■ 冬瓜のうどん@「仁王門 うね乃」

■ 全国100万人の読者の皆さま、京都において、身体は麺類でできているエリーでございます。とりわけうどん\(^o^)/

■「仁王門 うね乃」さんの、季節限定のうどんです。
冬瓜のうす葛仕立て。
上品ながらしっかり味がしみた冬瓜に、鶏肉が優しい旨味が添えて、葛あんとろりんと。生姜がすてきなアクセントになって、これはおいしいわ\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
■ ちょうど食べやすい大きさ、透けた緑が美しい冬瓜でした。葛あんのなめらかな舌ざわりが天国的で、もちろん全飲みというか全すくいしていただきました。

■ 期間限定です。味わってみたい方は急ぎましょう。(わたしはひとつ前のコチュジャン冷やしうどんを食べそこねて残念で残念でしょうがないです。)

ただのうどんではなく、お料理・・・「仁王門 うね乃」さん、いつ伺っても、「ほんとーーーにおいしかった(^o^)/☆☆☆」と深い満足感に包まれて帰って来られるのがいいです。

■ 祇園祭の時期(前祭と後祭の間頃)、鱧のうどんをされるらしいです。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 若竹うどん☆☆☆ @「仁王門 うね乃」

■ 全国100万人の読者の皆さま、「仁王門 うね乃」さんで季節ものの若竹うどんをいただいたエリーでございます。
先日目指して出かけて売り切れだったものを、目標通りいただけて深く満足。

●若竹のお椀・うどん入りという感じで、これ完全にお料理です。お値段は2000円ですが、その価値は十分過ぎるほどあります。見えている筍の下に、まだ筍がひそんでいるのです。筍は甘くて柔らかくて、けれど必要な噛みごたえがあって心地よく、理想的でした。
わかめも柔らかでとろとろ、真っ白に近い糸かつおと木の芽が旨みと香りを添えて、もうもうもう、
ほんとーーーーーーーーーにおいしかった☆☆☆☆☆☆

●ごく短い期間のものですから皆さん急いでください。(ゴールデンウィーク頃までされるそうです。)

●「仁王門 うね乃」さんは昼は15時まで、夕方は16:30開店で19時まで。わたしは16:30ぴったりに入っていただきました。
天国に来ちゃったよね、もう「帰らぬ人」になっちゃったよねと同行者と言いながら、めちゃくちゃご機嫌になった一品でした。

●おだしはもちろん全飲みいたしました。かんぺきに美味で、思い出すだけでうっとりできる、若竹うどんでした。

*****************

●若竹うどんを目標に出かけて売り切れだった日。
ではずっと食べたかったかき揚げうどんをいただきましょう~♪

桜海老の大きなかき揚げ(子供の頭くらいある)が別添えされているうどんです。1400円。

●天ぷらはバリバリのサクサク、おだしとうどんはいつもながら優雅な味で、
これもまた、比類なくおいしかったです\(^o^)/\(^o^)/

仁王門 うね乃

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

関谷江里

■ 安くて旨くて禁煙で、「招福亭」

■ 全国100万人の読者の皆さま、新町通六条角にある麺類と丼の「招福亭」さんが大好きなエリーでございます。

発売中の料理通信 2017年5月号に出ていただいているお店です。

連載ページ、「安くて旨くて何が悪い?」です。

●この厚みのあるお揚げ見てよ。きつねうどんです。甘きつね。550円!

●ほんわか甘い、甘きつねです。

●元々茶そばが看板で、何も言わなければおそばで出てきます。これは冬のある日、気温が高くて冷たいものが食べたくなった日に、冷やしおろし780円。大根おろしたっぷりです。

●春先に冷え込んだ夜に、(何度もアップしているけれど)大好きな福なべ980円。味噌仕立て、豆腐入り、野菜たっぷりです。

●蓋を開けた瞬間は湯気湯気です。ものすごく温まります。

●ある日は肉うどん、650円。おだしに肉の旨みが染み出て、これはたまらなーい。

●少し細めのうどん大好きです。柚子のある頃は柚子がのせられて、ふわーと香り立ちます。

●溶き卵たっぷりの玉子とじ、560円。

●これもおいしいわ(T_T)(T_T) いつでも、おだし全飲みです。

●カレーうどんは、カレーというより、カレー風味のあんかけという感じです。

●普通に「あげカレー」というときざみきつねが出てくるので、これは甘きつねにしていただきました。幸せです\(^o^)/\(^o^)/

■ 本当に財布に優しいお店です。
アイドルタイムなしで11:00~20:00、
お正月とお盆だけを除いて、年中無休!
いつ伺ってもわんわんはやっています。
昨年10月に道を挟んで向かいに移転改装されてきれいになって、
カウンターが増設されたのでひとりでも気兼ねなく過ごせて、
さらにこのお店はもう50年も前から禁煙。
あまりにも偉いお店です<(_ _)><(_ _)>
■ 取材をお願いしようと決めてから、わたしだいぶ通いました。
メニューを10以上食べてから、これでよいかなとはじめて取材をお願いしました。通ううちに好きになって、話したくてしょうがなくなって、結局、ラジオ、TV、雑誌の順で出ていただきました。取材が終わってからもまた行きたい。幸せな例です♪

●本サイト内、2016年10月8日付 移転後の記事

●サイト内、なべやきうどん3種類

*****************

■ 追記、4月19日(水)

●わかめうどん630円に、刻みあげを足していただきました。+100円。

本当に値打ちがあります。また行きたいと思う「招福亭」さんです。

*****************
「六条 招福亭」電話 075-351-6111
京都市下京区新町通六条西南角
11:00~20:00少し前LO、20:00閉店、年中無休。
全席禁煙\(^o^)/\(^o^)/

2016年10月3日 移転オープン
*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「仁王門 うね乃」青海苔/きつねカレー

■ 全国100万人の読者の皆さま、うどん愛明確なエリーでございます。

仁王門 うね乃」さんの期間限定・青海苔うどん。

●おいしかったおいしかったおいしかったー(^o^)(^o^)/☆☆☆
あんにたっぷりの生青海苔。すごく香りよくて、もともとおいしいあんかけが、さらに強烈に美味になっています。
あとまだしばらくいただけるみたいです。

●香りのよさに陶然としながら青海苔あん全すくい全飲みしました。天国ですー!

*****************

●青海苔うどんの感動さめやらぬ3日ほど後の夕方、近くを通りかかり吸い込まれるように店内へ。ラッキーにも最後の1名分を残すのみというタイミングでした。

●ここで食べたことがないものは?と考えて、こちらでは初めてのカレー味、
刻みきつねとねぎのカレーうどん\(^o^)/\(^o^)/

●おだしの香味を生かしたカレーうどんすばらしいと思いました。
お揚げとねぎたっぷり。うまうま(T_T)(T_T)

●少し細めでなめらかで、本当にこのうどん好きです。カレー味にもよくなじんでいました。

●ただ、刻みきつねで、甘きつねではなかったので、
別においなりさんを1かん注文。甘いお揚げ絶対食べたいもん。
甘いお揚げに合うお酢使いで、コントラスト鮮やか。
尋ねたら、飯尾醸造ということです。好きな人はすごく好きなあの富士酢ですね。

●いつもかわいいどんぶりは鳥獣戯画がベースなんだけど、かつお節を持っていたりうどん食べていたり、遊びがあって楽しいです(^o^)(^o^)/

仁王門 うね乃」さん、また伺います。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 祇園の、「京うどん 辰巳」

■ 全国100万人の読者の皆さま、うどん好きのエリーでございます。

●週末、3月18日に開店した「京うどん 辰巳」さんへ。
祇園・新橋通、辰巳大明神の前というか、道をはさんで向かいにあります。まず場所が、ものすごく祇園☆☆☆

「ぎをん 華苑」という夜のお店の、お昼時間を借りて営業されていて、11:30~14:30LO・15:00閉店とのこと。

●メニューは肉とカレーと九条ねぎの組み合わせで構成されていて、とてもシンプルです。

●お箸置きが工夫されていました。裏側がショップカードにもなっているから、汚さず持って帰ってきました。

●牛肉うどんを注文しました。
タピオカを練り込んで製麺してもらっているといううどんはつるつると舌ざわりよし☆☆☆ ねぎたっぷり。おだしもおいし。ひらひらの牛肉も惜しげなく入っていて満足度高いうどんでした。何より、脂身をトルにしていただけてうれし。

●どのうどんを注文しても、別皿で九条ねぎのかき揚げがついてきます。塩味ほどよく、サクサク加減も好きだったので、わたしはおだしに浸さずいただきましたが、(いろいろなものをわたしはできるだけ混ぜたくない、)浸すと旨みが染み出るので推奨だそう。

●おだし全飲みでいただきました。

●カレーうどんもおいしそうでした。次回伺ったら、これをいただきましょう~

●店主の山口哲史さん、そして偶然会えて喜んだ都木里江子ちゃんでした\(^o^)/\(^o^)/ 哲史さんと里江子ちゃんは以前からの知り合いだったみたいです。
*****************
「京うどん 辰巳」
京都市東山区新橋通花見小路西入ル北側(元吉町57-1)
電話 090-1131-0921
11:30~14:30LO・15:00閉店
不定休
カウンター10席
全席禁煙

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 酒粕うどん@「仁王門 うね乃」

■ 全国100万人の読者の皆さま、わたしの身体はうどんでできていると思うエリーでございます。本当にうどんが好きです。

IMG_1371.jpga

■「仁王門 うね乃」さんの、2月限定の酒粕うどん

これ熱々で、濃厚で、食感いろいろで、問答無用においしいわーーー\(^o^)/\(^o^)/

IMG_1378.jpga

■ 細めの優美なうどんに、具材たっぷりで食べ応えがあり、おつゆは全飲みできます。風味豊か、身体ぽかぽかに温まって、ただおいしさのかたまりと思いました。

IMG_1367.jpga

■ こんなです。2月末までですから、食べたい人は走って行きましょうー\(^o^)/\(^o^)/

仁王門 うね乃」さん、また伺います。<(_ _)>

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「よ~いドン!」おすすめ3、2月10日 放送分

■ 全国100万人の読者の皆さま、今月もカンテレの「よ~いドン!」のおすすめ3で、激しくおすすめしたエリーでございます。

2月10日(金)放送、寒い今こそ味わいたい、熱々、はふはふの料理です。

yoooidon

今回はこれらの3軒のお店にお世話になりました<(_ _)>

(以下50音順です)

*****************

●「京のつくね家」さん スープ雑炊
●「招福亭」さん 福なべ

●「肉洋食オオタケ」さん(日替わりから)鶏のクリーム煮
*****************
IMG_9728.jpga

●「京のつくね家」さん スープ雑炊です。1080円。

IMG_9722.jpga

●全体はこんな。大きなお椀に入った状態でが供されます。

IMG_9729.jpga

●こんな感じで大きな鶏肉が何切れか入っていました。

IMG_0572.jpga IMG_0573.jpga

■ こちらはまた別の日にいただいた、スープとたまごかけご飯のセットです。1080円。スープはコラーゲンとろとろをはっきり感じさせるほど濃厚、それでいて澄んだ味わいでした。ほんとーーに温まりました。

IMG_9720

■鶏肉と卵を使った料理の、ごく気軽な専門店です。

**********************************

さて「招福亭」さんです。

IMG_7122.jpga

●冬期だけのお楽しみ、福なべ 980円。

昨秋移転直後のお店紹介の投稿

**********************************

■ 開店するなり人気になってしまった「肉洋食オオタケ」さんです。
IMG_0412.jpga

●鶏肉のクリーム煮、ある日の日替わりのメニューにありました。野菜も鶏肉もごろんと大ぶりで、食べ応えがありました。温まりました\(^o^)/\(^o^)/

本サイト内でこのお店の初出はこちら

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 白味噌うどん@「仁王門 うね乃」

■ 全国100万人の読者の皆さま、これをいただいてものすごくご機嫌になったエリーでございます。

仁王門 うね乃」さんの、1月限定の白味噌うどんです。

img_8926-jpgb

●そろりと丁寧に供されます。糸かつおがふわふわ揺れています。とろりんとした白味噌だし、もう見ただけでおいしそうでたまらないです。

img_8923-jpga

●これです。白味噌うどん 1500円。お雑煮のようなうどんです。うどんが好きなわたしにはこれ理想的です。

img_8930-jpga●こんな感じで、金時人参、大根、かしら芋も、丸くくりぬかれています。中にはお揚げが思いのほかという感じでたっぷり入っていて、風味を添えていました。

仁王門 うね乃」さん、人気でいつも満席状態ですが、なんとか空席がありそうな時間をめがけてまた伺います。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 年越しみぞれうどん@「仁王門 うね乃」

■ 全国100万人の読者の皆さま、うどんが好きでしょうがないエリーでございます。年越しうどん@「仁王門 うね乃」さんです。冬季限定のみぞれうどんをいただきました。

img_8612-jpga

■ これです。本当にシンプルだけど、ものすごーーーーーくおいしいと思って熱中状態でいただきました。

img_8610-jpga

■ 書いてある通りです。とろとろのあんになったおだしに大根おろしがたっぷり入っているのです。

img_8616-jpga

■ こんな感じです。熱々のとろとろで、だしがこの上なく上品です。精緻な味と言っていいと思う。完璧なおいしさでした。

img_8618-jpga■ うどんがまた細めで優美な舌ざわり。それでいてちゃんとこしもあるのです。これは天国でした。

店長の大岩綾子さん、料理長の髙橋集一さん、いつも本当においしくて優しいサーヴィスで、いいお店やっていらっしゃると思います。いつも行列でなかなか入れないのですが(わたしは行列見たら即諦めるので)、「仁王門 うね乃」さん、また時々伺います。

2017年の年始の営業は、1日は休み、2日から営業されるとのことです。
1月2日〜4日 11:30〜16:30LO
5日 定休日
6日~ 通常営業(11:30~15:00LO、16:30~19:00LO)

★とりあえず2016年のアップはここまでです。まだ出しきれていなくて、年を越しますが追って上げていきますー!

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「招福亭」のなべシリーズ3つ

■ 全国100万人の読者の皆さま、冬は鍋焼きうどんが好きでしょうがないエリーでございます。

「招福亭」さんにおいては、鍋焼きうどんはこの3つ。福なべは以前も一度ご紹介した通り、味噌味ベースの、具材たっぷり、充実感のあるうどんです。

でも3種類あるなら全部いただいてみようではないの。テーマが決まると必ずコンプリートしたくなるわたしです。

11月末から時々伺って、福なべ、なべやき(肉入り)、なべやき(かしわ入り)という順番にいただきました。

img_7120-jpga

●これです。メニュー2ページめ(裏面)のいちばん最後にある鍋もの3つ。

img_7122-jpga

●11月下旬、今季2度目の福なべ。味噌味ベース、上にまた肉味噌。具材たっぷり、たまご入り。熱々ほかほかに身体が温まります。

img_7128-jpga

●うどん持ち上げです。少し細めでするするっとしてます。すごく好みです。

img_7600-jpga

●これは12月上旬に、牛肉入りです。

img_7604-jpga

●牛肉たっぷりと。

img_7603-jpga

●うどん持ち上げです。

img_8383-jpga

●こちらはつい先日の夜、LOの20時少し前に飛び込みました。お客さまがまだ他に3テーブルいらしてラッキー。(もしわたしひとりなら、申し訳なくてお鍋を頼めなかった。)

熱々の盛り盛りでほんとーにおいしいです☆☆☆

img_8386-jpga●かしわ(鶏肉)入りです。これは皮と脂をはずしていただいてます。

「招福亭」さんまた伺います。

*****************
「六条 招福亭」電話 075-351-6111
京都市下京区新町通六条西南角
11:00~20:00少し前LO、20:00閉店、年中ほとんど無休。
全席禁煙☆☆☆

2016年10月3日 移転オープン
*****************

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************