの、「豊盃」純米吟醸 夏ブルー ということでした。

まさにぴったりのお猪口が合わされているわけです。

●あじのなめろう手巻き寿司

これも旨みたっぷり、香味鮮やかで、これだけ10本連続で食べたいと思う。
●冷やし炊き合わせ ズッキーニ、青ずいき、万願寺とうがらし、
トマト、台湾の黒くわい、海老のつや煮。

野菜だけでも味わい明確に違いつつ、調和も見事でした。
●鱧の大徳寺納豆炒め 鱧の胃袋 青梗菜 枝豆

鱧に、大徳寺納豆の旨みを足して、豆の食感も添えて、楽しい料理にしています。
●ご飯セット、これは青森出身の研野さんの思いがとりわけたっぷりな部分です。

・白ごはんは青森の「まっしぐら」
・ひじきと昆布の佃煮(バター推奨)
・しらすおろしに醤油
・きゅうり/大根のビール漬け白菜巻き
・松前漬け(=津軽漬け)
(大根、切り干し大根、するめ、数の子、納豆昆布)

本当においしいです~~、これだけで青森ご飯定食としてやってほしい。
だってこの時点で、すでにずいぶんお腹がふくれていて、気持ちはもっといただきたいのにもう入らないようになっていますから。
●ご飯に、佃煮+バターで旨味倍増です。たまらない美味です。

●清湯麺 カリマンタン島の生胡椒がひと粒。

スープおいしい手打ちの麺おいしい、そしてひと粒の生胡椒の香味が鮮烈で、もう本当に粋な味です。
●ココナッツゼリー、パイナップルのソルベ、パッションフルーツ、タピオカ、白きくらげ
●カフェとすはま
●季節の花、ひおうぎもきれいでした。
●研野さんが手に持っているのは、

●なんと、青森の形に作ってもらったという抜き型\(^o^)/

青森愛極まれリです(^o^)

●そして、もうひとり青森の人がいて・・・「右肩上がりの握手」をする青森の人たちです。(^o^)(^o^)

研野」さん新しい楽しい圧倒的においしい\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

次回もまた楽しみに伺います\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「研野」クラブエリー2021年5月

■ 全国100万人の読者の皆さま、遅くなりましたが5月のクラブエリー報告、最後の1軒でございます。

3月にオープンした日本料理の「研野(けんや)」さんで待望のクラブエリー、大好評でした\(^o^)/\(^o^)/

わたしも2回目にお料理をいただいてほんとーーーによかった\(^o^)/\(^o^)/

オープン後初回訪問の記録はこちら

昨今の新規開店のお店、初訪問のお店の中でも群を抜いてよいと思うお店です。

5月14日(金)、26日(水)と各回8席でお邪魔しました。

●こんな感じでカウンター8席でお邪魔しました。

以下のコースは5月26日(水)のもの。

この日はわたしも着席してお料理をいただきました。

●先付け1

皮蛋(ピータン)入り長芋羹 山葵ジュレ 花穂紫蘇

●先付け2

叉焼の炭火焼きです。

●店主の酒井研野(けんや)さんです。

●叉焼炭火焼き 島らっきょう

この赤いお皿好き(^o^)♪

●お造り1

水口さんの鯛 土佐醤油 肝醤油

ブランド鯛でありがたいと思うし、舌ざわりねっとり旨味たっぷりで知らされなくてもやっぱりこれはおいしい鯛だと思う。

●お造り2

甘海老紹興酒漬け

上に海老の卵。中華料理の味ですね(^o^)

●お椀

黒めばる 白髪ねぎ みょうが 芽ねぎ 木の芽 よもぎ豆腐

●おしのぎ

もち米焼売 辛子酢醤油

●野菜

トマト土佐酢漬け みず(青森の野菜、ちょっととろっと糸を引く)みょうが

●焼き物

鮎 きゅうりのソース

●きゅうりは、こうやって干しましたよと(^o^)

●強肴

鶏のあられ粉揚げ 甘酢あん ねまがりだけ 実山椒

●炊きたてのご飯です。青森県産の「まっしぐら」というお米を使用。

●ご飯をぐるりとお供が囲むこのスタイル、

ごはん会議 って言うんだって(^o^)(^o^)/

ご飯が進んで進んでしょうがないお供の皆さん。どれもおいしいのです。このご飯定食だけでも食べに来たいと思う(^o^)(^o^)

・子持ち昆布佃煮 バター

・松前漬け

・山くらげ入りちりめん山椒

・小梅甘酢漬け

・大根ビール漬け新キャベツ巻き

ご飯じたいにバターも小片をのせてもらいました。旨いの(^o^)(^o^)

●麺

清湯麺

ご飯の後に、汁物という感じできれいなスープの中華麺\(^o^)/\(^o^)/

スープもちろん全飲みです。

●これは初回、わたしが着席せず(=お料理いただかず)だった日に、おにぎりをしてくださって大喜びしました\(^o^)/\(^o^)/

わたしにも気を遣ってくださって、優しいもてなしでした。

わたしへのもてなしはそれだけではなかったのです。
それは何だったでしょう? 6年半、500回以上クラブエリーをしてきて、皆さんに優しくしていただきましたが、それでもいまだかつてない、意表を突かれたもてなしでした(^o^)

●水物

パイナップルパフェ ココナッツゼリー タピオカ 白きくらげ あずき

●食後

コーヒー すはま

●研野さんと女将の愛さん、ありがとうございました。

気鋭の料理、本当に好評で、来月もその次も即満席になりました。
従来の和食コースにとらわれない自由な発想、それでいておだしの味は正統、白ご飯おいしくて、締めは澄んだスープのラーメンと、どこまでも心を奪われる料理でした。奇を衒っただけではなく、どのお皿もばしっと決まってほんとーーーーーーーーにおいしかった(^o^)☆☆☆☆☆☆

研野さんはカウンターに立った姿もきりりと美しくて、これははやるわなあと。

青森出身なので、青森の食材(「みず」など今回知ったものもありました)をたくさん使っているのもテーマ明確でよいなあと好印象でした。

ここもうはやる要素しかなくて、堂々たるもんだなあと。

しばらくクラブエリー無限ループの1軒となりました。

★そして、わたしにしてくださった独自のもてなしとは・・・

お店に流れる音楽、ジャズがあったりジュリエット・グレコがあったりオペラの一節があったりと、いろいろミックスでおもしろかったのだけど、コース後半で突然邦楽が流れ出し、「あれ?」と思ったら・・・「いとしのエリー」が流れたのでした。おどろいた。

わたしのために選曲したんだって(^o^)(^o^)

研野よくやるなあ。

●5月14日の献立も貼り付けておきます。

研野さん愛さんありがとう、参加者の皆さんにも御礼申し上げます。

6月も伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************