■ 赤リュック2つ導入\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、わりと赤色が好き、きらいと言えば嘘になるエリーでございます。

(この回、食の話ではないので、興味ない~という方は飛ばしてください。)

ここしばらく、2か月くらい前から、肩が痛い肩が痛い肩が痛い( フィフティ・ショルダー( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) )

人ごとと思っていたことが、わが身に起こったのでした。あわわ。

いつも右肩に重い荷物載せていたのだけど、それが全く無理になって買ったもの:

■ その1がこれ。ものすごく久しぶりにリュックサックです。

●この色、500%気に入って、わたしのために作られた商品と確信して即買いしました。祖国(笑)のブランドなのもよいです☆☆☆

 

●だいぶ厚みもあります。たっぷりものが入ります。けれど、たて40cmとちょっと大きい・・・

*****************

■ それでまた買い物、その2

●これはずっとコンパクトです。これも祖国のブランド\(^o^)/\(^o^)/

 

●薄い軽い、ぺたんと畳めるシリーズ「ル・プリアージュ」の、ごくカジュアルなリュックです。A4がちょうど入らないくらいの小さいサイズ(笑)。でもこれもかわいい。愛がわきます。

肩は上がらんがテンションが上がった買い物ふたつでした。

かなり重い荷物がある時でも、激的に楽になりました。\(^o^)/\(^o^)/

*****************

●で、今度はこれもいいと思う(まだ買っていないけれど)。

●大阪発、「アネロ」のリュック、がま口式にぱっかんと口が開きます。すごく使いやすそう! それのカンヴァス地ではなくて、高密度ナイロン製。こういう赤の色みの服も多いので、きっと合います。かなり欲しいと思う。4千円少しだから、買えそうと思う。

*****************

■ そもそも、何でこんなに荷物重いかと考えたわけです。

一度「ふだんの基本の持ち物を入れたバッグ全体」を量ったら、3㎏ ありました。

3㎏って砂糖袋3つではないの(*_*)(*_*)

さらに、その日の用件によってはそこに本や紙資料が足されます。
ノートPCを持って行くことももちろんあります。

しかしなじぇ、基本の持ち物が3kgにもなるのか?

それで、基本の持ち物の重さを量ってみました( ̄○ ̄;)

*****************

(これだけは近くの買い物でも必ず持って行く)

●財布 300g
●スマフォ 330g
●コンパクトデジカメ 270g
●その替え電池 23g
●家の鍵 25g
●テイッシュ 12g

*****************

(食事、取材などには以下を足して持って行く)

●手帳 215g
●ノート 100g
●名刺入れ 60g
●カード入れ 135g
●ペン2本 24g
●ミラーレスデジカメ(料理専用)EOS M3レンズ付き(袋入り)570g
●その替え電池 43g

●Kindle専用機  200g

●折り畳み傘 90g
●白正方形ハンドタオル(自転車用) 38g
●45リットルポリ袋(雨用) 13g
●ギャルリラファイエット赤折り畳みショッピングバッグ 48g

●バッグインバッグ 155g

●ジップ袋詰め、薬やポリ袋や替えSDカードなどもろもろ 80g

*****************

●各々を量った後に合計してみたら、確かに3㎏になるわ(*_*)(*_*)

軽い小さなものばっかりでも集まればまとまった重さになります。

さらに、ミラーレスのデジカメ、本格的なカメラとしては軽いとはいえ、重さとなっているのです、当たり前だが。

そもそもカメラ2台持ちも重さの大きな原因なんでしょう。

それと、わたしは長財布を持つし、スマフォは新書版くらいあるタブレットに近いものだし、ほっておいても荷物が重くなるわけです。

●徹底して軽くすることにしました。

*****************

毎回必要な最低限のものしか持って出かけない。

小さなデジカメで済むところはそれだけで行く。

Kindle専用機は持ち歩かず、スマフォで読むようにする。

*****************

以上を実行するようになったら、確かにだいぶ軽くなりました。

基本の荷物を軽くする、持ち運ぶ荷物がある時はリュックを使う・・・今後の人生これでいきます。

リュック採用で、重いもの持って歩く時、劇的に楽にもなりました。

よかったー\(^o^)/\(^o^)/

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************