■「ろうじな」の梅おろしそば

■ 全国100万人の読者の皆さま、秋になったはずだというのにいつまでもじめじめ蒸し~として、爽やかなものを食べたいと思ったエリーでございます。10日ほど前の夜に、どうしても食べたいと思い「ろうじな」さんへ。20:00LOですから、19:40くらいには入らなくちゃー♪

img_3391-jpga

■ こちらでいただくのは初めての、梅おろしそば 980円です。細い蕎麦に、大根おろし、大葉の極細千切り、梅がよーーく合って、張られた冷たいおだしは少し濃いめ、「まさにこういうのが食べたかった\(^o^)/\(^o^)/」という感じで気持ちにぴたりとはまったお蕎麦でした。

img_3383-jpga

■ 冷たい蕎麦のお品書きはこんな。梅おろしそばは、わたしは食べたことがなかったと思います。自分にとって初めてのものって問答無用でうれしいのです。

img_3385

■ で、お蕎麦の前にいただいたのはこれ。「すぐ出る」にひかれて、

img_3387-jpga

■ おひたし 400円。生湯葉と青葉でさっぱり。

img_3389-jpga

■ その後黒板書きの「本日の肴」より、そば屋のとり天 600円。これ天国です。これは「なかじん」さんの味をそのまま継承ですね。

師匠のなかじんさんの方にわたしこのところ伺えていないのですが、これをいただきつつ「なかじん」さん賞賛の気持ちです。<(_ _)><(_ _)>

img_3384-jpga■ ちなみにこの日はこんなでした。「ろうじな」さん、気軽に伺えるうえお蕎麦もお料理もとびきりおいしくて、ほんといいお店です。

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************