■「鮨 忠保」講座の昼、クラブエリーの昼

■ 全国100万人の読者の皆さま、遅くなりましたが講座報告とクラブエリー報告でございます。

祇園の「鮨 忠保」さんに、
●2月13日(木) 朝日カルチャーセンターのお昼と、
●2月18日(火)クラブエリーのお昼
をお願いしました。

店主の森田忠保さん今回もお世話になりました<(_ _)><(_ _)>

●以下写真抜粋ですが、まずは朝日カルチャーセンターの方から。

2日ともほとんど同じですが、翌週には季節が少し春めいて、それが食材でも明らかでした。

●熱々もずくの後、くえと鰆のお造り。

*****************

●以下クラブエリーです。翌週になると春らしい食材が登場しました。

クラブエリー前回の「鮨 忠保」さんは2018年の同時期でした

●お造りは、鰆と平貝。

●白魚登場\(^o^)/

●自家製からすみを、味噌漬けにしたもの。これまたずるいおいしさ。お酒飲みさんたちはまたこれで進む、と。

●両日とも皆さんに喜んでいただけました。わたしもここ大好き、
何もかもほどよくて、ほんとーーにおいしいと思います。

*****************

●ちなみに講座でもクラブエリーでもなく、

以下は1月下旬の昼軽コース。未アップだった、昼の軽いコースです。

お腹いっぱいになり過ぎず(午後から仕事ちゃんとできます、笑)でもいいお寿司いただいたー\(^o^)/と幸せになれるおまかせです。

*****************

●もずくの温製

●青森のひらめ

●ぶり

●あおりいか

●白海老にカヴィア

●のれそれ

●まぐろ中とろ

(塩釜の80キロくらいのものとのこと)

●小肌

●雲丹

●まぐろづけ

●穴子

●海老

●玉子

●お椀

●たくあん手巻き

*****************

ものすごく抜粋で写真4点、

●青森のひらめ

●ぶり

●のれそれ

●まぐろづけ

この日も大満足でした。

「鮨 忠保」さん、また伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

「祇園 鮨 忠保」電話 075-541-6611

京都市東山区祇園町南側572-9

(花見小路を四条から下ル、西側のひと筋めを西に入ル北側)

昼夜営業、不定休、要予約、カウンター12席。全席禁煙。

2017年4月26日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「鮨 泰蔵」でお昼のにぎり

■ 全国100万人の読者の皆さま、昼軽寿司が好きなエリーでございます。昼に軽くお寿司。午後に眠くて仕事にならん、ということがない程度に食べるのが好きです。

24日(火)、お昼のにぎりだけの特上5000円というのをいただきに、ちょっと久しぶりに木屋町通の「鮨 泰蔵」さんへ。お昼営業が火曜、金曜、土曜、日曜に限られているので、なかなかタイミングが合わずに出かけられないでいました<(_ _)><(_ _)>

*****************

●生湯葉とばふん雲丹
●細もずく わさびの茎を炊いたもの
*****************
●鳥取県 天然ひらめ
●剣先いかの炙り 岩塩、すだち
●さより
●長崎、対馬の鯵
●かわはぎ
●こはだ
●ぶり、上に辛味大根
●こっぺ蟹
●車海老
●金沢の甘海老
●本まぐろの赤身のづけ
●とろ、背中側
●煮はまぐり
●たまご
●お椀
●黒蜜のソルベ

*****************

●細もずく わさびの茎を炊いたもの/湯葉とばふん雲丹

●鳥取県 天然ひらめ

●剣先いかの炙り 岩塩、すだち

●さより

●茶碗蒸し

●長崎、対馬の鯵

●かわはぎ、本来はのせる肝を省いていただいて、ぽん酢で和えた大根おろしとねぎ

●こはだ

●ぶり、上に辛味大根

●こっぺ蟹

●車海老

●金沢の甘海老

●本まぐろの赤身のづけ

●とろ、背中側

●煮はまぐり

●たまご

●お椀

●黒蜜のソルベ、これは小サイズ。

飲んだのはペリエ。

すっすとお寿司をいただくの本当に好きです。

●「鮨 泰蔵」さんおいしかったですー\(^o^)/\(^o^)/

*****************

「鮨 泰蔵」 すしたいぞう
電話 075-746-5432
〒600-8015
京都市下京区木屋町通松原上ル東側
(美濃屋町174-1 プレゼンスビル1F)
昼の営業は火曜、金曜、土曜、日曜。
水曜休み
カウンター8席、個室4席
全席禁煙
2014年3月4日開店

*****************

●木屋町通から河原町に抜ける橋の上で、南天がきれいでした\(^o^)/\(^o^)/

●真っ赤、きれいな色、正しい色\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

関谷江里

■「鮨 忠保」で、昼軽寿司

■ 全国100万人の読者の皆さま、昼軽寿司が好きなエリーでございます。昼に軽くお寿司。午後に眠くて仕事にならん、ということがない程度に食べるのが好きです。

わりと最近のあるお昼、祇園の「鮨 忠保」さんへ。昼のおまかせの、軽い方です。

*****************

●太もずく、おだしに浸して温製で
*****************
●青森のひらめ
●かわはぎ、上に肝
●あおりいか
●迷いかつお(迷って氷見まで来たかつお)
●白海老とカヴィア
●本来は大間のまぐろとろ、

これはまぐろ赤身(140.6kg)
●こはだ
●千葉の鯖、軽く酢じめしたもの
●根室のばぶん雲丹
●本来は穴子、

これは代わりの海老
*****************
●たくあん手巻き
●お椀

★飲んだのはペリエと、

一緒に出かけた方の熱燗を少しいただきました<(_ _)>
*****************

●太もずく、おだしに浸して温製で

●青森のひらめ

●かわはぎ、上に肝

●あおりいか

●迷いかつお

迷って氷見まで来たかつおとのこと。迷ってくれてありがとう\(^o^)/\(^o^)/

●白海老とカヴィア

●本来は、大間のまぐろとろ、

これはまぐろ赤身(140.6kg)

●こはだ

 

●千葉の鯖、軽く酢じめしたもの

●根室のばふん雲丹

●本来は穴子、これは代わりの海老

●お椀

●たくあん手巻きでごちそうさまでございました<(_ _)><(_ _)>

「鮨 忠保」さん、すべての加減がよく、本当においしいと思います。

**********************************

11月下旬、フランス行きの直前にも出かけました。以下未アップだったものです。
*****************
●ぎんなん
*****************
●もみじ鯛
●かわはぎ、上に肝
●ぶり
●あおりいかと雲丹
●まぐろ赤身
●(本来は)とろ
まぐろは戸井、大間の向こう岸。戸井のまぐろはいかを食べて、赤の色が鮮やかになる大間は光ものを食べて脂たっぷりになる
●こはだ
●かつお わら炙り
わらは天日干し、忠保さんの母上の実家から
●白海老にカヴィア
●雲丹
●(本来穴子、代わりの)熟成ひらめ
*****************
●巻物、鉄火と沢庵巻き
●たまごスティック
●お椀

*****************

●ぎんなん

●もみじ鯛

●かわはぎ、上に肝

●ぶり

●あおりいかと雲丹

●(本来はこの)とろ ですが、わたしは代わりに

●まぐろ赤身をいただきました
まぐろは戸井、大間の向こう岸。戸井のまぐろはいかを食べて、赤の色が鮮やかになる。大間は光ものを食べて脂たっぷりになる。

・・・と習いました。<(_ _)><(_ _)>

●こはだ

●かつお わら炙り
わらは天日干し、忠保さんの母上の実家から。

●白海老にカヴィア

●雲丹

●本来この穴子ですが、

●わたしは熟成ひらめ

●巻物、鉄火と沢庵巻き

●たまごスティック

●最後にお椀。

●「鮨 忠保」さん、クラブエリーもお願いしています\(^o^)/\(^o^)/

*****************

「祇園 鮨 忠保」電話 075-541-6611

京都市東山区祇園町南側572-9

(花見小路を四条から下ル、西側のひと筋めを西に入ル北側)

昼夜営業、不定休、要予約、カウンター12席。全席禁煙。

2017年4月26日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

関谷江里

■「鮓はやし」初訪問

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店にうれしく伺ったエリーでございます。「鮓はやし」さん、新店といってもオープンされたのが5月6日。

8月末にやっとこさ伺いました。
●寺町通今出川上ル東側、以前「カンティ」というラオス料理店だったところです。(その時の記事。)
●カウンター8席のみ、すっきりしたお店です。

●穴子から。あまり穴子を好んで食べないわたしですが、これはおいしかったですー<(_ _)><(_ _)>

●剣先いか

●かんぱち

●信州ます

●いしかげ貝

●(本来鯖寿司ですが、その代わりに)平貝

●割干し大根漬けおいし。

●まぐろ赤身

●まぐろ中とろ

●まぐろ大とろ

●新子 1.5枚付け

●店主の林 喜生(よしお)さんは以前フォーシーズンズホテル京都の寿司店にいらした方です。

●車海老

●あじ

●雲丹

●穴子・・・はわたしはいただかず、

●さわら。

●かんぴょう巻きに、

●たまごでご馳走さまでした<(_ _)>

●抹茶のソルベが最後に供されました。

●飲み物はペリエを選び、お昼のいちばん軽いおまかせをいただきましたが、十分満足しました。
泣く子も笑うあけ~みちゃん=小山明美と「おいしいねー(^o^)/」と言いながら、さっさか1時間ほどでいただいたお昼でした\(^o^)/\(^o^)/

わたしはいきなりすごい勢いで握りをいただくのが好きですが、ちゃんとおつまみから始まるコースもありますから、お酒飲みの皆さん安心を。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「鮨 忠保」お昼のお寿司で幸せ\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、京都にいても、お寿司を時々食べたくなるエリーでございます。

クラブエリーをこちらで再び!の声が多い、祇園の「鮨 忠保」さんです。

お盆明けの週のあるお昼、前回と同様、握りだけのおまかせをいただきました。

●握りの前は酸味の一品これだけです。その後すぐに握りというこのスタイル、わたしはとても好きです。

(おつまみのついたコースもあります。)

●以下、いただいた中からとりわけ感動深かったものです。

●星かれい。旨味明確な贅沢な白身。これはほんとーーーにおいしかったです。

●こちらのお寿司、本当においしいと思います。
この日は摂田直之さんが握ってくださいました。
「鮨 忠保」さん、また伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 祇園の「鮨 忠保」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、お寿司も嫌いではないエリーでございます\(^o^)/\(^o^)/
少し久しぶりに祇園の「鮨 忠保」さんへ。クラブエリーでもお世話になっています。再訪したいの声が多いお店です。

初回訪問(2017年12月)の投稿はこちら。

そして今回も、
おいしかったおいしかったおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
*****************

●もずくとじゅんさいの酢の物

●まこがれい

●春子鯛

●藁でいぶしたかつお

●あおりいか

●白海老、上にカヴィア

●あじ

●いわし

●大とろか、まぐろ赤身

●こはだ

●たいら貝

●雲丹

●車海老

●昆布森の牡蠣

●のどぐろと奈良漬

●穴子

●たまご

●横綱あさりのお椀

●たくあん巻き

*****************

●店主の森田忠保さんです。見惚れる包丁技、かんぺきな握りを披露してくださいました。

以下、お寿司のコースから抜粋で、

●まこがれい

●藁でいぶしたかつお

●あじ

●いわし

●茹でて、甘みを最大限引き出した車海老

●切子のお猪口の底に「忠保」、透けてきれいでした。

「鮨 忠保」さん、また必ず伺います。

*****************

「祇園 鮨 忠保」電話 075-541-6611

京都市東山区祇園町南側572-9

(花見小路を四条から下ル、ひと筋めを西に入ル北側)

昼夜営業、不定休、要予約、カウンター12席。(2階もあり。)全席禁煙。

2017年4月26日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「乙羽」蒸し寿司

■ 全国100万人の読者の皆さま、年末年始も普段と変わらぬエリーでございます。日常を淡々と過ごしています。淡々とも言えないような気もしますがww

でもいつもより少し時間の余裕があり、この季節にいただきたいもの、先日来ずっと食べたくてしょうがなかったものを食べに出かけています。

その1は新京極の「乙羽」さんの蒸し寿司\(^o^)/\(^o^)/

お店の表記は「むし寿し」ですね。

●「家でた易くむせる」「紐をひくとあつあつ
わたしはこれを見るのが好きでしょうがないです。
とりわけ「た易く」っていうのが好き(^o^)(^o^) 「たやすく」をわざわざこう書く人はなかなかいないと思う(^o^)/

●この時期必ず一度は訪れていただく蒸し寿司、店内でいただくのは1400円。はほわほわで熱々、幸せそのものになります(^o^)(^o^)

今回はお吸い物 340円を足して、贅沢をしたのでした\(^o^)/\(^o^)/

乙羽」さん、また伺います。

*****************

「乙羽」おとわ
電話 075-221-2412
〒604-8042
京都市中京区新京極通四条上ル東側
11:00~20:30LO・21:00閉店
月曜休み
テーブル48席 予約不可
2015年秋より全席禁煙\(^o^)/
明治35年創業

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー@「水暉」お寿司と天ぷら

■ 全国100万人の読者の皆さま、ひっしのエリーのクラブエリー報告でございます。

●6月12日(火)お昼はザ・リッツ・カールトン京都水暉」さんにお世話になりました。お鮨と天麩羅2グループ、同時開催しました。わたしは行ったり来たり、同じお店内でもひろーいから、かなり運動になったと思います(^o^)(^o^)/

●お鮨コーナーの平公一さん、お世話になりました<(_ _)>

●天麩羅コーナーの藤元健司さん、お世話になりました<(_ _)>

●そして何より料理長・三浦雅彦さん、今回も強烈おもしろかったです。普通ではない\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆ 
サーヴィスの石井直毅さん他皆さんも。

以下、お寿司と天ぷら入り混じっての写真ですが・・・

ザ・リッツ・カールトン京都水暉」さん、至れりつくせりのいたつくにしていただきました。

楽しいおみやげもいただきました・・・次の投稿で。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「水暉」で「トリンバック」イヴェント

■ 全国100万人の読者の皆さま、すてきなイヴェント報告のエリーでございます。

5月21日夜、ザ・リッツ・カールトン京都水暉」さんで開催された、アルザスワインのメゾン、「TRIMBACH トリンバック」さんとのコラボレーションディナーに参加させていただきました。
ワイン5種類と、それに合わせたお寿司や料理を楽しむコースでした。
黒むつをテラスで焼くとか、鱧切りをするとか、鱧しゃぶをするとか、見せ場もたくさんありました。
●今回ご一緒させていただいたのは 料理飲料部長のJeremy EVRARD ジェレミー・エヴラールさん、日本に着任されて7か月、その前香港に13年というフランス人の方でした。

●「水暉」三浦雅彦さんはホスピタリティ精神を全開にして、今回も作品をくださいました・・・墨絵のうちわね(^o^)(^o^)/ お料理の早見義昭さん、お寿司チームの平公一さん、射場智左季ちゃんもお世話になりました。そして精鋭サーヴィスチームの皆さんのもてなしも心地よいものでした。
同じテーブルでご一緒させていただいた皆さん、とても感じのいい、話して楽しい方々でした。出会いを喜びました。
なんだかいいことしかなかった夜、皆さんに感謝。

●こちらを振り向いているのが Jeremy EVRARD ジェレミー・エヴラールさん。

ザ・リッツ・カールトン京都水暉」さんは来月クラブエリーでも伺います。皆さんどうぞ激しく楽しみに\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリーお寿司@「鮨 仙太」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

クラブエリーお寿司@「鮨 仙太」さん、5月7日(月)9日(水)とお世話になりました。

●店主の土子亮二さん、常ににこやかに、けれどものすごい勢いで出してくださって、クラブエリーの欲深い女たちも喜びました。

●写真は握りに至るまでの、料理だけでこれです、驚きの充実ぶり・・・( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) この後お寿司を数貫と手巻きと玉子、青さ味噌汁で、お腹いっぱいいっぱいになっていただきました。土子亮二さん、祥子さん、スタッフの方々、御礼申し上げます。参加者の皆さんもありがとうございました。
「鮨 仙太」さん、来週あと1日やります。終わってから全容を明らかにします。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************