■「二條若狭屋」の秋の氷

■ 全国100万人の読者の皆さま、秋の氷をいただいて驚き感動してきたエリーでございます。
●「二條若狭屋」さんの寺町店、2階茶房で、先頃から始まった

あんみつ氷 もみじ狩り」1400円。
濃厚抹茶のかき氷に紅葉の形の羊羹があしらわれて、これだけで十分美味で美麗なのだけど、
●中にあんみつが仕込まれているのです。寒天、赤えんどう、こしあん、さいの目にした栗、黒蜜。
香りよく舌ざわりよく食感も楽しめて、実においしかったー(^o^)/☆☆☆

●あんみつじたいが、先日始まったものなのです。

●季節の氷がいろいろあっておもしろいです。店主の真由美さんおいしいもの好きで好奇心旺盛、その上凝り性というか徹底した人で、本当に納得したものだけ出して来られます。

りんごの、ものすごく珍しいかき氷もありました。青りんごのシロップを、わたしは初めて本当においしいと思いました。というか青りんごの氷なんてもの自体、生まれて初めていただいたのですけれど。

●時季の和菓子はこんな。錦繍の秋にふさわしい・・・と思ったのですが、

●今どきのお菓子・・・こんなのもありましたー。笑。中はかぼちゃあんかな? アクセントにかぼちゃの種が入っていて、カリカリするかな? なんて本気で思ったけれど、そんなわけはなく(笑)、シンプルに王道の白あんでした。

●和菓子は本当にきれい。意匠を見るだけでも楽しいです。

新しい栗のお菓子もありました・・・また改めて写真上げます。

「二條若狭屋」さん、また伺います。

**********************************
「二條若狭屋 寺町店」
電話 075-256-2280
京都市中京区榎木町67
(京都市中京区寺町通二条上ル東側)
1階の店舗は9:00~18:00、2階の茶房は10:00~17:00
水曜休み
テーブル26席 全席禁煙
2013年6月16日開店
**********************************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

関谷江里

■「梅園」の「あんの花束」

■ 全国100万人の読者の皆さま、「梅園」さんの新しいお菓子の美しさとおいしさに感じ入ったエリーでございます。
●「あんの花束」という名前。なんてきれいな名前でしょう。
どら焼きなんだけど、あんの香味と食感で変化をつけて3種類、
きれいで、感動的においしいです。
●とりわけ中央の紅茶味は、どら焼き生地にも茶葉が混ぜ込まれて、アールグレイが香り立ちます。カシューナッツが食感のアクセントになっています。

●「これ、どら巻き♪」ってわたしは見た途端思ったのだけど、「あんの花束」という名前にすることで、魅力100倍になったと思います。「あんの花束」751円です。

●もうひとつは四角い、「あんがさね」の4種類。これは柔らかいビスキュイ2枚に、あんをはさんだものです。

●醤油味にきなこ、抹茶に柚子、全粒粉にレモンなど、和菓子、和甘味のきまりにとらわれない自在な組み合わせが楽しいセットです。「あんがさね」801円。
ただいまジェイアール京都伊勢丹の地下、「うめぞの茶房」コーナーで販売されています。26日(火)まで。
それ以降は、いちばん新しい「梅園」三条寺町店で、甘味のセット「花点心」にひとつ組み込まれるとのことです。
セット販売は来月末からとのこと。
●パッケージはこんなです。

●ちなみに箱の梅の花束の絵は、店主のあおいちゃん=西川葵さんが描かれたそうで、なんとも優しく幸せな感じがします。
これらのお菓子、今後また間違いなく人気になると思います。
毎回新店オープンごとに全く新しいものが登場して、それがとてもセンスがよくて、何よりおいしくてまた食べたいと思わせます。次は寺町店にいただきに伺います。

*****************
「甘党茶屋 梅園 三条寺町店」

電話 075-211-1235
京都市中京区天性寺前町526
10:30~19:20LO・19:30閉店
無休
梅園は昭和2年(1927年)創業
三条寺町店は2017年7月12日12時開店
*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

関谷江里

■ 涼しい和菓子

■ 全国100万人の読者の皆さま、1日必ず1スペシャルおいしく甘いもの摂取のエリーでございます。

午後はずっと大雨だったのですが、本日の甘味食べを諦めることができただろうか?(いいやできはしなかった。)
遠くは行けなかったけれど、大丸地下というのがあるのよ近くに(^o^)(^o^)/ 「仙太郎」さんでこんな涼しそうなお菓子。

●丹波大納言の粒粒を本葛でまとめた「笹の雫」194円。

●けれど、よりおいしかったのはこちらの方。くず桜。なめらかなこしあん入り。これも194円。これはあんの柔らかさ生地の柔らかさとなめらかさ、量のバランス、全部の調和が美しいお菓子でした。ほんの少し冷やしていただきました。

●お店ではこんなでした。「イチオシ」なんだって。

くず桜、また買いに行きます。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

関谷江里

■「亀屋良長」の新しい茶房

■ 全国100万人の読者の皆さま、和甘味大好きなエリーでございます。

亀屋良長」さんの店舗の一角が、昨日6月1日(木)、茶房としてオープンしました。

今年初めのリニューアル記事

●すっきりシンプルなコーナーです。クッションもシックでした。

●「清課堂」さんの酒器に入って出てくるのはお酒ではなく、

●「醒ヶ井」の水です。こんな風にいただくと、ありがたみが増します。身体が清められる感じがします。いや、きれいな水で、本当に清められるのだと思います。

●この水ね。

●「吉村和菓子店」によるわらび大納言をいただけます。

●「吉村和菓子店」がテーマにしている、身体にいい素材を使ったお菓子です。
わらび餅はねっとりふるふる、中にたっぷりの丹波の大納言入りで、わらび餅と大納言のおいしさを同時に味わえる幸せなお菓子です。きな粉がまた粒が細かくて繊細優美な風味を添えています。これはおいしいわ\(^o^)/\(^o^)/

1200円(+税)で、ほうじ茶付きのセットがいただけますが、抹茶にしたければ、+100円で抹茶セットにしてくださいます。

●季節の生菓子とお茶のセットもあり、お菓子は4~5種類から選ぶことができます。この日は4種類ありました。
あじさい、水牡丹、ほたる川・・・正統な「亀屋良長」さんのお菓子です。これらの生菓子は、食べても中からくるみが出てきたり、洋酒の香りがしたり、バチバチはじけたりはしないのでした\(^o^)/\(^o^)/

(バチバチはじけたり、カルヴァドスが香ったりするおもしろいお菓子については、こちらをご覧ください。)

亀屋良長」さん、また伺います。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 京都・岡崎「蔦屋書店」特設売り場!

■ 全国100万人の読者の皆さま、書店レポートのエリーでございます。3月18日(土)21:30頃・・・

IMG_4001 IMG_4016 IMG_4017

■ 「京都岡崎 蔦屋書店」さん、入ったところに「SOU・SOU 京菓子あそび」コーナーが設けられています。この3連休に合わせて企画してくださいました。
ありがとうございます(^o^)(^o^)/

IMG_4018 IMG_4006

■ 本と共に、「SOU・SOU」さんの手ぬぐいや名刺入れや巾着などの商品と、「亀屋良長」さんの干菓子や焼きショコラなどが販売されています。

IMG_4007

■ 平台の表も裏も「SOU・SOU」仕様になっていて、華やか、かわいい、色あざやかです。\(^o^)/\(^o^)/

IMG_4011IMG_4009

●本が、たっぷり積まれています。皆さま、買ってくださいませ\(^o^)/\(^o^)/

IMG_4013 IMG_4012

●「亀屋良長」さんのお菓子は、干菓子と焼き菓子が並んでいました。これもありました・・・

IMG_8672.jpga IMG_8676.jpga

エロキチです\(^o^)/\(^o^)/ 初めフランス人に言われた時はまったくわからなかったエロキチ。エロ吉としか聞こえず。Hello Kittyのフランス語読み。。( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

IMG_4015■ 後に見えているのはスタバ、スターバックスコーヒーです。
■ 「蔦屋書店」さん、書店員の橋本幸栄さん、ありがとうございます。激しく感謝、はげかんです\(^o^)/\(^o^)/
皆さんどうぞ岡崎の「蔦屋書店」さんへ!

5月7日までです\(^o^)/

*****************

追記:さらに・・・

こんな風に見せてくださっているコーナーもあります\(^o^)/

IMG_3832

■ 食や生活をテーマにまとめられた部屋に入るとまん前にこれ☆☆☆

IMG_3833

「和久傳」さんの甘味の本も\(^o^)/

本当にありがたいことです<(_ _)><(_ _)>

*****************

京都岡崎 蔦屋書店

電話 075-754-0008

〒606-8342 

京都市左京区岡崎最勝寺町13
ロームシアター京都 パークプラザ1階
8:00~22:00 無休

*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「吉村和菓子店」のショコラ鳳瑞(ほうずい)

■ 全国100万人の読者の皆さま、1日1ショコラのエリーでございます。

これは先日いただいて、ぱふぱふさくさく、食感と香りがたまらなーいと思ったお菓子です。

IMG_0524.jpga

■ 桐の箱に入り、「吉村和菓子店」の、焼き鳳瑞(ほうずい)、「待ち春」です。

「吉村和菓子店」について、初出記事はこちら

IMG_0645.jpga IMG_0646.jpga■ 焼き鳳瑞(ほうずい)シリーズの、今回はカカオで、これは本当にわたしのためのようなお菓子でした\(^o^)/\(^o^)/ いちいちカカオ風味でうれしい☆☆☆(フランボワーズ+カカオ豆だけは食べられなかったけれど・笑)

亀屋良長」さんの新ブランド「吉村和菓子店」、とてもよく考えられていて、次の鳳瑞などんなかしらー?と楽しみになります。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 店舗リニューアルの「亀屋良長」

■ 全国100万人の読者の皆さま、「亀屋良長」さんの新しくきれいになったお店に年末に伺ったエリーでございます。

img_8483-jpga■ 店頭はお正月のしつらい。干菓子や花びら餅、そして「SOU・SOU」さんの「酉」が飾られていました。

tori_660■ これですね♪ 脇阪克二さんが描かれた鶏、白黒のドットやストライプや格子です。マッカの色が効いて粋です。

■ さて「亀屋良長」さんの、11月28日にリニューアルオープンされた店内です。

img_8490-jpga img_8489-jpga

■ ゆったりして見やすい、選びやすい上に、

img_8492-jpga

■ 喫茶スペースがあります。いずれお菓子をこちらでいただけるようになるでしょうか、楽しみです。

img_8481-jpga

■ お菓子作りに何より必要な清らかな水、 「醒ケ井(さめがい)」の出るこの地にお店を構えられたのが、享和3年(1803年)ということです。200年以上こちらで和菓子を作って来られたのです。「烏羽玉(うばたま)」という代表銘菓があまりにも有名ですが、伝統のお菓子だけではなく、こんなかわいい世界が広がっています。

img_8487-jpga img_8488-jpga

■「SOU・SOU」とのコラボレーションです\(^o^)/\(^o^)/ さらに・・・

img_8504-jpga img_8505-jpga img_8506-jpga

■ 個別包装で1個から買うことができるお菓子が、こんな風に「SOU・SOU」模様です。とりあえず買ってみたくなりますね☆☆☆

img_8672-jpga img_8676-jpga■ さらにこんな楽しい干菓子がありますよーん(^o^)(^o^) Hello Kitty, フランス語で読むと「エロキチ」ですねー\(^o^)/\(^o^)/

以下、お店のウエブサイトより引用です。

ハローキティとのコラボ商品。キティちゃんが初めて和三盆糖のお干菓子になりました。木型から特注で制作し、一つ一つ職人が手作りしています。

とのこと。200年の老舗が、なんと楽しいものを作られるのでしょう☆☆☆

img_8499-jpga■ 仲睦まじい8代目当主夫妻、の吉村良和さんと由依子さん。

img_8670-jpga■ 由依子さんは、「吉村和菓子店」というシリーズを昨年スタートされました。

以前アップした紹介記事こちら。)

今回いただいたこのココナッツのお菓子、わたしメロメロに好きになりました。いい香り、旨み強いと言ってもいいと思います。やみつきおいしいです。口上によると、「有機ココナッツオイルとココナッツを贅沢に加え、メープルシロップと和三盆糖で優しく甘い香りに焼きあげました」とのこと。サクサクサクで、ひとつ食べたら止まらない。これまたいただきます<(_ _)>

■ 「亀屋良長」さん商品数すごく増えたと思います・・・選ぶの困るほど。おいしくて楽しくて、その上にお店もきれいになってすてきです。また伺います(^o^)/

*****************

「亀屋良長」電話 075-221-2005
〒600-8498
京都市下京区四条通堀川東入ル北側(醒ヶ井角)

9:00~18:00
無休(1月1日と2日を除く)

*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「中村軒」の栗赤飯

■ 全国100万人の読者の皆さま、昨日と本日、あちこち出かけて冬の京都の料理の撮影と取材をしていたエリーでございます。

お店の方々お世話になりました。<(_ _)><(_ _)>

4t8a8898-jpga■ 日中は暑くて気温30℃ほどありましたが(*_*)(*_*)、これはものすごく秋らしい一品、桂の「中村軒」さんの大好きな栗赤飯です。冬のあるメニューを撮らせていただきましたが、帰りにこれを買えて、しみじみうれしかったです。

4t8a8887-jpga■ 「中村軒」さん、冬になったらまた伺います。<(_ _)><(_ _)>

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************

■ 読売テレビ「かんさい情報ネット ten.」

■ 全国100万人の読者の皆さま、TVのエリーでございます。昨夕収録していただきました。

img_4326-jpga■ 読売テレビ「かんさい情報ネット ten.」(近畿2府4県での放送)
夕方の報道ニュース番組、夕方4時47分~7時のうちの15分の枠の中。
放送は10月14日(金)
放送前に内容をばらしてはいけないので以下最小限ですが、
京都の、老舗や名店による○○○○○○について述べよ
ということで、大喜びでコメントいたしました。
■ 京都の秋なので紅葉模様のくびまき@SOU・SOUにしました。

お部屋は、いつも「よ~いドン!」収録の時にも借りている四条烏丸近くの和室です。
■ すごい勢いでしゃべったけど、話し足りんww
3時間でもしゃべります\(^o^)/\(^o^)/

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************

■「吉村和菓子店」の、からだに優しいお菓子

■ 全国100万人の読者の皆さま、お菓子ご紹介のエリーでございます。

亀屋良長」さんと言えば、本サイトにおいてはひたすら「SOU・SOU」のすっ飛んだお菓子を目ピカ社長の命で作るけなげな和菓子店という印象かと思いますが(笑)、本当は江戸時代創業の、和菓子の老舗、名門なわけです。でもその8代目当主の吉村良和さんがとても柔軟な考え方をできる人で、さらに奥さまの由依子さんはパリの「ル・コルドン・ブルー」で勉強してきたような方だから・・・伝統のお菓子を作りながら、「SOU・SOU」のユニークなお菓子も作れば、今は「kashiya」として独立した藤田怜美さんを採用、独自のブランドを作ったりもしてこられました。京都の和菓子界に風穴を開けるようなことをされてきたおふたりです。

IMG_0434.jpga■ そして先頃、奥さまの吉村由依子さんが、「吉村和菓子店」というブランド名で新しいお菓子のシリーズを立ち上げられました。

からだにもこころにもやさしい京菓子を

というキャッチがついており、身体に負担の少ない素材を選んで作っているということなのです。

ウエブサイトにある通りなのですが、

*****************

甘いものは控えないといけない…でも、甘いものは心の栄養。
吉村和菓子店は、健康を気遣う方にも召しあがっていただけるよう、
体にやさしい素材でのお菓子づくりをはじめました。

甘味には、主に、ココナッツシュガーやメープルシロップ、甜菜糖、パラチノースなど、
GI値が低めの天然甘味料を使用。
ミネラルや食物繊維を豊富に含む素材も使い、栄養のことも考えた和菓子に仕上げました。

甘いものをつまんで、ほっとするひとときを、
どなたさまにもお届けしたい。
心にも体にもやさしいお菓子をご賞味ください。

*****************

IMG_0423.jpga■「焼き鳳瑞(ほうずい) 種まき」というお菓子です。
丸い土台に、抹茶や黒胡麻、南瓜の種などをあしらっています。ベースはプレーンとはったい粉の2種。
IMG_0433.jpga■ こんな説明が入っていてわかりやすいです☆☆☆
パフパフっとした土台で、しゅわっと口の中で溶けます。のせてあるものによって香味や食感の違いが楽しめて、ひとつまたひとつと楽しめるお菓子でした。いかにも身体によさそう、そしておいしかったー(^o^)(^o^)/

■ 「亀屋良長」さん店舗の他、ネットのオンラインショップもあるので、皆さまぜひ。

★吉村由依子さん、わたしの前のサイトにご登場いただいていました(^o^)(^o^)/

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
それ以前の10年間の記録は

こちらです↓(4285記事)
関谷江里の京都暮らし」 
*****************