■「祇園にしむら」2016年6月のコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、週半ば、6月の「祇園にしむら」さんのお料理をいただいて、大満足だったエリーでございます。

IMG_7451.jpga

●いつものように胡麻豆腐でスタートします。

IMG_7455.jpga

●お椀は、鱧と焼き茄子。鱧はふんわりして、口に入れるなりほぐれて旨みが広がり、塩気ほどよく、これわたし本当に好きです。焼き茄子がいい香りと優しい食感を添えていました。完璧なお椀。

IMG_7459.jpga

●お造りは鯛とまぐろ。わたしは今回はまぐろが特別おいしいと思いました。

IMG_7465.jpga

●いつもの鯖寿司です。

IMG_7469.jpga

●八寸は、じゅんさい/いちじくといんげんを和えたの/鱧とおくらたたいたの(本当は蛸でしたがわたしは蛸要らないので)/からすみ/白ずいき、海苔、うに

IMG_7473.jpga

●鱧蒲焼。食感すごくよくてかんぺきに焼けてます・・・が、わたしは蒲焼きはあまり好きじゃない。塩焼きでいいのに。と店主さんに言ったら、「知ってる」と言われた~~( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) 蛸は何も言わないでも差し替えしてくれたのに、このマダラなもてなしよ。

IMG_7475.jpga IMG_7479.jpga

●夏野菜の焚き合わせ。これほんとーにおいしかったです。あんかけとろりん、具材は冬瓜、焼き南瓜、白ねぎ、どんこ椎茸、万願寺唐辛子。さいの目で見えているのがズッキーニで、これが食感はっきりしています。仕上げに茗荷。うっとり優しい味でした。

IMG_7481.jpga IMG_7482.jpga

●鮎の天ぷらがご飯にのってきました\(^o^)/\(^o^)/ 最後に鮎、余裕のやり方(^o^)(^o^) 枝豆のかき揚げ、とうもろこしのかき揚げ。しみじみおいし。コース全体するりと食べやすくて、今日もかんぺきのぺき子ちゃんだったなあと思ったのでした。わたしにとっては、蒲焼きをのぞいて。笑。

IMG_7486.jpga●マスカットに、白ワインのジュレ。和食のコースの最後の甘味は、こういうのがわたしいちばん好きです。落ち着きに向かって、収束していくのが和食で、大人らしくていいです(^o^)(^o^) これフランス料理なら、お料理ひと通り終わってからフロマージュで新たに旨みを与えられてふわああああ~と盛り上がり、デセールで再び血糖値とテンションがどど~と上がる、と。向かってるところが逆なのよね。

■ 今月もおいしかったし、気楽でおもしろくてよく笑った「祇園にしむら」さんの夜でした。ほんとおもしろかった・・・いつも、全部忘れてすかーっとします。(^o^)(^o^)/

***********************************

本サイトは10年間の記録であるココログニフティ
関谷江里の京都暮らし(4285記事)

から移転・新装したものです。

***********************************