■ クラブエリー第3金曜@「天ぷら 松」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。6月のクラブエリー第3金曜を、松尾の「天ぷら 松」さんにお願いしました。
3月のNHK文化センター講座の記録です。←これアップの後から参加希望者がずっと続く圧倒的な人気でした。1階奥のお部屋と、2階のお部屋に分かれてお邪魔して、わたしはひたすら上下行き来しました。わりとゆっくりめに進んだコースでしたが、わたしにとってはいつもと同じ。今回もあっという間のクラブエリーでした。
■ 少しも天ぷら専門店ではない「天ぷら 松」さん、今回も独創性が感じられるお料理でした。以下、コースを順番にいきます。

IMG_7299.jpga

●ほたるいかとお赤飯、熱々で。ひと皿めからやられたー<(_ _)><(_ _)> という感じでした。これは20名近くで入らせていただいた1階奥のお部屋、目の前で仕上げてくださいました。

IMG_7292.jpga

●番頭の細川さんです。下味をつけておいたほたるいかをまずまな板に並べ、

IMG_7296.jpga

●切ります。切ったものを、熱々の容器に入れます。ちゃーと音がして、ほたるいかの旨みを感じさせる、強烈にいい香りが立ちのぼります。そこに、

IMG_7297.jpga

●お粥状のお赤飯を注ぎ入れると、ほたるいかのみその旨みと混じり合って沸き立って、うま過ぎ天国といったお皿になりました。

IMG_7284.jpga

●2階のお部屋でも同様にできたてを供してくださいました。ひと皿めから度肝を抜かれるプレゼン、強烈なおいしさ。熱々に熱することができる器は特にこの一品のために特注されたそうで、これを食べていたく気に入ったアラン・デュカスさんもこの器を注文なさったというエピソードを伺いました。
●この後は、フロアによって、テーブルによって、出された順番が違います。

IMG_7307.jpga

●お造り 甘鯛、とり貝、いか 醤油と海苔醤油

IMG_7315.jpga

●お造り いさき焼き霜

IMG_7316.jpga

●桜海老の茶碗蒸し、ビスクソース。これも桜海老の香り強烈、やられたと思わせた一品です。

IMG_7320.jpga

●美山の鮎の揚げ物、下に鱧の骨せんべい。

IMG_7322.jpga

●ちらし寿司は、鯛昆布締め、穴子、あじ、とろ、いくらなど。

IMG_7327.jpga

●雲丹と湯葉を、熱々で。これもこの料理のために器は特注されたとのこと。

IMG_7328.jpga

●天ぷら(1) 天ぷらは最後に供されます。これは4名分で、おくら、まながつお

IMG_7337.jpga

●天ぷら(2) 鱧、れんこん

IMG_7330.jpga

●氷で作られた器に、よもぎうどん

IMG_7338.jpga

●わらび餅。この後、紫色のハーブティをいただいてごちそうさまでした<(_ _)>

 

IMG_7340.jpga
●また必ず伺いたい「天ぷら 松」さんです。
松野俊雄さん、麻里子さん、母上、スタッフの皆さまに御礼申し上げます。<(_ _)>
参加してくださった方々も、ありがとうございました<(_ _)><(_ _)>
**********************************
「天ぷら 松」 電話 075-881-9190
京都市右京区梅津大縄場町21-26
(四条通をひたすら西へ、松尾橋手前の道を少し北上)
昼夜営業、水曜休み
**********************************

****************************************

わりと好評(笑)、クラブエリー(^o^)(^o^)/
ご入会ご希望の方は、こちらをご覧ください

****************************************

本サイトは10年間の記録であるココログニフティ
関谷江里の京都暮らし(4285記事)

から移転・新装したものです。

****************************************