■ クラブエリー@「仁王門 うね乃」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー大好評でうれしいエリーでございます。

●6月19日(火)はクラブエリーを、「仁王門 うね乃」さんにお願いしました。お料理+うどん(3種類から選択)でコースを組んでいただきました。いついただいてもほんとーーーにおいしいお店ですから、皆さんに喜んでいただけると確信して開催。「おだしを堪能しました」って皆さんに言っていただき、大好評でよかったー(^o^)(^o^)/☆☆☆

●献立はこんなでした。お料理順番にいきます。

(この南瓜饅頭の写真のみ、撮影は参加者のヒロコさんです。)

●うどんは3種類から選択で、まず冬瓜の薄葛仕立て

●肉ねぎうどん

●甘ぎつねと大和芋の冷製

●甘味で締め。シンプルに寒天と小豆です。

●クラブエリーを始めたばかりの2014年の秋にも一度お願いしたのだけど、あの時は8名だけで、もっと料理もコンパクトでした。今回1階2階貸し切り16名で開催、その場で秋にまたやることが決定しました。また来たいと思っていただけて、心からよかった(^o^)(^o^)

●開催と同日の夜に、わたしも肉ねぎうどんと賀茂茄子田楽冷製を食べに行きました。
うどんの方は、いつもの脂身の多い牛肉ではない、別途取り寄せていただいた牛肉を使ったもので、贅沢感がありました。冷製の賀茂茄子田楽は、炊いてだしを含ませた賀茂茄子に、冷たい田楽味噌。これがまたうっとり美味、忘れがたいおいしさでした。「仁王門 うね乃」さん、気軽だけどおだしが本当においしいうどんと一品料理がいただけて、これはいつも行列なのわかるなあと改めて思ったのでした。

●店長の大岩綾子さん、仕事は正確無比、けれど笑顔を絶やさず、いつも愛嬌があってかわいらしい(^o^)(^o^)/

●店長の大岩綾子さん、料理長の髙橋集一さんに感謝。
参加してくださった方々にも感謝たくさんです。
食いしん坊で欲深いけれど、優しい方ばかり集まってくださって本当に喜んでいます。クラブエリーの奇跡と呼んでいます。

仁王門 うね乃」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「仁王門 うね乃」でちらしうどん

■ 全国100万人の読者の皆さま、暑いとすぐに茹だってしまい、ダメになるエリーでございます。ダメエリーが救われるために・・・

●「仁王門 うね乃」さんで季節の名物・冷やしちらしうどん\(^o^)/\(^o^)/

透明なおだしジュレが美味、目にも涼しくていい感じ。

●冷やしメニューはこんなです。

●ひたひたとおだしをかけて、

●少しくずしていただきました。
具材たっぷりで、いいもの食べたなーと幸せな気分になりました。
ほんとおいしかった(^o^)(^o^)/☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「仁王門 うね乃」で季節の天ぷら

■ 全国100万人の読者の皆さま、「仁王門 うね乃」さんが大好きなエリーでございます。とりわけ季節の限定うどんが大好きですが、

●この日はお料理をいただいてみることにしました。

●水菜とせりのお浸しは、

●ぱっと見た時より中はみっちりたっぷり盛られていて、食べ応えがありました。せりや水菜にお揚げや削り節がよく合って、おだしもよくなじんで、シンプルなお皿ながらこれはおいしいわー(T_T)(T_T)

●天ぷらは春の山菜に筍、ほたるいか。山菜は、こしあぶら、たらの芽、ふきのとう、こごみ。

とりわけ山菜が口当たりサクサクサクで、香りが生きていて、これもものすごくおいしかったです。

●うどんはお揚げものを食べたくて、カレーも食べたくて・・・となればきつねカレーでしょう\(^o^)/\(^o^)/

●つやつやカレーうどんに、九条ねぎとお揚げたっぷりです。

先日の葱みっちりのうどんと同じ九条ねぎです。これは旨いわ止まらんわww

●「仁王門 うね乃」さん、また伺います(^o^)/☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「仁王門 うね乃」の葱うどん

■ 全国100万人の読者の皆さま、先日の若竹うどんの後、再び「仁王門 うね乃」さんに伺ったエリーでございます。

先日のクラブエリー終了後に、一路東を目指して「仁王門 うね乃」さんへ。これです。

●商品名「お葱うどん」。

若竹うどんの時に話を伺い、必ず食べに来ようと決めていた葱が主材料のうどんです。
九条ねぎがみっちり入って、生姜がアクセントというシンプルさ。

●この九条ねぎ、本当に九条のある農家で大切に作られた九条ねぎを毎週取りにいらしているということで、甘みがあり実に柔らかい。春のこんな季節でさえこんなに甘いなら、本当に寒い、いちばんねぎのおいしいシーズンならどうなるんだろうと思いました。

●もちろんおだしも全飲みいたしました。おいしかったなあ(T_T)(T_T) 

知り合いの方複数に会えた、うれしかった「仁王門 うね乃」さんでした。また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「仁王門 うね乃」の若竹うどん

■ 全国100万人の読者の皆さま、「仁王門 うね乃」さんのこれが待ち遠しかったエリーでございます。

●春めいてきた日からとても待っていた、季節限定の若竹うどん 2000円。
3月末から毎日「仁王門 うね乃」さんのページをまだかまだかと見ていました。
筍がみっちりのせられて、やわやわとろとろのわかめに、まぐろ節と木の芽で理想的なおいしさ。たっぷりのおだしが香りよく美味で、もちろん全飲みしました。

●(木の芽の下、)血合いを抜いたまぐろ節がまた香りを添えて、まぐろ偉いなあと改めて。

うどんというよりお料理をいただきに出かけた感じです。
筍は長岡京のもので、毎年決まった農家さんからもらっていて、それ以外ではやらないとのこと。今年はその筍が遅かったからスタートも遅れたとのこと。そのかわり5月初旬くらいまで楽しめるということでした。
●違う素材の話も聞いて、それをどうしても食べたくなりました。「仁王門 うね乃」さん、また近日中に改めて出かけます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 熱々もの:「仁王門 うね乃」で酒粕うどん

■ 全国100万人の読者の皆さま、「仁王門 うね乃」さん大好きなエリーでございます。

●今回は2月限定の酒粕うどんです。

●ほわーっと湯気湯気で香味濃厚、
ほんとーーーに温まりました。\(^o^)/\(^o^)/

●具材がぎっしり入っています。とりわけせりの食感と香りがたまらなくいいアクセントになっています。

●しみじみおいしかった、幸せになりました。
おだし全飲みしました。
仁王門 うね乃」さん、また必ず伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録歓迎\(^o^)/

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■ 秋のあんかけうどん@「仁王門 うね乃」

■ 全国100万人の読者の皆さま、写真ため過ぎ人生のエリーでございます。

わらわらしているうちに日々がすっ飛ぶように過ぎて、こんなことでいいのだろうか?(いいやいいはずはない。)

●今週初めに伺った「仁王門 うね乃」さん、
季節もので、蟹身と海苔のあんかけうどん 2000円、
これ、うどんというよりお料理、
感涙うるうるに美味でした。
●熱々のあんかけに海苔が混ぜ込まれていい香り、そこにやわらかな蟹身がたっぷり合わされて、圧倒的に美味でした。
すだちが粋なアクセントになっています。
●今月末までだそうです。
仁王門 うね乃」さん、何をいただいても間違いなく美味ですが、とりわけこれはほんとーーにおいしく、季節限定でもありますから、ものすごくおすすめです。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 冬瓜のうどん@「仁王門 うね乃」

■ 全国100万人の読者の皆さま、京都において、身体は麺類でできているエリーでございます。とりわけうどん\(^o^)/

■「仁王門 うね乃」さんの、季節限定のうどんです。
冬瓜のうす葛仕立て。
上品ながらしっかり味がしみた冬瓜に、鶏肉が優しい旨味が添えて、葛あんとろりんと。生姜がすてきなアクセントになって、これはおいしいわ\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
■ ちょうど食べやすい大きさ、透けた緑が美しい冬瓜でした。葛あんのなめらかな舌ざわりが天国的で、もちろん全飲みというか全すくいしていただきました。

■ 期間限定です。味わってみたい方は急ぎましょう。(わたしはひとつ前のコチュジャン冷やしうどんを食べそこねて残念で残念でしょうがないです。)

ただのうどんではなく、お料理・・・「仁王門 うね乃」さん、いつ伺っても、「ほんとーーーにおいしかった(^o^)/☆☆☆」と深い満足感に包まれて帰って来られるのがいいです。

■ 祇園祭の時期(前祭と後祭の間頃)、鱧のうどんをされるらしいです。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 若竹うどん☆☆☆ @「仁王門 うね乃」

■ 全国100万人の読者の皆さま、「仁王門 うね乃」さんで季節ものの若竹うどんをいただいたエリーでございます。
先日目指して出かけて売り切れだったものを、目標通りいただけて深く満足。

●若竹のお椀・うどん入りという感じで、これ完全にお料理です。お値段は2000円ですが、その価値は十分過ぎるほどあります。見えている筍の下に、まだ筍がひそんでいるのです。筍は甘くて柔らかくて、けれど必要な噛みごたえがあって心地よく、理想的でした。
わかめも柔らかでとろとろ、真っ白に近い糸かつおと木の芽が旨みと香りを添えて、もうもうもう、
ほんとーーーーーーーーーにおいしかった☆☆☆☆☆☆

●ごく短い期間のものですから皆さん急いでください。(ゴールデンウィーク頃までされるそうです。)

●「仁王門 うね乃」さんは昼は15時まで、夕方は16:30開店で19時まで。わたしは16:30ぴったりに入っていただきました。
天国に来ちゃったよね、もう「帰らぬ人」になっちゃったよねと同行者と言いながら、めちゃくちゃご機嫌になった一品でした。

●おだしはもちろん全飲みいたしました。かんぺきに美味で、思い出すだけでうっとりできる、若竹うどんでした。

*****************

●若竹うどんを目標に出かけて売り切れだった日。
ではずっと食べたかったかき揚げうどんをいただきましょう~♪

桜海老の大きなかき揚げ(子供の頭くらいある)が別添えされているうどんです。1400円。

●天ぷらはバリバリのサクサク、おだしとうどんはいつもながら優雅な味で、
これもまた、比類なくおいしかったです\(^o^)/\(^o^)/

仁王門 うね乃

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「仁王門 うね乃」青海苔/きつねカレー

■ 全国100万人の読者の皆さま、うどん愛明確なエリーでございます。

仁王門 うね乃」さんの期間限定・青海苔うどん。

●おいしかったおいしかったおいしかったー(^o^)(^o^)/☆☆☆
あんにたっぷりの生青海苔。すごく香りよくて、もともとおいしいあんかけが、さらに強烈に美味になっています。
あとまだしばらくいただけるみたいです。

●香りのよさに陶然としながら青海苔あん全すくい全飲みしました。天国ですー!

*****************

●青海苔うどんの感動さめやらぬ3日ほど後の夕方、近くを通りかかり吸い込まれるように店内へ。ラッキーにも最後の1名分を残すのみというタイミングでした。

●ここで食べたことがないものは?と考えて、こちらでは初めてのカレー味、
刻みきつねとねぎのカレーうどん\(^o^)/\(^o^)/

●おだしの香味を生かしたカレーうどんすばらしいと思いました。
お揚げとねぎたっぷり。うまうま(T_T)(T_T)

●少し細めでなめらかで、本当にこのうどん好きです。カレー味にもよくなじんでいました。

●ただ、刻みきつねで、甘きつねではなかったので、
別においなりさんを1かん注文。甘いお揚げ絶対食べたいもん。
甘いお揚げに合うお酢使いで、コントラスト鮮やか。
尋ねたら、飯尾醸造ということです。好きな人はすごく好きなあの富士酢ですね。

●いつもかわいいどんぶりは鳥獣戯画がベースなんだけど、かつお節を持っていたりうどん食べていたり、遊びがあって楽しいです(^o^)(^o^)/

仁王門 うね乃」さん、また伺います。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************