■「鮨 忠保」2022年5月

■ 全国100万人の読者の皆さま、

●5月1週目の週明け(平日)に、祇園の「鮨 忠保」さんへ。
お昼いちばんで入ったけれど満席混み混みでした。自由業なのに、遠方からのお客さまも多い中、連休期間に貴重な席を占拠してごめんなさい~やっぱり遠慮しておくべきだったなあ・・・と思いつつも、お寿司おいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
のれんは鯉のぼりに兜と5月仕様でした。
●以下お昼のおまかせから抜粋で、

●白海老+カヴィアは本当にいい組み合わせ。

●小肌は締め加減ちょうどよくて好き。

●かつおは藁で燻してあって薫香が心地よく、うっとり美味でした。
「鮨 忠保」さん、また伺います<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ 寿司割烹の「木屋町 蘭」

■ 全国100万人の読者の皆さま、木屋町 蘭さんに、ちょうど20年ぶりに伺ったエリーでございます。

●店頭の、大きなまん丸の提灯は(条例に従う必要があったとかで)小ぶりになって随分上に上げられていましたが、昭和から続く店内は以前のままの趣ある風情でした。
おまかせでコースをいただきました。
コース前半はお料理です。
旨味が押し寄せるとろの薄造りも、
はんなり香り立つはまぐりのお椀も、
本当においしかった\(^o^)/\(^o^)/

さらに筍木の芽焼き、牛肉花山椒鍋と季節の美味を堪能することができました。

●昭和の風情そのままの店内です。指をすすぐための手水もまんま残されていました。

白木のカウンターに水の流れる音、心地よく過ごせる店内です。

●22000円(税込み・サなし)のおまかせコースです。
ひと皿め、伊勢海老の焼霜に温玉のせ、土佐酢ジュレ。

長芋、たたいたおくら、水前寺海苔。

●名物とろの薄造り。大根おろしと。
独特の切り方をされた大とろです。

脂をたっぷり抱えもっていてとろける感じですが、大根おろしが食感も風味もしゃきっと引き締めて、ほんと絶妙なバランスでした。

●はまぐりのお椀

はまぐりのおだし、実に実に美味でした。

●稚鮎3尾。からっと揚げてあっていい食感。

●この季節いくらでも食べたい筍です。筍の木の芽焼き。塚原のものということ。

●花山椒を見て喜びました\(^o^)/この季節到来ですね\(^o^)/

●花山椒と牛肉の鍋。おだしにも筍入りでした。

●おだしがまたたまらないおいしさで、肉を食べ終えた後もだいぶ掬って味わいました。

そしてこの後、お寿司となるのでした。

●お寿司は

鯛、こはだ、赤身、雲丹、烏賊、のどぐろ(写真)、中とろ(写真)

と供されました。

そして最後に、

 

●名物・漬物寿司が供されます。
お寿司ながら、食事の締めのお茶漬け代わりにと先代が昭和50年代に考案されて大人気になったものです。

写真右側から、茄子、きゅうり、赤かぶ、大根、たくあん、貝割れ。

左箸の軍艦形が納豆とうずら卵黄とねぎ。(わたしは納豆いただけずごめんなさいでした<(_ _)>)
●まさにこのお漬物寿司の撮影に、ちょうど20年前にお邪魔したのでした。
東京から通いに通って、京都の取材を始めた頃だったので、こういった割烹などに取材でお邪魔する際は緊張したものです。初々しかった、、(^o^)

●最後に伊勢海老のお椀。

●店主さんの母上・克子さんお手製のおはぎ。4分の1サイズくらいです。

●3代目店主・淺岡照一(あさおかてるかず)さん、にこやかで感じのいい方です。
★撮影時、一瞬マスクをはずしていただいています。
店舗兼住居のこの場所で育ち、幼少の頃からごく自然に、お店は継ぐものと思っていたということ。他の仕事に就くことなど考えもしなかったということです。親孝行です(^o^)

長じて東京の大学に進学し、卒業後は東京の「吉兆」さんで5年修業を積まれたとのこと。京都に帰った後は先代の父上が亡くなるまでカウンターで一緒に働かれたということで、先代の技術もしっかりと受け継がれているのでした。

●食事をしている間も仕出しのためのお料理がどんどん運ばれていて、すぐ近くの先斗町や祇園など花街にもお客さまがたくさんいらっしゃることがよくわかりました。

木屋町 蘭さん、とても楽しかった、おいしかった\(^o^)/\(^o^)/また伺いたいと思います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「中村屋」新商品、お揚げの瓶詰め

■ 全国100万人の読者の皆さま、久しぶりにすてきな新商品でテンションが上がったエリーでございます(^o^)/

●百万遍近く、万里小路の助六寿司の名店「中村屋」さんから楽しい新商品です。
おいなりさんに使うお揚げが、瓶詰めになって登場しました\(^o^)/\(^o^)/

●三角形のお揚げが出てくるかと思ったら、細切りにしたお揚げでした。あまーく炊かれていて、うどんにのせてきつねうどんにしたり、卵と合わせてご飯にのせて衣笠丼にしたりと使い勝手もいいものです。わたしはこのままで、山椒の粉をはらはらかけて白ご飯といただいたらものすごくおいしかったです(^o^)/
中村屋のお」150g入り 756円です。

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「鮨 泰蔵」クラブエリー第2木曜2月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

●クラブエリー2月の第2木曜例会@少し久しぶりにお世話になった「鮨 泰蔵」さん、ありがとうございました<(_ _)>

●お料理数皿ののち、お寿司お寿司お寿司\(^o^)/

ものすごく好評でした\(^o^)/

★撮影時、一瞬マスクをはずしていただいています。
●店主の櫛田英樹さん、マダムの絵里子さんありがとうございました。
参加してくださった方々にも御礼申し上げます。
また伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「鮨 忠保」2021年12月

■ 全国100万人の読者の皆さま、アップ遅めですが、ノエルののれんです。これを見て喜んだエリーでございます。

●祇園「鮨 忠保」さんの、12月用に作られたのれん。
真っ赤で大好き\(^o^)/\(^o^)/
12月25日(土)までこれがかけられるということで、期間限定のありがたいものでした。

●お花いけまで、ノエルを意識した色使いでした。

かにスマスツリー
なんだそうな(^o^)

こっぺといくら、おいしかったです(^o^)

●お寿司ひと通りいただいた後に、珍しくこんなデザート出ましたー(^o^)

お寿司だけで十分おいしくて幸せだったから、

こんなまでしなくていいのに(^o^)(^o^)と思いつつ、でも季節感の演出に心を砕かれること、偉いと思います。

●お寿司は何もかも理想的においしかったのですが、

おもしろかったのが、忠保さんの顔より大きかったいかです。

これでマスクできるじゃない?と笑いました。

しかしマスクじたいをすぐに食べてしまいますね\(^o^)/\(^o^)/

●で、マスクにはせずお寿司にしてもらった、あおりいかです。

この日の内容は、

*****************

●雲子ぽん酢
*****************

(以下にぎりで)

●白甘鯛

●かわはぎ

●氷見のぶり
●あおりいか

●白海老、上にカヴィア

●まぐろ赤身づけ

●まぐろ中とろ

●小肌

●雲丹

●かにスマスツリー

●車海老(目の前で茹でたて、剥きたて)

●穴子(わたしは代わりにぶりを所望<(_ _)>)

*****************

●しじみのお椀
●海老すり身入り玉子

●いちごのサンタクロース仕立て

*****************

「鮨 忠保」さん、また伺います\(^o^)/

*****************

「祇園 鮨 忠保」
電話 075-541-6611

京都市東山区祇園町南側572-9

(花見小路を四条から下ル、西側のひと筋めを西に入ル北側)

昼夜営業、不定休、要予約

カウンター12席

全席禁煙

2017年4月26日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「鮨 泰蔵」夜のおまかせ 11月

■ 全国100万人の読者の皆さま、先週の後半、木屋町通松原の「鮨 泰蔵」さんに出かけたエリーでございます。

今の料金やコースの流れがわかる先月の記録はこちら

 

●季節のものをたくさんいただき、今回もとてもいいコースでした(^o^)☆☆☆
お料理5品ほどの後ににぎり10貫、たまご、赤だし、黒糖アイスクリームという流れ。
●今回とりわけうれしかったのが上のこっぺ蟹、

●そしてもろこ。

●そしてお寿司は金目鯛、あじ、まぐろ、雲丹などうっとり美味でした。
おいしかったおいしかったおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●店主の櫛田英樹さん、マダムの絵里子さん、ありがとうございました(^o^)

*****************

amazon ブラックフライデーです\(^o^)/

*****************

ブラックフライデーのいま買わずにいつ買う?

だいぶ安くなっているKindle専用機を買うチャンスです\(^o^)/

スマフォでKindleアプリをダウンロードしてももちろん読めますが、Kindle専用機で読む快適さを知ったら「早くこれ導入しておけばよかった、、、」となります。わたしの友人たちみんなそうなってます。

で、スマフォ内のKindle書籍とも同期できますから、専用機を持ち出すのを忘れても大丈夫。ちょっとした待ち時間もKindle本あれば大丈夫\(^o^)/\(^o^)/

●きのうから読んだのが、野口悠紀雄先生の、

「超」メモ革命-個人用クラウドで、仕事と生活を一変させる
( 中公新書ラクレ 727、2021年5月刊 )

野口先生、御年80歳ながら最新機器を駆使されクラウドを最大限利用していらっしゃいます。今回のこの本では「捨てなくていい」こと、「検索して見つけやすくすること」を教えてくださいます。

1994年、『「超」整理法』を読んで、わたし押し出しファイルを即取り入れ、野口先生方式に熱中したなあ(^o^)(^o^)

野口先生今回はグーグルドキュメントを推奨していらっしゃいますが、わたしはスキャンスナップ+Evernote式で情報保存をすでに10年やっております・・・グーグルドキュメント検討しようか、、

わたしにおいてはしばしば最新のスキャンスナップが使えなくなる事態が起こっており(*_*)(*_*)、いま風にスマフォで撮ってそのままPDF化、のようなことを考えた方がいいかなあと思っていた昨今なのでした。

しかし1ページずつ資料やノートを写真に撮るのもやってられんなあという感じで、むう、やっぱり早いことIT 家電顧問に直してもらうしかないか、、( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

カラーの本はiPadで見ています。

Kindle版で、パリの本いろいろあります\(^o^)/

*****************

「鮨 泰蔵」 すしたいぞう
電話 075-746-5432
〒600-8015
京都市下京区木屋町通松原上ル東側
(美濃屋町174-1 プレゼンスビル1F)
営業時間や定休日は確認してください<(_ _)>
カウンター8席、個室4席
全席禁煙
2014年3月4日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「鮨 忠保」2021年11月

■ 全国100万人の読者の皆さま、週末、祇園の「鮨 忠保」さんに向かったエリーでございます。

先日クラブエリーでお世話になりました<(_ _)>

その日は満席でわたし着席せず、改めて楽しみに参りました\(^o^)/\(^o^)/

●店主の森田忠保さんです。

人生で風邪というものを一度も引いたことがないと。

睡眠は毎日3時間で十分なのだと。

お話を伺えば伺うほど、頑強にできていらっしゃることがわかり、羨ましいと思います<(_ _)>

●大間のまぐろ、山盛りの雲丹(稀少)、白海老+カヴィア、赤身漬けに中とろ、小肌、茹でたての車海老・・・
すべての加減がよくて、
今回もほんとーーーにおいしかった「鮨 忠保」さんでした\(^o^)/\(^o^)/

*****************

昼のおまかせ(11月3週め)

*****************

鱈白子ぽん酢
************
ひらめ
白甘鯛
かわはぎ、その肝と
ぶり
あおりいか
白海老、上にカヴィア
大間のまぐろ 赤身のづけ
大間のまぐろ 中とろ
雲丹
車海老
穴子(代わりにしまあじ)

鉄火巻き
************

お椀
*****************

*****************

「祇園 鮨 忠保」
電話 075-541-6611

京都市東山区祇園町南側572-9

(花見小路を四条から下ル、西側のひと筋めを西に入ル北側)

昼夜営業、不定休、要予約。

カウンター12席 を満席にせず、ひろびろと営業。

全席禁煙

2017年4月26日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「鮨 忠保」クラブエリー第2木曜 11月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

●11月11日(木)はクラブエリーの高級路線、
以前の朝日カルチャーセンター「関谷江里の京都美味探訪」のメンバーをそのまま受け継いだクラブエリー第2木曜で、
祇園の「鮨 忠保」さんへ。
皆さんに、江戸前のお寿司を堪能していただきました。

●森田忠保さん、スタッフの皆さんお世話になりました<(_ _)>

●満席でわたし入れず(笑)、
近日中に改めていただきに伺います<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「路地 との本」の路地巻き

■ 全国100万人の読者の皆さま、これを思う存分食べて幸せ~と思ったエリーでございます。
宮川町の「路地 との本」さんです。

クラブエリーでも5月にお世話になり、あった頃には朝日カルチャーセンター講座をお願いしても大好評だったお店です。

ちなみにクラブエリーで、こちらで初回の記録(4年前の、2017年)

路地巻きです。

おもたせに時々買いに伺うのだけど、
今回ははわたしも丸々いただきましたよっと\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

赤身やとろ、玉子焼き、数の子、きゅうりがくるりと巻かれてた贅沢太巻きです。とりわけ数の子の存在感があります。こりっとして、粒粒の食感が心地いいです。

かぶりついておいしい巻き寿司(^o^)♪

●パッケージはこんな。

1本3500円(+税)です。

路地 との本」さんに、電話で予約の上でどうぞー(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「鮨 忠保」9月の昼コース

■ 全国100万人の読者の皆さま、これすっかりアップした気持ちになっていたエリーでございます。

フェイスブックで上げたきり、こちらで上げていなかった、、(*_*)(*_*)

9月の、お月見ののれんがかわいい「鮨 忠保」さんです。9月の4週目に伺った記録です。

●しんそこおいしいと思う「鮨 忠保」さんです。
すべての加減がよいのです。
ほんのアミューズのような先付の1皿があるだけで、おつまみなしで握りでスタートというのも、
すぐにお腹いっぱいになってしまうわたしにはありがたいと思います。
*****************
●先付に、北海道の枝豆
●ひらめ
●かすご鯛
●ぶり
●あおりいか
●白海老、上にカヴィア
●(しめ鯖のところ、食べたいがわたしは食べられず)えんがわ
●とろ
●大とろ
●こはだ というより新子
●藁で燻したかつお
●赤雲丹
●海老
●(穴子の代わりに)再度かすご鯛を所望<(_ _)>
●巻物で大とろにたくあん、上からいくら
●海老のすり身入りたまご
●しじみのお椀
●シャインマスカット
*****************

●森田忠保さん、大間のまぐろのプレゼンからスタートです\(^o^)/

●北海道の大粒の枝豆。

●こちらではすぐににぎりをいただけるのがいいです(^o^)♪

●ひらめ

●かすご鯛

●ぶり

●おありいか

●白海老、上にカヴィア

●しめ鯖・・・わたしはこれ食べたいけれど(アレルギーで)いただけず、

●ひらめえんがわです。感謝<(_ _)>

●このまぐろの出番です。

●とろに、

●おおとろ、旨いったらないです。

●こはだ

●藁でいぶしたかつお、香りがたまらなくいいです。

●赤雲丹

●海老

●しじみのお椀

●海老のすり身入り玉子

●最後にまぐろ入りの贅沢巻物♪

●シャインマスカットをいただきごちそうさまでした<(_ _)>

●以上の昼のおまかせに、飲み物はペリエを飲んで、苦しいほど満腹になることもなくちょうどいいです。

そして、ほんとーーーにおいしいと思います(^o^)☆☆☆

まめにのれんの意匠を変えていらっしゃるということで、「鮨 忠保」さん、次ののれんもお寿司も楽しみに、また伺います(^o^)/

*****************

「祇園 鮨 忠保」
電話 075-541-6611

京都市東山区祇園町南側572-9

(花見小路を四条から下ル、西側のひと筋めを西に入ル北側)

昼夜営業、不定休、要予約。

カウンター12席 を満席にせず、広めの配席で営業。

全席禁煙

2017年4月26日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************