■ 和菓子店「果朋」オープン

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店ご紹介のエリーでございます。

10月10日(土)開店の「果朋」さん。
京都市中京区職司町、御池通沿い、「リストランテ 野呂」の並びです。フルーツ入り羽二重餅も、マカロンのように見える浮島も、水毬と名付けられた錦玉羹も、美しくて、おいしい。

●「リストランテ 野呂」の並びです。

「ウォーリーをさがせ!」みたいな写真\(^o^)/

●これが、「果福」。フルーツ大福なんて思っていたら全く違う食感です。

羽二重餅と白あんにフルーツが包まれています。わたしはフルーツ大福って好きではないのだけど(ごめん(^o^))これは大福ではありません。羽二重餅、いとも優美な舌触りです。フルーツのみずみずしさも溢れ出して、本当においしいと思いました。

●4個わっぱに詰めていただいた図。

●「水毬」と名付けられた美しい錦玉羹、これは「果朋」さんの紋を表したものだそうです。

●3個箱に入れていただいた図。

●マカロン風ですが、これは「珠響(たまゆら)」と名付けられた、浮島です。ほうじ茶。

●「花笑(はなえみ)」はもなかに餡。秋きんとんです。

●自分用に詰めていただいた箱その1です。

●他に瓶詰めのおだんごや、

●パルフェをヴェリーヌ=瓶詰めにしましたという「果ルフェ」のシリーズもありました。

(写真足します)

●こんなきれいな吹き寄せもありました。

●「果朋」さん、また楽しみに伺います。

*****************

「果朋」(かほう)

電話 075-821-0155

〒604-8381
京都市中京区西ノ京職司町67-99

10:00〜18:00

火曜休み

販売のみ、店内にサロンはなし。

2020年10月10日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「本家 尾張屋 菓子処」そば餅とコーヒー

■ 全国100万人の読者の皆さま、そば餅で気持ちがなごんだエリーでございます。

●車屋町通(烏丸通から1本東の通)の二条下ルにある「本家 尾張屋」さんの北隣りに9月16日(水)開店された、「本家 尾張屋 菓子処」です。

●端正な店内です。土壁にはそば殻を混ぜ込んでいるそうです。

こちらのサイトを参照。)

●今回いただいたのはこれ。そば餅+コーヒーです。

「本家 尾張屋」さんの代表銘菓、すでに100年以上の歴史を持つそば餅の、新しい食べ方の提案。

16代目の稲岡亜里子さん自身がお好きだという温製そば餅とコーヒーで、「SOBA MOCHI TO COFFEE」。

特にイートインスペースがあるわけではありませんが、「菓子処」から直接つながっている本店の縁側に腰掛けていただくことができます。

●こんな感じで「菓子処」から本店側に間口が開いており、

●ホットそば餅がいただけます。コーヒーは「WEEKENDERS COFFEE」さんです。アイスのみです。

オーヴントースターで約6分焼いて温めたそば餅は、ふんわりしっとりおいしかった(^o^) アイスコーヒーともよく合ったのでした。

●販売されていたのは、看板のそば餅です。ばら売りもしてくださいます。

●そばわらび餅

●蕎麦ぼうる

●蕎麦板

●蕎麦かりんとう

*****************

「本家 尾張屋 菓子処」

現在、9月16日(水)〜9月22日(火)はプレオープン期間です。

その後の営業は金・土・日曜で、11時~16時。

「本家 尾張屋」

1465年(室町時代)創業

京都市中京区車屋町通二条下ル西側

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ お菓子あれこれ

■ 全国100万人の読者の皆さま、朝晩わずか涼しくなってきたとはいえ、まだまだ茹だっているエリーでございます。エリーを冷やす冷蔵庫が必要です。

今日は料理ではなくて、あれこれお菓子の話をいたします。

●9月に入るなりがらりとお菓子売り場も秋の気配濃くなり、前日まであった水ようかんや葛まんじゅうが姿を消して、栗蒸しようかんが登場していました。

まあ、これ見たら欲しくなるでしょう~ ということで「仙太郎」さん@大丸地下で購入。人気No.1だって。

●これもあれば欲しいではないの。おいしいの知っているし\(^o^)/

●というわけでこんな風に詰めていただき、そろりと大切に持ち帰ったのでした。

まだ気温30℃台後半の日だったので、暑すぎて栗蒸し羊羹の気持ちにはほど遠かったのだけど、食べたらやっぱりおいしいなあと。

●代官山「小川軒」さんのレイズンウィッチ 10個入りをゲット\(^o^)/@京都タカシマヤです。

恒例の味百選、食のイヴェントとしては、7か月ぶりの開催だったということです。

行かずにいられただろうか?(いいやいられはしなかった。)

●「Atelier de Fromage」さんも出店していらしたから、買わずにいられんでしょう。

燻製カマンベールと、シフォンケーキのフロマージュ入り。このシフォンケーキ、わたしは初めてでした。ふわふわふわーな中に、塩気のフロマージュが食感と味のアクセントとなって、粋なことでした。これまたいただきたいです。

●自家製生チーズ、なめらかでクリーミー、これもおいしかったー。トマトによく合いました☆☆☆

●いただきもので、真っ赤なりんごです\(^o^)/ 

これは色が圧倒的に好きでした。点々と斑点があるのも愛嬌があります。名前も、「紅ロマン」だって。ありがとうー\(^o^)/

●このりんごに関しては、ものすごくしゃきしゃき感が強かったので、生食よりは、加熱の方だなーと思い、やってみたらおいしかったです。ラム酒で炊きました。バターも入れてとろっとさせて、シナモンをはらはらと。

よい季節です、食べる楽しみは尽きません\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「一保堂茶舗 嘉木」で冷たいお茶

■ 全国100万人の読者の皆さま、冷たいお茶で息を吹き返したエリーでございます。

●暑くてしょうがなかった最近の午後に、寺町通の「一保堂茶舗」さんへ。喫茶室「嘉木」さんで冷たい玄米茶とお菓子です。

●お菓子は2種類から選択できました。

わたしが選んだのはこの紫のういろう製、「笹屋守栄」さんの もらい水 というお菓子。中はなめらかなこしあんでした。
冷たいお茶と和菓子よいわ\(^o^)/\(^o^)/

一保堂茶舗」さんまた伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「一保堂茶舗」の「 嘉木」再開/追記3月分

■ 全国100万人の読者の皆さま、お店再開を喜ぶエリーでございます\(^o^)/\(^o^)/

●先週から再開された、寺町通の「一保堂茶舗 嘉木」さんで冷たい煎茶。

●お菓子は「京華堂利保」さんの薯蕷饅頭「荒磯」。中はこしあんでした(^o^)

●メニューの数が絞られており、お菓子も複数から選べる式ではなかったですが、それでも再開はうれしいことです(^o^)/
一保堂茶舗」さん、また伺います。

*****************

追記です。

*****************

●前回伺ったのが3月6日でした。

まだ自分で淹れる式だった頃です。

●お茶はくき煎茶です。

お菓子は選ぶことあたわずで、2種類いただきました。

●「笹屋守栄」さんのわらび餅と、

●同じく「笹屋守栄」さんの、桜便り

●いずれもこしあん入りでしたが、水分量が違いました。口あたりも全く違いました。

両方いただいてみてよかった(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 季節の和菓子/シャヴィニョル/京都シネマ/オカフェ

■ 全国100万人の読者の皆さま、あれこれの話をするエリーでございます。日々を彩ってくれる、おいしいものあれこれ。

●お店あちこち休業になっていて、ほんとつまらん(T_T)(T_T)のだけど、大丸地下の食料品売場は平日に限り開いていて救われます。閉店が18時半(いつもは20時)なので、時短営業ですが、それでもありがたい。

気軽だけどおいしい「仙太郎」さんで柏餅のみそあんです。あーおいしかった(^o^)

●これは茶っちゃ餅というの、強烈に抹茶味、これは今回初めていただいて、ものすごく好きでした。繰り返し食べたいと思いました。

●こんな風に

●買いましたよっと\(^o^)/\(^o^)/

*****************

●同じく大丸地下で好んで通うのが「arcane アルカン」さんです。

をを、わたしが行けないフランスから来てくれたクロタン ドゥ シャヴィニョルがありました\(^o^)/\(^o^)/

●農家製のシャヴィニョル、AOP。シェーヴルです。

●できたてのフレッシュな酸味よりは、すでに旨みを感じさせる状態になっています。60gって、切って少しずつ食べようと思っても、結局止まらず一瞬で食べてしまう量です。ほどよい塩気、なめらかながらほろほろと崩れる舌ざわり、広がる旨み、まろやかな味わいの余韻。ああ~~おいしい。豊かな農産国、遠い祖国の味よ~~\(^o^)/\(^o^)/

●高い、なんて思わないのです。飛行機に乗って来てくれたんだから(T_T)(T_T)

アルカンさんいわく、細々ながらも、商品はフランスから届いているのだと。

●また別の日、サントモール ドゥ トゥーレーヌもホールで買いましたよっと\(^o^)/\(^o^)/
うちから2分のところでフロマージュが買えること、こんな世の中になっても変わらず買えること(奇跡的なことかも)、本当にありがたいです。

*****************

●フランスといえばフランス映画で、

●京都でフランス映画といえば、京都シネマです。

東京でかつては、Bunkamuraのル・シネマ、渋谷のユーロスペース、新宿のシネマスクエアとうきゅう、六本木のWAVEの地下のCINE VIVANTに足しげく通って見ていたような映画が、京都ではここ1館でまとまって見られるわけです。その上近くて楽で言うことないんだけど、こうなってしまったらどうしようもないです。(*_*)(*_*)

今年に入ってからでも、1~3月で、「冬時間のパリ」「男と女 人生最良の日々」「ダゲール街の人々」「アニエスによるヴァルダ」「Celle que vous croyez」(日本語タイトルなんて言ったっけ、ジュリエット・ビノシュがSNSにはまる映画)と見に行ったんだがなあ。早く再開を、再開できる世の中を~~!

●笑いたい時はこちらです。ある夕方プリンがどうしても食べたくなり、ちょっと久しぶりに「オカフェ」さんへ。普通に営業されていました。嵐山店は通常営業は休止しているけれど、中でがんがん焙煎しているんだって\(^o^)/

●これを女性客に配っているんだって。爆笑\(^o^)/\(^o^)/

店主・岡田章宏さん、自分の顔をシールにして、ヴァレンタイン返しとしたとか。わたし何もあげてないのにいただいていいのでしょうか。しかしこれどうするの? ・・・スマフォに貼ることを推奨されました。なるほど。(^o^)(^o^)

●1枚で驚いてはいけません。除菌スプレーのボトルを見て目を見張りました。ああもう、怖いものないわこの店主さん\(^o^)/\(^o^)/

やるならここまでやればいいのだという例です。

オカフェ」さん、おもしろいです、笑えます、唯一無二です。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「亀末廣」で四畳半ではなく

■ 全国100万人の読者の皆さま、和菓子続きのエリーでございます。

●2月29日(土)午後、姉小路の「亀末廣」さんへ。たまたま風雨が強い時間帯でした。

風雨がどうした? 風雅なお菓子があるのだのれんの向こうには\(^o^)/\(^o^)/

●四畳半=京のよすががあまりに有名なお店ですが、

●今回は小豆を炊いた季節限定の「大納言」と、

●白小豆の枯淡な風情のお菓子「幼な木」を目標に伺いました。

●「幼な木」は全く初めていただきました。口当たり柔らか、ひたすら白小豆の香味。シンプルでよいです。お茶にもカフェにも合います\(^o^)/\(^o^)/

●「亀末廣」さん、次回は生菓子をいただきに伺います<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「一保堂茶舗 嘉木」で鎌餅、わらび餅

■ 全国100万人の読者の皆さま、「一保堂茶舗」さんの喫茶室「嘉木」通いのエリーでございます。

前回はこれ

●1週間ほど前の昼過ぎに、

極上ほうじ茶とともに、「大黒屋鎌餅本舗」さんの鎌餅、黒砂糖あん

選ぶことあたわず結局お菓子2種類(+400円)。

「笹屋守栄」さんのういろうで、梅一輪 梅あん

*****************

●わりと最近の夕方に、

極上ほうじ茶が、いつもの小さな缶入りではなく急須にが初めから茶葉が入った状態で供されました。

少しでも手に触れるものを少なくするということなのね。

お菓子は「京華堂 利保」さんのわらび餅です。

こしあんのおいしさにははっとするものがありました。

一保堂茶舗」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「亀屋則克」わらび餅、生菓子

■ 全国100万人の読者の皆さま、和菓子の日々のエリーでございます。

●堺町通三条上ル東側の「亀屋則克」さんへ。

●変わらぬ店内です。お菓子の型がずらりと並べられて、よい眺めです。

●お菓子箱の中はすっかり春でした。前日にはなかったひちぎりが登場していました。

●わたしが今回とりわけ食べたかったのはこれ、わらび餅 390円です。

●たっぷりのきな粉、格別ふるふるの口あたり、こしあんも上品です。理想のわらび餅といえます。

ああもうすばらしいです。\(^o^)/\(^o^)/

亀屋則克」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「一保堂茶舗 嘉木」で青海苔のうぐいす餅

■ 全国100万人の読者の皆さま、「一保堂茶舗」さんの喫茶室「嘉木」通いが止まらぬエリーでございます。

前回はこれ

●2月14日(金)

くき煎茶とともに、

「笹屋守栄」さんの 福梅(桃山)、こしあん。

*****************

●2月15日(土)

極上ほうじ茶とともに、

「亀廣脇」さんの うぐいす餅。

外側は青海苔(いい香り)!! 中に胡麻あんです。

*****************

●2月17日(月)

くき玉露とともに、

選ぶことあたわずでお菓子2種類(+400円)、

「笹屋守栄」さんのこなしで 北野の春 白こしあん

「亀廣脇」さんの薯蕷饅頭で 紅梅 こしあん

*****************

一保堂茶舗」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************