■「京料理 藤本」移転オープン

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店訪問のエリーでございます。

7月6日(金)は、警報が出てスマフォからは避難勧告のアラームがひっきりなしに鳴るほどの大雨でしたが全くめげず、とても楽しみだった「京料理 藤本」、藤本貴士さんのお店へ。
●7月2日(月)に移転オープン。それまで10年営業された了頓図子(りょうとんずし)から新町通御池通下ル東側の新築マンションの1階に清々しいお店を開かれました。
●カウンター9席、テーブル(今は胡蝶蘭の鉢でいっぱい)1卓4席で、お店の規模は大きくされていません。ただ、1階2階に分かれていたのが、同じフロアになり、靴のままで入れるようになって、劇的によくなったと思います。前のお店は確かにとても風情があったけれど。
●今はお花で埋まっているテーブル席です。

●コースのみで、昼は5400円、7560円/夜は13000円。
でも要望があれば1万円~やりますということ。
●さらに、いちばん軽いお昼の「ミニ会席」、10年前に大人気になったお値段2900円(+税)のコースも、今なお変えずに置いているのが本当に偉いと思います。これだけは時間指定の2部制だそう。今は+税8%で3140円になっちゃいましたが、ということ。
●以下、お料理いきます。写真は昼にいただいた10000円(税別)のコースです。飲み物はもちろん別途です。
●八寸は祇園祭仕様の器です。

●屋根というか、蓋を取るとこんな。

●ばちこ/枝豆/(松葉に刺した)車海老のみそ和え、うずらの卵の黄身の味噌漬け/うなぎ八幡巻き/太刀魚幽庵焼き/だつ(ずいき)手まり寿司/梅小芋/夏野菜の胡麻酢かけ(茄子、きゅうり、スナップえんどう)

●夏の定番鮎寿司。あしらわれた骨も美しくてパリパリと美味です。

●鱧とじゅんさいと糸瓜のお椀。

●お造りは、以前はひと皿に盛り込みでしたが、ひと皿ずつの提供で4皿。その前に、醤油、煎り酒、おろしぽん酢、梅肉醤油が供されます。

●こんな感じで、まずひらめです。

●剣先いかと雲丹

●車海老とからすみ

●鱧の炙り。鱧は目の前で炭火で焼いてくださいました。塩を当てただけの水茄子と。

●焼き野菜(山芋、ズッキーニ、パプリカ、賀茂茄子、万願寺とうがらし)に肉味噌、さらにグリーンカレーソース!!これやみつき旨かったです。

●毛蟹の酢の物

●焼物は選択で、甘鯛、まながつお、のどぐろから。

●のどぐろを選択、脂たっぷり、しっとりして旨味強かったです。

●ご飯が穴子ととうもろこしのご飯。

●わたしは単なるとうもろこしご飯としていただきましたが、それでも香ばしくてものすごく満足。

●食後のデセールは、まず桃パフェ。中に黒糖葛餅、ヨーグルトのソルベ、桃のジュレ、サクサクのフイユタージュ入り。

●その後シャインマスカットの白あん大福。これでひと通り、充実のコースでした。
●もうもうもう激しく満足、おいしかった楽しかった、ぱーっと明るい気持ちになりました(^o^)(^o^)(^o^)/☆☆☆☆☆☆
これははやりますよー、大変だ。そもそも大人気だったお店が、移転で話題でまた人気で、しばらく席取るのが(特にお昼)難しくなると思います。
さっそくクラブエリーをお願いしてきました。会員の皆さま、9月をどうぞ楽しみに。募集スタートと同時に、すぐ埋まるだろうと思います(^o^)
*****************
「京料理 藤本」電話 075-211-9105
〒604-8207
京都市中京区新町通御池下ル東側(神明町72)
エリタージュ新町1階
12:00~13:30入店・15:00閉店、
18:00~20:00入店・22:00閉店
水曜休み
カウンター9席、テーブル1卓4席
全席禁煙
要予約
2008年4月14日、了頓図子町に開店、
2018年7月2日、移転開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「菊水」の昼の会席

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店ご紹介のエリーでございます。

先日開店の日に出かけた「南禅寺参道 菊水」さんの、今回は和食をいただいてきました。

●個室に案内していただき、

●「さくら」というお部屋です。

●眺めよしです。

●昼の会席8000円(税別)のお料理はこんな感じです。

●ひと皿め、シート状の塩を、目の前ではらはらとかけてくださいます。雪の風情です。

●氷形の長芋 渡り蟹、このこ、淡雪塩

 

●お椀は鱧の葛打ち、青海苔麸、三度豆、柚子

●お造りはすずきの昆布締め、剣先いか

●八寸は、
・利久麸にカマンベールの博多
・汲み上げ湯葉 西京味噌たれ 
・トマトの白ワイン煮、丸十甘煮、生姜の鼈甲煮

●鮎の塩焼き

●鉢物 賀茂茄子揚げだし、海老天ぷら、甘長唐辛子

●揚げ物 

スナップえんどう、椎茸

かき揚げ1 南瓜、玉ねぎ、桜海老、さつま芋
かき揚げ2 ごぼう、にんじん

●ご飯、香の物、赤だし

●フルーツ、はちみつゼリー

大阪・吹田千里山の「日本料理 柏屋」さんが監修と伺っていましたが、ところどころ新しい食材も使われていましたが、むしろわたしは伝統的な「菊水」さんのお料理を思い出しながらいただきました。

●真夏のような日差しの日でした。

夕刻、遣水のほとりで流しそうめんをしたらいい風情だろうなあなんて考えました。

南禅寺参道 菊水

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「南禅寺参道 菊水」オープン

■ 全国100万人の読者の皆さま、リノヴェーションした館とお庭でお昼を過ごしたエリーでございます。

昭和30年創業の料理旅館「菊水」さんが、株式会社バルニバービさんの連結子会社、株式会社菊水となって、「南禅寺参道 菊水」として本日オープンされました。リノヴェーションされた館は靴のままで上がれるようになり、小川治兵衛さん作庭の池泉廻遊式庭園にはテラスが設けられていました。最後の写真は宴会場で80名収容、すっきりシンプルで居心地よさそうな宿泊用の客室は5室、すべてお庭を望めてすてきでした。
敷地は約820坪と広大です。

●以前はお座敷から履物を履いて外に出た池泉廻遊式庭園に、なんとテラスが設けられていました。

●窓際で食事をいただいたのですが、水音がとても心地よく、梅雨の合間の(晴れ間ではないけれどひどく降らなかった)お昼を楽しみました。

●今回は時間もなくてとりあえず洋食、4200円(+税)の但馬牛のハンバーグをいただいてきました。

●野菜スープで始まりました。

●箱膳

れんこんしんじょう(中にすずきの身)/淡路の野菜サラダ/あじのマリネ、アスパラガス、椎茸/雲丹玉子、トマトと小松菜の浸し、いかと九条ねぎの酢味噌和え。

●但馬牛のハンバーグ、肉みっちりで食べ応えありました。いんげん、玉ねぎ。

●パンは吉田さんとのこと。

●カフェ、紅茶、アンフュージョンは10種類ほどから選べます。これは和紅茶「つきのかほり」です。

●ミニャルディーズはガトーショコラ、カヌレ、フィナンシエ、マカロン。

和食はまた改めて伺います。
南禅寺参道 菊水
京都市左京区南禅寺福地町31
電話 075-771-4101

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「押小路 岡田」開店

■ 全国100万人の読者の皆さま、和食の新店ご紹介のエリーでございます。

2018年6月9日(土)開店された「押小路 岡田」さん、「祇園 なん波」さん出身の岡田晃さんのお店です。

●場所は押小路高倉東南角。

以下、夜の料理です。

●汲み上げ湯葉、(あわびのところを)貝柱、大徳寺麩、花丸胡瓜、、みょうがの酢漬け。

●お椀は鱧と新れんこんの葛豆腐、アスパラソヴァージュ。

●明石の鯛、和歌山のかつお、長崎の剣先いか、青森のまぐろ。

●青森の新じゅんさい、貝柱、土佐酢ジュレ/甘鯛の小袖寿司/小芋で作った水無月、鯛の子、蛸

●鮎の塩焼き

●とろっとした蓼酢と共に

●とりわけこの焚き合わせがおいしかったです。底に煮含めたにゅうめん入りで、賀茂茄子や穴子入り(穴子の代わりに甘鯛入り)。上におくらの叩いたの。

●店主の岡田晃さんです。「土鍋でご飯プレゼン」はもう皆さんやっているし・・・飯蒸しを考えられたそうです。笹の葉、もち米でほわほわの飯蒸し。新生姜と鯛です。季節でいろいろなご飯を出していきたいとのこと。

●お茶碗によそって供されます。

●マンゴー、巨峰、梅酒ソルベ、白ワインジュレ。

●自家製のきんとんはあじさい。中は粒あんです。

●岡田さんはあえて祇園から離れ、御所南で物件を探されたそうです。新築ビルの1階で、ラッキーでしたね(^o^)☆

●奥の部屋は4~6席。

気楽に行けるお店です。ひとりでも予約を受けてくださいます。
お値段も控えめ、丁寧なお料理でした。

*****************

「押小路 岡田」電話 075-254-8870

京都市中京区押小路高倉東南角

12:00~13:30、17:30~21:00(共に最終入店)
不定休

カウンター5席、奥のテーブル4~6席 全席禁煙
昼5千円~、夜8千円~(サーヴィス料なし、税別)

2018年6月9日(土)開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 新店「Chocolaterie HISASHI」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、ごきげんエリーでございます。週の初めに新しいショコラトリに出かけました。

新しいといっても4月18日(水)オープン。岡崎は三条通に面した「Chocolaterie HISASHI」さんです。

●三条通に面して、堂々たるお店構えです。

ボンボンショコラ、クヴェルチュール、生菓子、焼き菓子と、ショコラの商品がいろいろ揃っていました。ショコラを使っていないお菓子も、抹茶風味のお菓子も揃っており、さらにはこんなのも・・・

●ショコラのもなか、商品名「Mona ショコラ」です。店主の「Hisashi ヒサシ」さんのHが押されたプレート状ショコラがもなかの衣にはりついています。

●中はショコラのクレーム、そしてそのクレームの中にも粒粒、しゃりしゃりとした食感のものが混ぜ込まれています。おもしろいわ\(^o^)/\(^o^)/

●贈り物にしやすい箱入りもありました。京都らしい風情のショコラ菓子を考案されたわけですね。

他にもショコラ羊羹とかショコラ饅頭とか考えてみた、ひとつまたひとつと食べたくなるお菓子を目指したとヒサシさんに伺いました。

●これはコンクールで優勝された作品。代表作ということで買ってみました。

●コンクールのテーマがホロスコープだったとのことです。

●生菓子もいろいろ。ショコラ菓子でないものもあります。

店主の小野林範さんは滋賀の「クラブハリエ」に15年勤めた方で、だから幅広いお菓子作りができるのですね。でも特にショコラを専門とされてきたということ。

●「GAIA 72%」という名称の、オリジナルのクヴェルチュールもありました。

●焼き菓子も買ってみました。抹茶、ショコラ、プレーンのマドレーヌです。

●サブレや、ピスタチオとショコラのケイクも買ってみました。

●まずはこれでお味見して、ちょっとお願いごとをしてきました。

●この広いスペース、これからサロンになります。ここで生菓子をいただくことができるようになります。

マダムの清子さんがまたものすごく朗らかで感じのいい方で、明るい気持ちになれるのがいいです(^o^)/☆☆☆

Chocolaterie HISASHI

(ショコラトリ ヒサシ)さん、また楽しみに伺います。
電話 075-744-0310
京都市東山区三条通神宮道東入ル北側(夷町166-16)

11:00~18:30 水曜休み

2018年4月18日開店

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「CANTINE AU DISCO」開店

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店ご紹介のエリーでございます。

●5月11日(さすが11日!)、「AU DISCO」さん移転されて柳馬場三条上ルの、「バスティーユ」さん跡にオープン。

「CANTINE AU DISCO」カンティーヌ オー ディスコ、おめでとうございます。
●クラブエリーの帰りに偶然前を通ったわたし、すばらしくいいタイミングでした(^o^)(^o^) 知り合いにもたくさん会えてうれしかったー(^o^)☆☆☆
「オー ディスコ」さん、初めはケムケムでスタートしたお店だから、恐れながら尋ねてみたら、今回初めから全席禁煙ということで、本当にうれしいです\(^o^)/\(^o^)/
ペリエ1本だけしゅわーといただいて来ました。
また改めて伺います。
*****************

5月12日(土)追記

●デジュネのガレット(サラダ付き)1200円 いただいてきました。ペリエ1本、食後にカフェと。

●添えられるサラダはこちら。

●一緒に行ったHさんはこのシャルキュトリセット。これに上と同じサラダとバゲット付き。

共通の祖国・フランス話で盛り上がり・・・あまりに賛同し合う話題が多くて・・・

「わたしたち、フランスで生き別れになった姉妹だったかもね。今ここで再会できた・・・♪ 」なんて言い合って、テンションが上がったデジュネでした\(^o^)/\(^o^)/
*****************
CANTINE AU DISCO
カンティーヌ オー ディスコ
京都市中京区柳馬場通三条上ル東側
電話 075-708-6233
11:30~22:00フードLO、22:30ドリンクLO、23:00閉店
火曜休み
テーブル22席、カウンター6席
全席禁煙
2018年5月11日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「カレープラント」オープン

■ 全国100万人の読者の皆さま、4月30日(大安)、「カレープラント」さんオープンの日に伺ったエリーでございます。
新町通と西洞院通の間の道を、錦小路通から少し下ルという場所です。イタリア料理店「オルト」さん経営のカレーレストランで、1階カウンター8席、2階テーブル10席。
カレーの他にソーセージやサラミなどのサイドメニューもあり、ビールやワインと共にしばし寛げる感じのお店です。

●店長をつとめるのは、バリスタでソムリエの稲垣寿基さん。

●カレーは3種類、定番鴨カレーと、季節ものの筍グリーンカレーを、合がけ(1200円)でいただきました。

●11:30~20:30LOの通し営業が偉いです!!

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「キンイロ」のクリームパン新発売

■ 全国100万人の読者の皆さま、新しいクリームパンに感じ入ったエリーでございます。

●はちみつ専門店、三条通富小路、金市商店の「ミール・ミィ」さんが明日4月28日、

●「キンイロ」というクリームパン専門店をオープンされます。

●クリームパンは2種類あり、
●白い生地の金色 250円
●黒に金箔の黒色 500円

●生地はいずれもふんわりしっとり、中のクリームはそれぞれ違いますが、いずれもはちみつの香味が明確、上品な余韻が楽しめます。特に金箔貼りの黒色の方は、ブラックカカオ練り込みの外側に、中はコーヒーはちみつ入り白いクリームと濃厚な卵感豊かなカスタードクリームの2層仕立てで味わい明確でおもしろい。

●ここにわかりやすい説明があります。

http://www.kaneichi-syouten.com/wp/wp-content/uploads/2018/04/kiniro_fix-1.pdf

●高級感があって、いいものがわかる方への手みやげや、楽屋見舞いなどにも適していると思います。4個なら箱入りにしてもらえます。

●今までになかったクリームパンです。おすすめですー\(^o^)/\(^o^)/
★「キンイロ」の店舗は、富小路通三条下ル西側です。

三条通富小路南西角の「ミール・ミィ」さんと同じ建物です。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「ダンデライオン・チョコレート」開店

■ 全国100万人の読者の皆さま、新しいショコラの専門店のご紹介です。

アメリカ・サンフランシスコ発の「ダンデライオン・チョコレート」、国内4店舗目にして初の関西進出である京都東山一念坂店が、4月26日オープンされます。
1階に販売スペースと CACAO BAR 、2階にカフェスペースで合計56席と広々していました。

●「SOU・SOU」さんのご紹介で内覧会に伺い、中を拝見して熱いショコラのドリンク(ピリ辛味)をいただいてきました。バーコーナーも見せていただきました。

●相変わらず激写される「SOU・SOU」目ピカ社長・若林剛之さん( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) ・・・

けれどおかげでいろいろな方にお会いできて、うれしいひと時でした。

これがこの時の目ピカ社長の記録

あ、カフェ・ヴェルディさんの記録もどうぞ。

●左から若林剛之さん/細辻伊兵衛さん/「ダンディライオン・チョコレート」社長の堀淵清治さん

●「よねむら」米村昌泰さんは・・・

●「SOU・SOUきらいやけどな」と言いつつ、地下足袋を何十足と持っていらっしゃる模様\(^o^)/\(^o^)/

●「未生流笹岡」笹岡隆甫さん(^o^)/

●ショコラだけでなくコラボレーションした品物やお菓子がいろいろ。

●「SOU・SOU」や「亀屋良長」さんとのお菓子もありました。

場所柄工事も長引いたそうです。ゴールデンウィーク前にオープンが間に合ってよかったです(^o^)/
*****************
ダンデライオン・チョコレート 京都東山一念坂店
京都市東山区桝屋町363-6
電話 075-531-5292
カフェとCACAO BARで56席
(5月末まで)カフェ 12:00~17:30
CACAO BAR 招待制のみの営業
(6月以降)カフェ 10:00~18:00
CACAO BARは予約制による営業らしいです。
不定休
2018年4月26日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「Le Bon Vivre ルボンヴィーヴル」開店

■ 全国100万人の読者の皆さま、すてきな新店オープンに喜んでいるエリーでございます。

●京都を代表するブランジュリ、「進々堂」さんの新しいレストランが明日、4月5日(木)開店です。
du pain,du vin,du fromage パン、ワイン、フロマージュ
Le Bon Vivre(ルボンヴィーヴル)
もうもうもう、フランス愛全開のお店です(^o^)(^o^)/
烏丸通仏光寺西側に4月13日に開業する「ザ ロイヤルパークホテル京都四条」の1階です。
●内観はこんなです。おびただしい数の額縁に、フランスの写真です。

フランス郷土料理と家庭料理を楽しむお店とありますが、ここまでフロマージュのメニューが充実して、朝の10時から気軽に楽しめるお店はなかなかないと思います。
そしてそして、料理監修はこれまた京都を代表するフランス料理のベルクールグループの松井知之さん。これは間違いありません。
●以下、試食させていただいたものです。

●まずパンですね。「売るほどあります」って社長さん。笑。
●ごろごろ野菜で作った優しいスープ
(トマトとパルミジャーノ添え)
●オニオングラタンスープ
●京赤地鶏ハーブマリネ焼き、レンズ豆と
●フロマージュ盛り合わせ 5種盛り

(白かび、青かび、シェーヴル、ハード、ウオッシュから好きなものを選べます。)

左上から時計回りに、エポワス/フルムダンベール/クロミエ/オッソ・イラティ/セル・シュール・シェール。
(ちなみに、SELLES-SUR-CHER、セル・スュール・シェール、というのが一番発音近いか?)
●セルヴェルドゥカニュ(ハーブ入りフロマージュブラン)
●ルブロションとじゃがいも、ベーコンのグラタン
●とろーりカマンベールチーズフォンデュ
●ロックフォールスクランブル/山羊チーズローストのタルティーヌ

●タプナードのタルティーヌ
●カフェは「カフェ・ヴェルディ」さんの豆使用です。
●ベーカリーは6:30~21:00、クロワッサンオブールやパンオレザンなどフランスそのものと思います。
●今回のお店作りでフランス愛を爆発させた「進々堂」社長の続木創さん。毎年スタッフをお連れになってのフランス行きをこんな風に実らせて、本当にすばらしいです(^o^)(^o^)/

「ネクタイ今日は迷いなく赤にしました」って、テントや壁の色に合わせられたとのことです。はい、それでOKです。\(^o^)/\(^o^)/
●レストランは10:00~21:00LO・22:30閉店。
そのうち17時まではお昼メニューがあり、さらに朝食メニューも17時まで注文可能ということです。
こんな便利なところに、フランス濃度高いお店ができてわたしはほんとーーーーーにうれしいです(^o^)他にもいただきたいメニューがまだまだありましたので、また近々に伺います。

*****************
「Le Bon Vivre(ルボンヴィーヴル)」
「ザ ロイヤルパークホテル京都四条」1階
電話 075-354-1788
京都市下京区烏丸通仏光寺西側

レストランは10:00~21:00LO・22:30閉店

ベーカリーは6:30~21:00
年中無休

★4月9、10、11日は休業
テーブル42席、カウンター4席 全席禁煙
2018年4月5日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************