■ 酒粕うどん@「仁王門 うね乃」

■ 全国100万人の読者の皆さま、わたしの身体はうどんでできていると思うエリーでございます。本当にうどんが好きです。

IMG_1371.jpga

■「仁王門 うね乃」さんの、2月限定の酒粕うどん

これ熱々で、濃厚で、食感いろいろで、問答無用においしいわーーー\(^o^)/\(^o^)/

IMG_1378.jpga

■ 細めの優美なうどんに、具材たっぷりで食べ応えがあり、おつゆは全飲みできます。風味豊か、身体ぽかぽかに温まって、ただおいしさのかたまりと思いました。

IMG_1367.jpga

■ こんなです。2月末までですから、食べたい人は走って行きましょうー\(^o^)/\(^o^)/

仁王門 うね乃」さん、また伺います。<(_ _)>

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「よ~いドン!」おすすめ3、2月10日 放送分

■ 全国100万人の読者の皆さま、今月もカンテレの「よ~いドン!」のおすすめ3で、激しくおすすめしたエリーでございます。

2月10日(金)放送、寒い今こそ味わいたい、熱々、はふはふの料理です。

yoooidon

今回はこれらの3軒のお店にお世話になりました<(_ _)>

(以下50音順です)

*****************

●「京のつくね家」さん スープ雑炊
●「招福亭」さん 福なべ

●「肉洋食オオタケ」さん(日替わりから)鶏のクリーム煮
*****************
IMG_9728.jpga

●「京のつくね家」さん スープ雑炊です。1080円。

IMG_9722.jpga

●全体はこんな。大きなお椀に入った状態でが供されます。

IMG_9729.jpga

●こんな感じで大きな鶏肉が何切れか入っていました。

IMG_0572.jpga IMG_0573.jpga

■ こちらはまた別の日にいただいた、スープとたまごかけご飯のセットです。1080円。スープはコラーゲンとろとろをはっきり感じさせるほど濃厚、それでいて澄んだ味わいでした。ほんとーーに温まりました。

IMG_9720

■鶏肉と卵を使った料理の、ごく気軽な専門店です。

**********************************

さて「招福亭」さんです。

IMG_7122.jpga

●冬期だけのお楽しみ、福なべ 980円。

昨秋移転直後のお店紹介の投稿

**********************************

■ 開店するなり人気になってしまった「肉洋食オオタケ」さんです。
IMG_0412.jpga

●鶏肉のクリーム煮、ある日の日替わりのメニューにありました。野菜も鶏肉もごろんと大ぶりで、食べ応えがありました。温まりました\(^o^)/\(^o^)/

本サイト内でこのお店の初出はこちら

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 白味噌うどん@「仁王門 うね乃」

■ 全国100万人の読者の皆さま、これをいただいてものすごくご機嫌になったエリーでございます。

仁王門 うね乃」さんの、1月限定の白味噌うどんです。

img_8926-jpgb

●そろりと丁寧に供されます。糸かつおがふわふわ揺れています。とろりんとした白味噌だし、もう見ただけでおいしそうでたまらないです。

img_8923-jpga

●これです。白味噌うどん 1500円。お雑煮のようなうどんです。うどんが好きなわたしにはこれ理想的です。

img_8930-jpga●こんな感じで、金時人参、大根、かしら芋も、丸くくりぬかれています。中にはお揚げが思いのほかという感じでたっぷり入っていて、風味を添えていました。

仁王門 うね乃」さん、人気でいつも満席状態ですが、なんとか空席がありそうな時間をめがけてまた伺います。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 年越しみぞれうどん@「仁王門 うね乃」

■ 全国100万人の読者の皆さま、うどんが好きでしょうがないエリーでございます。年越しうどん@「仁王門 うね乃」さんです。冬季限定のみぞれうどんをいただきました。

img_8612-jpga

■ これです。本当にシンプルだけど、ものすごーーーーーくおいしいと思って熱中状態でいただきました。

img_8610-jpga

■ 書いてある通りです。とろとろのあんになったおだしに大根おろしがたっぷり入っているのです。

img_8616-jpga

■ こんな感じです。熱々のとろとろで、だしがこの上なく上品です。精緻な味と言っていいと思う。完璧なおいしさでした。

img_8618-jpga■ うどんがまた細めで優美な舌ざわり。それでいてちゃんとこしもあるのです。これは天国でした。

店長の大岩綾子さん、料理長の髙橋集一さん、いつも本当においしくて優しいサーヴィスで、いいお店やっていらっしゃると思います。いつも行列でなかなか入れないのですが(わたしは行列見たら即諦めるので)、「仁王門 うね乃」さん、また時々伺います。

2017年の年始の営業は、1日は休み、2日から営業されるとのことです。
1月2日〜4日 11:30〜16:30LO
5日 定休日
6日~ 通常営業(11:30~15:00LO、16:30~19:00LO)

★とりあえず2016年のアップはここまでです。まだ出しきれていなくて、年を越しますが追って上げていきますー!

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「招福亭」のなべシリーズ3つ

■ 全国100万人の読者の皆さま、冬は鍋焼きうどんが好きでしょうがないエリーでございます。

「招福亭」さんにおいては、鍋焼きうどんはこの3つ。福なべは以前も一度ご紹介した通り、味噌味ベースの、具材たっぷり、充実感のあるうどんです。

でも3種類あるなら全部いただいてみようではないの。テーマが決まると必ずコンプリートしたくなるわたしです。

11月末から時々伺って、福なべ、なべやき(肉入り)、なべやき(かしわ入り)という順番にいただきました。

img_7120-jpga

●これです。メニュー2ページめ(裏面)のいちばん最後にある鍋もの3つ。

img_7122-jpga

●11月下旬、今季2度目の福なべ。味噌味ベース、上にまた肉味噌。具材たっぷり、たまご入り。熱々ほかほかに身体が温まります。

img_7128-jpga

●うどん持ち上げです。少し細めでするするっとしてます。すごく好みです。

img_7600-jpga

●これは12月上旬に、牛肉入りです。

img_7604-jpga

●牛肉たっぷりと。

img_7603-jpga

●うどん持ち上げです。

img_8383-jpga

●こちらはつい先日の夜、LOの20時少し前に飛び込みました。お客さまがまだ他に3テーブルいらしてラッキー。(もしわたしひとりなら、申し訳なくてお鍋を頼めなかった。)

熱々の盛り盛りでほんとーにおいしいです☆☆☆

img_8386-jpga●かしわ(鶏肉)入りです。これは皮と脂をはずしていただいてます。

「招福亭」さんまた伺います。

*****************
「六条 招福亭」電話 075-351-6111
京都市下京区新町通六条西南角
11:00~20:00少し前LO、20:00閉店、年中ほとんど無休。
全席禁煙☆☆☆

2016年10月3日 移転オープン
*****************

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「冨美家」の新しいあんかけうどん

■ 全国100万人の読者の皆さま、お揚げ入りのうどんが大好きなエリーでございます。きつねうどん(=甘きつね)をいただこうと1週間ほど前のある午後「冨美家」(ふみや)さんに向かったら、新しいメニューがありました。

試さずにいられただろうか?(いいやいられはしなかった。)

img_7979-jpga

■ 新メニュー、あんかけうどん 670円です。

img_7980-jpga

■ 刻みのお揚げに九条ねぎたっぷり、おろし生姜入りのあんかけとろりんで、これは温まりました。

img_7982-jpga■ 理想的なあんかけうどんでした。ほんとおいしかった☆☆☆ 
でも「冨美家」さんに、次はやっぱり甘きつねを食べに伺います。きつねきつねww 目の前のにんじんではなくて目の前のお揚げです。

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ きつねうどんの続き、3軒

■ 全国100万人の読者の皆さま、きつねエリーでございます。=きつねうどん大好きなエリーです。お揚げ見たら幸せ。少し前の写真で、アップしていないものがまだまだありました。

img_6824-jpga

●6月の記録。夜遅に、甘きつねです。720円。

img_6828-jpga

●ものすごく久しぶりに(多分10年ぶりくらいに)夜遅OKの「おかる」さん。(しかしわたしは昼に伺うべきだったとすぐにわかったのでした。)

img_6836-jpga

●お揚げ2枚。甘さ加減ほどよく、ふんわりしっとり。ある程度厚みもあって、これは理想的な甘きつねのお揚げ。

img_6831-jpga

●うどんはこれくらいの太さ。量はたっぷりたっぷり。

img_6816

■メニュー数も多くて夜遅営業でほんと便利です。ケムリが平気な人は重宝なお店です・・・昼のみ禁煙ということ。ネットや雑誌情報いろいろを見て「分煙」「禁煙」というのを信じて行ったのだけど(そもそも「分煙」て意味ないんだけど)、各テーブルにハイザラがあった上、すぐにいぶし出されました。昼の営業時間に関しては、間違いなく禁煙と確かめてきました。あらかじめ直接伺うべきでした。

**********************************

img_4703-jpga

●こちらも多分10年ぶりくらいに、寺町通四条下ル東側の「永正亭」さん。2015年の記録でごめんなさいですが、きざみきつねうどん440円。

img_4705-jpga

●とにかくお値段良心的!! こんな街なかにあってこのお値段で、麺と丼のお店をずーっと続けていらっしゃいます。
**********************************

img_1619-jpga●こちらは夏季の、冷やしきつね 750円「大鶴」さん、堺町通です。こちらもきつねロケハンで10年ぶりくらいに。お昼間禁煙のお店です。助かった\(^o^)/\(^o^)/

■ きつねをめぐり麺屋さんめぐりは、ずーーーっと続けます(^o^)/

*****************

本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

 

 

■ きつねうどん@「仁王門 うね乃」

■ 全国100万人の読者の皆さま、きつねエリーでございます。きつねうどんが極端に好きで、忙しい時ほどきつねうどん偏愛者になります。

img_7033-jpga

■ 少し前の写真ですが「仁王門 うね乃」さんのきつねうどん 850円です。甘きつねはやってないということで、きざみきつねと九条ねぎのうどん。あくまでおだしの味尊重の「うね乃」さんゆえ、おだしが本来のおだしの味以上に甘くなってしまうことがないように、ということだと思います。

img_7037-jpga

■ でもこれもおいしいわ☆☆☆ うどん細めです。非常になめらか、口当たりよし。すごくすごくおいしい(T_T)(T_T) おだし全飲みです。
きつねうどんの写真を見ながら今のわたし、「仁王門 うね乃」さんの季節限定のうどんを食べに行きたくてしょうがないです。

img_7040-jpga■ 甘きつねうどんはなくても、おいなりさんがあるんですよっと♪ 1貫150円。しっとり甘いお揚げをこれで味わって、とても満足しました。

仁王門 うね乃」さん、近日中にまた伺います(^o^)(^o^)/

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

 

■ きつねうどん@「権兵衛」

■ 全国100万人の読者の皆さま、きつねうどんがことのほか好きなエリーでございます。きつねエリーと呼んでいいです♪

img_7377-jpgb

■ だいぶ久しぶりに、祇園・切通しの「権兵衛」さんへ。先日ごく近くに用事があった時、これはいい機会としばしきつねタイムです。

四角いお揚げ、ふっくら甘さは控えめで、理想的においしいと思ったきつねでした。

img_7378-jpgb

■ うどんは心持ち太めでした。ふわふわのお揚げにねぎが風味と食感を添えて、黄金の組み合わせと思います。おだしはもちろん全飲みです。

img_7371-jpga■ 単に「きつね」とありますが、甘きつねか、甘くないお揚げ(きざみ)か、聞いてくださいます。わたしは初めから迷いなく「甘きつねで」と注文。山椒の粉をたっぷりかけていただいたのでした。ちなみにこの日は、昼と夜の間、午後の中途半端な時間でしたが、お客さまが途絶えることなく続々と入って来られました。不動の人気のお店です。

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ きつねうどん@蕎麦専門店

■ 全国100万人の読者の皆さま、たてこもりエリーでございます。原稿打ち込み週間です。

ひとつ前の投稿に続いて、撮り溜めたきつねうどんの写真をアップしていきます。

img_7408-jpga

■ 蕎麦専門店でうどんを食べてごめん その1 
「本家 尾張屋」さんの本店できつねうどんです。2016年6月。

img_7406 img_7413■ きつね 810円。ここで「きつね」と言えばきざみきつねのみです。甘きつねはメニューにない。昔はやっていらしたと思うけれど、今はやっていないと。そもそも本店(車屋町通)では甘きつね扱ってませんと。

img_7000-jpga

■ 蕎麦専門店でうどんを食べてごめん その2 
「大黒屋」さんの本店できつねうどんです。2016年6月。甘きつねです。

img_7002 img_7010 img_7005■ きつねうどん 780円。

このシリーズまだ続きます。

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

↑少しヴァージョンアップ。

★次の「よ~いドン!」おすすめ3は11月14日(月)です。

*****************