■ 秋のあんかけうどん@「仁王門 うね乃」

■ 全国100万人の読者の皆さま、写真ため過ぎ人生のエリーでございます。

わらわらしているうちに日々がすっ飛ぶように過ぎて、こんなことでいいのだろうか?(いいやいいはずはない。)

●今週初めに伺った「仁王門 うね乃」さん、
季節もので、蟹身と海苔のあんかけうどん 2000円、
これ、うどんというよりお料理、
感涙うるうるに美味でした。
●熱々のあんかけに海苔が混ぜ込まれていい香り、そこにやわらかな蟹身がたっぷり合わされて、圧倒的に美味でした。
すだちが粋なアクセントになっています。
●今月末までだそうです。
仁王門 うね乃」さん、何をいただいても間違いなく美味ですが、とりわけこれはほんとーーにおいしく、季節限定でもありますから、ものすごくおすすめです。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

関谷江里

■ 冬瓜のうどん@「仁王門 うね乃」

■ 全国100万人の読者の皆さま、京都において、身体は麺類でできているエリーでございます。とりわけうどん\(^o^)/

■「仁王門 うね乃」さんの、季節限定のうどんです。
冬瓜のうす葛仕立て。
上品ながらしっかり味がしみた冬瓜に、鶏肉が優しい旨味が添えて、葛あんとろりんと。生姜がすてきなアクセントになって、これはおいしいわ\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
■ ちょうど食べやすい大きさ、透けた緑が美しい冬瓜でした。葛あんのなめらかな舌ざわりが天国的で、もちろん全飲みというか全すくいしていただきました。

■ 期間限定です。味わってみたい方は急ぎましょう。(わたしはひとつ前のコチュジャン冷やしうどんを食べそこねて残念で残念でしょうがないです。)

ただのうどんではなく、お料理・・・「仁王門 うね乃」さん、いつ伺っても、「ほんとーーーにおいしかった(^o^)/☆☆☆」と深い満足感に包まれて帰って来られるのがいいです。

■ 祇園祭の時期(前祭と後祭の間頃)、鱧のうどんをされるらしいです。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

関谷江里

■ 若竹うどん☆☆☆ @「仁王門 うね乃」

■ 全国100万人の読者の皆さま、「仁王門 うね乃」さんで季節ものの若竹うどんをいただいたエリーでございます。
先日目指して出かけて売り切れだったものを、目標通りいただけて深く満足。

●若竹のお椀・うどん入りという感じで、これ完全にお料理です。お値段は2000円ですが、その価値は十分過ぎるほどあります。見えている筍の下に、まだ筍がひそんでいるのです。筍は甘くて柔らかくて、けれど必要な噛みごたえがあって心地よく、理想的でした。
わかめも柔らかでとろとろ、真っ白に近い糸かつおと木の芽が旨みと香りを添えて、もうもうもう、
ほんとーーーーーーーーーにおいしかった☆☆☆☆☆☆

●ごく短い期間のものですから皆さん急いでください。(ゴールデンウィーク頃までされるそうです。)

●「仁王門 うね乃」さんは昼は15時まで、夕方は16:30開店で19時まで。わたしは16:30ぴったりに入っていただきました。
天国に来ちゃったよね、もう「帰らぬ人」になっちゃったよねと同行者と言いながら、めちゃくちゃご機嫌になった一品でした。

●おだしはもちろん全飲みいたしました。かんぺきに美味で、思い出すだけでうっとりできる、若竹うどんでした。

*****************

●若竹うどんを目標に出かけて売り切れだった日。
ではずっと食べたかったかき揚げうどんをいただきましょう~♪

桜海老の大きなかき揚げ(子供の頭くらいある)が別添えされているうどんです。1400円。

●天ぷらはバリバリのサクサク、おだしとうどんはいつもながら優雅な味で、
これもまた、比類なくおいしかったです\(^o^)/\(^o^)/

仁王門 うね乃

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「仁王門 うね乃」青海苔/きつねカレー

■ 全国100万人の読者の皆さま、うどん愛明確なエリーでございます。

仁王門 うね乃」さんの期間限定・青海苔うどん。

●おいしかったおいしかったおいしかったー(^o^)(^o^)/☆☆☆
あんにたっぷりの生青海苔。すごく香りよくて、もともとおいしいあんかけが、さらに強烈に美味になっています。
あとまだしばらくいただけるみたいです。

●香りのよさに陶然としながら青海苔あん全すくい全飲みしました。天国ですー!

*****************

●青海苔うどんの感動さめやらぬ3日ほど後の夕方、近くを通りかかり吸い込まれるように店内へ。ラッキーにも最後の1名分を残すのみというタイミングでした。

●ここで食べたことがないものは?と考えて、こちらでは初めてのカレー味、
刻みきつねとねぎのカレーうどん\(^o^)/\(^o^)/

●おだしの香味を生かしたカレーうどんすばらしいと思いました。
お揚げとねぎたっぷり。うまうま(T_T)(T_T)

●少し細めでなめらかで、本当にこのうどん好きです。カレー味にもよくなじんでいました。

●ただ、刻みきつねで、甘きつねではなかったので、
別においなりさんを1かん注文。甘いお揚げ絶対食べたいもん。
甘いお揚げに合うお酢使いで、コントラスト鮮やか。
尋ねたら、飯尾醸造ということです。好きな人はすごく好きなあの富士酢ですね。

●いつもかわいいどんぶりは鳥獣戯画がベースなんだけど、かつお節を持っていたりうどん食べていたり、遊びがあって楽しいです(^o^)(^o^)/

仁王門 うね乃」さん、また伺います。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 酒粕うどん@「仁王門 うね乃」

■ 全国100万人の読者の皆さま、わたしの身体はうどんでできていると思うエリーでございます。本当にうどんが好きです。

IMG_1371.jpga

■「仁王門 うね乃」さんの、2月限定の酒粕うどん

これ熱々で、濃厚で、食感いろいろで、問答無用においしいわーーー\(^o^)/\(^o^)/

IMG_1378.jpga

■ 細めの優美なうどんに、具材たっぷりで食べ応えがあり、おつゆは全飲みできます。風味豊か、身体ぽかぽかに温まって、ただおいしさのかたまりと思いました。

IMG_1367.jpga

■ こんなです。2月末までですから、食べたい人は走って行きましょうー\(^o^)/\(^o^)/

仁王門 うね乃」さん、また伺います。<(_ _)>

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 白味噌うどん@「仁王門 うね乃」

■ 全国100万人の読者の皆さま、これをいただいてものすごくご機嫌になったエリーでございます。

仁王門 うね乃」さんの、1月限定の白味噌うどんです。

img_8926-jpgb

●そろりと丁寧に供されます。糸かつおがふわふわ揺れています。とろりんとした白味噌だし、もう見ただけでおいしそうでたまらないです。

img_8923-jpga

●これです。白味噌うどん 1500円。お雑煮のようなうどんです。うどんが好きなわたしにはこれ理想的です。

img_8930-jpga●こんな感じで、金時人参、大根、かしら芋も、丸くくりぬかれています。中にはお揚げが思いのほかという感じでたっぷり入っていて、風味を添えていました。

仁王門 うね乃」さん、人気でいつも満席状態ですが、なんとか空席がありそうな時間をめがけてまた伺います。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 年越しみぞれうどん@「仁王門 うね乃」

■ 全国100万人の読者の皆さま、うどんが好きでしょうがないエリーでございます。年越しうどん@「仁王門 うね乃」さんです。冬季限定のみぞれうどんをいただきました。

img_8612-jpga

■ これです。本当にシンプルだけど、ものすごーーーーーくおいしいと思って熱中状態でいただきました。

img_8610-jpga

■ 書いてある通りです。とろとろのあんになったおだしに大根おろしがたっぷり入っているのです。

img_8616-jpga

■ こんな感じです。熱々のとろとろで、だしがこの上なく上品です。精緻な味と言っていいと思う。完璧なおいしさでした。

img_8618-jpga■ うどんがまた細めで優美な舌ざわり。それでいてちゃんとこしもあるのです。これは天国でした。

店長の大岩綾子さん、料理長の髙橋集一さん、いつも本当においしくて優しいサーヴィスで、いいお店やっていらっしゃると思います。いつも行列でなかなか入れないのですが(わたしは行列見たら即諦めるので)、「仁王門 うね乃」さん、また時々伺います。

2017年の年始の営業は、1日は休み、2日から営業されるとのことです。
1月2日〜4日 11:30〜16:30LO
5日 定休日
6日~ 通常営業(11:30~15:00LO、16:30~19:00LO)

★とりあえず2016年のアップはここまでです。まだ出しきれていなくて、年を越しますが追って上げていきますー!

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ きつねうどん@「仁王門 うね乃」

■ 全国100万人の読者の皆さま、きつねエリーでございます。きつねうどんが極端に好きで、忙しい時ほどきつねうどん偏愛者になります。

img_7033-jpga

■ 少し前の写真ですが「仁王門 うね乃」さんのきつねうどん 850円です。甘きつねはやってないということで、きざみきつねと九条ねぎのうどん。あくまでおだしの味尊重の「うね乃」さんゆえ、おだしが本来のおだしの味以上に甘くなってしまうことがないように、ということだと思います。

img_7037-jpga

■ でもこれもおいしいわ☆☆☆ うどん細めです。非常になめらか、口当たりよし。すごくすごくおいしい(T_T)(T_T) おだし全飲みです。
きつねうどんの写真を見ながら今のわたし、「仁王門 うね乃」さんの季節限定のうどんを食べに行きたくてしょうがないです。

img_7040-jpga■ 甘きつねうどんはなくても、おいなりさんがあるんですよっと♪ 1貫150円。しっとり甘いお揚げをこれで味わって、とても満足しました。

仁王門 うね乃」さん、近日中にまた伺います(^o^)(^o^)/

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

 

■「仁王門 うね乃」 茸の鍋焼きうどん

■ 全国100万人の読者の皆さま、5日は終日取材と撮影に回ったエリーでございます。合間の幸せなお昼・・・

img_3941-jpga

■ 「仁王門 うね乃」さんで、秋季限定 茸と菊菜の鍋焼き仕立て 1800円です。
ふわあああと茸の香りが立ちのぼります。なめこやしめじなど茸で覆い尽くされたうどんです。菊菜の鮮やかな緑に、柚子の黄色で見た目もきれい。でもこのうどんは何より、香り、香り、香りです。中に鶏肉(丹波地鶏)も仕込まれていて、それがまた旨みを足しています。いやこれはおいしかったわ・・・☆☆☆

img_3921-jpga■ 季節の限定うどん、いつも強烈で楽しいです。けれどメニューを眺めていたら、普通のたまごとじだとか、たぬき(=きつねのあんかけ)とか食べたくてしょうがなくなりました。こちらにおいてはおだしとうどん、具材が完璧なバランスで1杯の天国になっていて、ほんとーーにおいしいからです。また伺います<(_ _)><(_ _)>

仁王門 うね乃

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************

■「仁王門 うね乃」の梅昆布うどん

■ 全国100万人の読者の皆さま、このうどんに感動したエリーでございます。わりと最近のある午後に伺った、「仁王門 うね乃」さんです。

img_2590-jpga

■ 冷製の、梅昆布うどん 1000円。

img_2588-jpga

■ 濃いめのつゆをかけて食べると思っていたら違った・・・
冷やしものの中ではこれだけ、冷たい、飲めるおだしをひたひたに張ったうどんに今年からなったとのこと。

img_2591-jpga

■ 大量のとろろ昆布がうどんにからみ、まるであんかけのような食感なのです。おいしいったらありません。(T_T)(T_T)
梅肉の酸味もほどよく、少し細めのうどんはつるつるなめらか、もちろんおだし全飲みです。
これ激しく好きと思いました☆☆☆
仁王門 うね乃」さん、伺うごとに新しい味があって、飽きることがありません。

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
それ以前の10年間の記録(4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************