■ NHK文化センター講座@「山玄茶」

■全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。NHK文化センター講座、12月の第1木曜は1日で、師走の1日めのお昼からすてきなお店に伺うことができました。祇園の「山玄茶」さんにお願いして、1階と2階で15名でお邪魔しました<(_ _)><(_ _)>
丁寧な優しいお料理、何もかも、ほんとーーにおいしいと思っていただきました。

img_7387-jpga

●先付は、ふかひれと小芋の玉締め、うに、車海老、湯葉、菊花。ふり柚子

img_7391-jpga

●煮物椀は具材たっぷりで、扇面蕪、かます酒塩焼き、焼餅、ほうれん草軸、紅葉にんじん

img_7393-jpga

●お造りは、鯛、よこわかつお、もんごいか。あしらいは(大葉の向こうに)レタスの千切り、アンディーヴ、パプリカ、ブロッコリー。

img_7395-jpga

●添えられたポン酢がマスカルポーネと混ぜたもので、これがまたおいしくてお刺身の味を引き立てました。最後全飲み。

img_7401-jpga

●おしのぎに、柚子入りの飯蒸し、いくらたっぷりと。柚子。

img_7411-jpga

●焼物は氷見の寒ぶり、幽庵焼に、柚子の甘煮。非常においし。

img_7415-jpga

●八寸は、初冬の風情で登場しました。

img_7422-jpga

●鯖寿司、生麩田楽、サーモン南蛮漬け、出し巻き玉子、鴨ロース、栗の甘煮。蛸の柔煮もありましたが、わたしは鯛の巻物に差し替え感謝<(_ _)>

img_7420-jpga●青いグラスには水菜とベーコンのお浸し。

img_7428-jpga

●ばさっとかつお削りがかかって登場、(かつおぶしをよけたところで)下仁田ねぎの天ぷら、奥に桜海老のひろうす、生姜おろし。おだしひたひたと。

img_7434-jpga

●最後に、海老慰問、厚揚げの白味噌あんかけ、舞茸ともみじ麩。

img_7438-jpga

●炊きたてのご飯がずば抜けて、すばらしくおいしいです。近江米、こしひかりの新米ということです。

img_7445-jpga

●ご飯と共にいただくものがこんなに供されて、ここから別腹状態になります。お味噌汁は、八丁味噌汁の上澄みだけの「うすたれ」です。なめ茸入り。粉山椒。

img_7451-jpga img_7460-jpga img_7464-jpga

●白ご飯、白ご飯おかわり、その後お茶漬け(あるいは)卵をからめるうなぎカルボナーラで締め。わたしは必ずお茶漬けです。ここに、お漬物のせていただきます。ご飯ほんとーーーにおいしい。すっばらしくおいしくて、際限なく食べたいと思います<(_ _)><(_ _)>

img_7466-jpga

●オレンジ羹、レモンソルベ、ワインジュレ。マスカットも。

img_7469-jpga

●オレンジのジュレは底に控えていました。ちゅるっと食べられていい香り、爽やか~。

img_7471-jpga

●最後の甘味に、アイスクリームと粒あん入りのもなか。お腹いっぱい、非常に幸せ、皆さんに喜んでいただきました。

「山玄茶」さんまた来たいー! で満場一致、来期の4月をその場で予約!!
盛り上がってよかったです(^o^)(^o^)・・・店主の増田伸彦さん、スタッフの皆さん、そして参加者の方々に御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************