■「東山 吉寿」クラブエリー12月 

■ 全国100万人の読者の皆さま、ハデなクラブエリーでテンション激しく上がったエリーでございます。いやもうハデハデ。

12月18日(水)クラブエリー@「東山 吉寿」さんで蟹蟹蟹。
しゃぶしゃぶした松葉蟹を蟹味噌にひたして食べ、その後、蟹の身入り飯蒸しを投入して蟹リゾットにして食べる、その後またこっぺ蟹のおでん出てくる~~という強烈なコースでした。
いちいち旨いの、迫力あるの、おもしろいの(^o^)/
22000円の価値が十分ありました\(^o^)/\(^o^)/

●店主の鈴木吉寿さん。まずは(予定していた津軽ではなく)伊根のまぐろがあまりによかったからこれを、と脂のりのりのりのまぐろプレゼンから始まりました。

●シャンパーニュのプレゼンはこんな( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●「松葉蟹とおでん」というテーマです。それでいきなり大根なんだけど、これは加賀大根をすっぽんスープで炊いたものww

亀甲形になっているのです。生姜も効いて、いきなりハデにうっまいわ、、、( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●百合根だんごと言われて、、

●中は松葉蟹の身びっしりで旨旨、、、( ̄○ ̄;)

下は菊菜ソース。

●かぶらみぞれ仕立てのお椀、中に揚げた胡麻豆腐入り。椎茸、ちしゃとう、金時にんじん。

●かわいい顔をしてプレゼンしてくれたまぐろが、

●同じく伊根のぶりと共に供されました。

●もう、もう、強烈なとろとぶりでした。旨旨旨・・・いずれも脂分をたっぷりたっぷりかかえ持っていました。

とりわけまぐろに関しては、赤身の方が好きという方もいらしたかもしれません。

●雲子をしゃぶしゃぶして・・・

●ちり酢をかけて供されました。

わたしはもう雲子は要らなくて、差し替えのお手間ごめんなさいでした<(_ _)><(_ _)>

●吉寿さんがプレゼンします。松葉蟹、1.2kgほどのものだそうです。

●これら2杯の蟹を、

●すごい勢いでさばいていかれました。

●こういう感じで、

●しゃぶしゃぶして、

●蟹味噌に浸す、と。

●そら旨かろう~~\(^o^)/\(^o^)/

予想通りに激しく旨い一品でした。

●そして蟹味噌リゾット\(^o^)/\(^o^)/

●蟹はこの後も出てきます。

●いつもの燻製チーズ旨し。

●海老マヨだって(^o^)
海老は海老でも、海老芋です。牡蠣フライと。上からタルタル。オイスターソース。日野菜と。

●こんどはこっぺ蟹。蟹だしでこっぺ蟹おでん\(^o^)/白菜と。

●こんな感じ。ひとりに半身でたっぷりです。おだしおいしくて全飲み!!!

●おでんもうひと皿続きます。

●鶏つくねと聖護院かぶら。鶏がらと豚ミンチで取ったスープということ。

●至高のにゅう麺か、究極の天津飯という選択で、いずれにも蟹は使われることを確認した上で、これはにゅう麺です。
葛でとろみがつけられていて熱々熱々で、いや本当に至高の味でした<(_ _)><(_ _)>

●デセールに、紅まどんなを搾り始めたと思ったら、

●カクテルだって、、ウオッカとコアントローが見えているでしょ。

ステアしたら混ざるでしょう~というのはしろうとの考えで、

●吉寿さんは高らかにシェーカーを振っちゃうのでした\(^o^)/\(^o^)/

●カクテルできました\(^o^)/\(^o^)/

●スクリュードライバーでした。

あーもう最後まで圧倒されっぱなしでした\(^o^)/\(^o^)/
吉寿さんありがとう、スタッフの皆さんありがとう、
参加者の皆さんにも御礼申し上げます。

次のクラブエリー@「東山 吉寿」さんは、(ひと月飛んで)2月です。2月はテーマがお寿司だそうな\(^o^)/\(^o^)/ あと1席だけありますー\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

関谷江里