■「伊藤軒」宇治平等院店オープン/再訪

■ 全国100万人の読者の皆さま、「伊藤軒」さん宇治平等院店がとても楽しかったエリーでございます。

5月10日オープンおめでとうございます。

オープン前々日の5月8日、プレオープンに伺って、インスタグラムに上げていましたが、再訪したこの機会に、改めてこちらでご紹介します。
●平等院への参道にオープンされました。

●大人気の串和菓子の、

宇治店ヴァージョンです☆☆☆

●「伊藤軒」社長の中井としおさんに、
今回宇治店のために作られた
串和菓子 500円を持って写っていただきました。
SOU・SOU 清水店の時とはまた違う、
宇治平等院にちなんだ意匠、
全く違う和菓子が4種類いただけて楽しいのです(^o^)☆☆☆
いちばん上は鳳凰です。かわいい\(^o^)/
こなし、ようかん、錦玉、薯蕷と楽しめて、かわいいだけでなく、本当においしい😊☆☆☆
他にもさまざまお菓子が揃っています。

●抹茶クリームどら。

作りたてのおいしかったこと😭😭 
目が覚めるほど抹茶の香りが広がるどら焼き生地に、なめらかな抹茶クリーム、そこにプチプチの玄米チップ、「堀井七茗園」さんの抹茶「宝来山」がかけられています。

●ごく気軽に楽しめるおやつの天国です。
特に宇治平等院店では抹茶のお菓子が揃っていて、選ぶ楽しさがあります。

●テイクアウトメニューです。

現在、お店の前の床几でこれらのお菓子やドリンクを楽しむことができます。

(店内のイートインスペースは準備中のようです。)

●そして今回再訪して味わった抹茶ぼうろソフト、
かわいらくしておいしーい😊☆☆☆
抹茶に宇治の名店、
堀井七茗園さんのものを使われていて、本当に香りがいいです。

●底にはパリパリの玄米あられが敷き詰められていて食感のアクセントになります。
「伊藤軒」さん宇治平等院店オープンに際して作られたメニューのひとつです。

●冷菓ではもうひとつ、
八ツ橋アイス
という、生八ツ橋で包んだもちもちアイスクリームもありました。
串和菓子と同様、散策しながらでも食べやすいものを考案されたのですね。

 

●「伊藤軒」さん、毎回アイデアがすばらしくて、かわいくて、お店ごとに違う商品が豊かに揃っていて、本当に楽しいと思います😊☆☆☆

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

■ α-STATiON FM京都「ONE FINE DAY」でおしゃべり

■ 全国100万人の読者の皆さま、少し久しぶり、ラジオのエリーでございます。

●5月22日(水)12時14分~
FM京都 アルファステーション、「ONE FINE DAY」ワンファインデイの 、ランチタイムゲストというコーナーにお邪魔しておしゃべりしてきました。

●寺田有美子さん、話しやすくしてくださってどうもありがとう。
赤いのはわたしです。
へんな顔出すものじゃないと思いながら、ごめん😂
PCを持って行ってプレゼンしながら、和食店のお話をしたのでした。
*****************
●新店2軒

5月7日開店「即今 藤本」さん

5月9日開店「辻布紗」さん

●新料理長1軒

4月11日~「ごだん 宮ざわ」さん

*****************
何とか時間内に収まったみたいですが、
もっともっと、何時間でも話せますー😂😂

今日お聴きいただけなかった方も、radikoで1週間はお聴きいただけます。

このたびもお世話になりました。
佳代子さん、そうたさん、そしてやえーるも、ありがとうございました🙏

かえすがえすも、
声が出るようになってうれしいです♪

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「即今 藤本」御所南で再オープン

■ 全国100万人の読者の皆さま、うれしい新店訪問、いや新たに再オープンのお店に伺えて、幸せいっぱいになったエリーでございます(^o^)/

●「即今 藤本」(そっこん ふじもと)さん、
2024年5月7日に再開されました\(^o^)/
1年4か月のブランクの後、
御所南は御幸町通り、夷川上る東側に移転オープン。
物件を決めてからでも工事などに、時間が予想以上にかかったのだそうです。
藤本宏和さん
おめでとうございます\(^o^)/

●すっきり、きれいな店内です。清新な気に満ちて、ここにいるだけで心地いいと感じます。
カウンターは9席です。奥に、L字形カウンター5席の個室あり。

*****************

●端正なお仕事ぶりです。

●ニ番手ゆうきさんがまた明るくのりのいい人で、カメラを向けたらすかさずポーズを取るのよ😂 熊本男なんだって😂

でもって、ゆうきさんが手に持っているものになぜモザイクをかけているか?というと、

料理の写真は、
世に出してはならない。

つまり、
アップを、
ひ か え る よ う に

ということなのです😂😂

ああああ残念😭
●でも、撮影禁止でないだけよいと思い直します。少なくとも手元にお料理の写真は残ります。

いつも言うけれど、
わたしに撮影禁止とかアップダメというのは、
かもめに空を飛ぶなと言うのと同じなのですよっと😂😂
もちろん、出さないでと言われたら出しませんが、しかし残念過ぎる😭

本当によいお料理でした。
お昼は15000円税込み。
十分過ぎるほど価値がありました。
とても幸せなコースでした。

●築80年の民家に徹底的に手を入れて造られたお店、
細い路地を進んでたどり着く造りは以前のお店(現在「二條 みなみ」さんになっている物件)と同じです。今回の方がまだ長いくらい😂😂

●工事にたっぷり時間がかかった分、
藤本宏和さんは造園やさんのお仕事を随分手伝われたのだそうです。
包丁持たずに庭造りをされたって。
石を組み、土を入れ、木を植え苔を敷き、竹をはつったと。
みっちり2か月間くらいは庭造りに専念されたということで、愛着もひとしおでしょう。そして、完成の時はものすごく達成感があったことでしょう。
料理の話よりもお庭の話を伺ってきた感じです😂😂

井戸も掘られたということです。

●ゆかしい花活けは、ひめおおやまれんげ と伺いました。

開くと中が赤い。けれど開く確率は低い。開いても一瞬のはかないもの。

と伺いました。開いたところを見たいものです。

●「即今 藤本」さん、美麗で的確なお料理の写真をアップできないことは残念ですが、本当によかったです。
また伺います(^o^)/

*****************

「即今 藤本」

電話 075-708-2851

京都市中京区松本町580-1
(御幸町通り、夷川上る東側)

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

 

■ 蕎麦のお店2軒:「茶寮哲心」「そのば」

■ 全国100万人の読者の皆さま、4月末と5月初めに出かけて、こちらに未アップだった蕎麦のお店2軒です。

インスタグラムでまず上げたものの、こちらに上げきれずあふれているものが多くてごめんなさい😂

*****************

「茶寮哲心」
*****************

●4月27日に開店された、茶寮哲心さん。
車屋町通、夷川下る東側、
蕎麦侍 小田 哲(おだ さとし)さんのお店です。
金箔ゴージャス華やかなカウンターで、お蕎麦や、お菓子のセットをいただけます。

●4月28日夕方に伺いました。

ビーフジャーキー付きで登場したのが、

●看板、醍醐そばです。
36か月のパルミジャーノがふわふわたっぷりかけられています。
豊かな気分になれます。
濃い卵黄と合わせて蕎麦にからめもって味わいます。

●店内にも蘭のお祝い花が奥までびっしりと並び、華やかなオープンでした。

はやるお店です(^o^)/

*****************

「そのば」

*****************

●やっとこさ初訪問、
大人気のそのばさんです。

●GW期間限定の、
木の芽の和えそば 1800円。
筍に、白味噌の木の芽味噌がとろりんと。

連休の間は開店時間の10分後に伺うとすでに店内満席、外に行列・・・

で、連休明け7日、最終日にいただけました。間に合ってよかった。
●レギュラーメニューのお蕎麦をやっぱりいただいてみたいと思います。

そのばさん、また伺います<(_ _)>

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

■「喫茶ジャニー」オープン\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店ご紹介が続きます。楽しいお店が大好きなエリーでございます(^o^)/

●5月7日(火)麩屋町通り五条上るにオープンした、
珈琲& 咖喱 喫茶ジャニー」さんに、7日夕方伺いました。

「ジャニー」って店名がまずおもしろいわ😂😂
楽しいお店です\(^o^)/
レトロ風情の純喫茶たまらないです(^o^)

古い喫茶店を居抜きで開店・・・な風情ですが、そうではなく、古い民家を徹底的に改修して、ゼロから作られたお店です。
●カツカレーとかナポリタンとか固めプリンとかメニューも楽しい、まわりのテーブルを見てもおいしそう。いろいろいただいてみたい♪
葵ちゃん=「うめぞの」西川 葵ちゃんに教えてもらって(いつも間違いない)、飛んで行ってよかったです\(^o^)/

●キッチンにいらっしゃるのが店主のこやんさん。
カウンターに座っている金髪のおねえさんが服もおしゃれでかっこよくて、「後ろ姿が写真に写ってもよい」という許可をいただきました😂
ありがとうございます🙏

●オムレツをのせたカレーを選択。1200円。チーズトッピングで+150円。わたしはほんとチーズ好きです😂

●喫茶店の固めプリン500円。
カフェオレと共にいただきました。

●そして2日後に再訪。また違うものをいただいてみたい。

そしてちょっとしたお願いごとも😂?

今回は涼しげなものを求めて、
珈琲ゼリーとバニラアイス 650円。

合わせたのが、
ジャニー特製ブレンドコーヒー(深煎り) 600円。
この深煎り豆を使って、ゼリーも作っているとのこと。
ゼリー部分には甘みは加えられておらず、アイスクリームやシャンティが甘さを添えているわけです。
よいですー♪

●ジャニー特製ブレンドコーヒー(深煎り) 600円。

●「珈琲& 咖喱 喫茶ジャニー」さん、よいです😊♪
葵ちゃん、ありがとう。
こやんさん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

 

■「TWOROOMS KYOTO」円山公園、テラスが気持ちいい♪

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店ご紹介のエリーでございます。

新店といっても、少し前、桜の季節にオープンしたお店です。

●「TWOROOMS KYOTO」さんです。

●CAFE | GRILL | BAR
ということで、テラスで食事でもお茶でもできて、素敵です。
●テラスからの眺めはこんな。緑豊か、すばらしいロケーションです。

●迎えてくれたのは、
さおりちゃんでした\(^o^)/

松村沙織さん。
人気料理店で白衣を着て和食をしていた人が、
こんどは黒一色で洋食の人になっていました。がらりと人生を変えたのね。

●どんなお店か?今回はとりあえずお店に初訪問で紅茶を飲んだだけなので、改めてお料理をいただきに伺おうと思います。
さおりちゃんに事情聴取・・・ではない😂、楽しくおしゃべりしたしばしの時間でした。
シェフの吉田知央さんにもご挨拶いたしました。
次はお料理を楽しみに伺います。

*****************

●上の訪問のしばらく後、「TWOROOMS KYOTO」さん再訪です。

ヴェリーヌ=グラスデザートを所望。
柑橘の香り豊かなクリームに、フルーツがあしらわれ、
中ほどにはグラノーラが隠れています。
底にはエスプレッソを染み込ませたジェノワーズです。
おいしーい☆☆☆

●ちなみにこちら、後から画像を送ってくれた、ヴァージョンアップ版です。

●緑豊かな場所で、
さおりちゃんは仕事のかたわら、園芸もやっていました。よいね😊
料理に使えるナスタチウムやタイムを作っているのだと見せてくれました。
さらにヴェルヴェーヌは、わたしが最も好きなものです。
たっぷり育ったら、アンフュージョンを飲ませてもらいます\(^o^)/

 

TWOROOMS KYOTO」さん、また伺います。

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

■「辻布紗」つじふさ オープン

■ 全国100万人の読者の皆さま、パリ話を中断して😂、新店ご紹介をいたします。
速報は
Instagramで上げていっていますが、このサイトでも、これどう考えても早い方がいいでしょう。

新しい和食店オープン情報です。

●2024年5月9日、
夷川通り柳馬場西入るに開店された、
辻布紗(つじふさ)」さん。
祇園の「味ふくしま」さんで10年以上料理長を務められた、
辻 義勝さんの独立店です。
御所南で一軒家、
お祝いのお花で祝福されたお店に伺って参りました。

●夷川通り、柳馬場西入る、
「豆政」さんの斜め前で、まあ本当に、こんないいところに一軒家があったのねと驚きます。

●店主の辻 義勝さん、
ものすごく感じがいい方です。
辻さんは福岡出身、最初の料理修業を名古屋でされたのち京都にいらして、
「御料理はやし」さん、
「余志屋」さんで修業、
その後、祇園の「味ふくしま」さんで11年間料理長を務められました。
独立に向けて、御所南で物件を探していらしたということです。

●妻で女将の香織さんは、フランス好き、シャンパーニュとブルゴーニュワイン好きでソムリエの資格を持ち、さらに伏見の生まれ育ちで日本酒も大好きということ。利き酒師でもいらっしゃいます。
おふたりの組み合わせ、最強ですね\(^o^)/\(^o^)/

*****************

●さてお料理です。どのお店でも、初回はできるだけお昼に行きたいので(撮影しやすい)、お昼の軽いコースです。

●毛蟹と湯葉

●鯉のお椀。葛を打って揚げた鯉、やわらかくて口当たりよかったです。
鯉の骨から取っただしにお酒たっぷりの吸い地でした。

●かつおのたたき

大根おろし、長芋おろし、白菜の芯。
ねぎ、茗荷、針生姜。

 

●丸茄子揚げだし。
あごだし。

●鮎の唐揚げ。おだしにおろした胡瓜。

●コースの最後に供された、
八寸風情の食事です。
つまり最後のご飯ね。

ますとえんどう豆の、ひょうたん形のご飯。
もずく酢
だし巻き玉子
鴨ロース
甘鯛塩焼き
丸十
一寸豆
とこぶし
ちまきの中は穴子寿司。

●食後に枇杷のコンポートとさくらんぼ。

本当にきっちり正統なものをいただいたという満足感がありました。

●店内は「味ふくしま」さんと同様に、靴を脱いで上がり、ほりごたつ式カウンターに腰を下ろすというタイプです。

メインカウンターの他にもう1部屋ありました。各6席です。
麻の布がお好きで、「辻布紗」という店名にしたということ。
すべてが真新しくてきれい、
高岡屋さんの、麻のお座布団も格別美しく、空間は清新な気に満ちて、とても気持ちよく過ごせました。

●昼夜共に1コースのみ、
昼 8500円(税サ込)
夜 20000円(税サ込)
いずれも現金払いのみ。

 

●辻 義勝さん、香織さん、ありがとうございました。

またよろしくお願いいたします。

 

●追記
2014年にいただいた「味ふくしま」さんでのコースはこんなでした。

 

*****************

「辻布紗」つじふさ
電話 075-354-5349

京都市中京区百足屋町155
(夷川通り 柳馬場西入る 北側)
11時半~12時半(入店)
18時~19時半(入店)
日曜、祝日休み

★月曜の昼休み、祝日の翌日の昼休み。

2024年5月9日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

 

■(続き)「måne」モーネのコース

*****************

★お知らせ

本ウエブサイトから以外の発信は、

フェイスブックから、インスタグラムに完全に移っています。

https://www.instagram.com/eri.sekiya/

*****************

■ 全国100万人の読者の皆さま、お待たせいたしました。

ひとつ前の記事、måne」モーネさんオープンの日にいただいたお料理です。

●うすいえんどう豆のスープ、中にブッラータ。えんどう豆のシート、新芽。

ミルクの泡。アクセントに馬告(マーガオ)。

緑の風が吹いているような、すてきな前菜でスタートです。このひと品で、すでに心を捕まれたのです。

●うるいを芯にくるりと巻いた金目鯛。いくら。下に新玉ねぎ麹のソース。

うるいやこごみやたらの芽など、春の山菜。

すべてがベストバランスで旨かったです(T_T)

●パンは、自家製のくるみパンと、リュスティックが供されました。

●飲んだのは発泡の水とこのワイン。

●コリアンダーオイルと合わせた、魚だしベースのクリームソースで仕上げをしてくださった魚のお皿は、

●甘鯛のうろこ焼きでした。

添えられているのはじゃがいもで作ったポレンタ。上にデュカと、ピーカンナッツ。

パリパリのドライにしたコリアンダー。

甘鯛の上に、ラディッキオ。

旨旨旨旨旨( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)旨旨旨旨旨

●ほたるいかと筍、木の芽。
パスタに新海苔がからんでいて、旨いったらありませんでした
出直します、どんぶりで食べさせてください~
山城の筍、静岡の新海苔。

●マンガリッツァ豚とグリーンアスパラガス。

マンガリッツァ豚の、優美な舌ざわりよ(T_T)(T_T)

上に、ふきのとう味噌。

炭焼きにしたアスパラガスも、こんなに柔らかくて甘いのか、、(*_*)(*_*)

きのこ麹醤油と。

●日向夏に、クリームチーズのアイスクリーム、カモミールのゼリー。

これがまた、しんそこよい調和でした。

「デセールは茶色いものしか要らん」と常々言っているわたしが、心を奪われた香味。

●お茶菓子がまたよかったです(T_T)(T_T) こういうシンプルなの理想的です。必要なショコラもちゃんとあって。
玉露のサブレ(「柳桜園」さん(^o^))、ショコラ、フィナンシエ。

●食後の飲み物は4つの選択肢があり、選んだのは(わたしには珍しく)コーヒーです。

京田辺でいただいた、ショコラのような風味のコーヒーが忘れられなくて。

あの時と同じものではなかったけれど、わたしの好きなタイプのコーヒーで、最後まで本当に満足できました。

●飲み物のリストはこんな。

 

●心に響いたmåne」モーネさんのお料理、モーネさんで過ごす時間でした。

すでにクラブエリーをお願いしています。夕食の予約もお願いしました。

次また楽しみに伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

■「måne」モーネ、洛中に移転オープン\(^o^)/

*****************

★お知らせ
本ウエブサイトから以外の発信は、

フェイスブックから、インスタグラムに完全に移っています。

https://www.instagram.com/eri.sekiya/

*****************

■ 全国100万人の読者の皆さま、移転オープンを喜んだエリーでございます。

●本日4月23日(大安)オープン、
måne」モーネさんです。
8年営業された京田辺から洛中に移転されました。
二条通り、御幸町西入ル南側、
お茶の「柳桜園」さん斜め向かいというすばらしい立地です。

さっそくお昼のコースをいただいて参りました。
ほんとーーーーーーーーに、
よかったーーーーー\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●名店で修業された河村昭多さん、「よねむら」さん10年、「イル ギオットーネ」さんに5年。イタリアのトスカーナ州のリストランテでも1年というキャリアでいらっしゃいます。
でもそのキャリアを十分に生かされて、8年間みっちりやってこられたのだとひしひしとわかりました<(_ _)>

●今日と明日はお昼のみ、軽い方の1コースのみという営業で、初日初回の営業からカウンターは満席でした。

●シンプルシックなお店造りは変わらず、ライトが粋、カウンターの板がとてつもない、傘置きなども「なるほどー」とうなる仕掛けがありました。
皆さんからのお祝いでお庭を作るというアイデアも素敵で、頭いい方ですー\(^o^)/

●わたしはひたすらご無沙汰ごめんなさいの気持ちで伺いました。
京田辺へ、
・食事に伺ったの1回、
・「ミセス」(コロナで休刊に(T_T))で取材1回、
・クラブエリーで1回
伺ったきりで、だって松井山手は遠かった、伺えず申し訳ないと思っていました。
ご無沙汰をしたのに優しくもてなしていただき、ありがとうございました<(_ _)>

●キッチン前テーブルです。
雰囲気よく心がなごみました。
河村昭多さん、ニ番手よしきさん、りおちゃん。
写っていないけれど、マダムの真智子さん、サーヴィスのれいさんも、
ありがとうございました。

●皆さんからのお祝いで造られたお庭に、

●お酒のお祝いもずらりと。

●開店後も続々と届き、テーブルの上がどんどん埋まっていきました。
このライトもすてきです。
お料理は次の投稿でアップします。

måne」モーネ

 

★ちなみに、2016年にオープン後の、「モーネ」さん初訪問の記録はこちら

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

■「MOKO」、贅沢な館のフランス料理店

■ 全国100万人の読者の皆さま、「MOKO」さんに、2月最終週に、やっとこさ伺ったエリーでございます。

昨年5月にオープンのこのお店、お料理よかったです、館が見事でした。そしてもてなし優しく心地よかったです(^o^)/☆☆☆
●優しく迎えてくださった、
シェフのAlexis MOKOさん、
ディレクターのAntoine JUHUEさん、
スタッフの皆さん。
目覚ましくすばらしいと思った食体験でした。
ありがとうございました。
「MUNI」で出会って以来、よくしてくださるAntoineさんが、今回も呼んでくださいました。
Merci Antoine(^o^)/
●エントランス入るとこんな空間。テーブル席です。
●上を見上げるとこんな。2階の床を一部はずして吹き抜けにしたということ。
もと呉服屋さんの館だったということ。
●到着時、カウンターにお客さまがすでに満席状態で入っていました。
開放的、キッチン全見えの造りです。
●昼は思ったよりもほどよい料金設定で、時々伺えるお値段ですね。
ただし、これは2月末までの料金で、3月1日からは、税別になっています。

●大分産天然鰤、人参
にんじん、生姜、松の実。
ぶりはヒマラヤのピンク塩をつけて1周間熟成させたもの。
合わせたのは、ロワールのピノ&シャルドネの白ワインと。美しく香りたつワイン。

●北海道産帆立、カリフラワー
ケイパーのフリットがしゃきしゃき感と明確な塩気を与えていて口に心地いい。
帆立の火の入れ加減かんぺき。
カリフラワーはピュレと、食感を残したのと。

●大きなひらめでした(^o^)

●三重産平目、ロマネスコ
パプリカオイル、鷹ケ峯のロマネスコ。
こちらもキュイソンかんぺき。

●熊本産黒毛和牛、菊芋
背中コート と胸フュメプレ
牛肉は大西さんから。
椎茸、なめたけ。
菊芋のピュレ、菊芋。
赤味噌を加えた黒にんにくのピュレ

●このパンがまたおいしかった、自家製の天然酵母で焼いたパンということ。
予約をしておけば販売もしてくださいます。
空気を含んでふんわりしたバターと。

●林檎、ヴァニラアイスクリーム
下にサブレブルトンヌ。カラメリゼしたりんご。上からカルヴァドス入りのカラメルのムース。
ヴァニラのアイスクリーム。

●食後の飲み物
アンフュージョン、ヴェルヴェーヌを選択。
●食後に館内を見せていただき、温度と湿度管理が行き届いたすてきなカーヴも拝見。
●2階の和室も拝見。和室ながら、テーブルと椅子式、靴のままOKなのが、本当によいと思いました。
●池のあるお庭も望めます。
●洛中にあって、広々と、静謐を楽しめる空間が広がっていて、別世界のようだ~と思います。
お料理も店内のしつらいももてなしも非常に好印象だった「MOKO」さん、また伺います(^o^)☆☆☆
*****************
●1階に、
カウンター14席
テーブル 4席、4席
奥に10席の個室
●2階に靴のままOKの個室8席。
*****************
 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************