■ 新しいフランス料理店「Droit(ドロワ)」

■ 全国100万人の読者の皆さま、すてきな新店に伺ってテンションがあがったエリーでございます。(肩はまだ上がらんが(*_*)(*_*))

●「Droit(ドロワ)」というお店、寺町通荒神口上ル。「ベルクール」「AU DISCO」などで修業された、森永宣行さんのお店です。

●こんなエントランス。ガラス張りで、森永さんの姿が見えています。

●入るなり厨房という造り。ピカピカで、胸がすくようにきれいです。

●森永宣行さん、コックコートにびしっと身を包んで、「AU DISCO」の時とは雰囲気が違います。

●今出川通の「アルチザナル」さんのパンが整然と並んでいます。

●天井の高い造りで、まだ稼動させていませんけれど、中2階もあります。

●今はこの客席部分で、8席とのこと。ゆっくりのスタートで、満席にはしないということ。

料理は10000円(+税)1コースのみ。

●発泡ミネラルウォーターで始めました。

●オゼイユの酸味と時しらず、カヴィアの旨みでいきなり美味なグジェールがアミューズに供されました。

●「アルチザナル」さんに特別に焼いてもらっているパンを、温め直しなしで出しているとのこと。オープン時間に合わせて仕上げてもらっていると。

●オマール海老のスープでスタート。甲殻類好きにはたまらない旨さで、これだけでも天国と思います。

●「追いオマール」だそうです。爪の部分と野菜たっぷりのサラダ。オマールはもちろん、いんげんがものすごく美味。

●ほとんど飲まないわたしですが、1杯だけワイン飲みました。さわや~かで料理のおいしさを引き立てる、よいセレクションでした。

●サマートリュフをばさばさと目の前でかけてくださる魚料理は、

●五島列島のいさきでした。この火の入れ加減、とてもよかったです。パリパリでしっとり、完璧でした。黄色ズッキーニと黄色カリフラワー。ヴェルムート(ヴェルガモット)のソースです。色が揃っていたのも視覚的に心地いいと思いました。

●大和牛の内もも肉の、フランス溶岩グリエ。ソースボルドレーズ。クレソン、おかひじき、ジロールを合わせたもの。

●サンマルスラン、下にクランベリー入りのパン。ハードタイプはマンジャクリ。岡山・吉田牧場のもの。

●デセールはプリン(クレームカラメルとは言わず)でかわいいと思うのだけどコニャックが添えられて、かけて食べたらものすごく大人の味。

●食後の飲み物はアンフュージョンですが、シャルトリューズが合わされるセンスがすてきでした。シャルトリューズを注いで飲むと、また別物になりました。

気の入った料理、よき組み合わせ、ほどよい量で、とても満足度の高いディネをいただけました。また伺います。

これからはやりますよーん\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「レストラン ドロワ」Restaurant Droit
電話 075-256-0177
〒602-0858
京都市上京区寺町通荒神口上ル東桜町49-1
18:00~22:00
全席禁煙
2017年6月15日開店
*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************