■ 開店したての「即今 藤本」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、ごきげんエリーでございます。

12月27日夜、12月15日に開店したばかりの「即今 藤本」さんを初訪問。
「路地 中ノ」の中野宏崇さんと塔本亮平さんに行くようにと言われ、これは間違いなかろうと出かけたのでした。
■ 二条通河原町西入ル南側にあった「二条 即今」が、料理人が藤本宏和さん(元「粟田山荘」料理長)に交替して料理ががらりと変わっていました。
山口拓朗さんの時も粋なお店でしたが、今回また改めて、よかったー(^o^)/☆☆☆

うにや雲子や鰤やこっぺ蟹や松葉蟹など華麗なおまかせをいただきました。

今のところ夜のみ営業(1月半ばから昼営業の予定)、8席(詰めて9席)、15000円。

以下、順番にいきます。

●まず紫蘇香煎でもてなされました。

●柚子釜が炭火にかかっていて、ふわあああと馥郁たる香りが漂っていました。

●店主の藤本宏和さん。「カウンター仕事したことないし、話は苦手」なんて言いながら、ものすごーく感じのいい方です。

「入舟」と「粟田山荘」(「京都ホテルオークラ」さん)と「桜田」さんで修業されたと聞いて、この料理の流れがよくわかりました。これは最強だわ(^o^)/

●柚子釜、中に雲子、雲丹、とろとろのあんかけ。

●こんな風に供されました。食前酒ひと口も供されました。三重の而今(じこん)というお酒。おいし(T_T)(T_T)

●こっぺ蟹です。上に生姜、下に湯葉。土佐酢ジュレと。おいし(T_T)(T_T)(以下略。)

●ひらめと剣先いか。藻塩と醤油と。

●富山の寒鰤の薄造り。やっぱりおいし(*_*)(*_*)

●はまぐりしんじょう。潮汁。ものすごくおいし(*_*)(*_*)

●さすが「桜田」さん仕込みの八寸です。

金目鯛の若狭焼き(酒と醤油で薄味)にくわいチップ/車海老とカヴィア/いくら醤油漬け/子持ち昆布にほうれん草お浸し/大黒しめじとはなっこりーみぞれ和え(本来牡蠣のみぞれ和え)

●塩気ほどよい自家製からすみです。そのからすみで、

●からすみ餅+海苔です。上からおろしからすみでダブルからすみ攻撃、これは旨いわ。お酒を飲む方は激しく進むと思います。

●香住揚がりという松葉蟹がプレゼンされ、生と焼きの比率を尋ねてくださいます。

わたしは生は少しでいいから、甘みの出る焼きを多くしてほしいとお願いして・・・

●まず生で。さっきまで生きていたという蟹です。新鮮そのもの、口あたりやわらかでほのかに甘みも感じられて、これは旨いわ( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●しかし目の前で炭火で焼き立て、これの方がやっぱりわたしは好きかなあ。うっすら塩味で甘い蟹の風味を楽しみました。冬の幸せ。

●ご飯ものの前に香の物が供されて、どんなご飯かしらんと楽しみに待ちます。

●蟹雑炊でした。熱々はふはふで、蟹味噌の旨味やら身の甘みやらを楽しみました。なめこもたっぷり入っていました。海苔の香りがふわあああと香り立ち、旨さを引き立てていました。

●いちごは「さぬき姫」というの、こぶしくらい大きいものでした。洋梨はラ・フランスです。

●きんとんも自家製で、中は粒あんでした。

●お薄をいただきごちそうさまでした<(_ _)>
全部よかったーーー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●11月末まで「粟田山荘」で仕事されて、12月15日に怒涛のオープンだったというお話を伺ったりもしました。お話おもしろくていろいろ興味は尽きなかったです。
来年1月半ばから昼営業もされるそうです。
とてもよかったのでさっそくお願いごとをしてきました。
クラブエリーの皆さん楽しみに(^o^)♪

●店主の藤本宏和さんに、二番手の宮坂泰至(みやさかやすし)さん。

●迫力あって美麗な開店案内を見せていただきました。

●これからはやるお店です\(^o^)/\(^o^)/

*****************

「即今 藤本」 電話 075-708-2851

京都市中京区二条通河原町西入ル南側

2017年12月15日開店

今のところ夜のみ営業、
来年1月半ばから昼営業の予定。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

 

関谷江里

■「祇園にしむら」2017年12月のコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、ごきげんエリーでございます。これだけ旨いもの食べてごきげんにならないでいられようか?(いいやいられはしまい。)

12月の「祇園にしむら」さんもメロメロにおいしかったのです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

順番にいきます。

●12月に誕生日の人が2名いて、シャンパーニュでお祝いしてもらいました。Dさんありがとーう!

●胡麻豆腐でスタートします。

●「すっぽんぽん」といって出てきたすっぽんのお椀も旨すぎ絶句。このおだしの上品でいて、旨味の深いこと。

玉子豆腐にすっぽんの身入り、鶏の卵黄、焼きねぎ。

●鯛、まぐろ、紋甲いか。

●白井半七さん(8世)のお皿、なんともかわいくて好きです。ずらりと並べてもらいました。

●鯖寿司。大好きだけどわたしはこれ撮影だけ。

●八寸も真冬仕様です。

なまこ(これは差し替えで鯛)/柚子釜に、雲子、下仁田ねぎ、椎茸、帆立、味噌/焼いたぶり、大根おろし/くわいのすってまとめて揚げたもの/菊花かぶら/海老芋揚げたの/からすみ。

すべて申し分なくおいし☆☆☆

●白味噌お汁にお餅で、お正月気分になりました。

●蕪蒸し、蟹の身、みそ、内子と外子も。中に百合根、銀杏、鯛。とろとろのあんかけ。

●かき揚げのご飯に、止椀は赤だしではなくお吸い物。中にわかめと蕪。

●いちごと洋梨、白ワインジュレ。

●お重が飾られて、もうお正月の感じです。

●玄関入ったところもお正月の飾り。

今回もしみじみよかった12月の「祇園にしむら」さんでした。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

関谷江里

■ 撮影と取材@「喜心」

■ 全国100万人の読者の皆さま、

12月22日午後、撮影で祇園の「喜心」さんに伺ったエリーでございます。

前回の夜営業の記録

初回の記録

●お汁やら、

●こうして目の前で炊かれるご飯やらを撮影・取材させていただきました。

 

●中東篤志さんめちゃくちゃに感じがいい方です(^o^)☆☆☆
話を聞いてみたら、人生全般ずっと運のいいラッキーボーイだったみたい。かわいがられ上手というのも才能だ\(^o^)/\(^o^)/

●カメラマンはしげさん=鈴木誠一さんです。

●しげさんを撮るわたし。
その様子を撮る篤志さん。
これ全体を撮ったのはスタッフの石上和嗣(いしがみかずし)さん。
おもしろかったひと時\(^o^)/\(^o^)/

喜心」さん、また年明けに参ります。

●さて、帰り道・・・

●帰途、大和大路の方に出てきて、書店の「天狼院」を外から眺めたり、「花重」という花屋さんを外から見たり。

●さすがに祇園の花屋さん、団扇が飾られて、花街独特の風情がありました。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

関谷江里

■ 朝日カルチャーセンター@「御幸町 田がわ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

12月の第2木曜日、朝日カルチャーセンターのお昼を「御幸町 田がわ」さんにお願いしました。
ぶりにこっぺ蟹に金目鯛、白子に雲子、牛肉も。
冬のご馳走尽くしにしてくださいました。

*****************
●先付
河豚白子焼き、河豚の身炙り、蓮根のおやき、喰いだし、柚子
●向付
鮪、鰤 あしらい一式
●お椀
焼金目鯛、淀大根、原木椎茸、九条葱、木の芽
●八寸 紅葉名残り
香箱かに 生姜酢ジュレ、クワイ煎餅、助子梅煮、車海老旨煮、胡麻味噌和え(百合根、粟麩、三つ葉)
●焼き物
海老芋雲丹焼き、雲子焼き
●酢の物
三重産赤なまこ 、このこ、柚子
●焼き物2
仙台牛イチボ焼き、かぶら千枚漬け、あんずのソース
●炊合せ
煮穴子、堀川牛蒡つくね芋射込み、有馬餡かけ、赤葱、芽葱
●ご飯 3種類!
桜海老/きのこ/鰻
香の物、止椀
●水物
ル・レクチェ、はちみつレモンムース、苺のソース
*****************

田川喜章さん、スタッフの皆さんに御礼申し上げます。
参加者の方々にも感謝いたします。<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■ クラブエリー@「路地 中ノ」2回目

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

12月13日(水)クラブエリーお寿司@宮川町の「路地 中ノ」さんの2回めをやりました\(^o^)/\(^o^)/
お料理3品に、お寿司(蒸し寿司や鯖寿司も入れて)10種類。

おつまみではなく、お料理がしっかり出てきて美味というのが特徴のお店です。価値あります!!
*****************
●穴子入りかぶら蒸し
●銅瓶蒸し、美山の地鶏すっぽんスープ仕立て
●近江牛すき焼き
*****************
(以下お寿司)
こはだ
天然鯛
剣先いか
かまとろ
うに
蟹蒸し寿司
伊勢海老
伝助穴子
鯖寿司
玉子あて
*****************

●かぶら蒸しに穴子入りです。

●土瓶蒸しならぬ、銅瓶蒸し。地鶏に、すっぽんスープなみなみと。

●近江牛のすき焼き、しゃぶしゃぶのようにおだしに浸して加熱して、溶き卵にからめて味わうものです。これ皆さん喜んでくださいました。

●こんな感じでカウンターに10名。

●蟹の蒸し寿司、これもすごく好評でした。

●今週はなんとなんとの伊勢海老のお寿司でした。これはすごくラッキー。

●デセールに、ラ・フランスと焼きりんごのソルベ。上に、パリパリ仕立てにした湯葉。

今週も大好評でした。よかったー\(^o^)/
中野宏崇さん、塔本亮平さん、スタッフの皆さんに感謝。
クラブエリーメンバーの皆さんもありがとうー\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「路地 中ノ」ろじなかの
電話 075-525-7557
京都市東山区宮川町筋松原上ル
(宮川町筋5-325-1)
昼夜営業、夜は21:00LO
月曜休み

カウンター8席(詰めて10席)、

2階テーブル席 座敷席
2017年10月22日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■ NHK文化センター講座@「木山」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

12月7日(第1木曜)、NHK文化センター講座のお昼を「木山」さんにお願いしました。
よかったーーー\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
冬の美味を楽しみ削りたて鰹節のおだしを楽しみ、
ご飯もの3種類選択式だったのを全部召し上がった方も半数以上いらして、満腹満足でお帰りいただけたと思います。

■ 皆さんよく召し上がりましたー!
木山義朗さんとスタッフの皆さんに御礼申し上げます。
うしろにうっすら写っている横井裕史さんも(^o^)(^o^)

参加者の皆さんにも御礼です<(_ _)>

クラブエリーでもまた「木山」さんにお願いするつもりです。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■ クラブエリー蟹炒飯@「とくを」2回目

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリーでテンション上がりっぱなしのエリーでございます。

12月6日(水)お昼、先週に引き続き、クラブエリー@「日本料理 とくを」さんやりました\(^o^)/\(^o^)/
器も入れ替わって冬ヴァージョンになっていました。冬のご馳走をたっぷり出していただきました。
クラブエリーの欲深い女たち喜びました(^o^)/☆☆☆

 

皆さんがお帰りになってから、わたしも蟹炒飯とぶり大根をいただきました。おいしかった(T_T)(T_T)
日本料理 とくを」徳尾真次さん、小百合さん、スタッフの皆さんお世話になりました。クラブエリーのメンバーの皆さんにも感謝。

クラブエリーは明るくてわかりやすい食い意地の集合で最高、わたしが皆さんにヨシヨシとかまってもらっている感じです。

今週もみんなに会えてうれしかったです\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■ クラブエリーお寿司@「路地 中ノ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリーをやって、激しくテンションが上がったエリーでございます。

宮川町に10月オープンした「路地 中ノ」さんへ。

●12月5日(火)、クラブエリーでお昼貸し切りでお料理+お寿司のコースをいただきました。

●お寿司の中野宏崇さん(右)、お料理の塔本亮平さん。京都ホテルオークラ「入舟」さん出身です。

以下のようなコースを出していただきました。大満足と口々に言っていただきました\(^o^)/\(^o^)/

●中野宏崇さん、塔本亮平さん、スタッフの皆さんありがとうございました。

参加者の方々にも御礼申し上げます。

クラブエリー@「路地 中ノ」さん、来週、再来週とあと2回やります。

楽しみにいらしてくださいませ。

*****************
「路地 中ノ」ろじなかの
電話 075-525-7557
京都市東山区宮川町筋松原上ル
(宮川町筋5-325-1)
昼夜営業、夜は21:00LO
月曜休み

カウンター8席(詰めて10席)、

2階テーブル席 座敷席
2017年10月22日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

 

■「じき 宮ざわ」で泉さんの料理

■ 全国100万人の読者の皆さま、ごきげんエリーでございます。12月4日(火)、「じき 宮ざわ」さんで感動深いコースをいただいたのです。

店主の宮澤政人さんは「ごだん 宮ざわ」にいらして、「じき 宮ざわ」の方で楽しめるのは泉貴友さんの料理です。

これが、宮澤さんの流れを汲みながら、今や完全に泉さんの世界になっていて、才気あふれ創意に満ちているのです。そしてとてもおいしかった☆☆☆

以下おまかせでいただいたものです。お皿数も使われた食材もかなりたくさんです。

●こっぺ蟹、上にとんぶり、菊花酢。下で土台になっているのが何とりんごの昆布締め!!

●ふぐの白子、粟麩、かぶらすり流し。お椀は昭和初期のものとのこと。

●めいち鯛、昆布森のうに。

●ぶり大根。お造りのぶりに、大根の鬼おろし。ぶりは2週間熟成させて50度のお湯で洗ったものということ。

●村田匠也さんの青磁の美しい器でねぎとろ。

●ねぎとろには寿司めしが合うでしょう、ということで、とろっとかかっているのは米で作ったあんです。塩昆布、あさつき、八代の青海苔。

●焼き胡麻豆腐、これは「じき 宮ざわ」さん開店時からのスペシャリテです。実に風味のよい胡麻責め!!

●百合根、銀杏、粉末からすみ。下にもち米。

●さわらは、神経絞めして9日間熟成したもの。焼き茄子ペーストに焼き栗。

●とらふぐのとうとうみと身、辛味大根おろし和え。海苔ではなくて、もずくを寄せてパリパリにしたもの。

●万願寺唐辛子がひとつお皿に盛られて供され、これは何かと思ったら、

●中からスープと共にはまぐりが出てきました。小籠包風に仕立てたということです。驚いたー!

●あおりいかと下仁田ねぎの揚げたもののてっぱい、松の実。

●松葉蟹、白子のすり流し。下に海老芋をまとめてあられ粉をつけて丸く揚げたもの。

●熊本の未経産牛、上にみかん

●くえの熱々鍋仕立て。白菜、7種類のきのこ。

●ここからご飯です。香の物がまず供されて、

●客ごと炊かれたご飯です。日本人でよかったー、京都に暮らせてこんなに食に恵まれてよかったーーと思う瞬間です。

●炊きたてご飯を、まず煮えばなから。この後2膳め3膳めと食感が変わっていくのを楽しみました。

●これ味噌の香りがほんのりして、ものすごくおいしい。

●赤だしも添えられて、すべてかんぺきに美味だったご飯セットでした。

●代白柿がアヴァンデセールのように出され、

●ホイルと紙に包まれて香ばしく出てきたのがこちら、安納芋の焼いたので、皮の香ばしさも添えられて目覚ましく美味でした。

●いつものもなかがノエルヴァージョンで、さらに赤いろうそくを立ててくださいました。「少し早いけれど」って。優しいお気持ちが身にしみて、しみじみうれしい(^o^)☆☆☆

●お薄で締め。すごいコースをいただきました<(_ _)><(_ _)>

●泉貴友さん、スペインで食巡りをすることも刺激になっているみたいです。あまりにもすばらしいコースでした。また必ず伺います。

じき 宮ざわ

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■「喜心」の夜営業へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、2日(土)の夜は、期間限定で夜営業をされている「喜心」さんに出かけたエリーでございます。

KISHIN KITCHEN KYOTO」、ものすごくよかったー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

「喜心」さんについて、初回ご紹介の記事はこちら
今回の夜営業は18:00~21:00LO・22:00閉店で、12月23日まで。月曜はお休みです。

*****************

夜のメニュー
一献+一飯一汁 3000円
一献+向付+強肴+お浸し+一飯一汁 6000円
おまかせ8品(前日までに要予約) 10000円

*****************

以下は、少しオプション付きというか、おまかせにしていただいたものです。

●雪の風情を表現した一献。

●さつまいも、大根、椎茸、マッシュした里芋をまとめて揚げたもの、めざし。

●やいとがつお、下に辛味大根の鬼おろし。

●野菜いろいろのお皿、「鯖街道の出会いもの」。14種類盛り込まれていて、

●温泉卵が仕込まれています。濃厚な卵、山田農園さんのものです。ものすごく風味強いです。へしこが塩気と香味を添えています。

●汲み上げ湯葉の揚げだし。

●さわらの杉板焼き。パリパリの葉は、大根の葉で、香ばしくて甘みがありました。

●ほどいて開くとこんな具合。

●鹿肉のフライに堀川ごぼう醤油焼き、菊芋マッシュ、干した山椒の葉。

●お揚げと畑菜の炊いたの。

●お茶碗を選ばせてくださいます。

●中東篤志さん、本当に感じのいい優しい方です。屈託なくすくすく育って、こんなに立派に素敵になられたなあ、ご両親(=「草喰なかひがし」の中東久雄さんと仁子さん)はものすごくうれしいお気持ちだろうなあって、うるうるしそうになりました。めちゃくちゃに感じがいいの(^o^)(^o^)☆☆☆

●炊きたてのご飯、これはもう伝統というか血筋というか、美味を極めます。まずひと口煮えばなをいただいて、2膳3膳といただきました。

ダイエットは明日からなのだ。もう10年ほど前から「明日から」なのだー\(^o^)/

●おこげまでいただきました。ここで「バリバリだからジャマイカ」とか「お湯をかけてニューヨークに」とかは出てきません。笑笑笑。

●これはわたしがいただいたのではなくて、召し上がった方のものを撮らせていただきました。卵かけご飯の、夜スペ=夜のスペシャル版。へしこが添えられるのでした。

●ご飯には、これも伝統芸という感じでめざしです。

●お汁は鶏だしスープです。お茶碗より大きな汁椀にたっぷりです。ものすごい満足感。

●食後、カップで抹茶をいただきました。
なんともセンスよく何もかも美味、最後の白ご飯でまた激しく盛り上がり、すべてかんぺきで満足でした。
23日までずっと、中東篤志さんがいらっしゃいます。

KISHIN KITCHEN KYOTO

皆さんぜひー!!

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。