■「虎屋菓寮」で生菓子と煎茶

■ 全国100万人の読者の皆さま、外で、生菓子(和菓子の)とお茶(お薄ではないお茶)をいただくということがにわかにテーマになったエリーでございます。

その2は「虎屋菓寮」さんの京都四條南座店。大和大路四条下ル、南座のお店です。

●煎茶とお菓子を選択。お茶は、抹茶と煎茶の選択ができます。

煎茶はお湯のみに、程よく冷めたお湯が入ってきます。黒いポットにも、沸騰状態ではなくほどよく冷めたお湯。

●お菓子は椿餅を目標に出かけたのだけど、この時は薯蕷かうぐいす餅の選択でした。

●これね。

●御膳餡=こしあんです。わたしはこしあんが好き。

「虎屋菓寮」さん、あのゆったり美しい京都一条店へも、時間の余裕のある時伺いたいなあと思うのでした。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「ZEN CAFE」で生菓子と煎茶

■ 全国100万人の読者の皆さま、外で、生菓子(和菓子の)とお茶(お薄ではないお茶)をいただくということがにわかにテーマになったエリーでございます。

その1は「ZEN CAFE」さん。

先日「鍵善良房」さんの喫茶室でお菓子をいただきながら、そうだ「ZEN CAFE」へも伺おうと思い立って。

●伺うのは久しぶりです「ZEN CAFE」さん<(_ _)>

「おすすめ3」で取材させてもいただいています。

●メニューはこんな。

セットの飲み物は、飲み物メニューの上から5品の中から選べます。

●上生菓子、季節のお菓子、特製くずもちと選択肢があり、ヴィジュアルでこうやって見せてくださいますから、外国人もわかりやすいでしょう。

いやわたしもわかりやすい\(^o^)/

●上生菓子はきんとんです。選択肢はなくこれのみ。そして、「鍵善良房」さんの今のラインナップをいただけるわけではありません。

お茶は煎茶を選択、急須にもまるまる1杯分入って供されます。

日本茶は煎茶かほうじ茶。抹茶という選択自体がありません。

●つくね芋のきんとん、「風光る」という菓銘。

●中は白粒あんでした。

●インテリアが本当にすてきです。入ったお部屋にカウンターと2席のテーブル2卓、このひとり席は左右対称にあり、この奥のお部屋には丸テーブルです。

●「ZEN CAFE」さん、くつろげる、風情のいいお店です。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

関谷江里

■「遊形サロン・ド・テ」でリュンヌ

■ 全国100万人の読者の皆さま、俵屋さんの「遊形サロン・ド・テ」が大好きなエリーでございます。

りんごの季節と思って出かけましたが、りんごではなくて、リュンヌ、「月」が迎えてくれたのでした。

●季節のデザート、ヘーゼルナッツのリュンヌ です。
カラメル風味が好きなら、間違いなく心を奪われる一品です。

初回いただいた時の記録(2017年12月)。

●柚子の香りが添えられますが、わたしはこれはあってもなくてもいいと思う。ごめん\(^o^)/ あくまでもカラメル風味が好きだから。丸いテュイルの下に白いワインのジュレが仕込まれていたりもするから。

●毎回すてきなお花いけです。

赤いのはとりわけ好きだわー\(^o^)/\(^o^)/

*****************

●しばらく前にいただいたこれも好き。秋のデザート、栗のトゥールです。

●栗のトゥールの後、ムースオショコラも。あたふたわらわらと会いに来てくれた人がごちそうしてくれたのでした\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「うめぞの」で抹茶ホットケーキ

■ 全国100万人の読者の皆さま、甘天エリー、甘い天国にしばし出かけたエリーでございます\(^o^)/\(^o^)/
お菓子なしにこの世を過ごせるだろうか?(いいや過ごせはしまい。)

●わりと最近のある夕方、「うめぞの カフェ&ギャラリー」さんで、熱々ふかふか大好き抹茶ホットケーキ\(^o^)/\(^o^)/
いい香り、やわらかで優しい口あたり、ほどよい甘さ、塩気の効いた黒糖バターになめらかなこしあん、
もうこれ、ほんとーーーーーーーーーーーーーーにかんぺきなおいしさだと思う(^o^)☆☆☆

熱い紅茶と共にいただきました。

ちなみに、自然光で撮った3月の方が、光が違うと別物というか、ずっとおいしそうに見えます\(^o^)/

●このホットケーキ、もう何度もアップしているけれど、大好きだから何度でも食べたいのです。しばらく前から(パリに行く前から)食べたかったの~~

●わらわらと忙しい友人が会いに来てくれて、食べたら愛想もそこそこにすごい勢いで帰って行ったけれど(でも来てくれてありがと)、わたしはちゃんと味わっていただきましたよっと。とても幸せ(^o^)(^o^)
うめぞの カフェ&ギャラリー」さん、また伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「遊形サロン・ド・テ」季節デセール 定番

■ 全国100万人の読者の皆さま、俵屋さんの「遊形サロン・ド・テ」に、昨日に続いて出かけたエリーでございます。

「遊形サロン・ド・テ」さんで今いただけるデセールその2。
秋の定番「丹波栗のトゥール」、22日にスタートしました。
栗を、温・冷、そして食感いろいろで楽しめます。

●トゥール=塔です。背の高い器で作られているわけは、食べてみればわかります。

●器の上部と底部で温度が違うのです。ぐいっと底から持ち上げて食べないといけないのです。

最初にいただいたのが2011年10月で、詳しく書いています。

●栗好きにはたまらない、比類ない季節デセールです。
ぜひー\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「遊形サロン・ド・テ」季節デセール 新作

■ 全国100万人の読者の皆さま、俵屋さんの「遊形サロン・ド・テ」に出かけたエリーでございます。

秋の新作と伺っていただかずにいられるでしょうか?(いいやいられはしまい。)

●パートシュクレにクレームダマンド、上にローストアーモンド。その上に一滴、モストコット。

アングレーズソースのように見えるのは白ワインソース。

ナパージュをくぐらせたシャインマスカット。

どのパーツも、かんぺきに美味と思いました。

とりわけ白ワインソースのおいしさに目を剥きました。ワインの香りを見事に生かしたソースです。

●これね。

●「遊形サロン・ド・テ」、瀟洒なサロンです。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ムレスナティーハウス」のアイスクリーム

■ 全国100万人の読者の皆さま、力(ちから)加減というものができないエリーでございます。常に過剰、くわーーーっとその時々のテーマに500%熱中して時間を忘れ、その後ばたんとダウンしてしまうなんていうバカなことを、いい大人になってもしばしばやっています。(ついでに、まわりはどうでもよくて協調性というものもありません。)気持ちや力を配分して、淡々と、ほどほどに、中庸に生きていけたらどんなにいいかと本気で思っています。

●天国だわ、さわやかだわ、ピュアな味だわと感激したのが「ムレスナティーハウス京都」さんの新商品、紅茶のアイスクリーム。成分表見たら、わからんものが何ひとつ入っていないのですね。とてもおいしかった(^o^)/☆☆☆ 

店内で、何か飲み物と一緒にいただくこともできるし、持ち帰りもできます。

2種類あって、こちらはロイヤルミルクティです。
●赤文字ロゴ入りのポットも気に入りました☆☆☆
ムレスナティーハウス京都」さん、また伺います\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「マールブランシュ」八条口店リニューアル

■ 全国100万人の読者の皆さま、「マールブランシュ」さんはいつも楽しい開発と店舗展開をされるなあと思っているエリーでございます。

7月30日(火)遅い午後、8月1日の八条口店リニューアルオープンのプレオープンへ。
京都駅近鉄名店街みやこみちのお店が、がらりとリニューアルされていました。

旧サイト内を調べたら、2008年10月12日に、「近鉄名店街 みやこみちに、マールブランシュカフェオープン、10月6日におひろめ」とありましたから、オープン11年後の大改装ですね。
マールブランシュさんの代表銘菓「茶の菓」や「京サブレ」はもちろん、生菓子の販売もあり、さらにカウンターでできたてデセールがいただけたり、このお店限定のグッズがあったりします。楽しいお店です\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●「マールブランシュ」さんの「M」マークと鮮やかな緑の「茶の菓」の表示ですぐにお店はわかります。

●「京都駅近鉄名店街みやこみち」入ったところすぐの場所です。

●まずは「茶の菓」ですね。今は夏ヴァージョンもあります。

●をを、いらっしゃいましたね、河内康太朗さん\(^o^)/\(^o^)/ 広報の方・・・と思っていましたが、現在、正確には 取締役 侘家事業部事業部長 さんになられているとか。
「このお店では、こうやって籠を持って、買い回ってください」と。楽しくにぎやかな「お菓子の市」がコンセプトなのだそうです。

●わわ、「京サブレ」「茶の菓」をモチーフにしたがま口がありました。これはかわいいわ(^o^)(^o^) 

●「茶の菓」の色です。お菓子にこれを添えてプレゼントしたら粋なのではないか\(^o^)/\(^o^)/

●カウンタースペースがあります。お客さまがたくさんいらして写真を撮れなかったので、マールブランシュさんからいただいた写真を使っています。

●カウンターでまずいただきたいのがこれです。

グラスで供されるお濃茶のドリンク、「ナイトロブリュー」といって、なめらかな泡が立っていてうっとり美味なものでした。東京に(住んでいるとして)帰る前に(新幹線に乗る前に)これ飲んだら、後ろ髪引かれるだろうなあ♪という感じ。

●今回の看板デセールである、目の前で仕上げてもらうモンブランミルフイユは、ミルではなく3フイユ(笑)、パリの「ヤン・クヴルール」さん風の仕立てなんだけど、マロンのクレームがおいしい、アイスクリームがおいしい、刻んだ栗がおいしい☆☆☆

●「薬味」といって添えられるアーモンドやラム酒や塩や胡椒で、味わいの変化が楽しめてよかったです。

●最後に心を奪われたもの:このお店限定のトートバッグです\(^o^)/

●これを見てわたしは大喜びしました\(^o^)/\(^o^)/

肩掛けできる大サイズの赤も作ってねとお願いしてきました。

●きれいな写真も載せておきましょう。マールブランシュさんから拝借したものです。<(_ _)>

●河内康太朗さん、デセールを作ってくださった池本典代(みちよ)さん、スタッフの皆さんありがとうございました(^o^)/

「マールブランシュ」八条口店のウエブサイトはこちら。
http://www.malebranche.co.jp/store/108/
京都駅近鉄名店街 みやこみち内
電話 075-661-3808
9:00~21:00、カウンターは20:30LO。
2019年8月1日リニューアル開店

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ラデュレ」の京都四条店

■ 全国100万人の読者の皆さま、パリの「Ladurée ラデュレ」がついに京都にもー! 表敬訪問したエリーでございます。

四条通御幸町南側、「とらや」さん跡に、
ラデュレ」の京都四条店、7月15日開店。
サロン・ド・テは8月1日からということです。
京都店限定商品は抹茶風味のサントノレだって。

他に抹茶マカロン、さらに「聖護院八ッ橋総本店」さんとのコラボレーションで作ったマカロンヤツハシ。
もちろん定番のマカロンも揃っていましたし、イスパハンもありました。

*****************

●ちなみに銀座に「ラデュレ」のサロン・ド・テができたのがこの時で、

http://erisekiya.cocolog-nifty.com/kyototokyo/2008/08/post_d969.html

今から11年前の2008年の夏、懐かしい!!

小椋三嘉ちゃんも、ゆきぴ=大森由紀子も若いわー\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「遊形サロン・ド・テ」レモンのタルト

■ 全国100万人の読者の皆さま、瞠目の思いでこれをいただいたエリーでございます。

●俵屋さんの「遊形サロン・ド・テ」の新作、夏レモンのタルト。

●こういうものです。

わたしは酸味系のデセールを自分から選ぶことは決してくなく、「酸いのは人生だけで十分である。せめてデセールは甘くなければならない。茶色くなければ~~!!」と常々言っているのですが(レモンがきらい、ベリー類が好きではないということではありません。誤解なきよう、念のため)、それでも今回は「遊形」さんの新作、せっかくすすめてくださったのだからといただいてみたら・・・もうもう、わたしにおける酸味デセールの歴史を塗り替える味でした。
レモンのクレーム、レモンのコンフィチュール、土台はパットシュクレ pâte sucrée。優美な口当たり、上品な酸味。かんぺきな調和でした。

●運ばれると同時に、上からはらはらとふり柚子のようにふりレモンがされました。爽やかな風が吹き抜けるようなお菓子でした。人生もこのように爽やかであればよいなあ\(^o^)/と思ったのでした\(^o^)/\(^o^)/

●せっかくなので、定番ムース・オ・ショコラもやっぱりいただいて帰りました。「リドル」時代からの定番の名作です。

●美しくて、なめらか。香りよく、ひと口で陶然となり、何もかもどうでもよくなります。ショコラのお菓子のわたしにとっての決定版のひとつです。

●夏レモンのタルトはあと1週間くらいだそうです。
そして毎夏楽しみな白桃のジュレが始まります。
昨年の白桃のジュレの記事です。

●近いうちにまた伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************