■ クラブエリー第3金曜@「はふう聖護院」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

IMG_1489.jpga■ 6か月パックのクラブエリー第3金曜、2月は「はふう聖護院」さんにお世話になりました。
IMG_1474.jpga■ 先日のNHK文化センター講座とほとんど同じ内容です。スープは金時人参のクリームスープだし、3皿めをビーフシチューのココットにしていただいたし。

IMG_1468.jpga■ アミューズだけ前回と違うものにしていただきまして、鶏ハムの燻製です。

IMG_1469.jpga■ 寒い季節にうれしいビーフシチューのココット。

IMG_1482.jpga■ 肉食女たちがうち揃って、牛肉のおいしさを満喫しました。お肉いただくと元気出るよね♪ と異口同音に言いながら。わたしも本当に幸せなひと時でした。クラブエリーやっているわたしが幸せ。皆さんの人生のお話伺えたりして。思いもよらず、ものすごく好みが近い人に会えたりもして。この日はひとり、パリきち見つけたよ(^o^)(^o^) パリ好きね。話が合うこと~~~!!

■「はふう聖護院」さん、お世話になりました。皆さまに御礼申し上げます。

参加者の方々にも感謝たくさんです<(_ _)><(_ _)>

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ NHK文化センター講座@「はふう聖護院」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。NHK文化センターの第1木曜講座、今月は「はふう聖護院」さんにお願いしました。

IMG_0318

●こんなスペシャルメニューを組んでいただきました。

IMG_0311 IMG_0315.jpga

●アミューズにカレーパン。

IMG_0310

●1ドリンクつけていただきますが、わたしは大抵ペリエか、このようにサンペレグリーノなどの発泡水です。

IMG_0325.jpga

●極上肉の炙り焼き

IMG_0323

●添えられるのが、にんにく醤油、ぽん酢、白味噌ぽん酢。

IMG_0330.jpga

●ビーフシチューのココット

IMG_0335 IMG_0339

●金時にんじんのクリームスープ

 

IMG_0340●野菜サラダがたっぷりと。

IMG_0349.jpga

●サーロインかフィレを選択できます。もちろんフィレです。中を少しレアに残しておいてもらうくらいが好きです。

IMG_0356

●デセール盛りはいろいろーな内容です。となりに座られた方のものです。

IMG_0361

●「はふう聖護院」さん、お世話になりました。皆さまに御礼申し上げます。

今月第3金曜、またクラブエリーで伺います(^o^)/

2月17日(金)お昼、キャンセルがあり空席が出ていますので、参加ご希望の方はどうぞご連絡くださいませ。

肉好きにはたまらなく魅力的なお店です。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 朝日カルチャーセンター講座@「れんらく船」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

1月12日(木)朝日カルチャーセンター講座のお昼を「れんらく船」さんにお願いしました。
「乗船口」から乗って(笑)、ゆらゆら揺れているような気分でブルーの光の中で牛肉祭\(^o^)/\(^o^)/
独特な雰囲気、美味強烈な近江牛、すごい量感・・・
肉食女たちの集団でしたが、
しばらく肉の顔を見ないでいいかもというほどいただきました。
IMG_9137.jpga IMG_9143.jpga

●サーロイン山かけ

IMG_9148.jpga

●サーロインたたき

IMG_9151.jpga

●広げたところです。もう1枚ありました。

IMG_9154.jpga

●テンダーロインからあげ、これは数名分です。2度にわたって供されます。

IMG_9158.jpga

●テンダーロインあみ焼き、下に椎茸、菜の花、かぶら。上の肉料理と共に、サラダ、グラスに差したクレソン、大根おろしもたっぷり添えられました。

IMG_9160.jpga

●肉だけで満腹ですが、希望者にはベイクドポテトが供されました。最後にこのサーロインのにぎり寿司も希望者(ほぼ全員)に供されました。

青い光が写り込んでいます(笑)。

●この後、アイスクリームがヴァニラか抹茶で選択できました。

IMG_9165.jpga

●お店のエントランスはこんな。皆さん「ここでいいのかと一瞬躊躇した」と異口同音におっしゃいました。

IMG_9166.jpga

●「乗船口」から乗船するのでした。

上質な牛肉そして牛肉そして牛肉まだ牛肉という連続で、圧倒的なおいしさでした。とても好評でした\(^o^)/\(^o^)/

「れんらく船」さんお世話になりました、ありがとうございました<(_ _)><(_ _)>

*****************
「れんらく船」 電話 075-241-4358
京都市中京区三条通木屋町東入ル南側 中島町105 タカセビル地下1階
営業は夜のみで17:00 開店、そんなに遅くまでの営業ではありません。
不定休
禁煙席なしです。
1970年3月開店
*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 肉よ肉 その2「ビストロ ヤナギハラ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、24時間365日都会が好き、肉食女のエリーでございます。

22:30LOでありがたい「ビストロ ヤナギハラ」さん、前回のシュークルート食べの訪問で、次はこれをと決めていたものがあり、先日また伺ったのでした。

img_7864-jpga

●田舎風肉のパテ、これは前々回いただいた時と違って大ぶりのフォアグラ入り。(わたしはフォアグラなしの方が好きでした。ごめん<(_ _)>)

img_7869-jpga

●牛ほほ肉の赤ワイン煮込み。肉はほぐほぐとほぐれてしっとり、理想的なブフブルギニョンでした。

img_7871-jpga

●カスレです☆☆☆これどうしてもいただきたくて、キープお願いして出かけたのでした。鴨コンフィ、ソーセージ、豚肉煮込み入り。

img_7866-jpga

●これは前回、前々回ともいただいた、生ハム、柿、フロマージュのサラダ。

img_7867-jpga

●フロマージュは、カマンベール、ロックフォール、エポワス、ミモレット、コンテなどありったけ入っているとのこと。これすごく好きです☆☆☆

img_7877-jpga●デセールにクレームカラメル。これも理想的な食感、たまご感、甘さでした。カラメルソースおいし。

一緒に行った方は柚子コンフィチュールを添えた、ヨーグルトのソルベを召し上がっていました。その柚子コンがおいしかった(*_*)(*_*) あ、柚子コンて柚子コンフィチュール

ビストロ ヤナギハラ」さん、また伺います。

●2016/2017年の年末年始は、31日まで営業/1月6日(金)から営業。

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 肉よ肉 その1「ル キャトーズィエム」

■ 全国100万人の読者の皆さま、肉食女エリーでございます。魚は、魚食べたいとわざわざ思わなくても自然に和食のコースでいただいているわけですが、肉は「肉食べたいぞw」と思ってわざわざ出かけている気がします。夜遅(22時とか23時くらい)でも、ほんの5分も行けばどこかでちゃんとした料理にありつけるのが街なか住まいのいいところです。24時間365日、都会にいたいと思うわたしです。

■ 少し前のある晩、久しぶりの友人Aが今から出て来いと~~。そんな急に無理無理! といったんは言ったけれど、「ル キャトーズィエムにいる、一緒に食べよう」と。ずばり肉食、あの牛肉をありありと思い浮かべたのちに、断ることなどできただろうか?(いいやできはしなかった。)
すっ飛んで出かけて、以下いただきました。
img_8239-jpgb■ ブラータとトマトのサラダ。

img_8241-jpgb

■ とにかく赤身をください赤身赤身といって、内ももだったっけ、出していただきました♪ ぐいぐい噛んだら肉のおいしさほとばしり、旨い旨い旨い(T_T)(T_T)

img_8243-jpga

■ ポムフリットも変わらずおいしいわ(T_T)(T_T) 
扱う牛肉は、今では「木下牧場」さんの近江牛のみと伺いました。

このお店の独自の焼き方、独自の食感の牛肉、ほんとおいしいです、わたしは大好きです☆☆☆ 

また時々伺います<(_ _)>

*****************

「le 14 e」ルキャトーズィエム 電話 075-231-7009
京都市上京区伊勢屋町393-3 ボガンビル 2階
(京都市上京区河原町通丸太町下ル西側)
昼夜営業、昼夜メニュー同じ(以前あった昼メニューはなし)。
水曜、木曜休み
カウンター4席、テーブル6席 全席禁煙
要予約
2013年2月20日開店

*****************

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 朝日カルチャーセンター講座@「祇園 佐橋」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

11月の朝日カルチャーセンター講座を、「祇園 佐橋」さんにお願いしました。牛肉づくしコース、ひと皿ごとワイン付きで。
肉好きワイン好きの皆さんに、特別喜んでいただけました。
調理法や出し方いろいろで供された牛肉は、本当においしかったです☆☆☆

以下順番にいきます。
img_6471-jpga●祇園佐橋 スペシャルカツサンド

フィレ肉のカツサンドでスタートしました。

これは北海道の牛肉。

img_6487-jpga●和牛ロース 昆布締め

熊本黒毛和牛とのこと。
img_6489-jpga img_6491-jpga●和牛ほほ肉 赤ワイン煮込み

肉切りナイフ不要なほど柔らかくて、ほぐほぐと崩れました。
img_6505-jpga●コンソメスープ 雲子のフリット

コンソメが強烈な旨みのところにまた旨い雲子のフリットで、ずるいほどのおいしさでした。
img_6522-jpga

●ヴァーミキュラ鍋で熱々を供された、最後のお皿、ステーキです。

img_6531-jpga

●牛肉だいたい70gとのこと。これを、わさび、赤ワイン塩、胡椒と合わせた塩、プレーンの塩が盛られたお皿に移します。

野菜は、鴨の煮込みを詰めた小蕪/ピペラードを詰めたズッキーニ。

img_6533-jpga●特選和牛のステーキ

愛媛の黒毛和牛とのことです。

img_6535-jpga●フロマージュは、甘いものより塩気のものの方がいい方に。わたしはガトーショコラを選んでいましが、これはかなり羨ましかったです。
img_6538-jpga●デセールに、

ガトーショコラ、ヴァニラアイスクリーム
・・・がデフォルトでしたが、わたしはアイスクリームなしで。とお願いしたら(ショコラ風味が薄まるからわたしはそういう添えは一切要らない)、

なんと赤いベリーのソースを点々とつけて飾ってきてくださいました(*_*)(*_*)

ショコラに一切かかっていないからいいとします。

ガトーショコラは美味なものでした。

img_6466 img_6478 img_6492 img_6510 img_6515 img_6539●ここまでのワイン6種類です。

ゲンコー書きでひっしのぱっち週間ですが、わたしも一応ワインは全部ひと口ずつお味見に飲みました。フランスワインだけはひと口以上飲みましたー!
さすがにお料理によく調和するセレクションでした。
img_6541-jpgb●最後にカフェをいただき、ご馳走さまでした<(_ _)>

祇園 佐橋」佐橋由浩さん、しんたろうさん、スタッフの皆さま、御礼申し上げます。。

ご参加いただいた方々、ありがとうございました。

●わたしは、さーこれから本当に頑張らねばあああとこのあとすっ飛んで帰りました。

肉食で、明らかに元気をつけることができましたから、ゲンコー頑張ります<(_ _)><(_ _)>

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 掲載誌のお知らせ: ミセス 2016年12月号

■ 全国100万人の読者の皆さま、掲載誌お知らせのエリーでございます。

a1gaixb3i6l■ 発売中のミセス 2016年12月号 の新店ご紹介コーナーでは、「祇園 佐橋」さんに出ていただいています。

牛肉を、フランス料理仕立ててで味わえる粋なお店です。もともと歴代すてきなバーだったところです。広々したカウンターでワインと共に肉肉肉の料理をゆったりと。

あ、デギュスタシオン的な、きれいなコースもあります。

どうぞ「ミセス」を(お買い上げの上)ご覧くださいませ<(_ _)><(_ _)>

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「ビストロ ヤナギハラ」で肉ディネ

■ 全国100万人の読者の皆さま、肉食女エリーでございます。4日金曜の夜、降って湧いた急な展開で初めてのメンバー3人で夕食をすることになり、肉食だー\(^o^)/\(^o^)/と「ビストロ ヤナギハラ」さんへ。当日よく席があったものです。テーブルは満席だったので2名のカウンターに、無理やり3名。。ひとりはテーブル用の椅子に腰掛けて。笑。よく知っている人たちだけど、こんな風に一緒に食べるのは初めてで、おもしろ過ぎた夜でした。

ちなみに「ビストロ ヤナギハラ」さん、←このシンプルなウエブサイト好きです\(^o^)/\(^o^)/

img_6160-jpgb

●田舎風肉のパテ

img_6165-jpgb

●鴨のコンフィ(ハンガリーの鴨)

わたし先日来、鴨コン食べたくて涙目になるほどで、ほんとこれ身に染みるおいしさでした。フランスのシャランの鴨は入らなくなっているからハンガリーの鴨と。でも全くOK。表面パリっとして、ナイフを入れれば中はほぐほぐと。脂で肉を制圧する料理ですが、ひたすら旨みしか感じません。鴨コンで胸わるくなったことないもんね。

img_6167-jpga

●生ハム、柿、フロマージュのサラダ(フロマージュは、カマンベール、ロックフォール、エポワス、ミモレット、コンテなど)

これものすごく好きでした。ひとりでひと皿ぺろっと食べると思う。

img_6172-jpgb

●ムールマリニエール(モンサンミッシェル)

わたしこれがあれば必ず注文します。いつも言うが、フランスではブリキのバケツで食べたよ。

img_6175-jpgb

●和牛ランプ肉のステーキ、わかりやすく旨。

img_6188

●ショコラのテリーヌとキャラメルアイスクリーム

このところショコラ摂取量過多なのに、やっぱりデセールにはショコラです。当然だ\(^o^)/\(^o^)/

ビストロ ヤナギハラ」さん、ちょっとご無沙汰していましたが、変わらぬメニューで手堅く美味で、これははやるわなあ~♪と思いました。

ワインやらペリエやら、食後にマールやら、それぞれ好きに飲んでよくしゃべりました。お客さまに、長年の読者でいてくださった方がいらして会えたりもして、いい夜でした。

・・・しかし帰宅するなり目がぱちーっと開きました。

入稿があるのだ予定詰まり過ぎなのだでもやるしかないのだ(*_*)(*_*)

スローガンは「やればできるw」。

ひっしのぱっち、火事場のバカぢから、限界への挑戦だああああ(*≧∇≦)(*≧∇≦)

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************

■「肉洋食オオタケ」で昼ハンバーグ\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、すてきな新店を訪れて、幸せな気分のエリーでございます。

img_6067-jpga

●「肉洋食オオタケ」さんという初めてのお店へ。
10月21日(金)オープンされました。
和食店(「杢兵衛」さん)やフランス料理店(「ルナールブルー」さん)で修業された後、精肉店にも勤めて、好きで好きでしょうがないハンバーグを出すお店を始めたという、大竹康貴さんとマダムの世都子さんのお店です。
場所は二条通川端東入ル北側、カウンター4席、テーブル2卓で6席の、合計10席のこぢんまりかわいいお店です。

img_6078-jpga

●昼のハンバーグセット1500円。

追記:これはご飯とハンバーグの置き方が左右逆だそうです。いただいた時、一瞬逆か?と思いましたので、やっぱりそうだったのかと思いましたが、撮りやすくてわたしは別に問題なかったですよーん。
img_6081-jpga

●鉄鍋に入って熱々で供されて、つなぎなしのみっちり肉感あふれるハンバーグ、おいしかった\(^o^)/☆☆☆ 

img_6089-jpgc

●みっちり、びっしり詰まったハンバーグ「箸が折れるほど硬いハンバーグ」だそうです。

挽肉160gを使用、愛知県の段戸山(標高900メートル)の牛肉すね肉と、同じく愛知県の豚肉、田原ポークを使っていらっしゃるとのこと。だいたい6:4の比率だと。

img_6094-jpga

●ハンバーグはソースがひたひたで、これがまたおいしいわ(*_*)(*_*) わたしは最後白ご飯を投入してハヤシライスのようにしていただきました。

img_6117-jpga

●あまりにおいしく印象よかったので、夜のメニューから、クリームコロッケ1個を揚げていただきました。シンプルにベシャメルソースです。海老も蟹も肉も入っていないだけ、ピュアにクリームの味がわかっていいです。これもほんとーにおいしかったです。ミートソースがつくのですが、それももちろんおいしかったけれど、このコロッケだけで味が完成していました。

img_6104-jpga

●夜のメニューを見せていただきました。ステーキよりもハンバーグが先に来るおもしろい構成のメニューブックの他、黒板書きもあります。

img_6105-jpga

●カウンターの眺めはこんなです。店主の大竹康貴さんは「カフェのマスター」という風情でいたいのだそうです。なかなかの美貌で、ただいま34歳と。ゆくゆくは、牛を一頭買いしてさばいて全部出すっていうのをやりたいって。肉は大きな塊がいいって(^o^)(^o^)/

img_6122-jpga■ 非常に感じのいいシェフ&マダム、お料理おいしくて、これは間違いなくはやります。
ひとつ、カウンターの椅子の座り心地がよくないこと(笑)を直したら、申し分なくよいと思いました。
■ この人が言うなら間違いないというおすすめがあったので、すぐに行ってほんとよかった☆☆☆。
ザ・リッツ・カールトン京都「水暉」のお寿司の射場智左季ちゃんがある方のおすすめを受けて、二条大橋をひょいと超えて食べに行ったらすごくよかったんだって。こうして、いい評判は激速マッハのスピードで広がるのでした\(^o^)/\(^o^)/
わたしもさっそく取材2件の打診とお願いをしてきました。
実り多いお昼でした\(^o^)/\(^o^)/
img_6063-jpga追記:初訪問から3日ほどして夜のメニューをいただきに行きました。

サラダ、肉グラタン、鶏肉のソテ、フライドポテト。飲み物はペリエ。

img_6270-jpga肉グラタン 1000円です。挽肉、ベシャメルソース、パン粉、チーズ。

*****************

追記(2017年2月)

日替わり定食の、鶏肉のクリーム煮です。おいしかったー\(^o^)/☆☆☆

IMG_0412.jpga IMG_0408.jpga IMG_0403

*****************
「肉洋食オオタケ」
電話 075-708-6085
京都市左京区二条通川端東入ル北側
(新先斗町120-2)
11:30~13:30LO・14:00閉店、
17:00~21:00LO・22:00閉店
定休日はまだ設けてないということです。
今年じゅうは休みなしでやりますとのこと。

追記:木曜定休にされたそうです。
もちろん全席禁煙です\(^o^)/\(^o^)/
2016年10月21日(金)開店

ウエブサイト
http://blog.livedoor.jp/hanbagu29/

*****************

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************

■「京都 中勢以 月」で新メニュー

■ 全国100万人の読者の皆さま、真夏に弱いダメエリーですが、特別おいしい牛肉でパワーチャージできたと思います。

IMG_1700.jpga IMG_1701.jpga■ 知恩院近く、白川のほとり、「中勢以」さんです。

■「中勢以 月(にくづき)」さんがメニューをリニューアル。
9月1日に新態勢でオープンされるとのことでしたが、試運転中のところをちょっとお邪魔してきました。
「中勢以 月(にくづき)」さんは2015年10月に「中勢以」の肉を食べられるお店として開店、ハンバーグを看板に、コロッケやメンチカツを提供してこられましたが、このたび東京から新シェフが着任。もともとイタリアン畑だった方で、イタリアンメニューが時々挟まれる肉料理店になりました。
今後は、
●アラカルトで注文可、同時にコースメニューもあります。
●メインはステーキを中心に、ハンバーグもあります。
●昼メニューも新たにできました。
IMG_1708■ 今回いただいたのは、まずビーフコンソメ、
IMG_1712.jpga■ その後ひと皿めにローストビーフに、カポナータ、野菜ピクルス。
IMG_1723.jpga IMG_1729.jpga IMG_1733.jpga■ 肉はハンバーグと、上ミスジ肉、内もも肉をいただきました。赤身で、きめ細やかで優美な舌触りです。もっと脂っぽいのが好きな方は、そちらの選択もあります。
IMG_1717 IMG_1718.jpga■ 合間にサラダ、熟成肉の挽肉ボローニャ風ミートソーススパゲティなど。

IMG_1737.jpga■ 牛肉たっぷりの赤ワイン煮でハヤシライス、山椒の香り。

■ デザートは抹茶のケーキに抹茶のババロア、フルーツは梨(秋栄)とぶどうの盛り合わせをいただきました。

IMG_1747.jpga■ 店主の加藤謙一さんが一杯ずつ淹れるカフェ、本当においしいです。

IMG_1751.jpga■ 当主(二代目)加藤謙一さん、髙島屋の地下のお惣菜とお弁当のお店に加えて、こちらのリニューアルで頑張っていらっしゃいます。メニューに関してはまだ考案中ということで、9月1日以降どうなるか楽しみです。
■ データも少し変わっています。以下が最新です。
**********************************
「京都 中勢以 月(にくづき)」

電話 075-748-1429
〒605-0068
京都市東山区稲荷町北組573
11:30~14:00LO・15:00閉店、17:00~21:00LO・22:00閉店
水曜定休だったけれど、月曜か火曜になりそう。
全席禁煙

中勢以

**********************************

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
それ以前の10年間の記録は

こちらです↓(4285記事)
関谷江里の京都暮らし」 
*****************