■「嘯月」のお菓子/1週間ふりかえり

■ 全国100万人の読者の皆さま、梅雨時のエリーでございます。

●「嘯月」さんの、あじさいをかたどったお菓子「朝の露」、季節そのもののきんとんです。贈ってくださった方ありがとうございます。

東京から京都に通いに通いに通って食べに食べていた時期に、「嘯月」さんには何度か予約をしてお菓子いただきに伺っています<(_ _)>

このごろ「予約をしてお菓子をいただく」といったことをすっかりさぼっています。しみじみよいなと思っていただきました。

●こんなお饅頭も一緒にいただきました。かわいいことです(^o^) 御礼たくさんです<(_ _)><(_ _)>

*****************

1週間ふりかえり

●1週間前にあけーみ=稀代のコンシエルジュ小山明美が連れて行ってくれた大宮通のカジュアルなイタリアン「OASI」さんがよかったー\(^o^)/

イタリア料理のお店は、何軒か大好きなお店を除いてよほどのことがないと行かないのだけど、明美が言うならと行ってみてよかった\(^o^)/☆☆☆

(あまりにかんぺきに自分に最適化されている店があるゆえ、余程のことがない限りよそへ行く気がしなくて・・・って、そんなこと言っていてはいけませーん\(^o^)/\(^o^)/)

●この1週間も、クラブエリーでたくさんお世話になりました。

・「仁修樓」さん、大好評でした\(^o^)/今月もう一度伺います。

・「祇園にしむら」さん、クラブエリーでは少し久しぶりに伺いました。大好評でした\(^o^)/またお願いします。

・「リストランテ 野呂」で、冗談から本当になった「割烹 野呂」、今回も大好評でした\(^o^)/\(^o^)/来月は「割烹 野呂」ではなく「普通 野呂」(=「リストランテ 野呂」)でやります(^o^)/

●「KOKE」(4つの地名の頭文字を組み合わせた店名)という4月14日オープンのレストランに初めて食事に伺いました。すてきな建物、お店のインテリアもスタイリッシュ、器は和食器を多用してこれもきれい。料理はモダンで構築的(好みは分かれると思いますが)。そしてシェフもマダムもサーヴィスも、すごく感じのいい方でした。

●わかりやすくしみじみおいしい河原町通二条の「鳳泉」さんの中華をいただいて喜びました\(^o^)/

*****************

●以上の写真、遅くなっても出していきます。常にアップしきれないほど写真を撮り溜めており、ほとんど負債をかかえているような気分ですが、ひとつずつアップしていきます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「亀屋則克」わらび餅

■ 全国100万人の読者の皆さま、とびきりのわらび餅をいただいたエリーでございます。

●昨日3月3日、堺町通三条上ルの「亀屋則克」さんです。

●こなしもきんとんも春で、ひちぎりやひなまつり仕様のお菓子が揃っていましたが、わたしはやはり定番がいただきたくて、

●こちら。わらび餅です。複数個注文するとひとつの箱に一緒に入れてたっぷりたっぷりのきな粉でまぶし、本体が見えないくらいの感じで包んでくださるのですが、分けやすい個別包装もしてくださって、それなら1個400円。お皿に出してみるとやっぱりすごくたっぷりのきな粉で、贅沢な感じ。なめらかなこしあん入りのふるふるわらび餅です。これは本当に名作です。

亀屋則克」さん、また伺います<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「よ~いドン!」おすすめ3、ユニークなお菓子3つ

■ 全国100万人の読者の皆さま、今回もユニークなお菓子が揃い、激しくおすすめしたエリーでございます。

関西テレビ「よ~いドン!」の「おすすめ3」。

2月8日(月)放送でした。

●今回も3軒のお店にお世話になりました。

ユニークなお店、他にない味を作り出す、すばらしいお店3軒です。

50音順です。わたしの投稿記事に飛びます。

「果朋」さん

「シンレス カフェ」さん

「紫野和久傳  堺町店」さん

収録のご協力ありがとうございました<(_ _)>

●いつもお世話になるスタッフの皆さんです。左端の女性がディレクターのともみちゃん。松村知扇さんです。

皆さん今回もありがとう(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「紫野和久傳」MORIのお菓子

■ 全国100万人の読者の皆さま、しばらく前からこのお菓子に心を奪われているエリーでございます。

●「和久傳」さんのおもたせの、MORI という新しいシリーズで、森のおまんじゅうです。

おだしの風味のベースに、山椒、筍、れんこんを加えた、料理屋さんならではのおまんじゅうです。塩味ではなくて、ちゃんと甘いおまんじゅうです(^o^)(^o^)

●こちらは森のボーロ というものです。これは山椒とからすみの2種類。これたまらないですよ。ほろほろとくずれるなり、ふわあああああ~と香るのです。これは甘いものが好きでない方への贈り物としても重宝します。わたしもものすごく好き。

「紫野和久傳」さん堺町店の売り場はこんなで、MORIのコーナーがあります。

●おまんじゅうはこんなです。

●森のボーロ。

●こんな詰め合わせもありました。山椒油入り。この山椒油を炙ったおまんじゅうにちょっとかけてもおいしいのだと教えてもらいました。確かに香りが幾重にも広がって、他にないおいしさとなったのでした。

また買いに伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ お菓子東西のいろいろ

■ 全国100万人の読者の皆さま、お菓子が大好きなエリーでございます。

必要があって、最近いただいたおいしいお菓子を急ぎ振り返らねばならなくなり・・・

●これ出していなかった、お正月の「とらや」さんの花びら餅です。

しっとり柔らか、優美な舌ざわりの求肥製です。中の白味噌あんもたっぷり、蜜煮にしたごぼうもおいし。

●1690年、元禄3年には、花びら餅の原形になるお菓子を御所に納めていらしたということ。

●これ銀座4丁目なのですが、久しぶりに「木村家」さんに出かけて懐かしさもあってがっばーっとパンを買い込み、

●あんぱんも何種類も買ったのだけど、とりわけこのシナモンデニッシュが気に入りました。これまた必ずいただきたいと思います。

●こちらも銀座4丁目、「和光」さんお菓子売り場ではいちごが花盛り、そしてガレット・デ・ロワもありましたが、

●わたしが買ったのはこちら、焼き立てのアップルパイでした。

●アップルパイといえば、これは先日いただきもので喜んだもの、大阪の方からおみやげの、赤い包みのアップルパイでした。

●りんごみっちりで、ほんとーーにおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●これも思い出した、季節限定もの、ジャンポール・エヴァンさんのキルシュ漬けのスリーズを黄金(or)で包んだスリーズオール、これもメロメロ好きでした<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「果朋」フルーツ羽二重

■ 全国100万人の読者の皆さま、いちご羽二重の食感をたまらなくよいと思ったエリーでございます。

●二条城近く、「リストランテ 野呂」の並びに昨年10月に開店された和菓子の「果朋」さんです。
(開店時の写真です。)
昨年10月オープン時の記録はこちら
果福というフルーツ羽二重シリーズが驚きの食感ですてきです。フルーツ大福に見えるのだけど餅ではなくてやわらか~な羽二重製で、あんは白あん。
●4種類揃っていて、
いちご、
いちごフロマージュ(マスカルポーネあん)、
みかん、
キウイ。
季節でフルーツは変わっていきます。わたし今までフルーツ大福って全く好きではなかったのだけど、これは好きです。またいただきたいと思います。
●4種類の中ではシンプルいちごが最も全体のバランスがよいと感じました。好みの問題ですが。
●季節の和樂(わら)というシリーズはこんなでした。

果朋」さんまた伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「御倉屋」夕ばえ

■ 全国100万人の読者の皆さま、久しぶりにこれをいただきほっこりしたエリーでございます。

●「御倉屋」(みくらや)さんの代表銘菓、夕ばえです。

●口に入れるなり、ほろほろくずれるのです。ふわりといい香り、上品な余韻。

「卵黄を混ぜ込んだ白あんを丸めて焼いたもので、ひび割れはなりゆき」と以前取材時に伺っています。この美しい焼き色といい、なんて風雅なお菓子でしょう。

これいただくのは久しぶりで、やっぱりしみじみおいしいなあ~と思いました。

大宮交通公園の近く、先日のクラブエリー@「仁修樓」さんが終わってから、この機会を逃さじ~と伺いました<(_ _)>

(歩いて2分くらい。)

他にもいただきたいものがありました。また必ず。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 和菓子店「果朋」オープン

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店ご紹介のエリーでございます。

10月10日(土)開店の「果朋」さん。
京都市中京区職司町、御池通沿い、「リストランテ 野呂」の並びです。フルーツ入り羽二重餅も、マカロンのように見える浮島も、水毬と名付けられた錦玉羹も、美しくて、おいしい。

●「リストランテ 野呂」の並びです。

「ウォーリーをさがせ!」みたいな写真\(^o^)/

●これが、「果福」。フルーツ大福なんて思っていたら全く違う食感です。

羽二重餅と白あんにフルーツが包まれています。わたしはフルーツ大福って好きではないのだけど(ごめん(^o^))これは大福ではありません。羽二重餅、いとも優美な舌触りです。フルーツのみずみずしさも溢れ出して、本当においしいと思いました。

●4個わっぱに詰めていただいた図。

●「水毬」と名付けられた美しい錦玉羹、これは「果朋」さんの紋を表したものだそうです。

●3個箱に入れていただいた図。

●マカロン風ですが、これは「珠響(たまゆら)」と名付けられた、浮島です。ほうじ茶。

●「花笑(はなえみ)」はもなかに餡。秋きんとんです。

●自分用に詰めていただいた箱その1です。

●他に瓶詰めのおだんごや、

●パルフェをヴェリーヌ=瓶詰めにしましたという「果ルフェ」のシリーズもありました。

(写真足します)

●こんなきれいな吹き寄せもありました。

●「果朋」さん、また楽しみに伺います。

*****************

「果朋」(かほう)

電話 075-821-0155

〒604-8381
京都市中京区西ノ京職司町67-99

10:00〜18:00

火曜休み

販売のみ、店内にサロンはなし。

2020年10月10日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「本家 尾張屋 菓子処」そば餅とコーヒー

■ 全国100万人の読者の皆さま、そば餅で気持ちがなごんだエリーでございます。

●車屋町通(烏丸通から1本東の通)の二条下ルにある「本家 尾張屋」さんの北隣りに9月16日(水)開店された、「本家 尾張屋 菓子処」です。

●端正な店内です。土壁にはそば殻を混ぜ込んでいるそうです。

こちらのサイトを参照。)

●今回いただいたのはこれ。そば餅+コーヒーです。

「本家 尾張屋」さんの代表銘菓、すでに100年以上の歴史を持つそば餅の、新しい食べ方の提案。

16代目の稲岡亜里子さん自身がお好きだという温製そば餅とコーヒーで、「SOBA MOCHI TO COFFEE」。

特にイートインスペースがあるわけではありませんが、「菓子処」から直接つながっている本店の縁側に腰掛けていただくことができます。

●こんな感じで「菓子処」から本店側に間口が開いており、

●ホットそば餅がいただけます。コーヒーは「WEEKENDERS COFFEE」さんです。アイスのみです。

オーヴントースターで約6分焼いて温めたそば餅は、ふんわりしっとりおいしかった(^o^) アイスコーヒーともよく合ったのでした。

●販売されていたのは、看板のそば餅です。ばら売りもしてくださいます。

●そばわらび餅

●蕎麦ぼうる

●蕎麦板

●蕎麦かりんとう

*****************

「本家 尾張屋 菓子処」

現在、9月16日(水)〜9月22日(火)はプレオープン期間です。

その後の営業は金・土・日曜で、11時~16時。

「本家 尾張屋」

1465年(室町時代)創業

京都市中京区車屋町通二条下ル西側

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ お菓子あれこれ

■ 全国100万人の読者の皆さま、朝晩わずか涼しくなってきたとはいえ、まだまだ茹だっているエリーでございます。エリーを冷やす冷蔵庫が必要です。

今日は料理ではなくて、あれこれお菓子の話をいたします。

●9月に入るなりがらりとお菓子売り場も秋の気配濃くなり、前日まであった水ようかんや葛まんじゅうが姿を消して、栗蒸しようかんが登場していました。

まあ、これ見たら欲しくなるでしょう~ ということで「仙太郎」さん@大丸地下で購入。人気No.1だって。

●これもあれば欲しいではないの。おいしいの知っているし\(^o^)/

●というわけでこんな風に詰めていただき、そろりと大切に持ち帰ったのでした。

まだ気温30℃台後半の日だったので、暑すぎて栗蒸し羊羹の気持ちにはほど遠かったのだけど、食べたらやっぱりおいしいなあと。

●代官山「小川軒」さんのレイズンウィッチ 10個入りをゲット\(^o^)/@京都タカシマヤです。

恒例の味百選、食のイヴェントとしては、7か月ぶりの開催だったということです。

行かずにいられただろうか?(いいやいられはしなかった。)

●「Atelier de Fromage」さんも出店していらしたから、買わずにいられんでしょう。

燻製カマンベールと、シフォンケーキのフロマージュ入り。このシフォンケーキ、わたしは初めてでした。ふわふわふわーな中に、塩気のフロマージュが食感と味のアクセントとなって、粋なことでした。これまたいただきたいです。

●自家製生チーズ、なめらかでクリーミー、これもおいしかったー。トマトによく合いました☆☆☆

●いただきもので、真っ赤なりんごです\(^o^)/ 

これは色が圧倒的に好きでした。点々と斑点があるのも愛嬌があります。名前も、「紅ロマン」だって。ありがとうー\(^o^)/

●このりんごに関しては、ものすごくしゃきしゃき感が強かったので、生食よりは、加熱の方だなーと思い、やってみたらおいしかったです。ラム酒で炊きました。バターも入れてとろっとさせて、シナモンをはらはらと。

よい季節です、食べる楽しみは尽きません\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************