■「芙蓉園」で9月末までの麺(追記あり)

■ 全国100万人の読者の皆さま、麺が大好きなエリーでございます。うどんも蕎麦も中華麺も大好き。今日は中華麺です。

■ ふとしたことで、長年喫煙OKケムケムだから行けないと思い込んでいたお店が実は禁煙になっていた・・・と知って、たて続けに出かけたお店があります。

四条河原町交差点を少し下がって東に入ったところにある、「芙蓉園」さんです。おいしいの知っていたけれど、とても出かけられなかった・・・一度「タイトル TITLe」という今はもうない文藝春秋の雑誌で取材させていただいたことがあり(2005年3月号「京都で普段着グルメ」)、その時のデータを見ると、「禁煙席希望者は窓際が楽。」なんてわたし書いてんの( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) もう3年ほど前から禁煙にされたとのことです。あーよかった\(^o^)/\(^o^)/

img_3380-jpga■ で、先日のある夜、冷麺 700円(+税)です。細い優美な麺です。焼き豚ときゅうりだけのこのシンプルさ。とりわけ麺がものすごく好きでした。酸味鮮やかなスープもほぼ全飲み!!

img_3478-jpga■ 改めて出かけて冷やし担々麺 900円(+税)です。こちらは濃厚スープですがこれも飲まずにいられただろうか?(いいやいられはしなかった。)香りよく、こく深く、本当においしい、しみじみおいしい、余韻美しいと思いながらいただきました。

img_3484-jpga■ 冷たい麺は9月末までなのです。それで急いで2回出かけました。

img_3476-jpga■ 冷やし担々麺をいただいた日はこの鶏肉も。鶏もも肉の醤油香り揚げ 800円(+税)。ひとりで食べきれないかもと思ってタッパをしのばせてたんだけど、一瞬かニ瞬でお皿をからにしました。香ばしくてたまらなーい。

■ がぜん他のメニューもいただきたくなりました。次はなんといっても、鶏肉入り玉子焼きです。

また伺います。追記で写真をくっつけるかもしれません。

「芙蓉園」(ふようえん)

昼は14時LOだけどそれよりずっと早く売り切れている可能性あり、

夜は21時LOらしいけれど20:30くらいまでに入店必要の感じあり。

火曜、水曜休み

全席禁煙\(^o^)/

■ 追記です:担担麺をいただいてから5日ほどののち、以下2皿いただきました。

img_3641-jpga

●鶏肉と野菜の煮付け 800円(+税)優しい味。

img_3644-jpga●「焼飯(チャーハン)」(←お店の表記通りです)600円(+税)。食べやすい炒飯。ほわほわの熱々。次回お願いする時は「チャーシュー多め」を注文します。

また伺います。
■ また追記です:ある夜、炒めものと、熱いスープ麺をいただきに伺いました。
img_4127-jpga

●豚肉と野菜の炒め(八宝菜)700円 (これは鶏肉です。)

img_4131-jpga

●チャーシュー麺 600円

img_4135-jpga●ごく細くて薄い麺です。わたしこの麺大好きです。スープもほぼ全飲みしました。これはおいしいわ(T_T)(T_T)
また伺います。

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************

■「よ~いドン!」おすすめ3、7月5日放送分

■ 全国100万人の読者の皆さま、今月もカンテレの「よ~いドン!」のおすすめ3で、本気でおすすめしたエリーでございます。
(放送時はちょうど関空まで帰ってきて、京都行きのバスに乗っていました。)
名称未設定-1■ 本当においしい夏のつるつる麺です。
以下、本サイト内でのご紹介ページのリンクを貼り付けます。
50音順(敬称略)で、
●「カンティーナ アルコ
●「仁王門 うね乃

●「楽仙楼
皆さまご協力ありがとうございました<(_ _)><(_ _)>
**********************************
この後またパリの写真をアップしていきます。
**********************************

 

関谷江里

■「やっこ」のキーシマ、キーあれこれ

■ 全国100万人の読者の皆さま、麺類大好きなエリーでございます。ひとつ前の記事でお話ししたように、料理通信 2016年07月号の、「安くて旨くて何が悪い」のページに出ていただいた夷川通の「やっこ」さん通いの記録です。「キーとは何か~?」にとりつかれ(笑)、何か月かにわたって8回伺いました。
IMG_4146.jpga

キーシマ 420円。かつお昆布だしに、中華麺を入れたものです。
なんで「キーシマ」という名前なのかは、料理通信 2016年07月号をご覧くださいね。(ネット上でも溢れるほど出ていますけれど・笑)

IMG_4149.jpga

●なめらかで口当たりのいい麺です。わたしこれ好きです。まずは何も入れずにいただいていますが、ねぎが小皿で添えられています。

IMG_2888.jpga

●キーの応用形を食べたいではないの♪ キーカレー 630円です。

IMG_2889.jpga

●お揚げとねぎがたっぷり入って、これはまたやみつきおいしいわ☆☆☆

IMG_3015.jpga

キーはいから 520円。天かすとお揚げ、ねぎです。

IMG_3017.jpga

●具材が違うと、ずいぶん印象が変わります。むう、わたしはキーカレーの方が好きだったな。。

IMG_4375.jpga

キーきつね 520円。ふふふ、きつね仕立てのキー麺です。これもおいし♪ 

IMG_4378.udon

●この日はかけうどんを少量いただきました。不思議だなと思いました。同じだしなのに、中身が違えばだしまで違うように感じられたからです。

IMG_4502.jpga

●では、キー麺で、そもそもスープが違う中華そばだとどんな感じなのか?と 中華そば 630円 をいただいてみたら・・・これはもうほんと別物、鶏がらがベースの醤油味スープで、まごうことなき日本の中華そば。キーシマとは、やはり独自の道を歩むものだとわかりました。

IMG_4999.jpga

冷麺 840円。タレの酸味ほどよく、具材はたっぷり、幸せな夏の味でした。

IMG_5007.jpga

●氷で冷え冷え。口当たりのいい、なめらかな麺ですが、冷麺だとよく締まっていて、いつもより弾力を感じました。素朴なおいしさでした。

IMG_5252.jpga

肉入りカレーうどん 730円。牛肉がたっぷり入ってゴージャスです♪

IMG_5258.jpga

●やっぱりキーカレーとは違いました。だしからして違う感じがしました。同じはずなのに、別物なの。キーカレーもカレーうどんも、どちらもまたいただきたいと思いました。

IMG_5014.jpga

カレーライス 680円。ではカレーライスというメニューはどうなのだろう?と興味津々でいただいてみると、これは日本の家庭のカレーでした。なつかしい味です。生たまごとかウスターソースとか水を張ったコップにさして登場するスプーンとか、(わたしの育った家でそうはしていなかったので、どこかで見て焼きついたのだと思うけれど、)そんな昭和の風景がよみがえりました。こんなカレーが食べられることがすてきです♪

IMG_5023.jpga

●にんじん、じゃがいもと共に、牛肉がごろんごろんと入っていました。

■ メニューが実にたくさんあって楽しい「やっこ」さんです。さすがにこれだけ出かけて取材は十分、気も済んで原稿を書けましたが、また伺いたいなあと思っています。アイドルタイムなしの通し営業ですから、15時とか16時とか、そんな時間でも伺えます。
禁煙のお店ではないのですが、奥にケムリシャットアウトの小上がりスペースがあります。

取材に当たって、女将の川畑法子さんにお世話になりました。御礼申し上げます。<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

**********************************

「やっこ」 電話 075-231-1522
京都市中京区夷川通室町東入ル南側
11:30~19:30閉店、(土曜は14:30閉店)
日曜、祝日休み 42席
禁煙ではない
席の予約不可
1930年(昭和5年)開店
**********************************

51-54o1XrML

料理通信 2016年07月号

*****************
本サイトは10年間の記録であるココログニフティ
関谷江里の京都暮らし(4280記事)
から移転・新装したものです。
*****************

■「麺屋 シマフクロウ」で6月限定の麺

■ 全国100万人の読者の皆さま、麺類何でも大好きなエリーでございます。先日のある晩、フランス料理人である中野裕之さんが作るフランスエスプリの麺のお店「麺屋 シマフクロウ」さんの、6月限定の麺をいただいてきました。
IMG_6488.jpga■ これです。枝豆とほうれん草のポタージュ麺 900円。スープ濃厚、緑色鮮やか、ベーコンの塩気も効いていい感じです。
IMG_6485.jpga

■ 具材も充実です。豚肉ではなく鶏肉が入っているのもうれしいです。

IMG_6493.jpga■ 麺は真空麺、(真空かどうか目視はできないレヴェル)、よくスープと合っています。つるつるといい口当たり。一気にいただきます。
でもわたしはちぢれ麺の方が好きです。(いつもそう言ってる気がする・笑)
IMG_6497.jpga■ 枝豆もたーっぷり入っていました。スープ全飲みいたしました。ビストロで、スープひと皿お願いして、そこに麺も入っていてお腹いっぱいになると思ったら、900円はお得でカリテプリがよいと思います。(さらにビストロでまさかひと皿っきりで終わるわけないしね。)6月下旬までの限定ということなので、食べたい人は急いでください。

■ 6月下旬には少しお休みされて、店名を変えられるとのことでした。ビストロ料理+麺にされるらしいです。今後麺が選べるようになったらいいにのとわたしは思っています。
麺屋 シマフクロウ

*****************
本サイトは10年間の記録であるココログニフティ
関谷江里の京都暮らし(4280記事)
から移転・新装したものです。
*****************

■「招福亭」の茶そば冷麺

■ 全国100万人の読者の皆さま、あづいとダメになるエリーでございます。でも暑い時こそこんなすてきなメニューもあります。冷たい麺シリーズで、またおもしろいものをいただきました。なんと茶そばで冷麺\(^o^)/\(^o^)/
■ かつお昆布だしに、黄色い中華そばを入れるものはすでに結構有名かと思いますが(次の「料理通信」安い旨いのページでご登場いただいています、そのお店については改めてアップしています)、これは逆パターンです。和麺に中華風のたれ。
■ 前は何度も通りながら、入ったのは初めての新町通六条の「招福亭」さんです。

IMG_6306

■ 季節ものの茶そば冷麺900円です。ちなみにここでそばと言えば、全メニュー自動的に茶そばになるみたい。「カレーうどん/そば」のそばも、茶そばなのよ。驚いた。

IMG_6311

■ この通りです。

IMG_6313

■ つやつやで、非常になめらかな茶そばです。中華風のたれに浸けてしまうと、たれの香味の方が勝ってしまうような気もするのですが、でもこれを食べ続けていれば癖になって、いつの間には冷麺=茶そばでないとダメ、みたいになるのかもしれません。次回は茶そば自体の香りを楽しむメニューをいただいてみましょう♪

IMG_6296

■ 新町通、五条から少し下ル、東側です。「天然名水 白山湯」のおとなりです。

IMG_6297

■ 近隣への出前もされるようです。

IMG_6304

■ お店は禁煙で安心です。入り口にどかんと禁煙マークが貼ってあって、すばらしいです。
14時過ぎなんていう昼どきには遅い時間だったにもかかわらず、ひっきりなしにお客さまが入って来られました。
天ざるやらカレーうどん(そば)など、他にもいただいてみたいメニューがありましたので、また近いうちに伺います<(_ _)><(_ _)>
**********************************
追記:翌日夜に再訪しました。天ざる 1300円。
IMG_6409.jpga■ 盛り盛りたっぷりの茶そばに、
IMG_6408.jpga■ 盛り盛りたっぷりの天ぷら。なす、れんこん、大葉、南瓜、さつま芋、海苔、いんげんなどなど、いちばん下に海老2尾です。
IMG_6407.jpgb■ どうしても茶そば自体の香味を味わってみたかったので、いただいて気が済んでほっとしました。伺ってよかったです<(_ _)><(_ _)>
IMG_6775.jpga■ 昭和の風情の店内、いつまでもこのままで・・・と思いますが、現店舗の正面に、新店舗建設中ということでした。確かに工事現場ありました・・・<(_ _)><(_ _)>
**********************************
追記:どうしてもこれが気になって、また2,3日後に伺いました。
IMG_6797.jpga■ これです。
IMG_6774.jpga■ トマトなすカレーうどん/そば 750円
IMG_6784.jpga■ トマトとなす、とろりんとしたカレーだしです。おいしそう(^o^)(^o^)/
IMG_6796.jpga■ 天ぷらにした茄子、大きいのが3切れ入りです。衣にカレーだしがからんで旨っ。
IMG_6788.jpga■ うどんにしました。いたわられるように優しい、やわやわうどんです。おだし全飲みしました。
行って、いただいて、気が済みました。
<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

*****************
本サイトは10年間の記録であるココログニフティ
関谷江里の京都暮らし(4280記事)
から移転・新装したものです。
*****************

■「楽仙楼」の冷麺

■ 全国100万人の読者の皆さま、麺類大好きなエリーでございます。冷やし中華の季節到来です。ってまだ5月だけど、気温はすでに完全に夏ですから、冷やしもの食べたくなるわけです。しかし年々、四季→二季になっていませんか? 中間の気持ちのいい季節がごく短くなっていってます。服をどうしたらいいのだ?とも思う。

IMG_6149.jpgb■ これはどちらの冷やし中華でしょうか? 水餃子で有名な「楽仙楼」さんのものです。冷やし中華 850円。(チャーハンセットにすると980円。)5月1日開始、9月いっぱいくらいされるそうです。トマトも蒸し鶏も大ぶりなのがいいです。
IMG_6156.jpga■ 麺も太すぎず細すぎず、なめらかだし歯応えもいいしで、理想的だと思いました。少し酸味のたれも好みの味で、最後全飲みしました。おいしかったー\(^o^)/\(^o^)/
■ 冷たい麺は他に、冷やし混ぜ麺、中国北方風みそ味のジャージャー麺とありました。

お昼のみ全席禁煙ですから、またお昼に伺えたらと思います。
楽仙楼
*****************
本サイトは10年間の記録であるココログニフティ
関谷江里の京都暮らし(4280記事)
から移転・新装したものです。
*****************