■「KYOTO BISTRO」の春メニュー

■ 全国100万人の読者の皆さま、パーク ハイアット 京都「KYOTO BISTRO」さんで、3月1日に始まった春メニュー、何度かに分けて味わったエリーでございます。

3月1週目半ばの夜、2週目の週末昼、3週目の半ば昼にいただいた記録です。

鮮魚のロースト(これは真鯛)ふきのとうとサフランのスープ

ふきのとうで、春の香味を目覚ましく感じさせました。ふんわり柔らかく仕上げられた真鯛に、サフランのスープが実に美味で、しみじみよかった(^o^)/

本鮪と春豆のサラダ 山葵とオリーヴのドレッシング

マッカなまぐろおいしかった\(^o^)/
春豆(いんげん、きぬさや、スナップえんどう)との組み合わせは風味も彩りも春らしくていい感じ(^o^)
わさびにアンチョヴィ入りのヴィネグレットソースがまぐろにも豆にもよく合って、、味わい鮮烈でした。

リングイニパスタ 春野菜と大葉ジェノヴェーゼ

●取り分けたもの。

今回のリングイニも大好きでした(^o^)☆☆☆
具材たっぷりで、かぶ、行者にんにく、うるい、クレソン、しば漬け。
本来バジルと松の実で作るところを、大葉と胡麻で作ったジェノヴェーゼということですが、本来のものとは全く別物で、これにはこれ独自のやみつき止まらない旨さがありました。全体に胡麻油もかけているのだと。しば漬けなんて思いもかけないものがアクセントになっていて口の中が驚いたのでした。
これ再びまたいただきたいと思います。多分繰り返しいただくと思います。

日吉ポークカツサンド グリーンサラダと

じっくり火を入れられた日吉ポークカツは歯が要らないと思うほど柔らかくて、この上なくきめ細やかな口当たり。それをカツにしたものをコールスローと合わせ、加減よくトーストしたパンと合わせてあります。付け合せにサラダかフリットかを選べます。

二年坂ヌードル(うどん)も春メニューになりました(^o^)/

白味噌仕立て。うどんは元「おうどん萬樹」の永田昌彦さんによるもの。
具材は「京豆腐 服部」さんのお揚げ、菜の花、三つ葉、新玉ねぎ。アクセントに紅生姜。

●山椒クリスピーライスと、七味唐辛子、大徳寺納豆が添えられていました。

味の変化を楽しめます。

これはもうもう、麺よく具材よく、おだし全飲みのおいしさでした。

●そしてデセールにはパリ二年坂 ですよー(^o^)/♪

クラブエリーから生まれた、京都の香味満載のお菓子です。

KYOTO BISTRO」さんの食後には、ぜひこれを召し上がってくださいね。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「KYOTO BISTRO」冬メニュースタート

■ 全国100万人の読者の皆さま、12月1日スタートの冬メニューをいただきに、12月1日と翌週明けてすぐの夜に出かけたエリーでございます。

(アップ遅い<(_ _)><(_ _)>)

パーク ハイアット 京都「KYOTO BISTRO」さんです。

●豆腐フムスとピタパン。これは前シーズンから継続のものです。

塩気のピタパンと、(本来ひよこ豆で作る)フムスがなめらかな豆腐製で、しかしスパイシーで、旨いったらありません。

●金柑とプロシュートのサラダ、グリュイエールのソース旨旨旨。

これはフルーツの部分が、季節で桃→洋梨→金柑と移り変わり、今は金柑の香味とプロシュートやグリュイエールの塩気が絶妙に調和して、風味絶佳というのです。たまらなく旨い(^o^)/
●これはスペシャルにお願いして作っていただいたもので、鴨のコンフィをばらして、サラダ仕立てにしたもの。
金柑と、千枚漬。鴨の旨みと塩気に、甘さと酸味が調和して絶妙でした。ほんとおいしかった(^o^)☆☆☆

●ピッツァ クアトロフォルマッジ、奈良漬をのせていて画期的です。発酵+発酵で旨さ増幅でずるいでしょうと。

フォルマッジは、
ロックフォール、グリュイエール、モッツァレッラ、パルミジャーノということ。

これはやみつき旨くて、ひとりで1枚、そのうち食べに参ります(^o^)/

●鮮魚のココット(これは鮭)。いぶりがっこの風味で独自のおいしさ(^o^)

野菜もたっぷりで、ポワローに蕪、れんこん、プティヴェール、にんじんなどなど。

夏のアクアパッツァとはまた違って、冬仕様です。

ものすごくおいしかった\(^o^)/☆☆☆

●これは先シーズンもありましたが、やみつき好きだから。

会食でみんなに食べてほしくて、赤味噌と山椒の香りのボロネーゼ。

●「萬樹」さんのうどんです。

商品名は二年坂ヌードルというのだけど、おだしも本格的なまぎれもないうどん。夏の具材が茄子だったのがれんこん餅になって、こっくりと深みあるおいしさに(^o^)☆☆☆

これ複数名で分けるという前提で作っていただいているので、多分れんこん餅が多め仕様だと思います。

●そして、とりわけ男子の皆さんに圧倒的人気のハンバーガー。

わたしはハンバーガーで目の色を変えることはないけれど、でもこれ確かにおいしいです。

これは定番メニューですが、

●添えられるフリットに、トリュフやらフォルマッジをトッピングしましたという贅沢ヴァージョン(*_*)(*_*)

●デセールにも、よく見たら先シーズンなかったものが加わっており、

●自家製パネトーネ 栗の蜂蜜

これ本当においしかった(T_T)(T_T)

ドライフルーツたっぷりのパネトーネを表面パリパリにカラメリゼしてあって、栗、ヘーゼルナッツ、そしてラムレーズンのアイスクリームがのっています。上から栗の蜂蜜。

●パネトーネだけで十分満足できそうなものを、二重三重においしさを重ねて、非常にリッチで贅沢なものにしています。

●そしてチュロス\(^o^)/

●とろりんとホットチョコレートのソースをつけていただきますよと(^o^)

これまた食べに行こうと思います。これだけでも食べたい(T_T)(T_T)

●シュークリームもノエル仕様になっていました。

●ちなみにこれが先シーズン。だいぶ入れ替わっているのがわかります。

*****************

一緒にいただいた方々に御礼です。

12月1日のJさんありがとう、

翌週の皆さんもありがとうございました<(_ _)> 

パーク ハイアット 京都「KYOTO BISTRO」さん、会の趣旨にふさわしい、優しいおもてなしをしてくださいました。御礼申し上げます<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「冨美家」あんかけうどん

■ 全国100万人の読者の皆さま、うどんが好き、おあげが好き、あんかけが好きなエリーでございます。まさにあんかけ+生姜の季節になってきました\(^o^)/\(^o^)/

あんかけうどんです。

先日のある夕方、少し寒くて、おだし、おだし、お揚げ、お揚げ~~という気持ちになって飛んで行った「冨美家」さんです。

堺町通、錦上ルの方のお店(本店)です。どちらも大好きだけど、錦の中にあるお店(錦店)とは少しメニューが違います。

●こういうものです。

ふくむとおだしがしみ出るきざみあげ・・・まさにその通りです\(^o^)/

●あんがとろりんとお揚げ、九条ねぎ、うどんにからんで、熱々で、染み入るようにおいしいのです(*_*)(*_*)
冨美家」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「KYOTO BISTRO」で鴨カレーうどん\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、またしてもメロメロになったエリーでございます。

今月訪問4回目の「KYOTO BISTRO」、パーク ハイアット 京都さんで、二寧坂ヌードル=「おうどん萬樹」さんのうどんです。
●今回は応用ヴァージョンで、
鴨のコンフィカレー風味のうどんです\(^o^)/☆☆☆

澄んだおだしでまずうどんを味わいます。

●ぺたんと平らで、おだしの風味を伝えてくれる麺です。

もうこれだけで十分幸せ、食べ続けていたくなりますが、

●しかしかたわらに、味変の役目をになった皆さんが控えています。

虎視眈々と登場の時を待ち構えています。
●これが問題のカレー鴨コンよ。( ̄○ ̄;)

鴨のコンフィをほぐほぐにほぐしたものにカレー風味をつけて、おだしを含ませたそうです。もうこれだけでワインが進みまくるような味なんだけど、これをうどんに投入せよと。
鴨コンカレーうどんにしたら・・・いやもう何これ、やみつきの味、そもそもおだしとうどんがおいしいのに、大好き鴨コンにカレー風味を足されて絶句する味わいです。
スパイシーなごぼうやら米のパリパリのトッピングも風味を添えて、
旨旨旨旨旨( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)旨旨旨旨旨
●おだし全飲みで楽しんだのでした。

強烈でした(*_*)(*_*)

*****************

順番が前後しますが、前菜にいただいたのがこれ、

●サーモン、中に細切りにした野菜が巻かれています。

ジュリエンヌっていうの?それより太い? アリュメットとかバトネとか、フランス料理における切り方の言葉が好きです(^o^)

*****************

りんご、セロリ、きゅうり、大根、コリンキー。

マスタードとはちみつのソース、

水切りヨーグルト(丸こいの)

ふり柚子

*****************
●デセールにこれ。タタン風・・・りんごではなく洋梨とのこと。下にサブレ生地、上にラムレーズンのアイスクリーム。アマランサスの葉。(合ってる?)砕いたナッツ。まわりぐるりとカラメルのソース。

●おいしかったー(T_T)

KYOTO BISTRO」さん、ほんと楽しくておいしい(^o^)☆☆☆

***************** 

これ以外にも今月は・・・

●野菜がわんさかのってくるピッツァ

●海老で○○を釣るパスタ

●チョリソー入り蟹コロッケ、たまごとろりん

●皮の下に紫蘇を、お尻に柚子を仕込まれた鶏肉ww

●禁断の蟹スープ、焼き蟹リゾット

●バターチキンカレーをピタパンと\(^o^)/

・・・こんなお料理をいただいており、次の投稿でアップいたします<(_ _)>

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「萬樹」のうどん@「KYOTO BISTRO」

■ 全国100万人の読者の皆さま、このうどんを楽しみにパーク ハイアット 京都「KYOTO BISTRO」さんに出かけたエリーでございます。

●「KYOTO BISTRO」秋メニュースタートです\(^o^)/

ということで、

楽しみにしていた「萬樹」さんのうどんです。
しかしうどんとは言わないの、二寧坂ヌードル というのが正式メニュー名なのでした<(_ _)><(_ _)>

●名店「おうどん萬樹」を以前祇園でやってらした永田昌彦さんによる、こちらのメニューのための麺に正統なおだしです。

ひらひらと平らな麺は口あたり優美です。

まずこのまま味わいまして、

●そこにクリスピーなトッピングやピリ辛きんぴらごぼうなどをのせて楽しんでねというものです。
前回試食でもいただいた3種類、

●赤味噌で味付け、唐辛子が効いたきんぴらごぼう
●長ねぎ、にんにく、生姜、実山椒、米などを揚げて、パリパリのふりかけにしたもの
●はちみつ漬けの梅をたたいたもの

さらに、

●「長文屋」さんの七味唐辛子
も添えられ、純和風にもアジアティックな風味にも食べられる、独特のうどんが誕生しました\(^o^)/

やみつき旨いの止まらんの。

●おだしはもちろん全飲みです。
二寧坂ヌードルは税込で1890円。
またいただきに伺います(^o^)/☆☆☆

●これが9月17日スタートの秋メニューです。

●で、順番逆になりますが、二寧坂ヌードル の前にいただいたのがこちらで、
スモークプロシュートと洋梨のサラダ

ロックフォールチーズ

●プロシュートは燻製香が粋、洋梨はコンポートしたのをグリルしてあってお手間入りのおいしさです。

ロックフォールのソースはそりゃ旨いでしょう~~~というもので、ああこれわたしリピートするだろうなあ(^o^)(^o^)

野菜はアンディーヴ、そして、ころんと見えているのはお芋に見えるけれどなんと椎茸でした(^o^)

ほんのり炊いてあって、わたしは常々こちらの椎茸使いがたまらなくよいなあと思っているのですが、

料理長の井料剛さんが椎茸やらえのきやら大好きと伺って、なるほどなあと(^o^)

シドニーのハイアット時代、えのき茸が日本円にして800円ほどもして(日本なら100円以下という感じのものなのに)それでも鍋ものの時などに買われて、ありがたみがわかられたのだそうです(^o^)(^o^)

ああほんと今回もおいしかった\(^o^)/

●こちらで飲むのは抹茶ソーダのレモンなし。

レモンがデフォルトで入っているのだけど、酸いのは人生だけでいい\(^o^)/ということで、甘くいきたいエリーでした。

そう、甘くてかわいいもので、

次、もう1記事「KYOTO BISTRO」さん続きます(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「KYOTO BISTRO」でお祭りのようなサラダ\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、「KYOTO BISTRO」@パーク ハイアット 京都さんで、先週末におもしろいものをいただいたエリーでございます。
*****************
1)口の中がお祭り騒ぎになるサラダ
2)まさかの正統派うどん(「おうどん萬樹」さんの麺に、おだしも直伝!!)、それがおもしろいトッピングでアジア麺みたいになるというもの。
*****************
●まずサラダです。
KYOTO BISTRO サラダ 枝豆のファラフェル 梅ドレッシング
というものです。

●写真を撮るために整えますよと。

ファラフェルは普通ひよこ豆製なのだけど、枝豆たっぷりで作ったのがまずおもしろいです。

そのファラフェルのエグゾティックな味を主旋律に、サラダにコリンキー、らっきょう、おくら、スナップえんどうと風味が楽しく、ディルやセルフイユが香りを添え、かぼちゃの種やオリーヴが食感のアクセントとなるというもの。そこに梅のドレッシング。

●世界の風味が集結で、何でもありだけど、絶妙な調和でものすごくおいしい(^o^)(^o^)/☆☆☆ 
口の中がぱーっと万華鏡になったみたいに香味が広がりはじけ、お祭り騒ぎになるという感じ。愉快になって何これ?と笑いながら食べているうちにあっという間にお皿はカラになります。
●そしてうどんです。
9月からメニューにのるものを試食させていただきました。完成したばかりの試作品ということ。

麺はいつもの「おうどん萬樹」さん、おだしも店主の永田昌彦さんの指導通りに仕立てたものということ。
●これだけいただけば、あまりに懐かしい「萬樹」さんのおうどんを思い出すわけですが、それで済まないのが「KYOTO BISTRO」さんですよっと\(^o^)/\(^o^)/
●トッピングが3種類添えられるのです。
●赤味噌で味付け、唐辛子が効いたきんぴらごぼう
●長ねぎ、にんにく、生姜、実山椒、米などを揚げて、パリパリのふりかけにしたもの
●はちみつ漬けの梅をたたいたもの
●のせてみたらこんな感じ。
もうもう、これは何なのだ?な味になり(とりわけパリパリふりかけ)、おもしろくて心を奪われました。
★うどんには美しい翡翠色の茄子と茗荷がのっていました。この部分はまた季節ごと変えていきたいということでした。

9月に正式に始まったら、これまたいただきに伺います。
★おだしも全飲みいたしました。幸せでした\(^o^)/

井料剛さんありがとうございました\(^o^)/\(^o^)/
*****************
●さらにさらに、止まらんナッツというのがあるのです。

スパイスナッツというのです。

ピーカンナッツ加工品。

スパイシーで、塩気も効いて、やめられない止まらない\(^o^)/\(^o^)/

●こちらは甘い味で、

スモーキーメープルナッツ といいます。

ほんわか甘くて後を引き、これもまたひとつまたひとつと止まらず食べてしまいます。

●ナッツはこの筒型のケース入りで、各1800円。甘辛セットで手みやげにしてもすてきです(^o^)/

KYOTO BISTRO」@パーク ハイアット 京都さん、また近いうちに\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「冨美家」錦店で白味噌うどん

■ 全国100万人の読者の皆さま、最近の寒かったある午後、気分にぴたりと合ったうどんをいただいてなごんだエリーでございます。

●錦小路通堺町角の「冨美家」さん錦店で、白味噌仕立てのうどんです。

豚肉ときのこの京白味噌うどん

きのこ3種類に豚肉、お揚げに九条ねぎ入り。やわやわうどんに白味噌だしがよく合って、滋味豊かでおいしいったらない。

おだし全飲みしましたよっと♪

●これね。

●おすすめうどんは他に 京湯葉と丹波しめじのあんかけうどん もあって(お店オープン時の記事)、またいただきたくなりました。

そもそも、行列でいつもごった返していて入れないお店だったのです。それが今、世の中のこの事態ですっと入れる状態で、わわ、ラッキー♪ と入店したのでした。席の間隔を空けながら営業していらして、限られたスペースながらしかしそれが満席で、やっぱり人気のお店でした。
冨美家」さん、また伺います(^o^)/

*****************

冨美家

電話 075-221-0354
京都市中京区錦小路通堺町西南角
11:00~17:30LO・18:00閉店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「仁王門 うね乃」最後の白味噌うどん

■ 全国100万人の読者の皆さま、名残惜しい「仁王門 うね乃」さんの最後のメニューをいただいてきたエリーでございます。

2020年12月30日をもって「仁王門 うね乃」さんは閉店されました。

あんなにあんなにはやっていたのに(T_T)(T_T)

●毎年年明けメニューとして楽しみだった 白味噌うどん を、12月28日(月)から30日(水)の、昼時間だけ供されました。

●細めでなめらかなうどん、本当に好きでした。

具材もたっぷり、大根、金時人参、かしら芋、お揚げに小松菜、まぐろ節。
白味噌だしもちろん全飲みいたしました。

●その1週間前の21日(月)には、一品料理からだし巻き海苔あんかけのひと皿と、きつねうどんをいただきに。

いつもうどんというより、お料理という気持ちでいただいていました。

●お店の佇まいもよかったです。

●綾子さん、集一さん、いつも優しく迎えてくださいました。

頑張って、実によく働かれました。

これからどうされるのか、楽しみにしています(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「仁王門 うね乃」みぞれうどん

■ 全国100万人の読者の皆さま、「仁王門 うね乃」さんに伺ったエリーでございます。

あと何度伺えるのか? (T_T)(T_T)

●期間限定の みぞれうどん 1500円です。

●これね。

みぞれ仕立てのとろんとしたおだしが、本当に本当に本当においしいのです。感涙うるうるレヴェルでおいしくて、天国だなあと思います。

●みぞれうどんを目標に出かけましたが、一品料理もいくつかあり、頼まないでいられただろうか?(いいやいられはしなかった。)

秋茄子のオランダ煮 600円です。

茄子に味がよーーーくしみて、生姜がアクセントなって、旨いったらないの(T_T)(T_T)

●これにまた驚いたのでした。だし巻き玉子の海苔あんかけ 1000円。だし巻きを揚げたものに、海苔をたっぷり混ぜ込んだあんかけ。海苔の香りが圧倒的、あんは濃厚でものすごく、ものすごく美味、実に幸せな香味でした。

仁王門 うね乃」さんは12月30日をもって閉店されます。はやりにはやっていたのに、大好きなお店だったのに、もったいない(T_T)(T_T)

あと何度か伺いたいと思っています。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「権太呂 四条本店」けいらん

■ 全国100万人の読者の皆さま、あんかけものが好きなエリーでございます。

●寒くなってきたら食べたくなるのがこれ、けいらん@「権太呂」さんの四条本店です。

●たまごたっぷり、熱々とろとろのあんです。

●若鶏の唐揚げ、これも必ずいただきます。

権太呂」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************