■「ワインシッタン amedio 」で韓国料理

■ 全国100万人の読者の皆さま、先日「amedio アメディオ」さんで、韓国料理をいただいたエリーでございます。
「アメディオ」さんとは、イタリアンレストランでした。

わたしのサイト内での記録はこれ。

これを経営しているのが、本サイトでもおなじみ、韓国料理教室「サロン ド サラン」を主宰している星野明香さんのご主人・聖司さんで、先頃から、明香さんの得意な韓国料理を供するモダンコリアンなお店に少しずつ移行しているのです。

明香ちゃんの料理ならおいしいに決まっています☆☆☆

クラブエリーで料理教室の記録@「サロン ド サラン」

イタリアンからコリアンへの移行に併せて店名も「ワインシッタン amedio 」と変更、全席禁煙にもなりました\(^o^)/\(^o^)/

(シッタンとは韓国語で食堂のことだそうです。)

アメディオのウエブサイトは準備中とのことで、今参照すべきは

ヒトサラ 。ここに最新情報があります。

■ 本格的なオープンは9月ということで、まだまだ店内はイタリアンレストランを感じさせる風情です。けれど、料理は全部、おいしかったーーー!

IMG_1226.jpga

●付き出しに供されたのは芹のナムル。これが芹とは。軟らかで、瑞々しい味。日本のものではなく、釜山から直接運ばれるものとのこと。さらにこの真鍮の器が、少し重みがあり、手に持った時いい感じでした。

●メニューに付き出し300円と明記してあり、いいなと思いました。アミューズとかコペルトとか付き出しなどのお値段、こういう風にはっきりしているのが好き。

IMG_1227.jpga

●こんなセッティング。お箸もスッカラ(スプーン)も、同じ質感のものです。目に心地いいです。

IMG_1229.jpga

●韓国料理が好きな人と2名で伺いました。まずお惣菜5種盛り合わせ、1280円。この日は、左上から時計回りに、トマトのナムル/ズッキーニのピリ辛/らっきょうのキムチ/ごぼうとれんこんと牛肉和えもの/鶏むね肉とほうれん草のからし和え、松の実と。

IMG_1232.jpga

●蒸し豚ロールハム、980円

IMG_1234.jpga

●チョジャン、アミエビ塩辛が添えられました。

IMG_1243.jpga

●和牛ハチノスのボイル、890円

IMG_1242.jpga

●塩、チョジャン、粉末胡麻、胡麻油の粉末が添えられました。

IMG_1247.jpga

●キムチ3種盛り合わせ、980円

いか墨黒キムチ(白菜)/山芋と帆立のキムチ/大根キムチ

IMG_1250.jpga

●チャプチェ、980円

IMG_1252.jpga

●トッポギで、肉味噌のミートソース風、1200円

ニョッキのようにトッポギを使って、豚肉とコチュジャンソースをからめたもの。

IMG_1254.jpga IMG_1256.jpga

●九条ねぎのチヂミ、490円

IMG_1257.jpga

●野菜たっぷりピビン冷麺、1280円

IMG_1260.jpga

●分けたところ。辛味と酸味、ほんのり甘味、そして旨みたっぷりで、これおいしい(*_*)(*_*)

IMG_1263.jpga

●なつめのお茶を、カプチーノ仕立てで。自然の上品な甘みで、食後ほっこりしました。

いやー、全部おいしかったです。真夏にふさわしい料理。

明香ちゃんが韓国料理指導、イタリアンの料理人と共に作る欧風韓国料理ということでしたが、すごくおいしいと思っていただきました。

IMG_1240.jpga

●マッコリは3種類。飲み較べは990円。一緒に行った人がちゃんと3種類を飲み、わたしはほんのひと口ずつお味見させていただきましたが、ずば抜けて3の、彦陽「ポクスンドガ」というマッコリがおいしくてうっとり。これを飲んでしまうと、1と2の印象がすっ飛んでしまったほど圧倒的でした。ちなみに発泡水はスルジーヴァを置いてあり、わたしは食中これを飲んでいました。

■ 今後が楽しみです。また伺います。

*****************

「ワインシッタン amedio (アメディオ)」

京都市中京区新町通四条上ル東側

電話 075-223-3339

夜のみ営業、18時から。

*****************

【月・水・木・日・祝・祝前】
18:00~24:00LO・01:00閉店
【金・土】
18:00~翌1:00LO・2:00閉店

*****************
8月は16,21,22,23,24,30日お休み
9月は4,5,6,13,20,27日お休み
全席禁煙

*****************

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
それ以前の10年間の記録は

こちらです↓(4285記事)
関谷江里の京都暮らし」 
*****************