■「Harmonika-kyoto」で「キウイ/ヨーグルト/ハーブ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、同じメニューを違う日に改めて味わって、感動を新たにしたエリーでございます。

●「Harmonika-kyoto」さん、感動深くて訪問4回目。
これは「キウイ/ヨーグルト/ハーブ」1700円というメニュー。
いただくのは2回目なのだけど、
日によって、仕入れと店主さんの気分によって、少しずつ違うということがわかってよかったのでした。
自然の素材を使うのだから当然ですよね。

●前回と違ったのは、セージの葉を、最後に上から散らすだけでなくキウイソースの中にも入れているということ(それは説明を聞いて知ったことですが)と、最後に上からおろしてはらはらとトッピングしたのがすだちだったこと。そして、白ワイングラニテを作る時にライムのゼストをしのばせたらしいですけれど、それはわたしの味覚嗅覚では感知できないレヴェルのことでした。ごめん(*_*)(*_*)
●クレメダンジュは必要な甘さをそこはかとなく主張していて、白ワイン(リースリング)のグラニテはひたすらに芳香を放ち、ライチの泡は優美な口当たりを添えていました。キウイはこんな甘みと香りに囲まれて、喜んでいるという感じ。フルーツならではの甘みと酸味を存分に発揮していました。
この喜ばしい調和のひと皿\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
かんぺきなおいしさと思っていただきました。

●ちなみに、

前回いただいた同じメニューはこちらにあります

 

Harmonika-kyoto」さん、また伺います(^o^)/

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「Harmonika-kyoto」ハーモニカ 金柑/柑橘/柚子

■ 全国100万人の読者の皆さま、いいと思ったお店には何度でも出かけるエリーでございます。

感動深くて訪問3度目です。

移転されたばかりの、「Harmonika-kyoto」ハーモニカ さんです。

前回はこちら。)

●これは「金柑/柑橘/柚子」1700円というメニュー。
 
以下「Harmonika-kyoto」さんインスタグラム投稿から引用させていただいて、
(以下貼り付け)
*****************
金柑コンポート
日向夏
金柑たまたまエクセレントのエマンセ
エルブ
八朔のワタのピュレ
コンポートキュイソンのグラニテ
ライチのソース
*****************
(貼り付け以上です)
 
以下わたしの記録です。
店主の松本 泰(まつもとゆたか)さんに細部まで説明していただきました。
*****************
■まず見えているのが、
●金柑「たまたまエクセレント」(という商品名)の、極薄切りと、
●金柑のコンポートの極薄切り。
●泡泡の白いソースはライチ。
トッピングされているのが、花びらと、
●エルブ=ハーブです。この日は、
タイムの新芽と、ローズマリーの刻んだの。
●目の前でおろした、ふり柚子。
 
■下の、見えないところに、
●黄色いソースの状態で、はっさくと、日向夏のわた部分。
(苦味をアクセントとして与えている)
●ライチのブランマンジェ
(これがベースになっています)
●金柑のグラニテ
●日向夏の果肉
*****************
ものすごいお手間入りの作品です。
それぞれの味が響き合って、絶妙な調和を醸し出しています。
果物の、どの部分も使ってひと皿に生かそうとされています。
苦味すらちょっとしたアクセントとして使うことで、全体の味に奥行きができて、よいなあと思わせます。甘いだけではない・・・人生と同じです😂😂
 
★追記:
ショコラ風味濃厚なカヌレもいただきました。
とてもおいしかったです。外側がパリパリパリ、内側ねっとり。ものすごくショコラの香味。
飲んだのは、まずは上の柑橘デセールに合わせてリースリング、
その後、ショコラ風味に合わせて、コーヒーの、いちばん深煎りのものをとお願いしました。
神戸のお店から取り寄せている豆を使用とのこと。
これは間違いなく深煎りでしたが、結構酸味が感じられました。
「深煎りでも、酸味がある」、というのを、先日から2回続けて経験していて、そうか、深煎りだから酸味なしってわけではないのねと、今さらながら学びました。わたしはできれば酸味はない方がいいので、やはりここでは紅茶を選択するべきかなと。
(全くわたしの好みの問題ですので、コーヒーの酸味が好きな方は、わたしが書いていることはお忘れください。)
 
Harmonika-kyoto」さん、また伺います。
 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

関谷江里

■「Harmonika- kyoto」ハーモニカ、デセール専門店

■ 全国100万人の読者の皆さま、すてきな新店にオープン日に出かけて、瞠目の思いをしたエリーでございます。

2024年2月19日(月)オープン。

Harmonika-kyoto」ハーモニカ さんです。

●大和大路に面して、松原通りを下る、新しいマンションの1階にあります。

お祝いのお花がたくさん。中はさらにお花であふれていました。

どれほど祝福されているかがよくわかる、めでたい開店です。

●中はこんな風にすっきりしています。カウンター8席。テーブルもありますが、今はそこにのせきれないほどのお花でいっぱいの状態です。

●こんなメニューです。

●金柑タルト 時価。(この日は1800円。)

●焼きバナナ 800円。

以上は紅茶(アールグレイ)と共にいただきました。

上の写真に関する言い訳:カメラの設定が一瞬勝手に変わって(無意識にモニタ上のタッチタブを触ってモードを変えてしまっていたのでしょう(*_*)(*_*))、えらくポップな色調になってしまいました。ごめん<(_ _)> これでもだいぶ補正してマシにしたのです。やたら黄色い写真でごめんなさい。実物はもっときれいな色です。

日を改めて出直して、ホワイトバランスなども厳密にチェックしたカメラで撮影<(_ _)>

●キウイ/ヨーグルト/ハーブ 1700円。

紅茶(ダージリン)と共に。

キウイに、ナチュラルヨーグルトで作ったCrémet d’Anjou クレメダンジュ、白ワイングラニテ、キウイのピュレ、ライムの香り。ライチの泡。セージ、マイクロタイムなどなど。

ひたすらさわやーかな風味を味わいました。もうもう、気持ちのいい風が吹いて来るようなデセールでした。

 

●目の前で作りたて、味わい鮮烈なデセールが楽しめて、本当にすてきなお店です。
店主の松本 泰さんは、非常に細やかで精緻なお仕事をされるのに、お話しすると優しくて柔和な方で、そして記憶力がものすごくいいです(*_*)(*_*)

Harmonika-kyoto」さん、
また伺います(^o^)/

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************