■ クラブエリー第3金曜@「和ごころ 泉」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。アップ遅れめごめんなさいです。

5月のクラブエリー第3金曜は19日に開催、「和ごころ 泉」さんにお願いしました。

*****************
皐月 献立
●先付 長芋、雲丹、こしあぶら、みょうが
●椀物 厚揚げ、湯葉しんじょう、鱧、柚子、梅肉、矢羽うど
●向付 白身、赤身、のどぐろ(日向灘)
●八寸
玉子カステラ、一寸豆、豆腐のもろみ漬、守口大根と三度豆の胡麻和え、粽寿司(鯛)、柏寿司(穴子)
●焼物 鮎の塩焼き
●焚き合せ 賀茂茄子の白味噌あんかけ、実山椒、万願寺唐辛子
●食事 谷中飯(生姜ご飯)、八丁味噌椀、香の物
●水菓子 マンゴープリン、マンゴー、クラウンメロン、ゴールドキウイ
●お菓子 黒豆の琥珀羹と、お薄
*****************

●いつもながら美しい八寸に、夏の楽しみ=「焼き枯らし」の鮎焼きなど、お手間入りのコースをいただきました。ご飯は生姜ご飯。

●デセールも盛り盛り、この後お菓子(黒豆の琥珀羹)とお薄で、圧倒的に満足なコースだったのでした。

●テーブルとお座敷、写真ないけれど、カウンターも使わせていただき、激しく盛り上がり=はげもりでした。皆さん喜んでくださって、本当によかったです。\(^o^)/\(^o^)/

「和ごころ 泉」さん、ありがとうございました。参加者の皆さまにも御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

**********************************

「和ごころ 泉 」 電話 075-351-3917
〒600-8414
京都市下京区仏光寺通烏丸東入ル一筋目下ル東側
匂天神町634-3 (元 「日本料理 桜田」の場所)
12:00~13:00入店、18:00~19:30入店
月曜休み
カウンター6席、テーブル4席×2(10席にもなる)、座敷(掘りごたつ式)6席
全席禁煙
2016年2月20日現在地に移転開店
**********************************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ クラブエリー和食会@「嵐山さくら」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

5月1回めのクラブエリーは、5月10日(水)、「嵐山さくら」さんにお願いしました。

3部屋、入れるだけ入れていただきました。

細やかな仕事が施された華やかな料理で、皆さんに喜んでいただけました。

以下、順番にいきます。

●蒸し鮑のタルタル サーモン、新キャベツ、山芋 土佐酢ジュレ

●牡丹鱧とじゅんさいのお吸い物 わらび、木の芽

●鱧焼き霜、まぐろ、とり貝のお造り あしらい一式

●八寸は、稚鮎炭焼き、蓼おろし/ちりめん山椒チーズ/京鴨ロースと甘夏/白海老、そら豆の薄衣揚げ

●白アスパラガス豆腐をおしのぎに。うすい豆あん 海老、おかひじき、ズッキーニ

●炭火焼京都牛、山椒ソース

●ご飯プレゼンをしてくださる店主の新井敏夫さんです。

●土鍋炊き込みの、うにご飯です。

●三つ葉もあしらわれて、幸せな香りがお部屋中漂いました。

●はまぐりのだしが土瓶仕立てて添えられ、最後はこれでお茶漬けにしてご飯をいただいたらもう天国です。

●香の物もたっぷり添えられました。

●食後に、お薄(「一保堂茶舗」)とお菓子。

●白いんげんのこしあんのどら焼き、中にいちご入りです。

●きな粉と黒蜜のアイスクリームも出していただきました。

ものすごく充実の献立でした。

■ 3部屋に分かれましたが、放っておいても勝手にどのお部屋も盛り上がって、助かりました\(^o^)/\(^o^)/わたしも皆さんのいくつかの話がおもしろくてしょうがなくて、しばしばゲラゲラ笑いました。おいしいものさえあれば陽気になって、気分よくなる、打ちとける。
至れり尽くせりのいたつくにしてくださった「嵐山さくら」の店主・新井敏夫さん、マダムの美津子さん、スタッフの皆さんに御礼申し上げます。
参加してくださったクラブエリーのメンバーの皆さんにも感謝。
毎回わたしが楽しくてしょうがないです。御礼の気持ちです<(_ _)><(_ _)>

*****************

「嵐山さくら」

電話 075-861-9098

〒616-0013
京都市西京区嵐山風呂ノ橋町20-6

昼夜営業、不定休

要予約 全席禁煙
2016年11月10日 移転オープン

http://kyo-sakura.jp/

*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「木山」の昼コース

■ 全国100万人の読者の皆さま、和食のコースが本当に好きなエリーでございます。日本に生まれて京都に暮らすことができて、ほんとーに幸せと和食屋さんに行くたびに思っています。

先月末にオープンした「木山」さんの、今度はお昼に出かけてきました。夜よりお値段はずっと軽くて、お料理が10000円(+税)ですが、量は変わらぬほどたっぷり、最後の締めご飯も3種類から選べます。

以下、コースから、何点か写真を抜粋で・・・

●うにをのせた百合根まんじゅう、根セロリのすり流し

●お造り2種類のうちのひとつ、ぐじ。甘草と。

●湯葉とはまぐりのお椀

●締めごはんは3種類あり、今回わたしはご飯ものではなく若竹にゅうめんを選択。まだ筍をいただけた幸せよ♪

「木山」さん、また楽しみに伺います。

★クラブエリーの皆さまどうぞ楽しみに☆☆☆
★★最終日6月12日(月)に1席のみ残席あります。

*****************
「木山」きやま
電話 075-256-4460
〒604-0804
京都市中京区堺町通竹屋町下ル西側
「ヴェルドール御所」というマンションの1階
12:00~13:30入店、18:00~19:30入店
不定休
(日曜定休のつもりだが、営業する時もあり、
営業したら平日休む時もある。)
メインカウンター9席と(小部屋)カウンター7席
将来もうひと部屋も稼動しそう
全席禁煙
要予約
2017年4月25日開店
昼10000円(税別)、夜15000円、20000円(税サ別)
*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「日本酒とワインと炭火焼 なかむら」

■ 全国100万人の読者の皆さま、「日本酒とワインと炭火焼 なかむら」に伺ったエリーでございます。少し久しぶり。

中村憲幸さんのお店です。定休日の月曜でしたが、ラッキーにもこの日は開けていらっしゃいました。
2011年7月開店なので、もうすぐまる6年。鶏肉&牛肉のおいしさ、野菜の充実、白ご飯のしんそこ美味なこと、すべて変わらずほんとよかったです☆☆☆
さすがに値段は開店当初の4800円から7000円になっていましたが(ほんと食材が高騰したし)、価値あるなおいしいなと思っていただきました。

●ひと皿め、鶏むね肉3種盛りのうち、とりわけ昆布締めが目ざましく美味でした。ほんとにぱっと目が醒める思いがしたのです。蒸し鶏に花山椒、いちばん奥はのらぼう菜(綾部 北村農園)とからし和えにしたもの。

●バゲットを添えた、鶏レバーのパテ、写真は半分量。バゲットは「花かご」さんですね♪

●豆と全粒粉のそばも春の香味そのものでおいし。豆はスナップえんどう、そら豆、モロッコいんげん。モッツァレラ、オリーヴオイル。

●このそばが、つるりと非常に食感よくて好きでした。

●野菜焼き11種、香味豊かで充実。いちばん奥の黒いのは黒キャベツ。その手前にフィノッキオ(=フヌイユ、フェンネル)。縦長の玉ねぎはイアリアのトロペア。すべて塩気ほどよく、味わい濃厚でした。

●鶏肉は熊本の天草大王 もも肉と手羽元。旨みじんわりと迫り来ます。

●牛肉は宮崎の尾崎牛、外もも肉(まくら)網焼きなんだけど、衣が薄くつけられて、加減よく火入れされていました。衣をつけないとパサパサになってしまうからということでした。衣がまた風味あって美味の足し算になっていました。

●熱々の焼海苔の変わらずです。能登の塩と、筍の木の芽とおじゃこ和え。

●白ご飯つやつやぴかぴか、石川県の有機コシヒカリ。これがまた、ほんとーーーに美味でした。
●ご飯まででコースはひと通りです。甘味はなし(時々あるそうです)。
お酒やワインを飲む人にぴったりのお店です。わたしはペリエでごめんなさいでした。
カウンターは6席、お部屋は4~5席あります。なので10人くらいの貸切を夜にお願いするつもりで出かけたのだけど・・・グループは、ちゃんと食事をしたいなら、7人がmaxということ・・・7人分以上は焼き網にのらないからと。(確かに!)あわわ。残念だったけれど、間違いなく美味で満足な夕食でした。おすすめいたしますー!

*****************

「日本酒とワインと炭火焼 なかむら」
電話 075-531-5865
京都市東山区縄手通新橋下ル西側(弁財天町13-1)
(コンビニまん前の祇園ホワイトビル2階)
18:00~23:30LO・24:00閉店

月曜休み
カウンター6席、奥に小部屋4席くらい 全席禁煙
2011年7月7日開店
*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「祇園にしむら」2017年4月のコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、ご機嫌エリーでございます。「祇園にしむら」さんに今月も行ってきました\(^o^)/

●いつも通りに、胡麻豆腐で始まりました。

●鯛の潮汁、下に湯葉豆腐

●お造りはまぐろと鯛。

●鯖寿司

●八寸です。先月とあまり変わらなくて(でも全く問題なし)、しらすに梅おろし/ほたるいかとわけぎのぬた/鯛の子、子持ち昆布、菜の花/貝や魚がみっちり詰められた一品で、防風、赤貝、みる貝、たいら貝、とり貝、いか、さより、うど、芹。

●全部がよく見えるように上からも。

●焼物は、ぐじの塩焼き。皮がパリパリで塩気が効いており、身はふんわり、理想的な焼き加減。れんこんの食感と酸味がよく合っていい感じ。

●若竹焚き合わせ。

●春の天ぷらをのせたご飯。

●香の物と、

●赤だしが付きます。

●おかわり食べておくべきと言われてお願いしたら、なんと筍ご飯でした\(^o^)/\(^o^)/

●さくらんぼは「紅秀峰」というので、これかなりおいしいです(^o^)☆☆☆

●種を取り除いてあってうれしい。ここまでしてもらって、甘やかされた気分です。

安心安定の料理、お店はよりきれいになっていました。
申し分なくおいしかった☆☆☆

するりと食べられて、けれどものすごく美味で、しかし食べ疲れすることがなくて、なんかめちゃくちゃなごめておもしろい。

祇園にしむら」さん、また伺います。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「木山」開店

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店ご紹介のエリーでございます。

行ってきましたー\(^o^)/\(^o^)/
開店が本当に待たれた、「木山」さんです。
「和久傳」さんで研鑽15年。20代でジェイアール京都伊勢丹「はしたて」料理長→「京都和久傳」料理長になられた木山義朗さん、本当によくできる方で、どんな独立店になるか楽しみでした。
●堺町通を、丸太町下ル(正確には2本目の竹屋町下ル)の西側のマンションの1階です。マンションの一角とは思えないほど完璧に美しいアプローチと内装です。

●おびただしい数のお祝いの花。
●メインカウンター本日満席でした。
●もうひとつのお部屋あり。
将来もうひと部屋テーブル席のお部屋できそうです。
●今回のお料理は夜の2万円(税サ別)
●料理だけで全部で写真23枚ありますが、今日は木山さんのご希望もあって控えめに、少しだけ。5枚だけ。(しばらくしたら全部出しますー!)
●お椀はぐじと甘草、かつおぶしは目の前で削りたて。
●お造りのひとつは、かわはぎ
●焼物はいさき、うに添え、上から卵黄醤油
●筍にばちこ
●白ご飯か、桜海老かき揚げ丼か、鯛にゅうめんの選択可能で
わたしは白ご飯に、シンプル桜海老かき揚げミニサイズを添えてもらいました。
(ご飯は白いまま食べるのが好きです。混ぜてぐずぐずにするのは好きではない。)
■ いやーーーーおいしかったおいしかったおいしかった\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

だしの、香り高くこくは深いが、あるかなきかの味がすごかったし、お造りの具合も、焼物の加減も、申し分なくよかったと思います。
コースの特徴としては、
*****************
●淡々と、いいものがよどみなく続く。
●この頃の割烹のパターンとなっている、牛肉焼きは出てこない。
●ご飯前に小鍋で盛り上がりというパターンでもない。
●ご飯プレゼンもなし。締めものを3種類から選べるスタイル。
*****************
今回は初めてなので夜の2万円コースをいただきましたが、
お昼の1万円コースを5月にいただいてみようと思います。
クラブエリーの皆さん楽しみに☆☆☆
*****************
「木山」きやま
電話 075-256-4460
〒604-0804
京都市中京区堺町通竹屋町下ル西側
「ヴェルドール御所」というマンションの1階
12:00~13:30入店、18:00~19:30入店
不定休
(日曜定休のつもりだが、営業する時もあり、
営業したら平日休む時もある。)
メインカウンター9席と(小部屋)カウンター7席
将来もうひと部屋も稼動しそう
全席禁煙
要予約
2017年4月25日開店
昼10000円(税別)、夜15000円、20000円(税サ別)
*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「割烹 竹うち」の3000円コース

■ 全国100万人の読者の皆さま、ちゃんと和食もいただいているエリーでございます。ちょうど1週間前の火曜昼に伺った、木屋町通御池上ルの「割烹 竹うち」さん。
あまりにお値打ちのお昼です。
以前1500円のお昼セットをいただいて仰天したのですが、
こちらは3000円(+税)。ぐぐっとグレードアップされて、やっぱりよかったすばらしかった\(^o^)/\(^o^)/

●お椀は、ぐじに、鯛の白子豆腐。

●お造りは鯛、下に新玉ねぎ。

●茹でて素揚げした新じゃが 新キャベツ とろりんとあんかけです。

●筍、しっかり味がついています。食感最高です。

●炊きたてのご飯と香の物、止椀が供され、

●おこげもいただき非常に満足。

●食後にわらび餅です。

お椀もお造りも一流の味。筍もいただけて満足。また伺います。

**********************************
「割烹 竹うち」 電話 075-252-5626
京都市中京区木屋町通御池上ル東側 ア・カーザ木屋町1階
11:30~13:00(最終入店)、17:00~21:00(最終入店)
水曜休み
カウンター7席 全席禁煙
要予約
2014年4月2日開店
**********************************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 朝日カルチャーセンター@「高台寺和久傳」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

4月13日第2木曜、朝日カルチャーセンターのお昼を、今月は「高台寺和久傳」さんにお願いしました。

昨年からお願いしていた筍をメインにしたコース、
まず囲炉裏の炭火での焼き筍を素焼き、醤油焼きと2種類でいただきました。
ざく切りの筍はいったん引っ込められ、ほかほか筍ご飯となって供されたのでした。
大原野の、大きくて真っ白な筍、甘くて、ほくほく、すっと歯の入る柔らかさ。
春の幸せそのものでした。

●大原野の筍が、まずこの状態でプレゼンされました。

●2階の20帖 の広間で、目の前の囲炉裏で焼いてくださいました。

●まず塩だけでいただきます。

●醤油焼きです。姫皮もちぎりもって、柔らかいところはいただきました。

●残りはざくざくと切り分けられて、いったん退場しました。それが、

●筍ご飯になって登場。

●ごろごろという感じで、厚みある筍が入ったご飯を楽しみました。2膳、3膳と召し上がった方もいらっしゃいました。

*****************

■ ここに出した写真以外にも、

●ぐじだしの沢煮椀(野菜たっぷり)や

●雲丹をからめたうどん(雲丹殻詰め)、

●白アスパラガスのはまぐりだし冷製、

など、見た目美しく心から美味なお料理で構成されたコースでした。
粋なしつらいの中、ゆーったり3時間近くの食事で、時間の贅沢、味わいの贅沢の極みという感じでした。
ほんとーーーによかったです☆☆☆ 参加者の方々にも喜んでいただけたと思います。
料理長の松本進也さんはじめ、スタッフの皆さんにお世話になりました。
感謝たくさんです<(_ _)><(_ _)>
高台寺和久傳

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ クラブエリー和食会@「御幸町 田がわ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー和食会をいたしました。

4月10日(月)、12日(水)と2日にわたって、お願いしたのは「御幸町 田がわ」さん。

12席のカウンター満席で2回、大変な好評で終えられてよかったです。感謝たくさんです\(^o^)/\(^o^)/

●先附 蕪桜漬け、クレソン、白魚揚げ、桜ジュレ

●御椀 あわびと肝のしんじょう、菜の花、わらび、木の芽、花びら紅白

●向附 鯛、まぐろ、さより、あしらい一式

●八寸 氷魚みぞれ和え、桜葉・蓮根揚げ、一寸豆、穴子寿司、ほたるいか辛子酢味噌

●この黄金の八寸がカウンターに並んだ図は本当にきらきら輝いて豪華でした。

●焼物の準備も滞りなくされています。

●焼物 焼き筍(木の芽と糸花かつお)、牛肉。

●凌ぎ 青さ蕎麦、雲丹、わさび

●炊き合せ あぶらめの炒りだし わかめ、芹。あさりだし

●10日も12日も、

●ご飯は3種類用意されました。これはわたしにも知らされていなかったサプライズで、皆さんに本当に喜んでいただけました。

(初めから予定されていた)桜海老と蕗のご飯の他に、一寸豆のご飯、新生姜のご飯。

●桜海老と蕗のご飯から皆さんスタート、ものすごくいい香り。この後皆さん新生姜や一寸豆のご飯を召し上がり、最後にまた桜海老という方もいらっしゃいました。

●止椀と、香の物も供されました。

●水物 香り濃厚なアーモンドムース、マンゴー、キャラメルソース

■ 最大限がんばって喜ばせてくださった店主の田川喜章さんに感謝<(_ _)><(_ _)> スタッフの皆さまもありがとうございました。

参加者の方々にも御礼申し上げます。

*****************
「御幸町 田がわ」 電話 075-708-5936
京都市中京区夷川通御幸町西入ル北側
18:00~20:30入店 

昼は相談の上で、5名以上で予約可能。

タイミングがよければやってくださる。

不定休
カウンター12席 全席禁煙
★靴を脱いで上る、座敷掘りごたつ式カウンターです。
要予約
2017年2月7日開店
コース13000円(税とサ5%別途)
*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ NHK文化センター講座@「山玄茶」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

山玄茶」さんよかったーー\(^o^)/\(^o^)/
4月6日 第1木曜、NHK文化センター講座のお昼をお願いしました。
先月もクラブエリーでお願いしたばかりなんだけど、毎回大人気で満席になります。
■ 今日は春爛漫な料理。カウンターと2部屋に分かれましたが、お部屋でも春の名物「桜はらはら」をやってくださいました。
お料理おいしい、白ご飯がまた瞠目のおいしさ、
日本人でよかった、京都にいられて幸せ~と大盛り上がりで、
ほんといいお昼でした。盛大に感謝いたします<(_ _)><(_ _)>

■ 以下、この日のコースです。

●長芋豆腐、雲丹入り、一寸豆、割り醤油

●雲丹がたっぷり入っていました。

●煮物椀、厚揚げ豆腐、あぶらめ、わかめ、にんじんねじ切、つる菜、花うど、白髪ねぎ、搾り生姜

●お造りは、

 

●鯛、いか、本かつお炙り、甘海老。野菜たっぷりで、パプリカ、レタス、かいわれ、玉ねぎスライス、ブロッコリー

●すり胡麻をポン酢にたっぷり入れて、お造りの上からかけていただきました。おいし☆☆☆

●桜の葉入り飯蒸し、いくら醤油漬

●焼物は、

●鱒の酒塩焼き、花山椒、しば漬けおろし

●八寸は、

もずく、生くらげ酢の物/きゅうり、大徳寺麩 胡麻和え/鯖小袖寿司/チーズ入り玉子しんじょう/穴子八幡巻き/粟麩木の芽田楽/蛸の柔らか煮/近江こんにゃく/万願寺唐辛子浸し

●強肴に、桜海老かき揚げ、たらの芽の天ぷら、だしかけ、一味おろし

●焚き合わせで、帆立貝のしんじょう、筍、ふき、木の芽

●いつもながら心底おいしいと思う白ご飯。ご主人の増田伸彦さんのご実家のお米です。品種的にはコシヒカリ。際限なくおかわりをいただきそうになります。

●最後は、卵黄をからめる「ライスカルボナーラ」の方と、わたしのようにお茶漬け派と。

●パンナコッタに、いちごとマンゴーです。

●最後に桜餅。春爛漫で充実の献立でした<(_ _)>

●「成田屋!」のかけ声を、と春の楽しみ「桜はらはら」をしてくださいました。

●春が来たことを祝ったようなお昼のひと時でした。増田伸彦さん、スタッフの皆さまに御礼申し上げます。

参加してくださった皆さまにも、感謝たくさんです<(_ _)><(_ _)>

山玄茶

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************