■「仁修樓」初訪問

■ 全国100万人の読者の皆さま、やっとこさ出かけたエリーでございます。
京都市北区、玄以通、大宮交通公園交差点からほんの少し南に下ル西側の「仁修樓」(にしゅうろう)さん。2019年11月にオープンのお店です。
よかったーーーーーーーーーーーーーーーー\(^o^)/\(^-^)/\(^o^)/☆☆☆☆☆☆
どのお皿も丁寧なお仕事で、実においしかったです。
モダンな店内ですが、器は景徳鎮を中心にガラスや青磁が使われ、美麗で見飽きることがありませんでした。紹興酒に漬けた海老も、ぶ厚いふかひれも、上湯スープも、麺も、何もかも、ジャストに味が決まって美味の連続、ものすごくよかったです。
マンゴープリンなんか8割がフレッシュマンゴーというあり得ないようなできたてのおいしさでした。
ホテルで長年仕事をされてきた店主の上岡誠さんですが、ホテルではできなかったことを今実現されているみたいです。喜んで仕事をしていらっしゃることがひしひしと伝わってきて、食べながら幸せな気分になりました。

1日今は2組のみということで、2回転目の19時半~カウンターの席で。

お料理は9000円(税別)のコースです。本当に良心的だと思いました。

ただし、タクシー代は街なかから片道で2500円upという感じですね。(^o^)(^o^)

●これがエントランスね。かっこいいの☆☆☆

こうあるらしいです。

************

小有余芳洒一杯
水邊亭子長莓苔
黄雞白菜尋常味
一到村頭便好来

************

ウエブサイトの「ご挨拶」ページ からのコピーです。)

●位置皿の上にガラスの器、花の形に彫った野菜に水が張ってあって美麗です。

●これがこの日のメニューです。書かれる文字もきれいで目に心地よく、よいなあと。料理7品、甘味1品です。

●ひと皿めは、花彫=紹興酒漬けにした車海老。酔っぱらい海老とある通り、紹興酒の風味が染み込んでうんまいの\(^o^)/\(^o^)/

下に糸瓜、ペリーラ(紫蘇のベビーリーフ)。

●彩りの前菜。
・丸いお皿が帆立。柚子の香り、スパイシーパウダー

・お茶碗にはくらげ

・れんげは黒糖で風味をつけたピーカンナッツ

・四角いガラス皿は、白菜、胡瓜、茗荷(甘酢漬け)、トマト(杏酒漬け)。

●前菜の続きで、よだれ鶏。夕方に蒸して、冷やさずにスープに浸けおいたというもの。いまだかつてないような食感。なめらかさと柔らかさがたまらないと思いました。上にかかっているもろもろがまた風味を添えて旨かったです。

●蒸しスープは7時間蒸したものとのこと。上湯スープに、鶏肉、蓮の実、杏仁、くこの実、なつめ、花椎茸、干し貝柱、金華ハム。

滋味あふれる味。身体ぽかぽかになりました。ほんとーーーーーにおいしかった。

調味料一切使わず素材だけの味、とおっしゃるので、「塩だけ?」と尋ねてみたら塩も使っていないと。金華ハムと干し貝柱の持っている塩味だそうです。

●広東式鶏のローストです。鶏のもも肉、すでに火を入れてあるものを、油をじゃんじゃんかけて皮をパリパリにしています。

●鶏肉は外側パリパリ中はしっとり、実に実に旨いのです。野菜と共に盛られて、サラダ仕立てということ。サラダほうれん草、とうもろこし、見えないけれど奥に水茄子(赤酢ドレッシグ)、アメーラトマト。

●カウンター8席、お部屋は6席ほど。今は調理を上岡誠さんひとりでされています。

●白玉蔵珍 というのは、白玉=宝石の中に貴重なものがしまわれているということだそうです。

冬瓜です。くり抜いた冬瓜、うっすらシート状の冬瓜が上にのせられています。

●そっと薄絹のような冬瓜をはがすと、海の幸山の幸が詰められているというわけ。蟹、海老、鴨、金華ハム。

とろっとしたスープがかけられていて、ああもう旨いったらない(*_*)(*_*)(*_*)

●美しいお椀が出てきました。

●ふかひれスープです。上湯スープに少し醤油。

●分厚いよしきり鮫の尾びれです。うっまい(*_*)(*_*)(*_*)

●合わせているのは生湯葉です。もうもうもう天国だーと思った一品でした。

●器がきれいだから見せていただきました。研究熱心な上岡誠さん、ホテル勤め時代は年に2回は中国に行ってあちこち巡り、持てるだけお買い物して来られたのだそうです。「今は行けない、、」って。ほんと。みんな行きたいところに自由に行けない日々。でもこんなおいしいものをいただけるのだから十分幸せです\(^o^)/\(^o^)/

●麺も自家製麺とのこと。塩もかんすいも使わないと。小麦粉と卵と水だけで作られているそうです。

●上湯スープに、大徳寺納豆を細かく砕いたものを入れて、風味あるスープになっています。

●麺はつるつる食べ心地よく、スープはもちろん全飲みしました。大満足。

お料理はここまでです。

●また仰天した甘味、マンゴープリンでした。フレッシュマンゴーが8割と。風味濃厚にして絶佳、あり得ないおいしさ\(^o^)/\(^o^)/

●胡麻だんご、揚げたてをいただきました。中のあんが濃厚でとても好み・・・ちょっと極端なほど好み・・・尋ねてみたら、少しショコラ入りということでした。納得。

●これは個室です。
遠いなあなんて思っていたのだけど、もっと早く伺えばよかった。もたもたしていたらあけーみが予約してくれて助かりました。あけーみ=泣く子も笑うコンシエルジュ、小山明美です。会ったの少し久しぶりだったんだけど、やっぱりおもしろかった\(^o^)/\(^o^)/
●「仁修樓」さん、また伺います。
いろいろお願いごとをしてきました。皆さん楽しみにしていてね\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里