■「Byeo-lee-ya 韓式料理 ピョリヤ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、とても行きたかった「ピョリヤ」さんに伺ったエリーでございます。

●今週前半のある晩、「Byeo-lee-ya 韓式料理 ピョリヤ」さんへ。
以前新町通で「アメディオ」や「ワインシッタンアメディオ」をやってらした星野明香さんと聖司さんが、昨年9月9日にオープンされました。やっとこさ行ってきました。
コース料理をいただいたのですが、ほんとーーーーによかった、おいしかった\(^o^)/\(^o^)/ 野菜を多彩にたっぷり使い、そのおいしさを生かして細やか。胡麻油の香りは優美。ユッケもナムルも熱々の点心も申し分なくおいし☆☆☆ そして締めはお鍋です。ちょっと辛い、けれど香り豊かなスープに麺やら生ハムやらフロマージュを投入します。最後に麺。これは旨いわたまらんわ~~( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

コースの流れは、

お粥/前菜盛り合わせ/鮮魚/ナムル/マンドゥー/キムチと蒸し豚/鍋/デザート

以下コース(7000円)です。順番にいきます。

●玄米のお粥。上にかけられた胡麻油がエレガントな香りでした。

●野菜のおいしさが際立った前菜盛り合わせ。

・グラスのスティック状のサラダは底に仕込まれているサムジャン味噌をつけながら味わいます。日の菜、紫白菜、セロリ、黄にんじん、赤水菜。

・ほたるいかとわけげ、チョジャンと

・本もずくと胡瓜の酢の物、胡麻油

・紅ずわい蟹、あみ海老塩辛、蟹みそ

・さざんかの花弁

・すいば

・オリーヴとプルーンのキムチ、アンチョヴィ

・コッカムサム 干し柿とくるみ、発酵バター

・ヴィオラの花

・クラッカーとクリームチーズ、チョンジャ

・するめと干し鱈と海藻の和えもの

・豚足からし和え、芹

・牛肉のチャンジョリム(醤油煮)、うずら卵とからすのえんどう

・菊芋と和牛のきんぴら

●よこわのユッケ。たんぽぽの葉と。

●ナムル3種類、菜の花に明太子/豆もやし テンジャン/丸大根 胡麻油/くこの実 生姜のシロップ漬け、きび砂糖使用。

●マンドゥー、蒸し餃子。中に合いびき肉、にんじん、キムチ、豆腐、干椎茸、にら。

●大好き明香ちゃんと、ご主人の聖司さん。

●キムチと蒸し豚が供されると同時に、

●鍋の準備がされます。

●じゃがいも製の麺に生ハム、米粉製のトッポギに、モッツァレラとブリー。

●ノーザン(じゃがいも)やキムチやサラミ入りの鍋、煮立ったところにモッツァレラやブリーを投入して溶かし、麺をからめもって食べれば、もうもう天国です(*_*)(*_*) 熱い、ちょっと辛い、旨いいいいい~~www

一緒に行った**ちゃんのVeuve Clicquot をわたしもちょっといただいて、熱い、辛い、旨い、そしてしゅわしゅわ~っと、ゴージャスな食事になりました☆☆☆

●本当に本当においしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

お腹いっぱいいっぱい、熱々の幸せになって、これでコース7000円、ものすごーく良心的です。
紹介者が必要なお店ですが、この記事を見た、というのでも予約可能ということです。

●「ロトス洋菓子店」さんのシュークリームの、4分の1サイズくらいが食後に供されました。ちょうどよかった\(^o^)/\(^o^)/

●スタイリッシュな店内は8席、10席にもなるけれど、お鍋をするこんろは4箇所ということ。ふだんはゴールドの敷物で熱源部分は覆われています。

●お店は河原町通に面したビルの3階。前の新町通もそうでしたが、今回もまた、祇園祭を楽しむのに最高の立地です。

●最後は明香ちゃんの毎度おもしろいスマフォケース。こういうのがたんすにすでに20人くらいいるんだって。
おもしろいわ(^o^)(^o^)/
*****************
「Byeo-lee-ya 韓式料理 ピョリヤ」
電話 075-221-0605
〒604-8006
京都市中京区河原町通御池下ル東側(下丸屋町401)
福三ビル3階
18:00~21:00コース、
21:00~24:00アラカルト&ワインバー
月曜休み
8席、無理したら10席 全席禁煙
要予約 

紹介者必要、でもこのページを見たというのでもいいそうです。
2018年9月9日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里