■「よ~いドン!」のおすすめ3

■ 全国100万人の読者の皆さま、すごい新店で感動する毎日で、興奮さめやらぬエリーでございます。和食店2軒続けてご紹介しますから待っていてね。

その前に、17日に放送された「よ~いドン!」のおすすめ3です。

●甘楽 花子さん、パティスリー195さん、ラ・クラシックさん(50音順)、ご協力ありがとうございました。

●「甘楽 花子」さん

●「パティスリー195」さん

●「ラ・クラシック」さん

どのお店も本当にいいです、また伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「甘楽 花子」聖護院の新店へ

■全国100万人の読者の皆さま、秋の和菓子を楽しんだエリーでございます。

「甘楽 花子(かんらく はなご)」さん、3月末で以前の烏丸丸太町のお店を閉められ、6月25日、聖護院に移転オープンされました。

丸太町通、東大路東入ル北側。郵便局の隣、看板も大きくてわかりやすいです。

以前喫茶店だった物件にそのまま入られたとのこと。

●いただいたお菓子は「桔梗」です。ゆかしい風情、口当たりよく、こしあんが本当においしいです。

●おみやげに箱詰めしていただきました。真ん中のきんとんは「嵯峨野」です。「嵯峨野」をはさんでいるのが「虫えらみ」。

●丸太町通に面して、聖護院郵便局のとなり。わかりやすい場所です。

●正座が全くできない脚のわたし、椅子席で気軽にお菓子とお抹茶がいただけてありがたいです。

また時々伺います<(_ _)><(_ _)>

*****************

「甘楽 花子」

電話 075-741-8817

京都市左京区聖護院山王町16-21

(丸太町通東大路東入ル北側)

平日 9:00~19:00

日曜祝日 10:00~18:00

水曜休み、他に不定休あり。

店内にカウンターとテーブルあり。

全席禁煙
2003年8月20日烏丸丸太町で開店、3月31日閉店。

2018年6月25日、現在地にオープン
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ お菓子日記 「仙太郎」でいろいろ

■ 全国100万人の読者の皆さま、和菓子が好きでしょうがないエリーでございます。

大丸京都店の地下1階にある「仙太郎」さん、近くて買いやすくて、作りたてでおいしい。前を通れば買ってしまいます。

●桜餅、桜の葉2枚で包まれています。中はこしあんです。添えられた口上がまたすごいです。皆さん買って読んでみてくださいね。

●薯蕷饅頭「麗らか」、こしあんです。

●お団子は「花とだんご」という銘です。

●黒豆大福、これは通年商品です。これも好き♪

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録歓迎\(^o^)/

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

関谷江里

■ お菓子日記 桜の麸まんじゅう

■ 全国100万人の読者の皆さま、仕事関係なくお菓子が好きなエリーでございます。好みに偏りがありますが。しかし偏りこそが人生を作ると信じています。何が好きで何が嫌いかが明確ってことだから。

お菓子写真が溜まっています・・・出せるだけ出します。

■ 春の気分になったのが、いただいたこれ、「麩嘉」さんの麩饅頭、桜ヴァージョン。なんとも風情よく、つるりもっちりした麸にこしあんで繊細優美、これ気に入って、錦のお店に見に行きました。

■ 手みやげにひと箱買いました。冷蔵ですから、すぐに食べていただける方に。

季節限定 さくら麸まんじゅう 5こ入り 1100円(+税)

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録歓迎\(^o^)/

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■「亀屋良長」のお正月菓子

■ 全国100万人の読者の皆さま、お正月のお菓子、花びら餅が大好きなエリーでございます。12月31日に向かったのが、お正月飾りがされた「亀屋良長」さんでした。

■「SOU・SOU」さんの犬手ぬぐいを飾って戌年のお祝いです。

■ 竿菓子で、「富久いぬ」というの、雪(白小豆)を喜ぶ犬だって、かわいいです(^o^)(^o^)

■ 花びら餅をいただきに伺ったのです。甘く炊いたごぼうに白味噌あんたっぷりで、これはおいしいわーー☆☆☆

http://kameya-yoshinaga.com/?mode=cate&cbid=1865480&csid=0

↑季節商品のページを貼り付けておきます。

■そして「吉村和菓子店」の新しい「焼き鳳瑞」は・・・ ■ 新しい「焼き鳳瑞」は小豆の煮汁+ココナッツシュガーをベースに作られています。口に入れるなり香りを残しながらしゅわっと溶けるはかなさがすてきなお菓子でした。

■「亀屋良長」さんお店は1日2日お休みですが、デパートが2日から営業しているから実質お休みは元日1日のみということでした。
お菓子やさんも料理やさんも本当によく働かれます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録歓迎\(^o^)/

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■「よ~いドン!」おすすめ3、12月25日放送分

■ 全国100万人の読者の皆さま、すてきなお菓子大好きなエリーでございます。12月25日(月)放送のカンテレの「よ~いドン!」のおすすめ3、今回は以下3つをおすすめしました。

今回は、おみやげにしたい、今注目の京都のお菓子3つ
3軒のお店にお世話になりました。
*****************
(50音順で)
●「イカリヤ米菓京都」米粉のバウムクーヘン
●「オ・タン・ペルデュ」りんごのピュイダムール
●「 cacoto(カコト)」京纏菓子
*****************

「イカリヤ米菓京都」米粉のバウムクーヘン

「オ・タン・ペルデュ」りんごのピュイダムール

「 cacoto(カコト)」京纏菓子

ご協力ありがとうございました<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■「仙太郎」黒豆大福と柚子蒸し

■ 全国100万人の読者の皆さま、本日のお菓子摂取に関して、あえて洋菓子は控えたエリーでございます。笑。

■ 近場で大丸地下、「仙太郎」さんで黒豆大福と柚子むし。
作りたてで(売り場に工場併設)おいし☆☆☆
柚子むしの方は初めて。ふわふわの生地に柚子あん、すごく好きと思いました。
それとこの黒豆大福、わたしにはパンダの顔に見えてしょうがないんですが、甘く炊いた黒豆がたっぷり餅生地に練り込まれていてよいです。

●断面まで見せてくれて、いたつく=至れり尽くせりのプレゼンだと思います。

●いろいろ買って箱詰めに。今日行く先にこれをおみやげに持って行きます\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■「二條若狭屋」の秋の氷

■ 全国100万人の読者の皆さま、秋の氷をいただいて驚き感動してきたエリーでございます。
●「二條若狭屋」さんの寺町店、2階茶房で、先頃から始まった

あんみつ氷 もみじ狩り」1400円。
濃厚抹茶のかき氷に紅葉の形の羊羹があしらわれて、これだけで十分美味で美麗なのだけど、
●中にあんみつが仕込まれているのです。寒天、赤えんどう、こしあん、さいの目にした栗、黒蜜。
香りよく舌ざわりよく食感も楽しめて、実においしかったー(^o^)/☆☆☆

●あんみつじたいが、先日始まったものなのです。

●季節の氷がいろいろあっておもしろいです。店主の真由美さんおいしいもの好きで好奇心旺盛、その上凝り性というか徹底した人で、本当に納得したものだけ出して来られます。

りんごの、ものすごく珍しいかき氷もありました。青りんごのシロップを、わたしは初めて本当においしいと思いました。というか青りんごの氷なんてもの自体、生まれて初めていただいたのですけれど。

●時季の和菓子はこんな。錦繍の秋にふさわしい・・・と思ったのですが、

●今どきのお菓子・・・こんなのもありましたー。笑。中はかぼちゃあんかな? アクセントにかぼちゃの種が入っていて、カリカリするかな? なんて本気で思ったけれど、そんなわけはなく(笑)、シンプルに王道の白あんでした。

●和菓子は本当にきれい。意匠を見るだけでも楽しいです。

新しい栗のお菓子もありました・・・また改めて写真上げます。

「二條若狭屋」さん、また伺います。

**********************************
「二條若狭屋 寺町店」
電話 075-256-2280
京都市中京区榎木町67
(京都市中京区寺町通二条上ル東側)
1階の店舗は9:00~18:00、2階の茶房は10:00~17:00
水曜休み
テーブル26席 全席禁煙
2013年6月16日開店
**********************************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「梅園」の「あんの花束」

■ 全国100万人の読者の皆さま、「梅園」さんの新しいお菓子の美しさとおいしさに感じ入ったエリーでございます。
●「あんの花束」という名前。なんてきれいな名前でしょう。
どら焼きなんだけど、あんの香味と食感で変化をつけて3種類、
きれいで、感動的においしいです。
●とりわけ中央の紅茶味は、どら焼き生地にも茶葉が混ぜ込まれて、アールグレイが香り立ちます。カシューナッツが食感のアクセントになっています。

●「これ、どら巻き♪」ってわたしは見た途端思ったのだけど、「あんの花束」という名前にすることで、魅力100倍になったと思います。「あんの花束」751円です。

●もうひとつは四角い、「あんがさね」の4種類。これは柔らかいビスキュイ2枚に、あんをはさんだものです。

●醤油味にきなこ、抹茶に柚子、全粒粉にレモンなど、和菓子、和甘味のきまりにとらわれない自在な組み合わせが楽しいセットです。「あんがさね」801円。
ただいまジェイアール京都伊勢丹の地下、「うめぞの茶房」コーナーで販売されています。26日(火)まで。
それ以降は、いちばん新しい「梅園」三条寺町店で、甘味のセット「花点心」にひとつ組み込まれるとのことです。
セット販売は来月末からとのこと。
●パッケージはこんなです。

●ちなみに箱の梅の花束の絵は、店主のあおいちゃん=西川葵さんが描かれたそうで、なんとも優しく幸せな感じがします。
これらのお菓子、今後また間違いなく人気になると思います。
毎回新店オープンごとに全く新しいものが登場して、それがとてもセンスがよくて、何よりおいしくてまた食べたいと思わせます。次は寺町店にいただきに伺います。

*****************
「甘党茶屋 梅園 三条寺町店」

電話 075-211-1235
京都市中京区天性寺前町526
10:30~19:20LO・19:30閉店
無休
梅園は昭和2年(1927年)創業
三条寺町店は2017年7月12日12時開店
*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 涼しい和菓子

■ 全国100万人の読者の皆さま、1日必ず1スペシャルおいしく甘いもの摂取のエリーでございます。

午後はずっと大雨だったのですが、本日の甘味食べを諦めることができただろうか?(いいやできはしなかった。)
遠くは行けなかったけれど、大丸地下というのがあるのよ近くに(^o^)(^o^)/ 「仙太郎」さんでこんな涼しそうなお菓子。

●丹波大納言の粒粒を本葛でまとめた「笹の雫」194円。

●けれど、よりおいしかったのはこちらの方。くず桜。なめらかなこしあん入り。これも194円。これはあんの柔らかさ生地の柔らかさとなめらかさ、量のバランス、全部の調和が美しいお菓子でした。ほんの少し冷やしていただきました。

●お店ではこんなでした。「イチオシ」なんだって。

くず桜、また買いに行きます。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************